5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年法・少年保護法 について

1 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 00:47:18
は必要か否か。どうでしょう?
特に日本の現状を踏まえて

2 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 03:33:24
2get

3 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 04:02:10
現実問題として、少年法はもう無意味だと思う。
これだけネットが普及した今日、犯人周辺に(善意か悪意かはともかく)勇者がいれば身元はたちまち晒される。
これが成人の犯罪者なら、よほど軽い刑でなければ出所後に晒そうとする者もいないだろうし、もし晒されても刑務所で法的な償いは済ませたと抗議できるだろう。
しかし少年法のおかげで無罪放免に近い扱いの者は、そういう抗弁は少なくとも世間が許さない。
少年法の改正論議のきっかけになった凶悪事件の多くは、実はもし成人が同じことをやっても死刑になる可能性は低いものばかりだ。
その意味でも実は刑務所に普通に入って刑期を終えた方が、出所後にネットで叩かれない分だけ早く社会復帰できる場合の方が多い。
なまじ軽く済ませようとするから、後々延々と叩かれる破目になるのだ。

結論 本気で少年の更生を考えるなら、少年法廃止して普通に刑務所に入れた方がいい。

4 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 05:32:24
隠そうとするから、知りたがる人間が出てくる、でネットに晒される。
隠さないで成人と同等(実質的な厳罰化)に扱えば、気にも留める事もなく普通に風化されて行くと思う。寧ろこの法律があるから特別視されネットに半永久的に晒され続ける事になる。少年法なんてまるで意味ないと思う、直ちに廃止するべきだ。

5 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 08:16:51
>>1少年法イラネ!


6 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 08:32:22
なんか少年法を改正しろだの少年保護法はいらないだのをよく聞くが
、ではなぜ改正されないのだろう?

7 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 08:35:17
>>3
>>4
なかなか興味深い見解ですね。
そのような視点から考えたことはありませんでした。

8 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 09:30:57
少年法なんかなくなれ。 年齢がいくつだろうが、人を殺めてはいけない。
こんな生ぬるい事やってるから、狂った犯罪が後をたたないんだ

9 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 09:54:43
なんで日本は加害者に対してめちゃめちゃ甘いの?

10 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 11:41:29
日本のトップからして犯罪者紛いが多いからだろ…
小泉も学生時代にレイプ事件を起こしてるらしいし…


11 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 11:56:18
正直、少年と成人という区別は必要なのか?今や少年犯罪のほうが凶悪
ではないだろうか?幼少時代の生活環境が悪かったからとかよく言うが
三つ子の魂百まで、研究でも人間の性格、人格などは3才までに決まる
と研究結果が出てるのに更正などできるものなのか?軽犯罪等ならまだしも
殺人、強姦、監禁等、凶悪犯罪を犯した者は例え少年であっても死刑にする
べきであると私は思う。なぜなら、他人の人格を無視した犯罪であるからだ。


12 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 13:44:22
>>6 ニュースにならないような微罪で逮捕される少年が多い。ほとんどの少年は前科者にするのは忍びない。
だから廃止されない。しかし私見では、ガキでも大人でも悪いモンは悪いし、しっかり報いは受けたほうがいい
と思う。だから少年法は甘やかしの悪法といえる。
もっとも法律というのは本来存在自体が悪法であることの証明なのだが。

13 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 14:13:34
>>11
刑罰は被害者の仇を打つためだけに存在するものではない。(大昔はそういうのもあったけど)
それから人によって生活環境が違う。子供を虐待しているような親も少なからず存在する。
念入りに計画して犯した犯罪もあれば偶然起こった犯罪もある。ちょっと押しただけで転んで頭を
石にぶつけて死んだ人もいるし、滅多刺しになっても死ななかった人もいる。
結果だけでは犯罪かどうか分からないものも多い。
知恵も力もない子供に成人と同等の重い刑罰を科するのはかわいそうだというのが少年法。
ただ最近では少年法を悪用して「捕まってもたいした事ないから」と犯罪を犯すいわば確信犯が多いようだ。


14 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 16:51:01
あのさぁー結果だけが全てじゃないみたいな言い方してるけど、人を殺したら犯罪なんだよ!小さいも大きいもない!そんな、あまちゃんの考えしてるから、犯罪が少なくならないんだ!何が再生だよ!人殺しに再生はいらない!例え、年が若くても関係ない!死刑!

15 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 17:04:02
なぜ、強姦や殺人を犯した加害者を擁護する?被害者よりも犯罪を犯した
加害者の未来の方が大事だと?

16 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 17:06:45
まあ、少年の未来や親の立場からみたら仕方ないんじゃね?

17 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 17:07:08
はぁ?文章理解出来ないかな?加害者は死刑!

18 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 17:08:50
若気の至りってやつだな

19 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 17:20:52
そうかもな!今の親は子供に弱い!俺も親として子供が離れるまではしっかりとした考えを持てるよう、指導していきたいね!

20 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 19:27:56
加害者をトッ捕まえたら、被害者及び、被害者遺族が望む刑罰を与える!これが大正解!


21 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 19:33:50
test

22 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 19:38:09
20さん!いい事言いますな!大賛成!殺したければ、殺せばいい!ですよね!

23 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 21:57:40
人を殺したら死刑それはわかった。だったら傷害事件起こしてもやられた奴からやられるでいんじゃねえ?なんで監禁、ぶっとばしたりしただけで捕まらなきゃいけねえの?

24 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 22:17:08
若いときはみんな失敗をして大人になる 失敗はつきもの

25 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 22:24:42
人は誰だって罪を犯す!!自分の罪を棚に上げて少年を裁き、未来を
失くすことはあっていいのか。ましてや国家権力を利用して死をもって
裁くことがあってはならない!!

26 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 22:26:11
↑と言ってるおまえの兄弟、彼女、奥さんが集団暴行・強姦されても同じ事言えるんですよね?

27 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 22:45:52
26さんに同感!家族がやられたら、そんな事言ってられねぇ〜よ!

