5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年犯罪の増加・凶悪化はでたらめ

1 :少年法により名無し:2005/07/13(水) 19:18:23
まあ常識か。

2 :少年法により名無し:2005/07/13(水) 19:46:33
マジで?

3 :少年法により名無し:2005/07/13(水) 19:48:46
少なくとも数十年前よりかは凶悪化
してると思うがな。

4 :少年法により名無し:2005/07/13(水) 19:58:30
ふーん。常識と言わず説明してくれよ。

5 :重複・誘導:2005/07/13(水) 21:01:50
「少年犯罪の増加を叫ぶ奴」は単細胞!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1111472105/


6 :少年法により名無し:2005/07/16(土) 10:07:31
 そうほざくなら、何で一番多かったって時代に
何の手も打たなかったんだか。

7 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 20:16:07
>>6
当時は問題じゃなかったから。

じゃあなぜ今問題と言われてるのか?
ある意味で治安が良くなったから、というのはある。
情報もかなり公開され、昔なら取り上げなかったような小さい事件も取り上げるようになった。
しかも全国で。
小さい事が目立つようになってるんだよ。

減ってるのに増えてるように感じるトリックは実はその辺だろう。
実は暴力事件も減ってるし、性犯罪も殺人事件も減ってる。
対策は万全ではないものの実は徐々に成熟しつつある。
ただし、「従来型の分」はね。
メディアのたちの悪いのはこの簡単なトリックに気がついてないこと。

ただ、犯罪は時代によって変わる。犯罪自体もその動機も。
犯罪を真剣に話すならそこのところは不可欠だと思う。


8 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 20:21:46
本当、中学生から言わせると
そう問題起こしてる奴らなんて一握りなもんなのに
俺まで変な目で見られるんだよねw
本当やんなっちゃうよ

9 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 21:43:23
普通に考えて。
最も少年犯罪の多かったのは積み木崩し時代
最もモラルの欠如した世代は新人類世代
と思うのだが俺もマスコミに洗脳されてるクチかな?

10 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 21:43:27
>>8
でもそれは、受けて立つしかない。
それでひとりひとりが草の根でレッテルをはがすべく変わる(もしくは変わらない)しか道はない。
それの出来た子供はいい大人になるし、
出来ない人間はやはりそれなりの奴にしかならない。
それは今の大人を見てもわかるでしょ。
愚痴を言って自分を慰めるのがいい大人ではないでしょ?





11 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 21:47:07
>>9
モラルの欠如は大人の方が顕著だと思う。
例えば食堂で「ごちそうさま」を言うのは実は若い奴の方が多い。
それに比べて・・・
モラルがないのは大人がモラルをなくすような事をしてるから。
大人がモラルをなくしてるのに子供にモラルを持て、というのは自分勝手かと思う。

メディアに洗脳されてるとは思わないが、
もうちょっと周りを見ると結構わかる事がある。




12 :スラム ◆YUGAERK7XM :2005/07/17(日) 21:52:45
>>11
エンジンオイルは某メーカーが良いと思っていると実際はコストパフォーマンスの差でしかない

13 : &rlo;♦ dlroWehT&rle; ◆DRUMnROX7. :2005/07/17(日) 22:04:05
>>7 簡単なトリック
古い時代の仕来りでは交尾は禁物であったが時代は進歩しつつもリスクを軽視している意味で不用意な挫折は難しい判断

>>9 新人類世代
相場に対して標準工程が行われていない場合は請求することができない当たり前を誤魔化すことは無駄な努力でしかない

14 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 22:28:44
>>9
最も少年犯罪が多かったのは
1960年ごろに中高生だった世代。

15 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 22:33:02
>>7
小さいこと=いわゆる、主に、窃盗や強盗、または強制わいせつだな。

16 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 22:33:12
マスコミによる宣伝のせいだわな。
法務省の犯罪白書を見れば、少年犯罪は増加していないことは一目瞭然。

17 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 22:39:48
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110121701/l100

18 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 22:40:51
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110121701/l100




19 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 22:50:13
>>16
ただ昔ならまず起きないだろう事件が起きてるのも事実。
嘘と現実の区別もつかない奴の女性監禁、
自己中なバカ親による育児放棄、虐待とか、
あとは気軽な殺害予告に気軽な詐欺(振り込め)とかな。
数字じゃ見えない部分だな、これは。
これはメディアが一端を担ってる部分もあれば、そいつ自身の資質の問題もあるが、
結局、いつの世にも時代に呼応した犯罪は絶対起こる。
で、犯罪対策も永遠にやっていく事になる。
もちろん、ガキの犯罪にもそれは言える。


20 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 23:33:45
 でも、一番多かった時代に何らかの手を打っておけば
こんな世の中になる事もなかったんじゃないか?
 結果論でモノを云う様だが。

21 :少年法により名無し:2005/07/17(日) 23:42:02
>>20
結果論だね。
しかし、手を打ったからこそ犯罪は減ったわけで。
ただ見落とせないのはより凶悪な犯罪がより身近になってるという事。

まるで熊がえさを求めて街におりるように。

22 :Qさん稼ぐ派 ◆Q3KaseGuHA :2005/07/18(月) 00:07:00
>>20
同意
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/intro/1120406110/706

>>21
逆に熊が守り神であったことを伝説は神話になる一方、手垢まるけでも平気な熊が食料をry

23 :少年法により名無し:2005/07/18(月) 17:56:15
俺高校生だけど、
駅のホームでボーっとしていたら
定期券スリとられた( ;∀;) …

ゲームソフト引っ手繰られたこともあるけど
届け出ていない。

24 :少年法により名無し:2005/07/18(月) 18:00:12
引っ手繰りに付いては
親立会いのもとで
柄の悪い、地元の公立(県立)K高校の不良集団から取り返した(〜Q〜;)…

25 :23・24:2005/07/18(月) 18:02:21
コンビニ前で…

私的なことでスマソ…

26 :カンボジア人:2005/07/18(月) 18:03:43
ぉまえそんなんココで書き込んで正直引くから(  ゚Д゚)⊃
高校生ってぉまえ・・・マイナーもぇぇとこやろ( - o -  はぁぁ・・・
陰キャラー_| ̄|○

27 :少年法により名無し:2005/07/19(火) 20:07:51
>>19
その「昔ならまず起きないだろう」というのも単なる想像。


昭和23年(1948).3.20〔16歳(満14〜15歳)が幼女で完全犯罪の実験〕
神奈川県鎌倉市の民家の物置で、この家の二女(3)が全身十数ヶ所を切られ背には
「マタコロスナマイケナ女メ」
と刻まれ殺されているのが発見され、
隣家の少年(16)が逮捕された。
日頃から犯罪雑誌を熱心に読んでおり、2週間前から猫を殺したり自分の太ももを切って研究し、
殺人をしても判らない方法を実験しようと女の子を絞殺、
物置に運んで頸動脈を断ち切って家に戻ったが、
大人の犯行に見せかけようと裸にしてナイフで文字を刻み付けたと自供した。

昭和36年(1961).5.13〔中1が友達をあっと言わせるため殺人未遂〕
 宮崎県宮崎市で「お前なんかに人が殺せるか」とケンカした友達に言われた中学1年生(13)が学
校を飛び出し電車で隣町まで行き、路上で遊んでいた男の子(5)の腹をナイフで刺して泣き叫ぶの
を持ち上げて深さ6メートルの井戸に投げ入れて逃げた。溺れていた男の子は泣き声を聞きつけた
人に救助され5日間のケガですんだ。
 「誰でもいいから殺して友達をあっと言わせてやろうと思った。宮崎市内でやるとばれるので隣町
まで行った」と自供。成績も性格もごく普通の生徒だった。

28 :少年法により名無し:2005/07/19(火) 20:09:05
昭和46年(1971).10.3〔中3が応援演説が嫌で殺人〕
 神奈川県箱根町で中学1年生女子(12)が殺害され、中学3年生(15)が捕まった。翌日の生徒会
選挙に立候補する女子の応援演説を頼まれていたが、人前で話すのが嫌で、1日閉じ込めてお
こうと裏山の洞窟に呼び出した。「今日逢ったことは2人だけの秘密にしよう。誓いのために目隠し
して縛ってもいいか」と言うと、女子は「面白いからいいわよ」といいなりに後ろで手を縛られ目隠し
された。しかし、誘拐事件が発覚したら困るので殺してしまおうと、棒で頭を殴り首を絞めて殺害し
たもの。裕福な老舖旅館の長男で、卓球部のキャプテン。女子は部員だった。

昭和50年(1975).8.18〔5歳と3歳と2歳が赤ちゃんをなぶり殺し〕
 鹿児島県出光郡の農家で、産まれたばかりの女の赤ちゃん(生後18日)が、近所の男子(5)と妹
(2)、この2人の従兄弟(3)に殺害された。
 3人は赤ちゃんを見るために部屋に勝手に上がり込んだが、「切ってみよう」と台所の包丁で足
を刺し、テレビの脚で頭や顔を殴り、庭に引きずり出して物干しに犬の鎖で縛りつけた。両親と叔
母(15)の3人は側の養蚕小屋で作業をしていて1時間ごとに交代で赤ちゃんの様子を見ており、叔
母が包丁を持った男子と血まみれの赤ちゃんを発見して病院に運んだが、翌日、頭蓋骨骨折に
よる脳内出血で死亡した。
 「テレビのマネをした」と話す。刑事ドラマをよく見ていた。

昭和52年(1977).10.13〔2歳女子がカミソリで赤ちゃんの顔を切り刻み殺害〕
 岩手県東磐井郡の農家で、長女(2)が三女(生後2ヶ月)の顔をカミソリでずたずたに切り裂いて
殺害した。
 母親(29)が顔剃りに使っているカミソリのため、マネをしただけだという分析もあったが、祖父が
気づくまで異常な泣き声を上げている赤ちゃんに17回も切り付けており、残虐性があると考えた
ほうが自然であろう。
 この日に父親(27)が出稼ぎにでかけて、ほかの家族も畑仕事に忙しくて相手にされていなかっ
た。赤ちゃんのことはお人形のように可愛がっていた。

29 :少年法により名無し:2005/07/19(火) 20:13:22
昭和60年(1985).3.9〔19歳浪人生が母親を殴殺〕
 神奈川県横浜市の自宅で浪人生(19)が母親(43)を石で殴り殺した上、「明治天皇が殺せと
命令している。指令が聞こえるか」と言いながら高校2年生の妹(17)にも包丁で顔や手など10
数カ所に3週間の傷を負わせたが、妹はとっさに「聞こえますお兄ちゃん。明治天皇が110番
しなさいと言っているよ」と答えると、自分で警察に通報した。受験のストレスによる犯行。


>>19の想像する「昔なら起きないだろう」という事件ってのは、こういう昔から起きてる事件の
ことじゃないか?

30 :少年法により名無し:2005/07/19(火) 22:52:24
>>29
それがどうかしたか?
昔ならないだろう。
こんなに簡単には。
こんなに気軽には。


31 :少年法により名無し:2005/07/19(火) 23:05:22
>>30
??? だから昔の事件を示したんだが?


数の大小を言ってるなら、引用したのはほんの一部だけだぞ。

http://kangaeru.s59.xrea.com/itazura.htm

32 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 02:41:59
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/G-youjyoR1.gif
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/G-youjyoR1-2.gif
ttp://www.jiten.com/dicmi/docs/k22/20493s.htm


33 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 02:44:01
 10〜19歳少年の「殺人」犯、発生率

1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004


0.53 0.49 0.41 0.43 0.62 0.38 0.42 0.47 0.44 0.47 0.50 0.62 0.49 0.79 0.77 0.74 0.79 0.62 0.73 0.48

1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984

1.85 1.82 1.77 1.54 1.50 1.17 0.90 0.91 0.69 0.63 0.59 0.50 0.47 0.55 0.57 0.28 0.34 0.48 0.47 0.40


34 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 02:45:16
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/SatujinGraph.gif


35 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 04:01:27
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110121701/l50
殺人事件の検挙率は
日本では今も昔もずっと95パーセントです
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110952093/l50

36 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 07:11:40
>>35
それはよかった。
で、事件は殺人だけじゃないのだが。

37 :Qさん稼ぐ派?&rlo;?&lro; ◆Q3KaseGuHA :2005/07/23(土) 07:27:40
>>23-25
細いなりにガツガツしないほうがいいってことだな多分

>>26
事柄として例えばピザでも金払えば我侭放題とガタガタいう理屈は腰砕けだな

38 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 19:48:55
http://ime.st/kogoroy.tripod.com/hanzai.html

凶悪犯罪とは「警察白書」では殺人、強盗、強姦、放火ですが
「犯罪白書」では、殺人と強盗だけになっています。
私には強姦も放火も十分凶悪に思えますので
ここでは警察白書の定義に従って、グラフを見てみます。

これを見てみると、少年による凶悪犯罪は1958年から1966年までがピークで
それ以降は急激に減少していることが分かります。
(少年人口減少を上回る減少率。子供の数が激減しただろ?というのはなしね)

1997以降増加している傾向は見られますが
長期的には低水準を維持していることが分かります。

強盗
1996年の検挙数は1062人、1997年は1701人
なぜ、これまで低水準で推移していたのに
この年、前年に比べて突然600人以上も少年の強盗が増えたのでしょうか。

1997年6月3日関口警察庁長官が
「悪質な非行には厳正に対処、補導を含む強い姿勢で挑む」と述べています。
この発言から、警察が強硬姿勢を示し
少年犯罪の罪状がより重く科せられるようになったのです。

また、ひったくりでもこれまではすべて窃盗に分類されていたものが
上手くけがを負わせずになされれば窃盗
軽傷だろうが、傷害を負わせてしまえば
すべて強盗として数えられることになったのです。

39 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 19:58:44
http://colum.jugem.jp/?eid=2

また、警察の方針も近年さらに変化しています。
平成11年に桶川ストーカー殺人事件や「栃木リンチ殺人事件」が発生し、
「警察が被害者の申し出ににきちんと対応していれば、
被害者はでなかったのではないか」こととされました。

それを受け、警察は以前よりも被害者の申し出を受理するようになりましたが、
人手が足りないので、実際の捜査にはまわることは出来ません。
殺人と窃盗ならば、殺人を優先するのは当然です。

これが殺人の検挙率が変わらないのに、窃盗の検挙率が激減する理由です。

また、窃盗は検挙人数が減っていないのに検挙件数が減っているのも重要です。
警察の受理する件数は、方針転換によって急増していますが、
そのために人手が足りなくなります。
窃盗は、余罪があるのが当然で一人につき20〜50件は余罪があります。
しかし、人手が足りなくなった警察は以前ほど余罪を追及する暇がなくなりました。

これが検挙人数が変わらないのに検挙件数が激減した理由です。
犯罪者の数は別に増えていません。

40 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 20:21:24
そしてインターポールの各国犯罪状況が以下の資料だ。 (1989-2000)
http://www.interpol.int/Public/Statistics/ICS/downloadList.asp
そこからvolume of crime per 100,000 inhabitants(10万人当たりの犯罪率)を摘出すると

 日本
殺人:1.05 強姦+強制わいせつ:9.08  強姦:1.75  重大な暴行:26.68  窃盗(全ての種類):1843.73
 韓国
殺人:2.18  強姦+強制わいせつ:14.00  強姦:4.29  重大な暴行:64.48  窃盗(全ての種類):386.31

 アメリカ
殺人:5.61  強姦+強制わいせつ:− 強姦:31.77  重大な暴行:318.55 窃盗(全ての種類):3804.58
 イギリス
殺人:15.28  強姦+強制わいせつ:116.95  強姦:11.51 重大な暴行:126.45  窃盗(全ての種類):4265.31
 フランス
殺人:4.07  強姦+強制わいせつ:63.72  強姦:17.63  重大な暴行:211.26  窃盗(全ての種類):4224.57


41 :少年法により名無し:2005/07/23(土) 23:27:53
日本では、30代と「50〜60代の団塊世代」の殺人発生率が高い。
これは海外には見られない現象…

42 :41:2005/07/23(土) 23:30:52
最近の統計で。

少年よりも凶悪な中高年(壮年、老人期)。


43 :41:2005/07/23(土) 23:33:53
海外では青少年(若年齢)ほど多いか
全年齢層ごとに、同じ割合の凶悪犯罪発生率である。
(実質的には男尊女卑の欧米先進国でも)



44 :少年法により名無し:2005/07/24(日) 08:19:43
http://kangaeru.s59.xrea.com/

平成15年(2003)の年齢階層別『殺人率』(10万人当たり)

未成年 0.73
20〜29歳 1.58
30〜39歳 1.73
40〜49歳 1.34
50〜59歳 1.60
60〜69歳 1.18
70歳〜 0.44

45 :少年法により名無し:2005/07/24(日) 09:58:27
>>44
なんか30代が突出してるなぁ。
コンクリ犯もマット7も宮崎勤も小林薫もこの世代だし。
そういう俺もこいつらと同じ世代orz

46 :少年法により名無し:2005/07/24(日) 20:50:51
バブル世代はがん細胞




47 :少年法により名無し:2005/07/24(日) 21:22:53
団塊親父世代は害虫

48 :少年法により名無し:2005/07/24(日) 21:27:09
悪法少年法と成人刑法の刑罰の差・・・
これで補導扱い???・・・


23日午後3時すぎ、大阪府貝塚市の二色の浜海水浴場で、水上バイクが泳いでいた大阪市淀川区野中北、
高校2年山本隆也さん(17)と奈良県葛城市尺土、保育士増田藍さん(23)に衝突した。

山本さんは一時行方不明となり、約2時間半後に海底で見つかり病院に運ばれたが死亡した。
増田さんは脳挫傷で重傷。岸和田海上保安署は、水上バイクを運転していた同府岸和田市の
中学2年の少女(13)を補導。業務上過失致死傷容疑で、後ろに乗り一緒に運転していた
所有者の大阪市生野区巽中、自営業南勝富容疑者(39)を逮捕した。

共同通信 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005072301005700



49 :少年法により名無し:2005/07/25(月) 02:42:54
昭和42年(1967).1.23〔16歳の混血少年連続レイプ殺人事件〕

 千葉県柏市で広域手配の元自動車修理工の少年S(16)を逮捕した。
 前年12.13、豊橋市の民家に強盗に入り主婦(24)をレイプして紐で首を絞めて殺害、
フロに放り込んで2万円を奪って逃げた。
 12.27、千葉県我孫子町で空き巣に入り帰宅した主婦(28)を縛ってレイプして帯で首を絞めて殺害。
 逮捕の8日前の1.16、甲府市で強盗に入り三女(25)をレイプして電気コードで首を絞めて殺害、
死体を鴨居に吊して1万円を奪って逃げたもの。

 1967年(昭和42年)5月25日、千葉地裁松戸支部で、第一回公判が開かれた。
傍聴席には、甲府の被害者の老いた両親の姿があった。
 閉廷まぎわ、老父は突然、立ち上がって叫んだ。
「裁判長さま、被告にはまったく悔悛の情がありません。
これでは死んだ娘があんまり可哀相です。被告を重い刑にして下さい」
 少年Sは表情を変えず、傍聴席をチラリと一瞥しただけだった。 

 18歳未満としては異例の死刑を求刑されたが無期懲役となり、
38歳となった平成1年4月、合わせて22年の拘禁の後に仮釈放された。

*ちなみにこの犯人、現在生きていれば54歳。

http://kangaeru.s59.xrea.com/itazura.htm
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/konketu.htm

50 :少年法により名無し:2005/07/25(月) 05:13:20
>>49
本当は死刑にしてしまいたいところを我慢して、少年だからと無期にしたのにな。
その当時の裁判長の思いも実ってないわけだ。
やっぱり厳罰化は当然だな。

51 :少年法により名無し:2005/07/25(月) 12:43:47
>>50
>少年だからと無期にしたのにな。
>その当時の裁判長の思いも実ってないわけだ。
( ´,_ゝ`)

「無期懲役刑」と「終身刑」は違うw
検察官は「求刑」し、弁護人は刑を軽くしようとし、裁判官は刑を確定する

夏休みだからって遊び呆けてないで宿題でもやっとれ厨房

52 :少年法により名無し:2005/07/25(月) 17:55:01
>>51
???
誰が終身刑の話をしたの?煽る前に文章よく読んだら?

53 :少年法により名無し:2005/08/12(金) 07:37:37
良スレage!!

54 :少年法により名無し:2005/08/12(金) 08:42:01
鬼畜殺人者に老若男女関係ない
殺すか終身刑にするかどっちかにしろや

55 :少年法により名無し:2005/08/12(金) 08:42:54
 >>48
 運転してたのは女子中学生なんだから、女子中学生も『逮捕』すべきだよな。

56 :少年法により名無し:2005/08/19(金) 17:23:21
少年犯罪データベース
http://kangaeru.s59.xrea.com/

幼女レイプ被害者統計
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-youjyoRape.htm

幼女の小学校就学前レイプのピーク時は、1964年 96人
2004年 1人 1/96に激減したことになる。

ロリコン強姦魔は、40年前のほうが100倍くらいも多かった。
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メディアと「青少年凶悪化」幻想
http://www.jca.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000824a.html

> 戦後の数十年間の犯罪・非行統計をきちんと調べてみると、意外なことに他の先進諸国の傾向とは異なり、
> 最近の青少年は昔に比べてはるかにおとなしくなっている。最近、年齢層別殺人率を十年ごとに算出した
> 長谷川眞理子・早大教授が、青少年が「殺人」で検挙される割合は、戦後一貫して低下していることを指摘
> して反響を呼んだ(『WEDGE』5月号ほか)。私も統計を検討し直してみたが、殺人率の低下だけでなく、
> 全体として、青少年は決して凶悪化しているわけではない、という結論に至った(『教育学年報8』世織書房、十月刊行予定)

10万人当たり検挙者(殺人=未遂含む)
http://www.jca.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000824a1.gif
青少年による殺人率が激減していることが分かる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

57 :少年法により名無し:2005/08/22(月) 21:13:06
少年が凶悪化してるわけではない。
それは子供を育てる責任を放棄した大人がいうこと。
たとえば、躾を放棄し、教育を放棄した結果が今だよ。

子供が悪いことをしても親は叱らない。
生徒が悪いことをしたら親は先生に、先生は親に責任転嫁する。

リスクを背負って大人が毅然として教えれば(もちろん場合によっては体罰も必要)いいのに、
それをしない、できないからいらぬ不安が出てくる。
逆にそれさえきちんとできれば何の対策もいらない。

58 :少年法により名無し:2005/08/23(火) 21:27:31
昭和39年(1964).6.22〔大人が見た少年少女―「悪い点多い」46% 朝日新聞引用〕
朝日新聞が6月3、4日両日行なった全国世論調査から。満20歳以上の国民の意見である。

▽このごろの少年少女をみて、よい点が多いと思いますか、よくない点が多いと思いますか?
「よくない点が多い」46%    「よい点が多い」14%    「どちらとも云えない」31%

▽よいと思われる点を上げてください(複数回答)
「明朗、積極、自主性、実行力」24%   「現実的、割切っている」13%
「意見を堂々と主張する」11%       「勉強、知識が広い」9% 
「親切、礼儀正しい、まじめ」8%

▽よくないと思われる点を上げてください(複数回答)
「自由のはき違え、無責任」「享楽的、自制心がない」各16%
「乱暴で犯罪や非行が多い」13%
「非常識、礼儀を知らない」「反抗的、いうことを聞かない」各10%

▽近ごろ少年少女の非行や犯罪が問題になっています。何が原因だと思いますか(複数回答)
「家庭内事情」28%     「社会環境の欠陥」22%
「学校教育」「テレビや映画の影響」各12%
「自由・放任の風潮」10%

59 :少年法により名無し:2005/08/23(火) 21:28:32
続き

▽少年少女の非行や犯罪はどうすればなくなると思いますか(複数回答)
「家庭内の原因を除け」29%
「学校教育の充実」「周囲が愛情と理解で見守る」各11%
「道徳教育・修身の復活」9%
「社会環境をよくする」8%
「法規をきびしくする」5%

▽非行や犯罪の原因はいろいろですが、いまもしも、家庭、学校、社会の各責任の三つに限った場合、
どれが一番大きいと思いますか
「家庭の責任」43%、「社会の責任」40%、「学校の責任」6%。
(朝日新聞6月22日)

以上少年犯罪データベースより引用

昔の若者の公共心なんてこんなもの。俺が子供の頃も同じことを言われてたよ。


◆◇マスコミは大嘘つき!減り続ける少年犯罪◇◆
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1110121701/

60 :少年法により名無し:2005/08/23(火) 23:02:59
というか,いつもマスコミは,最近,多発する少年犯罪とか凶悪化する少年犯罪とか言うけど,別に今にはじまったわけじゃないと思うんだけど。


61 :少年法により名無し:2005/08/23(火) 23:15:45
以前騒いでた「17歳がどうのこうの」、マスメディアがバカ餓鬼の中にある殺意のキーワードを解いたんじゃねえの?
という気がしてならない。
本来なら表に出ない殺意というものがメディアが無用に騒ぐことによって表になり、
出る必要のない犠牲者が出た気がしてならないのだがどう思う?



62 :少年法により名無し:2005/08/23(火) 23:32:41
>>61
ちょうど2000年ごろだったな。「キレる」という言葉と同時に、
流行のごとく、騒いでいたの。
俺は不愉快で仕方が無かった。

63 :金剛 ◆GOLD883/2I :2005/08/23(火) 23:42:30
>>62
エネルギーがきれる

64 :少年法により名無し:2005/08/23(火) 23:42:50
予言の自己成就って奴だな。

65 :金剛 ◆GOLD883/2I :2005/08/23(火) 23:45:18
不安定な気圧配置で気象庁が出鱈目をいいやがるとか(w

天気予報とは何か

66 :少年法により名無し:2005/08/24(水) 07:13:38
http://peaceact.jca.apc.org/paml/2800/2870.html

私は「佐世保(NEVADA)事件」に、既存マスコミの「報道洪水」内容とは全く違う感触を持っています。

〔「凶悪犯罪」は「いつ」クローズアップされるか〕

1.「凶悪犯罪」は、
「なぜか」国会で有事法制などの重要議題が審議されているときに「クローズアップ」され、報道洪水が起き、
「なぜか」その重要議題のマスコミでの扱いが軽くなります。
また「凶悪犯罪」は、「なぜか」警察不祥事などのキャンペーンが行なわれている最中に「クローズアップ」
されがちです。

2.「凶悪犯罪」は、
「なぜか」全然全国報道されないことも、しばしばあります。
たとえば九州では「久間三千年」という凶悪犯による少女連続殺人がかつてありましたが、
これは全国では全く報道されませんでした。

5.防衛庁には警察官僚が多く出向し、警察には防衛庁官僚が出向しています。
戦争体制になると、防衛庁予算も増えますが、警察予算も増えます。

資料
1989年 宮崎勤事件 消費税導入、リクルート事件
1997年 酒鬼薔薇事件(6月28日少年Aタイーホ) 消費税5%にUp、新ガイドライン日米協議(6月中間報告) 
2004年 小林薫事件(12月30日タイーホ) 自衛隊イラク派遣の期限を延長する閣議決定(12月9日)

・ガイドライン=日米防衛協力のための指針

・「久間三千年」事件
1992年2月20日朝、久間被告は福岡県飯塚市の小学1年女児2人(ともに7歳)の登校中に
自分のワゴン車へ誘い込み、市周辺で首を絞めて殺害、同日11時ごろ、福岡県甘木市野鳥の雑木林に
遺体を捨てた。福岡県警は1994年9月、DNA鑑定の結果、遺体周辺の血痕と
久間被告(当時52歳)のDNAの型が 一致したなどとして、久間被告を死体遺棄容疑で逮捕した。

67 :少年法により名無し:2005/08/24(水) 21:16:55
しかしだ、あまり、「昔から」とか「今に始まった事じゃないって」いう人聞かないな。


68 :少年法により名無し:2005/08/24(水) 21:52:14
>>67

当時子供だった世代の人間がそれを言うと、むやみに若い世代を馬鹿にできないからな。
マスコミがそれなんじゃないか?

69 :少年法により名無し:2005/08/24(水) 23:29:14
過去は美化され易い
某プロジェクトXなんか特に酷い
某NHKは「フィクションです」とひらき直っているらしいw

70 :少年法により名無し:2005/08/26(金) 15:17:47
まあ,「近年(最近)多発する」とかそういう言い方する人は多いけどね。


71 :少年法により名無し:2005/08/26(金) 17:40:20
あくまで印象論だけど、少年犯罪はネオ麦以降スケールダウンしてるような希ガス。
その代わりいい大人が昔の少年犯罪みたいな事件起こしてるような。

72 :少年法により名無し:2005/08/27(土) 00:43:43
40代がやらかした『常識では考えられない』犯罪
しかも、なせか全国ニュースでは報道されなかった

北九州監禁殺人事件の検証
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1036/10362/1036203340.html

73 :少年法により名無し:2005/08/27(土) 23:39:30
殺人事件を集めた本なんか読んでると、昔から、それもいい大人が
本気でアホみたいな理由で起こしてる殺人事件が沢山あるのがわかる。
ゲートボールの判定でもめたじーさんだとか、
不仲な隣人が自転車に乗ってるのを、乗れない自分へのあてつけだと思った主婦だとか。

74 :な梨:2005/09/04(日) 01:51:21
>>56
その通りです。あと、犯罪が増えているように感じるのは、

ひとつの事件を色んな番組(俗悪ワイドショー)がこれでもかこれでもかと報道する

ことにあると想います。ですから、犯罪が増えているような錯覚をおこすわけですわ。


75 :少年法により名無し:2005/09/04(日) 02:29:31
実際日本人は卑怯者が多い
その最たるものがこの2ちゃんねるだ
匿名をいいことに誹謗中傷をしまくる

76 :うぅうりゃああああ ◆UuRIARv7I. :2005/09/04(日) 02:40:54
ネットの世界に限らずリアルでも同じことがある

携帯で喋る=格好良い(なわけない≠幻想)

ドリフトやスピンターンしたから男前で交尾できる。わけがない

偽装救世主については助けたったから云々(ry

77 :少年法により名無し:2005/09/04(日) 07:33:54
>>69
大阪の何処かの県立高校の
「やらせ」は酷かったな。

78 :少年法により名無し:2005/09/07(水) 21:36:23
746 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:04/08/29(日) 19:04 ID:JCbzu5+/
NHKの解説酷かったね。
韓国がゴール決めたら「キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!」って絶叫。
デンマークがゴール決めたら「ああーーーーーっ!! 決められてしまいました!」

露骨すぎです。

752 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:04/08/29(日) 19:32 ID:p0Qlx9yI
415 マンセー名無しさん New! 04/08/29 18:29 ID:dY2ECQiR
「韓国奪われてしまった」
「韓国にとってはどうなんでしょうか?」
「あ〜韓国としては惜しかった」
「(デンマークが)外してくれました!」
「デンマークボールです…」
「とめたとめた!とめましたオーヨンナム〜大きなプレイです韓国」
デンマークの選手に対して『この選手は要注意!』
「(韓国)これは決められてしまった」
「あぁぁぁぁフレールンドが決めたぁぁぁ」
「(韓国)おしかったおしかった・・・」
「あぁっと浮かせた、長い手に阻まれてしまった」
「あぁっとまた二分間の退場だ・・・」
「おおっととめた!とめたまたとめた!(声裏返る)」

756 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:04/08/29(日) 19:38 ID:XdgTephB
NHKもテロ朝並ってことか・・・

757 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:04/08/29(日) 19:38 ID:p0Qlx9yI
韓国は負けたみたいね。
デンマークおめでとう!!

内山アナは最低だね。覚えておこう。

79 :少年法により名無し:2005/09/14(水) 14:40:37
少年犯罪そのものが増えてるのじゃなく、いまの大人が理解できないタイプの犯罪が増えてるだけなんだけどね。
それをいえば大人の犯罪もそうだけど。
昔のような動機(食う金に困ってとかね)なら大人も理解できるのだろうけど、
刺してみたかったとか言う動機じゃ、大人はどうしていいかわからないだろそりゃ。

でも、大人の犯罪の方が救いようがないと思うな、俺は。

結局、犯罪を犯すのはあくまで個人的なことなんだよな。
メディアから受ける影響もね。
そこをもう一度きちんと理解しないと解決しないぞ、これは。
親がきちんと叱りつける、という原点に戻らないと
無用な法律の制定など(ちなみに少年法は廃止でもいい)もっと状況は悪くなる。
でもなあ、その親の世代が上で言った救いようのない人たちだからなあ・・・

80 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 11:03:53
>>57
親、教師の権威が強く散々殴られて育った昔の少年が凶悪犯罪を犯しまくり、
親、教師の権威が失われ殴られずに育った今の少年が
凶悪犯罪を犯さなくなったんだけどね。

>>79
昔も本来ならば「理解できない」犯罪は現代以上にあったと思われる。
だがそれらは「生活苦、受験ノイノーゼ」ひどいのになると
「生まれつきキチガイだから」などといったステレオタイプ的な
解釈によって適当に片付けられていたために印象に残らなかった。

昔の少年凶悪、さらに異常犯罪の実例。
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid16.html

>>27>>28に挙げられているページ(多分)からさらに引用すれば

昭和25年(1950).3.22〔19歳がアベック連続殺人〕
「女の倒れる姿に興奮した」と自供。

昭和27年(1952).12.10〔16歳の挫折した秀才が罪をかぶせるため友人殺害〕
これは様々に興味深い点があり引用しきれないので、特に詳しく読んで欲しい。

昭和28年(1953).6.26〔高1があっと驚かすために警察襲撃〕
世間があっというようなことをする予定だった。

昭和29年(1954).10.23〔小4が幼女を刺殺〕
映画が静かな場面になって退屈で廊下に出たが、
トイレで女の子を見たときにまた映画の大音響が聞こえてきて夢中で刺したと話す

昭和30年(1955).3.17〔17歳通り魔が9人の女性を襲う〕

81 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 11:05:30
昭和32年(1957).1.13〔19歳女が美空ひばりに塩酸かける〕
「ひばりちゃんに夢中になっている。あの美しい顔、にくらしいほど、
みにくい顔にしてみたい」と書かれたメモがバックのなかにあった。

昭和36年(1961).3.29〔小学5年生が通り魔〕
「きれいな女を見たらいたずらしたくなった」と自供。

昭和39年(1964).5.4〔高3がタクシー運転手を刺殺〕
「運転手殺しをやってみたらどうかなと、かなり前から考えていた。
ただサラリーマンになって漠然と生きていても、
人間としての意味がないので何か思い切ったことをやりたかった」と自供。

昭和39年(1964).7.15〔エリート一家の高校生弟殺害事件〕
父親は大学教授、母親は日本初の女性検事で少年問題の専門家。

昭和43年(1968).6.〔高校生など少年3人が祖父母が哀願する目前で少女を輪姦〕
これはマジでひどい。引用しきれないが、こんな事件があったのなんて
全然知らなかったよ。世の中にも知っている人はどれほどいるのやら。

昭和45年(1970).2.6〔中3が通せんぼの園児殺傷〕
一度帰宅したが怒りがおさまらず「犬でも刺せば気が晴れるだろう」と
小刀を持って外出したがまた同じ場所で通せんぼして自転車を揺すられ…

82 :少年法により名無し:2005/09/15(木) 11:06:47
昭和27年(1952).5.23〔6歳がぜいたく嫌って放火〕
「料亭はぜいたくで憎らしいので焼いちまおう」と…

昭和28年(1953).5.3〔13歳の危険ないたずら〕
西部劇映画をマネようと小学生6人を集めて
「おまえを絞首刑にする」と無理やり縄に吊して…

昭和29年(1954).9.4〔中2が通り魔〕
大声を上げて逃げていく姿にわくわくするような快感を感じ、

昭和30年(1955).11.21〔小6が教室で小5を跳び蹴り殺害〕

というか限界だ。とりわけ異常なのを選べば少ないだろうかと
甘く見たが、いざ挙げていったらあれも異常これも異常でキリがない。
あとは自分でそれぞれのページを見て欲しい。

ttp://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/13.htm

おかしな動機が挙げられている事件を「おおざっぱに」引用したが、
特に動機が書かれていないものも大量にある上に、
そもそもこのページに書かれているもの自体が氷山の一角だろうから、
「現代ほどの数ではない」という論理は通用しないよ。

83 :少年法により名無し:2005/09/16(金) 07:48:03
>>80
問題は、その当時の犯罪を今の大人たちがおぼろげながら理解できていたことだ。
今の犯罪の背景をおぼろげながら俺たちが理解できてるように。

ちなみに、体罰は昔のようにやたら使うべきじゃない。
ただ、ここぞというときには使わなければいけない。

要は全ては「バランス」ということだあな。
ただそれは、法律で設定できるものじゃないのだが。

いろいろなグレーゾーンをきっちり受け入れることから始まる。


84 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 14:18:30
>>83
>今の犯罪の背景をおぼろげながら俺たちが理解できてるように。

俺たちとか、括らないでくれw俺は理解できない。
特に近頃の中高年犯罪の滅茶苦茶な残虐性は、俺の理解のはるか彼方にある。
>>72参照

「普通」の「常識」では「考えられない」犯罪は、圧倒的に昔の方が多い。
>>80-82リンク先参照

85 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 14:31:09
少年犯罪の増加はでたらめじゃないぞ
何もわからんでくだらんレスたてるんじゃない
アホー

86 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 14:33:24
事件数を取り出して語るのは愚か
警察は検挙率を下げないために事件として取り扱っていない弊害がでている。
桶川ストーカー事件みたいにね
群馬では重点検挙したら事件数も検挙率もあがった。
だから事件が減ってるとかいうのはあまりにも幼稚な議論だ


87 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 17:05:01
>>86
その論点を出したら逆の結果が出てしまうよ。
警察組織の歪み、不祥事に注目が集まったのはそう昔のことじゃない。
認知件数を低く抑え、検挙率をバカ高く維持してきた「昔の」イカサマが暴かれ、
警察の挙動に監視の目が光る現代では、おかしなマネはできなくなった。
闇に葬られた事件は、昔のほうが多かったと考えるのが自然だろう。
少年犯罪が注目されるようになってから、取り締まり方針の変化によって
「強盗」での検挙が急増し、「横領」で大量の少年が検挙されている。
これも既存の犯罪を厳しく取り締まり、いぶりだした結果だろう。
現代の少年犯罪は昔の少年犯罪よりも数段厳しい追及にさらされているが、
それでも昔の少年犯罪を凌駕することがないというのが、
さらに現代の少年犯罪の沈静化を補強する根拠となっているよ。

殺人は少年によるものならほとんど警察の追及から逃げ切ることはできないだろうし、
認知しないという対応も不可能だろう。検挙率も95%程度と極めて高く推移しているので、
実数を最も正確に反映している凶悪犯罪と言える。それさえも激減している。

88 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 17:12:38
>>85
でたらめじゃない可能性も考えているのだが、
それを確信できるような根拠が全然見つからない。
探せば探すほどでたらめだという根拠ばかりが見つかる。
根拠があるのなら、むしろ教えてほしいよ。

ttp://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/zsyounen.htm
昭和39年の少年犯罪実例集。
少年犯罪に厳しい追及が行われるようになった現代でも、
これほど大量の事件は発見できまい。
しかも、注記されているように、これは東京中心で
全国を網羅したものではない。

ttp://colum.jugem.jp/?eid=2
検挙率が低下した理由と、それによる統計への影響

ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid29.html
近年(といっても少し前だが)、凶悪犯罪ではただ一つ「強盗」だけが
増加傾向にあったが、その理由について

ttp://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
全般的だが、特に「強盗」「横領」の増加について

89 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 17:13:07
>>84
違う違う。

今の少年犯罪の背景を今のガキ共はある程度理解できるだろう。
でも、大人たちは理解できない。

で、今の大人たちの犯罪の背景をその大人たちは少しは理解できるだろう。
でも、今の子供達には理解できない。

一概には言えないが、強引に言ってしまうとこうなる。

>「普通」の「常識」では「考えられない」犯罪は、圧倒的に昔の方が多い。
それは違う。
「普通」も「常識」も時代によって違う。
当然犯罪もその背景も違う。
当時の犯罪は今の「常識」では理解できなくても、当時の「常識」では理解できることが多い。
逆に当時の「常識」を持って、今の犯罪を理解することは出来ない。
君が昔を理解できないのは、今の大人が今を理解できないのと大して違いない。

そこはきっちり理解しておいた方がいいと思うぞ。


90 :少年法により名無し:2005/09/17(土) 20:01:26
>>89
>今の少年犯罪の背景を今のガキ共はある程度理解できるだろう。
>で、今の大人たちの犯罪の背景をその大人たちは少しは理解できるだろう。

できないよ・・・俺は「大人」だが、>>72みたいな事件の「背景」などさっぱし分からん。

>当時の犯罪は今の「常識」では理解できなくても、当時の「常識」では理解できることが多い。

ふーん、下記みたいな事件も当時の「常識」では理解可能だったのか。
余程、物騒だったんだな昭和43年当時は。

>昭和43年(1968).6.〔高校生など少年3人が祖父母が哀願する目前で少女を輪姦〕
>これはマジでひどい。引用しきれないが、こんな事件があったのなんて
>全然知らなかったよ。世の中にも知っている人はどれほどいるのやら。

91 :asad ◆CSZ6G0yP9Q :2005/09/17(土) 20:31:17
a

92 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 03:48:09
>>90
あのさ、「少しは」とか「出来ることが多い」と書いてるんだけど・・・
「すべて」理解できるなどとは一言も書いてない。
犯罪の背景を「すべて」理解できるわけないじゃん。

子供じゃないんだから、そのくらいはわかってくれない?

93 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 08:56:03
>>92
いやw少しも理解できない。悪い。

94 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 10:41:42
ちょっとくらい自分の頭で考えようとしろよ
理解する気がないだけじゃないのか

95 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 12:55:14
>>94
あなたの書き込は

>おぼろげながら >いろいろなグレーゾーン >一概には言えないが >できることが多い >大して違いない

など表現が曖昧過ぎだし、根拠も示されていない。
読み難い、意図不明瞭な冗長文体はホロンの人たちの特徴だな。

今だろうと昔だろうと、常軌を逸した凶悪犯罪は起きているし
昔の凶悪犯罪の方が量的質的に酷い事は、当時の記録を読めばすぐに分かる。

史料検証を怠るのも、ホ(ry

96 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 18:41:35
>>95
ちなみに、94は俺の書き込みじゃないよ。

で、曖昧になるのは当たり前だよ。
すべての犯罪に当てはまる価値など存在しないんだからさ。
ハッキリ限定すれば必ず無理が出てくる。
犯罪が千差万別で、背景も千差万別な以上、こういう書き込みになるのは当たり前。
逆にハッキリ書き込める人の方が「もっと本質を見極めた方がいい」と思ってしまう。

数的にはともかく、質的に酷いかどうかはあなただけの考えじゃないの?
今の犯罪を昔の人が理解できないのと同じように、
昔の犯罪を「酷い」「理解できない」と言い切ってそれで終わってるんだよ。
あなたの思考がそこで終わってるんだよ。

「グレーゾーン」や「あいまいな範囲」をしっかり意識して生活すれば、
結構な数の犯罪が減るものと俺は思ってる。

「全てをはっきりさせなければいけない」短絡的な考えでは理解しにくいかも知れないが、
はっきりできないことのほうが多いことをちゃんと受け入れて、
そこから何が見いだせるか考えた方がいいよ絶対。



97 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 18:50:06
>>96
>数的にはともかく

昔の方が数的に酷かったことは認めるんだね?

>はっきりできないことのほうが多いことをちゃんと受け入れて、

受け入れてるよ。だから正直に異常犯罪の「背景」は「理解できない」とレスした。
理解していないのに、理解しているふりをする方が危険。

98 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 19:06:21
津山30人殺し事件
1938年(昭和13年)5月21日に起きた都井睦雄(22歳)による津山30人殺し事件は
日本における「大量殺人」を語る上で欠かせない事件だが、正確に言うと、即死した者が28人で
重傷を負った後に死亡した者が2人、重軽傷(重傷2人、軽傷1人)を負った者が3人で
他に「津山33人殺傷事件」という呼び名もある。

聾唖者の大量殺人事件
1941年(昭和16年)8月18日〜翌1942年(昭和17年)8月25日の戦前から戦中に
かけ約1年間に渡り、静岡県浜松地方で、中村誠策(当時18歳)が刺身包丁から作った短刀を凶器
に用いて15〜62歳の9人(男4人、女5人)を死亡させ、6人に重軽傷を負わせるという事件。

和歌山一家8人殺し事件
1946年(昭和21年)1月29日、和歌山県東長町で元歯科医の大橋勝一(42歳)
一家8人を実弟の一雄(当時26歳)が復員後の仲違いが原因でナタで殺害した。

寿産院事件
1948年(昭和23年)1月12日朝、当時の東京都新宿区早稲田署の2人の警官が
パトロールしていたとき、かさばった木箱を4箱持っていた葬儀屋を不審に思って
木箱を調べてみると、そこから5人の赤ちゃんの死体が出てきた。
1944年(昭和19年)4月〜1948年(昭和23年)1月までの4年間に
204人の赤ちゃんを貰ったが、うち103人が死亡していた

帝銀事件
1948年(昭和23年)1月26日午後3時過ぎ、東京都豊島区池袋の帝国銀行
(後の第一勧業銀行、現・みずほ銀行)椎名町支店に、東京都防疫課厚生省技官を名乗る男が現れ
近くで集団赤痢が発生したので「予防薬」を飲むように要請し
それに従った行員やその家族16人が次々と倒れ、うち12人が死亡。

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/tairyou.htm

99 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 19:59:44
>>97
>認めるんだね?
そうデータが示してるわけでしょ?
それなら認めるも認めないもないよ。
かといって数を盲目的に信望することは絶対しないけどね。
目安だよ、あくまで。

俺もわかったつもりにはなってない。
ただ、わかろうとする努力はしてるつもりだし、努力もなしには出来ないとは口にしたくない。
結果として「少しはわかる」という、君にとっては納得できない表現になるのだが。

全てはわからなくても時代なりの背景はあり、
それから考えるとわかることは多い、ということなんだよ。
せめてわかろうとはしようぜ。
はっきりしないからといって考えることはやめてはいけない。





100 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:27:52
>>99
>はっきりしないからといって考えることはやめてはいけない。
言われるまでもなく、考えるのは止めないよ

>>83に関連して。俺の方からの忠告。

>問題は、その当時の犯罪を今の大人たちがおぼろげながら理解できていたことだ。
>今の犯罪の背景をおぼろげながら俺たちが理解できてるように。

今、昔の時代背景にかかわらず理解できない犯罪は理解できない。
なんとか犯罪心理学者のワイドショー解説的に異常な犯罪を分類定義し、時代性を加味し
何となく「理解した」気分になり、現代の病理を憂うという行為には陥穽があるので
注意した方がいいよ絶対。これを続けると確実に馬鹿になることができる。

101 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:34:56
↑おまえモナーマターリ(((´・ω・`)))マターリ

102 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:48:03
↑だから分からないことは、分からないと言っている訳

103 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:51:39
愛知県豊明市の雑木林で同県岩倉市の無職少女=当時(17)=が他殺体で見つかった事件で、千種署捜査本部は18日、出会い系サイトを通じて知り合った少女を殺害したとして、殺人の疑いで元同県岡崎市職員内藤洋介容疑者(27)=
死体遺棄容疑で逮捕=を再逮捕した。
内藤容疑者は「初めから殺すつもりだった」と容疑を認めている。
最近若者女性をターゲットにした殺人が増えてる。そんなに裸体がいいのだろうか?殺人犯の体内でゾウリムシが異常繁殖してるに違いない


104 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:51:47
>>100
わかった気分になるのは確かにあぶない。

なにせ「わかろうとするけれど、人の心の中はわからない」んだから。
100%何かをわかろうと努力はするけれど、決して全てをわかることはないだろう。
でも、そこに向かう努力はする、俺はそれでいいと思う。
その途中で全てわかった気になってはいけない。
でも、まったくわからない、はもっといけない。

「わからない」と気軽にいうのではなく、「考えたけれどわからない」とかね。
そういえばいいんじゃない?
じっくり考えたら、どこが「わからない」のかはわかるはず。




105 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:54:22
出会い系ってそんなに女釣れるの?
したこと無いからわからない
出会い系は女の宝庫なのかもしれない
僕は怖いからやだけど

106 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 20:57:29
「『?』多いアニメの内容」左巻 小夜子[35歳・主婦・国立市]

先日、テレビで「天空の城ラピュタ」が放映されました。
私の息子は、ジブリのファンなので、私も息子と一緒に見ることにしました。
この作品は宮崎駿氏が監督なので
内容が濃く、見る人を魅了する内容であるのは否定しませんが
残念な面もあったのは事実です。

その一つは、全体を通じて、軍隊が武器を使って他者を攻撃していたことです。
これは明らかに憲法違反の内容ですし
民衆を弾圧する様子は、戦前、戦中を偲ばせます。

二つ目は、軍隊の兵士が、ムスカ大佐に裏切られて
海に落とされるシーンです。
ここは何気なく流して見てしまうところですが
落ちた人の数だけ命が失われているのです。 ムスカ大佐はさておき
主人公のパズーですら、彼らを悼まないのには半ば呆れてしまいました。

このような道徳心の欠如した少年を主人公に据え置くのにはいささか疑問に
思いました。この様なアニメを見て育った子供の行き着く先は目に見えています。
最近、若者が荒れているのもこういったことが原因ではないかと思います。

私の意見を苦笑されるのは結構ですが、「塵も積もれば山となる」と言う言葉があります。
小さな事の積み重ねが、後に取り返しのつかない結果をもたらすのです。
これが針小棒大でないことは、戦前の日本を例にすれば明らかでしょう。

ジブリの関係者の方々には、青少年への影響も考えて
物語の設定をお願いしたいものです。

107 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 21:26:31
>>104

>>72
>http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1036/10362/1036203340.html
>松永・緒方両容疑者は電気ショックで死亡させた後遺体を包丁などを使って
>10センチ間隔に切断し、鍋で1週間ほど煮込んだ後、ミキサーで粉々にして
>海に捨てたというものです。

動機は金目当てらしい。この点は「理解」できないこともない。

‘じっくり考えても’よく分からなかった点は
なぜ、幼い子供(4歳)まで殺したかという点と
なぜ、死体処理をこのような残虐な方法で行ったかという点
どう「理解」する?

北九州監禁殺人事件
http://www.nishinippon.co.jp/news/wordbox/report2005/0303_2.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%9B%A3%E7%A6%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

108 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 21:34:21
最近は事件が起きても 精神科医や心理学者はコメントしなくなったね
プライドが高いから 一流大学卒出身の精神科医がいとも簡単に一般人の素人に馬鹿にされるのを恥と思い始めたんだろ
格闘家が素人にスパーでぼこぼこにされるくらいの恥だからねぇ
一流大学卒の精神専門家の少年犯罪に関するコメントを聞いた 素人が「こいつ実は馬鹿じゃねえの?」と一笑にふされるのは

109 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 21:46:00
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/sb.cgi?eid=0

世の中に溢れる言説は正しいことばかりではありません。
むしろ正しくない「いんちき」な言説がまかり通っています。

「少年犯罪が凶悪化している」
「最近の母親は母性愛が薄れている」
「イルカは可愛くて心優しい動物だ」

 ほんとーですかー?なんかうさんくさくないですかー?
 結論から言うと、上記の言説は全ていんちきです。
 自説に都合のいい例だけを紹介したり、目に見えるものだけを
 盲信するといんちきな言説になるという好例です。

110 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 22:26:52
テレビドラマとゲームの影響さ。警察に見つかっても、逃げ切れるかもと
思うのも、工夫のないドラマのせいさ。

111 :ミスターX:2005/09/18(日) 22:40:55
おい誰か周りにどうしてもこいつ殺したいって思う奴いるか?俺はすごい合法的、頭のきれるある事を思いついたから人を殺したい奴にはいいアドバイスがあるんだが

112 :少年法により名無し:2005/09/18(日) 23:14:57
111>ミスターX,そんな凄い(完全犯罪)テクを、あまり、
広めると、自分が(殺)やられないのかな!?

113 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 04:32:42
>>107
まあそこまで完璧に理解しようとすると必ず無理が出てくるよ。
本人たちが理由説明を求められてもきっちり説明できるわけもないだろうし。

これ以後は自分の憶測だが、
今回に関して子供を殺した理由としては、うるさかったとか、邪魔だったとかね。
何か加害者の逆鱗にふれることをしたのかも知れないし。
既に人を殺してしまってるから、歯止めが利かなくなったのかも知れない。

残忍に見える(実際相当残忍だが)けど、結果として遺体が見つかってないでしょ。
見つけられない遺体処理の方法を冷静に考えた上だったんでしょ。
ただし、これを普通の人が同じように思いつくかと言うとそれは別なわけで、
これを冷静に考えられる、という時点である意味本当に狂ってた、ということになるでしょ。

ただここは、「少年犯罪板」だからね。

114 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 08:26:09
>>113
>これを冷静に考えられる、という時点である意味本当に狂ってた、ということになるでしょ。

スレ違いはごめん。
「狂っていた」は反則だなあ、この一言で全ての猟奇事件が片付けられるw

115 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 11:04:27
少年犯罪は日常化、拡大しています。
少年法を廃止しましょう★

116 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 11:05:15
そうだ少年犯罪は増えているぞ!


117 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 13:56:42
激増し続ける少年凶悪犯罪!

