5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

        オタクの人権        

1 : :2005/06/28(火) 12:14:33 ID:pQs4TDcV0
あるのか?
ってか、ありゃ人間として認められるのか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 12:15:55 ID:DwsaNY4g0
俺伊丹市在住25歳のおたく。周りは皆部落民?w

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 12:45:33 ID:Rh+URhwc0
「ううう〜〜〜っっ。どきどきするの〜〜〜〜」
白虎のゲートの下、舌足らずな声で、その少年はつぶやいた。
少年は小学生と間違えそうな小柄な身体をしており、左右にはねた髪や、女の子と間違えそうなくらい可愛い顔には、
緊張と恐怖がない交ぜになった表情を浮かべている。
少年の名は佐倉広夢。
さる大ヒットBLゲームのサブヒロイン?として、BLマニアに知られたショタ系少年であった。
ちなみに、体格や顔からは想像できないが、立派な高校生である。
「広夢・・・・・」
背後から、別の少年が心配そうな表情で声をかけた。
その少年は広夢と同じ白の学ランの下に少年らしい引き締まった身体を隠しており、青く長い髪の下に活発そうな表情を浮かべている。
彼の名は羽柴空。
彼もまた、BL界を代表する元気系少年として、名を知られた少年であり、広夢の一学年上の友人(まわりにはそういうことにしてある)であった。
広夢は空の方に向かってにっこり笑う。「じゃあ、行ってくるの!応援しててなの!」
広夢はそういうと、心臓をドキドキさせながら、会場に向かっていった。
広夢は試合場に立つと、対戦相手をジッと見つめた。
相手はテコンドー用の道着に身を包んだ二人の中年男。
一人は眼鏡に鉄の爪をつけた怪しい小男で、もう一人は、ハート様のようなでっぷり太った身体に見事なあごひげを生やし、鉄球をかかえた巨漢。
かのキム・カッファンの元で日々、更生に勤しんで?いるチャン・コーハンとチョイ・ボンゲの二人組であった。
「子供でヤンスか〜〜〜。斬りがいがあるでヤンス〜〜〜〜〜」
チョイは広夢を見るや、柔らかい肉を切るのを想像し、思わず舌なめずりする。
(ううう〜〜〜〜。怖いよ〜〜〜〜。で、でも、頑張るの〜〜〜)
広夢は思わず、恐怖に駆られたが、必死に勇気を奮い立たせた。


4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 14:59:22 ID:A+MWyjm+0
m9(^Д^)プギャーッ


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/28(火) 15:12:48 ID:ybGR0r+kO
オタクでニートですが、 何か?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/29(水) 00:43:41 ID:zzs60XuZO
↑ミラクル!!最高です。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)