5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アナーキズムを論破できるか?

1 :右や左の名無し様:04/12/30 01:52:34 ID:???
アナーキズム=無政府主義者
原始共産主義(物々交換の共同体)もその類だろう。
無人島や人の住まない山岳、永久凍土、などなど
人の土地を奪い取ることなく、あるいは安価で買い取り
外交的な意味でも国家の影響を受けない。

そこで、生活することは可能だろうか
またそれは、他の国家にとって脅威だろうか?
また、自称ニセアナーキスト
(政府のお世話になって生きてる癖にバックパッカーだったり、
 個人的成功者であるがゆえに政府が不用だと思ってる人間は除く。)

2 :右や左の名無し様:04/12/30 02:14:27 ID:???
>>1は無政府資本主義は認めますか?

3 :右や左の名無し様:04/12/30 23:09:07 ID:???
>>1

想像してください。

あなたの目の前に病気で死にそうな人がいます。
あなたはお医者さんで病気の特効薬を持っています。
しかし病人本人が薬はいらないと言っていたり
野蛮な土人のまじない師に騙されて焼いた蜥蜴を薬にしていたらどうします?

私が医者なら無理にでも特効薬を飲ませます。

医者を学会員。
特効薬を創価学会。
蜥蜴の焼いたのを他の宗教に置き換えてみてください。

正しい教えを前にして折伏しなければならないのは、あたりまえでしょう?

4 ::04/12/31 00:48:54 ID:21oaGIi7
>>2
無政府主義は「他者の支配を受けない」ことが第一義なのだから
資本主義、というより「金の流通」は、それが支配を生むものでなければ
容認すべきだろう。
ただ、資本家が「政府」になれば、全く意味をなさない。
そのためには、金を流通させることは許しても、企業は存在させてはいけないだろう
しかし、企業も政府も無い状態で金の流通っても・・・。うーん???

さらに、それを法で禁止するには結局、政府や公務員が必要になるという矛盾は避けがたい。
うーん、自分で論破してどうする…。
つまり法を共同体全体で運用できなければ意味が無いわけだ。でもそれは全体主義?
うーん。だめだこりゃ。


5 :右や左の名無し様:04/12/31 01:09:28 ID:???
アナーキズム=ケツ穴主義者=まるクス エンゲるす

6 :右や左の名無し様:04/12/31 08:52:24 ID:???
>>4
企業と政府は大違いだろう。
企業が個人に税金や法規制を課す「正当化された」権力を持てるとでも?
アナーキズムなら個人が合意の上でどんな結社を作ろうが自由なはずだ。

7 :右や左の名無し様:04/12/31 08:53:16 ID:???
↑営利企業であれ、宗教団体であれ。

8 :右や左の名無し様:04/12/31 08:55:50 ID:???
>>1
>アナーキズム=無政府主義者

ここで既に間違っているんだが…

9 :右や左の名無し様:04/12/31 18:08:48 ID:???
アナーキズムの論破などたやすいことです。
いわゆるアナーキストを気取る人間が、
なんで国民健康保険に加入しているのか? であります。
中には社会保険加入者のアナーキストもいるようですが・・・。
また、国民年金加入者のアナーキストや厚生年金加入者のアナーキスト。
こんなもん、単なる脳内幻想に浸るただの生活弱者です。
素直にサラリーマン・アナーキストと認めなさい、いいですね!


10 :右や左の名無し様:04/12/31 19:26:07 ID:pxLBgfEq
人間は社会的動物である。

11 ::05/01/01 02:09:38 ID:+oESKVBb
>>9
むろん、そういう偽善をすべて廃して
荒野のただなかに放り出されてもいいと考える人間を対象として考えます
似非アナーキストは別
と最初に言ってるでしょ。
で、それを無視しても、かなり無理があるな。・・・と。

12 :右や左の名無し様:05/01/01 03:43:27 ID:heqv38fu
アナーキズムが如何とかはよくわからないけど、
ただただ、大正期のアナーキストには魅力的な人が多いなぁて想います。
大杉栄・伊藤野枝・和田久太郎etc

13 :愛子様の弟:05/01/01 04:37:01 ID:bQ4AMfld
政府がないと言う事は原始時代に戻ると言う事。
それは呑気な理想郷であるはずもなく、
自分の身は自分で守るしかない完全な自己責任の生活になるわけだ。