少年刑法犯殺人検挙人員数
1980年 49人
1990年 71人
1995年 80人
2000年 105人

118 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 15:52:35
>>111 きみ。

119 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 16:01:59
>>117
1979年 97人
1985年 100人
ついでに、1961年 448人w

しかし、80年、90年、00年にすれば、内容は本当だし
俺も基礎知識がなければ簡単にだまされていただろうな。
昔は信じていたもの。マスコミは本当にこんなことやってるんだろうね。
「政府の大本営発表をのさばらせないためにマスコミのチェックが必要」
なんてことをよく聞くけど、この問題に関しては政府は正直で、
マスコミが自分に都合のいい歪曲をしてるのは皮肉な話だな。

120 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 16:59:27
とうとう荒らしサイトが個人情報餌に脅迫始めた!
http://tool-4.net/?kingofmaster

証拠
http://mk-board.net/?id=ankoku&bbs=p3&no=29

121 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 19:07:13
>>113
反則に見えるけど、実際狂ってるからね。
NGワードであっても使わざるを得ない。

要は残忍なことを普通の環境で考える事自体、自分達とは違うんだよね。
日常が既に違ってるというか、日常に対する受け止め方が違うというか。

普通はどっかで残忍さに気づくと思うんだけど、気づいて葛藤してる節がないからね。
人ってきっかけさえあれば、コンクリの糞ガキ共(知ってて何もしなかった奴含めて)みたいに
どこまでも果てなく残忍になれるから。



122 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 19:08:06
121より
>>113じゃなくて>>114だった、ごめん。

123 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 19:10:23
>>109
凶悪化してるんじゃなくて、昔のガキ共が虫や動物にしてたことを人間にしてるだけ。

124 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 21:53:05
>>121
「狂っていた」こそ思考停止用の言葉だな。
説明不能ものを「狂っている」で処理するのはある意味の傲慢。

125 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 22:04:10
>>123
下記の例も
>ガキ共が虫や動物にしてたことを人間にしてるだけ
だな。

で、下記事件についての「理解」も「実際狂ってるからね」かい?

http://kangaeru.s59.xrea.com/Jack.htm
杉並切り裂きジャック
犯人は恵まれた家庭の成績優秀な都立高校2年生(17歳最初の犯行時は
15歳の中学生)だった。

第6回の犯行  昭和38年(1963)12月26日 被害者:I(13歳)
加療約2ヶ月を要する外陰部及び性器切断の傷害

12月26日、冬期休暇の始めの日の正午頃、警察の警戒の有無を確かめ
ナイフと紐を持って朝日町(仮名)の草原に出掛け、自転車は鍵をかけ置き
周囲を物色し警戒のないことをたしかめた上で
たまたま通りかかったI(13歳)に話しかけてまず後ろ手に縛り上げ
上着を肩まで脱がせ、ナイフでシャツの前を切り裂いて下腹部を露出させ

陰茎をナイフで切断し被害者をそのままにして自転車で逃走した。

(参考)
 Iに対して加療約2ヶ月を要する外陰部及び性器切断の傷害を負わせた。

126 :少年法により名無し:2005/09/19(月) 23:58:47
>>124
じゃあ、あなたの意見を聞かせて。
あなたが説明不能のものを何とか説明してみて。
「出来ません」は聞きたくないから。

思考停止をしてるつもりはこれっぽっちもないけどね。
ただ、決してわかることはないだろうというのはどっかでわかってる。
でもわかろうとしてる。

本当はいわゆる「逝ってる人」の気持など、わかろうとしてもわかるもんじゃない。
憶測で語るしか方法はない。
それがいけないというなら、決してこの問題は未来においても解決しない。

>>125
ちなみに狂ってるというのは、見るからに狂ってることもあるが、
俺がここで言ってるのはどちらかと言えば内面的なことなんだけど。
「あんなことをする人には見えない」と言うように表には見えない狂気を
自分だけで処理できない人だったと言うことか。


〜まあ反応があっただけいいと思った。
「説明不能」こそ思考停止なことを肝に命じておけばいいんじゃない?
説明不能なことを何とか考え、説明することがこれからは必要な気がする。
たとえ間違ってたとしてもね。
別に評論家でもないし、言いたいこと言えばいい。




127 :少年法により名無し:2005/09/20(火) 10:01:50
>>126
>本当はいわゆる「逝ってる人」の気持など、わかろうとしてもわかるもんじゃない。
ほら、結論は結局これだろw
だから俺は最初に「理解できない」と言ったのに。

人間の精神には「普通」と「狂っている」以外にも広大な領域の
>「グレーゾーン」や「あいまいな範囲」 がある。
こんな基本的なこともご存知ないようだ。

>説明不能なことを何とか考え、説明することがこれからは必要な気がする。
その結論が「狂っていた」ですか?
大変ごくろうさんでした。

128 :少年法により名無し:2005/09/20(火) 11:14:52
<殺人>
 
 終戦後から「昭和40年代前半までは200人台から400人台で増減を繰り返し」、「40年代後半から
おおむね減少傾向を示し」、「50年代に入ると100人を割り」、その後現在まで、「おおむね70人台か
ら90人台で推移」しています。

  少年による殺人事件が特に増えているとは思えません。

<強盗>
  
 昭和40年台前半までは、だいたい2,000人から3,000人の間で推移しています。その後減少し、昭和
46年には1,000人を割り869人になりました。その後は横ばいでしたが、平成になってからやや増加し、
平成8年は1,082人でした。

  この数年だけを見ると増加傾向です。ただし、もっと以前からの統計を見ると、近年特に強盗が増
えているようには思えません。 

 犯罪白書の殺人と強盗の統計から考えると、
少年の「凶悪犯」が増えて、少年犯罪が特に凶悪化しているとは思えません。

<強姦>
 
 少年による強姦は、昭和40年前後は4,000人前後ですが、その後急減し、52年には1,000人を割り、
平成8年は過去最低の227人でした

<横領>
 
 白書の中の少年非行に関する多くのグラフが、右肩下がりか、あるいは大きな変化がないのに、この
項目は明らかに大幅な増加を示しています。ここでいう横領とは、「ほぼ100%遺失物等横領であり、そ
の大半は放置自転車の乗り逃げ」だそうです。

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html

129 :少年法により名無し:2005/09/21(水) 20:39:12
>>127
結論じゃないよ、別に。
途中経過だよ。
なんでも結論と決めつけるのはどうかと思う。
どこに最終結論と書いてる?
教えて。

130 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 09:49:33
>>129
>説明不能なことを何とか考え、説明することがこれからは必要な気がする。
その説明の途中経過が「狂っていた」ですか?
大変ごくろうさんでした。

131 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 11:53:14
犯行予告
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/neet4vip/1127356835/l50


132 :少年法により名無し :2005/09/22(木) 12:00:07
>>131
うぜーなんなんですか あんた

133 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 12:09:11
大人のエゴにより今の少年達の行動すべてが犯罪と報道されるだけ 昔は喧嘩なんかしてもお互い仲直りできればよかったが 今は喧嘩して怪我をさせたA少年は… と報道され 学校は責任をとらされる 少年達が悪くなったり クソ餓鬼と言われるのは今の大人が悪いのだ

134 :少年法により名無し:2005/09/22(木) 12:29:34
安部なつみのお宝画像
http://blog.go o.ne.jp/search/search.php?status=select&tg=all&dc=10&dp=all&st=time&ts=all&MT=%B0%C2%C9%F4%A4%CA%A4%C4%A4%DF+%B2%E8%C1%FC+

135 :少年法により名無し:2005/10/13(木) 10:43:06 0
>>133
「小学生の校内暴力が過去最多」の報道にそれがよく表れてるな。
割合としての増加が大きい対教師暴力が前面に押し出されているものの、
大半は児童間の暴力である。いじめは減っているということを考え合わせれば、
要するにこれは『ケンカ』だと思われる。このような基準で昔のケンカを
校内暴力として数え上げていけば、優にこれを上回る可能性が高い。
この事実の報道にはあまりにも問題が多すぎて、これに限ったことじゃないけど。

136 :少年法により名無し:2005/10/15(土) 19:22:09 O
>>135
少なくとも、10年ちょっと前まで、授業は崩壊していなかった。
今の日教組の親たちが公立の所へ行かせたがらないように、
公立は特に酷いようだ。
そんなこと、データ信仰坊やは分からないんでしょうねー

137 :少年法により名無し:2005/10/15(土) 19:23:57 0


138 :少年法により名無し:2005/10/15(土) 21:01:03 0
>>136
つまり、お前は醜い「ようだ」と、ただの伝言を鵜呑みにしているわけだな。
よく「今の子供たちって・・・・・らしいよ」って言うやつがいるが、だいたい
それは、あくまで「噂」レベルだろ

お前みたいなこと言う奴って、まともな証拠だしてくる奴みたことないもんね。
それと、「10年ちょっと前まで、授業は崩壊してなかった」って言うけど、
それも確証ないな。

実際、昔だって荒れてる中学校なんか3階、4階部分から机が降ってくることが
珍しくないところもあったしね



139 :少年法により名無し:2005/10/15(土) 21:29:04 0
つまり>>138は在日てことね

140 :少年法により名無し:2005/10/16(日) 06:08:03 0
>>136
データを信仰しているのなら「現代の小学生の暴力は最悪の水準」という
データを鵜呑みにすることになるんじゃないのかな。
まあ>>137と同じく、根拠となるデータなり言説なりを出して欲しいね。
俺も噂程度でなら、学級崩壊が今に始まった問題じゃないと
聞いたことがあるよ。出典は忘れたが。

141 :少年法により名無し:2005/10/16(日) 06:45:04 0
学級崩壊なんて最近言われてるだけで実際は昔もあったんでしょう。
女子高生コンクリート生き埋め事件の主犯格は小学生の時点で相当のワルだったらしいし。
母親の話だと昭和30年頃には学校に酒を持ってきたりするなど、
この時代にはすでにこういったものがあったらしい。

こういうのは昔はいじめは無かった、凶悪な犯罪は無かったというのと通じるものがように思える。
だいたい校内暴力は増加しているのに粗暴犯罪による検挙者数が減るというのも変な感じ。

142 :少年法により名無し:2005/10/16(日) 19:34:18 0
俺が消防のころ(25年前)、
俺の通っていた小学校ですでに学級崩壊があったよ。

143 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 07:56:36 O
ぼううううぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーー








寝よ

144 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 10:40:21 0
「学級崩壊」は、公務員の不正が暴かれるようになった90年代に登場した単語だね。
昔の学校は「聖域」、昔の教師は「聖職」だったので、世間の批判から完全に防御されていた。
近年、日本の公務員は優秀という神話が崩壊したため、学校の恥部も世間にさらされるようになった。
ずっと以前から存在していた悪徳が、さも新しい現象のように四文字熟語化されたわけだ。

ほんと、昔の教師・駅員(国鉄)・郵便局員って態度が悪かったよな。

145 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 19:39:08 O
>>138
噂ではなく、事実、今の公立の現場のことです。
「ありがとう、浜村淳」でも紹介されていました。
酷い子になると、PTAの父兄が後ろで授業を見ているにも関わらず、
授業妨害や授業中、歩き回ったり、あげくの果て、
自分の気に食わないことになると、教師に暴力を振るっている
という。
その子の親を呼び出しても、忙しいとか、自分の家では、
そんな態度はしていないとか言って、面談に出ないという。

また、その事実は、つい最近放映された細木数子の教師が
でていた回でも伺いしることができる。

これが、今の公立の現実です。
噂にして、現実逃避したいんでしょーwww

146 :少年法により名無し:2005/10/17(月) 19:44:54 O
>>138
後、クレームつけるなら、日教組の子供が今、どこにいっているか、
あげれるかー
見て、ビックリするとおもうけどなー
この部分は、負けを認めといたほうがいいぞーwwww

147 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 06:19:39 0
そういう子供がいるのは事実だが昔はいなかったという証明にはならない。
どうでもいいが人間の記憶のいい加減さは細木数子は今テレビに出ていることで証明できる。
細木は1980年代もテレビに出ていたが霊感商法が問題になりテレビから消えている。
にもかかわらずまたテレビに出ているし、今も霊感商法を行っている。

ついでに言うと細木が1980年代に出した本で今の若者はダメだ、
このままでは日本は21世紀を迎えられないと言っていたらしい。

あと日教組の批判は少年犯罪と分けて考えたほうがいいよ。
その言い方でいいのなら日教組によって日本人は犯罪を犯さないようになったということになるのだから。

148 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 06:39:02 0
>>145
公立何学校かわからんが、日本には数百万もの子どもがいるのだから、
探せば当然手に負えない悪ガキも見つかるだろう。
逆にとんでもなく優秀な子どももいるのだろうが、
そんな子どもが10人ばかり見つかったところで
今の教育は成功していると断言できるか?
特異な例を元に全体を語るのはあらゆる事柄に共通する間違いの元。

このスレが立ったそもそもの理由はマスコミの姿勢の不当性によるところが大きいだろう。
現実には少年による凶悪犯罪は激減しているにも関わらず、
安易に悲観的な印象ばかりを垂れ流している。
若者批判を娯楽として「消費」したいという欲望も透けて見える。
その中でのさらにバラエティ番組なんて、いかほどの信用性があるものやら。

149 :少年法により名無し:2005/10/18(火) 07:04:50 0
>>135が発端のようなので詳しく解説しておこうか。↓わかりやすいまとめ
ttp://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/2005/09/post_a540.html
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid34.html

・調査は97年度から始まった極めて新しいものであり、
その中での「過去最高」なんてのは大した意味を持たない。
言うまでもなく、昭和より増えたことの証明などにはならない。

・過去最高とはいっても過去にも似たようなデータはあり、
それをわずかに上回ったにすぎない。

・割合で考えてみれば極めて少ない数字であり、
国全体で危機感を募らせるほどの問題とは思えない。

・母数そのものが極めて少ないのだから、
わずかな増加でも割合としては急激な増加になってしまうという
統計のテクニックを使って危機感を募っている。
ttp://shiozaki.info/mt/archives/2005/09/post_409.html
>小学校の対教師暴力が30数%増といっても、増加件数は83件なんですね。

ttp://www.asahi.com/edu/news/TKY200509220243.html
地域別のバラつきが極めて大きい。何をもって「校内暴力」とするかの
基準が県によって違うという可能性が高い。

ちなみに、調査結果は母数の大きい中学、高校の校内暴力は減少したので、
校内暴力は全体的に見て減少しているというものだったのだが、
それを前面に押し出しているマスコミがまるで見当たらないのを見ても
マスコミがどういう世論を望んでいるかがわかる。

150 :少年法により名無し:2005/10/21(金) 19:10:48 0
>>148
ちょっと待て。
「激減してる」という言葉にも騙されるなよ。
増えた、減ったという論議がもう時代錯誤だと思うが。
犯罪の質が変わったことを増減の問題と混同して考えるべきじゃない。

大人は質が変わったことを数字と混同して「増えたから対策急げ」と不安を煽ってはいけない。
社会を作る人間たちがそんなことでどうする。

ガキはガキで少年犯罪が数字上減ってるからと言って、
質の変化を真正面から見ることもせずに「対策が必要ない」とかアホなことをぬかすな。
変わってないとか言うガキがいたら「それは世間を見てねえぞ」と言っておく。

いつの世も永遠に犯罪対策はやっていかなくてはいけないんだから。
冷静になれ。
ガキの犯罪の対策は絶対にいるんだよ。




151 :少年法により名無し:2005/10/22(土) 13:43:03 0
誰も要らないなんて言ってない。

152 :少年法により名無し:2005/10/22(土) 15:24:03 0
>>149
>地域別のバラつきが極めて大きい。何をもって「校内暴力」とするかの
>基準が県によって違うという可能性が高い。

地域別のバラつきが極めて大きい。何をもって「校内暴力」とするかの
基準が明確に定まっていない可能性が高い。
よってそもそも件数自体が信用に値するのか疑わしい。

>>150
質の変化、確かにあるだろうね。中年の犯罪より大きいかは知らんが。
対策がいらないなんてことはさすがにないだろうね。
特別に厳しい対策が必要かどうかはわからんが。

153 :少年法により名無し:2005/10/23(日) 06:21:34 0
質が変化したというが、今ある犯罪の大半は昔からあった。
最近になって復活したわけでもない。
よく昔の犯罪は貧しさゆえの犯罪とか言うが殺人や強姦は貧しさとは関係が無い。

一体何をもって犯罪の質が変化したというのだろうか。

154 :少年法により名無し:2005/10/23(日) 15:48:37 0
>>153
大半はな。
でも、今のご時世だからこそある犯罪だってある。
明らかに犯罪の選択肢は広がっている。
盗む、脅す、殺すと言った根本の行為は変わらないが。

何を持って?
君らの心の中が変化してるんだよ(わかるわけないか、その時代にリアルタイムに生きてるんだから)。
でも、実はそれ以上に大人も変化してる、と言うのはもちろん言っておく。

>貧しさと関係がない
んなわけねえだろ。
「無い」などと言い切れる出来事などどこにもない。
「有る」は1〜100まであるが、0はあり得ない。


155 :少年法により名無し:2005/10/23(日) 21:40:08 0
※ ※ ※ ※お知らせ※ ※ ※ ※
只今少年犯罪板では任意ID導入議論と投票を
ID・IP表示の削除議論板で行っておりますす。
尚、強制IDにつきましては導入できないことが判明しましたので
不十分ではありますが、任意IDの導入投票となっております。
■ ID制変更をせがむスレ ■ のレス番318参照↓
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1103715292/
※皆様の参加お願いします。
少年犯罪板 任意ID導入 議論&投票スレッド
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/sakud/1129726627/

156 :mappy:2005/10/23(日) 21:41:56 0
http://9.pro.tok2.com/~mappy/

157 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 09:23:08 0
>>154
横レスだけど。
このスレの趣旨はスレタイとおり、日本全体の少年犯罪総数を数十年スパンで巨視的に俯瞰(ふかん)して見てみよう
である。個々の事件についての詳細な議論がしたければ、他の個別事件スレへ行ってくれ。

>>153
>殺人や強姦は貧しさとは関係が無い。
は、「一般的動機」としてはという意味だと思う。
窃盗・強盗は、貧しさを言い訳にできるけど、殺人・強姦は無理ということだろ。
それに、これは少年犯罪統計的にも正しい。

未成年の殺人/強姦犯検挙人数と少年人口(10〜19歳)10万人当りの「比率」
@朝鮮特需はじまるも貧乏のどん底 1950年
2.14/8.91
Aもはや戦後ではない高度成長期はじまる 1960年
2.15/21.68
B高度成長期絶好調 1970年
1.17/13.07
Cオイルショックの痛手から回復中 1980年
0.28/5.71
Dバブル絶好調 1990年
0.38/1.88
E不景気? 2004年
0.48/1.26

158 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 09:23:56 0
もしも、「貧しさ」と「殺人・強姦」に「関係」があるなら
@>A>C>B>E>D となっていなければならない(C>Bの箇所は、正直微妙だと思う)
しかし、実際は
殺人(検挙率考慮に入れても順位同じ):A>@>B>E>D>C
強姦(検挙率考慮に入れても順位同じ):A>B>@>C>D>E である。
よって、「貧しさ」と「殺人・強姦」に「関係」があるとは言えない。

ここで言う「関係」とは、「殺人・強姦検挙人総数比率(検挙率も考慮に入れて)」と「日本全体の経済的豊かさ」の「関係」ね。
個々の「殺人・強姦」事件と「貧しさ」との「関係」ではない。このあたり、誤解無きよう。

159 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 11:49:45 0
>>157
別にここの事件はどうでもいいよ。

で、俯瞰するなら犯罪件数は減少してる。
これだけなら対策どころか少年法を緩くしてもいいくらいだ。

ところが世間はそうはなってない。
なぜか?
ここの子供たちは「大人たちがメディアのあおりを信じてる。状況はそれほど悪くないよ。
だから特別に厳しくしなくてもいいジャン、少年犯罪は減少してるんだし」
と言ってるように思える。
でも果たしてそれだけか?ということ。
君らにはわからないであろう不安がある。
そして、その不安は君達が大人になれば絶対わいてくる。
俺もガキの頃はこの不安がわからなかった。



160 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

161 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 13:10:44 0
>>159
>ところが世間はそうはなってない。
>なぜか?

答えは簡単。
マスコミの世論誘導が巧みだから。
少年犯罪しかり、拉致問題しかり、靖国問題しかり。マスコミ板参照。

162 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 13:25:10 0
若者もマスコミの影響を受けている
ちなみに2ちゃんはマスコミ的価値観洗脳の集大成だ

しかしいずれ自分の首をしめることになるとは気づかないのだろうか
マスコミの連中は
ところで、こういった理屈が登場してもいいころだ
「マスコミが世の中を歪めてきたから若者がおかしくなった」
だがこれは意外と語られない


163 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 13:33:36 0
830 :1 ◆bGmJzgr3/6 :2005/10/24(月) 02:31:01 ID:dbRIGaqf
i went HG halloween party.
that was so nice.
because most of them have a computer work.
so they make big money.
buruzyowa society.
and people are so kind.
i move to cigaret my mouth.they give me lite.
my glass is empty. they give another beer or wine or syannpan whatever.
hg can use all money themselves.they can not have child.
i never imagined that big party.
in here gey means not only men.also rezubian colled gey. this is good study.
i am sleepy.
good bye.

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1128268081/l50
ここにろくに英語もできないで留学とかほざいてるテンパー一重の底辺大学生が居ますw

164 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 13:40:06 0
>>162
>「マスコミが世の中を歪めてきたから若者がおかしくなった」
>だがこれは意外と語られない

どのように、「おかしくなった」のか?
もっと詳しく説明して。

165 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 13:47:40 0
>>164

批判が若者とかに向かうばかりでなく
マスコミに批判の矛先が向かってもいい頃なんじゃないかと言いたいんだ

166 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 14:10:14 0
>>165
すまないが、あなたの文の論旨が良く分からない。

>マスコミに批判の矛先
この批判とは、マスコミのどのような問題点に対するものなのか?

167 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 14:33:58 0
>>166
マスコミが価値観を流して若者を洗脳してきたということ、その影響
その価値観が若者の行動に影響しているということ
だからそろそろマスコミ自身のほうに批判がいってもいいんじゃないかと

168 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 15:09:54 O
もしかするとあと何年かして政府、マスコミにより巧みな思想統制、言論自由の廃止、人権保護条例が一般化してしまったとしたら2ちゃんが最後の砦になるんじゃなかろうか?

169 :死王 ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/24(月) 16:03:10 0
そうなったら同時にネットの規制も厳しくなると思うよ。
つうか、ネット内の加害者(少年)の実名晒し防ぐ為に、
プロバイダー責任法が最近出来たし。

170 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 17:02:00 0
>>167
そこの自覚が出来てない若者が多いんだよなあ。
メディアと言うことであれば、マスメディアはもちろん、
統計をのせてる書籍だってメディアだからね。
増えた、減ったと言う論議自体メディアに影響されたもの同士の言い合いだからね。
どこのどういうメディアに影響を受け、どう感じたかの違いだけで。

>>166
165じゃないが、メディアが若者をおかしくした、とされる例を一つ挙げるよ。

平たく言えば「17歳の犯罪」なんてその典型じゃない?
引き金になった事件があって、それが17歳であることが多かった。
で、それをマスコミがセンセーショナルに報道する。
そして、当然大人は不安に思い、若者の一部の心の中のリミッターが外れる、と。
なぜか?それは、結局はマスコミにのった流行として見てるからだよ。
犯罪もまた流行があるからね。そこに善悪は存在しない。
したとしても好奇心のほうが遥かに勝る。教育がそいつに行き届いてないから。

あの時期マスコミが騒ぎすぎたせいで、出なくていい犠牲が出た、と思ってるよ。


171 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 17:45:48 0
■■人権擁護案法をちゃんと報道汁!!2■■
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1118603676/

1 :文責・名無しさん :2005/06/13(月) 04:14:36 ID:QNf04L0J
この水面下で進められている「人権擁護」という
なんかいいことのような言葉をカサに着た現代の治安維持法。

全 く 報 道 さ れ て な い よ な ?

マスゴミには優遇するからあんま世間に広めずとっとと決めちゃおう
みたいな感じらしいですが、こんなのってアリなの?

テレビは公共のメディアじゃないのか?

なんだかんだで、今でも大多数の人間に一番広まる媒体はテレビや新聞だろ。

日本には、ネットなんて全くやらんお年寄りとかもたくさんいる。

そういう人達に、全く真実を知らせないなんて、こんなことが許されるのか?

パンダとか糞バラエティーよりも超大事な事をきちんと
報道しる!!隠すな(#゚Д゚)ゴルァ!!

どういう抗議が有効なんだ?みんな知恵を貸してくれ!!

172 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 17:47:42 0
>>170
増えていないのに、増えたと騒ぐのがマスコミ最大の罪。

173 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 18:25:42 0
>>172
で、問題なのはその増えてない、と言う根拠の統計もメディアによって伝わってくる、
と言うこと。
どのみちメディアには影響を受けてるのよ。
マスコミで流される情報を信じない人が、
同じくメディアによって知る情報である統計を基準に考えてる(ある意味盲信してる)。

要は「統計ではそう出てる」「マスコミはこういってる」程度に見ておけばいい。
統計もマスコミも同じ程度の信用性でいいんだよ。
両方ともまともに信じなければいい。
で、そういう形で考えてこそ見えてくるものがある。

それが今一番賢いものの見方かも知れない。

174 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 18:32:58 0
>>173
>統計もマスコミも同じ程度の信用性
これは可笑しい。
政府統計の方が、信用度は遥かに上。
殺人検挙者数など操作のしようも無い。

175 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 18:55:03 0
>>174
違う違う。
信用度は上でも下でもいいが、100%は信じるな、と言うこと。
どちらも客観的に見れないとダメだと思うよ。
でないと、統計のおかしさが見えなくなる。

数字だって、いくらでも操作できるんだよ。
もうちょっと冷静になろう。
マスコミだって本当のことも言うし、統計だってウソつくこともある。
だって、人間がやることだから。



176 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 20:38:21 0
■■■ 国内の反日勢力について ■■■

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=discussion&vi=1130152839

177 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 20:52:38 0
>>175
それぞれのメリットだせよ
マスコミのウソホント
統計のウソホント4タイプで

178 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 20:55:10 0
>>175
「統計のおかしさ」の根拠を出来るだけ言ってみてくれ
ただし感情論は×

179 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 20:56:28 0
なんでわざわざ、お前のためにそんなもの出さないといかんのだ?

180 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 21:02:14 0
それなら「犯罪の質の違い」なんて、なおさら鵜呑みには出来ないわな。
そんな言い訳がましく、根拠のないことは

「量」でダメなら「質」で若者批判なんて勘違いもはなはだしい

181 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 21:08:42 0
統計もあくまで人が作るものである、と言うこと。
人が基準を作り、人が集計をする。
数が多いものコンピュータでやるかも知れないが、あくまで人の行動の延長。
で、人が集計をする以上は、そこに何らかの主観が入る(それが何か、とか聞かないように)。
さらに、集計をしてデータを出すときに、客観的にやってくれればいいのだが、
人がやる以上その保証はどこにもない。
ましてやそれで政策を左右するとなればなおさらだ。
統計がおかしいと言うより、統計を信じて他を排除する人がいること
がおかしいと言った方がいいだろう。

>>180
なるほどね。それも言える。
でもそれを言うなら、「それはお互いさま」だ。
大人の言うことを画一的にウソ、とか言うな。
その中から本当のことを見抜くことも必要だ。
少なくとも俺はそれをやってる。

で、あくまでこれは俺の主観であることをここに明記しておく。
他の人の確実に当てはまるかどうかはわからない。
なので、俺の言ってることも「ここはわかる」「ここは違う」と君自身で判断していけばいい。
物事に100%などと言うことは絶対ない。

182 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 21:13:42 O
>>174
忘れたのかー!
政府統計でも、デタラメがあったことを・・・・
ニュー速でもスレにあがっていたが、障害者に関する統計が
そうであった。
これは、今でもそのことに関して、問題になっている。

183 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 21:39:06 0
>>182
だからといって、実情は統計よりずっと凶悪化していることに即、結びつけるのはお門違いだろ
それに、少年犯罪関係のデータを操作するぐらいなら、
各都道府県、市町村の人口を操作した方がまだメリットあるだろう

犯罪データを疑うなら、人口データも疑えよ
というかありとあらゆるデータ疑えばいいだろ。生産データや視聴率なんかも

184 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 21:48:31 0
>>183
182じゃないが、ずっととは言ってないんじゃない?
それは被害妄想だと思うが。
0と1しかみてないからそうなるんじゃない?
0と1には無数の数字があり、段階があるんだから。
もちろん、あらゆるデータを疑ってますよ、と言うか「目安」としか見てないよ。
常にはかりかけてる状態だね。
でも少なくとも数字を基準にして他の主張を切り捨てることはしないよ。

185 :ギルバート・デュランダル ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/24(月) 21:54:32 0
>>184
>0と1には無数の数字があり、段階があるんだから。

??? Oと1の間にか??

つーかアナタ達、量とか質の問題じゃ無いのだよ。
人が死に傷付いてる事が問題なのだ!
これだからナチュラル達は。。はぁ

186 :183:2005/10/24(月) 21:58:05 0
それより、もっと身近なことに目を向けよう

マスコミが「少年犯罪凶悪化」を叫ぶことで
世論が「厳しく躾る大人がいなくなったから犯罪が激増した」と感じる
その世論に、またマスコミが応え今度は、野球監督の「星野仙一」や、
占い師の「細木和子」、タレントの「みのもんた」、引きこもり対処の
「長田百合子」が神格化される。

「厳しさ」を売りにしているせいか、4人とも現在の教育問題に口をやたらと出してくる
特に直接関わっている「長田百合子」を主婦層がもっとも見ているであろう、
夕方のニュース番組(というかあの時間帯のニュースは既にワイドショーと化しているが)
によく出して、「厳しさにより引きこもりは救出できる」と主婦層を洗脳する
実際、世論を作り出すのは男より女の方で、さらに若年層より年配層が世論を握る。
その年配主婦層を狙って「今の若者の悪事を大人の甘やかしにより助長させている」と、
洗脳させる

だが、長田の寮に入ってさらにひどくなったものもいるし、何せ長田は現在訴えられている
それに「大人が厳しかった」昔だって殺人を犯した少年は多い
「大人が厳しくしつけなくなったから、少年犯罪が激増した」と世間を洗脳した
マスコミの罪は重い

187 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 22:01:44 0
>>185
あのよぉ、0と1のたとえは、統計の数字に言ってるんじゃないのよ。
「ずっと」とかそういう決めつけが良くないんじゃないの?と言ってるの。
凶悪化してる面もあり、良くなってる面もあるでしょうが。
そうすれば「ずっと悪くなった」とか極端なことにはならないでしょ。
これわかりませんか???????

で、おれが言いたいこともあなたが言うその現実にどう対処するか、と言うこと。

188 :ギルバート・ディランダル ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/24(月) 22:05:14 0
俺が言いたいのは

>0と1には無数の数字があり、段階があるんだから。

というのはグレーゾーンの事ですか?だとしたら例えが分かり辛いです。
知識0と1の差の例えを言ってる様だ。


189 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 22:15:33 0
>>186
でも、その昔、子供に対する人権意識が高まってきてる、と言うことで
子供だって人権があるから「ガキ」とひとくくりにするな、と言う論議があった。
ところが例によってマスコミが煽り、過剰に子供に甘くなった。
で、いまその結果が出てきてると言うことだ。
しかも、今度はマスコミが反対の事を同じ調子でやってる・・・

画一的に厳しくすることはいけないが、画一的に甘いのはもっといけない、と言うことだ。

じゃあどうするか?
 家庭で言えば、褒めると叱るのバランスをとればいい。
 事と次第によっては長々と叱るより殴った方が伝わる(とくに相手を痛めたとき)。
学校で先生に殴られたら?
 親が子供と学校の言い分を両方聞いて、
 子供の方が悪ければ「殴られて当たり前だ」と叱ればいい。
 学校が悪ければ子供の前で学校に苦情を入れればいい。
子供が暴力したら?
 親の前に子供自身に謝りにいかせればいい。

>>188
その通り。
わかりにくいのはこっちが悪いかも知れない。

190 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 22:16:47 0
>>187
0か1かの例えじゃなく、白か黒にすればいいものを・・・

191 :ギルバート・デュランダル ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/24(月) 22:23:31 0
そこでディスティニープランの登場です。
遺伝子操作で初めからお利口な人間を産み分ければ良いのです。

大体、馬鹿及び知能指数が高いだけの人間的馬鹿の犯罪が始末に負えません。
更生困難(不可能)、犯行が残虐・非現実的(明確な理由が無い為、更生のしようが無い)
大体脳自体がおかしい。

そんな出来損ないを生まれる前に削除するのです。

192 :190:2005/10/24(月) 22:26:04 0
>>189
> 子供の方が悪ければ「殴られて当たり前だ」と叱ればいい。
 学校が悪ければ子供の前で学校に苦情を入れればいい。

両方セットが前提だな。俺の経験からして
どちらか一方なら両方しない方がいいな
特に後者は面倒なところがあるので腹を据えてかかる必要があるが

193 :190:2005/10/24(月) 22:44:53 0
>>189
>学校で先生に殴られたら?

これ罠にはまりやすいな
親や先生に殴られたって加減がわかると言い切るのは意外と危険な気がする
殴られることに慣れれば、人を殴ることに抵抗がなくなるということはあり得ないか?
殴って間違えて目にでも当たりなんかしたら大変だろ
実際、50代の人間だってキレて取っ組みあいのケンカしてることを見たことがあるが、
目には、当てないようにしようなんて考えてるとは思えない。そんな冷静な状態であるように見えない
それこそ、殴られて育てられてきた世代がな。

それに「ケンカ慣れ」の必要を説く奴もいるがこれもまた危険
それこそやる奴は人間だ。何かの拍子に目に当たり失明させることだって充分にありうる
そもそもケンカしてる時なんか冷静じゃないんだから
実際、相手を死に至らしめる暴力事件が若者だけに起きているわけではない
今の世の中、若者だけがこのターゲットになっており、その世代柄ケンカ慣れしてないのも
原因の1つと考えてる奴がいるが、これは明らかにおかしい。
相手を死に至らしめる暴力事件は年配の人間だって、たくさん起こしている


194 :少年法により名無し:2005/10/24(月) 22:52:29 0
 
生活保護 誰でも毎月 二十数万円もらえるよ
 日本人だと厳しい審査で たいてい駄目だけど
在日朝鮮人なら申し込めば ほぼ全員が認定

他に収入があっても 審査甘いから見つからない
 細かいことは民団や総連がやってくれるし
まじめに働いてる日本人が あわれに思えてくるよ

●在日朝鮮人の特典たくさんあるよ
[生活保護] 家族人数×4万+家賃5万+他
      在日朝鮮人は、ほぼ無条件で貰えます
[地方税] 区民税・都民税の非課税 固定資産税の減免
[年 金] 国民年金保険料の免除
[都営住宅] 共益費の免除 入居保証金の減免
[上下水道] 基本料金の免除 水洗便所助成金の交付
[放 送] NHK受信料の免除
[交 通] 都営交通無料乗車券の交付 JR通勤定期の割引
[清 掃] ごみ廃棄物処理手数料の免除
[衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免
[教 育] 都立高校授業料の免除    まだ他にもあるよ
 

195 :190:2005/10/24(月) 22:57:20 0
それに、殴り合いしてきた奴が
ナイフやスタンガンを持たないと言い切れるのか?

それに、これは格闘技界では常識のことらしいが
木刀やナイフは「脅し」の意味でただ振り回すだけというのが定説らしい。
喧嘩で最もこわいのは首を狙う奴らしいよ。
「首を狙う」=「殺意を持っている」ということらしいからね


196 :死王 ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/24(月) 23:06:22 0
なんと無く経験談ではなく。
想像の粋を出ない話な希ガス。

197 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 08:43:21 0
「想像の粋を出ない」は
100%とか0とか1とか目安とか言っている「ナチュラル」おじさんのレスもそうだろw

198 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 09:27:42 0
今の子供は力がないものには従わない
「人の気持ちを考えなさい」では通じないのだ
それほどに悪質になっているのだ
ならば甘やかす方針については一度反省すべきだし
厳しいしつけで力により押さえつけることは効果的なのでは

199 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 09:29:28 0
何も普段から厳しくしつける必要はないが
行き過ぎた行為があった場合、言っても聞かない場合は
強い態度を取るべきだ、親にしろ学校にしろ

200 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 09:33:34 0
現在では子供が大人と同様に扱われているのだ
こんな社会は歴史上でもそうない
そこには子供が大人と同じような判断力、分別を
持っているという前提がなければならない
だが果たしてそれは確かだろうか
子供は
「じゃあ大人だって判断力のない人もいるじゃん」
なんて口答えしてくるだろう、こんなことは決して相手にしてはならない
これが甘やかしなのだ

201 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 11:35:24 0
中年の心の闇〜大人たちに何が起きているのか〜 (2004.07.24 Saturday) [いんちき心理学講義]
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid14.html

・50代はロリコンが多いです。
・50代は正直です。
・50代は駅員をよく殴ります。
・50代は凶悪です。
・50代の政治家が「レイプは元気があってよろしい」と発言しました。
・50代の下半身は大変です。
・50代は若い時はワルで今でもワルです。
・少年法を厳罰化する前に、50代の犯罪を厳罰化しましょう。

202 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 12:03:06 O
>>201
それこそ、珍権屋の思惑・・・・
50代がデータ上では、多いという体にして、
少年法廃止の方向に持っていかないという戦略・・・・
でも、少年法自体、犯罪少年を守るために作られているので、
警察に来るまでの間に、犯罪を学校や家、店にてオオゴトにせず、
少年だからという理由で、情けで勘弁してもらっているケースが
多い。
又、子供心でつい、という経験をした方も多いと思います。
そのため、正確な数字が出ないのが実状・・・・
少年法廃止になって初めて、50代の犯罪者数と対等に比べることが
できるといえよう・・・・

203 :ビュー:2005/10/25(火) 12:05:47 0
こんにちわ!でもそれって間違ってると思いますよ??


204 :ビュー:2005/10/25(火) 12:07:50 0
少年を重罰化することによって決して犯罪率は下がらないと思います。アメリカの少年に対する重罰化政策によるスラム化。が良い例ですね

205 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 12:16:29 O
>>204
窓割れ理論はアメリカで成功!
事実、ニューヨークの地下鉄が綺麗になり、犯罪も減りました。

206 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 12:25:56 0
>>204
アメリカならね
日本人の一部の少年達は、いくらキレイにしても
遊びで落書きするよ。 そんなに不良じゃない子でもね。

207 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 12:25:58 O
http://my.minx.jp/0112211001122110
http://my.minx.jp/630825
今地元で人気急上昇で困っちゃうらしいよ☆肉棒が好物だよ♪

208 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 12:28:44 0
>>207
コレ良く見かけるけど この子達虐められてんの?


209 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 12:32:38 0
>>204
アメリカは人種差別がまだ根強くあってな。黒人のほうが白人よりも
刑罰が重かったりしてるんだよ。
よく考えてカキコしろよな。

210 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 13:09:50 0
>>202
>警察に来るまでの間に、犯罪を学校や家、店にてオオゴトにせず、
>少年だからという理由で、情けで勘弁してもらっているケースが

殺人検挙者数比率、50代は10代の2倍以上なのだけど。
殺人の場合、少年だからといって情けでは勘弁してもらえないよねw?

211 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 16:14:30 0
大人の都合と子供の屁理屈を言いあってるだけだな、ここ。

212 ::2005/10/25(火) 16:21:51 0
そうですけど なにか?

213 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 16:23:23 0
やめちまえ。
スレに来るな、と言わずにやめちまえ。

214 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 16:57:23 0
>>181
言いたいことはわかるんだけど、このスレでも散々
「統計数字が信用できるものなのか」は議論されてきたと思うけど。

>>189
>いまその結果が出てきてる
って具体的にどういうこと?
いつの世も「今時のガキは礼儀を知らん」と
言われ続けてきた。現代が特にひどいという根拠は?

>>193
実際、中年は暴力的だからね。>>201

>>200
>だが果たしてそれは確かだろうか
と疑問系にしておきながら相手の疑問は「口答え」で、
相手にすることすら「甘やかし」かい。

215 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 17:34:10 0
>>214
結果
礼儀を知らん、とはずっと言われてたし、俺も言われた。
いつの世も若者は大人の価値観とは違うし、違って当たり前だ。
問題はそれに対する大人の態度だ。
物事によってこれは違うぞ、と毅然に言えるか言えないかの違い。
で、戦後の民主教育のおかげでその辺の境目を教えられてない子供が増える事になる。
今の大人(30〜40代かな?)自身が教えてもらえないで育ってるのに、その子供がわかるはずもない。
別に民主教育がどうこう言いたいわけじゃない。
人権意識や少年を守る、と言う事にはメリットもリスクもある、
と言う事は真正面から見なければ行けないし、リスクが無視できなければ
「少年を守る」と言う事も見直す必要がある、と言うこと。

そこまで言うなら「ここはスレ違い」と言う事になるかも知れんが。
でも、こういう事を話題にするスレも板もないからね。

216 :214じゃないが:2005/10/25(火) 18:04:55 0
>>215
それじゃ、全く>>214 に対する回答になっていない。
あなたが登場すると議論がぜんぜん噛み合わなくなる。

必死な文章の主旨は
「昨今、大人の子供に対する姿勢が良くない。もっと大人は、子供に厳しく接するべきだ」
なのかい?

217 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:07:00 0
>>216
「厳しく接するべきだ」としか解釈できないの?
優しさと厳しさの再構築をしなければいけない、と言うだけだ。

表面的事象だけで、物事を見るべきじゃないと言うこと。
もちろん、それはこっち側も肝に命じなければいけないが。





218 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:09:20 0
>>216
>「もっと大人は、子供に厳しく接するべきだ」なのかい?
優しく甘やかして接してほしいのがミエミエだなw

219 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:15:41 O
>>214
この頃の子が、礼儀を知らないってことに関しての答えは、簡単。
礼儀とは、そもそも儒教からの教え。
目上の人を敬い、それ相応の態度をすることによって、「和」を
重んじてきた。
それが、日本古来からの文化・・・・
しかしこの頃、欧米文化に倣い、個を重視し、平等を
叫ぶようになると、個人の権利が強くなったため、
「和」を重んじてきた儒教精神が崩壊・・・・
つまり、礼儀ができなくなってしまったのである。
つまり、今の日本は、儒教文化でもないし、キリスト教文化でも
ない奇妙な文化が出来上がっているのである。
つまり、相反するキリスト教文化と儒教文化が混在するのが、
今の日本の姿である。

220 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:16:07 0
なぜ「厳しく」にそこまで反応するかねw
このスレでは、この言葉はタブーなのか?

221 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:18:19 0
>>219
は日本史・世界史を分かっていない馬鹿であることが判明したようです

222 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:32:29 O
>>221
お前、日本史勉強不足・・・・
何故、島原の乱で代表されるかのように、キリスト教が
迫害され、鎖国の道をとったか、よく考えろー
それとも、歴史って、年表覚えるだけだと、勘違いしている?


223 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:37:30 0
>>222
凶悪化する少年犯罪、礼儀を知らない子供
が島原の乱と何か関係あるのか?

まさか無関係なのに、島原の乱とか言い出さないよね?

224 :222:2005/10/25(火) 19:40:06 0
>>223
天草四郎時貞の呪いって事だよ。ばーか。
そんな事も理解出来ないの?池沼くん

225 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:44:43 0
>>224
呪いwと犯罪に何の関係が?
当然、説明できるんだよね

226 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:45:11 O
>>1
少年犯罪者乙

227 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:48:21 0
とにかく糞蛾鬼は殴らなきゃ
街で見るでしょ、タラタラズボンに蟹股歩き 茶髪でサングラス
一人じゃメンチすら斬れない糞蛾鬼 こいつらは殴らなきゃ
分からんのだ とにかくぶっ飛ばしに街に出る 行って来るぜ
この時期ウヨウヨしてるぜ

228 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:49:06 O
>>223
悪いけど、次からスルーさせてもらうわ・・・・・
日本語通じないし、文章の読解力ない人には、何を教えても、
今は無駄だとわかった。

マンガばかり読んだり、パソコンやゲームばかりしていないで、
新聞や本を読みなさい。
まだ、今は少年法適用年齢だろ・・・・・
若者言葉しか分からなければ、後々、苦労するぞ〜
後は、オマエがどうなろうが、知らん・・・・・

229 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:55:40 0
てかなぜみんな>>219を指摘してやらんのだ?
和と儒教が関係ないことを・・・

不憫でならない

230 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 19:58:44 0
>>229
それ言うなよ・・・空気読んでくれ

231 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 20:00:03 0
この板は馬鹿の巣窟ですか?

232 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 20:13:40 O
>>231
馬鹿の巣窟なんだろー
「和」の本来もっている語源を知らない奴、大杉・・・・・
そりゃ、日本文化も廃れていくわ〜

233 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 20:38:38 0
>>231>>232
殴ったら何でも解決するという考え方は馬鹿を通りこしてキチガイ

234 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 20:44:15 0
もう一度はりつけるから、誰かレスをしてくれ

それに、悪いことをして親や先生が殴ったから、体に「痛さ」が刷り込まれて
ケンカする時でも昔の子供は加減を自ずと学べたなどと言う奴がいるが
これは戯言だろう

だいたい昔だって、しょっちゅう親や先生に殴られる奴なんて決まってるだろう
そういう奴は「人が殴る、殴られる」環境が特別なことではないだろうから、
殴られることから学ぶなんて美談などあるはずがなく、むしろ人を殴ることにも抵抗がなくなってくるのではないか?
だいたい、先輩からいじめを受けて、それが嫌だったから後輩はいじめないなんてのはわずかだろう
むしろ、先輩からされたいじめ以上に後輩をいじめる奴の方が多いはず

それと、俺がもっとも馬鹿げた意見だと思うのは
「今の若者はケンカ慣れしていないから加減を知らない」といった意見
第一、いくらケンカ慣れしていたところで致命的なケガを負わせないなんて誰が断言できる?
ケンカしてる時なんて、お互い冷静じゃないんだから実際、何が起こるかわからない
それこそ、親や先生に厳しく育てられてきた50代のケンカだってとても、まともな物だとは思えない
人間なんだから、いくら「ケンカ慣れ」してるといえど、とんだ拍子に拳が目にあたり失明させることだってあり得る

それに相手を死に至らしめる暴力事件を起こすのは何も若者だけに起こっているわけではない
しかし、マスコミの影響からかこの「死に至らしめる暴力事件」のターゲットが若者であることから
その世代柄「ケンカ慣れしていないから加減を知らない」とおかしな世論ができあがる

もっと言えば殴り合いのケンカに慣れている奴が、ナイフやスタンガンを持たないと、
言い切れる根拠など、どこにもない




235 :234:2005/10/25(火) 20:49:37 0
こういうの貼ると、誰もレスしてこないんだよな

236 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 21:07:36 O
>>234
以上、勝手な若者の戯言でした・・・・www

同類の生き物で、手加減もせずに、相手を殺したり、
傷付けたりするのは、人間のみ・・・・
余程、甘ちゃんで育ってきたんだねー
オマエみたいな奴が、犯罪予備軍・・・・


237 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 21:10:59 0
>>236
お前みたいにろくに話も聞かない奴が、「今のガキは生意気だ」とか
抜かすんだよな

238 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 21:52:03 O
>>237
やっぱり、ガキだったんだな〜www
若者の主張、訂正、ガキの主張でした・・・・www

239 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 22:05:28 0
>>238
そういう言葉でごまかして、>>234を第三者に読ませないようにするんだろ

240 :死王 ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/25(火) 22:13:13 0
俺のスレ上げてくんねぇ?

241 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 22:19:33 0
>>236
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid10.html

ロマンに浸ってないで現実を見よう。

242 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 22:26:36 O
>>241
例外を上げてどうする・・・・・

あんたの意見は、重箱の隅をつついたものだよ・・・・・・

243 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 22:28:43 O
>>239
俺の親切心だよ・・・・
レスしないのは、オマエの馬鹿さ加減にあきれているだけ・・・・・

244 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 22:38:44 0
ただ、馬鹿とか言うのではなくどこら辺がおかしいのか言えって
例えば、「ケンカ慣れ」すれば、手加減を覚えるとか

245 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 23:25:02 O
↑お前が「おかしい」
例えば、お前の「基地外」ぶりには慣れたw

246 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 23:48:40 0
もう一度、貼ってやるよ。レスもだんだん上にいくと見る人が減るからな

悪いことをして親や先生が殴ったから、体に「痛さ」が刷り込まれて
ケンカする時でも昔の子供は加減を自ずと学べたなどと言う奴がいるが
これは戯言だろう

だいたい昔だって、しょっちゅう親や先生に殴られる奴なんて決まってるだろう
そういう奴は「人が殴る、殴られる」環境が特別なことではないだろうから、
殴られることから学ぶなんて美談などあるはずがなく、むしろ人を殴ることにも抵抗がなくなってくるのではないか?
だいたい、先輩からいじめを受けて、それが嫌だったから後輩はいじめないなんてのはわずかだろう
むしろ、先輩からされたいじめ以上に後輩をいじめる奴の方が多いはず

それと、俺がもっとも馬鹿げた意見だと思うのは
「今の若者はケンカ慣れしていないから加減を知らない」といった意見
第一、いくらケンカ慣れしていたところで致命的なケガを負わせないなんて誰が断言できる?
ケンカしてる時なんて、お互い冷静じゃないんだから実際、何が起こるかわからない
それこそ、親や先生に厳しく育てられてきた50代のケンカだってとても、まともな物だとは思えない
人間なんだから、いくら「ケンカ慣れ」してるといえど、とんだ拍子に拳が目にあたり失明させることだってあり得る

それに相手を死に至らしめる暴力事件を起こすのは何も若者だけに起こっているわけではない
しかし、マスコミの影響からかこの「死に至らしめる暴力事件」のターゲットが若者であることから
その世代柄「ケンカ慣れしていないから加減を知らない」とおかしな世論ができあがる

もっと言えば殴り合いのケンカに慣れている奴が、ナイフやスタンガンを持たないと、
言い切れる根拠など、どこにもない




247 :少年法により名無し:2005/10/25(火) 23:54:45 0
少なくとも、どのくらい殴ったら死に至るのか、傷つくのかはわかる。
決しておかしくはない。
殴られる痛みと言うのを痛覚に訴える事以外にどうやったら感覚としてわかるのか、
いい方法があったら教えてくれよ。


248 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 00:16:52 0
>>247
俺自身、親に殴られてきたから逆に人には暴力はふるわない
ただ、自分自身キレたら加減なんてものは、全く考慮していない
人は何かの致命傷で死に至ることはざらだし、一発も殴らなくても
首を強くしめれば人は死んでしまう

俺も一生懸命考えるが、まず事件を見て何が原因で死に至ったのか
できるだけ詳しく調べる。あなたの記憶に暴力の行き過ぎが原因で
死に至った事件を何か覚えているかい?


249 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 07:32:56 0
「今の子供は力のないものには従わない、道徳などを説いても嘲笑するだけ」
すなわち悪質、現実主義的
この点をふまえてどうすればいいかよーく考えよう

250 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 08:00:52 0
>>249
こうなると、大人がいかにダメか、も受け入れる事をしなければいけない。

251 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 08:40:18 0
>>249>>250
それなら、大人は威厳をもって振舞えばいい
それで万事解決!?
それで解決するなら苦労はいらないけどな

第一、怒ることが出来ない奴などいやしない。人間は感情で生きてる生き物だからな
>>249は、ケンカ慣れすれば加減を学ぶことができる、なんて本気で思ってない?

252 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 08:44:15 0
このスレに出現する荒らしオヤジの知性品性の下劣さは相当なものだ。
で結局、儒教、和( ´_ゝ`)、島原の乱、 呪 い 、と少年犯罪との関係
についての珍説日本史解説はどうなったのだw

この馬鹿オヤジ加えて >>236 >>242 でも無知と馬鹿さ加減を披露した模様。 

253 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 08:52:27 0
だから、思うにはある程度の力による対応も
必要なんじゃないかと思う

>>251
思わない。ケンカをさせることで変な自信をつけて
暴力的になる場合もあるし
喧嘩や武道をすることで皆が礼儀を身につけるというのは妄想
ケンカ慣れケンカ慣れってあちこちで言ってるのはあなたですか

254 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 09:15:17 0
情報氾濫社会の現在において、倫理や道徳なんて大した意味を持たない。
なぜなら、それらを否定する論理が既に世の中に溢れていて、しかも誰でも簡単にそれを目にすることが
出来るからだ。
今までは賢明な一部の人間しか分からなかった倫理や道徳の矛盾が、受け売りで賢明ぶっているだけの
厨房でも知ることが出来る。ただ、こいつらは、では『何故』倫理や道徳などと言うものが存在したのかまで
は頭が回らない。単に、倫理や道徳に縛られなくても良い「便利な言葉」として、それらを用いるだけ。
問題はそこにある。

矛盾に満ち溢れた倫理や道徳で人を縛ろうというのが、そもそも現代社会においては間違っている。
縛るなら、より現実的なもので縛るのが良かろう。大本になるのは損得勘定で充分だ。
「情けは人のためならず」
自分のために、これこれこういう風に振舞いなさい、というので良い。

255 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 09:31:03 0
おおわかりやすい文だ

256 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 11:21:31 0
2005年08月25日
【千葉】駅員らへの暴力40件、酔客からの暴力が7割占める JR東日本千葉支社
http://blog.livedoor.jp/newsscrap/archives/30676073.html

JR東日本千葉支社は二十四日、同支社管内における駅員や乗務員に 対する暴力行為が
昨年度四十件あったと発表した。

まとめによると、四十件のうち約七割が酒に酔った客によるもので
いずれも男性。
時間帯は午後七時から未明にかけてが半数以上を占めた。

年齢別では五十代が 三割余りで最多。次いで四十代の15%
三十代と六十代の10%と続く。不明は20%。

原因は「理不尽なものが多い」といい、千葉駅では昨年九月
深夜にホームで 騒いでいた男性に駅員が声を掛けたところ
いきなり腕をけられたという。

また、津田沼駅 では同月の早朝、車内で寝ていた酔客を起こし降車させたところ
足をけられたという。

こうした暴力行為は過去十年でほぼ毎年、二十件以上起きており、最多は二〇〇二年の 四十四件だった。

257 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 11:28:31 0
おっさん、何やってるんだよバカやろう。

258 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 11:29:49 0
実は、大人がきちんと襟正せば子供も自然に襟を正す、と思ってるのは俺だけ?
要は建前を演じ切ればそれでよろしい、と。

259 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 11:34:49 0
その建前が崩壊している

260 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 12:17:36 0
>>259
まあね。
援助交際だって、買いたいオヤジがいるからそれにつけ込むわけで。
オヤジやオバさんがモラルハザードを起こしてるのを見てる若者には
「お前らはまっすぐ立派に育て」と言うのも無理があるよ。
大人が良くて子供がダメな理由をキチンと説明できない限り、この問題は解決しない。

もはや、少年犯罪が増えた、いや減ってると言う次元の問題でもない気がする。
データ上(データの信用性は取りあえず問わない)は少年犯罪は減ってる事は間違いないんだから。



261 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 12:52:40 0
>>258
逆に建前を演じければ、「嘘つくんじゃねえ!大人も悪いのが多いじゃねーか」と返される気がするが。

262 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 15:41:57 0
>>1
どこの馬鹿だこんなインチキレス立てたのは?
少年犯罪は増加しているし、凶悪化している
戦後まもない動乱期と比較して論じるのは人権屋の詭弁だ。
そんなものを間に受けている馬鹿は発言するな!
強盗が近年増大している。
強盗は暴力を伴うものが多く、凶悪・非情な犯罪が多い。
また、犯罪として数値にでないのが集団暴力
近年、毎年何人もあちこちイジメ自殺が発生している。
集団暴力が日常化しており、報復を恐れて被害届もありでない。

>>1 君お前は二度と書き込みなどするな 馬鹿!

