5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民主主義を否定する反皇室は負け犬

1 :右翼じゃないよ:05/01/31 04:27:43 ID:NoHdU8Bk
共産党すら「天皇制」を認めもはや敗北は明らかと言える。

体制批判の集会やデモは数あれど、匿名ネットでしかしゃべれないのは
「民意」とかけ離れている自分を察しているから。
イラクの選挙妨害テロ同様、屈折した典型的行動パターンである。

衆参両院にて賀詞を奉呈する決議が”全会一致”で可決されている事実一つ
とっても、皇室支持の決意を国民が表明したとしか解釈しようがない。

つまり日本人は(平等な?)社会主義国はもちろん、日本をアメリカや
フランスにしたいとも思ってはいない(実態を知ってる人は余計そう)

日本国民が決める事にあくまで反対なら日本から出ていってもらうしかない。
みなはそう思わないか?

2 :右や左の名無し様:05/01/31 04:32:44 ID:???
2 ゲッツ
賛成。

3 :右や左の名無し様:05/01/31 04:50:02 ID:???
左翼は 天皇制 を受け入れた。
右翼は 世界平和は無理 であることを受け入れる。

4 :右や左の名無し様:05/01/31 12:29:19 ID:S6lJ8CLf
民主主義を拒否する連中と闘おう!

5 :右や左の名無し様:05/01/31 17:14:13 ID:???
5

6 :右や左の名無し様:05/01/31 17:14:43 ID:???
6

7 :右や左の名無し様:05/01/31 17:15:33 ID:???
7
おっ?

8 :右や左の名無し様:05/01/31 17:16:13 ID:???
G
んっ?

9 :右や左の名無し様:05/01/31 17:17:26 ID:???
9
もしや?

10 :10を狙うもの:05/01/31 17:18:26 ID:???
10げーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーつ!!!!!!!
---------------------優----------------------勝------------------------------

11 :右や左の名無し様:05/01/31 17:19:25 ID:???
>>10
おまえ、そりゃねえだろ

12 :10を狙うもの:05/01/31 17:20:14 ID:???
勝てば官軍ナリーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

13 :右や左の名無し様:05/01/31 17:21:02 ID:???
-------------糸冬-------------------------了----------------------------

14 :右や左の名無し様:05/01/31 18:26:26 ID:Cjc7WbjM
もはや右翼左翼の問題じゃないよな。「普通の日本人の敵」かどうか、が問題

15 :右や左の名無し様:05/01/31 18:52:44 ID:???
>>14
もう10とられてるからなにいってもむだ。

16 :右や左の名無し様:05/01/31 20:05:21 ID://UpQanh
女30代が未婚子無しで「負け犬」っつーのは同性の見方だろうけど、
男50代で反皇室は(社会的に見て)負け犬かも



17 :右や左の名無し様:05/01/31 20:13:54 ID:???
反皇室レスは負け犬の遠吠えつーことでヨロシイか?

18 :右や左の名無し様:05/01/31 20:16:20 ID://UpQanh
>>17
なんでやねん


19 :右や左の名無し様:05/01/31 20:24:08 ID:???
-------------糸冬-------------------------了-----------------------------------------

20 :右や左の名無し様:05/01/31 20:31:29 ID://UpQanh
>>17
ごめん、やっぱその通り

21 :右や左の名無し様:05/01/31 20:52:52 ID:???
イイ年齢しながら学籍も無いのに大学に寄生するキティが反皇室だった。
大喪の礼の時、狂ったような縦看板を書き殴り、あげく発炎筒をを通りに投げつけ
警察に連行されていきました

22 :右や左の名無し様:05/01/31 21:26:45 ID:???
「皇民化阻止」とかいうコピペ繰り返してた無職が脅迫で逮捕された事件も有名だよな

23 :右や左の名無し様:05/01/31 22:00:09 ID:FmiTCEJ+
多様な意見を認めてこそ日本でしょう。米仏のように相互不信や断絶ではなく

24 :右や左の名無し様:05/01/31 22:38:21 ID:4N453Yph
アメリカは自称「神に選ばれた」ブッシュ再選以降カナダ移住申請が急増したとか

フランスは知識人階層が左翼、小市民層が右翼と分かれてる
大統領決戦投票に極右候補が進出して大荒れになるくらいだし人種差別も激しい。
レジオン・ドヌール勲章を受章した画家・松井守男は、渡仏して以来
いじめに耐えてきたって語ってた。

25 :右や左の名無し様:05/01/31 22:45:19 ID:???
>>24
>フランスは知識人階層が左翼、小市民層が右翼と分かれてる

日本は知識人層も右翼、小市民層も右翼だもんね。
ほんとオイラは生きづらい。

26 :右や左の名無し様:05/01/31 22:54:05 ID:4N453Yph
>>25
そうかな?
プロ市民とか左翼知識人の勢いも一時ほどでは無いにせよ健在に見えるが
朝○新聞読者が皆そうでないにせよ赤旗とかの購読者数合わせたら相当数かと思われ

27 :25:05/01/31 23:17:09 ID:???
>>26
社共の議席合わせても全国会議員の1割を下回ってるわけで。
圧倒的多数の人間が保守。
2chみても圧倒的に保守的な書き込みも多い。
新聞の主義主張と講読層はさほど関係ないしね。

28 :右や左の名無し様:05/01/31 23:31:28 ID:???
>>27

結果、そうだな。

そう考えると
先日の報道2001での安部さんの爆弾的証言も
ブサヨ最後の砦たる 朝日の断末魔ともいえるか

29 :右や左の名無し様:05/01/31 23:31:55 ID:4N453Yph
>>27
情報化社会が急速に発展すると、昔みたいな教条性より説得力があるかないか
でシビアに選別されるだけでしょう。
政界の流れを追うと保守×革新という構図はすでに崩れ、守旧×改革という見方が
正しい(本来ありえなかった組み合わせが現実になってる)

30 :右や左の名無し様:05/01/31 23:36:26 ID:???
イラク人質 叩いた僕は 自分で自分を 監禁中
企業の倒産 喜ぶ僕は 就職活動 不戦敗
マスコミ嫌いな 僕の口癖 新聞ネタも 俺調べ
日本の伝統 褒めてる僕に 今では来ない 年賀状
韓国けなす 僕の自慢は 日本国籍 保有それだけ 
国家に貢献 叫ぶ僕は 町内会とか 大嫌い
親戚うざいと 言ってる僕は 未だに要求 お年玉
日本の過去を 賛美する僕 自分の現在 ほぼ終わり
女をくさす 僕に今まで まともに彼女 いた事無し
弱肉強食 説いてる僕は 何をやっても 必ず負ける
朝日新聞 嫌いな僕の ホームページは 顔文字日記
同人オタク 蔑む僕の スキルは 英検そろばん三級
ドキュンを笑う 僕は今でも 就職せずに ずっとプー
愛国語る 僕の納税 所得はゼロで 国民年金 滞納中
左翼を叩く 僕にとっては 社会の助け もっとも必要
主婦を攻撃 している僕は 家事手伝わない パラサイト
ボランティア 見下す僕と 付き合うことは ボランティア
他人に説教 している僕は 自動車教習 一回怒られ 不登校
公務員 リストラしろと 要求する僕 親が相談 それは保健所
銀行員の 給料下げろと 言ってる僕は 借りたものとか 返してない
抗議の電話を している僕は 対象企業に 書類落ち
少年犯罪 厳罰要求 している僕は ウィニーやって ゲームコピー
電車のケータイ にらむ僕 老人いても 席を譲らず ずっと寝たふり
障害者福祉 嫌いな僕は 人生の 障害物走 いきなりこけて 以来そのまま


31 :右や左の名無し様:05/02/01 07:18:03 ID:qHOzuEZk
そもそも、かつて天皇制廃止論者って中国とか北朝鮮みたいな
全体主義的共産主義国家を賛美してたんだよね。

非民主的なのは当然なのかもしれん

32 :右や左の名無し様:05/02/02 01:34:51 ID:aW2s61KX
>>30
そんな自虐的にならんでも・・・

33 :そんな自虐的にならんでも・:05/02/02 05:49:56 ID:???
名前:大日本法正解中毒金談笑 :05/02/01 13:08:39 ID:???
大日本報靖會は日本の恥!英霊や先祖に失礼!
が書き込みなくなった。
だれか、 新すれをつくってくれ
題名はまかせるから



34 :つーか:05/02/02 07:11:58 ID:???
30は「僕」と言ってるがウケ狙いなだけだろ

35 :右や左の名無し様:05/02/03 01:32:41 ID:+G7IHJ/l
拉致問題の北朝鮮と反天皇制には
重大な点を見落としている、という共通点があるように思える。
それは
日本が民主主義社会である、ということ


36 :左翼アニメ作れ:05/02/03 07:07:12 ID:???
>>27
暴力的好戦的なアニメ、ゲームで育った子供が大人になり社会全体が保守化しているのです。
平和を愛する左翼アニメを作る運動から始めましょう。

37 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/03 07:29:16 ID:???
>>27
ナヨナヨしたアニメ、ゲームで育った子供が大人になり社会全体が保守化しているのです。
憂国行動を愛する右翼アニメを作る運動から始めましょう。


38 :右や左の名無し様:05/02/04 02:10:46 ID:???
>>37
近所のTUTAYA行ってアニメコーナーを覗いてごらんなさい
右翼アニメばっかです


39 :右や左の名無し様:05/02/04 08:26:02 ID:hZngpI8J
もっともだな

40 :右や左の名無し様:05/02/04 12:58:36 ID:3+Q6bcHZ
○○の艦隊とか?

41 :右や左の名無し様:05/02/04 13:26:17 ID:rrvwiKjQ
一昨年から去年のアニメでは
十二国記が最も面白かった

42 :右や左の名無し様:05/02/04 23:43:54 ID:KRfdlIKk
まず スレの最初に国旗のAAと君が代の詩を入れよう

43 :右や左の名無し様:05/02/05 01:48:42 ID:???
宮崎アニメはパッと見左翼っぽいが思想的背景を丁寧に解釈すると伝統主義への憧憬が
随所に見られ保守反動と言える。

「北斗の拳」は極右。内部破裂する悪役は決まって米豪風暴走族だし、特にユダの描き方は
反ユダヤ主義国粋主義丸出し、敵の南斗は白豪を暗示してるしそもそも北斗七星は天皇を意味し
北斗の「斗」のロゴを良く見ると「SS」(親衛隊)になっている。

44 :右や左の名無し様:05/02/05 02:33:17 ID:fpG6aw01
アニメに思想的背景は無いが子供に「正義」「力」への憧憬を植え付け
無意識的に総保守化のベースを育んでいるとも言えなくはないな

ブッシュ米国の力による正義論はその最終形態なのかもしれん

45 :武蔵野ドラマー:05/02/05 09:30:21 ID:???
>>24
韓国なんかもフランスと似たとこあるよな
お約束の支持率低迷で支持基盤の求心力を高めようとしたのか
「親日反民族行為真相究明委員会」なんてのが大統領の下設置されちゃって
保守勢力と左翼勢力がこれまでになくいがみ合って溝は埋まりよう無いし。
でも左翼大統領って経済オンチで生活が苦しくなりそうw


46 :右や左の名無し様:05/02/05 10:42:31 ID:???
大統領・・・(・凵E)イラネ

47 :右や左の名無し様:05/02/05 10:46:46 ID:???
バカサヨ達は引き篭もりで負け豚だから皇室批判や政府批判や戦前は何でも批判するんだよw

48 :右や左の名無し様:05/02/05 12:00:56 ID:dyg7Qk82
消費税やPKO問題の時、大統領制だったら「土井たか子大統領」が
誕生してたハズ

政治勉強家の憂国の士も昼メロにしか関心ないオバチャンも
「一票」の価値に差がないから、数で勝るオバハン勢が大統領を
決める・・・(´д`)・・・


49 :右や左の名無し様:05/02/05 12:15:58 ID:???
今だったらヨン様かもな

50 :右や左の名無し様:05/02/05 23:24:02 ID:dyg7Qk82
>>41
それは少女趣味のアニメだろ!

51 :右や左の名無し様:05/02/06 00:03:51 ID:???
>>47
左翼でもまれに面白い男はいるよ

そういう場合はイデオロギーに分け隔てなく付き合った方が人生豊かになるよ

世界観を共有する者同士で固まってるだけはタダのオタク、成長が無い

52 :右や左の名無し様:05/02/06 00:39:47 ID:???
昔付き合ってた彼女が左翼だった
なかなか良かったよ

53 :右や左の名無し様:05/02/06 10:00:10 ID:9CktseJb
>>43
だから韓国紙が北斗の拳を批判してたのか
結構海外で実写化されてるんだけどね、笑えるけど

54 :右や左の名無し様:05/02/06 20:48:31 ID:???
1よ
右翼も左翼も(本音は)民意などどうでもいいのだよ

55 :右や左の名無し様:05/02/06 20:58:56 ID:???
>>42

国旗掲揚
 ○
 ‖
 ‖
 ‖
 ‖┌-〜‐┐   君が代は  
 ‖│ ● │  千代に八千代に         
 ‖└--〜┘   さざれいしの 
 ‖       巌となりて
 ‖       こけのむすまで        
 ‖            
 ‖       
 ‖     
 □


56 :右や左の名無し様:05/02/06 21:59:45 ID:???
>>42
                 ◯                  _____
                 //           ____/       \_________
                // |\_____/                     /
                // │                              /
               // │                             (
               //  │            ,,,,,||||||||||||,,,            )
              //  │         ,,,|||||||||||||||||||||||||          /
              //   │        ,,|||||||||||||||||||||||||||||||||         /
             //   /       |||||||||||||||||||||||||||||||||||||        /
             //   /       ,,|||||||||||||||||||||||||||||||||||"       /
            //   /      ||||||||||||||||||||||||||||||||||||"        │
            //   /       ||||||||||||||||||||||||||||||||"         /
           //  /         ||||||||||||||||||||||||||||"          /
           // /           ""|||||||||||||||||""          (
          //<                        _____\
          //  \__            ______/         ̄
         //       \________/
         //


57 :右や左の名無し様:05/02/06 22:32:37 ID:???
>>42は納得?

58 :右や左の名無し様:05/02/07 00:11:08 ID:???
みなさん何を勘違いしてるんですか〜〜???
去年一番面白かったアニメは「サムライチャンプルー」ですよ〜〜〜〜!!!???
BSフジで続編絶賛放送中ですよ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!

59 :右や左の名無し様:05/02/07 01:10:40 ID:GJaZL1VM
>>45
韓国に限らないけど、保守系大統領だと本人親族が不正蓄財や収賄などの問題が多いし、
左翼系大統領だとすべてにおいて頼りなく官僚の暴走を許したり労働運動が先鋭化して
資金が国外に逃げ出しその結果不況、失業で国民が苦しむ、というパターン



60 :土産はシーザー:05/02/07 20:43:08 ID:kIBHywsv
>>58
ゴーヤチャンプルーなら知ってる

61 :右や左の名無し様:05/02/07 22:36:10 ID:???
>>25
日本は知識人層左翼、小市民層中道、その他右翼だと思われ
戦後民主主義知識人らは社会主義消滅で消えたかと思いきや、近頃も平和憲法守れとか
ボルテージが上がってきてるんよ

62 :右や左の名無し様:05/02/07 23:29:45 ID:???
思うに「憲法守れ」という事は当然第一条からこそ守らなくてはいかんハズ
恐らく左翼も天皇制を批判する理由も根拠も無い事は重々承知してるんだと思う。
それは米や仏が武器輸出大国で世界に紛争の種を撒き散らせながら民主主義だの人権だの
を語る偽善が、恐らく民主主義=共和制=絶対善という極めて危険かつ近視眼的
イデオロギーから発せられてるのを目の当たりにしてるからなんじゃないか?
アジアでは韓国が反面教師になるかもしれない↓
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/10/17/20011017000037.html
−ハーレムより怖い韓国−



63 :62:05/02/07 23:38:33 ID:???
ちなみに↑のソースの日本人女性はバリバリ左翼でつ

64 :右や左の名無し様:05/02/07 23:57:11 ID:Fkw2HeGs
いまだに代議士諸公は天皇制について皇室の尊厳などゝ馬鹿げ
きつたことを言ひ、大騒ぎをしてゐる。天皇制といふものは日本
歴史を貫く一つの制度ではあつたけれども、天皇の尊厳といふも
のは常に利用者の道具にすぎず、真に実在したためしはなかつ
た。
 藤原氏や将軍家にとつて何がために天皇制が必要であつたか。
何が故に彼等自身が最高の主権を握らなかつたか。それは彼等が
自ら主権を握るよりも、天皇制が都合がよかつたからで、彼らは
自分自身が天下に号令するよりも、天皇に号令させ、自分がまつ
さきにその号令に服従してみせることによつて号令が更によく行
きわたることを心得てゐた。その天皇の号令とは天皇自身の意志
ではなく、実は彼等の号令であり、彼等は自分の欲するところを
天皇の名に於て行ひ、自分が先づまつさきにその号令に服してみ
せる、自分が天皇に服す範を人民に押しつけることによつて、自
分の号令を押しつけるのである。
 自分自らを神と称し絶対の尊厳を人民に要求することは不可能
だ。だが、自分が天皇にぬかづくことによつて天皇を神たらし
め、それを人民に押しつけることは可能なのである。そこで彼等
は天皇の擁立を自分勝手にやりながら、天皇の前にぬかづき、自
分がぬかづくことによつて天皇の尊厳を人民に強要し、その尊厳
を利用して号令してゐた。そして今もそうである。



65 :右や左の名無し様:05/02/08 00:13:17 ID:???
>>64
>いまだに代議士諸公は天皇制について皇室の尊厳などゝ馬鹿げ
>きつたことを言ひ

どこが馬鹿げてるんですか?
伝統的権威を尊重し敬意を払うのは当然かつ教養と品位ある姿勢だと思いますが?
現在では世界各国に共通する価値観だと思います。
何か間違っていますか?

66 :右や左の名無し様:05/02/08 00:20:22 ID:TTGkFv7i
天皇制が存続し、かゝる歴史的カラクリが日本の観念にからみ
残つて作用する限り、日本に人間の、人性の正しい開花はのぞむ
ことができないのだ。人間の正しい光は永遠にとざされ、真の人
間的幸福も、人間的苦悩も、すべて人間の真実なる姿は日本を訪
れる時がないだらう。

67 :右や左の名無し様:05/02/08 00:23:33 ID:TTGkFv7i
たへがたきを忍び、忍びがたきを忍んで、朕の命令に服してく
れといふ。すると国民は泣いて、外ならぬ陛下の命令だから、忍
びがたいけれども忍んで負けやう、と言ふ。嘘をつけ! 嘘をつ
け! 嘘をつけ!
 我等国民は戦争をやめたくて仕方がなかつたのではないか。竹
槍をしごいて戦車に立ちむかい、土人形の如くにバタ\/死ぬのが
厭でたまらなかつたのではないか。戦争の終ることを最も切に欲
してゐた。そのくせ、それが言へないのだ。そして大義名分と云
ひ、又、天皇の命令といふ。忍びがたきを忍ぶといふ。何といふ
カラクリだらう。惨めとも又なさけない歴史的大偽瞞ではない
か。しかも我等はその偽瞞を知らぬ。天皇の停戦命令がなけれ
ば、実際戦車に体当りをし、厭々ながら勇壮に土人形となつてバ
タ\/死んだのだ。最も天皇を冒涜する軍人が天皇を崇拝するが
如くに、我々国民はさのみ天皇を崇拝しないが、天皇を利用する
ことには狎れてをり、その自らの狡猾さ、大義名分といふずるい
看板をさとらずに、天皇の尊厳の御利益を謳歌してゐる。何たる
カラクリ、又、狡猾さであらうか。我々はこの歴史的カラクリに
憑かれ、そして、人間の、人性の 正しい姿を失つたのである。
 人間の、又人性の正しい姿とは何ぞや。欲するところを素直に
欲し、厭な物を厭だと言ふ、要はたゞそれだけのことだ。好きな
ものを好きだといふ、好きな女を好きだといふ、大義名分だの、
不義は御法度だの、義理人情といふニセの着物をぬぎさり、赤裸
々な心にならう、この赤裸々な姿を突きとめ見つめることが先づ
人間の復活の第一条件だ。そこから自我と、そして人性の、真実
の誕生と、その発足が始められる。


68 :右や左の名無し様:05/02/08 08:11:30 ID:???
あげ

69 :右や左の名無し様:05/02/08 21:08:20 ID:sD3zz+U/
>>67
それはアナタの思い込みに過ぎませんよ
かなり偏った史観です

70 :右や左の名無し様:05/02/08 21:50:55 ID:sD3zz+U/
>>67
アナタの言ってることは皇室制度とは無関係では?
昭和天皇の聖断のおかげでベルリン陥落みたいな悲劇を避けられたし

71 :銀の鈴:05/02/08 22:11:35 ID:QG4D+Xoy
>>70
遅い!もっと早く決断すれば、広島・長崎の悲劇も避けられた。
そもそも、対中国戦争を強く止めていれば……

72 :右や左の名無し様:05/02/08 22:51:33 ID:sD3zz+U/
>>71
>遅い!もっと早く決断すれば、広島・長崎の悲劇も避けられた。
よく分からないんですが、どのタイミングで決断してれば良かったと…?

>そもそも、対中国戦争を強く止めていれば…
明治憲法すら名目上はともかく実質立憲君主国家典型の「象徴天皇制」だったよう
ですが?

73 :銀の鈴:05/02/08 23:05:27 ID:QG4D+Xoy
>>72
>どのタイミングで
1:サイパン陥落、2:ガ島失陥、いやいや勝ち逃げの方が良いか。取り合えず油田地帯占領までやって、講和すれば?
>名目上はともかく
大日本帝国憲法を遵守してください、日本人は名目が好きですよ。それに、現人神の言うことを聞かないと罰が当たりますよ。
それと、大日本帝国憲法は、君主権が強い憲法だったと思いましたけど?

私は個人に責任を押し付ける趣味は無いので、あしからず。

74 :右や左の名無し様:05/02/08 23:44:31 ID:sD3zz+U/
>>73
>いやいや勝ち逃げの方が良いか。取り合えず油田地帯占領までやって

>そもそも、対中国戦争を強く止めていれば… 
と矛盾してるように見えますが?
そもそも「あの万馬券買っていれば…_| ̄|○」っていうレベルにしか
読めないんですが・・・
>大日本帝国憲法は、君主権が強い憲法だったと思いましたけど?
だからそれは名目上の話です。平安時代以後、後醍醐天皇以外に
天皇親政を行った天皇はほぼ皆無です。
>私は個人に責任を押し付ける趣味は無いので、あしからず
なら>>71みたいなことは言うべきではありません。
大恐慌以降、全面的な自由経済のシワ寄せを受けていた資本主義後発国にとって、
ファシズムかボルシェビズムか二者選択しかない世相と言っても過言ではないです。
(ナチズムが台頭したドイツの世相が典型的)
満州開拓、資源獲得など海外進出によって活路を見出そうと欲したのは他ならぬ
大衆自身で天皇の名を利用した軍部の暴走の背景はそこにあった、というとこでは
ないでしょうか?

75 :銀の鈴:05/02/09 00:38:06 ID:H4tKWNqg
>>74
矛盾してはいないよ、最初のは「始めからやめろ」で、次のは「やっちまったらしょうがない」だから。2つを並べて欲しくはない。
>大衆自信で(後略)
そうですね、民衆が望み、軍は『力のある誰かを後ろ盾にして』暴走したのでしょうね。
しかし、一応天皇陛下の発言自体に『力』はありました。
とある陸軍飛行隊の独断での迎撃行動を、陛下が褒めたから、隊長は罪を問われなかったと言うことはあります。
天皇陛下の御言葉を上手く使えば、もしかしたら戦争を止められたかもしれません。

>>71>>70の「昭和天皇の聖断」発言に対する皮肉ですから、特に心情をこめて書いたシロモノではありません。
歴史は振り返ることが出来ますが、後知恵は控えめにしましょう。悲しくなるだけですから。

76 :右や左の名無し様:05/02/09 01:11:36 ID:???
大日本憲法はどこの国を参考にしたのか知っていますか?

77 :右や左の名無し様:05/02/09 01:20:17 ID:dnMzZKmK
横レス。プロシア

78 :右や左の名無し様:05/02/09 06:13:21 ID:XiM7zbMa
>>75
>一応天皇陛下の発言自体に『力』はありました
クーデター(2.26事件)始末や(国民が本土決戦の覚悟固めてた中での)
戦争終結の決定など天皇陛下でしかなしえないシーンはありました。が
他は(戦局の趨勢など)上奏を行う政治家及び軍人の責任でしょう。

>とある陸軍飛行隊の独断での迎撃行動を、陛下が褒めたから、隊長は罪を問われなかったと言うことはあります
「迎撃」で罪を問う方が不自然に感じますが?よくわかりません。

>天皇陛下の御言葉を上手く使えば、もしかしたら戦争を止められたかもしれません
だからそれは政治の責任です。もっとも当時の時代状況の中で
そんな「先見的」(←皮肉)だった人のみそれを言う権利がある、と言っておきましょう。

79 :右や左の名無し様:05/02/09 13:38:05 ID:???
皇室外交の多大なる貢献w

昭和天皇は人格が歪んだ「身体欠陥者」−英BBCのドラマ偏向脚本 BBC、
脚本「ヒロヒト−勝利した負け犬」  週刊新潮(2/17)


80 :右や左の名無し様:05/02/10 00:51:22 ID:???
>>79は在日か?
もっと日本語勉強しろよw プ

81 :右や左の名無し様:05/02/10 06:26:05 ID:Ku+9YiRX
http://www.sankei.co.jp/edit/bunka/cinema/2004/0615showa.html

ロシアを代表する映画監督、アレクサンドル・ソクーロフ氏(53)が、昭和天皇を主人公にした歴史映画の制作に着手、
〜昭和天皇をとりあげる理由を熱っぽく語った。
「ヒロヒト天皇は、国家としての主権を限定されても、国民の命と国家の存続を第一に考える決定をし、戦争を終結させた。
なぜ、戦後の荒廃から新しい文明を生み出せたのか、その指導者の内面に迫り描きたかった」

「今回の主人公は、前回までとはまったく異なる。天皇となるべく生まれ、誠実さと徳を最後まで失わなかった指導者だった。
それがなければ、日本は世界から消滅していたかもしれない」

82 :右や左の名無し様:05/02/10 18:04:34 ID:mHoq0jul
感動した

83 :右や左の名無し様:05/02/10 22:12:13 ID:ooclsFaD
 自由と民主主義のない日本共産党は早く消滅しほしい。共産党は
だましたり、利用したり、利用して切り捨てるのは平気だからね。 
北朝鮮も共産主義の国だから、いわなくても当然だと思うが。
 60年以上の前に日本が中国や東南アジアに侵略して、何十万人もの
人々を虐殺したのは、今の天皇の親の独裁者である天皇裕仁が最高指導者と
してして、やったから今の天皇は人殺しの子だよ。前の天皇はヒットラーと
同士で同じ部類になるんだね。



84 :右や左の名無し様:05/02/10 22:13:33 ID:ooclsFaD
安部晋三はNHKに圧力をかけたと素直に認めたらどうだ。
圧力がなかったというNHKのいうことを信じるのは右翼と
自民党ぐらいのもんだ。安部晋三は責任を認めて死んだらいいのに。
見苦しいやつだ。


85 :銀の鈴:05/02/10 22:41:32 ID:fc7doeAT
>>78
>「迎撃」で罪を問う方が
飛行第244戦隊での事です。本土決戦に備えて戦力温存する中、飛行訓練として準備をし、敵がやって来た所を叩き潰した(本当の勝利)
という事がありました。これは戦力温存の為の命令に違反しています。しかし、天皇陛下が褒めたため、表ではお咎め無しとなりました。
以上、こんな事が有ったというだけ。

86 :右や左の名無し様:05/02/11 06:23:18 ID:xWw1FC5f
>>85
いい話です。

初対面で感激したマッカーサーが「日本で最上の紳士」と回想してるのもうなずけますね

87 :右や左の名無し様:05/02/11 11:07:12 ID:???
>妃にとっては「one of them」のやりがいのない公務でも、
>相手にとってはまさに一期一会。それを全くわかっておいででない。
>妃の行動を自己実現や社会経験と結びつけるのは間違い。
>単なるわがまま。したいこと、楽なことをなさりたいだけ。
>両陛下や側仕えの者への気遣いなど皆無。
>現状は言ってみればストライキ。
>しかも、陛下の逆鱗から庇ってくださった皇后陛下に逆恨み。
>これではもうどうしようもない。紀宮さまも手を引いてしまわれた。
>最近の皇太子妃は「あの問題児さん」で通っている。
>理非をわきまえない子供。そうとでも思わなければやりきれない。
>いちいち腹を立てたりまともに相手をしていられない。

いつもの関係者らしき人?

88 :右や左の名無し様:05/02/11 18:50:36 ID:4UjDKscq
スレタイに従えば79、83みたいのは負け犬って事か

89 :右や左の名無し様:05/02/12 00:09:27 ID:FfAlGTK+
>>79,83みたいな輩は、自分に自信が無いんだと思う。
だから「権威」を攻撃することで自分自身を大きく見せようとするのだろう

90 :右や左の名無し様:05/02/12 00:46:29 ID:FfAlGTK+
とにかく日本国民の決定を受け入れられない社会不適応者は、
なるべく早く日本から出て行った方が本人にとってもスッキリすると思う。
違うだろうか?



91 :右や左の名無し様:05/02/12 00:50:50 ID:???
>>90
それだと、その国の意見は一色にならないか?
多様な意見も存在するのが民主社会の美点だと思うけど。

92 :右や左の名無し様:05/02/12 09:11:05 ID:KCo6AZ6+
それは言えるかもな

93 :右や左の名無し様:05/02/12 18:24:53 ID:odcUY3iN
でも多数決が民主主義の原則である。都合のいいつまみ食いは許されない!

94 :右や左の名無し様:05/02/12 18:40:31 ID:???
>>90
ある弁護士に聞いたんだが
「民主主義下では、何の落ち度もない人を人民が賛同すれば死刑できる」らしい
つまり民主主義はある意味全体主義で、全体の意思は個人の自由に勝るらしい

だから国民が単一意見なのはむしろ民主主義の理想形であって、
多様な意見が存在するのは自由社会の美点

95 :右や左の名無し様:05/02/12 22:11:00 ID:hvn6UHe+
個人の自由は社会に勝るみたいな論を展開したロリコン犯罪者がいたよ。どうよ?

96 :右や左の名無し様:05/02/13 02:22:24 ID:???
>>94
>ある弁護士に聞いたんだが
>「民主主義下では、何の落ち度もない人を人民が賛同すれば死刑できる」らしい

絶対その弁護士に騙されてますよw「コイツなら信じるやろw」って思われてます。
多分その先生が弁護した殺人鬼にあっけなく死刑判決が下り、憤懣やるせなかったものと
推察します

97 :右や左の名無し様:05/02/13 13:04:50 ID:hFeqTreo
「多様な意見」も無制限に自由であるまい。
>>91,94
かつてドイツのワイマール憲法は、自らを否定する極右極左の権利をも
保障するほど民主的だったが為に左右双方の攻撃対象となり、政治は
少数乱立で混乱、挙句ナチスが台頭し悲劇の幕開けと相成った。

つまり過去の教訓から、憲法第一条に謳われる建国理念の基幹制度を
脅かす存在を「多様な意見」で一くくりにするのは危険なんじゃないか?
どうだろうか?

98 :右や左の名無し様:05/02/13 13:27:25 ID:hFeqTreo
>>91,94
同じ「民主主義」でも大統領制とは違い議院内閣制は常時少数意見を
取り込むことによって権力を維持する。
不安定だけど「多様な意見」が政治に反映される政治制度と言えないか?
ましてや議会が”全会一致”で内親王御誕生祝賀の決議を奉呈したという
事は「日本国民の総意を表明した」と言っても過言ではあるまい。
民主主義と自由社会に真っ向から挑戦する反皇室をいかに日本から追い出すか
が我々に突きつけられた課題といっていいだろう。

99 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/02/13 13:43:41 ID:???
>>94
民主主義下以外では何の落ち度も無い人を一部の人の賛同で死刑にできます。

100 :右や左の名無し様:05/02/13 18:59:54 ID:BEfYjIVo
かつてのイラクじゃフセインの息子が気に入らないヤツを処刑したり拷問加えたり
やりたい砲台だったらしい。対するアメリカも罪のないイラク民衆を爆弾で殺したり
してるしアメリカ式民主主義が「善」とは言えないんだよね

101 :右や左の名無し様:05/02/13 19:31:55 ID:???
ここにて左右の意見の一致を見た!

102 :右や左の名無し様:05/02/13 22:18:24 ID:BEfYjIVo
>>94
>だから国民が単一意見なのはむしろ民主主義の理想形であって、

国民が単一意見なのは全体主義。民主主義は意見を集約し多数派に少数派が
従うこと


103 :右や左の名無し様:05/02/13 22:33:57 ID:???


104 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/13 22:37:41 ID:???
民主主義なんて、日本の伝統になじまない。


105 :銀の鈴:05/02/13 22:48:24 ID:3Ssu2Z8H
>>104
日本には、昔から「寄り合い」と言う直接民主主義が存在しました。
決定するまで2・3日話し合うこともあったそうですよ。
むしろ、中央集権こそ日本の伝統になじまないのでは?

106 :右や左の名無し様:05/02/13 22:52:25 ID:???
時代の状況にあわせ柔軟に近代化を図るのが日本の伝統

それが出来なかったのが中国、朝鮮

107 :右や左の名無し様:05/02/13 23:10:17 ID:0syeI09W
 聖徳太子の十七条憲法には確か民主主義的な協議について書いてなかったかな?

108 :右や左の名無し様:05/02/14 00:18:34 ID:???
銀の鈴ってそこらじゅうのスレにレスつけてるけど
自分が不利になってしまった場所にはもうこねーのな。

理想を垂れ流すだけで議論すらできない。哀れ。

109 :右や左の名無し様:05/02/14 01:16:03 ID:7KA8Y/SY
>>102
>>だから国民が単一意見なのはむしろ民主主義の理想形であって、
>国民が単一意見なのは全体主義。民主主義は意見を集約し多数派に少数派が従うこと
どっちも間違いだよ
民主主義で、単一の意見になるのは「単なる現象」であって理想では無い。
多数派の意見に少数派が従うのも「民主主義の方法論」であって目的ではない。

民主主義とは違う意見が同時に存在し、それを否定し無いこと。
一つの結論が必要な時は多数決をとるが、多数決で負けた側も
「いや、俺たちは少数派だが、言ってるkとにはこんな意味がある」と主張することができる。
(むろん、それが法であった場合、従う義務があるが。反対を続けてはいけないわけではない)
つまり、永久にまとまらない、永久に議論しつづけることが「民主主義」
左翼、右翼、それ以外、全ての思想を否定しないのが理想の形なんだよ。

だから、衆愚政治と呼ばれたり、非効率な政治形態だといわれたりもする。
だが、「国家が大きな間違いを犯さないための最善の方法」として、最もベターだといえる。

つまり…
「民主主義は多数決だから少数派は黙れ」
「民主主義はみんなの意見を統一するのが理想」
どっちも全体主義です。
これを理解していない人大杉。

110 :109:05/02/14 01:25:55 ID:???
最善の方法として、最もベター
って、なんぼほど重複してるねん…。

111 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/02/14 03:42:39 ID:???
>>109
>だから、衆愚政治と呼ばれたり
??その理想が成り立たない場合を指すんじゃない?

112 :右や左の名無し様:05/02/14 10:46:14 ID:eeMho17+
あげ

113 :右や左の名無し様:05/02/14 11:00:18 ID:???
>>109
>「民主主義は多数決だから少数派は黙れ」
少数意見の尊重が今の民主制だと習わなかったのか?
オレは小学生のときに習ったぜ?

114 :右や左の名無し様:05/02/14 11:18:22 ID:???
>一つの結論が必要な時は多数決をとるが、多数決で負けた側も
>「いや、俺たちは少数派だが、言ってるkとにはこんな意味がある」と主張することができる。
これは「民主主義」からストレートに出てくるものではない。
少数派の尊重というのは民主主義ではなく自由主義。日本やアメリカ、西欧の制度は民主主義と自由主義を
調整して多数決原理を取りつつ少数派も尊重する制度で、立憲民主主義と言うべきもの。
民主主義一本槍なら「少数派は黙れ」ということになる。94が引き合いに出した弁護士の言うことはその意味で
正しい。もっとも、それが好ましいというわけではない。

115 :右や左の名無し様:05/02/14 11:32:53 ID:???
>>114
それってミルの自由論のことだろ?

116 :右や左の名無し様:05/02/14 13:28:29 ID:Wu2u5S8i
国の理念や基幹制度をも否定する自由があったらテロも正当化できるわな

117 :右や左の名無し様:05/02/14 13:32:57 ID:j/uhLzd9
日本に於ける君主制廃止つまり天皇制廃止の必要性を要約すると次のとおり。
1.人は生まれながらにして、その身分には上下があることを肯定することと
なり、民主主義の理念に反することになり、人権差別の元凶となる。
2.特定宗教である神道の祭主である天皇が国民統合の象徴とされるのは、日
本国憲法が定める政教分離の原則に反する。
3.宮内庁関係予算、毎年約190億円は、税金の無駄使いである。
4.21世紀に於ける天皇制は、天皇・皇族の人権〈自由権)の侵害を醸成す
る。

下記URLの「提言3」に詳述しておりますので、諸賢の御高覧を期待して
おります。 (*^。^*)

http://www2u.biglobe.ne.jp/~matuoka/


118 :右や左の名無し様:05/02/15 04:17:38 ID:???
      __,,,,_
    /´      ̄`ヽ,
  / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
  i  /´       リ}
  |   〉.   -‐   '''ー {!
  |   |   ‐ー  くー | 
 ヤヽリ ´゚  ,r(、_>、 ゚'}   __,,,,_
  ヽ_」     ト‐=‐ァ' !  /´    ̄`ヽ,
   ゝ i、   ` `二´' 丿 / 〃       ヽ
      r|、 '' ー--‐f ´/     リ i    }
  /⌒  - - ⌒ ,i    _,-=‐'`―'=ー、;!
/ /|  。   。丿i    リ ーー'  、ー‐'i |
\ \|    亠  | |   リ゜ ´  (. .〉  } !
  \⊇  /干\| |ii!   |    ー=-' ! | <天皇制なんて廃止してもいいから近親相姦を認めて
    |       |  |    ヽ、_   ̄,/ j
    ( /⌒v⌒\_ !!  ._ノ  ̄ノ _,_,,ノ
パンパン|     丶/⌒ - - \
    / \    |  |     / |
    /  ノ\__|  |__三_ノ|  |
   /  /パンパン|  |      |  |
  /__/     |  |      |  |
          ⊆ |     | ⊇

119 :右や左の名無し様:05/02/15 06:59:17 ID:6s7mA6vX
天皇制に反対する理由なんて自己満足だけじゃん。これが他者に対し説得力があるんなら何でもありだよな

120 :右や左の名無し様:05/02/17 00:42:37 ID:VHaTTPk3
>>104が批判してる「民主主義」は衆愚政治を指してると思われる。

政治家も当選しなければタダの人、と言うが、票集めの為に利益誘導をせざるを得ない
得ない社会の中で、投票する有権者の意識が変わらねば「民主主義=愚衆政治」と
言わざるを得ないかもしれない。

逆に政治的利害に左右されない天皇陛下の下、有能な官僚が政治を仕切った方が
結果論として国民に幸せをもたらす、という論にもなる。

121 :右や左の名無し様:05/02/17 00:59:06 ID:???
民主主義とは最悪な政治体型である。それまでに行われたあらゆる政治体型を除けば。



みたいなことって誰が言ったんだっけ?
ってゆか、本文、これであってる?

122 :右や左の名無し様:05/02/17 01:02:00 ID:???
チャーチルだよ。

123 :右や左の名無し様:05/02/17 16:34:48 ID:X0FZRlKZ
民主主義は大衆の国政参加意識に意義があって、実際には効率が悪いと思われ

124 :右や左の名無し様:05/02/18 14:25:06 ID:???
>>121
チャーチルは単なる皮肉屋
そのセリフ聞いて「だからなんだっつーの」ぐらいしか思い浮かばん

125 :右や左の名無し様:05/02/18 14:52:16 ID:???
>>117
ウソこけw

提言3
21世紀を担う子供に対する、躾教育・道徳教育が、必要不可欠であると言うこと。

ってなってるぞ

126 :右や左の名無し様:05/02/18 17:46:10 ID:???
>>120
>政治的利害に左右されない天皇陛下の下、有能な官僚が政治を仕切った方が
>結果論として国民に幸せをもたらす
歴史を振り返り天皇こそが最も政治的利害に左右されるものだと気付けよ。
政治を仕切るものが自らを有能と思い込めば独善に陥るだけ。
そして神ほどに平等で有能なものはこの世には存在しないのだ。

127 :右や左の名無し様:05/02/19 07:34:37 ID:aAhQ15yl
>>126
>歴史を振り返り天皇こそが最も政治的利害に左右されるもの
まさか中世の話じゃないだろうなw
法治国家確立後の近代以降は政治的利害に左右される存在ではない。

>政治を仕切るものが自らを有能と思い込めば独善に陥るだけ。
まさにそこがポイント。
現在でも実質官僚が政治を取り仕切ってしるのは知らぬわけではあるまい。
政治家が東大法学部卒の高級官僚以上に有能でなければ「使われる」だけ。
となると官僚が独善に陥らない方法は何か、という事になる

128 :右や左の名無し様:05/02/19 09:16:32 ID:???
>>117
「人は生まれながらにして皆平等」という思想にすがっていれば、
人は努力しなくてもいいが真はそうにあらず。
社会主義崩壊の教訓に学ぶべきだ。

>民主主義の理念に反することになり
「民主主義」とは民意が政に反映すること。
何か勘違いしてるのではないか?

>日本国憲法が定める政教分離の原則に反する。
憲法は第一条の方が重みがある。従って天皇制廃止論は憲法違反と
言っていい。

>宮内庁関係予算、毎年約190億円は、税金の無駄使いである
民主国家の政府が必要と認めてる予算を批判するのは民主主義への冒涜ではないか?

>21世紀に於ける天皇制は、天皇・皇族の人権〈自由権)の侵害を醸成する。
人権侵害に敏感なEU(欧州連合)加盟国に立憲君主制国家が多数存在する事から、
そんな「人権」は世界に通用しない偏狭な「人権」と言っていいだろう


129 :右や左の名無し様:05/02/19 10:19:06 ID:???
かつて民主主義を受け入れられず日本から出て行った
赤軍派や日本赤軍らの思想的敗北を反面教師とするなら、
”民主主義の決定は正しい”という事だろう。

反皇室連中は同じ過ちを犯しているように思えてならない。

130 :右や左の名無し様:05/02/19 10:52:20 ID:???
>>129
赤軍派のことイメージで語ってないか?
連中の主張は反天皇ってより反資本主義だぜ。
天皇がいなくても資本主義と民主主義は維持できるけどな。

131 :右や左の名無し様:05/02/19 11:17:48 ID:???
>>130
>赤軍派のことイメージで語ってないか?
>連中の主張は反天皇ってより反資本主義だぜ。
民主主義の決定を否定する社会のはみ出し者には変わりあるまい。
そういう連中が正しかった事などあったためしが無い。

>天皇がいなくても資本主義と民主主義は維持できるけどな
損しても幸せと思える社会は何らかの宗教性を帯びるもの。
だからこそ米国では神がかりなブッシュが再選したのだろう。
それに比べると日本の皇室制度ははるかに良質だと思うが?
精神的支柱を失った中南米の現状は悲惨だ。
増大する貧困層には犯罪や麻薬がはこびり、地主階級からの解放を
唱える左翼ゲリラ活発化もそこに原因がある。
つまり資本主義と民主主義だけではダメなのだよ。

132 :右や左の名無し様:05/02/19 11:32:23 ID:???
>>131
>民主主義の決定を否定する社会のはみ出し者には変わりあるまい。
それは極右も極左も同じだよ。極端に走るラジカルな言動はどちらにせよ
一定以上の支持は得られないからね。

>だからこそ米国では神がかりなブッシュが再選したのだろう。
ブッシュ支持はプアホワイトが中心。彼らの支持でブッシュはテロに対する恐怖心と
国益という利害を天秤に掛けて選んでいるんだよ。別に神懸かりだけが理由じゃない。
>それに比べると日本の皇室制度ははるかに良質だと思うが?
比較して選ぶのは賢明じゃないな。日本の国益が最優先だろ
>精神的支柱を失った中南米の現状は悲惨だ。
あそこは植民地支配の歴史があるからね。他のエリアとは同列に語れないよ。

133 :右や左の名無し様:05/02/19 12:41:46 ID:aAhQ15yl
>>132
>ブッシュ支持はプアホワイトが中心
ところがそうとばかりも言えないんだな。
アメリカという国が建国以来、内包している宗教的な啓蒙主義への信仰の深さが
端的に現われたんだよ。
選挙の出口調査で投票基準を問うたところ「価値観」が「テロ」を上回ったって
言うし。
いずれにせよアメリカが「宗教国家」なのはちょっとググればすぐ分かる。

134 :右や左の名無し様:05/02/19 12:44:27 ID:???
>>133
>いずれにせよアメリカが「宗教国家」なのはちょっとググればすぐ分かる。
ほとんどは糞みたいないトンデモサイトだよ。そんなのを鵜呑みにする方がどうかしている。

135 :右や左の名無し様:05/02/19 12:55:02 ID:aAhQ15yl
>>134
>ほとんどは糞みたいないトンデモサイトだよ。
つーか
アメリカが世俗国家であるのを証明してるサイトを探す方が難しいが?

136 :右や左の名無し様:05/02/19 12:56:06 ID:aAhQ15yl
*参考
ttp://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/495.html

137 :右や左の名無し様:05/02/19 13:03:59 ID:???
>>135
というより、日本が宗教に対しての意識が希薄なだけで、おおよそ共産国でもなければ
一般的に宗教的な動機によって政策に反映されるなんてのは大抵の国にあるものだ。
アメリカだけを特殊に扱う必要はないだろう、って事なんだが。

138 :右や左の名無し様:05/02/19 13:26:37 ID:???
>>137
>アメリカだけを特殊に扱う必要はないだろう、って事なんだが

当然、日本における皇室制度も特殊ではなくあって当たり前なのだから
反天皇制は共産信者か反社会性の強い異常者って事になる

139 :右や左の名無し様:05/02/19 13:32:01 ID:???
>反天皇制は共産信者か反社会性の強い異常者って事になる
別に異常ではないよ。アメリカもフランスも宗教の影響はあっても国としては政教分離規定を設けて
特定宗教による支配を排除している。日本もそうした国家形態をするって選択肢があっていいはず。

140 :右や左の名無し様:05/02/19 13:57:38 ID:???
>>139
>アメリカもフランスも宗教の影響はあっても国としては政教分離規定を設けて
>特定宗教による支配を排除している

日本も国として政教分離規定を設けて特定宗教による支配を排除しているが?
行政トップが就任の宣誓を聖書に手を置いてやる習慣も無いしな。
フランスの「ヘジャブ禁止令」も包容力の無い社会を象徴してるとしか思えないしね。

141 :右や左の名無し様:05/02/19 14:30:00 ID:JEy07rM1
☆どらえもん募金のお金の流れ?

                   ┌─────┐
           ┌←───┤  北朝鮮. . ├──→┐
            |       └─────┘     |
        ┌─┴───┐┌─────┐┌──┴──┐
         | ピースボート ├┤ピースウィンズJ├┤ 日本赤軍  |
         └─────┘└──┬──┘└─────┘
                   ↑↑↑↑↑↑↑
                 ┌───┴───┐
        日本赤十字.←┤  テレビ朝日  ├→日本ユニセフ
                 └───┬───┘
                 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑         
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |    ド  ラ  え  も  ん  基  金    .│
        |____________________|

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1108774121/l50
【テレビ朝日】ドラえもん募金のお金が・・・・2



142 ::05/02/19 15:01:38 ID:???
>>139
 そんなにアメリカやフランスがいいというのなら出ていけとは言わないが、一度そっちに住んでみれば?
 そうしたら今みたいに外面だけで判断するなんてことないと思うよ。

143 :右や左の名無し様:05/02/19 15:04:14 ID:???
>>142
毎度お馴染みのレスだよね。
わざわざ日本の選択肢を狭める必要はないってのがオレの意見だよ。

144 ::05/02/19 15:27:05 ID:???
>>143
 もぅ〜。だ・か・ら、「出ていけ!」とは言ってないでしょ。「一度住んでみたら?」ってこと。
 無闇矢鱈と選択肢が多けりゃいいというわけではない。本当に有意義ならば選択肢などなくていい(一つでいい)。
 それに選択肢が多くても選択できるのは一つだけだよ。そのためには外面じゃなくて中身の伴った見解を望んでるんだが。

145 :右や左の名無し様:05/02/19 15:32:17 ID:???
>>144
っていうかオレにも生活があり仕事の上で継続性など、簡単に外国暮らしが出来る環境でもないからね。
多くの日本人がそうだろう?家族がいて仕事をしていれば簡単に移住なんてできない。
だからそういう選択を相手に求めるのは現実的じゃないってことだよ。

>それに選択肢が多くても選択できるのは一つだけだよ。
最終的に選択するのは一つでもはじめから選択肢を狭める必要はないじゃん

146 :右や左の名無し様:05/02/19 15:49:47 ID:aAhQ15yl
オリは海外出張でよく滞在した経験があるが、はっきりいって日本は自由すぎ。
海外から見ると「コワれてる」という表現がピッタンコ
アメリカの男女は映画で描かれるのと大違いで実際は貞操観念カタいし
シンガポールは輸入雑誌からヌードグラビア切り取ってる。
韓国やアメリカじゃ共産主義政党なんてありえんし
どうも日本はおかしい。自由すぎ

147 :右や左の名無し様:05/02/19 16:05:07 ID:???
「自由からの逃走」か

148 ::05/02/19 16:10:06 ID:???
>>145
>っていうかオレにも生活があり仕事の上で継続性など、簡単に外国暮らしが出来る環境でもないからね。

 そーゆー出来ない言い訳をするよりは、本を読むとか体験者に聞くとか少しは代わりに出来ることをするのが普通だけどね。

>多くの日本人がそうだろう?家族がいて仕事をしていれば簡単に移住なんてできない。

 お主は移住したいのけ?
 かつて理想の楽園と言われ半島に渡った人がいたけど、とんでもないことになってる。これはひどい例だとしても、いいことしか言わないのは現実的じゃない。
 後からこんなはずじゃなかったと、騙されないようになw

>だからそういう選択を相手に求めるのは現実的じゃないってことだよ。

 俺は「住んでみたら?」と提案したまで。現実的じゃないと言うのなら現実的に可能なことをしてから言ってくれ。

>最終的に選択するのは一つでもはじめから選択肢を狭める必要はないじゃん

 何も最初から排除してないよ。ただし、最初に近い段階で選択肢にならなくなっちゃうんだよな。

 それはそうと、>>146についてどう思う?

149 :右や左の名無し様:05/02/19 16:19:26 ID:???
>>148
>そーゆー出来ない言い訳をするよりは、
だったら人に勧めるなよw
オレだって仕事やプライベートで海外滞在は何度か経験しているさ。

>お主は移住したいのけ?
そんなこと言ってないw

>現実的じゃないと言うのなら現実的に可能なことをしてから言ってくれ。
意味不明でレス困難w

>それはそうと、>>146についてどう思う?
それぞれの国情があるってことだろう?韓国の場合成立過程からして共産主義は認められないだろうし
アメリカの場合なら米ソ冷戦が長かった時代があるんだから。
フランスやドイツにはちゃんと共産党があり、それ相応の役割を担ってるよ。
フランスにはパリコミューンの歴史があり、ドイツはマルクスの生地だからね。

150 ::05/02/19 16:37:40 ID:???
>>149
>だったら人に勧めるなよw
>オレだって仕事やプライベートで海外滞在は何度か経験しているさ。

 俺はお主の素性なんて何にも知らないんだから、可能か不可能かなんて解らんよ。駄目モトで提案したまでのこと。
 でも、海外滞在してる割に・・・。本当に「海外滞在しました」と言えるほどのモノがあるのかな。

>そんなこと言ってないw

 そまそな。これはアオリだ罠。

>意味不明でレス困難w

 人間性の問題。出来ない理由を言う香具師は、実際にそれをしたって何の足しにもならないということか。実際に出来なくても代替手段を講じてそれなりにモノにする香具師もいるのにね。
 ちょっときつい表現になってしまったか?

>それぞれの国情があるってことだろう?

 これが解ってて、なんで日本と比較対照が出来ないんだ?日本というだけで感情的になり過ぎるのか?