それでも良いと言って実行できる文明国の人間は、
実際にはバリバリの皇軍兵士であった横田・小野田・中村さんぐらいだろう。
つまり現実のアナーキストには妄言を吐いてる甘チャンしかいないと思うので
やっぱり簡単だ。



14 :右や左の名無し様:05/01/01 06:24:22 ID:???
>>13
ヲイヲイ、ホッブズ気取りかよ( ´∀`)

15 :右や左の名無し様:05/01/01 06:26:31 ID:???
>>13
数こそ力ということで信頼できる仲間と自警団を結成したり、
金やモノを支払って私設軍隊に守ってもらう手もありますよ。
たいていの人は荒野の独立人であるよりそちらを選ぶでしょう。

16 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :05/01/01 08:57:09 ID:???
アナーキストなんて、たとえば大杉栄なんて、女はなかすし、
金にはだらしないし、人格的に問題のあるやつばかりではないか。

17 :愛子様の弟:05/01/01 09:49:58 ID:bQ4AMfld
>>15
それはケンシロウ様や拳王様が君臨する社会ですね。

18 :右や左の名無し様:05/01/01 17:56:17 ID:???
βακα..._〆(゚▽゚*)ガイタ

19 :右や左の名無し様:05/01/01 18:02:37 ID:???
>>1
>>17じゃないけど、「北斗の拳」を読ませりゃいいんじゃないの?

20 :右や左の名無し様:05/01/01 18:22:44 ID:???
>>19
ルソー マンセー

21 :右や左の名無し様:05/01/01 21:29:39 ID:???
>>17>>19
数こそ力といったのは現実にあんな超人がいないから。
お互いの身と財産の安全を保障するルール(盗むな・傷つけるな・殺すな)の許に人々は連帯するだろうし、
それを認めないで他人の攻撃しつづける荒くれ者は数の力の前に敗北するだろう。
そして、自由で尚且つそれなりに平和な社会が自然にできる。

22 :右や左の名無し様:05/01/01 21:30:41 ID:???
誤:他人の攻撃しつづける → 正:他人を攻撃しつづける

23 :右や左の名無し様:05/01/02 01:38:29 ID:???
>>21
数をまとめるには、リーダーが必要だよね?
でないと、数はいても烏合の衆と化すのでは?
各々が勝手にやってたら、ジード(=山賊)に簡単にやられちゃうんじゃないかと。
というか、連帯するにも指導者は必須と思うが・・・・。

24 :愛子様の弟:05/01/02 02:11:48 ID:ROhgfH2p
>>21>>23
それらを保障するのは、まさしく「政府」というもの。
1にループ、結局堂々巡り。

25 :右や左の名無し様:05/01/02 03:06:38 ID:???
>>24
結局は、なんだかんだいって、政府みたいなものが出来ちまうんだよなあ。
指導層と民衆ということは、つまりそういうことだから。
でなきゃ、ジードにやられちまうしねえ。

26 :右や左の名無し様:05/01/02 05:17:16 ID:???
安全保障は予想しうる未来に渡って国単位で行われるだろう。
この点、アナーキズムに勝ち目は無い。

でも経済はアナーキー化しつつあるように思えるね。
企業の国際競争力向上のための高コスト構造(福祉)の打破だとか、
ビジネスの自由のための規制緩和だとか、各国で敷居を下げあってる。
FTAなんかもそうか。
こういう流れがアナーキーに至るんじゃないかって心配はもうちょっとあっても良さそうだが。

27 :右や左の名無し様:05/01/02 17:05:33 ID:cT/I+fuF
>>26
民主主義の弱点は、まさに、その経済への認識の弱さにあるといっていい
経済の動きが金融家にはわかっても、政治家にはわからないのだから

マレーシアのマハティール首相がいくらヘッジファンドの危険を唱えても
アジア全土で、通貨危機のあとですら、その意味がわかった政治家は少なかったという
アジア通貨危機は、もはや戦争だよ、しかも完全敗北。 ASEANがボロボロにされていく中で
日本や中国はアジアを見捨てたんじゃない、
「戦争が起こってることに、気づかなかった。」
自国に有利か不利かも理解できなかった。

28 :右や左の名無し様:05/01/02 18:02:21 ID:58HqXka3
政府ができなければそれこそ無政府、無法地帯。
何が論破なのか。
ロンパルームかい。