28 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:02:06
少年法マンセーの奴らは、所詮、少年犯罪を『対岸の火事』としか見ていない。


29 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:03:07
アクセス規制解除したよ


30 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:08:05
彼女はさすがにつらいよね〜 まぁほんとにそうなったとして…ここに来てスレを荒らすことしかできないだろ〜ケド ワロス

31 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:25:26
もし少年法がダメだというのなら、まず50代、60代、それ以上が
今でも凶暴であることを証明しないとね。その世代は今とは
比較にならないほどの凶悪犯罪を犯していた。それが更正したのなら
少年法は正しいのだし、少年法が間違っていないのなら今でも
中高年は凶暴だということになる。

厳罰化を安易に唱える人は、厳罰に処せられる若者の心の痛みに鈍感なんだろうね。
厳罰に処せられる姿を見て一時的にウサ晴らしはできても、
その少年はいずれまた社会に戻ってくる。
そのときその少年がどうなっているのやら。↓参考
ttp://www.kodomonoshiten.net/shonenhoUSA.htm

32 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:32:23
少なくとも、今のガキより武器は持たなかったよ!

33 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:36:18
>>32
少年による殺人
1961年 448件
2004年 62件

昔の少年達は、武器を使わなくても人を殺せる武術家ばかりなのかね。

34 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:41:27
武器使わなくても人なんてすぐ死ぬんだよ。わかったか喧嘩もした事ねえ奴? 素手で十分死ぬんだぞわかったか素人。      格闘技見たことあるか?相手が危険な状態だとレフリー止めるが喧嘩はレフリーいないんだぞ 笑

35 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:43:24
>31様へ、凶悪犯罪に(年令)は関係無いですよ!
ヤクザが闘争で(殺人)するのは、正論!?だが、
ただ(殺したい)だけで、監禁、暴行、強姦、あげくの果てに、
殺して(コンクリ詰め)や、焼いて(証拠隠滅)、こんなのは、
先天的な、血に飢えたサディスト病原菌!病原菌は、人類の敵!
だから(駆除)するのが当然!!モチロン、次から次へと、、
永遠の戦いに、、しかし野放ししたら、増殖するだけ、、
とにかく(駆除)あるのみ!!!。


36 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:53:23
お前みたいな奴は一番殺りてえよ

37 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 23:56:02
>>34
じゃあなおさら、昔の少年は見境もなく凶暴だったということになるね。
とっくみあいをやっていた昔の少年は、殴り合いをしても相手を殺すところまでは
いかなかったなんてのは大嘘だね。しかも結果を予想できなかったために
死に至らしめたのではなく、結果をわかってて殺したのだからより凶悪だ。

格闘技は大好きだし遺憾ながらケンカもやったことがある。
相手はひ弱とはとても言えない男だった。頭を拳で10発以上殴られたが、
数分も引きずらないダメージしか受けなかった。俺もひじ打ちを顔面に叩き込むという
暴挙に出てしまったし顔を思い切り数発殴ったが、向こうもこっちよりちょっとひどい程度だった。
格闘家は才能にも体格にもめぐまれ、その打撃は毎日数時間もの
鍛錬によって常人には及びもつかない域に達している。
だから一撃必殺なんてマネができるんだよ。

>>35
「魂の殺人」アリス・ミラー著 でも読んでみて。
強者からのサディズムにさらされることこそが、
人格異常者への最大の近道。
そして、少年犯罪厳罰化論も、俺には犯罪防止ではなく、
サディズムの満足が目的だとしか思えないんだよね。

無論、そんなひどい例は実在する。それなりの対応は必要だろう。
しかし、それはどれほどの割合で起きていることなんだろうか?
特異な例を元に全体を語るのはあらゆる事象に共通する間違いの元。

38 :少年法により名無し:2005/09/16(金) 00:04:36
37さんよ〜!お前、うぜぇ〜!消えろ!なんならやるか?理屈ぺぇ〜事、抜かすんじゃねぇ〜!東京の新宿までこい!怖え〜か?

39 :少年法により名無し:2005/09/16(金) 00:09:09
ttp://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html

>犯罪白書(7年版)によれば、「悪質・重大」な犯罪で少年院に入った少年の再犯率は
>「1.5%に過ぎないという調査結果を明らかに」しているそうです。
少年犯罪厳罰化の根拠に挙げられることが多い再犯の危険も、
根拠の怪しいもののようだね。

俺だって凶悪犯罪者は憎い。それが少年であっても基本的には同じことだ。
残酷な手段を使ってひどい目に遭わせてやりたいと思うこともある。
自分や大切な人が被害者ならなおさらのことだろう。
ひどい犯罪を犯した奴が「更生」なんかして幸せになって一件落着、
で済むのかよ、と思うことも多い。

しかし、そうしたサディズムに晒された後、さらに凶悪になって社会に復讐してくる
危険を考えると、それに同調はできないということ。

40 :少年法により名無し:2005/09/16(金) 00:30:21
ttp://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/2005/04/post_49a0.html
>誰もせっかくの「祭り」に水を差すような野暮はしたくないのだ
俺も感じるな。祭りで盛り上がってる所に水を差されて、
気分を害された人もいるようだね。

事実に基づかない判断は危険だということもある。
現代の少年は凶悪化どころか相当におとなしくなったというのに、
「少年が凶悪だから」なんていう論理がまかり通っちゃいけないでしょ。
むしろ、日本は外国にも例を見ない「中年が凶悪な国」なんだよ。
少年対策なんぞをやっていても効果は薄いんじゃないのかね。

ttp://psychology.jugem.cc/?eid=29
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid16.html

ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1121249903/
同じ板にこんなスレもある。様々な情報が集まっているので参考にして。
他板ではこれとか
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110121701/

41 :少年法により名無し:2005/09/16(金) 00:30:30
昔も今も殺人件数は違うが人なんてすぐ死ぬんだって言ってんだろ!何回言ってもわからねえか?俺は18だが人殺した奴は施設で散々見てきた。俺の事件も一歩間違ったら死んでたからな。

42 :少年法により名無し:2005/09/16(金) 00:37:41
>>31
少年法が間違っていないのなら

少年法が間違っていたのなら

実際中高年は凶暴なので少年法は間違っていたのかもしれないけど、
「現在の凶暴さはさらにひどい状態からの回復の結果」という可能性もあるので、
一概には言えないね。学力低下にも同様のことが言える。

43 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 12:17:15
>>38が『激烈バカ』だって事だけはハッキリと判った。


44 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 12:34:34
43!馬鹿!お前、強がってるみたいだけど、どうせ、オタクだろ!お前も住まい入れてみたら?根性はないか?