151 :右や左の名無し様:05/02/19 16:47:05 ID:aAhQ15yl
フランスやドイツと比較しても日本の方が自由に感じるが

特に文化面(これはキリスト教文化圏との違いかも)

152 :右や左の名無し様:05/02/19 16:48:08 ID:???
>>150
>本当に「海外滞在しました」と言えるほどのモノがあるのかな。
ここで何を書いても証明不可能。憶測の域はでないよ。

>実際に出来なくても代替手段を講じてそれなりにモノにする香具師もいるのにね。
というか、オレはその必要性がないからとしか言えないよ。
それより何より、皇室がなければ日本じゃないなんて物言いをよく見かけるけど
こっちの方こそ放漫じゃないかい?わざわざ選択肢を狭めて、それ以外の選択肢は
排除するってんじゃ排他的過ぎるだろ?

>これが解ってて、なんで日本と比較対照が出来ないんだ?
比較対照をしてるから別の選択肢を考えることが出来るんだけどねw

153 :右や左の名無し様:05/02/19 16:49:49 ID:???
>>151
自由にし過ぎて自国の文化が衰退してるって批判もあるよね。
フランスや韓国は自国の文化を政策として高めようとしてる。

154 ::05/02/19 17:27:40 ID:???
>>152
>ここで何を書いても証明不可能。憶測の域はでないよ。

 それを言っちゃあオシメェヨ。憶測でも何もないよりマシでしょ。もっと自信を持ちなよ。

>というか、オレはその必要性がないからとしか言えないよ。

 米仏のような共和制という全く日本にはなじみのない制度を選択肢と入れたいのなら、それなりに米仏の見識が必要だと思うのだが。
 ただの理想やいいとこだけしか見ずにそれを言ってるなら選択肢になるはずもないでしょ。

>それより何より、皇室がなければ日本じゃないなんて物言いをよく見かけるけどこっちの方こそ放漫じゃないかい?

 それは○(一字)たそ。俺はそうじゃない。
 確かに天皇制が廃止されれば革命であり、ある種それまでの日本と何らかの(政体?国体??)決別を意味する。
 しかし、それ以外の部分で継続性があれば日本は日本である、とも言える。
 ま、革命が起きたら違う国家だと言ってしまったら、おフランスはどうなるんだってこともある。
 俺の結論としては天皇制があろうとなかろうと日本は日本である。ということになる。その上で天皇制存続派なんだが。

>わざわざ選択肢を狭めて、それ以外の選択肢は排除するってんじゃ排他的過ぎるだろ?

 だから選択肢が多ければ多いほどいいとことはない。ただ、政体?(国体??)余りに根本的な問題なので、最後まで選択肢として残しておくべき問題ではないと思うが。。

155 ::05/02/19 17:34:24 ID:???
>>153
 自由が自由であるほど無条件に良いことだと思ってる香具師が意外に多いからね。
 日本は文化と呼べるものが本当に少ない。商業主義に毒されて刹那的すぎる。

156 :右や左の名無し様:05/02/19 17:49:12 ID:???
>>154
馴染みのない制度なんて最初に取り入れるときは全て馴染みがないんだから同じだよ。
明治維新を考えてみれば良く分かるけど、日本は急激な変化を模索したあげくに
プロシャ憲法を手本に君主制の強い立憲君主制を取り入れた結果どうなったか知ってるだろ?
馴染ませるのなら日本の実情にあった政体(国体ではなく)を考えるべきで、
アメリカやフランスは仕組みとして参考にはなってもそのまま日本に取り入れられるわけじゃないよね。
第一、フランスとアメリカじゃ大統領の職権範囲ですら違うし、それも国情に鑑みて考えられたもの。
まあ、それでも王政を廃止して帝政を経て民主制になったフランスや王制を廃止したり復活させたり
しているイギリスなんかも参考にはなるよ。

157 :右や左の名無し様:05/02/19 18:16:07 ID:aAhQ15yl
>>153
>自由にし過ぎて自国の文化が衰退してるって批判もあるよね。

日本じゃそんな批判無いだろ。文化の「衰退」が何を指すのか知らんが。
政策で保護するってのは自国文化の劣勢を意識したコンプレックスの現われ。
韓国にも行ったけど日本文化禁止(当時)のハズなのにアニメからCMに到るまで日本の真似だった。
芸能界では「あの歌は日本の○○のパクリ」なんて暴露合戦で自殺未遂もあったらしい。
フランスもリュックベンソンの映画なんかを観るとハリウッド映画の影響は明らかだし、
農民がマクドナルドを襲撃するなんて文化的敗北を認めてるようなもんだと思う。
日本みたいに和食ファーストフードが健闘するような選択度を自ら狭めてる。

158 :右や左の名無し様:05/02/19 18:23:07 ID:???
>>157
あるよw
映画界なんて顕著だぜ?
ポピュラー音楽界だってアメリカの流れをなぞってるだけで独自性の欠片もない。
フランスは放送による自国音楽の比率維持を法制化して守ってるし
韓国の映画界は公的資金を導入してまで自国の映画普及を推進している。
日本映画で健闘してるのはアニメ分野くらいじゃねえの?

159 :右や左の名無し様:05/02/19 18:36:51 ID:aAhQ15yl
>>158
ポピュラー音楽界のことはよく知らんが、邦画がハリウッドでリメイク
なんてのは最近増えてると話題になってるが?
いずれにしろ日本の文化人?(政治家?)が「自国の文化が衰退してる」って
批判したのは聞いた事ないな。誰?

160 :右や左の名無し様:05/02/19 18:43:46 ID:???
日本の文化は広まるばかりですが?
「西洋の没落」っていう100年ぐらい前の本見てたけど
日本にかんする記述なんてほぼゼロに等しいぐらいちっぽけな扱いだった。
それぐらい当時の日本なんて西洋人にとってはどうでもいい国だった。
それと比べたらずいぶん成長したよ日本は。

161 :右や左の名無し様:05/02/19 18:49:12 ID:???
>>159
ホレ

提案・日本映画振興基金

1994年8月の文化庁「映画芸術振興に関する調査研究協力者会議」の報告では、日本の行政として
初めて映画の芸術的価値を認めつつ、「 この状態が続けば、やがて日本映画が消滅するといった最悪の
事態の到来も架空のものではなくなるおそれがある」と指摘しています。
http://www.netlaputa.ne.jp/~ei-en/fund/f1.htm

>邦画がハリウッドでリメイクなんてのは最近増えてると話題になってるが?
それは単純にハリウッド映画の産業構造の問題として脚本家や原作が枯渇してるって問題であって
相対的に日本映画が取り上げられてるだけ。ハリウッドは韓国などからも原作を買い付けてる。
(猟奇的な彼女など)

162 :右や左の名無し様:05/02/19 18:51:45 ID:aAhQ15yl
宮崎アニメもベースは世界各国の物語にあるんだろうが、日本という
文化圏でしか結実しえなかったような気がする

163 :右や左の名無し様:05/02/19 18:53:00 ID:???
>>162
そう、アニメやキャラクターものは強いんだよね。
キティなんてヨーロッパじゃディズニーより人気あるからね。

164 :右や左の名無し様:05/02/19 19:03:03 ID:aAhQ15yl
>>161
そのソースは政府に補助金をおねだりする嘆願書でしょw
どんな業界(農業、線維業他)でも同じような文面になるよ。

「自国文化が衰退してる」って批判は、例えば著名な知識人が自らの信条に
基づき声明を発表する、とかそういうもんだと思ってたよ

165 :右や左の名無し様:05/02/19 19:09:05 ID:???
>>164
じゃ、これ
http://dandoweb.com/backno/20050206.htm

166 :右や左の名無し様:05/02/19 19:17:12 ID:aAhQ15yl
>>163
それは知らんかった
日本発と言えば東欧から南欧まで席巻した「たまごっち」の流行がすごかったな
反発したキリスト教会が子供達に本物のヒナを育てさせたが、それが成長して
ニワトリだらけになったっつーニュースにはワロタw
あとはPS2のゲームの影響で日本製高性能車(GTRやランエボ)の
盗難が激増したとか。向こうじゃ高関税かけられ数千万するらしい。

167 :右や左の名無し様:05/02/19 19:23:06 ID:???
>>166
フランスあたりだと子供向けがディズニー、ミドルからハイティーン向けが
キティだそうだよ。「ディズニーキャラクターは子どもっぽい」そうだ。

168 ::05/02/19 19:27:06 ID:???
>>156
>馴染みのない制度なんて最初に取り入れるときは全て馴染みがないんだから同じだよ。

 いいや。日本においては馴染みが全くないものはいきなり取り入れない。必ずそこに日本の原型がありそれをアレンジする形で馴染ませて成し遂げられている。

>明治維新を考えてみれば良く分かるけど、日本は急激な変化を模索したあげくにプロシャ憲法を手本に君主制の強い立憲君主制を取り入れた結果どうなったか知ってるだろ?

 そこには古来より続く天皇制という原型があった。
 つーか、これじゃ、馴染みのない急激な変化は望ましくないといってるようなものだ。戦後半世紀、象徴天皇制で安定してる。

>馴染ませるのなら日本の実情にあった政体(国体ではなく)を考えるべきで、

 全く新しいのをわざわざ考える必要性もそれが馴染まない危険性もある。

>アメリカやフランスは仕組みとして参考にはなってもそのまま日本に取り入れられるわけじゃないよね。

 少なくとも政教分離に関してはそのまま選択肢としてあり得る(>>139)というんでしょ?
 じゃないとお主がなぜアメリカやフランスを挙げたのかわけ解らなくなる。

>第一、フランスとアメリカじゃ大統領の職権範囲ですら違うし、それも国情に鑑みて考えられたもの。

 そういった共和制という括りの中の細かい差異ではなく、共和制と立憲君主制(象徴天皇制)という大きな差異でいってる。

>まあ、それでも王政を廃止して帝政を経て民主制になったフランスや王制を廃止したり復活させたり
 しているイギリスなんかも参考にはなるよ。

 だから、国情を考えないといけないんでしょ?
 参考にするにも表面的事象ではなく、それぞれの国情を考えてみなくちゃね。
 で、実際に住んでみるなり、それに類した国情に関する見識がないと選択肢にすらならないといってるんよ。

169 :右や左の名無し様:05/02/19 19:29:47 ID:aAhQ15yl
>>165
???
すいませんが、先のソースにしろ
文化の排他的保護政策を主張する文面には読めませんが・・・
競争力強化の為に市場原理導入を叫ぶのは当然だし、競争力が弱い分野が
危機を訴え政府助成金を求めるのも映画界に限らず農業だろうが線維業界だろうが
当然だと思われます。

170 :右や左の名無し様:05/02/19 19:34:29 ID:???
>>169
文化の排他的保護政策を主張してるんじゃなくて、日本文化(映画を例にとって)の衰退例として
出してるソースだよ。フランスと韓国は保護政策を採っているという状況に対置して見る意味でね。

171 :右や左の名無し様:05/02/19 19:43:45 ID:???
>>169
170だけどちょいと補足ね。
オレは文化ってのはある意味『鍛えなければ衰える』筋肉と同じだと思ってる。
楽をして外国の文化産業をそのまま受け入れれば衰退するのは当たり前。
それは我々日本人としての鍛えられた教養も必要であり、漫然と他国文化を受動的に受け入れないだけの
優れた理解度も求められると思う。文化保護ってのはそういう認識を必要としてるっていうスタンス。

172 :右や左の名無し様:05/02/19 19:47:19 ID:aAhQ15yl
>>170
>>165のソースを丁寧に読んだんですが、日本映画の復興基調がテーマ
のように読めます。
そういう意味で保護政策を取るフランスや韓国の現状と対置してるんでしょうか?


173 :右や左の名無し様:05/02/19 19:50:37 ID:???
>>168
>いいや。日本においては馴染みが全くないものはいきなり取り入れない。
何の根拠もない思い込みだよね。共和国の政体なんてのは知識としても充分理解の範疇にあるし
明治維新の時みたいに「天皇って何?」って啓蒙しなくてはいけなかった時代だって
時間を掛けて天皇の存在が根付いてるじゃない?将軍より上の存在だったなんて一部の人々しか
知り得なかったのにだよ?だから、古来より天皇があったなんてリクツは成り立たないし
共和制が「全く新しいもの」だとも思わない。

>共和制と立憲君主制(象徴天皇制)という大きな差異でいってる。
っていうか、二者択一の発想だけじゃダメじゃないの?もっと柔軟に考えようよw

174 :右や左の名無し様:05/02/19 20:08:25 ID:???
>>172
ソース先の主要な論旨は才能のある若手の制作者は育っているけど箱(映画館)などの
環境整備が整っていないということと、グラフを見ても分かるとおり興行収入が伸びてはいる
ものの入場者数は微増にとどまっているという現状(収入増加は入場料の増加とも比例している)と
アニメの成功とカンヌ効果にたよったもので、抜本的な問題解決には至ってないというもの。
URLの筆者はドラマ制作にも言及しているけど。

175 :右や左の名無し様:05/02/19 20:15:15 ID:aAhQ15yl
>>174
それは自由経済下における「市場の論理」の話であり、
「文化の衰退」とは違うような…
無論、商業的成功が日本映画復興の課題ではあるでしょうけど


176 :右や左の名無し様:05/02/19 20:19:28 ID:???
>>175
>>171がオレの考えだから。
無秩序に市場原理を取り入れていいものではないよ。
特に文化産業ならね。

177 :右や左の名無し様:05/02/19 20:25:01 ID:???
例えば韓国映画が隆盛した原因には興行する箱の比率制限を設けたことにも原因があると言われてる。
比率は忘れたけど国内の映画の比率を一定以上保つようにしたとか。
確か以前TBSラジオのアクセスって番組でもやっていたな。コメンテーターが崔洋一だったから
詳しくやってたよ。

178 :右や左の名無し様:05/02/19 21:40:46 ID:aAhQ15yl
>>177
「商業的な成功」という面を強調するのなら、大々的な宣伝を打って巨額の制作費と
派手な演出で巨額興行収入を得るハリウッド映画に軍配が上がるが、果たして
それが「文化的」と言えるかどうかは議論のあるところだな
少なくとも日本文化が衰退に向かってるってことは無さそうだし、保護すれば
消費者が日本映画を観るようになるってわけでもなさそう。


179 :右や左の名無し様:05/02/19 21:51:40 ID:???
>>178
その文化産業に携わってる人間の生活が、普通以上に営まれている程度に産業構造が成り立ってるかどうかが
分岐点だと思うけどね。まあ、ここは皇室の是非を論じるスレだからあんまりやるとすれ違いになりそう。
この辺でやめとくわ。

180 :右や左の名無し様:05/02/20 12:28:12 ID:YizoymvF
では本題に戻って議論を

181 :右や左の名無し様:05/02/20 23:07:26 ID:yU4Qs15I
>>173
>っていうか、二者択一の発想だけじゃダメじゃないの?もっと柔軟に考えようよw

アナタが日本に最も適してると思う政体(或は理想の政体)は何ですか?

興味をそそられます

182 :つーか:05/02/20 23:31:55 ID:???
天皇制反対とか言ってる連中は血統主義がイヤなだけだろ
血統でさえなければブッシュでもポルポトでもサルでも何でもいいんじゃないか?

国家の仕組みとか分かってるとも思えないしそもそも関心が無いような気がする。
以前、反天皇制論者が(君主制の)ニュージーランドが理想の国だとか大真面目に
言ってたのにはビックリ


183 :右や左の名無し様:05/02/21 11:47:08 ID:X6UGknuc
運命論者の俺としては日本の選択度は一つなんだが、革新系はいっぱいあるんだろうな

184 :元ウヨ:05/02/21 12:08:52 ID:xSK6eimo
天皇陛下には生きる資格がない事がよく分かりました

185 :右や左の名無し様:05/02/21 12:27:44 ID:WqV87CYw
173は逃げた、に1000ペソ

186 :右や左の名無し様:05/02/21 12:56:15 ID:???
>>181
最適なのは何かというと非常に難しいね。
イギリスなども君主制や共和制を繰り返して試行錯誤して現在は君主制に収まっている。
スペインも同様だよね。こちらは共和制による軍事独裁政権まで経験して
今は極めて象徴性だけのエッセンスを持つフィリペ国王を持つ立憲君主国で安定している。
右翼の人達が良く言う非常時の担保としての天皇ってのは、恐らく太平洋戦争時の終戦の決断を
イメージしてるんだと思うけど、前にタイで起きた軍事クーデターを諫めた国王の対応も印象的だった。
国王に権威として威光が有ればタイのような役割は可能だろうね。でも、日本の場合はどうだろう?
戦後60年を経て極度に制限された天皇の姿を見て、タイのような役割を期待するのは無理がある。
多分多くの日本人が天皇に期待しているものがあるとすれば、権威より親しみだと思うね。

で、オレが一番日本にとって理想的な政体は何かと言えば共和制ってことになるかな。
別スレにもあるけど、皇室を日本型バチカンにした共和制がいいんじゃないかと思う。

>>185
残念だったねw

187 :右や左の名無し様:05/02/21 13:27:06 ID:???
>>182
血統でさえあればと思うのも全く同じこと。
どちらも無意味であることに変りは無い。
集団や国家の仕組み何てものは構成員間の
約束事でしかなくどんな体制であっても構いはしない。
どのような体制が他の集団に対抗するに効果的かと言うことでしかない。
そしてその体制は常に変化が必要であり絶対的に優れた一定の体制が
存在する訳でもない。何かを絶対的なものと思い込み
それに執着すれば滅び去るだけのこと。
滅ばなかった政治や社会の体制はない。
同時に政治や社会の体制が滅んだからといって
構成員まで滅ぶと限らない。

188 :右や左の名無し様:05/02/22 00:17:05 ID:BUq6zvRF
>>186
一口に共和制と言っても世界には様々な「共和国」があるわけですが
一党独裁でもない限り多分民選元首の国を意識しているのでしょうね。

(実権の度合いに関わらず)選挙は対立陣営がお互いを誹謗中傷しながら
支持率を競い合うもの。その結果が国民「統合の象徴」になる事はないでしょう。

海外から見ると日本人は平和ボケしてるとかお人好しとは言われますが
殺伐としてない社会はむしろ誇るべきだと思われますが、いかがでしょうか?

189 :右や左の名無し様:05/02/22 00:40:44 ID:???
>>188
>(実権の度合いに関わらず)選挙は対立陣営がお互いを誹謗中傷しながら
>支持率を競い合うもの。その結果が国民「統合の象徴」になる事はないでしょう。
民選元首の選挙戦をかなりネガティブに考えてるみたいだけど、中傷合戦になるとしたら
それは我が国の民度を反映したものであってそれこオレ達の鏡の様なものだと思うけど?
現実可能な理想をぶつけ合う場になるように我々監視者である有権者の資質が問われるよね。

>海外から見ると日本人は平和ボケしてるとかお人好しとは言われますが
>殺伐としてない社会はむしろ誇るべきだと思われますが、いかがでしょうか?
反面権利意欲が低いとも言えるんじゃない?極度に権利を主張しあうアメリカみたいな
告訴社会も問題だけど、為政者が何をしても不満を表明しない或いは出来ないという
一種しらけた空気が日本にはあるよね。だから先進国では最大の自殺率なのかも。

190 :なごみ ◆WkIINgKQD6 :05/02/22 01:02:44 ID:9ab5i1uw
>>189
>我々監視者である有権者の資質が問われるよね。

 問われた結果、国民の資質が散々たるものだったらどうなるよ?
 バカ正直に「自分は馬鹿です」って世界にアッピールしてどうする??
 国民の資質で問うのが民主主義の至高なら、日本は下手すりゃ途上国だよ。

>一種しらけた空気

 平和ぼけも裏を返せばその通りだと思う。長所短所はあるけど、日本にしても米国にしても極端なんだよね。
 ちょうどいい状態というのは非常に不安定なんだと思うよ。だから民主主義は難しい。

191 :右や左の名無し様:05/02/22 01:11:51 ID:???
>>190
>バカ正直に「自分は馬鹿です」って世界にアッピールしてどうする??
結果バカなら仕方ないんじゃない?オレ達の努力不足なんだから。
>国民の資質で問うのが民主主義の至高なら、日本は下手すりゃ途上国だよ。
経済一流、政治は三流ってのはだいぶ前から言われてるね。
政治意識は途上国並みかもよ?

192 :右や左の名無し様:05/02/22 06:34:32 ID:3WVbFczM
>>189
>現実可能な理想をぶつけ合う場になるように我々監視者である有権者の資質が問われるよね。

たぶんアメリカの大統領選挙の実態とかニュースでご存知だと思いますが。
政策論争よりスキャンダルやTVのCMまで動員する中傷の方が強調されるのは、
安全保障や経済政策、外交といったかつての政策差異が与野党間で縮小してる
(先進国では野党が政権取っても大きく政策舵が変わるわけでない)からです。
欧米ではTV映りの良いハンサムで弁の立つ候補が(能力に関わらず)有利とも
言われます(近年その傾向が強まっている)

>一種しらけた空気が日本にはあるよね。だから先進国では最大の自殺率なのかも。
たぶん政治的状況と自殺率は関係ありません。民主国家で主権者の
政治意識が希薄なのは反面満足しているからで、政治意識の強い国は政治が腐敗して
たり経済が上手くいってない国が多いです。
勤勉社会のストレスや「恥」の文化とか、日本が世界一高寿命の国なのも要因かもしれません。
何でも貧しい途上国であるインドの方が先進国より自殺率が低いそうです。

193 :右や左の名無し様:05/02/22 08:22:57 ID:???
>>192
アメリカみたいに権力が集中しすぎる大統領制がいいかどうかは疑問だね。
そういう意味じゃフランス型の方が日本の制度としては最適化も知れない。
フランスは議院内閣制の超越的地位として大統領を置いているけど、議会と首相から
完全にフリーハンドを得ているというわけでもなく、適度に牽制しあえる関係だ。
それに官僚制が強いという面も日本に似ている。

>安全保障や経済政策、外交といったかつての政策差異が与野党間で縮小してる
アメリカは2大政党から選出された代表が予備選を争って最終的にそれぞれの代表を選び
共和党VS民主党の代表対決というスタイルだけど、政策というよりは政党を選ぶ感覚に近い。
だからどうしても都市部の民主党と農村部の共和党という図式になりやすいよね。
ケリーは見た目が悪かったから落選したなんて悪口があったけど、都市部ではちゃんと
票を獲っているよ。

>欧米ではTV映りの良いハンサムで弁の立つ候補が(能力に関わらず)有利とも言われます
まあ、現実にはそんなこともないんだけど、こうした傾向はテレビメディアが浸透し始めた
50年代後半のケネディとニクソンの大統領選から言われ出したことだね。公開討論の場で
若くてハンサムなケネディの自信に溢れた答弁が当落を分けたと話題になったそうだ。

>たぶん政治的状況と自殺率は関係ありません。
関係有るよ。バブル崩壊以来の自殺者の進捗が著しいし、その内の多くは40〜50代の男性だよ。
自殺理由のほとんどは経済的な問題。政治の経済政策の失敗の犠牲者だ。

194 :右や左の名無し様:05/02/22 13:14:13 ID:???
>>186
スペイン国王は「ファンカルロス」だよ。

195 :右や左の名無し様:05/02/22 23:33:05 ID:mhWNXqD7
>>193
>フランス型の方が日本の制度としては最適化も知れない。〜

民選の可否が焦点であって、細かい職務権限はまた別問題と
認識してましたが・・・
フランスといえば先の大統領選挙で極右のルペン党首が決戦投票に進み
右翼、左翼支持者らの乱闘騒ぎが頻発するなど大荒れとなり、左翼陣営は
「鼻をつまんで」(支持したくもない)保守のシラクに投票した、と伝えら
れますが、そんな選挙に何の意味があるのか、と問わずにはいられません。
そんな「国民の代表」選挙の代償は、国民間の分断と相互不信だけではないでしょうか?

カンボジアの大虐殺で悪名高いポルポトは、若き日のフランス留学で
人種差別と排外的な風潮に失望、共産党員らと交流を深め過激な共産主義
へと傾斜していったそうですが、国家として共和制理念を強調するフランスは
宗教色の強いアメリカよりもむしろ屈折してる感がありますね。
「日本人は殺しても殺しても出てくる黄色いアリ」と公言したクレッソン首相は
左翼でしたが(それにしても酷い…)

196 :右や左の名無し様:05/02/22 23:36:52 ID:mhWNXqD7
>フランスは議院内閣制の超越的地位として大統領を置いているけど
ちなみにフランスやロシアは「大統領制」に分類するのが普通だと思われます
確か大統領が首相を指名する政体だったかと

197 :右や左の名無し様:05/02/22 23:39:02 ID:mhWNXqD7
>関係有るよ。バブル崩壊以来の自殺者の進捗が著しいし、その内の多くは40〜50代の男性だよ。
>自殺理由のほとんどは経済的な問題。政治の経済政策の失敗の犠牲者だ。

ある政権による「政策」の話ではなく「政体」の話かと・・・



198 :右や左の名無し様:05/02/23 00:05:15 ID:???
>>196
>確か大統領が首相を指名する政体だったかと
形の上ではそうだが、実質的には議会の推薦を大統領が指名する制度。
だから議会で社会党が最大政党になり連立を組んでジョスパンを推薦した際に
大統領であるシラク(共和国連合)は左翼政党の首相を指名している。

199 :右や左の名無し様:05/02/23 00:08:30 ID:???
>>195
オレは国情として特定の国の状況を最適と言ってるんじゃなく、
制度として最適と言ってるんだ。

200 :右や左の名無し様:05/02/23 00:09:46 ID:???
>>197
>たぶん政治的状況と自殺率は関係ありません。
と書いてるから政策じゃないの?

201 :右や左の名無し様:05/02/23 00:21:44 ID:QRrcszjZ
>>199
しかし国情は制度と密接に関わります。
社会主義国のように生活水準が貧しくても「社会主義制度だからいい」
というのは自己満足であって、中身が重要では?
>>200
ややこしくて失礼しました。
政治的状況・・・×
政治体制・・・○

202 :右や左の名無し様:05/02/23 00:29:39 ID:???
>>201
>社会主義国のように生活水準が貧しくても「社会主義制度だからいい」
社会主義を採用している国の例でいえば、北朝鮮が実質的に社会主義理念をねじ曲げてるのが
正に国情を理由とした主体思想じゃないの?朝鮮半島に伝統的に残っている儒教思想を取り入れ
指導者(金日成や金正日)を父親と位置付けしたものだから、結果労働者独裁じゃなくて
指導者独裁にすり替えられてるよね。

オレの考えは、制度や憲法に国情の反映は必要なく運用でイヤでも国情がでてきるものだから
制度的に取り入れる必要はないというもの。だから、国柄とやらを憲法に取り入れるなんて
胡散臭い発言を聞くと信用できない。

203 :右や左の名無し様:05/02/23 23:06:19 ID:RyOdT7CX
>>202
>オレの考えは、制度や憲法に国情の反映は必要なく
国情は制度に付随して出来あがるものです。
今の日本の国情は長い皇室制度の基に育まれたと言っていいでしょう
(もし共産主義とか共和制の歴史だったら今とは異なる国民性だったはず。
それは分断時代の東西ドイツや南北朝鮮の違いを見ても明らかです)

フランスの例を見ても「共和制」のメリットは感じられず、むしろ
デメリットの方が大きい、というのが主張です。

204 :右や左の名無し様:05/02/24 03:08:36 ID:???
>>157
リュックベンソン→リュック・ベッソン
Altermondialistesは、フランスの「文化」のためにマクドを襲撃したのではなく、
経済あるいは政治的な意図でやったのです。
あの団体は「農民」をわざと名乗っていますが、
極左が流れて作った極めて政治的な団体です。
>>195
>そんな選挙に何の意味があるのか
おおありでしょう。意味があるのがあなたにはわかりませんか?
マダム・クレッソンが首相時代、日本人のことを「蟻」だといったのは知っています。
英国人のことを「ゲイ」だといったように。
でも「殺しても殺しても出てくる」というのは初めて聞きました。
ソースをお教えいただけますか?

205 :右や左の名無し様:05/02/25 05:05:05 ID:???
>>203
>今の日本の国情は長い皇室制度の基に育まれたと言っていいでしょう
ああ、君は天皇制賛成の立場から皇室制度が日本の国情(国柄と表現する人もいるけど)に合致しており
今の日本の基になっていると主張しているわけだね。
でも、それはいささか偏狭な考えじゃないかい?
天皇は確かに日本史では為政者にとって権威であり続けた。これは否定しないよ。だけど、考えてごらん。
日本が日本人総体を対象として国を組織化したのは明治維新以降だ。ここで初めて国民国家の体を為した。
それまでは天皇は支配層には強力に影響を与え続けたが、九割の日本人にとっては余り関係のない存在だ。
天皇制度といっても明治憲法と今の憲法では大きく違う。江戸時代の天皇や武家中心となった中世以前の
朝廷も違うよね。天皇という存在ですら国情によって翻弄されてるのが日本の歴史じゃない?

>それは分断時代の東西ドイツや南北朝鮮の違いを見ても明らかです
たいして長い歴史じゃないよね。たかだか50余年前後だ。国民性というけど、根底に流れる意識は
どうか分からないが表層的な意識なんて簡単に変わるものだ。日本だって戦前の国家制度から戦後になって
国の制度は大きく変わった。制度がかわっても日本人である認識は変わってない。
今のドイツは経済的な理由を除けば東西分断は跡形もない位に何事もなくドイツという国の内部に収まっている。
もちろん、社会主義回顧の様な「グッバイ、レーニン!」なんて映画が出来るくらいに消すことの出来ない
歴史ではあるけど。

国情が制度に付随するという君の意見だが、日本の場合戦前と戦後で国の制度は大きく変わっているよね。
君が冷戦時の東西ドイツと南北朝鮮を例に出してる意図が良く分からない。矛盾してないか、と思う。

206 :右や左の名無し様:05/02/26 14:18:08 ID:A00YmkHo
宮内庁は、一体何をしているのか。全く皇族のしつけ、管理がなっていない。
宮内庁は皇族の公務が何なのか、わかっていないのか。外交を担うのは、外務省と
政府である。また、彼らに私的な家族内の話、国民の意思にそわない発言をさせてはいけない。
公務員の公務とは、そういうものだ。

207 :右や左の名無し様:05/02/26 23:34:17 ID:DmZmmOuO
>>204
>あの団体は「農民」をわざと名乗っていますが、 極左が流れて作った極めて政治的な団体です。
農民グループの背景は知りませんが、彼らは広く民衆の支持を得られると踏んで行動したのでしょう。
そういう行動を許容する風潮が広くフランス社会にあると言えるのでは?

>ソースをお教えいただけますか?
かなり昔の話なんでソースレベルのモノは残ってませんが・・
ttp://nakano.main.jp/blog/archives/2004/10/
このHP↑の作者は「踏みつぶしても踏みつぶしても出てくる黄色いアリ」としてますが、
当時の報道の中では「殺しても殺しても出てくる〜」という表現が記憶にあります。
(元のフランス語がどうだったかは知りませんが)
いずれにせよ現職首相がこんな発言をする国は世界広しいえどもフランスぐらいでしょう。
黄色人種は人間ではなく虫けらレベル、と公言してるのですから。

208 :右や左の名無し様:05/02/26 23:56:33 ID:DmZmmOuO
>>205
>それまでは天皇は支配層には強力に影響を与え続けたが、九割の日本人にとっては余り関係のない存在だ。
中世の頃は一般大衆の教養が無くただ単に無知なだけだったのでは?

>天皇制度といっても明治憲法と今の憲法では大きく違う。江戸時代の天皇や武家中心となった中世以前の
>朝廷も違うよね。天皇という存在ですら国情によって翻弄されてるのが日本の歴史じゃない?
>国情が制度に付随するという君の意見だが、日本の場合戦前と戦後で国の制度は大きく変わっているよね。

そうは思いませんね。
日本史を注意深くながめると「象徴天皇制」は現行憲法以前に1000年以上の歴史を持つと
考えていいと思います。
ここの意見↓に全面的同意です。
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak1/1206222.htm

209 :右や左の名無し様:05/02/27 01:49:25 ID:???
>>207
君のいってることはぜんぜん論理になってない。
>農民がマクドナルドを襲撃するなんて文化的敗北を認めてるようなもんだと思う。
日本みたいに和食ファーストフードが健闘するような選択度を自ら狭めてる。
という君の主張に対して僕は疑問を呈したわけだ。
ジョゼ・ボーヴェは文化的な敗北を認めてなんかいないよ。
そんな問題は彼の頭にはないんだから。
>そういう行動を許容する風潮が広くフランス社会にあると言えるのでは?
ボーヴェは全然許容なんかされてないよ。
襲撃のたびに豚箱入りだ。彼はそれを楽しんでる。
またマダム・クレッソンは
Ils sont des fourmis
qui passent leur journée à se demander comment nous baiser
(彼ら〔日本人〕は、どうすればわたしたちに気に入られるか
毎日考えている蟻だ)と言って、
いまだにフランス語のネットで激しく批判されてる。
どうすればわたしたちに気に入られるか、というのは
工業製品のことだ。
日本では悪意で誤訳されたんだろう。
なぜ日本人がそんなことをしたのか僕にはわからないが。
いずれにせよって、1+1=2でも、5でも、いずれにせよってことか?
君の頭はそういう風に出来上がってるのか?
>現職首相がこんな発言をする国は世界広しいえどもフランスぐらいでしょう
へえ、そうですか。
黒人やヒスパニックは低脳だのなんだのといったのって、
中曽根氏じゃありませんでしたかね?

210 :スゲー:05/02/27 02:10:27 ID:uUCNWVmH
キキキタタタ------(((゚゚゚∀∀゚゚゚)))------!!

愛子様、ゲレンデで雪に埋もれて死亡
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1109135136/

211 :右や左の名無し様:05/02/27 09:45:15 ID:???
>>208
>中世の頃は一般大衆の教養が無くただ単に無知なだけだったのでは?
日本の中世期、つまり江戸時代というのは世界的に見ても非支配層の知的教養が高かったと言われている。
原因は寺子屋制度と商人による経済的な台頭によってもたらされた町民文化だろう。
天皇が一般的に知られていなかった理由の一つは禁中並公家諸法度による朝廷の無力化の影響だ。
幕府によって徹底的に管理され、朝廷の財政も幕府の管理下にあり大幅に縮小されている。

>日本史を注意深くながめると「象徴天皇制」は現行憲法以前に1000年以上の歴史を持つと
>考えていいと思います。
天皇(朝廷)が権力分散のシステムで営まれてきたと言うのは、或る意味で正しいよ。
だけど、オレが>>205で書いた理由というのは、律令制によってもたらされた天皇の権威付けが
藤原氏の実行者を担保し、後々の権力者の正統性の担保として機能し続けたのは事実であるにしても
千年間揺るぎなく象徴天皇として存立されてきたわけじゃないって事だ。
特に鎌倉幕府以降は権力者にとって朝廷とは正統付ける為に利用する程度の存在感しか無く
だからこそ後醍醐天皇は建武の親政に打って出たわけだし、後鳥羽天皇は承久の変で朝権回復を
企てたわけだ。天皇が実行機能を放棄した理由は色々な説があるけど、穢れ思想による超権力者化や
大化改新自体が権威である中大兄皇子を擁立した実行者である中臣鎌足という関係性とも無縁ではない。
明治維新はもともとが天皇親政運動であって、維新以降新政府による実行によって試行錯誤し、
次第に象徴化(権威化)されただけだよ。憲法制定後でも戦後の象徴や当時の「君臨すれど統治せず」
というヨーロッパ(特にイギリス)君主のスタンスのとも違う。

212 :右や左の名無し様:05/02/27 16:16:15 ID:ooqWsZnU
>>209
>ジョゼ・ボーヴェは文化的な敗北を認めてなんかいないよ
そりゃそうでしょうw
他文化の象徴を実力で破壊してみせる行為が(客観的にみて)敗北では
ないか?という事ですよ。寛容な社会は自国文化に自信を持ってるものです。
インドなど他文化圏でも類似の事件は起きてるそうですが。

>ボーヴェは全然許容なんかされてないよ。
>襲撃のたびに豚箱入りだ。彼はそれを楽しんでる
そりゃ法治国家である以上、刑事的な罰は受けるでしょうw
そんなことを言ってるんではなく、世論が同情的なら所詮そういう社会ではないか?と
いう事です。無論それを見通した行動であったと思われます。

>日本では悪意で誤訳されたんだろう。
>いずれにせよって、1+1=2でも、5でも、いずれにせよってことか?
”(彼ら〔日本人〕は〜 毎日考えている蟻だ)”とはまた別の話です。
Nステでも久米浩が苦笑して言い返してたし”悪意ある誤訳”ではないでしょう。
「踏み潰しても踏み潰しても出てくる黄色いアリ」でも
「殺しても殺しても出てくる黄色いアリ」でも本意は大差ないでしょうし。

>へえ、そうですか。
>黒人やヒスパニックは低脳だのなんだのといったのって
「低脳」はまさに”悪意ある誤訳”でしょうw
黒人、ヒスパニック層が白人家庭に比べて教育水準が低い(教育熱心ではない)という
のは事実で、人種的偏見からの蔑視発言とは思えません。
確か北米進出した日本企業のマイノリティ雇用が白人に比べ少ない、という批判の中で
出た発言だったと記憶してますが。

213 :右や左の名無し様:05/02/27 16:45:00 ID:ooqWsZnU
>>211
>日本の中世期、つまり江戸時代というのは世界的に見ても非支配層の知的教養が高かったと言われている。
>天皇が一般的に知られていなかった理由の一つは〜
人口の8割を占める農民は”寺子屋制度”とは無縁だったのでは?
一般大衆の教養がアップするのは明治維新以降、近代的教育制度が整ってからで、
それ以前は「教育」そのものに価値を置く風習が大衆に広くあったかすら
極めて疑問です。
江戸時代もそれ以前も、幕府を開ける「征夷大将軍」は天皇が任命する役職だったし
「無力化」が何を意味するのか不明ですね。

214 :右や左の名無し様:05/02/27 17:34:15 ID:???
>>212
君には何をいっても無駄だ。
僕はこれ以上君につける薬の持ち合わせがない。
>他文化の象徴を実力で破壊してみせる行為が(客観的にみて)敗北では
ないか?
それが君の考え(客観?それこそwww)ならどうぞご勝手に。
そうじゃないことは前に書いた。
世間はBovetに同情的なんかじゃない。嘲笑してるよ。
何で君は自分の考えを他人に押し付けるんだ?
裏づけも何もないまま。
念のためもう一度フランス語ネットで検索してみたが
クレッソンがそういったという話はひとつも出てこない。
だから悪意の誤訳だと思うね。
君の崇拝する久米宏氏はクレッソン自身との対談で
そう「言い返した」のか?
それならフランス人は知らないわけだが。

215 :右や左の名無し様:05/02/27 20:56:34 ID:???
>>213
>人口の8割を占める農民は”寺子屋制度”とは無縁だったのでは?
余り思い込みで先入観を持たない方がいいよ。寺子屋は江戸時代を通じて15,506校が開設されている。
江戸時代末期から幕末慶応年間までの40年で8,675校が開設され、中でも安政から慶応にかけての14年間に
4,293校が開設された。 経営者の比率は武士が凡そ半数、あとは農民を含む平民だ。
もちろん、寺子屋に通った生徒も農民を含む庶子ばかりで、君の予想とは著しく違うことが研究者によって
証明されているよ。
明治維新による国民国家へ移行が他国と比較してスムーズに行われた原因に、この寺子屋制度による庶子の
教育水準の高さを指摘する人もいるんだ。

>「無力化」が何を意味するのか不明ですね。
江戸期の禁中並公家諸法度についてよく調べてご覧。実態が把握できるだろう。

216 :右や左の名無し様:05/02/28 05:01:26 ID:???
>>212
自民党の政治家たちがやらかして物議をかもし、陳謝してウヤムヤになる
お馴染みの差別発言も抑圧された内的自己の散発な表れの一つであると思われる。
今年(1992年)「アメリカの労働の質は劣悪で、労働者の三割は文字が読めない」
という差別発言を桜内衆議院議長が行ったが、それで思い出されるのは
今から二年前の梶山法相の、アメリカの人種問題に触れての
「悪貨は良貨を駆逐する」との発言、さらに二年前の渡辺政調会長の
「アメリカの黒人は借金が払えなくてもアッケラカンとしている」との発言、
中曽根首相の「アメリカにはメキシカンやプエルトリカンや黒人がいて、
日本より知的なレベルがにくい」との発言である。・・・
       ――岸田秀「二十世紀を精神分析する」

217 :右や左の名無し様:05/02/28 07:41:49 ID:???
つまり、>>212
フランス人が日本人を揶揄するのはひどい物言いで、
日本人が黒人やヒスパニックを揶揄するのは事実だから良いと。
こりゃ、あまり冷静な議論ができない人かもね。

218 :息子を殺されて、戦争反対を叫ばない母親:05/02/28 16:23:14 ID:9LASa841
侵略強盗殺人の英霊たちを祀ることも悼むことも誰も止めはしない。
しかし
その前にしなければならないことがある。
英霊たちに罪を償うことなく永眠させる残酷は許されない。
英霊たちに侵略強盗殺人、侵略強盗殺人共犯の有罪判決を与えて贖罪させてやらない限り
彼らは安らかに永眠することなど永久に出来ない。
自分の土地で家族を殺された被害者の怒りと祈りに応える唯一の道は
平成の今、
英霊たちに侵略強盗殺人の速やかな有罪判決を与えて永眠させてやること以外には無い。
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/04/honda_y_sankou.htm
「靖国の母っていうのは、息子を戦死させた母親でしょう。
その母親たちが戦争反対運動をしたのかと思ったら、してないんですね。
息子を殺されて、戦争反対を叫ばない母親たちがいたんですねェ。不気味な言葉ですね、靖国の母って」〔『無名人名語録』 永六輔1987〕
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper37.htm
徴兵に応じる自虐趣味 2005-02-09 12:19:09  No.5298116
地元公務員が適当に抽出した「侵略の徴兵」などにやすやすと応じたバカ国民にも罪はあるだろう。
侵略強盗殺人の徴兵に応じるなどというのは奴隷のアタマしか持たされていなかったからだが、
いかなる時代であろうと侵略強盗殺人とその共犯の免罪にはならない。
沖縄やアジアで「市民殺し」をした英霊たちが
遂に裁かれることがなかったのは可哀想だ。
人殺しの贖罪をすることなく死んで行った兵士たちは哀れだ。
どんな時代であろうと
人殺しは人殺しである、殺した兵士が一番よく知っている。
侵略強盗殺人犯罪を裁かれないまま宙空を彷徨う兵士たちの霊が安らかに永眠など出来るはずもない
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/study411.htm
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/aum/
オウム帝国の兵士たちも裁かれている、
長く厄介な裁判だが オウム帝国の兵士たちとオウム帝国の英霊たちの個別の犯罪を裁かないわけにはいかない。


219 :右や左の名無し様:05/03/03 08:04:01 ID:???
それは違うだろ。
大東亜戦争の結果、アジアの国々が独立してるんだから
やっぱり聖戦だったんだヨ。

どこの国でも「侵略」を称する戦争なんてないぞ

220 :右や左の名無し様:05/03/06 00:21:34 ID:bkFc1LAC
>>214
>世間はBovetに同情的なんかじゃない。嘲笑してるよ。
>何で君は自分の考えを他人に押し付けるんだ?
>裏づけも何もないまま。

フランス人はボヴェの態度にシンパシーを覚えたそうですが?
http://eco.goo.ne.jp/life/world/france/report05.html
〜ボヴェはマスコミの脚光を浴び、うなぎのぼりに“国民的英雄”に。
一時はフランス国民の半数が「次回の大統領候補にボヴェが
立候補したら一票いれたい」と熱狂したほどだった〜

221 :右や左の名無し様:05/03/06 00:38:54 ID:bkFc1LAC
>>216,217
>フランス人が日本人を揶揄するのはひどい物言いで、
>日本人が黒人やヒスパニックを揶揄するのは事実だから良いと。
>こりゃ、あまり冷静な議論ができない人かもね。

冷静な議論ができないのはどちらでしょうw
見方に固定観念があるとしてもそれはある程度の事実がベースにあるからで、
教育重視の価値観が人種によって異なるという事実を基に日本企業の雇用や
優秀な製品に対するバッシングの不当性を訴えるのは必ずしも非難されるべきでは
ないでしょう。
日本人が(昆虫の)「蟻」である事実はありませんが、
日本の政治家で他国民を人間以下(動物、昆虫)に例えた事実があったら
教えて下さい。

222 :右や左の名無し様:05/03/06 01:17:09 ID:bkFc1LAC
>>214氏は何かフランス社会に特別な思い入れがあるようですが、
ユダヤ人墓地が荒されカギ十字の落書きがされたり人種間対立や偏見を
煽るための狂言暴行事件が普通に起きる国ですよ?
素晴らしい面以外見たくないのであれば政治思想板以外でやっては
いかがでしょうか?ファッションや観光の実力は高いでしょうし

223 :右や左の名無し様:05/03/06 02:00:22 ID:???
>>221
>見方に固定観念があるとしてもそれはある程度の事実がベースにあるからで、
レイシズムをはじめとした偏見というのは、そうした事実ベースが変質したものなんだよね。
事実を下敷きにしているとあたかも説得力のある説であるかの様に装うことができる。

>日本の政治家で他国民を人間以下(動物、昆虫)に例えた事実があったら教えて下さい。
揶揄する比喩的表現が、どの様なものであるかは対して重要ではないよ。
そういう枝葉末節で違いを言い立てたところで、対象を揶揄していることに変わりがない。

>222
>ユダヤ人墓地が荒されカギ十字の落書きがされたり人種間対立や偏見を
>煽るための狂言暴行事件が普通に起きる国ですよ?
そうした非常識な連中はどの社会にだって存在する。

224 :右や左の名無し様:05/03/06 12:11:19 ID:6dlzID/x
>>223
>事実を下敷きにしているとあたかも説得力のある説であるかの様に装うことができる。
>揶揄する比喩的表現が、どの様なものであるかは対して重要ではないよ。

貿易摩擦が加熱する最中、「日本異質論」「脅威論」などのバッシングに対し
”教育水準の差”で政治家が反論するのは、人種差別や偏見では無くむしろその逆ですよ?

現職首相が(他国民は)「黄色いアリ」だの「ゲイ」だのと低レベルな人種的偏見を丸出しに
して意気高揚するのと同列に論じるには無理がありすぎるんですが

225 :右や左の名無し様:05/03/06 12:47:55 ID:6dlzID/x
>>223
>そうした非常識な連中はどの社会にだって存在する。

独や米でも人種差別絡みの事件はありますが、フランスのそれは
独特で屈折したものを感じますね。
誤解ないように言っておくと、別にフランス人が嫌いなわけではなく
偏見持ってるわけでもありません。シラク大統領は親日家として有名ですしね。
純粋に制度論です。

226 :右や左の名無し様:05/03/06 23:20:48 ID:???
>>224
>貿易摩擦が加熱する最中、「日本異質論」「脅威論」などのバッシングに対し
> ”教育水準の差”で政治家が反論するのは、人種差別や偏見では無くむしろその逆ですよ?
結局のところ、バッシングに対して反論するというよりは感情的になって言い返してるだけ
というのがオレの判断だけどね。いわば目くそ鼻くそレベル。掘り下げて考えれば分かること
だけど、特定の階層をあげつらって非難するなんてのは決して品格のある行為じゃないし、
事の本質とは全く関係ない。

>>225
>独や米でも人種差別絡みの事件はありますが、フランスのそれは
>独特で屈折したものを感じますね。
フランス人はジョークもひねくれているなんて言われるけど、制度の問題ってより
文化の資質なんだろうと思うよ。


227 :右や左の名無し様:05/03/07 12:58:44 ID:???
正月三が日で、東京に住む人で明治神宮に310万人、一週間で400万人(仕事初めや混むのが嫌な人は三が日に来ない)来る。
天皇万歳じゃ無いかもしれんが、少なくても反天皇では無い。
しかも皇室関連の神社や仏教寺院は東京に他にも在り人を集める。成田山新勝寺は、宇多天皇の皇孫の寛朝大僧正が開祖で朱雀天皇が名付けた。
別に、マスコミが騒がなければ普通の人は反天皇では無いから気にしない。

228 :右や左の名無し様:05/03/08 13:19:05 ID:ZL9Rwptp
鳴るへそ

229 :右や左の名無し様:05/03/08 13:24:58 ID:???
少数意見を唱えるのが「反民主主義」なら、そこで言う「民主主義」は立憲民主主義
ではなく民主集中制のことなのだろう。

230 :日の丸:05/03/08 13:31:40 ID:???
おまえら、議論する前に、日本のために、働け。

231 :右や左の名無し様:05/03/08 13:46:55 ID:???
>>229
少数意見ですらないのは、議会政治で証明されているよ

232 :右や左の名無し様:05/03/08 15:18:46 ID:???
議会に議席がなければ、その意見を封殺しても良いってのか?

233 :右や左の名無し様:05/03/08 17:53:37 ID:usaaukSW
>>205
>それまでは天皇は支配層には強力に影響を与え続けたが、九割の日本人にとっては余り関係のない存在だ。

政治的にはそうだが、文化的には無知であり間違った認識だ。
江戸時代の庶民は識字率も高く、むろん無知なんかではない。
天皇は庶民に大変親しまれていた。
寺子屋において使われた読み物には天皇が頻繁に登場するし、
ひな祭りなどの年中行事・百人一首・近松の浄瑠璃・お伊勢参りなどなど・・・
枚挙に暇も無いほどである。

無知なのは江戸庶民ではなく、あなたの方だw


234 :右や左の名無し様:05/03/08 18:03:03 ID:???
>>232
個人の意見としては、天皇親政から共産革命の実行、果てはヤクザの主張から、
新興宗教信者の主張まで色々あるからな。
ただしその意見は個人の意見であって民意では無いのよ。
せめて議会の議席が確保できるくらいの人数の共通意見でないと民意と呼ばない。

235 :右や左の名無し様:05/03/08 18:15:36 ID:???
>天皇は庶民に大変親しまれていた。
江戸時代の庶民は不敬だなw

236 :右や左の名無し様:05/03/08 19:34:36 ID:???
>>233
>寺子屋において使われた読み物には天皇が頻繁に登場するし、
>ひな祭りなどの年中行事・百人一首・近松の浄瑠璃・お伊勢参りなどなど・・・
天皇がそれ程認知されてたなら、明治政府がわざわざ天皇に行幸をさせたり天子とは?なんてパンフレットを
配って流布させる必要もなかったんじゃないか?
江戸時事代に竹内式部という人物がいたけど、この人は京都の公家に仕えつつ若い公家たちに「日本書紀」などを
講じて、尊皇思想をとなえていた。彼は「人々は、将軍の貴いことは知っていても、天子の貴いことは知らない」
と嘆いたという文章も残しているんだけどね。
オレが思うに、天子という存在を何とはなしに知識としては知っていたけど、どんな存在で何をしているのかは
知られてなかったと思うよ。京都御所周辺は例外、ここでは色んな行事とか何かを案外開放的にやっていたって
資料も残っていて、外出がままならない天皇とは別に公家と民衆が交流していたという。

237 :右や左の名無し様:05/03/08 21:56:33 ID:???
>>220
これは誰が書いてるんだ?
Bovetの真意がさっぱりわからない脳タリンのエコ好き日本人じゃないのかw

>ユダヤ人墓地が荒されカギ十字の落書きがされたり人種間対立や偏見を
煽るための狂言暴行事件が普通に起きる国ですよ
これら一連の事件は、ネオナチ
(日本、特にここにもどっさりいる極右の人種差別団体)、
もしくは、イスラエルの横暴のおかげでユダヤ教徒を不倶戴天の敵とみなす
アラブ系フランス人のやったことだとその後の調べでわかっている。
何度もいうが、何も知らないくせに
決めつけるのは恥ずかしい。わかってるのか。

>>225の「純粋に制度論です」って、
どういう風に「制度論」なのかw
是非教えてくれ。

238 :右や左の名無し様:05/03/09 02:10:02 ID:AIolEW9A
>>236
天皇の存在は当然広く認知されてはいたが、マスメディアのない時代だから、
庶民にとってそのイメージが曖昧だったというだけ。
間違っても、庶民は天皇のことを知らなかったなどと思ってはならないw

1863(文久3)年 
孝明天皇が行幸(237年ぶりに帝が御所の外に出た。この時まで、近世の天子は、
武士もふくめて一般の人々には、まったく<見えない>存在であった。

1968年 王政復古 
天皇を頂点とした統一国家が誕生。明治の初年においては、国家の元首であり親政する
天皇睦仁は、一般の人々にとっては、いまだ十分には<見えない>そしてイメージの
不確かな天皇であった。それゆえ、新政府の重要な政策課題のひとつが、天皇を国民に
<見せる>ことだった。

1873(明治6)年
断髪してヒゲを生やし、ヨーロッパスタイルの軍服を身に付けた睦仁が登場した。
この近世の天子とは一変したイメージの睦仁が、明治9年から14年までの6年間で、
計4回、総日数で234日間のハードな全国巡幸を行った。強靭な肉体の若い行動的な
軍人天皇睦仁は、大元帥イメージで語られるようになってゆく。

1888(明治21)年
天皇が行幸した際に、お雇い外国人キョッソーネに命じて、隣室から睦仁の顔をスケッチ
させた。


239 :右や左の名無し様:05/03/09 04:06:19 ID:???
>>238
>天皇の存在は当然広く認知されてはいたが、マスメディアのない時代だから、
>庶民にとってそのイメージが曖昧だったというだけ。
まず、オレは天皇が知られていなかったとは書いてない。>>205で余り関係のない存在だったと書き
その根拠をいくつか挙げている。(竹内式部の公家への啓蒙、明治初期の国民への啓蒙)
君はそれに対しての反論もなく、寺子屋教育、百人一首、浄瑠璃、伊勢参りなどがあるから違うという。
(広く認知されていた、知らなかったなどと思ってはならない等)
それらは具体的に関係の深い存在だった論証にもならないし、広く知られたという根拠にもならないよ。
たとえばベラルーシという国名を多分多くの日本人は知ってると思う。じゃ、それがベラルーシを知ってるか
といえばどんな国なのかちゃんと答えられる程知ってる人はほとんどいないだろう?それと同じだよ。
だから明治政府は盛んに天皇の存在意義を啓蒙しなきゃいけなかったわけさ。それほど広く認識されていたなら
わざわざそんなコトする必要もない。これにちゃんと根拠のある反証をしてくれよ。

240 :右や左の名無し様:05/03/09 05:09:05 ID:P93Xrwmv
>>239
江戸時代の庶民にとって、天皇は文化的な側面ではよく親しまれてはいたが、
政治的な面、あるいは生身の存在としてはほとんど認識されていなかった。

だから、明治になって国家元首として親政する天皇を国民に広くアピール
しなければならなかったわけだが、その点には特に異論はない。

しかし、そうであれば「九割の日本人にとっては余り関係のない存在」というのは
ちょっと誤解を招く表現だよなあ。


241 :右や左の名無し様:05/03/09 10:43:43 ID:???
>>240
>江戸時代の庶民にとって、天皇は文化的な側面ではよく親しまれてはいたが、
だから、その広く知られていたって根拠を書きなよ。じゃないと根拠のない君の思い込みって認定するぜ?
江戸や大坂、京都くらいの大都市を総合しても当時の都市人口は180万人くらい。幕府の調査によれば、
全国の人口がおよそ2700万人だ。その内の1割にも満たない都市で盛んだった浄瑠璃の人気があったとしても
全ての都市人口が享受していたわけじゃないだろ?それに雛人形が一般に普及したっていっても、
経済的に余裕があった一部の商人の家で普及したと言われているんだ。そう考えればどれだけ多く見積もっても
親しまれていた(という表現も曖昧で根拠が希薄だけど)のはせいぜい5%程度。わずかな一部の庶子の愛好した
ものや行事があったからって、それは大したものじゃないよね。


242 :右や左の名無し様:05/03/09 13:45:19 ID:wM04ggvI
>>241
まず、ひな人形についてだが、松平定信の寛政の改革では、特に雛人形の大きさにも言及し、
「8寸以上の人形を作ってはならぬ」という命令が出たそうだ。
しかも抜き取り検査までやって、その罰によって閉店する人形店も続出。
とても、一部の商人だけの普及ではないね。
その5%程度という数字は、どこから出てきたのか。口からでまかせかい?