29 :愛子様の弟:05/01/02 20:51:42 ID:ROhgfH2p
お金も各国政府の厳しい管理によってその値打ちが保障されているもの。
政府がなければ、北斗の拳を引き合いに出すとよく返ってくる
「金なんてケツを拭く紙にも・・・」というレスのとおりになる。
だからアナーキストは貨幣経済も否定する事になるはずだが。

多国籍企業の活動も物々交換で賄える範囲を遥かに凌駕している以上
各国政府による通貨の裏打ちがなければやっていけない。
ただ通貨の軽重はその国のなかの経済活動によるものが大きいので、
企業の影響力も相当ある。
もし日本の会社が本社を外国に移転するとなったら一番歓迎されそうなのは
日立製作所あたりか。VLSIからVLCCまで作っているからだ。




30 :右や左の名無し様:05/01/02 20:54:32 ID:i/9Ws+WV
かつて日本にはサンカと呼ばれる人々がいましたが
彼等も一種のアナーキストなんでしょかね?

31 :右や左の名無し様:05/01/02 21:05:50 ID:???
長引く不況でにわかアナーキストがイパーイいる悪寒
でも社会的なステータスに対する憧れが全くないわけでもないヘタレでつ


32 :右や左の名無し様:05/01/02 21:14:11 ID:???
無政府状態がどれだけ悲惨かは内戦時代のアフガンやアフリカ見るだけで十分実証されてる
んだけど、理論武装に熱上げてる香具師に限って「実例」を拒絶する



33 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :05/01/02 21:20:35 ID:FM+72aEz
圧倒的多数の人が
アナーキーへの恐怖>>>>>>国家の存在による弊害の影響を受ける恐怖





34 :右や左の名無し様:05/01/02 22:17:47 ID:???
>>32
まあ、確かにそうだ罠。
ソマリアなんか、ジードみたいな連中が暴れまくっていたし。
で、弱者は逃げるか、やられ放題で耐えるしかない。
ひょっとしたら、アナーキストって、自分がジードになりたいから、こんな事言っているのかな?

35 :右や左の名無し様:05/01/02 22:55:10 ID:???
現実とかけ離れてちゃどんな理論も意味ないわな
ちなみにド田舎いくと人情味あふれ物々交換に近い共同体を形成してる
ケースが結構あるぞ。俺の嫁の実家は近隣と農作物やら米やら交換して生活してて
金は必要なさげだった。その代わり男達は無償奉仕みたいな共同作業があるみたい

36 :右や左の名無し様:05/01/02 23:50:16 ID:hCIDdBw8
>>27
アジア通貨危機の後、経済自由化の政策を取った国は概ねすぐに回復した。
インドネシアなど、自由化にもたついた匡が復活から取り残された。
もっとも、マレーシアという例外もあるが、為替レートの固定化は劇薬だ。
中国元の切り上げ予測が出るなか、マレーシアも修正を迫られるだろう。

37 :右や左の名無し様:05/01/04 19:27:02 ID:???
孔子が老子に面談して老子を論破するすきも全くとらえられなくて
「老子さまは龍のようなお方だ」と捕らえ所のなさを例えたという
そういう話を思い出す

38 :名無しのテキスト:05/01/06 08:20:53 ID:C2SG1yPo

経済理論にとって アナーキズムほどの敵は居ない。彼等にはインフレデフレの区別がない
国際関係論において アナーキズムとは政府が無くなった状態を想定し
社会契約説で政治力学を考える為のツール=道具である。


39 :愛子様の弟:05/01/06 20:52:31 ID:+nAcvvRU
昔話です。
京都に住んでいた公家様が、あるとき人間関係や日常生活の煩わしさが嫌になり、
一切の人付き合いを絶ち山奥で仙人のような生活を行う事を思い立ちました。
そしてそれを実行し、山中の自分用の畑を耕していた時、ふと気付きました。
手にしている鍬は自分ではなく、鍛冶屋が作ったものである事を・・・

