5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【沖縄論】ネオわしズムスレ2【靖国論】

1 :名無し民兵@ナカムラ:2005/07/04(月) 23:47:50 ID:FWHp+nbV
1 :文責・名無しさん :2005/05/18(水) 19:28:18 ID:VJzLMlzb
TOGUROをマキマキ恨米で、行き着く先は栄光の、勝者の余裕の廃刊か。
母なる中共、父なる将軍、靖国・小泉否定して、「終了漫画家」よしりんの
アリバイ作りも効果なし。ついに終了チャチャンチャン。
Google認定、古賀のポチ、どれがとどめとなったのか、あとは野となれ山となれ、昔の光いまいずこ。
西部と並んでさようなら。
マスコミ板のこのスレも、役割終えるこの季節、丁度時間となりました、ゴー板スレであいましょう。
それではみなさんさようなら〜〜( ´ー`)y―┛~~
◆「わしズム」スレ・テンプレ集(過去の議論のまとめ)
http://esehoshuwatch.hp.infoseek.co.jp/temple.htm
◆エセ保守監視小屋(過去ログ倉庫)
http://esehoshuwatch.hp.infoseek.co.jp/

ソースは今週の(6/22号)ゴー宣本編ですな
以下ゴー宣言より引用
『わしズム』は7月発売号で幻冬舎から出る分は終わりになる。言っておくが
売れなくなったからではない。大変、お金のかかる本で、広告も入れていないのに
一度も赤字を出したことはない。ちゃんと利益は出ている。(中略) 幻冬舎には
雑誌コードがない。ジャーナリストには小学館のプレスカードで取材してもらっていた。
そこで今年の秋ぐらいから、小学館が『わしズム』を引き受けてくれることになった。
編集体制も強化して、新聞や雑誌に広告も出してくれる。漫画から評論まで、
情報よりも思想性の強い娯楽本という今の路線を踏襲して、表紙から内容の見せ方
まで刷新するので、詳細はいずれこの『新ゴー宣』で明らかにすることになろう。
(SAPIO 6/22号 57P)
ということですな。今のところ体裁・価格・発刊サイクル・執筆陣等は未定

2 :名無し民兵@中村:2005/07/04(月) 23:48:58 ID:FWHp+nbV
前スレ
【小学館に】ネオわしズムスレ1【転進】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1118321748/

マスコミ板関連スレ
【電波は続くよ】小学館版わしズム77【どこまでも】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1118476669/

3 :名無し民兵@中村:2005/07/04(月) 23:50:19 ID:FWHp+nbV
【沖縄論】ネオわしズムスレ2【靖国論】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1120488470/

4 :名無し民兵@中村:2005/07/04(月) 23:51:09 ID:FWHp+nbV
げ…前スレに案内書き込む前に容量オーバーしたっぽい…
さて、気付いてくれるでしょうかね…

5 :名無し民兵@中村:2005/07/04(月) 23:58:16 ID:FWHp+nbV
あげ


6 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 00:08:25 ID:atNSSO0H
すげえ、前スレ、ちょうど800だよ。

7 :鳥坂:2005/07/05(火) 00:24:19 ID:hMWl6p30
 中村氏、乙です。
 さて、前スレ>734にレスするか。
>ニューヨークタイムスとかワシントンポストとか読んだことある?
 原文読む環境にない。つか、んな時間無いよ。
 でだ、コイツラの記事は良いとして論調を信用してるのか?
 書いた事(提案・主張)がシパーイでも責任を取らないような無責任野郎の発言を。
 日本の例だが、松本サリン事件で河野氏を本ボシ扱いした記者連中は断筆するとか辞表書くとかしたか?
 ↑当時オレは学生だったが、化学系ゼミの同期が諸々の記事を読んで「こいつら(記者達)馬鹿。さすが文系低脳(w」と爆笑していた。
 ↑どうも、そのゼミにいたOBが富士のすそ野でセッセと作ってたらしい(後日、公安が来た)。
 責任無き者の発言・主張・提案なんて、話半分で聞くしか無いワナ。
 聞いてほしけりゃ、自分の文章の持つ影響力を自覚して、記者生命賭けて書け。
 ↑タダでさえ、提灯記事書くしか能のないブンヤ風情の文章なんか、まずは疑ってから読んでるよ。
 "一流"新聞の記者サマが書いていると言うだけで信じ込める貴方の純粋さが羨ましい。
 某上院議員がジョークで「良いコラムニストは、死んだコラムニストだ」と言ったらしいが、同意だね。
>大部分の日本人は臆病者になってるから鼓舞しないと駄目な訳
 同じ事を赤い学生や全共闘崩れのオッサン達も言ってたよ。
 だから連中はセッセとデモやったり花火作ったりしているワケで。
 でもなぁ、日々必死に頑張ってるじゃん。>日本人。
 普段は真面目に働いて、W杯や五輪になったら国旗振り振り。
 デーハンミッグ、ドドンガドン! までやる?
 んなモン、甲子園に行けばいつだって見られるぞ。>バーサークな日本人。


8 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 00:34:31 ID:3VWL3Tan
さて、スレタイにあわせ、かつ、小林スレなんだから小林の主張にも
そう話の展開をしないとね。んで、まず鳥坂クン。新聞の政治批評を
鵜呑みにするような香具師はいない。いるかもだがそりゃあただの無知。
で、新聞および言論人はキャリアじゃないと駄目って電波飛ばしてたが
キャリアならお前さんの言うように「提灯記事は書かない」なんて保障あるかい?
必死に新聞およびマスコミを貶めてさ、そんなものはいらない!政治に関心を持つ層は
すべからく立候補せよ!何て本当に本気で思ってる?批評家の存在は不要?
たったの一人でもいいからそういう主張してる人を教えてくれ。ちなみに今までの
段階で賛同者0ね。

>でもなぁ、日々必死に頑張ってるじゃん。>日本人。

それを否定する気はさらさらない。しかし、国防の意識を持つ事と
それと、どう関係があるのか詳しく書いて。意味不明。
ついでに言うと全共闘は革命がしたかったわけで、これも国防等と関係ない。
おじさん関係ないことばっか書くんだよね。俺に言わせると
「こいつら(軍事アニメヲタ)馬鹿。さすがアキバ低脳(w」でしかない。

スレタイにあわせて言うと、沖縄はいつか米軍基地全面返還。参拝はすべき。


9 :鳥坂:2005/07/05(火) 00:35:37 ID:hMWl6p30
>だから邪魔するな。
 だから邪魔してないって。
 議論が邪魔だってなら、何の為にここに来ているんだ? あ、そうか遊びか。
>有事の際の勇気だ必要なのは。
 いったいどういう有事だ? 自衛隊戦力が払底して、市民に戦わせるような有事って?
 オレは有事になったら、警察・自衛隊の誘導に従って素直に後方に下がるよ。
 小銃なんてアラスカとLAでしか撃った事無いモンね。戦場じゃ足手まといの邪魔者だ。
 ↑アラスカでバーレット50口径をブッ放したのは密かな自慢だ(w
 んで、昔取った杵柄で、ボランティアセンターのロジ担当か、測量や仮説橋梁の施工管理でもやっとるわ。
 君は何が出来る?
>改革すべき体制・思想とか書いてよ
 "すべき"なんてもなぁ無い!
 何故なら、言ったところで、自分には実行責任も結果責任も取れる立場に無いから。
 オレに出来るのは「○○先生と語る会」とかに出て、
「○○した方が良いと思うんですけど」
と意見を述べる事と、選挙に行く事だけだ。
 まぁ「○○したいなぁ」と言う希望はあるが、そういう無責任発言でOKならするぞ。
 まずやりたいのは、韓国ソウル市にある某アニメスタジオを爆撃してやりたい。
 解像度落としの手抜き素材上げて来やがって、全部リテークだ! シッバル!
>何でも無理無理言ってばっかじゃない。
 どこがぁ? お前さん学生だろ。
 頑張って国家一種を上位で合格しろよ。
 選挙ボランティアから始めて先生の鞄持ち(秘書)になって、票田を禅譲して貰えよ。
 ネットでの啓蒙活動で国民を「サムライにゅうたいぷ」に覚醒させるなんて、シャア少佐もビックリみたいな事やってないでさ。
 よっぽど現実味があると思うがな。

10 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/05(火) 00:39:07 ID:6mD/niNV
 重複スレ立ててしまいました。
こちらに誘導しときました。
ゴメン・・・

11 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/05(火) 00:39:32 ID:6mD/niNV
言い忘れた。
中村氏、乙っす。

12 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 00:42:20 ID:BuRgGoxX
今の日本人の国防意識知りたければ自衛官の求人倍率でも見ればいいんじゃね?

13 :鳥坂:2005/07/05(火) 00:44:57 ID:hMWl6p30
>その政治に参加せねばならないのが20歳以上の国民なんですが。
 んー、コレ前後の文章の繋がりが良くワカランのだが。
 政治評論家になる資格と、国民の権利にどういう関係があるの?
 国民総政治評論家って事?
 あのさ、ワイドショートか見れば変わるでしょ。
 国民総刑事とか国民総芸能ジャーナリストとか。
 にわか知識振り回して、ロクなモンじゃないよ。
 そう言う事は、"国民に分かり易く解説可能な"高度な専門家に任せりゃええやん。
>おじさんは新聞は一切信用しないって理論
 「全てを疑え」
 Xファイルで勉強した(w
 ローンガンメンは憧れのキャラだったな。

 さて、レスは付けたし。仕事は残ってるし。
 とりあえず抜けるわ。

14 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 00:52:44 ID:ZrqMzENY
正直、あんな電波とのやり取りよりもコテハン、名無し混ざったマターリ談義のほうが
見ていて面白いんだけどなぁ・・・
歴史にIFを!氏とかから始まった武士の自己責任論議云々とかROMってても結構面白かっ
たし・・・
最初は電波も見ていて面白かったんだがさすがに飽きた。

15 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 01:03:57 ID:3VWL3Tan
つづき〜
邪魔してる自覚がないのね。片端からコヴァの自主独立論に
必死に噛み付いてたのに。自覚が無いなら仕方ない。禁治(ry

北朝鮮と真っ向から向かい合う勇気だ。あるか?テポドンが飛んでこようが
独裁者の脅迫には絶対屈しない覚悟だ。まぁ言っても無駄だろうが。

誰が個人的な願望を書けといった!!wwwwwでもかなりワロタwwwww
ま、国家と言う枠組みでは何も考えて無いてのがよくわかった。

なんだ?w全く違う話を・・。官僚になれってか・・。ミカン箱の上に立てと
言ったと思えば。現実でもとある党の応援してるよ。出来ることはしてる既にね。

だから、国民一人一人の自覚の問題が言いたい。あと、政治には実際に参加するのと
世論作りに参加するのと二つ方法がある。どっちも大事。片方のみ無理やりおっかぶせる
のはいかがなものか?好きなほうをすればいいじゃん。俺はペンは剣より強しで言葉の
力を信じる。掲示板好きな連中は皆同じ事思ってるんじゃないの?

さて、これぐらいにして離脱する。スレタイにそった議論してよ。
それ見て(ry

16 :名無し民兵@中村:2005/07/05(火) 01:05:35 ID:z//SX/e1
邪魔してる自覚も何も…w

17 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/05(火) 01:10:37 ID:6mD/niNV
軍事板出張スレ第五抵抗拠点 の
>499
の書き込み

>>「自主独立の是非」ではなく
>>千念氏及び参加してくださる人がいるなら「保守すべき価値は何か」を
>>論じたいのですよ。自主独立論など論じても無駄と言うのがよくわかったから。

>コトバは悪いけど、結局オナニーがしたかっただけみたいですね。
>で、オナニーの仲間を求めていますよ、と。
>スゴイ人だな。

および


前スレ
>756
の書き込み

>っていうか、抽象論と現実論を比べて前者の方がレベルが高いって言えるのかね?
>現実論もピンきりなら、抽象論にもピンきりがあるんだけどね
>そういう「ねばならない!」論は人によって好みの差が激しいんだから、
>もう少し地に足をつけたところから話し始めたらいいのに

に対して。


18 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/05(火) 01:11:23 ID:6mD/niNV
 軍オタ諸兄は、形而下というかベタというか物質界というか唯物的というか、
そういう思想を好む。
保守主義者ってのは私も含めて、形而上というかメタというかメタ物質界というか観念的というか、
そういう思想を好む。

近視眼的か、遠視眼的か。
唯物論的か、観念論的か。
現実主義的か、理想主義的か。

 オナニに例えるならば、
『機械仕掛けのオナホール』のスペック追求にあくまでもこだわる『マテリアル・オナニ派』の軍オタ諸兄と、
脳内に大和撫子な萌えキャラを妄想して、それをオナニネタにする『観念主義・オナニ派』の保守主義者の違いかと。
これはオナニの流派の違いであり、茶道における表千家、裏千家に相通じるものw
 まぁ、私なんぞは、あまりにも思考が遠視眼的だし、そういう思考が好きだし、
そういう思考しかほぼできないしって事で、それはそれで困った事ですけどね〜。

息抜きの戯れ事でした。


19 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 01:13:22 ID:atNSSO0H
>>16
「ああ、きもちいいー!」とイタしているところに、我々が踏み込んでしまった、
ってことでしょう。

どうして公共の場所でオナニーしていたか、と言うことも、本来は大きな問題
ではあるのですが、変態に何を言っても始まらない、と言う気がしています。

20 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/05(火) 01:15:18 ID:6mD/niNV
 自分達の流派こそがオナニの本流である。あいつらは邪道だ〜〜とね。
脳内妄想萌えキャラという、精神力のみでオナニを完遂する精神主義まんせ〜の保守派とw、
安易に物量にすがる、軟弱なる精神の持ち主とw

21 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 01:15:24 ID:atNSSO0H
>>17-18
期せずして同じ発想をしてしまったようです(w
こんなタイミングでかぶるとは夢にも思わなかった。

22 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 01:19:39 ID:atNSSO0H
>>20
いつも同じでは飽きるというモノ。たまには趣向を変えて、
シチュエーションも変えて、TSなんかも想像しちゃったりして。

彼には、そういう発想も欲しかったですなあ(w

23 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/05(火) 01:20:31 ID:6mD/niNV
>>21

 確かに。
まぁ、息抜きコラムということでw
まぁ、私はどちらかというと観念オナニ派なので、そこのところよろしくw

24 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 01:49:13 ID:ZrqMzENY
>>23
個人的にはマターリ議論をしたいんだけどなぁ。

そういや歴史にIFを!氏は天皇自決すべきだったと主張したが個人的にはそうは思わないです。
「死者に鞭を打たず」は日本的美徳ではありますが、逆に「死という免罪」的な側面ももちあわせている
用に思います。天皇自決=戦争責任の放棄となりうるのではなかったのかと。

また逆に戦争責任を天皇のみに押し付けるという風潮が、戦後社会に生まれた可能性もあります。
昭和天皇をヒトラーと同列にみなし、戦争の反省をせず赤い世界にまっしぐら〜!では本末店頭です。

せいぜいサンフランシスコ条約締結後の退位という形がもっとも穏便な形ではなかったかと。
などと個人の戯言でした。

25 :鳥坂:2005/07/05(火) 02:06:27 ID:hMWl6p30
>>18
>IF氏
 まぁ指摘は間違ってないでしょうな。
 件の彼は呆れてましたが、様々な本を読み、人と議論し、社会に揉まれていくウチに、あたしゃタチの悪い現実主義者になっちまいましたから。

 現実主義者と理想主義者は水と油か? って言えば、んな事はありませんよ。
 土木事業だってまずは理想(構想)から始まって、現実主義者の権化たる技術者が寄ってたかって、アーでもないコーでもないとPCを叩きまくり。
 提案者と技術者が額をすりあわせてヒト・モノ・カネ・時間等の諸条件を勘案して妥協点や解決策を探り。
 そこから「ウン。コレなら出来そう」となってから物事は進むんです。
 ↑教科書的概論なんで「天の声」とかは無視して下さい。

 まぁ、これからもマターリと突っ込んで行きますよ。

26 :鳥坂:2005/07/05(火) 02:23:02 ID:hMWl6p30
 うお、横レスになってしまった。

>天皇の退位または自決
 んー、当時の国民美学的には自決もアリか、とは思いますが。
 ただ、武士階級でもない皇族にサムライの美徳(らしいんだが個人的には・・・)を強要するのは如何か、と。
 それに、天皇は個人であると同時に、大日本帝国の権力機関である以上、安易に政治カードを破り捨てるのはどうか、と。
 道化と呼ばれようが、国民にとって「良き戦後日本」を作る為にトコトン利用すべきではないか、と思う。

 事実、天皇の人間宣言後の全国行脚はかなりインパクトがあり、それまで赤い人のアジに引っかかっていた人達の多くが正気を取り戻しました。
 ↑戦中派の亡母の証言。

 サンフランシスコ条約後の退位は政治的にもアリでしょうが、生前退位の法的根拠整備をしていなかったと言う時点でアウトでしょう。
 天皇と言えども法の下に服す以上、超法規的処置をしてはいけません。
 強いて言えば条約後に服毒なり自刃なりするですが、ンナ事をすれば宮内庁や官邸に火を付けられますよ。

 あー! 「出家」と言う手もありましたけど、神主の大親分たる近代天皇が僧籍に入っても良いんですかね(昔は結構あったんですが)?

