5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○憲法9条を放棄せよ○

1 :大熊茂伸:05/01/23 22:56:06 ID:XAdyOLuI
日本は憲法9条を放棄し、早急に核武装し、国際的発言力を強めよ。

2 :銀の鈴:05/01/23 23:07:00 ID:mUj/aZcb
核実験は何処でやるのさ、貴方の家の前でやるのかい?
核兵器の開発費用はどうするの?フネもヒコーキも買えなくなるよ。貴方が出すの?
核兵器の保守費、維持費はどうするの?ちゃんと手入れしなければいけないけど、貴方がやるの?
核兵器を持ってどう使うのさ。運搬手段は無いよ。貴方が運べるシロモノじゃないんだよ。

核兵器の保有で発言力強化?アメリカに文句を言えない政治屋がいる限り、不可能です。
ついでに、先制攻撃を受ける口実を自ら作って……貴方、亡国奴と呼んで良いですか?

3 :右や左の名無し様:05/01/23 23:11:24 ID:cKvAPrGv
まぁ、廃棄せざるを得ないだろうな。
もう平和がどうのなんて、夢見てる時代じゃない。
世の中は究極的に「戦い」であると思う。

かくいう俺も、今戦いのまっただ中。センターが糞だったから。(;´Д`)

4 :右や左の名無し様:05/01/23 23:27:46 ID:/E9eWleV
核はともかく
自衛隊が「国防軍」になるのは時間の問題だな。
「平和憲法」「専守防衛」という趣旨は残るだろうが、「防衛戦」すら否定する「非戦」は無くなって当然。
自衛隊は防衛戦のための部隊なのに、憲法はそれを否定するという、謎の矛盾国家であるよりはマシだろうよ。


5 :右や左の名無し様:05/01/23 23:31:47 ID:T1agKqzv
防衛といっても、集団的自衛権のもとでは、直接日本が侵略された
わけでなくともアメリカの戦争に加担していくことになる。


6 :右や左の名無し様:05/01/23 23:34:04 ID:4yJBHjSm
>>4
防衛は否定してないよ。
勉強が足らないね。

7 :右や左の名無し様:05/01/23 23:42:15 ID:4/6S3eph
9条の正しい使い方。

国連などから軍役を課せられたとき:戦力がないので・・・自衛隊は防衛力です



8 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/01/24 00:38:49 ID:???
ああ、かったるい議論だなあ。
さっさと帝国憲法の有効を宣言して、帝国陸海軍を再建し、
帝国空軍を設立すればいいよ。

平成維新革命万歳! ヤルタ・ポツダム体制打倒!

9 :右や左の名無し様:05/01/24 18:59:28 ID:baVytGEB
>>2実験の必要なし、北朝鮮の核兵器だって使えるか分からないが脅威
ではある。先制攻撃の口実をあたえるとのことですが、核を保有する国
に先制攻撃をしかけるでしょうか?開発費はミサイル防衛の費用をその
まま使う。船も飛行機も最強の核兵器に比べれば優先順位では下。
イスラエルや台湾はどこで核実験したのでしょう?
核兵器を使用する必要は無し。あくまで抑止力。アジアでの核の空白地
帯は平和への脅威。フィリピンも韓国も核を保有すべき。

10 :右や左の名無し様:05/01/24 20:12:24 ID:0beNIatY
>>9
>>核を保有する国 に先制攻撃をしかけるでしょうか?
相手がこちらより生き残る可能性がちょいとでもあれば可。

>>船も飛行機も最強の核兵器に比べれば優先順位では下
昨今の世界情勢がまったくよめてないね。
今必要なのはフネとヒコーキ。

>>アジアでの核の空白地帯は平和への脅威。
たとえばあんた隣の家と拳銃の所持数競い合って平和の維持になるのかね(笑)

11 :右や左の名無し様:05/01/24 20:12:41 ID:Jf71j0PE
>>6
こんな事を言ってる大学教授サマに教えてあげて下さい。

>考えてみてください。世界に誇る憲法9条は「軍隊のない国家」を宣言してお
>り、無防備国家宣言なのです。なのに政府はこれを踏みにじり、膨大な軍事予算
>をつぎ込みイラク派兵までしています。
ttp://list.jca.apc.org/public/aml/2005-January/000263.html

12 :国際常識:05/01/24 20:53:04 ID:DKzgu8Q6
20年後、米国が弱ってきたらいやでもそうなるでしょ。
そのときはみんな賛成してるよ。
本当の無防備の不安に誰も耐えられなくなる。
これ人間のDNA。

13 :右や左の名無し様:05/01/24 21:46:32 ID:baVytGEB
>>10隣の家が我が家に敵対して拳銃を所持していれば自分も武装したく
なります。幸い警察という組織があり取り締まっているのでその必要は
ないですけど。ですから国家規模でも国連のような組織が警察の役目を
するくらい強化されるまで、全ての国がバランスよく核武装すべきなん
です。

14 :銀の鈴:05/01/24 21:46:35 ID:LGMyzewT
>>9
>核実験の必要なし
核兵器が戦争に対する抑止力として機能する為には、持っていることを相手に伝えなければなりません。そのために核実験をやるのです。
イスラエルの場合、核兵器を持っていないと自称しているため、核実験は必要とされません。

最強の兵器とおっしゃいますが、核兵器だけ持っていて、どうするのですか?自爆するの?
核兵器も運搬手段が無ければ使えません。包丁だけ持っていても、材料が無ければ美味しい料理は望めません。

>ミサイル防衛の費用をそのまま使う
足りません、時間もカネも。不穏な動きを見せてみろ、アメリカの狂った正義の炸裂だ。

本当にねえ、核兵器ほど無駄な話は無いよ。持つだけで管理費・維持費がかかる、国際社会からは白い目で見られる、すぐに相手が追いつく、日本核武装論者は亡国奴だよ。
特撮モノのウルトラセブンに『超兵器R1号』というお話があるよ、見て御覧なさい。抑止力としての超兵器の無意味さがドーンと出ているから。

15 :右や左の名無し様:05/01/24 21:57:39 ID:baVytGEB
>>14私もウルトラセブンは好きです。あと費用の問題ですけど
日本から援助もらってる中国でも所持できるんだから可能かと。
輸送はイージス艦のトマホークに積む。
アメリカの狂った正義は同盟国には無害でしょう。首根っこお
さえられてますから。

16 :銀の鈴:05/01/24 22:28:42 ID:LGMyzewT
>>15
>輸送はイージス艦のトマホーク
なんて搭載していませんよ。自衛隊には艦隊地ミサイルは不要、対艦対空装備の充実が最優先です。使えない核兵器よりも、使える兵器の方が抑止力としては良いです。
それと、かなり小型化しないといけませんが、やっぱり実験が要るわ。

>中国でも所持している
といっても、物価が違うよ。……でも謎だな。

>アメリカの狂った正義は同盟国には無害
だったら日本が核兵器を持つ必要なし。同盟国のアメリカの戦略ミサイル基地を>>1の家の前に作ればすべて完了。
はて、アメリカに対抗する為の核兵器じゃなかったの?

17 :国際常識:05/01/24 22:41:39 ID:DKzgu8Q6
>>14
そんなこと言えるのはアメリカの傘に頼ってられる間だけじゃないの?
アメリカは永遠じゃないし、永遠に日本がアメリカのメリットであるはずも無い。
それにアジアはこれから激動の時代よ。

どうやって実験するか
どうやって管理費維持費を捻出していくか
どうやって国際社会を説得するか
どうやって相手に持たせないようにするか

それを考えないといけない時代がきてる。
悲しいけど現実。
国際社会は厳しいのです。

18 :憲法9条死守:05/01/24 22:43:00 ID:VCoUzeBl
憲法9条を守り、自衛隊を解体し、日米安保を破棄しれば、

本当の平和国家が 出来上がると考えているのです。 

ここまで裸の相手に何処の国も、攻撃なんてかけれないだろう。

ガンジーの心得だ。 他国が攻めてくれば、無抵抗主義を貫くのだ。



19 :銀の鈴:05/01/24 22:51:08 ID:LGMyzewT
>>17
「4つのどうやって」をどうするのさ。上手いこと考え付いたら教えてね。
>>18
青い、青すぎる。自衛隊を解体すると『非戦闘地域』がなくなってしまうではないか。自衛隊が日本軍になっても同じだね。
まあ、裸の国うんぬん以前に日本に攻めてくる余裕のある国も無いでしょ。日本には攻めるだけの何かも無いし。

20 :国際常識:05/01/24 23:36:34 ID:DKzgu8Q6
>>19
北にガチガチの経済制裁してミサイル打たせるとか。
かなりムチャだけど。

ただあんたのように無策なのもどうかと。
国防というのはワーストケースに備えるもんだ。
場当たり的じゃなく100年後の日本を考えてみんなで議論したらいいと思う。
あんたは何もせずに現状維持できると思ってるの?

21 :銀の鈴:05/01/24 23:56:33 ID:LGMyzewT
>>20
あはー、無策というほどでもないですよ。しばらくは現状維持でいいと考えているのですよ。今のところ日本を攻める余裕のある国は、アメリカぐらいですから。
100年後のことを考えるのもいいけど、100年前の事を考えると物凄く面倒くさいのですよ。兵器・政治、地図、何処まで変わっているのやら。核兵器も存在しているのやら、日本どころか人類は……
>国防はワーストケースに備える物だ
私も一応、頭の中で考えてはいるのですよ、一つ一つを訊かれたらそこそこ受け答えは出来ます。
でもね、核兵器を必要とすること・日本国憲法9条が邪魔をするものは無かったですよ。

22 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/01/25 00:33:40 ID:X6yYdthZ
>>21
中国が理想的に成長すると、10年後にはドイツに追いつく。順調に軍拡した場合、
十分に脅威となる。日本の場合、自衛隊の予算の7割は人件費なわけだから。抑止
力としての兵器の条件は、「最低一度使用されたことがあること」であり、その条
件を満たしている核を保有できることは幸運だと考えるべきである。アメリカに頼
るのもいいが、歴史的に欧米において同盟とは軽いものであり、裏切ることなど日
常茶飯事であったことは考えられるべき。当然核を持つ選択肢はあり得る。

23 :右や左の名無し様:05/01/25 00:51:10 ID:???







俺、右翼だけど、朝鮮人差別には反対です。
http://live8.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1106568421/-100








24 :右や左の名無し様:05/01/25 03:25:30 ID:???
右とか左とかで単純に分けようとするなよ。
単純な奴だな。

25 :右や左の名無し様:05/01/25 23:50:44 ID:enNfhhec
石原慎太郎がアメリカで誰だったかに確認したところ、日本が核ミサイル
で攻撃された場合、アメリカは日本に代わって報復はしないと言ったとか
破れた核の傘を最低普通の傘にしとかないと。報復するってね。もし、そ
れが駄目なら日本は自分で核武装しろって言ってるようなものでしょう?

26 :右や左の名無し様:05/01/25 23:57:28 ID:enNfhhec
>>18
無抵抗主義、あまりにも美しく危険な響きだ。
走る戦車の前に立ち向かえるのか?母親、妹
恋人が目の前で兵隊に凌辱されるのを黙って
見ていられるのか?殺されること以上の地獄
がころがっている気がする。

27 :右や左の名無し様:05/01/26 00:07:56 ID:aM7oQXjA
自衛隊を日本軍に改名してはならない。
自衛隊を廃止して日本軍を再建するのだ。

28 :右や左の名無し様:05/01/26 00:14:22 ID:rbkJJNhn
右翼消えろ。右翼消えろ。戦争屋消えろ。戦争屋消えろ。

29 :右や左の名無し様:05/01/26 00:25:38 ID:HQmZWAP/
同じアジア人として中国やインドが台頭するのは歓迎するが
現在の中国共産党政権には非常に脅威を感じる。

30 :右や左の名無し様:05/01/26 00:28:05 ID:HQmZWAP/
>>28
消えろって消えれば戦争はないんですよ!消えろって発想は
左翼特有の考えなのかな?粛清とか総括とか。

31 :右や左の名無し様:05/01/26 03:34:13 ID:olVU4km2
@ 隣国は我国に於いて何の罪もなく平和に暮らしていた善良なる市民を
  『ひとさらい』し、現在においても解決の意思はなく、氏んだと称して
  理不尽にも他の『ほとけさま』を送りつけ、且つ抗議に対し恫喝・
  脅迫で対処している。
A 又他の隣国はわが国の本来不要であるが善意に基づく多額の経済的・
  文化的援助に対し、平然と敵視教育を行い、結果友好親善のスポーツ
  競技大会において理不尽にも無関係の善良なる我国市民を集団で恫喝
  ・脅迫した。のみならず我国の領事車両を不法に破壊した。
B 且つAに記した隣国は不法にも我国領海を侵犯し、且つ海底資源を
  平然と詐取している。
この厳然たる事実を否定する人はさすがにいない。ではこの事実を直視して
冷静にもっとも効果的・合理的に対処するべく選択肢を設定し、粛々と実行
すればいい。『平和(pacis)とは本来完膚なきまでに敵を倒した後に生ずる
安定した状態を云うのであるー塩野七生・ローマ人の物語より』

32 :右や左の名無し様:05/01/26 03:38:17 ID:???
戦争をしたがるのな利権ばかり追っているアメリカのような国。
日本が戦争に巻き込まれる原因はアメリカにぶら下がって利権を追ってると思われてるから。
日本が利権を追わないことを証明できれば戦争は回避できると思うけどな〜。
それでもまぁ最低限の武装はいるだろうが、憲法改正して、
アメリカのような人殺しをしてまで国際貢献してるような国になる必要はないと思う。
核拡散防止条約を推し進める日本が今核を持てば、核を持とうとする国一気に増えるのは間違いない。

33 :右や左の名無し様:05/01/26 03:50:16 ID:???
>日本が戦争に巻き込まれる・・
アホサヨ風の文言よのぅ。

>日本が利権を追わないことを証明できれば戦争は回避できると思うけどな〜。
ヘソが茶ぁ沸かしちゃったぜ。

34 :右や左の名無し様:05/01/26 21:46:16 ID:HQmZWAP/
例外なく全ての国が利権を求め、利益を争い戦争すると思う。

35 :右や左の名無し様:05/01/26 21:53:40 ID:HQmZWAP/
>>33わろた。

36 :銀の鈴:05/01/26 22:48:21 ID:mi5SKW0F
>>31
>海底資源を平然と搾取している
奴らが掘っている場所は、日本の主張する経済水域よりも外です。塀の外に出た筍は、塀の内側の人のものではありません。
あっちに全部吸い取られるのが嫌なら、さっさと汲み上げ基地を作れば良いじゃないか。そら行った行った。

>>26
姉はどうでもいいんかい?
冗談は放っといて、個人の抵抗と国家単位(軍事)の抵抗は切り離して考える物です。
もう一つ言いますと、無抵抗の人々を制圧する為に大量の兵を送り込む奴はいません、少数の兵ならある程度統率されている筈ですから……

ま、私も非武装中立を信じることが出来る程若くは無いしな、軍備増強による国防を叫ぶほど愚かでもないしな。

37 :右や左の名無し様:05/01/26 23:12:15 ID:HQmZWAP/
>>36しかし、国が非武装中立で軍隊を放棄してる場合個人個人
で防衛するしかありません。
海底資源は中国に対して遠慮してるんでしょう。まともにぶつ
かったら到底勝てないのは目に見えてますから。

38 :36>26>31>33>22>36>28:05/01/26 23:37:57 ID:rPFYz5KZ
名前
:自国政府からずーっと経済制裁され続けている日朝奴隷国民:
日本と北朝鮮とアメリカが魚の腐ったような猿芝居を繰り広げている。
小泉純一郎と金正日とジョージ・ブッシュというトッチャン坊や2世の
絵に描いたような3大クルクルパアを操って
軍事利権の拡大を図っているのである。
子供騙しの煽りに乗せられて
「国を守るためにナンボでも金を出しちゃる」
などというオメデタイ国民がいるのだろうか?
Potechin!!
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/jyunkin08.htm



39 :右や左の名無し様:05/01/26 23:44:37 ID:spzT/tTr
>>38
今考えられる最良の事をするのが政治。あなたにこれ以上の政策があるなら
議員にでもなればいい。

日本はアメリカとの同盟は現状で必要不可欠。
だが普通の国として自衛のための軍備も不可欠
専守防衛のための先制攻撃と国際貢献のために足枷となる憲法改正も不可欠

40 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/01/27 00:42:32 ID:???
>>39
> 日本はアメリカとの同盟は現状で必要不可欠。

ポチというより奴隷の発想だな。
国際法違反の原爆や空襲や民間船舶撃沈で日本を占領した
野蛮な国=アメリカと同盟を結ぶなど、夫や子供を殺した
男と再婚するようなものだ。

41 :銀の鈴:05/01/27 00:55:30 ID:GIqYRpLy
>>40
重慶爆撃、「あか」の使用、インド洋通商破壊作戦、お似合いカップルぢゃないか?

冗談は放っておいて現状を考えると、アメリカの後ろ盾があれば自衛隊を減らした時の影響が少なくなります。今、自衛隊は北海道に釘付けです、青函トンネルと港を壊せば勝ちです。沖縄の米軍がいなければ……
でもねえ、あいつ等は他国へ侵略する拠点として日本(沖縄)を使用しているからなあ、自衛隊の配置を換えて米軍を追い出さなきゃね。

42 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/01/27 01:19:24 ID:???
>>41
先進国としてはアメリカの正義の戦争に手を貸すことは当然。

43 :右や左の名無し様:05/01/27 08:11:19 ID:???
北に生きた横田さんがいるとする。
返さないのはなぜか?政府のまずい情報を知っているからであろう。
であれば「返さないと経済制裁するぞ」と言っても返さないのは
初めから分かりきっている。
本当に横田さんを取り戻したいなら、国交樹立して、日本人が現地で動くべきだ。
簡単には探させないだろうが、北の政府に任せているよりずっといい。

「そんなことは筋の通らないことだから、北には強硬にすべきだ」という?
「筋」のために横田さんと、横田さんの娘の命が危険にさらされてもいいのか。
それなら拉致被害者のために北に怒っているのではなく、
北に怒るために拉致被害者の件をあてはめているだけだ。
ただただ、「強硬にしたい」だけ。
その果てに必ず来る戦争をなぜそんなに希求する?
感情で動くな。

北をもし武力で制圧できたとして、その後は?
韓国中国はどう動く?日本がまたアジアの国を武力で制圧したという恐怖。
武力で制圧する渦中で日本人も死ぬだろう。
アメリカとアジア諸国を巻き込んだ第三次世界大戦を、そんなに始めたいのか?

感情を捨て北と国交を結んでしまうのだ。
そして武力ではなく経済力で内側からキム政権を倒し、横田さん親子、
その他拉致被害者を助け出せ。

44 :右や左の名無し様:05/01/27 09:13:41 ID:kwjwJUYV
アメリカは自国の利益のみを追い求め戦争しすぎ、しかし経済はうまくいってないけど。

45 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/01/27 14:36:07 ID:???
>>44
アメリカがモンロー時代みたいになったら終わり。アメリカの利益は先進国の
利益にもなる。イラクは叩かなくてはならない国だったんだから、方針として
間違ってはいない。

46 :右や左の名無し様:05/01/27 14:38:57 ID:???
欧州連合が出来たのはアメリカに依存してると
アメリカが崩壊した時自国まで崩壊する危険があるから。
アジア連合を作る動きがある中で日本がアメリカの犬を続ければ、
欧州連合から見放されたイギリスのようになるでしょう。
日本はいまや中国抜きには経済的にもやっていけない状態です。
このままでいいのでしょうか?
アメリカが本当の正義ならなぜ欧州はその手を放したのでしょうか?

47 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/01/27 14:51:23 ID:???
>>46
日本と違ってアメリカと対等に付き合いたいからから。フランスなんかは
アメリカ、イギリスが嫌いなこともあるでしょう。というか、欧州の歴史
は裏切りの歴史。アメリカが正しいとか正しくないとかとは関係ない。

48 :右や左の名無し様:05/01/27 20:44:59 ID:kwjwJUYV
島国というのはどの地域でも感覚的に多少ズレたところがあるんでしょうね。

49 :右や左の名無し様:05/01/28 08:45:31 ID:98kZUug9
憲法九条はアメリカの都合で押しつけられたものなので、神聖視したり固執する必要はない。ただ、徴兵制には反対。

50 :右や左の名無し様:05/01/28 21:59:50 ID:xK7kn5Ip
ドイツは極悪だったので過去を全否定して再出発できたけど
日本は中途半端だったので過去をひきずってる気がする。

51 :帝國に光栄あれ:05/01/29 17:03:13 ID:nxTITrU9
>>50
ドイツと違って日本は植民地支配との戦争だったから、正しい戦争だった
けど負けたから侵略戦争、という矛盾を未だに抱えてるんだよな。

52 :銀の鈴:05/01/29 17:26:11 ID:Eqh9AYtw
>>51
>植民地支配との戦争
まだそんな事を言う奴がいるのか。
あの当時の日本が植民地解放のために戦争できるほど裕福かな?国内だけでは食糧生産が追いつかない、工業はまだまだ未発達。
ちゃんと歴史を見てよ、植民地支配からの開放の為に戦争をするのに、何で皇民化教育を必要とするのさ?どうしてまた抑圧するのさ。
大東亜戦争は、所詮は資源地帯確保の為の出兵、白人どもを追い出したのは、結果的にそう見えただけ。たとえ白人共がのさばっていなくとも、軍事占領しただろうよ。

>負けたから侵略戦争
そうですね、正義が勝つのではない、勝ったから正義だ。戦争に負けた方はどう言われても仕方あるまい。勝てないことを知っているのに戦争を決定した奴・それを支持した奴は、戦死した人たちに這いつくばって謝罪するべきだ。

53 :右や左の名無し様:05/01/29 17:41:31 ID:???
>>52
歴史を知らないな。
正義のためだけで戦争をする馬鹿な国はどこにもないぞ
みんな国益のために戦争して、それに大義名分を付けるんだよ。
だから日本人も堂々と大義名分を主張すればいいんだよ。

もしアジアが植民地化されていなければ、
東南アジアまで出て行くわけないだろ。
それこそ当時の日本に余力なんてなかったんだから。

54 :右や左の名無し様:05/01/29 17:49:37 ID:???
>>52
勝てないことを知っているのに戦争を決定した奴・・・
じゃあさ、あっという間にドイツに占領されたフランスの首相とか
日本と戦って、大勢死んだ中国の指導者にも同じ事を言うのかな?
「最初っから降伏してれば、犠牲者が出なかったのに」って。
まさか、当時の日本だけを批判する、馬鹿とは違うよな?

55 :銀の鈴:05/01/29 18:25:30 ID:Eqh9AYtw
>>54
マジノ線のことはご存知で?フランスはドイツに勝つ気でいました。ドイツもそれの対策として、迂回突破をやったのです。
中国は日本に攻め込まれた立場でしょ、それに中国側は日本に負けるとは思っていなかったような気もするのですが。まあとっとと降伏すれば例の事件も起こらなかっただろうね。

そういう事ではない、勝てないと分かっていても、わざわざ蜂の巣をつついた奴を責めているんだ。
暴れることは出来たが、戦争を終わらせる考えを持っていないことも問題だ。返済計画もなしに、サラ金に手を出す奴に同情する気はない。

56 :右や左の名無し様:05/01/29 18:27:27 ID:WcovS2QU
(゚Д゚) <日本が侵略された時に9条を読み上げたら敵は退散します
@( )>  
/ >


57 :右や左の名無し様:05/01/29 18:35:08 ID:???
>>55
見苦しいな。
じゃあ、日本も勝つ気でいましたって言えば許されるのか?
自分の論理に都合の良い切り口でしか考えないから
つぎはぎで、支離滅裂になって行くんだよ。


58 :右や左の名無し様:05/01/29 18:57:47 ID:9t2bZDT7
日本が北鮮に経済制裁するそうな。
また、韓国は北を最大敵国とみなさない決定をした。考えてもみれば同じ民族だものあたりまえ。
他民族に朝鮮半島が何らかの制裁をうければ、すぐに統一するんじゃないか。
最大敵国はどうみても、ジャパンしか考えられない。
国民は、経済制裁に踏み切れという意見が多くなってきている。大丈夫なんかい。我が日本は。
核開発は、必要だよ、いろいろ問題はおこるだろうが、これほど原発あるんだから、経費面や
運搬面のひようは知れたものだろうし、むしろ核開発は失業者の雇用対策にはもってこいの産業
だろう。
ミサイルは日本のほこるHUロケットを転用する。そうむずかしくはない。
核燃料は原発の汚物プルトニウムが五万とある。
事件場所は広島方の小型のものは日本海で秘密にやってしまう。日本はいや、しらないと白を切ってればいい。
大型水爆級は、、HUロケットで大気圏外でこれも秘密に偵察衛星などといって、やってしまってから、水爆実験
でしたと、声明発表、大気圏外なので人体に影響ありません。の決まり文句で。そして、恐るべき「オキシダント・
デストロイヤー」あ、これはゴジラの世界の空想かと思ったら、工学部に勤めている友人に聞いたら、中性子を
酸素の陽子に、光速度90%でぶちあてれば、可能などと真顔で言っていた。
デストロイヤーはまあ、いいけど日本で核実験やったら、米国、中国、朝鮮半島、日本の被爆者(配慮必要)、
平和主義者、右翼団体はびびるだろうな。左翼は息を吹き返すだろう。

59 :右や左の名無し様:05/01/29 19:04:38 ID:???
戦略の話しても仕方ないのだと思うのだけど。。。

60 :ギレン・ザビ:05/01/29 19:11:07 ID:???
これは愚劣なる地球市民に対する裁きの鉄槌である。神の放ったメギドの火に、必ずや彼らは屈するであろう。



61 :右や左の名無し様:05/01/29 19:22:00 ID:Xg7Du3T9
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番まともではないだろうか?
日本が右傾化しないように社説で繰り返し述べている。
はき違えた愛国心を煽るようなマスコミを信じてはいけない。
売れさえすればいいという軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で懲りたであろう。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが朝日新聞である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?


62 :右や左の名無し様:05/01/29 22:53:45 ID:lmy8c/3O
>>61
そりゃあ戦前の日本には悪いところがあっただろうけど、朝日は
ちょっとピントがずれてる気がする、戦争=悪、しかも日本だけ
が悪みたいなところがある。戦前の戦争を全否定。たとえば、日
露戦争にしたって日本にだけ問題があったわけじゃない。日韓併
合はやりすぎだろうけど、中国や朝鮮がロシアに制覇されて植民
地にされていたら黄色人種の地位は地に落ちていたでしょう。
正しかった部分と間違っていた部分を冷静に考えてもらいたい。

63 :右や左の名無し様:05/01/29 23:04:33 ID:lmy8c/3O
あと開放された国が、侵略されたと主張した時点で負けですよね。
負けたときのことを考えていい顔したお兄さんを演じていたらよ
かったのに、負けてくると阿修羅みたいな顔になるんじゃねえ。
まあ、インドネシアやタイ、ミャンマーは比較的成功だったんじ
ゃないかな。


64 :右や左の名無し様:05/01/29 23:20:19 ID:???
>>62
61は縦読み。
少々クサイ文章で、改行が一定していなかったら縦読みを確認
したほうがいい。


65 :右や左の名無し様:05/01/29 23:34:43 ID:S9kzfpih
ジオン軍と連邦軍どちらを支持するか投票で教えてください
http://www.37vote.net/anime/1106977948/

66 :銀の鈴:05/01/29 23:57:00 ID:Eqh9AYtw
>>57
おいおい、都合のいい切り口でしか考えないって普通はそうでしょ(笑)
>(前略)言えば許されるのか
行動と一致していればね。どうも日本は戦争を終わらせることを考えていない気がするのだ。資源確保の目的は一応達成したがその後の考えが無い。

>>58
核武装必要なし!揚げ足取りにしかならないからもう書かないけど、聞きたい?
オキシジェントデストロイヤーの話は凄いねえ、でも工学部というよりは理学部的発想だなあ。

>>62
参考程度に、ロシアと日本の外交交渉は、ロシアが韓国の中立化を提案していた所を日本側がギリギリまで食いついてきて、満州:ロシアで韓国:日本で決着をつけることが可能ではありました。
ちょいとばかりのすれ違いが、他人の家の庭で他人の家を取り合う間抜けな戦争につながったのです。
黄色人種の地位が上がった、それもそうですな。うん、正悪両面をキチンと評価しなくちゃね。

>>63
白人どもの植民地支配に揺らぎを与えたことは事実ですが、日本自身が資源求めて侵略したことは変わらないと思いますけど。

67 :右や左の名無し様:05/01/30 00:58:06 ID:lNetyV4J
゚Д゚) <日本が侵略された時に9条を読み上げたら敵は退散します
@( )>  
/ >


68 :右や左の名無し様:05/01/30 01:40:57 ID:???
>>67
吊ってこい

69 :右や左の名無し様:05/01/30 23:51:57 ID:HsLPtqLb
憲法9条より金正日や毛沢東の肖像画のほうがまだマシかと。

70 :右や左の名無し様:05/01/31 14:32:12 ID:Kt8u0iTe
憲法九条を守るってコピー自体が古臭くなってきた。そろそろ憲法九条をリニューアルしよう!


71 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/01/31 16:36:54 ID:???
大日本帝国憲法の有効宣言を行えばよいだけ

72 :アホウヨホイホイ ◆/F6aMnKA9s :05/01/31 19:19:34 ID:???
>>71

キミの脳内で死ぬまで宣言してなさい

73 :帝國に光榮あれ:05/02/01 16:57:54 ID:???
>>72
貴様なんぞに真性日本人の心などわかるまい。
米製のニホンコクケンポーを破棄し、日本人独自で作り上げた大日本帝國憲法を
復原することは、すなわち我が国の真の独立なり!

74 :帝國に榮光あれ :05/02/01 17:03:32 ID:???
名前を訂正

75 :アホウヨホイホイ ◆/F6aMnKA9s :05/02/01 17:12:01 ID:v6l82iiJ
>>73 貴様なんぞに真性日本人の心などわかるまい。

楽しい人だなー。なんだよ「真性日本人」ってw初めて聞いた

>米製のニホンコクケンポー

GHQとは当時幾度も草案を練り直して最終的には合意してる。「米製」ではない

>日本人独自で作り上げた大日本帝國憲法を
>復原することは、すなわち我が国の真の独立なり!

そうナリか。それはよかったナリ

76 :右や左の名無し様:05/02/01 17:51:58 ID:NhLj6h1m
帝国憲法も変えなきゃならないところが多いなあ。でも、一条と九条を日本国憲法からもっていけばたいした違いはない?


77 :右や左の名無し様:05/02/01 18:05:51 ID:NhLj6h1m
21世紀もアメリカが食糧と燃料で世界を支配するだろう。中国だって食糧不足になったらアメリカに頭が上がらなくなるし。

78 :銀の鈴:05/02/01 21:53:28 ID:iPcRn/4s
大日本帝国憲法もプロイセンの憲法のパクリ?いや、本歌取りなんだよなあ。
今の憲法がアメリカ製で不満がある方は、帝国憲法を作っていた頃に独自に草案を作っていた有志のように、自分たちで一から作り直してみたらいかがですか。
きっと過去の亡霊を引っ張り出すよりも、民衆受けがよく、貴方自身の勉強にもなるはずです。

79 :右や左の名無し様:05/02/02 19:12:33 ID:0dr+QC6b
そういえば、以前変な左翼団体が、自分たちで国歌をつくったけど、お粗末だったなあ。平和な未来へ歩んでゆこうみたいな。もう鳥肌ものでした。

80 :JGPJAP:05/02/02 19:56:03 ID:dqCzbUPS
ファシズムは「民主主義」を通ってやってくる。
注意せよ!

81 :右や左の名無し様:05/02/02 19:57:34 ID:???
共産主義は「民主主義」をぶっこわしてやってくる。
注意せよ!

82 :新日本自由労働者党:05/02/02 20:28:31 ID:dqCzbUPS
んだよ、だから「共産主義」するの、とっても大変なのよ。
○ですか×ですか。じゃないんだもん。
仏工和す道具、そろえるだけでもたいへんだもんな。
○×方式は紙と鉛筆ありゃすむもんな。
で、やっちゃうことがどっちもめちゃくちゃ
みんな、どっちがいいのかね。
おら、どっちもいやだぜ。

83 :右や左の名無し様:05/02/02 21:14:29 ID:0dr+QC6b
私は、右翼ですけど労働者の運動や社会主義に心引かれます。切腹!しかし九条放棄、核武装。しかし使用には断固反対!

84 :地球市民:05/02/02 21:27:20 ID:gBQozOR3
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番まともではないだろうか?
日本が右傾化しないように社説で繰り返し述べている。
はき違えた愛国心を煽るようなマスコミを信じてはいけない。
売れさえすればいいという軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で懲りたであろう。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが朝日新聞である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?

85 :智子:05/02/02 22:07:47 ID:uCWou+Ga
>>84
偏向朝日が一番まともだと、笑わせるなドアホ。
日本の新聞で一番まともなのは日本経済新聞じゃ
憶えとけ

86 :銀の鈴:05/02/02 22:33:12 ID:WkxnF7Yb
>>85
いえいえ、日本で一番偏向の無い報道をするのは、恐怖新聞ですよ。
どんな記者でも、人間である限り「先入観」を持ちます。その「先入観」に記事は多かれ少なかれ左右されます。
本当に偏向のない報道が必要なら、複数の新聞を読んで偏向の無い部分を探し出すしかないですね。

87 :右や左の名無し様:05/02/02 22:35:41 ID:6JnMfnIF
84さんの意見に賛成!!85さんの中傷に負けないようにしようね。


88 :右や左の名無し様:05/02/02 22:48:06 ID:Ee/Zlala
>87
進軍ラッパを後押ししていた新聞は朝日だよーん。
関東大震災の、朝鮮人虐殺のきっかけも朝日だよーん。
あっ、この時も捏造...

89 :リベラルはもう古い:05/02/02 22:50:06 ID:???
                 /                           奴 起 の 同 し 結 思
                /   _                           は こ. を 胞 か 構 慮
             レ,'ニ‐''"                              : せ 見 が し. だ 深
 男   も         /                  ヽ  ヽ、           な て 殺    :. い
 と  は        /                  ト、   `''‐-‐ァ  , -‐ 、  い    さ 目     こ
 し  や      i  /            |、   /∠'=─一''"  / r;  ヽ. よ 何. れ の .   と
 て      |i    ! /              l ,)//-‐''_,二;7 、`''‐,.=/‐、   ! う の て 前    は
 認      lヽ、 ヽン         |   ! //:':. /r弋,.) )_/  i ̄ V__    |. な 行 い__で/
 め      ヽ   ̄      l     |) //:::.:.人,ゞ‐''"´   |  ゙, ヽ.   l   動 る /
 ん        \_  _,..ィ  ! ゙,    l,.ィ:::::::/  ,. - '''"""  |   ゙, /  !   も  ヽ′
  !!         ヽ、  ̄ /  \_\  い `ニ′ '"´   ヽ‐-‐'′  _,L... ノ-─── ---ゝ、 _
          `ヾ二_,人   い`:‐-,ニゝ         ,`ニ='‐''"´     ;;          ;;.`i
                 ヽ、__ヽ:::/           /   ;;     _,,.... -─── -- 、 _ l
                  、_ノ ,'、  -         !i     ,ィ"´ ̄   ;; ;         ;; `i.!
                  `''一'ハ`ヽ       i !     i ;;       ;; ;         ;; ; !
                   ヽニ.ィ.ヽ  、 -─   ヽヽ    ゙, ;;,      ;; ;        _;;. .ゝ-ァ''"´
                     i⌒ヽ  ! ヽ.        ヽヽ   ヽ、      ;; ;     ,. -‐''" ,. ‐'"

90 :右や左の名無し様:05/02/02 23:30:45 ID:yF/M1qjX
憲法9条を改正せよ!
 
日本は核武装しろ!!
 
石原都知事は東京湾に
アーセナルギアを誘致せよ!!!

小泉総理大臣は弾道ミサイル
防衛システムの整備をするなら
東京都にストーンヘンジを建造せよ!!!!

http://www.geocities.jp/handwashmethod/foodkujou.html

91 :右や左の名無し様:05/02/03 00:27:38 ID:ygopOh1D
2チャンで朝日新聞を朝鮮日報だと読んでから脳に刻みこまれた。我が仕事場の中国人の女の子は朝日しか読まないそうだ。やっぱり中朝よりなんだから読んでて気分がいいんだろう。しかし朝日の社旗は帝国海軍の旗に似てる気がしてならない。



92 :右や左の名無し様:05/02/03 12:36:02 ID:AQkMyYvC
>>1>>8>>90みたいなネットウヨはどうにかならないものなのだろうか。
もまいらが意見述べるのは10000000000000000年早いわ。
>>18みたいなことをどうして言えないのだろう。
「人もし汝の右の頬を打たば、左をも向けよ」
キリスト教の聖書にある素晴らしい格言。

93 :サヨ討伐隊参番隊長:05/02/03 16:43:31 ID:???
>>73
「真性」ではなく「真正」かと思われ。

>>75
>GHQとは当時幾度も草案を練り直して最終的には合意してる。「米製」ではない
憲法というのは、その国の伝統や文化に基づくものでなければならない。
それを作成するのに侵略国アメリカが深く介入し、日本の伝統や文化を全く無視した
草案を書き上げたのだ。どう考えても米製だ。

94 :死ねよく糞サヨ:05/02/03 16:54:10 ID:syRadQeF
「人もし汝の右の頬を打たば、左をも向けよ」
キリスト教の聖書にある素晴らしい格言www
それって無抵抗主義肯定って事かw

じゃあお前は何があっても反論するなよ? 徹底的にバカにしてやるから
左の頬も向けるつもりで堪え忍んでくれやww


95 :死ねよ糞サヨ:05/02/03 17:02:16 ID:syRadQeF
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
       /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
       ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
>>92 お前の存在価値w

96 :アホウヨホイホイ ◆/F6aMnKA9s :05/02/03 18:27:04 ID:xi8pRlXR
>>93 日本の伝統や文化を全く無視した草案を書き上げたのだ。

「全く無視した」なら一条まるごと天皇制に割いたりなんぞ致しませんが

>>94 じゃあお前は何があっても反論するなよ? 徹底的にバカにしてやるから

↑無抵抗不服従の理念と真意を理解できないアホウヨ登場

97 :死ねよ糞サヨ :05/02/03 19:19:38 ID:syRadQeF
おいおいなにを「アホウヨ」とかいってるんですかあ?
そういった言葉で争いが発生するんですよ?
戦争を無くするんじゃないんですかねえ?
無抵抗不服従だって?バカじゃねーのwww
っていうかおめえは実際抵抗してるわけですがwww

98 :糞サヨリンチゲーム:05/02/03 19:22:23 ID:syRadQeF
     _____
   /::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜プーン
  |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|〜プーン
  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ〜
  |::( 6∪ ー─◎─◎ )〜        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜      < 無抵抗不服従の理念と真意を理解できないアホウヨ発見
  | ∪< ∵∵   3 ∵> ムッキー!    \_____________________
  \        ⌒ ノ_____
    \_____/ |  | ̄ ̄\ \
___/      \   |  |    | ̄ ̄|
|:::::::/  \___ | \|  |    |__|
|:::::::| \____|つ⊂|__|__/ /
|:::::/        | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕


99 :JGPJAP:05/02/03 20:25:38 ID:IsoivoCf
なんで,小夜嫌いなの。
明確にその理由を言ってみなよ。
紆余ってどんなんか知ってるのか。

100 :右や左の名無し様:05/02/03 21:04:24 ID:???
だって>>98のAAみたいなのが小夜だから

101 :JGPJAP:05/02/03 22:00:09 ID:IsoivoCf
あ、君たちはそうゆう認識を持っているんだね。
なかなか、勉強になる。われわれも
でも、それが見せ掛けで、安心感を与えてるか
意外とサヨ君は東大でが多いから、そうなちゃうんだろうな。
サヨのひと、もしみてたらそうゆうことでにんきないんだってさ。
わかった。しいさんも、かっこわるいもんな。
それにくらべ、レーニンや戸ロッキーはカリスマ的にかっこいい
スターリンは色男だったよな。
金正日嫌われるのわかる、あのかっこうどうみても理解しがたいよな。
それにしても、なんで共産党員はつめいりの人民服とぼうしかぶるのか
ふしぎだったよ。今の中国の政治家はネクタイ姿になったけど。
あの格好は研究の余地ありだな。

102 :右や左の名無し様:05/02/03 22:43:53 ID:ygopOh1D
一条まるごと天皇に割いたのは、文化を尊重したんじゃなくて天皇を飾りものにして封じ込めようとしたんだと思うなあ。でも一条にしたことによって束縛された気もする。十条くらいが良かったかと思う。

103 :リベラルはもう古い:05/02/03 23:39:16 ID:???
  〃               /      ! ll l     !
 /i              / !    /| ハl !    !ヽ!
./ l                // !   / / j /_ j =!  l !l!
′!   /        //_ー_|  〃/r,=ナ三l'-|  l リ!
  !  〃          /歹ヽ/ //' ' -ベ'_歹ノl  レノ′ 国防は国家の生命線 
 ハ   l{        /´´  l /      ̄` リ /´/ それを蔑ろにすることは
  l ハ        l    j/           / イレ′ 国民の死を意味する
.  |ll  l 、 l    l      、 ,     ノ/ j | 理解せよ
   l!!  l |ヽ l   .,ヘ、   .. __ ..   / /.l |
   ヽ  ヽ ヽ.!ヽ  |'´ヘヽ、   ー‐  / |ィ /、 | l
        l| ヽ  ! ハ  `ヽ、   /  ノl/ `<
      , -ケ´ ヽ l ,! ` ー- 二 -‐ ´ .ト、    \
   _ ノ  l  / ヽ!ノl            ヽl\

104 :右や左の名無し様:05/02/04 00:05:03 ID:GhHCSsm7
>>103
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



105 :朝鮮人参:05/02/04 00:06:21 ID:Jk3Ng25w
>>64
鋭い!って・・>>61自演? もしかしてw

106 :糞サヨリンチゲーム:05/02/04 00:10:41 ID:+ypiwvf1
>>104
その前に戦後60年経っても大国が9条に等しい憲法を持たないことを説明してください。




軍事力が重要だからだろ?軍事力がいらなかったらとっくに大国がそうしているからなw

107 :右や左の名無し様:05/02/04 00:29:09 ID:GhHCSsm7
>>106
私の質問に答えてから私に質問してください。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



108 :右や左の名無し様:05/02/04 10:52:09 ID:Mez53XLV
非武装中立は千年早いか千年遅い。

109 :右や左の名無し様:05/02/04 11:53:14 ID:5Y5r1lSV
>>107
戦略核で相手国ごと吹っ飛ばす。

110 :右や左の名無し様:05/02/04 13:50:50 ID:Mez53XLV
昭和と戦争というビデオを見たけど面白いよ。少し高いけどね。

111 :アホウヨホイホイ ◆/F6aMnKA9s :05/02/04 19:13:18 ID:pI/vA5tx
>>97 おいおいなにを「アホウヨ」とかいってるんですかあ?
>そういった言葉で争いが発生するんですよ?

オマエみたいに幼稚な子供同士の争いは、発生するだろうねぇ

>戦争を無くするんじゃないんですかねえ?

誰が?オマエが?無理だろ

>っていうかおめえは実際抵抗してるわけですがwww

俺は自分が無抵抗不服従主義者だ等とは一言も言っておりませぬが、それがナニか?

>>102 一条まるごと天皇に割いたのは、文化を尊重したんじゃなくて天皇を飾りものにして封じ込めようとしたんだと思うなあ。

米国は最初条文すら設けようとしなかったんだよ

>>103 国防は国家の生命線  それを蔑ろにすることは 国民の死を意味する

そういう考えて先の戦争が起きた訳だが、結果何人の国民が死んだっけ?

>>109

アホウヨ炸裂だなw

112 :右や左の名無し様:05/02/04 19:30:43 ID:GhHCSsm7
>>109
だから・・・ それ即戦争ですから戦争から国や国民の生命・財産・自由を守ったことになりませんよ。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



113 :糞サヨリンチゲーム:05/02/04 19:51:29 ID:+ypiwvf1

              __ __,_ ,,.
          ,,;;ー='"=~!#,:'';: (;ヽ#'ヽ,.   
          /;;(",__/~;;:::::'::::,_、~;:'#l
         l#"~";;:::':::::';::;::::(;∵;) ヽ| <アホウヨホイホイ
         l:;;:::'::::(;';;`,::::::;;''::::`i';':::;::'│
         |;;;::':''::::゙;,´:::'::::_:::::::゙::;:::/
         .\::::::''::::::;::;;::::::::::::;:'::'/     ∞〜
          ">:::';;;::':'';:::;:;:;:'::''::〈
          .・,,;、::::::::::::::::::::::::,,;、,;.
          ,;;@:::::;::::''::'':゙;;;@:;',、
          ∴','`;::::;::'::;;::;::;`;,'゙;,∵,
           l'' ,,;:":::!::::;:!:::::,::' :、,.:;'':l
          l`:::::::::::::'::i::::'::'';::;:::::` 'l         〜∞
          ,l;;:::':::''::;:::;;':;:::'':::::;::;;'':l
          i,;:'';::::'::::;::::'::;:i:::,.、;、,..l   ∞〜
          `;;゙;'∴;,::::、,.;'::::`;゙;;∵;';)
          ゙;';@'、;,,;∴;;:;,・,;'@:ノ 、,
          ;、'"''゙` ゙; ;,,. "゙゙;゙'''  `;;;∵;''・,
          (:;'"∴;;;'゙;;'゙:::';;:;'':;:;;:;:゙' ;.;', "
             :゙:;゙:;'゙":;'i:;:;;゙:";:'';:;:;;:;';;`:;:'';;:'',、

これで世界は平和になりましたww

114 :右や左の名無し様:05/02/04 19:53:41 ID:8FZgb3zv
誰も答えてくれませんね。
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。
答えられないのなら次のサイトを見てください。
http://i.z-z.jp/?kouei37
こちらはミラーサイト。
http://homeyo.hp.infoseek.co.jp/kouei/koueishine.html


115 :右や左の名無し様:05/02/04 20:34:38 ID:ZVYKxToj
バカを相手にするとバカが移ります注意しましょう。

116 :銀の鈴:05/02/04 22:06:35 ID:PvGcc55s
核武装賛成論者は、広島・長崎を知らないのか?日本人が虐殺された、あの事件を忘れたのか?
核兵器を保有すると言うことは、アレと背中合わせで生きていくことなんだよ。そんな覚悟が有って言っているのかい?
使用しない?なら何故持つ?事故を起こさないようにする事だけでも、金がどんどん飛んでいく。ロシアを見たまえ、明日はどうなるやら。
何処の国も、通常兵器だけでもそこそこやっていけたじゃないか。いまさら核武装の必要は無し。

私は、非武装中立を叫べるほど幼くは無い。しかし、軍事力のみで国を守れると考えるほど愚かでもない。

117 :右や左の名無し様:05/02/04 22:16:35 ID:GhHCSsm7
>>116
軍事力だけでは不完全でも軍事力は戦争から守る力なんですよねぇ? その力で国や国民の生命・財産・自由を守る方法を答えてくださいな。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



118 :銀の鈴:05/02/04 22:57:40 ID:PvGcc55s
>>117
そこそこの兵力を見せ付ける。以上
たまには、貴方の方から代案を出してくれないかな?それに対して「こうしたほうがよい」と言う事の方が、私にはやり易いのですが。

119 :右や左の名無し様:05/02/04 22:58:26 ID:GhHCSsm7
>>118
抑止論ですね?
抑止力は他国に対して軍事的な脅威・脅迫・恐怖・恫喝的外交として作用します。
それらは圧力でありその圧力が爆発(戦争)の原因となります。つまり抑止力は
戦争の原因だったのです。だから君が言うところの抑止力である軍事力は国や
国民の生命財産を守ることはできません。できないので軍事力で戦争から国や
国民の生命財産を守る方法はありません。理解できますか? それでも軍事力(抑
止力)で戦争から守れると主張するなら以下の質問に真正面から答えてください。ok

もう一度繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



120 :銀の鈴:05/02/04 23:09:47 ID:PvGcc55s
>>119
こっちは回答を出しました。それで更に答えて下さいと言うのは何故ですか?理解できなかったのですか?

OKもう一度書こう、貴方の方から「軍事力に頼らない守りの方」の案を出してください。それに対して「こうした方が良いのでは?」と言う方が私の性に合っています。
さあ、堂々と主張してください。

121 :右や左の名無し様:05/02/04 23:11:01 ID:GhHCSsm7
>>120
>こっちは回答を出しました。

質問の答えになっていませんよ。「方法」を答えてくださいな。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



122 :右や左の名無し様:05/02/04 23:15:21 ID:Mez53XLV
軍事力無しで国民の生命、財産、自由を守る方法を教えてほしいかと..支那だって軍事力をもたなければ本当に三十万人殺されてたかもしれないよ。一部のゲリラが反抗しても犯人を捕まえるために村中の人間を捕らえてきてさあ。やっぱりつけ込まれちゃダメなんだよ。

123 :右や左の名無し様:05/02/04 23:19:58 ID:GhHCSsm7
>>122
私の質問に答えてから私に質問してください。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



124 :銀の鈴:05/02/04 23:20:45 ID:PvGcc55s
>>121
そこそこの兵力を、いつでも動かせるように整備する、これを敵対国に見せ付ける。ただし、外交交渉で問題を解決できる限り、矛先を向けないように注意する。
以上。この方法でよし。

貴方ねえ、自動返答機械じゃないかと疑われていますよ。人間であるならば、たまには意見を出してよ。

私は非武装中立を叫べるほど幼くは無い。しかし軍事力増強で戦争を回避できると思うほど愚かでも無し。

125 :右や左の名無し様:05/02/04 23:52:26 ID:GhHCSsm7
>>124
抑止論ですね?
抑止力は他国に対して軍事的な脅威・脅迫・恐怖・恫喝的外交として作用します。
それらは圧力でありその圧力が爆発(戦争)の原因となります。つまり抑止力は
戦争の原因だったのです。だから君が言うところの抑止力である軍事力は国や
国民の生命財産を守ることはできません。できないので軍事力で戦争から国や
国民の生命財産を守る方法はありません。理解できますか? それでも軍事力(抑
止力)で戦争から守れると主張するなら以下の質問に真正面から答えてください。ok

もう一度繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



126 :右や左の名無し様:05/02/05 00:05:59 ID:GhHCSsm7
おーい(笑)

127 :銀の鈴:05/02/05 00:20:02 ID:A9dj9Bv4
>>125
たまには自分の答えを出してよ。本当に自動返答機械なのですか?質問ばかりでは議論にすらならないよ。

そうだね、貴方の頭の中だけなら、抑止力は爆発の原因にもなり得ますな。ただね、戦争というのは簡単に起こせる物ではないのだよ。世の中はね、脅迫・脅威・恫喝だけで戦争を起こすほど、単純じゃないのよ。
戦争を決意する過程は「戦って何か得る物はあるのか?」「得られると予想される物は、被害に見合う価値があるのか?」ここにあります。
やけになって、勝てない相手に戦争を仕掛けた国はありますよ、一太刀も浴びせられなかったじゃないか。軍事力でイロイロ守った実例として良いのでは?
さあ、貴方の御意見をお聞かせください。

128 :右や左の名無し様:05/02/05 00:46:41 ID:CpaWuwUv
>>127
>たまには自分の答えを出してよ。

私の質問に答えてから私に質問してください。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



129 :銀の鈴:05/02/05 01:02:27 ID:A9dj9Bv4
>>128
>私の質問に答えてから私に質問してください
>>124>>127読め、私の答えはもう書いた。自分の意見以外は回答として認識出来ないのかい?

非軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を教えてください。

モー遅いから寝るわ。あばよ千葉よ鳥取県。1030ごろまで、さいなら、さいなら、さいなら。

130 :右や左の名無し様:05/02/05 01:18:27 ID:CpaWuwUv
>>129
>>124>>127読め

質問の答えになっていませんよ。「方法」を答えてくださいな。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



131 :右や左の名無し様:05/02/05 01:19:41 ID:CpaWuwUv
>さいなら、さいなら、さいなら。

逃げるんですか? 逃げるんじゃないのなら以下の質問に答えてください。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。





132 :右や左の名無し様:05/02/05 08:29:15 ID:hl9LiWys
他国が我が国に進行してきた場合にすみやかに軍事力でもって阻止し我が国領内より排除する。この段階で軍事力がなかったら警察力や海上保安庁それに国民が武装して立ち向かっていくしかない。軍事力も所持した国の国民がいかに侵略につかわないか監視することが重要。



133 :右や左の名無し様:05/02/05 08:42:59 ID:hl9LiWys
小夜さんの中に、侵略から国を守る防衛のための戦争も悪だと主張する人がいるんだよね。これは国民としてクリアーしとかなきゃならないことだと思うんですよ。世界史や中国の歴史をみてほしいね。

134 :右や左の名無し様:05/02/05 09:01:50 ID:hl9LiWys
軍事力はいくらかは相手国の脅威になり、確かに戦争の原因になりうるが軍事力持たなかったときに発生する戦争の確率よりすくない。まあ片方が非武装なら戦争とは呼べないが。

135 :右や左の名無し様:05/02/05 10:05:53 ID:B3t+8l+6
誰も答えてくれませんね。
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。
答えられないのなら次のサイトを見てください。
http://i.z-z.jp/?kouei37
こちらはミラーサイト。
http://homeyo.hp.infoseek.co.jp/kouei/koueishine.html


136 :銀の鈴:05/02/05 11:07:38 ID:A9dj9Bv4
>>131
おはよー、私は自動返答機械のあなたと違って、夜は寝ないといけないし、別に仕事もあるもので、24時間遊んでられないのさ。
で、私の何処が答えていないのよ。誰も答えていないと言いますけど、>>132も私にとっては十分な回答ですよ。
貴方は、自分の考え以外の物は回答と認識できないのですか?非武装以外、主張できないおバカサン。

137 :右や左の名無し様:05/02/05 17:11:57 ID:hl9LiWys
軍事力で国民を守る具体的な方法を知りたいのなら防衛白書を読んだらどうですか?