それでこの公家様はすぐ山を降りてしまうのですが、
結局人は完全に一人で生きていく事は不可能で、必ず他人の知恵や人手を
借りることになります。
人は社会的動物だと言う事です。
東南アジアの山中で孤独に27〜29年も戦っていた皇軍兵士も
親や学校が与えてくれた知恵や、上官の与えた使命によって支えられていました。
そして社会には根源的にいさかいが存在します。
そこで平和な社会を築くには、子供に我慢を教えなければいけないのですが、
アナーキストは我儘言ってるだけじゃないでしょうか。
左翼教育も同様で自己主張とジコチュウを取り違え、そんなの教育しないのと
同じじゃないかという状態です。


40 :右や左の名無し様:05/01/06 21:02:57 ID:???
>>39
アナーキズムは政府を否定しているだけで、人々の協働や取引を否定する思想ではない。
むしろ、政府が不要であることを主張するために、平和で自発的な(法律の強制に頼らない)人々の連帯の可能性を強調する。

アナーキズムを批判するのであれば、、
例えば法を執行する正当な権威を持った政府が無ければ、
アナーキストが重視する人々の協働や取引が上手くいかなくなる
といった点を追求すべきだ。

41 :愛子様の弟:05/01/07 02:07:43 ID:6SDuFyfE
>>40
ご指摘有難うございます、勉強不足でした。

という訳であなた様の提示された定義からすると、
>>35
のレスがそれに近い状態のようです。
但し団体が少人数でないと無理だと思います。
しかも今の高度な文明はたくさんの人手と強力な政府が成り立ちませんから、
原始共産制に逆戻りでしょう。

42 :愛子様の弟:05/01/07 02:11:15 ID:6SDuFyfE
>強力な政府が成り立ちませんから

強力な政府がないと成り立ちませんから。
に訂正します。

43 :右や左の名無し様:05/01/08 21:03:00 ID:???
市役所の窓口がちゃんと機能してくれてればいいや
そのために県が必要なら県があるべきだし
国の政府が必要なら国の政府があるべきだ
そういう考えでいいと思っている

44 :右や左の名無し様:05/01/08 23:53:28 ID:???
毛沢東の文化大革命やポルポトらへんが「原始共産制」を強引に実現しようと
したんじゃ?
その結末は皆さんご存知の通りですが

45 :右や左の名無し様:05/01/09 01:06:26 ID:???
「小国寡民」の極限がアナーキズムである。

つまり、世界に自分ひとりしかいない状態において
厳密な意味でのアナーキズムが成立する。

自分以外の人類がすべて死に絶えた状態を
想像してください。ほら、興奮してきたでしょう?

46 :右や左の名無し様:05/01/20 20:18:41 ID:XGcV+tJp
毛沢東が老子的な考えを持っていたことは指摘されている
秦の始皇帝が採用した韓非子の法家思想も
儒家の荀子の系列ではあるが
人民を自然物と考える点は老荘の流れからのものだ
始皇帝や毛沢東には確かに老荘が持っている独特のある部分が
いびつな形で見られると言える

47 :右や左の名無し様:05/01/20 20:57:31 ID:???
北斗の拳が出てきてその元ネタのマッドマックスが出てこないところが2ちゃんねるの悲しさw

幼少期の毛沢東は無政府主義のような理想を抱いていたと後年自ら語っている。
自治能力が恐ろしく高い人民公社がたくさん出来た文革期は小国寡民に近いものがあるな。

80年代末でもその名残りがあり、居民委員会という町内会規模の共産党組織が民事裁判で
小さな会社の営業停止処分を宣告する場面が《頑主》という映画に出てくる。
(原作の同名小説は『北京無頼』の邦題で訳が出ている)

48 :右や左の名無し様:05/01/21 18:31:42 ID:???
アナーキズムは弱者の妄想だろ?

能力、魅力のあるやつの下に人は集まり、
秩序はそこから生まれる。
国家、政府は秩序維持装置だ。

49 :右や左の名無し様:05/01/24 22:31:53 ID:A/beJfcV
『Anarchy is Order』Pierre-Joseph Proudhon

>>48
それはホッブズの言っていたことでしょうね。

国家や政府ではない、より小さな共同体の中で顔が見える距離にある人々が互いを管理し合う社会
ってのがアナキズムです。
オルタナティヴな社会として全然存在し得ます。
というか、昔のパリやバルセロナはかなり理想に近い状況でした。

50 :右や左の名無し様:05/02/03 19:51:07 ID:MIyMCzXM
現代のアナーキズム実践国家ソマリアって住み易いのかい?