263 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 15:49:07 0
>>254
倫理、道徳から損得勘定
となると損得勘定で縛る論理とはどのようなものがあるか

264 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:04:09 0
>>249
それを前提とする根拠は何よ。

>>262
ま、大方釣りだろうが後から来る人のためにもマジレス。

>戦後まもない動乱期
高度経済成長に入ってもしばらくはおさまらなかった。
そして現代との差が最も大きいのは経済力と直接の関連はない強姦。

>強盗が近年増大している
97年に起こったあまりにも不自然な増加は、取り締まり方針の変化だ。
それが起こった後なのに、その後強盗はまた減った。
これはただ流行が去って、警察が「飽きた」だけかもしれないけどね。

>また、犯罪として数値にでないのが集団暴力
暗数が多いのは確かだが、昭和との相対値で考えれば
むしろ現代の方が数値に出やすくなってきている。

>近年、毎年何人もあちこちイジメ自殺が発生している。
近年に限ったこと?最近は減ってきているのでは?

>集団暴力が日常化しており、報復を恐れて被害届もありでない。
強姦の検挙率が下がってきているのなんかを見ると、
被害者が泣き寝入りしないようになっている傾向が見て取れるが。

265 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:14:00 0
ガキも大人も物事のある一面しか見てない事がよくわかった。
これはもう解決しないね。
どっちも歩み寄らないんだもん。


266 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:17:44 0
数字で安心する事と、数字で不安になるのをやめればいいのに。

267 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:32:50 0
凶悪化していない派も、数字で「安心」はしていないと思われ。
ただ、マスコミの印象操作は良くない、と言っているだけなのでは。

268 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:37:01 0
統計がそんなにいけないのかね。もちろん、統計が万能ではないのは明らか。
しかし、他のデータや背景の考察で欠点を補うことを忘れなければ、
非常に大きな説得力を持ってくる。

少なくとも、前提としては少年犯罪は減少、沈静化していると見るべし。
もちろん、それなりの根拠を持ってくればこの前提は崩すことが可能。
しかし、今のところはそれに足る意見はないようだ。

269 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:38:13 0
軽犯罪はどうなの?(万引きほか)

270 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:42:15 0
つ【 http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html 】

271 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:47:27 0
>>269
ttp://psychology.jugem.cc/?eid=30

万引きの増加は少年ではなく成人によるもの。
少年への処罰が甘く表に出ないという可能性も、
近年急に甘くなったということになるのを考えれば
ありそうにない。

272 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:49:05 0
横領というのはなんなんだ?

273 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:50:30 0
いや、何事もある意味では斜めに見ればそれでいい。

統計が嫌なわけじゃない。
ただ一部にはそれを盲信して、感情と言う数値化できないが重要なパラメータ
を無視する傾向が見られるので、それを無視するとこの問題は見えなくなるよ、と言うこと。
例えば、マスコミの印象操作も、マスコミと言う機械がやってるわけじゃない。
マスコミを使って情報を発信するのも人間だ、と言うことだよ。
人間である以上感情もある。客観的になりきれない部分だってある。
それはマスメディアと言う、客観性を要求される場所でも決して無視できる要素ではない。
だから、それも含めて話していかないとループで終わる。
それをずっと言いたいんだよ。

そして、感情で判断する一部の輩へ。
データはデータとしてきちんと見るようにしよう。
感情はコントロールしないと大変なことになるぞ。
どっかの国みたいにさ。

274 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:54:17 0
>>272
放置自転車泥棒。駐輪所にあって持ち主がわかっていれば
窃盗になるので、悪質性はかなり低いことになる。
もっとも、これについては全てが「横領」で処理されるべき
事案なのかは疑わしいと個人的には思ってるけどね。
そもそも放置自転車がないと横領ができないわけだが、
放置自転車なんてそんなにそこら中に転がっているものなのか?

275 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:55:42 0
マスゴミにかかってるフィルターが、あくまで「感情」ならまだ良かったんだけどね……

276 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 17:57:16 0
>>272
http://psychology.jugem.cc/?eid=30

ここで言う『横領』とは「占有物離脱横領」のことで要するに自転車泥棒です。
落ちているお金をネコババすることもここに含まれますが
実際に逮捕されるようなことはまずないので、とりあえず除外。
他には、コンビニでアルバイトをしている少年がレジから失敬するのも横領に含まれます。

ところで、『横領』に分類される自転車泥棒は道端に放置されるものだけに限定されます。
駐車場に置かれている自転車泥棒は横領ではなく窃盗に分類されるからです。
そして窃盗の数は増加していないところから、
急増している自転車泥棒のほとんどは道端に放置されている、
そして大抵は違法駐車であろう自転車だけを狙っていると考えられます。

277 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:03:07 0
>>274 >>276
なるほどー(・∀・)

278 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:04:38 0
>>273
>マスコミを使って情報を発信するのも人間だ、と言うことだよ。
>人間である以上感情もある。客観的になりきれない部分だってある。

マスコミを操っているのは、まさに「どっかの国」関係の人たちなのさ。
某国による「拉致」は1970年代にはかなりの被害規模になっていた。
我々がマスコミから初めて「拉致」の話を聞いたのは何時頃だ?
彼らは数十年も知らん振りし続けたわけだ。

文化財が盗まれても犯人が韓国籍ならマスコミは沈黙
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1129823243/l50

279 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:06:24 0
まあ人間を客観性だけで論じるのはどうかということ

280 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:28:39 0
個人的には、少年犯罪凶悪化キャンペーンで犠牲になるのが子供たちだけなら
この問題には無関心なのだけど(失礼)。

実際の所、マスコミ少年犯罪凶悪化キャンペーンの背後には
実に様々なドス黒い勢力の思惑があるような希ガス。
放置しておくと、いずれ「矛先」は大人にも向いてしまうよ。
そうなれば、全てが手遅れなのだ。

281 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:31:43 0
問題は、このキャンペーン?が功を奏してか、
本当に凶悪な輩が出てきてると言うこと。
数はどうあれ、出てきた事が問題。
「17歳の犯罪」の再燃か、おい。
また出なくもいい犠牲が出続けている・・・

282 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:34:30 0
すでに「少年犯罪凶悪化は家庭での教育力が衰えているからだ。
家庭の教育力を回復しなければならない」という理屈で、
女性の社会進出に歯止めをかけようとする動きがあるね。

283 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 18:40:11 0
>>282
家庭の教育力を回復する一番いい方法は、
「生き様で教える」「何も言わずに背中で語る」なんだけど、
それから逃げてる大人の逃げの策でしかねえよな。
大人の背中を見て子は育つんだから、その背中がカッコいい、奇麗だと子供もそういう風になるし、
汚いとそういう子に育つ。
威厳とかそう言う事じゃなく、いい事したら褒めて悪い事したら叱る、
当たり前の事もやれない親が多すぎ。

284 :少年法により名無し:2005/10/26(水) 19:11:06 0
>>281
メディアである以上、それを受け取る人間に何らかの影響を当たるのは仕方がないことにしても、
公共の電波を使って犯罪を煽ってるとしか思えない真似をするのは止めて欲しいよね。

285 :少年法により名無し:2005/10/27(木) 19:11:20 0
マスコミ報道優先順位

冬ソナDVD発売(国営放送)>
引きこもりが加害者の殺人「未遂」事件(全国紙HP)>
>>>>>>>>>>○国人が加害者の強盗致傷事件(地方民放)

http://dentotsu.jp.land.to/NHK12.html
韓国人男2人が強盗傷害で逮捕されたというニュースを扱って

今NHKに電話したけど、金沢の(強盗傷害事件)ニュースは

NHK:「被害者が死んでないなら報道しないこともある。
全国でどれほどの 暴 行 事 件 があると思います?」

NHK:「ソナタ発売」のニュースやる時間があるのに云々言ったら
「お客様は韓国に対して嫌悪感があるみたいですが、だから韓国がらみのニュースが気に
なるんですよ。全国の多くの方が知りたいと思うニュースだと思ったから『ソナタ発売』
はやった。でも、あなたの知りたいニュースではなかった。それだけですよ。

【国内】「中国が攻めてくる」 家族3人刃物で切った引きこもり(38)「殺人未遂」で逮捕[10/27]
ソース:毎日新聞
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051024k0000e040037000c.html

【国内】韓国船員二名強盗傷害で逮捕 路上で女性の金銭を奪った上、アゴや肋骨を折る★2(09/06)
ソース:北陸朝日放送
http://www.hab.co.jp/headline/news0000049221.html

286 :少年法により名無し:2005/10/30(日) 13:00:39 0
てか「力のない者には従わない」って、年齢とも時代とも関係ないんじゃないのか?

直接の暴力を持たない者でも力は持っていることがある。
逆らう者に不利益をもたらすことができるならそれは全て力だ。
そういう広い意味での力を持たない者に従ってる大人が今どこにいるんだ?
力のない者に皆が従ってた時代がいつあったんだ?


287 :少年法により名無し:2005/10/30(日) 17:38:53 0
「刹那的で享楽的」という現代の若者に特有とされることの多い特徴も、
実は高度成長期から見られるものだというしね。
ttp://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson7.html

288 :少年法により名無し:2005/10/30(日) 19:51:51 0
>>287
それに関しては昔の方が多い気がするね、確かに。
何せ娯楽の選択肢がないんだから。

289 :少年法により名無し:2005/10/30(日) 21:58:56 0
「今時の若い者は」って論調は古代エジプトの頃からあったらしいですから

290 :死王 ◆MtYcZwUmlQ :2005/10/30(日) 22:01:22 0
いつの時代も言ってるよ。
古い映画見ても、古代の文献見ても、
いつだって大人は子供に畏怖してんだよ。

291 :少年法により名無し:2005/10/30(日) 22:08:58 0
しかし、今に始まったことじゃないと楽観視ばかりもしていられない。

経済成長が頂点に達した時期に財産を蓄えた中年、
労働市場悪化の影響を受けて自立すらできない若者。

ベビーブームの時代に生まれ数に恵まれた中年、
少子化の時代に生まれ数が少ない若者。

経済成長が停滞し自信を失っており、心や道徳の荒廃を中心とする
過度に悲観的な言説に支配された世の中。

という現代日本の状況が、かつてないほどに激しい
若者差別を生み出す可能性については注意しておくべきだろう。

292 :少年法により名無し:2005/11/01(火) 21:37:12 0
まあネット世代が多くなればその辺の問題は大丈夫かもね。
余計拗れる可能性もあるけど。

293 :少年法により名無し:2005/11/03(木) 06:35:23 0
話はちとずれるがニートについても

働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない

ttp://jinjibu.jp/GuestSmnrArticle.php?act=dtl&id=41

とあり、マスコミいかにろくな検証もせずに語られているかがわかる

294 :少年法により名無し:2005/11/03(木) 11:21:09 0
俺のじーさんもニートだった。田畑持ってたから最低限の生活はできていたらしいが。
あと住所不定・無職の犯罪者ってかなり昔からいたよな。

295 :少年法により名無し:2005/11/03(木) 19:53:21 0
お前らバカじゃん?
原爆落とされてアメリカに占領されてたという
日本の歴史においても特殊な一時期を基準にしてだな、
その時から比べて犯罪が減ったとかマヌケな話してんじゃねーよ。
統計期間を恣意的に切り取って情報操作すんな、ボケ。
もう戦国時代でもなんでも勝手に基準にしてろや。


296 :少年法により名無し:2005/11/03(木) 20:37:29 0
       │
       J

   ∩_∩   ∩_∩
  (  ・(ェ)・) (・(ェ)・  )
 エサクマか?   違うクマよ、あわてて
           食いつくと面倒なことになるクマ。

297 :少年法により名無し:2005/11/03(木) 22:16:26 0
つまり少年犯罪が減少から増加に転じてるんだろ?
だったら減らせよ。
昔も悪かったとかどうでもいいこと言ってねーでよ。

298 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 00:41:31 0
明らかに急増してんじゃん
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2004/images/hk1-08.gif

お前らまじにバカ?

299 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 00:49:19 0
つーか革マルだろ?
おまえら

300 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 00:59:06 0
「少年犯罪の増加・凶悪化はでたらめ」というのは
革マルが流しているデマ

301 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 01:02:36 0

革マルは自分たちで革命を起こせないので
少年犯罪を擁護して増加させ
治安を悪化させようとしている

少年犯罪は明らかに増加・凶悪化している

302 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 01:03:56 0
>>1は革マル工作員

303 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 16:45:44 0
>>298
1970年以降、少年の「横領」での検挙が急増している。
字面だけ見るとヤバそうなにおいがするが、
要するに放置自転車泥棒だ。
1000程度だったのに30年で35000になるという
尋常じゃない勢いでの急増を見るに、
これは犯人側ではなく警察の側の事情によるものだと
考えるほうが自然。このように微罪であっても
見逃さなくなったという警察の方針の変化により、
検挙され表面に出てくる数字が底上げされている。
微罪の検挙数は、犯罪そのものの発生件数が変化しなくても、
社会や取り締まる側の価値観によって大きく変動する。
検挙人数が増えたとしても、現実の犯罪が増えているとは限らないし、
ましてや凶悪化しているとはもっと限らない。
殺人と窃盗の二つだけで考えてみても、殺人に比べて窃盗は圧倒的に数が多く、
殺人の件数は全体の件数にはさほど影響がないのはわかるでしょ。

参考
ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/sb.cgi?eid=45
ttp://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
>>276

304 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 18:27:42 0
>>303
放置自転車泥棒をするのは少年だけなのかよ?
大人は放置自転車泥棒をしないのかよ?
おまえバカじゃね? 

305 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 18:47:26 0
ちなみに少年刑法犯の検挙人員が昭和30年代と昭和40年代で
一時期減少してるけど、それは警察が新左翼の取り締まりに
おわれて少年事件の捜査に手がまわらなかったからだ。
左翼にとって少年事件が増えるのはうれしいことなんだよな。

306 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 20:49:07 0
その時々の社会情勢・民度に応じて
警察の検挙、取りしまり方針だって変わるからな。
これぞ、中小規模の犯罪数の統計マジック。

一時期の「窃盗(万引き)」「傷害」の数値上昇や
1997年の強盗の厳罰化による数値上昇もそうだったけど

最近の
「強制猥褻・痴漢・淫行(みだらな行為)・セクハラ」
一部はそれに絡んだ「児童買春(斡旋も)児童ポルノ」
などの性犯罪の検挙数値上昇だって同じことが言える。


307 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 20:50:02 0
>>303

308 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 20:50:44 0
http://www.geocities.jp/sfss_m/
生殖能力ない人間は消えるべき、障害者は生きている価値がないなど
数々の問題発言を繰り広げるファンタジスタ「M」のサイトです。
自称心理学通と言っていますが、人間性を疑うような発言ばかりです。
皆様の手でこの子を救ってください。詳しくは当サイトの掲示板にて熟知すべし。

309 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 20:56:52 0
>>3
大人による凶悪犯罪は平成初めに底を打った後、増加する傾向にあると言える。

少年による凶悪犯罪は平成初めに底を打った後、平成10〜13年頃まで
増加し続けたが
それ以降は減少に転じた。


310 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:05:03 0
>>61>>62
一連のエアガン襲撃事件の報道も
誘拐&拉致やバタフライナイフと全く同じ流れになってますね。
マスコミが扇情的な映像とBGMをバンバン流し、
視聴者の劣情に訴える過剰報道が結果的に
踊らされたDQNの導火線に火をつけ、
各地に模倣犯を出没させるという。

少年犯罪とは関係ない事件も多いが「オレオレ詐欺」も
一番、最初の報道のとき「絶対、マネする奴が出てくる」と、思ったもん。
そして、新しい手段が出てくる度に報道してるもんね。

視聴者に「警戒」を示す、ということもあるのだろうが、
それと同時に、「マネ」したり「参考」にしたりする奴がいるのもまず間違いない。

殺人事件ですら、全く報道されないものもあるのに、
「オレオレ詐欺」をどうしてここまで盛んに報道するのか?
「オレオレ詐欺」が広まったのは、マスコミの煽り報道にあると。俺は確信している。
逆に言ったら、この手の犯罪は報道しなければ、絶対件数は必ず減る。


311 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:06:24 0
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/3376/shounenhou/1.html
http://www-soc.kwansei.ac.jp/abe/kisosha/kisosha2002a/practice1/2002practice03.htm
「厳罰化して、少年犯罪が減らせるか?」ということを盛り込むことは必須で
「厳罰化して、解消できるのは世間の いらつき だけ」というレスもあった。

しかし、厳罰化に対する世間の認識はあてにならないからね。
そもそも、少年犯罪に関する世間の認識と実情は大きくズレているから、
そこら辺も参考にすると良いと思う


312 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:09:20 0
>>310
まあ、昔と比べ夕方の民放各局のニュース番組は本当に下品になったからな
事実、あの時間帯の視聴率争いは本当に醜いらしいよ


313 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:11:20 0
マスコミは煽るのが商売の下品な連中だからな。
記事がうれりゃいいんだよ。
昔みたいに近所同士が「なあなあ。」
とした付き合いが出来なくなったのも
都市化などの変化以上にマスコミのせいだろ。
犯罪を報道しすぎんだよ。
そのせいでみんなが他人を怯える。
犯罪の記事や報道がどんだけ人間関係に線を引いてるかわかってんのかね?
ある程度の警戒心は確かに必要だけど、糞マスコミの報道はそれを超越したところで報道してる。
世の中であれだけ胸糞の悪い連中はいない。
ただ、一つだけいうと見た物、聞いたものをそのまま信じ込んじゃう人が多すぎるのが
現在のメディアをのさばらせてる大きな要因だよ。
「いろんな側面から物をみて語る」、ってのが「常識」、というか「当たり前」、みたいに
学校の先生や親、社会が言ってたハズなのに現状を見てると
どうも本人達が理解してない。
中身のない言葉だ。
教え自体の意味は大きいが、ただ「常識」だから伝える、みたいな。
くだらない。ほんと、くだらないよ。


314 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:18:58 0
>>304
大人が放置自転車泥棒をしたら、どうして>>303の意見がおかしいことになるの?

315 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:20:22 0
現在日本国内には反日的な言動を繰り返す
メディア・団体・資本が存在する。

日本の子供たちは彼らにとって格好のカモだ。

殺人、売春・・犯罪に関する特殊な知識は
どこから得ているのか。

http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=fromyou&vi=1130843446

316 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 21:23:49 0
>>312
最近の傾向。

事件発生

過剰報道

模倣犯出現だけでなく

その原因をネット環境に求め有害性を指摘する。


317 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 22:14:19 0
>>314
微罪の取り締まりが厳格化しために検挙数が増加した原因とするなら
それは少年に対しても成人に対しても条件は同じってことだよ。

318 :少年法により名無し:2005/11/04(金) 22:27:36 0
おいおいおまいら >>298の表は、
昭和45年以降は、少年の交通関係業過をのぞいた数字だぞ。
交通関係業過は検挙率100%だから、
それもいれたら・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

319 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 06:48:56 O
ニュースが一番 人間の精神を攻撃的にするのを知らないのか?
早い話 リアルで日本中・いや世界中の悪事を集約して見せてるから
子供に見せたく無い番組はニュースだね
模倣犯も必ずいるし。
リアルこそ言い逃れ・現実と空想の割り切りができない。

320 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 06:50:37 0
《 「スラムダンク」はNBAの写真をトレースしたパクリ漫画  》
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1130740953/

【 まとめサイト 】
http://www.yuko2ch.net/inoue/

【 検証画像 】
http://www.yuko2ch.net/inoue/gazou.htm

その他の盗作情報についてはこちらです
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=fromyou&vi=1130843446

《 TBS報道番組で 石原都知事の日韓併合発言を捏造報道 》
http://yucarimint.hp.infoseek.co.jp/ishihara/

[ 捏造 ]
http://yucarimint.hp.infoseek.co.jp/ishihara/20031102tbs-sm1.avi
http://yucarimint.hp.infoseek.co.jp/ishihara/20031102tbs-sm2.avi

[ 謝罪 ]
http://yucarimint.hp.infoseek.co.jp/ishihara/20031109tbs_syazai.avi


321 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 07:53:59 0
>>317
いや、成人の取り締まりが増えてたらどんな影響があるっていうの?

それに、昨今の社会的偏見を見るに、少年が重点的に取り締まりを受けることは
充分に考えられると思うが。

>>305
その理屈でいけば、左翼にとっては少年犯罪の凶悪化を煽り立て、
警察の力を少年に向けさせるのが得策ということになるのでは。

ちなみに、俺が知る限りでだけど大手マスコミが少年凶悪化言説を
大きく批判した例は朝日新聞なんだよね。
2003年4/4 4/5の夕刊の記事で「日本の若者は殺さない」と題して、
若者の殺人が激減していること、日本の若者の殺人率が
世界的に見て低い水準にあること、比率で見ても若者の
殺人率よりも中年の殺人率の方が高いことなどが紹介されている。
まあそこから「戦争をしていない結果だ」という結論になる
朝日クオリティも感じるけど(まあこれについては納得できる部分も大きいけどね)。

322 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 07:54:42 0
>>319
俺もそう思う。ゲームや漫画などの影響受けて犯罪犯すバカはごく少数だが、
ニュースに影響されて犯罪犯すバカはかなりの数がいる。

323 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 10:57:37 0
>>312
夕方といえば昔は夕やけニャンニャンが入ってたなw。
それと夕方は昔はドラマの再放送がメインでニュースは各局6時からだった。
今、夕方のニュースも4時55分からと長くなり最近のTV局は何かやたらニュース、情報番組、特にゴールデンに時事をテーマに芸能人があーだこーだありきたりのコメントをするバラエティ番組が多くなった気が・・・
最近のTV局は企画力が無いのか知らんが、ゴールデンタイムに時事をテーマにしたバラエティは見たくないし、そんな番組に芸能人を起用するのはよくないと思う。
こうやって時事をショーの様に扱うこと自体過剰に不安を煽り何より模倣犯の刺激を駆り立て余計に犯罪を増やすのではとはっきりいって恐ろしくなる。
最近こそ少年事件の報道に関してコメンテーターの発言や深追いを控えたりしてるようだが、しかし一向に報道のショー化をやめようとはしない。
本当にマスコミは世の幸福を願っているのだろうか?

324 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 11:57:50 0
>>321
放置自転車泥棒の少年率が、他の横領に比べて著しく高いという根拠はないだろ。
そもそも警察が検挙するまで放置自転車泥棒の犯人が成人か少年かはわかないから、
警察が少年に限って放置自転車泥棒を重点的に捜査することは不可能だ。
よって微罪横領の取り締まりが厳格化したから少年の検挙人員や人口比が拡大した
という主張は意味をなさない。


325 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 12:08:45 0
>>321
ちがうな。左翼は少年事件の実数が増えることは以前として歓迎なんだよ。
しかし、「増えていない」とする人権派サイドに立った世論操作をすることで、
捜査妨害と体制批判が同時に実行できるわけだ。実にアカヒらしいね。

326 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 13:47:21 O
馬鹿になる・馬鹿の象徴と扱われるバラエティ番組より、
見なきゃ常識人・教養人として扱われないニュースのほうが、落し穴が多い
バラエティタレントよりニュース・ワイドショーに出演する教養タレント・有名人のほうが、危険
            世間の常識人・教養人の番組という先入観が、ニュースやワイドショーを暴走させてる

327 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:07:03 0
フジでは外人コメンテーターだけど
「デ○ープ・スぺクター」が代表的だな。

328 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:09:19 0
報道特集などでは「正義の味方」と称して問題にするけど、
過去に
毒グモやヘビや珍ペット扱ったり、格闘などの演技をさせて
面白おかしく放送してたのどこの局だよ!!


329 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:09:55 0
>>298のグラフを見れば
少年犯罪が増加してるのは、
揺るぎない事実

330 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:14:48 0
>>305>>306
昭和30年代〜40年代前半は特に、
全共闘や学生運動などの暴動も含め
凶悪犯罪(殺人・強姦・放火)が多くてそっちの摘発の方が忙しかった。
だから、軽犯罪を摘発する余地が無かったから全体数が少なく見えるだけ。

331 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:18:26 0
>>330
全共闘や学生運動にも少年は含まれていますが何か?
軽犯罪は成人も犯しますが何か?

332 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:27:14 0
>>331

>>330
未成年(少年犯罪)に限っても、って言うことだろうが。

333 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:29:59 0
>>332
言ってる意味がわけわからん

334 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 14:40:47 0
>>298で結論は出たな
少年犯罪は、やはり増加している

335 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 15:28:38 0
>>324
>放置自転車泥棒の少年率が、他の横領に比べて著しく高いという根拠はないだろ。
他の横領って業務上横領とか?バイト先のレジから金をくすねるとかやり方はあるらしいけど、
少年は普通の横領ができるような要職についていることは少ないだろう。

>そもそも警察が検挙するまで放置自転車泥棒の犯人が成人か少年かはわかないから、
>警察が少年に限って放置自転車泥棒を重点的に捜査することは不可能だ。
20歳以上を一人でも入れてはいけないなんていう数学的な厳密さを目指したら
そうなるのだろうが、捜査の対象を「限定する」のではなく「偏らせる」ことはできるだろう。
だいたい、成人の検挙数が増えても少年犯罪の検挙数や人口比に直接の影響はないだろ。
一体何が言いたいのかわからないんだが。成人と少年の比を問題にしてはいないのだから、
「増える対象が少年に限定できないからおかしい」ということにはそもそもならないだろう。
少年も増えて、成人も増えた。それで何がいけない?成人が本当に増えているかはわからないが。

336 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 16:11:40 0
ttp://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
結論

337 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 16:14:37 0
10〜19歳少年の「殺人」犯、発生率

1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004


0.53 0.49 0.41 0.43 0.62 0.38 0.42 0.47 0.44 0.47 0.50 0.62 0.49 0.79 0.77 0.74 0.79 0.62 0.73 0.48

少年による殺人
http://kangaeru.s59.xrea.com/SatujinGraph.gif


殺人検挙人員(日本国内、成人・少年全て)

S30 3,066
S35 2,844 
S40 2,379
S50 2,024
S60 1,780
H01 1,308
H10 1,388
H15 1,452


338 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 17:42:39 0
よくわからんが、少年犯罪の件数は増えたが、凶悪犯罪は激減したってことかな?

339 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 17:47:14 0
>>338
「検挙」件数ね。これ大事。

340 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 18:23:42 0
まとめると、

・ごく一部の特異な事件(ちなみに同じような事件は過去にもあった)と、
それに対する過剰で扇情的な報道によって、
少年がアブナイという意識が社会に広まった。

・それを受けて、警察は少年に対しての取り締まりを強化した。

・しかし現実には少年犯罪は増えていなかった。

・結果として起こったことは、今まで見逃されてきた微罪を取り締まることによって
検挙数を水増しし、今まで軽い罪名で取り締まっていた威力を伴う盗み全般を
強盗として検挙することによって凶悪犯罪検挙数を水増しすることだった。

・しかし殺人や強姦を水増しすることはできないので、
昭和の圧倒的な凶悪犯罪検挙数には遠く及ばない。

341 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 18:41:47 0
>>335
少年の横領が占有離脱物横領、それも放置自転車泥棒に限定されている根拠であるのか?
そもそも占有離脱物横領が、他の横領に比して少年がやりやすそうだという「想像」が
正しいと仮定して、占有離脱物横領が他の横領より悪質でないという前提が理解できん。
単に技術がいらないから手軽にできるというだけで、技術さえあれば自動車盗でもやる。
被害額が少ない微罪だからといって少年犯罪の総数から排除する理由はないね。

少年が重点的に取り締まりを受けることはありえないというのは>>321に対する反論だろ。

342 :少年法により名無し:2005/11/05(土) 19:07:36 0

まとめると、
アメリカとの戦争に敗北して軍事占領されるという
日本の歴史でも特殊中の特殊である時期に、急激に治安が悪化した。
極左勢力の台頭もこれを後押しした。
もちろん少年犯罪も増加した。
これを国民と警察の長年にわたる、たゆみない努力で沈静化して治安は回復してきた。
この過程で少年犯罪も減少してきた。
しかし、近年そのかけがえのない成果が崩れ去って、治安が悪化し、
再び少年犯罪が増加に転じているということ。


343 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 01:40:41 0
本当バカが多いね

鮎川潤「少年犯罪:」でも読んで出直してきな。
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid41.html

344 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 10:22:49 0
>>341
>少年の横領が占有離脱物横領、それも放置自転車泥棒に限定されている根拠であるのか?
ttp://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html
>白書によるその他の統計   参照
平成9年犯罪白書(p.118)によれば、
>ここでいう横領とは、「ほぼ100%遺失物等横領であり、
>その大半は放置自転車の乗り逃げ」だそうです。

>占有離脱物横領が他の横領より悪質でないという前提が理解できん。
放置自転車ということは、すでに持ち主が管理する意思を放棄したということだろ
(もっとも、本当にすべてそうなのかは疑問が残るが。大元では盗まれたのかもしれないし。
だとしても、一度盗まれ放置された自転車を横領をする少年であっても、
はっきりと管理されていてよりハードルの高い自転車を窃盗までするのかどうかはわからない)。
それを盗んだとしても、悪質性はかなり低いと思っていいのではないか。

>単に技術がいらないから手軽にできるというだけで、技術さえあれば自動車盗でもやる。
それは想像が飛躍しすぎ。放置自動車なんてめったにあるものじゃないし。

>被害額が少ない微罪だからといって少年犯罪の総数から排除する理由はないね。
注意して考えたほうがいい主な理由は、被害額が少ないからではなく、
「昔は無視されていて、最近になって取り締まられるようになった可能性が高いから、
昔と今の比較をする場合には注意しなければならない」ってことだよ。

>少年が重点的に取り締まりを受けることはありえないというのは>>321に対する反論だろ。
>>321の文言が、そもそも>>304>>317に対してのものなんだが。

345 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 11:20:35 0
>>344
おまえ、基本的に放置自転車が何かわかってないだろ?
放置自転車は所有権もあるし使用されている。
千葉市の定義を例にとるとこうだ。よく読んどけ。

>「放置自転車」とは、千葉市自転車等の放置防止に関する条例第2条第7号に利用者等
>(自転車の利用者及び所有者)が、自転車を離れて直ちに移動することができない
>状態にあることをいいます。放置自転車というと、駅前広場や道路に朝から夕方ま
>で置かれている通勤・通学用の自転車だけと思われますが、買物などで店舗の前に
>置いた自転車も放置自転車といいます。つまり、放置自転車は自転車の利用目的や
>その時間で決められるものではありません。

少年は犯罪技術が拙劣だから放置自転車くらいしかターゲットにできないだけで、
技術さえあればバイクでも自動車でも盗むということだ。もしイモビなどの盗難防止
技術がなければ少年の自動車窃盗は激増する。その分少年の横領は減るかもしれないがな。

「昔は無視されていて、最近になって取り締まられるようになった可能性が高いから、
昔と今の比較をする場合には注意しなければならない」という理屈を言うなら、
昭和45年以降、触法少年の交通関係業過が除外されていることも考慮しろよ。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2004/images/hk1-08.gif

保険料率が年少者ほど高いことを考慮すれば、珍走団の加害率が高いことは明白。

346 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 16:07:02 0
>>345
放置自転車については確かに勘違いがあったね。
でもそれって普遍的な定義なのかな。
それに所有権を放棄していないことが明確な放置自転車は、
割合的にどれぐらいのものなのかな。

>保険料率が年少者ほど高いことを考慮すれば、珍走団の加害率が高いことは明白。
単に運転に慣れてない分事故を起こしやすいからだと思うが。
それに暴走族は減少傾向にあるよ。
ttp://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20050128ve01.htm

>少年は犯罪技術が拙劣だから…
いや、横領が無視できる犯罪ではないのが本当だとしても、
それが本当に増えているかは疑わしいんだって。
それに自転車なら隠しようもあるし何もせずにそのまま使えるし、
その辺に放置していくこともできるので盗む妥当性があるが、
自動車なんて置き場所やらメンテやら処分やらがやっかいな代物なので、
ヘタに盗んでも仕方がないだろ。パーツを売ろうにも足がつく
可能性が高いし、足がつかないようなルートの確保は少年には厳しいだろうし。

347 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 16:07:46 O
鮎川氏 いんちき心理学ねぇ
心理学者なんて言ったモノ勝ちなんだよ
明確性の無い概念にもっともらしい根拠をつけて、信用させるのが、心理学者
ある人は言った 霊が居ると断定できる根拠は無い
霊が居ないと断定できない根拠も無い。
故に霊を利用して人を騙す事も可能
心理学や精神も同じ
人は自分以外の心理なんて分からないんだよ
安易に少年犯罪にコメントしてくる心理学者や精神科医を信用し過ぎるな
医師の世界では精神科医は医者扱いされてない
偉い精神の医者がコメントしてたから、正しいと思うのは危険
医者や一流大学心理学者のブランドに騙されないほうがいいよ。
「東大卒の霊能者が正しい」と言うのと同じくらいナンセンスだから

348 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 16:08:13 0
ちなみに、警察庁のホームページに資料があるが(少年非行等の概要)、
それによると自動車盗、オートバイ盗ともに検挙人数は順調に減ってるよ。
1995〜2004のデータがあるが、
自動車盗 1995 5806   2004 3822
オートバイ盗 1995 20294   2004 9203
自動車盗に関しては、少年の占める割合も明確に減少している。
1995 47.4   2004 31.8
防犯技術も進歩してるけど、悪質な犯罪者ならばそれを破る
技術も身につけていっているはずだよね。

交通関係業過についても考えてはいるのだが、
データが見つからなくて進まないんだよ。
その統計を見ても、明確な変化はないし、
昭和45年(1970年)といえばちょうど「横領」が増え始めたぐらいなので
ややこしいんだよね。ちなみに、昔は今ほど少年の免許取得率が
高くなかったそうなので、差の考慮はそんなに必要ないのかもしれないよ。
ttp://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/toukou6.18.html

349 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 16:13:02 O
心理学と霊に共通するのは、推測の領域までなんだよ。
この二つを推測では無く断定してしまえば、いんちきと考えたほうがいい
            少年犯罪のコメントに対して断定口調で喋る心理学者がいたら 眉毛に唾つけたほうがいいよ

350 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 16:24:19 0
>>347
いや、鮎川氏ってそもそも心理学者なのか?
経歴を見ると文学部系統のようではあるが。
今は関西学院大学法学部にいるようだが、
担当領域の中には心理の文字は一切ないぞ。

レッテル貼りはいいけど内容に対しての批判がひとつもないよ。
あれは様々なデータを集めた上での本だったが。

>>349
それに断定調でもなかったし。「増加、凶悪化していると判断する理由はないが、
統計データなんていい加減なものなのでそれを元にして減少していると
断定する立場にも賛成できない」という感じだったぞ。

351 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 17:30:07 0
>>346
お前も往生際の悪いやつだな。自転車盗がちょいのり目的だった時代は終わったんだよ。
スポーツ車やMTBなどの高級自転車車がいくらするか知らんのか? パーツにばらして
ヤフオクに出せばいい値がつくんだよ。新聞くらい読め。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/yw/yw05100201.htm

原付や電動アシストはもともと単価が高い。お前のかあちゃんが、お前の晩飯作るために
パートに行ってスーパーで買い物してくるママチャリだとしても1万や2万はするだろう。
ママチャリは生活必需品だ。電動アシストなんかは高齢者など交通弱者利用率が高いので、
さらに悪質だ。横領か窃盗かの分類は、ブツが占有下にあるかないかの違いでしかない。

交通関係業過については、免許人口の少ない昭和44年以前に計上されて、免許人口が
増加している昭和45年以降には計上されていないんだろう?だったら、昭和45年以降
の少年交通関係業過数は増えてるに決まってるだろうが。アホか?

自動車盗が減ってるのは防犯装置の発達で、パーツ盗に主流が移行しているからだろう。
軽自動車を一台盗むより、HDDナビや高級オーディオを盗んだ方が効率がいい。
外国人グループとの棲み分けもあるしな。

珍走団の悪質化・凶暴化については↓これを読め。つーかお前は新聞をちゃんと読め。
http://www.kantei.go.jp/jp/q&a/2001/12/21.html


352 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 21:28:40 0
少年の珍走団は昭和30年代の
凶悪犯罪多発時代が終わった頃から顕在化・増加し
昭和50年代には大人数の規模でピークを向かえた。
その後、平成初期にかけて沈静化・減少した。

しかし、平成12年頃にかけては再び
少人数の規模(狂暴なチーマー)ながら増加していたが、
最近は沈静化して来ている。

353 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 21:48:41 0
>>352
減少には短期の変動を基準にして
増加には長期の変動を基準にするところが
ダブルスタンダードはブサヨらしいw


354 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 21:52:01 0

結論は出たな

「少年の犯罪率は、やはり増加している」



355 :少年法により名無し:2005/11/06(日) 23:22:51 0
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Jisatu.htm
自殺率と自殺総数

http://kangaeru.s59.xrea.com/G-sonzokusatu.htm
親殺し統計

http://kangaeru.s59.xrea.com/manbiki.htm
万引き

356 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 13:24:51 0
未成年の殺人/強姦犯検挙人数と少年人口(10〜19歳)10万人当りの「比率」

@朝鮮戦争特需はじまるも貧乏のどん底 1950年
2.14/8.91 検挙率:96.2%(殺人) 96.6%(強姦)

Aもはや戦後ではない高度成長期はじまる 1960年
2.15/21.68  96.8% 94.9%

B高度成長期絶好調 1970年
1.17/13.07  97.0% 92.0%

Cオイルショックの痛手から回復中 1980年
0.28/5.71  97.2% 89.0%

Dバブル絶好調 1990年
0.38/1.88  96.7% 82.3%

E不景気? 2004年
0.48/1.26  95.0% 68.1%

357 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 13:27:37 0
「人を死に至らしめる犯罪」未成年検挙者数

「人を死に至らしめる犯罪」とは、殺人・強盗致死・傷害致死 の合計

H11 207
H12 201
H13 189
H14 153
H15 168
H16 096

358 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 13:40:33 0
未成年の殺人/強姦犯検挙人数と少年人口(10〜19歳)10万人当りの「比率」

1989 平01年 0.62 2.36
1990 平02年 0.38 1.88
1991 平03年 0.42 1.77
1992 平04年 0.47 1.80
1993 平05年 0.44 1.61
1994 平06年 0.47 1.94
1995 平07年 0.50 1.67
1996 平08年 0.62 1.46
1997 平09年 0.49 2.69
1998 平10年 0.79 3.11
1999 平11年 0.77 3.04
2000 平12年 0.74 2.20
2001 平13年 0.79 1.89
2002 平14年 0.62 1.82
2003 平15年 0.73 1.95

2004 平16年 0.48 1.26

359 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 14:00:47 0
少年の「暴走行為」補導人数

H06 4万2百
H07 4万5百
H08 4万3千
H09 4万4千9百
H10 4万3千5百
H11 4万1千9百
H12 3万2千4百
H13 3万2千2百
H14 3万2百
H15 2万9千4百

360 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 14:14:51 0
2004年の少年殺人率(10万当り)0.48

「少年の凶悪犯罪・問題行動はなぜ起きるのか」 玉井正明 著
今や他人事ではなくなった少年犯罪・問題行動の前兆を見抜き〜
1933年生まれ。香川短期大学教授・就職進学部長。
→この人が18歳の時、少年殺人率(10万当り)2.55

「自己中心が子どもを壊す」 町沢静雄 著
青少年が壊れている。学校が壊れている。学校のせい?家庭?社会?〜
1945年生まれ。立教大学教授。医学博士。
→この人が18歳の時、少年殺人率(10万当り)1.93

「少年凶悪犯罪深刻さ認識を」 前田雅英 著
1949年生まれ。東京都立大享受。東京都青少年問題協議会委員。
→この人が18歳の時、少年殺人率(10万当り)1.77

「壊れる子どもの事件簿」「キレる理由」 宮川俊彦 著
1954年生まれ 作家・教育評論家。
→この人が18歳の時、少年殺人率(10万当り)0.91

361 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:15:25 0

日本の警察の犯罪検挙率は、平成に入ってから、それまで60%を維持していたものが
30%台にまで急落してしまったのです。これだと、実際の犯罪発生率が3〜4割増に
なっても、検挙率も同じくらい下がってしまうわけですから、表面的には検挙数があまり
変わっていないというトリックが生まれるわけです。実際の犯罪発生率を調べるためには、
平成に入る前までの検挙率が維持された場合を想定したグラフを作成する必要があるので
すが、その計算でいくと、10万人当たり3475人もの少年が刑法を犯しているという
結果が出てきます。

 また、1998年に警察が検挙した刑法犯検挙人員は、成人が10万人当たり167.
5人なのに対し、少年のそれは何とその10倍の1691.9人にもなるのです。
 さらに、少年による殺人以外の犯罪、強盗・暴行・傷害・恐喝・脅迫などといった凶悪
犯罪の伸び率も深刻で、ここ10年で障害罪を犯した少年の検挙人員率は1.5倍、恐喝
罪のそれは2倍以上にまで増加しており、全体の少年検挙人員率は約3倍もの増加となっ
てしまっているのです。

 これでも、日本の少年犯罪は減少傾向にあると言えるのですか?


362 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:23:46 0
All of Jap, Fuck off!!!

363 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:32:02 0
●少年の強盗件数が急増している
http://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid29.html

しかし1997年6月に全国警察少年担当課会議で関口警察庁長官(当時)が
「悪質な非行には厳正に対処、補導を含む強い姿勢で挑む」と発言し
警察庁はそれを受け8月に「少年非行総合対策推進要綱」を制定し
少年犯罪の取調べを強化しました。

その結果、今まで窃盗及び傷害として検挙されていた少年たちが強盗致傷として
検挙されるようになったのです。

元家裁調査官・寺尾史子氏はCDを万引きした少女が逃げる時に店員を突き飛ばした
というだけで強盗致傷として検挙するようになったということを指摘しています。

この取り締まり強化が行われたのが1997年で、強盗件数の数字が増加しているのが
1997年なのですから、そこに関連があるのは明らかでしょう。

364 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:40:46 0
>>361
>『ここ10年』で『障害罪』を犯した少年の『検挙人員率』は『1.5倍』
>『恐喝罪』のそれは『2倍以上』にまで増加しており

未成年の 傷害/恐喝 検挙人数と少年人口(10〜19歳)10万人当りの「比率」

1983 昭58年 61.62/45.94
1993 平05年 50.51/32.24
2003 平15年 67.22/34.11

365 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:43:34 0
>>363
乱暴な論理やな。強盗件数が増加しているから取り締まりを強化したんやろ?
そら関連があるのは明らかやん。

366 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:48:12 0

>元家裁調査官・寺尾史子氏はCDを万引きした少女が逃げる時に店員を突き飛ばした
>というだけで強盗致傷として検挙するようになったということを指摘しています。

  _n
 ( l    _、_
  \ \ ( <_,` )
   ヽ___ ̄ ̄  )   警察グッジョブ!!
     /    /

367 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:50:11 0
要はこれまでが甘過ぎたんや

368 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:57:31 0
未成年の強盗検挙人数と少年人口(10〜19歳)10万人当りの「比率」

1961 昭36年 11.94
1966 昭41年 09.42
1971 昭46年 05.28
1976 昭51年 03.85
1981 昭56年 04.41
1986 昭61年 03.65
1991 平03年 03.81
1996 平08年 06.95
1997 平09年 11.20
2004 平16年 10.15

369 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 19:59:38 0
http://peaceact.jca.apc.org/paml/2800/2870.html

私は「佐世保(NEVADA)事件」に、既存マスコミの「報道洪水」内容とは全く違う感触を持っています。

〔「凶悪犯罪」は「いつ」クローズアップされるか〕

1.「凶悪犯罪」は、
「なぜか」国会で有事法制などの重要議題が審議されているときに「クローズアップ」され、報道洪水が起き、
「なぜか」その重要法案のマスコミでの扱いが軽くなります。
また「凶悪犯罪」は、「なぜか」警察不祥事などのキャンペーンが行なわれている最中に「クローズアップ」
されがちです。

2.「凶悪犯罪」は、
「なぜか」全然全国報道されないことも、しばしばあります。
たとえば九州では「久間三千年」という凶悪犯による少女連続殺人がかつてありましたが、
これは全国では全く報道されませんでした。

5.防衛庁には警察官僚が多く出向し、警察には防衛庁官僚が出向しています。
戦争体制になると、防衛庁予算も増えますが、警察予算も増えます。

資料
1989年 宮崎勤事件 消費税導入、リクルート事件
1997年 酒鬼薔薇事件(6月28日少年Aタイーホ) 消費税5%にUp、新ガイドライン日米協議(6月中間報告) 
2004年 小林薫事件 自衛隊イラク派遣の期限を延長する閣議決定(12月9日)

・ガイドライン=日米防衛協力のための指針

・「久間三千年」事件
1992年2月20日朝、久間被告は福岡県飯塚市の小学1年女児2人(ともに7歳)の登校中に
自分のワゴン車へ誘い込み、市周辺で首を絞めて殺害、同日11時ごろ、福岡県甘木市野鳥の雑木林に
遺体を捨てた。福岡県警は1994年9月、DNA鑑定の結果、遺体周辺の血痕と
久間被告(当時52歳)のDNAの型が 一致したなどとして、久間被告を死体遺棄容疑で逮捕した。

370 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 20:10:21 0
>>369
ブサヨめ。ついに正体を現したなw
http://peaceact.jca.apc.org/

http://www.peace-forum.com/

371 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 20:15:30 0
831 本当にあった怖い名無し 2005/09/28(水) 14:10:51 ID:ACmuCpGB0
自分は在曰(帰化申請中です…)ですが、
みなさんの言うホロン部(笑)というようなものの活動は確かにあります。
その中で教官から渡されるものに色んなネットでの工作活動の
マニュアルがあるのですが、少しだけ御紹介すると
分断演習というマニュアルには日本人同士の様々な対立を煽るというもので
2chの一部における野球ファンとサッカーファンの露骨な対立関係も
我々が色々と装った成果ですし、イチローファンや松井ファンの
対立も我々が煽ってます。マニュアルには
「一つのIDでどちらかのファンを装い片方を徹底的に叩き
国籍や祖国に関する指摘・煽りは徹底無視」と言うような感じで
なるべくばれないようこのマニュアルに従い努力しております

372 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 20:19:09 0
http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/
刃物持った16歳少年、共産党本部に侵入(2005年9月24日20時14分 読売新聞)

ということで、右翼少年の事件をまとめてみました。
左翼少年の事件もあわせて載せようと思ったのですが、数が多いので断念しました。


並べてみるとウヨサヨはまったくおんなじ人種であることがよくわかるのですが残念。

373 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 20:46:55 0
>>351
そういう高級自転車が横領の主流だという根拠はあるの?

いや、だからいくら横領の悪質さを強調したところで、
肝心の「現実に発生する少年の横領が増えている」ことを
証明してくれないと話にならないんだって。

>交通関係業過については、免許人口の少ない昭和44年以前に計上されて、免許人口が
>増加している昭和45年以降には計上されていないんだろう?だったら、昭和45年以降
>の少年交通関係業過数は増えてるに決まってるだろうが。アホか?
自分でも書いてるでしょ。交通関係業過が増えてるとしても、
それは未成年への自動車の普及によって母数が増えているせいであると。
母数が大きく違うのだから、現代の少年にもプラスするよりは
過去の少年からマイナスした方が合理的でしょ。

車上狙いは減少傾向、部品狙いは横ばいだよ。

ついでに訂正。>>348で挙げた数字は成人も含めた全体であって
少年限定ではない。おおまかな傾向としては変わらないけどね。

いや、首相官邸とはいったって、取り締まりの強化によって
検挙人員が増えたこと以外は何の根拠も挙げられてない印象論だし。

新聞は読んでるよ。3割ぐらいに納得し、5割ぐらいに文句をつけながら。
>>149に挙げられている例に代表されるように、マスコミの姿勢はひどく偏っている。
少年の凶悪化という結論をまず用意し、それにあうようにデータを集め
(条件の違いや部分の限定によって悪化しているデータを作り出す。もちろん注釈はなし)、
根拠もなく憂いてみせる。
あまり無垢に信じているととんでもない偏見を持ってしまうよ。

374 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 20:48:14 0
>>353
>>352が本当だとするならば、長期的に見ても昭和のピークから見て
むしろ短期的により大きく減少していることになるだろう。

>>361
ttp://colum.jugem.jp/?eid=2
検挙率の低下について。
殺人は今でも超高検挙率を維持しているが、これも激減してるよ。

>>365
>強盗件数が増加しているから
だからその根拠は何よ。

>>370
権力者が世論を誘導するためにパフォーマンスをすることなんて、
サヨクでなくたってみんな知ってるよ。

375 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 20:48:37 0
http://colum.jugem.jp/?eid=2
「検挙率が下がっているから本当は犯罪が増えている」という神話

殺人の検挙率は、ここ何十年を見ても90%前後で推移しており
ほとんど変わっていませんが
窃盗や猥褻罪の検挙率は恐ろしく下がっています。

実は、検挙率が落ちているのは犯罪の増加などにまったく関係なく
警察の方針が変更されたためです。

昭和61年(1986年)に警察は、今までの「検挙率維持」という方針から
「より凶悪な事件へ力を入れる」ことに転換し
実際にその時期から検挙率が激減しています。

また、警察の方針も近年さらに変化しています。
平成11年に桶川ストーカー殺人事件や「栃木リンチ殺人事件」が発生し
「警察が被害者の申し出ににきちんと対応していれば、被害者はでなかったのではないか」
こととされました。

それを受け、警察は以前よりも被害者の申し出を受理するようになりましたが
人手が足りないので、実際の捜査にはまわることは出来ません。
殺人と窃盗ならば、殺人を優先するのは当然です。

これが殺人の検挙率が変わらないのに、窃盗の検挙率が激減する理由です。

376 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 22:01:09 0
ブサヨがあわてていますねwwwwww

377 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 22:05:25 0

http://peaceact.jca.apc.org/

反戦・平和アクション

■8.15靖国弾圧を許さない!!
8月26日、被弾圧者4人全員解放(釈放)されました! ご支援ありがとうございました!
リンク→8月15日事件救援会(ANTIFA 815)
カンパ振込先
みずほ銀行 中野北口支店(243)普 1025488 ヤマグチモトアキ
連絡先:東京都港区新橋2-8-16石田ビル 救援連絡センター気付
 TEL090-2901-9202
no2yasukuni@sanpal.co.jp

■杉並ほか「つくる会」教科書採択弾劾!
杉並区の戦いは続く・・・8月12日「つくる会」教科書を採択!(大木晴子さんのレポート)


378 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 22:12:31 0
まあこんなことだろうと思っていたが
http://peaceact.jca.apc.org/modules/wfsection2/article.php?articleid=2

379 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 22:16:24 0
Yahooのアンケートの倉木麻衣タンのシングルを大差で1位にしようぜ
(投票後一度出て→ツール→インターネットオプション→Cookieの削除→再度ページに入る
 すると複数投下可)

http://music.yahoo.co.jp/

1モー娘。
2ゆず←邪魔
3倉木麻衣たん

クッソーくずのパクリの糞ゆずうぜぇっ。
モー娘との1,2フィニッシュ!

380 :少年法により名無し:2005/11/08(火) 22:29:05 0
ブサヨ記念パピコ

381 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 08:40:36 0
掲示板における韓国人の特徴。

特徴その1『居丈高』。

特徴その2『質問返し』。自分が知らなかったり都合の悪い質問されると
逆に質問し返して誤魔化す。

特徴その3『話題逸らしの誤魔化し』。

特徴その4『根拠のない決め付け』。
自分が討論で負けそうになると、その話題から飛躍しつづけて
最後は砂漠の砂粒を一粒残らず数えさせるような泥沼にして
討論自体を腐らせるのが狙い。

特徴その5『罵倒』 自分の主張が破綻し、誤魔化しも出来なくなると
相手を罵倒するだけになる。
特に頻繁に使用される罵倒用語が『捏造』『歪曲』『勉強不足』であるが
どこがどう捏造で歪曲で勉強不足なのかはいっさい説明しない。
一方的に決め付けて、論理的な会話はここに終結する。

特徴その6『一人で勝手に勝利宣言』、そして『逃亡』。

382 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 08:43:28 0
特徴その4『根拠のない決め付け』。

自分が討論で負けそうになると

そ の 話 題 か ら 飛 躍 し つ づ け て

最後は砂漠の砂粒を一粒残らず数えさせるような泥沼にして

討 論 自 体 を 腐 ら せ る の が 狙 い 。

383 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 14:12:29 0
http://tanautsu.duu.jp/k-inglez_b.html
>さらに、少年による殺人以外の犯罪、強盗・暴行・傷害・恐喝・脅迫など
>といった凶悪犯罪の伸び率も深刻で、ここ10年で障害罪を犯した少年の
>検挙人員率は1.5倍、恐喝罪のそれは2倍以上にまで増加しており、
>全体の少年検挙人員率は約3倍もの増加となってしまっているのです。

384 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 18:58:02 0
>>351
>珍走団の悪質化・凶暴化については↓これを読め。つーかお前は新聞をちゃんと読め。
>http://www.kantei.go.jp/jp/q&a/2001/12/21.html

↑これを読んでみた。

「最近の暴走族は、ますます凶悪化・凶暴化しているような気がします。
暴走行為をもっと厳しく取り締まれないのでしょうか。(平成13年12月21日)

最近の暴走族の状況をみると、構成員数は減少傾向にありますが、
グループが小規模化し、グループの数や集団暴走の回数は、むしろ増加しています。」

“減少傾向”“むしろ増加”表現が曖昧なんですが、実数としてはどのくらいなのだ?
それを示してくれないことには

>結論は出たな
>「少年の犯罪率は、やはり増加している」

と言われても、判断のしようがない。

385 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 19:24:27 O
>>360
その比率は、当てにならないねー
無免許で人をハネ、死んでも、殺人の率にはならないからねー

386 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 19:25:24 0
>最近の暴走族の状況をみると、構成員数は減少傾向にありますが、
>グループが小規模化し、グループの数や集団暴走の回数は、むしろ増加しています。

要するに、今まで100人で1グループだったのが10人で1グループになったら、暴走族の総構成員数自体は
変わらなくても、グループ数と暴走回数は10倍になる、って話だろ?