138 :右や左の名無し様:05/02/05 17:15:12 ID:hl9LiWys
あと主語が存在しないですよね。何から国民の生命を守るのか。質問自体が不完全ですね。

139 :右や左の名無し様:05/02/05 17:29:37 ID:vkGPLoF5
>>136
無視する事が一番ですよ。
バカを相手にするとバカが移ります注意しましょう。

相手を選んでレスをしましょう。ご忠告まで。

140 :hhhhh:05/02/05 17:53:13 ID:???
                               ノ ──  ____l__l___
    _|     |   ヽ   |_|_  --─丶.    ノ ─┬   |_____ノ
      |/⌒ヽ  |   │  ̄| ┘       )   │  │   /______フ____
     ノ|  丿  v      ヽ_     ___ノ    │  _|   / l l ヽ_/




141 :右や左の名無し様:05/02/05 18:30:47 ID:???
バカを相手にするとバカが移ります注意しましょう。


142 :右や左の名無し様:05/02/06 08:26:15 ID:F1VjwCSX
ても暇なときは、徹底的に対応します。

143 :精神科隔離担当:05/02/06 15:41:49 ID:???
なんだまたkoueiが懲りずにやってきたのか。
お前もスレが立ち上がるとすぐに逃げ出したヘタレのくせになw
あまりしつこいとまた立ち上げるぞ。
kouei情報
反戦・護憲・非戦BBS
http://i.z-z.jp/?kouei37
私のKoueiコレクション
http://homeyo.hp.infoseek.co.jp/kouei/koueishine.html
趣味
http://players.music-eclub.com/players/Player_detail.php3?player_id=204
koueiたんホームページ
http://www.geocities.co.jp/Broadway-Guitar/5197/
ヤマハオンラインメンバーのkoueiたん
https://member.yamaha.co.jp/nonmember/magazine/backnumber.php?newsid=41&newsnumber=103120

144 :心理病棟隔離担当見習:05/02/06 15:45:46 ID:???
ちなみにkoueiたんは子供がいるらしい。
どう坂本の曲作りは進んでるかな?キチガイkoueiたん。
子供は元気でしゅか?
仕事大変だね。
精神的に参ってるのかな?
ストレス発散するはずが自分のボロでてきて困らないようにね。
あまり度が過ぎると後悔するよ>koueiたん

145 :右や左の名無し様:05/02/06 19:41:11 ID:F1VjwCSX
強力な軍事力が相手の脅威となり戦争に発展するっていうのは太平洋戦争の教訓かと思うんだけど、脆弱な戦力を侮られ戦争になるケースも多い。

146 :右や左の名無し様:05/02/07 15:22:11 ID:tos33Q8R
相手が軍事侵攻してきた場合、こちらがまったく軍事力を持たなかった
場合より多少なりとも軍事力を所有していたほうが国民を守れます。
もちろん、戦争ですから百パーセント守ることは不可能です。
それと国防は国家の生命線。これは正しいと思います。国防が疎かだった
から負けたのです。

147 :右や左の名無し様:05/02/07 21:42:10 ID:M95w2z0I
早急に核武装して抑止力を高める。広島、長崎の教訓、それは、全ての国が核兵器の恐ろしさを知ったことです。しかし、それは自らの国が被爆することへの恐怖で使用することへの恐怖ではないのです。


148 :右や左の名無し様:05/02/12 17:43:57 ID:aI42X/a8
北朝鮮が核兵器の保有を認めたが、アメリカに先制核攻撃されてもしょうがないか?

149 :右や左の名無し様:05/02/14 18:18:45 ID:h5ocXlNd
サヨクは外道。最後はウイルス兵器。

150 :銀の鈴:05/02/14 19:01:00 ID:uiZqrNEs
そうだ!生物兵器という手段がありましたね。あれは旨い物食べて健康的に肥えた奴には効き目が薄いから、日本で事故を起こしてもある程度は何とかなりますね。
でも、まともに飯を食っていない北朝鮮人民には良く効いても、天パーデブの将軍様には効き目なさそうだなあ。
肝心の目標に対して効果無いんじゃ抑止力として使えませんね。

151 :右や左の名無し様:05/02/14 19:43:17 ID:???
>>131
銀の鈴はそこらじゅうのスレにレスつけてるけど
都合が悪くなるとレスをつけずにどっかいっちまうよ(笑

要するに自分の理想を延々と語りたいだけなんだよ、こいつは。
放置が一番ですよ

152 :銀の鈴:05/02/14 23:43:18 ID:uiZqrNEs
>>151
私は、日本に住んでいるんです。>>131の前の>>129を時間と共に良くご覧ください。
寝たんだよ。一日中ヒマしている貴方達と違って、私は仕事はあるし、夜は寝るのよ。

まあ、理想を延々と語りたいからココに書き込みをしているのですけどね。それはみんな似たような物じゃないの?

153 :右や左の名無し様:05/02/14 23:55:31 ID:???
>>152
そこらじゅうのスレに書き込みしてる癖して
そのほとんどはほったらかしではないですか。
そういう観点で見ますとアホウヨホイホイ氏のほうがよっぽどマシですよ。

154 :銀の鈴:05/02/15 00:38:10 ID:???
へーへーあんたらウヨクの勝ちですよ私の負けですよこっちは忙しさを理由にして行方不明の自論の確認をしていませんよもう来ないから安心してオナニーでもしていてください

155 :右や左の名無し様:05/02/15 01:04:56 ID:???
>>154
ウヨクとかサヨクとかそういう観点ではなくてですね・・・。

言っても無駄でしょうかね?
今ここでウヨクと決め付けてしまっているあなたの行為こそが
あなたの浅さをそのままに表しているようにも思えますね。

156 :右や左の名無し様:05/02/15 09:25:57 ID:cMSZb5Sb
化学兵器や生物兵器のほうが管理が難しいですよ。昔、復活の日という映画があったでしょう。

157 :右や左の名無し様:05/02/15 10:21:36 ID:???
サヨク教師また死す。めでたい話だ、あの少年は義士だ。

158 :右や左の名無し様:05/02/15 10:33:04 ID:???
9条を放棄してそんなに戦争がしたいのか?殺人狂ウヨはさっさと死ね。

159 :右や左の名無し様:05/02/15 10:36:43 ID:giW3OLGE
>>157名前:右や左の名無し様[g@ykrr@] 投稿日:05/02/15 10:21:36 ID:???
>>158名前:右や左の名無し様[g@ykrr@] 投稿日:05/02/15 10:33:04 ID:???

メール欄消し忘れてるぞw
やっぱりそういうヤツか
ウヨを装って…なんて古典的な手法だな

160 :朝鮮人参:05/02/15 15:52:45 ID:Yf9NRgg3
>>135  私は今日、暇なのです。
 『軍事力で国家・国民を守る具体的な事例を挙げれば良いんですね。』
T、北朝鮮の不審船を撃退した。
U、中国の潜水艦を追尾した。
これだけのことでも相手国は心理的に怯むでしょうね。
  抑止効果とはそんなものです。最後は深層心理が働く。

  軍備が抑止効果を発揮することは、軍事常識。
  幸いなことに現在、日本は米国の軍事力に守られています。
  他国と交戦状態に陥っても、米国は助けてくれないという
  被害妄想も一部にありますが、日米安保は堅持すべきです。
  仮に今、日本が他国に占領されたら米国は恐慌状態に陥る
  でしょう。なぜならば米国債を日本が買い支えているから。
  そんな日本を米国はキライでも放置できないのですよ。
  一部に日米関係の見直しを議論する輩がおりますが、愛国
  とは無縁な存在ですね。
  

161 :右や左の名無し様:05/02/15 20:03:27 ID:mliDfH7x
>>158
ホント、サヨはうんこだな。
自由をなめんな。
禿げ。

162 :右や左の名無し様:05/02/16 09:01:17 ID:a8XQewAO
銀の鈴さんはサヨクなんですか?

163 :右や左の名無し様:05/02/16 15:46:38 ID:???
>>162
俺もそれ気になる

164 :右や左の名無し様:05/02/16 22:02:54 ID:???
sage

165 :右や左の名無し様:05/02/16 22:23:37 ID:a8XQewAO
銀の鈴は子供がいるにゃりな〜。それなら核アレルギーもなっとくいくにゃり。

166 :右や左の名無し様:05/02/17 23:34:21 ID:OS3PK5Ti
九条放棄イコール戦争したい。こういった短絡的な考えが糞みたいなウヨクを増やしたとは思いませんか?

167 :右や左の名無し様:05/02/17 23:46:55 ID:???
>>166
きっとそうだね。9条放棄を、『国同士の問題解決法としての戦争放棄を否定』と同一視しているのだろう。
また、9条擁護を、『国民の財産を守るための戦力を保持する事を否定』と同一視されていることも見逃せまい。
混同している輩のなんと多きことか。
日本国憲法を新しくする時は『侵略戦争』の否定を必ず入れて欲しい、もちろん『自衛戦』を否定しない物で。

168 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/18 00:41:15 ID:???
>>166
>>167
 なにが「糞みたいなウヨク」だ!? 糞みたいなポチの分際で。
日本は侵略戦争なんかしたことはない。日露戦争も大東亜戦争も
ロシアやアメリカから日本を守る『自衛戦』だった。

169 :右や左の名無し様:05/02/18 04:16:22 ID:qtm9JLUz
核を作る資金はどこから出てくるんだ?

170 :最強の学生キムジョン:05/02/18 05:27:51 ID:6BqDQJgm
へたれ外交のままじゃ憲法変えても無意味。

171 :最強の学生キムジョン:05/02/18 05:32:48 ID:6BqDQJgm
ああだって海外派遣とか多国籍軍とか色々する為に改憲したいんだもんな^^

172 :最強の学生キムジョン:05/02/18 05:38:32 ID:6BqDQJgm
本気で売国奴だからやっぱ笑えねえわ・・・
ちょっとなあ君達もメディアに洗脳されんと真実を見つめなあかん。

173 :右や左の名無し様:05/02/18 11:56:53 ID:???
>>168
日本を守るためには、資源が必要である。その資源を得るために、南方へ侵略した。
ドーデもいいけど、国内が不安定で対外戦争どころではない中国に、なんで自衛戦争しかけるのかね。侵略だろ、どう見ても。
いい加減に日本が起こした戦争を美化するのはやめろ。

174 :右や左の名無し様:05/02/18 14:29:05 ID:???
>>173
>資源を得るために、南方へ侵略した。
侵略だと思ってるのならそれで構わんが、結局アジアが独立したじゃん。

>国内が不安定で対外戦争どころではない中国に、なんで自衛戦争しかけるのかね。
日本側は戦線不拡大を宣言してたのに中国共産党が馬鹿げた
事しでかすから戦争が泥沼化してしまったのだよ。
でも結果としてあの戦争の後、中国は人民を「反日化」する
ことで国を安定させることができた。

もっと結果のほうに目を向けようぜ。

175 :右や左の名無し様:05/02/18 15:12:07 ID:VQ2ajZVp
ちなみに俺は糞イコールウヨクと言ったのではないぞ。ウヨクの中の糞みたいな連中を言った。同じことがサヨクにも言える。

176 :ポチ:05/02/18 15:19:43 ID:VQ2ajZVp
日本の過去の戦争で正しかった部分は自国民の利益や安全を守ろうとしたこと、悪かったのは、相手国民の利益や安全を奪いすぎてしまったこと。満州などでの農地の強制的な購入など。

177 :右や左の名無し様:05/02/18 16:05:39 ID:???
>>174
結果を見れば正義だよ、結果だけを見ればね。
強盗やって、その金で孤児院を助ける。コレを悪と言いきるほどの度胸は俺には無い。

178 :最強の学生キムジョン:05/02/18 16:09:26 ID:6BqDQJgm
>>177自分の家族が殺され全財産が奪われてもか!

179 :愛国ホリエモンVs憂国フジTV:05/02/18 16:14:43 ID:c8no0USc
223 名前:愛国村上ファンド :05/02/16
http://zenkyoto68.tripod.com/nadazenkyo01.htm
村上世彰(よしあき)さんは、灘高校から1983年東大法学部を卒業後、
通産省に入省したキャリアです。
彼は、通産省を退職後、1999年投資会社エム・エイ・シー(MAC)を設立します。
村上氏はニッポン放送の株でも話題を呼んでいます。

一方で「国民の利益」=「社会の利益」=「国家の利益」という国家共同体幻想が作りあげられ、
一方において、 教育幻想、民主幻想(「自治」なども)をふりまく高校共同体幻想がつくられて、
両者が奇妙な癒着を示すことによって、 この「教育」の階級性がおおいかくされる。
ん?

んん?


180 :右や左の名無し様:05/02/18 16:23:15 ID:VQ2ajZVp
度合いだよね。奪いすぎたら恨まれる。相手が納得する範囲でやればよかった。全財産を奪えば恨みは一生忘れないけど百円、千円なら、どうってことない。

181 :177:05/02/18 16:45:45 ID:???
>>178
だから、全ての戦争は『悪』なんですよ。正義の戦争なんてのは、勝った奴が自分の行動を正当化するための戯言ですよ。
>>180
あのころの日本は、そんな事を考える余裕など無い、自身が貧乏なのだから、どこまでが許容範囲かなんて分かるはずもない。

勝てばそれで遺族を慰められるが、負ければ全て無し。
最近の日本の場合、自分で仕掛けて負けたくせに、自分のした事を正義と言う輩が居て困る。

182 :右や左の名無し様:05/02/18 17:00:11 ID:???
>>181
>自分で仕掛けて負けたくせに

仕掛けたのは鬼畜米英の方ですが、何か?

183 :最強の学生キムジョン:05/02/18 17:03:43 ID:6BqDQJgm
まあ反省はしたんだしこれからが大事だ、日米安保条約を破棄し中立の平和国家を考えよう。
http://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/index.html

184 :右や左の名無し様:05/02/18 17:36:06 ID:???
>>180
全てを奪いつくさず中途半端に残すから恨みを買うのだ。
残せば例え一銭奪っても恨みを残す。
奪うなら全てを奪いつくしあらゆるものを抹殺することだ。

>>181
戦争は必要欠くべからざるもの。
人が存在する限り未来永劫無くならない。

>>182
ABCDの煽りに乗せられて仕掛けさせられたのが日本。
煽られて殴るにしても殴り方があるってものだ。
言えばガキだったってこと。国家には少年法の適用はないのだよ。

185 :右や左の名無し様:05/02/18 23:23:06 ID:VQ2ajZVp
全ての戦争は悪。仕掛けたものも仕掛けられたものも?確かに、ものすごくシンプルに考えるとそうかもしれない。しかし仕掛けられた戦争はうけねばならず、個人も国家も善だけでは生きらんないじゃないでしょうか?

186 :右や左の名無し様:05/02/18 23:27:29 ID:VQ2ajZVp
それと敵を徹底的に叩くのは兵法に反するんじゃないですか?日本は清を叩きすぎロシアと戦うはめになったし、アメリカは日本を叩きすぎて共産中ソを強くし過ぎた。

187 :右や左の名無し様:05/02/18 23:38:54 ID:???
>>185
地球人類は、相手を理解し、信頼すると言う所まで文化が進んでいないようです。
それも、『文明が発達した』国ほど酷いようです。
仕方が無いから、善だけでは生きていけないから、自分の身を守る戦力は持たねばなるまい。そこまでは否定のしようが無い。

188 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/18 23:41:27 ID:???
>>187
 『文明が発達した』酷い国との不平等な条約や軍事同盟も
破棄すべきだな


189 :右や左の名無し様:05/02/18 23:51:07 ID:???
>>188
貴方の愛する大日本の事も入るのですが……

190 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/18 23:56:12 ID:???
>>189
「国」という言葉の意味やニュアンスは多様だ。
俺は>>188では、「政府」に近い意味で述べただけだ。
「裁判で国とあらそう」という場合の「国」は、小泉YP政府の
ことになるが、俺が愛する「大日本」はそんなちゃちなものではない。

191 :右や左の名無し様:05/02/19 00:00:40 ID:gd7GaPJn
一日も早く9条破棄して
徴兵制復活をのぞむ
その際、破棄賛成のウヨ諸君のみ兵役につくこととする
もちろん異論はないよね、ウヨ諸君?


192 :右や左の名無し様:05/02/19 00:01:24 ID:???
紛らわしい名前をつけるな。
なんでぇ、こっちと似たようなものかいな?気候風土を愛するか?

193 :右や左の名無し様:05/02/19 00:10:26 ID:???
>>191
>ウヨ諸君のみ兵役に
それじゃあ、徴兵制じゃないじゃん。
まあ、本当に国を守れだ何だ言う奴が、全て自衛隊に入っている筈も無い。国益を優先しろと言う奴が、全て税金を『余計に』納めている筈も無い。
所詮ウヨなんてのは口先だけの愛国者、自分に都合の良い事しかしないロボットを作る為に愛国心を養わせ、肝心な時には自分だけ逃げ出す。

さあ、確定申告が迫ってきたよ。この国に住むからには『国』の為に税金をきちんと納めましょう。

194 :右や左の名無し様:05/02/19 00:33:25 ID:uzaLM5kl
>>193
典型的サヨ論法。詭弁。
たとえば、「戦争に反対するならお前が行け」ってやつ。

そもそも戦争に賛成するというのは、国の方針としての戦争に賛成するという意味であるから、
自分個人が戦争に行くかどうかは全くもってベクトルが異なる。
あくまで国が戦争をすることによって、自分が戦争に行く「確率が高まる」だけであって、自分が100%行くわけではない。
ゆえに戦争賛成派は、自分が戦争に行く確率が少なからずとも発生することは覚悟して言っている。

ようするに単なる個人中傷ってことだよ。無理矢理発言者個人に当てはめて中傷、言論封殺の典型的手段。


195 :右や左の名無し様:05/02/19 00:43:00 ID:???
国益を優先しろというのは
全体的な面でのことなんだがな。
国民全体の利益が国益だから
日本国民が税金をたくさん国に納めても
国の中で金が移動したに過ぎない。

外貨獲得は重要である。
だから、ODAで大量に日本国の金が外国に流れだしているのは
国益を損ねているといえる。

また、日本国籍を取得していないものに対し
(合計では)巨額の資金を提供するのも国益を損なっているといえる。

196 :右や左の名無し様:05/02/19 00:52:16 ID:???
>>195
>国民全体の利益が国益だから
ならばこそ、国民全体に自分の儲けを行き渡らせる税金を沢山払うべきでしょう。

>ODAで大量に日本国の金が外国に流れだしているのは
情けは人のためならず。感謝される日を信じて援助する。将来への投資は、現在の利益が無くとも、将来利益が上がるからやるんでしょ。
あと、日本製品を買ってもらうには、相手がそこまでの金を持ってもらわないとね。

>また、日本国籍を取得していないものに対し
税金さえ払ってもらえば構わない。国籍を持っている人でも、同じくらい金を渡しているでしょ。
ん?生活保護関連だよね?

197 :右や左の名無し様:05/02/19 00:58:28 ID:???
>>196
中国へのODAだけは完全なる無駄だと思いますけどね。
中国政府は日本のODAを一切報道せず!
いまだに反日教育。
中国はいまや宇宙飛行に成功するほど金がある。

>>196
在日は脱税が多いですけど。
国民は国民であるからこそ受けられるサービスがあります。これは当たり前のこと。
メキシコ人がアメリカ行っても生活保護は受けられません。

198 :右や左の名無し様:05/02/19 01:11:41 ID:YxO6/lXl
>>194
「戦争に反対するならお前が行け」←???
おまえIQいくつ?


199 :右や左の名無し様:05/02/19 01:14:49 ID:???
>>198
なぜそこでIQを持ち出すのかは理解不能だが
>>194が文章を間違えて書いているのは確かだな。

200 :右や左の名無し様:05/02/19 03:45:32 ID:bX+Ck+mO
IQが人並みにあれば
人並みの文章くらい書けるだろ〜が
それが理解不能なお前のIQいくつ?

201 :最強の学生キムジョン:05/02/19 07:42:47 ID:QMsHELxn
>>197その考えはTVタックルの影響と見た!

202 :右や左の名無し様:05/02/19 12:27:01 ID:VU+cfwJC
過去の日本の戦争は善か悪かは別にして多くの国民を犠牲に一部の財閥や軍人が甘い汁をすっていたのは事実でしょう。消耗品のように何万という将兵が桐の箱に入れられ帰還しました。その犠牲の結果得られたものは、多彩な歴史の本だけだったんじゃないでしょうか?


203 :右や左の名無し様:05/02/19 14:04:42 ID:yw5m/Eci
憲法9条は放棄すべきだ。

戦争放棄?
日本だけが戦争を放棄したって、戦争のほうでは日本を放棄しているわけではない。
日本の周辺がキナ臭くなっているときだ。
武器を持った人間に囲まれているのに、自分だけ自ら進んで武器を捨てるバカがどこにいる。
金を差し出して、奴隷の平和がお望みか?


204 :最強の学生キムジョン:05/02/19 14:08:56 ID:QMsHELxn
>>203日米安保条約を破棄しなければ改悪だよ。

205 :右や左の名無し様:05/02/19 18:31:49 ID:VU+cfwJC
日米安保を破棄するならそれに変わる機構が必要になるでしょう。NATOみたいなものを。日米安保はアメリカに攻撃されない保証もはいっているじゃないでしょうか?

206 :最強の学生キムジョン:05/02/19 18:57:02 ID:QMsHELxn
>>205日米安保はアメリカの支配じゃないでしょうか?

207 :右や左の名無し様:05/02/19 18:58:44 ID:K2anh28w
憲法九条の全面正常化。
これが日本がアメリカから独立するための早道。

208 :アホウヨホイホイ ◆/F6aMnKA9s :05/02/19 19:19:36 ID:Be8epH6I
>>184 戦争は必要欠くべからざるもの。

国家が未熟ならね

>人が存在する限り未来永劫無くならない。

人が未熟な間は無くならない、が正解

>>190 俺が愛する「大日本」はそんなちゃちなものではない。

そうそう。もっと素っ頓狂なものだもん。ねー(笑顔

209 :右や左の名無し様:05/02/19 19:22:15 ID:???
>>208
お前が一番痛い

210 :右や左の名無し様:05/02/19 19:26:58 ID:???
         ________
         /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       (:::::::::::人ノヽノヽノヽノヽ人::::::::::::::::)
      (:::::::::::/           \:::::::::::::)
      (::::::::::/             \:::::::::::)
     (::::::::::/               ヽ::::::::)
     |:::::::/ ,,;;;;;;;;;;;;;;,     ,,;;;;;;;;;;;;;;,  |:::::::::|
     |:::::┏━━━━┓  ┏━━━━┓:::::|    ←典型的左翼
     |::=ロ   --・-- ┣━┫ --・--   ロ=::|
     /|:::/ヽ      /ノ  ヽ      / ヽ|ヽ
    .| |/  ` ̄ ̄ ̄´/    ` ̄ ̄ ̄´   | |
    ヽ|         (. o⌒o .)        .|ノ
      \       :::::::::::::U::::::::::::::     /
       |\    ::::--┬┬┬--::::   /|   
       |. \.     └┴┘    ./ .| < 5歳の頃, お父さんから
       \                 /   人に悪いことをしたら素直に謝れといわれました 
        \     ´ ̄ ̄ ̄`    ./
          \           /
     ___/|.\______/|\___
   /;;;;;;;;;;;;;;; \\         //;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\       //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\

211 :右や左の名無し様:05/02/19 21:49:02 ID:???
         ________
         /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       (:::::::::::人ノヽノヽノヽノヽ人::::::::::::::::)
      (:::::::::::/           \:::::::::::::)
      (::::::::::/             \:::::::::::)
     (::::::::::/               ヽ::::::::)
     |:::::::/ ,,;;;;;;;;;;;;;;,     ,,;;;;;;;;;;;;;;,  |:::::::::|
     |:::::┏━━━━┓  ┏━━━━┓:::::|    ←典型的右翼
     |::=ロ   --・-- ┣━┫ --・--   ロ=::|
     /|:::/ヽ      /ノ  ヽ      / ヽ|ヽ
    .| |/  ` ̄ ̄ ̄´/    ` ̄ ̄ ̄´   | |
    ヽ|         (. o⌒o .)        .|ノ
      \       :::::::::::::U::::::::::::::     /
       |\    ::::--┬┬┬--::::   /|   
       |. \.     └┴┘    ./ .| < 6歳の頃、仮想戦記で
       \                 /   格好良い日本軍の秘密兵器を見て育ちました
        \     ´ ̄ ̄ ̄`    ./
          \           /
     ___/|.\______/|\___
   /;;;;;;;;;;;;;;; \\         //;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\       //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\




212 :右や左の名無し様:05/02/19 22:15:58 ID:???
社民党、存亡の危機脱出には9条精神を核に綱領見直し
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1104785157/l50



↑護憲を叫ぶ連中のアホさがわかります


213 :右や左の名無し様:05/02/20 00:08:27 ID:3QJ61DAC
旧社会党は阪神大震災で住民を見殺しにした党です。平和を唱えていますが有事には無能で役にたちませんでした。無責任この上ない党です。だから社民党も日本で一番嫌いな党です。

214 :右や左の名無し様:05/02/20 00:21:03 ID:???
自衛隊が動いたとしてどの位が助かったんだろうねえ。

215 :右や左の名無し様:05/02/20 03:59:05 ID:7QdIs2dK
旧社会党はそんなひどいことをした党だったのか。でも、案時一生懸命めしくばってたの
社会党系の労働組合の人や赤旗くばりのあにさんや、自衛隊のおでんのたきだし(これうまかったで)
それと、お祭りの出店の怖そうなおっさんや兄さんが「さむいやろ、も少し我慢背や」ゆうて
お好み焼きやたこやき、年取った人からくばっとった。何も戦勝ったのは、役所や自民党の
ひと長靴よごれんようなとこばかりあるって、笑顔で手振ってかえたわ。
何しに気よった思ってはらたった。そしたら、強制的にボランティアゆうて、こっちも家心配なのに
しゃないから、いえなくなった人に毛布くばりさせられた。みな役所の命令や、命令させたの自民
の役人やったで。つぎは、募金や募金は善意でする門やろ。強制的に職場の社長命令で一人
5000円以上やった。あれ、被災した人のところにいったんかい。誰かの懐にはいったんとちがうんか。
わいも、屋根崩れたがそんなひどくなかったから、一銭ももらえんかったんやろか。
でも、ノーネクタイでなりふりかまわず、お見舞いくださった陛下には涙が出た。あんときの村山はんも
わろてなかったで。何も被害なかった役所のひとと金持ちの社長と自民の有力者はなんもせんで
命令ばかりで、あげくに「被災者をあまやかすな」とぬかしおった。日本はこんな国やったんかおもて
なさけなくなったわ。小泉班も新潟そのまんまであんときよりだれもなんもしてへんぜ。それとも
放送しないだけなんかい。



216 :右や左の名無し様:05/02/20 06:06:22 ID:aLamiDHW
         ________
         /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       (:::::::::::人ノヽノヽノヽノヽ人::::::::::::::::)
      (:::::::::::/           \:::::::::::::)
      (::::::::::/             \:::::::::::)
     (::::::::::/               ヽ::::::::)
     |:::::::/ ,,;;;;;;;;;;;;;;,     ,,;;;;;;;;;;;;;;,  |:::::::::|
     |:::::┏━━━━┓  ┏━━━━┓:::::|    ←典型的札幌市民運動家
     |::=ロ   --・-- ┣━┫ --・--   ロ=::|
     /|:::/ヽ      /ノ  ヽ      / ヽ|ヽ
    .| |/  ` ̄ ̄ ̄´/    ` ̄ ̄ ̄´   | |
    ヽ|         (. o⌒o .)        .|ノ
      \       :::::::::::::U::::::::::::::     /
       |\    ::::--┬┬┬--::::   /|   
       |. \.     └┴┘    ./ .| < 親が道新と社会新報を講読。
       \                 /   モスクワ大学が世界一流と教えられ
        \     ´ ̄ ̄ ̄`    ./     ロシア語をかじるが身につかず
          \           /      偏差値50でも一生楽できるように道教大
     ___/|.\______/|\___       にはいり、卒後北教組にはいる。
   /;;;;;;;;;;;;;;; \\         //;;;;;;;;;;;;;;;;;\
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\       //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\


217 :右や左の名無し様:05/02/20 11:15:46 ID:3QJ61DAC
社民党も赤旗も末端は悪くないんだよ。村山政権が一人でも多くの人間を救うことを優先すればよかった。まあ、参謀が悪かったんだね。

218 :右や左の名無し様:05/02/20 11:40:36 ID:3QJ61DAC
北朝鮮の拉致問題にも目をつぶり支援してきた偽善的平和主義の社会党。私は社会主義には反対しないが国民の命を軽く見る姿勢は納得できない。あと労働運動と平和運動を分離させたい。

219 :右や左の名無し様:05/02/20 11:43:32 ID:???
一応謝って反省してるケドね。
社民党

220 :右や左の名無し様:05/02/20 14:53:04 ID:3QJ61DAC
社民党は所属議員が、きれいごとばかり言ってる口だけ人間ばかり。彼らの言ってるとうりにしたら再びアメリカと戦争しなければならなくなる。

221 :右や左の名無し様:05/02/20 14:57:46 ID:3QJ61DAC
阪神大震災の時にはアメリカ軍だって支援を申し出たのに、自分たちのプライドを優先した。ああいった時には、なりふりかまわず救助しなければならないんじゃないの?



222 :右や左の名無し様:05/02/20 15:23:23 ID:cB00WZ7k
捨民よ!
それがお前の言う「平和主義」か!!!

223 :右や左の名無し様:05/02/20 16:12:10 ID:3QJ61DAC
社民は貧乏人の側に立っているが理想という旗印が大切なんだよ。社民党イコール平和では絶対ないと思う。しかし、自民党も油断していたら徴兵制で嫌も応もなく引っ張られ一部の人間の利益の為に命をかけなきゃならなくなる。

224 :右や左の名無し様:05/02/20 16:24:06 ID:ZZ+DhS8m
憲法改悪論を述べる人に理想は無いが、

憲法死守論をに述べる人達には大きな理想があるよね。

それは、イマジンの詞の中にある。

225 :右や左の名無し様:05/02/20 21:28:17 ID:vk+J2OzK
じゃよ、そん時閣僚だって、議席だって一番多かった自民党やその一味は何やったんだよ。
「被災民をあまやかせれるな」このひどい言葉をいっただけだ。あとは、いろんなとこから
募金するように命じた。あの金どこに消えた。やすぶしんのプレハブつくっただけじゃねえのか。
あげくに、ボランティア委員会をつくれときやがった。それより、寒さと飢えが深刻だって野に
あんとき、ほんとにたよりになったのは、日雇いで「働いてる人やそのすじのひとや自衛隊の人や
戦争に実際行ったことのある年配の人などだった。彼らは一度は生活の底辺を見てるから
じゃないのかい。坊ちゃん議員の自民党や金の亡者公明はくその役にもたたなかった。
あん時アメヲたのんだら、神戸周辺じゃ雨に頭あがらんどころかおもうままの振る舞いに
日本人はなんもいえんかったろうよ。雨がきたって、自衛隊以上のことはできなかったろうよ。

226 :最強の学生キムジョン:05/02/20 21:47:38 ID:2AR3i0wY
>>224米中朝の悪行を前にしてそんな理想を言っている場合ではない。

227 :右や左の名無し様:05/02/20 23:16:50 ID:3QJ61DAC
しかし、村山総理の決断は遅かったのは事実、確実に死者は増えた。

228 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :05/02/20 23:27:58 ID:2TNDdOus
村山富市ねー。今思い出してもムカツク名前やね。あのアフォ総理、一ヶ月後の
2月16日に被災地で市民が苦悶しているその時によりによって邦人同胞拉致を命じた
どっかの将軍さまのお誕生日ぱーちーに出席するためにキタを訪問していたつー
んやから、開いた口がふさがらんわ。この話を英会話スクールの個人レッスンのとき
にオーストラリア人講師にしてやったら、あきれ果てておったわいな。

229 :右や左の名無し様:05/02/20 23:39:13 ID:HQ79UUOU
つか、ヘーワ憲法を世界にアピールするんだって本気で思ってる奴、
脳みそに欠陥があるとしか考えられない。


230 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/21 00:39:36 ID:???
インチキ東京裁判みたいに絞首刑にしろとはいわないが、
村山なんて、しばらく座敷牢に入っていればいいよ


231 :右や左の名無し様:05/02/21 00:57:30 ID:CIdeKmqB
村山の謝罪外交、お金ばらまき外交のツケが
従軍慰安婦を発生させた。

日本にいちゃもんつけたら「金」になる、と学習させて
しまったのだ。
サヨクが国を危うくしている現実だ

232 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :05/02/21 01:05:11 ID:2La5EHCn
それに村山はその多くがシナや旧ソ連製である遺棄化学兵器の処理のために
二兆円を拠出するとシナに約束してしまった。そもそも日本製の化学兵器に
しても、当時は敗戦により旧日本軍は武装解除を受けたからその所有権はシナ
に移管しており、それを煮て食おうが焼いて食おうがシナ側の裁量権に含まれる
問題であって、日本の責任ではない。そのようなものに國民の血税を注ぎ込む
必要などさらさらないのにである。

233 :右や左の名無し様:05/02/21 14:25:58 ID:???
村山はただの傀儡。一存では何も決定できなかったでしょう。

234 :右や左の名無し様:05/02/21 18:54:27 ID:K2yP1CN9
世界政府ができるまで平和憲法なんて意味ないんじゃない?
どこか一国でも平和憲法をもたなかったら世界平和は実現しないわけだし・・・。
と現役工房が言ってみます。

あとスレ一通り読んだら、右翼と左翼の区別がつかなくなりました・・・orz


235 :国粋労働者評議会:05/02/21 19:17:42 ID:Lvkf7rv6
いまさら、村山がどうのいったってはじまらんのでは。
今、話題にすべき人いっぱいいるんじゃないのかい。

日本国民の国家観はつぎの三種の集団によって代表される。

1 ある集団では、国家を簡単に、民衆が或る政府の下に、多少自発的に集まったものと考えている。この集団が
 一番大きく、そのヒトビトは、国家の法律を非常に尊敬し、犬が主人を崇拝するごとく国家を崇拝し、法律それ自体が
 神聖であると考えている。これらの民衆の頭は、かくて目的と手段を混同して、国家当局は、平和と秩序の維持のみを
 重んずべきだと考える。

2 第二の集団は、前者よりもはるかに小さい。この集団のヒトビトは、国家の存在に対して少なくともいくつかの条件を
 つけるからである。彼らは、出来るならば、同じ行政方法と一定の公平を欲する。時には、単に行政方法の機械的な
 完成のためのみ、それを希望する。これらの民衆にとっては、国家の権威は、国家の唯一の目的ではなく、国家は
 その人民の安泰を重んじなければならぬとする。彼らは、「自由」の思想をたくみに利用する。この集団の主な代表者は
 通常のブルジョア階級である。彼らが国家について第一に考えることは、国家が彼らの経済的な必要を満たすか否か
 ということである。

3 第三の集団は最も小さい。これは国家を政治勢力に対する漠然たる憧れを実現させるための手段と考える。彼らは
  国家とはただ多数の民衆が同一の文化を有しているがゆえに結合せられたるものであると考えている。

236 :右や左の名無し様:05/02/21 19:41:11 ID:7dXMGIRW
ジョンレノンは一流の詩人だけど、政治家が詩人じゃ困る。

237 :国粋労働者評議会:05/02/21 20:04:29 ID:Lvkf7rv6
国家は文化を創造することは出来ない。国家は単に、文化を創造する民族に役立ち、それを保護しえるに過ぎない。
かくて、つねに高揚されつつある人類の成功は、いかなる国家にも依存せずして、文化を創造しえる民族の生存、並びに
その民族の開化的な生活に依存する。

強力な民族国家は、その国民の愛情を勝ち得ているので、国内の法律は僅かしか必要でない。
外国に対して弱く、国民を奴隷としている国家は、その国民を権力によって対外戦に従事せしめるだけである。
地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、最も神聖な犠牲は人間がその土
地のために流す血潮である。

  この、感動的名言(我々はそう捕らえる)は誰が言った言葉かおわかりですか。
  

238 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/02/21 20:11:48 ID:???
>>236
あんなの五流か六流だよ

239 :国粋労働者評議会:05/02/21 20:28:07 ID:Lvkf7rv6
我々いや私個人としては、ジョン・レノンは好きです。
彼を最も恐れたのは、当時のアメリカ当局・・・・
彼は一ファンに殺されたとされているが、違う。米国FBIによって暗殺されたのです。
彼の行動、国士とはいわないが、我々の模範とすべき点は多い。
先の名言は、ジョンの言葉ではない。
歴史上抹殺された、ともいえるある政治家のあまりにも美しい言葉である。

240 :右や左の名無し様:05/02/21 22:28:14 ID:???
>>238
少なくともアンタよりは多くの人に影響を与えてるよ。
残念

241 :右や左の名無し様:05/02/22 11:02:18 ID:gxGMzdC/
若しも、憲法9条が改正され、自衛隊を国防の為に必要な軍隊であると認め
た場合、「危険な場所へは派遣できない」「危険な場合には他国の軍隊に守
って貰う」などの馬鹿げた甘えは通用しなくなる。

少子高齢化社会になれば若者の数は減少する。国防軍を維持するためには、
戦前の国民皆兵の思想に基いて、徴兵制度が実施されることは必至である。

そして、国防軍の隊員となった者は、国家・国民を守るためには、命を賭し
てでも危険な場所へは真っ先に進んで派遣される覚悟が必要となる。更に日
本の若者のうち、健康な若者は全員が、徴兵制度の施行で否応なしに軍隊へ
入隊して厳しい訓練を受けることを覚悟しなくてはならない。

憲法9条改正に係る三つの選択肢については、下記URLの「提言1」に詳
述。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~matuoka/




242 :右や左の名無し様:05/02/22 18:25:22 ID:fYuBWSuR
集団的安保を認めないままでは、米軍と連携して中国や北朝鮮と戦うことが出来ません。
ノドンやテポドンを迎撃する米軍を日本軍が守ることも出来ません。
米軍が攻撃されても日本軍がアメリカを支援することが出来ないような日米安保では、
日本が攻撃されたとき米軍が有効な活動も出来なくなります。
各個撃破されては日米の連携も出来ず有効な防衛が出来ません。

さっさと邪魔な九条は廃止するべきです。

243 :日本正義行動:05/02/22 19:16:34 ID:Zei/df9G
>>242
ほうたいした自身だね、あなたはもちろんそうなったら
志願して、最前線で戦うんだろうね、ブッシュのノータリン
と甥済みの臆病のために。あんたは、最高におめでたい
靖国に祭られるよ。

244 :右や左の名無し様:05/02/22 20:16:27 ID:oalFw3u6
九条改正=武装蜂起

245 :右や左の名無し様:05/02/22 22:27:07 ID:???
>>242
アメリカ軍が攻撃されても知らん、自分の身も守れないダメリカ軍はほっとけ。

アメリカの手先に利用される安保の強化よりも、自国の兵を強化するほうが先でしょ。
それで憲法9条を改正するなら文句は言わないが、アメリカの手先になる為に自衛隊を売る気か?貴方はサヨ以上の売国奴ですね。

246 :日本正義行動:05/02/22 23:18:25 ID:???
第六章  国家安全保障に関する基本事項
 第二十六条 日本国及び日本国民はそれが有する尊厳と生命、財産等を脅かそうとする
       いかなる暴力、武力に対してそれらを排除する権利と義務を持つ。
 第二十七条 日本国及び日本国民の平和と安全を保障するため、第二十六条に基づいて
       陸・海・空の軍備を整備保持する。
 第二十八条 日本国軍は、日本領土保持及び日本国民の平和と安全を保障することにの
       み行動し、他国との紛争の解決の手段として、我が国が先制して他国に侵
       攻することはできない。
 第二十九条 日本国軍は非常時に際して、国家安全保障委員会又は国家再建最高会議の
       決定又は国家再建最高会議議長の特例権に基づき、国家再建最高会議議長
       の出動命令によって行動する。
 第三十条  国家の非常時には、自然災害及び人的災害も含まれる。
 第三十一条 日本国はいかなる理由においても、○○○・・・・・・・・・・・
 第三十二条 日本国は人道的に許されざる殺傷能力のある兵器(核兵器及化学兵器等)
       他国に存在している事実に鑑み、それに対応した防衛手段を研究、開発す
       ることを可能とする。
 第三十三条 日本国民は、非常時に際した場合、その安全保障を最大限に優先させなけ
       ればならない。
 第三十四条 20歳以上の心身共に健康な成年男子は、第二十六条に基づき、2カ年の
       兵役に服さなければならない。また、その間の報酬は保障される。



247 :右や左の名無し様:05/02/23 18:04:18 ID:FDam74C1
ロシアは北朝鮮を支援するだろうか?テロ支援国家の北朝鮮を支援すればチェチェンに核兵器がわたり…

248 :右や左の名無し様:05/02/24 23:15:09 ID:t82cjMn1
>>243
お前のように後ろからでも味方を平気で撃ち殺す恐れのある売国奴は、こうした書き込みからチェックしておくべきだね。
前線で俺より前に歩いているとしたら、逃げ出さないうちは撃ち殺したりしないから安心しろ。

249 :245:05/02/24 23:23:24 ID:???
>>248
敵襲だと叫んで、いっしょに始末する気でしょお。

250 :してない人民自由者:05/02/25 00:13:18 ID:Bm7NwWmd
>>248

逃げ出しても撃ち殺さないでくれ、たのむ。
でも、おれ兵隊に行きたくても徴兵されないだろう。
残念だ。


251 :右や左の名無し様:05/02/25 00:32:09 ID:3j2wyLWv
徴兵制には、はらない。少数精鋭化された特殊部隊が増えるだろう。その証拠に戦車や自衛官は削減の方向にある。過去、徴兵制を維持しなければならなかったのは、海外に獲得した広大な領土を防衛、増やすために消耗品のように兵隊が必要だった情勢が全然違う。

252 :右や左の名無し様:05/02/25 00:35:20 ID:3j2wyLWv
本土に敵が上陸してくるようになれば、無防備な民間人より自然、志願して兵隊になって戦うのが自然だろう。そこで徴兵制をしかなければ兵隊が集まらない国は消滅してもよい。

253 :右や左の名無し様:05/02/25 08:21:57 ID:3j2wyLWv
昔、軍靴の響きというかわぐちかいじのマンガがあったが

254 :右や左の名無し様:05/02/25 12:03:55 ID:iIHyTm8e
『軍靴の響き』角川文庫 http://item.easyseek.net/item/24628620/?i_no=24628620&c_no=200454
半村良
国防省設置、徴兵制復活…、日本は〈いつか来た道〉を一直線に驀進しはじめた。 [祥伝社文庫版カバー解説より]

255 :右や左の名無し様:05/03/01 00:33:17 ID:UBq55ILM
ヤマトとアルカディア号(くじら型)がありゃ半島と大陸なんか余裕だぜ
波動砲とパルス砲の威力は絶大だぜ!

256 :右や左の名無し様:05/03/01 16:42:46 ID:6D7Dj8Fc
マジンガーZで充分。アメリカ第7艦隊に匹敵するそうだ。しかし、社民党が光子力の平和以外の利用に反対しそう。

257 :右や左の名無し様:05/03/04 01:36:35 ID:pfrrNvsj
とにかく核武装すべし!プルサーマルより安全だよ。

258 :右や左の名無し様:05/03/04 10:57:53 ID:???
>>257
核実験を何処でやるのかね?
君の家でやると近所迷惑なのでやめてください。

259 :右や左の名無し様:05/03/04 15:11:32 ID:Yg9ZZlBQ
>>255-256
ドラえもんがいいな。

ホリエモン 萌えー。 ライブドアで、ニッポン放送でもフジテレビでも何処でもポケットに入れてしまう。

260 :英霊たちに真に安らかな永眠を、>649:05/03/04 16:18:45 ID:PE1dRuAW
英霊たちに侵略強盗殺人、侵略強盗殺人共犯の有罪判決を与えて贖罪させてやらない限り
彼らは安らかに永眠することなど永久に出来ない。
未決の犯罪者のまま何処にいかなる祀り方をしようが「英霊たちの死を冒涜する」ことにしかならない。
自分の土地で家族を殺されたアジアの怒りと祈りに応える唯一の道は
平成の今、
英霊たちに侵略強盗殺人の速やかな有罪判決を与えて永眠させてやること以外には無い。
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper37.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
「靖国の母っていうのは、息子を戦死させた母親でしょう。
その母親たちが戦争反対運動をしたのかと思ったら、してないんですね。
息子を殺されて、戦争反対を叫ばない母親たちがいたんですねェ。不気味な言葉ですね、靖国の母って」〔『無名人名語録』 永六輔1987〕
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/study411.htm
沖縄やアジアで「市民殺し」をした英霊たちが
遂に裁かれることがなかったのは可哀想だ。
人殺しの贖罪をすることなく死んで行った兵士たちは哀れだ。
どんな時代であろうと
人殺しは人殺しである、殺した兵士が一番よく知っている。
侵略強盗殺人犯罪を裁かれないまま宙空を彷徨う兵士たちの霊が安らかに永眠など出来るはずもない。
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/04/honda_y_sankou.htm
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/aum/
オウム帝国の兵士たちも裁かれている、
長く厄介な裁判だが


261 :右や左の名無し様:05/03/04 16:19:44 ID:???
9条があればこそ国家を騙る無頼の徒の集団を国家規模で武力排除抹殺できる。
平和を愛する諸国民という我が憲法前文に反する者達は
国家ではなく話合いなど不能なカルト集団でしかない。
例え話合えたにしても彼等の言分等寸毫も聞く必要がない。
彼等に対しては武力的に強制殲滅排除する以外の手立てはない。
平和を愛せない者達の集団は最早我国が国家と呼べる集団ではない。
このような集団を抹殺排除するためには軍事力は必須である。
またそのような者達や彼等のシンパをどのような種類と規模の
軍事力をもって攻撃し抹殺しようがそれは戦争とは呼ばない。
平和を愛せない者達をどのように扱おうと我々の自由である。
それは彼等自身の身からでた錆であり我々には何の責もない。
将来もし我国から軍事的攻撃を受ける国家が出現したならば
それは我国の憲法が規定する国際社会の一員としての
国家などではなく唯の無頼の徒の集団でしかない。

もし9条を改め国家間の紛争の解決手段として
戦争を認めることにすれば、無頼の徒の集団をも国家として
認めるということになってしまうだろう。
同時にそれは無頼の徒の集団と取引し彼等を抹殺しないと
約束してやることでもある。
9条があればこそ、無頼の徒の集団を平和を愛する国際社会の
一員としての国家と認める必要がなく手心を加えずに
如何なる抹殺手段に訴えることも可能であり、無頼の徒の集団を
この世から完全に抹殺し去ることができるのだ。

262 :ウヨが好きな人のための憲法案:05/03/05 02:45:00 ID:/4Jgpyqg
第一章 天皇
 第一条 大日本国は万世一系の天皇がこれを統治す。
 第二条 天皇は国家元首にして、立法、行政、司法のすべての権限を有する。
 第三条 天皇は陸・海・空の日本国軍を統帥する。
 第四条 天皇は神聖にして犯してはならない。
 第五条 天皇はその権限を行使するにあたって、それを補佐する総理大臣を日本国民の有識者より
       任命する。
 第六条 天皇は戦争、国家事変、自然災害等おいて統治国家の安泰が脅かされるときは、全国民に
       戒厳令を勅令し、全国民は総力戦に参加せしめる。
 第七条 天皇は国家統治にあたりその立案、計画、実施に関して協議する国家枢密院を設置する。
 第八条 国家枢密院の参加者は、天皇、総理大臣、陸・海・空の大臣、財務大臣、外務大臣、内務大臣その他
       関係する大臣であり、天皇が選抜する。
第二章 国家立法機関
 第十条 国家の最高の立法機関は天皇に属する。
 第十一条 国家統治に必要な法律の制定は、天皇が任命する日本国に貢献する企業経営者、学識者、軍の責任者、県知事
        その他各団体、の有力者によって組織された、国家立法議会が行う。
 第十ニ条 国民が直接選挙によって選挙された議員による議会は、県議会、市町村議会とし、その立候補者は
        国家立法議会の推薦を受けた者とし政治団体または政党をつくって立候補する場合は、国家枢密院の審査と
        許可が必要である。
 第十三条 国家立法議会が採択した法律は、天皇によって発布されその内容に意義をとなえることは、禁止される。
        つくって活動するときは、国家枢密院の許可を得なければならない。

263 :右や左の名無し様:05/03/05 03:34:35 ID:LNV5yysW
侵略強盗殺人罪で裁く?どこの法律で裁くのか?大陸で捕らえられた者は、人民解放軍に裁かれ処刑されたか、戦死したか、シベリアに送られたか。はたしておっしゃる英霊とは?

264 :右や左の名無し様:05/03/05 03:38:07 ID:LNV5yysW
それと平和を愛せない人たちとは?我々が平和を愛せない人たちなら、愛するひとたちは、与えられた平和を貪るのみで自ら維持していこうとしていない人たちとなる。

265 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/03/05 08:01:20 ID:???
>>264
> 自ら維持していこうとしていない人たちとなる。

いまの日本はどいつもこいつもこんな感じだ。
たとえば郷土の平和を守る自警団の人たちを、馬鹿たちは
「ヤクザ」だの「暴力団」だのと言って貶めようとする。



266 :右や左の名無し様:05/03/05 11:52:24 ID:LNV5yysW
あと英霊にさん(以下省略)は、英霊を誰が裁けるとおっしゃるのか?被害者自身が犯人をつきとめて復讐するしかないのでは?