27 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 02:37:36 ID:ZrqMzENY
「出家」は明治以前の神仏ごたまぜの時代だったから有りだったんでしょうねぇ。
明治維新後の神仏分祈(漢字あってるのか?)のせいで無理そうですけど。


28 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 03:19:59 ID:mtBbvuOG
新参者ですが昭和天皇の責任論について
戦を終わらせる、という聖断を下されたことで戦争に対する責任は果たされた、と考えるわたしは甘いでしょうか

確かに昭和天皇は、開戦に対して口を出さなかったという大きな責任があります
けれども立憲君主として考えれば、自身の意見を言うのは憲法に反しているというジレンマがあります
だからこそ開戦の時は口を閉ざしていたのでしょう

しかし、ポツダム宣言が出ていたにもかかわらず昭和天皇はあえて矛を収めると「自ら」発言しました
昭和天皇のこの発言がなければおそらく日本は本土決戦のあげく分割国家になっていたでしょう
最悪の結果を避けることができたのは天皇ご自身の覚悟があってこそだと自分は考えます

これらの点をかんがみて、陛下の戦争責任を問い、退位を迫るのは>>24氏も言及しておられるように、ナチスにすべての責任を追いかぶせたドイツ並みの恥知らずなことでは無いでしょうか

29 :鳥坂:2005/07/05(火) 03:45:59 ID:hMWl6p30
 仕事から現実逃避中(w
>>27
 なるほろ。
 と言う事は生前退位しかないのかな。
 手順としてざっと、
1.サンフランシスコ条約の目処が付いた時点で天皇が退位を決意(タイミングは前後しても良い)。
2.政府・宮内庁は生前退位を可能とする法案を突貫で整備、議会に提出。
3.ハチの巣をつつく騒ぎになるであろう衆参議会評決を制して立法化。
4.条約締結後、目出度く退位。新天皇即位。年号改元。
・・・でしょうね。
 1はともかく、政府と宮内庁は翻意するよう説得するでしょうし、議会の法案通過もどうなんでしょう?
 革新勢力は「この際だから天皇制廃止だ!」とデムパ飛ばすでしょうし、保守右派の連中はファビョッて思考停止状態で「国賊」と喚き立てるでしょうし。
 後世から見ればそれほど確固たる政治基盤の無い吉田内閣・自由党に、未だ現人神の残滓が残る天皇の「首を切る法案」を通過させるだけの地力があるのか?
 ↑後ろ盾であるGHQの介入は絶対に避けたいというか、問題外でしょう。
 まぁ天皇が「自分は退位したい」と公式に言えば保守勢力は黙るでしょうが、コレは吉田茂の国内政治的敗北(「聖断」にすがったと見られる)なので、どうかと。
 ↑条約締結前に内閣が吹っ飛んだら、元も子も無い。

 つまり、あくまで「穏便かつ合法的に」天皇の生前退位を進めるには、当時の政治的状況からすれば難しいんじゃなかろうか、と思います。

30 :鳥坂:2005/07/05(火) 04:19:18 ID:hMWl6p30
>>28
 自分は法的責任は無く、道義的責任はあった、と思ってます。>天皇の戦争責任。
 敗戦した時の罰則条項が法律にあるわけじゃないんで、法で裁く事は無理デツ。
 東京裁判は、自分は戦勝国側のセレモニーと思ってますので、あんま重要視してません。
 ↑まぁ、「負い目」ではあると思ってますが。
 道義的責任となればもう、その時の立場でやれる限りの事に限定されるわけで、陛下は精一杯やったと思ってます。
 自分のカキコも天皇自身が退位を望むなら、と言う線で考えてます。

 自分は、明治・戦前昭和期の歴代天皇が"ふいんき"的に求められた立ち位置と、明治憲法で定められたソレとには、致命的なボタンの掛け違いがあったと思ってます。
 ですので、その道義的責任もどこまで問えるのか? ちょと疑問です。
 前者において、天皇は英国型の「君臨すれども統治せず」を求められましたし、天皇自身もソレを矜持としていました。
 しかし後者において、天皇はプロイセン・ドイツ第二帝国型の「発令者」であり「決裁者」である立場を求められています。
 コレをすりあわせると、「内閣又は大本営が決めた事に、貴方(天皇)は黙って決済印を押しなさい」って事になります。
 ホントに御神輿なのね・・・と思います。
 このボタンの掛け違いは日清戦争開戦時から露呈し、明治天皇は時の総理に「オレが『開戦する』と、いつ言った?」みたいな嫌味垂れてます。
 日中戦争でも、昭和天皇は似たような癇癪を破裂させてます。
 でまぁ対米開戦の御前会議でも、「皆がそう言うなら」と苦渋の「聖断」でしょう。
 ただし、「GO」サインを出しちまったんだから、責任は取らなきゃならない。
 その一つが降伏の聖断であり、戦後諸々の行為でしょう。

31 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 08:06:19 ID:4CMYDYMD
昭和天皇が「自分は2・26と終戦のときのみ立憲君主としての道を踏み外した」
といった趣旨の発言を残しているのが興味深い。

32 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 11:54:52 ID:aDCsaQ2/
>>30

昭和天皇の戦争責任について、これほどポイントを押さえた発言を読む
ことができたのは、嬉しい限りだ。自分の直感はやはり正しかった。この
発言への同意だけはなんとしても伝えたいので、是非カキコ しくれと、
千念が申しておりました。(なお、ROMるしかない私的状況に 変わりがない
ため、皆様によろしくと言うことでした。)

33 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 12:19:31 ID:3VWL3Tan
保守でもないウジ虫が平気で天皇退位論を口にする
真性右翼が読んだら発狂して殺しに来るだろうね。
もっとも、天皇退位論は石原始め保守は少なからず口にしてるが。
鳥坂とかクソエセ保守野郎がどの口で天皇退位論など畏れ多い事を言うんだろ。

34 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 12:23:57 ID:GgD02x/f
ウェイ

35 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 12:27:13 ID:3VWL3Tan
ttp://www.shuryosha.net/gyokuon.html

朕深く世界の大勢と帝国の現状とに鑑み、非常の措置を以て時局を収拾せむと欲し、
茲に忠良なる爾臣民に告ぐ。

朕は帝国政府をして米英支蘇四国に対し、其の共同宣言を受諾する旨、通告せしめたり。

抑々、帝国臣民の康寧を図り万邦共栄の楽を偕にするは、皇祖皇宗の遺範にして朕の拳々措かざる所、
曩に米英二国に宣戦せる所以も、亦実に帝国の自存と東亜の安定とを庶幾するに出て他国の主権を排し、
領土を侵すが如きは固より朕が志にあらず。然るに交戦已に四歳を閲し朕が陸海将兵の勇戦、
朕が百僚有司の励精、朕が一億衆庶の奉公各々最善を尽くせるに拘らず、戦局必ずしも好転せず。
世界の大勢、亦我に利あらず、加之敵は新に残虐なる爆弾を使用して頻りに無辜を殺傷し惨害の及ぶ所、
真に測るべからざるに至る。而も尚、交戦を継続せむか、終に我が民族の滅亡を招来するのみならず、
延て人類の文明をも破却すべし。斯の如くむば、朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや。
是れ、朕が帝国政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり。

朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し、遺憾の意を表せざるを得ず。帝国臣民にして
戦陣に死し、職域に殉し、非命に斃れたる者、及び其の遺族に想を致せば五内為に裂く。且、戦傷を負ひ、
災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては、朕の深く軫念する所なり。惟ふに今後、帝国の受くべき苦難は
固より尋常にあらず。爾臣民の衷情も、朕善く之を知る。然れども、朕は時運の趨く所、堪へ難きを堪へ、
忍ひ難きを忍ひ、以て万世の為に太平を開かむと欲す。

朕は茲に国体を護持し得て、忠良なる爾臣民の赤誠に信倚し、常に爾臣民と共に在り。若し夫れ、情の激する所、
濫に事端を滋くし、或は同胞排擠互に時局を乱り為に大道を誤り、信義を世界に失ふが如きは、朕最も之を戒む。
宜しく挙国一家子孫相伝へ、確く神州の不滅を信じ、任重くして道遠きを念ひ、総力を将来の建設に傾け、
道義を篤くし志操を鞏くし誓って国体の精華を発揚し、世界の進運に後れざらむことを期すべし。
爾臣民其れ克く朕が意を体せよ。

御名御璽 昭和二十年八月十四日

36 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 12:32:04 ID:3VWL3Tan
この国には言論の自由と言うものがある。従って基本的に誰が何を言おうが自由。
しかし、資格のない人間が発言すると著しい不評を買う。昭和天皇の本意も知らず
勝手な理屈を並べ「退位すべきであった」等と軽々しくほざく不貞の輩は許されない。
戦争責任の全く無かった陛下は、にも関わらずマッカーサーに初めて会った時
全ての責任は自分にあり、配下には何の罪もない、だから処刑するなら私をと言った。
この昭和天皇の発言を知らずに「退位すればよかった」等と言う発言は断じて許されない。

37 :前スレ756:2005/07/05(火) 12:45:15 ID:GgD02x/f
あぁ、やっとアク禁が解けて書き込めるようになったよ

で、>ID:3VWL3Tan
君は根本的に勘違いしているよ
君にとっては「自主独立する日本」も「保守すべき価値」とやらも
言うまでもなく明らかなんだろうけど、全ての人がそういう訳じゃないでしょ?
そういう観念論を議論するときは分かり易く用語の定義や議題の設定を丁寧にするのが基本なのに、
君はそういうことをしてないでしょ?
だからみんなから総ツッコミを受けてるだけじゃないの

ここ最近の鳥坂氏や今こそ歴史にIFを!氏も、君のそういう部分を窘めているように
僕には読めるんだけど、それは誤読なのかなー?
そういう読解力も「高いレベルの議論」とやらをするのには重要なんだけどねー

もっと言ってしまえば「君は自分がエライ」と勘違いしすぎてる
基本的にはどの様な思想・信念を持とうとも、どの様な言動をしようとも
「ある思想・立場であるが故に偉い」ということはないんだよ
それこそが「思想の自由」っていうもんだから
君は「真正保守」(カッコ付きである部分に注意!)であることのみを頼りにして偉ぶってるようだけど、
それは「真正保守」とやらに毛ほどの価値も認めない者からすれば滑稽でしかないよ


38 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 12:54:38 ID:GgD02x/f
で、老婆心ながら忠告しとけば、
ID:3VWL3Tan君は価値相対主義的な姿勢を身に付けとくべきだよ
そうでないと、世の中で生きていても辛いだけなんじゃないかな

ここで言う価値相対主義とは
「ああいう立場もある、こういう立場もある」というどっちつかずの姿勢じゃなくて、
「彼はああいう立場だ、でも自分はそれとは違う立場だ」という風に、
価値観の違いを認めた上で、それに上下を付けることなく自分なりの信念を持つ姿勢のことだよ

逆に言えばそういう「思想の押し売り」をする輩というのは総じて、
自分の考えが他人と共有できてなければ自分の信念すら信じられない
脆弱な借り物の思想しか持ってないと言うことなんだよ
君の思想の正しさは他人に強制しなければ担保できないようなものなのかな?
そうじゃないでしょ?
「自分が正しい」という信念は自分のみを担保とするものだろうに


39 :28:2005/07/05(火) 13:00:57 ID:mtBbvuOG
>>30
鳥坂氏のいう「ボタンの掛け違い」を故意に利用できた
それが昭和体制の最大の欠陥でしょうね(今もか?)

軍オタ的な話になりますが、ノモンハンでも責任を取らされたのはトップの人たちだけです
実際に作戦を立案した辻政信など参報たちは少し左遷されただけですぐに主流に返り咲いてます
彼らは反省などしていないと言うことが戦後の発言からわかっています

口では陛下万歳を唱えつつ権力だけを欲し、天皇をないがしろにしてきた集団こそ断罪されるべきなのでしょうが、東京裁判というセレモニーのせいでまたも彼らは逃げおおせてしまった
東京裁判の失敗はここにあると自分は考えます
とは言えども、悪く言えば戦勝国のマスターベーションである東京裁判にそこまでの荷を負わせるのは酷かもしれませんが

40 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 13:57:38 ID:kIIsAsd4
>>39
まぁ東京裁判が戦勝国側にとっての裁判であり、日本人自身による
日本人の敗戦責任を裁いたわけではないのが原因ではないかと。
「一億総懺悔」はしたけど「敗戦責任」の追及をないがしろにして
断罪されたA級戦犯たちをていのいい生贄しちゃったから、そこらへ
んがうやむやになったんだろうな・・・
かといって、当時の日本人自身に日本人の戦争責任を裁くだけの力
というか、言論の流れというのがあったのかどうか疑問だけれど・・・
まぁこうなると満州事変を起こした石原莞爾などはその真意はさて
おき死刑確定っぽいっすけど。

41 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 14:05:01 ID:atNSSO0H
>>36
>全ての責任は自分にあり、配下には何の罪もない、
>だから処刑するなら私をと言った。

すくなくともこの手の話に関わる人間で、この発言を知らない人間が
いると思うの? 君、やっぱり本当に子供なんだろう?