45 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 12:44:51
で、どうやったら少年法は改正に向かうの?てかなんで少年法は改正
されないの?

46 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 16:32:53
国会で提案されれば改正に向かう。
そのためには署名を集めて提出することだ。
日本は子供を甘やかす風潮があるので改正されない。

47 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 16:34:57
>>46
13歳以下の少年による殺人が一貫して減少しているのに、
「少年凶悪犯罪の低年齢化に対応するため」にすでに
刑罰適用年齢の引き下げが行われたというのに、
それが子どもを甘やかした結果だと言えるのか?

48 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 20:07:21
15〜19,才という、子供ではない年齢まで子ども扱い、保護対象、それが問題。
大体だな、大人になってろくでもないことしかしない人間というのは
子供のときに甘やかされまくって、していいことの区別がつかないまま年齢だけ重ねたのだ。
だから、今の悪い大人は全員昔の人が甘やかしたのが原因といって過言ではないはず。
人間は厳しくしつけられなければならないのだ。
不可罰あるいは減刑が甘やかしでなくてなんだ。
むしろ教育的見地から考えれば、刑を倍に課してこそ妥当とする。

49 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 22:37:17
>>48
きついことを書けば、レスの大半に根拠がない。
単なる思いつき、思い込みを語ってるようにしか見えないんだが。

15〜19,才という、大人ではない年齢まで大人扱い、保護対象にしない、それが問題。
大体だな、大人になってろくでもないことしかしない人間というのは
子供のときに力による支配にさらされて、遊びと暴力の区別がつかないまま年齢だけ重ねたのだ。
だから、今の悪い大人は全員昔の人が乱暴に育てたのが原因といって過言ではないはず。
人間は尊重しなければならないのだ。
不可罰あるいは減刑は甘やかしではなく完全な悪人になる前に歯止めをかけるために必要なのだ。
むしろ教育的見地から考えれば、刑を半分に課してこそ妥当とする。

とでもしてみようか。

>今の悪い大人は全員昔の人が甘やかしたのが原因といって過言ではないはず。
逆に言えば、少年凶悪犯罪のピークである1958〜1966(1958に輪姦が親告罪から
外されたことで強姦が急上昇し、ピークに入ったので、それ以前も含まれる可能性が高い)の
少年達は、激烈に甘やかされて育ったことになるね。

50 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 22:41:17
>人間は厳しくしつけられなければならないのだ。
>むしろ教育的見地から考えれば、刑を倍に課してこそ妥当とする。

>>39にも挙げたが、少年院は充分に再犯防止の役割を果たしている。
これは教育的見地から考えて、成功だとは言えないか?

ttp://www.kodomonoshiten.net/shonenhoUSA2.htm
ttp://www.kodomonoshiten.net/shonenhoUSA.htm
ttp://www.kodomonoshiten.net/Germany1023.htm

どうも現実は、「刑罰を重くすれば少年はおとなしくなる」というように
簡単なものではなさそうだよ。死刑大国中国の治安がいいかどうかを
考えてみてもわかるよね(厳罰以外の要素が大きすぎるので一概には
比較できないが)。一部のとんでもない犯罪者が少年だからといって
保護されるのが納得できないというのはわかるが、それはミクロの問題。
それを基に、マクロ的に全ての少年犯罪に厳罰を加えるのは論点がズレてるよ。
上にもあるが、特異な例を基に全体を語るのはあらゆる事柄に共通する間違いの元。

ちなみに俺は愛のムチという体罰はありえると思っているし(ただし本当に極まれにだが)、
まれに出現する恐ろしく凶悪な少年に対して重罰を与えられる「可能性ができる」
厳罰化なら賛成する余地はあると思う(運用面が不安なのでね。もっともその面では
今でも充分だと思うが)。厳罰化全てに反対というわけではないが、
「厳罰→犯罪撲滅」というあまりに短絡的な発想や、
「少年犯罪が凶悪化しているから」というかなり確実性の薄い
印象論にひっぱられての厳罰化には断じて賛成できない。
それは、印象論だけではなく本気の治安崩壊を招きかねない。

51 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 20:57:18
>>49
それこそ、思いつき、先入観・・・・・
子供は全くの純真無垢で、無害だとのたまわっている社民党が
言ってそうな事・・・・・


52 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 21:10:13
>>50
それとこの頃、少年犯罪者たちが、少年院に入った際、
ワザと労働をせず、厳罰房にはいる人が増えているのは
なぜだか、理解できる?
要するに、自分がやったことに対し、表面上は反省したものの、
反省していない。
共同生活がイヤだと引きこもってワザと厳罰房に入る人が増えている
という。
こんな甘やかされた少年院に犯罪の抑制力として意味あるのか?

53 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 21:58:12
少年とはいえ、人を殺しておいて、死刑が適用されないのはなぜ?
人が殺されるということは相当なこと。予想を上回る痛さと恐怖を
与えられるんだよ。なのになぜ法は改正されないのか。
本当にそこが気になる。

54 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 22:26:54
>>53
ですね

過失であろうと故意であろうと、少年だろうと成人だろうと
人を殺した場合は死刑でも良いと思う
少年が、車パクッて登校中の児童の列に故意で突っ込んで死者が出ても
死刑は適応されない現状は怖いね

55 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 23:38:47
>>51
それを狙ってるんだよ。49とほぼ同じ論法で反対の意味の文章を書くことができ、
そしてそれでは反対する立場の人間に対しては全く説得力がない。

社民党はさすがにレッテル貼りだと思うが、子どもは純粋だとは思ってるよ。
純粋に「悪」もこなすという論点を注視した上でだがね。

>>52
俺は聞いたことがない話なのでソースが欲しい。
中での生活がどんなに甘かろうと、再犯を犯さなければ
それで目的は達成しているのでは。

>>53
その論点はわかるが、現実に少年による殺人は減ってるんだよね。
>>52にも通じる話だが、辛い罰で再犯が増えるよりは、
ぬるい罰でも再犯が増えないほうが俺はいいと思う。
悪いことをした人間にはそれなりの苦しみを味わってほしいというのは
すごくよくわかる話なんだが、この感情に安易に流されてしまっては
その結果に責任を取りきれなくなると思う。

56 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 23:40:55
>>55
上段、49ではなく48の論法を使った。

57 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 13:54:16
>>55
ソースは、
2、3日前のMBSラジオ1179「こんちは、コンちゃん」の
番組内で放送・・・・
これも、記事にしてあるやつを放送してコンちゃんが
怒り吼えていたから、元ネタは、毎日放送ラジオに聞け!