267 :右や左の名無し様:05/03/05 12:02:38 ID:LNV5yysW
それに東京裁判で日本のみが裁かれている。こういう日本軍を貶める発言は自らを差別化して本当の責任から逃れようとしているように思われる。

268 :ウヨが好きな人のための憲法案:05/03/05 12:25:07 ID:/V8ppMbM
第三章 国家行政機関
 第十四条 国家の最高行政権は天皇に属する。
 第十五条 天皇は行政省庁を管理監督する大臣を任命し、その行政権を委任することができる。
        天皇が委任する行政大臣は、国家枢密院と審議し国家に貢献度の高い国民または年間5000万
        以上の納税者でなければならない。
 第十六条 行政の執行に関しては天皇に帰属する権限であるので、天皇不可侵の原理により、国民はそれに
        従順に従わなければならない。
 第十七条 行政執行が正しく行われているかどうかを、国家公安大臣は天皇の委任により逐次監督しなければならない。
 第十八条 みだりに菊の紋章を掲示したりまたはそれを表示し、かってに国家行政を批判したり過剰に賛美することは
        天皇の行政権をいちじるしく侵害する行為であるから、別に定める法律によって処罰される。

269 :右や左の名無し様:05/03/05 12:36:04 ID:LNV5yysW
私たちがやるべきことは、なぜ戦争をとめられなかったか?受け継がれた官僚制あやふやな責任の所在。法律複雑さおよびこれの拡大解釈。さらに東大を中心とした学閥などなど。

270 :右や左の名無し様:05/03/05 12:43:03 ID:Z3BlfwhL
>>269 今のサヨクのように無責任な、連中が無責任に戦場に送り込んだ
んだよその昔、負けたら後は知らん振り、サヨクそっくり。

271 :右や左の名無し様:05/03/05 12:43:46 ID:8fKGzoR6
とにかく
いまの憲法では、有事の際に、解釈の問題で必ず揉める。
有事の際は「揉めてる」場合じゃないのだから、あらかじめ
「整然と動ける」ためにも憲法の改正は必要だと思うが。


272 :右や左の名無し様:05/03/05 12:46:38 ID:Z3BlfwhL
>>271 九条は破棄、国軍を設立が正しい独立国家だと思います。

273 :右や左の名無し様:05/03/05 12:54:03 ID:???
>>265
本当に「ヤ」や「○暴」と呼ばれる人が郷土の平和を護る気があるとは思えない。街中で勢力拡大のため?に銃撃をするバカを、どう見れば自警団に見えるのかね。
町の平和を護るよりも、治安を乱す行動の方が多いじゃないか。

イマドキ自警団をやっているのは、殆ど主婦ですよ。自警団と主張するなら、通学路に立つ事から始めて欲しい。

274 :サヨ好きの人の憲法:05/03/05 13:34:43 ID:pNDluYGL
第一章  政治機構
 第一条 
  @ 日本人民共和国は社会主義国家である。
  A 日本人民共和国における権力は都市と農村の勤労人民に属する。
  B 日本人民共和国における権力は「天皇」を保護する。
 第二条
   勤労人民は、普通、平等、直接選挙権にもとづき、秘密投票により、日本人民共和国国会と国民地方評議会
   に選挙される自分の代表をとおして、国家権力を行使する。
 第三条
  @ 日本国家統一労働者党は社会主義建設における社会の指導的政治力である。
  A 日本国家統一労働者党とその他の政治勢力との協力は、国民統一戦線の基礎となる。
 第四条
   日本人民共和国における国家活動の基本的な目的は、民主的社会主義社会の全面的発展、国民および各市民
   の創造的な力の発展および市民の必要のよりよい充足である。
 第五条
   日本人民共和国は、
   @都市と農村の勤労人民の獲得した成果を防衛し、その権力と自由を発展させる。

275 :サヨ好きの人の憲法:05/03/05 13:37:20 ID:pNDluYGL
第三十三条 
   @ 宣戦についての決定は、日本人民共和国に対する軍事攻撃がおこなわれたとき、また条約にもとづき
     侵略に対する共同防衛の必要がうまれたときだけに、採択される。この決定は国会がおこない、国会の
     会議がひらかれないときは、国家評議会がおこなう。

   A 国家評議会は、国家の防衛・「天皇」の保護または安全保障のため必要と考えたとき、日本人民共和国の
     一部または全領域に戒厳を実施することができる。同じ理由で、国家評議会は、部分的または全般的動員
     を宣言することができる。



276 :サヨ好きの人の憲法:05/03/05 13:38:48 ID:pNDluYGL
第十章 日本人民共和国の領主、国歌、国旗、および首都
 
 第103条 日本人民共和国の領主は「天皇」であり、日本民族の有する国土、文化、伝統および繁栄を精神的に領有し
        保全する。これは日本国民の総意に基ずくものであり、日本人民たる国民は、「天皇」の継承をほごしなけれ
        ばならない。天皇の国事行為は別に定める。

 第104条 日本人民共和国国家は「君が代」である。「天皇」の安泰は日本人民の安泰を意味している。
 第105条 日本人民共和国の国旗は「日の丸」である。赤は日本人民の情熱と民主的社会主義国家の実現を意味し
        白は世界平和をあらわす。
 第106条 日本人民共和国の首都は、東京である。


277 :サヨ好きの人の憲法:05/03/05 13:48:32 ID:pNDluYGL
第三章 国家権力の最高諸機関

 第二十条   国家権力の最高機関は、日本人民共和国国会である。
 第二十一条  国会は都市と農村の勤労人民の意思の最高の表現者であり、国民の主権的な諸権利を行使する。
 第二十二条  国会は法律を採択し、国家活動の基本的方針を規定する宣言を採択し、また、他の国家権力機関と
          行政機関の活動にたいして監督を行う。
 第二十三条  国会は、460名の国会議員によって構成される。
 第二十四条  @ 国会は、その構成員の中から議長1名、副議長若干名および委員会を選挙する。
   ・
   ・
   ・
 第二十九条  @ 国会はその最初の会議で、次のものから構成される国家評議会を議員の中から選挙する。
             
             国家評議会議長 1名
             副議長       4名
             国家評議会書記 1名
             評議会員     11名

           A 国会議長と副議長は、国家評議会の副議長または評議会員に選挙されることができる。
           B 国会の任期がおわったとき、国家評議会は、あらたに選挙された国会が国家評議会を選挙するまで、
             ひきつづきその職務を行う。

 第三十条    @ 国会に法律案を提出する権利は、国家評議会、政府および議員に属する。
           A 国会によって採択された法律には、国家評議会の議長と書記が署名し、法律の発布は、国家評議会
             議長によって行われる。



278 :右や左の名無し様:05/03/05 14:01:54 ID:LNV5yysW
サヨク好きさんの憲法は、統一労働党なる党を優遇し過ぎていますねえ。あと権力の所在を農村や労働者に限定してるところが気になります。

279 :右や左の名無し様:05/03/05 14:09:19 ID:LNV5yysW
大規模な店舗を規制し。労働者の権利や利益を保護し農業の一部保護。利益至上主義の否定など。


280 :サヨ好きの人の憲法:05/03/05 15:27:00 ID:pNDluYGL
ご意見ありがとうございます。
これは、ほんの一部ですので、国民の権利・義務、私有財産権、大資本の国家統制など
たくさんあります。暇人のお遊びと思ってください。ウヨ好きの方むけの憲法はどうでしょうか。

第四章  最高行政諸機関
  第三十七条 国会は、日本人民共和国政府すなわち国家運営閣僚会議またはその個々の構成員を任命および解任
          する。
  第三十八  国会の会期と会期のあいだ、国家評議会は、国家運営閣僚会議議長の提案により、国家運営閣僚会議
          の構成員と任命および解任をする。国家評議会はすぐそのあとの国会の会議に、この決定を提出し承認を
          求めなければならない。
  第三十九条 @国家運営閣僚会議は、国家権力の最高の執行および管理機関である。
          A閣僚会議は国会に対して、国会の開かれていないあいだは国家評議会にたいして責任をおい、その活動
           について報告する。
  第四十条  @閣僚会議はつぎのものによって構成される。
           その首相である閣僚会議議長
           最高監察院長
           法律にさだめられた、最高行政機関の職務を管理監督する委員会委員若干名とその委員長
          A首相(閣僚会議議長)および各委員会委員長は政府中央執行委員会を構成する。
  第四十一条 @首相は、閣僚会議および中央執行委員会の活動を指導する。
          A首相は、法律にもとづき、その執行のため、命令および決定を採択する。その決定および採択は
           国家評議会の承認を得て、効力を持つ。
  第四十ニ条 国家評議会構成員は閣僚会議構成員になることはできない。


281 :右や左の名無し様:05/03/05 15:42:36 ID:LNV5yysW
悲惨な負け戦を招いた軍や政府のトップを攻撃するならともかく、国家のために戦った兵士を侮辱できる日本人は今の日本には降りません。

282 :右や左の名無し様:05/03/07 14:14:04 ID:???
>>271
法は常に解釈を伴う。
どのように改正しようと解釈不要にはならない。
例えば有事の時というのはどのような状態を指すのか。
どのように規定しようと解釈不要な境界は定められない。
解釈不要なガチガチの規定が作れたとしたら
それは、ものの役には立たないものになる。
解釈不要に出来ないのだから、誰に解釈の権限を与えるかと
解釈を誤った場合の責任の取らせ方をどう規定するかが重要なのだ。

283 :右や左の名無し様:05/03/07 17:21:00 ID:cVaYF7uV
日本の場合誰が責任をとるのかはっきりしない。人の下について好き勝手やって責任をとろうとしない。辻政のような軍官僚や無責任な知事や議員、役人ども。北のミサイルがピンポイントでこいつらを葬ってくれればええのに。


284 :右や左の名無し様:05/03/07 17:31:20 ID:XtktPMgF
>日本の場合誰が責任をとるのかはっきりしない。
それが嫌だから世界破滅願望か。時代は中世に逆戻りしたようだ。

285 :右や左の名無し様:05/03/07 18:01:47 ID:yv3nzsHO
くだらん解釈をするバカをはびこらせないためにも、憲法九条は止めるべきだ。
軍隊と軍事力の保有と防衛のための戦闘を明記すべきだ。
集団的安保を有効にさせるための憲法改正をするべきだ。
国際貢献や地域の安定のための武力行使や軍隊派遣を堂々と出来るようにしておくべきだ。

自衛隊を護る豪州の軍隊が攻撃されたときに、自衛隊が豪州の軍隊を助けるために闘えないなどあってはならないことだ。

286 :軍隊と軍事力の保有と防衛のための戦闘を明記すべきだ:05/03/07 18:06:35 ID:???
自衛隊退院の多くは妻子があり、ちゃんとした家庭をもっている。
核のごとき立派な退院をうしなうをは絶えられない。
2chのバカ作用よ引き子守りを捨て威信としてイラクにおくるべし
たとえ新でも 国の損失にならない!!!


287 :右や左の名無し様:05/03/07 18:11:03 ID:cVaYF7uV
世界破滅願望?違うね!害虫を害虫に駆除しろと言っただけ。

288 :右や左の名無し様:05/03/07 18:13:20 ID:???
>>285
自衛隊は、自分の身を護れるようにするのは、良いと思う。
現在、独立国家は自国を護る為に、自国の兵を持たざるを得ない。

しかし、イラクで豪州軍を助ける事ができるようにするために憲法を変えると、日本お得意の拡大解釈でアメリカのつついた蜂の巣を日本が始末しなくてはならなくなる。
これ、改憲反対論者の言い分。
アメリカの属国化している日本の場合、集団的自衛権はアメリカの尻拭いの為の方便にしかならない。

289 :右や左の名無し様:05/03/07 19:39:43 ID:cVaYF7uV
本当に守るべきものを知っていたなら満州の居留民を見殺しには出来なかった筈だ。一人でも多くの民間人を逃がすため関東軍はあのときこそ玉砕すべきだった。

290 :右や左の名無し様:05/03/07 19:43:21 ID:cVaYF7uV
自衛隊は旧軍を否定するところからスタートしたが守るべきものを最後まで見失わないで欲しいものだ。

291 :国粋労働者評議会:05/03/07 21:49:48 ID:Ibj4Bhgf
国家は文化を創造することは出来ない。国家は単に、文化を創造する民族に役立ち、それを保護しえるに過ぎない。
かくて、つねに高揚されつつある人類の成功は、いかなる国家にも依存せずして、文化を創造しえる民族の生存、並びに
その民族の開化的な生活に依存する。

強力な民族国家は、その国民の愛情を勝ち得ているので、国内の法律は僅かしか必要でない。
外国に対して弱く、国民を奴隷としている国家は、その国民を権力によって対外戦に従事せしめるだけである。
地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、最も神聖な犠牲は人間がその土
地のために流す血潮である。

  この、感動的名言(我々はそう捕らえる)は誰が言った言葉かおわかりですか。
  

この感動的で、美しい言葉はあの、アドルフ・ヒトラーの言葉である。
彼は若いころ芸術家をめざした。しかし、ユダによってその夢は
敗れたのである。いま、そのユダの暴力がイスラムの秩序と文化を
壊滅しようとしている。日の出る国の将軍様よ目を覚ませ。

自衛隊は国際貢献を語る前に、自国の防衛についてのコンセンサスを得るべきだ。我々国民自身も国防について
真剣に考えるときではないか。安保に依存してもわが国には何のメリットもない。天皇に再び軍服を着せるような
ことがあってはならない。

292 :人殺しは人殺しである:05/03/07 21:58:11 ID:1FwCkSkb
沖縄やアジアで「市民殺し」をした英霊たちが
遂に裁かれることがなかったのは可哀想だ。
人殺しの贖罪をすることなく死んで行った兵士たちは哀れだ。
どんな時代であろうと
人殺しは人殺しである、殺した兵士が一番よく知っている。
家族を虐殺された被害者の悲しみの深さに底はない。
侵略強盗殺人犯罪を裁かれないまま宙空を彷徨う兵士たちの霊が安らかに永眠など出来るはずもない
http://home.kanto-gakuin.ac.jp/~hirofumi/study411.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
英霊たちに侵略強盗殺人、侵略強盗殺人共犯の有罪判決を与えて贖罪させてやらない限り
彼らは安らかに永眠することなど永久に出来ない。
自分の土地で家族を殺された被害者の怒りと祈りに応える唯一の道は
平成の今、
英霊たちに侵略強盗殺人の速やかな有罪判決を与えて永眠させてやること以外には無い。
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/04/honda_y_sankou.htm
「靖国の母っていうのは、息子を戦死させた母親でしょう。
その母親たちが戦争反対運動をしたのかと思ったら、してないんですね。
息子を殺されて、戦争反対を叫ばない母親たちがいたんですねェ。不気味な言葉ですね、靖国の母って」
〔『無名人名語録』 永六輔1987〕
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper37.htm


293 :国粋労働者評議会:05/03/07 22:08:47 ID:Ibj4Bhgf
第三十三条 
   @ 宣戦についての決定は、日本人民共和国に対する軍事攻撃がおこなわれたとき、また条約にもとづき
     侵略に対する共同防衛の必要がうまれたときだけに、採択される。この決定は国会がおこない、国会の
     会議がひらかれないときは、国家評議会がおこなう。

   A 国家評議会は、国家の防衛・「天皇」の保護または安全保障のため必要と考えたとき、日本人民共和国の
     一部または全領域に戒厳を実施することができる。同じ理由で、国家評議会は、部分的または全般的動員
     を宣言することができる。
  
   B 国家評議会による戒厳令と動員令が発布されたときは、20歳以上のにほん国民はその支持にしたがって
     行動しその国土防衛を最大限優先しなければならない。


第六章 国民の義務

   第七十三条 日本の国土の安全と平和を維持することは、国民の権利でありまた崇高な義務である。よって
           満20歳以上の心身ともに健康な男子は3年間の兵役に服する義務を負う。   


294 :右や左の名無し様:05/03/07 22:43:36 ID:yv3nzsHO
>>289
愚か者。軍隊は戦闘能力を維持することは優先する。
満州の民間の邦人が全滅しても本土防衛の為になるなら見捨てるべきだ。
戦闘活動の邪魔にしかならない民間人保護などしていては戦闘能力が低下する。


295 :右や左の名無し様:05/03/07 22:51:05 ID:???
>>294
軍隊の最大の矛盾を書いて欲しくなかった・・・・・・

296 :国家協賛党:05/03/07 23:03:29 ID:Ibj4Bhgf
外国に対して弱く、国民を奴隷としている国家は、その国民を権力によって対外戦に従事せしめるだけである。
地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、最も神聖な犠牲は人間がその土
地のために流す血潮である。ーーー アドルフ・ヒトラー 


今の日本にそのまま当てはまる言葉ではないだろうか。

297 :右や左の名無し様:05/03/08 02:16:59 ID:???
>地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、
>最も神聖な犠牲は人間がその土地のために流す血潮である。

成田空港反対闘争をした左翼が泣いて喜びそうな言葉ですね

298 :右や左の名無し様:05/03/08 05:37:38 ID:???
>>297

右翼は喜ばないのですか。????


299 :右や左の名無し様:05/03/08 10:53:19 ID:DIuxAyHw
竹島にいる韓国人もそう信じているのだろう。

300 :右や左の名無し様:05/03/08 13:38:00 ID:???
>>294
>戦闘活動の邪魔にしかならない民間人保護などしていては戦闘能力が低下する。
今時の戦争ではその民間人によって軍は存在させらているのだ。
兵も糧食も武器も軍の全てが民間から供給されている。
民間人こそが軍の根であり土台なのだ。
だから軍も民も無差別に攻撃の対象となるのだ。

301 :294:05/03/08 17:31:17 ID:DIuxAyHw
>>300
満州で邦人を保護しなかった事への批判に答えたものだ。
進攻するソビエト軍に抵抗するためには、組織的軍隊としての体制を整え、全滅しない状態で抵抗戦力を維持すべきだ。

当時の満州にいた邦人は軍の土台である武器食料を供給する能力など無く、消耗させるだけだった。
戦闘能力を奪うだけで、戦力に貢献しない邦人に係わるなど軍隊としての使命を優先するなら見捨てることが正しい。

戦場では回復して戦闘に復帰できる軽傷の負傷者を優先して治療する、重傷者は後回しにするのだ。
軍隊は戦闘能力を最大に発揮させることが最優先に求められるのだ。
戦って勝利してからはじめて人道的救済が出来るという組織なのだ。

302 :関東軍参謀:05/03/08 17:46:38 ID:???
>>301
貴下の意見に全幅の賛成を陳開します。
軍の士気をたかめるため、軍将兵の家族、関係者を絶対優先して内地に非難させる。
つぎに位のたかい将兵から撤兵させる。

満州関東軍はみごとにこれを果たしたのであり、賞賛されこそすれ
非難去るべきいわれはない!
絶対ない!



303 :右や左の名無し様:05/03/08 18:01:41 ID:McoLPk5h
結局戦略性が欠如していたんだよ。情報も乏しく本土防衛なんて勝算がなければ無意味だよ。民間人を捨てて逃げる。この行動は今までの大義を全て否定、嘘にしてさまったんだよ。

304 :右や左の名無し様:05/03/08 18:06:46 ID:McoLPk5h
そんなことなら自国民をまもるため、細菌兵器の雨をソビエト軍の上に躊躇なく降らすべきだったんだ。これは現在の核武装支持と一貫していると思う。

305 :右や左の名無し様:05/03/08 18:50:55 ID:McoLPk5h
満州の広大な大地は日本人の胃袋を満たし、国は率先して、そこに国民を送り出したんで、最後まで守るべき義務があった。有終の美を飾る機会を失って、陰惨な記憶と爪痕を残した。日本人の戦争や軍に対する嫌悪感を植え付けたことを考えると万死に値す。

306 :右や左の名無し様:05/03/08 19:33:47 ID:DIuxAyHw
政治的失敗と同じ視点で軍隊としての合理的行動を論じるから間違った結論になる。

軍隊に邦人救済保護を最優先で行えと言う命令が何処からもなかった。
これは行政府の責任であり、それを軍隊に命令するべきだった。

軍隊は軍隊だけの目的のために行動したのでありそれは現場の軍隊の責任ではない。
命令もされていないことを軍隊が独断で活動することは禁止されているのだろう。



307 :右や左の名無し様:05/03/08 19:39:57 ID:DIuxAyHw
圧倒的なソビエト軍に最後まで絶望的な抵抗を続け、友軍や邦人の脱出の犠牲になった部隊もあった。
勇敢な日本兵の犠牲によって救われた多くの命があったことを無視することは彼らへの冒涜だ。

308 :右や左の名無し様:05/03/09 17:07:58 ID:MZm0WJLE
そのとうり、犠牲になって伝説となった軍神。我先にと逃げて生き恥をさらした軍人。民間人を守れと誰も命令しなかった。まさにそれが最大の失敗であり。帝国陸軍末期の本質。

309 :右や左の名無し様:05/03/09 17:14:20 ID:MZm0WJLE
あのとき満州で関東軍が組織的に盾となり民間人を一人でも多く救ってあたら、たとえ国家は敗れても、崇高なる伝説は千年の長きにわたり語り継がれ、戦後の日本人も違ったものになっていただろう。

310 :右や左の名無し様:05/03/09 19:20:25 ID:MZm0WJLE
軍隊の定義は正しいと思うが、無様でしょう。

311 :右や左の名無し様:05/03/09 23:12:08 ID:GilEm+Um
政権も軍隊も混乱していた。
当時の状況が今の基準から見ればいろいろと問題があることは判るが、
正しい指示や決断を出せる政府指導者や軍隊の幹部がすでに枯渇していたのだ。
責任感のある優秀な人物ほど犠牲となって戦死したり危険な任地へ出ていってしまった。

卑怯者や無責任な輩だけが生き残った政府や軍隊では、適切な邦人保護や抵抗作戦など出来るわけがない。
すでに国家が疲弊していたのだ、関東軍だけが悪いのではない軍隊だけの責任ではない。

312 :右や左の名無し様:05/03/09 23:35:53 ID:KCXC9v0L
日の丸焼尽】朝鮮人歌手CM採用【2208ブルボン】
1 :エラ通信:05/03/03 16:21:30 ID:UEuSrE59
シウォン様 日本CMデビュー ブルボン新商品

 NHKで放送中の韓国ドラマ「美しき日々」などで人気の韓国スター、
リュ・シウォン(32)が、ブルボンの新商品「素材こだわりシリーズ」で
日本CMデビューすることが27日、分かった。

 「両班(ヤンバン)」と言われる名家の生まれで、高貴な顔立ちから
“永遠のプリンス”の称号を持つリュ。昨年12月発売の日本での
デビューアルバム「約束」が約10万枚を売り上げ、ファンクラブ会員が
3万人にも膨らんだ実績を買われてCMデビューが決まった。
(略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050228-00000006-sph-ent

★ <音楽>日本の歴史歪曲"抗議"に歌手達も立ち上がる

 人気歌手達がミュージックビデオを通じて最近問題になっている
日本の歴史教科書問題に抗議し、注目されている。
 最近、人気作曲家兼歌手のジョ・ギュマンとイ・ギョンソプ、そして
客員シンガーとして参加したジョ・ソンモ、キム・ミンジョン、
リュ・シウォンなどが新曲「ジョイプロジェクト−1年間の愛」のミュー
ジックビデオに日本の国旗を燃やす場面を入れた。
 また、新鋭バラード歌手のキム・ソンジプも自身のヒット曲「期約」の
ミュージックビデオに日の丸を焼く場面を追加した。

http://216.239.63.104/search?q=cache:m666GZjsCesJ:www.koreanavi.com


313 :右や左の名無し様:05/03/10 00:04:17 ID:pD/fdOo0
右も左も、憲法イコール即九条か?
まず1条から手をつけるべきだろう
中途半端な象徴天皇制をやめ日本の国体を顕らかにする
日本国は日本王国とし、天皇陛下はヨーロッパ諸国と同様
日本国王であって日本王国の君主であることを世界に示すべきだ

314 :右や左の名無し様:05/03/10 02:59:50 ID:ehAMNR5B
やっぱり軍官僚なんだよね。ある種の特権階級でエリート、前線に赴かず兵士を消耗品として扱い指揮をとり続けた。思えば二百三高地で無策な突撃を繰り返したのも官僚だった。

315 : :05/03/10 03:09:55 ID:G4JZwzdp
>>309
それは戦史を知らないだけ。
関東軍はよく持ちこたえたほうだぞ。ソ連の機械化師団に対して。
なにせ3人に1つしか小銃が与えられなかった位だからな。
重火器は本土に移送されて、あとは肉弾攻撃で防ぐだけだった。

316 :Fack_Boy:05/03/10 04:46:11 ID:xeg8Euck
憲法9条は破棄すべきではないと小生は思う。
大体、戦争は認められた外交手段であっても、非常に面倒でつくかれる行為だし、
経済は疲弊するし、有能な人材が軍に偏りすぎてそのうち産業だって立ち行かなくなる

317 :右や左の名無し様:05/03/10 06:36:31 ID:???
>>316
それを産業構造として循環的にシステム化したのがアメリカの軍産複合体だよね。
アメリカが時折折りに戦争したがる理由でもあるけど、健全なシステムじゃないよね。

318 :右や左の名無し様:05/03/10 07:41:14 ID:???
もし朝鮮半島全土をロシア軍が制覇していたら
彼らは親日になっていたのかもしれないね

319 :右や左の名無し様:05/03/10 09:14:28 ID:vBjXvm4E
>>316
戦争は怠慢と油断が原因で起こる。
敵対する国が強力なら戦争しようとするバカは少ない。隙を見せないようにするべきだ。
戦争を防ぐために自衛の軍隊や装備が必要だ。

それらの準備を有効に機能させるためにも憲法は改正させるべきだ。

320 :右や左の名無し様:05/03/10 09:30:39 ID:95QMFyNu
9条の戦争放棄の考え方は必要だよ。自衛力の保持を加える程度で
いいんじゃない?

321 :右や左の名無し様:05/03/10 10:21:30 ID:vBjXvm4E
戦争放棄?
一方的に放棄しても無意味だ。
国家というものがある以上は戦争は無くならない。
戦争に備えることが国家という組織の一番の目的だ。
戦争がなければ町内会組織だけで世の中は充分幸せだ。

322 :右や左の名無し様:05/03/10 11:14:12 ID:???
>>321
国家の目的は、相互扶助。
古代の国家は、農業の指揮、不作の土地からの攻撃に備える為の存在で十分であった。
現在の国家は、それ以上に福祉や防災などを行う機関となっている。
戦争に備える事は、国家の一番の目的ではない。

323 :ふざけた奴:05/03/10 11:22:05 ID:XSMHBQ5P
>>322 13億人もいて、異常気象で凶作を起こしただけでも、餓死者を
出しそうな発展途上国が隣に有る以上、古代の国家のように、攻撃に備える事も
必要だと思うな。

324 :右や左の名無し様:05/03/10 11:37:49 ID:???
>>322
それは当然だ。
書き忘れていたが、凶作の時に豊作の土地を襲うのも古代の軍隊の仕事だね。

325 :ふざけた奴:05/03/10 11:55:46 ID:XSMHBQ5P
日本は自らもう戦争は出来ないと思っています、なんでかと言うと
人件費が高すぎるから、戦争で兵隊さんが、死んだりしたら莫大にお金を払うのは、
国と国民です、食料や燃料の為に、戦争をするより、買って来たほうが安いからです、
ただ侵略を受けると困るので、九条は破棄して、侵略を排除出来る軍隊は整備し貰いたいです。

326 :ふざけた奴:05/03/10 11:56:34 ID:XSMHBQ5P
御免>>324さんね。

327 :右や左の名無し様:05/03/10 15:37:24 ID:95QMFyNu
戦争放棄は現実的でないという人いるけど先制攻撃しない国と
世界に分かってもらえば日本を奇襲することは世界中を敵に回しかねん
リスクを負うんじゃないの?

まあアメリカほどの政治経済軍事力でトップなら先制攻撃しても
周りの国はそのうち関係修復を図ろうとするけどね…

328 :右や左の名無し様:05/03/10 15:39:10 ID:???
>>325
>買って来たほうが安いからです、
金のなる木が生えている訳じゃなし。
幾ら金を払っても売ってくれるとは限らない。
カネが無い、モノが無い、無ければ人から盗る。
かくして無謀な侵略が起こる。
自らは侵略しない、喰わねど高楊枝と言うだけで
他国にもそれを得心させ、自国への侵略を翻意させられるような
徳の高い国家は存在しない。
餓て飯をクレろと息も絶え絶えに泣く我が子を見れば
人を殺してでも食い物を手に入れよと人は喚きたてる。
話し合い応じず我国を侵略し或いは侵略を企てるような
国家は憲法にいう国家では無く憲法とは無関係であり
9条を考慮する必要がない。
このような相手は9条を破棄しなくても応戦であれ、先制であり
自由に攻撃し一子残らず殲滅すれば良いだけのこと。
9条の有無とは何の関係もないことだ。

>人件費が高すぎる
人件費を安く済ませるために使い捨ての傭兵でも採用するか?
自分を守りたければ自らの手で守れ、人件費などというは愚の骨頂。
自分の手は汚さず誰かに守って貰おうなどと言う甘い考えは捨てよ。
自らの手で銃を取り白刃を振るって相手を殺す以外に途は無いのだよ。

329 :右や左の名無し様:05/03/10 15:45:22 ID:???
そんな簡単にいくわけがない。
ブサヨは現実世界と向き合ったほうがいいよ。

330 :ふざけた奴:05/03/10 15:55:24 ID:XSMHBQ5P
>>328 何が言いたいのか、良く分からん、漏れには自分と言う金の成る木が有る、
我が子を飢えさせるつもりは無い、自分や家族は自分で守る、当然の事だ、
しかし戦争が起こるとすれば、何年か後だろう、戦争に行くのは我が子だ、
そんな国にはさせない。

331 :右や左の名無し様:05/03/10 16:03:05 ID:???
>>328
          ヽYvV/
      ,; ⌒ヽ、ノ  `ヽ、,,r'⌒ヽ
     ( (  )   ノ' 'ヽ (  ) ) ホジホジ
      ミ / ,-=・-、 -=・-、ミ'´
    ,;彡   .,,..rー''´(Ciと'⌒^^ヽ、
    彡   /        .).ヽ   ヽ        (ププ
    彡  人     ,ノ⌒) ト、   ヾ
    彡彡 ヽ     ヽニソ ノ`、   `ゞ
    /彡ミミ彡``ヽ  ー/シミシ シ    ゙ヽ,
  /     ヽ 、 ` ー- イノ ` 、 ミ     `ミ
 /          ` ヽ-ィ    ヽシ     ミ
..|  _ヽ ノ         ヽ    ヽ    彡
.| /,ィ'"⌒`'-;,._       `    )  ,,;シ'´
..|        ``'-;,._ FIGHTERS  i^'"
 ミ、           \| <(Ω)>||  |
 ̄`゙ミ、_,,,,,,;;彡ヽ,,,   ヽ YY_ノ  ノ
           `、ソノノ;, )    /


332 :ふざけた奴:05/03/10 16:11:00 ID:XSMHBQ5P
>>328 要するに金が無いのか?遊んでねーで働けよ。

333 :右や左の名無し様:05/03/10 17:52:56 ID:???
>>330
金のなる木ネェ。
金のなる木も養分吸い上げられられなければ花も実も着かないだろう。
水が乾けば枯れるだけ。
いくら餓えさせない ツ・モ・リ と言ったところで
絶対量が不足すれば餓えざるを得ない。
何せ食料自給率40%、化石エネルギ自給率ほぼ100%だからね。
食料自給率もエネルギーが止まれば、何%を維持できるものか。
絶対量が不足すれば金の価値など見る間に下落する。
アンタが自作農で食い扶持を賄って余りあると言うなら餓えずに済むだろうが。
自分であれ孫子であれ、戦うのが嫌なら尻に帆掛けてこの地から逃げ出すしかなかろう。

334 :Fack_Boy:05/03/10 22:13:18 ID:4f0rWF4u
>>317
そういわれるとぐうの音もでません。
>>319
 「べつだん軍隊は持つべきではない」と言う考えはないが、自衛のための軍隊を持つのは小生は一向に反対しないし、
小生としては逆に、「北朝鮮の土地は、日本の国土であり、そこに存在する反政府武装組織(北朝鮮軍)と、その指導者(北朝鮮政府)に侵略されたので
そこの土地取り返す、専守防衛のための戦争だ」といって中国の人民解放を叫んだやり方でやるのも一つのやり方だと思うが、
正直このやり方は言ってる小生は自身嫌いである。
何はともあれ難しい問題である。


335 :右や左の名無し様:05/03/12 00:16:52 ID:BNvPGO3f
金で北を崩壊させる策。銃数十万を北朝鮮の貧しい民にただでくれてやる。その銃は必然的にジョンイル一派の食料財産を奪うためにつかわれる。

336 :右や左の名無し様:05/03/12 11:28:03 ID:zH7c/G4/
軍隊は必要ない。

いまや、国家という枠組みは随所で形骸化している。
国家単位で、国民の大多数の利益が一致するということが、極めて限られている。

例えば、米国産牛肉についても、国内畜産業者は禁輸を歓迎しているだろうし、
外食産業は否定的だろう。
もっと極端な例をひけば、あの北朝鮮でさえ、本音では拉致問題より経済援助を優先しようといういう層がいる。
もちろん、援助に便乗して利益をあげようという連中だが…

企業も、多国籍化している。

ヨーロッパでは、すでに、小塚の枠組みを越えてEUが機能している。

さらに、国家単位での攻防が、意味がないことは、イラクやパレスチナをみれば明白だ。

国家単位の攻防を前提とした軍隊は意味がない。
軍隊は必要なし、その意味で、九条はその現状に適合している。

337 :かまって!<`∀´三ヽ`∀´> かまって!:05/03/12 11:35:20 ID:???
かまって!<`∀´三ヽ`∀´> かまって!

338 :右や左の名無し様:05/03/12 11:40:45 ID:sfJmjO4u
左翼は国家が大事だと思わんのか?

339 :右や左の名無し様:05/03/12 11:51:07 ID:GZQl5Hac
ウヨクが考える「国家」は大事だとは思わない

340 :右や左の名無し様:05/03/12 12:14:36 ID:unRAYmvk
>>338
国家が大事か、大事でないかではなく、すでに形骸化が始まっている、ということだろう。

341 :ふざけた奴:05/03/12 12:25:39 ID:yCK5HTc1
>>340 貧富の差が埋まらない限り、統一は障害が有る、日本は頑張っても、韓国、中華民国と位しか、共存出来ない、大東亜共栄圏の復活ですか?右翼の方ですか?

342 :右や左の名無し様:05/03/12 12:40:34 ID:oZPRzh6H
いやいや、国家に限らず統一そのものが困難な状況と申し上げている。
富裕層同士が、国家の境界を越えて連合することもあろうし、逆に、理論上は貧窮層が手を組むこともあろう。
現実に、イスラム原理主義者が国家を超えて連合している。

国家という概念がすでに過去のものとなりつつある。
したがって、国軍と言うものも意味をなさなくなりつつある。

それを予想したわけでもあるまいが、九条はその意味で捨てるにはおしい(笑

で、漏れはウヨでもサヨでもない、ただの現実主義者。

343 :右や左の名無し様:05/03/13 09:02:03 ID:QmnJtEha
戦争は、どちらか一方が放棄すると言って放棄できるものではない。

344 :右や左の名無し様:05/03/13 12:07:35 ID:QmnJtEha
しかし!黄色人種、アジア大連合を阻もうとする西洋人の分断工作に乗ってはならない!黄色い猿は黄色い猿同士殺し合え!ベトナム戦争に赴く米兵が言った言葉だ。

345 :右や左の名無し様:05/03/13 12:16:21 ID:8eFjdmQw
仲良くしようと思っても裏切るからな、ちっぽけな島国の奴等の
話なんて耳も貸さない、EUに付け込まれて軍備増強する国はいるし、
戦争大好きアメリカは高みの見物、南の人達とでも仲良くするかな。

346 :右や左の名無し様:05/03/13 12:23:08 ID:iLwIgi7p
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番まともではないだろうか?
日本が右傾化しないように社説で繰り返し述べている。
はき違えた愛国心を煽るようなマスコミを信じてはいけない。
売れさえすればいいという軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で懲りたであろう。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが朝日新聞である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?




347 :右や左の名無し様:05/03/13 12:29:29 ID:Z9QKJf13
馬鹿じゃねーの?産経バイバイ、売国アカヒがまともな訳ねーだろ!
アカヒの新聞勧誘員だなお前、ガキ拉致んなよ。

348 :右や左の名無し様:05/03/13 12:42:08 ID:???
>>347
立て読みにマジレスするなよ

349 :右や左の名無し様:05/03/13 12:47:10 ID:Z9QKJf13
ごめん、釣られちゃった、昨日からウザくてさ。

350 :右や左の名無し様:05/03/13 15:56:43 ID:8U1ITiGS
何でみんなそんなに右翼が好きなの。
ただ、書き込んでるだけだからだろう。
日本が右に本当になったら困るのあんたらだよ。
ちゃんと自衛隊で訓練したのかよ。
ウヨとかサヨという表現いやだぜ。

351 :右や左の名無し様:05/03/13 15:59:29 ID:8eFjdmQw
売国奴がいるから、みんな、ウヨクに成る、好き嫌いじゃ無い。

352 :右や左の名無し様:05/03/13 16:05:04 ID:???
ドイツはナチスの反省があったから戦後ずっと
共産主義による侵略と最前線で対峙して欧州の
戦後を作り上げてきた。
日本は戦後アメリカに軒を貸すだけで、あとは
無責任にも戦争放棄を決め込み戦後の果実
だけを掠め取ってきたんだろう。

353 :右や左の名無し様:05/03/13 16:09:48 ID:8eFjdmQw
>>352 無理難題を押し付け、開戦に追い込み、爆撃して、原爆おとして、
降伏させて、戦争放棄を押し付けたんだ、その位当然だ。

好き勝手に戦争始めた、馬鹿なドイツと一緒にされたら、たまらん。

354 :右や左の名無し様:05/03/13 16:19:41 ID:8U1ITiGS
>>353

おれもそう思う。まんまと、ペルー以来の米国の野望と日本の売国奴(戦時利得者)
にはめられたのよ。ただ、それをきずいていた人はたくさんいたのに、みんな口を
つぐんでしまった大衆にも責任があるかも。憲法上もっとも責任をとるべきヒトが
とらずに、敗戦後猫なで声で歩き回った詐欺師がいたからか。


355 :右や左の名無し様:05/03/13 16:24:46 ID:???
>>353
ドイツは第一次大戦の高額な賠償金支払いという夫妻を背負ったことが遠因で欧州に戦争を仕掛けた。
日本は中国で戦線拡大したために欧米から孤立して戦争を仕掛けた。
どちらの国も原因があって結果がある。自国を正当化するだけじゃ敗戦という犠牲を糧にはできない。

356 :右や左の名無し様:05/03/13 16:32:59 ID:8eFjdmQw
>>355 中国での戦線拡大の責は否定出来ないと思うけど、あれだけ挑発
されると、当時の国内世論も想像できると思うのね、北朝鮮の拉致の比じゃ無い
と思うんだ、で生真面目な旧日本軍でしょ、挑発されて、乗っちゃったんだろーな
と思ったのね、色々儲かる人も居たろーけどさ。

357 :右や左の名無し様:05/03/13 16:39:43 ID:???
>>356
挑発に乗っちゃうのがまずかったろうねえ。
今回の北朝鮮問題でも見事に釣られてるからねえ。
日本人の特性なのかも。

358 :右や左の名無し様:05/03/13 16:45:16 ID:8eFjdmQw
>>357 日本人の特性だね、でも拉致被害者は少し返して貰ったでしょ、
支援はしてないよね、長銀にはお金入れちゃったけど、保険に入って
無い100トン以上の船舶は入港出来なく成ったし、最近は少し利口に
成ったのかな?とも思うけど、今後どうなる事やら。

359 :右や左の名無し様:05/03/13 16:49:00 ID:???
>>358
コワイのは北朝鮮が近い将来ホントに崩壊して自暴自棄になって何かしでかした場合、
日本がどんな対応をとるかだよねえ。もちろんそうならないコトを祈るけど。
経済制裁支持世論は7割だっけ?エスカレートしなきゃいいんだけどねえ。

360 :右や左の名無し様:05/03/13 17:23:36 ID:8eFjdmQw
>>359 選挙前に難癖付けて経済制裁するかな?人気取りに、アメリカ大統領
選を見習ってるふしが有る気がする、こないだの選挙は前日にカルト宗教団体捕まえてたし。

361 :日本正義行動:05/03/13 22:34:15 ID:???
日野出る国の将軍様は北の将軍さまより気が狂っている。
実際そうらしい。まともの思考回路がないようだ。
我々の将軍様をそれでも奉るのは世界の恥だ。

362 :右や左の名無し様:05/03/14 00:03:23 ID:ND0tjYip
朝日系は、戦争の反省を日本軍が悪かったと単純化しすぎる。もっとシステム的な部分や国際情勢、民族的差別、経済など広い目をもってもらいたい。

363 :右や左の名無し様:05/03/14 00:04:02 ID:ND0tjYip
朝日系は、戦争の反省を日本軍が悪かったと単純化しすぎる。もっとシステム的な部分や国際情勢、民族的差別、経済など広い目をもってもらいたい。

364 :右や左の名無し様:05/03/14 00:07:26 ID:ND0tjYip
それに、教育現場でも近代史から逃げないで重点的に学ばせるべき。日本は、近代史というと戦争、悲惨、悲惨さのみを強調して、お涙ちょうだいな文学的教育ばかり。これでは戦争の反省が生かされない。

365 :右や左の名無し様:05/03/14 00:20:08 ID:ND0tjYip
我が日本はアジアで確実に孤立しつつある。これは戦略的に致命的だ。日本が朝鮮を併合したことには明白な理由があった。アジア進出もしかり。ただこれを主張し過ぎると関係が悪化するばかり。サヨクの自虐的歴史感、国を貶める行為とおなじ結果となる。

366 :右や左の名無し様:05/03/14 00:32:52 ID:???
日本の右と左は結局車の両輪だ。
一方は戦争放棄をうたって呆け続け
一方は第2次大戦の負の部分を見ない。
それじゃあこれからの戦争には勝利できない。
左右を乗り越えた地平で戦争準備体制の
確立が必要だ。膨張し凶暴化する中国帝国主義
を打倒せよ!!

367 :右や左の名無し様:05/03/14 01:45:52 ID:???
>>336
>軍隊は必要ない。
国民が存在する以上、これを取り締まるために軍隊は必要です。
例え世界が一つの国なったとしても。
軍隊というのは外敵に対する備えだけではなく
内敵にに対する備えでもある。どちらかと言えば
後者の役目に使われることの方が遥かに多いものなのだ。

368 :右や左の名無し様:05/03/14 08:54:29 ID:5NtV/ysv
>>346
平和憲法は既に死んでいる

9条の理念は、「戦争が自国の都合だけでできる(もしくは妄想であっても
そう信じることができる)幸福な国」においてのみ通用する。
前の戦争の記憶がある者が内外で国を動かし、東南アジアへの
再侵略の危険が現実味をもって語られた80年代までならともかく、
現代及び今後においてそのような状態は望むべくもない。


中国・北朝鮮が日本に向けミサイルを発射した90年代後半に戦後は終わり、
北朝鮮が核保有を明言した時点で平和憲法は死んだ。

時代が変わり平和憲法はその役割を終えたのである。


369 :右や左の名無し様:05/03/14 12:14:34 ID:???
終えていないよ。
我国憲法の理念に反する行動をとる集団・団体は
憲法でいう、国際社会の一員であるところの国家ではない。
我々はこのような集団・団体は存在しないものと想定して
いたのだが、現実には多数存在していることが明確になってきた。
このような連中は、武力で制圧する以外に方途は無く
我国の崇高な理念に沿うよう、武力を持って成敗し指導矯正するしかない。
この世から、無頼集団の抹殺排除が完了するまで、現憲法は有用であり続ける。
完全に排除したとしても、いつ何時正常な国家が異常集団に
変性しないとも限らない。結局現憲法は無限に有用であり続ける。
我が憲法埒外の集団はどのように取り扱おうとも憲法には
拘束されない。それどころか進んでこれらの不正集団を成敗することこそ
憲法の理念趣旨に沿うものである。

憲法を改変し、不正な異常集団をも国家として取り扱うなど正気の沙汰ではない。


370 :右や左の名無し様:05/03/14 17:03:32 ID:ND0tjYip
共産中国は必ず崩壊する、一党支配で資本主義、金で権力を手に入れることができる。うまくすれば円で中国を支配出きるはず。真正直に敵対するのではなく、自由主義で中国を腐敗させる。一方、日本は個人主義を改め強力な国家を建設すべき。

371 :国粋労動者愛国団:05/03/14 20:27:56 ID:???
>>370

<日本は個人主義を改め強力な国家を建設すべき。

具体的にどんな国にしたいの。そのビジョンを聞かせて欲しい。




372 :国粋労動者愛国団:05/03/14 22:07:59 ID:???
第一章 天皇
 第一条 大日本国は万世一系の天皇がこれを統治す。
 第二条 天皇は国家元首にして、立法、行政、司法のすべての権限を有する。
 第三条 天皇は陸・海・空の日本国軍を統帥する。
 第四条 天皇は神聖にして犯してはならない。
 第五条 天皇はその権限を行使するにあたって、それを補佐する総理大臣を日本国民の有識者より
       任命する。
 第六条 天皇は戦争、国家事変、自然災害等おいて統治国家の安泰が脅かされるときは、全国民に
       戒厳令を勅令し、全国民は総力戦に参加せしめる。
 第七条 天皇は国家統治にあたりその立案、計画、実施に関して協議する国家枢密院を設置する。
 第八条 国家枢密院の参加者は、天皇、総理大臣、陸・海・空の大臣、財務大臣、外務大臣、内務大臣その他
       関係する大臣であり、天皇が選抜する。
第二章 国家立法機関
 第十条 国家の最高の立法機関は天皇に属する。
 第十一条 国家統治に必要な法律の制定は、天皇が任命する日本国に貢献する企業経営者、学識者、軍の責任者、県知事
        その他各団体、の有力者によって組織された、国家立法議会が行う。
 第十ニ条 国民が直接選挙によって選挙された議員による議会は、県議会、市町村議会とし、その立候補者は
        国家立法議会の推薦を受けた者とし政治団体または政党をつくって立候補する場合は、国家枢密院の審査と
        許可が必要である。
 第十三条 国家立法議会が採択した法律は、天皇によって発布されその内容に意義をとなえることは、禁止される。
        つくって活動するときは、国家枢密院の許可を得なければならない。

373 :右や左の名無し様:05/03/14 22:21:38 ID:iiy3q007
第三章 国家行政機関
 第十四条 国家の最高行政権は天皇に属する。
 第十五条 天皇は行政省庁を管理監督する大臣を任命し、その行政権を委任することができる。
        天皇が委任する行政大臣は、国家枢密院と審議し国家に貢献度の高い国民または年間5000万
        以上の納税者でなければならない。
 第十六条 行政の執行に関しては天皇に帰属する権限であるので、天皇不可侵の原理により、国民はそれに
        従順に従わなければならない。
 第十七条 行政執行が正しく行われているかどうかを、国家公安大臣は天皇の委任により逐次監督しなければならない。
 第十八条 みだりに菊の紋章を掲示したりまたはそれを表示し、かってに国家行政を批判したり過剰に賛美することは
        天皇の行政権をいちじるしく侵害する行為であるから、別に定める法律によって処罰される。
第四章 国民の権利
 第十九条 国民は個人の財を持って家屋を建てることができる。ただし、土地は天皇の所有によりその租借許可を
        法律に従って関係省庁に届出その裁可を得なければならない。
 第二十条 職業をその能力に応じて選択することができる。ただし、その報酬が職業の種類に適したものであるかどうかは
        国家財務局の判断による。
 第二十一条 居住地を2日以上旅行その他で離れる場合は、その理由と宿泊地、連絡場所を明確にもよりの警察署に
          届けなければならない。
 第二十ニ条 国民はその能力に応じて6年間の教育を受けることが出来る。
 第二十三条 その他個人に関わる権利は原則として国家権利調査院の厳密な審査によって審査を受け天皇の裁可に
          よらなければ勝手に言論、集会、結社、就職そのた報道、宣伝にいたるまで行ってはならない。
第五章 国民の義務
 第二十四条 国民は天皇および国家の発する法律、勅令等に無条件に従い、国家の利益を最大限に
          優先させなければならない。

 おれらは、こうゆうビジョンだが、貴殿もそれでいいんだね。反論あったらいってくれよ。

374 :右や左の名無し様:05/03/14 22:37:19 ID:???
間抜けな笊法。

375 :右や左の名無し様:05/03/14 23:18:46 ID:iiy3q007
やっぱりだめか。

376 :右や左の名無し様:05/03/14 23:57:13 ID:UFqvewL2
>>369
ならば核保有を明言した時点で北朝鮮は叩きつぶすべきだったろうね。
そうすればまだ少しは「平和憲法」の寿命は延びたかもしれないし、
その可能性は否定しない。
だが、現実としてそれができなかった以上やはり「平和憲法」は死んだのだ。

377 :右や左の名無し様:05/03/15 00:32:46 ID:???
核保有の言を翻さない限り、何時でも叩くことが可能。
漁船にも追い付けない警備艇しか配備していないのに
叩き潰せる力があるかどうか。確実に叩き潰せる
力が付いてから実行すが吉。

378 :右や左の名無し様:05/03/15 08:14:42 ID:6gY+5U15
きつい言い方をするが、それは自慰行為にすぎんよ。
現実にそのような動きがない以上、少なくとも
「平和憲法」にそのような役割を頼るのは無理なのだ。

繰り返しになるが
「戦争が自国の都合だけでできる(もしくは妄想であっても
そう信じることができる)幸福な国」と信じてくれる人々は
(特に国外には)もはや少ないのだよ。


379 :右や左の名無し様:05/03/15 09:14:02 ID:+Mgp8gdq
>>322
相互扶助は家族や親族の役割、地域社会の役割。

国家の第一の目的は国防であり安全保障だ。
戦争に備えることが国家の一番の目的だ。
戦争で敗れたらどんな社会保障も年金も全く無意味な物になってしまう。

380 :右や左の名無し様:05/03/15 09:20:48 ID:+Mgp8gdq
>>327
中国が台湾に対して実際に武力を使わなくても、恫喝的発言をするだけで、
台湾企業の存続が左右される。海外資金が台湾から逃げ出したりする。

同じ事が無防備な日本にされたら、航空や海運が日本を避け、外資が逃げ出して国家が崩壊する。
恫喝をさせない、恫喝を恐れない備えがないと、外資などは逃げ出してしまうことになる。

381 :右や左の名無し様:05/03/15 11:17:20 ID:+Mgp8gdq
>>336
>国家単位の攻防を前提とした軍隊は意味がない。
>軍隊は必要なし、その意味で、九条はその現状に適合している。

一国でも国家単位の攻防を前提として軍隊を持ち、その軍隊を背景にした外交や侵略を始めたらどうするつもりだ?
軍隊が無くてどうやって抵抗するのだ?人間の盾で銃弾を防ぐつもりか?
軍備を持つより非人道的な抵抗手段なのではないか?

382 :右や左の名無し様:05/03/15 11:25:58 ID:+Mgp8gdq
>>342
イスラムは宗教国家を教義として目指す物だ、宗教支配が究極の形なのだ。
>現実に、イスラム原理主義者が国家を超えて連合している。
宗教国家Xを建国しようとする国家主義者と言う理解が正しい。
その宗教国家は世界に支配を広めようとする超大国主義の世界征服を目指す集団なのだ。

欧米の国家を超越しようという思想とは全く異なる行動原理からくる物だ。


383 :右や左の名無し様:05/03/15 11:56:57 ID:+Mgp8gdq
>>370
個人主義は中国の方がすごい。政府や党などよりも一族や血縁の利益を優先させる伝統が強い。
世界の長者番付500で資産家の数は中国が日本を抜いているんじゃないか?
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20041105d3k0502905.html
http://www.asahi.com/world/china/news/TKY200501260344.html
共産党が崩壊して、本格的自由経済で日本や世界へ出てこられたら、今よりも悪辣な事をやって来る危険がある。
非効率な共産主義で低迷させておいた方が競争は楽ではないか?

384 :右や左の名無し様:05/03/15 14:46:07 ID:???
>>379
>相互扶助は家族や親族の役割、地域社会の役割。
元々国家と言うものは、地域社会そのものであった。
大量の資金を必要とする大規模な災害対策や、何らかの施設を作る事、実行する為には大きな組織が必要である。
であるから、相互扶助は国家の第一の役目である

>国家の第一の目的は国防であり安全保障だ。
> 戦争に備えることが国家の一番の目的だ。
>戦争で敗れたらどんな社会保障も年金も全く無意味な物になってしまう。
戦争のために国家が存在するのか?単純に読むと、そう見えたが?
国軍と言うのは、自分の土地が凶作の時に、他人の土地へ強盗に行ったものが発祥だ。
つまり国軍の元々の目的は、侵略であり、何かを守るのではない。

君は、国敗れて山河有りの言葉を良く考えたまえ。

385 :右や左の名無し様:05/03/15 17:14:32 ID:CDJO1eMl
平和念仏憲法万歳!

386 :右や左の名無し様:05/03/15 17:19:21 ID:CDJO1eMl
帝国憲法も問題点が多かったが、日本国憲法も数年で破綻したからなあ。

387 :右や左の名無し様:05/03/15 17:31:31 ID:CDJO1eMl
軍や国家があまりに戦闘的で、自分達さえ戦争しなければ世界は平和だと盛り上がり発布したファンタジー憲法。十七条憲法みたいに、侵略戦争は止めましょうぐらいにしとけばよかったのだ。

388 :右や左の名無し様:05/03/15 23:42:48 ID:r4rBaC7Q
>>スレタイに
汝の部署を放棄せよ
汝の価値に目覚むべし
全一日の休業は
社会の虚偽をうつものぞ

389 :右や左の名無し様:05/03/16 17:07:06 ID:qiZLIPoU
>>381
>一国でも国家単位の攻防を前提として軍隊を持ち、その軍隊を背景にした外交や侵略を始めたらどうするつもりだ?
>軍隊が無くてどうやって抵抗するのだ?人間の盾で銃弾を防ぐつもりか?
>軍備を持つより非人道的な抵抗手段なのではないか?

北朝鮮のように強圧的支配を背景に侵略することは可能かもしれない。
しかし、かかる国家の経済は、日々自滅に向かう。
潤沢な経済力のある産油国ですら、強圧的支配が国民の戦意を維持することも困難、フセインイラクを見よ。

防衛は、相手国市民との連携から内部崩壊をねらう、パルチザンもその一法。
そもそも、軍事力による侵略・支配の政治的・経済的効率から、割に合わないことは多くの国が承知している。
そんな計算もできない国に、他国を軍事侵略するほどの経済力を持つことは不可能に近い。

>>382
コーランに現代の国家に通ずる国家観はないよーな(笑

390 :右や左の名無し様:05/03/16 18:38:08 ID:dzRw/Szd
新国家のビジョン1東京大学の解体。代えて世界のトップクラスの教授を集めてまったく新しい大学を建設。国家公務員の試験を全て廃止し、地方公務員や民間企業の中から優秀な人材を出身大学に関係なく登用。その中からさらに人格的にも能力的にも優秀な者を高級官僚にする。

391 :右や左の名無し様:05/03/16 20:08:16 ID:W9ezE8Xj
>>386
>つまり国軍の元々の目的は、侵略であり、何かを守るのではない。

つまり、日本の周りの国々が、そうした軍隊を持っている、侵略をする国軍を持っている。

結果として日本は自衛のために侵略してくる敵を殲滅する力が必要になる。
>戦争のために国家が存在するのか?
生きるために戦う軍隊を持つために国家が存在する。死んでは国家は存在できない。


392 :右や左の名無し様:05/03/16 20:21:26 ID:W9ezE8Xj
>>389
>しかし、かかる国家の経済は、日々自滅に向かう。

真珠湾攻撃をした日本という前例があるだろう、破滅を覚悟で行動する国家は過去にいくらでもあった。
フセインは国家を道ずれにして無謀な戦いをアメリカとやった。
ドイツが本気で戦争を仕掛けてくると英仏は考えなかった、国力、経済力に自信があったからだ。
ザール進攻を許した平和ボケが世界を破滅的混乱に陥れてしまったのだ。

393 :392:05/03/16 20:35:01 ID:W9ezE8Xj
>ザール進攻を許した平和ボケが世界を破滅的混乱に陥れてしまったのだ。
ザール進攻(誤り)  →   ズデーデン進攻(正)

394 :右や左の名無し様:05/03/17 00:21:32 ID:sOvK5XO1
軍=戦争というより軍備増強を経て国家経済悪化、そしてお荷物になってきた軍部が存在価値を誇示すること=戦争ではないだろうか?

395 :右や左の名無し様:05/03/17 00:26:09 ID:sOvK5XO1
しかも昔のドイツ貴族のように、陣頭指揮をせず後方の参謀本部で指揮をとるから無能な指揮官が終戦まで生き残る。ドイツで生まれた参謀本部システムのもっとも大きな弊害だな

396 :右や左の名無し様:05/03/17 22:52:47 ID:sOvK5XO1
韓流ブームなのに何今、故?某放送局のニュースのタイトルだ。韓流ブームなぞは日本が勝手に盛り上がってるだけだ。

397 :右や左の名無し様:05/03/17 22:56:11 ID:sOvK5XO1
韓国で日流ブームが起こったなんて聞いたことがない。日本が韓流なら両国はうまくゆく。日本が戦争をしなければ世界は平和だ!みたいな思想が滲み出ているぞ!

