5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊民営化

1 :cats food:2005/09/04(日) 22:22:57 ID:3tPeexu3
語れ

2 :右や左の名無し様:2005/09/04(日) 22:25:44 ID:???
イラクでは民間の傭兵会社が活動しているそうだが、自衛隊も活動の下請けをそういう会社に
どんどん任せるべき、とかそういう話か?

3 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 00:04:25 ID:pEXRp8Gs
金で動く軍隊を雇えと?

この世で最も民営化してはならないものの一つが国軍である。

4 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 01:05:38 ID:731BsBoT
その前に警察を民営化してほしい

5 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 03:25:29 ID:???
山口組と交換するのですか?


6 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/09/07(水) 20:56:13 ID:???
自衛隊は、三島先生も最後は愛想尽かしたのだし、
災害救助会社とかになって民営化してしまえばいいが、
それとべつに、きちんとした国軍をつくるべきだ。

7 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 21:02:40 ID:???
武器の仕入れコストが今高すぎるし、なにより人の命が高いからね
コスト削減になるかもな

8 :閑人:2005/09/07(水) 21:35:22 ID:8hLn5GmY
三島が自衛隊に愛想をつかした?何寝言ほざいてんだよ!
じゃ何しにわざわざ市ヶ谷まで行ったんだよ。
現場にた自衛官にしかとされ、あるいは野次られ、哂われちまったんで
泣いて自決したんだろが!


9 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/09/07(水) 21:49:02 ID:???
三島由紀夫先生の激の抄です。

 アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。
 あと二年の内に自主権を回復せねば、左派のいふ如く、
 自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終わるであらう。

 われわれは四年待った。
 最後の一年は熱烈に待った。
 もう待てぬ。

10 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 21:51:48 ID:???
そして現在、自衛隊はアメリカの弾除けになった。


11 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 22:08:13 ID:???
>>8

俺の身内が、元自衛官で、
三島乱入の日にあの場所にいたんだけど
自衛官たちは
「なに、このおっさん?」
「いるんだよ。自衛隊の現場の苦労も知らないくせに、軍隊を美化するやつ」
「三島?あのキモイボディビル作家の?」
「左翼もウザイけど、俺らをベトナムに行かせたがるような戦争好きの右翼の方が迷惑なんだよな」
という調子だったらしい。


12 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/09/07(水) 22:11:10 ID:???
>>11
そういうたわけた組織は、民営化するほうがすっきりする。

13 :調子だったらしい:2005/09/07(水) 22:37:46 ID:???
>>11

ああ 俺も聞いたよ
日本刀をふりまわす三島に素手でむかって指をきりおとされた人もいたらしいね。


14 :そういうたわけた組織:2005/09/07(水) 22:42:24 ID:???
>>12 そういうたわけた組織は、。。

そういえば、大日本帝国陸軍省に乗り込んで永田を惨殺した相沢中佐は
堂々と廊下をあるいて庁舎をでたそうだ。 陸軍省の各部屋は施錠して
内部で将官も兵も震えて相沢を見送ったそうだ。
相沢は、このあと靖国神社にいき、カイコウシャで買い物をして新任務地台湾に
出張しようとしてつかまった(お迎えに)。

15 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 22:43:04 ID:7+44NlHJ
>>13

三島は政治信条で死んだというより、「男の美学」で死んだ、というのが正解。
死地を単に市ヶ谷にしただけ。自衛隊は迷惑。

自慢の肉体美も、ボディービルで作った人工的なもの。

知人に「年をとり過ぎるまでに、行動しなくては」と以前から漏らしていたという。

16 :「男の美学」:2005/09/07(水) 23:55:45 ID:???
いやほんと。
最近の日本人は老醜なんて気にしないで長生きして若者の負担になっているからな
三島先生はそのこともかんがえて折られたんだよ


17 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/09/08(木) 06:32:09 ID:???
三島先生は、大半の文化人とちがって、誠実に文武両道を
実行されたんだよ

18 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/09/08(木) 08:02:48 ID:uNovkrqf
>>17 喪舞は土人。

19 :右や左の名無し様:2005/09/08(木) 08:16:03 ID:???
>>15
「年をとり過ぎるまでに、行動しなくては」というのは、ある意味正しい

20 :右や左の名無し様:2005/09/08(木) 08:33:19 ID:???
おまいら…
>>11はコピペだぞw
釣られ杉wwwww
m9<^Д^>プギャー

21 :右や左の名無し様:2005/09/08(木) 10:40:32 ID:???
三島由紀夫について語るスレになりました

22 :右や左の名無し様:2005/09/09(金) 19:28:26 ID:0eDRoiRW
軍隊一つじゃなくてもいいでしょ
幕末の長州とか薩摩、会津みたいに
尊皇派と攘夷派で軍隊持ってもいいんじゃない?
三島先生のお尻は硬そうだね

23 :右や左の名無し様:2005/09/10(土) 09:46:07 ID:XkALVtLz
一つの国が二つの軍隊を持つのか?
それも地域や政治思想を色濃く反映した対立的な軍隊を持つのか?
内戦の道具にしかならんだろ、そんなモン。
国家の軍隊は一つでなきゃならんのよ。

24 :右や左の名無し様:2005/09/10(土) 09:53:21 ID:GPhFyWup
>>23
米国にも州兵はある。州兵は本来は州を防衛する(イラクに駆り出されたりするが..)