387 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 20:06:53 0
>>386
苦しい説明だなw本人が来るのを待ってやるか。

388 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 20:23:46 0
>>387
お前が反論する側だろが

389 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 20:25:59 0
>>388
>実数としてはどのくらいなのだ?
と聞いた。

>>384 見ろ。

390 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 20:44:11 0

              平成12年  平成11年  増減数(%)

共同危険型暴走族 構成員数   23,399   23,704   -305(-1.3)
             走行回数    7,077    6,542   +535(+8.2)

違法競走型暴走族 構成員数   4,365    4,948   -583(-11.9)
             走行回数    1,839    2,030   -191(-9.4)

 合    計      構成員数   27,764   28,652   -888(-3.1)
             走行回数    8,916    8,572   +344(+4.1)


391 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 20:47:33 0
違法競走型暴走族よりも年齢層の低い
共同危険型暴走族(珍走団)が特に増えてるな

392 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 20:52:31 0
H11〜H15年

5年分くらいのデータが無いと比較検討材料にはならないなー

393 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 21:09:32 0
( ´_ゝ`)フーン
H15年までのデータを晒すとなんか都合悪いのかねー

394 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 22:02:55 0
【 交 番 襲 撃 】  少年5人が駐在所に消火器噴霧 東京・町田
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051109k0000e040062000c.html
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1131506251/l50


金属バットでタクシー20台を襲撃     東 京 新 宿
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_08/t2005083129.html


東京人って野蛮だよな。ひでー事しやがる・・・。

395 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 22:29:05 0
>>385
ただ、それは絶対数が間違いなく少ないし
人を殺すのに、わざわざ無免許で人はねるなんてそんな煩わしいことをする
なんて自然とは思えないし



396 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 22:33:29 0
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1131452323/l50
↑こいつも殺すとか言ってる怖いっす

397 :少年法により名無し:2005/11/09(水) 22:37:47 0
>>395
385発言意図は、
>最後は砂漠の砂粒を一粒残らず数えさせるような泥沼にして
>討論自体を腐らせるのが狙い。
にある希ガス。マジレスの徒歩なしと思われます。

398 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 01:03:36 0
>>1

まあ確かに犯罪学者の間では常識だね

>>360
凶悪化とか深刻さをデッチ上げてる連中が実は超凶悪犯罪世代だというのが笑えるね

>>361
検挙率低下なんてそのまま鵜呑みにする無教養者がいることに驚愕させられる
河合幹雄「安全神話崩壊のパラドックス」でも読んで啓蒙してもらえ。

http://www2.gol.com/users/mct/

399 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 01:27:54 0
>>393
そう、都合が悪いのだw


統計6−24 暴走族の勢力と動向 

共同危険型暴走(珍走団?)
い集・走行回数/参加人数

H11年 6,542回/139,402人
H15年 4,601回/092,623人

迷惑競争型暴走行為
い集・走行回数/参加台数

H11年 2,030回/34,692台
H15年 1,638回/19,440台


統計6−25 暴走族の道路交通法違反による検挙人数の推移

H11年 96,028
H15年 73,884

(警察白書)

400 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 01:29:56 0
少年による暴走行為補導人数/少年暴走族刑法犯検挙人数

1995年 40,527人 / 2,411人(内殺人14人)
2004年 25,890人 / 1,686人(内殺人01人)

(警察庁生活安全局少年課資料)

401 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 01:46:00 0
結論は出たな
「珍走団の悪質化・凶暴化 はでたらめ」





しかし
「 昔 の 暴 走 族 は マ ナ ー を 守 っ て 暴 走 し て い た 」
と言い出す馬鹿出現の可能性はきわめて高い。かくして無限ループの可能性について。

402 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 02:17:57 0
少年の珍走団は昭和30年代の
凶悪犯罪多発時代が終わった頃から顕在化・増加し
昭和50年代には大人数の規模でピークを向かえた。
その後、平成初期にかけて沈静化・減少した。

しかし、平成11年頃にかけては再び
少人数の規模(狂暴なチーマー)ながら増加していたが、
最近は沈静化して来ている。


403 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 02:22:34 0
戦後の大人による「凶悪犯罪」は昭和30年頃ををピークに
減少を続け、平成初めに底を打った後、増加する傾向である。

戦後の少年による「凶悪犯罪」は昭和35年頃をピークに
減少を続け、平成初めに底を打った後、平成10〜13年頃まで
増加し続けたが
それ以降は再び減少傾向に転じた。


404 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 02:27:37 0
今の犯罪率がどこを基点とするかによっても変わる。

平成2年あたりの「谷底」を基点とすれば確かに現在は増えている。
逆に、平成10年〜13年頃(ミレニアム前後)を「最近の山」として、
基点とすれば、
現在は少年の凶悪犯罪は減少しつつある。

>昭和35年てあんた、45年も前と比べてどうすんの?

こんなこと言うなら、「平成2年」というバブル絶頂期、1億総ぜいたく時代と比べて
どうすんの?あんた、15年も前と比べてどうすんの?


405 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 02:34:55 0
少年刑法犯の殺人検挙人員の『人口比』(10万人当たり)

S11 1.05 226事件
S21 1.49 戦後の混乱期
S25 2.14 朝鮮特需
S35 2.15 所得倍増計画
S39 1.80 東京オリンピック
S45 1.17 大阪万博
S55 0.28 第2次オイルショック
H02 0.38 平成バブル
H07 0.50 オウム事件、ウインドウズ95発売
H12 0.74 PS2発売
H16 0.48 牛丼販売停止

大阪万博の年の少年達は
226事件の年の少年達よりも凶暴だったのである。

東京オリンピックの年の少年達は
敗戦直後の焼け野原ですきっ腹を抱えていた少年達よりも凶暴だったのである。

「世情」や「貧しさ」は殺人の言い訳にはもちろん、理由にもならない。
実際のところ。


406 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 10:41:28 0
改正道路交通法

これまでは警察官の目の前で暴走されても、被害者の証言がないと摘発できなかった。
だが今後は厳しく対応できる。

 暴走族に関する110当番は年間10万件を越す。取り締まりへの根強い要望に応え
て対策を強化。今年12月からは、警察官が暴走を確認したらその場で集団暴走行為と
して摘発でき、2年以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。現在は警察官が暴走
を確認しても、進路妨害などで被害にあった運転者の証言がないと集団暴走行為で摘発
できなかった。

 このため取り締まりは「被害者の証言確保」と「逃げる暴走族の摘発」の二元的な
対応が必要だった。証言の確保は取り締 まりの障害になり、暴走行為を見つけても
摘発できなかった理由のうち「現場に被害者がいない」が49%、「被害者の協力が
得られない」が18%と、7割を占めている。しかし今回の改正で「暴走族摘発に
一元的に集中できる」(警察庁)暴走族を
 追い込んで封鎖ネットで取り押さえるなど実力行使の徹底も検討している。

 空吹かし運転に罰金(5万円以下)を新設し、消音器不備は 罰金2万円以下から
5万円以下に強化した。「警察は本気だ」という姿勢を強調することで、暴走させな
い抑止力としても期待する。

407 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 10:50:48 0
つまり市民からの強い要望で平成12年前後から
警察の懸命の努力で珍走団を押さえ込んで
珍走行為を減少させてきたが、完全撲滅には至らなかった。

それは法律が甘すぎて取り締まりが不徹底にならざるを
えなかったからだ。しかし、今後は改正道交法の適用で
珍走団の根絶が期待されるということだ。

左翼は珍走団まで擁護するんだなw
反社会的行為なら何でも応援かw

408 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 10:57:28 0
>>398
グリーントライアングルの掲示板
なんとロシア語ですw
http://jbbs.livedoor.jp/news/410/

409 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 11:20:00 0
またもや馬鹿が問題のすり替えに必死なようです。
4日前の記憶がもう無くなくなっているのですね。

>左翼は珍走団まで擁護するんだなw
>なんとロシア語ですw
だってさ( ゚,_・・゚)バカジャネーノ

354 :少年法により名無し :2005/11/06(日) 21:52:01 0
結論は出たな
「少年の犯罪率は、やはり増加している」

410 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 11:30:38 0
道路交通法の一部を改正する法律が
平成16年6月9日
に公布され
平成16年11月1日
にその一部が施行されました。

平成16年11月1日施行 改正道路交通法の概要
携帯電話等 ・・・ 走行中、携帯電話等を使用すること自体を罰則の対象
飲酒運転 ・・・ 飲酒検知拒否に対する罰金引き上げ

暴走族 ・・・ 集団暴走行為等に対する罰則強化

411 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 11:40:35 0

交通関係業過をのぞいても、この少年刑法犯人口比の伸び

http://www.moj.go.jp/HOUSO/2004/images/hk1-08.gif


結論はでたな。

「少年犯罪は、やはり増加している」

412 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 16:56:03 0
>>411
> 交通関係業過をのぞいても、この少年刑法犯人口比の伸び
> http://www.moj.go.jp/HOUSO/2004/images/hk1-08.gif
> 結論はでたな。
> 「少年犯罪は、やはり増加している」

当たり前だろ。

反日キチガイの教師ども、ジェンダーフリーの反日カルト、フェミファシスト、
馬鹿サヨ教科書の蔓延・・・・・・・・・・・・・こんな状態で犯罪が減るわけない。



     ∧_∧
    (ill ´Д`)  ネット馬鹿サヨ オエエ
    ノ つ!;:i;l 。゜・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃


413 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 18:23:36 0
普通犯罪は減ってもらった方がありがたいのだが
どうも増えることに喜びを感じているみたいだな。
ここまでくるとそういう風にしか思えん。
これこそ反日というのではなかろうか。
それとも真性のMなのか。

414 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 18:30:15 0
>>383
ttp://www.jca.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000909n.html
内容が激しくかぶってることからして、元はここなんだろうな。
概観した程度だが、この人「強盗」が増えた理由すらわかってないよ。
その投稿者の方は「凶悪犯罪」の定義もわかってないし。

ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html#hiritu
2000年は全般的に検挙比率がやけに高いね。多くはその後また下がってるけど。
問題の暴行と障害、恐喝も急に増えてるし、特に脅迫の増え方は異常だ。
さらに、この年だけ例の「横領」がやけに少ないのも気になる。
確かな根拠はないけれど、「取り締まりの方針」に、相当に怪しいものを感じざるをえないな。
「○○は凶悪だ」という世論が起きる→○○が重点的に取り締まりを受ける→
結果、○○の犯罪の検挙が急増する→そのデータによって、○○の凶悪な印象が
さらに強められる   という相乗効果はよくある話だ。

>>385
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/kuruma.htm
無免許で人をはね殺す昔の少年。

>>412
なんにしても、殺人と強姦は実数、割合共に激減しているよ。

415 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 18:39:19 0

検挙率がこれだけ低下している中で検挙人員の人口比も増加
しているということは、少年犯罪の実数ベース人口比は
驚異的にでかいことが明らか。

http://www.moj.go.jp/HOUSO/2004/table.html#02



416 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 18:52:49 0
>>415
自分でわかりやすいデータ出しちゃったよw
「認知件数」がものすごい勢いで伸びてるでしょ?
昔の警察は数多くの事件の発生自体を無視してきたし、
住民側の警察に訴え出るハードルも高かった。
それによって「発生を公式に認知された」犯罪が少なく見積もられ、
検挙率を高く維持してきたんだよ。
しかし、犯罪の発生を認めない姿勢を糾弾され、さらに住民側の意識の変化によって、
大量の事件が警察に訴えられ、警察もそれを無視できなくなった。
だから「発生を公式に認知された」事件が急増し、検挙率が下がったんだよ。
現実の犯罪をする側よりも、取り締まる側の都合によって起こった現象だよ。

417 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 19:02:24 0
>>416
これを見ても、まだそう言えるのか?

http://www.jcps.or.jp/img/051_1502_01.gif

418 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 19:14:35 0
まぁ人間なんそんなもんやろ

419 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 19:51:46 0
>>417
それを見れば>>416という結論になるんだよ。

420 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 20:00:05 0
犯罪認知件数の延びが凄まじいね。
敗戦直後にくらべて、2倍以上も物騒な世の中になったということか
恐ろしいことです。

これだけ治安が乱れてるんだから、
日本でも護身用の銃の携帯が許可されれば良いのにね。
治安維持法も復活して欲しいな。

421 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 20:08:11 0
4―1―1―5図は,
平成14年の少年一般刑法犯検挙人員の罪名別構成比を見たものである。
最も多い罪名は窃盗(60.1%)であり,次いで横領(22.9%)であるが,
横領の内容は遺失物等横領が100%近くを占めている。
また,年齢層別で見ると,
どの年齢層においても窃盗の占める比率が最も高く,中でも,

触法少年において69.6%と最も高い。

4―1―1―5図 少年一般刑法犯検挙人員の罪名別構成比

http://hakusyo1.moj.go.jp/image/44/simage/h004001001005e.jpg

422 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 21:37:22 0
>>417
長期的に見れば犯罪の認知件数は戦後一貫して右肩上がり。
これだけ長期にわたる上昇トレンドでは警察の捜査姿勢が
どの時点でどう変わったかなどという些末な議論に意味が
ないことがわかるな。


423 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 21:41:15 0
「いんちき」心理学研究所は本当にインチキだったなw

424 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 21:48:35 0
で実際のところ今現在、日本の国は治安の危機にあるのか?
警察白書冒頭文ではかなりの煽りが入っているが。

425 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 21:58:11 0
>>424
先進国の少年刑法犯(14-17歳)について
検挙人員率を比較すると
アメリカ、イギリスが下降トレンド。
フランスが横ばい。ドイツ、日本が上昇トレンド。
ただし、ドイツは東西統一後という特殊事情が
あるから当たり前といえば当たり前だな。
日本はそういう特別な要素もなく銃器も入手しにくいのに
急増している点で危機にあると言えるだろう。

426 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 22:52:00 0
>>417
何だ、「警察白書」かよ
警察はマスコミ以上に少年犯罪を煽ってるだろ
ガキ同士の喧嘩まで「決闘罪」を適用して検挙する世の中なんだから
あんなことこそ、昔の方が多いような気がする
それにあの「決闘罪」の適用って戦前以来じゃなかったか?

「警察白書」と「犯罪白書」でデータが違うとはどういうこと?




427 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 22:57:05 0
>>426
まあもちつけ

428 :426:2005/11/10(木) 23:00:22 0
俺が、疑わしいと思うのは
愛知・岡崎の女子大生殺人事件

3年前の事件で、当時17歳の人間が逮捕されたが、
未成年逮捕、しかもマスコミでもあんなに騒がれ当時、少年犯罪が一番、盛り上がっていた時期に
今ごろ逮捕というのがあるのだろうか?
未成年じゃ、行動範囲は限られてくるのになあ。未成年犯罪で何で逮捕に3年もかかるんだ?
しかも、殺人検挙率95%という実績でありながら。

俺はこの事件に関しては、マスコミと愛知県警はグルになってるような気がする
仮に誤認逮捕だったとしても、新聞には小さい記事、それも読む人が少ないような欄に載せるだけで
済むだろうしな


429 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 23:02:59 0
このスレで個別の事案を話してもなー

430 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 23:11:26 0
まあこれでもみて、もちつけ
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301010.html

431 :426:2005/11/10(木) 23:34:12 0
>>430
データ自体がすごく不自然。
何らかの作為を感じる
少年人口比が増加の一途を辿り、成人人口比が減少の一途を辿る
昔の方が今より少年犯罪が多かったことは、テレビでさえも言ってるぐらいだし
また数自体が昔の方が多いということを知ってる人はかなりいる

その目を逸らすために「昔の方が割合が全然少ない→昔の少年の方が圧倒的に
品行方正」と主張したい意図がありありと見てとれる

少年人口比の方は若干の抑揚を変につけているところが一層うさんくさい
単純に「増加の一方」「減少の一方」では疑いを持つ人もでてくるだろうからな
抑揚をつけることによって不自然さをかき消す意図もみえみえ
いくら「増加傾向」「減少傾向」があるとはいえ1年1年細かく見れば
「三歩進んで二歩下がる」ぐらいの方がかえって自然

「一方的な増加や減少」は
出来すぎた展開のやらせバラエティー番組を見てることと同じ
そのデータの鵜呑みこそ、やらせ番組を真実と捉えるアホと同じ

432 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 23:47:50 0
>>431
だから絶対数と人口比を混同してるんだよ、おまいさんは。
反証するなら自分個人の印象で語るな。

433 :426:2005/11/10(木) 23:56:04 0
>>432
「警察」という権威を使えば何でも「真実」だと思うのか?
警察なんか至るところで権威を乱用してるだろ
気にいらない同僚を精神病に追い込むことを日常的に行っている組織の
データなんて信用性が全くない

434 :少年法により名無し:2005/11/10(木) 23:58:36 0
>>433
じゃあおまいさんは、どこのデータを参考に語っているのだ?
よほど信頼できる機関のデータを握っているんだろうな?

435 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 00:15:10 0
警察庁・法務省はデータの捏造などしないだろ。
犯罪の認知数・検挙人数が多くなっているのは事実だな。
それが治安の悪化につながっているかどうかは疑問だけど。

436 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 00:17:12 0
犯罪の認知数・検挙人数が多くなっていることを「治安の悪化」というのだ

437 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 00:24:27 0
近頃やたら五月蝿い厨房は、犯罪厳罰化と警察の民事介入傾向のことを「治安悪化」と呼んでいるようだね。

438 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 00:33:05 0
>>437
そういうデータでもあるの?

439 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 00:40:00 0
このスレにいくつか転がっている。
ブサヨブサヨ騒いでいる人も昨日その手の書き込みをしただろ?
面倒なのでレスアンカは付けない。

440 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 01:09:14 0
>>439
ほう。

441 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 10:05:16 0
検挙数の内訳を見る限り、凶悪犯がやたら低いのだが。
データを総合すると最近は検挙数自体はあがっているが、
凶悪犯の割合が低下しているのではなかろうか?

昔の青少年の方が「凶悪犯」の割合は高そうな気がするのだが
ちなみに「凶悪犯」はいつの時代でも自分の世界に酔っている奴も少なくないからね
そうなると親の教育がどうとか、あまり意味がなくなってくる

442 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 16:21:11 0
昔…住民は消極的で軽い犯罪の被害を受けても警察に届ける割合が低く、
警察も多発する凶悪犯罪の捜査にいそがしくて、軽い犯罪を仮に訴えられても
認知すらせずに無視することが少なくなかった。

今…住民は積極的になり、軽い犯罪でも警察に届けるようになった。
警察は社会的状況から届けを無視することがむずかしくなって、
軽い犯罪も認知するようになり、凶悪犯罪が激減したことから
捜査もはかどるようになって検挙数が増加した。

認知した犯罪(または検挙した犯罪)/現実に発生している犯罪
の値が、昔は今とは比べ物にならないほど低かったと考えられる。
つまり、認知も検挙もせずに放っておかれた事件が多数あるために、
統計上では軽い犯罪は少なかったかのように見える。

>>420
社会的な混乱が度を越すと、警察組織が機能しなくなるために
統計上の犯罪はかえって少なくなってしまうことがあるよ。

>>425
全体の検挙人員率の、それも増減だけを問題にするとは、
都合のいいことだけの抜き出しだな。主要外国に比べて、
日本の少年の凶悪犯罪検挙率は著しく低いというのに。

>>426
警察もまだマスコミよりはマシだと思うよ。
警察はちゃんと昭和に比べて少年凶悪犯罪が
激減しているというデータを発表しているが、
マスコミはそれを世に広める使命を帯びているはずなのに、
ずっと無視しているのだから。

443 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 16:21:57 0
>>413
「彼(単数かも性別もわからんが)」が本当に求めているのは治安などではなく、
「少年が厳罰に処せられて苦しめられる」という物語だろう。早い話が間接的に
「いじめ」をしたいわけだ。>>366なんかは典型例だね。
だから、少年が凶悪でないことが証明され、「いじめられる理由」が
なくなってしまうのをすごく嫌がっているわけだ。

>>441
異常者だって環境によって生まれることは少なくないよ。
特にサディズムに晒されるのは典型例だ。
その意味では、サディズムにかられた厳罰化が
犯罪抑止につながるかはかなり疑問があるね。

444 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 17:43:39 0
>>442
日本の少年の凶悪犯罪検挙率は著しく低いというのに。

日本の少年の凶悪犯罪での検挙者発生率は著しく低いというのに。

445 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 18:02:31 0
>>442-443
仮定と想像だけで勝手に決めつけるなや。
さんざんデータを示せ、データを示せ言うたのは
少年犯罪減少派の君の方やろ?

446 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 20:47:03 0
>>445
警察のデータも増減だけでなく
検挙数の内訳などもしっかり見てくれよ

せめて発表されているものぐらいはな
増減のデータだけでは感じ方に偏りが生じるからな

>>443
>>413
「彼(単数かも性別もわからんが)」が本当に求めているのは治安などではなく、
「少年が厳罰に処せられて苦しめられる」という物語だろう。早い話が間接的に
「いじめ」をしたいわけだ。>>366なんかは典型例だね。
だから、少年が凶悪でないことが証明され、「いじめられる理由」が
なくなってしまうのをすごく嫌がっているわけだ。

これは一見偏屈な見方のように思えるが、
実は核心をついてると思う

「犯罪を犯した奴に人権などない」「凶悪犯罪に年齢など関係ない」といい外面だけは
一丁前のこと言ってるが、内心はまるで違う
少年犯罪板には「糞ガキ」「実名を晒せ」の嵐だからね
少年事件のスレがたったと思えば、どう考えても実名晒しを「楽しんでいる」としか
思えないレスが腐るほどあるからね







447 :446:2005/11/11(金) 21:08:44 0
さらに「大人が厳しくしつけないから少年犯罪が増える」という世論が生まれ、
厳しくしつけることが美化される
そして子供を厳しくしつける親を見ようものなら
「今時珍しい立派な人だ」と評価される
しかし当事者の親子間では、理不尽なことが日常的に行われているケースが多々ある
父親は毎日仕事場でストレスの連続。そして家に帰ってもイライラする
そんな時、子供が悪さをしようものならものすごい勢いで子供をぶん殴る
このぶん殴っている時にストレス発散を便乗させることもできる
だが、やられる方は敏感でしかも子供が幼ければ幼いほど純粋だから、
「より本当の実態」を体で感じ取る

だが、表面は「今時こどもを厳しく育てる親は珍しい。いやあ立派な人だ」と
まわりから逆に評価されてしまう
しかしこんなことの連続は子供にとってはたまらない。

親にしてみれば「教育」、子供にしてみれば「虐待」この感じ方のギャップは大きい。
罪を犯した少年の親が実は厳しい人が多いとも聞く。
しかし、この「教育」と「虐待」の差が非行に走らせる一因となっているというの
だからたまらない

448 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 22:23:25 0
>>446
反証義務があるのはそっちだろ。
これまでデータデータと言ってきたんだから、
反論の根拠となる反証データを出せよ。
それができないなら何を言っても負け惜しみにしかならん。

449 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 22:28:55 O
>>395
間違いなく、多いだろ・・・・
わざわざ、ナイフ持って殺人を犯すより・・・・
しかも、殺人の定義って、原始的なものになっているだろー
現代では、非効率なので、間違いなく少なくなるのは当たり前。
ニュースでも、この手の・・・・致死というのが、異常に多い・・・
何なら、未成年犯罪の・・・致死のニュースを
ここに、アップしていったろーか?www
間違いなく、殺人より多いというのは、断定できるね。

450 :446:2005/11/11(金) 22:30:40 0
>>448
これは増減データのソースではないが、かといってないがしろに
していいソースではないので、一応貼っておく

「愛情のつもりが厳しいしつけ」
http://www2.odn.ne.jp/~oginaoki/topics.seitosidou1.html

451 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 22:34:36 0
>>450
だからスレタイぐらい読めと

452 :446:2005/11/11(金) 22:37:11 0
>>449
しかし、「致死」というのを実は「殺人」と決め付けるのは
どうかと思うが?発想が飛躍しすぎてる感じがあるし

453 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 22:48:49 0
http://zplus.exblog.jp/m2005-02-01/#2137431

> 問題は「致死」である。 致死とは殺そうとは思っていないが人に害を与えて
> 死なせたと言う罪である。 言い換えれば「故意に危害を加えたら、相手が勝手
> に死んだ」とも言えよう。 これでは殺された方はたまったものではない。
> 刑法を見ると「致死」と付く。 罪は腐るほど存在している。その中で2つの物を
> 見比べてみよう。
>
> ひとつは集団強姦致死。二人以上の男性が女性を襲って輪姦し、その結果死なせた
> 場合である。これに対する罰は無期または5年以上の懲役だ。死刑にはならない。
> もうひとつは汽車等転覆致死。人が乗っている電車を転覆させてその結果乗員乗客が
> 死んだ場合である。これに対する罰は死刑または無期懲役だ。有期刑の選択はない。
>
> 刑法という物が成立した背景や時代を考えればなるほどと思えなくもないのだが、
> 現在において考えればこれほど不条理なことはない。
> 人を死なせたと言う同じ現象に、輪姦という人権や尊厳に関わるオプションが
> 付くと殺人よりも罰が軽くなり、電車をひっくり返すというインフラに関わる
> 公共性というオプションが付くと殺人より厳しい処罰が下るわけである。
>
> そして良く話題に上る傷害致死に付いて見てみよう。
> 故意に人を傷つけて死なせた場合、3年以上の有期懲役と言う処罰が待っている。
> つまり、無期懲役にも死刑にもならないのだ。
>
> 人を傷つけ死なせた。その時に殺すつもりがなかった、つまり殺意がなかったと
> 言うことを証明できれば殺人にはならないのだ。いや、殺意があったと言うこと
> が証明できなければ殺人罪には問えないことになっている。
>
> よく加害者の人権ばかりが保護されて被害者の人権はどうなると言った議論は
> この辺りから生まれるのではないだろうか。
>
> 人を故意に傷つけ、その結果として死に至らしめた場合、殺意の有無に関わらず
> 殺人と呼んで良いのではないだろうか。

454 :446:2005/11/11(金) 22:54:24 0
>>453
すいませんが、「傷害致死」と「業務上過失致死」を一緒にしてませんか?
少年が無免許で人を引き殺したことを「故意」でやったものかということが
主眼なので。
まして「無免許」なら運転操作ミスと考えることがおかしいことか?

455 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 22:59:42 0
>>454
だから、警察のデータでは少年の交通関係業過を
慈悲深くも除外してグラフを作成してるじゃないか。
そもそも無免許自体が違法行為だろうが。
無免許だと運転操作ミスと当然に認定されるという
特例でもあるのか?

456 :446:2005/11/11(金) 23:05:55 0
いくら「無免許で人をひき殺す」のが主流になったといわれても
ピンと来ないんだよなあ

ソースを見せつけて、これだけ増えましたと言ってソースを貼る奴の意図は
「見えない殺人がこんなに増えました」と言いたいだけだろ
「致死」と見せつけた「殺人」と何か確証がとれるソースも一緒に持ってこいよ
それを言い出したら今年春の脱線事故だって同じようなことが言えてしまうし。
もし、殺人が主眼なら本人から、きな臭い言動が出るし、
今のマスコミなら、それこそ大騒ぎするだろ



457 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:08:59 0
>>456
「ソースを出せ」と言ったのはおまえ。
不利なソースを出されると、「今度はソース出すな」かよ。
甘ったれんな。


458 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:09:52 0
>>455
無免許が違法行為とわざわざ強調するな
無免許運転は昔から、あるんじゃねーのか?
あまりにもいかれた邪推するなよ

459 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:12:09 0
>>458
わけわからん。
殺人が違法行為とわざわざ強調するな
殺人は昔から、あるんじゃねーのか?
あまりにもいかれた邪推するなよ

460 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:12:48 O
>>453
笑わせるなw
弁護士のマニュアルにもあるんじゃねぇのかーw
少年犯罪加害者が、故意でしているにも関わらず、人が死んだ際、
「人を殺すつもりはなかった」と口を揃えて、同じことを言う。
これで、殺人にはならず、致死罪だと〜!!!
どういう判断基準で、人をみとるんだー!
少年に甘すぎるぞー
そりゃ、殺人の数、減るわ〜wwwww

461 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:16:42 0
むしゃくしゃしてやった
今は反省している

462 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:18:25 0
>>460
お前はバカか?
本人の自供だけで致死か殺人かが決まるわけねーだろ
大人だって「殺すつもりはなかった」という奴おるわ


463 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:21:46 0
>>462
少年は刑事裁判ではなく
少年審判なんだよ!

464 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:28:48 0
>>461
ニュー速のつい最近の少年院の様子からでも、
最近の少年犯罪者は、反省していない子が多くて困っている、
というスレが上がっていたので、この事からでも
弁護士の入れ知恵のため、殺人の数が減ったと推測できる。
要するに彼らにとっては、運悪く、捕まってしまったとぐらいしか
思ってなく、反省したフリをして毎日、過ごしているというのが
実情だろう・・・・


465 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:35:37 0
いつの時代もおっさんはガキが凶悪化したと騒ぐ
今言われてるガキもオッサンになると近頃の子供は〜ってのたまう
要するに無限ループ

466 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:35:42 0
>>464
ほう、それでこんな奴らが社会の舵をにぎるようになると、
日本はとんでもない国になる、ですか。そうですか
先入観だけで大騒ぎする日本人の悪いくせだな

467 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:39:25 0
>>465
ただ、昨今の違うところはマスコミが大騒ぎするところ
しかも大騒ぎした後、比較的近い時期にまた事件が起きるということ
毒盛り少女の後すぐ、また高校生が首切られて死んでいる
犯人が捕まったあとも2つくらい、事件が起きるだろうな

468 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:41:53 0

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301010.html

結論は出たな。

「少年の犯罪率は、やはり増加している」

469 :少年法により名無し:2005/11/11(金) 23:56:31 0
>>466
人は、本当に運悪く人を死なせてしまったら、心底、反省するもの・・・
その場合、反省しない人が多いというニュースにすらならない。
それが、ニュースになって現れたと言う事は、罪に対してのバランスがとれて
いないということだ。
自分は、あんな事をしたのに、これだけの罪・・・
要は軽すぎるのである。
コンクリ犯の再犯のニュースが上がっていたが、自分の犯罪を英雄視して
友達に笑いながら、話していたということでも知ることができる。
少年院にいったというのは、彼らにとっては箔がついたというぐらいしか
思っていないのである。


470 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:04:45 0
>>467
毒盛り少女も、同じ・・・
母親が死ぬと致死罪が適用されるだろう。
そして、決まって「殺すつもりはなかった、今は反省している」
と一種の呪文のように言って殺人にはならないだろうよ・・・
これで、殺人の数が減っていきます。

471 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:08:24 0
なぜかどうしてもガキをモンスター扱いしたがるおっさんがいるよな
昔は社会が活気があったから些細な殺人事件なんていちいち取り上げられなかった
今はたまにしか起きないからマスコミがセンセーショナルにじっくり報道する
それが印象に残るんだろうな
理解不能な事件なんて昔のほうが腐るほど起きてるのに

472 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:12:24 0
>>468
ほとんどが万引きだけどな
昔なら店で叱って終わったのも最近じゃ全て通報

473 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:14:31 0
>>471
ここの2ちゃんだけでもいいわ〜
ニュー速、痛いニュースなど毎日、見てみろ!
ほぼ毎日のようにあるわ〜w

474 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:19:05 0
だからアホなガキは昔からいて今に始まった事じゃないよ

475 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:21:37 0
>>472
ニュースが上がっていたけど、学校のクラスのほとんどが
万引きしているってレスがついていたな・・・・
今は、ただ捕まっていないだけで、とんでもない数がやっているようだ。
つい最近、東京の万引き中学校の板がココにも、痛いニュースでも
のっていました。

476 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:25:43 0
今のは万引きっつーか窃盗団だろ
あびる優みたいな


477 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:27:36 0
ヤフオク・ブクオフで換金(゚Д゚)ウマー


478 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:28:40 0
軽い万引きなら日本人の半分くらいはしてそう
おれは小学生の頃10円ガム盗んだorz

479 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:30:39 0
半分は大袈裟だな
3割くらい

480 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:31:57 0
>>474
今みたいに酷くはない。
万引きで、店が潰れたなんて、現代だけ・・・・

481 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:40:25 0
>>478-479
不起訴処分になりそうな可罰的違法性が低い
罪科をあげて問題を故意に矮小化しようとするな。
今は単価が高い商品が多くて、
故買ルートが確保されているから被害額も大きい。

482 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:42:54 0
今のコドモ をどうしても史上最も極悪にしたいのかね
君の年齢は知らないけど80年前後の暴走族なんて無法者そのもの
数も今と比較にならないしそこらじゅうで数十人規模の乱闘事件が起きて社会問題化してただろ
機動隊まで出動した事件さえあるし
その連中の世代は今40代のおっさんのはずなのになぜ今のガキだけそれほど恐れるのか不思議だよ

483 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:48:09 0
>>482
スレタイの主張に反論してるだけだろ。
戦後のピーク時と同水準にまで増加しているのに
減少しているとかデマとばすなと。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301010.html


484 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 00:59:23 0
>>483
いやスレタイをよく見ろ
凶悪化はでたらめ となってるだろ
総数は確かに減少してないかもしれないけど
昔、殺人なり強盗なりの凶悪犯罪犯してた数がいまは窃盗側にまわったって事だろ

485 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:00:48 0
>>484
じゃあ増加は認めるのね

486 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:04:26 0

では増加していることで双方一致したので、
次に凶悪化について議論しよう。

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301020.html



487 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:04:53 0
総数が変らない状況で軽犯罪が突出して増加したということは要するに凶悪犯罪が減ったって事ね
スレタイに合致してるじゃない

488 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:05:03 0
ニュー速板自体が、ほとんどの板から「バカの集まり」と思われてるけどな
あんな批判されてる板もないよ

>>475
クラスのほとんどが万引きしてるとか
私の世代は15歳の初体験は遅い、などと抜かしている奴は
レスしている奴自身も痛い人間でまた周囲に集まる人間も似たような奴を集めて
自分を安心させてる奴が多い

まじめな人間など蚊帳の外に置いてる奴は多い

>>483
そうだね。確かに激増してるね。「チャリ泥」と「深夜徘徊」が

489 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:07:53 0

これを見る限りでは凶悪化についても異論はないものと思われ。

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301020.html


490 :488:2005/11/12(土) 01:13:15 0
「占有物離脱横領罪」なら
置き傘も取り締まろうと思えばできるわな
単価の高い低いとかそういうくだらない問題じゃない

列車の置き傘なんか取り締まったら、もっと大変な数に上るわな
ていうか、ごく最近のデータを見ると、
少年だけ取り締まりを厳しくして、成人側は厳しくしてないことがわかるな
双方とも厳しくすれば少年だけでなく成人も間違いなく上がるだろ
職場同士の取っ組みあいの喧嘩にも警察はどんどん介入すればいいのに
それこそ、胸倉つかんだだけで犯罪なんだから


491 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:16:42 0
>>490
列車の置き傘の話をしているわけではないのだが、
軽犯罪にせよ凶悪犯にせよ捜査側は捕まえてみるまで犯人が
少年であるか成人であるかはわからないので、
偏った捜査はしようがない。

492 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:18:55 0

ということで少年犯罪がますます凶悪化しているわけだが

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301020.html



493 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:22:05 0
>>489
「増加」「凶悪化」を結論づけそれを叫ぶって何か恐ろしいよな
それにつけこむ商売もあるし、第一、叫ぶことによりますます増加、凶悪化する
だけだから。

「神戸小学生殺害事件」のあたりから凶悪化が叫ばれたが
事態が一層、悪くなると思うのは俺だけか

というか、警察庁のサイトなら「殺人検挙率95%」も発表しろや
なんで、これを当事者の警察が隠す必要があるわけ?

494 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:22:44 0
>>489
平成六年あたりは一番減ってたからな
そんでなんで15年までと中途半端に恣意的な資料だすんだよ
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen24/shonenhiko.pdf
刑法犯総検挙人員に占める少年の割合を見なさい

あと検索したら2000年までのが出てきた
http://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
凶悪犯罪検挙数が一目瞭然で減ってる
あと他にもわかりやすく解説されてるから読め

495 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:26:22 0
>>486=>>489=>>492
同一人物だろ

ただ、凶悪派の貼るソースは何で警察のものばかりなのか?


496 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:29:21 0
>>491
ばかだなあ。職場の暴力にも警察はどんどん介入すべきだよ

497 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:30:12 0
>>494
減少派の主張や、その手のトンデモサイトに共通してるのは
人口比の変化を故意に無視して、絶対数で騙すトリックを
使ってる点だな。少年人口は常に成人人口より少ないし、
しかも年々少子化していることを逆手にとって騙している。

http://www.akanekai.jp/koureikanew.htm



498 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:39:25 0
>>497
これだけの減少率(凶悪犯罪)を人口比で相殺できると思ってるの??

499 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:42:43 0
>>498
できる。できないと思うならデータをあげて反証してみれ。

500 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:43:51 0
>>497
しかし、犯罪を研究している学者(刑法、刑事政策等)の学者は警察と
かなり深く結びついてるんだよな
学生の答案なんかでも、よく警察に聞いたりするし。それとそういうサイトも
ちゃんと人口比は出しているぞ


それと凶悪派に示してもらいたいソースは
各年代別の検挙内容の内訳(どういうことで検挙されたかというもの)
この凶悪犯に占める割合の年代別のデータがなぜない?
昭和20年代あたりから出そうと思えば出せるはず。警察機関ならな。
あと、警察機関は守秘義務事項が多そうな気がするし、また厳しく管理してそうだが。
警察自身にしかわからない内部事情というのは腐るほどあるだろう


501 :ura2 58-70-90-24.eonet.ne.jp:2005/11/12(土) 01:45:41 0
kitty

502 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 01:52:29 0
>>500
凶悪説への反証義務は再反論側にあるだろ。

そんな俺から言えることはただひとつ。
モナコ公国よりインドの方が犯罪者が多いのはまちがいない。


503 :ロト携帯:2005/11/12(土) 01:52:37 O
>>318
一緒にするなアホ
28才千葉在住の俺に立てつくな。
年下の田舎もんが。

504 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:00:20 0

結論はでたな。

「少年の犯罪率は増加し、凶悪化している」

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301010.html

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301020.html



505 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:05:37 0
>>499
いいか実はたまたまふらっと覗いて書き込んでみただけだからデータも持ってないし
人口比の求め方もわからん
その年代の14〜20歳の人口数もわからんし、犯罪統計時の人口比の求め方も知らん
でも例えば
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen26/syounen16youshi.pdf
平成16年の凶悪犯→1600人
それから>>494の下のサイトの図でみるかぎり
1960年あたりの凶悪犯→8000人
16:80=12000(万):X にして計算すればX=6億人だぞ
どう考えても相殺できるレベルじゃないだろ
もしそうならちゃんとした当時の人口数から割り出してくれよ

506 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:05:53 0
しかし、町田の事件はマスコミは鬼の首でもとったかのように騒ぎまくるだろうな
この手の事件、大々的に報道して少年犯罪が沈静化できるのかいな


507 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:10:54 0
殺人だけなら
平成16年の殺人→57人
1960年あたりの殺人→400(は確実にあると思われ)
60:400=12000(万):X にして計算すればX=8億人
ぜひ当時の若者の数との正確な人口比を俺も知りたい

508 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:17:12 0
>>507
無駄なことはやめれ。
http://www.stat.go.jp/info/guide/asu/2005/img/b0602.gif


509 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:19:25 0
>>508
50歳代の刑法犯の「絶対数」が多いのもこれで説明できるね。

510 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:33:30 0
>>508
何が無駄なの?
相手にばかり証明義務を課さないで自分でしっかり計算すれば済む事だろ?
そのグラフで見ても
1950年時5〜10歳(1960年時少年)の人口500万
2000年次10〜15歳(2005年時少年)の人口300万
300万:1600人=500万人:8000人
答えは出ただろ
かなり大雑把だが
ていうかお前が普通に正確な人口比出せばいいだけじゃないのか

511 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:35:54 0
=じゃないなorz
数学苦手だしあと眠いってので許せ
でも割合は明白だと思うが

512 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:51:38 0
というか、警察庁のデータがあるからといって、
いんちき心理学研究所のような「少年犯罪凶悪化懐疑的」サイトに
否定することには繋がらないけどな



513 :512:2005/11/12(土) 02:55:51 0
また、それらのサイトも嘘だとは思えないが
警察庁のデータを貼る奴には、いんちき心理学研究所の
どこら辺が嘘か示せよ

>>511
これだけ粘着しといて眠いかよ。氏ね

514 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 02:58:00 0
>というか、警察庁のデータがあるからといって、
>いんちき心理学研究所のような「少年犯罪凶悪化懐疑的」サイトに
>否定することには繋がらないけどな

は?警察庁のデータがおかしいって事?君から出してきたんでしょ?
そんで人口数も君が出してきたんでしょ?
サイトがどうとかじゃなく
警察庁のデータと君のだした人口数で割合を出したら
凶悪犯罪の割合が昔より格段に減ってたんだよ?
もちろん俺はまったくの素人でこの議論にもなれてないからかなり大雑把ではあるけど。
ていうかあれほど人口比では増えてるって力説してたんだから
それを示してくれればいいんじゃないか?

515 :512:2005/11/12(土) 02:58:01 0
あと、パリの暴動で
フランスは一気に高くなったな。少年検挙者の割合が



516 :512:2005/11/12(土) 03:00:28 0
>>514
警察庁のデータを出したのは俺じゃないよ


517 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 03:02:31 0
>>516
だから何?お前は警察庁のデータも信じなくて何をどう証明するの?
人口比で凶悪犯が増えてるとこ出せばそれで終わるのに何でしないの?

518 :http:// 58-70-12-74.eonet.ne.jp.2ch.net/:2005/11/12(土) 05:21:41 0
guest guest

519 :http:// 58-70-12-74.eonet.ne.jp.2ch.net/:2005/11/12(土) 05:22:16 0
guest guest

520 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 07:43:40 0
JR新幹線運転士ら4人 勤務中の車掌3人に暴行

JR東日本新潟支社の運転士4人が、勤務中の車掌3人に暴行を加えるなどしてけがを負わせ、
今年8月、長岡署が傷害容疑で書類送検していたことが8日、分かった。
同支社などによると、書類送検されたのは、新潟新幹線運輸区の男性運転士(31)と、長岡
運輸区の29〜30歳の男性運転士3人。
4人は4月24日深夜、JR長岡駅近くの路上で、同駅に泊まり勤務中の高崎支社(群馬県)の
男性車掌3人に体を押すなどの暴行を加え、1人(24)に鎖骨骨折の重傷、2人に軽傷を負わせた。
運転士らは当日非番で、酒に酔っていた。車掌3人は近くの店に買い物に行く途中だった。
車掌らは6月、同署に被害届を提出し、新潟支社も運転士らを処分したが、4人とも7月から
乗務に復帰している。
事件を公表しなかったことについて、同支社は「業務外での個人的なトラブルなのであえて公表
しなかった」としている。



え?骨折させといて書類送検?大人の世界ってこんなに甘いの?

521 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 08:39:21 O
一つハッキリしたことは、人を殺しておいて、「殺すつもりは
なかった。今は反省している。」とセリフのように
話す少年犯罪加害者は、殺人の数には、入っていないということだ。

522 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 08:42:10 O
>>521
・・・・致死の場合を補足。

523 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 11:45:51 0
未成年「人を死に至らしめる犯罪」検挙者数(警察白書)
「人を死に至らしめる犯罪」=殺人+強盗致死+傷害致死

H11 207
H12 201
H13 189
H14 153
H15 168
H16 096

「少年犯罪の増加を叫ぶ奴」は単細胞スレから

524 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:05:05 0
そんなに数字の読み解きが不満なのなら、実例集で。

ttp://kangaeru.s59.xrea.com/index.htm
ここで様々なジャンルの実例集が読めるよ。
少年による異常犯罪、凶悪犯罪、低年齢犯罪…
本当に昔はなかったのやら。

ttp://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/zsyounen.htm
一年のみ(1964)だがより掘り下げた実例集。
下の注意書きまで読むように。
ニュー速だろうがワイドショーだろうが
こんなにタチの悪い少年犯罪を高密度で見つけることはできまい。

ttp://www.chironoworks.com/ragnarok/psychology/log/eid16.html
3件のみだが、今起これば「現代社会の歪みが生んだ犯罪」と
言われること間違いなしの異常犯罪。

525 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:16:23 0
>>524
数字の読み解きに不満なのは減少派の方だろ?
人口比無視のトリックを見破られると
今度は実例とし称して印象捜査。
すくいがたいな。

526 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:25:25 0
1が正しいことを祈るよ

527 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:25:33 0
上でも言われてるけど人口比での犯罪比率はどうなってるの?

528 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:33:01 0
↑は525さんへ
人口比も計算に入れた犯罪率だとやっぱり昔より今のほうが凶悪事件が増加してるの?

529 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:34:48 0
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

「人口比」参照。凶悪犯罪を中心に、大抵は減少傾向。
「強盗」とか「横領」とかは別だけどね(理由はもう散々出てるので省略)。

530 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:42:02 0
1960 昭35年 2.15 13.59 53.61 80.04 4.62 71.65 544.88 11.75 8.14 21.68 6.22 2.98 967.6
2003 平15年 0.73 13.72 15.32 67.22 1.23 34.11 731.57 5.34 321.39 1.95 3.95 2.07 1552.8
    年次  殺人 強盗 暴行 傷害 脅迫 恐喝 窃盗  詐欺 横領 強姦 強猥 放火 総数
(強猥=強制猥褻等)
いかに悪質な犯罪が減った分を、窃盗や横領の掘り出しによってカバーしてるかがよくわかるな。
ちなみに、窃盗は1980〜85がピークで1000を超えてる。

531 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:44:20 0
人口比で見ても減ってるんだね・・
ていうか間違っても増えてはいない
525さんはどんなデータからどういう計算で割り出したの?

532 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:47:34 0
どれだけ資料と統計出しても駄目だよ
南京事件と一緒で日本(少年)が悪いの一点張り
感情論だけで事実を見ようとしないシナチョンコンビとまったく同じ頭してる

533 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 12:55:02 O
>>523
この頃多い無免許での傷害致死入ってないやん。

534 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:01:32 0
>>533
無免許の傷害致死が525さんの言ったトリック?
それってどれくらい起きてるの?それ含めると比率の変化具合は?

535 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:13:32 0
>>529
検挙率が70.4%だった時代と23.2%まで急落した現在とを
比較して、凶悪犯罪が減ったという悪質なトリックを使うな。

http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F4001010.html

536 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:17:19 0
ttp://www.npa.go.jp/hakusyo/h13/h130102.pdf

P18(このファイル自体が途中から始まっているので注意。
下部のページ数を言っている)参照。
例の「人を死に至らしめる犯罪」の表がある。
殺人のピークは過ぎている1966から始まっているが、
それでも減少後の横ばい傾向は明らか。
酒鬼薔薇事件後にやけに急に伸びているものの、それもおさまってるし、
>>523によればこのデータが終わっている平成12年からさらに減少したようだ
(実数で見るならこの表の中でも最低の水準。人口がそう急激に変動することは
ないだろうから、比率もかなり減っていると見ていいだろう)。
これは検挙人員なので、集団化が進んでいるという言説を真に受けるならば、
被害者の数はさらにハイペースで減っていると考えられる。

537 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:20:43 0
>>535
要するに少年凶悪犯が捕まらないで
大半が野放しになっているということやね

538 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:21:08 0
>>533
傷害致死に免許はないだろ。無免許運転で人をはね殺すと
傷害致死であって業務上過失致死にはならないのか?それについては知らないが。

「多い」ってどんなレベルよ。年間10件も起これば「この頃多い」という印象は
与えられるかもしれないが、それでは大勢を変えることはできんぞ。
ちなみに、凶暴運転が現代少年限定のものでないことは>>414参照。

>>535
認知件数の激増、社会情勢の変化を無視して、「検挙率」がさも
「検挙された犯罪/現実に起こっている犯罪」の値
そのままであるかのように装う悪質なトリックを使うな。
第一、検挙率が激減したのは窃盗などであって、
殺人を初めとして凶悪犯罪の検挙率はそう急激には落ちてないんだよ。

539 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:22:13 0
>>532
答えはこれ
団塊DQN世代のたわ言に毎度丁寧に反論されてるかたお疲れさんですよほんと

540 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:24:29 0
>>529 「検挙率」参照

落ちたものにしても、「強盗」や「強姦」の認知件数は
社会情勢に大きく影響を受ける。
強姦なんて特に、昔の被害者が泣き寝入りしてるだけの可能性が高い。
なのに現代とのすさまじい差。

541 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:25:18 0
また誤魔化しかい
殺人事件の検挙率は95%前後
去年は94.6%で今年の上半期は96.5%
ちなみに去年の上半期は91.9%

検挙率が下がるのは圧倒的に多い窃盗が原因で一緒にすること自体が間違っている

542 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:41:20 0
比較の実数版

1960 昭35年 438 2,762  10,897 16,268 940 14,564 110,752 2,388 1,655 4,407 1,265 605 196,682
2003 平15年 96  1,800  2,009  8,817 161  4,474  95,960 700 42,157 256  518  272 203,684
    年次  殺人 強盗 暴行 傷害  脅迫 恐喝  窃盗  詐欺 横領 強姦  強猥 放火 総数
よく「実数よりも比率が問題」というけれど、被害者の数という観点から言うならば
実数だって大事なはずなんだけどね。数字のスケールが違いすぎるのでズレた&見にくいかも。
これを見ると、「横領」の大活躍っぷりが本当によくわかるな。
他の犯罪での圧倒的な差を、一つだけではねかえして総数を逆転させるとは。

543 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:45:02 0
>>535
ま、それを言うならば、悪質な犯罪の検挙をほったらかして、
相対的な悪質さは低いであろう横領の検挙に血眼になってるという
警察の姿勢を問題にしてくださいな。

544 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 13:50:39 0

殺人が減っているのは、主として救急救命率の向上によるものだ。
医療技術の著しい向上と、消防署員と病院の医師・看護婦の必死の努力が
殺人を殺人未遂にとどめてくれているんだよ。だいたい他の犯罪に
くらべて殺人のみの検挙率が高く維持されていること自体でわかるだろ。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/pdf/040702_1_01_ni-4.pdf

545 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 16:54:23 0
>>544
殺人の統計ってのは大抵殺人未遂を含んでるものなんだよ。
少なくとも>>536はそうだ。>>529については確かなことは言えないが。
また、それが事実だとしても現代における少年の殺人率が
成人より低いことからその影響はさほど大きくはないと見られる。
>>529
年齢別殺人率 参照

ちなみに、すでに元は消えていてキャッシュだけだったのでリンクは避けるが、
故意に衝突事故を起こして被害者を死亡させた少年が殺人、殺人未遂で
検挙された事例が紹介されていた。

546 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 17:07:05 0
ttp://www.kodomonoshiten.net/enquete.htm

ここにある少年殺人検挙数のデータが>>529と同じもののようだが、
ここの解説に(未遂・予備も含む)とある。
やはり、未遂が多くなったから殺人が減った、という仮説は
明らかに間違いだと言わざるをえないだろう。

547 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 17:36:29 0
>>545
「人を死に至らしめる犯罪」の減少に救命率の向上が寄与したことは否定できないだろう?

548 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 17:45:52 0
デリヘル ヴィーナスに元アイドルが・・・

549 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 17:48:58 0
相変わらずだな、このスレ。
問題は「増えた」「減った」じゃねえのに・・

550 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 17:56:48 0
殺人(未遂含む)、強盗殺人(未遂及び強盗致死含む)、傷害致死が
「人を死に至らしめる犯罪」なので、傷害致死に関して言えば影響があるのかもな。
しかし、データにある範囲では最近より昔の方が殺人以外の割合が大きいという
傾向は特に見られない(1966 殺人368、それ以外70  2000 殺人105、それ以外95
元のデータが棒グラフなのでそれ以外の値は推定)。むしろ最近になって、
殺人以外の割合が増えてきたと言える。「近年、傷害致死になりかねないような
凄惨な暴行事件が激増しており、本来ならばもっとすごい勢いで
傷害致死が増えるはずだったのに、それを救命技術の向上が抑えた」
と考えることはできないことはないが、そこまで推測に満ちた
仮説を出したいならそれなりのソースを探してみてくれ。

551 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 18:20:58 0
>>550
殺人未遂として訴追するか傷害致死として訴追するかで
データの見方は大きく変わってくる。特に集団暴行は
傷害致死とされる例がほとんどで殺人罪では立件されない。
傷害で5年寝たきりにされたすえ、臓器不全で死亡した
ようなケースではそもそも傷害致死にすらならないんだよ。

下のような不可思議な人口比の逆転はこれで説明できる。

1951年 殺人2.55 傷害49.32

2003年 殺人0.73 傷害67.22

http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html#hiritu

552 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 18:35:02 O
>>538
遅レス・・・・
前から、不思議に思っていたんだが、免許持っていない奴が
運転したら、明らかに危険運転で車は凶器と化す。
この場合、傷害致死罪は多いのは致し方ないが、現行法律の
業務上過失致死はないだろー
しかも、少し前にあった無免許ひき逃げは、殺人だろうがー
業務上っていうのは、運転できる資格、免許を持って初めて、
車を運転する業務途中でのことだろうがー!
おかしいだろ〜免許ももっていない奴が、業務上になるのはー!
この頃、このケースが増えており、被害者が泣き寝入りになっている。

553 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 18:53:34 0
>>551
要は救急隊員や医者看護婦が殺人や傷害致死を減らしてくれてるってことやね。
それでも暴行傷害は急増しとると。

554 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 20:34:49 0
>>551
51年はまだ警察組織の回復も完全ではなく、
傷害ではなかなか動いてくれなかったのでは。
1958年以降は連続して80を越えてるし。

>>552
前半の言いたいことはわかるのだが、なぜ最後に
>この頃、このケースが増えており、被害者が泣き寝入りになっている。
なんてのが唐突に出てくるのやら。根拠はあるの?