42 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 14:10:03 ID:kIIsAsd4
果たして日本人の敗戦責任を追及したならいったいどれほどの首が飛ぶのやら・・・
大西滝次郎や安達二十三など一部の将校らは自ら自決したが、ここら辺歴史にIFを!氏が言っていた
侍の自己責任的な「日本人の美徳」に通じる面もある。
でも逆に「死んだことにより何も語れなくなった」という歴史の面もあるから一概にいいとはいえない。
特攻隊云々では大西中将が自決したことにより、現場で大言を言っていた将校などがその後ものうのう
と生き延び、あまつさえ航空自衛隊の礎を築いた。ってなこともあったしねぇ・・・
美徳の裏には「日本人の悪癖」が常に付きまとっているような気がするのは自分だけだろうか・・・

43 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 14:43:01 ID:JErUI3Sq
長所と短所は表裏一体ですよ。
民族性にしたって長所だけ残して短所は無くそうと言っても無理な話です。

44 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 16:35:06 ID:2VRBsMU4
>>36
>全ての責任は自分にあり、配下には何の罪もない、
>だから処刑するなら私をと言った。
これ、マッカーサーの歓心を買うためのパフォーマンスだと思うよ。
アメリカが天皇制を利用しようとしていたのは読めてただろうからね。
なにせ天皇家は1000年間、実権者に擦り寄り、御輿となって庇護され、
旧権力者が力を失えば新しい権力者に乗り換えて生き延びてきたんだ。
言うならば1000年不敗のお家芸。この程度のパフォーマンスなど造作も
なくやってのけるだろうさ。

45 :神官:2005/07/05(火) 18:30:02 ID:PhTO7I1k
本日の郵政法案
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。
古賀などの欠席議員6人が反対票を投じていたら、完全に否決されたのにね。


古賀は根性なしだな。 しかもちょ んだし。こういうときぐらい役に立てよ




46 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 18:43:41 ID:3VWL3Tan
お前ら俺の姿勢なんてどうでもいいから議論をしろ。
俺の長年作り上げてきた姿勢がそう簡単に変わるか?
てか、まぁ、煽りはともかく天皇制ってのを論じるには
それなりの思考や勉強が必要だし、珍米ポチ及び保守的価値に
無関心な連中が退位どうこう言うのは我慢ならんのよ。

>>37-38
そんな自問自答はずううとやっている。マルクスからサイードまで
共産主義の事も随分勉強したよ。多分君らよりも遥かに左翼及びリベラルに
詳しいと思うよ。本も2000冊以上読んでいる。本棚部屋に4つあるよ。
ま、真性保守というか、ただポチとブサヨが嫌いなだけで、別に普通の保守でしょ俺は。
アメリカに寄り添うのは既に保守失格ね。ブサヨは結局共産主義者だから駄目。
ただ、確かにこっちの前提ってのは君らにはわからないわな。相対主義というのを
どう規定してるかわからんが、こちとら戦争反対環境を守れ人権を守れと言う
当たり前の価値はもっとるよ。上下と言う観点では悪いが独立>従属なんだな。
あるいは資本主義、民主主義>共産主義だな。これを否定する?しないでしょ。
こっちはこんな当たり前のことを主張してるのに「電波」とかレッテル貼るしか
出来ないんだからなぁ君らは(君はしてないかもだが。名無しだから誰が誰がわからん)

>>41
ほれほれ、陛下のその発言を知っていて「退位すべきだった」とか
主張できるかい?出来るなら不敬どころの騒ぎじゃないだろ?ん?
小学生が無理して書かなくていいからw

>>44
ブサヨは黙っとけ。というか回線切って首吊って(ry

47 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 19:15:40 ID:J9veFmha
>本も2000冊以上読んでいる。本棚部屋に4つあるよ。

試しにPCから一番近いところにある本棚の
一番上の一列の本を紹介してくれたまえ。

読書は数じゃなくて質だぜ。

48 :前スレ756:2005/07/05(火) 19:26:49 ID:GgD02x/f
>>46
あぁー、君ウソを言ったらだめだよ
君の言動からみて、到底「本を2000冊以上読んだ」とは思えないから
まぁ仮に真実2000冊以上読んだとするなら、ちょっと聞いてみていいいかな?

君は「保守すべき価値観」とか言ってたけど、僕にはそこが良く分からないんだよね
なぜなら前スレで他の人が武士道について論じていたように、
「日本らしい価値観」っていうのは多分に創造されたものなんだからだよ

共産主義者が日本の過去から安藤昌益を引っぱり出してくるように、
ナショナリスト達も建国期においては自分たちに都合のいい人物や考え方を
「これが我が国の伝統だ!」っていって過去史の中から「発見」してくるのはよく言われてることなんだけどね

なぜならナショナリズムって言うのは近代以降特有の共同体意識であって、
決して大昔から有史以来連綿と続いてきたものではないからね
だからナショナリスト達は「新しい」ナショナリズムを「古い伝統」で装飾するためにあちこちから
それまでは良く知られていなかったり、或いはそれまでのお話とは少し形を変えて、
「国民的な物語」を公的な教育とかで流布させるんだよ

こういう見解は何も僕のオリジナルの考え方じゃなくて、
ベネディクト・アンダーソンが「想像の共同体」を発表して以降は政治学のスタンダートな考え方なんだよね
で、君は当然「想像の共同体」くらいは読んでるはずだよね?ナショナリズムを語るのなら、まず最初に読むべき本なんだから
君はこういう「創られた伝統」という考え方に対してどう考えてるの?
それを明らかにしないと、「保守すべき価値観」とやらは一向に見えてこないと僕は思うんだけど?

49 :鳥坂:2005/07/05(火) 19:43:48 ID:NDEHLxcg
>>44
>歓心を買うためのパフォーマンスだと思うよ。
 自分は、天皇が意図的にやったとは思えないなぁ。
 まぁ「血」のなせる技、なのかもしんないけど。

 それよりも、幼少期から「皇族」と言う支配階級教育を受けてきた"精神の鍛造物"が言わせたのではないかと。
 大集団を束ねるリーダーとしての矜持(俗に言えば帝王学)を骨の髄まで叩き込まれた人物であり、その精神の間尺を世俗の人間が推し量るのは難しいよ。


 ちなみに、>>47氏が言うとおり、
>読書は数じゃなくて質だぜ。
なので、自慢にはナランが、漏れの蔵書量はコクヨのスチール本棚Lサイズで12本だ(8割が活字本)。

50 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 19:54:24 ID:UTEznavD
>>47
横レスになるが、ヲレの場合は
ディスプレイの上にシェイクスピア集。
ディスプレイの横にレイ・ディトン「電撃戦」 渡辺洋二「彗星夜襲隊」
大小田八尋「ミグ25事件の真相」 殊能将之「キマイラの城」を平済み。
パソコン本体の近くには
佐藤大輔「死戦の太平洋2」 A・ブライス「最後のドイツ空軍」
C・ドイル「緋色の研究」「シャーロック・ホームズの生還」
久保帯人「BLEACH」17巻 村枝賢一「RED]全巻
 
うぁ〜なんと節操のないw

51 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 19:59:13 ID:JErUI3Sq
付け加えるなら議論に上がる「日本人」ってのは地方人を含まないんじゃないかと思えてならないです。
共同体意識が低いとかモラルが低いとか言うのは声高き少数派なんじゃないかなと。
マスコミによって作られた一般的な日本人と言う幻想なんじゃないかなーと。

ちなみに地方と中央の認識の差と言うかそんなネタをいくつか。
うちの地元は宮城県仙台市なのですが、昔は修学旅行には京都が一般的でした。
そこで教師が旅館にいって打ち合わせをするわけです
で、毎年この田舎モノがとゆー態度で相手をされたそうですが
ある年を境に態度が激変して大変フレンドリーになりまして
ええ、あの大河ドラマ伊達政宗が放映されてからなんですな
しかも、宮城といっても反応せず仙台だと反応するんですよ
白河以北一山百文が冗談じゃないことを実感したそうです。

52 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:23:17 ID:kJoVyfQL
まぁここで塩野女史の著作から引用を
「ローマ人は、保守的であったというのが定説になっている。だが、真の保守
とは、改める必要のあることは改めるが、改める必要のないことは改めない、
という生き方ではないだろうか」
                   塩野七生「ローマ人の物語T」より

53 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:30:01 ID:3VWL3Tan
2000冊にこだわるとはなんじゃんらほい。嘘を言ってるとでも?

>>47
ok。俺のPCの横すぐには筑摩書房の現代文学大系が並んでいる。
三島、太宰、芥川、川端、有島、大岡、井上靖、谷崎、島崎、小林(秀雄)etcetc。

>>48
で、>多分に創造されたもの
これで構わない。極論なら宗教だってそうでしょ。問題は時代に振るいを
かけられて生き残った価値観からさらに取捨選択するということでっせ。
で、誰が「ナショナリズムを残すんだうぉぉお」とか言った?俺は偏狭な
ナショナリズムは嫌いだ。バークは失敗するだろうとか愛国心はならずものの最後の砦
だと言うのは一面当っている。俺はパトリオット(愛国者)でありたいしパトリオティズムを
大事にしたいと思うよ。ナショナリズムは得てして外敵を作って団結を図りたがるからね。
中共の反日政策がその見本ですな。えーと、君が納得するように言うと、

・戦前の日本の作り出した天皇教なるナショナリズムの光と影を考察し
 新たなパトリオティズムを見出す作業が必要だ。かつそれは日本人自身の
 考え方にフィットしたものであるべきだ。また、アメリカ的価値およびリベラル側の
 優れた主張も取り入れるのが理想。

これでいいかな?うーん、おれ自身が問いかけ形にしてるからわかると思うが
まだ具体的にはこうだ!とまでは言えない。だからさ、それをみんなで討論しよう
って言ったら「自主独立?そんなもの無理!防衛どうするんだ!ハァハァ」とか
粘着されて台無しになったんだよね。前スレ参照にしてね。


54 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:31:38 ID:3VWL3Tan
鳥坂クンは僕にレスつけなくなっちゃった(プゲラ
本を幾ら読んでても性根から負け犬だからなこやつは
なんでゴー板に来ているのかさっぱりわからん痛い香具師ですなw
しかし、僕のレスはきちんと読んでいるようで
>その精神の間尺を世俗の人間が推し量るのは難しいよ。
えらく腰が引けているようで。張り切って天皇退位論を唱えてたのにねぇ。
右翼に殺されるのがよほど怖いらしい。ポチってのは総じて臆病者と言うのが
こんなところでも証明されました(爆笑

>>51
そうなんだ。でもね、実際新聞毎日読んでたらモラルの低下を感じるよ。
でも、それは都会に特に顕著な例かもしれない。地域共同体と言う
一種の監視装置から外れ、浮遊する自分を抑え切れずに犯罪に走るなどと言う
ケースが多いのだと思う。もし、古き良き伝統が地方にはまだ生きているとすれば
それは大変嬉しいことです。よかったらどういう部分で
「地方ではまだまだ共同体意識が高い、モラルが高い」と感じるか書いてくれないかな?

>>52
賛同する。全く同意。


55 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:33:08 ID:atNSSO0H
>>53
>前スレ参照にしてね。

具体的なレス番は?


56 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:42:39 ID:J9veFmha
>筑摩書房の現代文学大系

へー、初版昭和41〜43年のものをよく持ってるねえ。

57 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:45:12 ID:Zs1oO5PQ
現実的な視点を持たない理想主義者も理想を持たない現実主義者もろくなモンじゃない罠・・・と。

58 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:49:27 ID:4SlNW8+X
2000冊読んでて、ポチだのサヨクだのレッテル攻撃って、
日本の未来は明るいなぁ。

あと、やたら鳥坂氏に粘着してるが、ほかのコテハン氏ですら
おまえに警告与えてるわけだが、それはスルーかな?

59 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:51:52 ID:dMTbQleu
>>8
沖縄の米軍が撤退すると極東のパワーバランスが一気に崩れそうな気が・・・
中共を牽制する為にも米軍は必要でしょ。
というかEUのドイツとかだって駐留米軍はいるわけだし。

>>15
小泉さんは充分向かい合ってるでしょ>北

>>26
昭和法皇ですか。

>>46
>上下という〜
日本は充分独立していると思うけどな〜
国防だって有る程度までは自力でやってるし。

>ほれほれ〜
先帝は自分で責任を取ると仰ってるのだから、一つの選択肢として退位は有だと思ふ。

>ブサヨは〜
価値観の相違は仕方ないと思うが、個人的には>>44は賞賛されるべき事だと思う。
それだけ天皇家が強かだということだし。

>>48
そういや、ジャンヌダルクはドゴールが発掘したんでしたっけ。

60 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:52:42 ID:4SlNW8+X
>>58に追加

>ナショナリズムは得てして外敵を作って団結を図りたがるからね。

それがアメリカなら何故かOKなんですな>小林センセイの今のやり口

すばらしいダブルスタンダードだw





61 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 20:56:05 ID:dMTbQleu
>>54
良き伝統を守る真の愛国者はまず礼儀正しくあるべきだと思います。
礼節の基本はまず相手の人格を尊重する事。

罵詈雑言は良くない。

62 :前スレ756:2005/07/05(火) 20:56:59 ID:GgD02x/f
>>53
ちょっと答えがズレてるんだよね
ナショナリズムとパトリオティズムの違いもよく分からないし

まぁそれは置いておくとしても、
>・戦前の日本の作り出した天皇教なるナショナリズムの光と影を考察し
> 新たなパトリオティズムを見出す作業が必要だ。かつそれは日本人自身の
> 考え方にフィットしたものであるべきだ。また、アメリカ的価値およびリベラル側の
> 優れた主張も取り入れるのが理想。
っていうのって、ナンにも言ってないのと同じじゃないのかな?
僕が>48で言ったのはその「日本人自身の考え方」自体がそんなに固定されたものじゃないってことだし
君が「自主独立」を「日本人自身の考え方にフィットしたもの」と思うのと同様に、
現実主義者は「親米で防衛費を抑えつつアングロサクソン的な国際的ルールに則る」のが
「日本人自身の考え方にフィット」していると考えてるかも知れないよ?
極論を言ってしまえば、「自主独立・反米」ってのは「君自身が創った伝統」だと僕には思えるんだけど?

しかもその「君が創った伝統」も君自身が言っているように
>おれ自身が問いかけ形にしてるからわかると思うが
>まだ具体的にはこうだ!とまでは言えない。
というようなあやふやなものだし
そんなあやふやで勝手な考え方に基づいて、ポチだのブサヨだのの言葉で他人を罵ってるわけだよね?
僕には到底これは「高いレベルでの議論」ができるような人の言動には見えないんだけど、如何かな?

63 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 21:16:29 ID:faBzpcOt
ところで、チャンネル桜をクビになったカナモリは、その後どうしてるの?