398 :右や左の名無し様:05/03/17 23:10:30 ID:MDYl2DoY
まともな国家になるためには軍隊を自分の力で制御しなければならない。
憲法九条はアメリカが日本を支配して反抗させないための物だった。
アメリカが改正しても良いと言っている時期に改正してまともな国家になっておくべきだ。

399 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/03/17 23:13:26 ID:???
>>398
なんでもアメリカのお許しが要るような書き方だな


400 :右や左の名無し様:05/03/17 23:25:45 ID:MDYl2DoY
>>399
はあ?何かご不満でも?
憲法はアメリカが作った物だ、アメリカが改正しろと言っている。
改正は日本の国益にとって良いことだ、アメリカが支持しているなら中国も韓国も露骨な反対はしてこない。
イラク派遣の時と同じく軍事的活動をアメリカが支持したときはアジア諸国も反対してこない。
できる時に改善していくことを優先していくべきだ、些末なことにこだわるべきではない。

401 :右や左の名無し様:05/03/18 09:45:43 ID:+o3AvuoK
>>392
だから、半世紀前までは、愛国心やら天皇やらで、
国民各層の利益の食い違いを押しつぶして暴走することが可能だった。
北朝鮮のように、個人崇拝を強要したところで、
市民レベルでの情報が行き渡る今、国軍の志気を維持することは困難。

そこで、フセインのお話となる。
志気のない軍隊は、フセイン軍のようにたちまち投降する(笑

今、米国と戦っているフセインの残党はごく一部。
もちろん、国軍とはいえない。

ほら、必要ないでしょ(笑

402 :右や左の名無し様:05/03/18 09:46:30 ID:+o3AvuoK
忘れてた
>>367
>軍隊というのは外敵に対する備えだけではなく
>内敵にに対する備えでもある。どちらかと言えば

それは国軍とはいわない、警察軍が必要かは別の議論(笑

403 :右や左の名無し様:05/03/18 12:16:23 ID:???
このスレは自虐史観のバカサヨどもの溜まり場になってるなw

404 :右や左の名無し様:05/03/18 13:19:16 ID:bKYkT6Mt
憲法9条を放棄して、軍隊を作るべきである。
また、スイスのように徴兵制にして、
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/2319/Swiss.html

やることが防衛としてよいと思う。
それから、女性差別にもなるので、徴兵の軍事訓練は男女共に
行うべきだと思う。


405 :右や左の名無し様:05/03/18 17:54:41 ID:3FyTEwO/
核実験を竹島でやりましょう。

406 :右や左の名無し様:05/03/18 18:04:35 ID:3FyTEwO/
国軍の志気に関して日本は昔から不名誉を嫌う風潮があり。都会は知らんが田舎などでは、あの家の長男は捕虜になったと卑下され差別される。しかも捕虜になればイラク兵のように辱めをうけるとなれば…

407 :右や左の名無し様:05/03/18 19:42:29 ID:V/KbTA6A
経済のみで国家が繁栄するならば、すべての国家が軍隊を持たない、こんな簡単な理屈を、なぜサヨクはわからない? イラクは国を守ることができなかった。しかし理由はもっとすぐれた軍と戦ったからだ。

408 :右や左の名無し様:05/03/18 19:50:59 ID:V/KbTA6A
407の続き、すべての国が軍を放棄しても平和にはならない、かわりの武装組織が戦うだけだそれもがなくなれば、無法者が支配するだけ。結局軍は必要になる。

409 :右や左の名無し様:05/03/18 21:04:34 ID:3FyTEwO/
全て結果ですよ。自虐的史観かしらないけど、賛美ばかりはしてられない。敗戦から学ぶことは戦死者の供養にもなる。

410 :右や左の名無し様:05/03/18 21:44:49 ID:3FyTEwO/
ギャンブルと同じですよ。ギャンブルは危険だけど人生そのものもギャンブル、避けられない場合もある。ニコニコ友好的に生きていきたくても、商売にもビジネスにもライバルばかり。領土は知らぬ間に占拠されて、気が付けばどこかの州や自治区になってる。

411 :右や左の名無し様:05/03/18 22:00:15 ID:3FyTEwO/
私と一般サヨクとの違いは、太平洋戦争=反戦ではなく。二十一世紀の強力なシステムづくりに生かしたい。日本の致命的欠陥、長期的戦略性欠如。政治力不足。システムの不首尾。指揮系統の厳格化と同時に現場主義。一見矛盾しているこれらの方法を整備する。

412 :右や左の名無し様:05/03/18 22:03:29 ID:rtOcxk2I
簡単だ。日米同盟で総てが解決する。

413 :右や左の名無し様:05/03/18 22:51:54 ID:3FyTEwO/
日米同盟はアメリカが健在の時はいいがこの先アメリカに力がなくなり、日本にかまっている余裕がなくなると危険です。

414 :右や左の名無し様:05/03/18 23:34:24 ID:wvIHOx5m
>>406,>>407
どうもみなさんは、中世以来の国家という概念から離れられないようだ(笑

ムカシの形骸たる国家は、その境を崩しつつあるということ。
国家間で市民層同士が経済的、宗教的、あるい思想的に連携している現状を見よ。

すでに便宜的に寄り集まっているに過ぎない集団の、
それも一部の利益のために命を犠牲に集団全体で戦うことの無意味を
考えられたら良い。

国軍とはそういうものだろうよ(笑

武装は、良し悪しを超えて残るだろう、しかし、これからは
国単位でなく、共通の因子を有する集団が組織するようになるのでは?

ただ、その集団も因子ごとに互いに構成メンバーがオーバーラップすることになり、
ある因子では味方に、他の因子では敵に、と錯綜して戦いにくいことになるだろう。

ま、やはり小競り合いはいざ知らず、規模の大きい戦争・戦闘はなくなるだろう。

415 :右や左の名無し様:05/03/19 00:39:24 ID:6N7QNpNB
>414 そのように考えてるのは日本のサヨクのみ、同じ思想を持つ集団が寄り集まったのが国家であり他国の思想と結び付いたなら亡命すればよい、経済もグローバル化したところで自由貿易を保障するのは国家間の取り決め。

416 :右や左の名無し様:05/03/19 00:46:32 ID:R5d0d89k
ヨーロッパ連合、中国の巨大化、スムーズに世界政府のようなものができればいいが、中途半端な単位でまとまり更なる争いに発展する可能性がある。

417 :右や左の名無し様:05/03/19 00:49:28 ID:6N7QNpNB
415続き・・・たとえば414の考えの基礎としてインターネットによる世界の概念的極小化があるかもしれないが、北朝鮮やソマリアでパソコンを持つ国民は何割だ?連絡手段無にどのように連携するのかね?

418 :右や左の名無し様:05/03/19 01:06:07 ID:6N7QNpNB
さらに414へ人間は生まれ育った環境で思想が決まるものだ、自らの国を根底から否定する思想を持つ国民を育てる国は、日本以外にはないのだよ。

419 :いよう、ファシスト:05/03/19 01:37:26 ID:???
>>415
>同じ思想を持つ集団が寄り集まったのが国家であり
なるほどなるほどお前は「ボク珍はナチの豚野郎」とカミングアウトしたわけだね?

420 :右や左の名無し様:05/03/19 07:11:37 ID:6N7QNpNB
>420 資本主義、社会主義、民主主義、これは政治思想ではないのか?別に全体主義、軍国主義が好きだとは言ってないが?ただ、どんな国でも軍が必要だと言うだけ。

421 :右や左の名無し様:05/03/19 07:21:05 ID:6N7QNpNB
420の続き・・・だから、憲法改正して軍を持つことに反対するなら改正時の投票で反対と書けばいいだけ、改正投票すら許さないサヨクは国家社会主義ナチスとかわらない、だから今の世界では亡命できないんだね。かわいそうに。

422 :右や左の名無し様:05/03/19 08:07:43 ID:6N7QNpNB
414の為に言っておこう、イギリス沖に人口15人の国がある。国家の概念を持たない仲間を集めて独立してくれ、どのぐらい人が集まるか楽しみだ。めざせ21世紀のアメリカ!

423 :右や左の名無し様:05/03/19 09:35:17 ID:5xOoZYCG
どうも、特定の方かどうかは良く分からないが、みなさんちょっと頭が堅いよ-な(笑
ご年配の方ですか?

>>415
>同じ思想を持つ集団が寄り集まったのが国家であり…
あなたと私はどうも思想が異なる、で、あなたは日本人? 私も日本人(笑

>経済もグローバル化したところで自由貿易を保障するのは国家間の取り決め。
今、国家が存在しないとはいってないよ、便宜的集団としてそのような取り決めもとりあえずしてるね。

>>416
>中途半端な単位でまとまり更なる争いに発展する可能性がある。
そうだね、だから武装はなくならないだろう、だが、戦いにくいことは説明した。

>>417
>北朝鮮やソマリアでパソコンを持つ国民は何割だ?
持っててもネットにはつなげないだろうしね(笑 しかし、現実に脱北者は、連携してるでしょ。

>>418
>さらに414へ人間は生まれ育った環境で思想が決まるものだ、
そうだね、でも反面教師というのもあるしね。
金正日をホンキで崇拝している北の人間て何人いるだろう?

>>422
>国家の概念を持たない仲間を集めて独立してくれ、どのぐらい人が集まるか楽しみだ。めざせ21世紀のアメリカ!
これもまた旧態依然とした国家のよーな、どーもアタマがお堅い(笑

424 :右や左の名無し様:05/03/19 10:52:55 ID:6N7QNpNB
>423 思想が別でも同じ日本人・・・愛国心や国防を真剣に教えない国は日本ぐらいだろ?普段日本企業の下請けで働いてる中国人がヒステリックに日本を批判するのはなぜ?日本のみの状況で世界をみないことだよ。

425 :右や左の名無し様:05/03/19 11:02:21 ID:6N7QNpNB
424の続き北朝鮮からの脱北者は外の人間と連携してるわけじゃなく、北朝鮮の主体思想に疑問があるから、資本主義思想の国に亡命してるだけだろ?

426 :右や左の名無し様:05/03/19 11:21:13 ID:6N7QNpNB
さらに続き・・・一番の疑問だが、いろんな考え方によって所属するグループが重複するのは太古の部族社会からかわらんだろ?非効率的だからこそだいたいの方向性が変わらない者が集まり国家になったのではないか?

427 :右や左の名無し様:05/03/19 11:58:04 ID:gw7vwFG7
>>424
>愛国心や国防を真剣に教えない国は日本ぐらいだろ?
>普段日本企業の下請けで働いてる中国人がヒステリックに
>日本を批判するのはなぜ?日本のみの状況で世界をみないことだよ。
質問と応答にズレが…笑
とりあえず、国家で、思想が同一とは限らないことはお分かりで?
日本人にも韓国・中国と同様の反応をする人たちがいる、一部の人をみて全体を判断しないよ-に。

>>425
>424の続き北朝鮮からの脱北者は外の人間と連携してるわけじゃなく、
>北朝鮮の主体思想に疑問があるから、資本主義思想の国に亡命してるだけだろ?
お話が良くわからない、思想的疑問にかぎらず経済的困窮、自由のなさ…理由は色々。
しかし、そーいった人たちに他国市民が連携して協力していることは否定できないでしょ。

>>426
>いろんな考え方によって所属するグループが重複するのは
>太古の部族社会からかわらんだろ?
>非効率的だからこそだいたいの方向性が変わらない者が
>集まり国家になったのではないか?
国家の成り立ちには、様々なものがあり一概には言えない。
ま、特定の個人なり集団が実力で人と地域を支配し、テリトリーを主張したのが国家…というのが一般的?

王なり天皇なりの利益に地域住民の利益を強引に一致させたのが前近代的国家像。
愛国心とやらもよく利用された。
あなたは、前近代的国家像にとりつかれていたりして(笑

428 :右や左の名無し様:05/03/19 13:36:40 ID:6N7QNpNB
>427 中国人の話は日本の企業で働く中国人がいても、彼らはナショナリズムだけは中国と言う国から決して抜けないことを指したつもりだが?彼らがナショナリズムを捨てなければ市民の連携は無理だろ。

429 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

430 :右や左の名無し様:05/03/19 14:36:41 ID:335K2nIi
>>428
>彼らがナショナリズムを捨てなければ市民の連携は無理だろ。

ところで、中国市民は100%ナショナリストとお考えで?

ま、したくない人たちと連携する必要もないし、
その国の人々100%と連携するわけでもないしねぇ…

ちょっと混乱されてませんか?

431 :右や左の名無し様:05/03/19 17:20:25 ID:6N7QNpNB
>430 市民の100%とは連携できない、ならばあなたの言う国の枠をこえた思想集団は永遠に作れない。戦争はなくならないし、軍隊を持つ必要があると思うが?なぜなら連携をこばむ市民が国家を動かすから。

432 :右や左の名無し様:05/03/19 20:33:00 ID:R5d0d89k
国家が思想でまとまっているというのには、些か疑問。利害関係やもっと過去の呪縛によって集まっているような…

433 :右や左の名無し様:05/03/19 20:37:51 ID:R5d0d89k
私は、戦前の博打に狂った酒飲み親父みたいな日本の軍部を批判するとともに、勇敢で有能な将兵を讃える。

434 :右や左の名無し様:05/03/19 21:30:49 ID:???
日本のブサヨと引っ付いているのは
ナショナリストの連中だ。

435 :右や左の名無し様:05/03/19 23:43:29 ID:tR6Qxv+1
>>431
どーもご自分のおっしゃっていることが良くお分かりでないよーな(笑

「永遠に作れない」ではなくて、現に活動している組織を対象にしている。
脱北支援組織、多国籍企業、国際学会、各種NGOあまりスキじゃないがグリンピース…いくらでもある。
別に「思想集団」などつくる必要はない、もうすでに出来ているのだよ(笑

彼らの力が徐々に増して、互いが争いにくくなる。
ま、争いはなくならないが、国家単位の戦争は起こりにくくなり、やがては消える…といっている。

例えば、金正日にもとに、あるいは天皇のもとに、国民が団結して戦う…笑っちゃうよね。
ほら、国軍なんてバカバカしいでしょう?

それにアナタ、自然現象でも、社会現象でも100%はありえないよ。
もともと、中国市民が100%ナショナリストとおっしゃるアナタをからかった(失礼!)ことばデス(笑

436 :右や左の名無し様:05/03/20 00:00:50 ID:Tq1hyHxr
ふとおもた、今あげた思想集団いや思想集団全般は結果的思想に縛られ排他的になり小さくまとまって巨大になれないのでは?

437 :右や左の名無し様:05/03/20 00:24:15 ID:Y6vYhCTx
>435 なるほどそれらの組織が元になって将来的に戦争はなくなるのか
しかしそれらの組織が自由に活動する為には国の保護がいるのでは? 脱北支援組織は北朝鮮国内まで助けに入れるのか?見捨てていいのか?軍はそのような時に使うものだが?

438 :右や左の名無し様:05/03/20 05:41:58 ID:???
警備員が不必要な世の中が来るでしょうか?
警察が不必要な世の中が来るでしょうか?

実は、警備員も警察も軍隊も
規模が違っているだけでやることの基本は同じです。
一般市民or企業、団体の生活、財産、そして命を守るために働く。それだけです。

他国に攻め込むための軍隊は無くなっても
自衛のための軍隊を無くすことは難しいでしょう。

テロリストや海賊、武装集団を無くすことが可能でしょうか?
もし可能ならばその方法を教えていただきたいものです。

脅威は、国だけではありません。

439 :右や左の名無し様:05/03/20 23:30:49 ID:KJCkwAfI
>>437
>それらの組織が自由に活動する為には国の保護がいるのでは?
鈴木宗雄サンに限らず、国家政府というのは、その実、特定の利益代表者であることが多い。
多くの場合、市民組織を保護するというより邪魔をする。

>脱北支援組織は北朝鮮国内まで助けに入れるのか?
入ってるでしょ、ニュースを見る限りは…

>見捨てていいのか?軍はそのような時に使うものだが?
軍こそ、何もしてくれないでしょ、旧関東軍を見れば分るように、
特定の層の利益にならない国民の保護は一切しない。
それが、国軍の性質なのだよ。

440 :右や左の名無し様:05/03/20 23:31:22 ID:KJCkwAfI
>>438
>警備員が不必要な世の中が来るでしょうか?
>警察が不必要な世の中が来るでしょうか?
来ないでしょうね(笑

>実は、警備員も警察も軍隊も
>規模が違っているだけでやることの基本は同じです。
そこまでは同感、しかし、特定の層の利益代表者として行動しない限り、
多種多様な利益関係の錯綜する国家という大集団のための「警備」は不可能。
「国家」内の「特定集団」の利益の保護が基本ということ。

ただ、警察は特定集団の利益に反しない限り、市民生活を守ってくれる。

世の中は、きれいに「善」と「悪」に分けられないことは知ってる?
自衛も侵略も、国民全員のために、という構造は存在し得ないのよ、わかるかなぁ…

で、国軍はいらない…とこーなるわけよ(笑

441 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 07:23:09 ID:6XkHdVAW
>439 警察は特定集団の利益に反しない限り市民を守るって特定集団=国だろ。他の国=他の特定集団なんだから軍隊はいるだろ?ちなみに日本はやらないが他の国では国が対立国の亡命者を手引きすることは珍しくないが?

442 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 08:04:27 ID:6XkHdVAW
440の続き、市民団体の連携と言ってもそれらの利益調整を誰がやる?警察は法に反したものを捕まえる。法はだれが決める?やはり国の保護によってのみそれらの団体は動ける、さらに紛争地域で孤立したNGOを救助する為に国が軍を出した例は多いぞ。

443 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 08:26:22 ID:6XkHdVAW
ああ、そうそう424で書いたのは旧宗主国に反発し、自由を求めて集まり結局効率性から一つの国となり、世界最強の軍事国となったアメリカと、あなたの言う、市民の連携する将来をなぞらえた皮肉なんだがね。

444 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 11:32:26 ID:7m6a9CGS
>>443
おっしゃる意味がよく分からないが、国の成り立ちは様々だと申し上げている。

>>441
>警察は特定集団の利益に反しない限り市民を守るって特定集団=国だろ。
ちがうよ。
国(政府?)というのは、様々なグループを旧態依然たる国境で区切って行政サービスをする機関といえなくもない。
政府を実質支配する層というのは必ずしも、あなたやボクの所属する庶民層ではないわけよ。
だから、あなたやボクは往々にして、見捨てられ、あるいは勇敢な兵士に仕立て上げられる(笑

445 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 11:33:00 ID:7m6a9CGS
>>442
>市民団体の連携と言ってもそれらの利益調整を誰がやる?
それぁ、当然その代表者、そして市民憲章、中世フィレンツェや戦国の堺などの自由都市の例を知ってる?
ま、それら古代都市と異なるのは、同時に別のいくつかのグループに同一の市民が属すること。
だから、争いにくく、話し合いの場が持ちやすくなる。

>国の保護によってのみそれらの団体は動ける、
>さらに紛争地域で孤立したNGOを救助する為に国が軍を出した例は多いぞ。
いやいや、国という形骸になりつつある構造が、その意義をながらえるために市民団体に協力せざるを得ないに過ぎない。
天皇や王への忠誠を利用できた時代には、どうでもよいあなたやボクのような庶民は見捨てられた(笑

いまは、市民を無視できない時代になってきている、それが進むと市民中心の時代になってゆく、ということだょ。

ま、あなたがたのように、必ず国が自分を守ってくれる、とにおめでたく(失礼!)信じている人が多い間は、
国はなくならないし、国軍も残るだろうね(笑

446 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 11:46:56 ID:zGiE+cv3
朝日新聞報道部員脇本慎司(44)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕。自転車で女性を追っかけ胸を触った疑い。
朝日新聞記者山田遣人を道路交通法違犯で逮捕。警察官を「記事にするぞ」と脅し、出頭命令にも応じなかった。
バス車内で下半身を露出するなどしたとして、朝日新聞西部本社編集センター次長、兼清徹容疑者(43)を逮捕。
朝日新聞記者吉岡英児(50)が大学生を「謝り方が悪い」などといって暴行し、逮捕。
朝日新聞名古屋本社整理部記者、鍋谷督成容疑者(39)を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕。
朝日新聞学芸部記者、内藤好之容疑者(57)を乗用車のドアに、石で約1.5メートルの傷をつけた疑いで逮捕。
朝日新聞記者、古屋聡一容疑者(30)がタクシー料金の支払いを拒否し、運転手に傷害を負わせ逮捕。
朝日新聞東京本社の外報部記者、永島学容疑者(31)を、女子大学院生(26)のスカートをまくり、体を触った疑いで逮捕
朝日記者山川幸生容疑者(30)が女子中学生(14)を自宅に誘い、いかがわしい行為をして、その場面を無理やりビデオ撮影した疑いで逮捕。
朝日新聞記者、戸田不二夫容疑者(55)が飲酒運転をし、主婦の軽トラックに追突し逮捕。
朝日新聞配達員、齋木巖容疑者(45)を車内放送用テープを盗んだとして逮捕。
朝日新聞配達員小林哲雄容疑者(52)を住居侵入と強盗殺人未遂の疑いで逮捕。
朝日新聞販売所従業員相沢泰文(24)と松永智和(34)を二十数件の空き巣をしたとして逮捕。
朝日新聞販売店従業員浜下晃司容疑者(26)が高校1年生の女子生徒(16)を強姦し、逮捕。
朝日新聞販売所販売員、日下部幸範容疑者(25)を強制わいせつと強盗の疑いで逮捕。

マスコミなんてこんな程度


447 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 18:39:14 ID:???
>>437
>見捨てていいのか?軍はそのような時に使うものだが?
見捨てていいに決まっている。
小さな親切大きなお世話。彼等のことは彼等自身で解決するしかない。
彼等が内乱状態になろうが、共食いしようが当方に害をが及ばない
限り放っておけばよい。彼等の面倒見てやる義理など一つもない。
隙に乗じて彼の地を乗っ取り彼等を全て抹殺しようというなら話は別だがな。

448 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 19:03:28 ID:OPR7rMx5
>445 結局それは議会制民主主義ではないのか? 既にある上に全世界には普及してないが?
市民憲章とやらはどうやって決めるのかね?世界中の人間があーだこーだ言い合って決まらないと思うが?

449 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 19:11:53 ID:OPR7rMx5
449の続き、あなたの言う市民団体がアメリカへ移民した市民と同等にしか思えないんだよ、移民たちは支配国から逃れた様々な国籍の市民で様々な思想で集まった、生きる為に連携して最終的には強大な軍事国になったんだが?

450 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 19:15:21 ID:OPR7rMx5
↑449は448のまちがい

451 :右や左の名無し様:2005/03/21(月) 19:48:14 ID:OPR7rMx5
>445へもう一つ人は三人集まれば派閥を作ると言う。政治家を信用してない割に市民団体の代表者とやらは簡単に信じるのか?

452 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/03/21(月) 22:01:23 ID:???
野坂参三(日本共産党)
「戦争には侵略戦争と自衛戦争があって、『正しい戦争』つまり自衛戦争まで
 放棄する必要は無いはずであり、憲法第九条は侵略戦争の放棄を明示するこ
 とで足りるのではないか。」
吉田茂(首相)
「野坂氏は国家正当防衛権による戦争は正当なりとせらるるようであるが、私
 はかくの如きことを認めることが有害であると思うのであります。近年の戦
 争の多くは国家防衛権の名において行われたることは顕著なる事実でありま
 す。故に正当防衛権を認めることが戦争を誘発する所以であると思うのであ
 ります。野坂氏のご意見の如きは有益無害の議論と私は考えます。」
野坂参三(日本共産党)
「要するに当憲法第二章(第九条)は、我が国の自衛権を放棄して民族の独立
 を危うくする危険がある。それ故に我が党は、民族独立の為にこの憲法に反
 対しなければならない。」(第九十回帝国議会速記録、昭和二十一年)

ポチ吉田のほうが国賊ではないか。


453 :国家協賛党:2005/03/21(月) 22:59:28 ID:???
>>452

まったくそのとおりだと思います。


454 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 02:17:38 ID:qUyM4A1r
>>407
でも、日本は戦後、それに近い形で繁栄し、世界史上、例のない存在として注目されたのだから、もっと、その方向を発展させればいいじゃないか。

455 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 07:05:42 ID:xA3tTwjD
>>448
>445 結局それは議会制民主主義ではないのか?
議会制民主主義の成立過程を見よ、王権との対立で成立してきた。
王権、すなわち土地とヒトを領域を区切って私有するシステム。
そこから移行したのだから、厳然とした領域(国境)が残っている。
その領域を、ブルジョアジーなり他の階層が支配したわけね。

わかる?、領域を超えるというか、国境が無意味になるという点で、
ボクが説明しているものと全く異なるのよ。

>市民憲章とやらはどうやって決めるのかね?
それは本題と違うから、世界史の教科書で勉強されるたらよい。
現在進行しているものは、学会規約、社内憲章、NGO憲章…それぞれ異なるから説明には3日ぐらいかかる(笑

>世界中の人間があーだこーだ言い合って決まらないと思うが?
そうなる場合もあろうし、でない場合もある、しかし、国家単位の戦争はなくなってゆく。

>>449
>あなたの言う市民団体がアメリカへ移民した市民と同等にしか思えないんだよ…
だから、それは中世の国家領域を残しての紛れもない国家だから、根本的に違うのよ。
もう少し、アタマを柔らかくされたらよい(笑

456 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 07:08:38 ID:CgDo+oPU
>454 戦後日本が繁栄したのは日本軍のかわりにアメリカ軍が戦ったからだよ色んな物をおごってガキ大将に守ってもらってたら、お前もそろそろ体でも鍛えろと言われてるような感じかな(笑)

457 :今時あなた:2005/03/22(火) 09:58:01 ID:uKGifA6l
こんなに科学が進んだのですから、特殊なビールスとかを作って、
相手民族とか国家をコントロール出来るでしょうに。簡単に。
小瓶に入ったビールスは、兵器とは言えませんし、交戦も成立しない
でしょう。何しろ武力でなくて血を見ないのが良いですね。
それで、管轄は厚生省でしょうし、軍人も一人も要りませんよ。
蓋を開けるか、コンクリートの壁に投げつけるだけでしょうに。
別に死ななくても、頭がちっとおかしくなるとか、生殖能力が無くなる
とか、歩けなくなるでも良いでしょうに。勿論アンチビールスとかは
ちゃんと開発しててね。
憲法9条に全く違反しないでしょう。完成すれば安いですから、
一企業でもやれますよ。血は見たくないでしょう。もう。

技術大国に本であれば、憲法9条を遵守してパックスジャポネを
達成するべきですよね。 野蛮な戦争反対。

458 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 18:38:39 ID:CgDo+oPU
>455へ451を読んでくれ
いかに市民団体の代表者とか言っても権力を握れば市民の為にと言いながら自分の為に動く。結局国ができるだけ。組織を作れば派閥ができるものだよ。

459 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 18:48:46 ID:CgDo+oPU
>455 もう一つ、市民憲章の件だが私が言うのは世界的な法律(あなたの例と違い国の法律並の強制力を持つ)だが反発する集団と賛成する集団がいて反対派が武力に訴えたら?賛成側との世界大戦になるのでは?

460 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 18:55:30 ID:CgDo+oPU
>457 それは生物兵器だろ、相手国に持ち込むには無理矢理爆撃するか特殊部隊が搬出するしかしないと、全部、軍の仕事(大体、開発段階でテロ国として攻撃される) 馬鹿かおまえは?

461 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 22:56:26 ID:CgDo+oPU
>455 後一つ、現在の国は一部の人間に牛耳られてるだから市民の連携で国をなくす。一部の人間がそれを潰す、市民は対抗する=革命、そしてその中心に居た人間が一部の人間になる
以下エンドレス、やっぱり国はなくならない。君こそ人間という物を信じ過ぎだ

462 :右や左の名無し様:2005/03/22(火) 23:09:43 ID:CgDo+oPU
461の続き
だから、そんな幻想ではなく今の自分の国が繁栄し安全である為に軍を持ち他国への発言力を強めたいのだ。一部の人間の利益なら話しは簡単、自分が一部の人間になればいい。昔の王制と違い努力すればなれるんだから(笑)

463 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 01:00:16 ID:sSJlM9Ok
>>462
ムカシの王制だって努力でなったやつがいるぜ(笑

この半世紀で、単純に領土拡張戦争をしたのはフセインイラクくらい…
武力支配の、政治的・経済的効率の悪さに多くの国が気づきつつあるからだろう。
その政治的・経済的効率の悪さは、市民意識からもたらされると考えてよい。

いまどき、武力で発言力を増すなどという中世の発想こそ幻想でしょ(笑

464 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 01:00:44 ID:sSJlM9Ok
>>451
>政治家を信用してない割に市民団体の代表者とやらは簡単に信じるのか?
ボクの話は、ナニを信じるとか道徳的に善だから、というのではなく、現象を観て、蓋然性から判断している。
別に政治家を信用していないわけではない(笑、現象面から庶民は重視されない、といっている。
代表者には、いろんなヤツがなるだろう、別に信用しなくてもよい(笑、集団同士の牽制が働く、それが戦いにくくする。

>>459
>世界的な法律…
やはり、あなたの話が見えない…
いずれにしても、世界的な法、強制力があるというから自然法ではないよね?
そのよーな法ができることを予見できないが…現象と蓋然性から(笑

>>461
>…市民の連携で国をなくす。…
なくす、ではなくなくなってゆく(笑

別につぶす必要はなく、一部の人間が牛耳ることが市民集団の牽制でできなくなる、戦争も同じ。
すでに、住民運動で潰されそうな河口堰がある。
そもそもボクのいう集団は、学術や産業、経済など分野を異にし、互いに他を支配しない。

465 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 06:54:12 ID:b0rnE/lM
>462 戦争をしなくとも武力によって発言力を持つ国は多い、中国が東シナ海でやってることはなんだ?イラクにしてもアメリカが武力侵攻しなければフセイン政権は長らえたんでは?警官が拳銃を持たねば、だれも言うことを聞かない。

466 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 07:24:27 ID:b0rnE/lM
>464 各団体が牽制するには同等の力かすべてに共通する法がなければならない。でなければ、反対されても無視するだけ。市民運動で工事が中止できるのは国内だから。

467 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 13:30:51 ID:FoaKivIu
>>465
>中国が東シナ海でやってることはなんだ?
例の尖閣諸島?
ま、潜水艦の領海侵犯、韓国との竹島問題、いずれも武力を恐れて…というより、
今は経済利権を失いたくないのと、ムカシは侵略戦争の負い目からだろうね。

だいたい、ネパールはいざしらず、国際ダイナミクスから武力行使などできるはずがないことは常識(笑
国際ダイナミクスこそ市民意識の反映なり。

>イラクにしてもアメリカが武力侵攻しなければフセイン政権は長らえたんでは?
そうだね、北朝鮮と同様続いたろうね、ただ、こんな国は前世紀から今世紀にかけて激減したよね。
それが方向だよ。

>警官が拳銃を持たねば、だれも言うことを聞かない。
拳銃持ってようと、使えないことを知っている暴走族は全然聞かない(笑

468 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 13:31:37 ID:FoaKivIu
>>466
>各団体が牽制するには同等の力かすべてに共通する法がなければならない。
ヒトが動かされるのは、共感による、そしてそれが力となって規則なり法となる。
各集団は、共感を求めて、争いあるいは話し合う、いずれにしても戦争は起こりにくくなる。
あなたの言うのは、本末転倒(笑

力が先にあって、有無を言わさずでは、暴力団や北朝鮮と同じ(笑

>反対されても無視するだけ。市民運動で工事が中止できるのは国内だから。
反対される中にも、反対する中にも仲間がいるのだから、無視はムリ。
国内も、国外も同じ、国内にも国外にも仲間がいる。

まだ、お分かりでない?

469 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 20:58:50 ID:b0rnE/lM
>468 国際ダイナミクス?アメリカがイラクに侵攻したのは?大体アメリカにも戦争を反対する市民は多いが、あっさり無視されたんだが。中国が同じことをしないのはアメリカとの前面戦争をまだできないからに過ぎないよ。

470 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 21:25:47 ID:b0rnE/lM
469の続き 共感を得る為に話し合う、それは共感を得たい人間にしか通用しない。すでに国のなかで文化風習が育った以上、共感をどうしてもできない部分が必ずある。

471 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 21:30:51 ID:YexFKw4c
9条放棄が良いか悪いかなんてのは全くどうでもいい話 そうする事で
僕達の懐があったまるか冷え込むか 発言力を持つ事ってそんなにいい事?

472 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 21:39:25 ID:b0rnE/lM
さらに続き 一例としてイスラム社会では店の物を壊しても神の思し召しだからと、弁償しないらしいが、それで他の文化圏の人は納得するのかな?

473 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 22:44:24 ID:b0rnE/lM
>468もう一つ、暴力団や北朝鮮と同じ・・・人間の本性はその通りだが?法律がなければ今より犯罪者が増えるだろ。それは解るよな?警官が拳銃を持っていても犯罪は起こるんだから。持たなければもっとひどくなるだけ。犯罪者とも共感を求めて話し合うのかな(笑)

474 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 23:52:55 ID:RBUOO0aP
>>469
>アメリカがイラクに侵攻したのは?
だいたい、仏や独は、米国に反対した、武力じゃ、抑えられてないでしょーが。

日本にしても、武力を恐れて賛成したわけでないことは分るでしょ?

ほら、武力なんて発言権の後ろ盾にはなんないのよ、わかんないかねぇ(笑

ところで、パクスアメリカーナという言葉を知ってるかな?
唯一の超大国米国でさえ、すでに領土拡張戦争は出来なくなっている。
市民層の納得が得られるよーな、イラクの民主化という大儀名文があってこそ可能なのよ。
ほら、他の国だったら、もっとできないでしょ、まだ分らん?

475 :右や左の名無し様:2005/03/23(水) 23:53:21 ID:RBUOO0aP
>>470
>共感を得る為に話し合う、それは共感を得たい人間にしか通用しない。
共感を得たくない人間て?ビョーキでない?そのヒト。
だいたい、共感できない部分なんて、対人関係で存在しないことの方が稀でしょ(笑

>>472
>…それで他の文化圏の人は納得するのかな?
瑣末なことを言うヒトだね(笑
イスラム文化圏のヒトが、日本国内でそんなことをしているのを見たことがない。
そのてーどの配慮が出来なけりゃ、そもそも市民集団にすら入れない(笑

>>473
>暴力団や北朝鮮と同じ・・・人間の本性はその通りだが?
ま、共感を求めるのは、もっと本性に近いんじゃない?

で、犯罪者というのは共感の埒外、だから規約や法律で除外される。
もともと、ボクは国軍以外の武力を否定していないよ(笑
そもそも「おまわりさんと拳銃」の話は、国軍の比喩でしょ、冷静にね(笑

476 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 06:51:50 ID:r/JSpoBX
>474 ヨーロッパ各国が反対してもアメリカを止められなかったことを言っているんだが?日本が反対しないのは武力による牽制をアメリカに頼っているから。ヨーロッパはNATO特にフランスはアメリカに頼らない防衛力を持つから発言力を持つ事ができる。

477 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 07:00:33 ID:???
我が国は戦争放棄を放棄する

478 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 07:11:49 ID:r/JSpoBX
>475 簡単に言うと、武力を持つ組織を牽制するには武力を持つ組織がいると言うこと。警察を否定しないならば、軍のない世界で警察が暴走したらどうなるかを考えると良い。

479 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 07:23:58 ID:r/JSpoBX
475 後一つ、忘れていたが法律や警察は国が掌握していることを忘れないようにアメリカの市民団体と同じ事を中国で行ったらどうなるか?天安門事件は中世の出来事ではないよ(笑)

480 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 08:50:32 ID:/rF1MKtx
軍事力あれば馬鹿にされないと思う人見かけるけど
その国の文化、何を作り出してるかどうかは大事だよ。

極端な例だけど北みたいのは軍事力あっても迷惑がられるだけでしょ。

481 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 20:08:42 ID:4DWepI73
        坊主の世襲8        
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1111229613/

新「三ない運動」
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1111469589/

神社仏閣板に売国奴がいるようです。いまは三ない運動としていますが、
靖国も神社も天皇もいらないという運動だったようです。
仏事や祭事は日本の文化です。ただ「金を払いたくないから」という理由で
日本の文化を損ねるのはいかがなものでしょうか。

482 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 23:24:03 ID:GCnoK5y8
>>476
>ヨーロッパ各国が反対してもアメリカを止められなかったことを言っているんだが?
いうまでもないと思ったが、いま現在、パクスアメリカーナを覆すことはできないよ。
将来と今の話を混同しないように(笑
で、侵略戦争が困難なことはお分かりで?

>日本が反対しないのは武力による牽制をアメリカに頼っているから。
>ヨーロッパはNATO特にフランスはアメリカに頼らない防衛力を持つから発言力を持つ事ができる。
それは少しおかしいじゃなーい(笑
独にも在独米軍がいて、核兵器もないし、米国に武力によるけん制を頼ってるよ、
もっとも、そんなけん制が有効とも思えないけどね(笑
NATO軍(EU軍?)も米軍あっての存在だがねぇ、少なくとも単独で旧ソ連には対抗できなかったね。
それで公然と仏・独が反対するのだから、武力に発言権を裏付ける要素がないことはワカルでしょ。

ところで、アナタ、強大な軍事力がなければ国連常任理事国にはなれないとお思いで?

483 :右や左の名無し様:2005/03/24(木) 23:24:29 ID:GCnoK5y8
>>477
>我が国は戦争放棄を放棄する
わが国に限らずそうなりつつあるね。

478
>簡単に言うと、武力を持つ組織を牽制するには武力を持つ組織がいると言うこと。
だから、その両方の組織に仲間がいるから、そうはならないと言ってるでしょ。
むしろ、武力は使いにくい、何回説明したらワカルのかね(笑

>>479
>法律や警察は国が掌握している…中国で行ったらどうなるか?天安門事件は…

そーなのよ!、だから、国家の理不尽さをボクが説明してあげている(笑
将来は、そーゆーことにならないよーに市民が連携をとるようになり、
国境の意味が変容し、国家間の戦争はなくなる、とゆーことね。

あなた、いつのまにかボクの支持者になっちゃったね(笑

484 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 00:39:40 ID:xcfnbveF
今の日本の政治家は戦争なんてやる気ない。
損するだけだからね。


485 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 06:49:47 ID:lYtnEwzb
482 NATOがアメリカにたよっていたのは冷戦の最中、ソ連崩壊でヨーロッパのみの考えで動くようになった、ドイツはともかくフランスは冷戦中はNATOに入っていなかったんだが?

486 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 07:01:54 ID:lYtnEwzb
485の続き つまりアメリカに独、仏が反対できるのは仏の核の力がNATOに加わったことが大きい。 旧NATOで反対しない国は歴史的に仏と仲の悪い英のみ。

487 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 07:27:43 ID:ZFPoPdkm
483 両方の組織に仲間がいるから武力を使いにくい?組織を守る為に不祥事を覆い隠す例は多いよ。内部告発する奴はほんの一部、武力を持つ組織が暴走すれば反対する内部の人間は真っ先に殺されるものだが?

488 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 07:34:25 ID:ZFPoPdkm
487の続き将来市民が連携しても中国のような国があれば武力による制裁が必要となる。その為にできた組織は自らを守るためになんでもする。 永遠に軍事力はなくならない、わかるかな?

489 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/03/25(金) 07:48:51 ID:???
>>484
> 今の日本の政治家は戦争なんてやる気ない。

だからこんな政治家は打倒・追放して反米維新政権をつくり、
核武装断行!

490 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 08:32:41 ID:lYtnEwzb
488の続き 永遠に軍事力はなくならない、ならば我が国もバランスを取るために軍を持つべき。将来と現在を混同しない・・・大事なのは今どうするか。

491 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 09:10:46 ID:lYtnEwzb
490の続き つまり将来と現在を混同しないと言う言葉はそのままあなたに掛かっている、スレタイを読んでくれ、9条を放棄するかどうかだろ。この先どちらの考えがあっていてもかまわんが結果がでるまで待てんよ。何百年かかるものやら(笑

492 :日本国家評議会:2005/03/25(金) 09:38:25 ID:???
>>489

私たちは、あなた方の考えを支持する。

唯一の被爆国であるがゆえに、みたびあの地獄絵図をわれわれ日本国民が
被るようなことがあってはならないのである。
我々日本国民は、世界最強の核武装によって他国の不当な挑発を完全にブロックしなければ
ならないのである。
米国による2度にわたる原爆投下は、その恐ろしさを知っていながら、ダミーのB29によって
日本国民を防空壕から、おびき出し晴天の空のもとで、非戦闘員を世にも恐ろしい実験の
対象にしたのである。この犯罪とこの広島、長崎のきのこ雲のしたで繰り広げられた、
想像を絶する悲惨な状態をわれわれは、永遠に忘れてはならない。
言葉は何の意味ももたない。意味を持つのは、その恐ろしさをその行為と行動によって
他国に知らしめることが非常に重要なことなのである。それは、2発の史上最強の核または
それに変わる強力なるセキュリティー兵器を保持することによってのみ、他国は納得するのである。


493 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 09:48:51 ID:???
領土獲得戦争は普通に侵略行為とみなされるから、無主の地などもはやない今日において
わざわざ侵略者というレッテルを貼られる行為におよぶものなどいないはずであるが、領域と
境界をめぐる紛争は、今なお頻発しているな。アフリカの民族紛争、中東のパレスチナ、日本に
近いところでは、台湾問題。国境線がどうでもよいものなら、台湾と中国が一国であろうと
二国であろうと、どうでもよさそうだが、当面そういう方向に話が進みそうにない。

494 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 12:02:51 ID:ZFPoPdkm
>482 後もう一つ、国連の常任理事国は強大な軍事力を持つことを義務づけられているのは当たり前、国連は軍事同盟なんだから。敵国条項を知らない?

495 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 12:17:00 ID:???
>>494
敵国条項削除が議論されている今日この頃。

496 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 17:50:10 ID:???
>>493
>無主の地などもはやない今日において
>わざわざ侵略者というレッテルを貼られる行為におよぶものなどいないはず
そんなことはない。無主の地がないからこそ侵略になる。
無主ならば(或いは無主だと勝手に宣言して)何を行おうと侵略にはならない。

497 :日本国家評議会:2005/03/25(金) 18:06:11 ID:???
第三十三条 
   @ 宣戦についての決定は、日本人民共和国に対する軍事攻撃がおこなわれたとき、また条約にもとづき
     侵略に対する共同防衛の必要がうまれたときだけに、採択される。この決定は国会がおこない、国会の
     会議がひらかれないときは、国家評議会がおこなう。

   A 国家評議会は、国家の防衛・「天皇」の保護または安全保障のため必要と考えたとき、日本人民共和国の
     一部または全領域に戒厳を実施することができる。同じ理由で、国家評議会は、部分的または全般的動員
     を宣言することができる。
  
   B 国家評議会による戒厳令と動員令が発布されたときは、20歳以上のにほん国民はその支持にしたがって
     行動しその国土防衛を最大限優先しなければならない。


第六章 国民の義務

   第七十三条 日本の国土の安全と平和を維持することは、国民の権利でありまた崇高な義務である。よって
           満20歳以上の心身ともに健康な男子は3年間の兵役に服する義務を負う。   

第十章 日本人民共和国の領主、国歌、国旗、および首都
 
 第103条 日本人民共和国の領主は「天皇」であり、日本民族の有する国土、文化、伝統および繁栄を精神的に領有し
        保全する。これは日本国民の総意に基ずくものであり、日本人民たる国民は、「天皇」の継承をほごしなけれ
        ばならない。天皇の国事行為は別に定める。

 第104条 日本人民共和国国家は「君が代」である。「天皇」の安泰は日本人民の安泰を意味している。
 第105条 日本人民共和国の国旗は「日の丸」である。赤は日本人民の情熱と民主的社会主義国家の実現を意味し
        白は世界平和をあらわす。
 第106条 日本人民共和国の首都は、東京である。



498 :国家協賛党:2005/03/25(金) 18:12:12 ID:V18cZwW2
地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、最も神聖な犠牲は人間がその土
地のために流す血潮である。

499 :右や左の名無し様:2005/03/25(金) 23:45:05 ID:???
>>496
ええーっ、進出する方が無主の地と宣言さえすれば、その進出は侵略にならないって?
進出された方が、それに同意しなかった場合はどうなるのさ。進出する方は無主の地と
認識し、される方は無主の地でない、と認識している場合もあろう。パレスチナ問題など
そういう認識の食い違いがいまだあるわけだろう。

500 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 00:29:08 ID:???
>>499
同意など不要。無主の地なのだからね。
同意を求めるべき相手が存在しない。
パレスチナ?無主の地ではない。何千年もの昔に自分達の
ものだったところを我が手に取り戻しただけ。
主の不在に乗じその地を無法占拠していた者を排除抹殺するのは当然のこと
というのがユダヤの考え方。そして彼等自身がテロによって建国したのだ。

それに誰も(パレスチナ人およびそのシンパを除いては)文句を付けないのだから、力を持って圧倒できれば
何でもあり、勝てば官軍がこの世の現実。
反対にパレスチナの後押しをしようとしたイラクに言いがかりを付け
出兵し政権を打ち倒し、主のある地でさえ侵略する。
日本もその仲間なのだがな。倫理よりは損得ってことだ。


501 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 04:49:36 ID:ORpyl7Nz
>>485
>…ドイツはともかくフランスは冷戦中はNATOに入っていなかったんだが?
そう、ご指摘のよーにドゴーリズムで、圧倒的武力の米国にしばしば反米的立場をとったね。
ほら、武力なんて発言権には影響がないでしょ、ご自分で証明された(笑

>>486
>つまりアメリカに独、仏が反対できるのは仏の核の力がNATOに加わったことが大きい。
あれ、アナタ、ドゴーリズムのことを指摘したのではなかったの?やはりわかってない?
上記のよーに、仏は冷戦下でも反米姿勢をしばしばとったのよ。

>>487
>武力を持つ組織が暴走すれば反対する内部の人間は真っ先に殺されるものだが?
それは逆でしょ(笑、粛清は多くの場合、追いつめられてとられる手段。
粛清で民意を得た政権が史上ありや?

>>488
>続き将来市民が連携しても中国のような国があれば武力による制裁が必要となる。
必要ないよ、現に今だってされてないじゃん。

502 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 04:51:03 ID:ORpyl7Nz
>>490
>永遠に軍事力はなくならない、ならば我が国もバランスを取るために軍を持つべき。
「永遠」という規定は、哲学的にも社会学的にも困難、子供の議論なり(笑
その上、あなたの「永遠」はすでに上記で否定されている、論点先取だね。

>>491
>スレタイを読んでくれ、9条を放棄するかどうかだろ。…結果がでるまで待てんよ。…
そーだよ、将来、国軍がなくなる蓋然性が高いのだから、九条は捨てるにはおしい。
時間の問題ではない、アナタが待てないと言っても、歴史は動いてゆくわけ、ワカル(笑

>>493
>わざわざ侵略者というレッテルを貼られる行為におよぶものなどいない…
そーだね。

>領域と境界をめぐる紛争は、今なお頻発しているな。
そう、今の紛争はほとんどがそれ、ある意味では内戦、テロ、ゲリラ戦。
そんな中で、国軍は意義を失い、国境、国家も変容する。

>>494
>常任理事国は強大な軍事力を持つことを義務づけられているのは当たり前、
>国連は軍事同盟なんだから。敵国条項を知らない?
そーだね、だから敵国条項が変わらなければ日本の加入はない。
とゆーことは、軍事同盟が変質することを意味し、武力が意味を失う。
なんだ、ホントはお分かりじゃないですか(笑

503 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 05:05:45 ID:rFsTaTT9
>>500
>同意を求めるべき相手が存在しない。
ヒトが住んでて、無主の地ってあるのかね?新大陸発見のコロンブスみたいな(笑

>そして彼等自身がテロによって建国したのだ。
いいや、ユダヤがWWT以来の連合国への戦費援助の見返りで得た、テロではないな。

>それに誰も(パレスチナ人およびそのシンパを除いては)文句を付けないのだから、
>力を持って圧倒できれば何でもあり、勝てば官軍がこの世の現実。
これも違うな、大国以外とゆーか、大国の市民の多くは批判的だ。
勝てば官軍、いつの時代?、米国はイラクで官軍になってる?

504 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 05:45:26 ID:???
>>500
イスラエルにとって同意は不要だが、アラブにとってはそうでないわけで
だからずっと解決できずに、もめているわけだろう。暴力の連鎖をたちきるための
合意がなされてから、その合意が破られることの繰り返しだったな。

>>493
>そう、今の紛争はほとんどがそれ、ある意味では内戦、テロ、ゲリラ戦。
>そんな中で、国軍は意義を失い、国境、国家も変容する。

内戦やテロやゲリラに軍隊が対応するようになるのを称して、国軍が変容する
というのはわかるが、軍隊が意義を失うというのは証明されていないね。
内戦、テロ、ゲリラに対応する暴力の独占機関の不必要生の証明は。

505 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 07:02:53 ID:A7cbgvCn
>501 あなたの言うドーゴリズムの為に仏は独自の核兵器体系を整え、今でも米以外で唯一原子力空母を運用し、世界中に兵器を輸出する軍事大国なんだけど?発言力を増す為には軍事力が必要だと言ういい見本。

506 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 07:23:08 ID:A7cbgvCn
>粛正は最後の手段 私が言ってるのはクーデター等の際頻発する暗殺。組織の暴走についての記述なのに、民意ってあんた・・・組織をまとめるために内部の反対派を暗殺、監禁しクーデターを起こして権力を掌握、民意を気にするとしたらそれからだよ。

507 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 07:33:15 ID:A7cbgvCn
>503 永遠に軍事力はなくならない。これは確かに言い過ぎた、人類が滅びればなくなるわな(笑憲法を今なくすのは惜しい?将来奇跡が起きてあなたの言う通りになっても日本人の子孫がいなければ意味がないよ(笑

508 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 13:45:42 ID:6pb0FRZ8
505はドーゴリズムじゃなくてドゴーリズムね、間違いついでにドゴールが軍人であったことを忘れないように。後さ、常任理事国入りの為に、日本は一生懸命海外に自衛隊を派遣してるよね。

509 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 14:12:02 ID:A7cbgvCn
508の続き つまり日本は国連と言う軍事同盟に参加可能な軍事力を行使できることをアピールしてるんだよ。それでやっと、敵国条項を外してもらえそうだ。今まで、かなり国連に金を払っても変えてもらえなかったのにね。未払いでも大きな顔してる国もいたしね。

510 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 14:26:52 ID:0QpB7nm+
>1
憲法を改正して、きちんとした軍隊として、国際貢献をしていくことこそ
日本の国益につながると思います。

511 :日本国家評議会:2005/03/26(土) 14:38:33 ID:???
>>510

国際貢献の前に、国土防衛のコンセンサスを得ることがまず第一だとおもう。
国民一人一人が国防について常に意識し責任を持つことだと思う。
徴兵制はその意味で我々は必要だと思う。
国際貢献については国民は口を開くが、一番大切な国防論になると
みな逃げている。違いますかね。


512 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 16:01:10 ID:c02eIfJj
>>504
>内戦やテロやゲリラに軍隊が対応するようになるのを称して、国軍が変容する
>というのはわかるが、軍隊が意義を失うというのは証明されていないね。
社会学的に「証明」するというのは難しい、というよりムリだろね(笑
軍隊が意義を失うというのは、現象と蓋然性から「推定」した、詳しくは過去ログをどーぞ。

>>505
>今でも米以外で唯一原子力空母を運用し、世界中に兵器を輸出する軍事大国…
空母持とうが輸出しようが、軍事力というのは相対的なものでしょ。
「永久」論議同様、アナタのハナシは論理性に欠ける。
要するに、圧倒的な軍事力の差がありながら対等に話ができる。
すなわち発言権に軍事力は関係ない、わかるかな(笑

>>506
>クーデター等の際頻発する暗殺。…民意を気にするとしたらそれからだよ。
やはり民意を気にするわけね(笑
民意を離れては、武力による支配は長続きしないことはお分かりのよーで。

>>507
>人類が滅びればなくなるわな…
そーゆーことじゃないよ、失礼ながらアナタどうも論理性に欠ける。
「永久」という命題がたてにくい、ということだけど、わかんないだーな(笑

513 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 16:19:45 ID:6NYpbSgY
>>508
ドーゴリズム…仏語に忠実に表記した…ウソ、失礼!
自衛隊は表向き、軍隊ではない、とゆーことになっている(笑

514 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 17:39:01 ID:6pb0FRZ8
>512 あなたこそ、論理性にかけてないか?軍事力が発言力につながらなければ、金のかかる原子力空母や核兵器を仏が持つ理由は?ドゴーリズムの本旨は米に頼らない防衛力の整備による、確固たる地位の確立のはずだが?

515 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 17:45:49 ID:6pb0FRZ8
514の続き、民意を気にするならそれから・・・この言葉だけに反応して理論をすり替えないように。永遠にについてもそうだけど過去ログ見てると自分が有利な部分だけに反論してるね。

516 :右や左の名無し様:2005/03/26(土) 18:17:12 ID:6pb0FRZ8
さらに続き、では組織を暴走させる事無く運用する方法は?互いの組織に仲間がいる←鷹派により反対派は暗殺される。じゃあどうする?まずはここから答えてもらえますか?

517 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 01:39:32 ID:???
>>511
>現象と蓋然性から「推定」した

「推定」じゃなくて、「期待」「希望」「願望」の間違いじゃないの?俺も世界中から軍隊が
なくなればよいという空想くらいなら、たまにはめぐらすよ。

518 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 04:08:38 ID:/NTWlcK0
>512 さらに気付いた一点、自らの持論が推定に過ぎない事を認めたにもかかわらず9条を今なくすのは惜しいと言う。ゴミをためこんでないかい?いつか使うかもしれないとか言って(笑)

519 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 09:47:52 ID:HhznQnCN
>>514
>金のかかる原子力空母や核兵器を仏が持つ理由は?
これはアナタの言葉が引用できる。
国が、国民を必ず守ってくれるという幻想から、国民が金のかかる軍備を許した。
で、高額軍備は、それをなしただけで、特定層の大きな儲けになる。

>>515
>自分が有利な部分だけに反論してるね。
おもしろいもんだね、ボクはアナタに対してそのよーに感じていたよ(笑
面倒だけど、最初の方の2-3を挙げてみよう。

1.潤沢な経済力のある産油国ですら、強圧的支配が国民の戦意を維持することも困難、
2.軍事力による侵略・支配の政治的・経済的効率から、割に合わないことは多くの国が承知している。
3.そんな計算もできない国に、他国を軍事侵略するほどの経済力を持つことは不可能に近い。
こたえてみそ(笑

で、アナタが反論して欲しい部分てどれ、教えてちょ。

520 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 09:49:07 ID:HhznQnCN
>>516
>組織を暴走させる事無く運用する方法は?
ないよ、暴走して自滅する。

>互いの組織に仲間がいる←鷹派により反対派は暗殺される。
だから、そうして暗殺を繰り返して民意が得られる?
民意が得られなければ、北朝鮮やムカシの東欧のような国になるね。
で、自滅する。

アナタのようにそれが見えないヒトばかりでないから、「鷹」派からも反対者が出る。

521 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 09:50:05 ID:HhznQnCN
>>517
>「推定」じゃなくて、「期待」「希望」「願望」の間違いじゃないの?俺も世界中から軍隊が
なくなればよいという空想くらいなら、たまにはめぐらすよ。
表現は空想でも良いのだが、将来の予想と言うのは、証明は困難、推定以上にはなりえない。
で、月面着陸は、かつて、空想だったが実現した(笑

>>518
上記参照。
アナタは、社会学的議論の方法をも少し学ばれたら良い、アナタの意見がゴミにならないよーに(笑

522 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 11:30:36 ID:/esIz48K
>>472
そうした社会では報復として、店を壊した分を、犯人の体を壊されても神の思し召しとして容認される。

因果応報は万国共通だ。

523 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 11:34:29 ID:/esIz48K
>>480
極端な例を出しても説得力はない。

犯罪をする警察官がいるからといって、警察組織を否定するのは間違いだ。

524 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 17:22:06 ID:/NTWlcK0
519 まず、例1のような国は520で挙げたように実在する、そして自滅する前に例2のような国に侵攻する、だから仏のように高い軍事費を払っても国民は納得する。例3については他国に侵攻する理由は上記の通りなんだから関係ない。

525 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 17:30:29 ID:/NTWlcK0
続き 組織が暴走しても北朝鮮のような国になり自滅する。上記のようにそれが危険だから日本も軍事力を持てと言うのが私の持論だが?問題は自滅する前に他国を侵攻する時間があること。北朝鮮は、あの状態で半世紀自滅はしてないね。

526 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 17:50:19 ID:/NTWlcK0
521 仏の例を国対国の発言力の問題から一部の人間による国民支配の問題に置き換える手法はみごと!社会学とは挙げ足とりの学問かね? 仏のNATO脱退時の世界情勢は?仏の軍事力は?その後の米に対する仏の発言の変化は?すべてを考慮してそんな結論か?