58 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 14:21:11
>>55
データばかり見て中身しらないみたいだから、いうけど、
オマエが言う殺人が減っているというのは、昭和35年と
比べてのこと・・・・
今は、平成だよーいつの話しているんだか・・・・・
10年前と比べてから見て、もの言え!
それに、殺人としての罪の認定も減っているのも
忘れないように・・・・
例えば、集団で暴行し、被害者が死んでも殺人にならないし、
未成年が無免許で車を危険運転をし、人が死んでも、
殺人にならないのが、現状・・・・・
少年加害者によって人一人死んでいるにもかかわらずね・・・・

59 :死王 ◆trtm1iPDZk :2005/09/23(金) 14:26:49
少子化
ベビーブーム
子供の数と 犯罪を犯す子供の数の割合
犯罪の内容・社会的背景

この辺を語りたまえ。面白いぞ。ふふふふ。
髪切に行こっとWWうぇうぇうぇうぇぇぇWWWWWWWW

60 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 15:08:10
>>58
少年法は1949年(昭和24年)から施行されているよ。

わかりやすい参考
ttp://kogoroy.tripod.com/hanzai.html

俺に言わせれば、「データを見ずに中身を知った気になってる」人間の方が
よっぽど危険だ。無論、データを分析することは忘れてはならないけどね。
1997年に少年による強盗件数が激増したことがあるものの、
実のところ従来からあった犯罪を「強盗」というより重い罪名で
検挙しただけだったり、近年の少年犯罪の件数は、従来は放置されていたと
思われる「横領(放置自転車泥棒)」の大量の検挙により底上げされているとか。
このように少年に対しての警察の姿勢は厳しくなる傾向にあり、
>殺人としての罪の認定も減っているのも忘れないように・・・・
という言葉を信じるにはソースが欲しいんだが。

>例えば、集団で暴行し、被害者が死んでも殺人にならないし、
それは大きな問題だが、逆にそのような事件が多いならば、
加害者が増えていても、被害者は増えていない可能性があり、
「治安悪化」への少年の貢献は低く見積もる必要が出てきたりするがね。

>未成年が無免許で車を危険運転をし、人が死んでも、
>殺人にならないのが、現状・・・・・
それは未成年に限った問題じゃないでしょうが。

殺人は2004年に関して言えば、検挙57件、62人と相当に少なくなってるよ。
殺人の検挙率は極めて高いことは一応書いておく。
まあこれもたまたま少なかっただけだが。1973年以降、殺人検挙人数は
増減を繰り返しながらも60〜120を外れることはほぼない(49がひとつだけある)。
近年になって有意に増加したという傾向は認められないよ。

61 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 15:31:00
>>59
・子ども全体の数が減っているので、割合としては増えている
・豊かな社会の中でのより歪んだ犯罪が多い
ということを言いたいと思ってもいいのかな。

ちとデータは古いが、わかりやすいのは
ttp://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html

数字だらけだが。中ほどや下に人口比がある。
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

比率で見ても、昔との差は圧倒的だし、
近年の有意な増加も特になさそうだ。

62 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 15:34:07
質の変化に関しては、
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/13.htm
低年齢犯罪の実例集
http://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm
異常犯罪の実例集

1年だけだが、より広くデータをとった実例集
ttp://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/zsyounen.htm
下の注意書きまで読むように。

3つのみだがより詳しい
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid16.html

「昔は考えられなかったような犯罪」がガンガン見つかる。


ttp://www.std.mii.kurume-u.ac.jp/~tadasu/essay_411221.html
言説だが、すでに現代とほぼ同じような質の「凶悪化」の認識が、
1960年には行われていた。

また、高度成長期と現代で最も差がある凶悪犯罪は強姦。
身を守るためにやむなく犯してしまうこともある殺人、
生活のためにやむなく働くこともある窃盗や強盗などと違い、
仕方なく犯してしまうことは極めて少ない犯罪だ。

63 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 16:07:33
>>55よー
毎日放送ラジオに元ネタ聞いたかー
引きこもって、ネット情報しか信じない姿が、俺には見えるがな〜

64 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 16:15:37
>>63の続き
それとも、自分の知らない、都合の悪いことは、お決まりの
スルーですか・・・・・


65 :少年法により名無し:2005/09/23(金) 16:22:42
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■
●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■●●■

66 :死王 ◆trtm1iPDZk :2005/09/23(金) 17:59:51
子供の数との比較
時代背景
犯罪の内容

別に過去と現在どっちがなんて話しても無意味くさ〜。
過去と現在でどう変り、これからどうなり、どうすればいいのか?
を考えた方がオモシロスWW

まあ実際俺も過去も現在もそんなに変わらんと思ってるがの。。
そして未来も〜

67 :死王 ◆MtYcZwUmlQ :2005/09/23(金) 18:00:52
なんかトリ変?

68 :少年法により名無し:2005/10/11(火) 20:23:31 O
未成年って前科とかって付くの?

69 : :2005/10/17(月) 22:27:48 0
例えば、強姦と被害額1000円以下の万引き一回を同一視点で見るのは
どうかと思う。

後者に関しては、更正の余地は高いが前者は言語道断。
そもそも少年法の趣旨を考えると、殺人レベルの犯罪に更正を見出すのはいかがかと。

ならば、少年法の適用範囲として執行猶予1年以下がつきうる犯行にのみ適用するのが
いいのではないかと思う。
そうでなければ・・・

但し、実名晒しは判決が確定してからでいいと思う。
(もし、誤認逮捕されてたら厄介でしょ)



70 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 22:47:17 0
俺にとって見ればどっちもありえない犯罪なんで
罪の程度は同じだ 両方ともすごい度胸を必要とするよ。

71 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 22:57:54 0
 人様のものを泥棒するような人間はどうしようもないだろう。
金額の多寡は問題にもならない。倫理観の欠如が末恐ろしい。