>>553
急増って、どこを基準にどこが急増してるの?
ちなみに、暴行、傷害を含め、2000年の検挙の数値は
不自然なところが多すぎる。>>414参照。

555 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 20:49:06 0
>>553
ただ、急所を突くと人間は即死することもあるわけで
「自傷自殺」の既遂が格段に低いのは急所を知らずにやってるから

静脈なんか傷つけても人は死なないが動脈は場所によっては即死する
また、死体はあまりむごくなくても首を締めれば人間は死ぬ
それとは逆に腹をさせば激痛が伴い大量の出血があるが、
これがまた死ぬ確立が低い。
救急医療が発達しても殺した人間がすぐ救急車を呼ぶことなんて滅多にない
それとも今は誰でも携帯持ってる時代だから、すぐ助けが呼べると言いたいか
助けが呼べる体力が残っている苦しさなら、受けた被害は比較的軽いのでは?
本当に危険な状態で今にも死ぬような状態なら携帯使って助けを呼ぶ力など
あるわけない


556 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 21:19:17 0
>>554
戦後のひとつのピークである80年代初頭を例にとると
こんな事実が浮かび上がるぞ。質的な凶悪化は明白だな。

1980年 殺人0.28 傷害52.62
1981年 殺人0.34 傷害59.00
1982年 殺人0.48 傷害64.34
1983年 殺人0.47 傷害61.62

2003年 殺人0.73 傷害67.22



557 :少年法により名無し:2005/11/12(土) 23:48:58 0
でも2004年の殺人率は0.48だったりw

558 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 00:06:10 0
警察の方針で認知件数が変わる可能性

毎日新聞2002年2月22日

犯罪の「認知」とは、告訴・告発、110番通報などによるもので、
全体の8割が被害関係者からの被害届。
これらを「発生原票」というものに記載すると犯罪統計で認知に計上される。
ところが、これまでは警察署で被害届を受理しても、
すべてを発生原票に記したわけではなかった。書き込むかどうか、警察官の判断が介入したのだ。
(中略)
 大阪府警の内部文書によると、
警察改革要綱が発表された翌月の00年9月、
刑事部長名で「犯罪として問えるものはすべて受理し、
犯罪統計に上げること」との通達を出した。
そして明らかにその月から刑法犯認知件数が増加した。

 年間ベースで比較できるようになったのは、01年が最初の年。
前年に比べ、大阪府警分だけでも四国4県分以上に相当する数が増えた。
車上狙い約6万4000件(41%増)▽部品盗約2万1000件(約52%増)▽器物損壊約1万5000件(約240%増)
――が増加の主要因で、ほとんどが被害届による認知。
従来のやり方では、計上されないものを多く含んでいた。
府警幹部はこの差を、警察の「不良債権」と呼んだ。


559 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 00:43:40 0
にしても凶悪化、増加肯定論者の知能の低さは異常だな・・・
次から次へと論破された論理を持ち出してくる

昔の少年犯罪者並みの病理を感じるよ。
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/jsyouwa.htm
http://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
http://blogs.dion.ne.jp/ikkou/archives/904585.html

560 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 01:00:43 0

単なる過去の実例の羅列
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/jsyouwa.htm

人口比を意図的に無視
http://kogoroy.tripod.com/hanzai.html

警察の捜査方針変更を過大評価
http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html#hiritu

論破されてるのは減少善良化論者。



561 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 01:03:06 0
この一貫した右肩上がりの認知率に、いったいどの時点で
警察の急激な捜査方針変更があったというんだ?
http://www.jcps.or.jp/img/051_1502_01.gif

562 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 01:26:26 0
>単なる過去の羅列
以前はこんな犯罪は無かったというまともに資料も読んだことも無い連中への反論には意味がある。

>人口比を意図的に無視
下の少年犯罪データベースを見れば問題にならない。
だいたいもともとの数が少なければちょっと増えただけで比率は高いほうに敏感に反応する、
逆に多ければ比率は低いほうに敏感に反応するのは野球の打率を見ればわかるだろう。

>警察の操作方針変更を過大評価
558を参照。
というかちょっと前に横領が大きく貢献しているとあるが。

>560
ログ読んでね。
というかこの繰り返し。

563 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 01:30:42 0
少年犯罪が増加凶悪化してると主張してる人は何がしたいんだろう。
統計を見る限り増加凶悪化に有意なデータなんかないのに。
一体いつと比較してるのかがわからん。

自分の記憶と比較して印象で増加凶悪化してるって判断してる。
マスゴミに乗せられやすいというか、なんというか。

564 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 01:36:37 0
>>563

要するに馬鹿なんだよ
手におえないねw

「議論のウソ」ぐらい読んでもらいたいよね。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1498061&x=B

565 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 02:03:56 0
比率で思い出したけど読売新聞で福知山線の脱線事故の影響で
他の路線で痴漢逮捕者が倍になったという記事があった。
よく読んでみると4人が8人になっただけだった。
いくらなんでも大げさ過ぎやしないかと思ったよ。

566 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 03:17:07 0
>>552
横レスだが、『業務上』の解釈をあんた間違ってるよ。
刑法の『業務』は、人が社会生活上の地位に基づいて反復継続して行う行為をさすからな。

こう指摘すれば、社会生活上の地位が免許だと反論したくもなるだろうが、
そういうことは法律板あたりでやってくれ。

567 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 06:08:18 0
>>560じゃなくて
>>561

568 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 07:00:12 0
>>564
手に負えないのはお前らもいっしょだ
凶悪化してる、とぬかしてる奴と同じ頭だよお前らは。
対象が正反対なだけで。

569 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 10:54:07 0
まあ人口比で増加してるのは明白やね


570 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 16:22:03 0
>>561
>>558で言うところの「警察の不良債権」の変化だって、ずっと完全に
放置されていたところからいきなり全てが変わってしまうなんていう
急激なものばかりでもなかろう。
大きな変化が起きる前から、認知のハードルを低くする圧力は
少しづつかかっていて、それが一気に噴出した時期があるというだけのこと。
ちなみに、平成9年あたりからの伸びは「急激な捜査方針変更」を
充分に感じさせるものだよ。この年は酒鬼薔薇事件の起こった年で、
少年の「統計上の」強盗が激増した年でもあるね。

>>565
>>149でも似たような例があるな。
日本全国での「83件」の増加を「33%増」と表現して、
あたかも激増しているかのように煽っている。

571 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 18:03:41 0
>>570
認知率の上昇が捜査方針の変更に寄っている部分があると仮定してもだな、
先行して当該罪種の犯罪実数が急増していて、
市民からの通報や目撃情報などが急増したために、
警察が捜査方針の変更を余儀なくされ、
結果として認知率が上昇したと考えるのが普通だろう。
単なるタイムラグにすぎない。

572 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 22:54:28 0
>>569
人口比増加のデータってどこにあるの?

573 :少年法により名無し:2005/11/13(日) 23:11:53 0
>>572
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301010.html

574 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 09:15:25 0
>>573
せめて凶悪犯罪に絞ってデータください。
話はそれから。

575 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 12:31:18 0
>>574
つまり少年刑法犯の人口比増加自体は認めるんだな?
増加を立証されると無視して、凶悪化の話に切り替える。
凶悪化を立証されると無視して、増加の話に切り替える。
無限ループを作り出してるのは減少善良化派の方。
もういいかげん増加そのものは認めろよ。

576 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 13:25:42 0
>>575
人口比あたりの増加自体は>>573の資料から認めないとしょうがないんじゃないかな?
1000人当たり12〜18の推移を 増加 と、取り立てて言うほどのものかは別として。
他にも自転車盗の処理や万引きの刑法処罰化の影響を考慮せずに、
資料だけ見れば人口比増加はしてますねw

で、凶悪化の立証を是非して欲しいのですが。
お願いしますよ、先生w

577 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 14:07:56 0
>>575
>つまり少年刑法犯の人口比増加自体は認めるんだな?
認めるも認めないも明らかだ。
38年前に比べて1.34倍になっている。

少年刑法犯の主要罪名別検挙人員の人口比(10万人当り)

殺人/強姦 / 全体

1966 昭41年 1.82/21.22 / 0,900
1970 昭45年 1.17/13.07 / 0,870
1980 昭55年 0.28/05.71 / 1,280
1990 平02年 0.38/01.88 / 0,980
2000 平12年 0.74/02.20 / 1,090

2004 平16年 0.48/01.26 / 1,210

http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

でも、このデータから「凶悪化」の立証は難しそうだなw

578 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 14:35:02 0
俺はサヨではないが(むしろウヨだ)
近頃のNHK昼のラジオは、少年犯罪ニュースが必ずトップになる。

今日のニュースの順番
1.一方的好意が恨みに?東京・町田の高1女子殺害(やたら詳細に)
2.ビデオ店強盗、男性刺され重傷・東京都神田
3.高所得高齢者の医療負担、3割で大筋合意・政府と与党

この前(何時かは忘れた)のニュースの順番
1.一両日中にも鑑定留置請求・毒殺未遂容疑の女子生徒
2.(忘れた)
3.自衛隊サマワ駐留期間延長か?

どっちも「3.」をトップに持ってきて詳細に報道すべきだと思う。

政府が重要案件を決定すると、必ず「凶悪事件」が起こる不思議。

579 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 17:46:30 0
>>578
だからそういう印象や感情に左右されずに少年犯罪の
実情を分析しようってのが、このスレの趣旨でしょうが。

580 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 18:12:12 0
まず凶悪化の定義を決めることやね
それから元にするデータベース
この二つが決まらんと話が噛み合わんやろ


581 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 18:15:34 0
>>575
>増加を立証されると無視して、凶悪化の話に切り替える。
「統計上の」数が増えているのは明らかでも、
「横領」を初めとする取り締まりの方針の変化や、
社会全体の秩序の法化の影響を考えれば、
「実際に」少年犯罪の数が増えているかは疑わしい、
と何度も書かれているんだけど。無視してなんていないよ。

>凶悪化を立証されると無視して、増加の話に切り替える。
凶悪化が立証されたことなんてあったか?

>>579
「印象や感情に左右されている人」の実情を分析するためには、
>>578のような視点はぜひ必要だろう。
高度成長期に比べて少年凶悪犯罪が激減したのは明らかであり、
世代別殺人率でも少年はかなり低い割合にあるというのに、
「現代の少年犯罪はかつてないほどの凶悪化を遂げている」
なんてバカげた意見を大手メディアで日常的に見かけるのが
日本の現実。無視するわけにもいかないだろう。
この問題を考えると、本当に「日本はどうしてしまったのだろう」
という言葉も現実味を帯びてくるよ。
少年ではなく、少年を見る中年の目を思うとね。

582 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 18:59:37 0
>>584
>>581に対する、その反論はおかしいぞ。そもそも「統計上の」数を持ち出して
少年刑法犯の絶対数が減少しているから少年犯罪は減ったと主張しだしたのは、
そっちの方だぞ。それが人口比のトリックを見破られたら、突然「統計上の」数
の信憑性が低いと言い出す。
>>578に対しても、再び絶対数を基準に同意している。卑怯じゃないか。

583 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 19:01:20 0
アンカーミス訂正

>>581
>>575に対する、その反論はおかしいぞ。そもそも「統計上の」数を持ち出して
少年刑法犯の絶対数が減少しているから少年犯罪は減ったと主張しだしたのは、
そっちの方だぞ。それが人口比のトリックを見破られたら、突然「統計上の」数
の信憑性が低いと言い出す。
>>578に対しても、再び絶対数を基準に同意している。卑怯じゃないか。


584 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 19:16:46 0
同じ「統計の上での数」といったって、凶悪犯罪と(比較的)日常的な犯罪では、
検挙される割合や犯罪の名前の解釈の余地が全然違う。
だから数字の信用度も全く違ってくる。これも何度も出てきた話でしょうが。
人口比のトリックって何?それがいつ見破られた?
>>530を見ろよ。凶悪犯罪の減少は割合で見ても明らかなんだよ。

585 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 19:25:05 0
殺人の検挙が減っている。だから凶悪犯罪は減ったのだろう。

殺人を犯して検挙されずにいる人はそうそういない。だから信用性が高い。


横領の検挙が増えている。だから犯罪は増えたのだろう。

放置自転車泥棒をして検挙されずにいる人なんて山ほどいる(そしていた)。
だから検挙が増えたとしても、今まで野放しであった者たちが統計に組み込まれた
というだけの可能性もあり、犯罪の数そのものが増えているかはよくわからない。
だから信用性が低い。

586 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 20:13:59 0
>>585
それはすべて、お前の憶測だろう?
認知件数の増加で検挙率が低下しているだけだという根拠はどこにある?
しかも殺人に限っては実数と検挙率が一致しているという、都合のいい解釈
がなぜできる? そんな仮定が成り立つなら、逆に、近年の特異家出人数の
異常な増加を考えれば、殺人や傷害致死の暗数が急激に増加していると
いう仮定だって充分なりたつぞ。

> 家出人は、2000年と2001年を比較して、1割も増加しており、この10年間で
> は、約2,000人前後で推移していましたが、1999年頃からは大幅に数字が
> 増加傾向にあります。
>
> ご家族や関係者から捜索願いの出される「家出人の数は」、昨年1年間で
> 2,877人、前年との比較で346人(13.7%)の増加がみられます。
> このうち、状況が不自然な「特異家出人数」は、即ち、事件や事故に巻き込
> まれたり、自殺を図ったと見られるケースは732人で前年比13.7%の増加です。
>
> また、痴呆性高齢者は、12.1%増の157人、そして小学生以下の幼児や児童は、
> 50人の増で前年比31.6%増にも及んでいます。
>
> 〜警察庁「平成11年度 警察白書」

http://www.japan-missing.com/about_003.html


587 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 22:31:46 0
>>586
585は増加凶悪化否定派を皮肉してるだけなので、
586とは同じ立場に立ってるんだと思うのだが…。

で、俺が君ら増加凶悪化肯定派に聞きたいのは、
>凶悪化を立証されると無視して、増加の話に切り替える。
凶悪化の立証を是非して欲しいのだが。

問題は数じゃないよ、質だよ、兄貴

588 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 22:35:04 0
特異家出人数の増加はえらい勢いやな
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/pdf/F0Siryoh.pdf#page=8

589 :少年法により名無し:2005/11/14(月) 23:13:10 0
>>587
じゃあ少年刑法犯の増加は双方認めたとして話を進めるぞ。

まず凶悪化の定義だが、もっとも重要なのは成人と少年の刑法犯比率だ。
成人は少年法に保護される少年にくらべて、より犯罪への責任が重いと
されている。債務返済やギャンブルなど動機が多く、凶器や自動車など
手段の入手も容易だ。したがって、刑法犯総数や人口比において、
成人の方が少年を上回るのが健全な社会状態と言える。
もしこれが逆転していたら、少年は成人にくらべ凶悪化していると言える。

ところがだ。今月8日、法務省が公表した「犯罪白書」によると刑法犯罪は
2年連続で減少したものの、少年一般刑法犯の検挙者は少年人口10万人
当たり1209・3で、成人の約4・9倍に達していることがわかった。
これは少年の凶悪化を示す決定的な数字だ。

http://news.fs.biglobe.ne.jp/social/ym20051108it05.html



590 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 01:44:47 0
>>589
えーと…
凶悪化の定義が無茶苦茶やな。
あんたの論証で証明されてることは、
少年が成人と比較して安易に犯罪に走りやすいことでしかない。

@>凶悪化の定義だが、もっとも重要なのは成人と少年の刑法犯比率だ。
勝手に定義するならば、何故重要なのかも証明してくれないと。
A>人口比において、 成人の方が少年を上回るのが健全な社会状態と言える。
言えない。成熟した成人は合理的行為をすることが予想されるので、
未熟な少年より、逸脱行為をする比率が減るのが、健全な社会wですよ。
健全な社会って何かは知らんけど。
B>少年は成人にくらべ凶悪化していると言える。
×凶悪化(状態の推移、変化)  ○凶悪、粗暴であること。(性質)


凶悪犯罪に絞って証明する方が論理的だと思うぞ。
出来るかどうかは知らんけどw



591 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 09:48:09 0
>>586
現在の家出人総数は10年前より2割以上上昇だが
27年前と同程度。

特異家出人の定義は
『身体に危険が及んでいるおそれがある家出人』という曖昧なものだからな。
個々の家出がこれに該当するかどうかは、警察の主観(気分?)で決まるのだろう。

昭和58年(1983年)警察白書より
>また、殺人、誘拐等の犯罪により生命、身体に危険が及んでいるおそれがある家出人や
>遺書、平素の言動等により自殺するおそれがある家出人等については
>特異家出人として受理しているが、全捜索願受理件数の約1割を占めており
>年々増加している。

家出人捜索願受理件数の推移
総数/特異家出人

***1999年→2000年の特異家出人数の不自然な急増に注目!***

1978年 101,047/09,431
1982年 105,653/10,539
1994年 082,787/14,799
1998年 089,388/19,601
1999年 088,362/20,486 ←
2000年 097,268/25,112 ←―
2003年 101,855/30,107

1999年10月、桶川の女子大生がストーカーに殺害される事件が起き
2000年03月、この事件について警察の対応の酷さがテレビで報道される

592 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 12:46:42 0
>>591
二次曲線的に増加してるだけだと思うぞ
というか殺人の暗数が増加してるんじゃね?

593 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 13:10:13 0
少年は成人の8倍くらいの率で検挙されている。しかも全刑法犯の4割を少年が
占める状況にある。街頭犯罪に至っては7割近くが少年刑法犯である。この数字を
見ると少年犯罪が多いと思うかもしれないが少年犯罪は集団によるものが多く一つの
事件で大量の検挙者が出ることが多い。少年は共犯が多いのに対し成人は単独犯が多い。
また少年は共犯が多い上に未熟な奴が多いから検挙される率も成人に比べるとかなり
高いと思われる。したがってそのことから推測するなら犯罪の多くは成人によって行われて
いるという推測がたつ。

594 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 13:15:05 0
>>592
1999年以降の急増に何か疑問を感じないのか?

595 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 13:22:47 0
特定家出人=公開捜査される失踪者
特定家出人数の上昇=近年、警察はまじめに(?)失踪者を捜索をするようになった

http://homepage2.nifty.com/secret-himawari/iede-zyouhatu-sissou.htm
>特異家出人と判断されると、専任の捜査担当者が配置されて
>大規模な捜索活動や公開捜査が行われます。
>全国で毎年9万人前後の捜索願いが出されている現状では
>その全てに捜索のための人員を割くことなど物理的に不可能です。
>この点、実際に捜索活動が行われるのは、毎年1万人前後だけのようです。

596 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 13:36:37 0
社会変動と刑事政策 ―平成15年版犯罪白書を読んで―
http://www.jcps.or.jp/body/051_1501.html

ただ,60歳以上の殺人検挙人員人口比は0.7であるが
これは14歳以上20歳未満の殺人の検挙人員人口比と大きな違いはない。

このような表現は不謹慎かもしれないが,どちからといえばエネルギーが沸騰している血気盛んな
社会化が不十分な段階にある14歳以上20歳未満のティーンエージャーと
60歳以上で80歳あるいは90歳以上の人生の晩期を迎えられた人をも含み
さらには女性の割合が多数を占める年齢層における殺人を犯す人口比に大きな違いがない
というのは穏やかではない。

60歳代の殺人率は少年を上回るのではないかと思われる。

60歳以上の強盗の検挙人員は,平成8年から激増した少年とは異なり
過去19年間にわたって順調な増加が示されている。
幸いなことに人口比の数値は平成14年において0.5と少年よりもはるかに小さい。
しかしながら,総務省統計局の人口推計によれば
わが国の昭和48年の60歳以上の人口は1,227万人
平成14年9月のそれは3,160万人である。

人口増加が2.6倍に対して,強盗の増加は17.9倍となっている。

597 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 13:42:47 0
特異家出人数の話はこのスレの本論からみれば傍流もいいとこだろ。
あまり広げるんじゃない。
その上で突っ込みを入れとくと>>591の資料じゃ、
桶川事件の影響を挙げてるが、それでは94年から98,99年の増加分を説明できないぞ。

事件総数はどのみち暗数でわからんし、
統計自体も警察庁の定義でいくらでも動くから、議論する価値は薄い。
少年事件の総数は、有意ある変化としては、増加も減少も確認できないのが実情。


で、凶悪化の証明はまだですか?



598 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:11:36 0
>>597
>94年から98,99年の増加分を説明できないぞ。
これは、企業倒産の増加、不況の深刻化、離婚率上昇、自殺者増加で
警察も「遺書、平素の言動等により自殺するおそれがある家出人」と
して受理せざるを得ないケースが多かったのでは? と言っておく。
殺人の暗数増加という可能性は薄い。

推測に過ぎないし、スレ違いでもあるのでスルーしても構わない。
それと、俺は凶悪化を主張したい奴ではないのでよろしく。

http://plaza.rakuten.co.jp/shibu2003/diary/200509150000/
大人の家出、5年連続7万人超…10年前の3割増

未成年者の家出が微減傾向にあるのとは対照的に、
大人の家出が10年前に比べ、約30%も増えている。
仕事や家庭の悩みに耐えきれず、今の暮らしから逃れようとする人々。
その風潮に、自殺の増加と同じ要因を見る専門家もいる。

家出の理由で最も多いのは「家庭関係」で全体の19・8%。
次いで「事業・職業関係」(13・8%)、
「疾病関係」(12・4%)となっている

599 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:21:48 0
>>598
だからさー、推測とスレ違いでレスをするなと。

凶悪化証明とやらをずーっと待ってるのに埋もれちまうだろ。
まだかなー

600 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 14:27:22 0
>>599
今日中にはレスが来るだろ、落ち着いて待て。


推測だけどw

601 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 20:18:55 0

特異家出人の増加が殺人暗数を吸収して、殺人犯検挙率の高水準維持に
繋がっていることはまちがいないが、とりあえず最初に>>590への再反論から始めるぞ。

1)>凶悪化の定義だが、もっとも重要なのは成人と少年の刑法犯比率だ。

正しい。絶対数を基準にすると、凶悪性の指標にどの罪種を選択するかで、
恣意的に結果を操作できてしまう。殺人に絞れば犯罪は少なく見積もられ、
強姦致死傷や傷害致死を組み込めば多く見積もられる。また時間軸上の
増減によると、終戦後など異例な時期を基準にするなど、これも恣意的な
操作が可能になってしまう。唯一恣意性を排除して客観的に比較可能な方法は、
成人と少年の一般刑法犯比率の相対的な乖離を比較することだけだ。

2)>人口比において、成人の方が少年を上回るのが健全な社会状態と言える。

言える。日本は主要各国の間でも極めて治安のいい国だった。その特徴の一つ
に刑法犯少年比の低さがあげられる。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ
などでは、刑法犯少年比の高さが犯罪総数を押し上げる主たる要因になってきた。
近年各国とも少年犯罪対策に力を入れて少年比が下げ止まりの傾向をみせており、
結果、犯罪総数も頭打ちの傾向を見せている。つまり刑法犯少年比を下げること
が健全な社会を作ることに直結している。しかし、日本はその流れに逆行して
刑法犯少年比が上昇し、いまだ犯罪総数の多い欧米並の水準に近づいている。



602 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 20:19:15 0

3)>少年は成人にくらべ凶悪化していると言える。

○×の意味がいまいちよくわからんが、凶悪性の絶対基準がない以上、
比較対象をもうけて相対的に変化を見るしか、凶悪化しているかどうか
判断のしようがない。
明治初期には仇討ちがまだ合法だったが、今では殺人にカウントされてしまう。
尊属殺は1973年まで一般殺より重罪だった。刑法自体が時と共に変化する以上、
少年が凶悪化しているか否かは、成人比対少年比の相対的な比較しかできない。
昭和24年当時、少年と成人はほぼ同率で犯罪をおかしていたが、
現在は人口比で少年が5倍にも上回っている。これで少年が成人より
善良になっていると言えるのか? 凶悪化の判断は成人比対少年比によるべきだ。

603 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 22:08:34 0
>>601
だからさー、590で最初に書いてる一文しっかり読めよ。
あんたが>>589で証明したことは
『少年が成人と比べて犯罪傾向がある』という状態でしかないんだよ。
凶悪 化 という変化を証明できてない。
601、602で書いてあることは、凶悪化の証明になってないんだよ。
わからんか?

604 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 22:16:57 0
>>603
では逆に聞くぞ。「凶悪化」を恣意性をのぞいて普遍的に定義づける方法は?

605 :123:2005/11/15(火) 22:20:59 0
戦後昭和20年代〜平成にかけて発生した少女による毒殺事件一覧
これらの凶悪な少年犯罪を当時マスコミは今ほど大きく報道してたか?

少年犯罪データーベース 毒殺をする少女たち
ttp://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/archives/50209687.html

606 :人権派:2005/11/15(火) 22:22:55 0
本当は少年犯罪は増加傾向にあるのです。
戦後の混乱期から見るとそりゃ少年犯罪は総じて減少となるにきまっている。
強盗(集団暴行を伴う)の増加は甚だしい。
それから、事件の件数は警察の検挙率に影響するので事件として立件しないケースなどあまりあてにならない。

そこで、我々人権派は少年法を守るために、戦後からのデータを示して少年犯罪は減少している、だから少年法は堅持だと主張するわけですよ。
わっははは

愚か者め!
くだらん議論せんでいい
加害者の人権を擁護しなさい
アホども

607 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 22:25:34 0
その上で各個に反論
>>601
@恣意的も糞も、各項目ごとに凶悪化、増加の精査をすればいいだけ。
時間軸も終戦後を除去すればいいだけじゃん。
あなたは、自分に都合のいいデータを使うために、
それこそ“恣意的に”データの欠点を挙げてるだけ。
再三になるが、成人と比較しても凶悪化という、時間軸ベースの変化は観察できない。
終戦後10年の混乱期を除去して変化を追えば恣意的じゃないよねw

A健全な社会って何よw こんな言葉を安易に使うところからして(ry…。
ちなみにAの命題が必ずしも真でならないことは>>590A項目参照のこと。
あと、<刑法犯少年比の高さが犯罪総数を押し上げる主たる要因>ってのは論理的におかしいぞ。
因果が逆転してる。

B凶悪性の比較対照が間違ってる、というか、
このスレでは少年の凶悪性なんて誰も議論してない。
少年の凶悪性自体は常識と言っていいぐらい自明だし、異論はない。
このスレで問題視されてるのは、
【過去の少年w】と【現在の少年】の比較対照。
凶悪性の基準自体は証明しようとする人が初期段階で定義すればいい。


608 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 22:27:43 0
>>604
はっきり言って知らん。
「凶悪化」なんてほざいてるのは、増加凶悪化論者だからな。

俺は増加はともかく、凶悪化なんて確認できないから、
凶悪化論者にたずねてるだけなんですよw

609 :人権派:2005/11/15(火) 22:33:59 0
>>601 >>607
成人と何故比較するのか?
それが誤り
少年法は更生を担保として減刑されたり、保護されるものであって、再犯率を始めとして少年犯罪と成人犯罪を比較すること自体が誤りだ。
少年犯罪は殆どが集団暴行を伴う強盗など
強姦、集団暴行は少年犯罪の場合は極端に懲罰的に軽いため、仕返しなどを恐れて被害届けが最も出ない。
また、再犯の多い犯罪でもある。
従って、事件数の何倍もの犯罪が存在していると考える方が適切だ。
その証拠に集団暴行や強姦などの事件では犯罪が日常化していた加害者ばかりだ。


610 :123:2005/11/15(火) 22:50:52 0
昭和23年(1948).12.6〔中2女子(満13〜14歳)が厳しい母親に反発し一家皆殺し〕
昭和23年(1948).11.22〔16歳(満14〜15歳)が隣人を毒殺〕
昭和30年(1955).3.6〔17歳少女が弟を毒殺〕
昭和35年(1960).11.11〔17歳女がみそ汁に毒薬混入して18人皆殺し謀る〕
昭和5年(1930).7.1〔小6が級友7人を毒殺未遂〕

なぜこれらの少女による毒殺犯罪が今のように大きく報道されなかったのか?
理由は簡単。今の少年や若者はマスコミに意図的に集中攻撃されているのだ。


611 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:05:32 0
よし。おまえら少年善良化派にもわかるように簡単に説明してやるぞ。
「善人国」と「悪人国」がある。
「善人国」では暴力をふるったり、ましてや人を殺したりする人はいない。
そのため誰かに「死ねゴラァ」と言っただけで大変な重罪になる。
「善人国」はたぶん死刑は廃止しているから終身刑だろう。
一方「悪人国」では、相手を思いきり殴り合うのが日常の挨拶だ。
当たり所がよすぎて挨拶の相手を殺してしまうこともしばしばだが、
「悪人国」では過失致死として扱われ罰金刑ですむ。
この「悪人国」の刑法で「善人国」の犯罪を裁こうとしているのがおまえらだ。

612 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:11:58 0
>>611
少年善良化派とやらは、
少年を善人国人と看做すから、実態が悪人国人であるところの、
「悪人国人」の犯罪を「善人国」の刑法で処そうとしてる  だろ?

自分の例ぐらいまともに書けよ。
まともに書いたところで意味不明だが。

613 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:20:35 0
>>612
「悪人国」の刑法は「善人国」の刑法より軽いんだ。
だから「善人国」に不法入国した「悪人国人」を「善人国」の裁判官が
裁こうとすると、「悪人国人」が「善人国」の法律が厳しすぎると非難する。


614 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:26:14 0
>>613
な、なるほど。612発言を陳謝撤回。

とはいえスレ違いだぞ。
このスレの目的は、少年犯罪の増加凶悪化というミスリードを暴くことだけで、
少年法の理念を守ることではないからな。

俺は凶悪化には否定の立場だが、
いわゆる凶悪犯罪に関しては成人と同等にすべきだと思ってるからな。
つーか成人の規定も刑期を欧米並みにするべきだと思うし。

というわけで611の話は他でやっておくれ。

615 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:36:38 0
>>611の寓話は>>589,>>601-602で展開した論をアブストラクトしたものだ。
おわかりだと思うが、終戦直後の混乱期の日本や、治安の悪い諸外国が「悪人国」。
今現在の日本が「善人国」だ。犯罪少年は「善人国」に不法入国した「悪人国人」。
時空を超えた治外法権は認められない。

うーん、我ながら惚れ惚れするような名レスだなw


616 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:48:02 0
>>615
自惚れの典型だw
あと、終戦直後の混乱期ってお前の中で何年続いてるんだよ。

【少年は成人より凶悪】という論証自体は、“健全な社会”とかいう、
厨房単語を別にすればいいんじゃないの?
問題は、誰もそんな論証を要求してないことなんだけど。

凶悪化の証明をすることをあきらめたのか?

あと、犯罪者を「悪人国人」に擬制できたら、楽でいいですねwwww
高校生かよw


617 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:54:53 0
>>616
寓話は凶悪化の証明の前振りだよ。これから本題に入るわけさ。
その前に、ちょっと記念にこの名レスでテンプレ作るわ。
文句のある人は、その間にどうぞ。

618 :少年法により名無し:2005/11/15(火) 23:59:51 0
>>617
とりあえずコテハンになれ。
その上でどのレスがオマエのレスか全て抽出明示しろ。

あんまりたいした寓話じゃないから恥かくだけだろうけど、止めても無駄だな。

つーか、早く凶悪化の証明しろよ。

619 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/16(水) 00:06:22 0
>>618
とりあえず適当にコテハンにした。
レス抽出は大変なのであとまわし。
急ぐ話でもないから、明日まで勝手に話してていいよ。

620 :パンツァーファウスト:2005/11/16(水) 00:21:57 0
>>619
じゃあ俺も便宜上コテって見る。
レス抽出は是非やってくれ。俺もやるからさ。
>>563 572 574 >>575 587 >>590 >>597 599
>>603>>607>>608 612 >>614    
議論に直接関係あるところにはリンク付けといた。
つーか、登場以来ずーーーっと【凶悪化の証明】を求めてるな。
何故かまともに証明が返ってこないけどw頼むぜw


621 :パンツァーファウスト:2005/11/16(水) 00:23:55 0
訂正
>>563 572 574 >>576 587 >>590 >>597 599
>>603>>607>>608 612 >>614    
議論に直接関係あるところにはリンク付けといた。
つーか、登場以来ずーーーっと【凶悪化の証明】を求めてるな。


622 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/16(水) 02:16:56 0

善人国と悪人国

昔々、世界の果てに「善人国」と「悪人国」があった。
「善人国」には善人しか住んでいなかった。
善人ばかりなので暴力をふるったり、ましてや人を殺したりする人はいない。
それでもいつか使う日がくることもあろうかと刑法は定めていた。
「善人国」の刑法に死刑はなく、最高刑は終身刑だ。

一方「悪人国」では、相手を思いきり殴り合うのが日常の挨拶だった。
当たり所がよすぎて挨拶の相手を殺してしまうこともしばしばだったが、
「悪人国」では過失致死として扱われ罰金刑ですんだ。

ある日、「善人国」に不法入国した「悪人国人」が「善人国人」に
挨拶して殴り殺してしまった。
「善人国」の裁判官は、善人国史上類例をみない、この恐るべき犯罪を
犯した「悪人国人」に最高刑である終身刑を宣告した。

この報を聞いた「悪人国」の人々は、同胞の犯した微罪に対して
「善人国」の裁判官が下した、あまりにも厳しすぎる判決に憤激の声を
あげた。これを受け「悪人国」政府は「善人国」に宣戦布告した。
「悪人国」軍は破竹の勢いで勝利を重ね、たちまち「善人国」を占領した。
「悪人国」の凶暴な兵士は略奪と暴行を繰り返し、「善人国人」を
一人残らず虐殺してしまった。


623 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/16(水) 02:18:05 0

やがて時が立ち、「悪人国」の人々の乱暴な振る舞いは度を超し、
国中至る所でいさかいが絶えず、路傍に死体が山をなすようになった。
たまりかねた一部の人々は武器をとって立ち上がり、革命を起こした。

革命軍は政府軍を打ち破り、「悪人国」は革命政府が支配した。
新政府の最初の閣議では、国民の生命と財産を保護するため、
しっかりした法律を定め、子供の教育を厳しくすることが決められ、
国号も「善人国」とあらためられた。以後「善人国」では善政が
しかれて長い平和な時代が続き、国は繁栄した。

そんなある日、国境を越えて大軍が「善人国」に侵攻してきた。
「善人国」は、果敢にこれを迎え撃ったが、前線虚しく敗北した。

入城してきた侵略軍のかかげる恐ろしげな軍旗には誰も見覚えが
なかった。だがたった一人。鉄格子の入った刑務所の窓から
見下ろしていた終身刑の老囚人だけは、知っていた。
それが遠い昔に離れた彼の祖国「悪人国」の旗であることを。




624 :少年法により名無し:2005/11/16(水) 11:07:17 0
でもあくまでそれって検挙人員でしょ!?事件数とか検挙されていない事件とか
調べると大人の犯罪の方が圧倒的に多い気がするけど。まあこれはワレの推定だけど
だいたい9割くらいは成人の犯罪じゃないかな。

625 :少年法により名無し:2005/11/16(水) 14:30:15 0
平成15年(2003)の年齢階層別殺人率
未成年 20〜29歳 30〜39歳 40〜49歳 50〜59歳 60〜69歳 70歳〜
殺人数 96人(95) 268人 314人 212人 306人 186人 75人
殺人率 0.73(1.15) 1.58 1.73 1.34 1.60 1.18 0.44

未成年は19歳以下の殺人犯数すべてを10〜19歳の人口で割ったもの。
括弧内は14〜19歳の殺人犯数を14〜19歳の人口で割ったもの。

少年の殺人率の低さと20歳代を越える50歳代の高さが海外では見られない日本の特徴。
ちなみに60〜64歳は117人、1.41で、相対的に驚異的な高さとなっている。

http://kangaeru.s59.xrea.com/

626 :少年法により名無し:2005/11/16(水) 16:08:57 O
理由がわからない事件が増えてるよな
理由わかればまだ減らせるだろうが、わからなくちゃ無理だし

627 :少年法により名無し:2005/11/16(水) 16:28:13 0
>>626
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/
もう一度読んでみなよ。
わけのわからん犯罪が「ある」ことは確かだが、
それが「増えてる」と安易に言っちゃいけないよ。

628 :少年法により名無し:2005/11/16(水) 19:52:57 0
デタラメだけど増加してるって言った方が国民の皆さんが
少年法改正に賛同してくれるから

629 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/16(水) 22:15:13 0

では学生諸君。講義2日目にはいるぞ。
>>621-622の寓話が意味するところは皆理解できたと思う。

要旨を言えば、時間軸上においても空間軸上においても、「絶対数」を
基準にしている限り、少年が凶悪化しているか否かはおろか、社会全体
の治安が悪化しているか否かさえ判断できないということだ。

時代によって治安状態は刻々と変化する。戦国時代のように乱世が
続く時代もあれば、江戸時代のように長期間治安が保たれる時もある。
したがって、時間軸の切り取り方によって、同じ時点の犯罪について
増えているとも減っているともとらえることができる。社会規範その
ものが変化するのだから、その時代その時代で罪の概念も変わる。
もちろん国や地域によっても規範は変わる。

特に終戦後の急増期は、日本が戦争に敗北して史上初めて外国軍に
軍事占領されるという歴史的に未曾有の混乱期だった。領土も失い、
引揚者や復員兵があふれた、60年も前の特殊な時期を基準にする
ことは、現状を大きく見誤らせるものだ。

実際に犯罪被害にあっている被害者や、現場で体を張っている警察官
にとって、10年前よりは少年は凶悪になりましたが、60年前に
くらべればまだましですとか、ペルーに比べれば治安は安定して
いますなどと言われても何の気休めにもならない。



630 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/16(水) 22:16:44 0

さて次に、これを読んでくれ。
http://homepage3.nifty.com/Basketball-tutor/sports_life_saving/news/hige-news11.htm

NEVADAに殺された少女を救助しに、かけつけた救急隊員が、
死亡と判断せずに病院へ急いで搬送していたら、被害者少女は
一命をとりとめNEVADAは殺人未遂ですんだのではないかと
非難されている。救急隊員は気の毒にPTSDになってしまった。

今後さらに医療技術が進み、蘇生率が高まって、限りなく脳死に
近い患者も救える可能性が高くなれば、殺人犯の責任よりも、
救急隊員や病院の医師・看護師の責任の方が重く問われる時代に
なるだろう。現場に居合わせた第三者も、保護責任者とみなされれば、
遺棄致死罪に問われるかもしれない。脳死が一義的に人の死と
みなされれば、殺人の概念そのものまで変わってしまうわけだ。

絶対数の増減を比較している限り、時間的にも空間的にも
「凶悪化」しているか否かどころか、総数や人口比を正確に
比較することさえ不可能なのだ。同じアメリカでもサンフラン
シスコのスラムとアーミッシュの村とでは質的凶悪化の基準も
まったく異なるだろう。

では少年犯罪の動態を知ることは、量的にも質的にも不可能なのか。
有効な調査もできず、対策もとれないのか。
次回講義では、この点について検証してみよう。
ヒントは、>>621-622の寓話に隠されたもうひとつの意味だ。
もうわかっている者も多いと思うが、わからない者には宿題にしておく。
では、本日の講義はここまで。質問は気が向いたら答える。



631 :少年法により名無し:2005/11/16(水) 23:45:32 0
なぜ、警察庁は自らのサイトですら
殺人検挙率が95%前後であることを公表しないのだろう?
それを公表することにより殺人だけでも減らせることができると思うが
犯罪の中でも最も重罪なわけだから

「犯罪は殺人だけではない」という奴がいるが
殺人検挙率95%は公表して構わない、いや、むしろした方がいいと思う
全犯罪検挙率20%だけ公表したら
今なら、犯罪を犯しても捕まらない、と思うやつが出るばかりか
殺人も20%しか検挙できてないと思われてしまう
これはやばい。とてもやばい。

警察庁は殺人検挙率95%の事実を公表したら何か自分たちに都合が悪いわけ?

632 :631:2005/11/16(水) 23:59:04 0
殺人検挙率95%を公表することで、
「人を殺したら、まず捕まる」と世の中に広めれば加害者を出すことを防ぐのはもちろん、
犠牲者を減らすことにも繋がるだろうが

言わば、間接的に1人でも多くの命を救うことにつながるわけだよ
それを検挙率20%の事実だけ公表して権力を使って治安悪化を煽りやがって
警察は何考えてやがんだ?

殺人検挙率95%も口コミやチェーンメールで広めていこう

633 :パンツァーファウスト:2005/11/17(木) 09:51:50 0
>>629

>>622-623の寓話の意味するとこってあれだろ。
「妄想寓話書いて悦に入るような奴は、同様に、妄想で凶悪化を信じてる」ってことだろ?
他にも突っ込みどころはあるけど。

で、このスレのどこで、
戦国時代や江戸時代、戦後の混乱期と比較してる馬鹿がいるんだよ?
昭和30年以降のデータで比較すればいいだけだろ?
それとも昭和30年と今とでは「国」が違うのかよw

んで、平成5年と比べて今が凶悪化した、とあんたはリーディングしたわけだが、
それを証明しな。
頼むからさ、「時間軸上の凶悪 化 」を証明してくれないかな?
少年が凶悪なんてことは、誰でも知ってるわけで、
それをいまさら得意げに開陳されても困るわけ。

あんたが大学出てないからって、
今更発見したことをダラダラ垂れ流されてもねえ。

634 :パンツァーファウスト:2005/11/17(木) 09:58:52 0
>>630
リンク先見たけど、
>NEVADAは殺人未遂ですんだのではないかと 非難されている
非難されてるのか?これ?
行間読むならともかく妄想入れすぎだろ。

絶対数の増減比較がナンセンスなのは異議はない。
つーか、『凶悪化』とやらに懐疑的なのは、まずその観点からだからな。
序にそのデータでも『凶悪化』が否定されてるだけで。

少年犯罪の動態と対策はスレ違いなので、どっか他でやって下さいね。
あと、あんたのレス抽出してよ。
まさか、このスレで『増加だ凶悪化だ』って騒いでるの全てお前か?


635 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 16:23:26 0
>>625を見るには、「少年が」凶悪だということすら怪しいんだけどね。
相対的にではなく絶対的にだというのならまた話は違ってくるが、
「少年が」と特別に持ち出すからには、相対的にも凶悪性が
高いという意味を含んできてしまうだろう。

636 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 17:04:01 0
便利で豊かな国なのに
全世界で一番、自殺者が多い国。

これがすべてを物語っている。
このことをもっと認識していかなければならない。

637 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 17:06:53 0
へえ。まあ、確かに自殺者は多いな。
ちょっと精神力が弱いのかな、日本人って。

それとも追い込まれやすい世の中に構築されてるのかな?

638 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 17:12:09 0
かな。

639 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 17:19:34 0
少年犯罪板の話題ではないけれど。
自殺率が高いのも団塊世代。
近頃の大人は、他人の命も自分の命も大切に扱わない。

640 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 17:19:35 0
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/G-Jisatu.htm

そして自殺もまた多いのは中高年。
殺人率、自殺率共に自分たちの世代を下回る若者たちをつかまえて、
「最近の若者は命の尊さがわかっていない」とぼざく異常な国、それが日本。

641 :639:2005/11/17(木) 17:22:06 0
>>640
シンクロニシティですなw
まあ、語り尽くされた話題ではあるけれど。

642 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 17:24:30 0
ハハハ!いいね。ナイ巣台詞!
確かに納得。


643 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/17(木) 22:12:48 0

さあて講義3日目だ。いよいよ凶悪化の証明にはいるぞ。

まず宿題の答えだ。最初にこのグラフを見てくれ。人口比のラインに注目。
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h16zenbun/html/figure/img/fg0105010.jpg

そして次にこの図だ。
http://www.nikkeimm.co.jp/support/needs/pdf/dp040106.pdf

上は少年刑法犯検挙人員及び人口比の推移。
下は日本の景気循環。

似ているところがあるとは思うはずだ。
具体的に好不況の波と少年犯罪の波が一致しているとか、していないとか、
そういう観点ではなく、抽象的に曲線の形そのものに着目してくれ。

すると、どちらもサインカーブを描いている点が共通しているのがわかるだろう。
景気循環の概念図をみるとはっきりする。
http://ja.wikipedia.org/upload/c/c2/%E6%99%AF%E6%B0%97%E5%BE%AA%E7%92%B0.png

>>622-623の寓話に隠されたもうひとつの意味とは、この「循環構造」だ。

つまり少年犯罪は景気循環と同様の動態傾向を示している。
絶対値に着目しても、一向に少年犯罪の本質がつかめないのは
このためだ。絶対値ではなくサインカーブに着目しなくてはならない。



644 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/17(木) 22:16:26 0

今は史上最悪の不況の底をやっとついたところと言われているが、
それでも我々は北京原人に比べて豊かな暮らしをしている。
ホームレスの人々も缶ビールを飲んだりラジオを聞いたりして
健康的で文化的な暮らしをしている。
昔は飢饉で餓死者が出たが、今は失業しても死にはしない。

しかし絶対値として生活が豊かな時代でも、不況は不況だ。
不況になれば、なんとかしろと国民は政府に景気対策を強く求める。
なぜなら景気が「相対的に」下降局面にあるからだ。
絶対値において北京原人より豊かな暮らしをしているから
といって、政府の景気対策が必要ないとは誰も考えない。

「神の見えざる手」に頼っていれば、いずれは景気は回復するかも
しれないが、その間の大恐慌が、国家社会を破綻に追い込む。
革命や戦乱も起こるだろう。

そこで近代経済学は、それをさけるために、何らかの形で政府が
市場に介入することを支持するわけだ。ケインジアンはもちろん
新古典派経済学でも広義の社会保障・福祉・医療・教育などへの
最低限の政府介入は必要と考えている。

少年犯罪にも同じことが言える。重要なのはサインカーブの波を
小幅に抑え、かつ可能な限り低水準で長期間推移させることだ。

したがって、注目しなくてはならないのは、現在が上昇局面なのか
下降局面なのか、そのカーブは緩やかなのか急峻なのかが問題なのだ。
社会科学として少年犯罪を考えるなら、波の大小にとらわれていて
はならないのだ。



645 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/17(木) 22:20:10 0

量についてのみならず、質についても同じことが言える。
少年犯罪が凶悪であるかどうかを決める絶対基準は存在しない。
時代や国によって、また個人によってさえ悪質さの評価基準が
異なってしまう。

これは経済学における「限界効用逓減の法則」の真逆とみると
わかりやすい。一応おさらいしておこう。
砂漠で遭難した旅人にとって水一滴の価値はダイアモンドにも
等しいが、水道の蛇口からいくらでも水が飲める都市住民に
とってはコップ一杯の水もただ同然だ。
また一杯目のビールはうまいが、二杯目、三杯目と満足度が
下がっていく。有用性や希少性が低下するからだ。
これが「限界効用逓減の法則」だ。グラフにするとこうなる。
http://www.nikonet.or.jp/spring/sanae/MathTopic/teigen/teigen.htm



646 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/17(木) 22:23:38 0

犯罪被害について、この「限界効用逓減の法則」を当てはめてみよう。

一組の夫婦が十人以上子供を作るのが当たり前で、そのうち
半分くらいは病気で死んでしまったり、街で強盗に襲われて、
殺されてしまったりするようなことが当たり前の社会や時代では
子供一人の限界効用は低い。残りの子供を育てる楽しみが
悲しみをいやしてくれるだろうし、食い扶持が一人減って
経済的には豊かになる。跡継ぎは一人いれば充分だ。

逆に合計特殊出生率1.289などという現代日本の超少子化社会では、
子供の一人の限界効用は極めて高い。
一人っ子を殺されれば、子供全員を失ったことになる。
家族の三分の一を失ったダメージの大きさは計り知れない。
次世代を担う貴重な人材を失った国家的損失も大きい。

したがって殺人など人命被害に関しては前者のような社会に比べて
現代日本では最低限でも10倍以上の補正率をかける必要がある。

この場合、被害者の年齢を問わず一律の補正率をかけなくてはならない。
高齢者の命が軽んじられるというモラルハザードを防ぐためだ。
また国立社会保障・人口問題研究所の予測によれば2080年
には日本の人口は8000万人程度まで減少するので、この場合
さらに補正率を大きくする必要がある。



647 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/17(木) 22:25:46 0

これに対し財物の限界効用は、物質的に豊かな社会・時代では小さい。
なるべく単価の高い商品を大量に盗み出さないと割りに合わない。
横領や窃盗の認知件数が激増するのはこのためである。
単価の低さによる罪悪感の低減もこれに拍車をかける。
しかし、安いものなら盗んでもいいというモラルハザードを
防ぐために、財物被害に減少補正率をかけてはならない。

具体的な補正率の算出は公正な第三者機関に任せるとしても、
少年犯罪者は被害の程度において過去の同年代の少年にくらべて、
数十倍の凶悪な犯行を行うようになったことは確実だ。

ここでQ.E.D.としてもいいが、共時的な少年と成人の凶悪化を
比較するために考察を続ける。
本日の講義は終了。


648 :パンツァーファウスト:2005/11/17(木) 22:29:48 0
>>643
だめだこりゃ。
グラフの比較で相関関係を調べるんじゃなくて、“曲線の形”を主観的に判断しろと?
しかも景気のグラフ出せば波形描くのなんか当たり前じゃん。
こういったグラフの場合それこそ『時系列』の遅行で関係を掴むのが鉄則なのだがな。

仮にサインカーブに着目しても、
犯罪数の推移の動態は掴めても、質の推移は全く掴めないのだがな。

>>644
もうぐちゃぐちゃやね。
疲れたから一つだけ聞かせてくれ。
>注目しなくてはならないのは、緩やかなのか急峻なのかが問題なのだ。
>社会科学として少年犯罪を考えるなら、波の大小にとらわれていてはならないのだ。
どっちだよw

649 :パンツァーファウスト:2005/11/17(木) 22:41:11 0
>>645-647
人の命に「限界効用逓減の法則」とやらを適用する段階で絶句。
人権派みたいで嫌だが、さすがに人間の価値にあからさまに差をつけるのはねえ。

あと、財物にはモラルハザードの観点から減少補正をかけるなって647では主張するのに、
646では人命には減少補正をかけようっていう訳だw

んで、あんたの俺様理論ではもっとも重要な、
補正率の数字はなしで、主観で
>少年犯罪者は被害の程度において過去の同年代の少年にくらべて、
>数十倍の凶悪な犯行を行うようになったことは確実だ。
ですか。

減少補正率理論を仮に検討しても、
最後の『俺が思うから数十倍凶悪』じゃ論証になってませんぜ。


でさ、頼むからあんたのレスを抽出しろよ。
あんたやるって言ったじゃん。約束も守れんのかよ。



650 :少年法により名無し:2005/11/17(木) 23:00:54 0
>>649
>人の命に「限界効用逓減の法則」とやらを適用する段階で絶句。
>人権派みたいで嫌だが、さすがに人間の価値にあからさまに差をつけるのはねえ。

被害の程度に着目して凶悪度を決めろって言ってんだからいいんじゃね?
民事の賠償金額算定法を刑事事件の被害算定にも応用しろってことだろ


651 :パンツァーファウスト:2005/11/17(木) 23:15:33 0
>>650
違うだろ。
彼の理屈は、被害の程度を経済的影響に求めてるんだぞ。
彼の理屈の延長線上には、
1人っ子が殺された場合と3人兄弟の誰かが殺された場合では、凶悪度が違い、
限界効用逓減で3人兄弟の場合は一人っ子の3分の一の凶悪度、
ひいては罪刑も3分の一になるんだぜ。

つーか、戦車男とやらの理屈を受け入れられるのか…

652 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/17(木) 23:28:01 0
>>651
ああ、そのレスには答えておかんといかんな。

刑事裁判の量刑に応用しろなどと無茶なことは言っていない。
あくまでも統計上において過去の同一年齢層との凶悪化度を
比較するための話だ。誤解の無いように。

ちなみに読めばわかると思うが、経済的影響だけでなく
精神的被害や国家や社会に与える無形の損害なども
補正率に含まれるぞ。



653 :パンツァーファウスト:2005/11/17(木) 23:39:11 0
>>652
あ、そう。他の突っ込みには答えないわけだな。

昭和30年代の子沢山世代の殺人1件は、
現代の殺人1件と比較して取るに足りないわけなんだ。
そりゃそんなあほな前提入れれば、最近は凶悪化してますねwww

もう疲れたよ、ママン

654 : ◆cDHwwwva1A :2005/11/18(金) 02:05:34 0 ?###
ここは酷いインターネッツですねw

655 :少年法により名無し:2005/11/18(金) 10:30:15 0
>>640
ttp://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/2005/02/post_3588.html

「最近の子どもはかなりの割合で死んだ人が生き返ると思っている」と
大々的に報道された意識調査。しかし、その実態は稚拙極まりない
調査から得られたデータを、恣意的、強引に解釈して導き出された結論だった。
「最近の子どもは歪んでいる」と考える中高年達の考えが、
いかに歪んでいるかを典型的に示す例だな。>>149もしかり。

656 :少年法により名無し:2005/11/18(金) 11:13:51 0
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/searchdiary?word=%BE%AF%C7%AF%C8%C8%BA%E1&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail

マス・メディアは、華々しく事件にスポットライトを当てて
識者と呼ばれる人々を動員して論じさせ
「凶悪化した」「社会性を失った」「子どもが変だ」「子どもが見えない」
「あぶない○○歳」「キレる若者」
「あなたのまわりの普通の子も、いつなんどき人を殺すかもしれない」
といったキャッチフレーズをまきちらし
「何をやるかわからない」青少年に対する不安をかきたて、社会問題を構築する。

この不安によって、テレビは見てもらえ、新聞や雑誌は読んでもらえる。
いわば事件というお祭りによってマス・メディアの縁日(言説市場)がにぎわい
青少年に対するネガティヴ・イメージの企画が売れる。
このにぎわいを政治が利用する。

657 :少年法により名無し:2005/11/18(金) 12:54:56 0
っうっへぇ
ウエダです。
将来の夢は居酒屋経営です。土日のことを話します。
クワガタについて調べました。これかって思ったんだけど、
向きが違っていて、もう一回調べたらあってました。
次の日、朝食を食べる時間がなくバナナを食べました。
バナナは腹持ちがいい。
そのあとバイトにいって26E9−Aを30個作りました。
居酒屋経営もいいけどトラックの運転手もいいなぁ。
うっすらはげて来ました。
ウエダ真拳は最強です。ウエダバタフライナイフやります!