64 :24:2005/07/05(火) 21:36:36 ID:wjj6qWHw
>>54
>えらく腰が引けているようで。張り切って天皇退位論を唱えてたのにねぇ。

あの〜スレちゃんと読んでます?
天皇云々は、前スレで歴史にIFを!氏が「戦争責任としての天皇の自決」を書いていたので
その辺私が議論をしたくて、「自決はどうでしょうか?せいぜい退位ぐらいでしょう」と
を述べて、その流れで鳥坂氏がレスを付けてくれたんですけど・・・


65 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 21:43:08 ID:Ee0eJ0xV
(爆笑 とか (プゲラ とかすげえな。

>>50
同志よ、シベリアに帰ろう。

>>59
>日本は充分独立していると思うけどな〜
>国防だって有る程度までは自力でやってるし。
俺もその辺が良く分からんのだよね。「日本は独立してない!」って人はその辺を具体的に話して欲しいもんだが。
以前どっかのスレかサイトで「日本に米軍が駐留しているから日本は真の独立国とは言えない!」とか言ってる奴が居て爆笑したが。

>>63
過去のゴー宣の表紙のCGってカナモリが作ってたんだよね?
ならデザイナー系の仕事とか・・・無理かな・・・

66 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 21:45:41 ID:Ee0eJ0xV
>>64
>>30
>道義的責任となればもう、その時の立場でやれる限りの事に限定されるわけで、陛下は精一杯やったと思ってます。
>自分のカキコも天皇自身が退位を望むなら、と言う線で考えてます。
この辺が読めなかったんじゃないでしょうか。涙とかで。

67 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 21:49:15 ID:DT78TT9z
ROM者なんだが
>38
>逆に言えばそういう「思想の押し売り」をする輩というのは総じて、
自分の考えが他人と共有できてなければ自分の信念すら信じられない
脆弱な借り物の思想しか持ってないと言うことなんだよ
君の思想の正しさは他人に強制しなければ担保できないようなものなのかな?
そうじゃないでしょ?
「自分が正しい」という信念は自分のみを担保とするものだろうに


すまん俺はだめなやつだ
目からウロコだ

68 :24:2005/07/05(火) 21:56:02 ID:wjj6qWHw
>681 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/01(金) 23:54:08 ID:Xo5VUAD+
>追記

> 私は、昭和天皇裕仁の戦争責任を確信する者である。
>大日本帝国憲法は、天皇が有する天皇大権の中に統帥権限を組み入れた。
>権限が天皇にあるのならば、責任も天皇にある。そうでなければ権限を有する者の、底なし沼的なモラル・ハザードを不可避的に生む。
>しかし、大日本帝国憲法は、責任は国務各大臣が負うと記している。なんという欠陥憲法。
>昭和27年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効し日本国が独立を回復したその日、私は昭和天皇裕仁に、
>天皇家に伝わる三種の神器の内の、草薙剣(くさなぎのつるぎ)をその腹に突き立て、自決して欲しかった。
>しかし昭和天皇裕仁は生きながらえた。
>彼はまさしく、戦後日本国の象徴である。この日本国の、権限と責任、自己決定と自己責任、その曖昧さの象徴となった。

個人的には歴史にIFを!氏のここら辺の主張から「日本人の責任論」見たいなことを
語りあいたかったんですけど・・・諦めます。


69 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:14:39 ID:3VWL3Tan
>>55
全部読んで来い。レス番?さすがに面倒くさいから却下。

>>56
親父に貰ったからねぇ。旧仮名使いとかだぞwスゴイだろw

>>58
はぁ?千念氏とIF氏にはきちんとレスしてる。中村は小僧なので駄目w
で、ひたすらわかってない鳥坂クンにレスつけたら即敗走。煽るとしぶしぶレス書く。
ま、考えてなかった人間に考えろと言うのはいきなりはむずかしいわな。

>>59
いつか、てのは俺の中では中共崩壊後ね

じゃあ何故小泉は経済制裁しないの?

国防については前スレを読めばいい。いざ有事の際は自衛隊は在日米軍の指揮下に
入るのよ。こんなシステムになってるのは日米関係だけのはず。おかしいよね。

退位をどうしても口にしたければせめて責任をとる事の意味、つまり自国は自国で守るとか
当たり前の責任を各自が自覚してから昭和天皇について語って欲しい。

>>60
小林は反米をナショナリズムの高揚に使ってるか?あくまでアメリカの間違った行為を
非難し自主防衛の心構えを持つべきと言ってる気がするが。ま、そうと言えなくもないか。
でな、君またダブスタの意味間違ってるよ。アホウなんだろ?この場合どうダブスタか
説明出来るものならしてみろw

>>61
繰り返すがここでそんな事はさらさらする気はない。というかそういう風に振舞ってたけど
さすがにああも本質を外されるとな。お前らがそれなりのカキコする場合こっちも煽らない。
けど、>>60みたいなヴァカを見ると口も悪くなるってそりゃ。しかも必死だしこいつ。

70 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:15:37 ID:3VWL3Tan
>>62
ナショナリズム=ステート(政府)を愛する事。体制と言ってもいい
パトリオティズム=カントリー、ネイション(郷土、国)を愛する事

西部からの借り物だけどねこの言い方は。んで、

>そんなに固定されたものじゃないってことだし
>現実主義者は「親米で防衛費を抑えつつアングロサクソン的な国際的ルールに則る」

どんな基準をお持ちかな?神社とか行く?初詣から書初めから頂きますご馳走様から
連綿と伝わってきた伝統はあると思うよ。で、まず、独立についてだけど2000年の日本史の
中で大東亜戦争で負けるまでずーっと日本は独立してた。こんな事はいちいち書くことじゃない。
子分のままでいいてのが日本人にフィットする?笑わせないでね。朝鮮人の伝統それは。
(小中華思想、事大主義。前スレにもあったでしょ)

>「自主独立・反米」ってのは「君自身が創った伝統」

答えはNO。三島・石原・野村秋介及び保守本流は当たり前のように反米自主独立を
主張していた。 ま さ かこれらの憂国の士のことを 知 ら な い の?
これだから最近の新参は困るのおじさんのAA貼りたい気分w

>>64
君に言ってるんじゃない。以上。

>>65
いざ有事の際は自衛隊は在日米軍の指揮下に
入るのよ。こんなシステムになってるのは日米関係だけのはず。おかしいよね。
付け加えると情報収集能力ね。アメ頼りだろ。

71 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:18:43 ID:3VWL3Tan
>>68
君とIF氏はしたかったらすればいい
鳥坂みたいなエセ保守おじさんが張り切って
天皇退位やらなんやら口にする事は断じて許さん。
俺の怒りの元が知りたければ前スレ読んで。平気で
「生命と財産の安全を守るのが全て。独立?無理。」
みたいなことのたまう香具師なんだから。その口で天皇退位とか。
右翼だってこういうスレ見てるのにねぇ。気合入ってるわまじで。


72 :鳥坂:2005/07/05(火) 22:18:44 ID:NDEHLxcg
>こんなシステムになってるのは日米関係だけのはず。
 みんな、笑っていいかな?

73 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:20:27 ID:3VWL3Tan
>>72
おじさんいたのに何で俺のレスに返事つけないの?
笑わなくていいから敗走しないでレスつけろ
しっかし・・なんだ?突っ込みどころが見つかったらそこは食いついてくるんだ。
だっさださだなおい?そこか?そこだけか?他にはないのか?

74 :24:2005/07/05(火) 22:21:30 ID:wjj6qWHw
>>64
>君に言ってるんじゃない。以上。

鳥坂氏にそんなにかまって欲しかったんですか?
これはまた、失礼しました。


75 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:23:16 ID:3VWL3Tan
>>72
1、その他日米間と「同じ」システムになってる同盟関係
「ソース」つきで書いてくれ。
2、で、他国のことはどうでもいい。日米同盟がそういう関係に
あるのに「自主独立してる」と言い切れる理由を速やかによろしく

逃げないでね?( ´,_ゝ`)プッ

76 :24:2005/07/05(火) 22:23:46 ID:wjj6qWHw
>>73
あら、鳥坂氏が書き込んだら即レスですね。


77 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:29:19 ID:3VWL3Tan
>>74>>76及びその他

な、これでわかったろ?本質から全く外れたクソレスで粘着してくるのが
ここの住人。書いたばっかでこれだよ。お前もな、24.

>繰り返すがここでそんな事はさらさらする気はない。というかそういう風に振舞ってたけど
>さすがにああも本質を外されるとな。お前らがそれなりのカキコする場合こっちも煽らない。

揚げ足取りしか出来ない馬鹿ども、ほら、遊んでやるからもっと書き込めよ(プゲラッチョ



78 :24:2005/07/05(火) 22:32:24 ID:wjj6qWHw
>>71
別にIFを!氏だけじゃなくコテハン、名無し混じってマターリと話を広げたかっただけですけど。
十人十色、いろんな意見があるわけで、その意見に賛同したり、また異を唱えるなどして自分
の見識を少しでも深めたかっただけです。


>>75
ああ、そうそう時代は変わりますけどWW2戦、欧州戦線ではアメリカのアイゼンハワーが最高司令官として
君臨していましたね。貴方の論理で言うと祖国を奪還する自由フランス軍あるいは、祖国の脅威を取り除く
イギリス軍から最高司令官が輩出されなければなりますね。


79 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:36:14 ID:3VWL3Tan
>>78
フンフンフ〜ン♪祖国をナチスドイツに奪われたフランスと
ナチスの空からの猛爆撃に踏みとどまるのがやっとだったイギリスと
現在の日本が同列に語れる理由ヨロシクねん♪

80 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:40:59 ID:Qt7GAu1R
全部アメリカより弱く、敵は共通だから。

81 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:43:04 ID:Qt7GAu1R
そして指揮系統は一本に絞った方が何かと便利だから。

82 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:43:52 ID:Bss1RWwB
>揚げ足取りしか出来ない馬鹿ども、ほら、遊んでやるからもっと書き込めよ(プゲラッチョ

>フンフンフ〜ン♪祖国をナチスドイツに奪われたフランスと
>ナチスの空からの猛爆撃に踏みとどまるのがやっとだったイギリスと
>現在の日本が同列に語れる理由ヨロシクねん

揚げ足取ってるのはお前じゃないかw
よしオレ様が揚げ足とってやる。
>>55
にちゃんと答えてみろよ。
レスの一つ、二つあげればいいかあらよぉ。
答えられないのかいwwwwww



83 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:49:24 ID:3VWL3Tan
>>80-81
じゃあなんだ、弱い国は常に強い国の指揮下に入らなきゃいけないのか!
じゃあ全ての西側(民主主義)国家はアメリカ軍の指揮下に(ry
頑張ったけどそれじゃあ答えにはなってないね。

>>82
お前みたいな最下層のスードラポチが議論のレベルを大きく下げたんだな。
ちなみに、>>79は揚げ足取りなどではなくきちんと例を示して反論しています。
お前のしてるのが揚げ足取り。理解出来るかい低脳君?

84 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:52:56 ID:EBMvC0yM
ところで一人一察タン早く現れないかな〜。
せっかく同志が現れたんだから大いに語り合えってくれればいいのに。

85 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 22:58:57 ID:yPiaBHX7
>ちなみに、>>79は揚げ足取りなどではなくきちんと例を示して反論しています

え、反論だったの?
だったら唯一つ「自衛隊は実戦経験をしたことのないヘタレだから」ってことかな。
戦って負けたフランス、辛くも勝利を得たイギリスよりも思いっきりへタレじゃん自衛隊w

86 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:02:06 ID:4SlNW8+X
>>69
>小林は反米をナショナリズムの高揚に使ってるか?

YES。

>ダブスタの意味
偏狭な愛国心はいやだといいながら、小林の偏狭な愛国心は容認しているから。

>あくまでアメリカの間違った行為を 非難し自主防衛の心構えを持つべきと言ってる気がするが。
「その手があったかー」って、アメリカの間違った行為を正すことなのかw

>>85
>「自衛隊は実戦経験をしたことのないヘタレだから」
自衛官や英霊に謝りにいけ、マジで

87 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:03:23 ID:4CMYDYMD
見事に揚げ足取りな返答ばかりだなぁ>ID:3VWL3Tan

88 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:04:24 ID:dMTbQleu
>>69
>中共崩壊後〜
なら当分は現状維持でOK。

>経済制裁〜
イラク問題がまだ片付いていないからでは?
どのみち北対策にはアメリカの協力が不可欠なのだし。

>在日米軍の〜
有事の規模によるけど、北や中国相手の紛争なら米軍の強力は不可欠(そのための安保だし)
である以上米軍の指揮下に入るのは当然でしょ。米軍のほうが規模がでかくて強力なんだから。
核持った仮想敵国が控えている以上しょうがないでしょ。
あと、韓国とかも有事の際は米軍の指揮下に入るんじゃないの?

>退位を〜
理由はどうあれ結果的に先帝は自国の防衛に失敗したのだから責任とって退位せよ
という意見もアリなんじゃないでしょうか?
個人的には天皇は最高権威であって最高権力ではなかったのだから別に先帝が退位
なさる必要は無いと思う。が一つの騒乱に区切りをつける、という意味では退位も
選択肢の一つとは思う。

>>79
中国は日本を直接攻撃可能な核兵器を保有し、日本が保有していない時点でWWUの
イギリス以上に現代日本はアメリカに依存しまくりですがな。

それとイギリスはBOBの勝利以後は逆にドイツ本土に空爆しまくってますよ。

89 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:08:32 ID:4SlNW8+X
まあ、必死なのはID:3VWL3Tanだろ。
400戦無敗なのに、具体的なレス番ひとつ答えられんらしい。

90 :前スレ756:2005/07/05(火) 23:09:51 ID:GgD02x/f
>>70
>どんな基準をお持ちかな?神社とか行く?初詣から書初めから頂きますご馳走様から
>連綿と伝わってきた伝統はあると思うよ。で、まず、独立についてだけど2000年の日本史の
>中で大東亜戦争で負けるまでずーっと日本は独立してた。こんな事はいちいち書くことじゃない。

>>「自主独立・反米」ってのは「君自身が創った伝統」

>答えはNO。三島・石原・野村秋介及び保守本流は当たり前のように反米自主独立を
>主張していた。 ま さ かこれらの憂国の士のことを 知 ら な い の?

んー、君は僕が>48で言ってることを全く理解できてないね
上記の君が主張する「伝統」とやらは、君が過去から「発見」したものだろ?
ちょうど共産主義者が安藤昌益を過去から「発見」したように
そういうのでいいなら、君が挙げた例と同じくらいの数の親米な保守本流の人達を僕も「発見」できるんだけど
だいたい「伝統」「保守」って言ったって、反米な人がでてくるのはどう足掻いても黒船以降の、
君が言う「2000年以上の日本の歴史」の中では1/10以下なんだし

で、客観的に日本の歴史をみれば、そりゃ反米な人も親米な人もいるわな
だけどここで問題にしているのは「何故君は反米な人を「保守本流」と定義しているか?」ということなんだよ
もしここに他人を納得させるだけの理由があるなら、或いは「反米が保守本流」と言えるかも知れない
でもそういう根拠がないのなら、それは「君が創った伝統」じゃないの?ってさっきから聞いているんだけどね

91 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:19:32 ID:4SlNW8+X
あちらの前スレ756はまともだねぇ。
雲泥の差とはこのことだw

92 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:21:32 ID:3VWL3Tan
>>85
そうなったのは誰が押し付けた憲法かな〜?アフォ!!出直せ!!