強姦のほうがまだ普通の人間の出来心っぽい。
こっちのほうが更正?見込みがあると思う

>>69が何を根拠に差別化を計っているのか理解に苦しむね。
窃盗は私有財産を否定する凶悪犯罪で、その反社会性は強姦に勝るとも劣らないよ。

72 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 23:07:31 0
窃盗は契約社会の否定、公平公正観念の欠如、悪を憎むことが出来ない正義感の欠如。

強姦はただの女性蔑視。

単純に考えれば前者のほうがよほど性質が悪い。更正させるにしても後者は
女性を尊ぶ紳士の道を教えれば足りるが、
前者には相当道徳観念を叩き込んでやらねばならない。不正を憎む心とかな。
効果も期待できない。倫理観は身につかない奴には絶対身につかないのだ。

73 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 03:45:13 O
もちろん廃止あるのみ

74 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 07:26:16 0
>>72
強姦も暴力で他人を思い通りにしようとするのは「契約社会の否定」だろう。
「女性蔑視」は「公平公正観念の欠如」ではないのか?
「悪を憎むことが出来」れば強姦への抑止は働くだろう。

75 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 18:11:29 O
人を死なせたり危害を加えるような少年犯罪は少年保護法は必要ないと思う

軽犯罪などの更正の可能なものについては、少年保護法は必要だと思う

もっと学校などで法律の勉強や道徳てきなものを取り入れるべきだと思う
最近の未成年は法律を正しく知らない人が多いと思う

76 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 18:13:48 O
なんか読み返すと〜思うが多くて変だ
!|!〇| ̄|_!|!

77 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 21:48:24 0
軽犯罪が更正可能ってどうしてそう思うの?前のレス読んでないでしょ?
何を思っても自由だけど、うそ臭くても根拠を書かないとね。

78 :少年法により名無し:2005/10/19(水) 18:41:23 O
>>77
じゃあ殺人した人の方が改心しやすいと?

79 :少年法により名無し:2005/10/19(水) 21:51:14 0
 殺人なんかは馬鹿でもわかる悪事なのだからそれだけ
自分が悪いことをしたということが自覚しやすい
それだけ改心もしやすい理屈はあるだろうな。
 逆に自分のしたことはたいしたことじゃないと思っているといつまでたっても
人格低劣のままだネ。普通の人はこれだ。

80 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2005/11/02(水) 14:21:45 0
母親に薬物を飲ませ殺害しようとした殺人未遂事件です。逮捕された女子生徒は、
日記に母親の症状の変化を記録していたことがわかりました。また、生徒の部屋
から薬を投与したと見られる小動物の死がいも見つかりました。
警察のこれまでの調べで、逮捕された16歳の女子生徒は、犯行に使用したと
見られるタリウムを自分で薬局で購入し、何らかの方法で母親の飲食物にまぜて、
複数回にわたって摂取させたと見られています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    んー、やっぱりあり得んのじゃないか?
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / このシナリオは。人を殺める人間が
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 自分の犯罪を克明に記述して残すかね?
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 犯罪心理的にも自分を追い詰めるでしょうに。(・∀・ )

05.11.2 TBS「母親に劇物、日記に症状の変化記録」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3151386.html

* 少年法に絡んだ創作犯罪のニオイがします。

81 :少年法により名無し:2005/11/07(月) 23:34:25 0
 単なる『免罪符』にしかならんよ。

82 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 00:21:26 O
悪法や!罪の大小関係なく全て死刑
嫌なら罪を犯すな
ガキの頃からの意識に恐怖を植え付け、見せしめとするべし

83 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 21:39:04 0
16歳以上逆送60% 05年犯罪白書 少年法改正
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20051108/eve_____sya_____009.shtml

84 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 13:54:23 0
すいません質問です。
少年法が適用されるのは性格にはいつまででしょうか?
ネットで調べると誕生日の前日の午後12時、などと表記されていますが
それは誕生日の日になった瞬間の0時?それとも前日の0時?


例えば、11月11日が誕生日の少年Aが居たとする。

1.彼は11月10日の深夜0時(=午後12時=24時)が来た時点で成人となる。
  →つまり、10日と11日の乗り代わり点で成人
   
2.彼は11月9日の深夜0時(=午後12時=24時)が来た時点で成人となる。
  →つまり、9日と10日の乗り代わり点で成人

どちらが正解ですか?いろいろみたけどよくわからなくって。

85 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 15:10:51 0
>>79
そうだ罠。
まともな倫理観や道徳観を持ってる人間はちょっと想像力を
働かせれば大概は思いとどまる。

まあ、過酷な精神的外傷や経験から、そういった倫理観や道徳観を
認めたくないという理由から暴れまわる 例外も存在するが・・・。

86 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 15:22:20 0
>>84
いまのうちにヤっておこうってことですか。

87 :84:2005/11/13(日) 18:55:09 0
>>86
いえいえ、残念ながら、自分はもういい歳です・・・

88 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 18:56:46 0
少年犯罪で小論文をかくのですが、どうかいたらいいかわからない…

89 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 00:37:25 0
それでも少年法は変わらない。少年を擁護し続ける。それはなぜ?
やはり世間は少年である加害者がかわいそうと考えてるから?

90 :堕天の翼の名無しさ:2005/11/14(月) 00:43:57 0
>>89
心理学で言う同調圧力でしょうな。
少年法が無くなれば、3日で世間は少年法の存在した事など忘れるだろう。

91 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 00:59:41 0
今の日本はアメリカ化
今の日本人(35才以下)もう倫理観や道徳観を持ってません
不倫、強姦、殺人、強盗
多分80年代のバブルの後遺症
今の日本少年は苦労も知らずに
もう少年法はいらない
ただ犯罪者の切符だ!!!