243 :右や左の名無し様:05/03/09 13:52:37 ID:wM04ggvI
>>241
次に、お伊勢参りについてだが、幕末期に大ブームになったときには、
年間約500万人が訪れたそうだ。
数年に一度出かけたらしいから、ほとんどの庶民がお参りした計算になるな。
お伊勢参りをして天皇のことを知らぬはずがないから、これも親しまれていた例
といっていいよな。
「九割の日本人にとっては余り関係のない存在」というのは、全く逆なわけよ。


244 :右や左の名無し様:05/03/09 14:26:15 ID:???
>>242
その普及したってのがどのくらいの普及率で当時の日本人全体のどの位の比率なのか
ってことに言及されていない以上根拠にならないじゃん。事実の一部を切り取ったって
「天皇が親しまれた」って書いたところでそんな事実があったってだけのはなし。
>その5%程度という数字は、どこから出てきたのか。
当時の人口と人口構成比から考えられる推論だよ。一部の事実でもって全体に見立てるより
遙かに根拠になる数字だと思うけど?

>>243
伊勢まいりが流行したことと天皇が親しまれたって因果関係が示されてないね。
当時は関所によって庶子の移動は厳しく制限されていたんだが、伊勢まいりだけは例外として
大目に見られていた。だから庶子は旅行する口実に伊勢まいりを活用したといわれている。
それに当時は神仏習合で、伊勢にいって仏様を拝んだなんて資料もたくさんあるんだけどね。

245 :右や左の名無し様:05/03/09 21:23:50 ID:TDWmKo+y
>>244
「親しまれていた」というのは、多分に主観的なものだからな。
ひな人形の普及率を示したところで、何%なら親しまれていたことになるんだ?
それ以前に、ひな人形と天皇が親しまれていたことの因果関係を示せ、と言いそうだなw

裕福な商人が買うひな人形のほかに、庶民がつつましく祝う紙雛もあるし、
三月三日が天皇皇后を模した雛人形を愛でる節句であるという知識は当時も常識だったろう。
したがって、江戸時代の日本人にとって天皇は「余り関係のない存在」ではなく、
生活のそこら中に関係している、文化の側面では普遍的な存在だった一例といえるわけよ。


246 :右や左の名無し様:05/03/10 01:55:21 ID:???
学があったら歴代の支配階級を任命してる存在ぐらい知ってるハズだろう
生まれてから考える必要のない農奴だったら知らんかもな

247 :右や左の名無し様:05/03/10 23:06:20 ID:6De0u3eH
>>237
ID隠した名無しが「これは誰が書いてるんだ?」とはウケ狙いでしょうか?w

「世間はBovetに同情的なんかじゃない」
「何で君は自分の考えを他人に押し付けるんだ?」
「裏づけも何もないまま」
とまで言われソースを出したんですが、何か?

>Bovetの真意がさっぱりわからない脳タリン
とは何のことでしょうw
自分の主観を否定する根拠を出され逆ギレし、話をそらそうとするのは
大人げないですね。
議論する気がないのなら中傷スレでやってはいかがですか?w

248 :右や左の名無し様:05/03/10 23:34:43 ID:nPp8hX1S
>>237
君が「フランスの世間はボーヴェに同情的」云々といったんでねwww
それなら最初から「日本の世間」って書けばよかったのに。
それならソースを出せなんていわないよ、オレも。
議論する気もない、日本でどういってるかに関してなんか。
君はほんとに脳たりんだな。呆れたよ。



249 :右や左の名無し様:05/03/10 23:36:22 ID:1JEwodGv
>>「九割の日本人にとっては余り関係のない存在」というのは、全く逆なわけよ。

お伊勢参りだけを根拠にここまで言い切るのは、ちょっとな。

250 :右や左の名無し様:05/03/11 00:02:39 ID:???
>>245
>「親しまれていた」というのは、多分に主観的なものだからな。
逃げを打つわけだw
議論するのにその姿勢はないんじゃない?それならどんなことだって言えるよね。

>裕福な商人が買うひな人形のほかに、庶民がつつましく祝う紙雛もあるし、
>三月三日が天皇皇后を模した雛人形を愛でる節句であるという知識は当時も常識だったろう。
どうしてそう言い切れる?いや、多分に主観的じゃない理由として、さ。
可能性として裕福な商人に倣って習慣だけが普及したって可能性だってあるだろう。
風習の外形が流布されてるから天皇皇后という存在を認識していたって立証にはならないはずだけどね。

>生活のそこら中に関係している、文化の側面では普遍的な存在だった一例といえるわけよ。
今の日本でくまなく普及しているバレンタインデイって風習に対して、どれだけの日本人が
本来的な風習の根元的な理由を理解してると思う?柏手の意味すら分かってる人がどれだけいると思う?
風習と本来的な理解とは相当かけ離れてる例なんて幾らでもあるだろう。君の見解にはそういう理由で
全然説得力がないんだよね。

251 :右や左の名無し様:05/03/11 00:37:14 ID:zoWRLFB2
>>248
>君が「フランスの世間はボーヴェに同情的」云々といったんでねwww
>それなら最初から「日本の世間」って書けばよかったのに。
>それならソースを出せなんていわないよ、オレも。
>議論する気もない、日本でどういってるかに関してなんか。
>君はほんとに脳たりんだな。呆れたよ。

これは247に対してですか?
だとしたらアナタは本当に日本語を解する日本人ですか?
ソースをどう斜めに読んでも
「フランス国民は、ボヴェの態度にシンパシーを覚えたのだ」
となってるんですが?
http://eco.goo.ne.jp/life/world/france/report05.html

何が言いたいのか支離滅裂でわかりません。

252 :右や左の名無し様:05/03/11 00:54:17 ID:zoWRLFB2
>>248
検索するとフランス人がボーヴェを支持してるソースしか出てこないんですが、
そろそろ彼がフランスで「嘲笑されている」ソースを教えてもらえますか?

253 :右や左の名無し様:05/03/11 01:30:25 ID:NaIW3l+J
>>252
たとえば
http://forums.futura-sciences.com/printthread.php?t=12547
Le MondeやLiberationでも
Bovetをおちょくってる記事を見たが、もうネットでは読めない。
単行本では、去年の秋出たFitnaにも書いてあった。
著者はBovetのことを昔からよく知ってるみたいだよ。
日本語のサイトなんて問題にならないのがわからない?


254 :右や左の名無し様:05/03/11 02:27:51 ID:XwlEe6dl
>>250
>天皇は支配層には強力に影響を与え続けたが、九割の日本人にとっては余り関係のない存在だ。

これは政治的にはもちろん、文化的にも余り関係がなかったという主張だろ。
世の常識に反したことを根拠も示さず断定されても、納得できかねるんだよ。

こちらは、文化・生活の面からは、天皇は江戸時代の日本人に少なからず関係していたことを、
ひな祭りやお伊勢参りなどの例を挙げて説明してきたんだから、そっちもきちんと説明してくれよ。
その九割とかの数字もなw


255 :右や左の名無し様:05/03/11 02:40:36 ID:LB7Qjf9k
253のつづき。
何しろ日本はCressonがいってもいない
「殺しても殺しても出てくる黄色い蟻」
などという言説がまことしやかに流通しているらしい国なんでね。
原語、それが無理ならせめて英語訳で読んでから
批判しろというんだよ。
それが議論の第一歩だろ。違うか?

256 :右や左の名無し様:05/03/11 09:54:50 ID:???
>>254
>世の常識に反したことを根拠も示さず断定されても、納得できかねるんだよ。
オレが求めてるのは君の世界観による「世の常識」とやらじゃなくて事実とその根拠なんだが。
君もオレの発言に噛みついてきて無知とまで揶揄してる以上、客観的な事実として証明すべきだろう?

>こちらは、文化・生活の面からは、天皇は江戸時代の日本人に少なからず関係していたことを、
>ひな祭りやお伊勢参りなどの例を挙げて説明してきたんだから、
それが証明になっていないことは何度も指摘してるだろう。数字的な裏付けもないし何らかの歴史資料を
出してきているわけでもないよね。君が出してきた事例では、くまなく民衆に定着していて天皇を認識する
裏付けを論証できていないだろう?遠い因果関係から無理に推論している様にしか受け取れないよね。

>そっちもきちんと説明してくれよ。
オレは資料として公家方学者の発言と明治維新時の論書によって天皇の存在感が民衆になかった
(一部を除いてね)と論証しているんだが。

>その九割とかの数字もなw
当時の人口とその分布状況、階層階級の比率と寺子屋の数や貧富層の割合からの推論。
前にも書いたので反論があればどうぞ。

257 :右や左の名無し様:05/03/11 15:19:45 ID:IZryChCU
>>256
では、江戸時代、天皇が「九割の日本人にとっては余り関係のない存在」だったと推論した
当時の人口とその分布状況、階層階級の比率と寺子屋の数や貧富層の割合を聞こうか。
どんな「客観的事実」をもとに証明したのかをw



258 :右や左の名無し様:05/03/11 15:39:10 ID:???
>>257
>>241を再読してくれ。
それより君はいつになれば根拠を示すんだい?

259 :右や左の名無し様:05/03/12 00:42:22 ID:dGNTORjp
>>253
>日本語のサイトなんて問題にならないのがわからない?
あえて日本語でなく得意げに横文字を並べるところからそんな臭いはしてましたが
本音が出ましたねw

>これら一連の事件は、〜アラブ系フランス人のやったことだとその後の調べでわかっている。
何度もいうが、何も知らないくせに
決めつけるのは恥ずかしい。わかってるのか。

などと言ってますが
件の事件の背景は、”アラブ系に対する偏見を煽る為”の狂言事件というのが実態ですが?
これも「日本人が悪意で誤訳」ですか?w
http://blog.livedoor.jp/media_francophonie/archives/4378148.html
まさかこれだけ豪語してる人物が正反対の結論に翻訳ミスもないでしょうし

アナタの崇拝する仏サイトでは不遜イスラエルが悪いから(イスラエルとは何の関係もない)
在仏ユダヤ人がアラブ人に襲撃された、と主張してるんですか。
まあ自信満々に「日本語のサイトなんて問題にならないのがわからない?」などと豪語する
人間ですから、それを見通してるフランス人に騙されてるんじゃないですか?w
同じ傾向が惹かれあうのは納得しましたよw

260 :右や左の名無し様:05/03/12 02:37:58 ID:8nGmGzwr
>>258
では、>>241に反論しておくことにしよう。

江戸時代、人形浄瑠璃は庶民の最大の娯楽の一つで、何も大都市だけのものじゃない。
天保十三(一八四二)年に発行された「浄瑠璃大系図」の巻末付録「諸国浄瑠璃定芝居」によれば、
全国には二十二の人形座があったという。
それらは、いわばプロの人形座で日本全国を興行して回っていたんだな。
それ以外にも、それぞれの地元の人形座がおり、秋祭りなどで上演していたようだ。

で、そこでの出し物で非常に人気のあったものに坂田金時(金太郎)があり、幼児でも知っているほどだった。
金太郎が、天皇の命を受けた源頼光の四天王として鬼退治をするのは知っての通り。
つまり江戸時代の一般庶民にとって、天皇は浄瑠璃でもおなじみだったわけよ。


261 :右や左の名無し様:05/03/12 02:47:07 ID:8nGmGzwr
次に、ひな祭りは高価なひな人形を購入できる一部に商人だけのものではない。
安価なひな人形も、手作りのひな人形もある。
一般庶民はひな祭りを知らなかったとでも主張するのか?
また、ひな人形がお内裏様(天皇皇后)をモデルにしていることは、
ひな人形の装束を見れば一目瞭然だよな。

つまり、ひな祭りが一般庶民に普及していたということは、とりもなおさず、
江戸の庶民にとって、天皇は「余り関係のない存在」ではなかったということだ。

松尾芭蕉の有名な俳句を引用しておくよ。草の戸だから、当然一般庶民だ。
「草の戸も 住み替る代ぞ 雛の家」


262 :右や左の名無し様:05/03/12 03:19:40 ID:WPgaUsck
>261
横レスすまんが、「草の戸」は才人が住んでる庵という意味じゃないか?俳人の老荘趣味の表現という解釈だったように思うんで、一般庶民云々に絡めて引用するには馴染まないんじゃない気がする。
揚げ足取りと感じたなら勘弁。解釈が分かれてる句だったので。

263 :右や左の名無し様:05/03/12 05:35:47 ID:RarUHlWI
>>262
芭蕉の書簡によると、転居したのは二月末、これに先立ち、芭蕉は決死の旅を覚悟して
心残りのないようにと、住みなれた芭蕉庵を人手に譲り、すぐ近くの門人杉風の別宅に身を寄せて、
北国の寒気のゆるむのを待った。(中略)
この手紙を見ると、「はるけき旅寝の空をおもふにも、心に障んものいかゞと、先衣更着末、
草庵を人にゆづる」とあって、すでに二月末には転居していたことがわかる。
新しく草庵の住人となったのは、芭蕉のような孤独の隠者ではなく、妻子のある家庭人だった。
右につづけて芭蕉が、「此人なん、妻をぐし、むすめをもたりければ、草庵のかはれるやう
おかしくて」と前書し、

草の戸も住かはる世
や雛(ひな)の家

の句を報じているのも、この句の発想契機を語るものとして興味深い。
『おくのほそ道』では中七が「住替る代ぞ」と改稿されて、万物流転の思想と
旅立ちの決意をひびかせている「草の戸も」の句も、もとは草庵の様子の変わったのが
「おかしくて」という、軽い感興から詠出されたものだったのである。
http://www.sarugakyo.net/bungaku/basyou.html


264 :右や左の名無し様:05/03/12 09:26:29 ID:???
>>260>>261
段々天皇との関係性から遠ざかってるんだけどw
坂田金時の話し(つまり金太郎)の話しなんて現代人でも知っているが、天皇との関連性を知ってる
人はほとんどいないと思うよ。仮に演目の中で「天子様の命を受けて」なんて表現があったとしても
それが天皇の存在を意味してると理解して受け取られていた事にはならないよね。
何度も書く様だけどここで取り上げている例も含めて、君が論拠として出してくる例は根拠が希薄で
全く実証になってない事にそろそろ気付いたら?

○○は天皇に関係したもの=だから○○を知っていれば天皇をしっていた事になる。
前者と後者をつなぐ理由が全く示されていないよね。

265 :右や左の名無し様:05/03/12 11:38:30 ID:???
「9割の日本人は天皇を知らなかった」って方がよっぽど根拠が希薄に見えるのは
俺だけか?
自らの支配層の仕組みを知らないなんて「教養があった」とは言わないだろ、普通

266 :右や左の名無し様:05/03/12 11:39:30 ID:GZQl5Hac
近代「天皇制」の意味を知らないヴァカ。
「ナショナリズム」の来歴を知らないヴァカ。

267 :右や左の名無し様:05/03/12 11:40:48 ID:GZQl5Hac
「天皇を知っていること」と
「天皇を国家の中心として明治時代のよう崇めること」
とは全く別物ということに気づかないヴァカ



268 :右や左の名無し様:05/03/12 11:41:41 ID:sfJmjO4u
左翼でも天皇ぐらいは知っているぞ。

269 :右や左の名無し様:05/03/12 11:42:31 ID:GZQl5Hac
「知っている」から、明治以後のように「崇めていたにちがいない」
と思う馬鹿

270 :右や左の名無し様:05/03/12 11:45:21 ID:???
写真でしか天皇を見れなかったことも知らないアフォ

271 :右や左の名無し様:05/03/12 11:48:50 ID:GZQl5Hac
天皇が全国的に知られ、それが「崇拝」「現人神」
「主権者」として認知されるようになったのは、
天皇を全国津津うらうら「巡業」させ、
「ご真影」を絵画として全国に配布し、
忠孝の「忠」の対象を、君主から天皇に移行する、
という政治運動をやったから。水戸学にその端緒は
あるが、まあ、豚に真珠だから、もういわない。

糞ウヨは、したり顔で「ゆとり教育」批判するまえに
勉強しろう゛ぉけ。





272 :右や左の名無し様:05/03/12 12:16:41 ID:???
>>265
君だけじゃないの?
だいいち江戸時代、記紀は幕府によって禁書にされていたんだから
朝廷の仕組みがくまなく庶子にまで理解されていようはずもない。
しかも天皇はほとんど外出禁止の軟禁状態だったから、「なんかエライ香具師がいる」
って認識はあったかも知れないけどそれがどんな存在なのかまで知っていたなんてまず不可能。
だから公家相手ですら記紀を説く学者が必要だったんだよね。

273 :右や左の名無し様:05/03/12 12:22:51 ID:???
>記紀は幕府によって禁書にされていたんだから

初めて聞いたぞ、こんな話。

274 :右や左の名無し様:05/03/12 12:33:05 ID:???
例えばさ、大多数庶民の普段の生活には国会の動きとか直接関係無いけど
社会一般の”教養”があったら「関係の無い存在」じゃないだろ。
”教養”があればあるほど、直接見れなくても「身近な存在」に感じるものじゃないか?

江戸時代の民衆は世界的にみても教養があったとか言いつつ支配層の仕組みには
無関係って言うのは矛盾してるし、明治時代に話をそらすのも都合が悪いからとしか
見えない。どうだろう?



275 :右や左の名無し様:05/03/12 12:37:11 ID:GZQl5Hac
>>明治時代に話をそらすのも

明治以後なんだからしょうがないじゃん、天皇が維新以後のような
意味で認知されゆようになったのはw

276 :右や左の名無し様:05/03/12 12:37:17 ID:???
>>273
ああ、禁書ってのは正確ではないな。
実質的な禁書扱いだったと改めよう。

277 :右や左の名無し様:05/03/12 12:37:22 ID:???
無論、誰が征夷大将軍を任命するのかなんて教養以前かもしれんけど

278 :右や左の名無し様:05/03/12 12:39:56 ID:???
近代以降、民衆への天皇の認知がほとんど抵抗もなく進んだのは、民衆の認知がもともと
ある程度存在したからだろう。

279 :右や左の名無し様:05/03/12 12:41:01 ID:GZQl5Hac
今の常識をしきりに明治以前に当てはめようとするアフォ一匹

280 :右や左の名無し様:05/03/12 12:42:31 ID:???
>>274
どうだろうって、全然関係ない現代の国民と国会との関係性を持ってきても歴史の論証にはならないじゃない。
寺子屋ったって江戸中期から後期になって次第に拡大していってるけど、教育科目のほとんどは読み書き、算盤と
いわれていて文盲の方が圧倒的に多かった時代だから文字を読める、計算ができるようにしるのが主たる目的だよ?
現実にはそうした寺子屋制度が、後の明治期の急速な発展をもたらした下地として有効だったのは確かだろうけど。

281 :右や左の名無し様:05/03/12 12:43:39 ID:???
>>275
>明治以後なんだからしょうがないじゃん、天皇が維新以後のような
>意味で認知されゆようになったのはw

そしたら天皇を知らなかった層はただ単に無教養だった、ってだけじゃんw
近代的教育が施行され初めて国民全部に正しい姿が行き渡った、ってだけだろ

282 :右や左の名無し様:05/03/12 12:43:47 ID:GZQl5Hac
>>278 「天子さま」っつー程度のもの。

近代天皇制以後については(ログ嫁

283 :右や左の名無し様:05/03/12 12:47:37 ID:GZQl5Hac
>>281 政府のやった「近代教育」つーのが「教育勅語」「軍人勅諭」だ
からな。やっと意味がわかったか、ヴォケ

 無教養だったと言えば無教養だったが、お前が期待している?
ような意味での天皇制理解、天皇の現人神視、つーのは、サッチョ
がそういった教育やって「作り上げられた」ものなの。わかった?
昔からあってそれを知らないという意味で無教養、という意味では
ない。あと、識字率は他国と比べものすごくたかかったからね、
江戸時代の日本。いっとくけど。


284 :右や左の名無し様:05/03/12 12:48:01 ID:???
>>282
それだけあれば十分だ。

285 :右や左の名無し様:05/03/12 12:48:23 ID:???
>そしたら天皇を知らなかった層はただ単に無教養だった、ってだけじゃんw
別に教養と天皇を知ってるかどうかは関係ないよ、特に江戸時代の庶子にとっては実権を持たない
天皇を知ってる知ってないは余り意味がなかったんだから。

286 :右や左の名無し様:05/03/12 12:55:18 ID:???
現在の天皇制もまた、明治以降の近代天皇制の延長というか残滓というかそういった制度で
あろう。そして今日、大多数の国民は別に崇拝はしていないだろうが、認知はしている。
そういう意味で、近代天皇制の成立以降、天皇は常に崇拝されてきた、という命題は
なりたたない。皇国史観がもっとも盛んな時代であっても、生活する庶民はそういう史観とは
無縁であったともいいうるわけでな。

287 :右や左の名無し様:05/03/12 13:51:34 ID:???
>>285
>別に教養と天皇を知ってるかどうかは関係ないよ
関係あるだろ。自分の暮らしてる社会の仕組みを知らないのは無教養
だろ、普通。
今の象徴天皇制だって実権を持たないけど知らない椰子なんていないぞw

288 :【祝】産経バイバイ【寿】:05/03/12 13:53:04 ID:GZQl5Hac
>>281 政府のやった「近代教育」つーのが「教育勅語」「軍人勅諭」だ
からな。やっと意味がわかったか、ヴォケ

 無教養だったと言えば無教養だったが、お前が期待している?
ような意味での天皇制理解、天皇の現人神視、つーのは、サッチョ
がそういった教育やって「作り上げられた」ものなの。わかった?
昔からあってそれを知らないという意味で無教養、という意味では
ない。あと、識字率は他国と比べものすごくたかかったからね、
江戸時代の日本。いっとくけど。

289 :右や左の名無し様:05/03/12 13:56:54 ID:???
>>287
オレが「無関係」といってるのは、江戸時代の庶民にとって実権もない「天子様」とやらを
知ることが実利的にみて関係性が希薄であり、だから彼らが求めた教養と天皇(天子様)を
認識する必要性は強くなかったって意味。
現代なら政治は民主的なシステムで行われるわけだから今の時代を持ち出すのは無意味だよ。

290 :右や左の名無し様:05/03/12 14:51:03 ID:???
>>289
>オレが「無関係」といってるのは、江戸時代の庶民にとって実権もない「天子様」とやらを
>知ることが実利的にみて関係性が希薄であり、だから彼らが求めた教養と天皇(天子様)を
>認識する必要性は強くなかったって意味。

”実利”知識は”教養”の定義とは違うだろ
今も昔も実利の知識は実利(或は実技)の知識、教養は教養で
直接何かの役に立つものって認識はなかったはずだけどな。
政治思想の知識だって人によっては実生活に何の役にも立たないしな。
”教養”ってそんなもんだろ


291 :右や左の名無し様:05/03/12 15:25:09 ID:Br/PnPvj
>>264
たまに演目の中に天皇がチラッと出てくる程度じゃなかったら?

江戸時代の庶民は、中でも天皇に忠誠を尽くした楠木正成が大好きだったらしい。
講釈場の門口に「今日より正成登場」というような張り紙が出ると、お客がどっと集まったという。
司馬遼太郎「余話として」

この正成を中心とする「太平記」を題材とする作品は、謡曲、能、浄瑠璃にも数多く作られた。
幕末に来日したロシア宣教師ニコライによれば、日本のどんな辺鄙な寒村に行っても、
楠木正成の名前を知らない無知な者に出会ったことはなかったという。

これでもダメ?
これでも天皇は江戸の庶民にとって余り関係がなかった?


292 :右や左の名無し様:05/03/12 15:27:39 ID:Br/PnPvj
職人や町人の中には、朝廷から位階や受領を授けてもらおうとする者も後を絶たなかった。
当時、天皇や中宮、朝廷の人物を模した雛人形が百姓町民の間に売れに売れ、
幕府の統制が加わったほどだったというから、いかに庶民が皇室へ厚い憧憬を寄せていたかが分かる。
松浦光修「菊の下草」より

〜衛門とか、〜兵衛とか、権助など江戸時代民衆の間で親しく使われた名前は、
実は朝廷の官職名に由来している。
また近松門左衛門は三十三篇もの天皇を素材とする浄瑠璃を書き、天皇の御代を称え、天皇の
徳政に感謝する劇が民衆から喝采を浴びた。

まだまだ不足ですか?


293 :【祝】産経バイバイ【寿】:05/03/12 15:29:37 ID:GZQl5Hac
>>281 政府のやった「近代教育」つーのが「教育勅語」「軍人勅諭」だ
からな。やっと意味がわかったか、ヴォケ

 無教養だったと言えば無教養だったが、お前が期待している?
ような意味での天皇制理解、天皇の現人神視、つーのは、サッチョ
がそういった教育やって「作り上げられた」ものなの。わかった?
昔からあってそれを知らないという意味で無教養、という意味では
ない。あと、識字率は他国と比べものすごくたかかったからね、
江戸時代の日本。いっとくけど。

294 :右や左の名無し様:05/03/12 15:33:59 ID:???
>>289
現代なら政治は民主的なシステムで行われるわけだから今の時代を持ち出すのは無意味だよ。

現代だろうが中世だろうが、実権を持たない天皇が時の権力者を任命するのに変わりないじゃん。
あえて言うと教育水準の違いで制度システムの認識が行き渡っているかどうかじゃないの?



295 :右や左の名無し様:05/03/12 15:46:25 ID:Br/PnPvj
>>291
ちなみに、『太平記』とは南北朝時代を描いた軍記物で後醍醐天皇も主役の一人。
元禄時代には、『太平記』を暗誦して聞かせる太平記読みという職業まで現れたほど
民衆に支持され人気があったんだな。

ところで、264は天皇が民衆にどの程度認知されていたら「余り関係ない存在」じゃなくなるの?
浄瑠璃に登場しても、お内裏様の人形を愛でる節句も、ダメなんだろう?
朝から晩まで天皇のことを考えてないと「余り関係ない存在」なのかい?


296 :右や左の名無し様:05/03/12 15:59:08 ID:???
>>291>>292
それほど広くくまなく天皇の存在が流布されていたのなら、どうして竹内式部が公家に向けて日本書紀を説く
必要があったのか?「人々は、将軍の貴いことは知っていても、天子の貴いことは知らない。」と嘆いてのか
良く分からないよね。それに明治政府は論書という啓蒙活動をする必要があったのか?って疑問にも答えてない
んじゃない?講釈の「慶安太平記」は現代だと田辺一鶴も演目にしていて、後醍醐天皇は魔王みたいな存在として
描かれている様だけど江戸時代からの講釈の構成が変えられていなければ、当時は権力抗争の戦記ものとして
いわば創作モノの登場人物として描かれていた可能性が高いよね。

297 :右や左の名無し様:05/03/12 16:02:08 ID:???
最後の一行はちと違うか。
×いわば創作モノの登場人物として描かれていた可能性が高いよね。
○いわば創作的な物語の登場人物として描かれていた可能性が高いよね。

>>295
別にそんなことはいってないよ。
それほど知られた存在なら明治政府も苦労しなかったんじゃないの
ってはなしだから。

298 :右や左の名無し様:05/03/12 16:26:28 ID:Br/PnPvj
>>296
その竹内式部とやらを調べてみた。

京都で公家たちに尊王論を説いていた朱子学者で神道家。
垂加神道にもとづき「日本書紀」などを若手の公卿たちに講義していたが、
その内容には、朝廷の政権回復の心構えを説いて幕府を非難する一面もあり、
1758年には尊王論を弾圧する目的で江戸幕府によって追放された。(宝暦事件)

・・・おいおい、尊王家が若い公家たちに日本書紀を講義して「天子の貴いことは知らない」
と嘆いたって、そのままの意味で取っていいのかよ?


299 :右や左の名無し様:05/03/12 18:15:49 ID:???
ハアハア、宝暦事件のことを指して、「実質的に記紀が禁書になった」といっていたわけか。
宝暦事件のそういう解釈は、初めて聞いた。鎌倉時代は幕藩体制であった、というくらい
斬新な解釈だな。

300 :右や左の名無し様:05/03/12 19:26:36 ID:???
>>293 ID:GZQl5Hacは粘着臭いな
もともと
「九割の日本人にとって天皇はあまり関係ない存在だった」
「江戸時代当時の民衆は教養が高かった」
という無理すぎる矛盾がテーマ。

>無教養だったと言えば無教養だったが
ですでに敗北認めてるじゃん。
一人明治以降の話持ち出して何かわめいてるけど一体何なんだろう。
何とか正当化して自己満足に耽りたいんだろうか?

301 :右や左の名無し様:05/03/12 19:33:27 ID:ttfNDlb0
>>259
ユダヤ人でもなんでもないマリーは精神を病んでいて、本人が登場して
「世間の注目を浴びたくてやった。ごめんなさい」
と謝ったのはテレビで何度も見たよ。
新聞以前の問題。
そのほかパリのシナゴーグの放火事件がユダヤ人の自作自演だったのも
ニュースで大騒ぎされた。
それ以外に、実際にアラブ系フランス人が起こしたユダヤ教墓地荒らし・シナゴーグ襲撃が
いくつもあったんだよ。
俺は仏サイトを崇拝してるんじゃないの。
フランスに長く住んで実際はどうだったかある程度は知っているから
君のくだらない誤りを訂正しただけだ。
Cressonは嫌な女だが、言ってもいないことを言ったといわれているらしい日本には
腹が立ったんでね。まったくなんて国だ!
一生懸命日本語ネットを調べたようでお疲れ様でした。
他になにかあればどうぞご遠慮なく。

302 :右や左の名無し様:05/03/12 21:37:42 ID:pU8/hAmX
>>301
>それ以外に、実際にアラブ系フランス人が起こしたユダヤ教墓地荒らし・シナゴーグ襲撃が
>いくつもあったんだよ。

>>237はネオナチだけでなくアラブ系も犯人ということですか
なんかごっちゃになってきたけどまあいいでしょう。ニュース板ではなく思想板だし。
日本で墓地を荒したり死者を冒涜するような事件は知りませんが、
あえて挙げると完成したての多摩御陵鳥居の柱に何者かが深夜にドリルで穴を開けたとか
中国人が靖国神社の狛犬に落書きしたとか、この手の陰湿で卑劣な事件の背景には
反皇室制度思想が見え隠れするんですね。
そういう屈折した連中が理想とする社会なんかに日本をすべきでない、というのが
このスレの主題だと思いますよ。

303 :右や左の名無し様:05/03/12 23:03:28 ID:JHccQtHs
>>302
ちょっと勘違いしてるんじゃないか?
フランスでユダヤ教徒の墓地に狼藉を働くのは
ドイツのネオナチ思想にかぶれた連中、
もしくはアラブ人。
そういう屈折した連中が理想とする社会なんかに
フランスをすべきでないというのは
いうまでもなく(正統的)フランス人も同感。
俺は日本人が日本をどうしようと思っているかについてはどうでもいい。
ただデタラメな情報を元に他国を非難するのだけはやめた方がいい。
ただそれだけなんだが?

304 :【祝】産経バイバイ【寿】:05/03/13 00:03:31 ID:GZQl5Hac
お前読解力ないのか?

>>もともと
@「九割の日本人にとって天皇はあまり関係ない存在だった」
A「江戸時代当時の民衆は教養が高かった」
という無理すぎる矛盾がテーマ。

おれは@Aとも主張していないヴォケ。

>無教養だったと言えば無教養だったが
ですでに敗北認めてるじゃん。
一人明治以降の話持ち出して何かわめいてるけど一体何なんだろう。
何とか正当化して自己満足に耽りたいんだろうか?

近代天皇制とそれ以前の天皇制の話をしとるだけだ。
近代天皇制のような形で天皇が民衆に周知されていたわけではない。
そういっとるだけだあほ

305 :【祝】産経バイバイ【寿】:05/03/13 00:07:45 ID:cWeyWkDJ
>>300
で、@Aとも俺の主張ではないのだが、おれがAを逝ったと勘違いして
>無教養であったとえいば無教養だったが...という漏れの発言を
取り上げ「敗北」とは、勘違いも甚だしい。わかったか。


306 :右や左の名無し様:05/03/13 06:31:43 ID:???
スレの流れがわかってないヴァカ
一人熱くなるヴァカ

307 :t:05/03/13 07:04:32 ID:FSRhJzTJ
密かに思っているんだけど、天皇陛下って必要なの?個人的な恨みはないけど、税金がもったいないと思う。

308 :右や左の名無し様:05/03/13 11:48:31 ID:vc65gGEx
>>307
たぶん厨房だと思うけど、
天皇陛下がいなくなると、日本が日本じゃなくなるというくらい重要なんだよ。
お隣の国を見てごらん。あんな感じになりたい?
日本が日本じゃなくなったら、日本人だけじゃなく世界で多くの人が嘆くと思うよ。
特にイスラムや有色人種の国々では。

税金はね、大統領制のほうがかかるんだよ。
宮内庁予算は、年間一人あたり120円くらい。
それより、3兆円以上つぎ込んだ朝銀とかを気にした方がいいよ。


309 :右や左の名無し様:05/03/13 14:00:17 ID:???
>>308
> 日本が日本じゃなくなったら、日本人だけじゃなく世界で多くの人が嘆くと思うよ。
特にイスラムや有色人種の国々では。

なぜ「特にイスラム」なの?

> 税金はね、大統領制のほうがかかるんだよ。
根拠がよくわからないね。


310 :右や左の名無し様:05/03/13 16:43:19 ID:???
天皇がいなくても日本は日本だよ。
隣の国みたいになるとも限らない。
まあ、国民の利益という点から見て、今のところ存続させておいた方が都合がいいということは
言えるかもしれないが。
遠い将来にどうなっているかは何とも分からない。
その時の国民が決めるべきこと。

311 :右や左の名無し様:05/03/13 18:19:35 ID:x90Y5W2O
敬愛は利益の対極の概念。自由経済ほど人々が共同体にそれを求めるのは、宗教化するアメリカがいい見本ですよ。

312 :右や左の名無し様:05/03/13 18:22:11 ID:8eFjdmQw
>>311 北朝鮮がアメリカより良いと言う事か?

313 :右や左の名無し様:05/03/13 18:26:12 ID:x90Y5W2O
北朝鮮は敬愛ではなく洗脳ですが?言葉の持つ意味を大切にしましょう

314 :右や左の名無し様:05/03/13 18:37:04 ID:8eFjdmQw
>>311 >>313 ふーん敬愛ですか、漏れは敬愛の有る国民性の国は戦前の日本と少数のアジア小国
位しかしか知りません、で?何が言いたいのですか?

315 :右や左の名無し様:05/03/13 23:44:10 ID:XF+JLnz5
>>314
>ふーん敬愛ですか、
若いですねw
いいですか?
実利益追求のためだけに国民が集い「国家」というものが成り立ってるとでも?
共和国だって共和制理念(価値観)追求のために犠牲を払ってるものです。
あと、世界の国々が同じである必要性を説くイデオロギーはすでに敗北し、
現代思想のトレンドは”多文化共存”がキーワードなんですね。
この続きはまた今度します。


316 :右や左の名無し様:05/03/14 00:00:50 ID:FSKG6LNe
>>315 げ、共産主義者のマルチ商法かよ、世界統一なんて千年たっても
ねーぞ、夢見てんなよ。

317 :右や左の名無し様:05/03/14 11:17:50 ID:???
厚生労働省 厚生統計要覧
http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyk_3_1.html

その総額、年間1兆円とも。
外国籍なら祖国に面倒みてもらうべきだろ?


日本に来た脱北者。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1099487894/590
>大阪府八尾市に支援者が用意した2部屋のアパートで暮らす。
>月約17万円の生活保護と、支援者からのカンパが頼りだ。

月17万円の生活保護・・・。
生活苦で自殺する日本人が沢山いるというのに。


在日韓国人の組織「民団」のサイトより
ttp://mindan.org/toukei.php
5.職業状況
総数 636,548
無職 462,611

無職の在日が46万人・・・。
その内の何割が日本政府から生活保護を・・・。


生活保護や年金で暮らしてる「日本人」を日本から追い出すことは出来ないが、
無職の外国人は日本から追い出すべき。
それでどれだけの「日本人」が助かることか。

外国人に厳しい政治家に政権を取ってもらわないと
いつまで経ってもこのままだ。

318 :右や左の名無し様:05/03/14 13:27:48 ID:Eiyeq4h8
315が共産主義に読める316は池沼

319 :315の続き:05/03/14 23:23:49 ID:2xc2yK8V
>>316氏は何が誤解してるようですが?
マルクス主義が飽きられもすればその限界が見え始めた80年代に
注目を浴びた構造主義、ポスト構造主義といった現代思想の先見性に
ついて言ってるんですよ。
ヨーロッパ大陸系とは異なる英米系の分析哲学や論理実証主義の開祖と
見られるヴィトゲンシュタインも、宗教的意識を高く評価していたし
神秘的なことを「語ること」が無意味である、と言ったにすぎません。
これ以上は板違いなので軌道修正してサミュエル・P. ハンチントン の
「文明の衝突」をとってみましょう。
(続く)

320 :右や左の名無し様:05/03/14 23:40:14 ID:xGVwZ69u
>>316 の続きハイハイ、ねずみこうじゃなくて、マルチなんだろ、おまけもつくんだろ。

321 :右や左の名無し様:05/03/15 07:48:25 ID:oHil4CpH
319はマルチの定義を知らない

322 :319の続き:05/03/15 23:56:18 ID:/RSFRoWH
マルチ商法とは自分の下に新会員を誘うことによって法外な手数料が
もらえる仕組みが特徴ですが?
あたかも外に何か「正しい」政治体制が存在するかのような幻想を否定する
話ですよ>>320さん。

冷戦終結後情報化と大量輸送時代の幕開けによって世界各国の社会は段々似かよってくる、
と思われた時代に、「文明」間の溝は深まりいずれは衝突する、という
「文明の衝突」(ハンチントン)は世界的ベストセラーになりました。
何と言っても「9.11」テロが起こってから、彼の「予言」が的中したと騒がれ
イランのハタミ大統領が国連総会で「文明の衝突」論に反論するなど
大きな波紋を呼んだのは記憶に新しいところです。
さて、「文明の衝突」の中で世界は大きくイスラム、西欧、インド、中国(朝鮮半島まで含む)
その他と分かれているのですが、日本だけは独自の文化圏と位置づけられています。
わざわざ項目新たに「日本は、中国など他のアジア諸国とは異なる独自の文明を持っている」
と指摘しているのです。
(続く)

323 :ふざけた奴:05/03/16 00:47:10 ID:/4hPalIj
あー、うぜー、結局正しい政治なんて、ねーんだよ、個人の言い分
を全部聞く政治なんて、出来ないんだから、漏れは日本国が良いの
新しい政治なんていらないの、俺の個人の言い分聞いて呉れるの?

続かなくても良いよ、スレ違うし、気持わりー。

324 :ふざけた奴:05/03/16 00:53:05 ID:nV5yENsP
>>323>>322 だ。

325 :真面目な奴:05/03/16 15:23:17 ID:+DckyKPh
理想の政治ならあるよ。みんなで考えようじゃないか

326 :右や左の名無し様:05/03/16 19:53:26 ID:TDlE8/48
ふざけた奴より真面目な奴ってことか

327 :ふざけた奴:05/03/17 01:12:15 ID:ydCwN9pD
>>326 呼んだ?
 君は何が言いたいの?
>>325 昼の暇な時間の05/03/16 15:23:17のカキコは05/03/16 15:16:09 に終了した
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1107607246/l50 の続きなんだよね、
此れに反応する君は何?

1.ただの馬鹿サヨ

2.左翼を馬鹿にしている奴って無学の人が多い、の続きがしたい馬鹿左翼

どっち?

328 :右や左の名無し様:05/03/17 19:08:04 ID:Zd54q4cC
>>323
ふざけた奴さんはHNから察するに吉本系ですか?
ボケにはツッコミを返さなくてはいけないわけですね?

>結局正しい政治なんて、ねーんだよ、
>漏れは日本国が良いの、新しい政治なんていらないの

日本国が良いのならそれが自分にとって正しい政治体制という事では?

329 :右や左の名無し様:05/03/17 20:23:29 ID:Zd54q4cC
>>328の続きです
私はリーマンですが、世の中には星の数ほどビジネス書と呼ばれるものがあり、
内容はバラ色の成功を夢みさせる内容になっていて一定の売れ行きがあるようです。
無論そんな”理論”は実社会でほとんど役にも立たないのですが、それは
個人個人の置かれている様々な環境、性質の違い、状況の変化など”差異”を
想定してないからなんですね。
国家も個人も似たようなところがあり、例えばロシアはソ連崩壊後に採った
フランス型共和制を廃止する動きがあり「『君主制』移行作戦が始まった」(独立新聞)
などと報じられているそうです。

330 :ふざけた奴:05/03/17 20:33:55 ID:NPZ8GTpL
>>328 今の日本が正しいとは思わないが、漏れも正しい訳ではない、
妥協して呉れるから、妥協してあげる、
妥協してくれないと、妥協してあげない
正しくは無いが、共存している。

331 :ふざけた奴:05/03/17 21:09:11 ID:NPZ8GTpL
>>329 本は読まない、思想が入っていて邪魔だ。

332 :右や左の名無し様:05/03/17 21:12:03 ID:Zd54q4cC
>今の日本が正しいとは思わないが、
>漏れも正しい訳ではない、

どこかに「正しい在り方」が無いと言えないセリフに聞こえますが?

333 :ふざけた奴:05/03/17 21:27:16 ID:NPZ8GTpL
>>332 正しい物って有るの?

334 :ふざけた奴:05/03/17 21:28:59 ID:NPZ8GTpL
>>332 正しい在り方でも良いけど。

335 :右や左の名無し様:05/03/17 21:30:06 ID:Zd54q4cC
>>333
懐疑主義ですか?w


336 :ふざけた奴:05/03/17 22:00:18 ID:NPZ8GTpL
>>335 少し調べてみたけど、懐疑主義を否定出来ない。

337 :右や左の名無し様:05/03/17 23:16:58 ID:Zd54q4cC
>>336
懐疑主義は政治思想というより哲学の領域ですね。
”信仰”(共産主義含む)は世界と他者と自分がひとつになることですし、
”愛”は生の肯定を呼び覚ますものです。
無論狭い範囲でしか通用しない”愛”を意図してるんではないんですが、
宗教は権威信仰に堕ちた中世(キリスト教、仏教)の教訓もあり
世界を救えない、と思ってます。
イメージ的には西郷隆盛の「敬天愛人」が理想ですね。
(*「敬愛」はそういう意味です>>314氏)

338 :ふざけた奴:05/03/18 00:48:18 ID:CKk0wqK8
>>337 漏れに政治思想は無い、できれば係わりたくない、だが最近の世論に
恐怖を覚えたので、此処にいる、敬天愛人は理想は立派だが、大多数の海の外の人達に
は通用すると、思えない、多神教の人と一神教ではリスクが有り過ぎる、
受け入れる事は出来ても、受け入れて貰えない、人為的な融和は危険なので
漏れは好まない。

339 :ふざけた奴:05/03/18 01:15:45 ID:CKk0wqK8
>>338 人為的で無くて、作為的だった。

340 :右や左の名無し様:05/03/19 11:11:06 ID:7L+oi0E3
>>337の続きです
私は天皇制廃止(反君主制)思想の根底に”人間不信”が潜んでいると見ています。
「人間」が信じられないからこそ「制度」で人を支配する、
社会主義国家が(全体の為に個人の自由を圧迫する)全体主義的共産主義へ
なっていったのは自然の成り行きと言えましょう。

いずれにせよ自由社会が不安定(犯罪増加やテロ)化していく行く先は、
”共同体”統一の象徴へ人々は落ち着くと思いますね。
ブッシュ再選の原動力となった米国の福音派プロテスタントの勢力膨張は、
民主主義お手本の国、自己責任社会が宗教化していく兆候でしょうか。
ただ気の利いた論理が幅を利かすフランスよりは良質な思考を重視する国民性
にも見えますね、宗教的なぶん。
仏のヘジャブ禁止令などは”日の丸君が代”程度で騒ぐのがアホらしく
見えるぐらいです(”共和制信者”の方がやっかい)
韓国の過激なナショナリズムにやがて中国も仲間入りするのは目に見えてますが、
”独自文明”(ハンチントン)の日本は「敬愛」を根底に据えた社会であり続ける、と
信じたいところです。

341 :ふざけた奴:05/03/19 12:53:02 ID:YPCSAcKU
>>337 元々日本はね、君主も居て、社会主義で有り、共産主義であったと思うのね、民主主義でも有るし、
経済的平等は適度と言える程度に保たれているし、日本と言う共同体で有るから、みんなが、
お互いに感謝し合いながら、たぶん敬愛だよね、だから良いと漏れは思っていたのね、何かを排除
していない、日本主義?そうかスレの、民主主義を否定する反皇室は負け犬、につながるのね御免。

 左翼&サヨクの人の、言い分は理解出来ない、反皇室や共産主義や社会主義にしる、とか日の丸、
君が代反対は、日本と言う、共同体の何かを排除する事に成る、何かを排除しようとする者が居れば、
排除しようとする者が、排除されてしまう、すなわち負け犬成ると言う事だ。

 左翼&サヨクの人は何がしたいの?

342 :右や左の名無し様:05/03/19 14:46:18 ID:Z7G4KpSc
なるほど。天皇制の方がいいな

343 :右や左の名無し様:05/03/19 22:01:48 ID:KDVJDYJU
314は逃げたに1000ペソ

344 :314:05/03/20 13:15:51 ID:eHkJqYml
呼んだか?

345 :右や左の名無し様:05/03/20 13:29:58 ID:wTMqIhXb
実況板九州地方スレで地震予知((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
http://live15.2ch.net/test/read.cgi/weekly/1111257091/10-

10 名前:LIVEの名無しさん[] 投稿日:05/03/20(日) 03:51:20 ID:z9JZXt7VO
九州スレで重複なんて初めて見た
ひょっとしたら明日南海地震発生?ガクガクブルブル



346 :右や左の名無し様:05/03/20 17:43:26 ID:LrsJlnuX
>>345
地震前に特徴的な雲が出現したり、ネズミが逃げ出したりしたらしい

347 :右や左の名無し様:05/03/20 18:57:35 ID:QtTVFWGb
皇族(゚听)イラネ

348 :右や左の名無し様:05/03/20 19:08:19 ID:QtTVFWGb
皇族利権は同和利権以上

昭和22年10月14日に皇籍を離脱した方とその子息の一部。 ★は未婚の方

伏見博明氏(73) 元モービル石油 ◎
久邇邦昭氏(75) 神社本庁統理 ◎ ・久邇朝尊氏(45) 三菱商事 ・久邇邦春氏(43) 大手重機メーカー ★
久邇朝建氏(64) 元グランビュー ◎ ・久邇朝俊氏(33) 日本生命 ★
賀陽治憲氏(78) 交流協会顧問・元外務省 ◎
・賀陽正憲氏(45) 外務省 ※子息男子2名 ★
賀陽文憲氏(73) 元高島屋 ◎
賀陽宗憲氏(69) 元味の素 ◎
賀陽健憲氏(62) 元日本交通公社 ◎
朝香誠彦氏(61) 元CBSソニー・東京都庭園美術館館長顧問 ◎ ・朝香明彦氏(32) 大手損保会社
東久邇信彦氏(59) 三井住友銀行・日本タイ協会常務理事 ◎ ・東久邇征彦氏(31) 三井生命
壬生基博氏(秀彦) ※東久邇宮盛厚王次男


349 :右や左の名無し様:05/03/20 22:41:58 ID:Eq55Bqah
>>348
何でそれが利権なんだ?
無職ヒキコモリの妬みか?

350 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 10:31:20 ID:iG0tMAgl
>>347
このスレではオマイみたいのを”負け犬”と呼んでるんだよ。
いいか?
日本は民主主義国家で法治社会なんだよ。
日本国に居ながら圧倒的大多数の理念が理解できず負け犬の遠吠え。
ほら、野生動物の世界でもよくあるだろう。
ボス争いに敗れて群れを追放された寂しいオスが誰にもかまってもらえず野垂れ死ぬ。
近くの鏡を見てごらん
一生、自分の思い通りにならない社会を怨む不幸な男の醜い顔があるだけだ。
憲法には何と書いてある?
天皇は日本国の象徴であり日本国民統合の象徴、日本国民の”総意”に基く、とある。
つまり皇室制度反対の日本人がいたら存在そのものが憲法違反、
オマイの存在自体が違憲状態、生まれてきてSorry、
違憲状態を生んだ親とそれを放置してきたのは国の無作為。
それが”法治”ってもんだろ?
法が守られなかったら文明社会とはいえない。
違うか?
反論出来ないだろう

351 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 10:48:21 ID:???
>>350
憲法に定められた制度を「不要だ」と主張することも、憲法に定められた「表現の自由」で
認められているんだけどね。
あんたの言い方だと、「日本国憲法は無効だ」と言っている連中も存在そのものが憲法違反
ということになる。現行憲法の有効性を認めた上でその改正を主張するのに比べて、現行憲法
の有効性自体を認めない方が憲法違反としては重大だしな。


352 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 10:58:29 ID:iG0tMAgl
>>351
>現行憲法の有効性自体を認めない方が

それは単なる手続き論だろう?ゴマカすなよ
それともアンタは現憲法より帝国憲法の方がいいのか?w

353 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 11:08:36 ID:iG0tMAgl
手続き論ってのは、つまり
武力による占領下での憲法成立は国際法にも違反しているから
一旦、旧憲法に戻してそこから正式な手続きを踏んで、っていう主張だった
と思ったが?
まあ”自主憲法”制定の動きはすでに中盤越えてるしな

354 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 11:32:43 ID:iG0tMAgl
>>351
>「不要だ」と主張することも、憲法に定められた「表現の自由」で
>認められているんだけどね。

じゃあ「表現の自由」が「不要だ」とする主張も正当性を得るわけか?www
何のための「表現の自由」だっつーの
このスレを見ればわかるとおり、天皇制廃止論は全く合理性も根拠もなく
ボロボロに論破され尻尾を巻いて逃げて出てこなくなる始末。
非合理な存在なんだから憲法の規定する”日本国民の総意”から
除外適用される、という見方も出来るがな





355 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 12:08:24 ID:???
>>352
手続論だろうが何だろうが、「現行憲法を無効」と言うことに違いはない。

>>353
現行憲法の有効性を認めた上でその改正手続に則って改正すること自体は
何ら問題はない。

>>354
>じゃあ「表現の自由」が「不要だ」とする主張も正当性を得るわけか?www
現行憲法においてはそのような言論も認められる。それが「表現の自由」なのである。

>このスレを見ればわかるとおり、天皇制廃止論は全く合理性も根拠もなく
>ボロボロに論破され尻尾を巻いて逃げて出てこなくなる始末。
廃止論をまともに主張できる人間がここにいないということだろう。

>非合理な存在なんだから憲法の規定する”日本国民の総意”から
>除外適用される、という見方も出来るがな
「日本国民の総意」から除外されるというのは意味不明。
ちなみに、表現の自由が存在する以上、非合理な内容の表現も認められる。
それを認めないのはいわゆる共産主義国家なんかが多いわけだが。

356 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 12:46:07 ID:iG0tMAgl
>>355
>手続論だろうが何だろうが、「現行憲法を無効」と言うことに違いはない。
 じゃあ聞くがアンタは一体何を主張したいんだ?
”改正手続に則って改正すること”って自分で言ってるじゃねーか。
その正式な手順を踏んでないからこそ旧憲法に一旦戻せ、って言う主張と比較し、
憲法停止(無効)を宣言するのは普通クーデターとかを意味し思想的には
180°逆だと思うんですけど?無法思想でつか?