51 :右や左の名無し様:05/02/04 21:00:26 ID:CHDkfFy1
>>49
どこが理想なんだよw 想像力なさ杉。
ご近所の頑迷な顔役に生活をあれこれ監視される町内ファシズムじゃんか。
きつすぎるからパリやバルセロナでは長く続かなかったんだろうに。
中国では今でもやってるよ。民度が低いからそれでちょうどいいんだけどなw


52 :右や左の名無し様:05/02/04 21:50:05 ID:???
一人で無人島に住んでいるおじいさんがテレビに出てたよ。
その島は日本だけどさ。
なんかボロ切れを身にまとい、ほったて小屋に住んでいるんだけど。
気楽のようで、生活は苦しいようだった。なんかものすごい勢いで魚とってたよ。
この人なんかアナーキストと呼んでも良いのではと思ったよ。
日本国籍だけどさ。



53 :右や左の名無し様:05/02/05 00:17:11 ID:???
>>50
ジードみたいな奴らがいっぱいいて、この世の地獄らしいです。

54 :右や左の名無し様:05/02/05 02:21:59 ID:???
ソマリアってたしか、旧宗主国同士が珍しく妥協して
言語がほぼ同じ地域を統合してつくった国で、
余計な内部分裂さえしなきゃうまくいってる筈なんだよな。

ところがそんな国で旧宗主国による派閥が生まれ
やっぱり分裂w

国家というもののイメージがつかめないままだと、
解体すべき国家がそもそも固まらないという例として挙げるべきだろう。
アナーキズムの前の国民国家の、そのまた前の段階にあるので、
ここでの参考にならない。
アナキズムどころか国民国家さえ絵に描いた餅、になってるということ。

55 :右や左の名無し様:05/02/21 16:35:16 ID:SbaVLs4n
>>54
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/don/1076475865/52


56 :右や左の名無し様:05/03/06 15:48:14 ID:???
イスラム圏の世界は西欧列強が植民地化する前までは
国境がうやむやでも殆ど問題の起こらなかった世界だった
都市国家のような感じで辺境にはこだわらなかった
イスラム教徒がコーランを通した信仰のもとで兄弟姉妹一家族のようだった

57 :右や左の名無し様:05/03/06 16:18:50 ID:???
アナーキストっていうのは
権威を知的レベルで相対化できた上で
それを利用(形式上したがうことも含む)できる者のことだ。

べつに無政府主義とか反体制運動家という意味ではない。

58 :57:05/03/06 16:39:11 ID:???
「小国寡民」思想は町内ファシズムとは関係ない。
相互管理社会は水で薄めた共産主義。
>>48>>49はどっちもアナーキズムの神髄から遠い。


59 :右や左の名無し様:05/03/06 19:12:34 ID:+NhkQDjd
>>58
このスレ自体、アナーキズムの神髄に反してはいないのでつか?

60 :右や左の名無し様:05/03/16 09:07:16 ID:???
アナーキストなるもの個人のオナニーでしかないよ

例えば、無政府主義者なる反政府反グローバリズムで集まった、実際は紅いやつらの
シアトルに集まった暴徒集団wやつらのようなもんが集団で、新しい政府を運営←この段階でアナーキーじゃないw
政府をアナーキズムで運営したらそれはアナーキーじゃないし、アナーキーなるもんは
現体制が安定し、現体制の中で不自由ないひねくれの個人が、個人の心情として世の中を斜めに
おちょくるだけの個人がオナニーできるチンケなもんでしかなく、反グローバリズム団体に利用されるだけの汚物ってこった。


61 :ふざけた奴:05/03/16 10:05:10 ID:BSiJqXOk
個人的に独立している(組織のの中に居ても即独立出来る人も含む)
人は、アナーキストなんじゃないかな、政府や社会と共存する、
アナーキスト。

政府や社会と共存する、アナーキストは、反グローバリズム団体の左翼
も敵で有るが、利用されるだけの汚物のサヨクも敵なのである。

62 :58:05/03/16 16:44:19 ID:???
>>59
なにがいいたいのかよくわからんな。
このスレ自体はアナーキズムに沿ってもないし反してもないだろ?