92 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 19:09:47 0
>>91
皮肉かねw
不倫は知らんし強盗は「どのぐらいのレベルから強盗とするか」の
解釈の変化によって大きな影響を受けてるので除外するが、
少年による殺人と強姦の検挙人員を見てみると

殺人 1961 448   2004 62
強姦 1958 4649  2005 162
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

とすさまじい勢いで激減してるんだよ。
この年代に少年だった者は、今では当然中高年。

・人口に差があるものの、比率で見てもそう大した違いはない。
・殺人の検挙率は極めて高く、強姦は(特に昔の)認知件数がアテにならないので、
検挙率減少の影響というには無理がある。

93 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 19:26:00 O
kitty

94 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 19:41:36 0
>>92
強姦も2004のデータね。

殺人と強姦の検挙人員を基に、「少年犯罪最凶世代」をものすごくおおざっぱに
「1945年に15歳であった者から、1975年に20歳であった者」と
定義すると、現在では50〜75歳の人たちが、今時の若者が真っ青になるほど
少年凶悪犯罪を犯しまくっていました。

95 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 21:37:01 0
強姦 1958 4649
こんな多い??? マジかよ?
私は男でよかった
もうひとつの可能性は今の女は昔よりも淫乱
だから今の少年は強姦の必要はない
でも高度成長期の少年刑法犯総数は一番多いですよ!
あの時の少年今もう親になった
あんな奴の子供も親と同じレベルだろう!?
ちなみに オレ23だよ
35才以下の常識人です


96 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 21:55:13 O
犯罪者に人権などいらない。死刑

97 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 02:08:30 0
池田創価は釈迦を否定・侮辱した時点で、もはや仏教では無いのです。
ブッタの教え、仏教を名乗ってはなりません。
それは詐欺です。池田教と名乗りましょう!
統一協会・エホバの証人・モルモン教と同じ新興宗教=創価学会・池田教。
名目上は日蓮氏を仰ぎながら、実は「池田教学」が一番の新興宗教。
愛も慈悲も無い、イカサマ詭弁教学。3流です。
下品さと暴言・詭弁で証明されています。
悔い改めを!

池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」P63
「釈迦の法はもう過去のもので何の利益もない」
池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P65
「われわれは釈迦仏教に縁のない民衆であることを知
 らねばならない」
池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P67、P316
「日蓮聖人が末法の御本仏であらせれる」
「釈迦等のとうていおよぶ 分際ではない」
池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P93
「釈尊出世の本懐である法華経でさえも末法の今日に
 は まったく力はない」
池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P70
「(創価学会の)この大御本尊を拝む以外に末法の
 衆生は基本的に幸福になれないのである。」
池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P303
「釈迦仏法など立てるのは去年の暦と同様で役に立た
 ないしろものである。これを使用するから生活に破錠
 をきたすのは とうぜんである。」
池田大作監修 創価学会教学部編 「折伏教典」 P321
「俗にいう日蓮宗を代々やっていると家族に不具者が
 できたり、知能の足りない子供が生まれたり、はては
 発狂する者ができたりして〜」


98 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 11:01:17 0
>>95
強姦へのインセンティブの低下は、女が淫乱になったというよりは
ポルノの普及だろ。

99 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 12:55:22 0
俺も少年法なんて被害者の人権を全く無視した腐りきった悪法だと思う。
基本的に罪を犯せば少年だろうが成人だろうが同じように裁かれて当然なんだよ。
よく家庭環境がどうのとか社会がどうのとかってぬかしてるけどそんなこと
はどうでもいいんだよ。そんなの単なる責任転嫁に過ぎない。罪を犯したガキより
辛い立場にいる奴はたくさんいる。それでも罪を犯さない奴がほとんどなんだよ。
一番悪いのは罪を犯したガキ自身。厳重に裁かれるのは当然さ。

100 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 13:08:04 0
臓器移植法改正し、殺人等の重犯罪者には、単に死刑ではなく
社会全体、公共の福祉の為に自らドナーとなるよう
法律を改正して欲しい。
特に、少年の臓器は新鮮な為、多くの命を救うことが、可能だろう。

101 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:39:19 0
だからー、なんで少年法は変わらないの?みんな変えたくないと思ってるから?
それと変える方法は?

102 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:41:32 0
もう変わっただろ。低年齢の殺人は減ってるのに刑罰を与えられる
年齢が引き下げられ、凶悪犯罪は減ってるのに原則逆送が導入され。

103 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:44:33 0
母親の証言 「 帰ってきた時はカギがかかっていた。」 ( 読売新聞 )

周辺住民 「 夜中に ( 不良? ) 仲間と何人かで話してるところをみた。

       しばらく聞いていると、「 わりーかよ 」 と叫んで、
       そのまま笑いながら一人で団地の方へ走っていった。  」 ( フジテレビ )

「 返り血を浴びたブレザーは、家族がクリーニングに出していた。 」 ( 読売新聞 )


まとめサイト
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=fromyou&vi=1131962118&rm=100

104 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:46:38 0
>>102
厳罰化したから減ったとは受け取れられないかい!?


105 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:49:43 0
>>104
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

少年犯罪は一部(強盗や横領など)を除いて、
ずっと前から大半が減少傾向。少年法改正の前からね。
一部については↓

ttp://kogoroy.tripod.com/hanzai.html

106 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:53:13 0
朝日新聞珊瑚事件を語り継ぐ

http://asahilog.hp.infoseek.co.jp/
平成元年4月20日付け夕刊 沖縄珊瑚落書き報道
自然環境破壊のモラルを世に問い正そうと、朝日記者が沖縄珊瑚に「KY」などと落書きされてるのを発見、
「観光客、ダイバー達の低モラルぶり」を取り上げる報道をする。
記事内容は、例によって、
「八〇年代の日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷付けて恥じない、
精神の貧しさの、すさんだ心の。にしても、いったいK・Yってだれだ。」などという「説教」付きだった。
しかし、地元ダイバー達から、地理的にも人為的に珊瑚が傷つく事は有り得ないという声が上り、調査が始まる。
平成元年5月16日付け朝刊 上記報道への釈明報道
広報担当の青山昌史取締役(当時)は、既にあったKYの文字の上をなぞっただけの、「行き過ぎ取材」と釈明。
しかし、これがまた嘘であることが後に判明する。
平成元年5月20日付け朝刊 結局ねつ造記事を認めた再釈明記事掲載
ぬれぎぬを着せられた沖縄地元ダイバーの誇りをかけた綿密な調査により、朝日記者は既にあったものをなぞった
のでなく、記者自らストロボの柄で傷を付けたことが判明。ダイバーからの抗議に「朝日に限ってそんなことする
わけがない」などと無下もなかった朝日は、動かし難い証拠を突きつけられようやく真実を認め、謝罪する。
これは、朝日の誤報→報道被害者が情報源開示要求→取材情報源の秘匿を理由にした拒否→真相は朝日に隠される→
報道被害のみが残る。という朝日の得意技をやろうとしたが、ダイバーの供述があまりに信憑性の高いものだったため、
朝日の得意技に持ち込めなかった例だ。
まさに、この珊瑚の傷は朝日新聞の「象徴」になった。百年余も歪曲報道し続けることを恥じない、精神の貧しさの、
すさんだ心の。
メディアの行き過ぎ、情報操作は仕方ないにしても、この事件だけは論外。言語道断。