658 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/18(金) 22:31:21 0

学生諸君。講義4日目だ。

 ―ボクには一人の人間を二度殺す能力が備わっている―

言うまでもなく酒鬼薔薇聖斗の言葉だ。彼は現代の日本社会において、
殺人被害の限界効用が増大していることを直感的に知っていたのだ。
http://www.j-area2.com/news/sakakibara.html

殺人の絶対数が減少しても、人々が実感する悲しみ、怒り、恐怖が
増大する一方なのは、「限界効用」の増大によって、被害者や遺族、
地域や国家社会が受ける被害の程度が激増するためであることを
前回の講義で明らかにした。

刑法が制定された明治40年の時点で、立法者が想定していた
殺人による被害度を仮に1とする。この1は殺人という罪による
被害のY切片であり、いわば基本料金のようなものである。



659 :少年法により名無し:2005/11/18(金) 22:32:38 0
     )     __      r(    ,、_         /俺 こ
  あ (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr〜ヅ´ ミ        ,'. の ん
  あ  /            ヽ フハ    _ ミ        {. 番 ど
.  っ  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  だ は
   !!   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  ろ
     (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\
       V     ヽ      /         {        \    \\


660 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/18(金) 22:32:47 0

しかし、社会は明治時代と大きく変わっている。高齢化が進み、
平均余命も伸びたので、同一年齢における逸失利益も増大した。
少子化が進み、将来を担う子供の社会資源としての価値も増大した。
核家族化が進み一人の損失が家族の崩壊に直結するようになった。
母一人子一人の母子家庭で母親が殺され、親族は特別養護老人ホーム
にいる認知症の祖母だけだったら、残された子供の被った被害は
精神的にも社会的にも、あまりにも大きい。

それなのに刑法の認識は明治40年に定めた被害度1のままである。
遺族や社会が被った実質被害は10にも100にも増えているのに
裁判官の認める被害度は1のまま。残りの99はどうなるのか。
時に人々が、死刑より重い刑を切望するのは、この99の被害が
無視され、それを遺族や社会が負担しているからである。

続いて少年犯罪の「凶悪化」を、この「社会に対する負荷」という
観点から考察してみよう。



661 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/18(金) 22:33:58 0

中学生が堂々と道ばたで煙草を吸っていても、大人が注意しづらい。
この場合は大人の方に精神的なストレスがたまるが、このくらいの
不愉快さなら負荷を個人レベルで吸収できるだろう。
しかし少年の横暴がさらにエスカレートしてくれば、それに応じて
防犯コストが高まる。

ママチャリを盗まれたとする。替わりに新しい防犯対策付き自転車を
買うのに4万円。パートを欠勤してしまったのでマイナス9千円。
買い物と保育園の送り迎えでバス代千円。合計5万円の損害だ。

電動アシストや原付ならもっと高い。4輪車ならさらに高い。
住宅も守らなくてはならないし、万が一にそなえて生命保険や
損害保険も大目にかけておかなくてはならない。

いつも通勤に使っていた近道で最近少年による強盗が増えているので、
早起きして遠回りして一つ前の駅で乗ることにした。
地元の公立中は、校内暴力やいじめが激しいので、子供は進学塾に
通わせて、私立に入れることにした。塾への道のりも危険なので
携帯電話を持たせ、帰りは母親が車で迎えに行く。

金と労力がどんどんかかるが、こうやって個人としての大人が負荷を
吸収できているうちはまだいい。コンビニや個人商店も万引き対策に
経費と労働力をさかれる。やがて地域レベル。自治体レベル。
そして国家レベルで負荷を吸収する必要にせまられるようになる。



662 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/18(金) 22:39:28 0

任意の年に国民全体が負担する犯罪負荷総量は、認知件数などで
明らかな顕在負荷量と、潜在化している社会吸収量の和である。
任意の年の犯罪負荷総量は次の式で表される。

  犯罪負荷総量=顕在的負荷量+潜在的負荷量(社会吸収量)

潜在的社会吸収量は国家負担分と民間・個人負担分の和である。
いわゆる「体感治安の悪化」は、潜在的社会吸収量の増大を意味する。

次回講義では、少年犯罪の凶悪化を示す指標について考察する。
では本日の講義を終わる。


663 :パンツァーファウスト:2005/11/19(土) 08:12:05 0
もう相手にしないほうがいいのかな?

こっちの反論に一切回答せず自説垂れ流しのオナニーだからな。
あんたの限界効用理論はほんと意味不明。
過去と現在の犯罪に軽重をつけるだけでなく、
3歳の児童、20歳の青年、40歳の中年、70歳の老人でも、
逸失利益や反響が違うから、統計上とはいえ凶悪度の軽重をつけるんだろ?
つきあいきれんね。

あと、その限界効用理論は成人犯罪であろうと、
同様に応用されるはずなのだが、
何故、少年犯罪にだけ特化して主張するのかもわからん。


つーか、もう無茶苦茶やねん。
確認できるだけで>>589から電波理論振りかざしてるけど、
頼むから、 大学位出てから人に意見しな。

664 :少年法により名無し:2005/11/19(土) 09:48:48 0
     )     __      r(    ,、_         /俺 こ
  あ (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr〜ヅ´ ミ        ,'. の ん
  あ  /            ヽ フハ    _ ミ        {. 番 ど
.  っ  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  だ は
   !!   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  ろ
     (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\


665 :少年法により名無し:2005/11/19(土) 12:35:22 0
>>663
戦車男はモラルハザードとか言ってるから年齢で軽重つけないんじゃね?

666 :少年法により名無し:2005/11/19(土) 17:16:20 0
>>661
万引きについて>>271

667 :少年法により名無し:2005/11/19(土) 17:23:43 0
>一組の夫婦が十人以上子供を作るのが当たり前で、そのうち
> 半 分 く ら い は 病 気 で死んでしまったり、
>街で強盗に襲われて 殺 さ れ て しまったりするようなことが
>当 た り 前 の社会や時代では
>子供一人の限界効用は低い。

子供(一組夫婦で十人以上・・・)の半分以上が病気・他殺で死ぬのが
「当たり前」の社会って何時の時代ですか?
戦車男氏は戦国時代の話をしているのか?

>現代日本では最低限でも10倍以上の補正率をかける必要がある。
>この場合、被害者の年齢を問わず一律の補正率をかけなくてはならない。
>高齢者の命が軽んじられるというモラルハザードを防ぐためだ。

その時代の豊かさ・出生率によって異なる補正率が必要といいながら
同時代の被害者には「モラルハザード」防止の為、同じ補正率を適用すると言う。

あのー
こんな2重基準では、貧困・子沢山の時代が今後再来すれば
必ず「モラルハザード」が発生すると思うが。

668 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/19(土) 22:28:46 0

学生諸君。講義5日目を迎えた。

前回の講義では、犯罪負荷総量が顕在的負荷量と潜在的負荷量
(社会吸収量)の和であることを示した。

  犯罪負荷総量=顕在的負荷量+潜在的負荷量(社会吸収量)

さて、この犯罪負荷総量が際限なく増加していき、国家社会でさえ、
吸収し得なくなった場合どうなるかを考察してみよう。

警察はもとより家裁・児童相談所など司法・行政の各機関、救急・病院
など社会のあらゆるシステムに負荷がかかる。間接的に被害を受ける者
も増えるだろう。NEVADA事件の救急隊員は間接被害者の典型例だ。

警察力の増強や矯正施設の拡充、防犯対策の向上、被害者支援など
医療費支出など色々あるが、これらはすべて公的資金でまかなわれる。
その財源は税金であり、納税者は「大人」たちなのだ。
まさに社会の「不良債権」であり「累積債務」だ。

税収には限りがあるので、国家も少年犯罪の負荷を吸収できなくなる
時は必ず来る。この段階で少年犯罪は上昇局面へと完全に転換する。


669 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/19(土) 22:30:42 0

最初は軽微な犯罪で満足していた犯罪少年達も、国家や社会すら
彼らの与える負荷を吸収できないとわかると、たちまち増長しだす。
そして横領・窃盗から、強盗・強姦・傷害・殺人へと次々に社会への
負荷を増大させてくる。量的にエスカレートするだけでなく、
質的にもエスカレート、すなわち「凶悪化」していくのである。

ここに至り、国家は少年犯罪への厳罰化しか対処の方法がなくなる。
少年法を改正強化し、これまで社会が吸収していた負荷を、厳罰化
という形で、少年犯罪者に負担させるしかなくなる。この繰り返しだ。
これが少年犯罪が質的にも循環を繰り返すメカニズムである。

不況期でも過去より豊かであるからといって、景気対策が不必要とは
ならないように、治安においても、過去とくらべて安全であるからと
いって犯罪対策が不必要になることはありえない。むしろ、被害の
限界効用が増大することで、よりよい治安状態が必要とされるのだ。



670 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/19(土) 22:32:31 0

犯罪負荷、すなわち被害の程度という観点でみることによって、
「凶悪化」の程度を計量化する場合に罪種による区別は不要となる。
被害の度合いにおいて、量の増加は質の凶悪化に比例するからだ。

仮に殺人1件のもたらす負荷が強盗傷害10件に等しいとしよう。
この場合殺人が1件で強盗傷害が0件の場合も、殺人が0件で
強盗傷害が10件であっても犯罪負荷量は等しいのである。

被害の度合いにおいて「凶悪化」は犯罪負荷総量の増大に比例する。
これは顕在的負荷量のみならず、潜在的社会吸収量においても同様である。

潜在的負荷量の内訳には、一般的な防犯コストが含まれるのみならず、
遺族やPTSD患者の精神負担、いじめや校内暴力に起因する不登校など
様々な態様の負荷が含まれている。

少年凶悪犯の絶対数の増加以上に、人々が凶悪化の恐怖を感じるのは、
「凶悪化」相当分を社会や個人が吸収し、潜在的負荷が増大しているからである。

単純化したモデルケースを考えてみよう。
荒れた中学がある。校内ではナイフや改造銃で武装した犯罪少年グループが
はばをきかせて、教師や他の善良な生徒が萎縮し、中には校内暴力を受けて
登校できなくなったものもいるという状態である。もし犯罪少年グループに
注意しようものなら殺されかねない。だからみんな我慢している。
この「みんなが我慢している部分」が「凶悪化」を表面上隠蔽し、
不可視化しているのだ。

流血を恐れた臆病な国民が、少年独裁者の支配に屈従しているのである。



671 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/19(土) 22:37:38 0

では少年犯罪の凶悪化、質的エスカレートに最も連動する指標は何か。

それは、「犯罪の少年比と成人比の乖離率」である。

成人もむろん犯罪を犯すから、それも社会に対する負荷になる。
顕在的負荷量におけるその割合は犯罪の少年比と成人比で示される。
潜在的負荷量=社会吸収量における割合も、ほぼ同率と推定される。
相対的な比率を比べるなら補正を加える必要もない。

犯罪負荷の総量・質ともに時代や社会によって異なる以上、
少年犯罪の凶悪化とは少年による犯罪負荷と成人による犯罪負荷の
比率の変化をみる以外に計量的方法は存在しない。

最も重要なことは、犯罪者が成人であるにせよ、少年であるにせよ、
その犯罪負荷総量を負担するのは「少年をのぞく成人社会」であることだ。

むろん少年も犯罪の被害者になりうるが、その被害者少年の救助や
その後のケアに関するコストを最終的に負担するのは納税者たる成人である。

したがって「犯罪の少年比と成人比の乖離率」は、犯罪負荷総量に
おける両者の比率に連動するとともに、これに比例する
そして少年犯罪の「凶悪化」にも連動する。
量的増加が質的「凶悪化」と比例する過程はすでにしめした。
またその「凶悪化」相当分の負荷を社会が吸収・負担していることも
すでにしめした。



672 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/19(土) 22:39:31 0

結論を言おう。

「少年犯罪の増加」とは「刑法犯少年比が上昇局面にあること」である。

「少年犯罪の凶悪化」とは「犯罪の少年比と成人比の乖離率増大」である。

したがって現在「少年犯罪は増加・凶悪化している」。

「昔もあった。昔の方がひどかった」というのは史学や民俗学や文学の
分野の話題であって、そもそも社会科学の扱うべき問題ではないのだ。
スレタイの主張は、この根本的な部分で重大な過ちを犯している。

反論レスへの回答は、今回までの講義内容にもれなく含まれていると
考えている。誤読・曲解による反論は無視した。不充分であれば指摘してくれ。

これにて全講義を終了するが、反論側諸君はもちろん、賛成してくれる諸君も、
部分的には賛成できる、あるいはここだけは反対だという諸君も、
本理論について忌憚ない意見を寄せてくれたまえ。
それでは諸君。
Boys, be ambitious like this old man !




673 :少年法により名無し:2005/11/19(土) 23:27:36 0
>>672
ttp://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/image/z3000015.png
つまりお前はこのグラフの赤と緑の差が開くほど少年犯罪が増加凶悪化してると言いたいわけだ
もっと簡単に言えんのかw

674 :少年法により名無し:2005/11/19(土) 23:35:53 0
  あ (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr〜ヅ´ ミ        ,'. の ん
  あ  /            ヽ フハ    _ ミ        {. 番 ど
.  っ  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  だ は
   !!   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  ろ
     (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\


675 :パンツァーファウスト:2005/11/20(日) 09:43:10 0
>>665
確かに過去の記述中にその旨書いてるな。
ならば>>660の書き込みは論理の混乱だな。不要な記述。
さらに言えば、モラルハザードを論理の帰結とする理論は、
故に現実的でないということも証明するのだけど、
彼の場合は無視するんだろうね。

676 :パンツァーファウスト:2005/11/20(日) 09:53:39 0
>>670
>被害の度合いにおいて、量の増加は質の凶悪化に比例するからだ。
>量的増加が質的「凶悪化」と比例する過程はすでにしめした。
???
まさか>>670の2段目3段目の内容がそれですか?


結論、
質の凶悪化を社会科学で扱うことの無意味さには異論ない。
つーか、凶悪化論に懐疑的なのはその観点からだからな。
ただ、オマエの簡単に言えば、
『量の増加』が『凶悪化』を証明してるという理論には賛同できない。

凶悪化という主観をなんとか社会科学上の客観性に置き換えようとした努力は認めるが、
『量の増加』は『凶悪化』を示してるんだーーー、では客観的論証にならん。
つーか、あんたの使う『凶悪化』ってのが、一般人の使うそれと乖離しすぎ。



677 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 10:56:50 0
まだやってるんだね。
過去と比較して「増えた減った」「質がどうこう」
ばかじゃねえの?

現実に対処するのは当たり前だろ。
「今悪い」という現実に対処するなってか?

比較する問題じゃねえだろうが。



678 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/20(日) 11:03:29 0
>>676
パンツァーファウストよ。おまえに特別にわかりやすい説明をしてやろう。
戦死1名と戦傷10名では、部隊にとって後者の方が被害が大きいことは
わかるだろう? 前者では分隊火力1の損耗だが、後者では分隊全滅だ。
これが戦傷1000名なら一個大隊全滅だ。

殺人も強盗傷害も、どちらも集団としての人間に対する危害と考えた場合、
その悪質性は量的にはかるしかないのだよ。

殺人と強盗傷害に質的差異を設けた時点で、すでに悪しき個人主義の罠に
はまっているのだ。

>>677
聡明な答えだ。吾輩の言いたいことを簡潔に述べてくれたな。


679 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 11:25:07 0
覚醒剤の売人・覚醒剤に溺れる人達・警察賄賂・未公開株詐欺の手口・・すべて実話です。
http://hss.0ch.biz/
人気WEBランキング3位
私は、この時の出来事を、綾瀬署の捜査の方、捜査課長と高橋さんに
確認しました。
刑事課、(前)課長は、Yに連絡した刑事がいるという事を知らなかったようでした
が、高橋さんは、確かに、誰か、Yに連絡した事実はあると、言っていま
した。
警察(綾瀬署)は、Yに、前もって家宅捜査の情報を、流していたのです。
・・・詳細、覚醒剤を売る人達
Yは、わたしが逮捕された時、自分が
逮捕される事をふせぐ為に、
ある刑事Tさんに100万円のお金を渡したそうです。
Yから聞きました。その証拠に、Yが話した事(T刑事に100万円のお金を渡したという内容。)、
すべてテープに録音してあります。
・・・詳細、嘆願書

680 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 11:52:30 0
>>678
聡明というかね、どうも数字ゲーム見てる気がしてならないのよ。
犯罪を数字で片付ける自体、おこがましいし思い上がってると思う。
犯罪で人が傷つき、死んでるんだよ。
それにどう対処するかを言うのに、なぜ数字を持ってくるのかそれ自体納得できない。

95%の殺人検挙率を誇ったところで残り5%にとっては役立たず。

要は「罰」がきちんと機能してないのが問題なんだからさ。
数字がどうあれ、それに対する対処はきちんとしなければいけない。





681 :パンツァーファウスト:2005/11/20(日) 14:28:53 0
>>678
だからさ、損害の『量』をなんで『凶悪化』という『質』の問題にするのかがわからん。
あんたの説明では、その概念の置き換えの説明が抜けてるんだよ。

>>677の内容が戦車男の言いたいことだって????
677は「増加凶悪化っていう事自体が意味ないっ」って言ってるんだぞ。
少年犯罪の分析と対策はこのスレの内容じゃないってだいぶ前に言ってるよね。

少年犯罪への対策を歪めてるのが、「増加凶悪化」論者でウザイんだよ。

682 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/20(日) 15:01:47 0
>>680-681
確かに無為な数字にこだわった点に関しては吾輩も自戒する必要があるな。
凶悪化を「集団としての人間社会に対する被害の増大」と定義することに
よって少年犯罪の凶悪化を計量的に証明できたと考えているのだが、
理論の精緻化という点で、まだ不足があることは認める。
またこの理論が、たった今起きている犯罪の被害者を助けるためには、
直接的には役立たないことも認める。

ただ言い訳をさせてもらえば、「凶悪化幻想論」が、数字を盾に少年犯罪への
厳罰化を阻止しようとしている以上、数字による過去との単純比較が
無意味であることを、なんとしても証明しておかねばならんと考えたのだ。
その意味では吾輩も「幻想論」の罠に結果的にはまってしまったのだろうな。

以後、吾輩の理論は、数字を盾に少年犯罪者を擁護しようとする
曲学阿世の徒を論破して、刑罰体系の厳正化を実現するための
有効な「道具」として使ってくれれば幸いである。



683 :たまたま覗き込んだSUU -1:2005/11/20(日) 16:33:55 0
ご注告
 はじめの100件と最近50件を見ただけですが、書きます。
 独自にね。混乱させますか?−−ごめんなさい。簡略でないかもしれない。

数字と意味と質について
 「少年犯罪の増加・凶悪化はでたらめ」 というスレである以上、問題意識は近年の傾向として正しいか、ということになるはず。
 そして考えるたびに、こういう意味ではこうだった、という‘事実と意味の確認の積み重ね’が大事だと思う。
 また
 量が増加すれば、それは雰囲気として精神的に汚染され、質に変化する。
 現在がどの段階かは微妙だし、またすぐ変化するだろうから、細かい判定は対策専門家でないと意味がないと思う。



684 :たまたま覗き込んだ...-2:2005/11/20(日) 16:34:54 0
予想
 成立すると思うこと。
1 バブル崩壊以来の不景気による少年犯罪の増加。
2 殺人・強姦は検挙率も高く増えていないらしい。この二つは知り合い同士で発生することが多いとされている。
3 >655 今の子どもに死がわかってない子が多いというのは、もともと長崎県の一教師がクラスで調べたことが始まり。長崎県教育委員会の調査はその影響でされた。
4 少子化で子どもにかける時間が増えているはずなのに、子どもがわからないと言う――報道がされる。
5 2年ほど前のNHK教育でやってたが、’90年代に入って、ふつうの子が残酷なことをするようになってわからなくなった、という少年問題関係者の言葉がある。
  以前は「つかまらなきゃいい」だったのが、今は「捕まってもいい」になったと。
7 日常ことばが汚くなっている。(もちろ戦後しばらくも汚かったはずだ)
8 社会的な雰囲気の影響はある。

概観
 つまり、問題の焦点は「子どもがわからない不安」 だと思う。
 わが子をわかってやればいいということではない。わが子の生育環境という方だろう。
 「豊かになったのに、なぜ?」という思いが大人世代にあるのだと思う。
 たぶん、各世代を含めたシンクロニシティ(同時代性)だと思う。つまり、人間観の問題であり、疑問であって、責任の押し付けの問題としてのみ一般の親が感じているわけではなかろう。



685 :たまたま覗き込んだ...-3:2005/11/20(日) 16:37:11 0
さらに考察
0 統計について、古すぎる統計は比較にならない。
  たとえば強盗について戦後2度目のピークは昭和35年=1960年だが
 『  高度経済成長は1960年頃から始まりました。池田勇人氏が大蔵大臣として、またのちに首相として所得倍増計画を提唱し、日本は経済至上主義に傾いていきました。
 当時の日本は、今では考えられないくらい貧しかったのです。文字通り明日食べるものがないという時代で、盗みに入った泥棒が、お釜の中のごはんを盗むような貧しさでした。
 だからこそ、国を豊かにするというこの高度成長政策は国民に熱狂的に支持されました。』

 たぶんその他にも、犯罪感覚・人間感覚・・・いろんなものが違い、事実に対しての数字の現れ方にも違いがあるのが当然。違わないことの方を注意して取り出す方が正常だろう。

1〜7について。
1→統計の取り方によって変化している年はある。しかし全体的な増大がそのせいだとは説明できない。
  それと、
  バブル崩壊による、みんなが豊かになる未来像の消滅。日中摩擦など日本叩きが日本人によってなされていることも、子どもの世界観に影響を与えているかも。

2→強盗が増えていることと殺人・強姦が横ばいなのは質的に別だとも言えそうだが、後者は検挙され易さが犯罪を防いでいるかもしれない。

5→ ’90以前から、最近の子は何をするかわからない、という言い方があった。これが凶悪関係にシフトしてきたということが想像できる

3〜7 NHK教育でやってる教育関係の内容からすると、子どもの人間関係にリアリティが育ってない、ということだと思う。
 現代都市の中で子どもの一日は旅のようなもので、ちょっと移動するとばらばらの世界に移っている、というのもあった。 



686 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 16:51:52 0
>>677
このスレからは外れるが、問題はその
>「今悪い」という現実
にどれほどの確かさがあるというのかってことだよ。
過去との比較はそれを検証する有効な方法の一つであることは確かだろ。

現代の少年凶悪犯罪は、過去(戦後)との比較、外国(それなりの先進国)との比較、
いずれにおいても相当に少ないものとなっている。()内の制限はあるが。
この現実の中で、どうして「少年犯罪は凶悪化している」という言説が蔓延しているのか、
そのような言説に従った「対処」が本当に望ましい結果を生むのか、
考え直して見てもいいんじゃないのかね。アメリカにおいては世論の後押しを
受けて少年犯罪の厳罰化が行われたが、逆に犯罪は悪化したという
実例もある(解釈の余地は充分にあるが基本的に)。
ttp://www.kodomonoshiten.net/shonenhoUSA.htm
ttp://www.kodomonoshiten.net/shonenhoUSA2.htm

687 :たまたま覗き込んだ...-4:2005/11/20(日) 17:05:47 0
結論
 一般に凶悪さ・凶悪な手口の知恵が身近になっている。
 罪悪感・他人の存在感が希薄化、というか相対化。
 昔は顔で判断して許してやれば反省して済んでいたことが、反省すると信じられなくなって事件化する。
 ――つまり環境の自由の増大が悪い方にも影響し、なんでもありになってきている、というベースがあるのだろう。
 この何でもありの傾向は、大人にも、マスコミにも、マスコミ批評にもあるので、同時代性と見るのが正しいだろう。

 これに現在は、不景気が影響している。
 そういう意味では戦争直後に似てきているかも。

 同時代性の影響を受けるルートとして、日常の言葉が汚いといわれることに注目する。
 ただ、乱暴でない論理を使える大人が多いとも思いにくいが。


追加
 バブルのときの万引きと今の万引きは、店を潰しかねない違いがある。それを知っててなお万引きするのは同じ質のものではなく凶悪だ。店を潰したということを平気で言ったタレントもいたようだし。
 警察の強盗の定義が厳しくなったのはこういう事情があるのかも知れない。

 655紹介先の新・後藤和智事務所というところこそ、手元の統計が本当に示している範囲を探ろうとせず、情報にブロックをかけていて信用できない。こういう意図の疑わしい連中がいる。
 子どもの犯罪を叫んで商売にする連中がいるにしろ、マッチポンプ式に自分の商売のつごうのいい範囲に留めたがる連中もいるのでは。

 書き込み禁止を食らって遅れてしまった。
 リアルタイムでやりとりする気はないので、次は1週間ほど先かも知れません。
 


688 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 17:22:21 O
子供の時は人、物事に興味を持ち、周りの人達とコミニュケーションを取ったり、自分で考えながら経験、知識、知恵等を積み重ねていくハズなのだが、今日ではその過程を経る前に簡単に答えが見つかってしまう=知識だけが先走ってしまいやすい環境がある。
子供のうちから知識が知恵を用いる筈の範囲越えてしまうと知恵から生まれる筈の判断力はどうなる?
乱文スマソ。

689 :たまたま覗き込んだ...-5:2005/11/20(日) 17:23:50 0
 追伸
 数の問題としては、数年前までは多少の厳罰化は有効だったのでは。
 数が減れば、雰囲気は減る。テレビ、漫画などの扱いも厳罰化で戒めやすさに向かう。幼稚な犯罪による環境悪化を防げたかもしれない。
 しかし、下流社会になってしまうと、それは怪しい。


690 :たまたま覗き込んだ..:2005/11/20(日) 17:27:26 0
>688
 佐世保のがそれみたいだと・・
 一般の例は知らない。
 ただ、夏と冬の二季節として見ると、季節の変わり目に目新しい種の事件が起きる気が・・



691 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 17:27:49 0
レイプも刃物関連の傷害も団塊の世代と呼ばれた奴等の少年時代のほうが凄まじかった
そして現在の凶悪事件数も団塊の世代50-60がTOPなんだよな

692 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 17:32:36 0
バタフライナイフ騒動の時に未曾有の事態のようにマスコミは報じていたが、
実は過去にも社会党委員長の刺殺事件をきっかけに若者の刃物携帯が
問題視されたことがあったらしいね。

693 :パンツァーファウスト:2005/11/20(日) 18:07:12 0
>>682
個人的には『少年犯罪が増加・凶悪化してる』論者の方が、
少年犯罪の本質を見ていない気がする。
増加凶悪化論者はその原因を、社会システムの問題や教育の問題と絡める。
実際は、個人の資質に部分が多い場合においてもだ。

コンクリ事件やサカキバラ、バスジャックにおいても、
必ず『少年犯罪が増加・凶悪化してる』旨の主張がされる。
そこには個々の事件を、社会の趨勢に落とし込んで、
社会批判しようとする向きがある。

そういった向きこそ、
厳罰化という一般予防を否定して、
学校の教師の指導力云々、貧困の解消云々を言うように思うのだが。



694 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 18:41:43 0
>>688
昔と比べてどうこうもいいけどさ、
問題は今このときに傷ついてる人がいて、死んでる人もいる、
と言う現実にどう対処するかであってさ。
やる事は変わらなくても、目的達成手段は時代によって違う。
少年犯罪の増加はデタラメであっても、凶悪化がデタラメかどうかはわからない。

>>693
それは違うよ。
人間の成長、生活においてあらゆる情報が影響を及ぼす以上、
メディアの影響を考えないわけにはいかない。
ただ、メディアの責任追求に終始して肝心の「個人」に問題がいかないのはもっと問題。
薬を手の届かないところにおかない、と言うのを真に受けてるような人たちね。

増加論者は「不安」というものが根本にあるけど、
減少論者は「数字」というものが根本にある。

結局、どっちも「人」を見てない。
犯罪は社会が起こすものじゃない、そいつ自身がするもの。



695 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 18:46:26 0
>>677は増加、減少双方に言ってると思うのだが。

696 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/20(日) 19:03:54 0
>>693
その意見にも同意する。一般予防と社会規範回復の観点からの厳罰化は正しい。
また増加・凶悪化論者ほど、世情の変化に責任転嫁する傾向があるのも認める。
そのために、過去の数字を根拠にした「凶悪化幻想論」につけいれられて、
厳罰化実現の妨げになっていることもな。

吾輩が凶悪化の計量化にこだわるのは、数字の解釈の恣意性・イデオロギー性を
暴露して「凶悪化幻想論」の数字データが無効であることをしめしたいからなのだ。

例えば、微罪の増加は少年層全体の規範意識低下として、ある意味個々の事案の
凶悪性より根が深い。ボディブローのように後からダメージがくる悪質性だ。

また傷害によって重度の障害者にされたあげく何年もたってから死亡したケースや、
執拗で激しい暴行や恐喝を繰り返された結果自殺したりといったケースは
罪種別では殺人にカウントされない。

こうした数字上のまやかしを明らかにして、「凶悪化幻想論」の根拠自体を
突き崩そうというのが吾輩の意図だ。これはわかってくれると思うが。


697 :少年法により名無し:2005/11/20(日) 19:11:40 0
>>686
やはりな。
「国民性」と言うものが抜けてると、「厳罰化は失敗」と言うデータを真に受ける事になる。
アメリカでは失敗に終わったかも知れない。
じゃあ、なぜ失敗に終わったのか、
そこに国民性、宗教観は関係ないのか(俺は密接に関係してると思う)などの検証はしっかりなされてるのか。
リンクも読ませてもらったが、やはり「違う」。
厳罰化が意味ないから「やらない」になぜ行き着くのか。
厳罰化と犯罪の増加の関連は証明されてないぞ。

例えば少年法の限界を知ってて犯罪を犯すような連中にどう対処するのか。
更正してるはずの少年が再犯した場合、更正と言うのはそいつにとっては意味がなかった。
それにどう対処する?

それまでカバーは出来ないと言うならそれはやはり「人」を見てない。
それまでカバーするのがこれからすべき事。

その過程で数字は重要な意味を持つとは思う。

698 :おらぁ教員だよ文句あるか:2005/11/20(日) 19:40:52 0
統計で言えば…
戦後の混乱で社部とかやってたやつのほうが
いまよりずっと多い。
それを、新聞とか情報屋が売り上げのばすために
社会不安をあおって
「大変だ」とかまくしたてている
平民はそれにのって
「教育の性だ」とか行っている・
この国は大丈夫以下?
心配だ。
ま、おれは公務員だかあら
いまのところ
へいきだ。酔ってるから打ち間違えてるが
勘弁。

699 :再び通りすがったsuu:2005/11/20(日) 20:58:36 0
 戦後の混乱期に戻っても平気だと?
 当時の教育は立派だったから、当時でもそんななのにどうしようもないじゃないかと?
 どういう理屈で698のような展開になるのか理解できない。

 ほんものの教師だとしたら、確かに教育が大変かもしれない。


700 :パンツァーファウスト:2005/11/21(月) 09:56:17 0
>>694
おいらは安易な『増加凶悪化論』を追求するためだけに常駐してるだけだからなあ。
【「人」を見て、犯罪を如何に抑止するか】というのは、
このスレの内容ではないぞ。
議論するときは概念の混乱は避けないと。

増加凶悪化-を肯定するも否定するも、実はロジックで遊んでるにすぎない。
本当に少年犯罪を考えようとするならば、
@一般刑法の罪刑は適切か? (個人的には引上げ必要)
A少年法の理念は効果あるか? 
(個人的には殺人強姦強盗は少年法の射程から外すべき)
B少年法の罪刑は適切か?
等を、
【犯罪の若年化】【更生と再犯】等を念頭にしたうえで、検討する必要があると考える。

しかし、これはスレ違い。
『増加凶悪化』の証明、反証と、その背景を探るのがこのスレの内容。

701 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 10:15:35 0
>>700
【犯罪の若年化】そんな事実はあるのかよ。

あと、「凶悪化を主張する人の心理」もおもしろいテーマだな。

702 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 10:52:06 0
>>684
>3 >655 今の子どもに死がわかってない子が多いというのは、もともと長崎県の一教師が
そもそもそれが信用できる調査なの?

>4 少子化で子どもにかける時間が増えているはずなのに、子どもがわからないと言う
逆だよ。子どもに目をかけることができるようになり(またそうせざるを得なくなり)、
子どもをわかろうという意欲が生まれたからこそ、わからないという悩みも生まれる。
昔の親は上流を除いて、子どもを尊重しようとかわかろうとかそもそも思ってなかったので、
わからないからといって悩むこともなかった。
広田照幸「日本人のしつけは衰退したか」を勧める。

>>685
>当時の日本は、今では考えられないくらい貧しかったのです
鮎川潤「少年犯罪」を勧める。もちろんそういう側面もあるのは確かだが、
それが普遍的に適用できる理屈かは怪しいものだよ。

>1→統計の取り方によって変化している年はある。しかし全体的な増大がそのせいだとは
「全体的な増大」って何よ。ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html に挙げられている
主要犯罪の中では、統計的にあまりに不自然な脅迫、すでに増加の理由が説明されている
強盗を除けば、明らかに増加傾向にある犯罪は一つしかない。横領だ。
むしろ、「全体的に減少傾向だが、ある犯罪の検挙の激増が統計上の減少を止めている」
と言える。横領ひとつが万単位という文字通りケタ違いの勢いで増えていて、
他の犯罪によってついた差を逆転している。

>2→強盗が増えていることと殺人・強姦が横ばいなのは質的に別だとも言えそうだが、後者は検挙され易さが
検挙率を信じるのならば、強盗と強姦の検挙率は大差ない。強姦は訴え出る被害者の
割合が少ないことが推定できるので、それによる認知の暗数を考えればさらにそう言える。

703 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 10:53:12 0
>>687
単なる例え話かもしれないし、わかってる上でかもしれないが、
万引きの急増は少年によるものではないぞ。
一件あたりの額など解釈の余地はあるもののな。

>手元の統計が本当に示している範囲 って何?
>情報にブロックをかけていて ってどういうこと?

>>696
>数字の解釈の恣意性・イデオロギー性
あなたの解釈こそ思いっきりそのにおいがするが。

>>697
国民性はそりゃ考えなきゃいかんだろうな。

>厳罰化と犯罪の増加の関連は証明されてないぞ。
国民性による影響も証明されてないぞ。

例えば厳罰化によって社会に戻れなくなり(戻る気をなくし)、
凶悪犯罪を犯すようになった連中にどう対処するのか。
厳罰によって反省してるはずの少年が再犯した場合、
厳罰と言うのはそいつにとっては意味がなかった。
それにどう対処する?

それまでカバーは出来ないと言うならそれはやはり「人」を見てない。
少年は機械じゃない。人間だ。「厳罰→おとなしくなる」なんていう
単純な期待にそってくれるかは怪しいものだよ。

704 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 10:58:17 0
俺は凶悪化していない派だが、

近頃の体感(脳内?)治安悪化騒ぎは
戦後日本で流布されていた数々の「神話」が所詮虚構であることが
暴かれたことによるもの。
いわく、
日本の官僚は優秀
日本の教育制度は優秀
日本の警察は優秀
日本は安全と水が無料
日本人は自己を犠牲ににし集団の為に尽くす、等々。

これらは
高度成長期には真実に見えたのかもしれないが
低成長時代には虚構に見える。

戦車男君の言っていることにも僅かながら真理が含まれている。
現代の生活(=物質と娯楽に溢れた無菌室での生活)に慣れきってしまうと
ほんの僅かの汚職や不正や犯罪に過敏に反応することができる。
女子中高性の「マジシンジランナイ、チョーキモイ」を連想しよう。

汲み取り式便所な世界観から見れば些細なことでも
自動戦場式トイレな世界観では酷く不潔に見える。

705 :思いだし書き込み:2005/11/21(月) 12:44:30 0
>698さん
 ごめんなさい、まるで勘違い。
 確かに、何が最終的に心配するべきことか? と考えると、今の世代(の将来像)がとくに悪くなっているというわけでもないのに、何が心配か? ということになりますね。
 要は、よくわからない不安ということだろうし、また過去と比べても共同体的安定要素がなくなっているので、状況が進むとどこらが底打ちかという感覚がもてないということだと思います。
 さらに、できることがありそうなのに、それをごまかしの理屈を流して打ち消そうとする者がいるようなので、さらに底が見えない。これは、数量的感覚のある根拠ではないですね。
 


706 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 13:17:46 0
>>705
>数量的感覚のある根拠ではないですね。
ここは数量的に語るスレなの。

>過去と比べても共同体的安定要素がなくなっているので
現代日本における共同体崩壊を憂う前にスレタイくらい読めよ。

707 :697:2005/11/21(月) 17:32:23 0
>>703
反省させる事をしない今の社会よりはよほどいいと思うけど。
「少年」であるが故に、きちんとした責任のとり方を学ぶチャンスを奪われてる、
と言う事なんだよ。
厳密に言えば厳罰化じゃない。
「少年」の保護をとるだけだ。


708 :引きずってしまったSU 1:2005/11/21(月) 18:33:28 0
 では数字を使って (スレタイ主1は、決め付けてるようだけど)

 忘れていたけど、窃盗犯検挙人数は減っていましたね。
 ‘90年代は少年凶悪犯の検挙が増えて少年犯全体は減っている。
 が、これは窃盗犯全体の検挙率が下がっているということからして、窃盗の場合は検挙されるまでは一般と区別がつかないので、それをかけると、増えているという予想計算が成り立つ。
 これが、自分の根拠。
 −−−考えたのが去年のことなので忘れていた。 

 http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.htmlの中の
 上から表1番。少年刑法犯の主要罪名別検挙人員
 表2番。少年刑法犯の主要罪名別検挙人員の人口比

 窃盗の全体では、’96微増、’97激増だけど、’96に窃盗の検挙率が微減しているので、’94―96の間に増えている。
 窃盗の少年比率はが’96に上がっているから、この時期から少年窃盗が上昇しているはず。

 バブルの後の我慢と期待が崩壊した時期だ。
 消費税は’97に上がって景気が冷えた。

 その後については続きで
 (コピペ)



709 :引きずってしまったSU 2:2005/11/21(月) 18:35:50 0
以下、コピペ
−−−−−−
アクセル相談室>犯罪の検挙率 
http://ren-ai.fem.jp/sos/genjo/kenkyo.htm
 犯罪発生はとくに2000年以降にペースが上がる。
 検挙率の低下はとくに99年以降(平成11年)にペースが増す。

(ただし、重要犯罪についての検挙率は、2002年頃で50%前後らしい)

犯罪の発生と検挙率に関する質問と議論。GOOで。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1000445

犯罪白書のあらまし
平成12年の前年報告
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2000/hk1_3.html
平成13年の前年報告
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2001/hk1_3.html
平成14年の前年報告
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2002/hk1_4.html
少年刑法犯検挙人員は,平成8年以降増加していたが,
11年は,前年比8.8%減 (ただし、日本の刑法犯検挙率は11%:減)
12年は,前年比4.2%減 (ただし、日本の刑法犯検挙率は30%:減)
13年は,前年比2.9%増 (ただし、日本の刑法犯検挙率は16%:減)
14年の少年刑法犯検挙人員は前年比1.7%増。



710 :引きずってしまったSU 3:2005/11/21(月) 18:37:27 0
(追伸)
少年犯罪統計データ
http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html
「検挙率」表 (分類―殺人 強姦 強盗 窃盗 放火)

「少年人口(10-19歳)」表から、毎年2.7%少年人口が減っている。
 90年代から急に下がり、1990〜2000の10年で3/4へ。
 (70年頃から、出生数が増加から減少へと急反転低下。
  人口ピラミッド(国立社会保証・人口問題研究所))
http://www.ipss.go.jp/TopPageData/Pyramid-a.gif

 平成10〜13年の変化をかけ合わせると、
 実際に起きているだろう犯罪率の推測が 1.86倍/3年 となる。
 単純計算で、4年で2倍余り。増えているほとんどが窃盗犯。
 (窃盗などの多くは、捕まえないと未成年犯罪に数えられないと推定した)
 
 ・・・これは、’03にNHKで言ってた一般人の感覚『少年の窃盗が増えている』と同じ。

 つまり、不景気によって窃盗犯罪が増えている。
  (窃盗程度の小犯罪はでき心ですむし、それがガス抜きなら悪いとは言えないのだが・・・)
 小犯罪が増えると大犯罪も増える。それは割れ窓効果とか、マーフィーの法則の応用としてそうなる。

−−−−−−
 数字は以上。
 683〜687についての702,703の質問・突っ込みへの返答は後で。


711 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 19:57:28 0
「町田」女子高生虐殺事件

・「 血しぶきの飛ぶゲームに快感を覚える 」
・「 ブラッディロア、サイレントヒル知ってるか? 」 ( 15歳未満規制ソフト ) 
・血を浴びて真っ黒に染まった白い携帯電話を友達にみせ「 こうなる 」
・廊下を走りまわり女子の尻をさわる、突進する、傘でたたく。
・「 カギの入ったバッグを盗んだ 」 とラリーが供述。
・貴重品が入ったバッグが校内で盗難に、被害届けを出さなかった学校。
・クリーニングに出しても消えない真っ赤なブレザー、母親の責任は・・。
・住民の証言「報道されてるような、独りぼっちの暗い子ではない。」
・「メシまだですかーー」  「被疑者は今日も元気です!」

まとめサイト
http://kanto.machi.to/bbs/read.pl?BBS=tama&KEY=1132566461&LAST=50

712 : 683〜687:2005/11/21(月) 20:20:03 0
>>655 今の子どもに死がわかってない子が多いというのは、もともと長崎県の一教師が
>そもそもそれが信用できる調査なの?
 
 NHKでやっていたけど、 そのクラスでは、

 質問――生き返ると思う人?
 33人中、28人(85%)が手を上げた。  生き返らないという答えは、わづか3割。
 『殺されたら、何もしてないのに、 死んでから生き返ると思う』 (男)  
 『生き返るという気持ちがあれば、生き返ると思います』(女) 
 『人には心とか感情があるから、生き返れると思います』(女)
 どうも生まれ変わりに使われる理屈を生き返りに使っているようだと思う。生き返る=生まれ変わる、と用語の混乱の可能性はあるが。

 これは、子どもとやり取りしながら聞いていって、驚いたということなので、先入観による誘導はないと思う。
 そのときに出てきたのが、ドキュメンタリーの再現シーンなどを誤解しているらしいということ、さらに、近親者の死を知っているのに納得せず、心が強ければ生き返ると思うと親に話す子の家庭でのやり取り、などがあった。
 今考えると、数字の多さと一部の子の頑固さが混同されているかもしれない。

 ただ、混乱しているにしろ、一部に頑固にしろ、何かの形で自分は死なない、と思いたい結果だろうなと思う。

713 : 683〜687:2005/11/21(月) 20:21:49 0
>手元の統計が本当に示している範囲 って何?
>情報にブロックをかけていて ってどういうこと?

 655紹介先の新・後藤和智事務所の考察では、長崎県の調査の全体の数字を知って書いていそうだが、その全体の数字を使って自分自身として何を読み取るのかを語らない。批判に使っているだけ。
 ――と思ったのだけど、全体の数字は出てましたね。
 せっかちな思い込みでした。
 (以前の論争を読み返してて、思いついてこのスレを見たので、偏見的になっていたようです)
 
 で、その調査データを見ると、「生き返り」の半分が、「生まれ変わり」「あの世」の意味。半分は「生き返り」のようだ。
 もともとの教師のクラス調査(2004夏。NHK報道は秋) と比べると、生き返るという比率が遥かに低くなっているので、長崎県教育委員会が調査する(2004/12)以前に、死んだら生き返らないと教え込まれた結果だとも想像できる。 
 (しかし、この記述回答はどれだけの子が書いたのか、気になるところ。それによっては用語の混乱では済まなくなる。)

 四月にも別の所で、中高校生も2割が生き返ると信じているという調査があったらしいが。
 
>>当時の日本は、今では考えられないくらい貧しかったのです
>それが普遍的に適用できる理屈かは怪しいものだよ。

 そう、統計をどうとれるか、怪しいもの。(引用文が極端例にしても)

>わからないからといって悩むこともなかった。

 そのとおりだと思う。つまりどっちにしろ、『わかろうと理解の努力をすれば防げるもの』、なんて言えないと言えるだろう。

714 : 683〜687:2005/11/21(月) 20:23:39 0
>>1→統計の取り方によって変化している年はある。しかし全体的な増大がそのせいだとは
「全体的な増大」って何よ
 
 最要点は708に書いたけど、「全体的な増大」とは平成に入ってからの増大傾向。

>強盗と強姦の検挙率は大差ない

 未確認でした。

>万引きの急増は少年によるものではないぞ。

 ある本だかで、万引きの増大はバブル以降に店の経営が苦しくなって、以前は黙っていたものも届け出るようになったのだろう、とあったので、反証的考察としてああいうことを書き加えました。

−−−−−−−
 厳罰について
 厳罰の目的は、直接は軽度の非行を防ぎ、全体の雰囲気を良くして、底辺を小さくして重度の非行を防ぐことにある。
 教育的に考えれば、厳罰はしつけ・習慣重視とセットでなければならず、たまたま厳罰の先行があってもいい。
 セットになった厳罰は、‘痛そう’なイメージよりも ‘厳かな’イメージになり、‘規則からの復讐’的ではなくなるだろう。(個人的に理念的に予想)
 体罰なんかでバカな教師がでたりするのが本当ならば、厳罰禁止するから突出したことをするのかも知れない。
 要は、どういうやり方でも、熟練が重要。
 今よりも厳罰を肯定するまともな教育理論もあるはずだ。

−−−−
以上

715 :少年法により名無し:2005/11/21(月) 21:15:54 0
>>708
>‘90年代は少年凶悪犯の検挙が増えて少年犯全体は減っている
より正確に言えば、増えているのは「凶悪犯」ではなく「強盗」だよ。
殺人や強姦も増えているとは言えるが微妙だし、その後減っているし。

検挙率低下に関しては>>39を参照。検挙率は
「検挙された犯罪÷実際に起こっている犯罪」
の値そのままではなく、非常に単純化しても
「検挙された犯罪÷実際に起こっている犯罪−(表面化しない犯罪+無視されている犯罪)」
ぐらいに様々な要素が絡んでくる。>>558参照。

>>709
>アクセル相談室
404だよ。キャッシュを拾って見たが、どうやら探偵社のようだね。
「学力低下」で検索をかけると教育産業のページがやたらヒットするように、
不安を煽り立て、需要を喚起することで得をする人間が世の中にいることをお忘れなく。

>>710
「少年犯罪統計データ」のサイトには、人口比も載っているよ。
それを見る限りでは、平成10〜13年の窃盗はむしろ減少傾向にあるが。
つうかマーフィーの法則って何よ。ブラックジョークで犯罪の何がわかるの?

>>712
>33人中、28人(85%)が手を上げた。  生き返らないという答えは、わづか3割。
33人中28人が手を上げたら後に3割も残っていないんだが。2割の間違い?
>>655のところで見られるデータとそれを基に考えれば、わかってないのは
「命が戻らないこと」ではなく「『生き返る』という言葉の意味」だろうな。
極端な例を挙げれば、瀕死の重傷から回復するのも「生き返る」なんだし。
「一度完全に肉体的に死んだ人が、元のままの人間として再び命を取り戻し、
再び肉体を動かして生活することがありえると思うか」
ぐらいに解釈の余地がない訊き方をする必要があるね。

716 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/21(月) 23:01:43 0

まてまて、その「少年犯罪統計データ」とやらだが、
そこの数字は、うさんくさいぞ。母数を水増してる。

ほとんど凶悪犯をおこさない10〜13歳の人口を母数に
入れることで、見かけ上の人口比を少なくしているんだ。

但し書きにこうある。
http://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html#hiritu
>人口比は、10歳以上20歳未満の少年人口10万人当たりの少年刑法犯検挙人員の比率である。

つまり・・・
http://www.tabiken.com/history/jpeg/P/P102R102.jpg

このグラフで言えば白い部分の年齢層まで母数に含んでいる。
確かに14歳未満の触法少年を検挙人員に含んではいるようだが、
10〜13歳の層では強盗などの凶悪犯がほとんどいないから
ほぼ全人口が母数の水増しに利用できてしまう。



717 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/21(月) 23:03:09 0

平成15年の強盗を例にとってみる。日本人人口ではなく総人口ベースで
計算しているようだが、下限が10歳と14歳ではこれだけ数字が変わってくる。
さらにこれが日本人人口ベースだとさらに数字が大きくなる。

<総人口ベース>
10歳〜19歳を母数とした場合の強盗人口比 13.72(1,800/13,117,000)

14歳〜19歳を母数とした場合の強盗人口比 21.44(1,771/ 8,261,000)

<日本人人口>
10歳〜19歳を母数とした場合の強盗人口比 13.85(1,800/12,993,000)

14歳〜19歳を母数とした場合の強盗人口比 21.67(1,771/ 8,174,000)



718 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/21(月) 23:06:15 0

人口データは「少年犯罪統計データ」と同じ総務省統計局のものを使った。
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2003np/zuhyou/05k3f-1.xls

平成15年総人口

10歳 1,191.000人
11歳 1,212,000人
12歳 1,212,000人
13歳 1,241,000人
計  4,856,000人

14歳 1,264,000人
15歳 1,317,000人
16歳 1,352,000人
17歳 1,378,000人
18歳 1,444,000人
19歳 1,506,000人
計  8,261,000人
合計 13,117,000人



719 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/21(月) 23:09:23 0

平成15年日本人人口

10歳 1,182,000
11歳 1,203,000
12歳 1,203,000
13歳 1,231,000
計  4,819,000

14歳 1,254,000
15歳 1,306,000
16歳 1,341,000
17歳 1,366,000
18歳 1,428,000
19歳 1,479,000
計  8,174,000
合計 12,993,000

13歳以下の触法少年    21,539人 うち強盗29人
14歳〜19歳の刑法犯少年 144,404人 うち強盗1,771人
合  計        165,943人 うち強盗1,800人

どうだ?吾輩の計算ミスか?


720 :またひきずった S:2005/11/21(月) 23:23:10 0
>より正確に言えば、増えているのは「凶悪犯」ではなく「強盗」だよ。

 もちろん、僕が問題にしているのは、見知らぬ他人への罪悪感のなさ、だ。強盗と窃盗。
 
>様々な要素が絡んでくる

 つまり、細かい分析は細かい分析だというだけで聞く必要はない、と?
 いくつもの数字の変動はあるにしろ、714の冒頭のように、平成に入ってからの増大傾向は否定できない。

>平成10〜13年の窃盗はむしろ減少傾向にあるが。

 検挙率を無視しておいて、減少傾向にあるはないだろう。
 マーフィーは去年のことで忘れたが、割れ窓効果というのはブラックジョークではないだろう。

>。2割の間違い?

 記事のコピペ文なのでわからない。

>、わかってないのは「命が戻らないこと」ではなく「『生き返る』という言葉の意味」だろうな。

 その可能性は十分ある。
 ただ、一部には頑固な者もいる。やりとりしながらなお言葉のずれが直らないのは、「生まれ変わり」ではなく「生き返る」と言いたい気持ちだろうと思う。
 そして、「ひとの話を聞いて生き返ると思った」という比率が高いようなので、「生き返る」と気化されて思い込んでいる者もいるかも知れない。
 事実、始まりは『裕美ちゃんが生き返ってきたら謝りたい』という言葉だったし。

 可能性に過ぎないし、それももう知らされて正常に戻っている可能性は高い。
 しかし、これは今の子が、知ってることが多い反面、余りに単純なことを知らなさ過ぎるという一例の問題。
 
 今の子の情報環境を「たくさん知っているから・・」なんて信じて放置すると、おかしくなってしまう危険を表している。



721 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/21(月) 23:26:29 0

数字が好きなおまいら

>>716-719 を見れって

722 :またひきずった S:2005/11/21(月) 23:57:25 0
1 訂正
>720 、平成に入ってからの増大傾向

 正しくは、’97以降の‘連続的’増大傾向。

2 質問
>721

 ごめん、何と何を比較してどういう結論を出すのか、さっぱりわからなかった。
 他の人にはわかるのかと思って、後日覗くつもりだったが。


723 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/22(火) 00:02:57 0
>>722
自演で邪魔すなゴラァ

みんな >>716-719 を見れ!

724 :またひきずった S:2005/11/22(火) 00:27:31 0
また訂正。
>708 表2番。少年刑法犯の主要罪名別検挙人員の人口比

 これは犯罪のなかの少年比率のつもりだったけど、まるで間違い。
 673紹介のhttp://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/image/z3000015.pngの青点だけ見ればよかった。
 つまり、全体の検挙率を少年犯罪に適用できる、と。

 じゃ、戦車男さんご自由に。(^ ^)
 こちらは休むから。


725 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/22(火) 00:45:32 0


そういうわけで

「少年犯罪統計データ」は信用できない

以後、数値データとしては参考するに
値しないので根拠資料として採用しないでくれ



726 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 01:35:24 O
http://tool-5.net/?pogromへぇ

727 :死王 ◆MtYcZwUmlQ :2005/11/22(火) 01:40:25 0
少子化で子供は減ってる訳だから、

子供の全体数と凶悪犯罪(殺人)の比率を 年度別に出してよ?



728 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 04:32:58 0
少年犯罪は増えてないが、
報道では多く取り上げられている。

多いと思っている大人は単なる錯覚



729 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 08:43:07 0
30代>50代>20代>40代>60代>未成年 (14〜19歳) >70代

平成15年(2003)の年齢階層別殺人率
未成年 20〜29歳 30〜39歳 40〜49歳 50〜59歳 60〜69歳 70歳〜
殺人数 96人(95) 268人 314人 212人 306人 186人 75人
殺人率 0.73(1.15) 1.58 1.73 1.34 1.60 1.18 0.44

未成年は19歳以下の殺人犯数すべてを10〜19歳の人口で割ったもの。

***括弧内は14〜19歳の殺人犯数を14〜19歳の人口で割ったもの。 ***

少年の殺人率の低さと20歳代を越える50歳代の高さが海外では見られない日本の特徴。
ちなみに60〜64歳は117人、1.41で、相対的に驚異的な高さとなっている。

http://kangaeru.s59.xrea.com/ 「少年犯罪統計データ」より

730 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 11:04:40 0
街頭犯罪の検挙人員の約6割は少年だが事件数からみた推定では8割は
成人によって行われているらしい。

731 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 11:19:20 0
>>716
10〜13歳が含まれているのは近年に限ったことじゃないので、
その理屈は成人との比較でしか意味を持たないが、
成人と比較している部分では>>729の通りだし。

むしろ近年の少年より昔の少年の方が、自分が14〜19歳の頃の
同年代の人数に対して、10〜13歳の人数は多いと思われる
(少子化はかなり昔からの傾向だとはいうけど)ので、
逆に「凶悪犯罪の実数でピークの高度成長期だが、比率で見ればまだマシ」
という理屈が通らなくなる恐れすらあるよ。計算はめんどくさいのでしないけど。

>>720
正直、あなたには過去ログを見て欲しい。強盗の増加についても、
検挙率についても散々既出の話題なんだよ。
強盗の激増は取り締まりの方針の変化によるもので、
検挙率の激減は認知件数の激増によるもの。

>ただ、一部には頑固な者もいる。
そりゃそうだろうね。数を集めればその中の何人かに
おかしな人がいるのはふせぎようがない。
そして世代論でいうのならば、昔の子どもにはいなかった、
または少なかったという根拠がない。

「裕美ちゃん」って誰?