>>60はアナーキズムをまったく理解してない。>>61はいいこと逝っていると思うが。


63 :右や左の名無し様:05/03/16 22:26:58 ID:???
>>62 ここで言うアナーキーとは、無政府主義の偏屈モンという一般イメージの事であって、
本来ある正しいアナーキーの定義もあるんだろうが、具体的に示されていないし
もしそのような玄人しか解らないアナーキズムなるもんがあったとしても、世間一般にそれが広まっていないわけで
それはそれで語ってもいいとは思うが、世間一般で流通しているアナーキズムのイメージとその信望者たちへの印象なんで
そこらへんを意識しなさいな

64 :右や左の名無し様:05/03/17 00:50:57 ID:???
アナーキズムって、真の自由をもたらすために
あらゆる階級を否定する思想なんだってさ。
家族の幼長の序列すら否定するって。
だから政府も資本も否定するらしいよ。
単なる無政府主義ではないんだって。

65 :右や左の名無し様:05/03/17 04:15:44 ID:???
元々のアナーキズムの概念と、
世間に流通している単なる無政府主義者としてのアナーキズムというイメージを
分けて語りましょう。

66 :右や左の名無し様:05/03/17 08:52:02 ID:???
単なる壊し屋や、単なるアナーキーな人を
アナーキストとごっちゃにしてる奴が多いからな。

67 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 11:49:13 ID:???
アナーキストの心情がわかった集団が形成されるわけねえな、ファッションで終わるね
まるでクリスチャン女だw

68 :右や左の名無し様:2005/03/28(月) 15:46:21 ID:9OpzPo1k
そう鑑みると、大杉栄はかなりイイ線逝ってたんではないですか?

69 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 08:16:38 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%AD%E3%82%BA%E3%83%A0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%89%E6%A0%84

70 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005/04/02(土) 10:00:24 ID:7MKbMHjs
 俺はリバタリアンで、一時はアナーキズムの可能性も考えた。
が、中国の歴史とかでアナーキーがどういう状態なのかわかった。
はっきり言って死ぬ。生きていくのは無理。

71 :右や左の名無し様:ウヨサヨ歴2005年,2005/04/05(火) 02:04:42 ID:???
http://www.ne.jp/asahi/anarchy/anarchy/faq/faqa1.html

アナーキズムを理解した集団が政治勢力になるのは矛盾した事になるのかな?
相互補助の自立した個が相互補助の為に政治舞台に集団行動という可能性は?

72 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 11:21:39 ID:???
屁理屈は結構だがアナーキズムなんて今の日本に根付く訳ねーよ


73 :右や左の名無し様:2005/04/05(火) 20:40:59 ID:???
いやアナーキズムという概念のほうが、胡散臭い気がして突っ込んでるんだよ

74 :右や左の名無し様:2005/04/07(木) 02:11:03 ID:???
いやむしろ日本は源平争乱〜南北朝〜戦国時代にかけての数百年間
一貫して「天皇制アナーキズム社会」だった。

75 :右や左の名無し様:2005/04/09(土) 04:21:19 ID:aDuG3Yin
むしろ社会が未開であればあるほどアナーキーであるといえる。人々は安全を求めて群れをつくり、やがてムラとなる。
ムラにはおきてができ、ムラからクニになるにつれて法文化される。文明が発達した今、われわれは社会という囲いの中で、
便宜性と安全(少なくとも未開社会よりは)を享受する代わりに、国家権力という強大な力によって支配されている。
民族・宗教から身近な差別まであらゆる問題は、人間の知能が原始人並になればなくなるであろうが、
それが絵空事であることは明らか。俺も若い頃は無政府主義を信奉していたが、
今は国家権力に代表されるすべての権力の弊害を感じてはいるが、いまひとつ確信が持てない。
それでも社会の中でしか生きられないジレンマに襲われながら、ただ今の政治や思想に疑問符を投げかけるのみである。
無政府主義の実現は確かに絵に描いた餅だが、右翼や左翼のように団結のみが革命を起こすための力となりうると信じる思想に、
それこそが権力の構造であると一石を投じるのも無政府主義である。


76 :右や左の名無し様:2005/04/13(水) 22:51:13 ID:???
57何言ってんの?
どこからそんな定義持ってきたんだか。

77 :右や左の名無し様:2005/04/14(木) 01:54:08 ID:???
なんかマッドマックスの世界、西部劇の世界、今の血縁と賄賂の中国、そんな北斗の拳状態がアナーキなの?なんか違う気が・・・
http://www.ne.jp/asahi/anarchy/anarchy/faq/faqa1.html  ここが正解ならそゆことじゃない気が・・・・・
正直この思想は禅問答にしかならないし、玄人がわかっても、集団では実現無理であろうし、体制的にはそのそも成り立たない思想かと思うんですよ