107 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 15:00:23 0
少年法はいらん。
犯罪起こしても、大した罪にはならねーwって考えるバカガキ共がわくだけだ。
今の工房以下の連中はゆとり教育世代ってこともあって、
社会に出てもゴミだから、少年法と共に粛清すべきだと思いますよ。


女子高生殺しのラリーは死刑モンだな。
つか、殺された被害者の身元マスコミで晒されてるのに、
加害者が少年だっつー理由で晒されないってのがどうもイカン。
被害者や被害者家族よりも、加害者の未来の方が大事ってか。
あーいう自分の身勝手で人殺したり、傷つけたりするような奴に人権なんぞ与える必要はないのに。
どうなってんだ、日本は。

108 :ぬるぽです。:2005/11/15(火) 19:31:07 0
是非御協力下さい。
http://www.geocities.jp/kunaicho_com5/

109 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 21:29:19 O
>>100
臓器、特に心臓には脳に 似た神経回路があるらしいから、犯罪者の臓器は使わない方がいいんじゃまいか?

110 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 09:01:22 0
少年法など必要なし。そもそも人権とは字の通り、人としての権利であって人の
道を踏み外した物には人権などないのだ。被害者やその親族などは一生忘れるこ
とのできない肉体的、精神的なショックを抱えて生きていかなければならないの
に加害者に更生する機会など与える必要はない。身勝手な殺人、強盗、傷害、放
火、強姦などは年齢に関わらず即死刑。そのほかの犯罪には無期懲役が妥当。暴
力団、暴走族撲滅運動という言葉をよく聞くがその実態は非常に甘い取締りだ。
そんな世の中のゴミにしかならない団体はその組織を作った時点で死刑を。私は
そのくらいの厳罰化を日々望んでいる。

111 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 17:53:38 0
オタクはいじめられっ子だったから少年法を廃止しろばっかな結論なんだよな
ここがお前らのストレス発散の場所なんだねw女が腐ったような考えばかりですねw

112 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 18:04:01 0
早くこの人達が匿名希望の一般人同士で議論している事自体痛いって事に気づきますように
それじゃw


113 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 19:59:31 0
>>110
みたいに死刑ばっかにすれば犯罪はへるかもな。
けどなんとなくだが命の価値が薄れてしまうような気もする。

114 :少年法により名無し:2005/12/10(土) 13:17:14 0
俺は少年法は必要ないと思ってる
大人同様に裁くべき


115 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 19:37:52 0
「少年法の犠牲者」がまた一人。

http://big-hug.at.webry.info/200512/article_3.html


116 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 19:44:59 0
>>111
黄色のウンチは下がってろ
白人の国にでも行ってろ

117 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 23:16:15 0
>>115
ま、個別の例で言うならば「情状酌量」の犠牲者も山ほどいるわな。

118 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 01:16:24 0
>>1
全く不要。

成人と同じ扱いでよい。


119 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 01:21:49 0
>>118同意、厳しく罰したほうがよい。

120 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 01:28:28 0
俺の理想は人を殺したやつは殺され、人を刺したやつは刺される社会

121 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 02:55:46 0
不要

122 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 10:27:11 O
私の友達が銃刀法違反の容疑がかかりガサ入れが来て一人捕まりました。大麻所持でも捕まりました。それを知っていた私は何か罪になるのでしょうか。
その銃は一発人に撃った物ですがそのことは隠しきれます。(死んでません)

123 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 10:28:11 O
>>122みたいな書き込みした奴は捕まるの?

124 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 17:08:34 0
いや、捕まらない。本人じゃないしね

125 :少年法により名無し:2005/12/18(日) 18:19:17 0
今、冤罪で苦しむ若者がいるので皆さんコピペをもってこの事件を
広く世に晒してください。

えん罪御殿場少年事件で、10月27日、静岡地裁沼津支部(姉川博之裁判長)は、少年たちに懲役2年の判決を言い渡しました。
判決は、少女の供述を「信用できる」と認め、警察に強要された少年たちのウソの「自白」を採用し、客観的事実も無視した。

http://www.kyuuenkai.gr.jp/shinbun/2005/20051115.htm
事件の発端は、2001年9月16日、当時15歳の少女がついたウソでした。
静岡県御殿場市に住む少女は、帰宅が深夜になった理由を母親に問いただされ、「少年たちから暴行を受けた」と作り上げた。
(実際は出会い系サイトで知り合った19歳の会社員と親に言えないデートをしてた)


126 :少年法により名無し:2005/12/20(火) 17:36:56 0
オレは少年法厳罰化への改正は更に必要だと思う。
今の被害者側から見て「殺され損」の風潮、
その歪みは必ずどこかで噴出してくる。
例えば公的な裁きに満足できない量が限界値を超えると
私的制裁の方に走るだろう。
マフィアや黒社会や必殺仕置人などが密かに跋扈する
社会こそ本来我々が忌み嫌わなければならない社会のはずなのに。

127 :少年法により名無し:2005/12/20(火) 18:00:31 0
必要悪がなくなった現在、法を改正しなければ、
バカなガキが増えるだけだな!!