527 :日本国家評議会:2005/03/27(日) 21:10:42 ID:???
横からごめん

1923年1月11日フランスとベルギーがルール工業地帯を占領
第一次世界大戦前 1ドル=4.2マルク
1923年1月2日・・・・・1ドル=7260マルク
1923年7月・・・・・・・・1ドル=160000マルク
1923年10月・・・・・・・1ドル=200000000マルク
1923年11月・・・・・・・1ドル=4000000000000マルク

この異常な経済状態において、ドイツ民衆に夢と希望を颯爽と訴え実行した
アドルフ・ヒトラーを誰が責めることができようか。
勝てば官軍、米国の今の異常な暴走はもっと罪深いと思うのですが。

528 :日本国家評議会:2005/03/27(日) 21:15:22 ID:???
我々の考えていること

1 日本国家勤労者を天皇の元に結集させ、独占大資本企業体を国家管理統制する。天皇は我々国家勤労者
  の総体をなす。
1 金権政治体制を打破し、挙国一致の厳格な規律に基ずく一党独裁体制をとる。その党は、天皇を精神の支柱とする
  国家勤労者によって形成される。
1 自主憲法を制定する。
1 日米安保条約を破棄し、陸・海・空の日本国軍を創設。駐留米軍の完全撤退を要求する。
1 戦後教育を見直し誇りある日本国民を育成する。
1 日本国及び日本国民の安全保障に関する基本事項を制定する。
1 立法・行政・司法のそれぞれの権限は、すべて日本国勤労者による党の委員会によって公使される。
1 日本国の防衛と安全保障を最大限に行使すべく、核兵器の保持及び抑止力としての強力なミサイルを保有する。
1 南樺太及び北方領土の返還を要求する。
1 当然予想されるであろう、米国による制裁に対してはひるむことなく毅然たる態度で対応する。すなわち
  強力なる核の開発と先進的兵器の開発を推進しなければならない。資源の調達は、亜細亜の同胞との
  友好関係によって実現されなければならない。

ご意見あればお伺いしたい。

529 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 22:53:18 ID:8VBZOk6v
小学校と子どもの人権
3月まで、「子どもの人権」最優先の開校20年程度の小学校に勤めていました。
そこでは、運動会の種目も子どもが決めていました。

4月から、開校100年の昔ながらの学校に勤務になりました。
学習指導要領が変わったのに、教育内容が変わらない部分もあり、10年前にタイムスリップした気分です。
例 ・色覚検査が計画に入ってました。「今年度からやらなくてよいはず・・・」と発言した    ら、殆どの人が「???」でした。
とりあえず、1例まで。
これからもっと出てくると思う。

子どもの人権に照らし合わせて、変だなーと思うことをここで話してみませんか。
私も気づかないことが、まだまだいっぱいあるから、知りたいです。
そして、子どもたちが生き良い環境を作っていきたい・・・これはちょっと大げさですね。
とにかく、お話しましょ!
http://bbs.teacup.com/?parent=social&cat=2150&topics=2


530 :右や左の名無し様:2005/03/27(日) 23:03:32 ID:???
>>521
>で、月面着陸は、かつて、空想だったが実現した(笑

月面着陸は空想であったが、実際に月面着陸が行われたなら、月面着陸は可能と
証明されたことになる。月面着陸の可能性を証明するためには、何がなされるべきか
空想にすぎない時点でも、はっきりしている。軍備の全面的廃絶については、現時点で
空想的であるうえに、軍隊の廃絶が行われたという客観的な証明が存在しうることすら
疑わしい。したがって、軍備の廃絶の可能性を説得するに当たり、そのような類例の提示
には、説得力がない。空想が現実化しうるという反証になるだけだ。 軍備の廃絶が
客観的な歴史観察から導けるというのは、当人の希望の投影であるというのは、どうも
否定できないようだね。

531 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 12:02:00 ID:CEWZkVw8
>>524
>例1のような国は520で挙げたように実在する、
>そして自滅する前に例2のような国に侵攻する、
イラクは戦意を維持できなかったね、他にはないでしょ。

>例3については他国に侵攻する理由は上記の通りなんだから関係ない。
だから、イラク以外にないでしょ、ほーら、答えられないじゃなーい(笑

>>525
>続き 組織が暴走しても北朝鮮のような国になり自滅する。
>上記のようにそれが危険だから日本も軍事力を持てと言うのが私の持論だが?
>問題は自滅する前に他国を侵攻する時間があること。
>北朝鮮は、あの状態で半世紀自滅はしてないね。
だから、どこの国だって北のよーにはなりたくないでしょ。
現実に前世紀以来、このような国は激減しているし…
ま、今の北に他国を侵略する余力などないことは、あなたもわかるでしょ。
だーかーら、北のような国に対する国軍の要はなくなってゆくのだよ。

532 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 12:03:10 ID:CEWZkVw8
>>526
チミチミ、自分のカキコをわすれてはこまるなぁ(笑

アナタの>>514をそのまま載せる。
>>軍事力が発言力につながらなければ、
>>金のかかる原子力空母や核兵器を仏が持つ理由は?

で、私のカキコ
>国が、国民を必ず守ってくれるという幻想から、国民が金のかかる軍備を許した。
>で、高額軍備は、それをなしただけで、特定層の大きな儲けになる。
どこにすりかえがあるの?

で、>すべてを考慮してそんな結論か?
哲学を除いて、学問と言うのは、抽象が基本、「すべて」なんて不可能っしょ。
で、その細い質問には、アナタの見解を付けてからまたどーぞ。
でないと、的が絞れない。

533 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 12:04:04 ID:CEWZkVw8
>>530
>月面着陸の可能性を証明するためには、何がなされるべきか
>空想にすぎない時点でも、はっきりしている。
それは、誰の評価?、キミの?
>軍備の全面的廃絶については、現時点で空想的であるうえに、
>軍隊の廃絶が行われたという客観的な証明が存在しうることすら疑わしい。
これは、誰の評価?、キミの?

アナタ、やはり社会学的議論の方法を学ばれた方がよろしいよ-な(笑

534 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 15:13:33 ID:???
>>533
>これは、誰の評価?、キミの?
世の中の定説ですな。
人が闘争するのは本能であって、食欲や性欲と同じもの。
人がこの世に存在する限り闘争はなくならず、軍備もまたなくなることはない。

535 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 20:26:00 ID:dNKVxdTv
>531 イラクは戦意を維持できなかったけど、侵攻したよね自滅する前に。そして戦意を維持できなかった理由がアメリカの軍事力だと何度説明させるのかな?

536 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 20:34:49 ID:dNKVxdTv
535の続き北朝鮮に他国を侵略する力はない・・・侵略する力はあるよ長続きはしないだろうけどほっとくわけには行かないでしょ(笑)あと、北朝鮮とイラク以外にも南米やアフリカにはいくらでもあんな国があるんですけど・・・

537 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 21:56:38 ID:dNKVxdTv
532 あのねぇ私は軍事力が発言力につながるかどうかを議論しているんだ。少しは得意の推定をしてくれよ。仏の態度はなにを拠り所にしてるの?だいたい軍事力が国を守ると国民が幻想をもつなら発言の根底は軍事力だろ。

538 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 07:17:10 ID:???
>>533
そりゃ俺が書いた文であるから、俺の評価であるといえるが、月面着陸が実現することに
よって、月面着陸が可能であることが証明される、なんていう議論は、犬が西むきゃ尾は東
くらい常識的なことだろうよ。どうも社会学社会学いうのがお好きな御仁だね。軍隊が将来
不必要になるか否かは社会学的問題であるが、月着陸の可能性を論ずるのは、基本的に
社会学の領域の話じゃありませんな。したがって、そんなたとえには大して意味がないと。

>軍隊の廃絶が行われたという客観的な証明が存在しうることすら疑わしい。
俺の評価ではあるが、>>534にあるとおり「世の定説」という評価もあるから、たんなる
個人的な評価とは言えないな。国民国家が無意味になる究極的な状態を想定すれば
それは世界政府の実現であろうが、世界政府が実現したところで、軍隊が不必要になるとは
思えない。ましてもっと多元的な世界で多元的な利益が衝突すれば、安全保障の要としての
軍隊の必要性が、世界政府の下での軍隊の必要性より低くなるということは考えられないね。

539 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 12:28:44 ID:wxfOBkoh
月をめざす空想は人類が持つ夢であり、現実にしようと国の威信にかけて予算と技術がつぎ込まれたが。国が国をなくすために予算は付けないね(笑)誰がそれを現実にするの?例えになってないね。

540 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 12:39:34 ID:wxfOBkoh
議論の根本がおかしいんだよ、国境がなくなるためには、国の指導者層が既得利益を手放す必要がある。それも全世界同時に可能なの? 全世界同時にできなければ軍事力が必要なままだよ。

541 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 12:54:27 ID:VYNBVwhk
軍隊を否定するような奴とまともな国防論議などできない。

地震対策や火災に対して備えるなら、戦争に対しても充分な備えをするべきなことは理解できるはずだ。
そんな基本も判らない奴などに説明しても無駄だ。

542 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 19:51:06 ID:IEA0Eur/
日本の憲法九条が国際的に注目されている

・ハーグ世界平和市民会議で確認された
「公正な世界秩序のための基本十原則」第一項では
「各国議会は、日本の憲法九条のように、自国政府が戦争をすることを
禁止する決議を採択すべきである」と謳われた。

・国連ミレニアムフォーラムでの
「平和安全保障及び軍縮テーマグループの最終報告書」では
「全ての国が日本国憲法九条で述べられている戦争放棄の原則を
自国の憲法に於いて採択する」という提案が取り上げられた。

・アメリカでは米国憲法に憲法九条の精神を織り込むことを目指す
「憲法九条の会」が生まれた。

・ヨーロッパではEU憲法に「戦争放棄」の条項を
書き込もうという運動が起きている。

543 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:10:35 ID:wrfKVdPW
>>534
>世の中の定説ですな。
で、約200年前、ジュール・ベルヌが月面着陸を書いた時、誰も定説とは思わなかったろーね。
そもそも定説とは誰が決める?それもキミ?
オイラのは定説、アンタのは空想、だからオイラの勝ち…か(大笑

アナタは、例えば、>>535サンの様な論法を学ばれるとよい。
対立者よりももっと蓋然性の高そうな事象を示して反論するのだよ。

>>535
>イラクは戦意を維持できなかったけど、侵攻したよね自滅する前に。
>そして戦意を維持できなかった理由がアメリカの軍事力だと何度説明させるのかな?
そんな説明、一度も聞いた覚えはないが、理由の一つだろうね(笑
ただ、東チモールは、インドネシアとの圧倒的な軍事力の差を越えて旺盛な戦意を示した。
やはり、圧政下の軍隊は果てしなくもろい、それにほとんどの指導者は気づいている。

544 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:11:09 ID:wrfKVdPW
>>536
>…侵略する力はあるよ長続きはしないだろうけどほっとくわけには行かないでしょ
兵器はボロボロ、兵站能力はゼロ、侵入した先で兵隊が脱北しちゃう(笑
こんな北朝鮮に侵略能力があるとはいえないね。

>南米やアフリカにはいくらでもあんな国があるんですけど・・・
だから、そーゆーのは部族とか麻薬集団とかで国の体をなしていないでしょ。
もちろん、国軍の争いとはいえない。

開発途上とゆーか中世を引きずっているよーな"後進国"の在りようは全然参考にならん。

>>537
>少しは得意の推定をしてくれよ。
とゆーことは、「すりかえ」ていたのはアナタの方だったと認めるわけね。
そーゆー場合には、素直に謝るべきだと思うが(笑

>だいたい軍事力が国を守ると国民が幻想をもつなら発言の根底は軍事力だろ。
軍事力は、国民に幻想に基づく蛮勇を与える、と言いたいわけ?
高価で危険なおもちゃだ(笑
とゆーことは、国際軍事バランスが発言権に無意味であることは分ったとゆーことね?

545 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:11:33 ID:wrfKVdPW
>>538
>月着陸の可能性を論ずるのは、基本的に社会学の領域の話じゃありませんな。
これは、社会学の基本手法の一つである蓋然性の説明のために、キミにも分りそーな例を挙げた。

>「世の定説」という評価もあるから、たんなる個人的な評価とは言えないな。
キミ、何歳か知らんけど、ライフスペースのオヤジみたいなことを言うね(笑

>それは世界政府の実現であろうが、…
いいや、ちがう、一種のトロッキズムだ、トロッキーはキミには難しいか…ウーム。

546 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:23:36 ID:LuNG9uqO
>>540
議論の根本がおかしいんだよ、
>国境がなくなるためには、国の指導者層が既得利益を手放す必要がある。
その逆、国境が変質すれば、市民が指導者層の利益のために被る危険を少なくなる。

>それも全世界同時に可能なの? 全世界同時にできなければ軍事力が必要なままだよ。
そんなことはない、地域によって国軍を廃止している。
個人的には、東アジアでも可能だと考える。
ただ、中東ではムリだろうね。

>>541
>軍隊を否定するような奴とまともな国防論議などできない。
「国防」というモノが幻想だといっている、過去ログをごらん(笑

>地震対策や火災に対して備えるなら、戦争に対しても充分な備えをするべきなことは理解できるはずだ。
人災の戦争と天災の地震を同一視する?
>そんな基本も判らない奴などに説明しても無駄だ。
ともいわずに、相手してあげた(笑

547 :右や左の名無し様:2005/03/29(火) 23:45:30 ID:wJ4XIiZm
>>542
日本の憲法をもとにして憲法を作った国は数多くあります
しかし、9条は盛り込まなかったという国が大半です
理想論ではどうなってるか知りませんが、事実は、9条は非現実的という見方が普通なんです

548 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 00:08:04 ID:ZMnLNayD
>>544
>こんな北朝鮮に侵略能力があるとはいえないね。

北朝鮮の工作員が数十人武装して侵入したとき、韓国がどれだけ混乱したかしらないのか?
脱北者や難民として国境を越えてきたら其れを皆射殺が出来るのか?

フセインの残党のような活動は国境を越えてからいくらでも可能だ。
支配は出来なくとも破壊工作は可能であり、それをすべて防止することなど出来ない。


549 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 00:16:00 ID:ZMnLNayD
>人災の戦争と天災の地震を同一視する?

予想できる災害に備えるのは、学習能力があるなら当然のことだ。
被害を極限まで少なくする努力は為されるべきだ。

550 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 00:25:16 ID:ZMnLNayD
>「国防」というモノが幻想だといっている、

はあ?国家を否定しているのか?馬鹿だ。

組織の存続、防衛は組織の使命だろう。組織の目的遂行のために組織の維持防衛は当然のことだ。
日本人の生命財産を護り快適な生活をさせるのが国家の使命だ。
使命を遂行していく為には、妨害に備えるのは当然だ。

551 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 01:29:58 ID:???
>>545
>社会学の基本手法の一つである蓋然性の説明

蓋然性が社会学における学問的な概念であると繰り返しいうからには、計量化くらい
できてるんだろうね。計量化もできないのに、蓋然性という概念を振り回したところで
社会学オタクの概念フェチとしか見えないね。

>一種のトロッキズムだ

永久革命論ですか。こりゃまた結構なものをもちだしてきたね。現代政治のダイナミクスの
いきつくところをトロキツズムでもって説明しようと言うわけだ。民主主義への道は永久革命の
道。終わり無き領域の越境、革命、闘争こそが必要と。世界中の独裁体制を打倒するまで
やまじ、というネオコンとトロツキズムの類似性が指摘されるのもむべなるかな。

552 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 11:16:04 ID:KikS3JCZ
546 地域によって国軍を廃止している・・・非武装同盟の例ならあるだろうが。軍事力(同盟も含む)をまったく持たない国とは何処?

553 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 17:07:45 ID:KikS3JCZ
546 後進国は参考にならない?先進国が軍事力をまったく持たなければ後進国の軍事力にやられると思うが? 侵略と侵攻の違いがわかるかな?侵略は長期支配を目的とするが侵攻は一時的なもの北朝鮮は侵略は失敗しても侵攻は可能だと言っているんだが?

554 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 17:58:23 ID:KikS3JCZ
↑すまない、自分で侵略と書き間違えてた。北朝鮮の話は侵攻と読み替えてね。

555 :右や左の名無し様:2005/03/30(水) 18:38:28 ID:WxCXvp+e
北朝鮮に侵略能力はある。普段から餓えに肉体を慣れさせ僅かの食糧で長期間戦える。日本国内には工作員や在日の朝鮮料理屋があるだろう。問題は船だな。日本の海岸にたどり着ければ日本をボロボロに出来るだろう。

556 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:13:12 ID:AOAxQd3B
まぁ、なんだ兵器がボロボロ、兵站もダメ兵士にやる気無だから侵略できない?遊撃戦は?正面から戦車や戦闘機が戦うのだけが戦争じゃないってこと。あと兵士は脱北しなくても侵攻先で略奪して満足するんじゃない(笑)

557 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:14:51 ID:86OZsjGt
>>547
>しかし、9条は盛り込まなかったという国が大半です
>理想論ではどうなってるか知りませんが、事実は、9条は非現実的という見方が普通なんです
そうね、地域によっては、今現在、すぐに国軍放棄は無理だろーね。
ただ、20世紀初頭からの歴史を見ると、国軍が意義を失いつつあり、将来はなくなるだろう…ということ。

548
>北朝鮮の工作員が数十人武装して侵入したとき、韓国がどれだけ混乱したかしらないのか?
>脱北者や難民として国境を越えてきたら其れを皆射殺が出来るのか?
で、どーしました韓国は金正日の支配下になってるの?
後半は意味不明。

>フセインの残党のような活動は国境を越えてからいくらでも可能だ。
それは国軍とは言わない、議論のスジが違う(笑

>>549
>予想できる災害に備えるのは、学習能力があるなら当然のことだ。
人災と天災では、予測の方法論がまるでことなるのは当然よ(笑

>>550
>はあ?国家を否定しているのか?馬鹿だ。
キミ、中学生?、過去ログを呼んでからカキコしてね(^.^)
話にならん(笑

558 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:15:19 ID:86OZsjGt
>>551
>…計量化くらいできてるんだろうね。…
計量化? 数量化のことか? ここは、学会だったか(大笑い

>永久革命論ですか。…
「一種の」に注目してね。
生物社会は、政府がなくとも秩序が保たれている。
市民グループの自然なけん制が、政府がなくともある程度の秩序を生み出す…ということ。
どこぞのHPで生勉強してもだめだよ(笑

>>552
>軍事力(同盟も含む)をまったく持たない国とは何処?
何度も言うが、国軍のことをハナシているし、武力が前面的になくなるとも言ってない。
たとえば、コスタリカは、国軍をもたない、そーゆーことを言っている。

559 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:15:54 ID:86OZsjGt
>>553
>先進国が軍事力をまったく持たなければ後進国の軍事力にやられると思うが?
キミもお話のスジを見てないねぇ…将来を推定するのに、後から来る国は参考にならない。
それに、武力をまったく持たないなどと、誰が言いました? 過去ログ読んでね(笑

>侵略と侵攻の違いがわかるかな?
それは、よく、日本政府が使い分けるね(笑
キミの言う意味だったら、たしかに、侵攻は可能だろーね、でも、それじゃ疲弊するだけで意味がなかろーに。

>>554
オーライ、ドンマイ!

>>555
>普段から餓えに肉体を慣れさせ僅かの食糧で長期間戦える。
それには、意思が必要で、金正日のために何人、それをするだろーね(笑

>…日本をボロボロに出来るだろう。
そうね、原発破壊とか、可能だろーね。
で、日本がボロボロになったら、覚せい剤も売れなくなるし、パチンコ屋からのアングラマネーも入らなくなる。
金正日は、自分の首を落とすことになる。

560 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:30:41 ID:AOAxQd3B
559 いや、疑問なのは 市民グループの牽制で国という単位で武力を持たなくなったら誰が武力を統治するか?細かい単位ではそれこそ兵站なんかできないし。

561 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 07:39:57 ID:AOAxQd3B
560続き つまりきみの言うごとく兵站無の戦えない武装組織では後進国が冨を無理矢理先進国から奪おうとしたらどうしようにもないわけ。

562 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 08:53:51 ID:???
>>558
計量化も数量化も意味は同じこったよ。社会学の学会で発表でもしたことあるの?
それなら社会学の専門家と認定して、ただの社会学オタクであるという罵倒は取り消す
けどさw

>生物社会は、政府がなくとも秩序が保たれている。
>市民グループの自然なけん制が、政府がなくともある程度の秩序を生み出す…ということ

どっちかっつーと、クロポトキンの「相互扶助論」を連想すんな。
生物世界に秩序は存在するだろうが、それは必ずしも平和的秩序とは限るまい。
自然界の秩序は弱肉強食、適者生存であるとすれば、人間社会においても戦争が
あることが自然であるともいえよう。

563 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 16:03:55 ID:rhpG3tVR
>>557
>それは国軍とは言わない、議論のスジが違う

北の軍事力だ、存在する以上は無視できない。国軍と言わないとしても放置は出来ない。
北朝鮮の軍http://members.at.infoseek.co.jp/speed011/gun.htm
北朝鮮の軍は、対南面では'南朝鮮革命と解放'を通した'全韓半島の共産化'という
党と主席の政治的目的を実現するための武力手段と解釈される。
また世界最大規模である12万余名の非正規戦能力を持った特殊部隊がある
人口の約30%を動員対象にして現在748万余人に達する予備戦力を確保している。


564 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 16:20:32 ID:rhpG3tVR
>548
>>
>>北朝鮮の工作員が数十人武装して侵入したとき、韓国がどれだけ混乱したかしらないのか?
>>脱北者や難民として国境を越えてきたら其れを皆射殺が出来るのか?
>で、どーしました韓国は金正日の支配下になってるの?

数ヶ月間経済活動が停滞した、株が下がり外資が逃げ出し国際的信用が下落した。
外資の借入金利が上昇した、大きな経済損失を受けた。

>後半は意味不明。

12万余名の非正規戦能力を持った特殊部隊が工作員として、戦乱の初期に脱北者や難民を装って国境を越えてくることがある。
その時は簡単な武装解除で韓国へ後送をしてしまうだろう、浸透を防ぐことは非常に困難だろう。




565 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 20:43:11 ID:AOAxQd3B
559へまとめとして。 市民グループの牽制で国が意味を失うとの予想に対して、人間とは・・・自分の為に人を殺すし、集団となれば別の勢力を排除する本能があることを忘れないでほしいと思う。

566 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 20:50:13 ID:AOAxQd3B
565の続き それに対しグループ毎に構成員が重なる事で争いにくくなるとの見解だが、グループ内の反対派は暗殺され、多数派が組織を牛耳ることは往々にしてある。

567 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 21:00:18 ID:AOAxQd3B
566続き そして、組織が一部の人間に操作されやすいこともいくつも例がある。そして、そのような組織から自分の組織を守る為に武装が必要となる、その武装を運用するには結局、国家単位でなければ難しい・・・これが私の考え。

568 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 21:32:01 ID:i+CI2Uu7
国家が武装を管理しなかったら犯罪天国になるわな。

569 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :2005/03/31(木) 22:41:48 ID:SpznoU0a ?
右翼・保守・極右・愛国者・軍国主義者・民族主義者・武士気取り・国士気取り・通り魔予備軍・文学的変態・言論チンピラ・ネットチンピラたちに質問します。
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



570 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 22:51:52 ID:Sib6jQum
>>569 強盗が鉄砲持ってたらどうするの?話し合いで解決するの??自分で戦うか、
警察を呼ぶしか無いでしょ、君は家族が犯されて、金品を強奪されて、殺されても、
非戦なの???国も同じでしょ、軍事力を持った外敵には、軍事力を持って戦う他無い。

571 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :2005/03/31(木) 23:04:41 ID:SpznoU0a ?
>>570
質問の答えになっていませんよ。「方法」を答えてくださいな。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。



572 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 23:08:17 ID:Sib6jQum
駄目だ基地外にからんじまった、基地外だから話に成らない。

573 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :2005/03/31(木) 23:30:52 ID:SpznoU0a ?
>>572
逃げるんですか? 逃げるんじゃないのなら以下の質問に答えてください。ok
繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。




574 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 23:56:57 ID:5NOg2MDM
>>573 質問自体意成してないよね基地害は相手されなくて当然。

575 :右や左の名無し様:2005/03/31(木) 23:59:28 ID:eH6xRUXe
>>573
具体的な方法?
それは、例えば、「ノドンを打ち落とすには迎撃ミサイルを発射する」みたいのでいいの?
あんまり意味がないように思えるが、それでいいなら答えるよ

軍事力を用いて国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法(以下、国を守る方法)は、
具体的にだから、具体的事例を挙げて説明すると、
キューバ危機のように、ソ連がキューバに核を送り込んだ時、
まずソ連はなぜキューバに核を持ち込んだかを考える必要がある。
そもそも核というのは非常に強力な兵器であり、それを他国に与えるというのは、他国を軍事的に強力にすることである
他国を強力にするというのは、軍事的に独立させるおそれがあり、ソ連にとっては、キューバがソ連に敵対する可能性もあるということになる
しかし、実際は、ソ連はその危険をも犯し、キューバに核を持ち込んだ
それはつまり、キューバの軍事的独立以上に軍事的に危険な事項があったということである
当時の時代背景(冷戦)を考慮にいれ、戦力的・思想的・地理的に見れば、ソ連の最も恐れた国はアメリカである
だから、キューバへの核の持ち込みは対アメリカであったと考えるのが妥当である
キューバの核武装が判明してから、アメリカがソ連にすぐに抗議した事実を見ても、それがアメリカの脅威になったことは明白である
だが、結果として米ソは戦争には至らなかった
アメリカにとってはキューバの核は非常に危険な存在だったにも関わらずである
ソ連がアメリカ牽制のためにキューバ危機を引き起こしたとなれば、米ソ戦が避けられたのは、ソ連の予定通りである
ソ連が米ソ戦のきっかけとしてキューバ危機を引き起こしたとなれば、ソ連にとってこれは失敗である
事実は前者である、というのは、キューバ危機以降、両国の接近は著しかったことから分かる
もし、後者であれば、ソ連はまたなんらかの挑発行為を示したはずである

これから分かるのは、兵器は国家間の政治利用されうる、国を守る方法であるといえる




576 :575:2005/04/01(金) 00:00:06 ID:eH6xRUXe
ついでに

>右翼・保守・極右・愛国者・軍国主義者

これはおかしい
他のものは主観的で、なんとも言えないから反論しないが、
左翼の代表であるソ連・中国の武装は核などの面からも強大であると分かるし、
革新(保守の逆、通例的には革新は共産という意味)も暴力革命を是認、
軍国主義国家(ナチスドイツ・大日本帝国)に勝利した国(英国・米国)が軍国主義国家より小さい軍事力だというのは矛盾する

577 :kouei38非戦主義 ◆bLAROckCS6 :皇紀2665/04/01(金) 00:30:18 ID:zRvWRVHh ?
>>575
抑止論ですね?
抑止力は他国に対して軍事的な脅威・脅迫・恐怖・恫喝的外交として作用します。
それらは圧力でありその圧力が爆発(戦争)の原因となります。つまり抑止力は
戦争の原因だったのです。だから君が言うところの抑止力である軍事力は国や
国民の生命財産を守ることはできません。できないので軍事力で戦争から国や
国民の生命財産を守る方法はありません。理解できますか? それでも軍事力(抑
止力)で戦争から守れると主張するなら以下の質問に真正面から答えてください。ok

もう一度繰り返し質問します。軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。

            ∧_∧|
            ( ´∀` )づ  今日はこのくらいで勘弁してあげます。
           /  _ノ⌒⌒⌒`〜、_ もう寝るからな。以上
        ( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
       ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃

578 :右や左の名無し様:皇紀2665/04/01(金) 00:59:08 ID:???
>>577
皇紀とは何だ!不謹慎だ!


579 :右や左の名無し様:皇紀2665/04/01(金) 01:38:30 ID:G7BGujHq
577に質問します。道路交通法で交通事故から生命財産を守る具体的かつ効果的方法を答えてください。

580 :右や左の名無し様:皇紀2665/04/01(金) 01:51:46 ID:G7BGujHq
577に再び質問します。警察力で犯罪から国民の生命財産を守る具体的かつ効果的方法を答えてください。

581 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 10:06:49 ID:XGIs2/C0
>>560
キミね、300位からの過去ログを読みなよ、よーくわかるよ。
それにしても、軍隊信奉者というのは、視野が狭く、頭が固い(笑

>>562
>計量化も数量化も意味は同じこったよ。
ちがう、社会的因子を数量化して計量する…というのが正しい。
それに、キミの論法があまりに幼いので、引用したにすぎない(笑

そもそも社会学会というものが存在しない、○○社会学会というのはあるけどね。
社会学理論は、あらゆる学会で活動する上での常識。
だから、キミに教えてあげたよーな理屈は、学会のテーマになりえないほどの基礎なのだよ、ワカル?
で、ボクの専門は社会病理学、発表だけだったら学生時代からだよ(笑

クロポトキンは的外れ、平和とも争いがなくなるともしてない、国が変容し国軍がなくなる…と。
で、も一度言うが、意地になって生齧りの知識を開陳するのはやめたほうがいーよ(笑

582 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 10:08:48 ID:XGIs2/C0
>>562
>計量化も数量化も意味は同じこったよ。
ちがう、社会的因子を数量化して計量する…というのが正しい。
それに、キミの論法があまりに幼いので、引用したにすぎない(笑

そもそも社会学会というものが存在しない、○○社会学会というのはあるけどね。
社会学理論は、あらゆる学会で活動する上での常識。
だから、キミに教えてあげたよーな理屈は、学会のテーマになりえないほどの基礎なのだよ、ワカル?
で、ボクの専門は社会病理学、発表だけだったら学生時代からだよ(笑

クロポトキンは的外れ、平和とも争いがなくなるともしてない、国が変容し国軍がなくなる…と。
で、も一度言うが、意地になって生齧りの知識を開陳するのはやめたほうがいーよ(笑

583 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 10:10:01 ID:XGIs2/C0
>>560
キミね、300位からの過去ログを読みなよ、よーくわかるよ。
それにしても、軍隊信奉者というのは、視野が狭く、頭が固い(笑



>>563>>564
>国軍と言わないとしても放置は出来ない。…
あなた方も過去ログを読んでないよーだが、良心的そうな方なのでお答えしたい。
今現在、放置しろと言ってるわけでもない、ただ統計的な戦力に、市民意識というか、
政権支持基盤の脆弱さを加味すると、ほっておいてもよいくらいのシロモノということ。

>>565
ヒトにも、他の生物と同様に種の保存の本能があり、それが争いの調整に作用する。

>>566,>>567,>>568
>>560サンと同様、このヒトたちも過去ログを読んでない!
とにかく、過去ログを読み、自らのの視野の狭さを感じて欲しい。

暗殺と圧制という手法は、政権コストが不経済、モラールもモラルも低下、経済的にも停滞する、
そもそも、大衆の支持を得られない、etcを説明している。

584 :301:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 10:27:07 ID:eb/h7d2B
>>581
具体的に番号で指摘してくれないか?貴方の主張がわからない。

軍隊を持って自衛する為には、憲法九条は改正するべきだろう?


585 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 11:54:43 ID:G7BGujHq
>583 あのね他の方は知らないが私は300ぐらいからあなたのスレを見て560を書いてるんだよ。 その答えに他の方が途中から反論してるわけ。その一つ一つに反論するのはいいが、あなたの考えが世の中に受け入れられてないことをわかってもらいたい。

586 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 12:05:02 ID:G7BGujHq
583あと一つ、人類に保護作用はないよ。なぜかと言えば天敵がいないから。神学論的だが生存の為の保護作用ならレミングのように人口調整の為に本能が戦争を起こさせているとも言えるんだが?

587 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 12:56:49 ID:???
>>584
>「軍隊を持って『自衛する為』には」、憲法九条は改正するべきだろう?
そのためだけなら、全く改正の必要はありません。
武力外交の手段とする国家を名乗る集団は
日本国憲法が規定するところの国際社会の一員ではありません
(国際社会の国家ではないということ)からこのような
集団に対して武力を行使して言うことをきかせようが
彼等をこの世から抹殺するためにどのような手段をとろうが
それは全く憲法には縛られない自由なことなのです。

588 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 13:04:15 ID:2sgCBBxi
kkkkkk

589 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 13:55:56 ID:eb/h7d2B
>>587
>武力外交の手段とする国家を名乗る集団は
>日本国憲法が規定するところの国際社会の一員ではありません
小学生の屁理屈だなあ。
国際社会では国家として認められているのに、紛争前は国家と認めていたのに突然認めないと言い出すのか?

その解釈は無理がある。
日本側の勝手な判断で特定集団を抹殺して良いという危険な憲法と言うことになってしまう。
国際社会でも通用する武力行使の理由付けであるべきだ。

590 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 13:59:10 ID:eb/h7d2B
第二章 戦争の放棄

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


591 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 14:06:15 ID:eb/h7d2B
「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 」

武力が行使できなくて外国からの武力に対抗できるのか?

書かれていないことが何でも出来るという拡大解釈は危険な考えだ。
自衛のための戦争が禁じられていないというなら、
明確な侵略戦争も禁じられていないとも言える。


592 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/01(金) 14:53:37 ID:???
>>582
2chのカキコというのは、知ったかぶりをかますためにやるもんだとばかり思っていたがw
忠告はありがたいが、ちょっとたたかれるくらいで、しったかをやめるつもりにはなかなか
ならないね。2chの恥は書き捨てであるし。

それはともかく、社会病理学などという学問が存在するとはしらなんだ。貴方は社会学ヲタクという
罵倒は取り消しましょ。世の中にはいろんな学問があるもんだ。もっとも病理学しかわからん医者に
治療を任せる患者というのも相当迂闊な患者であろう。貴方は病理学しかしらないから、社会という
患者が不信感を抱いているのではないかな。(ひょっとしたらと思ってググって見れば、やはり社会
臨床学というものも存在するようである。社会病理学と社会臨床学で、学問的内容がどう違うのか
俺には検討もつかんが、両方修めたものでなければ、社会という患者を信用させるのは難しかろう。)

>>300くらいのカキコで言いたいことを言っているというから見てみると、こんなレスがあった。
国家単位の戦争が消滅にむかうという論理の枠組みは、おおざっぱにいえばこうなるわけであろう。

>国家単位で、国民の大多数の利益が一致するということが、極めて限られている。

>国家単位の攻防を前提とした軍隊は意味がない。

そもそも国民国家の時代には、国民大多数の利益が一致していたから、国家単位の戦争が意味をなしたので
ある、というのが前提らしいが、国民大多数の利益が国家と一致し、国家同士の利益が相反するから、戦争が
おきるのである、というのは幻想ではなかろうか。国民国家はその成立当初から、その国民大多数の利益が
一致したということなど無かったというほうが、実態にちかかろう。第一次世界大戦前にも、国際主義的な
平和主義者は、この国際貿易と国際交流がきわめて進んだ時代にあって戦争などは馬鹿げていると、口を揃えて
いっていたそうであるが、その後どうなっかたはご存じの通り。相互交流と多様な利害関係が増せば増すほど
戦争はおきにくくなるという仮説は証明されていない、と前に読んだとある政治学者の本にも書いてあったよ。

593 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 06:18:15 ID:UqEhoz7H
>>584
>軍隊を持って自衛する為には、憲法九条は改正するべきだろう?
そもそも、国軍は無用の長物と言っている。
で、日本が名目上の軍隊や戦力を持たなかったためのデメリットというのがほとんどないと思うが、
何かあったら、教えてくれ。

>>585
>あなたの考えが世の中に受け入れられてないことをわかってもらいたい。
それは、そのとーりかもしれない。
しかし、どなたかがおっしゃったよーに、世の定説だからといって普遍の原理、とはいえない。
たとえば、コペルニクス以前は、天動説が定説、今は地動説が定説。

594 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 06:19:57 ID:UqEhoz7H
>>586
>人類に保護作用はないよ。なぜかと言えば天敵がいないから。
そうともいえない、少々哲学的だが、人類内面に天敵的要素がある。

>神学論的だが生存の為の保護作用ならレミングのように人口調整の為に
本能が戦争を起こさせているとも言えるんだが?
戦争というか「争い一般がなくなる」とは考えにくいと、すでに申し上げている。
国家という不合理な線引き、とそれに従った国軍のあり方が変わってゆくだろう…ということ。
レミングは必ずしも否定しない。

>>592
>社会病理学などという学問が存在するとはしらなんだ。
実はこれも少々ぼかした表現(笑、はっきり所属を言うといろいろとまずいので…

>もっとも病理学しかわからん医者に治療を任せる患者というのも相当迂闊な患者であろう。
病理というのは、死体と組織が対象だから、まず、治療はしない。
で、社会臨床学という領域を知らない、介護とかそのような分野かね?
社会病理と言うのは、個人の病理と社会現象の相関を対象とする。
あなたには失礼なことを申し上げたが、横道はこれぐらいにしたい…

595 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 06:20:36 ID:UqEhoz7H
>>592
>国民国家はその成立当初から、その国民大多数の利益が一致したということなど
>無かったというほうが、実態にちかかろう。
そのとーり、多くは天皇、皇帝、サルタンの利益に集約させて、国民を兵士として費消した。

>第一次世界大戦前にも、国際主義的な平和主義者は、
>この国際貿易と国際交流がきわめて進んだ時代にあって戦争などは馬鹿げていると、
>口を揃えていっていたそうであるが、その後どうなっかたはご存じの通り。
これはね、仏と独の労働組合同士、すなわち兵士として駆り出される者どうしが
団結して戦争を避けようとした、というのが事実。
ところが、名前は失念したが、仏の労働組合の党首が「われわれは祖国を見捨てない」として、
戦闘に突入した。
ここにも、国家(愛国心?)という不合理な原理が作用している。

>相互交流と多様な利害関係が増せば増すほど戦争はおきにくくなるという仮説は証明されていない、
と前に読んだとある政治学者の本にも書いてあったよ。
社会学的に「証明」は困難と申し上げた、蓋然性の争いなのよ。
ホントに、そのヒトがそー書いてるとしたら、学者として怪しい(笑

596 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 08:57:35 ID:Od7NXJIm
549 うーん根本的に争いがなくならないなら、国でなく何が武装組織を運用するか?そこを聞きたいんだが・・・ついでに国が意味を失うなら憲法も同様に意味を失うから、9条を今の時点で無くすのにあなたが反対する理由はないと思うが?

597 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 09:07:53 ID:Od7NXJIm
594 名目上の軍隊ではなく自衛隊であるがため自衛官は撃たれて始めて反撃できる。実際今まで海外に派遣されて一人も死んでないのが不思議、マラッカの海賊についても海外へ日本が護衛戦力を派遣できないため、今後頻繁に起こるだろう。

598 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 09:21:25 ID:Od7NXJIm
597の続き・・・日本が軍を持たない事によるデメリットはいくらでも挙げられる。むしろ軍を持つことで起こる、デメリットを教えてもらいたい。

599 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 01:08:52 ID:WmJylLSe
>>596
>うーん根本的に争いがなくならないなら、国でなく何が武装組織を運用するか?
やはり、この方も過去ログを読んでない、愛国主義者、軍隊信奉者のステレオティピックな質問だ(笑

ヒトが2人いれば、争いは生じるし手近な武器に頼る事態もあろう…これは否定しようがない。
中世の自由都市堺やフィレンツェでは、自治組織が武力を持ったね。
しかし、現代以降は、様々な市民集団が重複して存在し、利益が錯綜してくると、
争いにくくなり、やがては大規模な武力紛争は消失する方向に向かう。

国軍とは、国民の利益が錯綜する国際関係において、
天皇や王、サルタンの利益あるいは一部支配層の利益に集約して、
一般国民の生命を費消する戦争は、市民意識が充実してゆくにつれ消失する。
これ(↑)は、>>595でも指摘している。

600 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 01:09:43 ID:WmJylLSe
そもそも、20世紀なかばまでに、領土拡張戦争は激減している。
これは、植民地支配の類の政治的不効率性に多くの国が気づいているから。
今後は、国家間の侵略はなくなる方向に進むだろう。

で、不経済かつ無目的な国軍は消え行くのみ…ということ。

>ついでに国が意味を失うなら憲法も同様に意味を失うから、…
いま現在の国の機能をすべて否定しているわけでもなく、国の機能のすべてが将来消失するとも言っていない。
国軍が意義を失う事態が予想されるとすれば、戦力放棄の憲法は、
むしろ誇れるものであり、わざわざ捨てることもあるまい…ということ。

601 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 01:10:29 ID:WmJylLSe
>>597
>マラッカの海賊についても…
世界中どこでも、いますぐ国軍廃止とはいっていない、将来の方向性を提示している。
そもそも、マラッカの海賊に国軍が対応する要があるか…インターポールの仕事?

>>598
>日本が軍を持たない事によるデメリットはいくらでも挙げられる。
では、そのうちの3つを挙げてみせ(笑

>むしろ軍を持つことで起こる、デメリットを教えてもらいたい。
>>595,>>583これが比較的最近のカキコ、>>2まで遡れば無数に出てくる。
横着しないで、過去ログを確認されたい(笑

602 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 01:20:33 ID:P5Trt5S9
>>599
文章がヘン、訂正して寝る、寝ぼけごめん。

>国軍とは、国民の利益が錯綜する国際関係において、
>天皇や王、サルタンの利益あるいは一部支配層の利益に集約して、
>一般国民の生命を費消する戦争は、市民意識が充実してゆくにつれ消失する。
>これ(↑)は、>>595でも指摘している。

国民の利益が錯綜する国際関係において、
天皇や王、サルタンの利益あるいは一部支配層の利益に集約して、
一般国民の生命を費消する戦争は、市民意識が充実してゆくにつれ消失する。
これ(↑)は、>>595でも指摘している。

603 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 07:29:52 ID:gHQRBmGg
601 誤解をとくとインターポールは国際的な警察の情報交換組織、海賊から船を守る事はできません。日本の警察を派遣すると国内法を海外で執行することになり侵略行為となります。海保は準軍なので海外で活動できるけど装備がねぇ・・・

604 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 07:38:37 ID:gHQRBmGg
600 その話は何度も聞いた。問題は争う二人をだれが止めるか。あなたの言うとおり国や国軍の有り様はかわるとしてもなくなることはない。 でなければ個人を縛るものがなくあちこちで殺しあいになる。

605 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 07:47:21 ID:???
わが国は戦争放棄を放棄する

606 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 07:56:59 ID:???
サンフランシスコ講和条約や安保条約も放棄する

607 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 08:53:41 ID:gHQRBmGg
603 一つ事例を思い出した、過去にプルトニウム輸送があったのを覚えておられるか?この際海保が護衛したが、装備が無い為新しく巡視船を建造した。海上自衛隊なら既存の装備でフランスまで護衛できたんだが・・・税金の無駄

608 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 09:07:35 ID:gHQRBmGg
602過去から一貫して同じような議論をしているが、一つ米の内部事情を話そう。米では個人の武装がゆるされミリシアと言われる市民軍もある。それらを押さえるため警察は軍隊並みの装備を持つ、それらを押さえるため州軍があり、それらを押さえるため国軍がある。

609 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 09:18:54 ID:gHQRBmGg
608の続き、つまり自治組織は互いに対立する可能性がある以上治安維持に不安が残るから、警察が必要だが警察は国外で動くことはできないし。一つの組織に武力を集めると止める組織がないわけだ。つまり話合いにもならないわけ(笑)

610 :国家再建最高会議設立準備委員会:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 11:27:50 ID:???
日本国家再建委員会設置特別措置法 (米国の束縛からわが国を解放する案として提案するものであります。ご意見あれば遠慮なく伺えれば)

第1章 総則

第1条(国家再建最高会議の設置)日本国および天皇をアメリカ帝国主義の実質的侵略状態から解放し、腐敗・不正及び貧困による国家及び民族の危機を克服し、真正な民主国家として再建するための非常措置として国家再建最高会議を設置する。
第2条(国家再建最高会議の地位)国家再建最高会議は、日本国政府の正当な会談または自衛隊参謀本部の要求によって日米安全保障条約を破棄し駐留米軍の完全撤退が完了後に施行される総選挙により
    国会が構成され、新政府が樹立する時まで日本国の最高統治機関としての地位を有する。
第3条(国民の基本権)憲法に規定された国民の基本的権利は、上記の真の日本国の独立革命に抵触しない範囲内で保障される。
第2章 国家再建最高会議の組織
第4条(最高委員)@国家再建最高会議は、真の独立が透徹した自衛軍(国軍)現役将校中から選出された最高委員で組織する。
A最高委員の定数は、20人以上32人以内とする。
B最高委員の選出は、最高委員5人以上の推薦により在籍最高委員過半数の賛成で行う。
C最高委員は、内閣首班及び軍務を除く他の職務を兼ねることができない。ただし、議長の最高委員は、内閣首班を除く他を兼ねることができない。




611 :国家再建最高会議設立準備委員会:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 11:29:03 ID:???
第5条(議長と副議長の選出)国家再建最高会議は、在籍最高委員過半数の賛成で最高委員中から議長1人及び副議長1人を選出する。
第6条(議長の職務)@国家再建最高会議議長は、国家再建最高会議の秩序を維持し議事を整理し、事務を監督し、国家再建最高会議を代表する。
A議長が事故仮あるときは、副議長がその職務を代理する。
B議長及び副議長に事故があるときは、最年少者の最高委員がその職務を代理する。
第7条(議決方法)国家再建最高会議の議決は、この非常措置法、憲法又は国家再建最高会議法に特別な規定がない限り、在籍最高委員過半数の出席及び出席最高委員過半数によりこれを行う。
第8条(常任委員会)@国家再建最高会議で一定の範囲を定めて委任を受けた事項を処理するために国家再建最高会議常任委員会を置く。
             A前項の常任委員会に関して必要な事項は、国家再建最高会議法で定める。


612 :国家再建最高会議設立準備委員会:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 11:30:08 ID:???
第3章 国家再建最高会議の権限

第9条(国会の権限行使)憲法に規定された国会の権限は、国家再建最高会議がこれを行う。
第10条(予算案の議決)予算案は、在籍最高委員3分の2以上の出席及び出席最高委員の過半数の賛成で議決する。
第11条(内閣総理大臣の権限代行)国家再建最高会議議長、副議長、軍参謀本部幕僚長の順位でその権限を代行する。
第12条(行政に関する最高会議の権限)左の事項は、国家再建最高会議の議決を経なければならない。

 1.戒厳案、解厳案
 2.連合参謀本部総長、各軍参謀総長及び海兵隊司令官の任免及びその他軍事に関する重要事項
 3.栄誉授与、赦免、減刑、復権に関する事項
 4.検察総長及び各級検事長、審計院長、監察委員長、国立大学総長、大使、公使、その他法律により指定された公務員及び重要国営企業の管理者の任命に対する承認

第13条(内閣に対する統制)@憲法に規定された政府の権限は、国家再建最高会議の指示及び統制下に内閣がこれを行う
                  A内閣は、国家再建最高会議に対して連帯責任を負う。

第14条(内閣の組織)@内閣は、内閣首班と閣員で組織され国家再建委員会と称する。
              A内閣首班は、国家再建最高会議がこれを任命する。

B前項の任命は、在籍最高委員過半数の賛成で行う。
C閣員は、国家再建最高会議の承認を得て内閣首班がこれを任命する。
D閣員の数は、10人以上15人以内とする。
第15条(内閣の総辞職及び閣員の解任)@国家再建最高会議は、在籍最高委員3分の2以上の賛成で内閣の総辞職を議決することができる。
A国家再建最高会議は、在籍最高委員過半数の賛成で閣員の解任を議決することができる。
第16条(閣員等の発言)内閣首班及び閣員は、国家再建最高会議に出席して発言することができる。
第17条(司法に関する行政権の統制)司法に関する行政権の大綱は、国家再建最高会議がこれを指示統制する。




613 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 17:26:07 ID:bjPVct3d
>>600
>領土拡張戦争は激減している。
しかし、だからといって
>今後は、国家間の侵略はなくなる方向に進むだろう。
と進むことはない。

国家間の紛争が無くならないのであるから、国軍の必要性が消えることはない。
国家間の紛争の理由が領土だけなんてことはない。
軍事的恫喝が有効であることは、イラク崩壊後のリビアやイランの対応でも明らかだ。

>国軍が意義を失う事態が予想されるとすれば、・・・・

そんな事態が予想など出来ない。国家が在る限り争いは起こる、国軍が不要となることはない。

614 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 23:23:33 ID:7oSHVDe3
>>603
>インターポールは国際的な警察の情報交換組織、…
なるほど、勇み足でした(笑 いずれにしても海賊は、厳密には当該国(インドネシア?)の国内問題。
そういや、警備艇を当該国に無償提供したりしてましたね。

>>607
>一つ事例を思い出した、過去にプルトニウム輸送があったのを覚えておられるか?
>この際海保が護衛したが、装備が無い為新しく巡視船を建造した。
そもそも、国軍どころか海自を作らず、巡視船を建造すりゃ、もっと税金の節約になったでしょ。
ほら、やっぱり国軍は無用の長物。
で、3つには程遠い…(笑

それにしても「再処理」をあきらめないのは日本だけ…これこそ最悪のムダ…スレ違いだが…

615 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 23:24:14 ID:7oSHVDe3
>>604
>あなたの言うとおり国や国軍の有り様はかわるとしてもなくなることはない。
どーしてそーいえんの? アナタの「お告げ」では困るな(笑
ボクが示した以上の蓋然性を示唆する事例なり事象を提示してみ。

>でなければ個人を縛るものがなくあちこちで殺しあいになる。
ヒトってそんなに「殺し合い」好き? 殺人犯より震災ボラの方がずっと多いぜ(笑
個人を縛るものは、いくらでもある、家族・友人、町内会、そして本人の所属する企業、宗教、学会、非営利組織…無数

まだ国家間の争いと個人のケンカを同一視しているアタマ堅いねぇ。


616 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/03(日) 23:43:30 ID:jc+hwCAV
>>608
それって議論が本末転倒では?
そもそも、国軍が国内治安維持が主目的だとすると、すでに、国軍とはいえない。
設立目的が恣意的に解釈されているよーな(笑

>>609
自治組織は、中世の話だよ(笑
構メンバーは、他の集団と重複しているし、同集団の中にも反対者はいる。
一つの組織に武力が集まるということは考えにくいし、極めて武力闘争はしにくくなる。

>>613
>>領土拡張戦争は激減している。
>しかし、だからといって
>>今後は、国家間の侵略はなくなる方向に進むだろう。
>と進むことはない。
いいや、現実に激減してる。

>軍事的恫喝が有効であることは、イラク崩壊後のリビアやイランの対応でも明らかだ。
これらは、いわゆるパクスアメリカーナで、今後の国家間の動向の参考にはならない。

何度も同じことを申し上げるのは恐縮デス、過去ログを読んでね(笑

617 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 07:01:31 ID:l+nwDw8R
614 ???海自を作らず巡視船を建造した方が税金の節約になる?それは無理、海保は海外で言う沿岸警備隊、準軍隊として扱われるので国外で活動できるけど何せ沿岸警備隊。最初から、そんな装備ならそれは軍隊。どっちにしろ憲法論議になる。

618 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 07:14:51 ID:l+nwDw8R
616 604と608はリンクさせて考えてほしい、米のミリシアみたいな組織が、あちこちでいがみ合ったら非武装の市民は生活できないぜ。あなたの言う個人を縛る物は国家の保護のもとで機能してるだけでは?実際、犯罪の低年齢化と少年法が問題になってるし。

619 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 07:27:10 ID:l+nwDw8R
↑続き さらに、最近じゃ親殺し子殺しまで多発している。上司に怒られて殺してやる!なんて誰もが一度は思うことじゃないか?あと海賊の事だけど現地の警官が賄賂目当てに見逃してるなんて話も・・・日本の警官を送れないなら軍隊以外なにをもって貿易船を守る?

620 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 10:00:02 ID:zy5mRSG8
>>617
>…最初から、そんな装備ならそれは軍隊。どっちにしろ憲法論議になる。
しかし、装備の強弱、大小は国軍であるか、否かには直接関連がない。
国軍がなければ、トータルで見て節約になる。

>>618米のミリシアみたいな組織が、
>あちこちでいがみ合ったら非武装の市民は生活できないぜ。
市民意識の醸成と、多種多様の集団の相互関係で、いがみ合いレベルで終わるようになるでしょう。
で、武器はほとんど不要になってゆく。

>あなたの言う個人を縛る物は国家の保護のもとで機能してるだけでは?
いやいや、国家機能の原型が家庭や地域社会のコンプライアンス。
ま、現状では、国家が保護していることは紛れもない事実だ…
しかし、回帰してゆくでしょう、市民社会に、国家のあり方は余りに不条理が多い。

621 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 10:01:10 ID:zy5mRSG8
>>619
>↑続き さらに、最近じゃ親殺し子殺しまで多発している。
これはボクの専門だから、まともに取り組むのはフェアじゃないが…
「ひきこもり」がらみで、報道がセンセーショナルなだけで、統計的にはさほどの変化はない。

>上司に怒られて殺してやる!なんて誰もが一度は思うことじゃないか?
「思うこと」と「実行すること」との間には、大きなバリアがある。

>あと海賊の事だけど現地の警官が賄賂目当てに見逃してるなんて話も・・・
ま、ワイロのほうが軍隊送るより安上がり? とゆーのはじょうだん(笑
そんなことは、日本でもあることでしょ、だから、軍隊とゆーほどのことでない。

622 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 18:37:36 ID:X3wiD7U4
620 変なことを言うねぇ・・・海保は準軍隊だと書いてるだろ?つまり日本には装備が軍隊の自衛隊と任務が軍隊の海保があるだけの話。装備も行動も軍隊の軍隊を一つもてばいいだけだろ?