それと懸念が一つ、反戦だの非戦 人権だジェンダーフリーだのとの左巻きが、次のスローガンに悪用するのは何かなんだが
アナーキズムも候補かなあと警戒しています。グローバリズム、反グロもそうか

78 :再び75です:2005/04/16(土) 01:35:46 ID:u7D2oksQ
中国の反日デモのことだけど、最初にデモを企画した人じゃなく、
後から参加した学生たちは実にアナーキーだと思う(私は平和主義者だから決して応援はしていないけど)。
ただ彼らにとって最大の悲劇は、
結果的に中国共産党政府という強大(凶悪と言い換えてもよい)な権力の片棒を担いだに過ぎなかったこと。
すなわち、自発的に見えた行動も、実は権力による支配の中でしか踊ることを許されなかったことである。


79 :再び75です :2005/05/03(火) 13:38:27 ID:wQze+GW4
私はひそかに反日デモに期待している。それは78のときと情勢が変化してきたから。
最近ではデモは中国政府による日本向けのパフォーマンスにとどまらず、
本当の意味で民衆の苛立ちのはけ口となっている。
つまり、中国政府が裏で糸を引く範疇を超えて、明らかに民衆主体のものとなっている。
それでも矛先が日本に向いているのは中国政府としてはいい条件なのだが、
さすがに国際的な批判にさらされ、五輪や万博など国際的行事をひかえた中国政府は危機感を感じ、
徐々に取締りの手を強めている(少なくとも人道的配慮ではないだろうけど)。
そうなってくると、徹底的に反日思想を叩き込まれて育ってきた若者たちは、
中国政府が反日運動を押さえにかかる矛盾を感じ、徐々に矛先が変わっていくであろう。
経済発展の著しい中国だが、貧富の差も激しく、貧民層の中国政府に対する不満を取り込んで、
一大反政府運動に拡大したとき、中国政府は武力でしかこれに対抗できないだろう。
なにせ中国共産党の実権を握っているのは、胡錦濤でも温家宝でも江沢民でもなく、
あの天安門事件で民主化を要求する学生を大弾圧したケ小平なのだから。
ただ当時とはだいぶ様子が違っていて、民衆の力が集まり(結束とは言わない、あくまで自由な集まり)、
それに台湾の国民党などが相応の支援をすると、以前ほど強大でなくなった中国共産党政権は、
あえなく地に落ちてしまうかもしれない。可能性としてはなくもないと思うのだが。
また、中国という後ろ盾を失った北朝鮮の金正日政権も崩壊への道を歩むであろう。
反日運動の副産物として朝鮮半島統一が実現するというのは、やはり反日思想の根強い韓国・北朝鮮にとっては、
皮肉なことであろうか。とにかく、我々日本人にとって何かと忌まわしい反日運動も、
何か大きな変革のきっかけにならないかと期待している。
ただ、そのために天安門事件のような悲劇が起こらぬことを願っている。


80 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 14:18:32 ID:???
>>79
>なにせ中国共産党の実権を握っているのは、胡錦濤でも温家宝でも江沢民でもなく、
>あの天安門事件で民主化を要求する学生を大弾圧したケ小平なのだから。

ケ小平は97年に死んでるけど、
ケ小平派なりケ小平的な考えの連中が実権を握ってるってこと?

81 :右や左の名無し様:2005/05/03(火) 15:56:38 ID:2Z5UN57S
今は江沢民から胡錦濤が影響力を奪取している真っ最中。
そのため、指導体制が不安定な面がある。
情勢が荒れると指導者の内部対立が面白くなりそうだな。

82 :(;´д`)さん:2005/05/03(火) 16:55:12 ID:???
穴だなんて下品な!!