>>86
俺は小林の「マナーとしての反米」が偏狭だとは思わん。よって却下。
後半はよく言ってくれた!君はいい奴だw

>>88
うん、だから俺も今すぐ米軍基地返還とは言わない。台湾あるからね。
イラクなんか関係ない。拉致被害者の事忘れるなよ?
な、北や中国以外と有事でも同じ事なんだが?それは無視か?
退位を言うならば・・・とは過去レスに書いた。読んでね。
だから、中国以外だって全ての国は仮想敵国だって。くどいな。
で、依存してるから属国だって言ってんのww何言ってるんだww

>>90
まずは現代の価値観を話していると言うことね<反米かどうか
アメリカを知らない時代に反米もクソも無いからねw
でさ、まさか君は「三島・石原・野村秋介」を保守と認めないの?
海洋派ってまさか、勝とか福沢とか新渡戸とか出す?彼らは
アメリカに国防を依存せよ!などと一言も言ってない。あくまで欧米と強調しようと
言ってただけだ。さ、「国防はアメリカに任せよう」と主張してる「保守」提示よろ。

93 :鳥坂:2005/07/05(火) 23:21:30 ID:NDEHLxcg
>>75
>その他日米間と「同じ」システムになってる同盟関係
 無いよ。
 軍事同盟を結んでいながら、「同じ戦場で同じ敵と戦うのに、指揮系統は別々」なんて事をしているのは日本だけだから。
 韓国もNATO諸国も、それぞれの条約によって指揮権はアメリカ人司令官が摂る事になっとるけど、日米安保にはそんな条文無い。

 つまりなんだな、貴方が望むように日本は「自主独立した軍事組織」として敵と戦い、米軍は自衛隊の横で同じ敵と戦うワケなのよ。

 日米両軍統合の参謀/幕僚本部も設けられず、情報もリアルタイム共有出来ず、激戦地の後方に米軍の砲兵がいてもアテに出来ない状態で、日本は戦争するわけだな。
 んで、コレは世界の非常識よ(と、アメリカの方が散々言ってる)。
 だから日米ガイドライン協議で何とかしようとしているけど、日米合同部隊の指揮権の所在を明文化した政府間協定や条約ってのはまだ「無い」。
 と言うか、戦時の日米共同部隊の編成及び戦闘行動を容認可能な条約・協定・法律すら無い。

 つまり君の言う「いざ有事の際は自衛隊は在日米軍の指揮下に入るのよ」ってのは、今の段階では断言出来ない。
 法的根拠が無いから。

 何故か?
 それは、憲法解釈上の大問題となっている「集団的自衛権」の壁にぶつかるから。
 だからあえて明文化せず、軍事常識「小軍は大軍に服す」を適用する為「戦争になったら米軍の指揮(あるいは指揮に限りなく近い要請)下で戦う事になるんじゃね?」と言う、日本人お得意の"ふいんき"で留めているのよ。
 でも、今の法整備状態では、自衛隊に"超法規的措置"を期待するという無茶苦茶な展望になるから、現実的じゃないわな。

 結論付ければ、現在の自衛隊ってのは条約・法律で「一本どっこの軍事組織」である事を求められてるから、戦時には(軍事常識で言う)他国軍との共同作戦も外国軍の指揮下に入る事も出来ない、完全な「自主独立」の軍事組織なのよ。

 この辺りは四等兵ドノの方が詳しいから降臨願いたいところだが、どうだろう?

94 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:24:34 ID:4SlNW8+X
>>91
みすった
「あちらの」は消しといて。
にしてもさ、これだけレスつけとる中で>>66はちゃっかりスルーしとるのは
どういうわけだw
「鳥坂は天皇退位を唱えた!!」といいたいだけとちゃうんかいと(ry



95 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:28:49 ID:3VWL3Tan
>>93
おじさん書けるレスだけは長文なんだから♪イヤン
で、それ以前のはもう完黙敗走ね。四等兵はコテでは降臨しないよ。
したら俺にサンドバックにされるから(プ
で、ソースは?おじさんの根拠不明の長文を信用しろと?
おじさん極端な事ばっか言うしすぐ逃げるから信用度ないのよ。
さっさとソースを出して書け。政府解釈とかでいいから。ちなみに俺は
日本の自衛隊が自主独立した軍隊だと主張する軍事学者及び政治家を
一人も知りません。石原慎太郎はいっつも自衛隊は米軍の友軍みたいなものと
言っております。つまり、慎太郎>>>>>>鳥坂おじさんです。当たり前。


96 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:31:26 ID:4SlNW8+X
>>92
それを今まで改正してこなかったのもこの国の国民。
最近やっと改憲ムードが高まってますがな。

>マナーとしての反米
ポチレッテルやいろんなサイトで指摘されているずさんなアメリカへの認識
や差別意識なんぞマナーでもなんでもないし。

>アメリカを知らない時代
これっていつ?

>でさ、まさか君は「三島・石原・野村秋介」を保守と認めないの?
すごい揚げ足取り。


97 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:34:00 ID:3VWL3Tan
>>96
相手して欲しい粘着ゴミポチ君?
して欲しければ「相手してください哀れなゴミポチの僕を〜」
と平伏してお願いしなさい。それで初めて考えてやるから。

98 :鳥坂:2005/07/05(火) 23:35:15 ID:NDEHLxcg
>ソースは?
 ネットでググれよ。
 条約・協定なんか簡単に出てくるだろ。
 こっちはお前さんの言う「いざ有事の際は自衛隊は在日米軍の指揮下に入るのよ」を証明する条約・協定・法律を知りたいよ。

99 :名無し民兵@中村:2005/07/05(火) 23:36:43 ID:11LPil3B
ちょいと酒が入ってるので粘着気味になるかも知れん(藁

>>69
小僧呼ばわりされちった(つД`)
まあ別に構わんけどw

そんなに信じるものの為に戦いたいのなら、
「キャプテンハーロック」でも見ればいいと思うよ。

ちなみに俺は本棚4つ。蔵書2000冊くらいかなぁ。
こんくらいでは自慢にならんのは軍板で身に染みてるがwww

100 :名無し民兵@中村:2005/07/05(火) 23:37:52 ID:11LPil3B
君も遊んでるわりには忙しいねぇ。
もっと遊ぶなら俺みたいに酒飲んでAV見てその合間に書くくらいにしようよw

101 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:40:08 ID:dMTbQleu
>>92
>イラクなんか〜
拉致被害者の方々には申し訳ないと思うが、北を始末するにはアメリカと歩調を
揃え、EU・国連・その他に充分な根回し、万全の状況を構築してからだと考る。
特に日本は憲法や国民感情の問題から国際紛争を強硬な手段で解決する事に不慣れ
なんだし。
急いてはコトを仕損じる。石橋を叩きながら真綿で首を絞めるようにじわりじわりと
北を絞めていくべき。

>中国以外だって〜
現実的に日本とコトを構える可能性が高いのは北と中共。その中で最大の脅威が中国
ということ。

>依存している〜
そうかなぁ?日本がそこまでアメリカに依存しているとは思えないのだが。
国家運営は自力でやってるし、極端な内政干渉も受けていないし、国防も
かなりの部分は独力でやれてるし(少なくとも通常戦力のみなら周辺諸国の
侵攻を独力で阻止するだけの力はあるでしょう)。

別に冷戦時代の東欧諸国みたいなことにはなってないし。

102 :さよならゴー板:2005/07/05(火) 23:41:39 ID:3VWL3Tan
>>98
おいおい、お前が笑っていいとか言ったんだろうが。
で、俺にソースを求められたら「自分でググレ」と来たか。
ごめんごめん、追い込みすぎたね。反論出来ないと自分でググレと言うのは
典型的な厨の特徴です。ついにそこまで落ちたかおじさん。呆れた。

鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww
鳥坂おじさん、ついに>>98で相手にソースを自分で調べろとか言って敗走www
しかも、それ以前の俺の書いたレスに一切返事無し。どこまで哀れなんだよwww

もういいや。遊び相手にもならんわ。二度と来ない。ここゴミ箱確定。
IF氏もいい加減見切りつけて政治板にいらっしゃい。あそこここの10倍はレベル高いから。

103 :さよならゴー板:2005/07/05(火) 23:44:09 ID:3VWL3Tan
その他心ある有志も政治板へおいで。クソコテどもはここでクソレス書いてろw

104 :名無し民兵@中村:2005/07/05(火) 23:45:02 ID:11LPil3B
ゴー宣板がレベル高いかどうかはさておき…
政治板がレベル高いとはワロスwwwwwwww

具体的なレベル高いスレをご紹介頂きたいものですな

105 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:45:02 ID:ktUEIarC
すごいぞ!
ID:4SlNW8+X氏に対して
>>92
>俺は小林の「マナーとしての反米」が偏狭だとは思わん。よって却下。
>後半はよく言ってくれた!君はいい奴だw

と言っておきながら。
>>97 では
>相手して欲しい粘着ゴミポチ君?
>して欲しければ「相手してください哀れなゴミポチの僕を〜」
>と平伏してお願いしなさい。それで初めて考えてやるから。


と、手のひらを返している。
この間の時間なんと12分弱wwwwwwwwwwww
凄い。凄いぞID:3VWL3Tan!



106 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:45:56 ID:4SlNW8+X
>>97
あれ?答えられないの?敗走ですか?
>マナーとしての反米
ポチレッテルやいろんなサイトで指摘されているずさんなアメリカへの認識
や差別意識なんぞマナーでもなんでもないし。

>アメリカを知らない時代
これっていつ?






107 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:47:28 ID:4SlNW8+X
>>102
自分もソース提示してないけどな。
お前が逆に出したら?できないと思うけど。

108 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:50:40 ID:4CMYDYMD
そういや誰かさんはチャンネル桜の掲示板がレベル高いとか言ってたな…。

109 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:52:08 ID:ktUEIarC
勝利宣言高らかに敗走だもんな〜。
いや政治板に勇躍「転進」かw

まぁもうこの板に電波タンは書き込まないわけでマターリしましょうや。

110 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:55:42 ID:ktUEIarC
自分ができないくせに、他人にしてみろ〜!
できないのか!ならお前は馬鹿だ!といってるようなもんですから。

もちろんこのレスは彼が「転進」下が故の「陰口」のたぐい。
ま、何書き込んでも彼は今頃政治板ですし〜、このスレに舞い戻ってきたら
それこの有言実行すらできないへたれ君に成り下がるわけで〜。

111 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:57:15 ID:4CMYDYMD
何かが気に入らなかったことはわかったけど、結局何が言いたいのかよくわからんかった…。

112 :さよならゴー板:2005/07/05(火) 23:58:09 ID:3VWL3Tan
>>中村

不良債権の撲滅はヤクザの殲滅から26
ttp://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1119042068/

ここが問答無用に2ちゃん最強の良スレ(政治に関して)
お前レベルじゃ内容ついて来れないかもだが。
後、チャンネル桜はレベル高いよ。お前らなんか書き込みもはばかられるんじゃない?


113 :名無しかましてよかですか?:2005/07/05(火) 23:59:58 ID:4SlNW8+X
一応調べたけど、
自衛隊法には
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO165.html#1000000000002000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
>第二章 指揮監督
>(内閣総理大臣の指揮監督権)
>第七条  内閣総理大臣は、内閣を代表して自衛隊の最高の指揮監督権を有する。
>(長官の指揮監督権)
>第八条  長官は、内閣総理大臣の指揮監督を受け、自衛隊の隊務を統括する。
>ただし、陸上幕僚長、海上幕僚長又は航空幕僚長の監督を受ける部隊及び機関
>(以下「部隊等」という。)に対する長官の指揮監督は、それぞれ当該幕僚長を
>通じて行うものとする。

武力攻撃事態等におけるアメリカ合衆国の軍隊の行動に伴い我が国が実施する措置に関する法律
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hogohousei/hourei/beigun.html
ひょっとしてこれが気にくわんのけ?



114 :名無し民兵@中村:2005/07/06(水) 00:00:59 ID:11LPil3B
>>112
ありがとう。煽り言葉に反応して書いてくれないかと戦々恐々としてましたよ。

じっくり読ませて頂きますね。
ま、俺のレベルじゃ書き込めないだろうってところは同意しておきますわw
俺のレベルの低いのは俺自身が分かってますから…('∀`)

115 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 00:01:41 ID:flzyIUDI
>>112
あれ、もうこないんじゃなかったの?まだいたの?

116 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 00:02:39 ID:FtB9DPLu
まぁいくら条文を引用しても「それは建前で実際には〜」という返答しか返ってこないと思われ。

117 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 00:06:34 ID:FtB9DPLu
見に行ったけど、ジャスコオカラスレとたいしてかわらんとしか思えんのだが…。

118 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 00:08:05 ID:SmXzh9+u
俺はニュー速+かと思った。

119 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 00:09:12 ID:MTyiO//X
>もういいや。遊び相手にもならんわ。二度と来ない。ここゴミ箱確定。
なんて書き込んだのに、ゴミ箱に戻ってくるとは、ゴキブリかお前w
どうした、書き込んだこともまともに実行できなのか?なるほど自称400戦無配wはやることが違うw

いやレスつけなくていいよ〜ゴキブリくんw
ちゃっちゃと政治板に逝ってくれたまえ。

120 :今こそ歴史にIFを!:2005/07/06(水) 00:21:29 ID:glQGAvWq
『反米』じゃなくって、『反・日本のアメリカナイズ』でしょ。本来、保守派が主張すべきは。
スジ論から言って。
それを、坊主にくけりゃ袈裟まで憎いというか、腑分けできずにクソ・ミソ一緒にと言うか、
日本の『アメリカ化現象』にくけりゃ『アメリカ』まで憎いっていう風になっている。
小林義範氏の主張はね。

121 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 00:45:39 ID:iD1n0yXm
このスレは勉強になるなぁ
軍ヨタさんの知識をわけてもらえて
それから詭弁法と厚顔無恥を極めることの強さがわかるんだから

122 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 01:03:15 ID:DFEa75Ku
ぶっちゃけ一つの価値観だけに凝り固まっているから厚顔無恥になるんですな
狂信的一神教徒、サヨ、北の将軍様配下などなどと同類ですから

123 :鳥坂:2005/07/06(水) 03:26:57 ID:g1EpfzV6
 日米間安全保障関連の条約・法律は>>113氏の上げた二法と、
○日米安全保障条約
ttp://www.jda.go.jp/j/library/treaty/anpo/anpo.htm
 あとは外務省HPの↓ここにまとまってる。
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/index.html
 上記ページ記載の主な法律・協定は、
○日米地位協定
○武力攻撃事態対処関連三法
○日本国の自衛隊とアメリカ合衆国軍隊との間における後方支援、物品又は役務の相互の提供に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定を改正する協定(2004年6月14日)
・・・で、有事の際に自衛隊・米軍の"それぞれ"が戦い易くしようとする条文はアレコレある。
 しかし、有事の際に自衛隊が米軍指揮下に入るって条文は、何処にも無い。

124 :鳥坂:2005/07/06(水) 03:27:43 ID:g1EpfzV6
 いわゆるガイドライン
○日米防衛協力のための指針
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/kyoryoku.html
の「2 日本に対する武力攻撃がなされた場合 (1)整合のとれた共同対処行動のための基本的な考え方」には、
>その際、米国は、日本に対して適切に協力する。
>これには、整合のとれた共同の作戦の実施及びそのための準備、事態の拡大を抑制するための措置、警戒監視並びに情報交換についての協力が含まれ得る。
・・・と、御説ごもっともな事が書かれており、そのすぐ後ろの条文で、
>自衛隊及び米軍が作戦を共同して実施する場合には、双方は、整合性を確保しつつ、適時かつ適切な形で、各々の防衛力を運用する。
>その際、双方は、各々の陸・海・空部隊の効果的な統合運用を行う。
・・・とあり、駄目押しとばかりに、
>米軍は、自衛隊の行う作戦を支援する。
>米軍は、また、自衛隊の能力を補完するための作戦を実施する。
・・・とあって、なんじゃい統合指揮下の日米共同作戦・可カヨ、と思ったら、「(3)作戦に係る諸活動及びそれに必要な事項 (イ)指揮及び調整 」で、
>自衛隊及び米軍は、緊密な協力の下、各々の指揮系統に従って行動する。
・・・とあって肩すかしを食らう、まことに面白い「日米連合軍共同作戦方針」である。
 コレによれば「日米共同調整所」なる部署で共同作戦を調節するらしく、何じゃらホイ? と調べてみれば、
ttp://www.jda.go.jp/j/sankou/touben/2003/15r9b.htm に
>日米共同調整所は、日本側が統合幕僚会議、陸上幕僚監部、海上幕僚監部及び航空幕僚監部の代表者、合衆国側が在日米軍司令部の代表者から成り、
・・・と、あるように、日米両軍の連絡将校の寄り合い所帯であって、軍事的に言う「統合作戦本部」ではない。