>現行憲法においてはそのような言論も認められる。それが「表現の自由」なのである。
 ハイハイ法学板でやってね。
 ここは 政 治 思 想 板 なんだが?
 思想的に論破されてるのに「表現は自由」だから?
 >>97でも嫁
>廃止論をまともに主張できる人間がここにいないということだろう。
 まともな主張は存在しないだけなんだが?
>「日本国民の総意」から除外されるというのは意味不明。
 天皇制否定で”日本国民”というのは矛盾した存在だが、
 なかには「自分は地球市民」とか宇宙人とか思ってるヤシもいるかもしれん。
 だから非合理的なら除外もありって事よ
>表現の自由が存在する以上、非合理な内容の表現も認められる。
 ハイハイわかりました。
 でもそれは芸術板か電波系でやってくれる?
 ここは 政 治 思 想 板 なんだが?

357 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 14:12:44 ID:nafp+rOx
>>355
>廃止論をまともに主張できる人間がここにいないということだろう。

こんなアホらしい詭弁は久々に聞いたよw


358 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 14:17:06 ID:nafp+rOx
要するに、確実に言える事は

天皇が元首として明記される事が検討されている このご時世
「皇室廃止論」を主張している連中が「とてつもないマイノリティ」であることは
左翼政党の著しい政治勢力退潮を見るまでもなく明らかですな。

その現状を>>350のように表現する事は それほど違和感を感じない。

359 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 14:21:26 ID:???
マジョリティに対してマイノリティが意見表明するのが憲法違反かよw
アフォらしい。違和感を感じないのは頭が悪い証拠。

360 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 14:55:02 ID:nafp+rOx
>マジョリティに対してマイノリティが意見表明するのが憲法違反かよw

俺が、いつどこでそんな事を書いたのかね。
それに>>350には 意見表明が憲法違反とは一言も書いてないね。
まぁ表現は少々過激だが。

己の主張に合わない者を指して「頭が悪い」と片付けて自己欺瞞に浸っているから
左翼の政治勢力は退潮傾向に歯止めがかからないんでしょうなぁ。

361 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 14:58:52 ID:???
サヨの好むフレーズ

「議論が尽くされていない」
→自分たち好みの結論が出ていないという意味

「国民の合意が得られていない」
→自分たちの意見が採用されていないという意味

「内外に様々な波紋を呼んでいる」
→自分たちとその仲間が騒いでいるという意味

「本当の解決策を求める」
→何も具体策はないがとにかく政府等のやり方はダメだという意味

「説明になっていない」
→その解説では都合が悪いという意味・・・・・>>359

「説得力に欠けている」
→説明を理解したくないという意味・・・・・・>>359


362 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:04:34 ID:???
「言論の自由はいらん!」とかいってるウヒョの
ほうが民主主義否定なのはミエミエなのに、
必死に何やってんだろ?

363 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:14:24 ID:???
>>356
>天皇制否定で”日本国民”というのは矛盾した存在だが、

こういうのが一番頭悪いんだよなw

天皇制の賛否と日本国民であるか否かには何の関係もないw
天皇制に賛成しなければ、日本国民ではない、なんてことはないのだから。

「天皇制を否定する日本国民」に、何の矛盾があると言うのかね?


364 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:18:30 ID:???

>>362

>「言論の自由はいらん!」とかいってるウヒョ

そんな奴、どこにいるんだ?


・・・また「ブサヨの脳内」か


365 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:23:57 ID:???

戦後民主主義を肯定するブサヨはオマエか(w

366 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:24:52 ID:???
>>363
>天皇制の賛否と日本国民であるか否かには何の関係もないw

まったく そのとおりだ!ブサヨの言うとおりだ!
でも
>天皇制否定で”日本国民”というのは矛盾した存在だが、
これを「そうとらえるのは摩り替えじみた卑屈」だね。
日本の歴史を重んじる「まともな日本人」なら否定にはならない。
それが証拠に 皇室を否定している連中は「ほとんど日本に存在しない」
選挙結果が それを証明している。

天皇制否定の連中が壊滅寸前のマイノリティだという「厳然たる事実」は見つめようね

367 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:29:33 ID:???
天皇を肯定するということは天皇が大嫌いな
クソブヨ連中を駆除することに賛成ということだなw

368 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:36:07 ID:???
戦前に復古することを望むものも皆無だから
クソウヒョも非国民だな(w

369 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:53:05 ID:???
コイツらって結局、「愛国」「憂国」「保守」とかいってるけど
結局目指してる社会は強権主義・言論弾圧・軍国主義・教条国家の
「北朝鮮」そのものなんだよな。(現に自称保守の議員どもが
やってる「公」とかけ離れた汚職・贈収賄の凄まじいことw)

そのため、すでに絶滅した「サヨク」とやらのレッテルを
やたらめったら自分らに反対する者に貼り付けて黙らせようとする
北朝鮮の「反動」と同じくらい便利な言葉

370 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 15:54:19 ID:???
>ttp://www.asyura.com/2002/bd20/msg/399.html

 これで「憂国の志」とか、冗談と妄想キツすぎるんですけど(藁×1000

371 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 16:21:53 ID:???
>>369
>(現に自称保守の議員どもがやってる「公」とかけ離れた汚職・贈収賄の凄まじいことw)

これをもって北朝鮮と同類とするあたりが「ブサヨの知性の限界」なんだろうな。


>結局目指してる社会は強権主義・言論弾圧・軍国主義・教条国家の
>「北朝鮮」そのものなんだよな。

また「脳内論理」か。北朝鮮と友党関係の政党は・・・たしか社民党だったか。
まったく 困った連中だな。消滅寸前なだけに断末魔が見苦しい。


372 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 16:27:54 ID:???
社民党内に3人労組 「不当解雇」撤回求める 「労働者の味方」困った

 社民党から財政難を理由に解雇を通告された党本部職員三人が
労働組合「SDP(社会民主党)ユニオン」を結成し、「不当解雇だ」として
福島瑞穂党首に団体交渉を申し入れていることが十五日、明らかになった。
「労働者の味方」を旗印にしてきた政党内に労組が旗揚げされ、
労使交渉を要求されるという前代未聞の事態に執行部は頭を抱えている。

 「SDPユニオン」は十二日に結成され、連合傘下の連合東京に加盟した。
党本部が二月にメンバーの三人の職員に対して
今月三十一日付の解雇を通告したことについて、
組合は設立趣意書で「整理解雇基準に公正な適用がなく、
職員との十分な話し合いも行われていない」と指摘している。

 十八日に行うように申し入れている団体交渉では、
解雇の撤回を強く迫るほか、党本部内に事務所を設置することや
党との間で労働協約を締結することなども要求していく方針。
党側が団体交渉を拒否した場合、法的措置も辞さない構えだ。

 党側は「『労働者の党』として無視はできない」と困惑しているが、
党内には「解雇通告した職員は仕事もろくにしないで、
いつも権利ばかり主張してきた」(幹部)と嘆き節も漏れている。 (産経新聞)

livedoorニュース http://news.livedoor.com/ 2005/03/16 03:06
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1033666/detail

(関連スレ)
【リストラ】社民党、整理解雇実施へ 退職勧奨不調で大ナタ
(dat落ち)http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1108685624/

373 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 16:39:51 ID:???
>>372


>仕事もろくにしないで、 いつも権利ばかり主張してきた
>仕事もろくにしないで、 いつも権利ばかり主張してきた
>仕事もろくにしないで、 いつも権利ばかり主張してきた




(ノ∀`)ブサヨ アチャー

374 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 18:26:51 ID:Hyn3sjpw
>>363
>「天皇制を否定する日本国民」に、何の矛盾があると言うのかね?

おおありだよ。
まず憲法第一条を声出して読んでみそ


375 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 19:41:47 ID:Hyn3sjpw
>>363はまず>>350に反論するこったな

376 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/03/21(月) 19:52:01 ID:???
>>374
> まず憲法第一条を声出して読んでみそ

大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス

377 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 21:14:23 ID:???
>>376
オマイ、若いクセして60年遅れてるなw

378 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 21:24:28 ID:Hyn3sjpw
>>376
>>351はそれを支持しているようだ

379 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 23:56:33 ID:???
>>376
とりあえず報靖會は、1条だけでなく1章丸ごと読んで理解しとけ。

380 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 22:43:13 ID:???
テンノウセイ反対のサヨクさんに質問

テンノウセイ廃止の実行のとき
天皇家の方々の処遇は?
1、ロシア式  2、国外追放 3、一般国民  4、その他

381 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 22:46:41 ID:???
>>380で言っている「ロシア式」とは何ぞや?

382 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 22:56:44 ID:nyyu3nr9
>>359
>マジョリティに対してマイノリティが意見表明するのが憲法違反かよw

天皇制廃止論者を「マイノリティ」とは言わないだろw

383 :憲法:2005/03/22(火) 23:10:29 ID:???
日本国民の総意に基づく=(廃止派→外人)

 です。

384 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 23:48:24 ID:???
憲法改定が必要なわけだが思案もなしかい

ロシア皇帝一家は惨殺されたよ

385 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 00:28:04 ID:???
テンノウセイ廃止論者で意見が貫徹したひといない予感

386 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 02:00:08 ID:/CcUWLy3
>>383 日本国民の総意にもとづく廃止 =もろ実現性なさそうな意見ですね
それに憲法改正も必要になります。 天皇家周辺をどこまで外人にするかですが、どこの外人にするんですか?居住地は?

その作業は強制的に?天皇家の方々の人権は?

387 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 06:21:14 ID:DBau/o+g
独り狂ったような電波を発する半導体コテハンが居ないだけでも
このスレはまともだな

388 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 12:25:44 ID:dDocN4TN
SーRAMか

389 :あれれのれ:2005/03/23(水) 12:37:10 ID:Tmd0J7zm
日本で基本的人権が無いのは、天皇一族だけです。
天皇こそは、日本が反民主主義であることの象徴であります。
天皇に自由と、人権を。
皇居の牢獄から解き放て。全ての日本国民に自由を。

と言うのはどうでしょうか。

390 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 12:47:33 ID:8HsIk0eE
 紀宮さま ご結婚第一報予定日 :新潟中越地震        2004/10/23
 紀宮さま 延期後の予定日B   :高松宮妃喜久子さま死去 2004/12/18
 紀宮さま 黒田氏のご結婚会見 :スマトラ地震         2004/12/26
 紀宮さま 納采の儀         :九州北部地震        2005/3/20


微妙にスレ違いかもしれないんですけど、
紀宮さまはもう本番の結婚したんですか?それとも、納采の儀が結婚式ということなんでしょうか?

結婚式がこれからということだったら((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

391 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 00:18:46 ID:Pw/L56d6
>>389
オマイはバカか?
「基本的人権が無い」とか「反民主主義」とか思い込んでいるのは
オマイ一人だけだろ?
それが普遍的な価値観なら、何故世界で最も”人権”に敏感な
EU加盟国に立憲君主国がゴロゴロあって「国際人道法」だの作ってるんだ?
説明してみろよ
何を根拠に”基本的人権”だと”反民主主義”だのほざいてるのやらw
世界の笑いものになるからもうその辺で止めて退散したほうがいいよ。
制服は人権侵害だとか訴えて笑いものになった女子高生並みのオツムだな

392 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 08:01:17 ID:???
>>391
>「基本的人権が無い」とか「反民主主義」とか思い込んでいるのは
>オマイ一人だけだろ?
人数の問題じゃないだろw
ってか、法学じゃ国が認める国民が享受する基本的人権例外の対象として、天皇と外国人居住者が
挙げられるっての当たり前なんだが、アンタの脳内では違うみたいだなw
>>389の「人権がない」ってのは言い過ぎだが、人権が制限されてるのは間違いないよな。

393 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 08:18:15 ID:KiZCRUTL
そうだな

394 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 13:53:52 ID:2ufD3pns
>>392
立場が違えば、人権も変わる。
天皇と国民も人権が違っていて当然。外国人・未成年・禁治産者もな。

天皇が人権について何かご要望があれば、その時は真剣に考慮すべきだが、
そうでもないのに勝手に天皇の地位を奪うなどもってのほか。
それこそ人権を無視した横暴だろうw


395 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 15:13:11 ID:iMTQArUc
>>394
ただ、天皇制や皇族には国が家柄などの身分的要因で人を差別化して
しまう、という問題はあるんだよね。国内において、こうした国によ
る公的な身分の差別化を維持すべきか、という点は考えてみる必要が
ある。
今の憲法では、こうした国による身分の差別化は原則禁止とし天皇制
が唯一の例外(典型的な門地による差別で天皇制のような例外規定も
ない皇族は、憲法上問題がありか)になっているわけだけど、本当に
この例外的な公的身分制度は維持していくべきなのか、という点をね。

天皇は、自身のこうした差別化に関して「ご要望」などとても言えな
い立場でもあるし。


396 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 19:03:37 ID:MKsueOCS
>>395
「差別」には差別によって不利益を蒙る被害者がいる。
天皇制には差別による被害者はいない。
むしろ歴史的に見ると、一君万民の考え方には差別を無くす働きがある。
日本は天皇を戴くことで、世界でも稀に見る均質な社会を築くことができた。
国民の大多数は、サヨク的理念から来る「完全な平等」など望んではいない。


397 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 19:12:21 ID:???
皇太子妃や皇后はある意味被害者。

398 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 19:48:34 ID:EcOsaT8T
天皇制は止めるべき天皇は民族の象徴だし
立憲君主制は近代国家には合わない

399 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 19:51:13 ID:EcOsaT8T
学校教育に歴史教科は不要、やりたきゃ民族学校にでも通え。
天皇は一般人として神道の教祖にでもなれ。

400 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 19:55:05 ID:EcOsaT8T
国号日本は廃止、日の丸君が代も廃止。


401 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 20:03:11 ID:0/X0mTBy
感情共同体?んなもん、うぜえんだよコラ。
そんなもん50年前に終わった話だ、擦り寄るんじゃねえよゴミ虫。
伝統?慣習?そんなものなんにも役に立たん、金、金、金、金が総て
自由と制度的平等が守られれば国家による天皇制などに興味は無い。

402 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 20:05:11 ID:0/X0mTBy
天皇が税金で飼われている時点で日本は差別国家だなぁ。
恥ずかしいよコリャ、外国の視線って感じたことないのかコラ?

403 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 20:09:31 ID:0/X0mTBy
金も貰ってないのに何でお前等に同意しなくちゃなんねえんだよ?
正義?論理?んなもん犬にでもくれてやれ夜警国家ほど素晴らしいものは無い。


404 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 20:17:29 ID:0/X0mTBy
まあ日本人のモラルとかを国籍に持ち込まないでくれっちゅうこっちゃ。
やりたきゃ宗教でも作って勝手にやってろ、負け犬ども

405 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 22:20:48 ID:Ys8L9P3Q
>>401
感情共同体か。うまいこと言うね。
日本は、感情共同体で、価値観共同体で、運命共同体だな。
金がすべてというのは、お隣の国の価値観だよなあ。


406 :ふざけた奴:2005/03/24(木) 22:27:28 ID:jYkoAid3
>>401 金が欲しかったら、反日行為なんてしてもしょうがないだろ、
国が豊かに成らないと、皆にお金が回って来ないんだから。

407 :右翼は民主主義の敵:2005/03/24(木) 22:32:06 ID:doF6AVAI
■幹部相手に堂々一人必殺なら可-テロ容認の3kつぶせ■
 ここで「まだお灸がたりない」とかくと再び物議を醸しかねないが
「お灸をすゑる」つもりで銃撃した側にすれば、そんな気持ちかの知れない、
といらぬ忖度のひとつもしてみたくなる。といっても、筆者はこの襲撃を弁護
するような気持ちはまったくない。その襲撃の態様に不快感を覚えるからだ。
理由は@覆面姿であったことA(至近距離から)散弾銃を使用したことB編集
の責任者ではなく平の記者を狙ったこと等である。これは正々堂々と正攻法で
一人一殺を実行してきた日本右翼の行動とはことなり、むしろ左翼テロリスト
のそれを暗示させるものがあるようにおもふ。ここには右翼特有の大悲の精神
に発する捨て身の行動といふ趣とは違う陰湿な左翼テロに近似したものが感じ
られる。犯人像は右翼的主張と左翼的行動形態の交点にもとめられるべきであ
らう。
 朝日はしきりに小尻記者が殺されたことへの怒りと悲しみを書くが、その
割には再び犠牲を出すまいとの気持ちが感じられず、相変わらず偏向報道に
ご執心のやうだ。若い第一線の記者の死を心から哀悼し、再発防止に襟を正
すどころか、編集幹部は再び平記者の身に危険を及ぼしかねない偏向論説や
記事を、厳重に警備された安全な論説委員室のなかでせつせと書きつづけて
ゐる・・・・・・以下略 
(正論 20002 7 NHKウオッチング 中村アキラ)


408 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 23:44:11 ID:/OvFz9d2
>>392
>人数の問題じゃないだろw
>法学じゃ 

オマイはどうせ逃げて消えた>>355だろw
何を根拠に”基本的人権”とかほざいてるんだ?憲法じゃないのか?
で、”法学”とやらは”人権が制限されてる”(*解釈の一つに過ぎない)
ので天皇制は違憲だ、とでも主張しているのか?
やたら「法学法学」言って法律論を展開したいのならソースぐらい貼れよw
有識者がどのように法解釈してるかな

409 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 01:34:21 ID:???
>衆参両院にて賀詞を奉呈する決議が”全会一致”で可決されている事実

まあ皇室解体論者は、ひとりでも、これに反対する国会議員を出現させなさい。瞬間的には数人達成できるかも
それだけで終わるけど・・・・・・・がんば・・・・・・・むなしい夢にかんぱい
 

410 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 07:54:41 ID:sPbTN8ZE
表現の自由を不要とするのも自由だの、

非合理な内容の表現も認められる、だの

”法学”オタクは永遠に好きなだけやってなさいって感じw
そんな意味無いこと延々と並べるヤシは相当なヒマ人しか思えん。
しかも法の手続きとか肝心な話でツッこまれるとあわくって逃げ出す。
オタクですらないな

411 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 09:36:14 ID:???
>>408
>オマイはどうせ逃げて消えた>>355だろw
残念でした、違うよ。

>で、”法学”とやらは”人権が制限されてる”(*解釈の一つに過ぎない)
>ので天皇制は違憲だ、とでも主張しているのか?
別人なのでしてないけど何か?
ってか、日本国民が享受すべき基本的人権を天皇は満たしてないからね。

>やたら「法学法学」言って法律論を展開したいのならソースぐらい貼れよw
反論の材料なら相手に要求しないで、自分で用意しなよw

412 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 10:51:39 ID:7Z0/8WVH
余計なおせっかいはもういいから、(人権外の?)外人の心配でもしとけw

413 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 11:15:53 ID:VXNc/pHP
大体、「国民の権利」と「人権」を混同してる時点で痛すぎ。天皇制に反対する理由なんてないじゃん

414 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 12:19:13 ID:???
>>413
誰が混同してるって?>>391>>408みたいに
法的根拠も知らずに騒いでいる馬鹿のことか?

415 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 13:00:55 ID:VXNc/pHP
で、天皇と外国人には基本的人権を保証しない法的根拠っていつ出てくるの?

416 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 14:13:41 ID:m3vHZEfU
>>415
基本的人権を保証しないのではなく、適用される範囲が違うんだろ。
外国人でも、単なる旅行者と永住外国人では違って当然。


417 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 14:27:59 ID:Zs6Kaec+
外国人にも、基本的人権が少ししか適用されないグループと全面的に適用されるグループがあるとは初耳。しかも法学の世界では当たり前とか

418 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 15:06:53 ID:bX7R5i3n
>>416
>基本的人権を保証しないのではなく、適用される範囲が違うんだろ。
>外国人でも、単なる旅行者と永住外国人では違って当然。

その(法的)根拠を教えて!ぜひ!ぜひ!

419 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 15:41:59 ID:???
ttp://www.gyosei-i.jp/page028.html#tenno
外国人の人権について、
「憲法第三章の諸規定による基本的人権の保障は、権利の性質上日本国民のみを
その対象としていると解されるものを除き、わが国に在留する外国人に対しても
等しく及ぶものと解すべきであり」という判例がある。

天皇については地裁レベルだが、「人権享有主体である」とする判決がある。


420 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 16:02:04 ID:Di2PwIQG
>>417-419
それはマクリーン事件の最高裁判例だが、その続きがあるね。
「しかし、外国人に対する憲法の基本的人権の保障は、
外国人在留制度のわく内で与えられているにすぎないものと解するのが相当であって、(後略)」



421 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 16:19:12 ID:Di2PwIQG
最近、永住外国人に地方参政権を認めるかどうかが議論になっているが、
永住者だけでなく旅行者にも等しく認めるべきと主張するものはいないね。
常識から言っても、適用される範囲が違って当然だよな。


422 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 16:23:33 ID:73x9MCF1
世界に国々が存在する限り
日本も国として存在せねばならない
国として存在する国々はアイデンティティーを模索する
日本は天皇。天皇さえあれば後はなんでも有りだ。
自由の幅は広い。
自国の文化に固執したり他国を敵視したり戦争で国のアイデンティティーを
鼓舞する必要がない

423 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 16:30:09 ID:Di2PwIQG
>>419
天皇にも人権保障は及ぶが、天皇の地位の特殊性から、参政権や婚姻の自由、
財産権などについて特別な制約を受ける。

最高裁判例(平成1.11.20) 
天皇は日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴であることに 鑑み、天皇に
は民事裁判権は及ばない。(天皇を被告とした訴えを却下する)


424 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 17:12:11 ID:Di2PwIQG
つまり、基本的人権というのは人類普遍の原理ではなくて、
時代や立場によって変化する人間社会のお約束なんだな。
厨房にはちょっと早いかも知れんがw


425 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 20:37:17 ID:???
>>423
問題は、身分的要因でそうした特殊性を設けるべきか、という点だね。
なぜ特殊性を付与し、例外としなければならないのか。

特に婚姻などの身分的自由や社会的自由に関しては、慎重になる必要
がある。


426 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 21:00:33 ID:DsUk/Lzr
>>421
>最近、永住外国人に地方参政権を認めるかどうかが議論になっているが、
>永住者だけでなく旅行者にも等しく認めるべきと主張するものはいないね。
>常識から言っても、適用される範囲が違って当然だよな。

法学の世界じゃ参政権って「基本的人権」なのか?って話なんだが・・・
オレの知ってる”人権”は”人間”として生まれながらに持っている権利
(世界万国共通の概念)
これが人間の種類のよって適用範囲が違う、なんていったら極端な話アパルト
ヘイト(人種隔離政策)と変わらない、人権にうるさい欧米の経済制裁
対象に日本がなりそうな話なんだがw

それで法学では、人によって基本的人権の適用に差をつけるって解釈がある
のなら”法的根拠”(判例、法学権威の解釈)を教えて、って言ってるのよ。

427 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 21:18:45 ID:???
>>421
>永住者だけでなく旅行者にも等しく認めるべきと主張するものはいないね。

これが「人権」の話と何の関係があるのか知らんが、旅行者はそもそも
「住民」じゃないんだから、地方参政権など与えようがない。というか、
旅行先で参政権もらって無責任(すぐにまたその地を離れるのだから、
投票の結果に利害関係を持たない)な投票してどうするw


428 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 23:09:48 ID:DsUk/Lzr
問題を整理すると、
在日外国人に、参政権や職業選択に制限があるのは当たり前って
いうのが常識だと思うんだけど・・・

そもそも天皇にはそれが無いから基本的人権が無いだの適用範囲が違うだの、
でもそれって「基本的人権」とは違うだろw
ネガティブな言い回しで誘導しようとする意図が透けて見える。

429 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 23:17:03 ID:???
>>428
むちゃくちゃな「整理」で誘導しようってわけねw

在日外国人の参政権や職業選択は「当たり前って常識」がないから、
これだけあちこちで議論になっているんだよ。あと、天皇や皇族は
国が「国内に」身分的な差別を作り出すものだから、「在日外国人
に制限があるから、天皇にも」というのはおかしい。


430 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 23:49:38 ID:DsUk/Lzr
>>429
>在日外国人の参政権や職業選択は「当たり前って常識」がないから、
>これだけあちこちで議論になっているんだよ

”「当たり前って常識」がない”のはアンタだけだろうw
多民族国家アメリカだって外国人に参政権を与えてなんていないぞw
ちなみに外国人が国家公務員になれないのも当然すぎる理由があってのこと。
在日韓国朝鮮人は過去の経緯を踏まえての”特別枠”扱いだから議論に
なってるだけの話。
在日外国人全体を対象にした議論があちこちであるなんて事実はありませんが、何か?

431 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 23:56:13 ID:DsUk/Lzr
>「在日外国人に制限があるから、天皇にも」というのはおかしい。

誰もそんなこと言ってないんだが・・・
要は天皇と在日外国人にあたかも基本的人権がないみたいな言い回しは
明らかに変、って事だろーに。
”国民固有の権利”の適用範囲外、ってなら充分過ぎる理由があっての事だから
おかしくはないがね。

432 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 02:09:35 ID:0kloUIF6
>>426
それは、すでに上のマクリーン事件の最高裁判例にあるだろ。

「基本的人権の保障は、権利の性質上日本国民のみをその対象としていると解されるものを除き、」
つまり、基本的人権の中には、日本国民のみを対象としているものがある。

「外国人に対する憲法の基本的人権の保障は、外国人在留制度のわく内で与えられているにすぎない」
つまり、外国人の基本的人権は、日本国民と同じではない。適用範囲が違うのよ。


433 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 09:01:58 ID:RGkhPngK
>>432
なんか都合のいい部分だけ摘出し、都合の悪い部分は省略してるように見えるのは
気のせいか?
外国人にも憲法の基本的人権保障の規定が適用されるのが定説みたいだが?
ttp://homepage3.nifty.com/e-seminar/prec01.htm*【解説】参照

基本的人権の保障は、
「日本国民のみをその対象としていると解されるもの(つまり国民主権)を除き」
「わが国に在留する外国人に対しても”等しく”及ぶものと解すべきである」

>>420には続きがあるね。
「在留の許否を決する国の裁量を拘束するまでの保障、すなわち、在留期間中の憲法の
基本的人権の保障を受ける行為を在留期間の更新の際に消極的な事情としてしんしゃく
されないことまでの保障が与えられているものと解することはできない。」

434 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 10:37:43 ID:r2HARQPL
要するに、外国人の滞日期間延長を認める認めないは国の裁量、って最高裁が言ってるだけじゃないの?

何が人権を侵害しているのかよくわからん




435 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 14:35:59 ID:Xspeh+VL
>>433-434
最高裁判例によると、外国人は次の基本的人権については保障されない。
(a) 入国の自由
(b) 参政権
(c)在留の権利や在留期間の更新の権利は保障されない。

これらは日本国民には保障されているから、やはり外国人とは違うじゃん。
都合のいい部分だけ摘出したというより、主張の根拠になる部分を摘出したんだろ。

立場によって基本的人権は異なるで、OK?


436 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 15:38:24 ID:r1zxVrjH
法学では「基本的人権」の定義って何なの?

437 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 16:48:37 ID:gGS1tWQE
>>435
>立場によって基本的人権は異なるで、OK?

そう、まさに「立場によって基本的人権は異なる」。
それが理解できない反皇室厨房が問題なんだよな

438 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 18:58:20 ID:gGS1tWQE
で、天皇と在日外国人は基本的人権になんか問題でも抱えてるの?

法学的には「立場上異なる」事が証明されたってだけみたいだけど

439 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 19:10:09 ID:???
この場合は悪平等主義やら 政教分離でいうとこの教条主義(極端な政教分離)はとっくにノーでしょう。

国民主権の観点でいえば外国人は国民じゃないし、違う処遇が当然、ビジターの処遇でいいんだし
皇室は、国民という主権者が、立憲君主制というメジャーな体制を国会全会一致で承認してるあいだは正当性あるってこったね

かわりものが意見をいうのは自由だよw 今後も実を結ぶことはないけどw

440 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 19:27:29 ID:???
>>437
だから、その立場をなぜ差別化するか、という問題なんだよ。
「国内の家柄」で差別化してよいのか、というね。


441 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 20:03:26 ID:WmnTDrfd
>>440
差別はしていない。区別だろ?


442 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 20:05:04 ID:gGS1tWQE
>>440
>だから、その立場をなぜ差別化するか、という問題なんだよ。
>「国内の家柄」で差別化してよいのか、というね。

元首格なんだから当然だろ
アメリカだって昔からケネディ一族の動向に国民が関心寄せるのは有名だし
別に法で定めていようがいまいが関係ないじゃん。
ブッシュ二世だって能力で大統領に当選したってより家柄だろ、どう見たって。
知名度で老いも若きも通用するのは結局”家柄”って事じゃないの?

443 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 20:12:37 ID:gGS1tWQE
あと”差別”って表現は不適当だね

444 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 21:03:48 ID:???
サヨクとはサヨク内に共有される理想の国マルクス理論国に、合致しない邪魔ものの皇室を取り除くことが第一なんだよな
さすがに皇族を国外退去とはいわないがw本音はあれでもさw 一般人化した皇族が総理大臣に立候補したときはどうするかとか
まったく答えられていない。総理になっても一般人になったあとならいいとか頭大丈夫か?
そんなの皇室支持者のほうが不安だあってのw だいたい立憲君主制とは共和制の歴史が古いイギリスが
法治国家や共和制の実を持ちながら、国民統合の権威と精神支柱を得るためにあみ出した
国民中心の家柄に名誉と尊厳だけ残して、共和部分は王室皇室から剥奪する皇室機能分離体制なんだぜ
ロシア式のように皇室関係者抹殺ならともか(とんでもないがマルクス化一方法)、一般人化なんて正気か?


445 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 21:54:55 ID:gGS1tWQE
「家柄」っていうと封建的で否定的なイメージを抱く人がいるみたいだけど、
自由経済の企業でも創業者一族の求心力がモノを言うのは知られざる事実だし。

まして施政能力とは無関係な象徴的元首だったら国民誰もが知っている名門の家柄で
決まりでいいと思うけど

446 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 06:28:45 ID:beHqEHJi
北欧の立憲君主国とか歴史的にみて安定しているようだし
国民が幸せならいいと思うけどな

447 :440:2005/03/27(日) 09:11:46 ID:???
私は別に「家柄」自体に否定的なんじゃないんだよ。「国が公的な制度」
として、家柄の差別化を行うのはおかしい、ということ。

>>442
>アメリカだって昔からケネディ一族の動向に国民が関心寄せるのは有名だし
>別に法で定めていようがいまいが関係ないじゃん。

いや、あるよ。というか、「法で」そうした家柄の意味づけを行い固定化
するのが天皇制の最大の問題なんだから。

そもそも、国民がある家系に関心を寄せその結果そる家柄の者が多く元首
に選ばれる、というのと王制のように「家柄で」元首を決める、というの
では、まったく意味が違うからね。前者は国民によって選ばれる元首にな
るが、後者はそうではなくなる。
そして、家柄によって象徴を規定する、ということは自分たちの国は人を
その家柄によって差別化する国である、という自己規定にもなるんだよ。

私は、日本にもいわゆる象徴大統領的な元首をおくことになって、その
選出に国民の直接・間接の決定があれば(直接選挙や国会、あるいは国会
が定める機関による選出など)、結果的に天皇家がその地位を独占する
状態になっても別によいと思うしね。それが天皇制のように「法で」家柄
による規定を行った結果でなければ。

>>445
>自由経済の企業でも創業者一族の求心力がモノを言うのは知られざる事実だし。

そうだよ。そして、それは別に問題ない。その家系の者が自由な経済活動
の中で努力し、消費者や社会の支持を受けているならね。ただし、それを
「国が」やると、国が特定の家柄の者にその家柄ゆえに身分的特権や制約
の付与や社会的地位の指定などを行うようになると、それはもはや自由な
経済活動の結果とは言えなくなるな。


448 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 09:21:32 ID:???
>>442
>元首格なんだから当然だろ
>アメリカだって昔からケネディ一族の動向に国民が関心寄せるのは有名だし
その家柄を国が規定して、実質的にその地位から離脱することも困難なのが問題なんだよ。
名家の家系であっても基本的には国から人権保障がなされているわけで、
皇族とは立ち位置が根本的に違う。

449 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 13:01:52 ID:h2MnS2OD
>>447
大統領を選挙で選ぼうが、天皇を国民の総意で戴こうが、国民がそうしたいという点で同じだろ。
全然おかしくないよ。それに「差別」じゃないし。
キミは、家柄で元首を決めるのは良くないという先入観念にとらわれているんだよ。



450 :◆r0FmiN9ADk :2005/03/27(日) 13:13:48 ID:???
というか、無権能であるということは「何も公約できない」わけで
選挙が成立しないでしょう。(少なくとも現職は何も言えない罠)

451 :440:2005/03/27(日) 13:28:13 ID:???
>>449
>大統領を選挙で選ぼうが、天皇を国民の総意で戴こうが、国民がそうしたいという点で同じだろ。
>全然おかしくないよ。

形式は、まったく違うんだよ。
選挙や国会の選出、という形式だと、それは国民によって選出される、と
いう意味になるけど、「法で」家柄を指定するよう定めてしまうと、それ
は国民によって、ではなく、家柄によって身分的に決められる、という
ことになってしまう。
そして、それは国がそうした身分的な差別化を国内において行う、という
文字通りの象徴になってしまうからね。

あと、国が家柄によって差別化を行う、というのは、これまで多くの問題
を残してきたからこそ、現在の憲法でも天皇制という例外を除いて禁止さ
れているわけだよね。家柄によって国から社会的な地位を規定されたり、
婚姻などの身分的自由、経済的・社会的自由に特例や制約を受ける。私は、
自分たちの社会の中にそうした制度(天皇制・皇族)があるという現実を
残念に思うし、国がそうしたことを行うのはやめるべきだ、と思っている
から、「天皇制のような国による家柄の差別化」はすべきではない、と
言っているんだよ。
あと、差別化、というのは、(いわゆる「〜差別」という制約的側面だけ
でなく)通常の意味での「差別化」という意味だよ。他と差をつける、と
いう一般的な意味のね。

まあ、天皇・皇族の場合は家柄によって国から各種の社会的・身分的制約
を課され、「身分差別」を受けているわけでもあるがw


452 :440:2005/03/27(日) 13:38:09 ID:???
>>450
天皇制に代わるものとして象徴大統領制のようなものを定め、その
地位を象徴として規定する、という意味づけを行うのであれば国民
が「自らの象徴を選ぶ」という選挙は成立するだろうけど、まあ
国会などが選出する機関を作ってもよいかもしれんね。

形式としては、立候補→選挙というよりは推薦→就任要請という形
のほうがよいかもしれんし。


453 :◆r0FmiN9ADk :2005/03/27(日) 15:06:23 ID:???
>>452
プッ!www

454 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 16:22:59 ID:???
>>453
つまらん煽りしかできないなら、自分の巣に帰れよ。

455 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 16:25:22 ID:???
れってこんな香具師だからな。

312 名前:れ ◆r0FmiN9ADk メェル:sage 投稿日:2005/03/27(日) 09:12:54 ID:???
>>306
まぁ、自分が参加していたスレが運営に余ってスレストされたことがあっても
其れを気にもせず、あちこちで書くというような無節操ではない。
したがって、天皇関係はここ以外には基本的に(おちょくりや煽り以外では)
当分顔をださない。

     ↑
おちょくりに来てるのかよw

456 :◆r0FmiN9ADk :2005/03/27(日) 16:53:14 ID:???
あおりと客引きです。(思ったとおりの反応でとってもうれピーw)

文句があるなら【教えて】皇室の存在意義【下さい】part33
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1110221723/l50
までお越しください。w


457 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 17:19:14 ID:???
もう、れを相手にするのはやめようよ。
保守系論客にも見放されているんだしさ。


458 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 18:23:39 ID:JWzNVS/O
>>457
相手にしてるのはラムだけで十分だね

459 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 21:17:56 ID:bKvexhAJ
>>451
>「法で」そうした家柄の意味づけを行い固定化するのが天皇制の最大の問題

その「法」は、主権者である日本国民が自ら選択し決定したもの。
つまり天皇制は、日本国民が自分たちで自由に選んだ結果なんだよ。
だから、民主主義の観点からも無問題。

それから、「差別」という言葉には最初からすでに負の価値観が含まれているから、
議論の場では「区別」というべき。


460 :440:2005/03/27(日) 21:29:52 ID:???
>>459
>その「法」は、主権者である日本国民が自ら選択し決定したもの。
>つまり天皇制は、日本国民が自分たちで自由に選んだ結果なんだよ。

そう、だからそうしたことはやめるべきだ、といっているんだよ。
もう国の中で国による家柄の差別化、身分制度は国民自身の手でなく
すべきだ、とね。あと、差別化という言葉自体には一般に負の意味は
ない(むしろ最近は、プラスの意味で使われる傾向にある)。まあ、
天皇制・皇族制度は、婚姻をはじめかなり根本的な部分で身分的制約
を課す以上、負の意味での「身分差別」という表現も当てはまるがw

>だから、民主主義の観点からも無問題。

そして、それを変えるよう主張するのも無問題。


461 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 21:30:53 ID:???
>>459
ということは、民主的な手続きに則って法を制定しさえすれば
どんな法律も問題ないのか?
例えば、「黒人差別法」なんて法律もいいのか。
(実際には、日本国憲法に明白に抵触するからこんな法律ができることは
ないだろうが)

462 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 22:41:04 ID:Siy8wrBb
>>452
具体的な話になるとナンセンスだろう。
まず誰を推薦するか、で政党間で意見の対立があると考える方が自然。
結局、多数派与党の意向に沿った人物が”推薦”されるだけで、国会内選挙と変わらない。
それは”政治的中立”という一点で致命的だろ。
国会議員は保守的であれ革新的であれ何らかの政治的立場を表明している。
対立候補、対立陣営が相争うのが議会制民主主義というもの。
自分が反感を持つ議員というのは必ずいるだろう(その支持者も当然いる)
対立陣営が存在するのに”国民統合の象徴”にはなりえんだろ?
そもそも象徴的元首の”大統領”って立憲君主制のパクリだし
本家が真似する必要性なんて全然無いと思うね。違う?
”就任要請”を受けた人物が辞退する可能性も十分考えられる(憲法に定められてる
仕事だけでも相当な重責だし、人格者ほど謙遜するもん)
元首引き受け手がたらいまわしみたいなことになれば国と国民のメンツは丸つぶれ、
社民の都知事候補レベルならいいけどさw

463 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:02:29 ID:vpNN4weM
>>461
皇室制度を”差別”と認識するのは電波と言っても過言じゃないよw
「差別」というのは広範囲な社会的合意があって成立するもので個人が決めるもんじゃない。
例えばイスラム社会に向かって「女性差別」だと非難したところで、当のイスラム女性が
差別だと認識してなければ権威主義的な価値観の押し売りに過ぎない。
アメリカ人旅行者がカナダ人になりすますなんて話も聞くけど、立憲君主制が「差別」なんて
認識が国際的な価値観でもないのは明らか。
日本でTV、新聞、雑誌をどう見ても皇室制度が「差別」なんて社会的認識は微塵も存在していない。
だから一人「差別」と叫んでも非合理的なだけなのです。


464 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:32:49 ID:zPEqWcnE
>>460-461
>国による家柄の差別化、身分制度は国民自身の手でなくすべきだ

それがわかんないんだよね。
なんで?自分たちが一番良いと思って選んだ制度なのに、って感じ。

「黒人差別法」なんてありえないが、当の黒人がそれを望み、社会的にも被害がないなら
やはり無問題だ罠。


465 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:33:10 ID:???
>>463
ただ、天皇制の場合「自分たちの社会内部」に、一般的な「社会的認識」
では、差別としか言いようがない形(「日本国」による公的な身分制的
制約)で存在しているんだよね。そして、その対象者である天皇には、
自分自身の扱いに関する発言権がない。

外国のような外部の社会に外部からの価値観でどうこう言うんではなく、
自分たちの社会内部にある制度だから、果たして自分たちの社会にふさ
わしいものなのか、自分たちの問題として考えていく必要はあるんだよ。


466 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:39:45 ID:???
>>465
>「黒人差別法」なんてありえないが、当の黒人がそれを望み、社会的にも被害がないなら
>やはり無問題だ罠。

この辺りは問題とする(反対する)人もいるだろうね。
国が差別を行う、ということは「自分たち」が差別を行う、ということ
だから。そのような差別はすべきでない、と思う人なら、社会的な被害
がない(ということは実際にはまずありえないだろうが)としても、
自分たちの国がそうした差別を行うことに反対するんじゃないかな。


467 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:41:27 ID:???
>>466
間違えた
>>465>>464

468 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:47:14 ID:1fBcD57V
差別ってのは、対象となる人たちの声を封じてしまう側面もあるからね。
差別されている人たちが、その差別を受け入れているか、望んでいるか、なんて本人以外には誰にもわからないだろうな……。

まして、それが子孫にまで及ぶとなると……。


469 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:51:15 ID:zPEqWcnE
>>466
おいおい、あなたの用語法では「差別」にはむしろプラスの意味があるんじゃなかった?
だから俺は「黒人区別法」と読み替えて、例えば公共の場で黒人に正座を強いてはならない、
というようなことを想定したんだよ。
どこが問題なんだい?


470 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 00:00:21 ID:zPEqWcnE
>>468
本来の「差別」の意味なら、そうだろうね。
で、天皇制は差別じゃないから。


471 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 00:09:44 ID:rqJb6VtY
>>465
>自分たちの社会内部にある制度だから、果たして自分たちの社会にふさ
>わしいものなのか、自分たちの問題として考えていく必要はあるんだよ。

”自分”ではなく”自分たち”と表現するところが電波臭いのです。
ニーチェの如くニヒリズムに満ちた叫びなら反対でも感銘は受けましょう。
ところで自分の家族、親族や職場の仲間たちとは、当然その立派な社会正義
実現について話し合われているんでしょうね?”自分たち”の問題として




472 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 06:11:59 ID:gXWEBg9K
>>465
>ただ、天皇制の場合「自分たちの社会内部」に、一般的な「社会的認識」
>では、差別としか言いようがない形(「日本国」による公的な身分制的
>制約)で存在しているんだよね

だから日本社会で、皇室制度を”差別”だと思い込んでいるのはアナタ一人だけ
なので”差別”ではないのです。
廻りの(生身の)人間に一度聞いてごらんなさい。

473 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 07:13:13 ID:538Oz72f
>>470
>で、天皇制は差別じゃないから。

天皇は現に婚姻や財産権などで文字通りの意味で差別(身分的に
不利益な扱いを受ける身分差別)をされているんだよ。そして、
天皇にはその状態に関する発言権はない。

まさに差別され、発言を封じられてしまっている状態。


474 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 07:23:15 ID:538Oz72f
>>469
>だから俺は「黒人区別法」と読み替えて、例えば公共の場で黒人に正座を強いてはならない、
>というようなことを想定したんだよ。

こんなむちゃくちゃな法律は、社会に不利益な人種差別そのもの
だろうにw こんな規定を「黒人に」規定するなら(黒人を区別
し限定的に強制を否定するのなら)、黒人以外は公共の場で正座
を強制される、ということになるだから。

こんなのは、むちゃくちゃな人種差別法だw

正座を強制されない、という法律を制定するなら「何人も」とし、
特定人種以外に対する「人種差別」法とすべきじゃないんだよ。


475 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 08:01:08 ID:???
法律で特定の対象者を差別化(制約や特権の付与など特例的に扱うこと)
するのなら、なぜその必要があるのか、そしてその差別化は法律で規定
し、公的な制度として行うべき性質のものなのか、慎重に検討しないと
いけないんだよ。

特に、身分(家柄や姻戚関係)や人種のような悲劇的な差別政策が横行
してきたような要因は注意しないといけない。身分や人種により差別化
しないといけないような必要性なんて、まずないはずだからね。
国が国民の権利を規定し、その権利を保障するための差別化を規定する
のなら、まず何人もある条件を満たし支援を必要とする状態にある間、
公的支援を受けられる、とすべきであって、特定の家柄やら人種に限定
すべきではないのだから。


476 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 08:33:51 ID:???
>>471
少なくとも「国の制度」に対しては「自分たち」がやっている、と
いう当事者意識は重要だろうね。国の法律や政策は、国民と無関係
に勝手に決められるのではないし、また国民の当事者意識の欠如で
事実上そうした状態に陥るようなことがあってはならないのだから。


477 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 14:35:08 ID:jSTCrBqJ
>>473
皇太子は結婚相手を自分で選んだよね。
財産権は、特殊な扱いになっているけど、自由に使えるお金は十分にあるはずだよ。
天皇の政治的な発言は制限されているが、これはその立場上当然だし、
非政治的な発言は皇太子のお言葉もあったように、かなり自由だ。
どこが差別なんだ?


478 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 14:42:00 ID:jSTCrBqJ
>>474
俺が想定した正座を強要されないという例は、黒人のためなんだよ。
黒人は、他の人種よりも脚が長く正座がつらいだろうと思ったからね。
合意が得られるなら、「何人」に変えても構わない。

俺が言いたかったのは、女性やハンディキャップのある人を区別することは、
差別ではないということだよ。
区別はあって良いし、なければいけない場面もある。
全てを形式的に完全に平等に扱うことにこだわるべきではない。


479 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 14:45:51 ID:???
>>477
「政治的な発言は制限されている」「かなり自由」というのは、
差別の程度が小さいというだけの話で、「差別がない」ということには
ならないわけだが。
問題は、その差別が正当なものかどうかなのだ。

480 :◆r0FmiN9ADk :2005/03/28(月) 14:53:23 ID:???
またあおりで申し訳ないが「皇族の政治発言が制限されている」という
法的根拠はあるのか?(皇室典範・臨時代行法参照)

481 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 14:53:51 ID:jSTCrBqJ
>>479
正当だろう。多くの者が正当だと考えるから、このようになっている。
もし、不当だと思うものが多数になれば変えればよい。
日本は民主主義だからね。
それに差別じゃなくて区別だし。


482 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 17:51:22 ID:SKkbVkt/
>>480
そういえば、天皇陛下が国旗・国歌は強制ではなく自然にそうなるようにと発言されて、
一部で物議をかもしていたね。



483 :◆r0FmiN9ADk :2005/03/28(月) 19:49:01 ID:???
>>482
ぷ!、私が言っているのは「天皇陛下」以外の皇族についてなんだが・・・。

まぁ書いたついでに
1、皇室会議で皇族は政治的意見を言い、投票することが予定されている。国政に権能有り
2、代行中訴追されない=代行・摂政以外は訴追され得る。
以上のことから、天皇(あるいは天皇皇后)以外は、政治的発言を制限されているとは
言えず、単に自省されているだけという見方ができるんじゃないかと・・・。

484 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 23:26:35 ID:PggfhMRG
政治的発言は禁止されてるんじゃなくタブーなだけじゃないの?
自衛隊幹部とか政治的中立が厳格に求められる立場は皆そうだろ。

で、やっぱ”差別”になんの?これって

485 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 23:31:29 ID:PggfhMRG
公立学校の先生が教室で特定政党を支持する発言するのもタブーだったような
記憶もある。

486 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 23:43:16 ID:PggfhMRG
なんか見てて思ったんだけど、法律論よりもむしろ
女人禁制の伝統を「性差別だ」って批判するような
視点がちぐはぐでかみ合っていないように見受けられますた。


487 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 02:08:57 ID:PbDl/B8m
誰も被害を受けていない。にもかかわらず、歴史も伝統も無視して、
いたるところに「差別」を見出して教条的に完全な平等の実現を目指す。
それはもう、人の幸福とは関係のない、イデオロギーに憑りつかれた自己満足だよ。


488 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 03:06:43 ID:0rkwSdCv
そもそも、民主主義に王制はありえるのか?

政治史の過程で立憲君主制度は多数ではないのだが。

ただし日本の現皇太子は相当進歩的であり、北欧社民
の社会教科書を絶賛されている。

よって、皇太子の考えについて私は支持する。

天皇制度を右翼が政治利用することに、皇太子は反感をもつのではあるまいか?

イギリスや北欧などの、大衆的・社民的・民主的な立憲制度が望ましい。
現日本国憲法の規定を尊重すべきだろう。


489 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 07:25:52 ID:xGhgKyPH
>>488
>そもそも、民主主義に王制はありえるのか?

妙な設問だね。世界に数ある立憲君主国が目に入らないのかな。
特に日本は、民主主義と象徴天皇を見事に調和させている良い例だろう。

ところで、「進歩的」ってどういう意味ですか?
ほとんど仲間内だけに通じる特殊な用語なんだよね。


490 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 11:52:09 ID:???
立憲君主国家が民主主義じゃないなら民主国家が激減しちゃうねw

共和制にして、最後はマルクス国にしたいひとたちが 人権を持ち出して天皇をどかしたいんだろうね 無駄だけど本音いえばどうよ?

491 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:52:32 ID:ta5Lfheq
>>488
>そもそも、民主主義に王制はありえるのか?

釣りかもしれんが、
【立憲君主制の国】
ニュージーランド、日本、オーストラリア、ベルギー、カナダ
オランダ、イギリス、モナコ、ルクセンブルグ、リヒテンシュタイン、
スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、他多数

ぱっと見、福祉や教育とか人権の先進国って感じか。
マリファナ、安楽死の”先進国”もあるな。

ちなみに
世界一六五ヵ国の中で、三〇年以上の独立国家としての歴史を持ち、
自由と平等が達成されていて、平和裡に政権交替が行なわれている
人口百万人以上の国は十七ヵ国しかないそうだけれど、その内
立憲君主制の国が十ヵ国で、共和制の国は七ヵ国というのが実態。
君主制の国の方が多い・・・

492 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:59:42 ID:ta5Lfheq
共和制国家では、大統領を軍の最高司令官と憲法で定めているので
そっち方面に予算配分が偏ってる気がしないでもない。
トップは自分のとこの組織のため予算取りするもんだし

493 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 06:11:31 ID:GXv/Jkhj
マイケル・ムーアが「華氏911」で痛烈に風刺してたけど、一個人に権力が
集中する大統領制(共和制)は政治が私物化され易いね。
イラク戦争で政府高官が経営に関わる軍需産業で大儲けしたって言うし、途上国に
なるともっと酷い。大統領一族は一財産築けるのでやめられんとか


494 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 14:43:41 ID:+SCs1JT0
いかんな、そり

495 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 15:31:35 ID:VOjamKJZ
大統領制、イイトコないじゃんw


496 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 19:43:03 ID:s98JIHzq
ノーベル賞を授賞しにいった大江ってウヨクなの?戦後民主主義者なら君主制反対かとおもてたよ。

497 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 19:56:23 ID:V0DO+Msk
世界は日本で言う右翼が平和主義者なんだよ。

498 :健三郎:2005/03/31(木) 00:37:30 ID:lS1fAZiq
北欧の王室…福祉先進国、開かれた社会
日本の皇室…ウヨク、差別、人権が制限


499 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:53:02 ID:m3LdN7wU
アメリカの核は汚い核だがソ連のはきれいな核

500 :右や左の名無し様:皇紀2665/04/01(金) 02:41:02 ID:CFV6IONY
雁屋哲ってウヨク?