623 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 18:57:02 ID:BpYch+Uz
「イッチー」→知人の無修正わいせつ画像を流出させ、重大な人権侵害を犯した祭りの渦中にいる張本人。
関西の某有名私大卒→大阪国●局→現在、?。退職というのは栄転の事だろう。福山雅●似のイケメン。

彼はwinnyで「欄検眼段」というウィルスに感染し、ハメ撮り画像を流出させてしまったようだ。
欄検眼段は違法DLソフトを使用すると感染する。問題の無修正画像(全418枚)はワールドワイドに拡散中・・・。

「NATSU」→貧乳。神戸でカーSEX。ヘソの下に小さなホクロ。

「ボボボーボ・ボーボボ」=目隠しローター=自宅バスタオル=太モモにアザ・口元にホクロ。貧乳。

「ミスアナル」→巨乳。腕に「ミス」という印字。昏睡中に拡張アナルを激写されている子(本人は局部に悪戯された事を知らなかっただろう・・・)。
抗拒不能状態の相手への性的暴行は準強制わいせつの疑い。某サークルでミスに輝いた人か?苗字バレ

「み」→巨乳。国●局の研修仲間らしい。★告訴準備中!!★らしい

「焼肉」→巨乳(Fカップ)。焼肉屋でパンチラ盗撮されている子。

「論壇」「日刊ゲンダイ」「夕刊フジ」「ZAKZAK」「週刊現代」「週刊ポスト」で記事になっている。

624 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 21:23:08 ID:l+nwDw8R
621実際と思いの間のバリアー、まぁ良心なんかもあるが比率が大きいのは刑法と司法警察じゃないか?国以外は運用できないねぇ、それとも地方自治体?国から予算もらってるねぇ・・・・。

625 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/04(月) 21:32:51 ID:l+nwDw8R
621 海賊については現地の警察は信用できず、日本の警察は海外に行けない。マラッカ海峡は大事な貿易路ですよ、タンカーが損害避けるために大回りしたらどれだけの損失になるやら、どう考えても軍隊送ったほうが安上がりだって。

626 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 00:15:01 ID:GaOjElWu
自衛官に認められた武器使用既定
ttp://www.janjan.jp/special/0403/0403312669/1.php

627 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 06:54:47 ID:Jh+yOKFb
620装備の大小は、国軍であるかどうかに関係ない。だから憲法を改正したほうがいいんだが?自衛隊も海上保安庁も国内法では軍隊じゃないのに海外では軍隊扱い・・・現場に犠牲を強いてるよ

628 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 07:04:43 ID:Jh+yOKFb
↑続き、国際法上は国は軍隊を持つことを基本として考えている、過去レスで書かれているが中東や後進国があなたの考える市民社会になるのはまだまだかかると認めてるよね?問題、南米の国で日本人が戦争に巻き込まれたらどうやって助ける?

629 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 10:19:28 ID:nd/qRvhY
>>625
海賊対策に軍隊を使うからと言っても、国軍の必要性の証明にはならないよ。
本来は海上保安庁のようなコーストガード沿岸警備隊の役割だ。
貧弱な装備しかない沿岸警備隊だから海軍が臨時に利用されるだけの話だ

630 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 10:24:19 ID:nd/qRvhY
世界中で活躍する邦人がいる以上は、アメリカのように其れを助けるためには、
軍事力も行使するという姿勢で臨むべきだ。
ペルー事件のような他国に総て依存するような状態からは卒業していくべきだ。
アメリカは比較にならないが英国やイスラエル程度の海外活動が出来るように努力していくべきだ。

631 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 10:57:42 ID:Jh+yOKFb
629 何を言ってるのかね?沿岸警備隊は準海軍だと言ってるだろ? 沿岸警備隊は海軍業務の一部を代用する機関、軽任務用海軍だよ。あなたの言うことは実際の逆(笑)

632 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 12:35:42 ID:Jh+yOKFb
↑の続き、海軍の任務には他国からの防衛と海上の治安維持、さらに航路の確保まで色々あったけど、近代になって治安維持等に装備が過大なので別に専門の海軍を作っただけなんだよ、ウソだと思うなら調べてごらん。

633 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 12:54:48 ID:Jh+yOKFb
↑さらに続き、問題は日本人が海保を海の警察だと、思い込んでる事を政治家が利用してること。警察とは国の司法機関なので国外では武装した民間人扱いです、公海上の海賊を取り締まることができません(笑)

634 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 23:02:40 ID:FNR3repV
>>622,>>625
反論がズレていることにお気きでないよーな(笑

軍隊がないことのデメリットは?→プルトニウム輸送に絡むシーレーン防衛に巡視船を建造した
→軍隊があれば、巡視船の新たな建造はいらない→ムダ
→もともと軍隊がなければ巡視船建造のみだからもっと安上がり

ワカル? 「巡視船が準軍隊か否か」はどーでもいいのよ。
海軍創設するより、準軍隊にしても巡視船建造のみの方が安上がりでしょ。
マラッカの海賊も、敵国軍ではなく犯罪者集団、国軍vs国軍のケースでないことは明らか。
やはり、国軍は意義を失ってゆく。

で、3つのデメリットはどーしました? いくらでもあるんでしょ(笑

635 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 23:03:12 ID:FNR3repV
>>624
>まぁ良心なんかもあるが比率が大きいのは刑法と司法警察じゃないか?
これも反論がズレてる(笑

ヒトの原型的行動が、「話し合い」か「殺し合い」か、ということが論点。
統計的に、殺人犯・傷害犯の数と良心的ボランティアの数を比較して、後者が圧倒的に多い。
ヒトは、「殺し合い」か「話し合い」の二択において、前者を選ぶ可能性は圧倒的に少ない。
「殺し合い」志向は市民意識としては極少数派なのよ、ワカリル?

つまり、市民集団のけん制は、「話し合い」に収斂してゆくわけ、で、武力の要はなくなってゆく。

ついでに言うと、司法は必ずしも市民の味方ではない、公害訴訟、冤罪事件…
そして、橋本サンや金丸サンなどに限りなく弱い体質…不条理だよね、これも変わってゆくだろう。

636 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 23:15:44 ID:ffEGPTS3
>>628
>問題、南米の国で日本人が戦争に巻き込まれたらどうやって助ける?
まず、過去ログをくりかえす、世界中いますぐどこでも非武装とは言ってない、将来の方向ね(笑
で、市民の連携に決まってるでしょ、国は当てにならないよ(笑

ところで、>>629は、ボクじゃないが、>>631-633にもボクが応えたほーがいいかね?

637 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 00:28:25 ID:CaVy9x85
634 あなたこそまだわからない?軍隊がいるか、いらないかの話なのに巡視船の方が安上がりって結局軍隊が必要だとみとめてるの?ちなみに巡視船は商船構造で武装も弱くテロ組織に狙われたら米軍や自衛隊の救援を呼ぶことになるそうだが?

638 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 00:35:07 ID:CaVy9x85
635も何が言いたいやら・・・数の問題か?機関銃一丁で非武装の市民何十人犠牲になるかな(笑)そりゃあ悪い奴ばかりの世界じゃないけど、殺してやる!を実行する奴がいるなら国と司法警察は必要だよ。

639 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 00:43:28 ID:CaVy9x85
636で最後にまた蒸し返すねぇ(笑)実際に市民団体は何をしてくれるの?戦争してる国に助けにいく組織なんぞ聞いた事無いねぇ、単独で戦地に入る医者とかは聞くけどさ。大量の難民を迅速に戦火から救った市民団体の例を示してよ。

640 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 11:32:03 ID:p45OJFDh
>>637
>軍隊がいるか、いらないかの話…
そーだよ、で、名目軍隊のないデメリットを質問したら、
アナタが海外出動のために巡視船が必要になったのがデメリットとおっしゃった。
それも、海自とダブルから不経済…と。
アナタが海自存在を前提のハナシにしたから、その前提を正したに過ぎない。
ご自分のおっしゃっていることがお分かりでないよ-な(笑

で、デメリットがこれ以上挙げられないなら、海自・海軍要否の議論にしてもいいスよ(笑

641 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 11:33:26 ID:p45OJFDh
>>637つづき
>なのに巡視船の方が安上がりって結局軍隊が必要だとみとめてるの?
そーゆー質問になるなら、>>631-634について…ひとこと(笑

>治安維持等に装備が過大なので別に専門の海軍を作っただけなんだよ、ウソだと思うなら調べてごらん。
別にウソとは言わないけど(笑、あらゆる国がそーなのかね? そこがちょっと疑わしい。

で、何を調べれば、すべての国が「専門の海軍として、海保や沿岸…を創設した」と分るわけ?

>問題は日本人が海保を海の警察だと、思い込んでる事を政治家が利用してること。
これは、キミの思い込みとゆーことはないのかね?
根拠は?

で、キミのカキコをみていると、
「海保」、「沿岸警備隊」、「海軍」の国家機関としての棲み分けは、国際的に決まっているかのよーだが、
ボクは不勉強にして、その根拠となる公式文書を知らない。

ボクは英文に弱いので、記載のある公式文書と該当文章をアブストラクトしていただけるとありがたい。

とりあえず、「準海軍」「海保」「沿岸警備隊」の英訳を教えてくれ。

642 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 11:34:03 ID:p45OJFDh
>>638
人の本性の問題を論じたことをお忘れのよーで(笑

>機関銃一丁で非武装の市民何十人犠牲になるかな(笑)
>…国と司法警察は必要だよ。
だから、現状が国の司法に頼っていることまでは否定してないよ(笑
で、将来のの方向を提示した。
それが自治組織なり特定集団の警察組織になるかは不明。
ただ、ヒトの本質からして武力は要らなくなってゆく…と申し上げている。

>>639
>実際に市民団体は何をしてくれるの?
これも、現状の軍隊の役割は必ずしも否定していないことは前述している。
将来は、当該国の市民団体と連携を取ることによって対処することになろう。

戦争してる国に助けにいく組織なんぞ聞いた事無いねぇ、単独で戦地に入る医者とかは聞くけどさ。大量の難民を迅速に戦火から救った市民団体の例を示してよ。

643 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 13:03:38 ID:???
>>642
>ヒトの本質からして武力は要らなくなってゆく
ヒトの本質からしてマスマス武力によって統制するようになってゆく

644 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 22:01:11 ID:CaVy9x85
http://wmlproxy.google.com/chtmltrans/g=@26amp@3bsite=search/h=ja/i=Shift_JIS/p=i/q=%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E6%B3%95/s=0/u=www.geocities.co.jp@2FWallStreet@2F7009@2Fmag0008x.htm/c=0/t=g

645 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 22:13:47 ID:CaVy9x85
↑641 まず上のサイトの公海とは何か?を見てくれ。公海とは国の主権の及ばぬ海域だと書いてあるね、主権の中に司法が含まれているのはわかるよね?平和的な軍事利用が許可されてもいるよね?よって海賊を公海上で取り締まることができるのは軍隊なのです。

646 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 22:41:07 ID:CaVy9x85
642だからさぁ、司法権無しで自治組織だの警察組織作っても根拠無しに逮捕したら私刑になるでしょ(笑) それを世間ではヤクザかマフィアと言います。(笑)国がなくなったらどこが司法を受け持つの?国際法か?先進国が良くても発展途上国が反対するよ(笑)

647 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 22:46:04 ID:???
>>645
国の主権が及ばないのに、軍隊が出動する意味が無い。軍隊は国家を守るんじゃないの?
事実上、公海上の海賊は、放置されてしまいます。
ただし何処かの国の港に入ったら、その国の警察機関(含:軍)が動く事ができます。

648 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 23:06:38 ID:???

【教科書】高野駐韓大使、謝罪を拒否。日本国内でも岡田民主代表や朝日新聞などが批判【4/5】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1112789342/
第1野党の民主党の岡田克也代表は5日、
「韓国、中国との関係が悪化しているにもかかわらず政府は無神経」
と批判した。

649 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 06:53:57 ID:turJJ8My
647は644のサイトは見たかな?公海上では国の主権に代わり、国際法が治安維持の根拠になります。まぁ日本語の用法の問題だけど、通常警察は司法組織なので国内法の及ぶ範囲でしか行動できないんですよ。それ以外はジュネーブ条約に規定された軍隊もしくは準軍隊です。

650 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 07:06:38 ID:turJJ8My
↑勘違いしてる人も多いので警察と軍隊の違いを少々、警察は司法組織ですが軍隊は行政に近い組織です。司法から独立したものを軍隊と日本語では呼び、独自の軍事裁判を開くことができます。まぁだから海自も海保も軍隊じゃないんだけど実際やってることは軍隊なんだよね・・・

651 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 07:08:16 ID:Q2UuU4MS
>>643 :右や左の名無し様:2005/04/06(水) 13:03:38 ID:???
>ヒトの本質からしてマスマス武力によって統制するようになってゆく
このヒトも過去ログ読んでないな。
ボクのは犯罪者とボラの統計データから推定したことだが、キミのは「神のお告げ」デスカ?(笑

652 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 07:09:06 ID:Q2UuU4MS
>>645
>公海とは国の主権の及ばぬ海域だと書いてあるね…
これでは答えになってないよ、海保や沿岸警備隊が巡回軍である事の国際的判断基準の説明をどーぞ(笑

それと、これ↓にも答えてないね。
>問題は日本人が海保を海の警察だと、思い込んでる事を政治家が利用してること。
これは、キミの思い込みとゆーことはないのかね?
根拠は?

キミの思い込みが根拠では、ハナシにならないヨ(笑

>…よって海賊を公海上で取り締まることができるのは軍隊なのです。
これも変だね、>>647さんの疑問もうなづける。
領海すなわち警察→公海すなわち軍隊、に飛躍がある。
その間を説明してミソ(笑

653 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 07:09:36 ID:Q2UuU4MS
>>646
>司法権無しで自治組織だの警察組織作っても根拠無しに逮捕したら私刑になるでしょ…
キミ、かなり頭堅いね、私刑は国あってのことでしょ、逆上されて「前提」をお忘れのよーで(笑
将来は、国よりも市民集団が主体になる、という前提のおハナシですよ。

どーしても、キミのアタマから、国とか愛国心が亡霊のよーに離れない…コワ(笑


654 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 07:26:48 ID:84Htdbp9
>>649
>それ以外はジュネーブ条約に規定された軍隊もしくは準軍隊です。
ジュネーブ規定では、軍隊と準軍隊の定義を使い分けてない。
勝手に、準軍隊とか軍隊とか使い分けるのはどうかね。

>>650
>司法から独立したものを軍隊と日本語では呼び…
法治国家で、司法から独立してるというのは矛盾。

655 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 09:04:57 ID:4QH6QFxc
>>654
>>司法から独立したものを軍隊と日本語では呼び…
>法治国家で、司法から独立してるというのは矛盾。

馬鹿だな。自衛隊法という一般の法規から独立した規範が適用されると言うことだろう。
くだらない揚げ足取りが大好きらしいが、馬鹿にしか見えない。止めろ。

656 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 12:22:19 ID:turJJ8My
652から654、651の説明は不足かな?三権分立はわかるよね?司法権ではなく行政権で運用され、独自の司法権を持つ武装組織を日本では軍隊と訳しているのだよ、これでいいかな?軍法により国に帰属してるが司法権からは独立してるって事(笑)

657 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 12:47:18 ID:turJJ8My
655については法律を勉強しな(笑)自衛隊法は自衛隊独自の裁判や刑務処について規定があるかね?処分はせいぜい退職ぐらい、軍当局により軍の構成員を裁き刑を執行できなければ軍法ではありません(笑)自衛官は戦闘中でも刑法に違反すれば警察につかまりますよ(笑)

658 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 14:18:32 ID:???
>自衛官は戦闘中でも刑法に違反すれば警察につかまりますよ(笑)

ちょっと修正させてもらうが
服務中の自衛官の犯罪を摘発するのは自衛隊の中の警務隊。
ここが身柄確保の上、送検する。

659 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 14:36:56 ID:4QH6QFxc
「各国の軍隊が軍刑法や軍法会議といった独自の司法制度により軍人等を裁くように、
自衛隊独自の刑法や司法組織の早急な整備が必要である」

660 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 14:48:49 ID:???
純粋に軍人だけを裁く軍事法廷ならまだいいが
「軍に反対した民間人」も軍法会議で処罰しそうでヤダね。
そもそも通常裁判所でなぜいけないのかもよくわからないし

ま、日本はICCを批准することから始めるべきだろう

661 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 15:31:30 ID:0R/FPAFF
655人を馬鹿にする前に勉強しなよ、馬鹿にしか見えないよ(爆笑)

662 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 16:46:31 ID:???
>>661
オマエモナー

663 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 17:24:06 ID:turJJ8My
↑もしや655?反論できないからと幼稚だねえ(笑)

664 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 21:31:02 ID:turJJ8My
660の疑問に答えとこう、民間の裁判ができない理由。まず、何だかんだと言っても元は戦争するための組織だから民間人より強い規則と罰則が必要なのと、国外で活動するために必要だから。

665 :まず英霊たちを裁判に:2005/04/07(木) 23:21:14 ID:aeUrmgcQ
特攻隊員が犬死か犬死でないかは個々人の感想であるから
一晩中、感想を喋り合えばよろしい。
しかし、彼らはアジア侵略(強盗殺人)の共犯者であるという事実は紛れもないことである。
靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
麻原天皇陛下のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して
市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
オウム帝国サリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちも裁かれている。
当前のことだ。
靖国の英霊たちもアジアの無辜の民を殺した犯罪者であり共犯者であることから逃れる事は出来ない。
数人の指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、裁くのは我々日本国民の義務である。
オウム帝国と日本帝国に家族を惨殺された者の悲しみは同じものだ。
侵略の挙句多くの家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm



666 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 23:41:29 ID:turJJ8My
↑続き、例えば本国から遠い公海上において犯罪者を捕まえてもその人物を長期拘留する根拠は国際法しかない。ところが、一般的に裁判までは容疑者なので短期間の拘留しかできない。その為に軍法の司法権をもって拘留の為の簡易裁判を艦内で行なう必要がある。

667 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 23:52:37 ID:turJJ8My
666は664の続き、書き込みが遅くなってすまない。666はまぁ人によって考え方は違うが、当時の国際法では戦争による領土拡張を禁じてないので特攻隊員を犯罪者とは言えないよ(笑)

668 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 00:05:21 ID:96446XwI
ここで整理しとこう、すべての犯罪者は根拠がなければ裁けない、刑法に殺人を重罪と規定しなければ殺人は罪になりません。それはわかるね? ただし、今の現地の風習でその規則もかわりますアヘンはオランダでは合法なので嗜好品です。

669 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 00:15:31 ID:96446XwI
↑続き、ところが司法機関が各国ごと決めた法律では、グレーゾーンたる国と国の間では裁く基準が違うので、国から独立した国際法に準拠する組織が必要なのです。それが当初の存在理由と違っても軍隊なのです。 もちろん、主権国の防衛が第一義ですがね。

670 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 09:26:52 ID:M7WFRcvz
>>656
>三権分立はわかるよね?
おいおい、キミ自身が分ってんの?(笑

行政権は何の支配下にある、もちろん司法権だね。
いうまでもないが、司法権をコントロールしているのが立法権、で三すくみになっている(中学公民)

警察・検察、もちろん自衛隊も行政権で運用されている、司法権からの独立はありえない。
もし、独立しているなら、近代民主主義が最も恐れるシビリアンコントロールの危機だね。

キミ、「統帥権」下の旧帝国軍とカン違いしてない?

ところで、ボクのコメントに食下がってきたこのヒトも、国軍なしのデメリットも含めて、反論はもうないよーだ。
将来の国軍廃止の可能性について、ご理解を深めることにご協力いただいて感謝したい(笑

で、以前は、非武装というと同調者はKoueiさんくらいだったが、他に何人かおられたのはうれしかった。

671 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 09:27:51 ID:M7WFRcvz
以下、横レス

>>668 →刑法不訴追の原理ね(笑
>>669  
国際法といっても、批准が必要で、あらゆる国と地域に対して実効性があるわけではない。
国際法下で、軍隊が万能のようにおっしゃるのはどうかと思う(笑
国際司法裁判所でも、原・被両国の同意が得られなければ、審議できないしね。

そもそも、国あっての「国際」だからね、市民主体になれば別の規範ができよう。

672 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 10:56:48 ID:e7ToTo+8
国家が在る限り、国軍は必要だ。

673 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 11:05:56 ID:e7ToTo+8
>>670
非武装ってなに?
無抵抗ということ?
自衛権を否定するの?
正当防衛も否定するの?

674 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 11:06:16 ID:???
>当時の国際法では戦争による領土拡張を禁じてないので

不戦条約。

特攻隊員が犯罪者で無いというのはおそらく正しいだろうが。

675 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 12:10:40 ID:???
>>595
>ここにも、国家(愛国心?)という不合理な原理が作用している。

国家が原理的に不合理なら、国家が存在しなくならない限り、原理的に不合理は
解消できないはずだわな。

>ホントに、そのヒトがそー書いてるとしたら、学者として怪しい(笑

学者として評価できるかどうか判断するのは俺の能力をこえるが、まあ社会病理学の
いかなる論文よりも、社会的影響力はありそうだ。知名度もあるしね。

676 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 13:12:25 ID:96446XwI
670司法権の支配下に行政権があるの(笑) だとしたら日本は三権分立ができないねぇ 司法権は立法権により作られた法を守らせる実力でしょ。国会議員や国務大臣は誰が裁くの?そもそも憲法読んだことある?

677 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 13:14:37 ID:???
つか、三すくみなら、立法は行政の支配下になければおかしいね。(笑い

678 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 13:18:39 ID:96446XwI
671国際法に批准してない国が批准してる国の船や国民を襲ったら戦争になるだけだよ(笑)結局軍隊は必要だねえ(爆笑)

679 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 13:21:30 ID:???
まあ、実質的に官僚が議員をコントロールしていると考えれば、立法は行政の支配下という
主張もうなずけないことはないな。

680 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 13:24:34 ID:SysKpviP
>>679
中学生でも感じてることだにゃ〜

681 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 13:41:39 ID:96446XwI
670じゃあもっと簡単に、日本以外の多くの国では司法権が二重に存在してるわけですよ。 行政、立法から軍隊が独立してないから、シビリアンコントロールなわけだ。

682 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 17:20:03 ID:???
九条改正・破棄賛成派ですが、これらの団体に対抗する為に私達に何が出来るのでか?
闘いたいですが・・・個人の力では限界感じます。。。。。 悲

大阪宗教者OS九条の会
http://osaka9j.rz.com/index.html

http://www.9-jo.jp/

683 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 19:56:47 ID:96446XwI
682さん、憲法九十九条の規定で公務員以外は憲法擁護の義務がないことをその人たちに教えてあげて下さい。欠陥だらけの憲法日本国憲法(笑)

684 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 20:38:30 ID:YgqWn2/v
日本国憲法は改正されません。
だから、ご心配なく。



685 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 21:02:43 ID:96446XwI
682に載ってるサイトで各国の憲法見たけど戦力の不保持はどこもやってないね。評価されつつも戦力は必要だと思ってるようで・・・やっぱり他の国は現実的だね。

686 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 21:12:24 ID:???

今日、子供の小学校入学式に行ってきました。桜咲く正門でサークル勧誘パンフレットなど配布されて
いるなかに混じって「日の丸・君が代はいりません」という平和運動活動家のパンフレットがありました。
折角の子供の門出を湾曲した理屈で塗り固めたチラシで台無しに・・・「国家と国旗」は誰が教えるので
しょうか?まずは「国家と国旗」の重要性と価値を自分で理解してから子供達自身が判断し選択するなら
まだしも入り口から排除させるのはまさに「洗脳」としか言いようが無い行為です。
みなさんのお力をお願いします。どんどん抗議、意見して下さい。お願いします。

抗議先 「日の丸」「君が代」おしつけに反対する懇談会
     TEL 075-771-9171(京都市教組内)
     メール info@kyoto-shikyoso.ne.jp

国を愛する事を親や学校教育が教えなければ誰が教えるのでしょうか?

687 :右や左の名無し様:2005/04/08(金) 23:09:05 ID:???
>国を愛する事を親や学校教育が教えなければ誰が教えるのでしょうか?

ウヨクがネットで教えてくれるよ

688 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 06:50:26 ID:???
国歌を歌おう

689 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 08:38:44 ID:0vGX2VgS
671さんへ、将来は国がなくなる。←証明できるの?←証明できない。 これを思い込みといいます。現在の法体系を見るかぎり軍隊に該当する組織が必要です。あなたこそ、最初から最後まで根拠のない思い込みで反論するから恥をかくんですよ(笑)

690 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 08:48:07 ID:0vGX2VgS
↑続き、だいたい今までのパターンだと上に現在と書いてあるからと、将来はって言うわけだ。 それは思い込みだからね。どうやって国のような組織を解体するのか具体的に根拠がなきゃね(笑)

691 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 09:06:29 ID:0vGX2VgS
↑さらに続き、将来はどうなるかの証明は困難だからこそ。現在にあわせて生きるべきだ、現実に紛争は世界中で起こり、テロや海賊のような一国で対応できない犯罪も多い、保険は死んでからかけるもんじゃないでしょ?

692 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 09:25:52 ID:zHIK4txY
思春期が来ればだれでも愛国者になるさ。w日本人も在日もw

693 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 10:52:05 ID:0vGX2VgS
671にさらに一言、人の善意についても根拠がなくボランティアが全員善意で動くとも言えないよ。犯罪者は法に違反したかどうかで裁かれるが、悪人かどうかは分からないのさ。さて、これで反論は在るまい?

694 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 15:33:38 ID:buBROzZS
相手にもされていないのでは?

695 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 18:44:43 ID:0vGX2VgS
↑670の信望者?じゃあかわりに反論してね、非政府、非武装が現実的に無理なことを証明したんだからさぁ(笑)

696 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 19:21:46 ID:0vGX2VgS
基本的に非武装とか国家を否定する人って根拠無しにそう言っては論理付けてそれを否定すると相手にならないと逆ぎれして逃げるねぇ(笑)

697 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 23:39:07 ID:???
>>670
>行政権は何の支配下にある、もちろん司法権だね。
>いうまでもないが、司法権をコントロールしているのが立法権、で三すくみになっている(中学公民)
ハイッ!残念でした。行政権が全てのトップです。
実際の司法権は行政権の下部機構です。立法権もまた実態として行政権の下部機構です。
三権分立は机上の理想(とされる。現実社会においては決して理想ではないのだが)論であって
世界中探しても三権分立している国家は存在しませんよ。
三権分立も社会主義と同様人の性善説に立脚しており永遠に達成不可能です。
この世の中に人ほど根性の捻じ曲がった犯罪的生物は存在しなのですから。

698 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 00:02:07 ID:9Pvx5J/P
>>675
>…国家が存在しなくならない限り、…
そーゆー仮定で、はなしてんだけど(笑

>学者として評価できるかどうか判断するのは俺の能力をこえるが、まあ社会病理学の
>いかなる論文よりも、社会的影響力はありそうだ。知名度もあるしね。
ひどい論理矛盾…社会病理学をしらないキミが社会病理学という膨大な分野のいかなる論文をも
評価してしまう(笑

>>676
>司法権の支配下に行政権があるの…
とーぜんでしょ、こんな基本的なことは、憲法でなく、中学公民の教科書に書いてある(笑

>677
>三すくみなら、立法は行政の支配下になければおかしいね。
そりゃ、逆でしょ(笑
幼いキミへ、行政は司法によってチェックされ、行政は立法に従って運営される、
そして、司法は立法に準拠して行われる、これをさんすくみという(中学公民

>>678
>国際法に批准してない国が批准してる国の船や国民を襲ったら戦争になるだけだよ(笑)
なるほど、キミの言う国際法とはそーゆーものなのね、力こそ国際法(爆笑)

699 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 00:02:49 ID:9Pvx5J/P
>>685
キミ、過去ログよみなさい、現在の状況でなく、将来の方向性ね、そこから九条保持となるわけね。

>>689
>将来は国がなくなる。←証明できるの?←証明できない。
社会事象に、論証のような証明は不可能、といってるでしょ。
では、将来にわたって国が不滅ということを「証明」してみなさいな。
また、「定説」のおでましかな(笑

恥ずかしいのは、キミの方だとわかったかい?…笑

>>690
>どうやって国のような組織を解体するのか具体的に根拠がなきゃね(笑)
なくす努力の要はない、たとえばEUや北米経済圏のように国境があいまいになってきている。
その事実を評価して、演繹的にみるわけよ、ワカリル?

>>691
>現在にあわせて生きるべきだ、…
そーだよ、しかし、現在までの歴史をみて、先の見通しをさぐることはもっと大事なわけね、ワカル?
キミに以下の言葉をあげよう(笑
「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

700 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 00:03:22 ID:9Pvx5J/P
>>693
>さて、これで反論は在るまい?
キミ、ホンキでそー考えてるの、バカか(失礼!)…笑

>人の善意についても根拠がなくボランティアが全員善意で動くとも言えないよ。
だから、別に善意でなくともよいわけよ、協調的行動が大事なわけね(笑

>犯罪者は法に違反したかどうかで裁かれるが、悪人かどうかは分からないのさ。
これも、悪意かどうかでなく、反強調的に動くかどーかなわけよ(笑

要するに、行動の蓋然性を問題にしてるのよ、善意か、悪意かではないよ、キミにはムツカシイ?

ところで、論理的な発言をされていた方のカキコはなくなったよーだ。
他は、論理性に欠ける方ばかりで、どーも、たいへんだなぁ(笑

701 :【産経】産経売買【寿】:2005/04/10(日) 00:09:08 ID:mkkMb20j
>>ハイッ!残念でした。行政権が全てのトップです。
実際の司法権は行政権の下部機構です。立法権もまた実態として行政権の下部機構です。
三権分立は机上の理想(とされる。現実社会においては決して理想ではないのだが)論であって
世界中探しても三権分立している国家は存在しませんよ。

あー、できの悪い行政学か政治学の論文読んでるみたいだわ。たしかに、
「理念」「思想」ばかり研究して生きた政治現象を研究しないと、
「死んだ」政治学になるかもしれんが、お前の言っているのは、
現実の分析ではなく、現実の名のもと理想や理念や規範を否定するという
価値判断をやっておる。

民主主義なるものもそうだし、さらにはウヨがいうところの国家や
伝統なるものも、すべては理念でしかない。

現実主義なるものの名をかりた、よくあるご都合主義的意見でつまらん。



702 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 00:23:10 ID:bDx6g2H4
>>695
>非政府、非武装が現実的に無理なことを証明したんだからさぁ(笑)
これが事実とすれば、非ユークリッド幾何学的論理展開だ(笑
どこで、どのよーにしょーめいしたの?????

>>696
>基本的に非武装とか国家を否定する人って根拠無しにそう言っては論理付けてそれを否定すると相手にならないと逆ぎれして逃げるねぇ(笑)
いやいや、紳士的に撤退されたのは、キミよりはるかに論理的な国軍信奉者の方だ。
キミは、早々にキミの論理矛盾をなんとかしなさい(笑

703 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 08:39:00 ID:zNdG6jlT
698、だから憲法を読んだ上で反論してね、司法権とは何かがまずわかってないよ(笑)司法権もまた、憲法の元にある、日本以外の国は司法権が二重に存在してると書いてるでしょ。憲法がまともなら国内法の司法権と軍法の司法権があってもかまわないわけ、わかる?

704 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 08:49:03 ID:zNdG6jlT
699こそ歴史に学びなさい(笑)市民グループ同士の牽制で戦争がなくなるならその市民グループに強制力を持つ法律をどうやって作るの?まぁ作ったとしてそれを運用するのは?すべて国(笑)でかい国になるか小さい国になるかだけ(笑)

705 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 09:06:19 ID:zNdG6jlT
700についても、その規範が法律なんだから。法律を運用するための組織である国家が必要なわけ(笑)ボランティアが協調的ってのはいいとして犯罪者は何に対して非協調なんだよ?これが、国家が必要なことの証明だよ。(笑)

706 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 10:41:21 ID:???
>>698
>ひどい論理矛盾…社会病理学をしらないキミが社会病理学という膨大な分野のいかなる論文をも
>評価してしまう(笑

社会病理学内部における評価はいざしらず、と書いてあるだろう。学問的評価と社会の一般世論に与える影響力は
同じ尺度ではかれるか? そう考える方が非現実的だ。膨大な数の論文があることが確かなところで、それが一般人の
目に触れることがほとんど無ければ、一般世論に与える影響力はほとんど無かろう。発言がよくジャーナリズムに
取り上げられる社会病理学者がいるなら、名前をあげてもらいたいものだ。


>行政権は何の支配下にある、もちろん司法権だね。
>いうまでもないが、司法権をコントロールしているのが立法権、で三すくみになっている(中学公民)

>幼いキミへ、行政は司法によってチェックされ、行政は立法に従って運営される、
>そして、司法は立法に準拠して行われる、これをさんすくみという(中学公民

>>670では、明らかに行政は司法の「支配下」と書いてある。三権は互いに支配・被支配の関係にあるという主張だろう。
>>698では、支配という用語がでてこない。司法が行政のチェックを行うことを称して、司法が行政を支配???

707 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 11:36:58 ID:zNdG6jlT
702については、過去スレをもう一度読みなさい、証明と言う言葉が嫌いなら実例を下に実証したと言うべきか?人の善意こそ証明できないから、社会には一定の規律が必要だよね。規律の為には法律が必要だね。法律を守らせる為の実行組織も必要だね。

708 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 11:48:53 ID:zNdG6jlT
上の続き、全人類同時に同じ法律と付随する強制力が適用できる環境がなければ国はなくならないならば、全世界同時に国を無くす方法があるのかを考えなければならない。

709 :右や左の名無し様:2005/04/10(日) 12:16:38 ID:zNdG6jlT
ところが、全世界同時には無理、同時でなければ大国とたくさんの小国になるだけ。しかも、それらの小国を段階的に吸収して行ったところで世界政府に反発する集団が発生し独立する可能性もある。これが繰り返されることは人類の歴史から簡単に実証できる。

710 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 00:17:36 ID:gPbSUFYE
馬鹿じゃないか?
九条なんてお題目にすがっても平和を護ることなど出来ない。

軍備を整えアメリカと軍事同盟を結び、積極的に軍事介入して敵対国家を破滅させるべきだ。

711 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 09:12:21 ID:k8FEraBa
>>703
>日本以外の国は司法権が二重に存在してると書いてるでしょ。…わかる ?
キミの「思い込み」を「わかる?」といわれてもねぇ(笑

>>704,>>705,>>708,>>709,
>…市民グループに強制力を持つ法をどうやって作るの?まぁ作ったとしてそれを運用するのは?すべて国(笑)
>でかい国になるか小さい国になるかだけ(笑)
そこで、類トロッキズムを提示したわけね、過去ログを調べなさい。ロンドは避けようね(^_-)

>ボランティアが協調的ってのはいいとして犯罪者は何に対して非協調なんだよ?
協調≒話し合い、反協調≒争い…ね(^.^)

712 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 09:13:14 ID:k8FEraBa
>>706
>>社会病理学内部における評価はいざしらず、…一般世論に与える影響力はほとんど無かろう。
どーも、キミはご自分のおっしゃっていることがおわかりでないよーだ(笑
メンドいが、>>675をも一度提示する。

>学者として評価できるかどうか判断するのは俺の能力をこえるが、まあ社会病理学の
>いかなる論文よりも、社会的影響力はありそうだ。知名度もあるしね。
ほら、内部の評価でなく君の評価でしょ(笑
ただ、少なくとも現状の社会を見る限り、彼らの指摘するように動いてはいるが、彼らの影響か否かはなんともいえないね。

>…名前をあげてもらいたいものだ。
こーゆーのは感情論っぽくて応ずるのは気がひけるが…
J.Lacan,L.Arthsser,M.Foucault,A.Huxley,B.show,B.B.A.W.russel,…もういいかね。

キミの質問に敬意を表して…キミの言う>>592「前に読んだとある政治学者の本にも書いてあったよ」の学者の名前も挙げてね(^.^)

>明らかに行政は司法の「支配下」と書いてある。
そうだね、「支配」という言葉は適切でなかったかもねぇ、失礼!
ま、「法の支配の下に」という考え方はあるが、影響、被影響あるいは、制限、被制限というほうが適切だね。

713 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 09:13:52 ID:k8FEraBa
>>707
>証明と言う言葉が嫌いなら実例を下に実証したと言うべきか?
好き嫌いの問題でなく、社会事象に「証明」とか「実証」はなじまない。
例えば…>>709
>…大国とたくさんの小国になるだけ…これが繰り返されることは人類の歴史から簡単に実証できる。

この表現は不適切、「実証」というより「推定」が適当。

で、この「推定」の蓋然性が低いことは、19C-20Cの植民地支配の激減、領土拡張戦争の激減、
そして、EU,NAFTAなどの発達から、実証、いや失礼、示唆している(笑

>人の善意こそ証明できないから、社会には一定の規律が必要だよね。規律の為には法律が必要だね。
>法律を守らせる為の実行組織も必要だね。
だから、善意や悪意といった倫理的な問題でなく、論理的、行動学的な問題ね。
キミがいうのは実定法? 必ずしも実定法の要はなくなるだろう。

714 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 09:47:16 ID:jgTM1Cny
711かってに思い込みと言うことこそ、思い込みじゃないかね?私は日本国憲法を見ながら書いているのだよ。司法権は日本では何処に帰属してるかわかってて言ってるのかね?中学の教科書なんぞを根拠にされても困るんだが(笑)

715 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 09:57:04 ID:jgTM1Cny
さらに続き、何度も言うように犯罪は法を犯すことを言う。話合いが協調争いが反協調ならば人を殺しても話合いで「次からは殺すなよ」と言って納得すれば何の罰則もない社会?

716 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 10:18:23 ID:jgTM1Cny
713うむ、じゃ推定と言い直そう、未来について証明はできないからな。しかし、現在民族の独立を求めて紛争が頻繁に起こっていることをどう説明する?実際に起こっていることを否定はしないよね。中国の歴史なんかがいいケースになると思うが?

717 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 12:03:43 ID:rTSpd62L
>>714
憲法の何条何項に記載がありますか?

718 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 13:25:56 ID:jgTM1Cny
717、日本国憲法第6章司法 第76条 司法権の機関と裁判官の職務上の独立 携帯からだと全文書き込めないので、後は実際の条文を見てください。

719 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 13:51:38 ID:j7wWAMTX
>>718
これらの条文では、司法権が二重に存在しているという内容はないようですが?


720 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 13:52:42 ID:j7wWAMTX
それとも、誰かの法解釈ですか?

721 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 14:16:46 ID:jgTM1Cny
720さん、前スレを見てください。日本以外の多くの国では二重に存在してると言ってるんですよ。例えばアメリカでは軍法会議が裁判と同様に扱われています。日本の場合、司法権が自衛隊に与えられていないため、自衛官も自衛隊法も他の法律同様に通常裁判で裁かれます。

722 :軍法会議:2005/04/11(月) 14:27:56 ID:jgTM1Cny
http://wmlproxy.google.com/chtmltrans/g=@26amp@3bsite=search/h=ja/i=Shift_JIS/p=i/q=%E8%BB%8D%E6%B3%95%E4%BC%9A%E8%AD%B0/s=0/u=ja.wikipedia.org@2Fwiki@2F@25E8@25BB@258D@25E6@25B3@2595@25E4@25BC@259A@25E8@25AD@25B0/c=0/t=g

723 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 15:05:47 ID:W8BRXuVw
>>721
なるほど、日本国憲法では二重ではないということですか。
それなら分かります。
そうすると、何を議論しているのかわかりませんが、まあいいです。
どうも。

724 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 15:32:16 ID:???
帝国憲法下の軍法会議が廃されたのには
それなりの理由があるわけで。

多くの外国が採用してるからといって
日本でも採用しろというのは暴論。

725 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 15:50:09 ID:???
>>710
>軍備を整えアメリカと軍事同盟を結び、積極的に軍事介入して敵対国家を破滅させるべきだ。

何に対しての敵対国家?アメリカの?
アメリカはアメリカのためにしか行動しない。
軍事同盟といえば聞こえは良いが、彼我の力の差が大きすぎるから
唯の使い捨ての下請けにしかならない。

積極的に軍事介入?我国も昔随分派手にやったのだが。その結果は承知の通り。
先進国と称される国は過去にも随分軍事介入したし、現在もその真っ只中にいる。
悪くなっても良くはなっていない。文明の利器とかいうものだけは進化を続けているがな。

こちらが敵対国とする国々から見れば、彼等にとってはこちら側こそ敵対国だと言うな。

結果、争いは無限に続き敵対国はなくならない。
それどころか日々新たな敵対国が生まれ続ける。

敵対国を全てこの世から蟻の子一匹残さず完全に抹殺すれば
次は同盟内部、自国内部が分裂し相争い続けることになるだろう。

人がこの世に存在する限り戦争が止むことはありえない。
この真実に従えば軍備は必須であり戦争こそが常態だ。
だが真実だからと言ってそれを憲法に掲げれば、全ての他国から
敵対国と名指され良い鴨にされるだけだ。

現憲法でも軍備を持ち、不正な者達と戦うことは可能なのだから廃止は不要だ。

726 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 15:54:59 ID:J13J5ShW
724さんも過去レスを読み直してください、軍隊が必要な理由の一つとして国内法の司法権から独立した組織の必要性を主張してるわけです。

727 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 15:57:52 ID:1xz/iPYw
9条の破棄だけではなく左翼から選挙権も取り上げてしまえ!日本大好きな人達が日本のことは考えてゆけばいい!

728 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 16:36:04 ID:???
>日本大好きな人達が日本のことは考えてゆけばいい!
その人達、皆ガイジンだったりして(w

729 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 17:59:41 ID:ymbQzlKC
軍法会議を廃した理由は敗戦。アメリカが日本から軍事組織を消滅させたかったから。

730 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 18:03:12 ID:jgTM1Cny
色々考え方は在りますが、憲法九条の弊害をもう一度考えてください。 軍事力の放棄をうたった憲法のせいで憲法全体が極めて歪んだものになってます。法解釈で歪んだものを真直ぐに見せ掛けているのが現在の日本です。恥ずかしくないですか?

731 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 18:12:09 ID:jgTM1Cny
例えば日本語の解釈として明らかにおかしいものもあります。5章66条内閣総理大臣・・・は文民でなければならない。日本に軍人は居ないのですが?ほとんど冗談のような最高法規です。

732 :三色旗:2005/04/11(月) 19:54:21 ID:vFvbDzzm
創価学会員の自衛官が多いため、
公明党でも、9条改正の意見が出てきました。

733 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 21:08:49 ID:J13J5ShW
法律に従わず人は罰せられない、様々な規則を定め集団に同じ価値観を持たせることでしか人は社会を作ることができないその規則を最大規模で運用する仕組みが国家である。

734 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 21:14:32 ID:J13J5ShW
しかし国家の規模には限界がある、山岳地帯の放牧民、南洋の漁師、都会のビジネスマン。価値観の違いは当たり前、まして民族文化の違いは簡単に越えられない。

735 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 21:34:35 ID:J13J5ShW
国家の規模に限界がある以上他国から自国を守ることが必要である、また、あらゆる枠組から外れた者から自国民を守ることが必要である。 国家内の犯罪は国内の司法権で裁けるが国外の犯罪を裁く権限と実力を持つ軍隊はまさにこの為に存在する。

736 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 21:56:00 ID:gPbSUFYE
九条改正してふざけすぎた中国人を震え上がらせる軍隊を持って対決していくべきだ。
嘗めた真似するな!

737 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 23:26:16 ID:4tWcaILS
>>714,>>717,>>718
要するに、キミ、ナニがおっしゃりたいの?
で、それが、キミの思い込みでないことは、憲法でなければ、ナニをみればわかるわけ?

ところで、キミの好きな政治学者は?
そして、なんという著書で、彼はその間抜けな話(>>592)をしてるわけ?

>>715
どーやらキミがおっしゃりたいのは、実定法のことらしいね。

市民集団による、秩序だった無政府状態では、実定法よりも自然法や慣習法の意義が大きいだろう。
もちろん、市民集団が実定法を持つことも可能だ。

そのような中で、ヒトの本質的行動から武器を要しない社会へと導かれるだろう、ということ。

738 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 23:26:44 ID:4tWcaILS
>>716
うむ、なんとかキミもわかってきたよーだ(笑

そもそも、民族紛争こそ国家の不条理の発露、かつての植民地支配の形骸。
植民地が消失したように、異民族支配の非効率性が、かかる不条理を排除してゆく。
で、国家は変容する。

739 :右や左の名無し様:2005/04/11(月) 23:42:39 ID:ms3nCYn7
>>735
国家の規模に限界があるというより、「ありかた」に限界がある。
そして、市民社会中心の世界は、国軍による国家防衛という構造を変容させる。
結果、国軍は意義を失う。

740 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 07:00:19 ID:643Koom8
732、まぁ憲法を熟読してから、他国の法律を勉強してくれ。日本以外司法権を二重に持ってることがわかるから。調べるのがどうしてもダメなら722の軍法会議のサイトを見てくれ。

741 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 07:17:23 ID:oM303dDX
738、739国家の有り様が変わることは否定してないよ。でも同様に軍隊の有り様が変化するだけだシステムとしての国家にはシステムの一部として軍が必要なことを主張してるんだが?

742 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 07:28:10 ID:oM303dDX
市民社会中心ね(笑) 何度も言うように市民グループの話し合いにより決まった内容を他者に強制できないよ。だから、国は必要、そして国と国の間のグレーゾーンのために軍隊は必要。

743 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 07:41:05 ID:oM303dDX
739どうしても国軍が嫌いなら、武装NGOでも作ってくれ(笑)その為の資金、訓練、ノウハウはどこから持ってくるのか。国軍廃止の効率の悪さが解ると思うがね(笑)

744 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 08:47:46 ID:OH2FPvhh
別に未来の可能性までは否定しないがねえ。
現実としてあからさまに暴力という形で自国の利益を要求する中国という国家に対し、
日本人の利益を守るべき存在は日本の国家だけだろうに。決してNGOではないよ。

745 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 11:14:15 ID:???
>>712
>J.Lacan,L.Arthsser,M.Foucault,A.Huxley,B.show,B.B.A.W.russel

なに、このひとたちが全部「社会病理学者」だっていうの。社会病理学というのは随分と融通のきく
(ある意味鵺のような)学問なんだね。

Lacanは一般的には精神分析学者と呼ばれるし、Foucaultは哲学者、A.HuxleyはAldous Huxleyのこと?小説家じゃん。
B.A.W.russelは数学者、哲学者、平和主義運動家として有名だが、「社会病理学者」として名前が売れていたとは
ついぞしらなんだ。B.showという人もしらないが、Huxleyがリストに出てくるくらいだから、まさかBernard Shawの
ことぢゃないよな。こうなるとL.Arthsserというのも一般に「社会病理学者」として認知されているかどうか疑わしいね。
ま、Foucaultが「社会病理学者」のカテゴリーに一番近そうだね。『狂気の歴史』『臨床医学の誕生』という著作が
あるから。医学それ自体の歴史社会的な成り立ちを探求する学と「社会病理学」の間に親近性があるとすれば。

「前に読んだとある政治学者の本にも書いてあったよ」の学者の名前も挙げてね(^.^)

確か、Huntingtonか、E.Toddであると思ったね。該当のフレーズを著作からひっぱりだすのは、今は勘弁ね。
記憶で書いてるだけだから。Huntingtonは明確に政治学者として紹介されているし、Toddは政治学者というには少し
微妙かも知らんな。歴史学者、社会人類学者と一般には紹介されている。


746 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 11:19:11 ID:???
どうも、学問的カテゴリーというものをあまり厳密に考えても何も生まないという結論が
でてしまいそうであるな。

747 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 11:39:09 ID:???
そもそも憲法9条問題は日本の問題なんだから、日本の社会病理学者で9条問題に
関心をもち、ジャーナリズムで発言しているひとがいるかどうかが、もっとも重要で
あるわけだが。

748 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 12:34:08 ID:643Koom8
737、じゃあ要するに将来人類は原始時代に戻ると言いたいわけね(笑)自然法なら単に腕力の強い者が他者をねじ伏せる社会だねぇ、もう一度歴史をやり直すのか(笑)後半に書いてある、市民団体が実定法と司法権を手に入れたらの話、それはすでに国家だよ(笑)

749 :右や左の名無し様:2005/04/12(火) 12:54:10 ID:643Koom8
まずは国家の定義から説明するべきか? 国家=一定の領土と統治権を持つ社会、団体。 市民団体が法体系を持てば法の強制力の及ぶ範囲が領土となり国家になります。

750 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 09:48:43 ID:owi7nde/
>>740
>まぁ憲法を熟読してから、他国の法律を勉強してくれ。
同じ言葉を、キミに返そう、その前にキミは法律の基礎を…>>742参照(^.^)

>722の軍法会議のサイトを見てくれ。
見たけどそーは受け取れないよ、どの部分が「キミの思い込み」と一致するの?
それにこの手のHPは、ションベンが多いしねぇ、根拠には乏しい、文献を教えてね(^.^)

>>741
>国家の有り様が変わることは否定してないよ。
その点は、お分かりいただいた、感謝!

>でも同様に軍隊の有り様が変化するだけ…
ここもお分かりで、再び感謝!

>国家にはシステムの一部として軍が必要なことを主張してるんだが?
ここからが問題で、軍のありようが変化して国軍というあり方も変化せざるを得ないことを、
19C-20Cの歴史、そして現在の国の不条理から推定している。

キミは、そこをかたくなに否定するのだが、より蓋然性の高い事象を提示できないでいる。
そこが、キミ自身わかってないのが○○の強みですね(^.^)

>>742
>>何度も言うように市民グループの話し合いにより決まった内容を他者に強制できないよ。
キミキミ、自然法、慣習法もある意味強制力はあるのだよ、そこが「法」たるゆえん(^.^)

751 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 09:49:40 ID:owi7nde/
>>743
>どうしても国軍が嫌いなら、武装NGOでも作ってくれ(笑)
ま、どちらかとゆーと武装NGOなんて必要ないと思うが、可能性としてはあるだろう。
そこで、過去ログで中世フィレンツェや堺の例を挙げた。

>>744
>現実としてあからさまに暴力という形で自国の利益を要求する中国という国家に対し、
>日本人の利益を守るべき存在は日本の国家だけだろうに。決してNGOではないよ。
そーだよ、しかし、日本の経済回復のカギが中国市場にあることは、両政府が100も承知だ。
ま、中国にやられっぱなしだろう、経済利益を守るために、市民は安全すら切り捨てられる。

市民レベル、といっても中国のデモは官製の疑いが濃厚だが、市民の理解は市民同士の交流でないの?

752 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 09:50:17 ID:owi7nde/
>>745
>なに、このひとたちが全部「社会病理学者」だっていうの。…
やっと検索が終わったよーだね、ごくろうさん、Googleでも利用されました?
以前にも、説明したが、「社会病理」という表現は、自分の所属をぼかすために利用した。
これは個人の病理と社会の病理の相関をあつかう。
Lacanは精神科医だが、哲学者として有名、西欧文明の優越に対する疑問から社会病理に言及している。
Foucaultはもlacanと同様の経歴だが、「構造と力」など世界観と精神病理に絡む著書が多い。
タネを明かせば、実はボクのはHuxleyの受け売り、彼の「非暴力の直接行動」とゆーのが理想。

こーゆーのを「しゃかいびょうり」とゆーんだよ、ま、Googleには限界があるね(^.^)

>…該当のフレーズを著作からひっぱりだすのは、今は勘弁ね。…
とゆーより、できないでしょ、彼らがそんな「間抜け」を言うはずがないし(^.^)

>>748,>>749
>自然法なら単に腕力の強い者が他者をねじ伏せる社会だねぇ、…
基本原理のひとつはそうだね、こーゆー基本原理が重なって法として作用する。

>市民団体が実定法と司法権を手に入れたらの話、それはすでに国家だよ
キミ、頭固いね、とゆーより○○だねぇ、プロセスだから国家的要素はもちろん否定できないよ。
その先に、現状の国家の変容と国軍の消失がある(^.^)

753 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 10:17:22 ID:ERPvOPva
750、司法権を君は 二重に存在できないと判断するのかね?その根拠はないんだが?日本の憲法において司法権が最高裁判所に属し特別裁判を認めてない。しかし、海外において軍法会議が裁判として認められている。これを差して二重の司法権が有ると言ってるんだが?

754 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 10:29:50 ID:ERPvOPva
↑続き自然法の強制力って何?それはおそらく原始時代において少数の部族内のみで通用したものでしょ(笑)町内会の決まりを隣の町の住民に強制できる?

755 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 11:10:16 ID:ERPvOPva
さらに言うと蓋然性とは何かね? 軍事力が発言力につながらない、北朝鮮は戦争ができない等は何の根拠もないんだが? 仕方ないので法律論に移ったんだが根拠もなしに思い込み扱い、これがキ○ガ○の理論か・・・。

756 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 11:53:15 ID:???
>しかし、海外において軍法会議が裁判として認められている。
>これを差して二重の司法権が有ると言ってるんだが?

グアンタナモにしろアブグレイブにしろ
大いに問題ありだと思うけどなあ

東京裁判もフセイン裁判もね。

757 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 13:02:25 ID:ERPvOPva
756、問題があるのは軍法に問題があるから、立法権を文民が持ち監視することで問題をなくせばよい。むしろ公海や南極等で犯罪を取り締まる機関がない状態の方がやばいよ。

758 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 13:17:55 ID:1pFZ3wXI
>>750
>キミキミ、自然法、慣習法もある意味強制力はあるのだよ、そこが「法」たるゆえん(^.^)
自然法、慣習法が自主的に尊重されなかった場合はどうなりますか?