25 :右や左の名無し様:2005/09/10(土) 11:44:59 ID:ttERTNdi
雨は人口も国土も人種も全然違うのにね。

26 :右や左の名無し様:2005/09/10(土) 13:24:29 ID:xzO7z5Uv
>>22
戊辰戦争勝利後、大久保らは藩兵(つまり勝ち組藩の連合軍)を主張、木戸・大村は普通徴兵制による日本軍を主張。
もし最後まで大久保の意見が通っていたら、日本は藩ごとの軍編成だったかも。

ナチスドイツでは、国防軍と親衛隊は、別の師団(軍隊)を持っていた。

27 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:48:04 ID:9nb05u2F
関係ないけど、イラクに行ってる自衛隊って税金のムダだよな

造幣局も民営化汁
国の借金なんかすぐ消えるぞ

28 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:11:19 ID:fhqa9B7V
国家公務員の約44%が防衛庁・自衛隊の人間だよ

29 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 19:13:09 ID:kvH7eTLo
小泉純一郎の人となりを示す8年前の出来事

私が小泉純一郎という政治家に強烈な印象を受けたのは、1997年の事だった。
当時、橋本内閣の厚生大臣だった小泉は国会議員永年在職(25年)表彰を辞退した。

永年在職表彰を受けると、国会議員には2つの特典が与えられた。
ひとつは、国会が100万円出して画家に肖像画を描かせ、国会の委員会室に飾ること。
もう一つは毎月30万円の特別交通費支給だった。
しかし小泉は
「自分が国会議員をやってきた25年間のうちに国の財政も悪化してきた。その責任を担っている
自分が表彰を受け、特典を得るのはおかしい」という理由で、本来堂々と受け取れるはずだった
「名誉ある特典」を自ら拒否したのだった。

月額30万円というと大した事無い様に感じる人もいるかもしれない。しかしこの年額360万円
の特別支給は非課税で、しかも引退後も終生支給を受けられると言うまさに国会議員の「既得権益」
そのものだった。

実際、この「既得権益」を自ら手放すなど前代未聞だった。「変人」の面目躍如である。
肖像画を辞退した政治家は過去3名いたらしい(成田知巳、伊東正義、渡部一郎)が、
特別交通費はしっかり受け取っていたようだ。「政治腐敗を正す」はずだった
社民党や共産党の政治家も、みな例外なくこの既得権益の恩恵に預かっていたのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これをご覧になった方で、小泉首相の人柄に感銘された方は、
お手数で申し訳有りませんが、この記述内容をコピペして、あちこちに貼って頂けませんか。
烏滸がましいお願いで恐縮ですが、是非お願い致します。





30 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:16:11 ID:???
小泉純一郎の人となりを示す80年前の出来事

私が小泉純一郎という政治家に強烈な印象を受けたのは、19970年の事だった。
当時、橋本内閣の厚生大臣だった小泉は国会議員永年在職(250年)表彰を辞退した。

永年在職表彰を受けると、国会議員には20つの特典が与えられた。
ひとつは、国会が1000万円出して画家に肖像画を描かせ、国会の委員会室に飾ること。
もう一つは毎月300万円の特別交通費支給だった。
しかし小泉は
「自分が国会議員をやってきた250年間のうちに国の財政も悪化してきた。その責任を担っている
自分が表彰を受け、特典を得るのはおかしい」という理由で、本来堂々と受け取れるはずだった
「名誉ある特典」を自ら拒否したのだった。

月額300万円というと大した事無い様に感じる人もいるかもしれない。しかしこの年額3600万円
の特別支給は非課税で、しかも引退後も終生支給を受けられると言うまさに国会議員の「既得権益」
そのものだった。

実際、この「既得権益」を自ら手放すなど前代未聞だった。「変人」の面目躍如である。
肖像画を辞退した政治家は過去30名いたらしい(成田知巳、伊東正義、渡部一郎)が、
特別交通費はしっかり受け取っていたようだ。「政治腐敗を正す」はずだった
社民党や共産党の政治家も、みな例外なくこの既得権益の恩恵に預かっていたのである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
これをご覧になった方で、小泉首相の人柄に感銘された方は、
お手数で申し訳有りませんが、この記述内容をコピペして、あちこちに貼って頂けませんか。
烏滸がましいお願いで恐縮ですが、是非お願い致します。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)