君主制のオーストラリアをもっとも平等だなんて賛美してるし


501 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 09:50:10 ID:???
>>500
ウヨクだよw

彼の漫画、美味しんぼを読めば
彼が実に上手に、韓国人や中国人を風刺している様が見えてくるだろう。

502 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 17:20:40 ID:rBYHDxFw
大橋巨泉ってウヨクなの?君主制のニュージーランドを賛美してた

503 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 08:41:52 ID:iW3Seqtz
世の中、右翼だらけだな

504 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 11:08:27 ID:Gv1AfMrG
左翼じゃないだけで、右翼とするバカ

505 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 15:09:34 ID:???
自分の敵はみんな右翼なんて
シンプルな脳味噌って素敵やん?

506 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 17:48:44 ID:mj2C2jkG
非民主的な君主国をいいと感じるのはウヨク思想にかぶれてるからである 

507 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 20:29:23 ID:d/zO5F2O
民主主義国家に君主はいらない。

508 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 21:13:16 ID:1svol7j4
ブッシュ再選後、カナダ移住申請が急増したっていうけどこの米国人らもウヨクかいな

しきりに日本にやってくる中国人、韓国人もウヨク?

509 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 23:33:54 ID:???
>>507 それは君個人の意見
民主主義と言うなら 国民の同意を得なさい

510 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 23:40:39 ID:1svol7j4
>>501
雁屋は天皇制批判の漫画描いてなかったっけ?


511 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/02(土) 23:43:18 ID:xqtAqJOf
>>507
国民が幸福ならば、君主国で全然構わん。


512 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 00:09:57 ID:qDFZo9it
人民が平等ならば不幸でも全然構わん って感じw↓

ttp://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/n-korea.html

513 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 00:46:28 ID:???
共和制化→信長ナポレオン登場→王政復古状態権威と権力を兼ねる→アントワネット的レッテルで一族根絶やし
→ボナパルト登場→第何共和制樹立→社会民主政権→社会主義→プロレタリア革命→唯物論マルクス教条共産党独裁政権

道は遠いですね 完全に宗教ですね ただ民主主義だのとだまさないで本音をいいなさいょ?

514 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 03:30:32 ID:6M09rks1
>>512
完全なる平等とは、最下層に合わせることだったんだねw


515 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 08:59:27 ID:41ZFdfxB
実態は、共和国の方が階級社会だったり差別があるんだよな。

516 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 09:24:48 ID:3bqP7qrt
2008年国家破産
IMF支配下に入り、事実上、米国の衛星国となる。
それを防ぐために、公務員の人件費削減を行っている。
皇室をなくし、宮内庁を廃止すれば人員削減になる。
また、税金の無駄遣いもなくなるだろう。

517 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 11:51:41 ID:???
>>516 よくある日本はアメリカの激しい競争社会にすべきだはありませんよ
公務員予算40兆円は、日本株式会社の社員給与であって、その必要経費を削減することは
末端の国民、最下流の一般市民を結果として苦しめるんですよ
賄賂だって実は潤滑油なんですよ、もっともな正義感で無知な国民をミスリードしてその国民を
貧窮させて、なおかつまた、その不満を現体制にぶつけて、社会混乱をどんどん導かせてどそのくせ
ちゃんとした代替え案の社会体制を示さず、整備せず、プロレタリア革命の下地作りなる社会混乱を得たいだけなんて
わかっているんですよ、公務員40兆円の300億円の宮内庁予算が無くなると、特別会計予算300兆円、経済規模は
世界に直結して世界経済2割の日本国にいかような、予算削減効果が?、金額的に提示してくださいよ 
日本は日本の社会体質があってとりもなおさず、機能してました。その根本部分をいじるわりにはなんの未来像も
シミュレーションもロードマップもないじゃないですか!もっともらしいお約束の無駄使い排除も中味がないから
いくら国民がアレがおおくてもいいかげん疑問が噴出しますよ


518 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 12:12:00 ID:???
共和国の危険性と辛さはここに表現されているとおりだと思う。日本共和国はどんな神話を採用するのだろう?
http://www9.big.or.jp/~cumy/kokutai/ken_kai.shtml

日本が2008年にIMF管理下?  っぷ  安い新興宗教じゃあるまいし
日本経済が頓挫したら世界経済が大混乱だから心配しても仕方ないよw

その前に北京オリンピックまでに中国バブルがおきないように心配せえよw

519 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 22:57:40 ID:L2Nmh8oD
>>516
オマイ脳味噌にシワあるんか?
日本が米国の国債買い支えて膨大な財政赤字の穴埋めしてやってるんだが?

ソウル五輪を機に日本を追い抜くと意気高揚してた韓国は、オマイの言う
”税金の無駄遣い”がないのに国家破産してIMF管理下に入り、
出資国二位の日本のケツ嗅いだんだが?そんな混乱の中で元大統領やら
現職大統領の息子が汚職収賄で相次ぎ逮捕されたりしてな。
>>62のような過激なナショナリズムも国民が正気を保つためかもな。

外人でさえ日本繁栄の鍵は皇室制度にあると言ってるんだぞ?
http://www2s.biglobe.ne.jp/~SHUJI/books/tenno.htm
キリスト教原理主義アメリカやフランス共和国市民教の信者でも
資本主義後発国が自由経済で不利なのは分かるよな?
アメリカの衛星国?
中南米やフィリピンにでも逝ってオマイの言う”税金の無駄遣い”のない
素晴らしき貧困民主主義社会の現実を体感してこれば?
オリはスモーキーマウンテンに住みたくはないんで真っ平ごめんだがw

GDPライキング
順位 国 GDP(億ドル)
1 アメリカ 10兆4170
2 日本 3兆9790
3 ドイツ 1兆9760
4 イギリス 1兆5520
5 フランス 1兆4100
6 中国 1兆2370
7 イタリア 1兆1810
8 カナダ 7160
9 スペイン 6500
10 メキシコ 6370

520 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 23:09:20 ID:???
左翼というか反日団体は叩くべきだと思う。 そこで反日団体の現状把握からだろうとおもう。

ネットでは組織的書き込みとして、総連系ホロン部 社民系組織書き込み 生活保護や既得権益、特別脱税権益など
自分たちの既得権益を守るために、ネット普及 ・北朝鮮問題の噴出で一般人にも
彼ら左翼が教育界とマスコミを牛耳ってプロパガンダしてた戦後民主主義なるインチキ状態60年間の
居心地イイ特権階級たちの暗躍保持のための最後の悪あがきなんだろうな

ところで立憲君主制とは、君主より法治のほうを重要とし、逆に天皇に権威をもたらし、大統領や首相など施政の実行者に
権威までは与えない暴君防止機能があり、また王のほうにも権威のみあたえて実行支配統制部分は与えない
素晴らしい機能なんだよね、それを日本は実にこんな時代から実現しているわけだ。もちろん戦国時代とかはあろうが、安定期には元に戻ったしね

http://www9.big.or.jp/~cumy/kokutai/ken_kai.shtml

521 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 00:32:05 ID:RKul5PHS
>>519
最下層の人間には理解できないだろうね。
国家破産のシナリオなんて、政府や官僚は想定済み。
宗主国の国債を握っていても、衛星国にとって何のメリットもありません。

522 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 09:28:05 ID:rWHmkAyT
と、トンデモ説に引っ掛かった負け犬が申しております。

523 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 10:34:38 ID:???
筑紫哲也が毎年三月危機を煽って株価下げてて、ヒンシュクかってたね、経済危機ってほどじゃないから
7月に変えてみたり、馬鹿丸出しだったけど、最近はIMF支配下国家破綻らしいw 日本が破綻なら
世界経済も破綻じゃねえかw  つうか日本に依存している中国が大変じゃないか

あっ日本の通貨保障で生かしてやってる韓国をロシアに売ってやらなきゃねw

524 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 19:31:02 ID:???
皇室解体派が、どんなに歯ぎしりして悔しがっても
国民のほとんどは皇室存続賛成し続けますから 残念!
脳内マルクスレーニン百年後国家妄想 斬りっ! ざんねん!

525 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 00:26:59 ID:86M8jLHp
富士山噴火から2000年問題核ミサイル暴発説まで「政府はパニックを恐れ隠してる」って手合いのトンデモ本、
それに引っかって騒ぐ椰子は昔からおるな。数値データだけ並べ信憑性を持たすのも特徴。
>>521
国家は簡単には破産しません。経済学者の間では常識。
そんなこというたら米国はとっくに破産してる。
世界第二位の経済大国がデフォルトしたら世界中が大混乱に陥る、それがグローバル資本経済。
知ったかぶってると大恥かくよ。
そなら聞くけど、将来の破産が見えてるのに
通貨の円が暴落しないのはなぁ〜ぜ?


526 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 00:37:13 ID:86M8jLHp
そもそも日米関係を宗主国、衛星国って言ってる時点で終わってるだろ。
宗主国というのは、行政から言語(文化)支配まで及ぶ植民地との対照だし、
衛星国は大国の周辺地域で強い影響下にあることを指す(冷戦期の東欧等)。
国際政治用語もトンチンカンな厨房が知ったかぶりしても笑いものになるだけ。

>>521がこれ以上恥の上塗りを重ねる前に逃げるに1000ペソ

527 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 03:03:09 ID:???
完全に左翼521の敗北だなこりゃ哀れ

528 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 06:49:54 ID:???
 ∧Α∧
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |  
   Y /ノ    人 >>521
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /  


529 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 10:11:48 ID:lcDoijHd
21世紀の人口国際言語であるノシロ語について語り合いましょう。

ノシロ語公式サイト
http://www2s.biglobe.ne.jp/~noxilo/

530 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 00:34:49 ID:KlDBFuHd
>>516=>>521
アナタはもしや多額のローン返済、借金を抱えているのではないですか?
長引く不況による収入減収、地価下落で返済計画が破綻、行き詰った。
そこでわらにもすがる思いで”日本国○○年危機説”にすがってるだけでは?
「ハイパーインフレ」で円が紙くず化し、借金が劇的に目減りすることに
唯一希望の光を見出してるのでしょう?



531 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 10:07:30 ID:sKr57aX1
所詮、反皇室は「負け組」ってことか

532 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 17:22:38 ID:???
>衆参両院にて賀詞を奉呈する決議が”全会一致”で可決されている事実一つ
>とっても、皇室支持の決意を国民が表明したとしか解釈しようがない。

全会一致で可決される議会なんて不健全だろ。
中共の反国家分裂法が全会一致で可決されたのを忘れたのか?


533 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 21:23:41 ID:???
以外だろうが反対する理由ないなら全会一致って多いんですけど
サヨク組織末端 過激派などと
赤絨毯サヨク世界の感覚剥離はサヨク陣営の内包問題として
サヨク自らが認識と決着を着ければいいことだ
お前達サヨクは真の代表を送り込んでいないのなら
それもお前達が無能という事だょ?

534 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/06(水) 23:53:24 ID:R/MA7yIn
>>532
>全会一致で可決される議会なんて不健全だろ。
>中共の反国家分裂法が全会一致で可決されたのを忘れたのか?

政治的自由の無い一党独裁の議会と一緒にするなよ。
日本の国会議席は、アメリカやフランスの議会よりもよっぽど
多様な価値観が混在している。
その理由こそ皇室制度にあることを一番よく知ってるのが他ならぬ議員たち
だからこそ”全会一致”なんじゃないか?
他先進国の議会にしたって「対テロ」「人権」「民主主義」等共通の価値観が
党派を超えて全会一致議決になるよ。
逆に言うと皇室はそれらに勝るとも劣らない日本国民共通の価値観ってことだ。
おわかり?



535 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 10:47:43 ID:k0jV5m0A
つーか日本は政党在りすぎ。二大政党になるべき

536 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 12:28:08 ID:???
>二大政党になるべき
対立軸がないからねえ、民主党がもっとまともならねえw

537 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 22:04:23 ID:???
ジミンが左から右までいて、その他が左の売国と反社会利権であるから
第二党は国民国家政党でないと存在できないょ?
それも小さな政府派と、大きな政府派に別れて超党派議連をそれぞれ運営して
政界再編成したあとが二大政党体制だょ?

でもそうだと公明と共産党がキャスティング握るょ?
数割りの国民が右往左往の浮動票天気次第なら無理ょ?

そのあと多党連立でぃいょ?

538 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 01:17:24 ID:vUgWlRuR
何のための小選挙区制導入したかというと、二大政党による政権交代で
既得権益が崩され閉塞感ある社会に新風を吹き込み経済をも活性化することが
目的だったと思ってましたが?

539 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 14:39:19 ID:???
↑ パールハーバーを繰り返しているんですょ?

詳しくは、逆説の日本史 言霊の  を参考に

これからの意思決定と、状況変化に伴うたてなおし組織の
構築ないなら繰り返し失敗しますょね?

540 :◆r0FmiN9ADk :2005/04/08(金) 15:33:22 ID:???
政党政治に関する我が国の歴史的な問題を挙げるとするなら、結局モラルの問題に
突き当たる。現政権を打倒すると言う党利党略のためなら、軍人の政府への関与も
容認すると言う形式で、我が国の日中戦争から敗戦までの道筋は始まった。

道義も責任も無い政党の党利党略で「非武装中立論」の第2政党が現れ、実際に
政権を握ったとたん無残にも霧散したわけだが、現民主党の多数が、其の党利党略
のためなら「政策的無責任でもかまわない」という非武装中立論の政党出身者で
ある限り、信用できる2大政党時代など来る訳も無かろう。

そもそも我が国の文化的には「党派心を棄てて話し合うこと」が理にかなうわけで
政党政治という西欧文化との融合点をもう少し厳格な意味で探らないと、政党政治
自体が、現在と同様に空虚(自民党の現実主義を担保とした空想夢想主義の批判
オンリー野党という図式)なもので終わるかも。

541 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 21:31:35 ID:???
意思決定随時更新機能がない。いや意識すらしていないわけ
意思を決定した事までが全てで、考えられるシミゅ とそれぞれの対応内定までの決定や模索、決定権付与組織の育成が
ないわけです。

542 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/08(金) 23:55:08 ID:Eb0Bcbge
西村真悟とかで丁度バランスが取れてるな、民主党
自民はどちらかというと左右が既得権益死守で固まってる。
小泉が「ぶっ壊す」と一芝居打ったのが大衆ウケしたが。
本来、志を同じくする者が集うのが政党なら政界再編が筋だが、
より大きな目標(大義)のために”現実”を受け入れるのも政治だろ。
小異を捨て大同につく、とも言うが、頑な政治家はむしろ無責任と言うべき。

543 :ふざけた奴:2005/04/09(土) 00:22:51 ID:yHkeA4+x
自民が無責任に既存権益擁護を出来るのは次の解散総選挙でもきっと、
公明と組めば、与党に成れるから、無責任でもいられる、折角与党に成る
可能性も有るのに、与党の可能性を諦めつつある、民主は駄目野党化しつつある、
この閉塞的状況を打開する為には、社共の持っている、死に票をそいでしまう必要が有る、
そうすれば自民も責任の有る政策をする必要が出て来るし、民主にも与党の可能性が
出てくれば、民主も責任の有る政策を出す必要が出て来る、どーにもならないから、
漏れは新風に入れてしまうのだが。

544 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 00:32:05 ID:???
>>543
こうして馬鹿の一票は死に票になるのであった・・・・・。

545 :ふざけた奴:2005/04/09(土) 00:46:41 ID:yHkeA4+x
>>544 犬死に上等。

がんがって右傾化させて新風の票を増やして呉れ。

546 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/09(土) 09:54:33 ID:m3ZwlT5R
簡単に自民的システムの構図は変わらんとは思うけどね。
不況になればなるほど利益誘導→お礼の投票→お礼に利益誘導の循環は高まる。
政治家に就職の口利きをしてもらう、ってのは働き口無き地方によっては
欠かせない(実際自民は地方で強い)

不況不況と騒がれても、日本はまだまだ世界から見れば豊かな国なのかも

547 :ふざけた奴:2005/04/09(土) 10:23:23 ID:RHfe2rz4
>>546 漏れもそー思う、日本は今でも十分に豊かだ、餓死する人はいない、
多少不景気には成って人によっては、収入は落ちたかもしんないけど、
物価は下がったので、漏れは暮らしやすい、なのになんで反日なんてすんだろ?

548 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 11:11:48 ID:???
ほら、そうやって思考停止の迷宮に迷い込む みんな悪い奴じゃないのにショボーーんで終わるわけよ

その後、小選挙区制でもそういだし、ゆとりの教育でもそうだけの
なんか声高に意味不明のスローガンをさけび奴が出てくる。みんな抵抗する数年間が続いて
結局それを実行する。合議で始めた事だからみんなの共同責任、だけど責任取るといったものも個人追求もうやむら
それどころか当の本人が批判なんかするしまつ、 だ・か・ら 決定することが全てじゃなくて・・・・・もう疲れた。何十年同じ事を繰り返すんだか
だいたい政治家うんぬん言ってるやつ頭悪すぎ、政治家も官僚も志高いやつはいっぱいいる。しかし問題は支持者のぶれ
国民の確かで安定した価値観、それらが全然ない。国民がバカすぎて、信念の政治じゃ政治家やってられんだろが!結局利権と、組織票に妥協するしかないんだよ
いい加減バカな国民は気持ちを入れ替えるか、トットと死ぬkじゃしてくれってこと



549 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 21:51:48 ID:???
>>521
    /      ,' |       |       ヽ ヽ:::::\
 ,'  ,'    ,   ,'! /! !      ! ! l  ',  ,   ',丶、丶、:::ヽ
 !  i    _/,,,/_/ ! ! ', l!       !,', i',  !   !  ', ヽヽ`ニ''ー`:::':,
 !  |    ,' /,'/゙ニ', !-'、!,_ノ  、_,','-ィ'l''7''  ,!  i ', ヽ  `゙゙''ー-
 !  l!  ,' /7'::´( )i゙'' '、',    /ィ'''Oi/ !  ,'   !  !', ',
./',   !', !ilイ´ { i:::::! ! U i   / { i:::i | !'l / ,!  ,'  ! ', !    
,! ∧ !ヽ !! ` i、ー'ノ    ! , '  i、ー'ノ ,'/ ; ! / !  ,! !l      ヤロウ………
l`'! 'ヽl (!、|  ‐=''"´    '´  ''ー='-イ ! // ,' l , '  リ       ニュース議論板に逃げやがった
!  ヽ、ヾ! ゙! U        ‘     ,' l,イ/ '  ,'イ
'、   `ー! lヘ      ,--‐ァ U  ,. '! l |´|  '´!l
     ', ',ヾ! 、     、_,′ , '´ ! | l !   !!
      ', ', ', `  、    , '´   l ,'  ! l ,'   'l
      ', ', !    ` i'´      i/  l l !  |'!
       ,.ゝ',''!        !、     /   l !l   !'!
   _,. - '"  ヾ 、    __'ヽヽ、   /    !!!   l !





550 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 09:48:22 ID:KZ7tQ1bA
ローマ法王にせよ昭和天皇にせよ、葬儀にあれだけ世界中から国家元首が参列するのは、
やっぱ就任期間が長いことによる人脈というか顔の広さだろうな。

コロコロ変わる民選元首じゃあんな風にいかんと思う。


551 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 12:18:16 ID:KADO5hPw
そうだな。イタリアの大統領はしらんがローマ法王は知ってる

552 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 17:45:44 ID:HO9fmjTm
天皇制をあたりまえに受け止めているヤツ
→ 服の襟首についているブランドマークこそが大事だと思っているタイプ

天皇制を大いなる無駄と思っているヤツ
→ 服の襟首についているブランドマークをつけなければ半額になるのなら
  ブランドマークなんて外してもらうタイプ

人間の行動とは不思議なもので、必ずしも合理的な行動を選択するわけではない。
天皇制こそが国家運営上合理的と考える人も勿論多いと思うが、正直、皇室なんて
なくても日本の世界における地位や国民生活等になんら影響はないと断言できる。
それでも皇室があるのは、無駄なようで何か意味があるからであり、その意味は
永遠に謎だ。

553 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 17:58:09 ID:KcTvXMW6
>>552
世界の元首が一堂に会した際、小泉首相だと5〜10番目の席順になると思われ。
天皇陛下だとトップになれる。


554 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 19:15:24 ID:KZ7tQ1bA
>服の襟首についているブランドマークこそが大事だと思っているタイプ

証明もされてない事を信じて疑わないと言う点で>>552も同類


555 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/04/10(日) 20:14:43 ID:???
>>553
陛下はそういう次元を超えているんだけど

556 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 20:19:59 ID:???
具体的に言うと4次元
元号は”時間”をも支配してる証だという

557 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/04/10(日) 20:45:25 ID:???
日本は神の国だからね

558 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/11(月) 02:15:51 ID:DMwzN3nl
>>552
ブランドは、他じゃ真似できない”本物”ゆえ存在価値があるもんだよ。


559 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 03:48:22 ID:FZgVUA0o
日本の存在価値が世界中で認められているのは3位以下を圧倒するGDP故である。
決して神の国だからでもなければ天皇陛下が尊敬されているからではないではない。
資源のない小さな島国が生み出す付加価値に世界は敬意を払っているのである。
日本の文化や伝統も世界に認められているが、もし日本が北朝鮮並みのGDP
であったなら、誰の興味も引かなかったであろう。
では、皇室のGDP寄与度はというと残念ながらゼロである。 
だからといって皇室が不要だとか、悪であるかはわからない。 そもそも経済活動
とは無関係なのだから、仕方がないのだ。
人は、経済活動以外の分野でも国に対して貢献することができるが、その貢献度を
数値化することは難しいので評価は見る人によって違いがある。 
天皇陛下の訪問とNPO,NGOの海外支援とどちらの貢献度が高いかの評価は
立場や考え方により様々であろう。 したがって、皇室の貢献度を認めず、税金泥棒
と言う人がいたとしても、それはそれでまた仕方のないことである。

560 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 03:51:26 ID:FZgVUA0o
×尊敬されているからではないではない。
○尊敬されているからではない。

561 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 04:26:44 ID:mbMVLBtV
>>559
なぜ日本が世界第2位のGDPを生み出せるようになったのか?
考えたことがないの?
目の前の数字にしか考えが及ばないの?
おめでてーなw


562 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 06:49:06 ID:FZgVUA0o
>>561
>なぜ日本が世界第2位のGDPを生み出せるようになったのか?
考えたことがないの?

ほう、なぜなのか、先生のご意見を是非うかがいたいものですな。


563 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 07:14:54 ID:???
靖国と天皇制は国益に反する。
こんなものがあるから隣国たちに嫌われる。
経済活動の邪魔。
右翼のせいでまた貧乏国に後戻りか。

564 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 07:22:13 ID:???
子供連れて離婚とかできないからな。
精神もおかしくなるは。

565 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 07:24:36 ID:???
あれだけ結婚嫌がってたのにな。
圧力で無理やりだもん。

566 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/11(月) 07:28:15 ID:vN2SszeO
>>559
横レスだが
>もし日本が北朝鮮並みのGDPであったなら、

こういう例えって無意味だと思わん?

逆に、もし日本がアメリカ並みの国力であっても尊敬する人は尊敬するし
尊敬しない人は尊敬しなくて変わらんと思うけど、実際。

567 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 08:29:59 ID:FZgVUA0o
>>566
日本が世界に認められているのはそのGDPであり・・・(以下略)
ということを前提に話してるから。
たとえが無意味とかじゃなくて、前提条件の違いでしょ。 君が書いてるのは、
最後の2行を見る限り「日本がどういう国であろうと(GDPがいくらであろうと)
尊敬する人も尊敬しない人もそんな数字に左右されない」ということでしょ?
ただ、経済力を抜きにして日本に興味を持ったり尊敬する人は僅かだと思いますよ。
神の国だから、という理由で日本に興味を持つわけではありません。 

568 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/11(月) 10:39:35 ID:23p8eI8R
>>567
現在(いま)の日本の姿がありのままだから、無意味なたとえ話が有益だと
は思わないけどね。
嫁に「オリが極貧でも・・オリが女でも・・結婚してたか?」とか問い詰める性格なのかも
しれんけど

569 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/11(月) 12:47:01 ID:23p8eI8R
>>567
人間も国家も遺伝、環境、偶然、意思の産物であり、そういった本質を見失った
議論は無意味じゃないの?

日本人が日本を「神の国」と言うのは、アメリカ人が自国を「神に祝福された国」と
表すのと同様別におかしくはない。宗教心が厚いのは情操教育にいいっていうし。

570 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 00:22:31 ID:PGmpd20R
>>562
現在の日本の豊かさが偶然の産物ではなく、なんらかの理由があるのならば、
いくら現在の数字をあれこれ分析してみても答えは見つからない。
それは日本の歴史を紐解くことでしか明らかにならない。

そして日本の歴史の中で天皇が果たしてきた役割の大きさは、いうまでもないよな?
それは、日本人の精神にも文化にも、もちろん経済活動にも影響を与えている。


571 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 00:31:24 ID:PGmpd20R
ちなみに、世界で日本人が一目置かれているのはGDPというより、
文化の面のほうが大きい気がするんだがな。
サムライ、ニンジャ、ハイテク、アニメ・ゲーム・・・



572 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 00:43:13 ID:PGmpd20R
歴史的には、日露戦争だろうね。
コロンブスの新大陸発見以来続いてきた、西洋による植民地主義を転換させたとまで
評価する歴史学者もいる。
マクロ的に見れば、そうなのかもしれない。

その頃から日本は、経済の規模は大したことなかったが大国とみなされていたよ。


573 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/12(火) 08:20:56 ID:Ce4HiGy2
>>559
皇室制度が経済とは無関係ってのはありえんと思うが?
十八世紀以降、欧米列強が植民地を巡り戦争を繰り返してた中、天皇を中心とした
強力な集権近代国家を築き独立を至上命題としたからこそ今日の経済技術大国の
礎を築けた、と断言できる。
実際、日本とタイ王国を除くアジアのほとんどは植民地か植民地同様の状態になっていた。
もし天皇が存在しなかったら、極東の小国に過ぎなかった日本が欧米列強と肩を
並べるまでなってたか、というと答えはNOだ。これは内外の史家が一致している。

それが経済力の基となる国民の生活、文化、活動に影響してないわけが無い。

574 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 18:33:51 ID:vMnhOS8R
ーーー皇室の存在意義ーーーを、説明で聞くよりも、確実に実感としてわかりたいのなら、中西輝政氏 皇室の本義を、読んだ上で議論するといいと思うよ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index%3Dbooks-jp%26field-author%3D%E8%BC%9D%E6%94%BF%2C%20%E4%B8%AD%E8%A5%BF/249-4355584-4475506
日本は一国一文明だと表現している。国体という言葉は、愛国心という単純なものではなく、例えばイギリス人なら、イギリス国というものに対する愛国心その為のイギリス王室に対する忠誠心・求心力の為の王室
それと、一文明という観点からいってローマ法王部分以上に、
キリスト教文化圏をも含んだものであろうとの事だ。
そして日本文化についての、解説もある。ずいぶん漏れの着色もあるが、まあこんな風に感じた・・・・というか漏れもこう感じていて、そのとおりの著作があったという事なんだけどねw

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884710673/249-4355584-4475506 こちらは 高山 正之 氏  ーーーサヨク思考に犯された脳の特効薬ーーーだろうね
(世界は腹黒い―異見自在)を絶対に購入をお勧めする。この本を絶えず読み返せば、日本国民に刷り込まれたサヨク的思考形態の矛盾が浮き彫りになって
もやもやした
気持ちも吹き飛ぶと思う。この人の価値観が理解できるひとが、多数派になったときに、日本はいい方向に進めるんだと思うね、それまでは無理だがね

http://pcdvd.lib.net/o_bk_gyakusetu.htm こちらは逆説の日本史 これも進めるよ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409402302X/249-4355584-4475506 こっちの  「言霊(コトダマ)の国」 を特に勧めるね
これを読めば、日本は意識的にも17条憲法の中に行動思考パターンがあるのが実感できて、今後の指針になると思うよ


575 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 15:54:43 ID:???
あげ

576 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 17:02:52 ID:Pqq7Q7ns
このスレ見てて思ったが皇室制度無くすデメリットは大き杉。
米、仏、韓の例が出てるけど、結局別の対象が出てくるだけで日本という国の
国益にそぐわない

577 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 19:27:38 ID:ZOpVTbYg

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

578 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 22:06:00 ID:Et+3sQrI
皇室が存在しないと今より世相が荒む気がするな。

579 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 22:10:42 ID:e5La0Kkl
いくら何でもそれはないと思うが>>578

580 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/04/13(水) 23:25:49 ID:???
世相が荒むどころのさわぎぢゃないよ
太陽がなくなるのと同じ >>579

581 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 01:24:29 ID:???
韓国、アメリカ並みに強姦やDVが急増しそうな悪寒

582 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 17:49:50 ID:SMXOiqOd
フランスなみに離婚とかエイズが急増する希ガス

583 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 01:19:16 ID:pKgYkwtZ
民主主義とはこの国の場合は民衆主義ですかな

>>578
そうは思わぬ
>>579 同意
現在の天皇家自体の血統は亜流なのだから
南北朝で滅びているからな

584 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/04/15(金) 01:27:50 ID:???
>>583
皇統の男系であることが重要なんだよ

585 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 02:42:00 ID:???
>>584
男系男子になんて拘ってると、今に滅びちまうぞw

586 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 11:23:27 ID:???
「中国史とは皇帝という制度の歴史」と言ってる学者がいたが、
584などはさしずめ「日本史とは皇統の男系の歴史」という発想
なんだろうな。

587 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/16(土) 01:20:13 ID:MPguOAaj
>>583
>そうは思わぬ
>現在の天皇家自体の血統は亜流なのだから

イマイチ関連性が不明だが、その論理だと”亜流”でなければ
世相が荒まないという事か?
「血統」を重視する論理になるが?

588 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 18:24:35 ID:xHZnuMqz
はっきり言って世俗にまみれた元首は国民にとって迷惑なんだよな。
クリントンがセックススキャンダルの最中、トマホークミサイルをぶっ放したあらすじは
「ウワサの真相」って映画にも描かれてるが(映画が先か?)。

横山ノックは大阪知事止まりだったからよかったが、間違えて大統領にでもなってたら
スキャンダルから国民の目を逸らすため意図的に朝鮮や中国との緊張を高める可能性もある。
そうなったら天皇制廃止論者はどう責任を取るつもりなのだろうか?

戦争になったら真っ先に自分の子供を兵隊として提供するぐらいは当然であろう

589 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 02:33:16 ID:51zAdapV
>>1
おまえ馬鹿か。なんで共産党が天皇制を容認したら
皇室支持の決意を国民が表明したことになるんだ。

590 :国を愛するようなチンケな犯罪者に堕してはならない。:2005/04/17(日) 03:46:49 ID:54+FCN5a
国を愛するなどという愚かな犯罪者が北京で上海で、ソウルで平壌で、煽られて惨めな醜態を晒している。
靖国の英霊という侵略強盗殺人の犯罪者もまた煽られ愛国に洗脳されて愚かな末路を辿った。
アジアの総ての若者は国を愛するような哀れな犯罪者に堕してはならない。
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して
>市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国の兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。



591 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 07:51:38 ID:QeKktLv4
>>589
>なんで共産党が天皇制を容認したら
>皇室支持の決意を国民が表明したことになるんだ。

>>1をどう読んでもそのようには書かれてないが?
日本語わかるヒト?



592 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/17(日) 08:54:01 ID:QeKktLv4
おっと名前入れ忘れた
>>588
ノックのスキャンダル隠しの為に戦場で散るのは正真正銘の犬死だw

593 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 15:06:31 ID:kkSUAp5I
共和制に幻想抱いてるのは糞。愚衆政治を産み出すだけ

594 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 15:32:50 ID:???
>>593
要は日本人は愚衆であり、
民主制は日本に馴染まないって考えてるんだん。

595 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/17(日) 16:16:32 ID:yJ2pG4dI
>>594
アナタもその”愚衆”の一員ですかな?w

596 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 17:04:42 ID:???
愚民なさい。

597 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/17(日) 20:05:23 ID:pp5hY5aj
大統領制(共和制)より、常時少数意見を取り入れて権力を維持する議院内閣制の方が
はるかに民主的だと思うがな。
○○国民が愚衆かどうかなんて所詮お高い視線の空論だからどうでもよくって、
一時の大衆人気で政治素人が国のトップに就任し権勢を振るう危険が高いのが
愚衆政治でイクナイ(・Å・)


598 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 22:18:46 ID:b8IiOu2X
そうだな。共和制になったらマツケンあたりが大統領に当選するかもな、フィリピンの例だと

599 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 23:03:03 ID:???
>>597
その議院内閣制でポピュリズム全開なのが小泉政権なんだけどなw
愚民なさいw

600 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/17(日) 23:19:32 ID:pp5hY5aj
>>599
>その議院内閣制でポピュリズム全開なのが小泉政権なんだけどなw

そうは思わんが?
イラク戦争支持にしろ郵政民営化にしろ全く票に結びつかん事で支持率落し平然(毅然?)としている。
靖国参拝も遺族会向けサービスではなく昔からやってる信条の続行だし



601 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 23:25:01 ID:???
>>600
オマイが思わないだけw
驚くべき支持率だった時期にどれだけ言われたかしらないのか?
愚民なさいw

602 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/17(日) 23:26:06 ID:pp5hY5aj
>>599
ポピュリズム全開ってのは、韓国中国みたいに反日機運を盛り上げて
政権支持率浮揚を迫られる政体を指すもんだと思うよ。
違う?


603 ::2005/04/17(日) 23:29:59 ID:pp5hY5aj
>オマイが思わないだけw
>驚くべき支持率だった時期にどれだけ言われたかしらないのか?

どれだけ言われたか、って昔に誰かが言ったことなんてどーでもいいやんw
現在は違うってことだろw

604 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 23:34:28 ID:???
>>602
違うw
中国は内政の不満はけ口に反日を煽ってるだけ。
韓国は軍事政権からの脱却がまだまだ途上で戸惑ってるだけ。
ポピュリズムってのは大衆迎合政治のこと。
小泉は威勢の良い口だけ番長だから大衆に受けた。
人形売ったりしてたよなw
愚民なさいw

605 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/18(月) 00:08:48 ID:pUejXMiL
>>604
違くはないと思うね。
共産主義中国はまあ論外として韓国は民主化後かなり経ってる。
実績の無い政権初期は期待感から支持率が高いのはどっちも同じ。
問題はその後
独裁の教訓から多選禁止を憲法で定めてる韓国の場合、政権後半期は
死に体になるらしい。体制にいるうちに甘い汁を吸おうと大統領親族の
汚職も後を絶たない。通貨危機で金大中が公約覆すまで議院内閣制に移行する
予定もあった。
ブッシュが「大統領は中間選挙では敗北する」というジンクスを覆したのは
対テロ戦争拡大で愛国ムードを煽ったのが主因。ロシアのチャチェン侵攻も同様
つまり「外」に目を向けさすのが常套手段なわけ


606 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/18(月) 00:17:32 ID:pUejXMiL
中南米では「苦い良薬」より「甘い公約」を掲げる候補が絶対有利で、
誠実で有能な人物が大統領になる確証はまったくない。

当選後は、”公約破り”の汚名を着て政治不信を高めるか公約通りのバラマキ
で財政破綻経済恐慌か、後者の実例もある。
これこそ”ポピュリズム”の典型だと思うね

607 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 00:21:55 ID:???
>>605
>共産主義中国はまあ論外として
だったら中国の名前をだすなよw

>韓国は民主化後かなり経ってる。
経ってねえよ、民主的な大統領だって今のノ・ムヒョンでまだ3代目だ。

>実績の無い政権初期は期待感から支持率が高いのはどっちも同じ。
歴代総理の中でも小泉は例外的に高い支持率だったのを知らないのか?
今だって充分高いぜ?

>ブッシュが「大統領は中間選挙では敗北する」というジンクスを覆したのは
>対テロ戦争拡大で愛国ムードを煽ったのが主因。
その評価は正しいよ。

>ロシアのチャチェン侵攻も同様
ロシアの場合はちと違う。
チェチェンは元々がソ連邦だった地域で、実質独立していない。
いわば中国内のチベットみたいなもんだ。

>つまり「外」に目を向けさすのが常套手段なわけ
つまり、ケースバイケースw

608 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/18(月) 01:00:55 ID:pUejXMiL
>>607
>だったら中国の名前をだすなよw
”ポピュリズム”って範囲なら含まれるが、政体の話をしようとした場合
フェアじゃないと思っただけだが?

>経ってねえよ
3代も経ったら充分じゃん。”成熟”して何か変わるんか?

>今だって充分高いぜ?
初期の頃よりだいぶ下がったが?

>チェチェンは元々がソ連邦だった地域で、実質独立していない
元々は宗教も民族も異なる。他共和国みたいに独立を許されなかったのは
戦略上の要所と石油資源の存在が主因。

>つまり、ケースバイケースw
大統領制(共和制)では、政権後半期の求心力低下が制度上の慢性的な
問題点であるのは逃れられない。
それに対しては国によって様々だけど似たようなもん

609 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 20:12:22 ID:j/mPnxXp
今思うと、小泉がブッシュ米政権と強固な同盟関係築いといたのは大正解だった希ガス

どうよ?

610 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 22:35:10 ID:8Kml5NdF
冷徹な国益追求の”外交”は表裏があるもの

日本企業の生命線は中国市場にあらず、北米市場だからな。
大体、共産主義の”市場”に何らかの期待を持つのが異常
今思うと中国バブルの熱に浮かされてたのだろう



611 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 04:38:14 ID:???
>>571
おまい、もちろん冗談言ってるんだよな
サムライ、ニンジャ、ハイテク、アニメ・ゲーム
のどこが「文化」なんだ?

612 :WU ◆FqEqkKI.eg :2005/04/19(火) 23:34:18 ID:xaYjDsTF
>>607
ちなみに今のノムヒョンは民主化後4代目じゃなかったっけ?
この人、米装甲車の女子中学生轢死事件で激化した反米感情の波に乗って
当選した左翼弁護士らしいけど、一時の熱狂がその後5年の国運を定めてしまう
ポピュリズムを見事に体現してるな。
日米韓から中国北朝鮮に軸足移してどうする気なのやら

613 :右や左の名無し様:2005/04/21(木) 00:16:17 ID:kv5Up/Bx
マドンナブームで土井たかこが国家元首になるようなもんだね。

北米で韓国車の評価が散々だったから、中国市場に活路を見出そうとしてるに
違いない

614 :右や左の名無し様:2005/04/21(木) 04:09:09 ID:X7YWNNSv
>>611
アートや文学だけが「文化」じゃないよ。
天皇制も文化、漫画も文化。


615 :右や左の名無し様:2005/04/21(木) 12:28:12 ID:???
天皇制は、政治だよ。で、アートや文学や漫画には政治性があるよ。

616 :右や左の名無し様:2005/04/22(金) 00:58:36 ID:0GN94PHP
”政治文化”というオチもあり。

政治と文化、どっちを軽んじるのもナンセンス


617 :右や左の名無し様:2005/04/22(金) 01:38:48 ID:0GN94PHP
同じ”共和制”でもピンからキリまであるし
国によって全然違う。

618 :ぶっちゃけ:2005/04/22(金) 08:40:28 ID:???
日本が共和制になったところで、巨大宗教団体の組織票がモノをいって
名誉欲いっぱいの某名誉会長あたりが”大統領”に当選するのがオチ。

天皇制に反対している人間は思慮が浅い、というか思考回路が粗暴で現実の社会を
知らないとしか思えない。
どうなんだろう?

619 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 18:57:22 ID:3fyU6deW
大学時代にダチから公明候補への投票を頼まれ、今も近所のオバサンに依頼され
続けてる。
義理で投票してやってたが、最近層化の最終目標が国民総信徒化にあると知り
怖くなって保守系候補に投票するようになった


620 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 19:41:21 ID:RoQVHX3g
そらこえーわな

621 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 21:13:20 ID:GZRjZN7x
>>620
自分は「正義」と「悪」を決めつける一神教的な世界観が戦争の根源だと
思っとるんで。
そういう意味では多神教の神道信者かも

622 :619:2005/04/23(土) 21:14:34 ID:GZRjZN7x


623 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 08:49:55 ID:aN/wY5Wo
世界で最も多くの戦争を繰り返してるのが民主主義お手本の国アメリカなのもある意味納得がいくわな。

多様な価値観を否定する一神教的な善悪観(共産主義含む)が、中韓の反日暴動に見られる他民族への
憎悪であろうしフランスが異教徒へ屈辱的服装を強要したりするのも根源は同じ。

>>350も指摘してるが反皇室は生きている事それ自体が罪なのかも(人類にとって)

624 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 14:43:49 ID:???

http://www.pdc.npa.go.jp/hakusyo/h06/h060800.html

劣悪な武力行使で市民を脅かす反天皇制連中の好戦性がよく現われてる。
議論では勝ち目がないからこそ暴力と脅迫に訴える、自由と民主主義の敵


625 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 19:51:57 ID:QfsL3dyo
多神教的な皇室制度を否定して「ご本尊」に魂を売り渡すと、憎悪すべき敵を外に作りまとまるのが実証されたね

626 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 20:16:01 ID:???
>>623
>世界で最も多くの戦争を繰り返してるのが民主主義お手本の国アメリカ
って言うけど、いったい何回?
英国は何回? フランスは、スペインは、ロシアは、アラビアは?
はっきりした根拠があっていってるんだよな、もちろん?

627 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 20:39:27 ID:???
>>623
「多様な価値観を否定する一神教的な善悪観(共産主義含む)」を持たない
ウヨクは、中国人・韓国人を日本人とわけへだてしないで好きなんだね♪
フランスの異教徒ってトップレスでも強要されてるの?
それなら日本の女のおっぱいなんか見せられて
フランスの男はオエーッだろうな〜


628 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 21:33:51 ID:GmA8Zdz8
>>626
>世界で最も多くの戦争を繰り返してるのが民主主義お手本の国アメリカ
>って言うけど、いったい何回?

第二次世界大戦以降、軽く10回以上は出兵していて堂々世界一ですが何か?
大まかなものだけで
・朝鮮戦争
・ベトナム戦争
・レバノン派兵
・グレナダ侵攻
・パナマ侵攻
・湾岸戦争
・ソマリア出兵
・ユーゴ紛争
・アフガン戦争
・イラク戦争
その他、限定空爆まで含めると世界でこんな武力行使を繰り返してる国は
他に例がありません。
その理由はすでにこのスレで繰り返し語られているが?

629 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 21:39:36 ID:GmA8Zdz8
>>627
オマイ、バカ?
論破されるとすぐ「ウヨク」と罵る反天皇制キティか?
オリはウヨクでもなんでもないただのリーマンだよ。

>フランスの異教徒ってトップレスでも強要されてるの?
過去ログ嫁


630 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 22:58:34 ID:???
>>628
お前が言ったのは
>世界で最も多くの戦争を繰り返してる
だろうが。
第二次世界大戦以降なら、ちゃんとそう言え。議論の基本だ。
議論したことないのかw
>>629
過去ログなんかいいから、お前の話が聞きたいんだよ。
「フランスの異教徒が強要されてる屈辱的服装」って何だ?
異教徒にもいろいろいるから、きっとそれぞれ違うんだよな?wwww
リーマンってのは、ウヨクになる「権利」もないんだな?
かわいそーにw


631 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 23:18:42 ID:GmA8Zdz8
>>630
都合悪くなってきたからって何ゴネてんの?w
有史以来戦争の数上げたらキリないし政体も現代とは異なってる国がほとんどなのに
そんな数字出したって意味ないだろw
そんな事いちいち説明しないと分からない?

>議論したことないのかw ←それはコッチのセリフだ、アホゥw

632 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 23:23:44 ID:GmA8Zdz8
>>630
>過去ログなんかいいから、お前の話が聞きたいんだよ。

ハァ?スレに目も通さない教えて君に何で説明してやらにゃならんの?
そんな義務はありません

633 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 23:55:42 ID:eqKGLpce
>>631
両方わかっていても説明するのが議論の基本の基本だよ。
ま、脳タリンのお前に言ってもわかるまい。
>>632
スレに目を通す必要などない。
教えて君なんかじゃもちろんない。
君(や2chの極右諸君)より事実を何百倍もよく知ってるからな。
だからお前に話させたかったわけよ。
バカで不勉強なウヨクのお前をボコにするためにさw
覚えてもいないことを偉そうに吹いてるだけだな、お前はwwww


634 :右や左の名無し様:2005/04/26(火) 10:39:19 ID:yXJkdBqr
ナルシスト?

635 :右や左の名無し様:2005/04/26(火) 11:09:44 ID:c0c0keXu
冷静に


636 :右や左の名無し様:2005/04/27(水) 00:50:33 ID:lad9LoRB
>>627
http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/imin05.html

元々人種差別の激しい国の1つだが、個人の人間性を
冒涜しているとしか思えんな。
イスラムの女がスカーフを取る=裸にされたようなもん。

スカーフを頭に被ったからといって周りが迷惑するか?
だがそういう常識の国もあるって知っといた方がいい。

637 :右や左の名無し様:2005/04/27(水) 08:04:17 ID:ozN6jlkI
そのうち僧侶が坊主頭で歩くことを禁ず、ってなるかもな

638 :宗教分布:2005/04/28(木) 11:18:47 ID:???
・アメリカの教育現場;毎朝の朝礼で星条旗への忠誠の宣誓儀式「神の下〜」

・フランスの教育現場;個人の信条を捨て、”よき共和国市民”になりなさい

・中 韓      ;”親日”だけで「売国奴」と非難を浴び社会的に抹殺される

639 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 16:02:10 ID:???

              戦争への道 〜 それは心の束縛から始まった 〜

明治政府は「 神社神道 」を「 国家の宗教 」とし国民の精神的統制を図ろうとした。国家権力による国民
の心の管理・統制は、大正14(1925年)4月22日「 治安維持法 」の公布によりいっそう強化された。

明治33年(1900年)の「 治安警察法 」制定には、国民による権カに対する反抗を防がなければならない
といった権力者側の意向が影響していたと考えられる。「 治安警察法 」が過激な破壊活動を目指す社会
主義運動等を取り締まったのに対し、より広く国民の精神の自由をも 管理する法律が「 治安維持法 」で
あった。昭和3年(1928年)3月15日全国の日本共産党員とその同調者と目される」568人が治安維持法
違反の容疑で斉検挙された。写真は検挙後、裁判所に連行される被告。検挙者は1500人以上に上り、
1年余も拘置されて拷問を受けた。大阪地方裁判所で判決が言い渡されたのは、翌昭和4(1929年)2月
のことであった。(世界出版社「日本の記録」より)    

昭和7年(1932年)6月29日内務省が、警視庁官房の特別高等課(特高課)を「 特別高等警察部 」こ昇格
させた。一般警 察と異なり、内務省警保局が中央統制した。以後左翼だけでなく、一般の社会運動や思想
言論まで厳しく弾圧されるようになった。

昭和18年(1943年)軍部政府の創価教育学会に対する弾圧により、牧口常三郎初代会長戸田城聖2代会長
(当時理事長)が入獄。 牧口初代会長は、1944年11月18日東京巣鴨の拘置所で逝去した。自らの宗教的
信念に基づいて、国家権力を批したものもごく少数ではあっだが存在した。しかし大多数が強大な国家権力
の圧力に屈し、国家神道以外はすべて『 異端 』扱いされた。これはやがて迎える戦争とそれに伴う民衆の
塗炭の苦しみという悲劇を生みだすこととなった。決然と『 信教の自由 』を貫いた思想家や宗教家、たちまち
軍部政府により徹底した弾圧を受けた。 ttp://w1.nirai.ne.jp/ken/senso.htm


640 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 17:03:03 ID:???
日本が共産主義国にならなくて良かった。

641 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 19:00:41 ID:???

私たちは、何らかの政治的発言を試みるものではありません。戦争によってもっとも苦しんだ
民として、心から平和を願う人類の一員として、そして生命の尊厳を第一義に掲げる仏法者と
して、どうしても叫ぱずにはいられないのです。「 武カだけは回避する」との基本原則に立って
ほしいのです。湾岸戦争以来くすぷり続けた火種が、もしも、再燃したならば、人類の子孫は
私たちの愚かさを嘆くでしょう。 それは、“大殺戮時代”と言われる20世紀を経て “不戦”の
21世紀を期待して止まない人類に対する明らかな“挑戦状”でもあります。

私たちは、断言します。戦争には、殉教者も、英雄もいません。勝者も、敗者もいません。ただ
あるのは、名もない庶民の犠牲だけなのです。 この事実は、先の大戦において 国内で唯一、
地上戦を経験した私たちの”魂の叫ぴ”にほかなりません。私たちは、武力を持つこと、武力を
ちらつかせながら交渉に臨むこと自体に、反対なのです。 行使する、しない、 にかかわらず、
武力を一つの解決手段ととらえることにおいては、まったく同次元なのですから。身勝手な大国
の不信感と不安感の現れでしかないのですから。 この一点に関して、私たちは断じて現実論
者にはなりたくありません。

642 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 19:02:00 ID:???

交易の一大拠点として栄えた琉球王国は、友好的な民族としても知られました。戦争をしたこと
がないぱかりか、外敵も内敵も知らない。武器さえも持たない。そんな琉球人の生き方は、かの
ナポレオンさえも 驚嘆させたほどでした。 武カよりは友好を重んずること、閉鎖的であるよりは
開放的であること。それは、琉球人の平和に生きるための「知恵」だったのです。

しかし、私たちは今、巨大な軍事基地に囲まれて暮らしています。この上、私たちの平和への願い
に逆し、 沖縄が戦争に加担させられることには、 心がかきむしられるような思いがするのです。
沖縄には『 肝苦(ちむぐ)りさ 』という言葉があります。それは、他人の痛みや苦しみに「胸が痛む
心が苦しくなる」という“同苦の心”“共生の心”。私たちは今、米国やイラクに対し、寛容かつ忍耐
強い対話を持続することを切に呼びかけます。 同時に、不信と不安の象徴てある核兵器と軍事
施設をこの地球上から無くすため『 強靭な信仰心 』で、強気と勇気の行動を力強く開始すること
をここに誓います。 1998年2月26日

643 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 22:23:13 ID:Ny91FDLK
ネタは出たが>>633は大言壮語して逃げたようだな


644 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 07:50:26 ID:???
あげ

645 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 17:47:11 ID:G+yznkX1
皇室制度を批判してるバカはかつての共産主義者と同じだろう。隣の芝は青く見えると言うが

646 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 20:29:13 ID:cSAf2r39
>>633
オマイの脳内では紀元前何千年の戦争まで遡れば”説明”になるんだ?
「議論の基本中の基本」を説明してもらおうかw

>君(や2chの極右諸君)より事実を何百倍もよく知ってるからな。
>バカで不勉強なウヨクのお前をボコにするためにさw

左右通じてここまで自意識過剰な香具師も珍しいな。よく恥ずかしくないというか
まさかここまで偉そうに吹いてトンズラか?プw

647 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 06:47:55 ID:gA/b0san
∧ Α ∧
( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |  
   Y /ノ    人 >>633
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /  




648 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 17:45:45 ID:???
>>642
>戦争をしたことがないぱかりか、外敵も内敵も知らない。武器さえも持たない。そんな琉球人
嘘はイケナイ。武力抗争或いは武力を背景としない国家など一つとして存在したことがない。
武器を持たないのではなく大量の金属武器を作れる資源が無かっただけのこと。
自己の意思で持たないのではなく、自己の意思とは無関係に持てなかったということ。

649 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 19:03:07 ID:2mKmkclG
南国系はラテン

650 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 22:26:44 ID:aEWWzev6
>>648
>武力抗争或いは武力を背景としない国家など一つとして存在したことがない。

実はあるんです。理想国家コスタリカがそうなんです。


651 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 07:49:10 ID:kUhPRGEF
沖縄は独自の拳法があり素手で闘ったという説があるが?

652 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 10:11:17 ID:nw+HLdSf
琉球が先島諸島でやってきたことは、武力侵攻ではないと? コスタリカの武装警察の人口割合と米軍基地の存在について

653 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 21:23:27 ID:cYFj4fvj
琉球人は酒が入るとけっこう暴れるけどな。
昔は自衛隊に対しても偏見がすごかったとか。
中国が触手伸ばしてきてるのは沖縄周辺だから
救急患者輸送だけってわけでもない


654 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/02(月) 21:43:19 ID:xVxpX3+5
>>650
前から気になっていたんだけど、コスタリカの内情について
詳しい言説ってないよね。

http://www1.ocn.ne.jp/~mourima/sindou.html
を読むに
常備軍を禁止し、警備隊を置く点では日本と同じだし、
国家緊急事態に編成される軍隊に対する規定があるのは
日本より法整備が進んでるとは言えるかな(法実証主義的にね)

655 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 22:38:03 ID:cYFj4fvj
スイスが非武装だと信じてた女子大生が朝○新聞に投書
F18戦闘機購入決定に失望したんだと

656 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 08:04:28 ID:???
天皇陛下沖縄御訪問の際の歓迎ぶりはすごかった。
>>624リンク先のように頭がおかしくなった反皇室がキティガイであるのは
過去何度も証明されている。
例えば日本初の爆弾テロで大勢の市民が虐殺された三菱重工爆破事件は、当初
御召列車を狙って製造された爆弾が用いられた。
どこの国でも企業の投資を熱望しているがこれを「アジア侵略」などと勝手な
妄想を膨らませ、狙い易い無防備な民衆を血祭りにあげる狂犬が「平等」好きな
天皇制廃止論者なのである。
天皇制廃止論者は自由と民主主義の敵であり、存在そのものが罪なのである。

657 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 14:17:11 ID:y2wgxm4/
まあ皇室に反感持ってる香具師は確かにおかしいね。

理性的でないところから私怨でもあるんだろうけど


658 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 22:25:24 ID:KFZfb7NI
コスタリカ信者は、米軍反対で、非武装中立信者なんだけど
コスタリカには米軍基地があり、武装警察が人口割合で多いのですが、気はたしかなんでしょうか?