759 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 14:16:28 ID:???
>>752
>ま、Googleには限界があるね(^.^)

そーなんだよ、B.Showも、L.Arthsserも、知らなかったからGoogleで検索してみたが見つからなくてねえ。
知らない名前を調べるには、Googleはやはり便利だ。しかしGoogleで引っかからないということは、知名度の
低い学者であるとはいえるな。一般人は誰も知らないだろうから、言説に社会的影響力の認められる学者の
名前を挙げてくれ、というこちらの要求にはどうも沿わないひとたちのようだね。Googleでその名前がヒット
するかどうかが、知名度を測るための基準になるとするならね。重ね重ねの要求で心苦しいが、参考のために
B.ShowとL.Arthsserの代表的な著作をあげていただけないであろうか。


>とゆーより、できないでしょ、彼らがそんな「間抜け」を言うはずがないし(^.^)

ふーん、じゃあ、もし該当のフレーズをHuntingtonかE.Toddの著作から、こちらが引用することが出来たら
どうする。自分が「間抜け」であると認める?

760 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 23:47:01 ID:ERPvOPva
752、自然法の一つに椀力の強いものが幅をきかせるというものを否定してないが、それじゃ腕力より武力になるだろ?国に属さない武力集団・・・海賊や山賊? あなたの理想は力こそすべての世界? 私は文明人なのでそんな世界に住みたくないぞ。(笑)

761 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 23:09:24 ID:CdO2JujC
>>753
>これを差して二重の司法権が有ると言ってるんだが?
ボクは無知にして、「二重の司法権」という考え方を知らない。
だからこそ、ご教示願った、しかし、でてくるのはキミの思い込みばかり…
「二重の司法権」や「三権分立の枠外」てのを明示している文献を教えてね(^_-)

>>754
>…おそらく原始時代において少数の部族内のみで通用したものでしょ
ちがうよ、そーゆーのは自然法といわない、もっと勉強しぃ(^.^)

762 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 23:09:57 ID:CdO2JujC
>>755
蓋然性=確からしさ…たしか、新教程では中学数学。

> 軍事力が発言力につながらない、北朝鮮は戦争ができない等は何の根拠もないんだが?
これは、キミよりはるかに論理的な方とのおハナシで十分説明してるよ、で、納得していただいた(^_-)
そもそも、キミはその根拠のない話に食い下がってきたの?

>法律論に移ったんだが・・・
おいおい、法律「論」というほどではないが、お誘いしたのはボクだと思うよ、過去ログ見てみ(^.^)
しかし、ボクも法律はテンデ素人だが、失礼ながら、キミは無知に近い。

>>758
>自然法、慣習法が自主的に尊重されなかった場合はどうなりますか?
そもそも、その場合は「法」とはいわないよ(^.^)

763 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 23:10:19 ID:CdO2JujC
>>759
>…Googleで引っかからないということは、知名度の低い学者であるとはいえるな。
それは、そのとーりだ(^_-)

>言説に社会的影響力の認められる学者の名前を挙げてくれ、というこちらの要求にはどうも沿わないひとたちのようだね。
そーともいえない。多くの教養ある著名人が彼らを引用するから、例えば、Arthsserは小坂修平さんがよく引用している。
ShakespearやBaconは有名だけど、無数のヒトに「それと知られずに」引用されているしね。

B.Show…「止揚と場」、L.Arthsser…「資本論を読む」

ただし、キミと違ってボクは記憶に頼っているのでスペルは怪しい、ゴメンm(__)m

>…自分が「間抜け」であると認める?
キミ、失礼だけど、相変わらず論理的でないねぇ…

ボクが言ったのは「彼らはそんな『間抜け』を言うはずがない」
で、キミの引用した通りの記載が確認できれば、「彼らが『間抜け』を言った」となる。
すなわち、間抜けは彼らで、ボクではない。
もちろん、記載が見つからなければ『キミが間抜け』となる、さあ探そう!(^^)!

>>760
>あなたの理想は力こそすべての世界? 私は文明人…
ちがうよ、それはキミの理想の世界でしょ、軍事万能論者のキミの…
余計なお世話だけど、「野生の思考」以来、今のインテリは「文明」を誇らないゾ(^.^)

764 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 23:51:23 ID:jl2uqOLM
761、まず三権分立の枠外とは言ってないが? 司法権は犯罪を裁く権利のことだね。憲法を読んだなら解ると思うが? 軍法会議とはなんぞや?軍法に違反した者を裁く権利があるね。他の方は解ってくれたがねぇ・・・文献は他国の軍法だねあとは自分で調べなよ。

765 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 00:13:24 ID:eIZwvVlw
762私は面倒見のいいほうでねぇ机上の空論を振り回す輩に現実を教えるのが趣味なんだよ(笑)あなたの言う自然法とは具体的に何のことなのかね?自然発生的な法は顔をあわせる範囲にしか通用しないが?

766 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 00:25:32 ID:eIZwvVlw
↑続き、どうでもいいが中学の教科書がお気に入りだね。確からしさか、あなたの話のどこに確からしさが?発言力に軍事力は関係ない→じゃあ軍事力を持つのはなぜ→一部の人間の金になる・・・米の発言力に軍事力は関係ないの?

767 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 01:11:07 ID:???
>>763
「資本論を読む」…Louis Althusserのことかよ。スペルのlが抜けてたね。正確なスペルを確かめるのにも
Googleは使えるよ。記憶に頼って不正確に書くよりは、検索で正確を期することができるなら、検索を
使った方がいいんじゃないのー? それにAlthusserというのも、哲学者であって、精神病理学観点からすると
むしろ観察対象ではないかと。B.Showのみ邦訳の存在が確認できなかった。引用されたひとたちは、漠然と
人文科学者という括るのが、とりあえず適当であるようだ。

>もちろん、記載が見つからなければ『キミが間抜け』となる、さあ探そう!(^^)!

(* ̄∇ ̄)"b" チッチッチッ、言葉のニュアンスってやつを無視して話されてもねえ。
どうやら野暮な解説が必要なようだ…

間抜けなのが彼らなら、君も僕も「間抜け」ではないはずだねえ。なにゆえに「もちろん」僕が
間抜けになるのか。無論、見つかるはずの無い彼らの記載をあるといったからだろう。すなわち
見つかるはずの無いものをあるというやつは間抜けであるというのが『彼らがそんな「間抜け」を
言うはずがないし(^.^)』という文章の裏にある意味なのさ。

無いものをあると言い張るのが間抜けなら、あるものを無いと言い張るやつも間抜けだろう。
「記載があるはずがない」「無いはずの記載をあると言い張る奴は間抜け」と言い張るやつも
ほぼ「間抜け」とみなしてよいね。つまり、無いはずの記載があった場合、そんな記載は無い筈で
あると言い張っていた君が「間抜け」になるのさ。

…ここまでこのネタを引っ張ってしまうとは。まあ、「あるはずがない」と言い張った奴は『間抜け』で
ある、という確認をとっとかないと、苦労してアップするかいが無いよ。

768 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 08:18:26 ID:???
お前ら、理論以前に、現在の九条改正が売国奴である親米保守主導で行われていることを考えろ。
親米保守のクズどもの目的が明確である以上、現状の九条改正には賛成できん。

大体、自民党の言う自衛軍なんて噴飯もの。
自衛とは名ばかりの、アメリカ軍の先兵として日本人を戦地に送るための『自衛』軍。

親米保守の憲法の九条改正ってのは、要するにアメリカの国益でありアメリカ軍の負担軽減のため。
最近やたら九条改正の動きが早まったのは、アメリカ軍のために九条を改正しろ、
といったアーミテージの外圧のせい(藁
これで自民党のシナリオ通り九条を改正したら軍事までもアメリカの属国化完了かよ。

押しつけ憲法を廃止し自主憲法を制定しろ、とか言うのは、
大多数の反米保守層を騙して丸め込むための詭弁。
表面では自主制定を言いながら実際はアメリカの言いなりで憲法改正するとは、
国民をなめるにもほどがある。
九条改正はいずれ必要だが、親米保守主体の改正では属国化を進め、
祖国のためではなくアメリカのために日本人を犠牲にするだけだ。
だから反米保守として断固反対する。

親米保守のクズどもは「アメリカの属国として日本人を戦場に送って犠牲にした方が日本の国益になります」
とちゃんと言えよな。

769 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 09:33:10 ID:/eCJHxmJ
>>768
いつまでも馬鹿な反米を主張して日米関係を悪化させる気なのだろう?

反米のために九条改正に反対するなど、本末転倒だろう。

自主独立を主張するなら自前の軍備は最低限の基礎だ。
軍隊を持つなら九条改正は避けて通れない問題だ。
アメリカとの関係以前に、自主憲法と軍隊は独立国として保有するのは当たり前の事だ

770 :日本を愛する会:2005/04/15(金) 12:12:48 ID:44FCx4iD
www.nihon-o-aisurukai.comへどうぞ。

771 :東友会:2005/04/15(金) 13:54:08 ID:???
われわれは768を指示する。
そもそも、この時期にいたって中国と韓国までが
日本批判をはじめたのおかしいとおもわないか。
これは、米国と憲法改正したい売国奴の陰謀のような予感がする。
中国と韓国をわざと騒がせて、日本国民に
再軍備の必要性をけしかけているような気がする。
ちがうかね。

772 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 15:52:24 ID:???
>>769
反米保守として言わせてもらうなら、
真の独立は、日本とアメリカの対等な軍事同盟だ。その議論なくして九条改正など事態の悪化を招くだけ。
現状の改正案では、アメリカの支援要員が必要であるから九条改正しようということだ。
国際貢献という語もアメリカの追従という実態の隠れ蓑にすぎない。

イラクを見れば、親米保守どもがすすんでアメリカ軍に自衛隊を差しだそうとしているのが見え見えだ。

773 :東友会:2005/04/15(金) 16:20:27 ID:???
>>772

まったく同感であります。それは、将来的には769の方のご意見ももっともだが
今なぜ?と冷静に問う必要があるのでは。


774 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 21:26:49 ID:eIZwvVlw
憲法9条は実際に戦後役に立ったことがあるのだろうか?半世紀以上結果を出せないうえに弊害すら生み出す憲法をなぜ今だに神聖視する奴がいるのだろう?

775 :通りすがりの愛国者:2005/04/16(土) 00:25:48 ID:???
>>774

あなたがどのような方かは知らないが、少なくとも
衣食住に困らず、戦争の恐怖も経験することなく
高額なコンピュータシステムを購入でき
こうして夜中まで自分の意見を自由に書き込める。
これ以上の結果を生み出そうとするとしたら、何が
あるだろう。これが、たとえ押し付け憲法だとしても
(わたしはそうは思わないが)これこそが現憲法の
生み出した成果ではないのかな。あなたはその恩恵を
十分あたえられているにもかかわらず、気づいていないとしたら
それはあなたにとってとても不幸なことだ。
あなたがおっしゃる現憲法が生み出した弊害って何
かお聞きしたい。


776 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/04/16(土) 00:26:53 ID:???
こんなアメリカがでっちあげた非合法憲法なんか無効だ。
即時、王政復古!!

777 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 09:49:57 ID:mYFL4ENt
>>764
>他の方は解ってくれたがねぇ・・・文献は他国の軍法だねあとは自分で調べなよ。

やはり、提示できないわけね、やはり、キミの「思い込み」だったね(^.^)
ところで、他の方っていったい?????…

>>765
やはり、キミは「法」について無知としかいいようがない、失礼ながら。

>>766
>・・・米の発言力に軍事力は関係ないの?
現状は、パクス・アメリカーナだからね、軍事力がおそらく唯一モノをいってるケースだね。
これも、過去ログをみればわかることだが…

とにかく、キミよりずっと論理的な方とのやりとりを過去ログで見て具体的に疑問点を出してね。

778 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 09:51:44 ID:mYFL4ENt
>>767 :右や左の名無し様:2005/04/15(金) 01:11:07 ID:???
>…引用されたひとたちは、漠然と人文科学者という括るのが、とりあえず適当であるようだ。
揚げ足を取るよーで恐縮だが、社会病理は人文科学の一分野でしょ。

>間抜けなのが彼らなら、君も僕も「間抜け」ではないはずだねえ。
そーだよ、記載があれは、キミもボクも間抜けとはいえない。

ただし、彼らが、原文で、verifyなりbear outなどの言葉を使用していることを、
キミが提示できなければキミがまぎれもなく「間抜け」となる。

ただし、キミ自身がすでに、将来のことは「証明」できないことがお分かりだし、
とすれば、おそらく彼らが「証明」などということばを使うはずがないことは、
キミ自身がお気づきでしょ。
「キミが間抜けである」ことは、おそらく、免れよーがない(^_-)

779 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 10:07:40 ID:EEgGneOV
>>777
他の方=あきれて、モノをいわない人たち



780 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 10:49:44 ID:4EqpONq9
775、それは、米ソ冷戦のなかでアメリカ側につき在日米軍の駐留と日米安保体制のおかげで日本が安定してたから、憲法9条はその現実を無視し平和を叫べば安定した社会を得られると勘違いする外交音痴の日本人を大量生産した。

781 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 10:58:00 ID:pSYNp1wW
みんな日米安保条約のもたらした効果じゃないかよ。

782 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 11:00:25 ID:pSYNp1wW
でその日米安保条約に狂ったように反対してきたのが
腐れ左翼で。今になって戦後の高度経済成長
を美化するのか。

783 :通りすがりの愛国者:2005/04/16(土) 12:27:51 ID:???
>>780

それで結果的によかったんじゃない。
あなたもわたしも。9条があり屈辱てきではあったがアメリカについたから
敗戦国でありながらまさに日本は地上の楽園のように繁栄をみせたのでは。
だれも平和を叫ばなくとも安定した社会が得られてきたじゃない。
外交音痴でも幸せに生活が出来たじゃない。
それは他の国から見たらとてもうらやましいことだとおもうよ。
あなたは、この安定がくずれたらその対応をだれも知らないことを
危惧してるのではないかと感じたが。
そのときは徹底的に9条を盾にこの安定日本を守る勇気を持つ事しかないのでは。
いったん事が崩れたら議論より行動する勇気がもてるかどうかだと思う。

「国家は文化を創造することは出来ない。国家は単に、文化を創造する民族に役立ち、それを保護しえるに過ぎない。
かくて、つねに高揚されつつある人類の成功は、いかなる国家にも依存せずして、文化を創造しえる民族の生存、並びに
その民族の開化的な生活に依存する。

強力な民族国家は、その国民の愛情を勝ち得ているので、国内の法律は僅かしか必要でない。
外国に対して弱く、国民を奴隷としている国家は、その国民を権力によって対外戦に従事せしめるだけである。
地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、最も神聖な犠牲は人間がその土
地のために流す血潮である。 」

この美しい言葉はだれの言葉かおわかりですか。勝てば官軍今は歴史の悪の例に引き合いに出される政治家の言葉です。



784 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 14:13:02 ID:4EqpONq9
777、はぁ疲れる。あのねぇ、ちゃんと根拠は外国の軍法だと言ってるんだが?馬鹿か?それとも法律の条文読んで判断したりできないから解説してくれる政治学者がいるの?その程度の頭で政治思想を語るなよ!

785 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 14:20:23 ID:4EqpONq9
777、あと過去レスもう一度読むとあんたの馬鹿さが際立つよ・・・464で自然法を自ら否定しているね、635で良心的ボランティアと言いつつ、善意じゃなく協調性はうんぬん・・・。屁理屈はいいかげんにしな。

786 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 14:44:19 ID:4EqpONq9
773安定が崩れたら9条を盾にって誰にたいして盾になるの?米から軍事力を供出しろって言われたときに?結果が安保破棄だったらそれこそ安定が崩れるよ。もっとも米からの要請ですでに日本から戦死者が出てるんだがね。

787 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 14:46:58 ID:4EqpONq9
↑間違い773じゃなく783あて

788 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 16:04:59 ID:f54jyNoE
戦後の長期安定なんて朝鮮戦争以降、日米安保体制
が確立して以降だ。それ以前は結構危険な兆候もあった。
だから日米安保体制の維持強化
が何をおいても重要だろうな。

789 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 17:41:28 ID:4EqpONq9
http://wmlproxy.google.com/chtmltrans/g=@26amp@3bsite=search/h=ja/i=Shift_JIS/p=i/q=%E7%B5%B1%E4%B8%80%E8%BB%8D%E6%B3%95%E6%B3%95%E5%85%B8/s=0/u=www.pref.ehime.jp@2Fhoudou@2Fhoudou1304@2Fkaiken130425.htm/c=0/t=g

790 :右や左の名無し様:2005/04/16(土) 17:46:06 ID:4EqpONq9
↑777、あんまり良い例じゃないが、二重の司法権は存在するとわかるだろ?思想書だけじゃなくニュースぐらい見とけよ。最近じゃジェンキンス氏の時や自衛隊のイラク派遣でも解説が出てたぜ(笑)

791 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 07:52:23 ID:DTGsueZz
>>784
>ちゃんと根拠は外国の軍法だと言ってるんだが?
だから、それは軍法を読んだ「キミの解釈」でしょ?
で、「二重の司法権」を明示している文献をあげよ、できなければ、キミの「思い込み」と申し上げた。
いまだにこれがキミはできず、「言い訳」をくり返している。

>>789
この手のHPは、根拠にならない…極端なハナシ、キミが立ち上げたHPかもしれないしねぇ(笑
そもそもどこにも「二重の司法権」と明示されていない。

ほら、やっぱり「キミの思い込み」でしょ(^.^)

>>785
キミほんとに「法」を知らないね。
>>464は、「良心」や「悪意」などの倫理ではなく、本質的行動で「ヒトは協調を求める」と説明した。
倫理だけでない自然法の一側面を如実に表しているのだが…

ところで、「キミが間抜け」ということは決定したね(^_-)

792 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 07:52:51 ID:DTGsueZz
個人的な見解をいえば、「米日安保」は日本が米国の盾になったにすぎない、と思う。

古い世界地図を眺めると、日本は、米国がソ連に向けてさした傘そのものに見える。
すなわち、日本は核の傘に入れてもらったのではなく、核の傘そのものにされたと考える。

憲法九条は、日本自身のoriginalとはいえないにせよ、ズルいくらい賢い選択だった。
必要もない軍備に際限なくカネをかけることをまぬがれて、経済成長にうちこめたし…

そもそも、キューバにせよベトナムにせよ、直接、共産主義国が侵略したのではなく、
謀略で、親ソ政権を立てようとしたのが紛争の構造。
ま、KGBとCIAの代理戦争のよーなもので、すでに、資本主義国軍vs共産主義国軍という構造はほとんどなかった。

要するに、そのころから「国軍」の意義は怪しかったのだ。
国軍は、親ソ、親米のために国民にむけられた武力、要するに国民を苛むための存在でしかなかった。

そもそも、共産主義を打倒したのは武力でなく、経済だった。
ソ連も東欧も経済的に朽ち果てた。
ま、日本の経済構造が真の意味で「資本主義的」かは疑問だが、経済戦争を勝ち抜いたことはある程度確かだし、
それが、九条というウマい盾があったことを否定することは難しいのでは?

今後も、この構造が大きく変わることはないだろう。
九条を擁することは、これからも効率的な武器となる…と考える。


793 :軍法:2005/04/17(日) 08:39:21 ID:OKMnUhT3
http://wmlproxy.google.com/chtmltrans/g=@26amp@3bsite=search/h=ja/i=Shift_JIS/p=i/q=%E8%BB%8D%E6%B3%95/s=0/u=www.iris.dti.ne.jp@2F@7Ergsem@2Fmcourt.html/c=0/t=g

794 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 09:18:36 ID:OKMnUhT3
791ふーん言い訳ね。自分で″自然法に強制力はない″と書いたからには素直にどちらか訂正したら?あと、上に軍司法権を扱ったサイト貼ったけどまた、信用がどうのとかいうんだろうなぁ。

795 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 09:24:08 ID:OKMnUhT3
791一度自分で司法権と軍法を調べなよ・・・検索サイトでもいいからさ思想書しか信用できないみたいだから無駄かもね。あと、今までの思い込みって言葉から急に解釈と言い直したのはなぜかな(笑)

796 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 10:31:28 ID:KgKxcPNV
791、あまりにも馬鹿すぎて気付けない?解釈と思い込みは全然違うことに?解釈=実際の事項を自分なりに理解すること。思い込み=根拠のないでたらめ。

797 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 10:36:55 ID:KgKxcPNV
↑つまり君が二重の司法権はおかしいと思うなら、何か根拠を示しその解釈は違うと言えば良いわけだ。で違うのはなぜかを判例や条文で示さないとね。

798 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 10:43:00 ID:KgKxcPNV
↑さらにつづき、で私の貼ったサイトは知事と言う責任ある人が公の場で発言した内容であり、米国の刑法で裁かれた場合と軍法の場合を上げ軍の都合で刑が軽くなったことを発表している。

799 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 10:52:56 ID:OKMnUhT3
↑また続き、これをアメリカの司法が一本化されてるとして見たら米艦の艦長が裁かれないのは明らかにおかしい。 さて、わかったかな? 君は文献にこだわるが君の大好きな蓋然制はどちらの言い分にあるのかな?(笑)

800 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 12:06:14 ID:/ZWUVxGc
われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、
真の武士の魂が残されてゐるのを見た。しかも法理論的には、
自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、
御都合主義の法的解釈によつてごまかされ、軍の名前を用ひない軍として、
日本人の魂の腐敗、道義の頽廃の根本原因をなして来てゐるのを見た。

  もつとも名誉を重んずべき軍が、もつとも悪質な欺瞞の下に放置されて来たのである。
自衛隊は敗戦後の国家の不名誉な十字架を負いつづけて来た。
自衛隊は国軍たりえず、建軍の本義を与へられず、
警察の物理的に巨大なものとしての地位しか与へられず、
その忠誠の対象も明確にされなかつた。
われわれは戦後のあまりに永い日本の眠りに憤つた。
自衛隊が目ざめる時こそ、日本が目ざめる時だと信じた。


801 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 13:38:52 ID:???
>>778
>ただし、彼らが、原文で、verifyなりbear outなどの言葉を使用していることを、
>キミが提示できなければキミがまぎれもなく「間抜け」となる。

(° Д °)ハァ? …としか言いようがないんだが。とうとうちゃぶ台返しかよ。議論の前提を
すべてひっくり返してまで、つまらんプライドに拘りますか。

>>相互交流と多様な利害関係が増せば増すほど戦争はおきにくくなるという仮説は証明されていない、
>と前に読んだとある政治学者の本にも書いてあったよ。
>社会学的に「証明」は困難と申し上げた、蓋然性の争いなのよ。
>ホントに、そのヒトがそー書いてるとしたら、学者として怪しい(笑

>そして、なんという著書で、彼はその間抜けな話(>>592)をしてるわけ?

一体全体、どこに原文でverifyやbear outなどの言葉を使用しているという条件が議論の前提に
あったのだ。そんな条件を後出しが議論で認められる訳ねーだろ。なぜ「verify」や「bear out」で
なければならないかが、そもそも全く意味不明だし。

>ボクは英文に弱いので、記載のある公式文書と該当文章をアブストラクトしていただけるとありがたい。

ここでの議論には、アブストラクトで十分だろうが。どうやら日本語も弱いらしい。

まあ、とりあえずヒントをだしておこう。該当の書物の著書はHuntington。非常に有名な書物で世界的に
論争の対象になった。各国語に翻訳されて議論の対象になっているから、議論の対象とするには翻訳で
十分であろう。

802 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 13:56:07 ID:???
憲法調査会の議論においては、九条の理念である平和主義の原則は維持という立場が大勢をしめた。
結局、自衛隊の位置づけをどうするか、「戦力」という概念を再定義をするのかが、現今の九条論議の
中心的問題といえる。日米安保体制も当面維持がなされるであろう。そのうえで、九条二項が改変される
ことは、よりいっそうのアメリカへの軍事的従属をまねくだけである、という意見がある。現在でも
アメリカに軍事的に従属しているのが確かなら、改変によって従属が強化されるとは必ずしも言い切れない。

803 :右や左の名無し様:2005/04/17(日) 17:29:48 ID:OKMnUhT3
正直に言って自衛隊を今のままの法的位置付けで海外に送るのは実際には無理なはず、外交的に押し通すしかないなら憲法を改正するべき。

804 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 09:12:36 ID:OT5rm9LM
>>793,>>795
>あと、上に軍司法権を扱ったサイト貼ったけどまた、信用がどうのとかいうんだろうなぁ。
HPにションベンが多いことは周知の事実。
その前に、そのションベンにすら「二重の司法権」と言う言葉は見当たらない。

>>794
>自然法に強制力はない″と書いたから…
キミね、過去ログちゃんと読みなさい。
「ある種の強制力がある」それが「法」たる所以とボクは書いている(^_-)

>>796
>解釈=実際の事項を自分なりに理解すること。思い込み=根拠のないでたらめ。

いやいや、キミの場合は「解釈に思い込みが入っている」と指摘している。
だから、思い込みの部分を文献で裏付けて欲しいとお願いしているが、果たされない(^_-)

805 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 09:13:36 ID:OT5rm9LM
>>797,>>798,>>799
>↑つまり君が二重の司法権はおかしいと思うなら、何か根拠を示しその解釈は違うと言えば良いわけだ。
>で違うのはなぜかを判例や条文で示さないとね。
キミって、どーしてそんなに論理性にかけるのかねぇ(@_@;)

「二重の司法権」という言葉自体が見つからないのだから、それを否定する条文など探しよーがない。

で、刑法に限っても、判決内容はtrialによって異なる、それを二重の司法権とはいわない。
それと、キミは、知事さんはみな立派で、間違いを犯さないとお思いで? (^_-)

>>801
>>相互交流と多様な利害関係が増せば増すほど戦争はおきにくくなるという仮説は証明されていない、
>>と前に読んだとある政治学者の本にも書いてあったよ。

この「証明」が怪しいと申し上げている、将来の社会事象を「証明」することは論理的に不可能だから。
そこで、「verify」や「bear out」などの裏づけが必要となる。
で、キミは文章を提示できない(^_-)

とりもなおさず、「彼ら」も「ボク」も間抜けではなく、「キミだけが間抜け」とゆーことだよ(^.^)

806 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 12:09:54 ID:???
戦うか退くかどちらか選べい。

807 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 12:46:06 ID:ot1TH6aM
804、805見苦しいねぇ、464で強制力があるからには自然法じゃないよねと言いつつ、自然法にもある意味強制力はあるよそれが法たるゆえん・・・精神分裂症? 普通の人にこれは理解できないよ。とんちかギャグだね どっちやねん!(笑)

808 :【祝】産経バイバイ【寿】:2005/04/18(月) 12:50:10 ID:UrBoiDU3
>われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、
真の武士の魂が残されてゐるのを見た。

自衛隊広報部か?アフォ。自衛隊容認否認ともに自由だろうが、
これは軍事官僚、軍事組織を単に美化しただけ。ヴォケ。

809 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 13:07:04 ID:72S9Ue8d
結局、9条改正派の皆さんが
現憲法では「自衛隊及び海外派遣は違憲」
という認識だったという事でしょうか?

何でもかんでも「合憲」と屁理屈こねていたけど。

810 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 13:33:39 ID:ot1TH6aM
805、人を法律の素人と言う割りには君はど素人だね、反証は裁判の際必要なことでしょ(笑) どうも見るかぎり君は司法権とは何かを知らないようだ。説明する為に二重の司法権と言っているのを文献に載ってないと騒ぐ、できの悪い学生か?

811 :【祝】産経バイバイ【寿】:2005/04/18(月) 14:00:13 ID:UrBoiDU3
>>809 そういうことなんだろうなぁ
日本は「法治国家」であり「立憲主義」国家。

 法を守れ、ルールを守れ、といいながら
一方で9条は例外。
 権利が多すぎる、義務をといいながら
99条は無視。
 学習指導要領は決まりだといいながら
(以下略)。

ま、保守派も彼らの都合で色々大変なんだろうなw


812 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 15:44:01 ID:???
>>805
証明する、と訳される英語は、prove,certify,testifyなどもあるが、なぜに"bear out","verify"に
限定されるのかがわからないね。それとも、これらの使われたかたの違いを弁別できるのかな。
違いがわかるんなら、違いを語ってもらいましょーか、お間抜けさんw

とりあえず訳文をアップしておくぞ。文明の衝突p.93だ。後はこれを読んで自分で判断すれ。

(前略)金や商品、人、知識、思想、映像などが、簡便かつ安価に世界中を移動できるにようになったのは
たしかである。疑いなく、このような事物の国際交流はさかんになった。だが、これらの交流が増大することの
影響に関しては大いに疑問がある。貿易によって衝突の可能性は増すだろうか、あるいは減るだろうか?
それによって国家レベルの戦争が起こる可能性が減るとする説はまったく立証されておらず、その逆の可能性を
示す証拠は山ほどある(後略)


813 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 15:44:16 ID:???
(前略)証拠から見るかぎり、商業が平和を促進するというリベラルな国際協調主義者の仮説はまったく
通用しない。一九九〇年代になされた分析はその説に疑問を投げかけている。ある調査の結論によると
「貿易の規模が拡大することは…世界政治にとって…深刻な分裂を生み出す元凶になる可能性があり」…
「国際体制で貿易を拡大すること自体が国際緊張を緩和したり、国際情勢の安定を促進するということは
ありえないだろう。」という。別の研究によると、経済的な相互依存が高まると「平和の気運を助長するか
戦争の気運を誘発するかのどちらかで、それは将来の貿易に期待がもてるかどうかにかかっている。」と
いう。経済的な相互依存で平和の気運が助長されるのは唯一、「予測可能なかぎり、将来まで貿易を高度な
レベルで維持できると国が見込んでいるとき」にかぎられる。国が高度な相互依存は続かないと予測すれば
結果として戦争がおこることになりかねない。(後略)

「立証されておらず」「証拠はやまほどある」「証拠から見るかぎり…仮説はまったく通用しない。」
これだけ、「立証されていない」と念押ししてるんだから、論者が、貿易の増大によって国家レベルの
戦争が起こる「可能性が減る」という主張に反対していることは明らかだろう。これが翻訳者の間違いだと
いうなら、原文を引用して翻訳の誤りを立証してみれば。もしもそれができたら「間抜け」でないと
認めてあげるよ。

814 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 15:58:58 ID:???
           ___
          ヽ=☆=/
         (´・ω・`) 邦人保護のために、大陸出兵すっぞ
       ─┬=====┬─┬─┬
         ヽ┴-----┴ 、/_ /
        ==||:|:  :|: 「r-┴──o
 ____________ |:|:__ :|: ||--┬┘ ̄
 |ミ///   /   ~~|ミ|丘百~((==___
└┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤
 ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
  ゝ(◎)(◎)(◎)(◎) (◎)ノ三ノ──ノ三ノ



815 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 16:00:18 ID:???
面倒な議論をするより、Huntington=電波とするのが、いっちゃん簡単で何も考えなくて
すむことはすむ。

816 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 23:13:22 ID:ot1TH6aM
805の為にもう一度。 司法権=民事、刑事上の裁判権 軍法=軍隊の刑法 軍法会議=軍の特別刑事裁判所 これは別に小難しいことじゃなく辞典でも十分調べる事ができる よほどうがった見方しないかぎり軍には独立した司法権があると思うが?

817 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 23:16:27 ID:???
日本はもうめんどくさいので永久中立国でどうですか?
お客さん?

818 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 23:17:55 ID:ot1TH6aM
805 あと、知事が全部立派じゃなくて、公の場で発言したからにはすでに考証されてるでしょ、誰かそれを批判した?(ちなみに貼ったのは愛媛県のHP)どちらかと言えばあんたがしょんべんだね(笑)

819 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 05:01:25 ID:???
>>815
その通り。
Huntingtonは極右のトンデモ学者だよ。

820 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 07:06:16 ID:PyW7YI5Y
>>807
>464で強制力があるからには自然法じゃないよねと言いつつ、…
キミね、ある程度の強制力がなけりゃ「法」とは言わないでしょ、も一回読み直してみぃ(^_^)
それと、今は精神分裂病でなく統合失調症という、為念(^_^)

>>810
>…説明する為に二重の司法権と言っているのを文献に載ってないと騒ぐ、できの悪い学生か?
「言い訳」はそのくらいにしときなさいな、文献を提示できない→思い込み(^_-)

>>816
>…軍には独立した司法権があると思うが?
だから、ほら、「…思うが?」=思い込み、ね(^_-)

821 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 07:06:44 ID:PyW7YI5Y
>>812 :右や左の名無し様:2005/04/18(月) 15:44:01 ID:???
>>805
>なぜに"bear out","verify"に限定されるのかがわからないね。
ログよくみなさいな、「…など」がついているでしょ、限定してないよ(^.^)

で、訳文を提示した君の努力は多とするが、やはり、キミの論理性のなさが問題だ(^_-)

具体的に例示してあるのは「貿易」だね。
これが、過去に国際紛争の火種になったという過去の事実を提示している。
すなわち、文中にある「立証」は、「これまでに立証されていない」であって、「将来を立証…」ではない。

当然、彼も将来の社会事象を「証明」などしていない。
残念ながら、やはり彼もボクも間抜けではなく、「キミが間抜け」とゆーことになるね(^.^)

>>818
キミね、愛媛県の村会議会だろーと、国会で発言しよーと、はたまたTVのバラエティ番組で発言しようと、
「発言」は「真意が伝わらなかった」といって翻せる。
その点、文献は逃げよーがない、と言っている、学問の世界では常識だよ(^_-)

822 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 07:07:18 ID:PyW7YI5Y
ところで、>>792は、みなさんご納得ですか?

では、このスレの結論は「九条はこれからも有意義」ということになりました。


823 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 07:18:36 ID:yXghR8X9
安保条約が一番重要。
それとも9条盾に中国の属国になって
アメリカと戦争デモするのか。

824 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 07:38:47 ID:wi4wr6vZ
http://wmlproxy.google.com/chtmltrans/g=@26amp@3bsite=search/h=ja/i=Shift_JIS/p=i/q=%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E5%8F%B8%E6%B3%95/s=0/u=www.kitanet.ne.jp@2F@7Efurusan@2Fgikaihoukoku04@2D6.htm/c=0/c=1

825 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 07:44:37 ID:wi4wr6vZ
820、わかったわかった(笑)じゃあ上のサイト見てね、どっちにしろ軍隊に司法権はあるし、国内法とは違うとわかるから。まぁ発言したのは共産党の議員でイラク派遣に反対する理由だけどね。

826 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 09:11:30 ID:IWf6i6es
とりあえず、貧乏国の私的利権獲得場所の国連を脱退しよう
話はそれからだ

827 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 09:24:03 ID:???
>>823
アメリカをどこまで本気で信頼していますか?
自国のjy

828 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 11:04:45 ID:wi4wr6vZ
822、結果論ならいくらでも言えるよ。逆に日米安保がなければ、日本はソ連の衛生国として、今頃単独で米国と対立してるかもね。 半島北の某国みたいにさ(笑)

829 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 11:10:14 ID:wi4wr6vZ
820それとさ、こっちは大分こう言うソースから判断できると示してるのに軍事司法権の独立はありえないとするそちらのソースは中学の教科書のみ、しかも日本の司法制度についてのことだけなんだけど?論理性がないのはどっちかな(笑)

830 :右や左の名無し様:2005/04/19(火) 20:37:57 ID:wi4wr6vZ
↑続き、君が文献にこだわる理由はわかるが、これらのサイトは政治家が広報目的で立ち上げている。当然法律の専門家が記載内容をチェックするだろう。でなければ自分の信用をわざわざ落とすために衆目にさらすことになるからね。

831 :右や左の名無し様:2005/04/20(水) 09:17:52 ID:DblPleqO
>>825
>わかったわかった
「わかった」は、いっかいでよろしい(^_^)

>…どっちにしろ軍隊に司法権はあるし、国内法とは違うとわかるから。
ま、自然に考えれば、軍隊は行政権の一部だし、軍法は司法権の一部だろう、全然二重ではない。

>>829
>こっちは大分こう言うソースから判断できると示してるのに軍事司法権の独立はありえないとするそちらのソースは…

いや、正確に言うと、キミの発言をそのソースが裏付けてないと申し上げている。
それに、ボクは「軍法が独立していない」ということは断言していない、文献的裏づけもないし。

しかし、前述したように、軍法も刑法や商法同様、司法権の一部とは、思うが…

>>830
政治家、特に○民党の連中など「自分の信用をわざわざ落とすために衆目にさらす」ことなんて平気のヘーザ。
○=自、社????(^_-)

832 :右や左の名無し様:2005/04/20(水) 09:18:35 ID:DblPleqO
>>828
確かに、ボクも「北」や「中国」のよーにはなりたくない(^_^)

しかし、それも結果論だ。
当時は、「共産主義こそ将来の道」と考える連中が今よりはるかに多かった。

あるいは、KGBが入り込んで、政府を「赤化」する可能性はあった…
しかし、ソ連国軍の侵略となると、もともとソ連傘下だったハンガリーやチェコのようにはゆかない。
その二国でさえ、「親ソ政権の要請」という大義名分があり、形態は「内戦」だ。

いずれにしても、「親ソ政権」と「親米政権」の内戦の可能性はあっても、
国軍同士の紛争という事態は、蓋然性としてきわめて低い。

すなわち、国軍は無用の長物というより、国民にとって有害無益だった。

九条は、その状況に絶妙にマッチしていた、これからも基本的には変わらない(^_^)

833 :右や左の名無し様:2005/04/20(水) 12:41:53 ID:mNNX+4yo
831、議論の前提を忘れてた、君の考える司法権とは何かをまず示してほしい。ちなみに今まで示した私の解釈は、司法権とは法を犯したものを裁き刑に服させる権利と解釈している。

834 :右や左の名無し様:2005/04/20(水) 12:48:07 ID:mNNX+4yo
↑続き、もちろんこれに立法された法が憲法に反するかをチェックする機能もある。この考え方だと米軍等の軍法会議や軍による刑務所の運営が司法権そのものになる。

835 :右や左の名無し様:2005/04/20(水) 12:57:55 ID:mNNX+4yo
↑さらに続き、刑法と軍法も真っ向から対立する存在だ。たいていの国で認められている、敵前逃亡罪は緊急避難と正反対の考えだ。同じ司法制度の下で判決が出せないよ。

836 :右や左の名無し様:2005/04/20(水) 22:14:41 ID:Hcm6f68P
難しい司法の話は別として、中国国民を敵にまわしてはだめですよね。中国共産党は別にして。

837 :右や左の名無し様:2005/04/21(木) 23:19:36 ID:1mu00N/s
>>833
>君の考える司法権とは何かをまず示してほしい。
法に基づく裁判とそれに関連する国家作用を行う国家の権能…と考える。

>>834
>…米軍等の軍法会議や軍による刑務所の運営が司法権そのものになる。
とゆーより、「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」の一部として司法権に含まれる…と考える(^.^)

>>835
>刑法と軍法も真っ向から対立する存在だ。たいていの国で認められている、
>敵前逃亡罪は緊急避難と正反対の考えだ。同じ司法制度の下で判決が出せないよ。

刑法と医師法、外科手術は前者で「傷害」、後者で「治療」…おなじこと、ね(^_-)

キミが文献を提示するか、○○を認めてfeed outするかしないと、このくだらない議論がダラダラつづく。

838 :右や左の名無し様:2005/04/21(木) 23:20:12 ID:1mu00N/s
ところで、みなさん、>>792,>>832 に反論はありませんか?

では、「国軍は無用、九条堅持」とゆーことで、ありがとうございましたm(__)m

839 :右や左の名無し様:2005/04/22(金) 04:51:28 ID:???
あんまり馬鹿馬鹿しくて、レスする気も起きなかったが、勝手に妄想のうちで勝利しているようだから
一応、釘をさしとこう。

>>821
>すなわち、文中にある「立証」は、「これまでに立証されていない」であって、「将来を立証…」ではない。

>>813でわざわざ、「可能性が減る」という部分にカギ括弧をつけたのに、そこを無視してレスされても困るね。
>論者が、貿易の増大によって国家レベルの戦争が起こる「可能性が減る」という主張に反対している


貿易の増大によって国家レベルの「可能性が減る」というのは、無論将来の可能性が減るという意味が含まれるに
決まっている。extrapolationという概念はご存じかな。>>813のレスのすぐ前の節では、論者は「あれほど高いレベルの
国際貿易でさえ戦争を阻止できないのであれば、いつそのようなことが可能になるのだろうか?」と自問している。
「国際貿易が増大は、将来における戦争の可能性を減少させる」という主張に論者は反対してるんだよ。

>やはり、キミの論理性のなさが問題だ(^_-)

そちらさんほど、人の文章を出来る限り都合よく解釈する能力はないよ。

840 :右や左の名無し様:2005/04/22(金) 04:51:53 ID:???
>>819
トンデモな学者である可能性は否定しえないが、きわめて大きな学問的・社会的な論争の対象となったことは
間違いないね。

>>838
現行の自衛隊は「国軍」に相当するかどうかという問いにすら答えていないのに、勝手に勝利宣言ですかw

まあ、これほど都合よく文を解釈することが許されるなら、自衛隊は戦力に該当しないし、イラクへの自衛隊派遣も
憲法違反にあらずと主張することも朝飯前だな。自衛隊派遣は目的がイラクの復興にあり、万一派遣先で攻撃されても
それに対する反撃は正当防衛であり許される、という解釈らしい。「純然たる詭弁」をあやつれることが九条を
論議するうえで必須であるなら、まったく、そちらさんほど九条を肴にお喋りするのにうってつけのひとはおらんよ。

841 :右や左の名無し様:2005/04/22(金) 07:38:01 ID:KplqrDMN
837ふむ、なるほどね。じゃあ、刑法と医事法の例えに対して言うが、それは医者が裁くのかな?軍法会議と通常裁判の一番の違いは裁判官が前者では軍人だということだが?

842 :右や左の名無し様:2005/04/22(金) 07:46:11 ID:KplqrDMN
837私が一番言いたいのは軍隊は自立して動ける組織だと言いたいのだよ。さて、商法を裁くのは商工会になるのかな。(笑)言葉に語弊があったかもしれないが、そこだけはわかってもらわないとね。

843 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 09:03:00 ID:lA4ofjMI
>>839
キミキミ、「妄想」とは失礼な(^.^)、
「妄想」というのはキミの「二重の司法権」とか「三権分立の枠外」のことだよ(^_-)

>…「国際貿易が増大は、将来における戦争の可能性を減少させる」という主張に論者は反対してるんだよ。 …
やはり、失礼だが、キミには論理性が欠如している(*_*)

この部分は、彼が「立証」したのではなく「推定」している部分、
「立証」と表現しているのはそれ以前の事実。

>>840
>トンデモな学者である可能性は否定しえないが、…
ま、トンデモは間違いないが、とりあえずいっぱしの学者だけに、
キミでさえ理解した「将来の社会事象の証明は困難」を知らないとは思えない(^_-)

つまり、やはり、どうあがいても『間抜けはキミだけ』となる。

844 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 09:03:55 ID:lA4ofjMI
>>838
>現行の自衛隊は「国軍」に相当するかどうか…
キミ、ここでも論理性にかけている(*_*;
「相当しない」という前提は、当然でしょ、「九条」支持なんだから(^.^)

>>841,>>842
>刑法と医事法の例えに対して言うが、それは医者が裁くのかな?
具体的な医師の処罰は、「医道審議会」で行われ、医師あるいは医療関係者が裁いている(^_-)

よけいなお世話だけど、キミfeed outしたほうがよくない? (^.^)

845 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 09:04:34 ID:lA4ofjMI
ところで、みなさん、>>792,>>832 に、もう「少し論理性のある方」の反論はありませんか?


846 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 10:09:53 ID:5hzauKS0
844おいおい、医道審査会は医師の行為を審議するだけで行政処分しかできないでしょ(笑)もし手術が殺人罪に問われたら裁判官以外は処分をできんよ。それとも医道審査会は禁固何カ月といった判決がだせるの?

847 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 10:11:54 ID:5hzauKS0
↑続きついでに839は俺じゃないよ。

848 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 11:44:22 ID:5hzauKS0
↑続きちなみに文献と言われて考えのもとになった本を探したが、歴史群像という出版社の自衛隊創設時の逸話だった。これを書いた人がどこからひっぱったかは不明なのでわざと出さなかったがあんまりにも納得してくれないので一応書いとくよ。

849 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 11:58:39 ID:r/h7oA3w
>>832
あんたの前提であるソ連は崩壊した。
冷戦など大昔に崩壊している。
アメリカもアジアの中心的役割を日本に期待するようになっている。
国際環境は多きく変わっているのだ、憲法九条の世界に安住していることは許されない。

さっさと変えないといざと言う時に憲法を破らないと国が護れないことになる。
法治国家を名乗るには恥ずかしい事態だ、時代に合わせて変えていこう。

850 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 12:06:20 ID:5hzauKS0
849さん832書いた人はこの先戦争は起こらない(それどころか国すらなくなる)と言ってるからそれは反論にならないよ。で、自分は正しいと妄想してるようだから。

851 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 14:21:41 ID:???
>>844

feed out ???
feed out ???
feed out ???
feed out ???

プゲラwwww

852 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 17:18:44 ID:5hzauKS0
844、やっぱり君は法律を勉強した方がいいよ。まさか車の免許停止が行政処分であることも知らないのでは?スピード違反で前科がついたら洒落にならんぞ(笑) インターポールが国際的な逮捕権を持ってると思ってたようだし・・・。

853 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 18:22:30 ID:???
>>843
>この部分は、彼が「立証」したのではなく「推定」している部分、
>「立証」と表現しているのはそれ以前の事実。

>それによって国家レベルの戦争が起こる可能性が減るとする説はまったく立証されておらず
>その逆の可能性を示す証拠は山ほどある

これを百編読み返せ。「貿易によっても国際紛争が減らない」という主張が立証されたとは誰も
主張していない。むしろ、逆の可能性が大きいということだよ。君の好きな言葉で言えば
「貿易貿易の増大によって国際紛争が減る蓋然性は少ない」という主張さ。蓋然性と立証は
異なるといっていたのは、そういや手前さんでしたっけねぇ。

>>840
そいつは手前さんへのレスではないんだけどねぇ。>>838後半が本命なんだけど、華麗にスルーしたね。
まあ、スルーは嫁立てけど。

854 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 18:28:31 ID:???
しかし、feed out ってのは…単なるケアレスミスか!? たいして英語の読み書きができないのに
無理に見栄をはらないほうがいいんじゃないのーww

855 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 21:02:26 ID:F69jYpno
自由主義諸国が、全てアメリカの傘の下で保護されていた。ソ連の傘の下で社会共産主義が守られていた。この傘無しに日本の経済が発展しえたろうか。戦後60年の平和は憲法9条以上に日米安保によるところが大だろう。

856 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 23:39:37 ID:5hzauKS0
はっきり言ってしまえば憲法9条は制定後十年たたずに有名無実の物になったこれは朝鮮戦争で日本掃海隊の戦死者が出た時点で確定し自衛隊創設で完全な物となった。これは、米国の路線変更によるものだが、9条を改正せずにおくことは米国にとっては予想外だった。

857 :右や左の名無し様:2005/04/23(土) 23:54:23 ID:5hzauKS0
極東における安定した基地として日本は米国にとって大事な土地であった。しかし、憲法改正は欧米では当たり前であり、まさか日本が占領時代の憲法を堅持するとは米も考えていなかったのだろう、自衛隊はパートナーとして装備はそろったが法律上は頼れなかった。

858 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 00:01:05 ID:5hzauKS0
それでも、米軍が到着するまでの時間かせぎができる程度の戦力ではあり冷戦の米軍が予算を贅沢に使えた時期には不都合はなかった。しかし、現在は米軍の予算も潤沢ではなく、不安定な極東を安定させるため日本も軍を整備せさるおえない。

859 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 02:06:00 ID:DT2+InIS
広島、長崎に何故原爆が落とされ、またそれを防ぐ方法はなかったのか整理する必要がある。

860 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 08:26:28 ID:aH1CSdjr
>>851,>>854,>>858
feed out…「この穀潰し!」を英訳した…ウソm(__)m
前述したように、英語が苦手でねぇ…カタカナで書けばよかった(*_*)

>>846,>>852
>…行政処分しかできないでしょ
行政処分でも、「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」には違いないでしょ。
ま、法律は素人だし、もっと勉強したいとは思っている(^_-)

ところで、以前に議論させていただいた方ですね、お久しぶり(^.^)

>>853
>「貿易によっても国際紛争が減らない」という主張が立証されたとは誰も主張していない。
ホントにキミがそれを主張していなければ、このバカバカしい論争は始まってない。
そこまで間抜けなくてもいいよ(^.^)

861 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 08:27:02 ID:aH1CSdjr
>>849,>>850
>国際環境は多きく変わっているのだ、…
そのとーり、国家間の領土拡張戦争は、この半世紀では、フセインのクウェート侵攻くらい。
宗教・民族がらみの内戦、テロがほとんど、「国を守る」国軍は意義が薄れつつある。

>…憲法九条の世界に安住していることは許されない。
安住はできないだろうが、九条は意義のなくなりつつある国軍を持たないことの裏づけとなりうる。

>国が護れないことになる。
ところで、国の何を守る?

個人の生命・財産か? それとも国家経済の権益か? はたまた天皇か?

それぞれに、利益は背反することがしばしばだ。
王や天皇の利益を、国の利益に一本化できた中世以前とは世界情勢が異なる。
「国を守る」という単純な図式は、成立しがたい。

862 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 08:27:30 ID:aH1CSdjr
>>840
>>838後半が本命なんだけど、…
あら、そーデスカ、ではでは…

>これほど都合よく文を解釈することが許されるなら、自衛隊は戦力に該当しないし、
>イラクへの自衛隊派遣も憲法違反にあらずと主張することも朝飯前だな。…
>純然たる詭弁」をあやつれることが九条を論議するうえで必須…
ここらは、キミと同意見なのだが、そこから先が違う(^_-)

キミ…「九条を改正して、国軍を持つ」
ボク…「九条の本来の意義に立ち返って、自衛隊はフェードアウト(^_-)」

かように、>>838後半は、あまり意義が見出せなかったのよ。

>>855,>>856
>この傘無しに日本の経済が発展しえたろうか。
事実上は、日本が米国の盾そのものにされたとは思われないか?
前述したように、米国の「対ソ」太平洋側の「防波堤」は日本に他ならない。

そもそも、侵略戦争という形態がほとんど存在せず、親ソ・親米政権同士の内戦だった。
国軍は、むしろ、対立政権下の同国人を殺戮するように機能した。

この傘が、役立ったのは「朝鮮特需」位までだろう。
その後は、無益な自衛隊拡張にとらわれ、いわゆる「思いやり予算」に国家経済が圧迫されたにすぎない。

>>857
>…まさか日本が占領時代の憲法を堅持するとは米も考えていなかったのだろう、…
いや、いわゆる「硬性憲法」だから、米国は九条が堅持されることを当初は期待していたろう。
ま、少なくとも、GHQの民生局は…

863 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 17:34:59 ID:unkPdqvZ
862、朝鮮特需までと考えるのは疑問。少なくとも七十年代函館におけるミグの亡命事件の際は、警察だけで対処は不可能であった。この際防衛出動秒読みだった事は当時第十一師団法務官だった大小田氏の著書に詳しい。

864 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 17:53:34 ID:unkPdqvZ
↑続き、この際も刑法上の罪で隊員が裁かれる可能性があり自衛隊指揮官たちは苦悩したという。あからさまな侵略はなかったが一触即発の事態があり、軍事力が必要とされたことは確かである。

865 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 18:12:32 ID:+8JhHe5m
>行政処分でも、「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」には違いないでしょ。


何これw
こんなことを言っている、行政法学の文献を示してくれよ。
妄想でないならねw

866 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 18:12:58 ID:unkPdqvZ
↑続き、領土拡張の為の戦争は確かにほぼなくなった。しかし、戦争の起こる要因はそれだけではない。ユーゴスラビアの紛争にNATOが派兵した理由を忘れてはいないだろうか?

867 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 18:49:58 ID:unkPdqvZ
866は864の続き、ちなみにアメリカでは国軍は国民に対しては武力を向けてはいけないとも聞く、ロスの暴動ではその法に基づき州軍を出動させたそうだ。国民を押さえるために国軍が在るとの解釈もどうかと思うよ。

868 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 20:22:24 ID:unkPdqvZ
さらに前の前提もおかしな事がある。国王の利益と国家の利益が一致することなど過去においても稀では?天皇が中国を占領することで利益を得たか?どちらかと言うと天皇の名のもとに利益を得るもの達が戦争を起こしたと思えるが?これを国民に置き換えると現代でもかわらない。

869 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 20:33:23 ID:unkPdqvZ
↑続き、しかも利益を得るのは実際に国民の場合どうする?戦争は現代では考えにくいとは言えない。利益は得られないともいえない第一次大戦や朝鮮特需で儲けた国としては。ついでに世の中にはサッカーの国際試合の審判国に判定が恣意的だと宣戦布告した国すらある。

870 :右や左の名無し様:2005/04/24(日) 20:59:00 ID:8AZl1avi
↑サイト作れよ!

871 :849:2005/04/25(月) 10:02:22 ID:z78thKGr
>>861
>ところで、国の何を守る?
国民の生命財産を将来にわたって護ることが国家の目的だ。

過去の国家の名誉を護ることが将来の国家の安定と繁栄にもつながる。
目先の短期的価値基準で国家の政策を論じてはならない。
過去の人間の努力があって今日がある、将来のことも考えて我々も国家を論じなければならない。
不確定な世の中で、身を護る国軍の整備は国家運営のための最低限の義務だ。



872 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 10:31:56 ID:87eWgGU6
870すまんね。携帯からだと文字数制限があるんで考えをすべて書くとこうなってしまう。(_ _)

873 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 15:05:18 ID:???
>>871
>国民の生命財産を将来にわたって護ることが国家の目的だ。
『コクミン』には『特定の』って正しい前振りを付けましょうね。
でないとアホが『全』コクミンなど誤解してしまいますよ。

874 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 15:44:12 ID:???
>>802
>アメリカに軍事的に従属しているのが確かなら、改変によって従属が強化されるとは必ずしも言い切れない。

あのなあ、改変されたら、非戦闘地域とか後方支援とかじゃなく、
アメリカ軍の手先となって戦地で戦闘することになるのは分かり切っていることだろうが。
正義のないアメリカ軍とともに、対立しているわけでもない国の国民を殺しに行くのがアメリカへの従属の強化じゃなくてなんなのよ。
>>803
だから、そういうわけのわからん論理を振りかざすのではなく、
「アメリカの属国として日本人を戦場に送って犠牲にした方が日本の国益になります」
とちゃんと言えよ。アメリカの属州であり続けるためには人柱が必要なんだろ?