125 :鳥坂:2005/07/06(水) 03:29:25 ID:g1EpfzV6
 つまり、軍事同盟を結んだ合同軍または連合軍なら当然あり得る、
・日米合同軍/部隊の編成
・共同作戦時の統合指揮系統の確立
・戦場で臨時混成部隊編成を行う際の部隊指揮官の選定基準及びその可否
等をOKとするモノは何処にも無い。
 まぁ上記は概ね慣例やら戦場の常識ってモンがあるが、ソレを「やって良い」と裏付ける法的根拠は、今の日米間には無い。
 日本が「単独安全保障」に拘り続ける限り、この壁を突破する事は出来ない。

 件の彼は、いったい何処を探して「いざ有事の際は自衛隊は在日米軍の指揮下に入るのよ」を正当化する条約や法律を見つけたんだ?
 んじゃ、仕事終わったんで、寝ます。

126 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 03:49:51 ID:ftRGI+pF
>>125
だから、彼は「気持ちいいぃぃぃぃぃ!」とオナニーしたいだけなんだから、
「気持ちのいい言葉」しか頭の中にないのは当然です。

「どうして気持ちがいいのか」とかは考えないのです。観念の世界に生きる
若者なのですよ。

ちなみに彼の嘆きは、

『おれはこんなに気持ちいいのに、どうしてみんな気持ちよくないの?』

ということだったりするわけですが、まあ、公開オナニーが大好きな変態の
気持ちは、ちっと私には理解しにくいですな。

127 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/07/06(水) 09:11:59 ID:nXhivn/6
むしろオレは問題点として、
「彼らは何故直ぐに『陰謀論』に逃避するのか」の方が気になる。
>>112のスレなんて典型的でしょ。
まあ、大本はカレル・ヴァン・ウォルフレンとベンジャミン・フルフォード
なんだけどさ、彼らの指摘していることだって
「日本にはこういうよーけわからん組織があるからオレら(=アメリカ、欧米)みたいに
なれんのじゃ」ということに過ぎないことを一応指摘しておこう。

まず、国際関係を敵味方に分けて考えることからしてナンセンス(古い言い方だけど)
なんだよな。少なくともオレらがスーパーで買えるモノの「原産国名」についている
國に何かあったらこの国は程度の差はあれ打撃を受けるし、他の関係している国も
同様だ。そのくらい世界経済は一体化しつつある。そこから自分から外れると言うことは
経済的利害のない国にとって「ナニしてもされてもいいですよ」と言う免罪符を与えることになる
・・・。くらい考えられないのか。
米中関係だって、アメリカが余った穀物を輸出しないと食糧事情がかなり危うくなると言う
のに。

128 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/07/06(水) 09:27:45 ID:2Zyd5axi
まあ、一応昼間乱入してきたと言うことでしらん人は訝しく思う人もいるかも
しれんから一応自己紹介しておくと、この板で多分最も「リアルでコヴァ・紳士と
出会って、尚かつ交流も持っている人間」です。なので彼らの思考回路はオレ自身も
元コヴァだったと言うこともあり、手に取るように把握している自信があります。
・・・全然要らない能力だけどな。ちなみに一応大学生。

>>125
ここから先はオレの経験に基づく推測なので根拠はありませんが、結構一般人
レベルにおいても「自衛隊は米軍のコマ」という認識をしている人間は少なくない
です。また、自衛隊の海外派遣においても、何故か米軍の指揮下に置かれていると
信じ込んでいる人間もいないわけではない。その誤った思いこみをイデオロギーで
強化され(この場合反米)脳内で「そういう法律があるに違いない」レベルに
至ったと推測されます。

129 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 09:57:23 ID:AWyfjumX
>>102
>ここゴミ箱確定。
なにを今さら。ここはコヴァを隔離するための板であって、最初からゴミ箱だ。
コヴァが激減した現在では、ゴミがよそにあふれないよう分解したり解毒したりする
ゴミ処理ボランティアが大半だがね。

ボランティアの皆さん、このところ現れるゴミは核廃棄物級のものが多いようでご苦労様です。

130 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 10:43:08 ID:hjoY27WO
102のあの連発ってもろ駆除係だよな・・・
あの芸風まだ愛用していたんだ。


131 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 12:31:11 ID:ra9hSxDf
>>127 なんだ、北チョンに経済封鎖をして「ミサイルが飛んできたり、テロが多発した
らどうするんだ?」とか脅迫じみた与太をわめいた馬鹿議員。


ハン板の「チョンヒトモドキのボス・ノムヒョンをオチするスレ」で米軍が北チ
ョンを破壊すべく空襲したらソウルが火の海になるからノムヒョンの反対、北チ
ョン擁護姿勢は正しいとかいって、あっという間にハン板のピラニア軍団に完膚
なまでに惨殺されたホロン部と同じオツムの程度しかない無能なブサヨ馬鹿か。

132 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 12:45:50 ID:4Bu/kbVR
かつてのソ連では
「アメリカで凶作が起こると、スーパーに長蛇の列ができる」
とも言われてた。
冷戦華やかなりしころでさえそうなんだから、今では経済の相互依存が世界的にさらに深まってるよ。

133 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 13:18:33 ID:SmXzh9+u
>>131
日本の立場からはともかく、ノムの立場ならそれは正しいんじゃないの?
運良く火の海回避できたとしても難民がわんさと押し寄せてくるし。

134 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 13:34:20 ID:eOQ89bON
>>131はネット川俣軍司orファー様(神聖モテモテ王国)ですから
分かりやすく言えば、かわいそうな人

135 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 13:37:33 ID:SmXzh9+u
つかハン板もなー
たいがいアレだからなー
「差別主義者の巣窟」だった時にはそれなりに面白いスレもあった。
勿論糞スレも多かったが。
でも、嫌韓が2chのスタンダードになってからは、
「韓国を肴にした厨房の社交場」に

136 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 15:33:30 ID:M9xx3idn
> でも、嫌韓が2chのスタンダードになってからは、
> 「韓国を肴にした厨房の社交場」に

そのハン板に変わり、いまやマス板が紳士様の主たる活躍の場と相成ったわけだが…


137 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 19:00:57 ID:ra9hSxDf
>>133
韓国がアジアのバランサーを自称し、愛に溢れるほほ笑み大好きヨン様みたいな
人達の国というのが、大嘘つきでないなら、アメリカがテロ対策と大量破壊兵器
拡散を阻止すべく北鮮へ大空襲をまもなくはじめる前に自らの手で北侵し、北鮮
極悪支配を打破し解放しろ。整形は面だけにしろ。


ついでに、シナがなに喚こうが、東シナ海の日本側の採掘船による採掘作業へ艦
隊を派遣してきて妨害威嚇しようが、>>127の厨房コテや>>132みたいな調子で
在シナ日本企業・駐在員、それに日本本土の消費者らを人質にとったつもりで色
々と精神的かつ物理的脅迫や貿易制限をしようものなら日本人は官民一丸となっ
てナチス・シナ帝国に徹底排他、嫌悪し反撃する。ついでに東シナ海海底ガス田や油田の利権は一滴もやら
ないからな。

138 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 19:33:06 ID:CxQKEqRt
ジバクは東シナ海海底ガス田や油田の利権を持ってるのだろか

139 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 19:54:40 ID:eOQ89bON
ジバクに資産なんかありませんよ
むしろ禁治産者くさい

140 :名無しかましてよかですか?:2005/07/06(水) 22:50:08 ID:qGno70lR
小学館で出る「わしズム」にはぜひ郵政民営化に反対した政治家に登場してほしいね。
古賀は日和ったので評価を落としたね。
候補としては反米・反中の亀井静香や森岡正宏あたり。


141 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 01:11:28 ID:8gw096kD
>在シナ日本企業・駐在員、それに日本本土の消費者らを人質にとったつもりで色
>々と精神的かつ物理的脅迫や貿易制限をしようものなら日本人は官民一丸となっ
>てナチス・シナ帝国に徹底排他、嫌悪し反撃する。

傲慢かつ狡猾な中国がそんな御馬鹿なことしないでしょう。
カンコークあたりはやりそうだがw

142 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 01:19:04 ID:Q6qsRcaC
貿易制限なんてしようものなら、困るのは中国だと思うが。
輸出入の約55%が外資でしょ。 あの国は。 そんな事しよう
ものなら怖くて中国でビジネスしようなんて企業なくなるよ。
ただでさえ最近中国株はヤバいのに…。

143 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 01:31:48 ID:aFJvP6aD
1 :名無し民兵@ナカムラ [sage] :2005/07/04(月) 23:47:50 ID:FWHp+nbV
1 :文責・名無しさん :2005/05/18(水) 19:28:18 ID:VJzLMlzb
TOGUROをマキマキ恨米で、行き着く先は栄光の、勝者の余裕の廃刊か。
母なる中共、父なる将軍、靖国・小泉否定して、「終了漫画家」よしりんの
アリバイ作りも効果なし。ついに終了チャチャンチャン。
Google認定、古賀のポチ、どれがとどめとなったのか、あとは野となれ山となれ、昔の光いまいずこ。
西部と並んでさようなら。
マスコミ板のこのスレも、役割終えるこの季節、丁度時間となりました、ゴー板スレであいましょう。
それではみなさんさようなら〜〜( ´ー`)y―┛~~

この固定は馬鹿なのか?字が読めないのか?ゴー板に移動した2スレ目に
「ゴー板スレであいましょう。」て、どんなオツムの持ち主?
しかも終了ってのはマス板でのわしズムスレが終了なんだが?ま、恨小林の馬鹿ポチは
字も読めない文盲レベルと言う事だな。次スレ立てる香具師はテンプレ考えるように。

144 :名無し民兵@中村:2005/07/07(木) 01:42:33 ID:TWvWuvXy
>>143
あ、ごめん。なんも考えんとコピペしてもた。
字は読めるからご安心をww

145 :名無し民兵@中村:2005/07/07(木) 01:44:07 ID:TWvWuvXy
後、恨小林のポチかどうかはわからないなー
恨むも何も、最近とんと触れてないし。

146 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 02:18:40 ID:h66N+beb
>>143
また来たの?
というか、寂しいなら寂しいと正直に言えばいいのに。

安易に敵と味方に分けるから、必要以上に攻撃的な
態度を取らざるを得なくなる。

要するに、君はまだまだ子供だってコトだよ。

147 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 02:34:30 ID:uDkK226X
>恨小林
馬鹿に恨みなど沸きませぬ。あまりにも哀れなだけw
そういう意味では「哀小林」だね〜。



148 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 05:49:33 ID:wijSHWrJ
>>147
でも哀れといいながらちょっかいをかける所に>>147の業の深さを感じたり。
歪んだ愛情表現?


149 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 13:54:44 ID:LjtXiZhW
瀬長亀次郎さんの御霊に敬礼!(゚Д゚)ゝ

150 :平気で鬼畜の行為をやってのけたのです:2005/07/07(木) 17:45:14 ID:nC4fGd0F

日本皇軍兵士も子供の頃は他の国の子供たちと同様、天真爛漫であった。
しかしいったん小学校に入って『教育勅語』による教科書を習いはじめてから、
彼らの中に軍国主義思想がはびこるようになった。

支那派遣軍の情報係下士官のひとりは、次のように証言している。
「当時の私達には、根強い日本民族の優越感があり、他民族蔑視感がありました。
そして、殺人を英雄的行為とみなす残忍な武士道精神があり、又、
天皇崇拝の絶対主義によって強者、権力者には絶対服従であり、
弱者、非権力者を絶対服従させる非人道的な思想があったからこそ、
侵略戦争を正義と考え、平気で鬼畜の行為をやってのけたのです。」
洞富雄:決定版『南京大虐殺』(現代史出版会、1982)上P188
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm


151 :名無しかましてよかですか?:2005/07/07(木) 21:57:55 ID:xfm6FVj/
止まったな

152 :名無し民兵@中村:2005/07/08(金) 04:21:45 ID:GZqc+F7F
じゃーネタでも振りますかw

お聞きしたい。そもそも日本に近代はありや?

153 :名無しかましてよかですか?:2005/07/08(金) 08:16:29 ID:cx62NShd
じゃあまず「近代」が何であるかの定義をお聞きしたい。

154 :名無しかましてよかですか?:2005/07/08(金) 19:58:34 ID:5+64pCV3
tp://www6.ocn.ne.jp/~kindai/

155 :名無し民兵@中村:2005/07/09(土) 00:19:41 ID:4B1do30Q
>>153
辞書的な答か、それとも自分が考えるものかいずれかの判断がつきかねますね…w
それに俺自身もなんとも言えん気がス。

自分でネタ振っておいてなんですが、よく考えたらここ「わしズム」スレですし、
このネタはここまでってことで。

156 :153:2005/07/09(土) 05:04:02 ID:ToFcI9tk
>>155
あなたが考える近代でいいですよ。

157 :名無し民兵@中村:2005/07/09(土) 23:01:59 ID:kZ2yr/o0
>それに俺自身もなんとも言えん気がス。

>自分でネタ振っておいてなんですが、よく考えたらここ「わしズム」スレですし、
>このネタはここまでってことで。

>>156
これで一つご勘弁。


158 :名無しかましてよかですか?:2005/07/10(日) 11:10:58 ID:75s+BbIH
>>141ー142
シナ蛮人の反日騒乱に恐怖と嫌悪を抱いた日本のツアー客の半数がシナへの旅行
をキャンセルしたり、シナへの留学生が、大幅に減少していますが何か。

が、シナ政府は、懲りずに反日洗脳、抗日戦争キャンペーンを大々的に再開。
6月末の時点で、上海の日本総領事館は反日騒乱、襲撃事件から数か月も経つの
に修繕すらされず、ガラスは割れたまま、投げ付けられた汚物に塗れたまま放置
されている。

どこが、シナはチョソとは違い狡猾で傲慢だ。同類項だよ。彼等は、ヒトモドキ
でしかない。

159 :名無しかましてよかですか?:2005/07/10(日) 11:15:18 ID:75s+BbIH
>>158
あちこちが破損、汚物に塗れたまま放置されている在上海・日本総領事館は、


2週間前の読売新聞・朝刊の国際面に写真つきで掲載されていた。

160 :名無しかましてよかですか?:2005/07/10(日) 18:42:55 ID:dZ0bDyLs
>>158
君の言うとおりヒトモドキならそれほど脅威じゃないんだよな〜w
ただ単に国に対する不満を外に向けただけだろ、あれ。
同時期に農村部では、賃金の不払いに対するデモがあったしね。

161 :名無しかましてよかですか?:2005/07/10(日) 23:30:13 ID:iQaGewwu
赤旗に「沖縄論」の書評が載ったみたいだが、小林も小林だが、日共もなりふり構わないな。
両者ともクズ。

162 :名無しかましてよかですか?:2005/07/11(月) 00:37:35 ID:Be0DE04m
>>161
そんな君の沖縄論を教えてくれ

163 :名無しかましてよかですか?:2005/07/12(火) 21:37:21 ID:NkP70yY3
日共といえば、総連何周年祝いだかに出た幹部らを名指しで批判して除名されてた作家がいたね

そういう連中に絶賛されても、よしりんは面白くないと思う
昔ならガチで返しただろうけど、今は悪い意味で日和ってるからなあ

164 :名無しかましてよかですか?:2005/07/13(水) 17:28:38 ID:gAh64eC9
靖国神社に参拝してきた。
小林の献灯はひめゆりの女性か?
クビになったなっちゃんの献灯はA級戦犯とされて処刑された7人の似顔絵。
桂歌丸師匠の献灯もありました。
他に芸能人の献灯は森光子、浅香光代、窪塚洋介、つのだ☆ひろ、などなど。

165 :名無しかましてよかですか?:2005/07/14(木) 22:31:23 ID:vQpFdV/o
え? なっちゃんクビになったの?
SAPIOで逐一チェックではなく、単行本とかでまとめて読んでるんで
小林氏のリアルタイムな近況って知らないんだが。何かあったのか?