>>722
97年以降の増加にそんなに重大な意味があるとは思えないんだけど。
強盗については上に書いたとおりだし、それは他の犯罪の検挙にも
影響しているだろうし。

732 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 11:29:09 0
>>730
そのデータの根拠は知らないが、噂程度でなら俺も
「微罪取り締まりの際にも少年(若者)は狙われやすい。
中高年にヘタに職務質問をかけて何もなかった場合は、
抗議を受けたりして面倒なことになる場合があるが、
少年ならば何もなかったとしても抗議してきたりはしないので、
遠慮なしにガンガン職務質問ができ、点数稼ぎの格好の標的になる。
結果微罪でつかまるのは少年(若者)ばかりになる」というのは聞いたことがあるな。

733 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 12:41:43 0
>>732
数字で語れや

734 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:04:36 0
>>731
>強盗の激増は取り締まりの方針の変化によるもので、
>検挙率の激減は認知件数の激増によるもの。

根拠は?データは?数字は?



735 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:21:42 0
>>734
もう嫌になるくらいの既出事項。自分で過去レスを調べてね。

736 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:36:26 0
http://www2.gol.com/users/mct/GTmaeda/gaitouhanzai.htm

街頭犯罪の多くが少年によって敢行されていることの裏づけとして
街頭犯罪8罪種の検挙「人員」における少年の割合が挙げられています。
しかし、これは適切ではないと思われます。
街頭犯罪のうちどれだけが少年によって敢行されたかということは、
街頭犯罪を行った者の人数ではなく、街頭犯罪の「事件数」の問題です。
ですから、ここで挙げるべき数字は検挙人員ではなく検挙「件数」です。

警察庁の『平成16年上半期の犯罪情勢』 によると街頭犯罪8罪種の
検挙「件数」 における成人事件の割合は約7割に達しています。
したがって、上記の白書と同様に警察による検挙活動の統計から推測するならば

「街頭犯罪は、その多くが成人によって敢行されている」

ということになります。

警察庁『平成16年上半期の犯罪情勢』
第2 街頭犯罪・侵入犯罪の特徴的傾向
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji18/160806hanzaijousei.pdf

737 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:45:35 0
>>736
これ検挙されていない事件数とかも計算に入れると9割は成人の犯行じゃ
ないかと推測するのですがどうでしょう!?

738 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:49:15 0
検挙されてない暗数を議論に乗せるのはやめろよ。
意味ないんだよ。

739 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:53:53 0
>街頭犯罪のうちどれだけが少年によって敢行されたかということは、
>街頭犯罪を行った者の人数ではなく、街頭犯罪の事件数の問題です。
>ですから、ここで挙げるべき数字は検挙人員ではなく検挙件数です。

なんで? 

740 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:54:46 0
成人より少年の方が検挙されやすいと思うのでそういう推測を立てた
だけ・・・

741 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 13:55:29 0
>街頭犯罪のうちどれだけが少年によって敢行されたかということは、
>街頭犯罪を行った者の人数ではなく、街頭犯罪の事件数の問題です。
>ですから、ここで挙げるべき数字は検挙人員ではなく検挙件数です。

なんで? 


742 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 14:27:10 0
>>741
ヒント:単独犯、複数犯

743 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 14:29:59 0
>>738
大賛成!

今後、『暗数』がどーたら言うの禁止!!

凶悪化している派していない派共に、肝に銘じておくように。

744 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 14:31:02 0
>>742
複数でやると罪が軽くなるの?
複数で一人に危害を加える方が悪質じゃないの?
おしえてエロい人

745 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 14:43:17 0
>>744
>複数でやると罪が軽くなるの?
知らん

>>730 のソースを探してみただけだ。
8割ではなく、7割だったようだが。

746 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 14:57:55 0
ガキどもタイマン張れよ
フクロとかタコリとか卑怯なんだよ

747 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 14:59:46 0
要は少年は共犯が多いく検挙されやすいから検挙人員が増える。しかし
実質少年の事件数は少ない。逆に成人は単独犯が多く検挙されにくい。
そして実質の成人の事件数は少年の事件数をはるかにしのぐということでしょ。

748 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:06:04 0
>>747
それって少年に限らず、複数犯と単独犯一般に言えることじゃん

749 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:13:12 0
検挙人員
少年:多 成人:少

検挙件数
少年:少 成人:多

検挙し易さ
少年犯≒複数犯:易 成人犯≒単独犯:難

さて、実質の成人事件数は?
(暗数領域に突入しそうなので此処で止めとくw)

750 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:14:01 0
1人の被害者が複数の加害者から一度に100発殴られるか
100人の被害者が1人の加害者から1人1発ずつ別々に殴られるか
同じじゃん・・てか1人1発ずつの方がいい

751 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:15:19 0
馬鹿が約1匹紛れ込んでいないか?

752 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:15:53 0
  ,,,,,,,、                                     ,,,,、       r‐.
   ゙┐゙l       r_,,,,/'',   .(,"'i、                ヽ `i        ゙l 冫
    .| .|       .!、 _,,, /     )./                 _、 │jシー、   ._、 .l゙ メ,,,t- 、
  ./'i,,ノ ヽ ,,,---,,、  `''ン`/′  ,-,_,,,ノ ゙l、、 ,-,、          l゙`ー″_,,,ノ__、 |`'‐'゜_,,ノ`ヽ.\
  .ヽ_,''".,―-,ヽ  / .,j_   ゙l ,,, ri、│ヽ‘'i、    .,,――i、 ゙ー''l .〔, ζ` | `-,! .l゙  ,-″.゙i
    ,l゙ ./   │.| .,i´ ,,,-,、^'i、 ‘"l゙ l゙ .| .|  ゙l、゙i、._ .,/゙`,-'''''-,`i、 .l゙ /゙‐|"/゙゛  ,i´.|  l゙.r'"ヽノ
   ,i´ |     | |丿./  ゙i、 ゙l  / .l゙ | .| _,,,〉 .| !,`゜/   ゙l .| │,!  ゙"`    l゙ │  .| |
  丿,,|    丿 ,!l゙ ,/    | | .| .l゙  l | ヽ ,ノ ‘-"    l゙ .} 丿 | .ri、    .,i´,ノ   | .|
  .l゙ノ'ト.|  ,,/.,,i´.゙‐',―ヽ,  l | ,ノ ,l ,l゙ .l゙   `″     .,/ ,l゙ .| │ | |     | │ ,-''''" ヽ、、
    │ l i,,,,,,,-''′  .| .lヽ ヽ/ 丿 l゙.,!ヽ″.l゙        ィ'''',,,,,/  | .l゙ .},`ー--‐''i、"′.| (゙゙゙l .i、 `l
    |丿       ヽ.゙''゜ _,/ くノ .゙l/         ̄`    .し"  ゙'―----"  .゙l_"'゙,,l゙ ゙ー"


753 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:17:26 0
>>749
少年事件:成人事件=15:85(推定)

754 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:21:28 0
あびる窃盗団は、単独万引き消防より罪がかるいということでつね?

755 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:25:36 0
>>752
ワロタ

>>754
罪の軽重はとりあえず置いときませう。

756 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:29:11 0
いや少年の方が検挙されやすいのは確かだと思うぞ。共犯が多いことも
そうだけど遊び感覚でやってる奴や突発的に犯行に及ぶ奴が多いと思う。
逆に成人は単独犯が多いしいわゆる犯罪のプロでやってる場合も多いし
犯行も計画的だし逃げる術も心得ている。

757 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:30:38 0
>>755
わかりますた。とりあえず、このスレでは検挙人員基準に統一ということで

758 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 15:38:26 0
>>757
場合によっては、検挙件数と検挙率も考察に入れるべきと思われまする。

759 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 21:22:30 0
広島で小学生がダンボールの中で死んでいたが、
犯人が同級生の可能性、つまり未成年である可能性が高いから大々的に報道するのだろうな
ましてランドセルがなくなるとなるとな

760 :少年法により名無し:2005/11/22(火) 22:24:05 0
>>759
報道の影響を数字で語れや

761 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 06:37:40 0
あのさあ、成人の犯罪と少年犯罪の比率から凶悪化を言いたいらしいが、
成人の犯罪が少年犯罪以上の勢いで減っているということを考えたことが無いのか?
特に20代の殺人率は昭和30年ごろは10前後あった。
1990年以降は2を切っている。
ようは年齢的に最も犯罪の多い20代が極端に減っただけだ。
どうも昭和20〜30年代は少年犯罪だけが多かったと思っているようなので一応言っておくが
この時代は成人の凶悪犯罪もものすごく多かったんだからな。


762 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 06:42:18 0
ついでの言うと刑法犯の意味も理解していないんじゃないか。
横領や万引きが増えたのは初発型非行の防止のため。
どれだけ条例や法律が変わったと思っているのか。

763 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 11:49:45 0
>>761-762
だから古い統計との比較は参考にならない。
比較対象にできるのは、せいぜいここ10〜15年の統計だな。

764 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 12:20:01 0
>>763
なぜ、「15年前」を意図的に出す?
そんな中途半端な。
しかも、いちばん少ない時期を持ち出して
「増加・凶悪化の一方」を強調したい、という意図がみえみえなのだが

子供のことなのだから昭和30年代から比較してかまわないと思う
もう食わなければ死ぬ、という状況にならない限り
子供の精神状態が時代時代によって変わるという発想はあまりに馬鹿げている
昭和30年代、特に後半は空きっ腹を抱えた少年が至るところにいたなんてとても思えない
新幹線まで開通した一方で、空きっ腹を抱えた奴もうじゃうじゃいた時代、
それが昭和30年代、と言ってる奴は基地外通り越して頭が腐っている

765 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 12:37:27 0
そもそもここ15年間も犯罪率にあまり差が無いのだが。
警察の方針も>>558のように変更があるのだからそれこそ比較しようが無い。

766 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 13:33:23 0
「数字」で語るにもそろそろ限界が・・・いや、ハナから無理があったんだよ

767 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 14:59:02 0
凶悪化幻想論は自家撞着。自ら持ち出した「数字」が最大の弱点になってる。
幻想論には、去年より今年、今年より来年をよくしようという発想が欠けてるんだよ。

768 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 15:03:54 0
>>767
幻想論が警戒するのは、その「よくしよう」という合言葉の元に、
何が行われるのかわかったものじゃないということだろう。

769 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 15:13:14 0
社会なんてものが、一方的に「よくなる」ものかね。
「コスト」とか「副作用」とかいう発想はないのかな。
何かをなそうとすれば、そのために何かを犠牲にしなければ
ならなくなったり、それによって起こる好ましくない変化を
感受しなければならなくなったりする。
現代の少年犯罪は、本当にそこまでして対策を講じなければ
ならない問題なのか、それを考えてみてもいいのでは。

770 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 15:24:43 0
>>769
「そこまでして」って何? 「そこまで」ってどこまで?
犯罪には常に対策が必要ですよ。鍵をかけなきゃ泥棒がはいりますよ。
幻想論って泥縄論のことなんですね。

771 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 18:10:01 0
>>770
だから、対策を練って対応することと、
「凶悪化」を唱えてミスリードすることとは何の関係もないだろ。

犯罪の対策議論は他のスレでしろって言ってるのがわからんのかよ。

772 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 18:13:03 0
>>770
それは犯罪一般の対策だろ。しかも最低限の。
>>769が書いているのは、「少年犯罪に対応するために、
特別に力を入れて行う対策」ってことだよ。

ついでに 感受→甘受

>>768
ttp://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050929
その危険がここでよく論じられている。特に
>これまで論じたように、マス・メディアは青少年のネガティヴ・イメージを
以下が興味深い。

773 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 21:30:27 0
>>772
メディアは若者に媚びてると思うけどね。
バラエティもドラマも若者向けばかりだし。
しゃべり場とか媚びまくりじゃん。

774 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 21:42:20 0
>>772
内藤朝雄(ないとうあさお)=1962年東京生まれ。
愛知県立東郷高校を中退。山形大学、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て現在、現在、明治大学専任講師。

    高 校 中 退     山 形 大 学

775 :またひきずった S -1:2005/11/23(水) 23:44:31 0
 一応全部ざっと読んで見たけど、資料比較が少々混乱気味で、精密には比較できてないが、ピックアップでまとめてみた。
 1997〜2001年に届け出件数が増えた理由になっとくできるものを読めなかった気がする。
 これで、読み足りないところがあるかな?

1 昭和58に犯罪のピークがきていて、警察は対処しようと重要犯罪にシフトして検挙率が下がった。
2 その後、犯罪のピークは下がり検挙者は低下。
  しかし、88〜96の少年強盗が漸増傾向にあると白書は書いている。
3 97に警察は厳しい態度をとることにした。
  窃盗でも強盗と認識されることが増えたとも想像されるが、 窃盗としての数は増えている。
4 99年。成人を含めた窃盗が一段と増大、検挙率が一段と低下。
5 2000に警察は一般からの訴え・苦情をよく聞くように制度を改め、ストーカー法も施行。
  このため犯罪の受理件数が増えたと考えられる。このことは翌年にも影響しかも。
  とはいえ、窃盗が加速的に増えた理由になるとは思えない。


776 :またひきずった S -2:2005/11/23(水) 23:45:17 0
 平成13年版 犯罪白書が2000を振り返って、http://hakusyo1.moj.go.jp/

[1]戦後最高を更新した刑法犯の認知件数は平成7年から加速度的に増加していること,
[2]顕著に増加が認められるのは窃盗罪と交通犯罪であること, 
[4]窃盗では,ひったくり等の暴力的手段を用いた事犯の増加,職業犯的な空き巣ねらい等の侵入盗の増加,共犯事犯の増加などが目立つこと,
[5]窃盗を除く一般刑法犯でも,暴力的色彩の強い強盗,傷害,強制わいせつ,器物損壊の増加が顕著であること,

と分析している。  

6 2001〜2002、窃盗の認知件数は頭打ちとなり、減少。検挙率も向上。
  一方、路上狙いの横領少年検挙者は2002から増えている。
  2002の全検挙者の7割が少年。http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301020.html
  横領というのは、不法放置自転車とは限らない。買い物に小さな店に入ってその間に取られるのも路上放置になるだろう。
  窃盗と横領を足した数は、人口比にして増えているが、検挙率が上がっているようなので、差し引き不明。
 
 以上からして、少年窃盗は路上に移りつつ2002まで一貫して増えていると見る方がいい。2000制度の変更は大した影響がないと。
 底辺が増えれば頂点(強盗、強引な窃盗)も増える。実際、増えているひったくりを‘本来窃盗’だから暴力化してない、というのは無理がある。

 ただ、2003以降、減っている可能性がある。
 原因は、防犯体制・注意の普及と、遊ぶ金ほしさどころかそんな時間がなくなってきている、ということかもしれないと想像している。
 それと少年比率の高い世代は犯罪傾向が高いそうで、少年人口が減少していることもあるかもしれない。


777 :少年法により名無し:2005/11/23(水) 23:46:14 0
 ウルルヒャッホイ!

778 :またひきずった S -3:2005/11/23(水) 23:46:31 0
>731
> 強盗の激増は取り締まりの方針の変化によるもので、検挙率の激減は認知件数の激増によるもの。
  他にも影響があったと考えられる。

 警察の対応が厳しくなったから、窃盗の届けにも影響があったというりくつは、説得力がないと思う。
−−−−−−−−−−
 現在の子の精神が幼稚かというと、一つの知識だけでは言いきれないし、むしろ実際に触れている経験者の知識で考えるべきだが、そういう研究はいろいろあるけど、ここで僕が「死を知ってるか」ということに絡んで言う事でもない。
 ただ、始めの教師の調査がただの間違いだとは思いにくい。マスコミの嘘だというよりも、その時点では注意するべき結果が出たと評価している。

>731 「裕美ちゃん」って誰?

 怜美のことでした。



779 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 00:08:31 0
>>773
「メディア」と一口に言ってもその「商品」によって
「マーケティング」する相手が違ってくる。
バラエティでは若者に媚びるが、報道では中高年に媚びるということ。

>>774
かなりのハンデになるであろう学歴なのに明治大学に就職できたのは、
むしろすごいことだと言えるのでは。優れた業績を挙げて認められたのかもしれない。
経緯については知らないけど。

780 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 00:34:20 0
この本を買った人はこんな本も買っています

学校が自由になる日 宮台 真司 (著), その他
「心の時代」と自己―感情社会学の視座 崎山 治男 (著)
学歴社会のローカル・トラック―地方からの大学進学SEKAISHISO SEMINAR 吉川 徹 (著)
教育言説の歴史社会学 広田 照幸 (著)
学校を救済せよ―自己決定能力養成プログラム 尾木 直樹 (著), 宮台 真司 (著)





先生、2ちゃんで自著の宣伝しないでください

781 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 01:16:55 0
>>773
ハァ?メディアが若者に媚びてるなら少年犯罪が凶悪化云々などという
デタラメ言うわけないだろうが。
若者報道に関する研究者の論文でも熟読して出直してきな
http://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/

782 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 01:19:55 0
世間には、なにがなんでも「現在の」少年は凶悪だと証明したい人が
おりまして、手を変え品を変え、こねくりまわされたデータが提示さ
れます。たとえば、少年犯罪とオトナの犯罪の比率を比べたりします。
そうすると、現在は昔より、少年による犯罪の比率が高いという結果
が出るそうです。私はこのデータを検証していませんが、仮に事実だ
として、だからどうなの? そこまでして、昔の少年は良い子ちゃん
だった、つまり、今のオトナは良いオトナちゃんですよ、と主張した
いのですかね。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/goiken2.html

これに該当する一部の痴呆が必死に抵抗してきますねw


783 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 02:21:14 0
よく考えたら今より80年代の方がコンクリ事件など最も凶悪で恐ろしい時代だったような

784 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 07:26:47 0
>>783
少年事件の残虐性はあの頃の方が上だったような希ガス。

785 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 11:27:12 0
>>783
今度は80年代を基準にするんですか? 作戦変更ですね?

786 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 11:58:06 0
>>785
平成初期を基準にしない限り凶悪化していないと思うが。
それでも、未成年者強姦検挙人員比率は、検挙率を考慮にいれても
平成初期よりは減少している。>>157参照。

787 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 13:20:49 0
>>783
少年事件にある程度詳しければ昭和末期の事件がやばいことはわかるよな。
集団で通りすがりの被害者を襲う系が多い。

対して最近の事件は『劇場型』にマスコミが仕立て上げるから、
事件が大きく見えるが実は過去50年にもしょっちゅうあった事件。
サカキバラは特殊すぎるが。

788 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 13:56:08 0
ホームレス殺害犯人少年Aは殺意は否認。裁判で検察と真っ向から対立姿勢をだした。
殺害後に少年は周囲に「人の一生を終わらせるのは楽しい」などと洩らしていたというが・・・

>>787
の事件はチョソに多かったね。東京でいうなら王子周辺やドヤ街、神奈川なら川崎周辺とかね。


789 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 14:52:26 0
>>788
この少年Aはなぶり殺しの刑でいいのでは!?

790 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 17:48:14 0
常識では考えられない残虐行為ですね。
ほんと、近頃のクソ蛾鬼は何を考えてるか分かりませんねえ。

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1127605519

>中3男子が猫踏みつけ殺す、愛護法違反容疑で補導
>1 :少年法により名無し :2005/09/25(日) 08:45:19
>山口県下関市で8月、市内の中学3年男子生徒(14)が、子猫を踏みつけて殺し、県警下関署に
>動物愛護法違反容疑で補導されていたことが20日、分かった。生徒は犯行を認めている。

>同署や住民によると、生徒は8月19日午後3時ごろ、ビルとビルの間(約50センチ)にいた
>親猫と子猫2匹のうち、子猫1匹を踏みつけて殺した。鳴き声を聞きつけた近所の人が目撃し、
>「何をしてるんだ」と大声で注意したところ、生徒は走って逃げたが、通報で駆けつけた署員に補導された

>バカガキは更生せずに死んでほしい。本当に切なる願いです。

791 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 18:18:44 0
昭和45年(1970).2.6〔中3が通せんぼの園児殺傷〕
兵庫県姫路市の住宅街の路上で幼稚園児が襲われ
男の子(4)が首を刺されて死亡、男の子(5)が後頭部を
切られて10日間のケガを負い、中学3年生(15)が捕まった。
中3生が自転車で通りかかったときに2人の園児が通せんぼして
自転車を揺すった。一度帰宅したが怒りがおさまらず
「犬でも刺せば気が晴れるだろう」と小刀を持って外出したが
また同じ場所で通せんぼして自転車を揺すられドブに落ちた。
カッとして園児に襲いかかったもの。おとなしく明るい性格だった。

ttp://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm
より。ほんと昭和のクソガキは怖い怖い。

792 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 18:50:09 0
>>791
平成元.3.30(女高生コンクリート詰め殺害事件)

先生、元号で区切るのは非科学的です!

793 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 21:00:46 0
>>792
その事件は昭和63年に発生してるわけだが。

まあ元号で区切るのは意味ねえな。

794 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/24(木) 22:47:48 0

使用する統計は過去15年間、もしくは25年間までに限るべきだ。
この15年、25年という数字は、殺人の公訴時効に根拠が求められる。
前者が今年の刑事訴訟法改正前、後者が改正後の年限である。

公訴時効が存在する法理論的理由としては、社会的影響の微弱化による
可罰性の減少や、証拠の散逸による立証困難性など様々な説があるが、
いずれも、時間経過による社会的状況の変化を共通の根拠としている。

したがって、公訴時効年数より前の統計は、現在の犯罪と比較する
合理性がないことが法理論的に裏づけられていると考えられる。

最も重い犯罪である殺人の公訴時効年数以下の年数でなければ、
より軽い犯罪と整合性がとれないので、これを超えて遡った統計を
資料として採用してはならない。



795 :少年法により名無し:2005/11/24(木) 23:46:29 0
>>794
で、 >>716-719は法務省の「犯罪白書」の統計にイチャモンをつけてることは気づいたの?
こんなところでわめいてないで法務省に抗議に行ったほうがいいよ
窓口が開いている時間ならいくらでも親身に聞いてくれるから
政府に反対する人の相手は慣れてるからね

796 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/24(木) 23:54:19 0
>>795
犯罪白書の統計に、イチャモンなんぞつけてないぞ。
凶悪性の否定に白書の数字を利用した「少年犯罪統計データ」に
イチャモンをつけただけだ。

797 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 00:05:40 0
>>796
「人口比は、10歳以上20歳未満の少年人口10万人当たりの少年刑法犯検挙人員の比率である。」
ってのは「犯罪白書」そのまま丸写しなんだけど
「犯罪白書」も読まずに犯罪統計について語ってるの?

798 :パンツァーファウスト:2005/11/25(金) 00:17:56 0
>>794
あまりにひどい根拠だな。呆れたぞ。
オマエは社会科学ってものがどういうものかまるでわかってないな。
オマエの理論によれば、15年以上前の分析は意味ないもんな。

もうオマエにレスするのはやめるわ。
まともなこと言ったのは、>>716位だったな。
つーか、オマエがこのスレに最初にかきこんだのはどれ?
それだけは教えてくれ。

799 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 00:29:00 0
「犯罪白書」はただの統計だ。法務省は別になんの解釈もしていない。
「少年犯罪統計データ」の数字を引用して、凶悪化幻想論の肯定材料に
しているのは幻想論者であって法務省ではない。
それにこんなことも書いてもあるぞ。

>平13年以降は総務省統計局サイトの各年の10月1日現在推計人口確定値を元に独自に算出したもの。

そんなことより、公訴時効を根拠にした吾輩の理論を突き崩せ。

>>798
否定するなら否定する理由を示せよ。
少年犯罪は刑法と刑事訴訟法の問題だぞ。
なぜ公訴時効が根拠にならない?

800 :パンツァーファウスト:2005/11/25(金) 00:41:26 0
>>799
おまえは社会科学を否定しとるがな。
社会科学を否定する人間と社会科学を論じることはできんだろ。

801 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/25(金) 00:44:45 0
>>800
法学が社会科学でないというのは少数派のようだぞ。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-26,GGLD:ja&q=%E6%B3%95%E5%AD%A6%E3%81%AF%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A7%91%E5%AD%A6
少なくとも吾輩の理論は法社会学の範疇には入るだろう。

802 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 00:47:46 0
>>799
>>716-719は法務省の「犯罪白書」の統計が分母を水増ししてると言ってるんだけど、自分が何を書いてるのかもわからないのか

>平13年以降は総務省統計局サイトの各年の10月1日現在推計人口確定値を元に独自に算出したもの。
というのは「犯罪白書」のやり方そのままで算出してるだけで、なんの解釈もしていないじゃん
なんの操作もしていないことをわざわざ自分で検算して確かめたのが>>717なんだろ
自分で書いたことくらいは理解しろよ

803 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/25(金) 00:54:33 0
>>802
統計をとったのは法務省の官僚。
それをサイトに転載したのが少年犯罪データベースのサイト監理人。
それを凶悪化幻想論の肯定材料に使ったのは幻想論者<こいつが水増しした。
ここまで書かないとわからんか?

それより吾輩の新理論を突き崩してみろ。


804 :パンツァーファウスト:2005/11/25(金) 00:57:30 0

無視推奨

805 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 00:59:22 0
>>803
ほーほー、つまり「少年犯罪統計データ」の数字は信用できるということなんだな
検算ごくろう


806 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 11:36:58 0
動物好きには申し訳ないが以下の記事は、一瞬「お笑い」かと思ったぞ。
生徒が猫を殺してインタブーされるとは校長先生は大変だな。
日本全国各地で動物虐待が「相次いで」いるらしい。
こんな「事件」まで処理しているから
忙しすぎて警察の捜査能力は低下し続けるのだ。
不謹慎かつスレ違いだが笑いを堪え切れないw
もちろん動物を虐待することは悪いことなのだが。

きっと、これらの「事件」の被疑者も検挙人員数や補導人員数として
カウントされ「体感治安悪化」や「凶悪化する少年犯罪」という
世論ミスリードの補完材料にされるのだろうな。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1127278604/
【社会】中3男子が子猫を踏みつけ殺す、動物愛護法違反容疑で補導

同校の校長は
「信じられない事件でショックだ。子猫を殺した動機は分からないが、
警察で厳しく諭されたので、特に指導はしていない。今後、
(カウンセラーなどを通じて) 心の奥底にあるものを見ていきたい」
と話した。

引用元:読売新聞 http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_05092105.htm(リンク切れ)

http://www.rescuenow.net/japan_world_now/japan/other/treat/
■動物の虐待相次ぐ
全国各地で動物の虐待事件が相次いでいる。

807 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 12:19:22 0
戦車男の理論に誰も反論できねーのかよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
やっぱブサヨは頭わりーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
無視推奨だとよ( ´,_ゝ`)プッ

808 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 13:14:14 0
>>807
相変わらず馬鹿全開だね、潜伏乙w

反論も何も、戦車男という奴は自分への質問は一切無視する癖に
意味不明な彼の自論へのレスを強制する自分勝手な自慰野郎なのだが。
そんなのと会話を成り立たせるのは無理だな。

809 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 13:27:38 0
>>807
戦車男のは理論になってないだろ。
適当に時効の概念を出してきただけだしな。
あまりにもアホくさい。

つーかバレバレなんだがな。

810 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 18:08:59 0
>>808-809
しかし無限に統計をさかのぼることはできないんだから
どっかで線引きしないわけにはいかんだろ
単に統計が存在する時点からというのでは根拠薄弱すぎ
今後50年も100年もたっても比較対象にするのか?
それだと今と江戸時代を比較するのとかわらないぞ
まだ洗車男の線引きの方がマシだと思うが

811 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 21:11:40 0
>>810
>今後50年も100年もたっても比較対象にするのか?
別に構わないのでは?
社会構造が相似なら何百年経っても比較可能だと思う。
昭和20年代と現在を比較するのはナンセンスだが、戦後の混乱期だしw
昭和30年代と現在は地続きだ。
大規模な社会変動が無い限り、人間の本質などそう変わるものではない。

812 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 21:55:42 0
>>811
100年もたったら社会構造は普通に激変してるぞ
ベルリンの壁崩壊 ソ連崩壊 55年体制崩壊 バブル崩壊 少子高齢化 IT革命
昭和30年代には予想できなかっただろ
だいたい誰が社会構造が変化したかしないか決めるんだよ

813 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:26:00 0
社会構造が変化して少年犯罪が減って凶悪でもなくったんだからそれでいいじゃん
なんの問題があるの
少年犯罪がもっと多くて凶悪だった時代に戻らないように努力すればそれでいい
そのために昔のほうが何倍も数が多くて凶悪だったことを比較して知っておく必要がある

814 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:26:39 0
>>812
しかしなあ、上記のような出来事で人間の本質まして子供なんぞ、そうそう変わると
とても思えないのだが

815 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:31:38 0
>>813
だから誰が何を基準にどうやって社会構造が変化したかとか凶悪化してないかとか決めるの?

816 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:34:42 0
>>815
高校中退の明大講師

817 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:39:35 0
>>812
どんどんスレ違いになっている。

>ベルリンの壁崩壊 ソ連崩壊 55年体制崩壊
こりゃ明らかに無関係。

>バブル崩壊 少子高齢化 IT革命
これらの単語を使って現代の少年犯罪情勢を説明した所で
バカ評論家が書いたような、つまらない理論にしかならないな。

>昭和30年代には予想できなかっただろ
そうだね。
しかし、相変わらず日本は自由主義・資本主義社会だし
会社・学校へ行って、良い業績・良い成績を挙げようとし、収入upを狙う・良い就職先を探す
みたいな基本的な人々の生活・人生パターンは大して変わっていない。
そりゃ、ニート・フリーター・リストラみたいなバカキーワードを
使ってくだらん文章を作れないこともないが、そんなの俺は読まないぞw

818 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:41:57 0
>>817
マスメディアの影響とかなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

819 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:43:14 0
>>815
>凶悪化してないかとか決めるの?
異論があるなら、凶悪化をさっさと証明してくれ。
もちろん、戦車男みたいな冗長オナニーレスは禁止。

820 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:43:29 0
>>815
少年人口当りの殺人比率がこれだけ下がったんだから昔のほうが凶悪だったと数字でわかるだろ
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm

数字だけではダメなら、これを読めば昔のほうが凶悪だったとわかる
http://kangaeru.s59.xrea.com/ijou.htm

人間には知能があるんだから比較すればわかる
おまえにわからないんだったら黙っていればいい


821 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:54:00 0
>>820
10歳〜19歳の水増しキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

822 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 22:59:20 0
>>821
池沼キタ━━━━━━━━━━!!!!

水増しだろうと、年代比較には使える。

823 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:07:10 0
>>820
年齢階層別殺人率が平成15年しかないから参考にならないじゃん
単に全体に殺人が減っただけかもしんない

824 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:19:16 0
>>823
全体に殺人が減ったのならそれでいいじゃん
なんの問題があるの
殺人が多かった凶悪な時代に戻らないように努力すればそれでいい

825 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:22:34 0
>>823

>>337を参照

826 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:32:18 0
>>825
はあ?それは年齢別の殺人率でも人口比でもなんでもないんですが?

827 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:34:25 0
それが高卒クォリティ

828 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:35:38 0
>>826
>単に全体に殺人が減っただけかもしんない


829 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:36:27 0
高校中退だったねごめんごめん

830 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:38:39 0
>>827
このスレやネット上にはいくらでも情報があるんだから
疑問に思ったら自分で調べろ面倒な奴だな。

それが高卒クォリティw

831 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:40:42 0
中退者が侵入した途端、低レベルな罵倒スレになる訳だ
思惑通りだな池沼君w

832 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:54:37 0
>>830
ネット上では、罪種別年齢層別のデータは最近のものしかないと思われ

833 :少年法により名無し:2005/11/25(金) 23:57:51 0
>>826
あのね、
少年殺人率はここ15年で大した変化は無い。
全体の殺人検挙人員数は、微増。
よって、2003年以外の年齢階層別殺人率でも
未成年者比率は他の年齢層に比べて低いと
考えられる。



バカとの「交信」はほんとに疲れる。

834 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 00:06:29 0
>>833
ここ15年の変化だけを見ればいいんですね?先生!

835 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 00:10:20 0
>>834
自分で調べれば?

つ 犯罪白書

つ 少年犯罪データベース

836 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 00:11:51 0
>>819
戦車男のレスに一人相手していた俺の存在って…
やっぱみんな放置してたのか?

あまり電波流されてそれを真に受ける奴もいかねないと思ってレスしたのが間違いだったか。

837 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 00:28:15 0
>>836
いやおまえはよくがんばった。ただ吾輩の方が少しだけ強かった。
それだけのことだ。気にするな・・・

838 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 00:29:37 0


無 視 推 奨

839 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 00:33:23 0
>>837
お花畑満開ですね。
大学くらい出てからそういう盲論は語ろうね。

840 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 00:38:12 0
>>839
左翼のくせに、そういう差別表現はやめろと。

841 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 00:41:38 0
>>840
左翼ねえwww 2ch脳もここまでいけばご立派だね。
社会科学の基礎ぐらい学んで来いよ。

842 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 00:50:45 0
>>841
いや誰一人として、吾輩の理論を論理的に打ち崩せなかったことで
吾輩はますます自分の頭脳の優秀さと思考の明晰さに自信をもったぞ。
結局人格攻撃以外のレスはなかったな。鮮やかな完勝に酔うばかりだ。
しかしおまえだけはなかなか手応えがあったぞ。
他の雑魚は相手にもならなかったがな。

843 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 00:53:50 0
>>842
そうかそうか、それは良かったな。
それほど自信のある理論なら、署名入りで発表したら?
手始めに年齢と学歴ぐらい聞かせろよ。

あとあんたの初登場ってどのレスから?
参考にするからさw

844 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 01:03:13 0
斜に構えて嘲笑的なレスを返しているだけで、
少年凶悪化幻想論と対等に渡り合えているような
錯覚に陥ってるであろう奴が目立つな。
凶悪化を否定する証拠が山ほど挙げられ、
それに対する反論もことごとく破られているというのに、
何でそんなに事実を認めたくないのだろうか。
やっぱり>>443あたりの理由なのかね。

845 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 01:11:42 0
>>843
いや、まだ隠し球がいくつかあるので、それを披露してからだ。
しかしなんでそんなに学歴と初出レスを気にするんだ?
専門外の学部だかどうか知りたいのか?

846 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 01:15:56 0
>>845
初出レスがわからんと、あんたの御高説を体系的に理解できないだろ。
そんなこともわからんのかよ。

学歴と年齢はその人間を特色付ける大きなファクターだ。
特に社会科学ではな。
で、どこの大学の何学部出身なんだよw

847 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 01:21:46 0
>>846
正直に白状すると初出レスからいくつかは大ミスがあって言えんのだ。
ところで、おまえは早稲田っぽいな。しかし社会科学系じゃない。
一文か二文か教育だな。近いだろ。こっちもあててみろ。

848 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 01:30:12 0
>>846
ミスなんか気にするなよ。
オマエが自らのミスを認めて訂正することが出来てきたなら、
じぶんの理論の足跡は明かせる筈なのだが。
間違いを認めず意固地に言い張ってきた残骸ならあかせんだろうな。
つーか別に言ってもいいとは思うのだが。
変なところで頑固になるのは仕様か?

大学…全然違うぞ。
なんで一文か二文と思ったのか気になるのだが。
つーかオマエが早稲田なんじゃあ…


849 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 01:38:06 0
>>848
まあ論敵同士、馴れ合いはこのへんにしておこう。夜も更けた。
イワンの戦車に気をつけて帰れよ。
国民突撃隊の少年よ。

850 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 01:42:52 0
>>849
まあ早稲田の学風や学部のことを良く知ってるみたいなので、
早稲田の二部を選択肢に入れてた人間だってことは良くわかりましたよ。

つーか、年齢とある程度の素性ぐらい明かしてくれないかな。
あれだけ相手してあげたんだからそれが礼儀っちゅうもんじゃないかい?
ご老体。

851 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/26(土) 01:50:05 0
>>850
早く逃げろ!T34だ!ここは吾輩が食い止める。つーか眠いので落ちる。

852 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 01:54:23 0
>>851
そのまま轢き殺されてろ。

853 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 20:44:48 0
もう少し。素人が溶け込めるように工夫しろよ。このスレ

854 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 21:29:58 0
>>853
常駐してる香具師らも素人な糞スレ
そもそも論として「凶悪化の定義」と「比較する年数」が主観によってる時点で話にならない

855 :少年法により名無し:2005/11/26(土) 21:58:48 0
>>854
下手にそれらを定めてしまうと、議論の幅が狭くなってしまう危険もあるけどね。
とはいえ、混乱が度を超えていて議論が成り立っていないことには同意。

856 :パンツァーファウスト:2005/11/26(土) 22:55:01 0
どうせ次スレが立つだろうから、
テンプレと議論の射程範囲位はそろそろ議論しといた方がいいかも知れんな。

とりわけ比較する年数の設定が一番重要な気がする。
個人的には1955年以降でいいとは思いますが。
凶悪化の定義自体は、
凶悪化を主張する側に委ねていいんじゃない?

あと、立証しようとするならばハンドル付けてくれないと、
議論が追いにくい

857 :853:2005/11/26(土) 23:32:43 0
>>854
ただ糞スレではないと思う
少年犯罪板など糞スレ通り越して下衆スレもたくさんあるからな

そういうスレに比べれば全然マシ

858 :少年法により名無し:2005/11/27(日) 20:14:15 0
次スレには冒頭に双方の主張をまとめたテンプレを貼り、
新規参加者にはそれを読んだ上で入ってきてもらう、
てな形が理想的だと思う。もっとも、次スレまでにテンプレが
まとまるかは疑問だけど。

※少年犯罪について語る前に最低限の基礎知識を

・戦後において、少年による凶悪犯罪(殺人、強盗、強姦、放火)の
検挙人員は、高度成長期をピークに激減しています。

・当時と現代では少年の人口に差がありますが、比率で見ても減少傾向は変わりません。

・現代において、少年(14〜19歳)の殺人犯発生率は、成人のそれを下回っています。

・現代において、少年の自殺者発生率は、成人のそれを下回っています。
上4つの参考↓
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/toukei.html

・殺人にはカウントされなくても人が死ぬ犯罪はありますが、それを含めても減っています。
ttp://www.npa.go.jp/hakusyo/h13/h130102.pdf     18ページ

・昨今検挙率が激減していますが、それは世論の圧力による警察の対応の変化により、
訴えられた事件を無視せずに認知するようになったことや、
社会秩序の法化による万引きなどの微罪でも通報する姿勢の浸透や、
家庭内、企業内、学校内などでの従来隠蔽されてきた犯罪の露呈などによる
認知件数の激増が主な原因です。殺人は未だに95%近くあります。
ttp://www.moj.go.jp/HOUSO/2004/table.html
ttp://colum.jugem.jp/?eid=2

・国際的に見ても、日本は少年犯罪者の比率が低いです。
ttp://www.kodomonoshiten.net/enquete.htm

859 :少年法により名無し:2005/11/27(日) 20:15:41 0
・強盗が97年に激増していますが、これは取り締まり方針の変化によるものだという見方が有力です。
つまり、強盗の増加をもって「凶悪犯罪の増加」を叫ぶのにも無理があります。

・少年犯罪検挙の人口比を見ると増加傾向が見られますが、これは横領(放置自転車泥棒)の
大量検挙によるところが大きいです。このような犯罪は昔は無視されていただけの可能性があり、
これをもって現実に発生する犯罪の増加の根拠とするには不確実です。
上2つ
ttp://kogoroy.tripod.com/hanzai.html

・万引きの増加は、少年によるものではありません。
ttp://psychology.jugem.cc/?eid=30

・現代の少年犯罪に対して「異常、凶悪、猟奇的、衝動的、低年齢、動機が見当たらない」
など「質的な変化」を主張する人もいますが、現代と同等、
ヘタをすればそれ以上に質的にヤバい犯罪は昔にも起こっています。
ttp://kangaeru.s59.xrea.com/index.htm
ttp://home.interlink.or.jp/~5c33q4rw/zsyounen.htm
ttp://www8.ocn.ne.jp/~moonston/jsyouwa.htm

・貧しかった高度成長期の犯罪と豊かな現代の犯罪を同等に扱っていいのかという論点もありますが、
高度成長期から見て最も減った犯罪のひとつが強姦であることなど、
貧しさで説明するのは無理がある事象も多いです。

・全般的に少年犯罪は「職務質問などを受けやすいため微罪で捕まりやすい」「手口が稚拙なため捕まりやすい」
「集団で事件を起こすことが多いため、件数の割に検挙人員が多くなる」というような傾向があるため、
成人と比べると実態以上のデータを出すことがあるため、読む際には注意が必要です。

コピペでミスって切れた。↓を上のレスの最初に追加して。
とりあえずテンプレの基礎を作ってみた。
俺は幻想派なんで、凶悪化派は別で作っておくといいかも。

860 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/27(日) 23:07:13 0

まあスレタイの主張に反対する方が、テンプレを作るのはいかがなものかとは思うが、
これなどは凶悪化幻想論者の諸君に、ぜひ見てもらいたい資料のひとつだな。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/bunsyo/toukei16/pdf/kt16b001.pdf

明治23年から平成16年まで115年にわたる警視庁の統計だがな、
これを見て言えることは、「人口が増えると犯罪も増えるなあ」とかだな、
「関東大震災と太平洋戦争では、だいぶ人が死んだので犯罪も減ったな」とかだな、
せいぜい、そのぐらいのことしかない。

凶悪化幻想論者が、昭和20〜30年代のピークとやらに比べて少年犯罪が減ったとか
なんとか言ってもだな、このグラフを見てしまうと、そんな小さな山を基準にすることの
愚かさがよくわかってしまうわけだ。むしろ敗戦の反動によるほんの一時的な現象に
過ぎなかったことがはっきりする。

この100年以上の長きにわたる犯罪との戦いの歴史の中で、少年犯罪の人口比もむろん
上下したであろう。しかし、この長い折れ線の、どこか一点を好き勝手に選ぶことが
許されるなら、どんな無理な解釈でもできてしまう。これこそ幻想と呼ぶべきだ。

凶悪化幻想論者は、このように自説に都合のいい切り取りをして、たった今起きている
凶悪な少年犯罪から人々の目をそらそうとしているのだ。今殺され傷つけられている人々
がいるのに、ひとつの小さな山を見せて、あれより低い山だから我慢しろといいくるめる。

これを悪魔のデマゴーグといわずしてなんというべきか、それを吾輩は諸君に問いたい。




861 :パンツァーファウスト:2005/11/27(日) 23:31:33 0
>>860
だからその統計とあんたの日頃の主張を合わせるとだな、
『現行の刑法システムは進歩してない、効果が低い』ってことだろ?
そして、それはこのスレで議論することじゃない。

刑法学、司法システム、司法政策あたりの話題。
凶悪化とも少年犯罪とも関係ない。

いい加減自分が板違いだって気づけよ

862 :パンツァーファウスト:2005/11/27(日) 23:40:48 0
>>858
>現代において、少年(14〜19歳)の殺人犯発生率は、成人のそれを下回っています。
これのソースが見当たらないような気がする。

>・現代において、少年の自殺者発生率は、成人のそれを下回っています。
これはこのスレと関係ないような…

863 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/27(日) 23:47:28 0
>>861
そんなことは一言も言っていないぞ。
凶悪化幻想論者が基準にしている山が、このグラフのどこにあるのか見えないほど小さく、
またその山を基準にする理由も、まったくわからないと言っているだけだ。
おまえは、いったいどこをどう読んでいる?


864 :少年法により名無し:2005/11/27(日) 23:51:26 0
>>862
参考サイトの「年齢別殺人率」をクリックする

自殺は犯罪ではないけれど、「最近の若者は命をなんだと思って…」なんて
ステレオタイプ的な意見は多いので、参考にはなると思った。
他にはフリーターやニート、ゆとり教育についても書こうかとは思った。
さすがにやめておいたけど。

865 :パンツァーファウスト:2005/11/27(日) 23:52:38 0
>>863
わからん奴だな。
そのグラフから客観的に読み取れる内容が>>861なんだよ。

グラフの山が見えないとかどうとかは、
むしろ凶悪化を否定する方に働くってことわかってないな。

そもそもそのグラフを使って凶悪化を論じてるのはあんただけじゃん。
他の人らは対人口比率を論拠にしとるだろ。

866 :少年法により名無し:2005/11/27(日) 23:54:57 0
数字で見るのは意味がないぞ

かつて日本は中東や北のように秩序がなかったり独裁の時もあったんんだから
戦争直後は未成年の犯罪もすごく多かった
国は富んだが、精神がついていっていないことが問題だ
経済成長と心が比例していないだけ

867 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/27(日) 23:56:10 0
>>865
では聞くが、その見えない山がどうして客観的基準点になるのだ?

868 :パンツァーファウスト:2005/11/27(日) 23:57:45 0
>>864
あ、それは少年が凶悪かどうかって話だな。
【少年は凶悪か】というのと【少年犯罪は凶悪化してる】というのも分けないと、
議論が混乱しそうだね。

増加と凶悪化も概念上別の問題だから、テンプレも分けた方がいいね。

869 :パンツァーファウスト:2005/11/28(月) 00:01:39 0
>>867
わからんやっちゃな。
【増加凶悪化】論者が見えない筈のものを作り出してるんだろ。

こっちはオマエラ【増加凶悪化】論者が、より立証しやすいように、
戦後10年を除いたなるべく長い期間を提示してるんじゃないか。

それとも時効期間みたいな客観性のかけらもないもので議論したいのか?
誰もそんなの評価しないぞ。

870 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/28(月) 00:05:33 0
>>869
ほう。それのどこが客観的な基準なんだ?
なぜ戦前を基準にしない? なぜ直近の10年を基準にしない?
どこをとるかは誰が決めるんだ? おまえか?
まさか他の凶悪化幻想論者もパンツァーファウストと
同じ考えをしてるんじゃないだろうな?

871 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 00:07:08 0
>>860
そこにあるのは自動車関連以外では「刑法犯」というものすごく大まかなデータだけでしょ。
治安が回復すると、凶悪犯罪の捜査に使っていた労力が微罪取り締まりに振り向けられる。
微罪は凶悪犯罪よりも圧倒的に数が多いのだから、むしろ治安がいい方が「犯罪で検挙される」
人間は増えてしまう可能性がある。そして、少年犯罪に対する議論のメインは「凶悪犯罪の減少」だ。

>>868
凶悪化(変化)と凶悪(状態)にしろ、増加と凶悪化にしろ、
関連は大きいのでごっちゃにしておいたけど、
たしかに分けるのもひとつの手だろうね。

872 :パンツァーファウスト:2005/11/28(月) 00:09:04 0
>>870
じゃあ勝手に戦前を含めればいいじゃん。
戦前含めれば【増加凶悪化】はより立証しにくくなると思いますが?
直近10年は統計上意味なし。
マスゴミあたりが喜んで使う手法だけどな。

つーかオマエきっちり誰かに指導してもらえよ。
学術論文書いたことないだろうからもうグダグダ。


873 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 00:10:34 0
>>871
それを数字で示せるのか?
そもそも客観的な基準点を、戦後のある特定の時期に決めるのはなぜなんだ?


874 :パンツァーファウスト:2005/11/28(月) 00:14:12 0
>>868
少年犯罪の凶悪(状態)とその対処とかはこのスレでやらない方がいいと思うぞ。
概念が広がりすぎる。
厳罰化論者がやたら流入するこのスレだけど、
厳罰化の是非についてはこのスレで論じられてないことも明記しないといけないだろうね。

このスレで論じられるのは、
【増加凶悪化】というマスゴミの喧伝の真偽と、
なぜそんな喧伝をしようとするかの分析
ぐらいに絞っていったほうがすっきりする。

というか、そういうスレなんだけど変なのが紛れ込んでるからなあ

875 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/28(月) 00:15:55 0
>>871
客観的な基準点を決めるのは誰なんだ? その理由は? 誰も答えられないのか?

876 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 00:18:16 0
>>381の「特徴その4」に入ってきたようですね。
韓国人という表現は気に入らないが、なかなか参考になる。

877 :パンツァーファウスト:2005/11/28(月) 00:19:47 0
>>875
【増加凶悪化】を主張したい人が決めればいいじゃん。

俺がこういう内容で学術論文書くなら、
統計上有意と認めうる、なるべく長期間を設定しますけどね。
つまり、刑法典の運営が大きく変容した終戦後からだけど。
その上で戦後の混乱を分析しなくちゃならん。

戦後10年を除いたのは、【増加凶悪化】論者へのサービスなんだけどなあ

878 :パンツァーファウスト:2005/11/28(月) 00:21:35 0
>>876
むしろ>>381の「特徴その1、その2」だと思うけど?
教授きどりみたいだよ、この人。


879 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/11/28(月) 00:22:44 0
>>877
それなら直近10年を選ばせてもらうがいいんだな?