128 :エル:2005/12/20(火) 18:06:16 O
拳銃をうったなら調べればすぐバレるやろ!少年法は要らないんちゃう!ここゎ日本やと言われればおしまいやけど…アメリカでゎ少年でも殺人を犯せば懲役二百年や終身刑なんかゎ当たり前やん!日本もそれ位したらえぇのに

129 :少年法により名無し:2005/12/20(火) 21:01:15 O
否!
悪い事は悪いと罪を償わなければ何も解決はされない。

保護法が有るからその歳までは悪い事をしても良いかと言う考え方を持つ人達がいる。
更正しても又犯罪を繰り返すのは本当の意味で罪を理解していないから。


130 :少年法により名無し:2005/12/25(日) 10:54:31 0
先ほど、違うスレに書き込みさせていただいたんですがこちらの方が
合ってると思うのであらためて書き込みさせていただきます。

未成年(18)の少年が、自動車で3台の原付(16)を煽り、車で後ろから
突いたり突きっぱなしで相当なスピードで押し進め、そのうちの1台の
原付はは車のスピードでも振り切り逃げたそうですが、2台はそのまま
突付きまくられ転んだところを ひいて引きずり逃げた事故?(事件)を
先日聞いたのですが、この車を 運転していた少年の刑はやはり、
軽いのでしょうか。

とても許せる行為とは思えないのですが、少年法適用され実名も出ず、
世間でも知られてない事件のような気がします。
なのできっと 刑も軽いんですよね? たとえひき逃げでも・・・

内容は、簡単に聞いただけでも、絶えられないむごい状況 だったようです。
この件で、署名をしてほしいとのことで、私も事件を知りました。
直接、知ってるお子さんではないのですが、辛すぎます。

知識はないのでわかりませんが、未成年の犯罪って、5年くらいで
出てこれることばかりですよね。
厳しく罰せられることはありませんよね?
私の子供の同級生で、人事とは思えず、悔しくてなりません。

車で原付の後ろからすごいスピード(70〜80km)突付きまわし
そのまま押した状態でひき殺していても、「殺す気はなかった」と言う
と思いますが、お互い、間接的に知っていた存在だそうです。
なので、ひき逃げでしたが、意外と早く犯人が見つかったそうです。

こんなむごい事件を署名集めまで地元でも「聞いたような気がする」だけで
知りませんでした。


131 :少年法により名無し:2005/12/26(月) 16:11:30 0
>>130
現場の判断にもよるが、あくまでも殺人じゃないから5年も経たない内に出てくると思う。
快楽殺人と同義だと俺個人は思うが、多分殺人としてではなく過失致死のような扱いになると思うぞ。
よって殺人の意思はなかったという扱いになって、殺人よりも軽い処遇になると思う。
成人でも危険運転致死罪(こんな名前だったと思う)の扱いだろうからやはり殺人よりは軽くなると思われる。
被害者が浮かばれないのはとりあえず確定事項なのは変わらない。
後は自分で調べてみてくれ。何が正しくて何が間違ってるかは人に聞くだけじゃなくて
自分で考えなきゃ意味がないことだからな

132 :少年法により名無し:2005/12/27(火) 21:38:26 0
町田市の女高生殺害、元高1少年の鑑定留置決定

 東京都町田市の都立高校1年古山優亜さん(当時15歳)が殺害された事件で、東京家裁八王子
支部は27日、殺人の非行事実で送致された元同校1年(退学)の少年(16)について、精神鑑定
を行うため、鑑定留置することを決めた。
 留置期間は同日から来年2月上旬までで、その間は観護措置が停止される。また、同日、第4回審判
が開かれ、検察官が少年に事件に至る経緯などについて質問をした。(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051227-00000412-yom-soci

133 :少年法により名無し:2006/01/06(金) 16:13:07 0
厳罰化って言うか少年法自体いらねえよ。とっとと廃止しろあんな糞法。

134 :少年法により名無し:2006/01/09(月) 17:04:48 0
少年法なんていらないね
犯罪犯した奴が「少年法で守られるから
早くやらなきゃと思った」って言ってたぞ

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/01/10(火) 00:29:59 0
>>134
そいつ何やったの?
頭は良い奴か?

136 :少年法により名無し:2006/01/10(火) 16:46:56 0
俺さーいつも思うんだけどさ
人を殺した奴がさホントに後悔反省をしてんならさ昔じゃないけど切腹とかやると思うけど
ホンントに反省してんだったら潔く死ねよそれが唯一の罪滅ぼし
殺した人の分まで罪を背負って生きますっていうのは要するに自分が何があっても生きたいだけだろ!

137 :少年法により名無し:2006/01/10(火) 21:42:24 0
>>135事件の内容は忘れたけど中学2〜3年生だったな
人殺して淡々と話せるんだからいかれてるか
頭が変に良かったのかもな

>>136同意。
長く生きてたって社会に貢献するわけじゃ
あるまいし。自害の方がいい

138 :偉大なる人権派:2006/01/10(火) 22:41:18 0
いかん、いかん
感情的な意見はいかんよ
犠牲者を増やしてはいかん
未熟でいたいけな少年が道を誤ってしまったら、更生させるというのが国際法や子供の権利条約の趣旨なんじゃよ。
少年法はその趣旨そのものの美法と呼ぶべきものだ。
なんでもかんんでも死刑だの、死ねだのというのは原始的な考えということじゃよ

論破されおって

わっはははは

139 :少年法により名無し:2006/01/11(水) 00:29:37 0
>>138いたいけかは置いといて
個人的意見だけどさ俺さ人殺しに厚生なんて求めてないまして社会の貢献なんてどうでもいい
大人しく死ねってことだ再犯を犯す確立が1%でも残ってるかぎり釈放すべきではない
だから手っ取り早い方法が死刑ってことだ
だいたい人を殺しての罪滅ぼしは自分の命でしか払えないし

140 :少年法により名無し:2006/01/13(金) 23:36:58 O
私の意見としては…年齢に関係なく、行った犯罪によってそれ相応の償いは必要だと思います。成人でも未成年でも、殺人には変わりなかったりするし。。
実際とある監禁・殺人を行った元少年が、出所後『自分は人を殺した』と脅し文句に使っていたそうですから…
こんな人間を『未成年だから』と、たった数年で普通の生活に戻して良いのか疑問に思います。

141 :少年法により名無し:2006/01/14(土) 00:41:45 O
かといって少年犯罪の場合、刑期がながいと逆に、更生すんのが
難しくなり、再犯のおそれが高くなるかもね。
一生閉じ込めとく、ってわけにもいかんし。

142 :&rlo;&rle; ◆Q3KaseGuHA :2006/01/14(土) 00:50:32 0
如何ともし難い状況について

143 :ソルボンヌ・ソリマチ・ゴダート ◆cByCUNjcSM :2006/01/14(土) 01:07:21 0
>>138わっはははは
なんか言ってら。
再犯がいかに難しいか・・・具体的な数字は知らんが明らかじゃないか?
だから人生のチャンスは一回。
人殺し・レイプはみーんな消すか有効利用でいいでしょ。
生きてて正常で法に則った人間が幸せになれればいいんだよ。
「最大多数の最大幸福」ってこんな意味だっけな・・・?

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)