166 :名無しかましてよかですか?:2005/07/14(木) 22:36:35 ID:vQpFdV/o
みなちゃんとなっちゃんを取り違えてた罠_| ̄|○

167 :名無し民兵@中村:2005/07/18(月) 05:06:53 ID:UdV24WH6
保守っと

168 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 08:26:50 ID:sz7xO8gw
マスコミ板からここに移ったけど、保守しなきゃいけないほど書き込みが少ない過疎地帯なんですね

169 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/18(月) 18:11:59 ID:ElZFnP8S
そのようだなぁ。わしズムも出ないし、沖縄論は別スレでやってるし
珍米ポチもブサヨクもコヴァの書き込みに必死に粘着するしか能がないわけで。
ほれ、お題を出してやる。存分に論ぜよ。リトマス紙的に反応を見てみる。

海ゆかば フラッシュ 音が出る
ttp://y4444y.hp.infoseek.co.jp/flagk/umyk.html

「海ゆかば」の出典のひとつは、続日本紀である。
天平勝宝元年(西暦749年)の春、聖武天皇が奈良・東大寺に行幸あそばされた際に、
中務(なかつかさ)省の長官であつた石上朝臣乙麻呂(いそのかみ・あそん・おとまろ)が
儀式の席上で、天皇への忠誠の厚い大伴宿禰(すくね)・佐伯宿禰の両名を天皇が
おほめあそばされてゐるといふ趣旨で、両名の先祖を賞賛、両名を激励するときに伝へたことばとされる。
もうひとつの出典は万葉集である。万葉集4094番には、上の様子が長歌のかたちで収められてゐる。
大東亜戦争中によく歌はれ、戦後は神風特別攻撃隊のフィルムなどで背景に流れる曲は、
信時潔作曲のものであり、歌詞は万葉集の方を採用してゐる。
読み方は、現在の表記で記せば
 うみ ゆかば みづく かばね やま ゆかば くさむす かばね
 おおきみの べにこそ しなめ かえりみはせじ
となる。また意味は、
 海にゆくならば 水に漬かる屍ともならう 山にゆくならば 草の生える屍ともならう
 天皇のおそばにこの命を投げ出して 悔ひはないのだ けっして ふりかへることはないだらう
といふ内容である。

ほれ、ポチとブサヨが大嫌いな「大義>生命」ネタだぞ。思う存分反論してみ?


170 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 18:53:45 ID:DvITuyKm
http://6001.teacup.com/suxtupaizoruge/bbs

このガキに教えてあげて下さい。

171 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 19:06:32 ID:mhAh4rh3
何も論じてすらいないのに反論せよとはこれいかに(´ー`)y─┛~~

172 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 19:11:55 ID:pk9OBsBW
>>171
「このコピペに反論しろ!」は、厨房の得意技です。

173 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 19:18:40 ID:mhAh4rh3
>>169
まさか引用先も示さずネットからまんまパクってないだろうな。
と思ったら予想どおりかよっ( ^∀^)y─┛~~
 引用するなら引用先を書くのが礼儀っていうか法律的にもそう。
必要最低限の礼儀も守れない人間が電子の世界で啓蒙だの
ポチだのサヨクだの思想だの唾を飛ばして言える時代です母さん…(´Д`)y─┛~~

174 :鳥坂:2005/07/18(月) 19:40:23 ID:Zf1jPVAN
>>169
 「大義>生命」なんて、国家を問わず大抵の軍歌にある事じゃないの?
 主張も無しに、何に反論しろと言うのか?
 お題どころかネタにもなりゃせんぞ。

175 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 20:56:58 ID:+ylMKUkh
>>173
あ、還ってきたの?


176 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 21:12:30 ID:qird4U4i
>>169
何をどう反論していいのかわからんのだが。
「海ゆかば」の背景を、コピペして反論しろ?で、お前さんの主張はどうなんだ?

軍歌は個人的には「軍艦マーチ」が好きだけどな。外国のだと「1812年」w


177 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/18(月) 22:10:54 ID:ElZFnP8S
あれw連投したつもりが 申し訳ないw
このサイトからの引用。でもどこから引用してるかなんて関係ないわな
ttp://www.tetsusenkai.net/kokutai/umiyukaba.html

で、この「海ゆかば」は戦中に第二の国歌として使われていたもの
ま、大戦中の価値の結晶と言えるのだな。国のために、天皇の為に死んで
後悔はしない、と。

この価値観を否定するかどうか。否定するなら自衛隊の諸兄は誰の為に死ぬのか。
肯定するならば、大義>生命と言う公式を認める事になる。さ、どうぞ。

後、先に言っとくがエセピーと鳥坂には一切レスしない。時間の無駄だから。
両者の過去レスで判断すると、もう議論の余地も無いほどの生命至上主義者なので。
とっととアスベストでも吸い込んだ肺が癌になって犬死にすればいいと思います。
それ以外の論客とのんびり議論しますのでそのつもりで。


178 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 22:36:03 ID:mhAh4rh3
>>177
>でもどこから引用してるかなんて関係ないわな
こういう開き直り方が思想だの価値観だのいってる人がいるのがこのスレです。

>この価値観を否定するかどうか。
政治的な問題と個人的な価値観を一緒にしてる人がいるスレはここですか?( ^∀^)y─┛~~
価値観がどんな行動に発露するのかならともかく、誰がどんな価値観を持とうと、その人
の勝手でしょ。日本には内心良心の自由というのが憲法に明記されているのですよ旦那。
 引用先を示すっていう基本的な礼儀やマナーが守れない人が価値観を語るなんて滑稽
すぎてついていけませんです(´Д`)y─┛~~

179 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 22:37:16 ID:mhAh4rh3
>>177
>でもどこから引用してるかなんて関係ないわな
こういう開き直り方が思想だの価値観だのいってる人がいるのがこのスレです。

>この価値観を否定するかどうか。
政治的な問題と個人的な価値観を一緒にしてる人がいるスレはここですか?( ^∀^)y─┛~~
価値観がどんな行動に発露するのかならともかく、誰がどんな価値観を持とうと、その人
の勝手でしょ。日本には内心良心の自由というのが憲法に明記されているのですよ旦那。
 引用部分を解りやすくして引用先を示すっていう基本的な礼儀やマナーが守れない人が
価値観を語るなんて滑稽すぎてついていけませんです(´Д`)y─┛~~

180 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 22:39:35 ID:mhAh4rh3
>>177
>でもどこから引用してるかなんて関係ないわな
こういう開き直り方して思想だの価値観だのいってる人がいるのがこのスレです。

>この価値観を否定するかどうか。
政治的な問題と個人的な価値観を一緒にしてる人がいるスレはここですか?( ^∀^)y─┛~~
価値観がどんな行動に発露するのかならともかく、誰がどんな価値観を持とうと、その人
の勝手でしょ。日本には内心良心の自由というのが憲法に明記されているのですよ旦那。
 引用部分を解りやすくして引用先を示すっていう基本的な礼儀やマナーが守れない人が
価値観を語るなんて滑稽すぎてついていけませんです(´Д`)y─┛~~

181 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 22:41:19 ID:pk9OBsBW
「自分勝手な勝利基準の設定」
「唐突な勝利者宣言」

も、厨房の得意技ですね。
あら、もう三アンコ?

182 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 22:44:18 ID:vZqvPTqR

★現在、テレビ東京で『聖断!!昭和天皇秘話』を放送中!!


183 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 22:44:45 ID:vZqvPTqR

★現在、テレビ東京で『聖断!!昭和天皇秘話』を放送中!!


184 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 23:02:24 ID:pk9OBsBW
「自分勝手な勝利基準の設定」
「唐突な勝利者宣言」

も、厨房の得意技ですね。
あら、もう三アンコ?

185 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 23:02:42 ID:vZqvPTqR

★現在、テレビ東京で『聖断!!昭和天皇秘話』を放送中!!


186 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 23:03:14 ID:mhAh4rh3
重いから連投しまくりんぐです申し訳ない。(;´ー`)y─┛~~
VIPも糞重いのう。。。

187 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/18(月) 23:14:54 ID:ElZFnP8S
まともに反論or討論できる香具師は来ないのか?
>>169>>177をじっくり読んできちんと反論出来るレベルの香具師カモ〜ン

188 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 23:24:08 ID:YqWSPGu9
そういえば小林ファンが米軍基地に神風アタックしかけたという話を
聞きませんな。やっぱり命は大事なんじゃないですかね。

189 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/18(月) 23:44:44 ID:ElZFnP8S
>>188
なんのこっちゃ?神風アタック?( ゚д゚)ハァ?

さて、ポチorブサヨサイドで反論or討論出来る自信のある香具師は
何でもいいから書いといて。時間があるときボチボチ返レスするから 

190 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 23:49:52 ID:vXsp+aaN
自衛隊員の諸兄は死ぬために訓練してるの?

191 :名無しかましてよかですか?:2005/07/18(月) 23:59:16 ID:vXsp+aaN
生き抜いて、栄光を手にしてはいけないの?

192 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:00:14 ID:vXsp+aaN
大義のために生き抜いてはいけないの?

193 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:01:25 ID:mREZpQ/2
「七生報国」
七度死線を生き延びて国に報いてはいけないの?

194 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:18:39 ID:uzYmuWaM
大義を成して死ぬ。
それは日本人として、いや男としてとてつもない魅力を放っている。
だが、その死ぬための「大義」とは何にか?とも思う。
恩に報いるためには生き抜くことが最良のように思える。
子どものため、あるいは肉親の為、友のに死ぬのは大義とは呼べない。
「大義」とは何ぞや。
それを答えていただきたい。

195 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:24:18 ID:ljK54JPs
小林の声が読者に届かなくなっただけだろw
大義とか立派なこと言ってるけど所詮は内輪で盛り上がってただけ
過剰なまでに商業におもねるのも愚かだが
だからといって読者の存在無視して自己満足な雑誌作りしてるから
こういう目に遭うんだよw

196 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 00:33:57 ID:oXTqegzq
>>190
違いますが、死ぬ事もあります
>>191
構いません 誰も死ねとなど一言も言っていない
>>192
同じく構いません
>>193
ttp://www.tokyo-np.co.jp/kioku05/txt/kioku05.html

七生報国 鎌倉幕府倒幕の兵を挙げた楠木正成が、天皇を
守護するため足利尊氏率いる大軍と湊川(現在の神戸市)で戦い、
最期に「七たび人と生まれて、逆賊を滅ぼし、国に報いん」と語ったとされる。

楠木正成は皇国の最大の英雄と慕われ、「七生報国」は忠君愛国の精神として
明治維新、旧日本軍に受け継がれ、兵士は国のために命を捨てて戦った。

君は七生報国の意味を間違ってるからね。
輪廻転生に近い思想だな。「死んで7回生まれ変わる」ことですのであしからず

>>194
命を越えた価値とは何か?危急存亡の際に自らの命をも投げ出し
家族、友人、仲間の命を救うことだと思う。勿論自分も生き残るのに越した事は無いが、
例えばヤクザに絡まれたとして、戦う事を恐れて家族は襲われ犯されているのに
「争わない事が大事だ。自分の命が大事だ。こういうことは警察に任せておけばいい」
これではいけないのではないか?と言う事。言葉を変えてみようか。
ポチの言い分
「自分の命が大事だ。こういうことはアメリカに任せておけばいい」
ブサヨの言い分
「争わない事が大事だ。非暴力不服従が大事だ」
こんなこと言ってる間に家族は殺される、と言う事です。

197 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 00:37:43 ID:oXTqegzq
>>196続き
よって「大義」等と言うと大上段だが、俺の考えとしてはシンプルな
もんだよ。家族でも友人でも彼らが住む故郷でもいい。それらを守るのが
俺は「戦う為の」「大義」だと思っている。願わくばそこに「よりよき故郷のため」
「よりよき国家のため」「よりよき世界のため」と言う理由がつけばより可だと思う

198 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:41:51 ID:mCxcEyDa
>>177
>この価値観を否定するかどうか。
個人の価値観であるならば、それに基づく行動が他者の権利を侵害しない限り尊重する。
もちろん価値観の強要は否定する。

>自衛隊の諸兄は誰の為に死ぬのか。
自衛隊員は志願者である。自らの価値観、信念などに基づいて生命の危険のある職業を選択
したのであり、彼らが死ぬと言う事は、自分の価値観、信念に殉じたという事である。
彼らは自らの価値観と信念の為、つまりは自分自身の為に死ぬ。

199 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:49:33 ID:ItruzR4L
で、いつから駆除係の自己満足の場所になったの?

200 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:49:40 ID:HyPvgN31
>>197
ならば大義=生命という理屈にならないか?
よりよき国家になるかどうかは自分の目で確かめる必要があるだろ。
自分の故郷が守れたと、生き抜いてその達成感に浸ってもいいだろ。
何で大義>生命になるんだ?
それこそ、かつて特攻隊を送り出しながらも自ら特攻をせず、あまつさえ戦後を
のうのうと生き延びた旧陸海軍の指揮官と同じ論理だぞ。

201 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 00:58:04 ID:HyPvgN31
そもそも軍人には「生還する」という義務があると思うのは俺だけか?
戦場を生き抜いた兵士はそれだけで価値があるといってもいい。
生き抜くことで、敵情や戦訓、味方の長所、短所がわかるというものだ。

また徳川家康、前田利家、藤堂高虎などの武将が評価されるのは生き抜いたからこそではないか?
楠木正成、真田幸村、石田三成などの「忠臣」の武将となんら遜色なく評価されているように思える
のは俺の勘違いなのか?

202 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 01:02:48 ID:oXTqegzq
>>198
ならば、貴方は国の為に死ねますか?
また、そう主張する人に対し反論しませんね?