880 :テンプレ議論まとめ:2005/11/28(月) 00:25:41 0
>>856
>>858>>859>>862>>864
>>868>>871>>874






一応>>860

881 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 01:03:52 0
こんなんマジで議論してもループするばかり。議論がなくなれば一部マスコミ同様偏向的になるだけ。

882 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 03:35:26 0
>>877
>【増加凶悪化】を主張したい人が決めればいいじゃん。
>俺がこういう内容で学術論文書くなら、

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=GGLD%2CGGLD%3A2005-26%2CGGLD%3Aja&q=%E5%88%91%E6%B3%95%E5%85%B8%E3%81%AE%E9%81%8B%E5%96%B6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=GGLD%2CGGLD%3A2005-26%2CGGLD%3Aja&q=%E5%88%91%E6%B3%95%E3%81%AE%E9%81%8B%E7%94%A8&lr=

高卒ヒキーが何いってんだか ( ´,_ゝ`)プッ


883 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 04:49:58 0
>>882
何が言いたいのかわからん…
単に煽りたいだけの中卒か ( ´,_ゝ`)プッ

884 :少年法により名無し:2005/11/28(月) 09:20:57 0
不毛な煽り合いは止めて
凶悪化派もとりあえず>>858みたいな、まとめ或いはテンプレを作れ。

885 :少年法により名無し:2005/11/29(火) 05:09:11 0
http://www2.kokugakuin.ac.jp/zyokoym/Delinquency1.html

886 :少年法により名無し:2005/11/29(火) 11:39:16 0
ttp://www.npa.go.jp/safetylife/syonen21/syonenhikoh16.pdf
19ページ参照   警察庁「少年非行などの概要」より

>・殺人にはカウントされなくても人が死ぬ犯罪はありますが、それを含めても減っています。
のソースのデータは古いので、新しいデータを。
URLを見るに年が替わると使えなくなると思われるので、文字も書いておいた。

887 :少年法により名無し:2005/11/29(火) 11:40:24 0
>>886
正確には「少年非行等の概要」だ。

>>858へのレスね。

888 :少年法により名無し:2005/12/03(土) 00:51:23 0
マトモな知識人ほど凶悪化論に否定的だね


知能の低い連中が凶悪化!!凶悪化!!と馬鹿の一つ覚えのごとく叫ぶ。

889 :少年法により名無し:2005/12/05(月) 22:50:15 0
現在のマスコミは過剰報道気味だ。
近所の火事だって全国ニュースになるくらいだから。

890 :少年法により名無し:2005/12/05(月) 23:22:55 0
 ⊂⌒⊃        ⊂⌒⊃     ―‐ ● ―‐  ⊂⌒⊃
         ⊂⊃                 / | \          ⊂⊃
                  ⊂⊃
/~\へ/~\へへ/~\/~\へ/~\へ/~\へ/~\へヘ/~\/~\
,、,,,,,、,,,,、,,,、,,,,,,,,,,、,,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_________
,, ,,,,,, ,,,, ,, ,,,, ,,,,,| 減った減った!少年犯罪が減った! |             \
 ,,,, ,,, ,,,,, ,,,,,,, ,,,, , \ _____________/少年凶悪犯も減った! |
||=||=||=||=||=||∨=||=||=||=||=||=||=||=||\__  ______/
,,,,,,, ,,,,, ,,, ,, ,,,, ,,, ∧_∧ ,, , ∧_∧,, ,,,,, ,, __ ,,,, ,,,,,  ∨  ,,,,, ,,,, ,, ,, ,,,,
,, e@@e ,,,,,, ,,, ( o´∀`) ,,,,, (∀・ ; ) ,,, , , |   || ,,, ,,,, e@@e , ,,,, ,,, ,, , ,,
,,, (,・∀・) ,,, ,,⊂   ⊃,,, ,,⊂⊂⌒ヽ、, ,,, |!____i|| , ,,,♪ (・∀・,)_ノ ,,,,, ,,,, ,, ,
,〜((  ,,), ,,,, ,,,○(   ノ ,,,, プル ))   )○/_/) ,,,, ,, とと,,__つ , ,, ,, ,,
,,,, ,UUU ,,, ,,, ,,,,,, )__)_) ,, ,,, ,(( (_(_ノ ))プル,,,,◎ ,, ,,, ,, ,,,,, ,,,,, ,,, ミ ピョン
| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |
| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |


891 :少年法により名無し:2005/12/06(火) 19:25:18 0
>>890
んなAA作る暇があったらさっさとてんぷれを作れよ

892 :少年法により名無し:2005/12/07(水) 10:28:15 0
>>891
そもそも増加凶悪化否定論者は、
増加凶悪化してるからって安心してるわけじゃないのにな。

ホント、増加凶悪化論者は馬鹿だぜwwww


って位煽らんと駄目かなw
増加凶悪化を立証するのは難しいから、モチベーション上げてやらんとなw

893 :少年法により名無し:2005/12/08(木) 00:31:57 0
>>892
そうなんだよな
増加凶悪化論者は何も立証してこないからな

894 :少年法により名無し:2005/12/08(木) 00:36:53 0
はじめてこの板来たんだけどやっぱこういうスレは立ってるんですね

確か昭和35年が最強だったような

895 :少年法により名無し:2005/12/08(木) 01:15:19 0
少年凶悪犯罪は昭和35年が最強。

でも司法統計を参考するとピークが昭和40年ごろになる
この差は何なんでしょうね。


あーそれと読売捏造新聞が父親に関する世論調査の記事で「少年犯罪が激増する社会情勢を反映して」
なんて妄想言ってたぜ。どう見積もっても激増はウソだよ
こういう卑劣な新聞の悪影響によって誤った世論が形成されていくんだね・・・


896 :少年法により名無し:2005/12/08(木) 10:52:33 0
子供殺しの最大の殺人犯はダントツで母親である。

警察庁の犯罪統計(児童虐待)
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen3/h13jidougyakutai.pdf

【殺人犯数】
実母  26  (殺人以外にも傷害致死も10件あり)
実父  5   (傷害致死は5件)
継父母 0
※以上は児童虐待による殺害であって、嬰児殺は全く含んでいません。
嬰児殺犯は別に女31人・男4人います。
日本で起こる全ての殺人既遂事件総数(当然嬰児殺含む)が年600件なのに・・・。

子供にとって全てである親に、密室で延々と虐待され続け、ついに殺害される。
被害者の立場に立ったとして、これほど悲惨な犯罪はちょっと他に想像できません。

しかも被害者の児童は年々増えるばかり・・・。

897 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/09(金) 01:59:43 0
>>896
コピペにマジレスするだけ無駄だが、
母親は役に立つ存在だが、
ロリペドは何の役にも立たない有害なだけの存在。
比較されてもねえ…

ロリペドは氏ね

898 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 09:35:05 0
「少年犯罪が激増してる」って本気で思い込んでる奴ってバカですね

「質が違う」って本気で思い込んでる奴って的外れですね

「雷オヤジ」が増えれば少年犯罪がなくなると思う奴はキチガイですね

899 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 09:41:12 0
例の栃木の殺人事件でも
報道各社は親族の自粛要請に対して「適切な報道に努める」
と言った側から
次の日の朝には民法各社は朝から同じ場所で生中継だからなw

マジでゴミだよ
視聴率取る為なら何でもやる。


900 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/09(金) 10:06:07 0
>>898
つーかそんな奴、戦車男だけだったんじゃないの?
やっこさんずーっと前からこのスレに常駐していたみたいだし。

近年10年の傾向をまとめるって張り切ってたんだがどうしたもんか。
少し懐かしい俺がいる。
ちなみに俺パンツァーね。

901 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 12:09:02 0
>>899
小学生女児殺害事件のうち現在捜査中の二件目は、
今の段階では断定はできないが
かなりの可能性で報道に影響された愉快犯だろうな。

>>900
このスレに居る限りでならそうなのかもしれないが、
リアルでは結構いるように思える。

ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-shounenhikou/images/z01.gif
少年犯罪(少年による重大な事件)は増加しているというイメージは圧倒的。
興味深いのは、少年凶悪犯罪ピーク時を肌で知っているはずの
中高年の方がより増加傾向を強く感じていることか。

ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-shounenhikou/images/z02.gif
「質的な変化」も意識としてはあるようだ。

ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-shounenhikou/images/z12.gif
そう極端な傾向ではないが、やさしさよりは厳しさが
重要視されていることがうかがえる。

ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-shounenhikou/images/z03.gif
少年凶悪犯罪の原因としては、厳しさよりしつけへの無関心が優位にあるという意識が
あるようだ。ただし、「しつけへの無関心」が「やさしさ」とどこまで重なるかは不透明だが。

ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-shounenhikou/images/z04.gif
そして身の回りでの実感を見ると、ほぼ全ての非行に対する意識が減少傾向にあり、
なおかつ比較的軽微なものが多数を占めているというのはおもしろい。

以上、今年1月の「少年非行等に関する世論調査」より。
ttp://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-shounenhikou/

902 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 13:08:54 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000506-yom-soci

アダルトショップで店員の首刺す、中3男子を逮捕

 8日午後11時20分ごろ、千葉県市川市鬼越のアダルトショップで、
客を装った若い男がカウンター越しに男性店員(62)の首を持っていた
ハサミで刺した。店員は重傷。

 この店員の110番通報で市川署員が駆け付け、店内にいた男を
強盗殺人未遂の現行犯で逮捕した。
男は、東京都中央区の区立中学3年の男子生徒(14)で、
調べに「金が欲しかった」などと話しているという。

 調べによると、男子生徒は、商品のDVD1枚を持って
カウンターに近付き、店員が袋に入れようと背を向けたところ、
ハサミ(刃渡り約7センチ)でいきなり首を刺したという。

 「仲間が店の外にいた」などと共犯の存在をほのめかす
供述もしているという。

 男子生徒は両親と3人暮らし。事件前日の7日、「学校へ行く」と
言って外出したまま帰宅していなかった。

(読売新聞) - 12月9日12時10分更新

903 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 13:58:19 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051207-00000158-jij-soci

女児刺傷で18歳少年逮捕=「刺せばすっきり」−余罪も捜査・群馬県警

 群馬県高崎市の県営団地で今年3月、団地に住む当時小学2年の女児(9)が
刃物で刺され重傷を負った事件で、県警捜査1課と高崎署は7日、殺人未遂など
の疑いで、同市内に住む少年(18)を逮捕した。
 少年は自動車清掃のアルバイトをしており、調べに対し「職場のことで
イライラし、誰かを刺せばすっきりすると思った。女の子に興味があった」
などと供述しているという。
 現場付近では、2000年ごろから小学校低学年の女の子が体を触られるなどの
事件が数件起きており、少年も犯行をほのめかしていることから、同課が関連
を捜査。わいせつ目的で女児を襲った可能性もあるとみて調べている。 
(時事通信) - 12月7日22時1分更新

904 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 16:09:49 0
>>898
雷オヤジって何ですか?
妖怪?

905 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 16:31:53 0
>腹をナイフで刺して
>男の子は泣き声を聞きつけた 人に救助され5日間のケガですんだ

すげーいまさらだけど、>>27のこれって脅威の回復力じゃね?

906 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 18:39:17 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051204-00000009-mai-soci

<町田高1殺害>刺し傷50カ所、なぜ 心の解明は審判で 

 「悪いことをした」。東京都町田市の都立高1年、古山優亜さん(15)が殺害された
事件で、殺人容疑で逮捕され、東京家裁八王子支部に送致された同学年の少年(16)は、
警視庁の調べに表情も変えずに語った。3年前に亡くした父親の墓をたびたび訪れ、手を
合わせていた少年。血の付いた凶器を捨てた場所は、その墓地を見下ろす山林だった。何
が凶行に駆り立てのか。閉ざされた心の解明は、少年審判に引き継がれる。【川上晃弘、
永井大介】
 調べなどから、2人の接点が分かってきた。「受験前の中3の1月に『試験、頑張れ』
と声をかけられ、気になる女の子だと思った」と供述。3月ごろ、優亜さんの携帯電話に、
電話番号を書き込んだメールを初めて送った。「ありがとう。合唱コンクール頑張ろうね」
と返事がきた。
 学習塾も同じだった。「頑張ろうぜ」。授業についていけない少年に、こう声をかけた
のが優亜さんだった。「うれしそうにニコニコしていた」と塾関係者は振り返る。
 高校で変化があった。「嫌なやつと言われているような気がした」「なぜ無視する?
と聞くと、舌打ちされた」。「好意」が受け入れられていないと気付いた。
 11月10日の学校帰り。優亜さんとのことを思い出し、憎しみを高ぶらせた。優亜さ
ん宅の扉をノックし、開けた優亜さんに「話がある」と切り出した。「黙って居間に戻っ
た。無視されたと思った」。台所から包丁を持ち出した。刺し傷は約50カ所。「衝動的
だとしても、あまりに飛躍が過ぎる」と捜査幹部は話す。
 現場から北西に約1・5キロの山林に、乗用車が捨てられている。事件の11日後、そ
の下から、少年の供述に基づき包丁や鍵が見つかった。北側に、父親が眠る墓地がある。
 管理する寺の住人は話した。「お母さんや兄弟と、毎月のように墓参りに来ていた。あ
の子なら家族を支えられるね、そんな話をしていた」
 少年は、なぜ父の墓が見える場所に凶器を置いたのか。捜査員の問いかけに、少年は
「懐かしい場所に、何となく行った」と話したという。
(毎日新聞) - 12月4日3時10分更新

907 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 18:43:58 0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051130-00000061-mailo-l08

器物損壊:常磐線電車に投石、11歳児童を補導 ほか2人も関係か /茨城

 水戸市見和1で走行中のJR常磐線の電車に石が投げられ、窓ガラスにひびが入った事
件で、水戸署は29日、同市立小5年の男子児童(11)を器物損壊の疑いで補導した。
 調べでは、28日午後6時10分ごろ、JR常磐線水戸―赤塚駅間を走っていた水戸発
小山行き普通電車(4両編成)に石が投げられ、2両目の窓ガラスにひびが入った。後続
の普通電車1本と特急電車1本にも投石があり、窓ガラスや車両に傷がつけられた。
 運転士の通報で駆けつけた同署員が付近を調べたところ、線路脇の公園にいた児童が投
石を認めたという。児童の同級生2人もかかわったとみて調べている。児童は「これまで
も何度か投石をした」と話しているという。
 現場近くで25日夕にも特急電車に投石され窓ガラスにひびが入る事件があり関連を調
べている。【長野宏美、清野崇宏】=一部地域既報

11月30日朝刊
(毎日新聞) - 11月30日16時16分更新

908 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 18:49:46 0
http://www005.upp.so-net.ne.jp/hanzaihigaisha/Hitobito.htm

少年に殺された人々

この記録は私が個人的に新聞などで調べたモノです。
これらの人々は、病気や事故で亡くなったのではありません。
19才までの少年少女の手によって、尊い命を奪われたのです。
この人たちのまわりにも、親、兄弟、姉妹、友達、祖父母・・・
たくさんの人々がいました。
このように多くの人々を不幸のどん底に突き落とし
少年という事だけで
人を殺しても何の罪にも問われないいまの日本は、おかしいと思いませんか?

加害者だけが法律で手厚く保護され名前すらでません。
あえて被害者の名前もイニシャルにしました。

これ以上被害者も加害者も増えないことを願いながら
亡くなった方々のご冥福をお祈りします。  
                     合掌

909 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 20:25:55 0
>>908
被害者感情、少年事件を並べて
この類のスレに歯止めをかけようというのだろうが、
残念ながらスレ違い

そういうレスを念頭において議論していいとも思うが、
凶悪犯と普通の若者を一色短にし、若者=悪、という間違った世論を少しでも
是正しようというのもこのスレの狙いだからな

910 :909:2005/12/09(金) 20:52:57 0
それに、いくら凶悪犯と普通の若者を一色短にすることが視野が狭いと言われ
ようが、世の中には繋げて考えるバカは多数いるし、
少年犯罪発生率割合もここ最近は、ほとんど変わらないのに
「激増している」と思っているタコは多数いる。
現にマスコミの少年犯罪過剰報道と、若者のマナー低下を騒ぎはじめたのは
ほぼ同時期なのが、何よりの証拠。同時期ということは明らかに凶悪犯と
普通の若者を繋げて考えている。

それが、論破されると今度は全く根拠のない「質の違い」を持ち出す。

1、デタラメの少年犯罪激増が世論に浸透

2、根拠・証拠が全くない「質の違い」を持ち上げる
  さらにタチが悪いのは昔、厳密には高度成長期時代のころを
 「貧困の時代と比べても意味がない」とくだらないことを言い出す
  殺人・強姦・放火など貧困なんて言い訳になりゃしねえのに

3、そしてマスコミや年配の連中は昔の文化を勝手に美化しだす
  もっとも許せないのが元ヤンキーの自己正当化
 「昔の大人は厳しい大人が多かった。だから少年犯罪はあるにはあったが、
  理不尽なものはなかった」
 「昔の子供はケンカ慣れしていた。だから加減を知っていた」
 「暴走族は上下関係が厳しい。これは社会に出たら活かすことができる」
などなど。

 特に3については、表面上はもっともらしくても根底は「自己正当化」という
ある意味、もっとも卑怯なもの



911 :909:2005/12/09(金) 20:56:44 0
そして、昔の文化のなかで育ってきた奴らが今、
社会の舵をとるようになって何をしてる、って言うんだ

そいつらが「少年犯罪激増」というデタラメを世の中に振り注ごうとしている
あげくの果てには柔軟性のある若者に昔の文化を染み込ませようとしてやがる

912 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 21:09:00 0
ようやく幻想論者の本音が出て来たね

913 :909:2005/12/09(金) 22:04:50 0
>>912
そう。幻想論者の本音とはそういうところ
現に窃盗・強盗(特にこれもチャリ泥が多いわけだが)が増加しているわけだが、
新聞などでは、「少年事件検挙者数過去最高」という見出しをデカデカと載せるやり方だろう。
しかも比較的、少年凶悪事件がメディアを騒がせている時と近い時期に。
もう、世論が「大人が厳しくしつけなくなったから激増した」という考えはできている。
それで重大事件が起きれば、このお門違いの世論が燃える。
この燃えている時期に「検挙者過去最高」の記事を新聞に載せて完了。
検挙の内訳など一切載せずにな。仮に載せたとしても、見出しは見ても記事を隅々まで見る人は少ない。
いや、朝刊なら通勤前それも少しでも寝ていたい時間だから見出ししかみない奴がほとんど。

実はマスコミはここら辺の事は充分わかりきって世論操作をしているはず。
だから、むしろ正確なのこと書いていた方が突っ込まれた時にも都合がいい。
しかし、本音は「世論操作」だ。
雑誌にもしてもそう。この不況下わざわざ買うより立ち読みで済ませる方が特。
だが、長時間の立ち読みは足が疲れるし、第一、立ち読みなど時間つぶしでしている奴が多い。
となると、記事全部などとても読む時間などない。日本はそんな暇な国ではない。
もちろん、テレビだって強みは「画」だ。話だけでは視聴者は満足しないし説得力はゼロ
こんなことテレビ製作に携わっている人間からすれば基本中の基本。
その「画」を見せる時は煽るだけ煽り、出演者が話す時間帯の時はより詳しい考察を交えて
会話を交わす。だけど、視聴者側は信用しない。

こういう寸法でマスコミは世論を牛耳る仕組みをとる





914 :909:2005/12/09(金) 22:16:39 0
さらに参考までにソースをつけてやる

“愛情のつもり”の厳しいしつけ
ttp://www2.odn.ne.jp/~oginaoki/topics.seitosidou1.html

この調査は、罪を犯した少年約500人とその親を対象に、生活ぶりや家族、友人との関係を尋ねたという。
その結果、親は「厳しくしつけた」というのに、子は「虐待を受けた」と認識しているという重大なギャップが明らかになった。
社会一般では「しつけ不足で非行が起きる」と思われているのに、実際は子どもが「親から虐待を受けている」と錯覚するほど
「厳しいしつけ」を受けており、しかも、皮肉にもそれが非行の一因をなしているというのだからたまらない。


915 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 22:18:35 0
>>913
それは単なる大衆迎合主義だろう
民主主義の本質はポピュリズムだからしかたがない
あきらめろ

916 :少年法により名無し:2005/12/09(金) 22:20:36 0
>>914
それは「DQNは遺伝病」ということだろう
あきらめろ

917 :少年法により名無し:2005/12/10(土) 00:05:14 0
>>902
>>903
>>906
>>907
はいはい、恐ろしいですね。
そしてそれ以上に中年犯罪は恐ろしいですよ。

>>908
いや、13歳以下を除けば、人を殺せばさすがに
何の罪にも問われないってことはない。
少なくとも2000年の少年法改「正」以降は。

918 :少年法により名無し:2005/12/10(土) 00:29:38 0
幻想論って中年犯罪と比較して少年犯罪が凶悪じゃないって意味なの?

919 :909:2005/12/10(土) 00:34:59 0
>>918
そうそう。気にいらない同僚を集団暴行して隠蔽されていることはざらにあるし、
福井では、上司が部下を殴り殺して傷害致死で立件されていたり、
名古屋では34歳の男が29歳の部下を「飲みに行くのを断わられた」という理由で、
部下を車で何度も跳ね飛ばして重傷を負わせても殺人未遂にすらならなかったりな。
あげくの果てにはJR東日本で長岡市内で、高崎車掌区の人間の1人の鎖骨を骨折させときながら、
会社側では「プライベートなことだから」といい、書類送検で済ませてその後、
堂々と、加害者は新幹線乗務に平然とついている

おい、少年犯罪厳罰化連中よ、大人でもこんな処分で済まされていることにどう思うよ?

920 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/10(土) 05:26:41 0
>>918の問いに>>919と答えるのは間違いだろ。
マスコミの『凶悪化』を幻想だとする主張には、
@過去の時間軸上の比較で、決して凶悪になってきたのでない
A世代比較で少年が『凶悪、粗暴』とは必ずしもいえない
の2つが含まれてるはず。

921 :少年法により名無し:2005/12/10(土) 20:32:43 0
>>919
  ワケ     ワカ     ラン♪
  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧
 ( ・∀・)  ( ・∀・)   ( ・∀・)
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ
 < < <    ) ) )     (_)|
 (_(_)  (__)_)    彡(__)


922 :少年法により名無し:2005/12/10(土) 21:36:22 0
少年法で守られている少年は罰が軽すぎるとよく言われるが、
実はそもそも成人に対しての刑罰がそんなに重くないんだよね。

923 :少年法により名無し:2005/12/10(土) 23:52:03 0
>>922
それは少年法は維持したたま
中高年厳罰化法を制定しろと
いうことか?

924 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/11(日) 15:42:05 0
>>923
一般成人の刑罰を引上げれば、
少年法の理念は残しても結果としては厳罰化になるってことだよ。

そもそも人を殺したり強姦しても、7年ぐらいで出てくる日本はおかしいわな。

925 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/11(日) 17:38:21 0
>>924
それはまさしくそのとおりだな。やはりお前は賢い。
無期刑有期刑ともに量刑判断が軽すぎる。
平均余命が著しく伸びていることを考えると、
死刑と無期刑の間の隔たりは広がるばかりだ。
吾輩も一般成人の厳罰化には賛成できるし、
死刑は永遠に尊属させるべきだと信じる。

しかし、少年法が存在すると刑事可処分年齢が
14歳以上に限定される上、検察への原則逆送ができるのは
16歳以上に限られている。
しかも逆送の判断は依然として家裁にゆだねられているため
殺人に限っても、実際の逆送率は50〜60%と著しく低い。

一般成人の刑罰引き上げだけでは、むしろ成人のみの厳罰化に
とどまってしまい、結果として少年犯罪者は少年法の理念によって
相対的に、より大きく保護されてしまうことになるぞ。
ここをどうする?


926 :少年法により名無し:2005/12/11(日) 22:32:04 0
age

927 :少年法により名無し:2005/12/12(月) 01:31:38 O
まずゴミを保護する少年法を撤廃し何才だろうが人を一人殺したら即死刑
他の刑期は全て現状の倍にする。犯罪者は社会のゴミなんだからさ。

928 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/12(月) 04:14:06 0
>>925
久しぶりだなw

逆送の判断は家裁の匙加減だが、
いわゆる凶悪犯罪は、逆送原則を徹底させないといかんだろうな。
少年法は、全ての犯罪に一律に適用するのが間違ってる。
喧嘩や万引きと、殺人強姦を一緒くたにした、
現行少年法は論理レベルが荒すぎる。

相対的に少年が保護されてしまうという主張はズレてる。
相対的に比較することが間違ってるわけだからな。
少年法の理念自体は間違ってないので、
成人と比較して数字がどうこういうのは、
少年法を叩きたいという感情論にすぎず、評価できない。

少年法の問題は、『更生可能性の薄い』ものにまで一律に及ぶこと。

まあスレ違いだな。

929 :少年法により名無し:2005/12/12(月) 16:34:53 O
>>927
でもそれだと友達をトランクに詰めて殺してしまった7歳児も死刑か?

930 :少年法により名無し:2005/12/12(月) 16:43:43 0
昭和52年(1977).10.13〔2歳女子がカミソリで赤ちゃんの顔を切り刻み殺害〕

931 :少年法により名無し:2005/12/12(月) 17:14:19 0
まあええけど


932 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/12(月) 23:26:44 0
>>927
おお同士よ。吾輩も同じ考えだぞ。現行少年法は悪法の中の悪法だと思うぞ。

>>928
まったく原則逆送の不徹底は大問題だな。すでにして改正少年法が形骸化しつつある。
すべての犯罪をいっしょくたにしないために、重大犯罪の原則逆送が定められたはず
なのに、殺人でも半分ていどしか逆送されていない。お前のいうとおり現行少年法には
問題がありすぎる。

ちなみに「相対的に少年が保護されてしまう」というのは、書き方が悪かった。
現行少年法を残したまま、成人の犯罪を厳罰化すると、逆送の不徹底と家裁判断の
甘さによって、お前の意図する成人犯罪の厳罰に連動しての少年犯罪厳罰化が
阻止されてしまうということを言いたかった。現行少年法の問題にお前がすでに
気づいているなら、まったく異論はない。

ただひとつ疑問なのは、お前が>>920で「(2)世代比較で少年が『凶悪、粗暴』とは
必ずしもいえない」という主張が幻想論に含まれていると言っていることだ。
これは「成人犯罪との相対比較」にはあたらないのか? 


933 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/12(月) 23:28:30 0
>>929-930
その場合は、保護義務者に刑事責任を重く科する必要があるな。重過失致死よりも
さらに重い罪とすべきだ。交通犯罪における危険運転致死罪に相当と仮定すれば
最高20年、併合加重30年は最低限必要だろう。犯行を行った子供は育児能力の
無い親からひきはなし、2歳以下の場合は乳児院。3歳以上の場合は児童精神科の
ある精神病院に措置入院させ、退院ののちに児童自立支援施設送りでいいだろう。
むろん民事の損害賠償訴訟はこれとは別に行う。


934 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/13(火) 11:28:11 0
>>932
マスゴミの『増加凶悪論』が、>>920の裏返しを主張する傾向があるので、
当然にその反論形式は>>920になるだけの話。

そもそも、世代間の相対比較自体が全く意味をなさない。
『俺たちは処罰されるのにガキは処罰されないのは許せん』なんて、
感情論は何も意味を成さない。

各犯罪に適切な処罰を与えればいいだけのこと。
サカキバラ君なんかは更生可能性ゼロなんだから一生隔離でいい。
逆に親殺しだろうと、更生可能性がある場合は減刑してもいい。


935 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 11:47:43 0
戦車男よ。
お前が出てくると特定の人間のみの
キャッチボールみたいな議論になるから出てくるなよ

936 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 11:56:07 0
>>858>>859
のようなテンプレを、板のトップに据え付けてくれないかな。
この板には基本的なことがわかっていない奴が多すぎる。

937 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/13(火) 12:03:13 0
>>935
でも他に『増加凶悪化』を主張する奴なんて来ないぞ。
少なくともネット上じゃ絶滅危惧種じゃないのかな?

938 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 17:17:42 0
>>937
ここ以外のこの板にあるスレでは、それが大半だよ。

939 :935:2005/12/13(火) 21:03:52 0
ただなあ、今の現状でみる限り、
少年犯罪の厳罰化だけ叫び、それが現実化されてしまうと、
成人犯罪の処罰より重くなるといった逆転現象が起こりそうなのだが。

理由・根拠はどうであれこの逆転現象だけはいただけない

940 :少年法により名無し:2005/12/13(火) 21:06:57 0
は?
子供の犯罪のほうが罪は重い。当然です
子供は獣みたいなものだから、しっかりムチは強くしなければ
ならない

941 :935:2005/12/13(火) 21:16:29 0
>>940
お前はキチガイか?
というか、愛知の人間か?

942 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/13(火) 22:51:11 0
>>934
なるほど、そういう意味ならよく理解できる。刑罰体系の適正化が必要だという主張は
吾輩も大いに賛成するところだ。こちらも(1)の時系列的な意味に限って議論を進める
こととしよう。

時系列的な意味において、増加・凶悪化幻想論は科学的客観性を欠くと吾輩は考える。
故に幻想論の主張は少年犯罪の現状把握を困難にし、刑罰体系の適正化の障害になる。
客観性を欠く主な理由は以下の通りである。


943 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/13(火) 22:52:30 0

<まちがいだらけの少年犯罪増加・凶悪化幻想論>

■(1)自説に有利な一点を恣意的に選んで基準にしている■
歴史的に一度しか起こりえない大戦争の反動という、一時的な現象を規準点にとしている。
これには客観的かつ合理的な理由がない。論者が自由に基準点を選ぶことが許されるなら、
いかなる期間を切り取っても、その中でもっとも高い時点を選択することができるので、
それ以外のどの時点を比較しても減少していると主張することができてしまう。

■(2)自説に有利な期間を恣意的に選んで比較対象にしている■
これは(1)と重なるが、論者が自由に比較範囲を定めることが許されるなら、意図的に
過去の数字が大きくなる期間を選ぶことで、未来永劫、常に減少していると主張できる。

■(3)動態の循環性を考慮していない■
増減の波を繰り返す統計については、対象期間のメジアンないしモードを規準にして、
外れ値を排除して比較しなければならないが、単純平均すら採用せず、山の頂点を
規準にしている。

■(4)長期的傾向と短期的傾向を区別していない■
被害者救済・社会防衛・治安維持・犯罪捜査の観点からすれば、短期的な傾向が重要で
あるにもかかわらず、長期的傾向のみを唯一の動態と決めつけ、短期的な傾向を度外視
させようとしている。これにより現代の実情にそった刑罰体系の適正化を阻害している。



944 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/13(火) 23:59:29 0
>>938
それってどっちを指すの?

>>943
成長してないなあ…
(1)(2)
自説に有利な期間を設定するのは『増加凶悪化』論者
戦後の混乱期と比較するような低脳は『増加凶悪化』否定派にはいない。
それともお前の戦後は昭和50年まで続いてるのか?
(3)
自分で期間を切り取ることを否定しときながら移動平均を採用してどうする。
つーか3年平均でいいからそのデータ持ってきてから話せ。
期間は昭和30年(正確には昭和27年)以降でいいからさ。
(4)
自分で恣意的な期間を切り取ることを否定しながら(ry
とは言え、短期的傾向の分析も大事であることは事実。
つーか、>>879以降ずっと提出を待ってるのだが。

945 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 00:01:40 0
あ、移動平均の期間設定の部分間違えてるな…
(正確には昭和29年)だな。

まあ、どの道やってこないだろうからどうでもいいかw

946 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 00:06:38 0
>>944
>>938は「このスレからはほぼ排除されただけで、
依然としてこの板では『今時のガキはかつてないほどの異常モンスター』
という認識が大手を振ってまかり通っている」ってこと。

947 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 00:37:54 0
少年犯罪に限らずいろんな犯罪が増加しているように感じるのって
事件がおきる→真似する奴が出てくる→まとめて起きるからそればかり報道する
→犯人捕まってるから暫くするとみんな事件のことを忘れる→忘れた頃にまた事件が起きる。
ってのもあると思う。
マスコミもそういう風に報道してるんだろうけど。

948 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 01:45:46 0
>>944
いままさに起きている、起きようとしている凶悪犯罪について分析するのに短期的な
統計をまず参考にするのは当然の話だろう。それを恣意的な切り取りと非難しつつ、
自説の切り取りは恣意的ではなく客観的だというからには、その根拠があるんだろうな?

それに昭和50年というのは1975年だぞ。いまから30年も前の話だ。
60年安保、70年安保、連合赤軍事件といった、敗戦後の政治的社会的影響が色濃く
残っている時期だぞ。今でさえ、押しつけ憲法や教育基本法の改正が国会の俎上に、
ようやくのりそうな段階だ。少年犯罪の根底にあるこれら戦後民主主義と日教組教育の
影響が排除されない限り、少年のおかれた環境が敗戦の影響を脱したとは言えないぞ。

(3)については、どこをどう読めばこちら側が移動平均を採用していることになるんだ?
幻想論者が勝手に切り取り範囲と規準を決めているのを批判しているのがわからんのか?
だいたい一般論で語っても統計の分析で、山の頂点より低いところは全部減少していると
いうのは愚論だろう。百歩譲ってそっちの切り取り範囲を飲んでも、その中で一番高い
ところが規準だと強弁するのはおよそ客観的とは言えない。そりゃ富士山に比べれば、
日本の山は全部低い山だと言ってるのと同じだぞ。というか移動平均の話ではないぞ。

(4)についてだが、別に10年の統計を出すなどと宣言した覚えはないぞ。というより
統計の数字をもって凶悪化の有無を判断するのは社会科学になじまない話題だと一貫
して主張している。これについては一度お前と合意を見たはずだが忘れたか?



949 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 01:50:34 0
>>948
だからとっとと短期の傾向分析して来い。
それを提出してから話せ、能無し。

昭和50年を戦後に括るようなアホとはもう議論不能だよ。

社会 科 学 を統計から切り離す奴とは議論不能。




950 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 01:53:14 0
>>949
移動平均って普通こういう風に使うんだぞ。いったいどういう勘違いだ?
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rls=GGLD%2CGGLD%3A2005-26%2CGGLD%3Aja&q=%E7%A7%BB%E5%8B%95%E5%B9%B3%E5%9D%87&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

951 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 01:59:19 0
うーん、>>948読めば読むほど…

これ以上御前の指導をしてると俺まで荒し認定受けそうだな。
スルー推奨でしょうか?どうかねROMってる人。

952 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 02:02:59 0
>>943は反幻想論側のテンプレとしておくぞ。
論理に穴はなく、反駁は不可能だがな。

953 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 02:04:20 0
>>950
うん?
極端な変動を補正する為には移動平均を採用して、
その平均線を採れば傾向がわかるのだが。

株式だけに使うわけじゃないよ。

954 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 02:15:40 0
>>953
とりあえず、お前は移動平均がわかってないぞ。誰も移動平均の話などしていない。
せめて中央値か最頻値を規準にするくらいの客観性を持たせろと言ってるんだ。
そっちが最大値を規準にするなら、こっちも最小値を規準にしてもいいことになるぞ。

955 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 02:32:32 0
>>939
その前によ「少年少女だからということで罪が軽くされてる」ということわかってるか?
少年法は更正という目的のために罪を軽くしてるだけだ。

956 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 02:46:05 0
>>952
勝手にすれば?
一々>>944の内容で反論しなくちゃならんのがウザイが。

つーか大学入って勉強してこい

>>954
中央値???
中央値をとってもブレの観測が半分になるだけだが。
5年平均なりで移動平均使ったほうが遥かにブレを緩やかにできるぞ。
もっとも移動平均値自体には意味なくなるな。
まあ色々やってみれば?

957 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 02:53:36 0
>>956
だからお前の切り取り範囲の客観性と、基準点を最大値にとることの論理性を説明しろよ。
だれが移動平均の話をしてるんだ?

958 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 03:00:59 0
>>956
つまりだな。このグラフの中でだな。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/bunsyo/toukei16/pdf/kt16b001.pdf
吾輩が大正12年や昭和20年を規準にしたら、お前は客観性を欠いていると
非難するだろう? お前が最大値を規準にするのは、それと同じことなんだぞ。
おわかり?

959 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 03:03:35 0
>>957
はあ?
可能な限り最大の期間を採用するのなんか科学の常識だろ。
期間が短ければ短いほど、証明力が落ちるわな。
もういいよ。
極端な山を基準にするのが嫌と言いながら中央値を採用しようとする、
論理音痴に何言っても理解できんだろ。

つーか、最近お前よりおもしろい餌を見つけたからどーでもいいや。
ロリコンを論理的に叩くと必死になるからおもしれーぞ。マジお勧め。

960 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 03:06:59 0
>>958
客観性を欠いてるなんて 絶対 に非難しませんよ。
ただ、馬鹿だなーとは思うけど。

どうぞ、明治23年から対人口比率で『増加凶悪化』を証明してよw

961 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 03:09:41 0
>>959
お前はもう少しすなおに自分の過ちを認められるようになれ。
誰も極端な山をなだらかにならしましょうなんて話をしてるんじゃないの。
お前が勝手に決めた範囲の中の最大値を規準にするような非科学的なことを
するなと言ってるの。これでもわからん?


962 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 03:18:31 0
>>961
誰も最大値を基準になんかしてないだろ。
そもそも俺らはそんな技巧を施す必要が何もないからなw

>対象期間のメジアンないしモードを規準にして、
>外れ値を排除して比較しなければならない
これを具体的にやれる方法は?
そもそもここであんたが言ってるメジアンは何を指してる?

つーかオマエ大学出てないだろ。
独学では限界あるぞ。

963 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 03:50:06 0
>>962
だーかーらー、お前は自分の考えで調査範囲を決めてるだろ? だけど、その範囲で
なければならない客観的な理由はないのよ。しかも、増減を繰り返している波の中で
カーブの頂点を選んでるだろ? それは「景気のいい時は景気の悪い時にくらべて
景気がいい」と言ってるのと同じなの。ね?そう思うでしょ? だから、調査範囲を
君が決めたら、「この範囲内に限って言えることですが」と前置きした上でだね、
何らかの要約値を規準にして、そこからみてこの時点では減っています、増えています
というのが正しい統計の見方でしょう? ちがいますか?

964 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 04:01:01 O
>>963
どーせ奴は理解不能なのだ

965 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 04:17:08 0
>>963
はあ?
採用範囲をなるべく最大にするのがどこが問題なんだよ。
戦後に限定したのは刑法が事実上変更されてるからだろ。
別に構わんよ、オマエが明治23年からを採用してもね。

で、カーブの最大なんか採ってないのだが。
どこをどう考えたらそういうこと言ってるのかな。

そもそも調査範囲の限定なんか俺はしてないじゃん。
調査範囲を意図的に使ってるのはお前だろ。
まあ昭和50年を戦後の混乱期と言うような奴に何言ってもだめだろ。

>>964
おまえなーwバレバレなんだけど。
ホント情けない奴だな。屑だな

966 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 04:24:19 0
ビジネス雑誌BICで紹介しているサイト
http://sidevip.easter.ne.jp
ココでサイドビジネスとして毎月確実に30万円稼いでます。

(現在クリスマスキャンペーン中でお得ですよ♪)

967 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 04:26:08 0
>>965
あーのーね、刑法というのはね、何度も何度も改正されてるの。
http://www.law.hiroshima-u.ac.jp/jobun/keiho/kaisei.htm
そのどこかの刑法改正を君が規準にする客観的な理由はないの。

そーれーでーね、幻想論はそもそも、戦後のピークから比べて
現在は少年犯罪は減少しているので、増加はしていないという
お話だったでしょう? それをあなたは支持してるんでしょう?
それなのに限定していないと言うのは、どうしてなーの?

968 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 04:32:22 0
>>967
もういいよ。
勝手に明治23年からの対人口比率の少年犯罪推移を論じてろよ。

ところで一つだけ教えてくれ。
お前にとって戦後の混乱期っていつまでなの?
昭和50年も戦後の混乱期なんだろ?55年か60年?

969 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 04:35:18 0
>>967
めんどいけど調子に乗らせてもあかんし答えるか…

今まで挙がってくるデータがほとんど戦後の比較だからじゃね?
おまえが明治23年からのデータを作ってくれたら、
 限定しないで ちゃんと精査してやるさ。
頑張れよw

970 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 04:51:56 O
>>965
バレバレ???
情けなくて屑でおまけに馬鹿なんだね

971 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 04:53:26 0
>>968
だーからー、俺にとっての戦後の混乱期なんて聞いても客観的な意味はないでしょ?
他人に客観性を求めるのに、自分だけ主観で語ったりしないの、俺はね。俺はね。俺はねー
つーまーり、「戦後の混乱期だから」そこを排除しろという意味じゃなくてね、
どこであれ特定の時期を恣意的に規準にするのは客観性を欠いていると言いたいわけ。
だからこっちも昭和20年とか大正12年を規準にしたりしてないでしょ。
それをやったら幻想論と同じにまちがいをおかすことになるからね。
だから明治23年からであれ、昭和30年からであれ、あくまでもその期間内に限って
の調査結果にすぎないわけ。基準点にしてもそう。すべて相対的なものでしかないわけ。
現時点の犯罪に対処する有用性という観点から言えば古すぎるデータは参考にならないし、
逆に法史学の研究をしてる人だったら、不確実でもなるべく古いデータを集めたいと
思うでしょう。一つの統計解析を唯一無二と考えてはいかんということなんですよ。
吾輩が言いたいことは。

972 :少年法により名無し:2005/12/14(水) 09:04:54 0
>>971
>昭和20年とか大正12年を規準にしたりしてないでしょ。

別に構わないのでは?
大正12年からの少年の罪種別検挙人員数推移データがあるなら晒せ。

973 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/14(水) 13:42:44 0
>>971
いいじゃんwお前の戦後っていつまでなのか位教えろよw

んで本論の方、意味がまったくわからん。
オマエが何をしたいのかがな。
『期間を設定すると恣意が入る』うん、そりゃそうだろうね。
だからこそ、可能な限り長期間に設定するって言ってるだろ。
その上でそのデータを精査すりゃいいだけの話じゃん。
データを分析する上で期間内の事に限定することに留意するなんて、
当たり前すぎる話なんですが。

で、
オマエは期間を設定しないまま、データを提示しないまま、
『増加凶悪化』してるっ って主張するつもりなの?

救いようがないなw


>>970
戦車男に味方する奴は珍しいのでもう少しお喋りになったらどうですか?

なんか戦車男だいぶ劣化したな

974 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/14(水) 20:23:07 0
>>973
だーかーらー、可能な限り長期間に設定すること自体が、恣意的だというのがわからん?
それだと長期的傾向しか見えなくなるだろう? 調査対象期間を長くとればとるほど、
短期的な増減が見えなくなって、今現在の犯罪と戦うために必要なデータが埋もれて
しまうのだよ。それが幻想論者の真の意図なんだがな。

それにな、さかのぼれる統計には限界があってだな、常にそこを起点にして調査当年まで
を調査範囲とすると、年々調査対象期間が長くなってしまうでしょう?
そうするとまた年々短期的な増減が埋もれていくわけですよ。

こちらは幻想論者にとっても諸刃の剣だから、おまえ以外の幻想論者のみなさんは、
あえてそこにはあまり触れないようにしていらっしゃるわけなんですがね。

天気予報でも、過去30年間の平均値を平年値として、定期的に範囲をシフトさせて
行くでしょう? もし毎年範囲を増やしていって、過去150年の天気とかを参考に
していったら、毎年どんどん天気予報が当たらなくなっていくでしょう?
おまえは、このくらいのこともわかりませんか?



975 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/15(木) 02:55:10 0
>>974
だから勝手に5年なり10年なりの馬鹿データで主張してればいいじゃん。
誰もそれに文句言ってないじゃん。
つーか>>973の答えが>>974なの?アホか。

お前みたいな
昭和50年を戦後に括るようなアホ
社会 科 学 を統計から切り離す奴
極端な山が観測されるのが嫌だから中央値を採用しようとする、 論理音痴
とは、話しても無駄だと思うけど。

あらゆる反論に優先して

>対象期間のメジアンないしモードを規準にして、
>外れ値を排除して比較しなければならない
これを具体的にやれる方法は?
そもそもここであんたが言ってるメジアンは何を指してる?

これに答えてくれない?


それとな、幻想論者は基本的に何も主張してないんだよ。
お前ら『増加凶悪化』論者の否定をすればいいだけだもん。
『減少穏健化』を主張すれば証明必要だけどな。
そんなこともわからんのだな。


976 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/15(木) 19:57:18 0
>>975
あーのーさー、幻想論者の主張は、メディアを通して少年犯罪の増加凶悪化が強調されて、
その論調が社会で常識化している現状に対する否定論として提示されたわけでしょう?

要約すれば「メディアの報道の過熱とそれに対する社会の過剰反応で、あたかも少年犯罪
が増加凶悪化の一途を辿っているように多くの市民が認識しているが、昭和20年代から
の長いスパンでみれば、実は長期的下降トレンドにあるので、厳罰化の必要はないのだ」
ということを主張しているわけでしょう? それでこのスレが立っているわけでしょう?
おまえ以外の幻想論者が主張をまとめて、次スレ用のテンプレも作ったわけでしょう?
で、反対側にも反論の論点をまとめてテンプレを作れとおっしゃってるわけでしょう?

それなのに幻想論者は「何も主張していない」というのは、いったいどういうことなの?



977 :少年法により名無し:2005/12/16(金) 10:07:00 0
>>976
反論し易い、しかもどうでも良い所にだけ9行もレスするのだね。

>>934

>反幻想論側のテンプレとしておくぞ
というわけで、幻想論側に対する(意味不明な)突っ込みにすぎず
凶悪化の証明にはなっていない。
凶悪化の証明となるテンプレを作って欲しいね。

978 :少年法により名無し:2005/12/16(金) 10:09:03 0
>>934 ×

>>943 ○

979 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/16(金) 11:41:46 0
>>976
主張の際の挙証責任のことを言ってるわけだがな。

それと『増加凶悪化』論者が『厳罰化反対』を唱える論理必然性は皆無なのだがな。
あと要約のほうが長いってアホ馬鹿小学生かよw

まあさっさとテンプレ作ってこいよ。
それと学術的にw非常に興味があるので、

>対象期間のメジアンないしモードを規準にして、
>外れ値を排除して比較しなければならない
これを具体的にやれる方法は?
そもそもここであんたが言ってるメジアンは何を指してる?

これに答えてくれない?


電波の研究でもしてるのかよ、俺はw


980 :78式対電波兵器 ◆6WOq0SG1PQ :2005/12/16(金) 11:46:30 0
訂正

それと『増加凶悪化』反対論者が『厳罰化反対』を唱える論理必然性は皆無なのだがな。


981 :少年法により名無し:2005/12/16(金) 21:29:53 0
類似スレたてた

「大人が厳しくなる→少年犯罪が減る」と言うバカへ

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1134707838/l50

982 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/16(金) 23:26:53 0

>>976
挙証責任だ? おまえは模擬裁判でもして遊んでいるつもりなのか?

時系列の問題に、共時的な概念の用語を持ち込んだのが気に入らないということだったら、
とりさげて「期間平均」と言い換えて、テンプレも修正しますよ。誤用であれば申し訳
ありませんでした。訂正してお詫びいたします。今後メジアンという言葉は使いません。
これで文句ないな?

どういう表現を使うにしてもだな、吾輩が言いたいことは、循環性の顕著な統計に関して、
山の頂点から見て減少していると主張するのは誤りであり、当たり前すぎて無益だという
ことにつきる。恣意的な期間の頂点を規準にすれば、期間中のすべての点が減少している
に決まってるだろう。こんな子供だましに惑わされて目前の山を見ないのは愚かだ。

戦後だけをみても、過去3回の大きなピークがあり、今4回目の上昇局面を迎えようと
している。この4回目の山を小さく抑えるためにどうしたらいいかと、みんなが悩んで
いるときにだな、過去の山のてっぺんから見下ろして、まだまだ低いから安心しろ、
何も対策をするな、と言っているのが幻想論者なのだよ。これは統計の悪用だ。

『増加凶悪化』反対論者が『厳罰化反対』を唱える論理的必然性は皆無だというがな、
その過去3回のピークは、すべて昭和23年の少年法改正後に起こってるんだぞ。
それを考えるとだな、それらのピークが、少年法による国親思想や更正優先主義の
行き過ぎた結果であるという推論も成り立つわけだ。これを否定する論拠はない。

だからこそ厳罰化が言われているわけで、近年の少年犯罪が減少善良化しているなら
厳罰化を主張する必要もない。したがって増加凶悪化論への反対は厳罰化への反対と
まったく同義なのだ。

お前は幻想論に荷担することで厳罰化に反対し、妨害してるんだ。洗脳されるな。
ROMを気にして自分の面子をかわいがるな。犯罪被害者と遺族に対して良心の呵責を感じろ。



983 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/16(金) 23:28:08 0

>>978
あのな。スレ立て側が、反論側に増加凶悪化の証明となるテンプレを要求すること自体、
本来見当違いも甚だしいんだぞ。作れ、作れというから、ご厚意でお作りしていただいた
テンプレにケチつけるな。だいいち背理証明が反論の形式をとるのは当然だろう?

そもそも幻想論のテンプレ自体が増加凶悪化論に対する反論の形式を取ってるじゃないか。
というかスレタイが反論形式そのものじゃないか。それを補強するためのテンプレだろ?
反論形式の論証が無効なら幻想論自体が無効だろうが。素直に「お願い反論しないで」と言え。

もともと増加凶悪化論はここ10〜15年ほどの少年犯罪の傾向について語っているのだから、
その限りにおいて正しいのだよ。そこに幻想論者が、過去のピーク時にまで統計を遡って
みれば減少しているという詭弁を弄してきたにすぎん。したがって論争の焦点は必然的に
幻想論者の提示する統計スパンの妥当性、客観性、有益性の検討に絞られるのだよ。
他に争点はない。


984 :少年法により名無し:2005/12/16(金) 23:31:37 0
あのね。警察の検挙率がものかごく下がってるの
それで増加してないといわれても。

985 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 00:22:58 0
殺人とかの検挙率は全然下がってないよ。

986 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 00:29:00 0
>>984

  だから検挙率の低下はカラクリがあると何度も出ているのだが
学習能力が欠落しているのだろうか・・・・

こういう精神薄弱者が増加や凶悪化などを主張するわけだから本当に痛い。



987 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 00:32:15 0
>増加凶悪化論への反対は厳罰化への反対と
>まったく同義なのだ。

一般に厳罰化は必ずしも犯罪の抑止力にならないと言われてる
んだからそうじゃないと思うよ。
厳罰化と増加凶悪化論は別の話。

988 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 00:32:16 0
http://www2.kokugakuin.ac.jp/zyokoym/Delinquency1.html
少年犯罪は凶悪化しているか
http://www.wako.ac.jp/souken/touzai01/tz0113.html
少年犯罪は急増しているか
http://kogoroy.tripod.com/hanzai.html
少年犯罪は教育基本法「改正」の根拠となるか?
http://www.janjan.jp/living/0311/0310318203/1.php
おかしな報道には抗議しよう日記
http://www.mypress.jp/v2_writers/talkingdrum/story/?story_id=290543
日本の犯罪状況〜増加・凶悪化・安全神話
http://www.cc.toin.ac.jp/kika/kawai.html
メディアと「青少年凶悪化」幻想
http://www.jca.apc.org/toudai-shokuren/dekigoto/000824a.html
「治安悪化」という神話
http://www.shinpei.jp/writing/media12.html
昭和少年犯罪史
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/jsyouwa.htm


989 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 00:48:43 0
反幻想論側のテンプレ。


敗戦による社会の混乱と貧困を鑑みて国親思想と更正優先主義を色濃くした現行少年法は、
アメリカ占領下の昭和23年に、制定されました。しかし、この法律が失敗であったことは
すぐに明らかになりました。翌昭和24年から少年刑法犯の人口比は急激に上昇し始めたのです。
少年犯罪は3回もの急増期を繰り返しながら全体として増加を続け、昭和58年には
ついに戦後最悪の数字を記録してしまいました。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/image/z3000015.png

その後、市民と警察・司法の多大な努力によって一時的に減少したものの、平成5年から
は再び上昇に転じ、平成15年には戦後最悪の水準にまで接近してしまったのです。

特に殺人・強姦・強盗・放火などの凶悪犯罪や粗暴犯の増加は著しいものがあります。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/h16/hakusho/h16/html/F3301020.html



990 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 00:50:01 0


この状況を打開すべく、平成13年に少年法の一部改正が行われ、刑事処分可能年齢の
引き下げと故意により人を死亡させた事件についての原則検察官逆送が盛り込まれました。

しかし、逆送の判断は以前として家裁判断にゆだねられているため、実際の逆送率は
平成14年3月時点で67.7%にすぎず、殺人については50%しか逆送されていません。
また検察に逆送された者についても、依然として少年法により守られていることには
かわりがないのです。18歳未満の殺人者が死刑判決を受けることはありません。

さらにここで注目するべきなのは、平成13年少年法改正以後の罪種別の動向です。
殺人と粗暴犯については微減しているのに対し、強盗・強姦・放火・粗暴犯その他に
ついては逆に増加しているという点です。改正で原則逆送対象になった罪種については
減少し、対象からのぞかれた罪種については増加しているのは、少年犯罪者が少年法を
熟知した上で選択的に犯行に及んでいることを、はっきりとうかがわせます。


991 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 00:51:31 0


急増している少年の横領犯については、多くを自転車盗・バイク盗が占めていると
言われますが、これも交通弱者の生活必需品である自転車や、高級自転車・バイクの
パーツを狙った悪質な犯行であり、微罪と看過できません。少年層一般にわたる広範な
規範意識の低下が憂慮されます。

警察の捜査方針変更や認知件数の急増などによる暗数の顕在化を示すデータは存在せず、
警察官は犯人を逮捕するまで少年か成人かを知ることはできないので恣意的・選択的な
捜査は不可能であり、近年の少年犯罪の増加・凶悪化は明白な上にも明白です。

長期的に見ても、終戦直後の混乱期であり少年犯罪の増加もやむをえなかったといえる
昭和20年代初頭の水準にくらべ、刑法犯少年人口比は倍増しているのです。

近年の著しい検挙率低下を考慮すると、かろうじて検挙率を維持している殺人以外の
少年犯罪の実数はさらに大きいものと推定されます。これについて同時期にあった
警察の捜査方針変更による見かけ上のものとする、直接の証拠は何もありません。
また認知件数の増大が従来隠蔽されてきた犯罪の露呈によるもので実数の変化はない
とする直接の証拠もありません。むしろ一般刑法犯認知件数の増大に比べて顕在化
しやすい暴力的9罪種の認知件数が増大していることを考えると、実数の増大は明白です。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2002/images/z06.jpg

刑法犯の少年人口比が成人人口比の5倍にまで達している現状を考慮すると、
認知されているが検挙されていないこれら暴力的9罪種の80%以上が少年の犯行と
推定されます。これは少年犯罪の凶悪化を示す有力な数字です。これを補正値とすると
平成13年の少年による暴力的9罪種の推定犯行実数は最低でも15万人以上と考えられ、
質的な凶悪化も戦後最高水準に達していることは確実なのです。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2002/images/z07.jpg



992 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 00:57:39 0

<ここがおかしい幻想論!>

■(1)自説に有利な一点を恣意的に選んで基準にしている■
歴史的に一度しか起こりえない大戦争の反動という、一時的な現象を規準点にしている。
これには客観的かつ合理的な理由がない。論者が自由に基準点を選ぶことが許されるなら、
いかなる期間を切り取っても、その中でもっとも高い時点を選択することができるので、
それ以外のどの時点を比較しても減少していると主張することができてしまう。

■(2)自説に有利な期間を恣意的に選んで比較対象にしている■
昭和20年の大減少を含むそれ以前の期間を意図的に切り捨てて、隠蔽している。
論者が自由に比較範囲を定めることが許されるなら、恣意的に過去の数字が大きくなる
期間を切り取ることで、未来永劫、常に減少していると主張できる。

■(3)動態の循環性を考慮していない■
少年犯罪は増減の波を繰り返していることが知られているが、これを無視して山の頂点
を基準値にしている。現在は戦後4回目の上昇局面に突入しているにもかかわらず、
戦後の最大値と比較して絶対数が少ないことを誇張し、減少局面にあると誤認させている。

■(4)長期的傾向と短期的傾向を区別していない■
被害者救済・社会防衛・治安維持・犯罪捜査の観点からすれば、短期的な傾向が重要で
あるにもかかわらず、長期的傾向のみを唯一の動態と決めつけ、短期的な傾向を度外視
させようとしている。これにより現代の実情にそった刑罰体系の適正化を阻害している。

■(5)増加・減少の原因分析の放棄または恣意的解釈■
戦後の少年犯罪の激増が、敗戦による未曾有の混乱や、昭和23年の少年法改正による
国親思想・更正優先が行きすぎた結果である可能性を検討せず、その後の長期的減少を
無批判に少年法の成果とし、市民や警察の努力を無視して刑罰体系適正化を妨害している。




993 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 01:16:49 0
>>990の8行目訂正

>殺人と粗暴犯については微減しているのに対し、強盗・強姦・放火・窃盗その他に

つーか、言われたとおり主張と反論の両方のテンプレ作ったんだから、
幻想論者は早く次スレ立てろよ。


994 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 01:18:55 0
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1134485716/l50

995 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 01:21:10 0
>>858の一部を少し訂正しておく。もし次スレを立てるならこっちを使って。

・殺人にはカウントされなくても人が死ぬ犯罪はありますが、それを含めても減っています。
ttp://www.npa.go.jp/hakusyo/h13/h130102.pdf     18ページ
ttp://www.npa.go.jp/safetylife/syonen21/syonenhikoh16.pdf
19ページ参照   警察庁「少年非行などの概要」より

996 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 01:31:00 0

明治23年から平成16年までの警視庁統計

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/bunsyo/toukei16/pdf/kt16b001.pdf

戦後の犯罪のピークが、敗戦の反動であることがはっきりとわかります。





あと>>622-623の名作短編もいれといて。


997 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 01:40:24 0
少年犯罪の増加・凶悪化はでたらめ 第2スレ
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1134750872/

スレ立て、幻想派テンプレ貼りは済ませた。
手違いで文句を言われてもかなわないので、
凶悪化派はそっち自身でテンプレを貼って欲しい。

998 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 01:48:20 0
ちなみに幻想派テンプレは細部の表現を補正してある。
時間がなかったので足りないし、かえって悪くなったところも
あるかもしれないが。

1には導入のための文章を書いて、2からテンプレといきたかったのだが、
今さら考える時間はなかった。次スレでその辺も話し合ってみては。
いつまで続くのかはわからんが。

999 :戦車男 ◆b1yEJRoEn6 :2005/12/17(土) 02:12:08 0

反論側テンプレ貼り終了した。
俺に関してね。追加したい者はどんどん追加してくれ。
それじゃあ、おまえら。地獄で会おうぜ。

次の方1000取りどうぞ。


1000 :少年法により名無し:2005/12/17(土) 02:27:49 0
戦車男 ◆b1yEJRoEn6 ←バカ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

465 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)