659 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 22:47:00 ID:n9dxwMOk
・社会主義者
・九条信者
・天皇制廃止論者

この三者の共通点…現実の世界を知らない脳内お花畑。論破されると
ヒキこもって仲間内だけで慰めあうキモい人種。
実際ダブってるケース多し

660 :大日本報靖會右派 ◆KvxHGJYjEc :2005/05/03(火) 22:55:02 ID:???
さすがにこの板でも、皇室関係のひどいAAはるヤツが減ってきたな

661 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 23:51:37 ID:q/CnkW0J
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1055585101/693-695
反皇室の奴はこれを論破せよ

662 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 23:54:46 ID:n9dxwMOk
ことごとく論破され「ウヨク」と罵るか中傷AAで鬱憤を晴らすしかなかったのだろう。
反皇室は哀れむべき人間なのかもしれん。
脅迫で逮捕され無職が発覚したヒキコモリもいた。
社会の底辺で、屈折した劣等感をブラックジャーナリズム(+エロ雑誌)で
かきたてているのだろう。”負の循環”と言うべきか


663 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 12:17:27 ID:qRXpPWTm
今さらだが反皇室はDQNが多い。

無職でヒマだから日中からしょうもないAAをせっせとこしらえては貼ってたんだろうな。

ホント地球のために氏んで下さいって感じ

664 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 18:19:25 ID:2HuVySLu
>>661
宗教板やらニュース議論板やら、反天皇制は思想板でメタクソに論破されて
いろんな板に逃げ散っているのか

665 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 20:04:10 ID:Ed+BJMMz
皇室が無くなるとブッシュみたいのが元首になって戦争始めたり、
ノムヒョンみたいのが元首になって北朝鮮と仲良くし始めるわけだろ?

どこがいいのかさっぱりわからん


666 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 00:57:55 ID:cwZvtmz4
好戦的+エロい→サル
        

667 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 02:09:23 ID:5HYZGqMS
日本の国に必要だと思う国民が、多数なら天皇家は存続するわけだよねえ
邪教のものどもが、反天皇だとか皇室はいらないとかほざいても、勝手に異端の発言だと教団ごと、眉唾扱いされるだけだしw
権威という価値観を調べたほうがいいね、権威と権力を否定しても、人間社会には権威欲と権力欲が渦巻いているんだ。
ローマ法王や、イギリス女王のような最高権威専門を、皇族の方々に集約する事は、皇族最高とか、天皇最高とか、軍国主義万歳という事ではなく
皇族以外の時の権力者に、権力と権威が集中してしまうのを防ぐ為なんだ。日本がアメリカやフランスのような国体になる
必然性や、クーデターを繰り返す諸共和国国家のような危険性を、排除出来る方策でも示して欲しいものだ。

どちらにしても天皇家を親のように感じるというか、親であるなら、(その親は親として認められない。)と家族(国民)の
多数派が共通の認識を持つように、天皇家解体派が説得すればいいのだ。そして新しい国体を示して(納得)させて
いくたの難関を経て、事務手続き(憲法改定)を成し遂げればいいのである。親を親と思い。親しみを持ち
親を中心に仲のいい家庭を築く、そこには母親父親の権威があり、甘えん坊の長男や、ずる賢い次男、成金の三男などが
一時的な権力を持とうが、単なる権力者であって、指図はしない奥の部屋で暖かい微笑みを浮かべる、父親と母親の前では
緊張し、絶えずその権威の前で、自己の正しさを確認し、兄弟が親の前で恥ずかしい事はしないという、共通の価値観で
一部のものが暴走するのを防ぐという効果があるのである。ちなみに、それでも兄弟がオイタをすることもある。ヨソの家庭(外国)に
ちょっかい出したり・・・わたくしは肯定的ですがね・・どちらにしても、もっと体系化した共通の価値観で
最高権威の天皇家の存在が、認知されるのは時間がかかろうが、日本という国に天皇家は重要な役割として存在するのは間違いないと思われます。
http://66.102.7.104/search?q=cache:lvmrnbxGDTwJ:www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html+%E6%A8%A9%E5%A8%81%E3%80%80%E5%A4%A9%E7%9A%87&hl=ja
わたくしの下手な説明より、こちらのほうがいいかも
----------天皇と権威について、-----------------

668 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 10:37:34 ID:D1YzDFyc
根拠無き”権威”否定という心理は、実生活でどのような影響を及ぼしているのだろうか?

最近社会犯罪の動機でよく耳にするのが”自己顕示”という心理状態。
皇室が今より権威のあった時代では存在しなかった不気味な事件の心理的背景と
反天皇制との思想的繋がりはもっと指摘されていいように思える。



669 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 10:54:00 ID:NVLp/l8i

           ※※ 中国板の名物人「コンキョ君」のご紹介 ※※


【コンキョ君の名前の由来】
「根拠」と「証拠」の違いがわからず「根拠は?」と間違った日本語を繰り返したことから名付けられる。

【コンキョ君の特徴】
◆「差別は許さん!」という使命感に燃えているが
「中国の差別は綺麗な差別、日本の差別は汚い差別」と思っていて、しかも自分も差別発言をしている偽善者である。
◆朝日新聞が好き
◆自分の書き込みがスルーされると、「俺の意見にレスしてから書き込め!」と喚き散らす自己中人間である。
◆中国に対し否定的な意見があれば、酔っ払いの如く誰にでも絡んでくる。
◆苦しくなると、まるでコピペのような書き込みを何度も繰り返す。
◆粘着であるが、そのくせ論破されたり反対意見が多くなるとブザマに遁走する。
◆スレ違いな話題を書き込んだり、不特定多数の書き込んでいる人物を煽る。
◆気に入らない意見があれば相手をニートと罵るが、一日中中国板に張り付いているので自分がニートであることがバレバレw
◆なんでもかんでも日本や日本人を引き合いに出す。
◆自治の振りをして荒らす。
◆自称高学歴であるが、日本語が不自由である。
◆ヘビ料理が日本の一般的な家庭料理だという妄言を吐き、中国の人肉食についての書き込みを牽制しているつもりでいる。
(中国人もヘビを食べる)

こんなアイタタタ・・なコンキョ君ですが、お暇があれば皆さん是非でお相手してあげて下さい。
コンキョ君はあなたの書き込みをお待ちしておりますw

中国@2ch掲示板
http://academy3.2ch.net/china/



670 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 16:03:57 ID:0RF6E25+
皇室制度はやっぱり日本の安定した社会作りに不可欠だろう

皇室を敬う心がないと人心が荒んでアメリカ韓国みたいにDVや強姦、犯罪が
頻発すると思う。

671 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 19:54:42 ID:yX7KniE8
>>627
すぐウヨクとか決め付けるのはやめよう。
”普通の日本人”だろう

672 :右や左の名無し様:2005/05/05(木) 23:35:59 ID:mfAvCpnd
「ただ神のようなものだけが我々を救うことができる」(ハイデッガー)

人生経験と教養を積めば「天皇制反対」なんて言ってた香具師も自分の過去を
恥じるようになるに違いない。

673 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 06:06:35 ID:???
皇室制度を否定する=日本そのものを否定する

で、OK?

674 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 12:34:38 ID:8zHm/uZl
反皇室が民主主義の否定に繋がるのは民意の否定だからでは無く
皇室の理念が民主主義だから。
只多数というだけでの民意が絶対的な尺度として
「反皇室」という個人の考えを否定し日本から出ていけと言った時点で
>>1は反民主主義の反皇室という矛盾が生じる。

675 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 13:14:07 ID:iurbNN4k
>>674
それはどうかな?
過去にも「多様な価値観」×「多数決」みたいな民主主義の定義づけを
めぐる論争は幾度と無くあった。
具体的にはその双方を体現していたアメリカがいい実例になるだろう。
”自由”の悪用によって引き起こされた「9.11」テロ以降、
米国社会は明らかに宗教的共同体へ価値観をシフトさせつつある。
欧州でもリベラルだったオランダのようにゴッホの孫がイスラム教徒に
殺されて風潮が変わりつつある例も。
国家という共同体の共通価値否定に対し、出国、移動の自由は保障
されていますのでどうぞ御自由に、って事だろう。
平穏に暮らしている多数派を脅かすより、よど号グループみたいに好きな
土地へ逝って暮らすべき(何故か帰国しようとしてるが)

676 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 13:28:53 ID:8zHm/uZl
民主主義の不徹底を例に挙げても問題外。
他人の自由を侵さない限り自由という民主主義の理念である
「自由と平等」と矛盾するものは反皇室。

677 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 13:51:02 ID:iurbNN4k
>民主主義の不徹底を例に挙げても問題外

反皇室は”民主主義”より大事なモノがあるから問題なのだろう。
そういう意味でイスラムテロと本質は変わらない。
机上の水掛け論より現実を見つめ、よりよい社会はどのように
維持されていくんものなのか真剣に考えるべき。

678 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 14:51:25 ID:8zHm/uZl
なんか国家が共同体とかデタラメが多いな…
民主主義国家とは自由と平等を議会において実現するための機構の事。
自由と平等より皇室が大切と言った時点で反皇室。
他人の自由を侵した時点で反皇室。

679 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 16:59:25 ID:YvCOfCGq
>>678
なんか、つぎはぎだらけでよくわからんな。

>民主主義国家とは自由と平等を議会において実現するための機構の事。
これはネタでしょ?
例えばアメリカのように国家の富の大半を数パーセントの人間が握る貧富の差が
”平等”なのかどうか、”自由”にしても同性婚を認める国は認めない国より
自由なのかどうか?
これだけでも民主主義国家と非民主主義国家の線引きが出来るとは到底
思えんが?

680 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 17:10:49 ID:???
>>1 >日本国民が決める事にあくまで反対なら日本から出ていって
もらうしかない

基本的過ぎてレスするのもあほらしいが、あえて言っとく。

【民主的手続きで決めたことに反対する自由もなおあるのが、民主主義です】

「みんなで決めたことに文句を言うなよー」みたいな小学生じゃない
んだからさ
企業やサークルのような任意集団では文句があるなら出て行けばいい
と言うのもある程度は(ある程度だよ)成り立つ。
しかし国家は違う。

民主的手続きで決まったことを、非民主的手段(暴力)で妨げるなら、民主主義の
否定になりうる。
しかし、思想信条の自由や表現の自由は当然ながら上位規範だし、
そうした一人ひとりの考え方は自由と言う上に、
民主的手続きがあるわけで…

あたりまえだよね。

681 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 17:33:20 ID:YvCOfCGq
>>680
そういうのは奇妙な論理だな。

<この国の制度に反対だけど居座る>
何故?
生活基盤があるからやむを得ず?
ならば移民可能な状況であれば日本から出て行くって事。

この事を>>1は指して言ってるんだと思うよ。

何度も指摘されてるけど、日本の歴史は皇室と共にあった事実は
否定しようがない。皇室制度否定=日本否定というのは
過去なんどもガイシュツだが

682 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 18:05:33 ID:???
>>680
可笑しな理屈ですね。

日本国民が決めること(決定主体が日本国民であること)にあくまで反対なら
出て行くしかないと思うんですけど・・・。
国民が「決定した」ことに反対なら、国民は反対することも自由ですよ。
日本国民が決めることに反対しているんでしょう?
つまりわが国という枠組み自体を否定している。つまりは何処かの国と併合するとか、
吸収するとか、あるいは他国が日本のことを決める決めるということに賛成している
ということでしょう?出て行ってもらうしかないですね。

わが国という枠組みがあって、その国民による民主的手続きがあるわけで…

あたりまえだよね。

683 :680:2005/05/06(金) 18:43:04 ID:???
>>681>>682 まんずな、「人が何に反対しようとそこにいる権利は失わない」べ。
因みに漏れは個人的には皇室は尊敬しているし、象徴天皇制維持派です。
でも何に反対しようと自由ってのが基本なのね。

>>682 >>1をもいちどちゃんと読んでくだされ
>>1のどこに「『決定主体が日本国民』なのに反対なやつは出てけ」って書いてある??

あなたの言い方を借りると>>1は 「皇室の存在は国民が『決定した』こと(内容)だから、それに
反対のやつは出てけ」っていってるんだが。。。

>>681
>この国の制度に反対だけど居座る 何故

逆にいちゃあいけない理由を聞きたい。
制度は憲法をはじめ法が決めていることですので、それをコントロール
するのは国民や住民。制度は原則的に変えうる。
その原則を無視して国家の“本質”みたいなのを超法規的に
勝手に決められたのでは民主主義は骨抜きですね。

>皇族制度否定=日本否定
これが違いますね。理由は↑

気に入らないなら出てけとは、これと同じでおかしいよね↓
「自民党案の年金改革法が通ったのに、なんで反対するやつがまだ日本にいるの?」
「人権擁護法が成立したら、反対するやつは何で日本にいるの?出てけば?」

684 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 21:59:52 ID:b8PVrD0T
>>683
>逆にいちゃあいけない理由を聞きたい。
それはすでに述べているが?
法的には日本在住の権利はあるよ。
思想レベルの話なんだけど?

>その原則を無視して国家の“本質”みたいなのを超法規的に
>勝手に決められたのでは
全然超法規的じゃないよ。民主主義が決めた”本質”なんだけど?

>気に入らないなら出てけとは、これと同じでおかしいよね↓
それはすり替えだろ。
どの先進国も政策レベルでの対立はあるが基幹制度を否定する論なんか
無いしもち日本でも無いって事だろ、スレタイは。
米で自由と民主主義を否定したり仏で共和制を否定する政党、候補が
存在するのと同じでおかしいよね。

685 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 22:16:07 ID:???
>>684
>法的には日本在住の権利はあるよ。 思想レベルの話
わかりました。
要するに天皇の存在は日本の存在そのものだと言うわけですね。
漏れは天皇の存在は必要と思うけど、日本の存在そのものとまでは
思わない。

民主主義が決めた本質って何をどう決めたんですか?

686 :右や左の名無し様:2005/05/06(金) 23:32:07 ID:LLq9oxnR
自由とは個人が『責任』をもって『何かをすること』に障害(束縛・強制など)がないということ。
そうすると今度は、人が自由に振る舞うためには、いろいろな条件が必要になる。
他人の自由を犯す様な何か問題のあるやつがいたら警察が捕まえてくれるとか、
様々な信頼関係がなければいけない、
そのような信頼を支えるのが公共財である国家です。
つまり、人々が『自由に振る舞うために、苦心して作り上げてきた道具』が国家です。
民主主義国家とは具体的に自由と平等を実現する為に議会において立法し行政の運営方針を定め
司法において是非を判断する機構の事。

人為的なミスによって民主主義が不徹底となる事があり得るが
あくまでもそれは自由と平等の不徹底であり否定では無い。

水戸学の栗山潜鋒は「保建大記」において、「天皇は、保元・平治の乱のときに悪逆非道の行いをしたので、
徳を失って政権を失ったのだ」と主張しました。
「もし天皇が前非を心を改めて徳を持った君主に戻ったならば、政権は天皇に戻るはずである」となります。
これが明治維新を支えた尊皇思想です。
皇室は民主主義を暫定し善政を行うから存在を民が認め社会が良くなると言うのが右翼の本義。
北一輝のように「国民のための天皇であり得ないなら討ってよし」と公言する者こそわずかだったが
そうした発想が受け入れられる土壌が曲がりなりにも明治、大正にはあった。

687 :右や左の名無し様:2005/05/07(土) 09:09:10 ID:Fb3m8ASW
>>685
>民主主義が決めた本質って何をどう決めたんですか?

内親王ご誕生の祝賀の賀詞を奉呈する決議が、衆議院参議院の両院にて
保守革新与野党問わず「全会一致」で決議された。



688 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/07(土) 12:21:30 ID:???
というか、民主主義の基本として、まず「その範囲」が決められるわけでしょう。

東アジアのことを東アジアに存する人々が民主主義で決めれば、中国の一人勝ち
でしょうよ。日本という国が一つの民主主義的決定の単位であると、まず定めないと
日本の民主主義自体が成立しない罠。

では、その日本という括りが正当であるという主張の根拠を何処におく?
歴史の中にしか根拠はない罠。個人を基調にどう考えても日本という括りの正当性など
でてこないわけですよ。
言い方を変えれば「我が国の国民が我が国の国民として統合している」ということは
歴史の中でしか証明できず、其れを天皇が象徴しているということでしょう?

仮に「我が国が統合していることを否定したい」ならば出て行くしかない罠。
我が国の国民の統合を了解する上での天皇制廃止論者なら、出て行かずに
我が国が統合していることをどう説明し、どうして我が国が独立を維持しつづけようと
しているのか、其れをどのように表現するのかを提示して廃止論にしなければだめだよね。

689 :右や左の名無し様:2005/05/07(土) 12:42:45 ID:Fb3m8ASW
天皇制廃止論なんて社会主義全盛の50〜70年代の遺物だろ。
当時の左翼はどんどん転向していって、時代に取り残された左翼崩れが
ネットで中傷繰り返してるだけ。見苦しいというか哀れさすら感じる。
共和制の欠点も明らかにされているし、論破された廃止論者がニュース議論板
とかに落ち延びてヒッキー相手に虚勢張ってるようだ。




690 :右や左の名無し様:2005/05/07(土) 21:00:20 ID:???
廃止論者が日本に居る理由は無い、という事が明らかになったね。

アメリカ軍に入隊すれば移民申請もすんなりじゃなかったっけ?




691 :右や左の名無し様:2005/05/07(土) 21:31:11 ID:gEEA/Czz
皇室の存在で、日本国民を子供っぽくしていないかという疑問あり。日本人の先祖
と言いたいがために、歴史を明らかにしない。天皇陵、正倉院御物の非公開など。

692 :右や左の名無し様:2005/05/07(土) 23:27:21 ID:???
>>687>>688>>689
はいはーいまず誤解ないように整理しますが、
一、「出て行け」と言う人の言う「出て行け」は法的な意味ではなく、
思想的な意味
一、漏れ自身は天皇陛下・皇室は尊敬しており廃止など考えられない。

>>688-689さん >>683冒頭に書いてあるじゃないすか。読めば、私が
天皇制廃止論者なんかでは全くないことは明確なのですが。的外れですよ。

さて
>民主主義が決めた本質
>内親王ご誕生の祝賀の賀詞を奉呈する決議が、衆議院参議院の両院にて
保守革新与野党問わず「全会一致」で決議された

これは象徴天皇制の存在を全会一致で認めたと言うだけの事で、
それが日本の本質であるとかないといったことに言及していません。
またそれに反対する自由を捨てるあるいは捨てさせることは意味しません。


>民主主義の基本として、まず「その範囲」が決められるわけでしょう

まず民主主義の本質・定義・条件あるいは範囲は政治学的にある程度明確に
なっています。(大統領制か議院内閣制か等の違いは民主主義の本質の範囲内
での違いです)
で、仮に民主主義の本質つまり「何にでも反対する自由はある」「人や企業の
財産は不当に侵されず、経済活動は自由である」「選挙で立法府を形成し、
立法府が法を作る」等を、
民主的手続きをちゃんと踏まえてでも否定してしまったが最後、その国は民主
主義国家ではなくなります。
上記のような民主主義的本質を越える“本質”のようなものを持ってこられては、
民主主義ではなくなります。(続く)

693 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 00:01:29 ID:siNO1+4T
>>691
子供っぽいかどうかなんて主観に過ぎないだろ。
オレから見たらアメリカ人とかの方がよっぽど子供っぽいんだが、
”大人っぽい”国民はどこの国なのよ?

694 :692:2005/05/08(日) 00:19:43 ID:???
>日本という括りが正当であるという主張の根拠を何処におく?

「自明さ」「取り替え不可能性」の事を仰りたいのだと。
で取り替え不可能性は天皇の存在だと言うわけですね。
統治行為論にも繋がるかもしれませんね。
この辺非常に面白い指摘だと思います。

括りの正当性ですが、
日本(自分の国)という国あるいは地域が好きだと思う事
言語的・地理的意味、文化的・歴史的意味、
日本的なものをあげることはできますが、外国から来たものが
根付いていたり変容して溶け込んでいる事もあるわけです。

また人それぞれが尊ばれる自由で民主的な法・制度への基本的な意味
でのある程度の信頼。
(個々の制度[福祉、警察、水道、年金…]などへの個別的な信頼に支えられ
ている面はありますが、個別的な信頼が低くても基本的な信頼までは
普通侵食されきりません)

695 :692:2005/05/08(日) 00:20:44 ID:???
トータルとして見た時に、人々が具体的に酷く不幸にはならないし、何らかの調整のためには不完全な国家であっても必要で、ベストではなくともベターな選択だということ
(利害の調整のために国家はないと困り、中共のような非民主的体制[不幸を生む]ではないから支持されうるということ)

日本が好きだという感情はつまりEUがもっと進み、国境がなくなってしまっても、フランスはフランスであり続けるのと同じことです。日本もEUのような所に属しても、日本は日本であり続けるし、それは当然否定されないし、そうあってほしいと思います。

なお歴史的意味には、天皇の存在も庶民の存在も武士の存在も石器時代も平安時代も昭和40年代もどれも入るわけですが、そうは思わない人もいるかもしれませんね。

兎も角、括りの正当性はこうした漠然としたものでしかないし、それ以上のものはありえないだろうと思います。これこそ日本の本質といったものは確定しようがないのではないかと。

東京都あるいは旧・武蔵の国の範囲がなぜこのようになっているのかと言うのに
似た問題で、たまたまとしか言いようのない部分も大きいと思います。

しかし、漠然としていて偶然でも上記の日本が漠然と好きだと思うことと、
法・制度へのトータルな意味での信頼があれば日本という括りは変わりません。

こうした漠然さはある意味居心地悪い。そこでそれを嫌い、何らかの“本質”を
求めてそれを全ての人に強い、そのことで民主的システムを骨抜きにしてしまっては
かえって瓦解を招くと思われます。

696 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 05:38:55 ID:MYphEf02
日本の歴史を隠さねばならず、歴史を知ろうとしない点で子供っぽい。10万年以上
前から日本人はこの地に住んでいる。彼らはいつ、どんな理由で国土に来たか。なぜ
天皇と呼ばれたか、史実を学校で聞いたことがない。
国旗を皇居で振る人々に、だれに対して旗を振っているのですかと聞いてみたいも
のだ。

697 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 11:56:26 ID:???
>日本の歴史を隠さねばならず

696は電波臭いな。10万年前の古文書でも発掘したのか
オカルト板をお勧めします。

698 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/08(日) 12:08:44 ID:???
>>693
後段はずいぶん頓珍漢だね。

範囲とは「その決定が有効な範囲」であり「投票などの民主的決定に関与できる
人々の範囲」のことだがや。

「出て行くしかない」という場合、内部と外部の峻別がされているわけで、
内部であるかどうかの正当性を何処に置くかは、その民主主義を採用しようとしている
あるいは採用したとしている集団にとって「本質だ」といっているんだが・・・。

まぁ事例的に言えば「東北にキリキリ国を独立させて」その内部においての民主主義的
決定で天皇制を廃止したとしても、「キリキリ国」が正当でなければ、日本国内部の東北が
「何やってんの?」といわれちゃうでしょ?
民主的決定はその民主的決定に参加する人々の範囲=決定が有効な範囲が定められて
初めて機能するということを申し上げているわけですよ。

その正当な範囲というものは、正統(正当じゃなく)であるという根拠に支えられている
わけで、そのことと、天皇が象徴であることは密接だよ・・・と言っているわけですわ。

699 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 12:31:21 ID:MYphEf02
>>697 日本最古・10万年前の遺跡発掘されているのは、すでに全国紙などを通じて
広く知られている。では、天皇様ご一家はいつ、どこから来たかなどの疑問が当然に
湧き上がる。国民は、天皇は全日本人の祖先と教育されてきたからだ。
日本政府官僚は国民を無知もうまいにして置きたいだろうが、人には正直に生きるこ
ともできる。低脳、愚弄する日本政府官僚といわれないように。

700 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/08(日) 12:34:40 ID:???
つづき

で、>>694-695では、個人というものから「括りの確かさ・・・正当性」を立ち上げよう
として失敗しているよね。
当然でしょう。個人の認識に関わらず、国は厳然と存在するし、個人の認識に関わらず
「我が国の主権者の範囲」は原則的に血統で決定するわけです。

我が国の範囲は「血統によって期待できる、ふるさとを思う気持ち・親近感・独立を維持
したい動機・忠誠心の対象などの範囲」によって支えられているということであり、
(漠然としているのは単に期待であるからでしょうし、それ以外にないわけです。)
具体的なその範囲は「歴史的事実(地域的にもそうでしょうし、血統というのもまさに
歴史的事実です)」によって正統と(我が国内部では)決定付けられるわけです。
そこが漠然としていたんでは有権者名簿さえ出来ない。w

民主主義・個人主義も結構ですが、その決定が適用される範囲というものの確定は
「歴史の中にある」わけで、EUが「キリスト教的な人間中心主義」をかかげて
緩やかに統合するのも、そのことが歴史的に正統であるが故のことですよ。
だからといって其れに納得した上で仲間になろうという人を排除しないから、
我が国では帰化と言う制度があり、EUではトルコの加入を検討する。
それに納得できない人は排除されるということです。(出て行くしかない)




701 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 12:42:58 ID:???
>>699
まさか学術的根拠のない「騎馬民族征服説」にでも感化されたんか?w
発掘された土偶の外観から「宇宙飛来説」ってのもあるぞw

そもそもスレ違いなんだけどね

702 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 19:31:45 ID:vw1qK+FT
>何にでも反対する自由はある

第一次大戦後のドイツ、ワイマール憲法は自分自身を否定する思想の自由まで
保障してたがゆえに、左右両陣営は憲法が保障する権利を利用しながら憲法を
公然と否定し政治的混乱の挙句ナチスが台頭する要因になったそうですよ、>>692さん。


703 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 22:05:46 ID:MYphEf02
>>701 おたく、何を言ってるの?
>>702 そのように西洋・白人を知って思想の影響あると日本警察は考えたと思える
が、コッケイだ。日本人に思想で身体を拘束できない。微妙な相違がある。民族性
について知ったか振りしないように。思想の自由をいうなら日本の歴史でそんな禁書が
あったか。曝書があるか。似た姿をしているから同じ行動を取ると軽々に判断しない
ように。私はそのような日本人連中にうんざりしている。その観点からは、何の役に
も立たないというのが現在の結論だ。幻想を植え付けないように。

704 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 22:19:14 ID:MYphEf02
ゴリラとチンパンジーが似ているからといって、行動様式を同じに取ると判断するな。
日本人の書いたものをよく読んだが、何の役にも立たない。その点で>>702 は危険な
判断に誘導、他の日本人に誤った現実錯誤を誘導する危ういものだ。
とにかく知ったかぶりしないように。白人も東洋人も遠い目には似ているが、思想など
という問題からみれば、違う生物ととらえた方がいい。事実、人は同時多発的に発生した
という学説がある。簡単な問題で、>>699がある。思想が現実の行動を誘発・既成する
なら、現実をそうであると説明する外ない概念の構築がなければ行けない。日本人に
は百姓一揆のような感情的爆発で行動する以外ないと、失礼ながら思っている。

705 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 22:30:49 ID:???
>>698>>700
「範囲」の正当性は、漠然としたもので偶然性によるものでも特に困る
ことはありません。

漠然と「日本」と呼ばれているものが好きだと思うことと、 そして法・
制度へのトータルな意味での信頼があり、付け加えるならば「デモクラシー
が唯一のゲーム」なっていればそれで充分でしょう。

少なくとも上記のような場合に、現在の状態を変えようとは誰も思わない
わけです。

706 :705:2005/05/08(日) 22:39:05 ID:???
それと、国家の本質のようなものはどこの国でも決めようがありません。
皇族など正当性にしても、やはり偶然性であるとしか言いようがないで
しょう。
まず、日本列島の石器時代以来の歴史とあわせれば皇族の正当性は
偶然以上の証明の方法は無いでしょう。
(少なくとも記紀神話が実話で無い限りは)

また天皇家も畿内地域にいた一つの豪族なわけで、強かったので他の豪族と
の戦いに勝ち、また人望が厚かったとか治水とかに成功したとか
そうした偶然の積み重ねで日本列島の多くの支配(後は名目的支配)に
成功したと考えられるわけですから。
でも偶然で別によくて、私を含め多くの国民は皇室を基本的に尊敬し
愛子さまがTVにうつると嬉しくなる。それで充分なわけです。


707 :右や左の名無し様:2005/05/08(日) 23:37:17 ID:???
ID:MYphEf02が日本人でないと分かるまで結構かかった

708 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/09(月) 16:53:41 ID:???
>>705
困ることがないなら、血統主義(国籍)の正当性を説明してください。
我が国に居住している、血統主義から言えば日本人でない人に関して
国政に関して参政権を付与され無いことの正当性が、
>困ることはありません。
なら説明できますよね。・・・どうぞ

>>706
>それと、国家の本質のようなものはどこの国でも決めようがありません。
そうですか?別に本質を決めろといいませんが,我が国が独立し其れを維持
しなければならない理由は、提示しないと、他国の属国になることさえも
相対化されますよ。
其れは逆に、他国を併合することも相対化することですが、それでもいいんですか?


709 :右や左の名無し様:2005/05/09(月) 21:55:43 ID:rfd5ShVF
正当性を民主主義に求めるからブッシュが戦争しまくりなんだよな

710 :右や左の名無し様:2005/05/09(月) 22:13:02 ID:o9eI8+u0
皇室の存在で、歴史を十分明らかにしないというのは国民への罪ではないか。私は知りた
いし、知らしめずに慶賀祝典催すはいかがなものか。ちなみに、戦後初の天皇訪米直後の
記者会見が開かれている。そこで懸案の天皇の戦争責任に質問が触れたとき、天皇はその
ような文学的なことは分らないと笑った。これが全国民注目の全国放送で放映されたが、
この前後で皇居祝賀訪問者数に変動があったとは思えない。
>>702 の見解は明治早期、西洋ではそのような思想的に触発された政治運動があり、
日本警察が日本への文物輸入に際し弾圧に乗り出したことに同じだ。到底、ドイツ
その他と同じには考えられない。人間を知らないといっていい。天皇記者会見にある
通り、この国で思想的触発は想像できない。冷静な調査分析が必要と同時に、犯され
ざる権利を有する大人としての振舞いを政府に求めたい。日本は政治的に民主主義を
取っているのだからこれに反してはならない。

711 :右や左の名無し様:2005/05/09(月) 23:44:49 ID:NasyAsOL
710が何をわめいてるのか意味不明です


712 :大日本報靖會右派 ◆KvxHGJYjEc :2005/05/09(月) 23:59:34 ID:???
近頃の左翼は知性のカケラも感じられない

713 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 00:24:29 ID:Ic42Qmze
環境や地域が違った人間によって価値観や道徳には差異が生じる。
一方に取って善であっても他者から見れば悪となってしまう事は往々にしてあり得る事だ。
違う価値観や道徳意識を持った者同士が共に生きるために倫理が必要となる。
倫理とは心情的、経験的にそれが正しいと認識するには困難だが
科学的、叉は一神教的神の視線から普遍的に正しいとされた規範が「倫理」。
これは教えてもらうか感情から切り離し論理的に組み立てて考えないと解らない。
身に付ける物では無く理解するか信じる物である。
普遍的価値観や道徳が無いという事自体は普遍的ならそこに普遍的なルールが生まれる。
それは、個人が価値観や道徳心を身に付け実行する為に他人の価値観や道徳心を犯さない限り
自由な試行錯誤を保証するというルールだ。
これが倫理であり民主主義の基本である。

714 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 07:11:32 ID:628gXd8M
>>711 大人としてのい振舞いを求めている。独逸事例を持ち出すのは、この国では違和感が
大き過ぎる。
>>713 基本的な歴史を教えないのは罪といったから、倫理を書いているのでしょうか。「科
学的に正しいとされた規範が倫理」というのはまちがい。「これは教えてもらうか感情から
切り離し論理的に組み立てて考えないと解らない」まちがい。「普遍的価値観や道徳が無い
という事自体は普遍的ならそこに普遍的なルールが生まれる」日本人はウソツキだと日本人
が言ったら、これは真実かという矛盾ある。普遍的価値がないなら普遍的ルールは生まれな
い。民主主義は政治的ルールで倫理のはんちゅうではない。

715 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 10:22:59 ID:???
政治的なルールは倫理の範疇。
そして倫理は価値観ではなく価値。

倫理=人倫の道=人類普遍の規範
人類共通のルールを定めるなら価値観の違う者同士
侵害しないで共にに生きるために自由に対して平等である事を
目指すしかない。
それが民主主義の理念である自由と平等という倫理。
議会政治によって具体的な方針を定め理念の実現の為に試行錯誤し
実力行使を行い場合によっては手を汚すのが民主主義国家という機構。

みんなが(平等)多数決(議会)で決めた事は何でも思い通り(自由)と言う
馬鹿がいるがそれは単なる民主主義の不徹底。

716 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/10(火) 10:55:07 ID:???
人類普遍に規範など求めるから、人類普遍の規範である「○○」を
全世界に広めることは、「善意である」と確信し、他国を併合したり、
他国を侵略し憲法を押し付けたり、戦争を輸出するんだろうねぇ。

十字軍然り、中国のチベット侵略然り、日本の半島併合然りである。
地獄への道には善意が敷き詰められているから、ポアした宗教も
連合赤軍の総括も、戦時中の憲兵も、文化大革命での2千万人の大虐殺も
「主観的には、善意」ですからねぇ。

「我が国の価値」は「他国と同程度に特殊である(完全なものはないんだから
良くも悪くも)」と思ったほうが、平安は訪れるんじゃないの?

717 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 12:08:27 ID:???
>>716
その為に自由と平等が普遍のルールとなる罠。

718 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 13:36:56 ID:???
>>716
>十字軍然り、中国のチベット侵略然り、日本の半島併合然りである。
>地獄への道には善意が敷き詰められているから、ポアした宗教も
>連合赤軍の総括も、戦時中の憲兵も、文化大革命での2千万人の大虐殺も
普遍的な規範を求めるべきではないということになると、これらのことも批判は
すべきでないってことになるわけだな。

719 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/10(火) 16:30:00 ID:???
>>717
その論法で行けば、自由と平等をイスラム社会に輸出するための戦争は
正義(善意の正しいこと)になるよね。どなの?

>>718
我が国の価値から言えば「批判すべき」だし、別に全人類的価値からじゃなければ
批判してはならないという事にはならないだろう。激w
各個人の価値観から批判することは自由なように、我が国の価値から批判することは
別に何の問題もない罠。「他国に」強制しなければ・・・。

720 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 22:42:29 ID:???
>>719
>その論法で行けば、自由と平等をイスラム社会に輸出するための戦争は
>正義(善意の正しいこと)になるよね。どなの?
どうとでも取れる文章だな。
自由と平等をイスラム社会に輸出すればイスラム社会はイスラム社会のままだ。
イスラム社会を犯した時点で自由では無い。

>「他国に」強制しなければ・・・。
それが普遍的な価値。

721 :右や左の名無し様:2005/05/10(火) 22:48:41 ID:???
>>719
>正義(善意の正しいこと)になるよね。どなの?
正義≠善意の正しいこと

せいぎ【正義】
社会全体の幸福を保証する秩序を実現し維持する事。
プラトンは国家の各成員がそれぞれの責務を果たし
国家全体として調和があることを正義とし
アリストテレスは能力に応じた公平な分配を正義とした。
近代では社会の成員の自由と平等が正義の観念の中心となり
自由主義的民主主義社会は各人の法的な平等を実現した。

まあ、倫理と同義だね。

722 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 00:25:25 ID:6jQNsLkO
とにかく一神教的世界観からくる”正義”が、戦争、テロ、憎しみの連鎖を
生んでるのは間違いないのだから、その価値観を基盤としている天皇制廃止論が
危険きまわりないクソ思想であるのは間違いない。

自由と民主主義と相反するクソ思想をいかに日本から追い出すかに各人の良心が問われている
といっても過言ではあるまい。

723 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 00:37:07 ID:CMMLMRaO

【韓国】韓電機工、日本原子炉整備市場に進出[05/09]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1115638329/l50


(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

724 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 01:33:43 ID:???
 新渡戸は、『武士道』において彼の天皇観について次のように述べる。
「われわれにとりて天皇は、法律国家の警察の長ではなく、文化国家の保護者(パトロン)でもなく、
地上において肉身をもちたもう天の代表者であり、天の力と仁愛とを御一緒に兼備したもうのである」。
キリスト教信仰の基準とされる聖書では、申命記第六章第四節にあるように、
「我らの神、主は唯一の主である」と言われている。
では、新渡戸の中で国家に忠誠を尽くすこと(もしくは尊皇の思想)とキリスト教信仰が矛盾することなく
両立していたのは、一体どうしてなのだろうか。
この論文では、新渡戸の生涯を見ていくとともに、彼のキリスト教信仰と近代天皇制との関係性について考えていく。


725 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 06:56:40 ID:m8Oty8th
新渡戸、頭おかしいんじゃないか。天皇が天の力と仁愛を兼備した(?)
言われた方は迷惑じゃないのか。天の力、仁愛は何か。兼備したことをどう証明
する気か。

726 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 07:05:33 ID:m8Oty8th
>>715 このようなことを書いているから、日本人の書いたものは何の役にも立たな
いといってるのだ。

727 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 07:14:10 ID:m8Oty8th
日本で思想警察はバカげたことがこれでよく分るだろう。取り締まるに値する
なら、それが現実のものであることが何よりの前提だ。書いてる本人すら現実、
事実を書いているつもりになっていないだろう。このことをよく理解してほし
い。

728 :右や左の名無し様:2005/05/11(水) 23:28:20 ID:EK5qKZm9
強い電波を感じます

729 :右や左の名無し様:2005/05/13(金) 07:49:43 ID:L477NBoz
新渡戸は5千円札に印刷されるほどの教養人で国際的にも強い影響を与えた人物。
彼の思想を理解できないレベルの低い無教養なDQNは何を言っても説得力なんか無いよ。
アウフヘーベンをどう証明する気かw

730 :右や左の名無し様:2005/05/13(金) 16:06:26 ID:RbjB5JaU
日本に思想警察はありません。内政干渉はやめましょう

731 :右や左の名無し様:2005/05/13(金) 22:20:52 ID:???
少女を複数監禁して「ご主人様」と呼ばせていた小林泰剛容疑者、
反皇室の例にもれず、やはり異常性犯罪者でした。

*小林泰剛容疑者中学時代の卒業文集
http://with2ch.net/cgi-bin/pict/image-box/img20050513125103.jpg

「戦争の元を作ったのは、やはり、日本の人々や天皇だと思います。」

732 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 09:04:04 ID:pRQgKaSz
>>729 彼の思想を理解できないといってるが、私の問い掛けは、@天の力、A仁愛は何か。B
兼備したことをどう証明する気かだ。5000円札に顔が印刷されているからというのは、彼が優
れた思想家であることの理由になっていない。まやかしでしか説明できないのは現実には何の
効力、影響力を持たない。そんなものを取り締まっても中味がないのだから、ムダだと申し上
げている。そもそも天の力などこれを語っている人自身が事実、存在するものだと信じていた
のかという疑問もある。簡単に兼備していたと言うことからでもある。Cアウフヘーベンの具
体的意味内容は何ですか。これがHegelの思想を示しているなら、私の漠然とした知識では事
実から掘り起こし、現実世界を説明しようとしていることが重要なことです。そして有名な、
私の思想が誤っているのではなく現実が誤っているという文言につながる。彼らはホラを吹い
ているのでなく、真面目に事実と現実世界はこうだと説明し、だからこそそこに不一致がある
という指摘につながり、現実が誤っているという背景には現実と事実を説明しようと強い動機
あることを示している。そこの根本が日本人有名各種著作者らと大きく異なると申し上げてい
る。
>>730 思想警察があることは各種単行本で、他の人も十分に指摘している。その規模は大き
いとも書いている。

733 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 16:39:30 ID:oCzZHZ1k
反天皇制主義者がいかに低知能かよく分かるスレだな。

>>732
まずアンタが今の日本に思想警察が実在するっていうソース出しなよ。
脳内じゃないんだったらさ


734 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 18:09:56 ID:oCzZHZ1k
お札に肖像が印刷されるって事は、個人的に優れていると思われているのではなく
社会的に優れた功績が認められているっていうことなんじゃないのか?
それが理解できる出来ないはもはや教養の問題と言っていい。

735 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 18:48:48 ID:pRQgKaSz
不特定人の推定的実像を聞いているのではない。有名だからといっても、必ずしも優れ
ていると限らないと言われている。彼の思想、思想の現実的有効性を説明してみろ、
と言ってるのです。数人の日本人のものを長い年月、読み通し何の役に立ったと言うの
か。私は冗談で聞いているのでもなく、お札に顔を印刷したことが日本人に思想的影
響を与えた実証だなどとバカげたことを聞いているのでもない。

736 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 20:07:51 ID:ZV9oxuFe
で、”思想警察”の根拠は?

737 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 21:29:12 ID:ZV9oxuFe
>>735
>お札に顔を印刷したことが日本人に思想的影
>響を与えた実証だなどとバカげたことを聞いているのでもない。

印刷されたから影響を与えたのではなく、影響を与えたから印刷されたんだろ?
じゃあどういう理由で印刷されたと思ってるんだ?あみだくじかw

738 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 22:04:43 ID:pRQgKaSz
影響を与えたから印刷された? まあそんなことはどうでもいいことで、問題は
彼はどんな思想を主張したか。
影響を与えたのではなく、利用されたことも考慮するはんちゅうには入るでしょう。
日本のマスメディアですでに紹介していることですが、白人にこびていた。

739 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 22:17:26 ID:Ix6405LK
日本の建国者神武天皇をお札に印刷してほしい。

740 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 22:34:22 ID:pRQgKaSz
補足:仮に影響があったから印刷されたとしても、彼に影響を与える思想がなかったら、それ
は思想的影響ではない。皇室の存在で日本政府は日本の基本的歴史を教えない、非公開にして
いるとしても公開によって、人々に影響与えることはないだろうという見解あり。実例として、
天皇訪米後の有名な記者会見がある。これによっても、正月など皇居参拝者数にはその前後で
変動はなかったであろうことがこの見解を支持する。ところが自由に思考するとドイツ・ヒトラー
のごとき登場があるのではないかと投稿あるが、そもそも日本人間で思想的影響があるのかと
いう根本的疑問あり、民族、人種間では、大きく理性に働き掛ける思想とその効果には相違が
ある。日本とドイツをこの問題で同一に比較するのはコッケイだ。

741 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 22:37:04 ID:ofDwUnGi
>>740
もうその辺で筆を収めなよ。
引き際が見極められないのはみっともないだけだぜ。

742 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 22:37:13 ID:???
>>739
ちゃんとした肖像が残っていない人物は対象外です。
戦前はその基準が無かったので、
神宮皇后:大蔵省でバイトしていた女性がモデル
藤原鎌足:大蔵卿の松方正義を白人風にアレンジ
みたいに変な方向に行ってしまった。

743 :バカもの741へ:2005/05/14(土) 22:46:20 ID:pRQgKaSz
そのように一人で分ったようなことを考え、書くことも日本人の間では何の影響、
効果ある思想がないことを表している。引き際とは何か。日本警察が民事訴訟で妨
害したとき、その後に提訴者にヒトラーのような暗示を与えたが、自由に考えるとヒトラー
のごとき危険を彼らは感じると言いたかったであろう。
これが日本警察による基本的権利と自由への弾圧だと申し上げている。しかも独逸
人と日本人を思想問題で同一とする誤認があり、ひとり善がりの独裁国を形成して
いる。引き際とは、この民事裁判を妨害し成功したから、がたがた文句をいうなと
いうことか。再審の用意あり。じゃまするな。

744 :バカもの741へ:2005/05/14(土) 22:51:07 ID:pRQgKaSz
きみら(日本警察)は表に出ると、そのように穏やかな口調になるが、隠れてやる
ときは人殺しも平気でする残忍さを隠す。私を殺害しに住居侵入何回したかね。

745 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 23:01:58 ID:???
>>744
・・・・・、わっモノホンだ。

746 :右や左の名無し様:2005/05/14(土) 23:52:12 ID:ZV9oxuFe
>>743,744
ID:pRQgKaSzよ
キミは妄想癖のある哀れな病人だという事が判明した。
心の病は自覚できないことも多い。
簡単な心理テストなんだがこれ↓何に見える?
??            ??                              ?
 ?? ???????:   ??:          ????????     ?     ??
 ??   ?????::?:::: ??::            ?????::     ??    ??
 ???:::          ???::                    ??    ??
 ????::         ????::                   ??   ??
 ?????::?::      ?????:::::: ?::                   :??
 ???????????::  ?????????:::::               ::???
  ?????????::?:::::  ?????????::?????????? ::::????



747 :右や左の名無し様:2005/05/15(日) 06:52:53 ID:nCNsyhAS
ある種の人々(2ch書込するある集団に特徴的)は素朴にしか振る舞えない。独逸は民主
主義ルールから独裁者が誕生したことを非難するが、日本も同じ政治ルールを敷いていな
がら実態は政治最高権力者を警察(その内の内閣情報調査室)が選定工作し、ひとつも民
主主義ルールに従わない。これは、海外が日本国内政治に細かく干渉しては来なかったこ
との証左だ。思想は現実世界を説明・解釈する前提で価値がある。我々はこの世界を説明・
解釈する能力に他国・民族と比べ著しく劣っているのは間違いない。きわめて素朴、理性
に訴えることのない、感情に余りに左右される性癖あることを自覚するのはマイナスではない。
頭ではなく体で覚えろという職人格言がこれを物語る。また理解を超える言動に出会うと、
すぐに精神科医に化ける。現実世界と対峙できず、面食らうとそれを否定する外ないとい
う解決方法を取りたがる。そうせざるを得ない。一例が政府企業提訴で腹を立てた政府警
察関係者は、しかも負けそうなのでこの問題・緊張をいかに解決しようとしたか。彼らは
問題そのものを消滅する方法を取ったのが、提訴者と証人の消滅・殺害という手段だ。冷
静にこの文章を読むように。

748 :右や左の名無し様:2005/05/15(日) 12:28:51 ID:w0UvqKu+
>>747
キティのフリしてるのか?
何かこのスレを荒らしたくて仕方ないようだなw

749 :右や左の名無し様:2005/05/15(日) 15:13:03 ID:RNsU9WOs
散々論破された天皇制廃止論者が姑息な手段で荒らしてるんだね。なるほど

750 :右や左の名無し様:2005/05/15(日) 20:40:54 ID:nCNsyhAS
どうして誤解するのかなあ。明るく解放された皇室をご提案している。

751 :右や左の名無し様:2005/05/15(日) 21:20:51 ID:nCNsyhAS
人はどから来てどこに行くのかと、長い人生考えてみるわけですね。はるかな前世をかえりみ、
行く末の来世を思うとき、我々はどこから来たのかと調べてみるとよく分らない。その象徴が
皇室といっていい。歴史を明らかにするに、心配は無用だと申し上げている。日本国民、微動
だにするものではない。思想的問題はないし、心配無用。
ただ民主主義については、この国は教えられているのと実態はちょっと異なるから、政治問題と
絡めると緊張が出てくることは否めない。しかしいずれにしろ微動だにするもので
はないから、体制護持者を中心に心配は入らない。歴史を明らかにして下さい、そ
ういうことです。

752 :右や左の名無し様:2005/05/15(日) 21:47:59 ID:???
ID:nCNsyhASはれれれのれなのか
それとも新手の電波?

753 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/16(月) 09:19:19 ID:???
>>752
私は書いてない、潔白だ♪

754 :右や左の名無し様:2005/05/16(月) 16:24:40 ID:???
>>751
我々はどこから来たのかと調べてみると百済系と東南アジア系の二つのルーツが見い出される。
天皇は百済系。

755 :右や左の名無し様:2005/05/16(月) 21:09:24 ID:IYCEX7TD
思想警察に殺されそうになったとか言ってなかったっけ?

756 :右や左の名無し様:2005/05/16(月) 22:03:53 ID:???
>>754
大和朝廷の皇太子に嫁いだ女性は百済の王族の血筋だったけど
男子の血統は皆原日本人らしい(*元々は大王(おおきみ)と呼ばれてた)
そもそも百済って九州の豪族が渡って作った国だから日本人と言って
いいみたいだし(血統に関しては)

757 :日本史を知るための質問:2005/05/16(月) 22:44:00 ID:i+Mnq3Wt
@天皇は中国・華北省から朝鮮にて勢力を持ち、日本に渡って来たという説あり。最初に
渡来したのはいつか。
A最近報道の読売新聞によると、昭和30年代、各天皇陵の調査結果が日本の皇国史観に反
するとしてその調査内容を非公開にした。この調査結果は具体的にどのようなものであ
ったか。
B 正倉院御物は非公開。理由は何か。

758 :右や左の名無し様:2005/05/17(火) 10:13:28 ID:???
>>756
>そもそも百済って九州の豪族が渡って作った国だから日本人と言って
>いいみたいだし(血統に関しては)
根拠は?
東南アジア系の海洋民族が半島と日本を回遊していたから土器や石器は日本の物が出るが
それは百済系の弥生人の物じゃあ無い。
近畿周辺と東北や九州南部の文化には明らかな差異がある。

759 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/17(火) 14:14:17 ID:AqXn5RcR
というか、天皇が半島からやってきて征服したなら、少なくとも農耕に関する言語は
半島と一致しなければ理屈が通らないだろう。w

で、話は終わっているんだが・・。

760 :右や左の名無し様:2005/05/17(火) 16:29:01 ID:M5wHVQVs
正確には百済の武寧王が九州出身(今の佐賀県)なんじゃなかったっけ?
その娘高野新笠が皇室に嫁ぎ桓武天皇の生母となったのが「ゆかり発言」。
従って血筋は日本と言っても差し支えなかろ


761 :右や左の名無し様:2005/05/17(火) 16:34:07 ID:???
>>759
>というか、天皇が半島からやってきて征服したなら、少なくとも農耕に関する言語は
>半島と一致しなければ理屈が通らないだろう。w

百済は消滅している罠。

762 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/17(火) 18:51:12 ID:???
>>761
消滅しているからといって、だから何?百済の言語と日本語に関連があるという
珍説でも披露してくれるの?

763 :右や左の名無し様:2005/05/17(火) 19:51:07 ID:8IfPqSBm
要は全ての説が推測の域を出ないんだよな。
世界で最も古いんだから

764 :右や左の名無し様:2005/05/17(火) 23:33:15 ID:xx5KSms4
[56]歴史好きなおっさん 04/06/01 22:10 oxz2pFtubPa
>>55
ありますよ。「魏志韓伝」弁辰に「国出鉄韓?倭皆従取之諸市買皆用鉄如中国用銭(以下
略)」とあります。天皇家の姓は「アメ」 隋書倭国伝に記述されています。ただ、姓
はアメ、名はタリシヒコ(タラシヒコ?)漢字で書くと「阿毎多利思比弧」となります。
この開皇20年(西暦600年)の記事には阿毎多利思比弧に妻が居たことになってます。
[46]ty270410 04/05/27 23:54 T1poyQtn9iB
>>46
一方倭国では,箸墓古墳から応神陵までの間に数個の王墓が認められる.王統は移
動したかも知れないが,王位は切れ目なく継承されていたようである.(私は読ん
でいないが,白石太一郎氏が考古学と文献資料を埋める作業をなさっておられる.)
440 :日本@名無史さん :04/10/05 22:16:26
日本人種のルーツは6〜7割は樺太から来た土着系。縄文人。古モンゴロイド。残り
の3〜4割は古代華北系。新モンゴロイド。

765 :右や左の名無し様:2005/05/18(水) 07:46:46 ID:XmKtjUmZ
真実、事実を見ようとしなければ、それは思想にはならない。

766 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/18(水) 12:02:45 ID:???
天皇家の姓が「アメ」だったという説は結構あるんだが(井沢元彦なんかも
そういったりしている。)、其れも可笑しな話である。

そもそも「何かの名前」というのは「同様なほか」との概念的分別を目的とする。

大陸において皇帝に姓があるのは、天命が下る対象(易姓革命)である理由に
他ならない。各血縁的共同体のなかの一つの一族に皇帝で有らしめる天命が下る
のだから「姓」は天命思想にいて必要である。

我が国は天壌無窮の信託があり、「外部(神や天などの)から」「特定の一族」に
「統べ知らしめよ」と命令が下るわけではないから、姓など要らない。
「統べ知らす」ために、臣下に「氏姓」を与え氏姓によって概念される一族に
職務が割り振られる社会である。
姓が天皇にないのは当然至極である。中華思想の「天」が単一であり名前がない
ことと同様(但し天は一つ、天皇は複数だから「名」はある)である。

767 :右や左の名無し様:2005/05/18(水) 13:17:53 ID:???
>>762
>消滅しているからといって、だから何?