875 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 15:49:11 ID:???
しっかし、アメリカの押しつけ憲法とか言う奴ら、
現憲法がアメリカの押しつけならよ、
自衛隊だってアメリカの命令で作ったものだろ?
(正確には前身の警察予備隊だが)
んでもって、今回の九条改正もアメリカの圧力によるもんだろ?

改正派は論理が無茶苦茶だ。何が自主憲法制定かと(藁

876 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 16:27:24 ID:87eWgGU6
875、馬鹿だねぇ(笑)アメリカの押しつけ憲法を律儀に守りつつアメリカの要請で軍事活動するならおかしなことになるのは当たり前。アメリカの要請を拒否したければ前大戦のようになる。どっちにしろ9条はいらない。どちらの理屈がおかしい?

877 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:09:39 ID:28cyW+oR
>>863,>>864
>少なくとも七十年代函館におけるミグの亡命事件の際は、警察だけで対処は不可能であった。
>一触即発の事態があり、軍事力が必要とされたことは確かである。
一触即発? 最新鋭とはいえ戦闘機1機をを確保されて? ソ連の侵攻の可能性があった? アホな(*_*)
で、軍事力が必要? そりゃまた(@_@)

問題になったのは防衛システムでしょ、亡命戦闘機の侵入を簡単に許ししてしまったこと。
すなわち、あっても意味がなかったのが自衛隊。
それでも、これまで侵略されなかった事実は、ボクの言葉の正しさを裏付けている(^_-)

>>865
>>行政処分でも、「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」には違いないでしょ。
>こんなことを言っている、行政法学の文献を示してくれよ。

キミね、字句どおりの意味だよ、それを否定するなら文献を提示するのはキミのほうだろ(^.^)

878 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:10:50 ID:28cyW+oR

>>866
>ユーゴスラビアの紛争にNATOが派兵した理由を忘れてはいないだろうか?
ユーゴスラビア紛争=民族紛争、国家間の紛争ではない、国軍の意義には無関係。

>>867
>…国民を押さえるために国軍が在るとの解釈もどうかと思うよ。
そんなことは申し上げていない(^_-)
親ソ、新米政権同士の内戦になれば、国軍の標的になるのは国民というダイナミクスね(~_~)

>>868
>国王の利益と国家の利益が一致することなど過去においても稀では?
そのとーり、王と国民の利益が一致することなどない、
王・天皇もしくは一部階層が、自らの利益のために強権で利益を一致させた。
その国家、国軍としての矛盾は再三指摘してきた。
キミも、そこまでわかってきたのだが…(^.^)

>…天皇の名のもとに利益を得るもの達が戦争を起こしたと思えるが?
>これを国民に置き換えると現代でもかわらない。
いや、そいつらも国民には違いない…が、現代では「天皇陛下万歳」で死地に市民を送るのは困難。
マスコミの発達と市民意識の変化、これも再三指摘しているが、市民レベルでの交流によって…

キミ、理解までもう一歩だよ(^_-)

879 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:11:25 ID:28cyW+oR
>>869
>しかも利益を得るのは実際に国民の場合どうする?
職種、経済階層で利益が錯綜する今、国民の利益が一致するなんてありえない(^.^)

>…利益は得られないともいえない第一次大戦や朝鮮特需で儲けた国としては。
この半世紀、国家間の戦争はほとんどなく、局地戦がほとんど、AK-47程度の需要だね。
そんな特需よりも平和な市場のほうがもうかりまっせ(^_-)

>…サッカーの国際試合の審判国に判定が恣意的だと宣戦布告した国すらある。
よく例えられる話だが、ホントに戦争になった? 政権の人気取りブラフでは? (^.^)

880 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:18:16 ID:???
u

881 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:35:37 ID:z78thKGr
>>877
亡命してきた戦闘機は当時の最先端技術が詰まっていた。
ソ連軍の実力が丸裸にされる恐るべき事態だった、強行爆撃して粉砕しても不思議ではない軍事機密だった。
遅れた部分があることが敵のアメリカに全て知られてしまうのだ、必死だったことは事実だ。

882 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:51:08 ID:87eWgGU6
877、さらに言えば米国と同盟関係がなければ函館において米ソのミグ争奪戦になったであろう。そこで巻き込まれるのは一般市民。しかし、文献にこだわるきみの為に当時の状況を示した本を書いたが読んだとは思えないな・・・・。

883 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 20:59:32 ID:87eWgGU6
878、それはユーゴの内戦自体のことでしょ。 真意は内紛の調停の為に国軍が派遣されたこと。ようは君が言う国家間の大規模戦争がない=国軍は不要と言うのが間違いだと言うこと。

884 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 21:18:53 ID:87eWgGU6
879、その通り国内でもいろんな層がいて利益は錯綜します、でもそれでも戦争は起こりますよ。大日本帝国でも陸軍と海軍、政府と財界などなど利益は一致することがなかったんですから。(笑)

885 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 21:48:06 ID:IBlNOSsR
>>>行政処分でも、「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」には違いないでしょ。
>>こんなことを言っている、行政法学の文献を示してくれよ。

>キミね、字句どおりの意味だよ、それを否定するなら文献を提示するのはキミのほうだろ(^.^)

行政処分は裁判でも、裁判に関連する国家作用でもありません。
文献→塩野宏 行政法T

さて、間抜けなおばかチャンは誰でしょう?w


886 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 22:05:38 ID:87eWgGU6
ああ、そうそうサッカー戦争は試合に負けた国が戦争でも負けたんだ。実際戦争になったねぇ(笑)

887 :右や左の名無し様:2005/04/25(月) 23:26:26 ID:87eWgGU6
軍事機密を守る為なら民間機すら撃墜するのが当時のソ連、大韓機撃墜事件の暴挙を暴いたのは自衛隊の傍受施設。この時も9条がなければ戦闘機を派遣して民間機を守れたかもしれないな。

888 :右や左の名無し様:2005/04/26(火) 00:13:43 ID:???
自衛隊は韓を守るためにあるのではありません。
大韓機がソ連を偵察していたということは
日本をもまた偵察監視していたことでもある。
民間機で他国の航空写真を撮るのはツェッペリン艇で行われた。
今なら日本に飛来する某民航機やアエロフロート機などは当然行っているだらう。
スパイは正規軍人ではない。同時に純民間人でもない。
見付け次第どう処分されようと文句の言える立場にない。
民間機を装ったスパイ機は撃墜されて当然の代物。

889 :右や左の名無し様:2005/04/27(水) 23:27:32 ID:oQiKq2wp
>>881,>>882,>>887
>…遅れた部分があることが敵のアメリカに全て知られてしまうのだ、必死だったことは事実だ。
たかだか戦闘機一機のことで、ソ連が戦争始める?
当時ですら、ソ連経済は青息吐息だし、戦闘機一揆のことで戦争をおっぱじめていたら、ソ連崩壊が早まったろう。
それがわからんソ連ではなかった、で、戦争にならなかった。

>さらに言えば米国と同盟関係がなければ函館において米ソのミグ争奪戦になったであろう。
戦闘機一機のために、米国が函館でソ連相手に戦争始める? んな、バカな(@_@)

>この時も9条がなければ戦闘機を派遣して民間機を守れたかもしれないな。
九条があろうとなかろうと、戦争の危険を冒して民間機を守る体質はわが国には乏しい、キミはおめでたい(^_-)
政治や外交というのは、最大パワーの最大利益、小泉サンの「北」対応がよい例。

すなわち、国軍も同盟も必要なかった、ワカリル(^_^)

890 :右や左の名無し様:2005/04/27(水) 23:28:00 ID:oQiKq2wp
>>883
> …真意は内紛の調停の為に国軍が派遣されたこと。
>ようは君が言う国家間の大規模戦争がない=国軍は不要と言うのが間違いだと言うこと。
いいや、そもそも介入の是非が問われてもいて、現在は控えられる傾向。
で、内戦下の国軍は自国民を殺戮するだけだった、で、その無益さをその国民は学習している。
やはり、国軍はやがて消える。

>>884
>…大日本帝国でも陸軍と海軍、政府と財界などなど利益は一致することがなかったんですから。(笑)
だから、それを「一致」させなければ国軍の出番はない、で、天皇の名の下に「一致させて」戦争に暴走した(^_-)
今は、市民意識の変化と市民交流で、「天皇のために」やら「国のために」と図式を単純化して、国家総動員はムリ。
であれば、国軍は無用(^_^)

>>886
>…実際戦争になったねぇ(笑)
で、いつ、どこの国がやったの? で、それっきり? バカをやったと後悔してんじゃない(^_-)
ま、しかし、国民の利益が一致するなんてサッカーだけだろう。
今後国家間の戦争の唯一の原因となりうるのはサッカー紛争だけだったりして(^○^)
やっぱり国家間の戦争の可能性は極めて低い。

891 :右や左の名無し様:2005/04/27(水) 23:28:26 ID:oQiKq2wp
>>885
>>医道審査会は医師の行為を審議するだけで行政処分しかできないでしょ(笑)
>>もし手術が殺人罪に問われたら裁判官以外は処分をできんよ(>>846)

>行政処分は裁判でも、裁判に関連する国家作用でもありません
文献→塩野宏 行政法T(>>885)

「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」は司法を定義している。
キミの言い分だと、「刑法のみが司法」となってしまう。
提示された文献には、もちろんそんな文脈はない。

>さて、間抜けなおばかチャンは誰でしょう?w
キミだよ(^_^) でも、今度はフェードアウトしないでね(^_-)


892 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 07:01:25 ID:sd7IF60f
889、君は大事なことを忘れてないかい? 戦争には相手がいるんだよ、在日米軍も自衛隊もいなければソ連が函館を占領するのに経済的負担はないよ。(演習は常にやってるんだから軍の派遣自体は躊躇するほどの経済的負担にはなりえない)

893 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 07:18:30 ID:sd7IF60f
889、さらに君は、戦争=大軍団同士の戦いと思い込んでないか?当時ソ連が軍事行動を起こすとしたら、少数部隊による戦闘機の破壊、少数機による強行爆撃、潜水艦からの巡行ミサイルでの破壊等←こんなことで国家経済がぐらつくならアフガン侵攻なんぞできないぞ(笑)

894 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 07:26:27 ID:sd7IF60f
890、私が無知なのかのう、内戦後分離独立を果たした国が軍を放棄した話しなんぞ聞いたことがないんだがのう(笑) むしろ軍を増強した話しは多いが?自分達の国は自分達が守る!ってね。

895 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 19:52:09 ID:pHZz5L+g
>>891
>行政処分でも、「法に基づく裁判とそれに関連する国家作用」には違いないでしょ。

↑の文の主語はね、「行政処分」だよ。

法学の前に、日本語のお勉強からしてきてね。
論理以前に、言語ができんオマヌケくんw

896 :右や左の名無し様:2005/04/28(木) 20:31:08 ID:???
>>894
頭悪いな。
独立後は軍が権力を持つから軍が無くならないのは当たり前。
パナマのように、その後軍備を放棄した例はある。

もし現行九条がなかったら朝鮮戦争やヴェトナム戦争で
どれだけ日本人が死ぬことになったかまずは考えるべきだろう。

897 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 01:19:57 ID:C6WSKjEC
896、その考え方だとパナマが自力で独立したかのようじゃ(笑)実質的にはパナマやコスタリカはアメリカの保護領だしのう。日本とは立場が違うし、なにより有事には名前を変えるだけで軍隊化する警察隊を持っておるしのう(笑)

898 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 01:47:54 ID:C6WSKjEC
897、続き、まぁパナマは最近中国と接近してるようだがアメリカにとって運河の価値が下がったからのようだ。後半の答えはここに隠されとる、朝鮮やベトナムに日本がかかわらなかったのはアメリカが望まなかったからにすぎんよ。

899 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 01:52:57 ID:C6WSKjEC
さらに続き、憲法9条があろうがなかろうがそれはなかったじゃろうて(笑)ただし、朝鮮の際は米軍が用意できなかった掃海隊だけは日本から参加し戦死者までだしとるがね。

900 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 06:12:13 ID:RPQ9R4dE
>>896
日本が参戦してたら、北朝鮮は今頃、跡形も無い
日本は神の国だよ、神の国w

901 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 07:35:12 ID:VK5c7mRK
>>892,>>893
>君は大事なことを忘れてないかい? 戦争には相手がいるんだよ、
あれ?ボクはまたキミがそれを忘れてるのかと思った(^.^)

>在日米軍も自衛隊もいなければソ連が函館を占領するのに経済的負担はないよ。
そもそも、そんなところに亡命戦闘機は逃げ込まない(^_-)

>潜水艦からの巡行ミサイルでの破壊等…
共産主義という教義上サイバネティクスを否定したソ連に巡航ミサイルは作れなかった。

>…こんなことで国家経済がぐらつくならアフガン侵攻なんぞできないぞ(笑)
これも親ソ政権の要請という建前があってソ連領と地続き、ま、ボクたちや米国から見れば経済的負担は少ない。
しかし、よれよれソ連にとって、アフガン侵攻は「崩壊」を早めた一因。

したがって、同盟も国軍もまるで必要なかった(^.^)

>>890
>自分達の国は自分達が守る!ってね。
国には、外国籍企業、富裕階層、低所得層などさまざまだが、いったい国の何をキミが守るわけ?

902 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 07:35:39 ID:VK5c7mRK
>>895
>…↑の文の主語はね、「行政処分」だよ。

「…それに関連する国家作用」が述語だよ(^.^)

法学の前に、日本語のお勉強からしてきてね。
論理以前に、言語ができんオマヌケくん(^_-)

903 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 07:36:02 ID:VK5c7mRK
>>897
>実質的にはパナマやコスタリカはアメリカの保護領だしのう。
>日本とは立場が違うし、なにより有事には名前を変えるだけで軍隊化する警察隊を持っておるしのう(笑)
国軍がなくなる過程は、そんなものだろう。
軍隊化する機会がなくなれば、自然消滅(^_-)

で、「日本の立場」を言うなら、以前にも、↑の「オマヌケくん」に説明して、彼でさえ分かったが、
東アジアに位置する日本に「被侵略の可能性」は、きわめて低い。

>>898,>>899
>…朝鮮やベトナムに日本がかかわらなかったのはアメリカが望まなかったからにすぎんよ。
そのとーりだが、その理由は、自ら指導した九条だろ(^_-)


904 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 08:45:15 ID:C6WSKjEC
901、残念ながら亡命した戦闘機の行動半径は函館まででぎりぎり、ベレンコも飛べるなら直接アメリカに飛んだろうよ。状況から考えて選択肢はないから日本に逃げたと言える。

905 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 08:52:38 ID:C6WSKjEC
↑続き、さらに当時ソ連は巡行ミサイルSSNシリーズを持っていた、もちろん現在のアメリカのトマホークの何十分の1の性能だがね。やはり君は事件の詳細を知らず憶測でものを言っているね。

906 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 09:06:11 ID:C6WSKjEC
903、残念ながら米国と地続きの中南米に比べ日本は安保に守られつつもある程度自力で軍隊をもつ必要がある。中国や北朝鮮の横暴に対抗するためにね。 あと警察から軍隊化するのは日本が先駆になりそうだね(笑)

907 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 10:02:35 ID:XTOty/Gd
高学歴・高所得・ホワイトカラーが朝日新聞購読者の特徴
http://adv.asahi.com/2005/reader/


908 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 14:37:46 ID:gxSVm+KH
近所で『憲法改正はんたーい』の声。激しくウザス

909 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 17:54:36 ID:C6WSKjEC
まぁ朝鮮戦争以後形骸かした憲法などその時からいらなかったんだがね。国内の共産勢力が衰退した今こそドイツのように改正すべき。

910 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 21:35:12 ID:C6WSKjEC
902、俺は895ではないが司法権と行政権のどちらに行政処分が入るかなど日本語読めればわかるだろ、変な言い訳は見苦しいよ。 ちなみに行政処分は受けた側に不服があればそこで初めて裁判になります。法的には行政処分単独の強制力はないんだよ。

911 :右や左の名無し様:2005/04/29(金) 21:53:52 ID:bVdc8T7m
今夜の『朝まで生テレビ』のテーマは、『反日デモと日中新時代』です。

アンケートにご協力お願いします。
http://wws.tv-asahi.co.jp/asanama/i/
Q1)日本は戦争責任を果たした?果たしてない?
Q2)小泉総理は靖国参詣を続けるべきか否か?


912 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 10:28:07 ID:aaIU3xkO
>>904,>>305
>…亡命した戦闘機の行動半径は函館まででぎりぎり、…
「世の定説」などとおっしゃっていた頃と比べると大分よくなられたが、まだ論理性に欠ける(^_^)

戦闘機の性能で亡命先が決まる? \(^o^)/
ソ連が簡単に侵入できるところに亡命するわけないでしょ(^_-)

で、サイバネティクスによらない自称「巡航」、ま、それでも巡航には違いないか(^O^)

>>906
>残念ながら米国と地続きの中南米に比べ日本は安保に守られつつもある程度自力で軍隊をもつ必要がある。
すでに「オマヌケくん」↓にすら納得していただいたが、東アジアに位置する日本に「被侵略の可能性」は、きわめて低い。
過去ログみてみぃ(^.^)

>中国や北朝鮮の横暴に対抗するためにね。
そりゃ、軍隊でなく、まず中国に代わる「市場」を求めなければ、日本は強く出れないヨ。
で、「北」には、パクスアメリカーナたる米国すら手を焼いている(^_-)

彼ら相手に、軍隊は、全然、無意味(*_*)

913 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 10:29:23 ID:aaIU3xkO
>>910
「…ちなみに行政処分は受けた側に不服があればそこで初めて裁判になります。」
→「…それに関連する国家作用」、「行政処分=関連法に基づいた処分」すなわち司法の範疇(^O^)

法学の前に、日本語のお勉強からしてきてね。
論理以前に、言語ができんオマヌケくん(^_-)

>俺は895ではないが…
見苦しい(^.^)

914 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/04/30(土) 10:53:10 ID:qadZd4c+
>「…ちなみに行政処分は受けた側に不服があればそこで初めて裁判になります。」
>→「…それに関連する国家作用」、「行政処分=関連法に基づいた処分」すなわち司法の範疇(^O^)

行政処分とは、行政行為一般を指すのであって、司法の範疇でもなんでもない。
「行政の範疇」である。
ところで、(不利益)処分に不服があった場合、直ちに訴訟になるわけではない。
(無効確認なら話は違うが)不服申立て、不服審査の段階では、まだ行政権の範疇である。
最終段階の取消し訴訟が、司法によって受理されても、この時点では処分の効果は、
失われない。(公定力)

しかし、過去ログを見るに軍法会議云々の流れであるから、これは行政規則の類に入り
この規則に基づく不利益処分は、徹頭徹尾、司法権の介入は許されない。
なぜなら、行政規則は一般法ではないからである。

915 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/04/30(土) 11:00:16 ID:qadZd4c+
ただ、日本国憲法が否定している通り、軍法会議は認められない。
改正して認めた場合、会議の地位は特別裁判所になり、それを構成する
裁判官、検事、弁護士等は、司法試験に合格した軍属でなければならない。
そうしないと、過去ログに出てくる「二重の司法権」なる状態を生み出し
法治国家としての一貫性を欠くことになり、統治に甚だ不都合をきたすだろう。

916 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 11:10:10 ID:Y6ImSYip
912、君の考えでは安保も自衛隊も無に日本の独立が保たれてるんだろ?ベレンコは西側への亡命がしたいんだから中国への亡命は論外、アラスカや韓国は航続距離が足りない。日本が独立国であれば亡命は起こりえただろう。

917 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 11:21:20 ID:Y6ImSYip
↑続き、ベレンコは日本で給油、しかるのちもっと安全な国へ亡命することになり史実とは違った事件になるだろうが、その場合も日本政府は迅速に対応できず、燃料補給中にソ連の攻撃を受けた可能性が高いだろう。 北海道がソ連領なら話しは別だがね。

918 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 11:34:51 ID:???
9 名前:右や左の名無し様 :2005/04/30(土) 10:09:42 ID:Wfct3W7F
左翼つーのはだな、例えば討論の時

俺 : 今日は憲法9条を念頭に、自衛隊の役割について考えたいと思います。
左翼: 私は9条は絶対残すべきだと思います。国防も軍隊を持つのも反対です。
俺 : あー、そういう議論ではなく、9条の範囲での自衛隊の役割の話なんですが。
左翼: 自衛隊は9条に違反しています。即刻廃止します。
俺 : 自衛隊が過去50年間果たした役割についてはどうですか?
左翼: だからあ、自衛隊は憲法違反。ダメなものはダメです。
俺 : ・・・・・・・・。

このように左翼とは日本語が通じない、可哀相な人たちのことなんだ。


919 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 12:22:10 ID:Y6ImSYip
915さんは法律に詳しそうだね。質問!司法権がばらばらだと統治に不都合ならばアメリカやECでは不都合が生じてるの?アメリカじゃ各州が司法権を持つと聞いたことがあるんだけど・・・。

920 :右翼撲滅愛国者同盟:2005/04/30(土) 13:28:57 ID:2cHqJBA2
左翼が軍隊や国防について否定などしてないよ。
強酸東は「自主防衛体制の確立」「安保条約の破棄」を歌っている。
右翼ぶってるやつほど、戦争や国防を過剰にかかげ、
自分たちはぬけぬけと生き延びている。
大藤和戦争で右翼をカモフラージュにしてたやつは
一人も戦場に行かず、戦後自由と民主と天皇をだしに
ぬけぬけと政界で金稼ぎをしている事実を知るべきである。
これこそ国民を食い物にする国賊反国家一味である。
いま憲法を改正する必然はなんもないリヤカー製造企業某戸よ田んぼ屋
の圧力でないのか。三つのひしがたはもう淘汰された。
それにしても、NHKの受信料を払わないやつはNHKを批判する
権利はない。NHK会長と同罪だ。ちゃんとはらえ。


921 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/04/30(土) 16:06:52 ID:oltojTgt
>>919
申し訳ない、アメリカ法についてそれほど詳しくはありません。
が、米国においては、各州が一つの国家であり、三権を持ち、
連邦国家としての三権は、それに優位するものです。
つまり、各州(国)で自己完結権を認めてますが、問題が連邦に
帰属する場合はその限りではない。ということです。

私が申しあげた、司法権の統一性は、例えば、刑事事件において
殺人を犯した場合は、懲役5年、ROEに反して殺人を犯した場合は
懲役10年、或いは禁固1年などのねじれた判例を作らないためです。
法学をかじっている人が私の先の意見を聞いたら、
「それなら特別裁判所を設けなくとも、現行法制上、設置可能ではないか」
と、つっこまれるところですが、
まあ、それはそれで別議論なんで、割愛させていただきます。

922 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 16:29:31 ID:2P4tFMAE
>>軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。
世界中の核兵器を集めるか核兵器を大量に作るかして、地球を丸ごと吹っ飛ばす。


923 :右や左の名無し様:2005/04/30(土) 16:33:01 ID:N4ouiK1i
>軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。
宣戦布告せずに相手国を皆殺しにする。そうすれば、戦争から守れる。

924 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 06:54:21 ID:Aq/QrRGe
>>914,>>915,>>921
>行政処分とは、行政行為一般を指すのであって、司法の範疇でもなんでもない。
そーともいえない(^_-)
とゆーのは、司法機関だから司法機能のみ、行政機関だから行政機能のみというわけではないから…
すなわち、裁判所も法務省という行政機関下にあり、行政機関が司法機能を担っているのが行政処分…とも考えられる(^.^)

>これは行政規則の類に入りこの規則に基づく不利益処分は、徹頭徹尾、司法権の介入は許されない。
とゆーより、そもそも行政機関は、司法の監視下にあるわけだから、理論上、介入はないとは言えない(^_-)

>過去ログに出てくる「二重の司法権」なる状態を生み出し法治国家としての一貫性を欠くことになり、統治に甚だ不都合をきたすだろう。
これはおっしゃるとーりだと思われ…「二自由の司法権にこだわったキミ」もよく読むよーに(^.^)

925 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 06:54:48 ID:Aq/QrRGe
>>916,>>917
>…日本が独立国であれば亡命は起こりえただろう。
キミキミ、であれば、逆にソ連が簡単に進入してくることはないでしょ。
新鋭戦闘機の情報が筒抜けになることもないしねぇ…キミの前提が崩れる、くどいようだが論理性にかける(^_-)

>>918
>俺 : 自衛隊が過去50年間果たした役割についてはどうですか?
何の役割も果たしていない…は言いすぎだが、役立ったとすれば「災害救助隊」としてぐらい。
「災害」意外に役立たない「武力」は、国債依存を膨らましただけ、税金のムダというより弊害。

>>920
>左翼が軍隊や国防について否定などしてないよ。
そのとーり、「北」や中国、キューバを見ればわかる(^_-)

>それにしても、NHKの受信料を払わないやつはNHKを批判する
>権利はない。NHK会長と同罪だ。ちゃんとはらえ。
そーともいえない、「電波法」では飛び交う電波の個人使用は自由。
「放送法」で、受信料という制限を課していることが、むしろ矛盾、それを踏まえて文句を言おう(^.^)

926 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 09:21:08 ID:JLLmLexY
925、君ねぇもう少し考えて書きなさいよ。何度も書いたようにベレンコは西側に亡命したかったんだから極東に住む彼の道は日本からアメリカへのルート以外なかったわけだ。で奇跡的に軍備なしで日本が独立国なら燃料だけを補給してアラスカへとなる。

927 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 09:36:07 ID:JLLmLexY
↑続き、でベレンコが亡命を決行したらなぜか日本を相手にせず独立を認めていた(この部分自体有り得ないが)ソ連も大義名分を手に入れて堂々と北海道に進駐できる。 あるいはソ連が動く前に自国への亡命者保護を名目に米軍が動いたかもしれない。

928 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/01(日) 09:37:50 ID:l3gKvQ/E
>>924
>行政処分とは、行政行為一般を指すのであって、司法の範疇でもなんでもない
これはそのままの定義だから、そのまま覚えよう。
行政行為は
下命・禁止、許可・免除、認可、特許、設権行為、代理と分類される行為である。
また、司法機関は
「人ではなく、法による統治」の主要な実現者としての役割を期待された
「法原理機関」である。(佐藤幸;憲法P291)
さらに、司法権(裁判所)を定義すれば
「具体的な争訟について、法を適用し、宣言することによって、これを裁定する
国家の作用」となる。
これも、現代法学上の定義なので、精確に書けるようになるまでしっかりと覚えよう。
まあ、あなたが仰る、内容を斟酌すると、「明治憲法下の行政裁判所」を想起するが
これは、日本国憲法によって否定されている。(特に76条第2項)

ところで
>裁判所も法務省という行政機関下にあり、行政機関が司法機能を担っているのが行政処分…とも
考えられない。上掲76条は明確にそれを否定しているし、若しかして検察機構と司法を混同された
のかもしれないが、端的に勘違いだろう。


929 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 09:50:22 ID:JLLmLexY
↑さらに続き、ちなみに当時の状況からみてソ連は太平洋への出口を求め米国はソ連を日本海に封じ込めたかった。さて軍備無しで日本が独立を保つ方法は?荒唐無稽な議論は禅門答にしかならないからねえ。

930 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/01(日) 09:54:36 ID:l3gKvQ/E
>>924
>そもそも行政機関は、司法の監視下にあるわけだから、理論上、介入はないとは言えない(^_-)
何を仰りたいのか真意をつかみかねますが、
行政規則の司法介入の話について間違いがあったので謹んでお詫びと訂正をさせて
いただきます。
行政規則は一般法(具体的に国民の権利義務に法的効果をもたらす)ではなく
行政内部の自由裁量によって制定されるものですから、その制定された規則に
対し、司法は全く介入できない。しかし、規則に基づいて「処分」が行われ
これが、取消し争訟たる要件を満たしている時は、裁判所はこの訴訟を受理し
裁定することが出来る。この時、裁判所は当該行政規則に基づいた解釈に囚われず
裁判官当人の良心に基づいて、判断することが出来るようになっています。

ところで、
>そもそも行政機関は、司法の監視下にあるわけだから
は、三権分立論を説明する範囲では有効であるが、実際の権力分立構造の内容
としては、全くそんなことはない。
何故なら、先に示した司法の定義から読み取れば、司法が行政を監視するという
積極的な権利はない。無論、監視=見てるだけ。ならその通りだが。
これを理解するには、行政裁量論や、立法による統治行為論などを勉強してくると
よく解ると思う。

931 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 10:06:39 ID:JLLmLexY
↑上は927の続き
どうでもいいが924書いてる人は自説以外全て否定するか都合よく解釈しているように見える。 人を批判する前に自分の足元を見よ。

932 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 10:37:22 ID:???
国内最大の反日TV局TBSの名物番組を見ていたら、”風を読む”で憲法やってた。

・隣国の核保有という危機には一切触れず (護憲派にとって不利な材料は隠せ!)

・外国人のコメントを多用し、日本の憲法改正は国内問題でなく国際問題にしよう、という誘導を
 狙う。(今回の外国人は、アジアでなく欧米人のみ、とした所が敵ながらアッパレ! 中国・韓
 国人を出すと逆効果というのは、さすが反日の雄でも覆せないと認識しているようだ。)

 TBSといえば、在日と噂されている評論家(筑紫哲也など)を見てもわかるように朝日新聞と
 並んで反日で有名なTV局。 奴らの次の一手は、教科書問題同様、国の根幹にかかわる憲法と
 いう内政問題への干渉を近隣国にけしかけて、護憲勢力の支援とすること。まだ、反日暴動への
 反感うずまく世論に 対しては、日本軍の蛮行という特集をバンバンやって、必要に応じて、
 反米→有色人種団結 という誘導も行なうこと。


933 :新日本国家社会党:2005/05/01(日) 12:26:56 ID:???
>>932

それでいいんじゃない。我々は指示する。TBSOK!


934 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 14:46:12 ID:???
>>930
>裁判官当人の良心に基づいて、判断することが出来るようになっています
実態として行政の一部門の所属員である裁判官は行政の面子を潰す様な判決はしない。
できる≠する、にはならないって見本だな。

935 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 15:03:58 ID:JLLmLexY
934、長沼ナイキ訴訟は? まぁ結局地裁の裁判官の暴走と言えばそれまでだが・・・。

936 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/01(日) 17:04:57 ID:v/dVdwP0
>>934
>実態として行政の一部門の所属員である裁判官
さて?
何処の国の裁判官の話だろうか?
私は、日本の現行法制上の話をしているだけだが。

それにしても
>裁判官は行政の面子を潰す様な判決はしない。
よっぽど判例に詳しいんだね。(何処の国の判例か知らないけど(笑))
良かったら、その国の判例をいくつか提示して欲しいな。

937 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/01(日) 17:11:40 ID:v/dVdwP0
>>935
結局一審では、日本国の行政の面子を潰したかどうか知らないけど、
前文に裁判規範性を肯定したのだけれど、裁判制度は三審制です。
それに、最高裁が終審裁判所として、憲法にうたっていますね。
まあ、高裁は前文に裁判規範性は無いとしたし、これは法学上通説に
扱われているはずだったと思ったけど、今はどうか判らない。
で、最高裁は裁判規範性について明確な答えを出さないで、
「統治行為論」を持ってきたのが、この事件の結論です。

938 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 17:13:16 ID:???
暴走ではなく分裂思考の無責任な考えなし。
そんな者でも判事になれ、首にもならないで済むという
役人は役人のために存在するという見本。

939 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/01(日) 17:20:42 ID:v/dVdwP0
>>938
そうであるならば、長沼ナイキ訴訟に即して、その裁判官の
分裂思考の無責任な考えなし。というのを展開してみてよ。
それが出来ないと、君が
その「分裂思考の無責任な考えなし」人間という烙印を押されちゃうよ(笑

940 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 17:44:34 ID:JLLmLexY
結論として、必要だから自衛隊が作られた。憲法に照らし合わせるとやはりどこかおかしい・・・ 憲法を変えるのがもっとも法治国として正しい姿だろう。軍備に反対する諸氏は国民投票で反対票を投票すればいいのに改正自体に反対するのは何故?

941 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 18:40:33 ID:???
>>940
>結論として、必要だから自衛隊が作られた。憲法に照らし合わせるとやはりどこかおかしい
粗雑な考え方ね。
憲法が規定する交際社会の全ての国家は、戦争を国際交渉の道具としないものとし
これに鑑み日本も国際社会の一員として、国家間交渉の手段として
は話し合いのみとし戦争を手段としない。戦争のための道具としての
戦力を持たないという。
しかしながら、戦争を交渉の手段とし、そのために戦力を保持し行使する
国家を自称する集団が存在するのが現実である。
日本にとってはこのような戦争を交渉の手段とするような相手は単なる
テロ集団であって国家と認める必要がない、否、国家と認めてはならない。
テロ集団に対し、どのような力を行使しようがそれは日本の責任ではなく
相手集団の責任でしかない。相手が日本の想定する国家ではない相手に
自衛隊を派遣しようがミサイルを撃ち込もうがそれは全く自由であって
憲法違反でもなんでもないことを承知しておいた方が良いだろう。
現憲法を維持する限り、相手との間に戦争と見えるような状態が
生じたとしても、相手は国家ではなく、戦争でもない。
そしてそのような状態になったのは一方的に相手集団の責であって
日本には何の責任もないことになる。

国外に存在する集団の全てを『国際社会の国家』などとは考えないことだ。
国際社会にもまた、はみ出し者もヤクザ者も存在することを知るべきだ。
日本国憲法はそのようなはみ出し者やヤクザ者まで国際社会の国家とはしていない
と知っておいた方が良いだろう。

942 :右や左の名無し様:2005/05/01(日) 20:18:06 ID:JLLmLexY
941、概ね同意だが問題は交戦権まで放棄していること。イラクではマシになったがカンボジアのPKOでは選挙監視のボランティアを守るため銃弾に飛び込む訓練までしたという。これでは特攻隊と変わらないではないかね。

943 :新日本国家社会党:2005/05/02(月) 09:47:27 ID:???
>>941

過去、満州での日本の軍事行動を事変または満州某重大事件といった、日中戦争を日華事変または盧溝橋事件といって
宣戦布告のない戦争をおこなった。
今のテロもまた流行り言葉のように使われるが、立派な国家間の戦争にほかならない。軍事力にまさる国家に対しては
テロとよばれる、戦略をとらざる国家があることを知るべきである。イスラム国家は多くの人々がオサマビンを信頼できる
指導者としている。これは西側キリスト国家の人々がブッシュを支持する数とほぼ同等である。
テロとは立派な国家間あるいは宗教を異にする民族間の戦争であることを知るべきだ。単なる「テロ」「集団」ではない。

あなたが述べられた

<しかしながら、戦争を交渉の手段とし、そのために戦力を保持し行使する
国家を自称する集団が存在するのが現実である。
日本にとってはこのような戦争を交渉の手段とするような相手は単なる
テロ集団であって国家と認める必要がない、否、国家と認めてはならない。
テロ集団に対し、どのような力を行使しようがそれは日本の責任ではなく
相手集団の責任でしかない。相手が日本の想定する国家ではない相手に
自衛隊を派遣しようがミサイルを撃ち込もうがそれは全く自由であって
憲法違反でもなんでもないことを承知しておいた方が良いだろう。
現憲法を維持する限り、相手との間に戦争と見えるような状態が
生じたとしても、相手は国家ではなく、戦争でもない。
そしてそのような状態になったのは一方的に相手集団の責であって
日本には何の責任もないことになる。>

は非常にわが国にとって危険なリスクを伴う考え方だと思うのだが。




944 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 23:19:37 ID:AddIhYGr
>>926,>>927
キミの空想がますます発展する…ま、おつきあい、おつきあい。

>…で奇跡的に軍備なしで日本が独立国なら燃料だけを補給してアラスカへとなる。
戦闘機への給油? 給油口は合うの? ケチって入れてやんないかもしんないし。
グズグズしてるうちに侵攻してきたソ連につかまっちゃうよ(^_-)

>…ソ連も大義名分を手に入れて堂々と北海道に進駐できる。
なんでそんな危険なところに立ち寄る? だったら最初から、ベレちゃんしないんじゃない?

>…亡命者保護を名目に米軍が動いたかもしれない。
亡命者の保護、せいぜい新鋭戦闘機確保のために、対ソ戦を覚悟して動く…んなアホな(^.^)

>>929
>…ソ連は太平洋への出口を求め米国はソ連を日本海に封じ込めたかった。
太平洋への出口って? ソ連の原潜はもちろん、他艦船だって自由に出入りしてたでしょ、何を封じ込める?
当時すでにICBM,IRBMの時代だよ、まるで、日露戦争みたいな(^o^)丿

>…さて軍備無しで日本が独立を保つ方法は?
東アジアにあって、被侵略の可能性が限りなく少ない(過去ログ参照)、で、特別な方法は必要ない(^.^)

945 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 23:20:12 ID:AddIhYGr
>>928,>>930
文献も提示した丁寧なご説明に感謝m(__)m

ま、いずれにしても「二重の司法権」とやらが、彼(彼女?)の思い込みであることは、この方も指摘している。
反論もないよーだから、これは決着(^_-)

で、行政権と司法権の微妙な棲み分けは、諸説ありそうだ。
それぞれの国家機関が、三権を純粋に代表しているわけではないことは間違いない。
で、あれば、この方の意見も諸説のひとつなら、ボクの指摘も同様ということかな(^_-)

とにかく、「二重の司法権」「三権の枠外」が本題なので蛇足(^.^)
どーも、ごくろーさまでしたm(__)m

946 :右や左の名無し様:2005/05/02(月) 23:20:38 ID:AddIhYGr
>>940,>>941,>>942
確かに、現憲法には「国際社会の信義に鑑み…」といった楽天的かつ空想的な部分はある。
ま、憲法が成立した時点では、まさにSFに近い発想だった?

しかし、近代から現代への歴史を鳥瞰すると、帝国主義的侵略の激減と宗教・民族紛争の激化はあきらか。
古き良き中世以来の「国を守る」という構造が成立しがたくなっていることは紛れもない事実。
国軍という組織が意義を失いつつあるのだ。

テロ対策に、国軍は図体が大きすぎるし、目立ちすぎる。
アノ巨大な米軍すら、テロを押さえ込めないでいる。

方法論の基本的転換が必要だろう。
古来名将といわれた人々は敵への信義を大事にした、漢代の皇甫嵩しかり、わが国の謙信しかり…そして、かつての米軍。

その意味で「九条」は、これから意義が大きくなりそうだ。

947 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 00:30:38 ID:dTcgNZPE
944、有り得ない想定に有り得ない想定で返してるんだから仕方ないところがあるが蛇足、戦闘機の給油口、蛇管使えばいい ベレンコの亡命、ほかの選択肢は?君の言う軍事無しの独立国は有り得ない空想の話なんだから何が起こり得たかも未知数(笑)亡命がなかっともいえないでしょ(笑)

948 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 00:46:49 ID:dTcgNZPE
944 決まった海峡を通れば戦略潜水艦が持つ秘匿性がなくなるだろ馬鹿が。 君は軍事のことは何も知らないようだね(笑) 何も知らずに空想で議論しようとするから恥をさらすんだよ(笑)

949 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 00:57:25 ID:dTcgNZPE
945ついでに軍隊に司法権があるかないかもうやむやにしようとしてないか? 医道審査会に司法権がないことはわかったのか?自分の勘違いを認めることもできないのか?

950 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 08:20:04 ID:ZJC7q3B/
>>947
>有り得ない想定に有り得ない想定…
ありえないか否かは、蓋然性をいかに提示するか、キミは提示できていない(^_^)

>…ベレンコの亡命、ほかの選択肢は?
旧ソの軍人は、みな戦闘機で亡命するの? 他の選択肢などいくらでもあるっしょ…映画や「脱北」でおなじみ(^_-)

ま、ベレちゃんの侵入を簡単に許しちゃった自衛隊、あってもないよーなもの、税君のムダ。

951 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 08:20:28 ID:ZJC7q3B/
>>948
>決まった海峡を通れば戦略潜水艦が持つ秘匿性がなくなるだろ馬鹿が。
原潜が、決まった海峡とおるわけないっしょ、路線バスでもあるまいし(^O^)

で、馬鹿とは失礼な(^_^)、しかし、キミにそーおっしゃっていただけるのは「…でないことの証明」(^_-)

>何も知らずに空想で議論しようとするから恥をさらすんだよ(笑)
「世の定説」のキミほどではないよ(^_-)

>>949
>ついでに軍隊に司法権があるかないかもうやむやにしようとしてないか?
保守考サンにたしなめられても、まだワカラン?
何も知らずに空想で議論しようとするから恥をさらすんだよ(笑)

>医道審査会に司法権がないことはわかったのか?
>>945をもう一度読んでね(^_-)

では、連休後半しっかり遊ぼうヽ(^o^)丿

952 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 17:53:29 ID:dTcgNZPE
951、きみねぇ自分の馬鹿さをアピールしなくてもいいよ。さて、ウラジオから外洋に抜けるには日本の監視下にある海峡以外に道はなかった。アメリカの原潜は各海峡出口に張り込むだけでソ連艦の監視ができたわけだ。ソ連原潜が空でも飛べれば別だけどね(笑)

953 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 17:58:32 ID:dTcgNZPE
950、さて君の空想でない蓋然性とは?ひとつとして示すことができずによく言える。ちなみに自衛隊はその後ちゃんと対策をとりました。あなたよりは現実的な人が多い証拠だね(笑)

954 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 18:04:29 ID:dTcgNZPE
951、保守孝さんに窘められてるのが自分だとすら気付けないとは・・・ついでにこの馬鹿じゃなく保守孝さんに質問、二重の司法権はアメリカにはあるのでは?統治に不都合をきたすからこそえひめ丸のような状態が起こると思うのですが?

955 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 18:23:20 ID:???
どうでもいいけど、今日はウヨクの皆さんは、ちゃんと国旗を揚げただろうか?
祝日には国旗を揚げないと。
しかし、現憲法の日だから、歓迎できない日でもある。
どうしているのだろうか?半旗か?

956 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 18:31:00 ID:vufW9JQQ
将来、憲法改正記念日ってできるかな?

957 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 20:19:11 ID:dTcgNZPE
950、一つ忘れてた君がせっかくほかの亡命法を考えたんだ答えてあげよう。まず西側に亡命したいから中国には行かないだろ、ヨーロッパは移動に時間がかかりすぎる。どちらにせよ太平洋を横断するなら、自分の立場を利用して戦闘機を使うだろ亡命先への手土産にもなるしね。

958 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/05/03(火) 23:27:37 ID:FYxuj31b
>>954
二重の司法権という用語の定義が難しいから、今は何とも言えませんが
(というのは、それ相応の文献を漁れば明確な解等が得られるかもしれないから)
およそ軍法会議を規定する国家においては、普通司法権(一般的な裁判所)とは
独立した特別裁判所を設けています。
(だったら、国会の弾劾裁判所は何だ!という疑問は一先ずおくとして)
司法と行政に分水嶺を指示するとすれば、ある法的な争いを「終局的に裁定」出来るか否かです。
果たして、軍法会議は、通常の司法権から完全に独立した存在ですから
勿論、終局的に裁定を下すことが出来ます。さらに
一般的に存在する軍法会議とは、それこそ一般的に設定されている司法手続きが
通用しません。
(まあ、その内実を書くとメンドイので割愛、まあグアンタナモ基地でも想起して下さい)
先に私が示した司法権の定義(無論、私見ではなく、試験で100点を取るための解答)に
よれば、軍法を適用し、宣言することによって、終局的な裁定を行う国家作用は
司法権となんら遜色がありません。
これをして「二重の司法権」と銘打つことが可能かどうかの議論であれば可能でしょう。


959 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 00:06:25 ID:dTcgNZPE
954です、保守考さんありがとうございます。
951はよく読むように(笑)きみは自分で言うほど議論向きの人じゃないよなにせどんなことを言われても自分の考えに合わなければ勝手に都合よく解釈するんだから。だれからも相手されなくなるよ・・・。

960 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 00:30:24 ID:EH+nHOyz
日本が半世紀も平和だったのは9条のお陰 ←こんな奴、馬鹿
半世紀以上の長きに渡って、主権国家としての役割を、アメリカに代行させていただけ、アメリカとの共通の利益もあろうが
反共の防波堤の役目と、前線補給基地として、朝鮮戦争、ベトナム戦争をアメリカにやらせていただけのこと

また国内においては、教育界・報道界、福祉や市民団体NGOなどを、売国反社会サヨクに牛耳られ、日本は戦争ではないが
洗脳・内部侵略というプロパガンダと、既得権益の温存と見えない支配者(似非被差別者団体・怪しい市民団体ら)に、組織的に侵略されまくっており
どこも平和なんかじゃないわけです。しかし、もう限界です。いやだいぶ手遅れなのかも知れない。戦争より革命のほうが人類は殺しあっています。
ゆるいゆるい内部侵略によって、サイレント末期ガンが進行しているようなものです。はっきり危機が見えてからでは手遅れなんです。意味わかりますか?わからないひと多いんだろうなあ 鬱

961 :通りすがりの愛国者:2005/05/04(水) 02:18:39 ID:???
>>960

あなたがどのような方かは知らないが、少なくとも衣食住に困らず、戦争の恐怖も経験することなく
高額なコンピュータシステムを購入できこうして夜中まで自分の意見を自由に書き込める。
これ以上の贅沢はあるだろう。これが、たとえ押し付け憲法によるものだとしてもこれこそが現憲法の
生み出した成果ではないのかな。あなたはその恩恵を十分あたえられているにもかかわらず、
<日本が半世紀も平和だったのは9条のお陰 ←こんな奴、馬鹿 >と考えているのは、それは
あなたにとってとても不幸なことだ。反共の防波堤の役目で十分だったのでは。
それとも、日本が自前で中国、やベトナム戦争に参加すればよかったとでも考えているなら。もし、そうしたら
日本は地図上から消えているよ。日本は敗戦国であることを知るべきであり、当然不幸な制裁を受けなければ
ならなかったはずなのに、アメリカの永久占領と国体維持の取引によって日本は地上の楽園を享楽できた。
ただ、あなたの危惧されていることもよくわかる。それは、アメリカのアジア支配の目論見がはずれて、
アメリカがあせりだしたことだ。日本国民は国防に関してあまりにも無関心であり、それを論ずることを極度に恐れたから、
やっとあなたのように危機がせまりつつあることをきずきだしてあせりはじめた。しかし、こんなときほど物事を冷静にみなければならない。イラクに自衛隊がとどまる必然性もないし
今憲法を改正する必然性はない。一部の戦時利得者の謀略を見抜くべきだ。
だって、徴兵されたらあなたは喜んでイラクに行く覚悟ありますか。ないでしょ。
あるなら、わたしはこの考えを撤回しますが。

「強力な民族国家は、その国民の愛情を勝ち得ているので、国内の法律は僅かしか必要でない。
外国に対して弱く、国民を奴隷としている国家は、その国民を権力によって対外戦に従事せしめるだけである。
地上における最も高貴なる権利は、自己に所属する土地を耕す権利であり、最も神聖な犠牲は人間がその土
地のために流す血潮である。 」

この美しい言葉はだれの言葉かおわかりですか。





962 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 02:53:02 ID:trNYi5ST
キムジョンイルが国民向けにいう言葉だろ

963 :破棄せよ感謝せよ:2005/05/04(水) 03:13:09 ID:tH2MRSME
http://www.osaka.catholic.jp/sinapis/stop-jieitai.html
2005.5.15
ピースウォークin春日
福岡から500名派兵!!
イラクへの自衛隊派遣にストップを!!

 今年2月、陸上自衛隊が西部方面隊(総監部、熊本市)に命じたイラクへの派遣準備計画が明らかになりました。
北部九州に駐屯する第4師団(司令部、春日市)から500名の隊員を募集して、8月に第7次隊として派遣されようとしています。
 イラクでの武装自衛隊の活動は、平和憲法をなし崩しにし、日本を戦争する国に変えてしまう危険性に満ちたものです。
すでにイラクでは5人の日本人の命が奪われています。
また、サマワは劣化ウラン弾が大量に落とされた地域で残留放射線による住民や派遣者の被曝が心配されます。
イラクから全ての外国軍が撤退することが求められています。自衛隊の派遣はイラクの人たちのためになりません。
スペインやオランダなどに続いて、自衛隊は撤退すべきです。
福岡・九州からの追加派遣を認めることはできません。
福岡からの派兵を止めさせましょう。 5月15日春日へ集まってください!

ピースウォーク&人間の鎖
と き: 5月15日(日)午後2時〜4時半(終了時間は多少前後します)
コース: クローバープラザ前(JR春日駅前)集合
集会―航空自衛隊正門(申入れ・人間の鎖)―陸上自衛隊(申し入れ)―県道31号線を歩きます―クローバープラザ前(解散)
主 催:連絡先
 戦争への道を許さない福岡県フォーラム
 アメリカのイラク攻撃を許さない実行委員会 
 平和をつくる筑紫住民の会

964 :ふざけた奴:2005/05/04(水) 03:13:51 ID:NmN3MR/t
>>961 アメリカが徴兵制でイラクに行ったとは知らなかった、ってそんな
訳ねーだろ、わざたらしく紛らわしい欺瞞に満ちた文章を書きやがって、
戦地に行きたくなきゃ米軍なんて入らなきゃ良いし、イラクにいくのが嫌なら
やめりゃ良いだけの話だ、しかもヒトラーの馬鹿話も引用すんのかよ、
ちっとも美しくなんてねーじゃねか、只の嘘つきの基地害かっつーの。

965 :ふざけた奴:2005/05/04(水) 03:15:00 ID:NmN3MR/t
>>864 辞めても済むのは自衛隊。

966 :ふざけた奴:2005/05/04(水) 03:18:51 ID:NmN3MR/t
>>963 止められる訳ねーじゃん、気持ち悪い目をした基地外集めて、
お祭りがしたいだけじゃねーか、そーやって大多数の人間に嫌われりゃ
いーぜ、どーせ幾らがんばったって只の売国奴なんだからピースウォークなんざ。

967 :破棄:2005/05/04(水) 03:27:09 ID:tH2MRSME
      SINAPIS
 http://www.osaka.catholic.jp/sinapis/
 MAILなどの外部情報
憲法9条を世界に広げよう 5・3大阪城野外音楽堂
イラク戦場写真展(カトリック神戸中央教会)
教育基本法の改悪をとめよう!5・7全国集会
  http://www.kyokiren.net
神戸学生青年センターからのお知らせ いろいろ 
東大シンポジウム 
  「朝鮮半島の共存と東北アジア地域協力」
    記念講演 金大中(韓国前大統領)     http://www.iii.u-tokyo.ac.jp
/research/symposium/2005/01.html
イラクから憲法9条を考える
 平和のつどい 5月11日 
平和ネットより、憲法集会関連お知らせ
福岡発ー自衛隊派兵をゆるさない!!


968 :ふざけた奴:2005/05/04(水) 03:38:04 ID:yKJ71C25
只の馬鹿三国の手先じゃねーか、国内で日本人を殺しまくってるちゃんころを、
始末しろっつーの。

969 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 04:06:29 ID:trNYi5ST
>>967
おまえが殺されかけた時、
おまえを助けてくれるのは自衛隊を置いてほかにないが、

その際も「ごめんなさい、ありがとう」なんて言わなくていいぞ。
そういうおまえも、自衛隊はちゃんと守ってくれるから心配いらない。

安心してデモに行き、騒いできていいぞw

970 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 04:33:27 ID:hammmjEX
ちくしの番組で立花が紹介していた書名をご教示願います。

971 :地獄のTough Negotiator ◆bLAROckCS6 :2005/05/04(水) 04:42:34 ID:??? ?
改憲は法理論上不可能です。ok



972 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 10:30:03 ID:IiP50ve4
改憲が理論上不可能? その理論は?
日本ははそんなに危険な国だったのか?
まぁいい、だったら君ら市民団体に憲法を擁護する義務等ないから(99条)無駄なことしてないで経済活性化の為に遊びに行きなさい。

973 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 10:44:59 ID:IiP50ve4
963、実際に派遣される部隊の前で抗議しても意味ないぞ。全ては中央の命令なんだから、派遣される隊員や家族、警備の警官、道を封鎖され不便な思いをする地元住民等本当の市民の迷惑を少しは考えろよ。

974 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 10:50:18 ID:UN/+KdUF
>>972
971の「?」部分をクリックしてごらん。
3.31に登録して、いまだポイント0のKoueiくんに何を言っても無駄だよ。

自他ともに認めるデンパと議論する時間の無駄を痛感するだけさ。

975 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 11:00:30 ID:???
>>972-974
koeiなど相手にしないのが、ここの板の不文律だったのに相手にしちゃて。
あやつ続きにまともなレスかえす能力ないんだよ。

976 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 12:59:07 ID:IiP50ve4
972-973、です974、975さん忠告ありがとう。まぁ971はまともに議論する能力はないだろうが、このスレで一人でも多くの市民団体とか言うカルトから足を洗う人を増やしたい。それが狙いなんで、実は洗脳から覚めそうにないkoeiはどうでもいいんですよ。

977 :通りすがりの愛国者:2005/05/04(水) 15:06:02 ID:???
>>964

だいぶ腹の虫がわるいようだな。徴兵されてあめがイラクに行ったなんて書いてないぜ。
日本人が行かされる危機をいったんだよ。現憲法だろうが、改憲しようがいったん事がおきれば
あなたのように行きたくないなっていったって通用しない。ヒトラーより馬鹿なブッシュと日の出る
国の将軍様と違憲宗教層化とトヨクニ車やの思う壺にはまるなよ。反論ありがとな。


978 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 15:28:17 ID:???
は?9条なくしちゃったら戦争しなきゃいけなくなっちゃうじゃねぇか!

979 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 16:47:20 ID:IiP50ve4
↑9条があろうがなかろうが戦争は仕掛けられたらやるしかないよ。

980 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 19:54:11 ID:E4WyZsPM
むしろ現有戦力がちゃんと仕事できる法改正をしてやれば
一般市民が戦闘に巻き込まれる事態は格段に遠のく

981 :右や左の名無し様:2005/05/04(水) 23:17:33 ID:8atlgUWF
9 条 よ り も 救 助 が 大 切 だ ろ !

おい、JR西の職員! 救助しろや!


429 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)