83 :75:2005/05/05(木) 12:02:56 ID:MYeT7KZR
>>80
失礼。ケ小平死去は知っていたけど、日本での報道が大きくなかったような気がして、あまり印象に残っていなかった。
おっしゃるとおり彼のイデオロギーを継承する改革・開放路線の連中のことを言いたかったんだけど。
江沢民あたりはそれに近いんだけど、ケ小平は毛沢東並みにカリスマ性を持った男だから、
江沢民やもっと若い胡錦濤あたりがすんなりと党をまとめられるか。ただ、デモが激しさを増せば、
党も一枚岩にならざるを得ないだろうけど、今は昔のようには押さえ込めないと思う。

84 :ふざけた奴:2005/05/05(木) 12:12:12 ID:eG8YHaN1
>>83 やっぱり中国って駄目みたいです、少し期待してたのに。
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/05/html/d48972.html

85 :75:2005/05/05(木) 13:09:09 ID:MYeT7KZR
押さえ込めば押さえ込むほど中国国民のフラストレーションは溜まる一方。
中国国民にとって日本は鬼畜にも劣る存在と叩き込まれ、それに対する正当な抗議をしただけなのに、
政府がそれを押さえにかかるのだから。
今年純ちゃんは8月15日に靖国参拝する模様。そうなればもう一度火がつくだろう。まあ参拝の是非はともかく、
純ちゃんの性格なら8月15日だと思う。中国や韓国にしたらいくら怒っても暖簾に腕押しだな。
その反面竹島や尖閣諸島の領有権問題は棚上げだろう。拉致問題も金正日政権が崩壊しないと解決は難しいだろう。
その意味でも、もう一度火がついて欲しい。

86 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 04:23:45 ID:???
南極人はアナーキスト

87 :右や左の名無し様:2005/05/20(金) 23:41:21 ID:???
話割ってスマン。
全っ然アナーキズムのことわかんなくてなんか本読んでみようって思うんだけど、

「アナキズム〈1〉思想篇」(ジョージウドコック著)

なんてどうかな。読んだことある人いるかな。他になんかオススメの本ある?

88 :まさき@アスカ ◆TuLP.6W3.I :2005/05/21(土) 16:46:58 ID:c0mOVHJR
アナーキズムなんて
所詮ファッション、コスプレ
黙って政府転覆を企むのが真の道
それか南極にもで行くか
でも人が集まると同じことだろうな

89 :ふざけた奴:2005/05/21(土) 17:20:59 ID:Eb3lMg+W
>>88 行くなら北極へ逝け、なんとなく左巻きには氷の国が似合ってる。

90 :リバタリアニズム愛好家:2005/05/26(木) 19:48:12 ID:ksFzjuvM
リバタリアンスレが無いようなので、ここで無政府資本主義について論じましょう。
とりあえず、
D.D.フリードマン、ロスバード、それと、ハインラインの『月は無慈悲な夜の女王』
あたりをネタにどうですか?

91 :右や左の名無し様:2005/05/26(木) 22:44:00 ID:TmrzzKov
オマイラ、ピストルズ聞け

92 :大日本報靖會右派 ◆KvxHGJYjEc :2005/05/26(木) 22:54:33 ID:???
>>91
ジョニー・ロットンなんて、ぶくぶく太ってしまって、
あんなののどこがいいんだよ?

93 :右や左の名無し様:2005/05/27(金) 07:34:54 ID:Yavh2Skt
まぁ今はねぇ
でもシドの生きざまなんてロックじゃないか


まぁ資本主義社会に作られたヒーローとも言えるが…

94 :大日本報靖會右派 ◆KvxHGJYjEc :2005/05/27(金) 07:39:51 ID:???
>>93
シドなんて、頭狂ってナンシーを殺したり、ステージで
うずくまってたり、支離滅裂ではないか

95 :まさき@アスカ ◆TuLP.6W3.I :2005/05/27(金) 19:08:16 ID:sqCQHIQa
所詮パフォーマンス
やるなら血をもって


96 :リバタリアニズム愛好家:2005/05/28(土) 12:27:43 ID:???
>>95
無政府資本主義は、
血を流すような革命ではなく、
政府機能を徐々に民営化していくことによって、
実現するものです。

電電公社がNTTに、国鉄がJRになったように、
政府の所有物や権限を売却してゆき、
最終的には、自衛隊、警察、裁判所も民営化して、
競争者の自由な参入も認めようという発想です。

97 :まさき@アスカ ◆TuLP.6W3.I :2005/05/28(土) 17:49:45 ID:0Ukjx6xb
通信に交通機関
どれも絶対必要で
ほぼ独裁じゃないか
甘い
流血を恐れるものに
生きる資格はない

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)