>>759
>というか、天皇が半島からやってきて征服したなら、少なくとも農耕に関する言語は
>半島と一致しなければ理屈が通らないだろう。w
なんて見当違いだって事だ。

話は終わらない。

768 :右や左の名無し様:2005/05/18(水) 21:16:29 ID:Q33+6jt1
脳内史観を語ってる椰子は新手の「新しい教科書を作る会」でつかw

769 :右や左の名無し様:2005/05/19(木) 01:38:48 ID:5+6P0u3F
今のところ最も信憑性が高い史料は「日本書紀」しかないと言えるだろう。

他説は全て推測の域を出ない。

政府は墜落したUFOと宇宙人を隠してる、なんてレベルの話は他板でやって欲しい

770 :右や左の名無し様:2005/05/19(木) 07:10:50 ID:2k2b7RYy
もっと具体的でなければならない。隠そうとする心情が見え見え。各天皇陵は皇国
史観に反するから非公開としたという全国紙報道あったのだから、何がどうかを
明らかにすべきで、基本的情報を隠し国民を愚弄するのはやめよ。あなたがたの意
見主張には、よく理由を明らかにしないことが見られる。例:@どこが脳内史観か?
A日本書記という古代資料しか信憑性が高くないなら、むしろこの国の歴史調査能
力を疑っていい。
どこから見ても幼児だましのご意見。明治期の大ウソを命がけで履行すると体制護
持者の一人が言ったが、宗教政治をするわけでもなく、ウソを本当だと信じる人い
ないのだから、圧制暴政が国体の基本だと言っているようなものだ。

771 :右や左の名無し様:2005/05/19(木) 07:49:29 ID:B2bowCpt
ぶっとんでんな こいつ

772 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/19(木) 10:18:41 ID:???
>>767
>話は終わらない。
ほうほう、ではまず年代・時代の特定からお願いします。


773 :自虐のもと:2005/05/19(木) 10:52:46 ID:???
日本の歴史を歪めた最大の作用は1932年のコミンテルンからの32年テーゼである
『日本共産党の任務に関する方針書』が今も日本人を呪縛し続けている!
当時の日本共産党はコミンテルンの日本支部で、スターリン発の指令は諸国に行くのだが
自国の歴史を暗黒化させる指令は日本向けだけであった。これが日本自虐史観の元となった。
スターリンは日露戦争敗退が大変悔しく、その怨念を日本歴史の暗黒化、日本民族の
弱体化という手段で恨みを晴らそうとした!国際共産主義化拡大の美名のもと、当時の
進歩的文化人や労働運動家は乗せられ自国の歴史破壊をやったのです。
共産化の防壁が、大東亜戦争の敗戦で引っ繰り返され混乱の中で共産革命がすぐ起こる?
粛清の恐れが日本人知識層、マスコミ、労働運動家に32年テーゼの枠しか発言させない!
出版させない風が一世風靡したのです。さらに!連合国の(w・g・i・p)戦争についての
罪悪感を心に浸透させる情報宣伝計画が重なり日本人は二重の拘束を受ける事になった。
これが日本人の戦後の精神史に最大のダメージを与えたのです。
そしてインチキとはいえ東京裁判を受け入れ、左翼系の政治犯の無罪放免や1億総懺悔等
GHQマッカーサーの7年に及ぶ占領政策により今迄の日本文明や伝統文化を根こそぎ否定
され続け国歌や国旗も曖昧で憲法も日本独自のもでなく、日本人とは何ぞや?と問いたい?


774 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 01:15:34 ID:D5vieBS2
最近次々に発見された韓国全羅南道・全羅北道に分布する前方後円墳は5〜6世紀のもの
ということが最近分かり、明らかに日本の古墳(3世紀)文化が伝わったものという事が
定説となっている(↓韓国サイドのソース)
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/nicchou/kofunkr.html

架空のトンデモ説にいつまでもロマンを追ってるオカルト信者は
ちゃんと科学的に実証されている真実を真摯に受け入れるべきであろう。

775 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 17:08:24 ID:???
私は我が国には我が国の論理があり、イスラムの国にはイスラムの国の論理があり
儒教国家にも、仏教国にも、彼らなりの論理があると考えている。
無論、国際社会において調整すべき自称はあるだろうし、その調整が武力を伴うこ
とも否定はしない。でも他国の「厳密な宗教解釈の態度」を可笑しいと決めるのは
NGでしょ?宗教によって社会秩序が維持されている国なら、其れはその国の国民の選
択だし、認めなきゃだめですよ。だから、「様々な価値観が共生できる前提として自由と平等」
という統一されたルールで全世界は覆われる訳。いや真面目な話がさぁ、今の米国の戦争にしても、
結局は其れが正義であるという確信が国民にあるわけでしょう。(だから再選された)
不自由な民衆を武力によって自由にしてやるんだから正義でしょ。
不平等な民衆を武力によって解放するのは正義でしょう。ちがう?
(相手に自由と平等があると認識していたら、自由と平等など輸出しない罠。)
でもね、これって実は独善なの。解るでしょ?だって、不自由である事を望む自由だってある訳だし。
むしろEUへのトルコ加入によって差別問題が吹き出している方が民主的。
トルコの人たちにどういう不自由を選択するか?という自由があるもの(w

776 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/20(金) 17:33:04 ID:???
>>775
まったく人のレスを揶揄しやがって。

「不自由」ではなく、誰が「不自由と感じるか」なわけで、他国の人が
「あんた不自由だからかわいそう、力を貸してあげるから自由になりなさい。」
(こないだのドラマの「ボクかわいそうじゃない!」で思いついたが・・・)
ホラ、武器だよ、情報だよ、戦略も教えてあげようね・・・ホラがんばって自由になるんだ
・・・というのはいかがかと思う罠。(これが米国の正義)
でその結果、現政権が倒れて、さぁみんなで自由に国を作ろう・・・となったときに
そんなんじゃ自由じゃないジャン、もっと自由にしないと、もっと平等にしないと
・・・んもう!しょうがないなぁ、それじゃ民主的国家になんかなれないだろうが!
草案を作ったからこれでいけや。

なんとすばらしい自由と平等・民主主義という正義の輸出でしょうw。



777 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 21:04:35 ID:BJWfi0V2
アメリカより「れ」の批判の方が民主的な罠。

778 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 22:10:59 ID:eLFi7Rfa
>>774 参照せよというサイトは見ました。結局あなたは、皇室はどこから来たと言って
るのですか?
>>775 あなたの全世界的政治の捕らえ方は疑問で、おぼこ過ぎる。いずれにしろ、
問題は、日本では宗教政治は否定されており、天皇政治はない。子供でも知っている。
問題を複雑に考え過ぎるし、いろんなことを同時に考え過ぎる。民主主義とは政治ル
ールであり、自由は個人の天賦のだれも犯すことができない権利だ。はんちゅうが異
なる。単純な、だれでも納得できることから始めて、相手を納得させて行くのです。
最初から訳の分らん、区別(分別)のない雑多な所から議論を始めるものではない。

779 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 23:11:32 ID:BJWfi0V2
なぜ自由が個人の犯す事の出来ない権利なのか説明せよ。

780 :右や左の名無し様:2005/05/21(土) 07:21:24 ID:BzyhcEEc
>>724 主人に先立たれて10年。この板を読むことだけが毎日の楽しみです。
他人種に媚びたなどと、亡き先生への批判、読むだけで血圧が高くなり、何とか一矢
報いなければいけません。後編を楽しみにしています。

781 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/21(土) 10:09:33 ID:???
>>778
私は>>774でも>>775でもないんですが、「皇室は何処からきた」という設問は
「日本人は何処からきたのか」と同等の質問でしょうね。

で、そんなに出自を気になさる方が「自由は個人の天賦のだれも犯すことができ
ない権利だ。」とかいっても、説得力はありません。
侵すことの出来ない自由の限定は、「平等概念」から導き出されるのに「出自」を
気になさるなんて、矛盾ですよ。w

782 :右や左の名無し様:2005/05/21(土) 10:42:07 ID:???
民主主義の自由とは中世に盗賊の様な領主から国王が庶民を守り庶民は国王を信頼することによって
自分の領土において何をしても国王は自由であるという絶対王制が確立した後
貧民の反発から王の信頼が失墜していく過程でその王の自由が制限され庶民に分配されていく事によって根付いた。
プロテスタントの語源が「抗議」である事からも明白な様に絶対王制に反発し清教徒革命を遂行した際
クロムウェルの軍隊に全軍評議会という合議制の組織が出来て軍隊の人間全てが平等に自由な意見を持ち全ての決定に参加した。
自分たちの為に自分たちの決定で自分たちの軍隊を動かすという意欲は兵士の結束を促し
圧倒的な強さを誇った市民軍のルーツとなり清教徒革命を勝利に導き自由と平等の合理性による強さを示した。
その結果、兵士達の政治的自覚が急進化し水平派(リべラーズ)という政治結社を作り
「身分ある者の特権であった自由を万人の人権に転換」しそれを生得権と結び付けた。
この後に聖書を読みたいと言う欲求から識字率が上がり、公教育の普及によって更に「民度が上がる」事によって
「権力者に対する不満」を分析し、「論理的文章を書き」、他人と建設的に論じあえる力を身に付け。
具体的に自分の考えを提示し論証したり、大量の情報の要点を整理したり情報をわかりやすく伝達する
普遍的な技術を磨く事によって「自由を平等(水平)に分配しよう」と言う理想に向けて試行錯誤するのが民主主義。
で何故「自由は個人の天賦のだれも犯すことができない権利だ。」と国家が定めるかと言えばその方が強いから(w
宗教的戒律に縛られ社会と違って合理制を追求しやすいので圧倒的に強い。
イスラム、ヒンズーの様な戒律や身分制度で縛られた脆弱な社会では暴走した民主主義にむさぼり食われてしまう。
日本も生き抜く為に世界基準に合わせて民主・資本化を徹底しようとするから基本的人権である自由に対する平等は犯しては行けない訳。
これから日本が存続していく為に自由に対する平等は絶対条件なんです。でないと試行錯誤しながら生き抜く為に戦略を錬れない罠。

783 :右や左の名無し様:2005/05/21(土) 11:12:26 ID:???
民主主義の強さの否決は資本主義に有ります。

資本主義の要素をまとめると生産力・資金・商業と言うのがまず基本としてあった上で精神性が求められます。

1.目的合理的な精神
 複式簿記によって利潤を追求する為の計算が可能で、合理的な運営が出来る事。
 利潤を追求する為には自由に計算でき、自由に情報を処理する力。
 
2.労働そのものを目的とし、救済の手段として尊重する精神
 目的を達成する事に生き甲斐を感じる事。
 そのためには自分の生産した物は自分の物でありるから自由に処分できる。
 自分の生産した物は自由に契約し売買できるという所有権は最低条件。

3.利子利潤をを倫理的に正当化する精神
 人々が本当に必要としているものを生産し、適正な価格で市場に供給する事で1.2.を正当化する事。
 又は法律によって1.2の自由を保証すること。

資本主義とは完全な進歩主義でその国の伝統を破壊してしまうが
進歩しないと他国の独善によって結局、伝統を破壊される罠。

784 :右や左の名無し様:2005/05/21(土) 13:03:37 ID:BzyhcEEc
>>781 日本学校教育では、日本人と皇室はいろんな意味で一体だと強調したがり、
そのように教えたがって今日来ている。だから、最近報道の皇国史観に反する各天
皇陵があって非公開としたが、その理由を具体的に明記しない。@一体なら、なぜ
この具体的理由を公開しないか。我々は基本的な日本歴史を知る必要があり、知る
権利があろう。A皇室はいつ渡来し、安寧した場所はどこか、日本人はいつからこ
の国土に居住したか確認されているか。海外政府、各国民、国際組織とその職員は
これをよく読んでもらいたいものだ。日本政府権力集団は天皇について、この程度
のことしか教えないし、知ることから抑圧・弾圧している。このような政府に支配
された国を国連常任理事国にし、国際監視の下で日本の民主化、人権擁護の徹底を
図ることはその意味で大変ありがたい。きみのような幼稚議論でだまされる者は、
もう国内にいない。>>779 日本国憲法で規定しているからだ。>>782 この手の議論
には、何の現実的効果も発生しないでしょう。一言で役立たず。この手の議論の方法
に振り回されて長年ムダをしたと確信あるから、そのように私には言う権利があると
いうものです。ある人に至っては、西洋の中世が日本の歴史のごとくに朗々と書かれ
ると唖然とする。日本型民主主義があるといつも議論されます。具体的にこれを説明
していただけませんか。

785 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/21(土) 13:22:10 ID:???
>>784
まず、ネットをやるなら、機種依存文字(○に1など)は使わないほうが良い。
掲示板初心者と見抜かれて軽んじられる場合がある。

>日本学校教育では、日本人と皇室はいろんな意味で一体だと強調したがり、
>そのように教えたがって今日来ている。
そのように結論付ける根拠を具体的にお願いする。

>だから、最近報道の皇国史観に反する各天
>皇陵があって非公開としたが、その理由を具体的に明記しない。
明記しないことがその「学校教育の今日と関係がある」という、具体的根拠をお願いする。

で、誰に何を「具体的にこれを説明していただけませんか。」とお願いしているか
サパーリ和歌欄から、具体的に再度書き込んでください。
 

786 :右や左の名無し様:2005/05/21(土) 16:46:35 ID:???
>>784
>日本国憲法で規定しているからだ。
憲法が絶対視されると不具合が生じたときに習性が出来ません。
戦前の日本の様に逆に民主的で無くなる場合が多々生じる。

>日本型民主主義があるといつも議論されます。具体的にこれを説明
>していただけませんか。

佐久間象山が『東洋道徳西洋芸』と言った様に科学的な社会制度や倫理は欧米から輸入するが
道徳は我が国古来のものを維持しようと言うのが日本の近代化。
黒船来航にビビった日本が最強の社会制度を輸入しようとした訳で「日本型民主主義」なんて物は有りません。
試行錯誤を重ねる事によって差異は無くなっていきます。

787 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 05:14:15 ID:p6qwAkGZ
2Chを一番熱心に読んでるのは日本警察ではないか。外を歩いても敏感に反応し
て周辺でわめき散らす。仙台高裁平16(ム)9号民事事件より12年前からすでに弾
圧がある。権力集団の結束は海外と通じ無関心を装う。資産を収奪されている者は
多いがものを言えない。>>785 (1)あなたの主張の中にも一体を見出すことができ
る。「皇室は何処からきたという設問は、日本人は何処からきたのかと同等の質問
でしょうね」(>>781)。遺跡調査から日本には10万年前以上からの居住が確認さ
れているが、皇室はそれと比較するとごく最近で、稲作すら彼らの渡来よりずっと
前からこの国にあると最近、政府も認めている。あなたの同等の質問とは、歴史的
同時性を意味するのでなければならない。(2)天皇陵情報の非公開は皇国史観に反
し、一体が既述のように崩れるからなのは考えなくても分る。警察かその協力者み
たい。具体的にこれを説明しろ、とは日本型民主主義を示しているのも歴然。警察
が協調する道徳の中には、この正直という徳目が欠落しているようだ。警察は行政
官がそうであるように、政治をする権利はない。政治的行動・発言するな。政治家
に立候補するな。おのれの分を守れ。何にでも口を出すのは、みっともないと思わ
ないか。

788 :787:2005/05/22(日) 05:16:34 ID:p6qwAkGZ
>>786 日本憲法により、基本的人権尊重、思想・信教、政治結社・集会・表現、
通信の秘密、居住・職業選択、学問の自由、教育を受ける権利、財産権、住居の
不可侵、最低の文化生活が保証・権利保護される。日本政府は国連人権宣言にも
署名承認している。あなたはこれを守らないのか。これを守ったら民主的になら
ないのか? 古来のものを維持すべき日本道徳とはどんなものがありますか。

789 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 05:28:15 ID:???
日本国憲法に天皇は日本国の象徴ての一番に
書いてあるんだから象徴でいいじゃないかよ。

790 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 08:24:31 ID:p6qwAkGZ
私は天皇が象徴であることを反対だと言ってるのではない。正月、多くの日本人
がどんな人か基本的情報も知らず、知らされず皇居で日本の国旗を振るのが哀れ
だと思わないか?おかしいと思わないか?それも、日本の象徴だという皇室の過
去が分らないで、象徴に反対ではないという多くの日本人が哀れだと思わないか。
変だと感じないか?

791 :790:2005/05/22(日) 08:27:05 ID:p6qwAkGZ
日本政府権力集団は、この象徴がいつ・どこから・なぜ来たかを知っていて、
隠すのはどういうわけだ?主権者日本国民は、自分たちの象徴がだれかを知
ろうとすることはもっともなことで、隠す理由はない。それゆえ、これに弾
圧を加える日本政府権力集団の一人一人の名指し、所属部署を明白にし情報
隠蔽する者らを公然と糾弾できるだろう。国際組織はこれに賛同すべきだ。
日本では、家庭裁判所遺産分割調停で相手方当事者全員を呼び出さず呼出状
を送らず、無断で相手方に委任したと調書に記載し、権力組織が勝手に遺産
分割する国だ。電話偽装し弁護士をだまし、電話会議の審理を開かせウソ・
デタラメを言って民事訴訟和解手続きに成功できる国だ。
理屈が通らない国。理屈を考えられない集団が権力集団を形づくり、糾弾
されると、その場しのぎの思いつきの言動を軽く吐いて平然としている国
だ。そりゃ、おかしいだろう。

792 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 09:24:58 ID:RhIfREhc

1 陵墓の意義並びに、公開・調査に関する基準について、
 過去の国会答弁がいくつもある。

2 陵墓の規定については、大宝・養老律令(注釈令義解)並びに
 以降の有職故実の研究又は江戸幕府以来の精査によって定まっている。

3 皇室法(宮内庁訓令等を含む。)によれば、陵墓は皇室用の国有財産
 であって、その埋葬品等は皇室の私有財産に帰する。

4 皇室についての疑問を持つのは悪くないが、それを援用して
 「日本の象徴だという皇室の過 去が分らないで、象徴に反対では
 ないという多くの日本人が哀れだと思わないか。 変だと感じないか?」
 とノタマウのは、少なくとも、記紀並びに六国史(日本書紀を除く。)
 を研鑽していない証左ではないかと。

さて、哀れの定義が出来そうだな(笑


793 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 09:28:30 ID:RhIfREhc
>>792は、ID:p6qwAkGZ宛てね。

まあ、民法もいいけど、法律をかじってんなら
「皇室法概論:園部」ぐらい読めよ。


794 :国際組織は情報公開に賛同せよ:2005/05/22(日) 10:05:20 ID:???
個人的問題に帰して論じてるのではない。あい変わらず誠実さの欠片も見せず、誘導
がうまい。警察という独裁政権が西洋を検分して危険思想があるとささやかれ、これ
を日本に適用できると即断したなら、そのようなマジで個人的問題に帰する姿勢は変
だと気づくべき。確かにこの国には禁書の類の歴史がなく、あなたの姿勢は謝ってい
ない。日本人らしい。
(1)1-3国会答弁でぐだぐだぐだ言っても、何も公開してないだろう。簡単に言いなさ
い。(2)1-3あなたは天皇陵埋葬品等の公開に反対なのか? (3)4 個人的問題に帰する
な。日本政府権力集団たる警察を中心に公開しなさいと求めている。日本国民を愚弄
するな。
日本では、家庭裁判所遺産分割調停で相手方当事者全員を呼び出さず呼出状を送らず、
無断で相手方に委任したと調書に記載し、権力組織が勝手に遺産分割する国だ。電話
偽装し弁護士をだまし、電話会議の審理を開かせウソ・デタラメを言って民事訴訟和
解手続きに成功できる国だ。

795 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 10:26:03 ID:RhIfREhc
>>794
これって、私に対するレスなのか?
だとすれば、「警察という独裁政権」という用語を解説してくれ。
マジで意味が解らない(笑

>国会答弁でぐだぐだぐだ言っても、何も公開してないだろう。
いくつか公開してるよ。だから「公開・調査に関する基準」って言っている。
あとは自分で調べてくれ。

>あなたは天皇陵埋葬品等の公開に反対なのか?
同上。
因みに私有財産の公開等は、所有権者の裁量に委ねる。

>日本政府権力集団たる警察を中心に公開しなさいと求めている
いや、まず日本政府権力集団たる警察の意味が解らん(笑
まあ、行政組織法、行政手続法、国家賠償法など知らんのかしら(笑

>一番下
上と同じだけど(笑
公法と私法ぐらいは分別してくれんか(笑

796 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 10:38:55 ID:RhIfREhc
まあ、関係ない話ではあるが、家庭裁判所遺産分割調停の成立要件は
当事者全員の一致がなければならないのだから、
それで調停成立と無効な調停手続が発生(いつあったのか知らんが)した
のであれば、地裁に訴えれば宜しいかと(笑
 調停不成立に伴う審判又は裁判手続による決定を不服とする者は
高裁に対し抗告すればいいんじゃない(笑

797 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 11:07:43 ID:p6qwAkGZ
日本史板「仁徳天皇陵に本当は誰が入っているの?」
82 :日本@名無史さん :04/10/28 08:51:40
天皇陵を発掘させない表向きの理由は、皇室の祖先を祭る礼拝の対象だからでしょ。で、
裏は、これは今のところは単なる噂に過ぎないが、いわゆる神話から続く万系一世の伝
説がぶち壊されてしまう事を恐れてるとも言われてる。宮内庁としては、天皇陵から朝
鮮系や中国系のモノがガンガン出土してしまって、明らかに王朝が変わった事が認定さ
れたりしたら、何らかの政治的に厄介な問題が出てくると考えてるんじゃないのかな。
後、古代の天皇陵が天皇陵ではなかったと立証されるのも問題とされてるとも言われて
る。とにかく、陵墓参考地として発掘させない奈良のある箸墓古墳ね。卑弥呼の墓とも
言われるし、この近辺は古代史解明のために最重要だと思うから、個人的には、ここは
何とかして発掘認めて欲しいと思ってるんだけど。箸墓が本当に卑弥呼の墓なのかどう
か、肯定説、否定説、どっちにしろ掘ってみないとわかんない。卑弥呼の墓じゃなくっ
たって、重要な所だし。
11 :日本@名無史さん :04/08/10 22:32
チマチョゴリを着た天皇が出てきたら大変だからさw

798 :国際組織は情報公開に賛同せよ:2005/05/22(日) 11:14:38 ID:???
>>796 あなたのご意見、あなたのきわめて個人的なことですから追求は止めま
しょう。日本学校教育で教える政治・立法と実態、司法の実態、所有権の法的
規定と実際の運用され方はまるっきり異なる。われわれは丸裸で妄想をたたき
込まれて学校を卒業し、社会に出るようなものです。提訴で殺しに住居侵入す
るし、精神病院送りにされるのも出て来る。即死され、苦しまなくて良かった
ろうとささやく権力集団もいるほどだ。社会階層によって異なるだろう。階層
によってまるっきり異なる。

799 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 12:30:30 ID:6sDD1Cqv
>>797-798
>日本政府権力集団たる警察
とか言っちゃってるキミの方が、極めて個人的妄想に基づく意見だろ(笑
まあ、普通に日本学制制度にのっとり、卒業した私からすれば
キミのレスはネタにしか思えんね。
じゃないとすれば、アレかな?(笑

800 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 12:36:44 ID:6sDD1Cqv
つーか
>>797-798みたいなのが、一般的日本国民を代表してたほうが
恐ろしいことだが、おそらく、そんな事はないだろう。
と信じたい限りである。


801 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 12:40:47 ID:p6qwAkGZ
行政官が政治家になってはならないし、政治発言など政治行動を取ってはならない。
>>792 (1,3) はこれに反する言動に取れる。これがこれまでの日本の支配者的見
解だ。行政組織の答弁が即日に、また何十年経過しても政治行動を規制するという
判断の仕方は行政が政治介入しているものだ。行政官が日本の政治家でもあること
を物語る。>>792 (4)は明らかに政治発言だ。日本は民主主義国家ではない。

802 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 12:46:05 ID:6sDD1Cqv
>>801
>行政官が政治家になってはならないし、政治発言など政治行動を取ってはならない
根拠法は?

それと、行政の意味ってしってる?(苦笑

>>792 (4)は明らかに政治発言だ。日本は民主主義国家ではない。
私の意見だけど(苦笑
私の意見は政治発言だからダメだといいたいのかなあ(笑
民主主義国家の意味って知ってるの?(苦笑

803 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 12:49:33 ID:6sDD1Cqv
ID:p6qwAkGZは、日本の学校教育が問題云々って言ってるが
本人の学力が、小学校の公民すら学んでない可能性があるな(笑


804 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 12:55:36 ID:p6qwAkGZ
>>799 あなたは政治発言をするわりにご自分の見解、例えば天皇陵埋葬品等は公開
すべきかについて明解な主張をしない。警察の実態に詳しくないようです。例えば
政界関係者は、政界では公安警察警察は神聖不可侵の領域と語る。
(1)最近読売新聞1面報道で、各天皇陵調査結果を非公開にした昭和30年代の政府
決定を報道している。(2)天皇国事行為にからみ、皇太子妃がしばしば欠席している。
以上から考えて、日本政府は民主化政策を推進していると思われる。


805 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 13:03:27 ID:LKwKtRfo
>例えば天皇陵埋葬品等は公開すべきかについて明解な主張をしない
してんじゃん>>795

>政界関係者は、政界では公安警察警察は神聖不可侵の領域と語る
誰が語ったの?
妄想はいいから、(他の)質問に答えなよ(笑
答えられないから、キミオリジナルの妄想なんでしょ(笑

>日本政府は民主化政策を推進していると思われる。
民主化政策?
けっこうじゃん(笑

806 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 13:24:12 ID:p6qwAkGZ
>>802 わしの頃は、小学校で公民という科目はなかったのじゃ。苦労してのう、
警察に室内にマイクロ波発生装置を取り付けられ、今では有名な電磁波攻撃を受
け続けて来たのじゃ。やつらは、わしを殺害したかったらしい。三権分立から
行政官は政治家になってはならない。これ、常識じゃ。日本憲法によると行政
組織内に立法組織があるから、いいじゃないかという発言聞いたことがあるが
な、しかし三権分立は国の基本と政府は公言し、そのように教育している。だ
からじゃ。きみのご意見(>>792 1,2,3)、行政官としてのもので、それを証す
るように埋葬品等は公開すべきか否かに回答していない。きみのは全体として
政治発言なのに、その内容は行政官の答弁と同じじゃ。それが現在の日本の実
態を同じだと申して上げておる。行政官が政治を司っている。法案提出し立法
しているのは、実態はほとんど全部行政官なそうな。

807 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 13:32:34 ID:LKwKtRfo
>>806
>わしの頃は、小学校で公民という科目はなかったのじゃ
それなら、今から小学生と一緒に勉強してきな(笑

>行政官は政治家になってはならない
ふ〜ん、キミの頭では、内閣総理大臣は政治家じゃないんだ(苦笑

>埋葬品等は公開すべきか否かに回答していない
埋蔵品の所有者は皇室。
公開すべきかどうかは、皇室の裁量。
キミさあ、日本語がわかってんの?(笑

それとさあ
行政って字のごとく「政治を行う」って書くんだぞ。
小学生程度の学力じゃあ難しいかもしれんが、行政控除説ってあってな
立法、司法以外の国家権力は行政に帰属するって考え方ね。

808 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/22(日) 13:33:33 ID:???
電磁波装置・・・電子レンジですな。ずいぶん進んだ学校ですねぇ。
電磁は攻撃・・・私は電波攻撃は得意だと、人からは言われていますがなにか?
公民という教科がない・・・昔は国語算数理科社会に道徳ですかねぇ。


809 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 13:34:26 ID:LKwKtRfo
では、サッカーが始まったので、
小学生とのやり取りは終了します。


810 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 13:39:59 ID:Bqw1ftF/
>>788
>>>786 日本憲法により、基本的人権尊重、思想・信教、政治結社・集会・表現、
>通信の秘密、居住・職業選択、学問の自由、教育を受ける権利、財産権、住居の
>不可侵、最低の文化生活が保証・権利保護される。日本政府は国連人権宣言にも
>署名承認している。あなたはこれを守らないのか。これを守ったら民主的になら
>ないのか? 古来のものを維持すべき日本道徳とはどんなものがありますか。

根本的に間違っている。
憲法は国民が守る物では無く国家機関が守るべき物。
自覚無自覚を問わず国民からの国家への命令であり国民の意志の反映されたものが憲法。
基本的人権の保証は国民が政府に対してそっぽをむけば成り立たなくなってしまうので
力関係が圧倒的に国民の方が圧倒的に強いから成り立っている。
故に国民の自由を保証する事によってようやく存続させてもらっていると言う状況を成文化したのが憲法。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、
公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


が矛盾したらどうするよ?


811 :806:2005/05/22(日) 13:41:41 ID:p6qwAkGZ
行政官から見ると、政治家はバカで話しにならないと他の板に書いてあったな。
政治家は民衆の代表でな、彼らこそが政治を規定する立法を司るものじゃ。こ
れを行政官が行っているから、この国は民主主義国ではないと僭越ながらご指摘
申し上げている。きみはじゃ、この行政官と政治家を両方兼ねた発言をしておら
れる。現在の日本官僚と同じだ。きみの(>>792 4)はこれを象徴するウリふたつの
もの。だからじゃ。

812 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 14:24:46 ID:LKwKtRfo
マッタリトした前半だったな(笑

ところで、行政官を行政機関たる長(まあ、過半数の議員でもよい)を
除く、行政部門の官吏を指す意味としよう。
>>806の>法案提出し立法しているのは、実態はほとんど全部行政官なそうな。
そんなわけがあるわけがない(笑
そんな法律が全部だというのであれば、一つでも具体例を挙げてもらいたいものだ(笑
無論、法案の起案を官吏はするだろう。
しかし、提出は両院の議員若しくは内閣(過半数は議員)、
立法は国会議員で構成する両院でしか出来ない。
まさかとは思うが、法案の起案をして提出・立法と言っているのか?
そこまで、日本語能力が低いとは思わないでもないが、

>きみの(>>792 4)はこれを象徴するウリふたつのもの。
こんな意味不明のことを弄するのは、確かに日本語能力が低いのだろうな(苦笑
さて、>>792の4項は
4 皇室についての疑問を持つのは悪くないが、それを援用して
 「日本の象徴だという皇室の過 去が分らないで、象徴に反対では
 ないという多くの日本人が哀れだと思わないか。 変だと感じないか?」
 とノタマウのは、少なくとも、記紀並びに六国史(日本書紀を除く。)
 を研鑽していない証左ではないかと。
と書いてある。
何がウリ二つなのか、意味不明だが、806は研鑽する能力がないにしても
(今日のやり取りから、小学校の公民程度も理解出来ない学力である事は周知)
読んだ事があるのかどうか?
様々な妄想を羅列しては、質問に一切答えないどっかの官僚(官僚は妄想を言わんか(笑)
ではないのであれば、一つでも明確に答えたらよかろう。

そうすれば、更に馬鹿にしてあげるよ(大笑


813 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 14:35:21 ID:LKwKtRfo
>>810
>根本的に間違っている。
>憲法は国民が守る物では無く国家機関が守るべき物。
たぶん、解らないとおもうよ(笑


814 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 16:22:52 ID:LKwKtRfo

http://www.osaka-c.ed.jp/hensenpdf/webcur/wc03shak/wc0302.pdf

昭和43〜45年
・小学校社会科の目標に"公民"( =市民社会の一員としての市民国家の
成員としての国民という意味)という概念が使われるようになった。


と、なると>>806
>わしの頃は、小学校で公民という科目はなかったのじゃ
から類推するに、806は46歳以上か。
人生のおよそ半分以上をかけても、三権分立の意味や、
憲法のあて名人が解っていないのは
正直、「哀れ」なことだと思うね。

815 :国際組織は情報公開に賛同せよ :2005/05/22(日) 18:57:47 ID:p6qwAkGZ
>>786 「憲法が絶対視されると不具合が生じたときに習性が出来ません。戦前の日本
の様に逆に民主的で無くなる場合が多々生じる」。きみらは政治発言を恐れているの
か?憲法を守ると民主的にならない場合があるというから、きみは現憲法を守らない
のか(>>786)と聞いている。国民が政府に憲法という文章で命令しているのだろう
>>810)?日本国民として守るつもりがあるのかと聞いている。これについて私は
日本政府権力集団それ自体が守っていないし、彼らは守るつもりもさらさらないと明
確に指摘している。その好例が仙台高裁平16(ム)9号民事事件だ。答えなさい。
>>812 起案・法案提出を含め実態を申し上げている。議員の賛成票なしに成立しない
と言いたいだろうが、抑え込んでいるということだ。ある議員は、これからは自分た
ちもどんどん法案提出していいそうだと言ってる。(これは何を意味する?)要は、
きみの政治的発言を明確にして行政官に依存するな、ということ。政府が皇室への対
応で民主化しているというのは、即断できるものではない。そのような意見を2ch
でよく読んでいるから彼らをナダメるためにやっている可能性もある。寝言はいいか
ら、各天皇陵情報公開せよに賛成か反対か明らかにせよ。

816 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 19:34:57 ID:Si5wXEK+
>>815
>起案・法案提出を含め実態を申し上げている
官吏に法案提出の権限はありません。
寝言は寝ている時にいいましょうね。

>議員の賛成票なしに成立しない
>と言いたいだろうが、抑え込んでいるということだ。
また妄想でつか?(笑
おじいちゃん、日本は議会制民主主義国家ですよ。
寝言は寝ている時にいいましょうね。

>ある議員は、これからは自分た
>ちもどんどん法案提出していいそうだと言ってる。(これは何を意味する?)
ある議員って誰でつか?(笑
何を意味するかって?
おじいちゃんの妄想に基づく寝言に意味なんかないでしょ(笑

>要は、
>きみの政治的発言を明確にして行政官に依存するな、ということ。政府が皇室への対
>応で民主化しているというのは、即断できるものではない。そのような意見を2ch
>でよく読んでいるから彼らをナダメるためにやっている可能性もある。
日本語として意味がわかんないけど(笑
ま、寝言は寝てる時にいいましょうね。

>各天皇陵情報公開せよに賛成か反対か明らかにせよ
皇室の裁量権に係ることに賛成も反対もないって、昼間に何度も言ったでしょ。
おじいちゃんは健忘症も患っているのかしら?(笑
ま、寝言は寝ている時にいいましょうね。

817 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 19:38:23 ID:Si5wXEK+
ついでに

>その好例が仙台高裁平16(ム)9号民事事件だ

何これ?
仙台高裁のサイトで検索したけど、一件も引っかからんぞ。
まさか、判例まで妄想か?(笑

ま、俺の検索間違いもあるかも知れんから、判決日と事件名を確定してくれ。
無論、当該サイトを提示するのが望ましいが。


818 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 20:09:50 ID:soMLum7Q
反皇室は存在が違憲だろ。法治VS無法、の問題

819 :縊死は裸身太郎:2005/05/22(日) 20:15:21 ID:???

         〆::::::::::::::::::::::::~~'丶
       /\ミ:::::::::::::::::::::::::::::::ノノ_
      /::::::::彡⌒ ̄ ̄ ``^^'''ヽヽ
      |:::::::::::彡          ヾ|
      |:::::::::/            │
      |:彡/  ┏━━-   -━┓|
      /\::|   ____ヽ  / __ │
      | 6|/ヽ  ~ ┗ ~'   '~┗~│  < ジュゴンのどこが悪いんだ!!
      ヽ__| /     _/  |   ノ│
       ||     ./へ__亅ヽ   | 
       |    ノ ヽ___j___ヽノ / 
       \ヽ   / ヽ─‐′ /  
  η      \       /     
  /人        イ l'' ー--‐f
 (λ人      〈 (/   ・  ・∧)
 (ノλ人     |\.__、/
  (λ人人    人人人人)
  (λλノ\_人人人人ノ
   )人λ人λ人人人.ノ
  (λλノ\人λ人.ノ
  (λ人ノ    ̄  ̄
  (λノ
  /ノ

820 :国際組織は情報公開に賛同せよ:2005/05/22(日) 20:40:34 ID:p6qwAkGZ
>>816 行政官が法案を練る下りの具体的な様子を模写した投稿もある。それ
は書籍の抜粋だがね。それ以外の情報持っている。本などに書かれているこ
と、法を知るとその通りに運用、履行されていると信じるのは容易いだが、
事実はまるっきり違う。そこを分っていないのではないか。人権擁護に関する
政府相談員は、電磁波の1件について彼は知らないものだから、胃付近に手を
上向きに軽く上下させ、「それは心の問題です」といきなり断定した。また家
屋の天井付近で突然、チリチリ24時間鳴り出しこれが約1年続き、そののち止
んだ。パブの女性オーナーにこの件を話すと「悪霊が住みついているのではな
いの」と顔をしかめた。我々東洋人は事物に霊が宿るなど汎神論と呼ばれる認
識方法を持つ。これに支配されると恐怖で問題解決不能になるが、外国宗教の
世界観では、神は現世には降りないと説明する。従って必ず神ではない原因が
あり、物理的原因を調査する傾向になり、霊という漠然と世界を被い尽くす未
確認物体の恐怖から解放される。他方で、霊が宿ると判断すると解決不能に陥
り、恐怖で分裂病的になるものだ。因果関係の実在を信じることが、あなたの
人に対するその安易な態度を改善するだろう。

821 :国際組織は情報公開に賛同せよ:2005/05/22(日) 20:42:41 ID:p6qwAkGZ
第2は、政治は、耐えずあなたにどう決するかを求めることだ。各天皇陵情報
公開せよに賛成か反対か、明らかにせよ。


822 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 20:49:12 ID:p6qwAkGZ
>>816 天皇陵埋蔵品を調査した政府は、きみによると無断でなされ、違法
だというのかね?

823 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 20:50:51 ID:Si5wXEK+
>>820-821
う〜ん
わかった、わかったから、おじいちゃんは早く寝ましょうね(笑

で、>>817の回答はなしなのね。
結局、妄想判例まで出して何がしたかったのだろうか?(笑

ま、2chらしいといえばそれまでだが(笑

824 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/22(日) 20:56:20 ID:Si5wXEK+
>>822
は?

825 :幼き人々:2005/05/22(日) 22:08:40 ID:p6qwAkGZ
(1)日本は法治国家ですよ。警察が提訴者になりすまして、電話会議方式の審理を弁護
士に依頼し、デタラメな和解手続きをするなんてあり得ないことです。どう見てもあ
なたの妄想です。(2)無断の和解手続きに成功すると、事もあろうに日本警察が提訴者
とその重要証人を殺害しようとするなど、あり得ないお話しです。即死して苦しまなく
てよかったろうとはもはや言葉を失います。わが国は古来から優しくゆたかな心の民族
で、先の大戦では飢えに苦しむ民・百姓のために政府様が他国を侵略したというのは間
違いです。昔、中国は日本のものでした。あなたの妄想です。(3)遺産分割調停事件で、
当事者を調停成立日に呼出もしないで、事もあろうに、勝手に裁判所が調書に他の当事
者に委任したなどと記載し、これを成立させるわけがありません。あなたの妄想以外の
何ものでもありません。(4)皇室は存在自体がありありと明白で、なにも古代にまでさ
かのぼってどんな人達だったかと人のお墓を掘り起こし、政府自民党指導者層が知っ
ていればいいことで、私達は無知無学の文盲ですから知る必要のないことです。知って、
どうしようというのでしょうか。

826 :猿の国:2005/05/22(日) 22:31:12 ID:p6qwAkGZ
日本史板
280 :霹靂 :04/06/24 21:06
大体学者があやしいんだよ 変な事言ったら学者じゃなくなるんだよ おまえらが一番
アホなんだよ縄文の多くはぶっ壊されてるんだよ発表はしてないけどな 現場が本物
なんだよ それが隠蔽日本の怖さ だから歴史の解明大変じゃんかよ

827 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 22:45:51 ID:G+P4BnKg
>>774で結論は出ていると思うが・・・

ただ終戦直後の占領政策、左翼運動の高まりなどで、”大陸→日本列島到来説”が
イデオロギーとして必要とされた、というのが真実だろう。
こういう根拠の無い歴史修正主義は珍しくなく例えばポーランドでカチンの森虐殺事件と
いうのがあって、ポーランドの教師は生徒達に「本当はロシア人がやったのだが
テストにはドイツ人がやった、と書きなさい」と言ってたそうだ。


828 :右や左の名無し様:2005/05/22(日) 22:59:00 ID:G+P4BnKg
先のソースにも出てくるけど、反日感情の強い韓国では真実を口にするだけで糾弾、
激しいデモをするので、そういった事に対する外交的配慮も日本側にあったのではないか?

829 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 08:31:45 ID:OTwHYLZp
占領軍の銃口の下、生き延びるために教科書を墨で塗りつぶさざるをえなかった時代もあった。
しかしそろそろ歴史修正主義イデオロギーから解放され立証されてた史実を受け入れる時期だ。

830 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 09:01:55 ID:???
まあ今のところ物証は>>774、史料は日本書紀というところか。

他の仮説はあくまで仮説、証拠そのものは全くなく当時のイデオロギーの
産物であった、って事でOK?

831 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 19:29:56 ID:+KrByrHH
なるほど。反皇室はまたまた論破されたのね

832 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 20:41:39 ID:43RK3GFs
もともと皇室批判というのは確たる根拠も無く、サヨク崩れや無職が自分の不遇さを
日本社会とその権威たる皇室に矛先を向けるという貧弱な思考が根源にある。

つまり反皇室は共同体内部での存在の無さ、自信の無さを外部に責任転嫁し続ける弱い人間
という事だろう。

833 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 22:39:26 ID:???
皇室は天皇一族の自由を奪うために税金を無駄に使っているにすぎない

834 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 23:04:57 ID:TOYF6ERC
>>833
オマイは池沼か?
このスレ読み返して勉強しろ

835 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 23:11:23 ID:???
憲法が矛盾していて消さない理由もないけど消す理由もないってことか

836 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 23:15:47 ID:xlSyKRuV
>>820 ことに極東・東洋人には、分裂病的脳構造があるのですか。

837 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 23:35:51 ID:???
>>835
いや、反対派は憲法の内容を理解するだけの知能が無いと言うこと。

838 :右や左の名無し様:2005/05/23(月) 23:38:12 ID:xlSyKRuV
別観点からですが、2Chの全部から、妄想(その当て字)、キチガイ(その当て字)
を調べ他民族のものとその出現率を比較し、5倍以上の開きがあったらなぜかと調べ
る価値が出て来るでしょう。

839 :類人猿の国:2005/05/23(月) 23:48:14 ID:xlSyKRuV
>>830 どうして建設的意見が出ないのでしょうか。

840 :右や左の名無し様:2005/05/24(火) 07:07:45 ID:J7fOQdkW
>>839
建設的意見ってのは、物証によって検証された事実だろ?
政治的イデオロギーで史実を歪める事じゃあない。

841 :右や左の名無し様:2005/05/24(火) 07:25:00 ID:xL/xudau
>>824 皇室は各天皇陵埋蔵品の所有権を有し、公開権限の裁量権を持つからこの情報
公開は現皇室に依存すると言う見解が見られた。もしその所有権を有するなら、これ
を無断で発掘調査した政府、大学関係者は違法行為の犯罪と認定される。(2)その所有
権をいかに現皇室が有するかを証明するのは難しい。

842 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/24(火) 18:22:09 ID:QV11S75W
>>841
一体いつまで妄想を続けたら気が済むんだろうね(笑
>>825を読むに、多重人格症が見られるのにね(マジで、分裂症なのだったらゴメン

>これを無断で発掘調査した政府、大学関係者は違法行為の犯罪と認定される
では、具体例をどうぞ(笑

>(2)
典範第27条

843 :理性的になれ:2005/05/24(火) 22:32:04 ID:xL/xudau
>>842 典範27条には、各天皇陵の所有権と埋葬品公開の裁量権は皇室に帰属するという
記載はない。政府、大学関係者が保持している各天皇陵情報を国民に公開せよというこ
とだ。>>797での重要な指摘は(最近の全国紙報道でも)、外来の文物が出土する可能
性以上に、原住民系日本人の墓が巨大古墳の中にないか。渡来系が占拠する以前に広範
囲な統治がすでに点在していたのではないか、ということだ。マルヤマ・サンナイ遺跡
もあろう。これが基本的日本歴史を教えない、力づくで隠蔽する集団の罪だ。

844 :843:2005/05/24(火) 22:45:12 ID:xL/xudau
>>825 の芝居は、すでに記載のとおり当局に監視され、たえず弾圧・抑圧されている
から、一人芝居してみたわけだ。ADSLではIPアドレスは、その都度取得され固定ではな
い。30分くらい電源オフしてからにすれば良かったが、時間を待っているのが面倒だっ
たということだ。OK?

845 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 04:10:40 ID:???
保守考=久々に見かけたが相変わらずのバカっぷりだなw

>では、具体例をどうぞ(笑
皇室の私財とされてるんだぜ?
「(笑 」なんて付けるから余計にバカが際だつw

846 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/25(水) 06:11:14 ID:dgyK6QoN
>>843-845

なんだ?
頭の中がかゆいのか?(笑

847 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 07:13:47 ID:Ls7iQY1+
残念ながら、>>843は、>>845ではない。あなたは皇室権限を過大評価している。当
局(警察)は気づかれないよう常に監視しているものです。あなたは優等生のようで
すが、書籍に書かれていることや日本学校教育は実際の日本での法的な運用のされ方、
日本社会の実情とは異なることを記載している場合があることは、知っておいた方が
得です。

848 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 13:07:22 ID:t4v4RqTz
>>843
オマイにとって「今のところは単なる噂に過ぎないが」なんて断ってるレスが
「重要な指摘」になるんだなw
もうしゃべらなくていいよw

849 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 16:07:50 ID:AD3L8gSy
天皇家の墓陵を他人が勝手に暴くのは死者を冒涜する墓荒らしだから無理だけど、韓国の古墳調査から日本→朝鮮が正しいルートみたいね

850 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 16:31:55 ID:4Y4E91wB
発掘された土器等の年代測定からは明らかに日本の方が古い。先にソースも出てるけど

851 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 19:35:54 ID:???
キミもアホサヨの特徴を調べてみよう!きっと一定のパターンが見つかるはずだ
ヽ  ノ        `ヽ r´       ヾ ソ
  ~ヽヽ         U        /ノ
   ヽノ

         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
-´⌒二⊃. |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ   ⊂二⌒丶
 _ソ.   |::( 6  ー─◎─◎ )     ヾ__
.       |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\_____)  ヽ
1 徹底的に戦争責任を追及してくる→ 心の拠り所の共産主義、社会主義が完膚なきまで
 否定されたから、およそ悪で通っている日本軍に目をつけているんだ。何十年もネチネチ
 引きずるなんてまるで中国人や朝鮮人みたいだねっ(人間としても気持ち悪いねっ)。
2 「靖国神社」「新しい歴史教科書」に異常に反応→ これも1に繋がるものだね。
 そもそもこの問題に火をつけたのも他でもないアホサヨの活動のせいなんだ。
 思想のためには手段を選ばないなんてまるでオウムみたいなカルトそのものだねっ。
3 学歴に固執→ 自分に歯向かうのは低学歴やニートだと決め付けて安心しているのかな?
 大抵は本人が3流大や無職とういうのがオチだから気にしなくてもいいね。
4 現代の諸問題に関しては知識、思考力ゼロ→ よく理論武装した人に論破されているね。
 偏ったイデオロギーに支配された人間は所詮こんなもんなんだ。だから保身のために
 1〜3のことを繰り返すんだ。サルと同じだねっ。

探せばまだまだあるぞ!キミもトライだ!!


852 :国際組織は日本警察を監視せよ:2005/05/25(水) 20:55:47 ID:Ls7iQY1+
日本の現在の警察は犯罪を取り締まらないから、もういいよ。解散せよ。統治は
外国に依頼しよう。まともな裁判もない、警察が弾圧する国だ。
2CHの管理人は偉大な貢献をしていることを評価せよ。

853 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 20:58:21 ID:Ls7iQY1+
>>848 自分たちのやってることを過大評価するな。

854 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 21:07:16 ID:Ls7iQY1+
>>848 パソコンに書き込んだだけでどうしてそんなに思い込むほど、世の中が変
わるのかね。むしろ商業上などで利用されているとなぜ考えない。世の中は長
い血の闘争歴史から今があるだろう。中国の反日運動もインターネットで罵詈雑言を
山ほど書いてもなんの騒ぎもない。反日デモなど行動があって初めてネタにな
るというものだ。童女のような勘違いしてはいけない。舞い上がるな。

855 :右や左の名無し様:2005/05/25(水) 23:01:33 ID:L4Xd70LN
http://amezo.nych.info/32/a6f66e1d3b3d79d6ee9c9344fa6e9196/66

住所を書き込むのはやめろ

856 :国際組織は日本警察を監視せよ:2005/05/26(木) 06:47:02 ID:cHJaG1SB
>>851猿はおまえだ。侵略して、しかも敗戦国になったら公然と糾弾されて当たり前だ。
しかも未だに口汚く言われ続けるのは、この国はよほど他国に嫌われていることを示し
ている。警察を除いたこの国と人々を大事にしたかったら、原因を探って、どうやって
ら糾弾・非難されないかを考えるべきだ。
靖国神社・新しい歴史教科書に異常に反応とは、実年令・子供じゃないか?頭が悪いと
も言える。そう言われたら腹が立つだろう。人は虐待されたら腹が立つ。この国の警察
は人権を知らないし、一般民衆は権利を叫ぶことを知らない。他の極東国らとも違うそ
うだ。だからお前のような抗議するなというのは、他国を含めると少数意見になる。権
力集団が学校教育を形作っているがそれに過剰適用で、物事の真実から目をふさいでい
る。お利口さんでいることは支配集団に気に入られるから、社会に出たら出世するであ
ろう。お前個人を取ったらその態度は悪くないが、大人しいうちはいいが、人を非難し
出したら嫌われ、バカにされ出す。

857 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/26(木) 10:44:16 ID:???
↑貴殿が一番馬鹿にされているのだから、原因を探って、どうやったら糾弾・非難
されないかを考えるべきだろうなぁ。


858 :右や左の名無し様:2005/05/26(木) 20:06:01 ID:xfRckcvV
まったくだ

859 :右や左の名無し様:2005/05/26(木) 21:48:47 ID:cHJaG1SB
だれが私を糾弾しているのでしょうか?

860 :右や左の名無し様:2005/05/27(金) 07:21:20 ID:87f3MYa4
↑電波

861 :右や左の名無し様:2005/05/27(金) 23:55:31 ID:yMtTWGDg
>>857 明治憲法には、天皇が最高・最終意思決定者と規定する条項が明治憲法にはない
と指摘し、なぜ日本国民がこれに従ったか理解できないとおっしゃっている。この理由
は、日本警察が武力行使し従順させたものであることは考えなくても分る。事例に、日
本初の国家損害賠償請求訴訟が明治にあり、上野駅の列車に朝、乗ろうと駅を急ぐ職工
に、警察官がなぜか不審に思い呼びとめ尋問しようとした。しかし朝の現場に間に合わ
ないと取りあわないと、突如、その背後から発砲、死亡させた。高村光太郎は洋行後に
日本人の命は安いと嘆いたが、これを物語る。警察・武士階級が平民をいかに手軽に弾
圧・殺害できていたかを示すものだ。ところが日本の学校では今でも日本は民主主義と
教える。日本警察は司法と一体で判決を左右し、適法でも気に食わなければ提訴者を殺
害し、また精神病院送りにする。土地を盗んだと前訴で勝訴し、これにより日本政府企
業がこの土地の転売者に付けた抵当権をはずすよう求めた訴訟では、提訴者の殺害を執
拗に図り、重要証人を殺害した。この国は、警察が司法と立法を支配する警察独裁国家
だ。
新しい教科書を作る会などとシラッとした投稿がある。50年前、30年前、10年前、5年前
でも教科書は新しくなっている。いつでも政府は教科書を検討し内容をとっかえひっかえ
しているものだ。そうしなければ、そのような仕事をしている人があぶれて困るじゃないか。

862 :殿下:2005/05/28(土) 00:39:37 ID:C4ALjkk+
>>861
「警察24時」でも観てお巡りさんに感謝しろよ
「太陽にほえろ」でも可

863 :国際組織は日本警察を監視せよ:2005/05/28(土) 06:47:06 ID:???
この国はヤクザが支配している。ちょっとでも気に食わなければ密かに薬物を食物に
忍び込ませて変にさせ精神病院送りにする。建物に火をつけ、その子供の多くが就
職先になっている消防署職員が火を消しに行く。これに反警察にならないよう、血族、
姻族関係と警察官との結婚を図る。資産、現金を持っていると住居侵入して盗んでい
く。資産の所有権移転登記を図り、裁判ざたになれば、元来が警察と一体だから、頃
合を見て敗訴判決を出す。

864 :国際組織は日本警察を監視せよ :2005/05/28(土) 06:49:33 ID:???
貸金規制法は利息制限法と相反する。そこでサラ金は利息制限法で借主を訴える。日本
裁判官は、利息制限法で安く利息を引き直してくれたんだ。さあ、ありがたくも今のう
ちに払って置きなさいとサラ金の番頭発言をする。法を考えられない奴らが白人社会を
まねて、裁判のまねごとをしている.

865 :国際組織は日本警察を監視せよ :2005/05/28(土) 07:43:24 ID:fQm75S54
白人社会を見て民主主義国家をまねて、実態は政治家は百姓代表を選びなお中味がな
い。行政官が立法している。自治体は政治的力を発揮できるだろうが、中央集権政府
に抑えつけられる。田畑に開発するためと政府公文書を交付し、自治体に山林所有権
移転登記をただで行わせ、50年経過後もさっぱり開発されていないと当の自治体に聞
くと、自分たちがその山林を選定し独自に買収したと、責任は自分たちにあるとウソ
をつく。

866 :国際組織は日本警察を監視せよ :2005/05/28(土) 07:45:34 ID:fQm75S54
巨大なヤクザが支配している。戦前と変わりないだろう。戦後、海外は日本警
察と司法を分離したが、隠れて同じく活動できているのはなぜか。

867 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/28(土) 12:58:57 ID:???
「巨大なやくざ」の身長と体重を教えてくれ。

868 :右や左の名無し様:2005/05/28(土) 17:34:12 ID:pwwUnCbd
妄想癖のある電波が紛れてるな

869 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 00:12:54 ID:l1rjBk4Y
皇室批判してる電波は精神病院に隔離すべきという事がよくわかった・・・

870 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 05:28:54 ID:Uinw7ERM
>>868人殺し政府警察の抑圧・弾圧を見抜くには、それなりの知能が必要だ。弾圧を
弾圧と思わせないで弾圧する。
いずれにしろ皇室を語るに、我々は皇室自体をよく知らない、知らされていないで、
平然と論議する。まずはその歴史を知り、彼らは何者であるかをよく知る必要ある。
第2に、日本は民主主義政治は行われていない。学校教育で、民主主義だと教わるか
ら、実際が民主主義だと思い込み錯覚する。民主主義政治が行われている確かな理
由を上げなければならない。ちなみに自由党、民主党の結成は民衆からの求めで誕生
したのではなく、政府警察が工作し作っている。誕生から形式的に民衆を代表してい
ないなら、いくら本人たちが頑張っても民主主義政治といえない。政府工作政治だろ
う。

871 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 07:06:10 ID:Uinw7ERM
>>862 おまえなあ、警察には過去30回以上、被害相談に行ったが何もしないよ。
一部意見では、日本警察は犯罪一般を取り扱わない。公安警察の工作のための組織
といわれる。無法国家に近い。テレビを見て感謝しろとは、テレビは洗脳の道具か。
実際のところを知らないで、ものを語るな。

872 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 08:10:51 ID:Uinw7ERM
私の言説に疑いを持つ者は、1件でもいいから民事事件を提訴してみなさい。話し
が違うじゃないかと思うところが出てくる。教科書や政府寄り書籍からしか知識を
持たない者は、目を見張るだろう。得体の知れない者らが周辺をうろつき出す。こ
れは最初、気づかれないようにするから気が付かない。敗訴したら控訴してみなさ
い。これも敗訴した上告してみなさい。除々に彼らの動きが露骨になる。原審で勝
訴したら後訴も提起してみよ。これは警察。戦前は司法と一体で戦後の民主化、三権
分立で司法と行政は分離されたはずが、実態は今も変わりないことを知ることになる。
やがて姿を表してくる。知識で知る戦前と、変わりないことに気づく。

873 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 14:12:25 ID:phXDQEge
>>872
オマイの言説は誰が見ても疑いだらけなんだが

874 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 20:08:55 ID:4xuG+r+g
ソースも出さずに脳内で「一部意見では」とか「単なる噂に過ぎない」事が
重要な指摘だとかうっとおしい電波だな

875 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 21:25:43 ID:???
ここは皇室制度に反対する日本人を叩くスレだろ
スレ違いの池沼は他のスレ逝け

876 :右や左の名無し様:2005/05/29(日) 22:32:35 ID:4xuG+r+g
そもそもID:Uinw7ERMは日本人なのか?
文章が変


877 :右や左の名無し様:2005/05/30(月) 00:52:03 ID:???
>いずれにしろ皇室を語るに、我々は皇室自体をよく知らない、知らされていないで、
>平然と論議する。まずはその歴史を知り、彼らは何者であるかをよく知る必要ある。

最近次々に発見された韓国全羅南道・全羅北道に分布する前方後円墳は5〜6世紀のもの
ということが最近分かり、明らかに日本の古墳(3世紀)文化が伝わったものという事が
定説となっている(↓韓国サイドのソース)
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/nicchou/kofunkr.html

この近年の常識をひっくり返す事実から、原日本人の大王(おおきみ)が勢力を拡大して
日本を統一し皇室の祖となり朝鮮半島にまで文化的影響力を与えた、というのが史実だろう。

他の仮説はほとんど学術的物証が無くあくまで仮説の域を出ない。

878 :右や左の名無し様:2005/05/30(月) 06:58:17 ID:4/HeXFEX
??

879 :詐欺師:2005/05/30(月) 21:08:58 ID:4/HeXFEX
>>877 (1)その原日本人の大王とは、だれか。(2)最近の読売新聞報道によると、昭和
30年代、政府は各天皇陵調査で、皇国史観に反する結果があったので、この調査結果
を非公開とした。あなたの見解に反する。どう説明するか。

880 :◆r0FmiN9ADk :2005/05/31(火) 09:08:56 ID:???
>>879
キミは他人の墓の中が、どうしてそんなに気になるんだ?
皇国史観に反する結果というのは具体的に何?非公開としたのに、キミは
知っているんだね。

どうぞ書いてください・・・その結果とやらを。w。

881 :右や左の名無し様:2005/05/31(火) 23:32:18 ID:JxgNuqTg
>>879のように思わせぶりな架空の歴史観が幅をきかすようになったら危険な兆候ではないか?

ヒットラーは伝説の地底王国シャンバラの存在を信じ探検隊まで組織したというが、
そのような物的証拠を示せない非科学的なオカルト狂いはナチズムの始まりでもある。

882 :879:2005/06/01(水) 05:41:58 ID:wofY9knl
>>880 他人のこの墓が気になるのは日本政府と同じですから,問題視するのは変。
一般的態度です。879に対して、思わせぶりの架空の歴史観といってるのなら、お
もしろい人ですね。日本政府は、ヒットラーにおける物的証拠を出せないではなく、
この件の発掘調査から導かれる結論の証拠を隠している。そう、明るく報道されて
いる。あなたはどう見ても、真実を隠そうとしている一味。なぜ隠すのですか。

883 :右や左の名無し様:2005/06/01(水) 18:01:39 ID:mc+3yySq
誰も隠してなんかいないだろ。
死者が安らかに眠る墓陵を掘り返し冒涜するのは日本の宗教観に反する。
日本・モンゴルの共同調査チームがチンギス・ハーンの霊廟らしきものを発見したが
モンゴルの国民感情に配慮して探索を止めたぐらいだから
それがグローバルスタンダードというもの。
よく「隠してる」とか勘繰る粘着妄想性格は、妻の浮気を疑う嫉妬深い男によくみられ
ストーカ−殺人の前兆ともいわれる。

884 :右や左の名無し様:2005/06/01(水) 20:24:33 ID:mc+3yySq
というわけでID:wofY9knlは目を醒ませ、と言いたい

885 :右や左の名無し様:2005/06/01(水) 21:32:41 ID:wofY9knl
あんたは、おかしい。一般国民はどこの誰とも良くわからないお人に国旗を振り、日本
の象徴とあがめ奉っている。日本警察がご主人で、国民はその奴隷ではないというな
ら、昭和30年代の日本政府の調査結果を公表せよ。国民を愚弄しているとしか思えな
い。有名なお話しで、戦後の民主主義立法案で日本警察某人は、日本人は民度が低いか
らと反対した。今こそ、この見識を改める時であろう。日本のご主人様は奴隷・日本
国民をバカにせんで頂きたい。心からのお願いでございまする。

886 :右や左の名無し様:2005/06/01(水) 22:41:46 ID:mc+3yySq
>>885
おかしいのはオマイ
ソース付きの史実を突きつけられて反論せず、「真実を隠してる」などと言い
いっぺんもソース出したことないな?




887 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 00:36:34 ID:DzM/ya7l
天皇氏ね

888 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 04:58:25 ID:nkfAI9n+
>>886 あんたはおかしい。最近の読売新聞1面報道だ。日本政府の各天皇陵調査によ
り、従前、天皇陵とされていたものの中にそうではないものがあるから、これは皇国
史観に反するので非公開にした。具体的情報、なぜ政府は隠させねばならぬか。
日本政府職員・権力集団は日本人か。日本人のために基本的日本歴史をなぜ公開しな
いか。行政は政治に関与してはならない。非公開は政治活動だから、これを隠蔽して
いる職員はその氏名と所属部署を公開せよ。

889 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/02(木) 09:27:18 ID:???
>一般国民はどこの誰とも良くわからないお人に国旗を振り、日本
>の象徴とあがめ奉っている。

何処の誰とも分からないのは貴殿だけで、皇居のお隅になっている「明仁」という名前の
方が天皇となっておられる。
その出自(しかも千年以上前の)を明確にしたいという人の心根は、結局
出自に依る差別主義者だね。

890 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 09:50:53 ID:???
出自によって天皇たる正当性が認められるとするなら、出自を明確にする必要があるのは
当然のことだが。
「出自による差別」を問題視するなら、世襲天皇制自体がおかしいことになってしまう。

891 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/02(木) 11:10:33 ID:???
>>890
1000年以上前の出自に拘泥する理由はありません。
前天皇からの世襲であること以外に
日本国憲法においてほかの要件はありません。


892 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 16:56:33 ID:cov169PC
家督を継ぐのは世襲だろ、普通。共産主義とかなら話は別だが

893 :ソウ:2005/06/02(木) 17:31:03 ID:Eqct2bTv
皇室をないがしろにする奴は氏ね!

http://www.sohk1980.net/


894 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 18:10:07 ID:???
>>891
日本国憲法においては、「世襲」の原点となるのは昭和天皇になるってことか?


895 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 18:10:09 ID:???
>>891
ずっと続いてるものでも現代に合わないから仕方がない

896 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/02(木) 18:57:43 ID:???
>>895
現代に合わないという証明をどうぞ。

897 :右や左の名無し様:2005/06/02(木) 22:31:56 ID:nkfAI9n+
>>890 日本歴史を明らかにしたら反天皇制が増えると心配するから、歴史を明らかに
するなというご主張、痛いほどわかります。しかし戦後初の天皇訪米後の記者会見席
上で、天皇戦争責任問題ついての記者団の質問に、そのような文学的なことはわかり
ませんと笑った。これで、正月などの皇居参拝者数に変動あったとは思えない。この
ような発言あっても日本人、何の微動だにするものではないという冷厳な事実がござ
います。1500年前の日本歴史を明らかにした所で、日本人、何の微動だにするもので
はありません。皇帝の歴史を明らかにすることが出自の差別になるなら、当初から皇
帝だといえるでしょうか。そのような差別は平民のものです。だれも拘泥していない。
日本政府も歴史を知る必要があったから、各天皇陵を調査したものでしょう。その情
報を公開せよ、基本的日本歴史を明らかにせよということだけです。自分たちだけが
情報を隠匿して、国民に公開しないとは何にもとづくか? 依然としてこの国は武家
が支配する封建社会と、国際的非難浴びて当然のことです。

898 :右や左の名無し様:2005/06/03(金) 08:16:32 ID:ae8X8R2z
>>895
どう考えても世襲の方が合理的で現代風だろ
同国民同士の内部対立で混乱するより明確な定めで誰もが受け入れられる方が
すっきりする。古今東西問わず例は腐るほどあると思うが。

タイガーウッズからマイケルジャクソンまで生まれ持った才能そのものより
幼少期から”その道”の英才教育を受けたから、という見方が一般的。
となると帝王学を受け育った方が国事行為全般を執り行う方がいい。

899 :右や左の名無し様:2005/06/03(金) 12:44:14 ID:???
>>898
お陰でマイケル弱ソン、変態オヤジになっちまったじゃんw

900 :右や左の名無し様:2005/06/03(金) 16:05:58 ID:ae8X8R2z
>>899
アーティストは特殊な世界なんだよ。


901 :右や左の名無し様:2005/06/03(金) 16:15:16 ID:???
幼少期からの英才教育が良いというなら、「ダライラマ」方式でも良いんじゃないかね?

902 :右や左の名無し様:2005/06/03(金) 22:36:57 ID:ae8X8R2z
歓迎晩餐会一つとっても、世界中のセレブから見たら育ちのよさと
平民出がにわか特訓で身につけたマナーとでは一目で見分けがつく、というしな。
そんなことで国民が恥ずかしい思いをしたくない。

903 :右や左の名無し様:2005/06/04(土) 07:53:29 ID:ejOV/TJQ
俳優上りとかがやってみたら自分に合わない仕事、とか投げ出せるような
軽い職務じゃない。
憲法に定められた国事行為を羅列しただけでも相当な重責


904 :右や左の名無し様:2005/06/04(土) 10:00:51 ID:JHjt+mgl
昨今の情勢を見ていると、やはり皇室は敗戦と共に去るべきだった。皇室の存在で日
本が敗戦後、国内反乱がなく静かに統治できたと、その存在を称える評論家がいたが、
まったく無関係なことがはっきりした。天皇自身は敗戦直前、財産をスイスに預け亡
命しようとした。報道によると日本政府行政官が国連常任理事国入りを認めてもらお
うと、各国工作に精を出しているそうだが、日本流の表現では、西洋・白人はなんと
懐が深いことか。子供がアメを欲しがって、ダダをこねながら近所を走り回っている。
日本の中国に対する対応・反応を見ろ。雲泥の差だ。日本は戦前を解体しなければい
けない。現況、ブタの国だ。

905 :右や左の名無し様:2005/06/04(土) 22:12:01 ID:???
>>904
このスレは外人が支離滅裂な文章を書くスレではないんですが

906 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 06:30:13 ID:DV1k0HOm
天皇制を語る以前に、彼はどこから来たかぐらい語るべきだろう。

907 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/05(日) 09:07:59 ID:???
>>906
語ってみなよ。今まで一度としてマトモな其れを聞いたことがないんだが・・・。

908 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 12:28:08 ID:DV1k0HOm
>>907 あなたも日本国民が皇室の歴史を知ることに賛成なのですね。政府の各天皇陵
調査結果公開に賛成なのですね。


909 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 12:41:30 ID:39YWRDXg
語れば”語るに落ちる”に、収束してしまうのさw

910 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/05(日) 14:07:27 ID:7Jq4liGo
>>908
私は人様の墓の中まで暴く趣味はない。
というか、せめて推論として確かなものがあって「学術的に研究する必然性」
があるなら、皇族の協力を得て研究することは別に反対しないけど、
そもそものその推論がマトモなものじゃない中での、単なる興味本位の愚行なら
それに与する事はない。
「皇族の墓を研究すべし」と主張する者は、まず推論の確かさ・必要性を論証する
義務がある。

さて、その推論だが、まず時代の特定から行こうか。
「縄文時代」「弥生時代」「それ以降」のどれかね。答えてくれよ。

911 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 14:16:16 ID:???
宮内庁が勝手に天皇陵に認定してる問題は無視するのか?

912 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/05(日) 15:34:44 ID:???
>>911
勝手に認定というのはどういう意味?
疑義があると言うことは理解している。だからといって「疑義があるから暴いてしまえ」
とはならないだろうよ。
無論、税金が支出され維持管理されている中で、学術的にきちんと議論され
必要な検証はされなければならないし、其れは別にかまわないと思うが、
それと、「天皇が何処からきたか」は関係ないだろうよ。

物事は「正当・妥当な目的」が明確にあって進むもので、そういう政治的な思惑
など学術研究に不要どころか、弊害がある。だから進まないんじゃないの?
結局「何処からきた」という推論さえ出せない、時期さえ特定できないということは
「何らかの思惑」を持っている証拠だろうよ?政治的思惑で人の墓を暴こうなんて
なんてみすぼらしくも情けないんだろう。

人倫に反する香具師だなぁ。

913 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:08:14 ID:IkN5FsCs
死者が安らかに眠る墓陵を冒涜するのは(・Å・)イクナイ

914 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:11:48 ID:rbYUBODg
>>912
韓国から来たことがバレるとまずいのか?
クソチョン天皇を崇めるやつの気が知れない。

なにが「韓国にゆかりを感じる」だ!
「国旗・国歌の強制はよくない」だ!

クソチョンのくせしてゴタク並べんじゃねえ!

915 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/05(日) 20:17:35 ID:???
>>914
だからそのキミの思い込みが「多少でも根拠がある」というなら、
まずその時期を明確にしなよ。

縄文以前・縄文時代・弥生時代・弥生以降

916 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:21:53 ID:rbYUBODg
>>914
恐れ多くも平成チョン皇陛下が明らかにしてるだろ。

917 :916:2005/06/05(日) 20:22:55 ID:rbYUBODg
まちがえた。>>915だ。

918 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:38:10 ID:IkN5FsCs
>>914
2ちゃんだからってネタは良くないな

919 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:39:33 ID:IkN5FsCs
そもそも桓武天皇の生母である高野新笠の父、武寧王は九州生まれの
日本人だろ。血統は日本じゃん

920 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:43:40 ID:IkN5FsCs
>>914
>>877のソースについてはどう思う?

921 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 20:49:26 ID:UlJOuC59
>>920
まぁ歴史についてはまだまだ未解明の部分も多いし、今までの通説が
覆ることだってあるだろう。
ただ、俺は言いたいのは平成チョン皇が「韓国にゆかり」を感じ、
就任時に護憲宣言も行い、国旗掲揚・国歌斉唱を進める石原都政にイチャモン
をつけるのが許せないってことだ。
こんなチョン皇は即刻退位してほしいよ。

922 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 21:07:52 ID:IkN5FsCs
>国旗掲揚・国歌斉唱を進める石原都政にイチャモン
ソースは?
つーか何が「許せない」のかさっぱりわからないんだけどw


923 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 21:14:43 ID:UlJOuC59
>>922
寝ぼけているのか?
チョン皇陛下は米長にはっきり言ったじゃん。
「国旗・国歌の強制はよくない」って。

924 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 21:20:28 ID:IkN5FsCs
>>923
正確には「強制でないのが望ましい」
至極まっとうなお言葉だが?

で、これのどこがどう許せないんだよ?オマイはw



925 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 21:24:49 ID:UlJOuC59
>>924
そういう時は「ああそうですか。頑張ってくださいね」っていうのが
当然だろうが。
至極まっとうだと受け取るのはクソサヨくらいのもんだ。

926 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 22:00:27 ID:DV1k0HOm
次の意見がある。
1.税金が支出されているので、学術的に検証されなければならない。
2.政治的思惑は学術研究に弊害だ。
3.政治的思惑で墓を暴くのはみすぼらしい。
3番の、みすぼらしいは意味不明のため、残るは、学術的に検証はされなければいけ
ないが、政治的思惑で情報公開してはならないという結論になる。ところが政治的思
惑で情報公開してはならないというのは、明らかに政治的意思表示だ。政治的動機を
強く含みながらそれを欺網している。なぜ公開してはいけないか?もう一度はっきり
説明しなければいけない。

927 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 22:26:54 ID:DV1k0HOm
このぐらいのご質問にお答えいただけねば、今や日本行政官が国連常任理事国入りめ
ざして各国担当官と交渉中なそうで、そうなれば国際政治機密事項も事前に入手できる
優越的立場になるそうだ。政府は率先してより高尚な立場を獲得したがっているのだ
から、戦前の警察独裁の暗黒政治から逃れ、開かれた民主政治が実現されねば、国連演
説に立っても国際的恥さらしの非難浴びるいうものだ。そこのところ、ご理解を。

928 :右や左の名無し様:2005/06/05(日) 23:27:05 ID:???
プーチン“紅衛兵”6万人集め旗揚げ、野党勢力を敵視
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050605i315.htm
ロシアで、プーチン大統領への忠誠を誓う官製青少年組織「ナーシ(友軍)」が本格始動した。
厳格な規律を保ち、ほぼすべての左右野党勢力を敵視するこの組織を、一部メディアは、文化大革
命期の中国の大衆運動に例え、クレムリンの“紅衛兵”と呼ぶ。
「ナーシ」は先月15日、全国30支部から、高校生ら約6万人のメンバーをモスクワに集めて“旗揚げ
興行”の街頭行動を決行、圧倒的な動員力を誇示した。イズベスチヤ紙によると、さらに総帥ワシリー・
ヤケメンコ連邦委員らは先月30日、クレムリンでプーチン大統領との異例の接見を許され、大統領自
身が後見人であることを示した。
「ファシズムからの祖国防衛」と不可解な目標を掲げ、極左「国民ボリシェビキ党」から、民主派の日系
女性政治家イリーナ・ハカマダ氏まで、ほぼすべての反大統領勢力を敵視する。20歳以下の青少年が
主体だが、総員数など詳細は不明。

↑これが本当の独裁体制。ロシアは遂に全体主義へ回帰した。やがて粛正の嵐が吹き荒れるだろう。
こんな体制になったらもうお終いだな。

929 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 08:03:35 ID:GHnaGEjT
>>928
まあこのスレで何度も指摘されてはいるが、それが大統領型共和制の正体って
ことだな。


930 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 14:05:42 ID:???
>>929
大統領の権力集中させるとそうなることもあるね。
確かにアメリカやフランス(強固な中央集権制国家)もそういう色彩がないわけではないし。
ただ、大統領制といっても大統領の権限が小さいドイツ、イタリア、アイルランド
辺りは全然違うと思うが。

931 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/06(月) 14:23:26 ID:???
>>926
おまえ頭が悪いの?
人の墓を暴くんだから、学術的な推測の裏付けが必要といっている。
そういうものがない政治的思惑で、人の墓を暴くのはいくないといっている。
馬鹿でも・・・いや馬鹿じゃなければ分かるだろう。

932 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 15:25:18 ID:???
相変わらずれタンは頭が悪いw
学術調査は歴史学として、また日本人として貴重な調査だろうが。
裏付けを取るために調査するに決まってるじゃないか。

933 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 15:32:28 ID:UxSTmNJf
反皇室連中ってホントクズだな!
論破され都合が悪くなると、
”まぁ歴史についてはまだまだ未解明の部分も多いし、今までの通説が
覆ることだってあるだろう”

だってよwww

934 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 15:46:19 ID:???
皇室の系図が捏造だとは思わないが、実際にどういう人物だったか(どういう経緯で
即位したか、どういう政策を行ったかなど)は知りたいと思う。特に欠史八代について。

935 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/06(月) 16:15:41 ID:???
>>932
そういうバランス感覚がないから、君のような人はダメなんだよね。
学術調査のために何をやってもかまわないという、人倫を考慮しない姿が
みすぼらしい精神構造だと、気づきなさいナ。

真人間になれ!w(無理だろうけど)

936 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 19:03:22 ID:5i48aXMH
>>930
象徴的元首+議院内閣制だったら今の日本と変わらないよ。
伝統を否定する根拠は全くない

937 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 19:31:14 ID:???
>>935
何だか馬鹿そうなレスだなあ。
もう少しましなこと書けないの?
まともなレスを付ける気が失せるよ。

938 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/06(月) 19:33:52 ID:???
>>936
国民に権威の「創出」が可能であるというためには、その国民をして従わしめる
規範が必要だが、一体何に其れを求めるのかね。

というか象徴的大統領とは、象徴的権能しかない君主の代替品である。
あえて模造品に切り替える必要性もまた、まったくない。

939 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/06(月) 19:35:52 ID:???
>>937
プッ、申し上げている趣旨が理解できていない人は、最後に「言い方」とかに
難癖をつける傾向があるなぁ。w


940 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 20:07:05 ID:???
チンギス・ハーンの霊廟調査もモンゴルの国民感情に配慮し取りやめた
っていうから、”学術調査”だから何やってもいいってわけじゃないんだよ。

もっと国際的常識を身につけた日本人になって欲しいものだ。

941 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/06/06(月) 20:10:54 ID:???
>>940
ジンギスカンなんて単なる侵略者じゃん。虐殺・強奪・侵略のかぎりをつくした人間。
そんな野郎を崇め奉るモンゴル人はクズ。

日本の皇室と一緒にするんじゃね。この罰当たりが!

942 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 21:26:59 ID:???
>>941
ジンギスカン結構美味いよ。ラム肉は臭みが気になる人もいるかも
タルタルソースなんかも世界的な味
負の面ばかり目を向けるのは生産的ではない

943 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/06/06(月) 21:33:45 ID:???
>>942
ま、味覚は人それぞれですからね。
基本的に羊肉は大嫌いなの、俺は。
前にモンゴル行った時も羊肉ばっか出てきて閉口したよ。
中国経由でモンゴル行ったんだが、中共は大嫌いだがさすがに飯はモンゴル
と比較にならないくらい美味かった。
もう10年も前の話なんで、市場化が進んだ今ではモンゴルも飯が美味くなってる
かもしんない。

944 :右や左の名無し様:2005/06/06(月) 21:56:43 ID:tTw1+SOy
>>935>>938 あなたは現在の警察協力者であるのは間違いない。特徴は独りよがり。
日本政府はすでに人の墓をあばいているから、今回の件で人の墓をよくないというな
ら、政府にイチャモン付けていることになる。たぶん、あなたはイチャモン付けては
いないと言い張る。無意識的にもお利口さん、優等生を演じているようだ。人倫を考
慮しろというなら、今回の天皇陵と非公開の関係をはっきり説明せよ。説明しないで、
国民の要求を罵倒するのが日本警察独裁国家たる由縁だ。国民主権のかけらもない。
権威の創出とは何か。政治との関係は何か。国民を従わせるのに必要な規範とは何か。
日本国民を隷属させたいのか。明確にものを言えもしないわりに、けっこう言いたい
ことを言ってる。もっとはっきり言ってみろ。

945 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 07:37:26 ID:UyOTUP22
>>944
また出てきたか
電波は失せい

946 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/07(火) 09:15:57 ID:???
>>944
わたしは犯罪捜査などにおいて警察気協力する。
必要に応じて政府の好意だろうが学術研究だろうが、不当なものは不当と、
正当なものは正当という。

>特徴は独りよがり。
今までの誰に言われるより、貴殿に言われたことがorz o.rz o...rz

947 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 11:57:14 ID:???
>>946
あんたも暇人だなw

948 : そろそろ日本も大統領制にしたら? :2005/06/07(火) 16:13:17 ID:???
>>930>>936
国の運営の基本は次だ(司法を別として)。

 @議会が立法した法にもとづき
 A政府が行政を行なう

アメリカの政治制度の根幹は@A=立法と行政の分権にある。

@【法】を作る事ができるのは【議会の議員だけ】であり、
  大統領は法案を議会に提出できず、国の大元たる法律の
  制定に関われない。
   ただし大統領は可決された法案の【拒否権】が与えられて
  いるが、それも議会の3分の2以上の再可決で消えてしまう。
  つまり、議会の方が圧倒的に強いということだ。

A【行政】だが政府や省庁の高官・大臣等に【議員は就けない】。
  日本のように【議員が】高官をつとめ行政機関に指図命令を
  できない仕組み、つまり議員から行政が隔離された仕組み
  となっており、これにより大統領と政府は行政に専念できる。

  これに較べると日本の議院内閣制は@Aが完全に癒着して
  おり、政府行政が議員のわがままによって簡単に歪められる、
  いわゆる政官癒着を避け得ない構造となっている。

利権族議員の官への影響力が政・官癒着を招き、その結果、
官の横暴と国家支配に見舞われているかに映る日本の政治
を改革するには、その根源となっている「議員が内閣を形成して
行政にあたる」という構造を変えるしかない。

その議院内閣制の代替案としてアメリカ型大統領制が有効なのよ。
この共和制の完成形たる大統領制と天皇制は馴染まない…かなw

949 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 19:43:27 ID:Zt9UtoLf
>>948
それは違うだろ。

議院内閣制は常時少数派の意見も取り入れて権力を維持する制度だが、
大統領制は個人の思いつきで国運が左右され、任期中は失政スキャンダル等で
支持率0%になろうが権力の座に居座れる。
(自ら辞任するか犯罪犯して弾劾裁判で有罪にならない限りは)
つまり任期期間中は国民の声など国政に届かないのだ。
また官僚の総入れ替えというのが曲者。
前政権との政策の継続性が失われ、国際公約などの信用が失墜する
ケースも少なくない。

行政と議会でヘタに権力を分散すると、大統領と議会側で対立が生じた時
国政が混乱し、その結果シワ寄せを受けるのは国民生活なのだ。

政官癒着は過去の中選挙区制で政権交代が起こらなかったせい(これは大統領国も同様)
議院内閣制度のせいだったら英や独でも同様の問題が生じているはず。
だいたい”利権”の話ならイラク戦争の軍事特需で政府高官がCEO(経営最高責任者)を
勤める会社を通じ大儲けしたアメリカの方が酷すぎるだろ?
デッチアゲの理由(大量破壊兵器)で自国の若者が大勢犬死し(今も増え続けてる)、
極めつけは誰もデタラメに責任取らないんだからな。こんな無責任な制度はないよ。

多様な意見がもっとも政治に反映され、かつ国政が混乱しない議院内閣制が
ベストだってことがよくわかったろ?

950 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 20:04:17 ID:RsWGJvea
>>949
おまえ、何の議院内閣制の肯定にもなってね〜よw
もちろん大統領制の否定にもな。

国民がおまいみたいな馬鹿ばっかだから、
糞みたいな議員どもの跋扈を許すわけだが… (ノ_ _)ノ 

951 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 20:45:41 ID:Zt9UtoLf
>>950
そもそも先行者絶対有利の資本主義先発国で植民地主義時代に国力を
蓄えた国を”政治制度”比較の例には出来ない。
その点、アメリカ型制度を取り入れてる中南米やフィリピンなどの
後発国が好例となるだろう。
ニューズウィーク誌によれば、大統領選挙で有権者の投票パターンは
”苦い良薬”より”甘い公約”を掲げる候補に投票するので
誠実で有能な候補が当選する確証は全くないとか。
当選後は公約破りの汚名を着て政治不信を高めるか、公約通りの
バラマキで財政破綻の二者選択というパターンとか。
当然これらの国は拡大する貧富の差と、それに伴う左翼ゲリラとの内戦
(同国民同士のいがみ合い)という矛盾を抱えている。

米国などの大国は戦争で国民の目を外に向けさ政権支持率を上げる手法が
用いられるのはこのスレでもガイシュツだが、ブッシュ政権が「大統領は中間選挙では敗北する」
というジンクスを覆したのは対テロ戦争で愛国ムードを高めたためとも
言われている。

952 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 20:50:02 ID:26ebo/Pc
「容姿醜悪はあなた一人の問題ではありません。子どもも迷惑です」

  「子どもを作ろうなどとせず、おとなしく死にましょう」

       選ばれた人を応援する 資○堂

953 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 20:58:21 ID:Zt9UtoLf
>>950
朝日新聞のコラムでは「韓国は政権スタートから大統領は”死に体”になる」

独裁時代の教訓から大統領を再選禁止にしたところ
政権後半期の求心力が大きく低下する、体制にいるうちに甘い汁を吸おうと
汚職が相次いだ(歴代大統領経験者や親族が続々逮捕)
議院内閣制に移行する事にしたが、IMF管理下の経済危機で
憲法改正どころじゃない、と金大中大統領(当時)が約束を反故にしたらしい。

954 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 21:00:27 ID:Zt9UtoLf
>>950
というわけで政治理論からも、実例からも

議院内閣制>大統領制

というのがお分かりいただけたと思う。

955 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 21:12:02 ID:Zt9UtoLf
>>948,950
ちなみにフィリピンでは政治に無能な映画俳優(勧善懲悪w)が
大統領に当選し賄賂政治をおこなったという。残念ながら愚衆政治の
リスクが高すぎるのが直接選挙の大統領制なのだ。
議院内閣制なら、まがりなりにも政治のプロが国政の最高責任者を選ぶので
愚衆政治のリスクは大幅に減る。ましていつでも”クビ”に出来るのだから、
こっちの方がよっぽど民主的で国民のためになるだろう。

956 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 21:36:03 ID:Zt9UtoLf
ブッシュ政権(米国)に限らず、プーチンのチェチェン強硬策(ロシア)
ノムヒョンの「親日財産還収法」(韓国)等々、大統領制の国々が
政権求心力を高めるためにナショナリズムを煽っているのが明らかな以上、
そのような危険な政体にするわけにはいくまい。違うだろうか?

957 : そろそろ日本も大統領制にしたら? :2005/06/07(火) 22:51:00 ID:???
>>951>>953
過去に拘束されてたら、いつまでたっても政治改革などできない。

また有権者が馬鹿だというなら、そもそも【代議制】自体が意味を
成さない。であれば【直接政治】への道を提案するべきなんだよ。

おまえがアメリカよりも韓国に範を求めるということ、よくわかったw


1期が合理的でないなら、2期までOKにすればいい。
もっと政治原理そのもを学んだらどうなんだ?

日本の政治家が「政治のプロだ」とする慧眼、おそれいったw
おまえを含めた日本人の水準がフィリピン並だという分析もね。
今後も安心して、ボンクラ腐敗議員どもについて行くといい。

また中央集権を進めるプーチンや覇権主義を進める中国共産党に
「民主化を進めるよう」歯に衣着せずモノを言うアメリカ民主主義が、
ロシア以下でしかないと見る視点と評価の”スゴさ”もねw

何千年の歴史と伝統に彩られたどの国家も、わずか200年の歴史
しかないアメリカによって、安全と民主政治の道筋を教え られ、
かつ守られて来たわけだが、なにか?

せっかく例として大統領制の実績をあげるのなら、ダメダメ国の例で
なく、アメリカの正確な実績をあげて語るべきだろう。

     見てないとできない事ではあるがw


958 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 22:53:51 ID:ykav5vOS
盛岡地裁平12(ワ)370号民事事件をみよ。重要証拠書類を政府公安警察が盗んで、相
手方(被告)に勝訴判決もたらす工作をしている。行政が大統領の交代といった政治
の大きな変動に応じて、職員の入れ換えがあったら効率的な行政が滞ってしまうだと?
(1)なぜ米国等では行政変動が起こるか、その歴史的原因を知る必要ある。(2)行政は
政治権限の実現を図るから、元来が住民に対して多大の権限を保持しているからこれ
が長期になればなるほど、強度が増す。政治変動に応じた行政変動を実現しにくくな
る。370号事件では、政府警察は地元の400年以上前からの有力者を敗訴から保護した。
保護するために、提訴者の住居・事務所に違法侵入し証拠を盗み、敗訴から免れる工作
をした。これが日本政府の実態だ。行政官僚が政治を支配し、司法を牛耳っている。
日本では、自民党が非選挙民(企業)から多額の金を公然ともらっている。もはやワ
イロ以外の何ものでもない。それも法案提出者は官僚100%となると、第1党は民衆の
政党ではなく、行政に支配された外部組織と分る。民主主義政治外の戦前と変わりがな
い。

959 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 22:56:36 ID:Zt9UtoLf
>>950
フランスじゃ極右候補が大統領決戦投票にまで進出し大荒れとなり、
左翼陣営は投票したくないのに保守のシラクに”鼻つまんで”投票せざるを
えなかったといわれている。
国民の統合ではなく国民の分断があらわにされる大統領制は政治的損失が
極めて大きいといわざるを得ない。
資本主義”後発”国である日、独が先進国入りを果たせているのもこんなヘタレ
制度でなかったから、と言うべきだろう。

960 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 23:09:09 ID:Zt9UtoLf
>>957
あんたがアメリカンマンセーなのはよくわかった。
しかし(ガイシュツだが)その「歯に衣着せずモノを言うアメリカ民主主義」が
世界で最も多くの戦争を繰り返している(第二次大戦後10回以上出兵してる)
事についてはどう考えているのか?

すでに挙げている大統領制のデメリットについて、反論していただきたい。

961 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 23:19:50 ID:Zt9UtoLf
>>957
「アメリカ、アメリカ」「他は参考にならず」と言うが、資源や国土の
規模が違う上、何度も言ってるとおり自由経済で絶対有利な資本主義先発国
なんぞ参考にならないよ。日本がアメリカ化するのなら他の星の数ほどある
貧しい発展途上国(大統領制)だってとっくにそうなっている(実際、そういう
甘言が親米政権確立に一役買ってるが実現したためしが無いのは何故?)

962 : そろそろ日本も大統領制にしたら? :2005/06/07(火) 23:26:39 ID:???
     「アメリカとは何か?」 

ヨーロッパ全土をナチスのファシズムから解放した国。 
仏ほかの持つ植民地を放棄させ多くの国を独立させて来た国。 
アジア全域を日本軍閥政治から解放した国。 
ソ連共産主義を崩壊させ、冷戦を終結させた国。 
中東でアフガニスタン・イラクをタリバン・フセイン政権から解放した国。 
レバノンをシリアの支配から解放した国。 
リビアに大量破壊兵器を放棄させた国。
ロシア・中国・北朝鮮の脅威から日本を守ってきた国。 
ほかに、このような国があるだろうか?

 「世界の安全はアメリカによって作られ維持されてきた 」  

民主主義の普及を【世界で唯一クチに出し】、実際に行動する国。 
人権・人道問題を【世界で唯一クチに出し】、実際に行動する国。 
民主政治を世界に広げた功績は他のどの国にも勝る。 
ほかに似たような国が一国でもあるだろうか?

 「民主主義と人道を世界に推進する【唯一の国】それがアメリカ」 

これだけの事をやり遂げ、いまなお経済成長を続ける国。 
移民や難民を受入れ少子化の危惧もなく国民活力を継続する国。 
多民族ゆえの多宗教・多価値・多思想を包括しまとめあげた国。 
州単位の地方分権を確立し保守二大政党制で安定政治を行う国。 

裏に自国益や打算があるといっても、国益をはかる事自体はどの国
においても正義?とされており、アメリカだけを非難できない。。
ただ相手国利益とのバランスを欠くと長続きしないだけの話。 
それにアメリカの国益はとても「わかりやすい」←大事なポイントだ。

 「一国だけで自立可能な世界唯一の国…それがアメリカである」

963 :右や左の名無し様:2005/06/07(火) 23:32:42 ID:Zt9UtoLf
>>962
あんたの崇拝対象を布教するのは自由だが、それは
大統領制のメリットを論じてるんでもなんでもないんだが…
上で議論してる内容わかってる?

964 : そろそろ日本も大統領制にしたら? :2005/06/07(火) 23:43:48 ID:???
>>959
おまえがわかってない事を教えよう。

それは「民主主義こそが世界最強」ということだ。
物事は結果で観るのがいちばんフェアだが、
アメリカは結果をともなっている。

「ほかのどの国がアメリカ以上の成果を収めてるんだ?」

ソ連が崩壊し、皇紀2600年の天皇様をかかえる日本が
負けたのも、4000年だかの歴史を持つ中国が勝戦国に
なれたのも、みんな【アメリカ民主主義】のおかげなのよ。

だから今後も正しいと言ってるわけではない。
ただ冷静に結果を分析する目を持て、と言っているだけw

国家の強さは【民主化の度合いに比例する】というのが結論。

965 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 07:48:33 ID:Cm30M53T
>>957
>また有権者が馬鹿だというなら、そもそも【代議制】自体が意味を
>成さない。であれば【直接政治】への道を提案するべきなんだよ。

党派政治が機能する議院内閣制であれば、各議員は政治を良くしないと
定期的に国民の審判を下されるので行政に対し行動せざるをえない。
しかし大統領制だと直に選んだ国民自身の責任なので、最終責任を誰も取らない
無責任体質に国全体がなりやすいのだ。



966 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 08:00:45 ID:Cm30M53T
>>964
アンタ個人がアメリカをどう思おうが関係ないんだよ。
日本が大統領制になったら悪くなるのが証明されたんだから
それに対し論理的な反論が出来ないのなら退散願いたい。
”信仰の自由”は憲法で保障されているので宗教板で布教してはどうか?
少なくとも政治思想板は場違いというのが結論。


967 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 11:11:10 ID:dGHiQiWU
>>965-966
最終責任はおまえが書いてるだろ、
「国民自身の責任なので」…とw

日本が大統領制になったら悪くなる
なんて証明、どこにも無いじゃんよ。

メンヘルでクリニックしてもらって来いやw

968 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 19:56:24 ID:3GymRlgf
>>962
アンタの言ってることは、「亜細亜の経済成長は日本のおかげ」とか
「亜細亜の国々が独立できたのは日本が闘ったから」というのと同じ。
解釈次第でなんとでもなる抽象的事例を基に自分の世界観を羅列しても無意味であろう。

>>967
具体的なアメリカ型大統領制の欠陥を真摯に見つめ、
現実を受け入れる勇気を持つべきだろう。
クリントンが自らのスキャンダルから国民の目をそらすために
トマホークミサイルを発射したり、イラク戦争だって大量破壊兵器の
話がデッチアゲだったことから推察するとブッシュJrが父親の私怨を
晴らしただけというのが真相だろう。湾岸戦争で勝ったのにフセインが
生き延びオヤジは落選という屈辱に対するブッシュ一族の復讐劇という見方が普通。

つまりアメリカ型大統領制は、国益より大統領個人の利害が優先され
政治が私物化されるのがはっきりしているのだ。
キャパシティのでかいUSAだったら国民生活に対する影響も微小で済む。
超大国以外の国だったらどうか?現に国民が国外への移民を熱望している
のはそんな国々である現実をどう説明する気なのか?
”国民が最終責任”などと言えば聞こえはいいが、大多数の政治に無関心な素人層が
決定権を持つとなるとイメージだけの人気投票、その結果不幸になるのは仕方ないと
言うことだろうか?平等なのだから飢えるのはガマンしろ、という共産国家と同じ理屈だろ?
それに国民の声が常時国政に反映されやすい議院内閣制の方が全然民主的というのは
すでに指摘されている。

969 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 20:24:06 ID:3GymRlgf
>>962,964,967
ぜひマイケル・ムーアの「華氏911」を観ることをお勧めする。
何故アメリカ人旅行者がカナダ人に化けるセットを購入するのか、
よくわかるだろう。

970 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 21:56:42 ID:???
>>968+969
おまえの話はそこらに転がってる噂話のたぐい。
どうやっても論証の効かない材料しか持ち合わせが
無いようだな。

ミーハーやめて、ちっとは政治制度のべんきょしろw


971 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 22:26:29 ID:bUJqDCFG
>>970
>おまえの話はそこらに転がってる噂話のたぐい。

噂話?じゃあアンタは本気でイラクのフセインが大量破壊兵器をどこかに
隠していて見つけられないだけだと信じているのか?
クリントンがセックススキャンダルの最中、スーダンとアフガン(当時)という
何の軍事的意味もなさないところにミサイルを打ち込んでみた理由は?
あと「カナダ人なりきりセット」でググッてみそ。

972 :右や左の名無し様:2005/06/08(水) 23:37:05 ID:???
>>971
国民を平気で殺す政権は、
どこからつぶされても文句は言えない。

文句あっか?

973 :右や左の名無し様:2005/06/09(木) 08:02:34 ID:CM0CkKju
>>965 私は保守的でまじめな男性です。見る観点から、あらゆるものごとにはメリット、
デメリットがあるものだと信じています。大統領制のデメリットを探ればメリットと同
様いくらでも出て来るでしょうが、日本は民主主義政治の、国民主権を定めています。
これにしたがうべきなのに、日本政府行政官はなぜ自民党という偽装政党を作って、
反民主主義政治を行うのでしょうか。国民投票で大統領を選出したら、間接的選出より
も責任が敏感に反映するのは、当然のことで事実誤認があります。国会議員は各知事
よりもずっと、マスコミにスキャンダルなど通じて愚弄され、まるで芸能人のような
扱われ方です。善良な一日本国民として公平な印象です。民衆の代表者の権威を失墜
させる目的だと見る外ありません。最高責任者も国民投票で選べば、さすがの独裁政権
警察も今のような愚弄は改善するでしょう。日本は民主主義国家になるべきです。

974 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/06/09(木) 09:57:55 ID:oXVqWevl
>>973 もしも今、大統領制に成ったとしたら、其の椅子に近いのは小泉か石原
だろうね、馬鹿サヨ教師はどんどんビークーだ、そりゃ良いや。

975 :右や左の名無し様:2005/06/09(木) 13:20:54 ID:mVfZcUsY
消費税騒ぎの頃なら土井が大統領になってる悪寒。で「つくる会」の教科書が焚書に

976 :右や左の名無し様:2005/06/09(木) 18:38:20 ID:E7D5lp7e
やっぱりダメじゃん大統領制

977 :右や左の名無し様:2005/06/09(木) 23:14:49 ID:Vblq63ok
この板の住人も大根の値段しか気にしないオバハンも一票の価値は同じ。
オバハン層の勢力は格段に大きいから「中国産輸入拡大で物価下げる」とか公約
する香具師に何も考えず投票するんじゃないか?
大統領マンセーは中共の利益にこそなれ日本の国益に全くならないってこったw


978 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/06/10(金) 00:48:16 ID:aAR0f2vG
>>977
そんなオバハンあんまりいねーよ。
オバハンは農薬とかに敏感だと思うぞ。
とくに市民運動系。生活ネット系な。
あと、遺伝子組み替えとか、よく知りもしないで拒否反応示すのも多そうだ。

979 :右や左の名無し様:2005/06/10(金) 08:30:31 ID:7708am4K
>>973
日本語が変ですよ?
外国の方がなんで日本の内政に干渉するの?

980 :右や左の名無し様:2005/06/10(金) 22:41:11 ID:XabYDvsP
>>972
>国民を平気で殺す政権は、
>どこからつぶされても文句は言えない。

そのくせ、そのアメリカ様は最も自国民を大勢死なせてる北朝鮮は
ダラダラ延命させて極東の緊張を高めたままにしとくんだよなw
これはどーゆうこった?

981 :右や左の名無し様:2005/06/10(金) 23:04:49 ID:XabYDvsP
>>978
じゃあ週金(「買ってはいけない」)推薦候補が大統領になるかもなw

982 :大日本報靖會右派 ◆KvxHGJYjEc :2005/06/10(金) 23:07:51 ID:???
だから、女からは選挙権をとりあげるべきなんだよ

983 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 00:06:57 ID:9/RT/ueN
>>982
常任理事国の特権みたいなもので、不合理であっても持ったら手放さない。

984 :973:2005/06/11(土) 06:55:03 ID:iLq2DfO1
オー、ワタクシは外国人デハ、アリマセン。ニホンのケイサツカン、町を歩いていると
スグ身分証ダセトと、トテモ迷惑シテマス。ニホンの大統領に訴えたいデスガが、どこ
行けばイイデスカ?

985 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 08:14:54 ID:lgFZp3fD
アメリカの軍産複合体の実態を知っている人間なら何故戦争中毒なのか皆
知っているよ。
これを”国家の強さは【民主化の度合いに比例する】”とか逝ってるアフォは、
ベトナム戦争で負けた当時は「人民の強さが米帝国主義を撃退した」とか逝って
たんだろうなw
大統領マンセーって何でこんなバカが多いの?


986 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/06/11(土) 09:25:16 ID:w+m/DxaZ
>>981
「買ってはいけない」がベストセラーになったのは、オバサンがこぞって
買ったからだが、これが「週刊金曜日」本体の売上増には全く結びついて
いない。なぜか?
極めて簡単なことだが、オバサン連中は生活保守主義的な立場から安全な
食材や化粧品を求めているのであって、決して日米安保破棄や天皇制廃止、
社共政権の樹立を求めているわけではない。むしろ、そうした動きを自分の
生活の安定を壊すものとして忌避するだろう。
>>982
保守系の女で、選挙権返上を主張する人っているんかな。
長谷川三千子あたりだったら、そんなこと言うのかなw


987 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 09:25:20 ID:VjowPsJv
>>985
くやしい〜〜〜〜〜〜 !! 
こういう論理の無い反論は、論理で反論できないから悔しい ^^;


























天皇支持派ってイイな、馬鹿でもつとまるから… ^^;

988 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 10:45:36 ID:CEhXtdKX
>>987
あのね、キミね、反論出来ないからって痛すぎだよ?

>>964の論理だと、ボロ負けしたアメリカよりベトナム型社会主義の方が
”民主化の度合い”が上、って事になるよな?
そんな子どもにも論破されるような理論を展開して得意になっている
大統領マンセーはオツムが弱いから誰にも相手にされないって事だろ?
何か間違っているかい?

989 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 10:48:32 ID:???
>>988
30年以上も昔の話しを持ち出す方が痛すぎ。

990 :◆r0FmiN9ADk :2005/06/11(土) 11:05:00 ID:???
憲法9条のない国では民主的に戦争は開始され、国力の差によって敗戦する
場合もある。

「至誠は天に通じる」という「宗教観」の持ち主は
「平和が何よりの価値であるから、戦争はイクナイ!」と言い「戦争を始めるのは
イクナイ動機があるからに決まっている」と思い「負けた香具師は悪い香具師」
と思い込む。

いかにも幼い発想・思考であるかを自覚すべきだろうとは思う罠。

991 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 17:15:28 ID:VjowPsJv
>>988
アホか、おまいw

ベトナム戦争での実質敗者は国土を蹂躙されたベトナムに
決まってるだろ。アメリカはその図体のデカイわりに簡単に
小国を降伏させられなかったとうだけで、敗者じゃないw

あくまで相対的皮肉評に過ぎないぐらい、わかれや、
子供じゃあるまいし。
アメリカ本土は指1本手つかずだろが。

天皇マンセーに溺れるあまり、そうやって論理的態度を崩す
のは、みっともないぞw

992 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 19:11:33 ID:hrQKJ4wX
>>989
じゃあ60年も昔の話を持ち出す大統領マンセーは×2倍痛いなw

>>991
アホはオマイww
戦争の勝ち負けを目的達成の有無ではなく、被害の大きさで比較するのなら第二次大戦で
国土を蹂躙され死者2000万のソ連は死者450万のドイツに敗北したんかいな?w
クラウゼウィッツの「戦争論」でも読んで最低限の教養は身につけとかないと大恥かくよ?

大統領マンセーは、論破されてはくやしげに脳内理論を持ち出し失笑を買うな。
オツムの弱さをこれでもかと披露してくれて面白いw

993 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 19:20:19 ID:VjowPsJv
>>992
ホント馬鹿だな、おまいはw

ソ連は負けてた。それをアメリカが救ったのよ。
中国も同じこと。アメリカが負けてた中国を救った。

歴史をなんも知らんのか、おまいw

994 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 20:05:17 ID:hrQKJ4wX
>>993
>ソ連は負けてた。それをアメリカが救ったのよ
>歴史をなんも知らんのか、おまいw
(゜Д゜)ハァ?
何話そらしてごまかしてんだ?勝敗の定義の話だったんだが?

ベトナム戦争の評価について、「ベトナムは敗れた」なんてのはこじつけ丸出し、
一般常識からかけ離れた米狂信者の戯言だろ?オマエは歴史云々以前に
一般常識から身につけた方がいいぞw

995 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 20:14:24 ID:BfedyMiW
>ソ連は負けてた。それをアメリカが救ったのよ
つーか、これは普通に脳内妄想だろ(笑

バルバロッサ作戦が破綻するターニングポイントを迎えた時は
日米開戦前だし、シベリアの極東軍が西部戦線に投入できたのは
日ソ中立条約を日本が誠実に履行するというゾルゲに電信があった
わけだが・・・・。

996 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 20:15:24 ID:BfedyMiW
ゾルゲからの電信ね

997 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 20:19:59 ID:hrQKJ4wX
もはや大統領マンセーは宗教だね。
何言っても無駄かも

998 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 21:24:56 ID:VjowPsJv
>>994
おまえ、オツム弱いなw

999 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 21:25:58 ID:VjowPsJv
>>995
おまえもw

1000 :右や左の名無し様:2005/06/11(土) 21:27:05 ID:VjowPsJv
天皇マンセーのばかども、ごくろうさんw !!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

427 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)