自衛隊は国を守る為に死にます。誰がどう考えてもそうです。
よって、
>彼らは自らの価値観と信念の為、つまりは自分自身の為に死ぬ。
これは大間違いですのでよろしく

>>200
ん?待て待て。ポチ&サヨクは自分の生命が大事だって
言ってるんじゃないのか?そこでの等式はだな、
大義=誰かの生命 なんだが

よって、大義(誰かの生命)>自分の生命
これが俺の言いたいことだ。ただし、これは繰り返すが
危急存亡の時だぞ。普段は誰だって大義(誰かの生命)<自分の生命だわな

で、
>それこそ、かつて特攻隊を送り出しながらも自ら特攻をせず、あまつさえ戦後を
>のうのうと生き延びた旧陸海軍の指揮官と同じ論理だぞ。

こやつは、責任もとらず特攻隊員を散華させ、
大義(誰かの生命)<自分の生命 を行った問答無用の卑怯者ね

>>201てか、お前名無しの鳥坂じゃねーかwwwwwウハwwwww
以降放置で行きますのでよろしく。

203 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 01:19:58 ID:HHkDdxPF
>202
文が長すぎるんだよテメェ。
人大杉でアガってきたところしかみれね〜んだよ!

204 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 01:41:43 ID:ItruzR4L
>>202
自分のとって都合の悪いレスは鳥坂か。

相変わらず芸風変わってないねぇ。

205 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 01:48:03 ID:HHkDdxPF
というか、やたら鳥坂ウゼーっていっていたのは自称400勝無敗の名無しだったな。
一人一察なるコテハンは鳥坂批判はしていたけど、あのときの名無しほどではなかったのにな。
同一人物と自分でばらしているようなもんだなぁ。
ま、みんな気づいていたけど(藁

206 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 02:15:02 ID:tsEXbmfG
400戦練磨の鋼鉄の霊障 一人一察チャングンニム マンセー!
とでもいえば満足してくれるのかね

207 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 03:06:14 ID:/f0T/grZ
一人一察タンは敗走しますたか?
それとも華麗なる転進ですか?

208 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 03:16:35 ID:iJU9hSsr
嫌韓漫画は小林よしのりに描いて貰いたかった。
でも現実は・・・
さようならよしりん、アンタはもう終わりです。

209 :名無し民兵@中村:2005/07/19(火) 04:10:44 ID:3jZ7RFNc
2ちゃんで400戦もしてるっつうのもアレですねぇ…w

210 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 07:45:44 ID:wx0gkCue
これスーフリ。
http://www.qooner.net

211 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 08:25:28 ID:oXTqegzq
おはよん。ああ、やっぱり誰一人としてまともに反論出来てないな。
>文が長すぎるんだよテメェ。
>相変わらず芸風変わってないねぇ。
>同一人物と自分でばらしているようなもんだなぁ。
>ま、みんな気づいていたけど(藁
>400戦練磨の鋼鉄の霊障 一人一察チャングンニム マンセー!
>一人一察タンは敗走しますたか?
>それとも華麗なる転進ですか?
> 2ちゃんで400戦もしてるっつうのもアレですねぇ…w

意味不明な根拠無き誹謗中傷、本質に触れぬレッテル貼り、
そういうことをしてる時点で「反論出来ません」と言ってることになるんだよ。
ま、お題を出せば40レスぐらいはつくと言うことと、ポチとブサヨが相変わらず
コヴァを目の仇にしているが、小林(コヴァ)の主張に対し全く論理的に反論する事は
出来ないという事がわかった。

一応もう一個独自の観点を出しておく。この国の政治は停滞どころの騒ぎではないが、
民主主義の限界に来ているとするならば、やはり、昭和初期のように政治家共に
びりびりとした緊張感を与える為に、2,26、5,15、あるいは血盟団のような
一人一殺(コテはこれをもじっている)テロが必要なのではないか?井上日招は
「一殺多生菩薩業、多殺一生、残生を恥ず」と、法華宗の教義を元に説いた。
本来ならば政治家を襲うテロは民主主義を貶める許しがたい行為ではあるが、
こうも政治家が国民の事をないがしろにし下らぬ利権闘争に明け暮れるならば
天誅を加える必要もあるであろう。衆愚政治は既に限界に来ている。
「よくわからないがとりあえず自民党に」等と言うレベルの人間がウジャウジャいる限り
この国の政治は永遠に良くならない。テロが駄目というならば別の対案はあるのか、提示よろ。

212 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 13:02:38 ID:gO+Y4Yiv
沖縄論といや〜小林のやつマンガの中で自分が特攻隊員の格好してる絵をかいて
「ワシだったら天皇陛下万歳といいながら特攻する〜〜。」とか書いていなかったか?
正直、特攻隊員たちを冒涜しているようにしか思えなかったんだがな。


213 :前スレ756:2005/07/19(火) 13:05:02 ID:S2qBQyJM
>>211
君、それ「近代の超克」論そのまんまじゃない
本を2000冊も読んでるのに、「近代の超克」論そのままの引き写しなんて
よほど手持ちの駒が少ないんだね
それともまさか「近代の超克」論すら知らないで「独自の観点」とか言ってるのかな?
まぁどちらにしても「近代の超克」論は、結局近代を越えられなかったんだけど

現在の政治状況が昭和初期と似てると思うのなら(漏れは全然そうは思えないけど)、
「近代の超克」論が更に状況を悪化させたのは知ってると思うんだけどねー
まぁ結局の所、「近代の超克」論は当時の日独伊とかではやってたんだけど、
それはいわゆる「持たざる国」がアメリカとかに対して持っていた嫉妬感情の正当化って面があったからね
(しかしこの「持たざる国」ってのも非道い言い草だよね。それじゃ植民地にされた国はどうなるんだよ、ってかんじで)

私見を述べれば、近代化に伴う悪い側面ってのは
そういう「他者を攻撃する態度」では克服できないんじゃないかね
「近代の超克」しかりイスラム原理主義しかり
そういうのは自分自身が苦しみながら折り合いを付けるもんであって
「他者を攻撃する態度」ってのはそういう苦しみから逃れるための言い訳なんだろうと思うよ

214 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 13:07:16 ID:gO+Y4Yiv
そいういや、誹謗中傷レッテル張りとか言いながら
>とっととアスベストでも吸い込んだ肺が癌になって犬死にすればいいと思います。
などと書き込んでたら、ぜんぜん説得力ないんだがな。
そのくらいも解らないのでしょうかね?
ああ、例の400戦無敗の名無しさんはまだ来ないのかな。
リアルタイムで一人一察タンと論議してほしいのだけどね。
ま、まず無理だろうけどな。


215 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 13:52:12 ID:oXTqegzq
>>213 これね、近代の超克ね。

周知のように、「固有の意味での『近代の超克』は、雑誌『文学界』が一九四二年
(昭和十七年)九、十月号にのせたシンポジウムを指す」。しかし同時に、
「『近代の超克』というのは、戦争中の日本の知識人をとらえた流行語の一つであった。
あるいはマジナイ語の一つであった。『近代の超克』は『大東亜戦争』と結びついて
シンボルの役目を果たした」(竹内好稿「近代の超克」、前掲書 p. 53, 54)。ここでは、
「近代の超克」という語は、この「シンボル」の意味として用いたい。『文学界』の
シンポジウムでは、京都学派の哲学者たちは必ずしも主導的な役割をもったわけでは
なかった。しかし、当時の「戦争協力の哲学」として最も整備された形をもっていたのは、
明らかに彼らの哲学だったと言えるだろう。――京都学派の「戦争協力哲学」に関しては、
昭和十七年から十八年にかけて『中央公論』に掲載された三回の座談会(後に
『世界史的立場と日本』という題で一冊にまとめて出版された)も重要である。


216 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 13:52:39 ID:oXTqegzq
続き

国家主義の極限形であるファシズムは失敗した。その対極を担ったコミュニズムも失敗した。
手持ちの駒が少ないと言えばそうかもしれないよ。宮台論を借りるとだな、戦前日本に
於いては空虚な密教である天皇教をそれと知りつつ利用した明治の元老(維新の成功者)
と、そうとは知らず濃密な顕教として天皇教(ナショナリズム、ファシズム)を受け入れた
大衆と言う二項対立があって、しかしこの体制は二度と使えない。かといってコミュニズムも
無理。ならば・・・社民主義ぐらいしか選択肢が無い。戦後のアメリカ型民主主義は自由と
市場経済を重んじすぎる。かつ道徳と倫理の芯が無い。俺は国を貫く垂直の倫理として
伝統を否定しないし、かつ失敗の教訓としてファシズムとコミュニズムも受け入れる気はない。
だから社民主義を経済体制としては推す。道徳と倫理の芯としては保守で行く。
田中康夫の思想面は気に入らないが、ヘーゲルいわくの弁証法は駆使すべきだね。
イデオロギーに捉われず、第三、第四の選択肢を思想に於いても経済に於いても
探さなければいけない。その為の対話であり、議論で無ければいけないのだが、
凝り固まった珍米ポチやブサヨではそれが出来ないのだよ。だから攻撃と言うか、
もう無視している。とは言え、君にもさほど期待していない。オウムの一つ覚えみたいに
「近代の超克」と、繰り返すだけの気がするから。ま、返レスで判断する。


217 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 14:00:50 ID:oXTqegzq
すぐにアフォどもに論点をずらされるから定期的に書いておく
>>169>>177で言いたいこと
自分の命(自己 私)<誰かの命(大義 公)は極限(戦争)に於いて是か非か

>>211
国家を憂い政治家を襲うテロは是か非か
そうでないなら衆愚政治を乗り越える方法は何か
この意味で言うと>>213の指摘は全く当らないんだがなw
何となく返レスつけてしまったorz


218 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 14:05:13 ID:juy8EnsU
で、なんでこんなところにいるの?

政治板で「レベルの高い議論」とやらをやってるんじゃ
なかったの? それとも、政治板でもまたいじめられたの?

219 :前スレ756:2005/07/19(火) 14:21:40 ID:S2qBQyJM
>>215-216
うーん、返答内容がずれてるんだよね
僕が聞いたのは
「君の>>211はいわゆる「近代の超克」論そのまんまでしょ?
でもそれは昭和初期に日本が道を誤った原因の一つでしょ?だから欠点も明らかだよね?
で、本を2000冊も読んでる君は当然「近代の超克」論を知っているはずだし
その欠点や末路も知っているはずだよね?
それなのに同じ様なことを言っててどうするの?
以前の「近代の超克」論の欠点をどう乗り越えるの?」
ってことナンだがなー

で、自分にも近代を乗り越えるための回答がなくて、そのための議論がしたいってのなら、
僕はそれはそれでいいと思うよ
でもそのためにはまず謙虚な態度を身に付けた上で、
ちゃんとした議題設定をしなければ話は始まらないよね?
そういうのが「高いレベルでの議論」をするためには必要なことだと僕は思うんだけどなー?


220 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 14:28:17 ID:oXTqegzq
>>219
で、何だって俺が質問の為にカキコしてるのに
逆質問で返されてる訳ですか?とっとと
>>217の議題に答えてください。
お前は俺の提案を無視して勝手に議論の流れを変えてるわけですから。

221 :前スレ756:2005/07/19(火) 14:32:37 ID:S2qBQyJM
>>217
>国家を憂い政治家を襲うテロは是か非か
>そうでないなら衆愚政治を乗り越える方法は何か

君それ、「近代の超克」論そのまま(w

そもそも今の政治ってそんなに衆愚政治なのかね?
「レベルの高い議論」をしたいのなら、
まずそこの証明から始めなきゃいけないと僕は思うんだが?

一つ聞いておくけど、君アクメツを真に受けて読んでるんじゃない?
あれはギャグ漫画だから余り本気にしたらだめだよ

真面目に言っておくと、もし今の政治が真実衆愚政治だからといって
アクメツ的な方法論じゃ到底乗り越えられないからね
だって衆愚政治ってのは「みんなで乗り越える」もんであって
「革命的前衛(w」って輩だけで乗り越えるもんじゃないからね

222 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 14:34:24 ID:56W0OTlt
お〜い!
自称400戦無敗の名無しタン〜。まだ来ないのかい〜。
一人一察タンの実りのある議論をしてくれよ〜w


223 :前スレ756:2005/07/19(火) 14:41:06 ID:S2qBQyJM
>>220
> >>219
> で、何だって俺が質問の為にカキコしてるのに
> 逆質問で返されてる訳ですか?とっとと
> >>217の議題に答えてください。
> お前は俺の提案を無視して勝手に議論の流れを変えてるわけですから。

だって君、質問の前提条件を満たしてないじゃない
「どうすれば衆愚政治を乗り越えることができるのか?」
っていう質問に答えようとすれば、
「まず衆愚政治の概念を規定してください
それからその概念規定に則って、現在の政治が衆愚政治であることを証明してください」
って答えるしかないじゃない?

そこを
「現在の政治が衆愚政治であることは自明です!!!11!!!
そんなことも分からないなんて貴方には議論する価値もありませんね!!!11!!!」
ってやってるようじゃ、「高いレベルの議論」はできないでしょ?
少なくともこれまで僕が経験してきた「高いレベルの議論」では
その辺りの下準備は全員がキチンとできていたけどなー

224 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 14:41:22 ID:oXTqegzq
>>221

  だ  か  ら

「国家を憂い政治家を襲うテロは是か非か 」

これに回答 是である 非である のみで答えてね

次。お前さんは新聞読んでないのかい?カルト宗教創価公明の選挙応援
が無ければ当選すら覚束ない自民党。改革も中途半端。売国郵政民営化。
今の政治が上手く行っていると思っているなら議論にならんよ君。

アクメツって何?初耳ですが。昨日読んでたのは「悪魔払いの戦後史」です。
で、
>だって衆愚政治ってのは「みんなで乗り越える」もの
一人一殺テロを否定するならこの方法を提示してね。俺には正直見当もつかないから。


225 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 14:57:21 ID:9xAYKpyD
>「国家を憂い政治家を襲うテロは是か非か 」

>これに回答 是である 非である のみで答えてね

すげ〜極論w
国家体制云々を完全無視して政治家を襲うテロは是か非かだって〜。
もし是ならば五・一五、二・二六事件を起こした若手将校たちの言い分を認めることになるな〜。


しかも売国郵政民営化だって〜w
郵政民営化したら、郵便事業が外国資本にのっとられると思ってるのかw





226 :前スレ756:2005/07/19(火) 15:00:18 ID:S2qBQyJM
>>224
>>だって衆愚政治ってのは「みんなで乗り越える」もの
>一人一殺テロを否定するならこの方法を提示してね。俺には正直見当もつかないから。

うん、僕も正直見当がつかないよ
だって「何で君が今の世の中を衆愚政治と思ってる」のか判らないから
だから当然「衆愚政治を乗り越える方法」も見当がつかないなー

創価だとか特定利益団体だとか、そんなもんは自由選挙を採用してる国じゃ
当たり前の話なんだな
あの手の団体は自由選挙をすれば時代・国を問わずにどこにでも存在し得るし、
それが邪魔だからと言って弾圧するような国じゃ、多分君のような考えの人も弾圧されるだろうね
その程度のこともわかんないかな
自由民主主義を真実支持してる人なら、その程度の欠点は既に覚悟済みのことだが

君が言ってることは要するに、
「今の世の中は自分の思う通りに動いていないから腹が立つ!!!」
っていう、極めて幼稚じみた感情論にすぎなんだけど
世の中が自分の思う通りに動かないのは当たり前のことだよ
そんな程度の覚悟もない奴には政治は動かせないなー

227 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 15:01:28 ID:oXTqegzq
ウジ虫みたいなゴミポチ&ブサヨはゴミレスを何故書き込むのか?
で、前スレ756とやらも華麗に敗走かよw だせーなー

228 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 15:08:24 ID:oXTqegzq
>>226
と、思ったらようやく来た・・・と思ったら
>「国家を憂い政治家を襲うテロは是か非か 」
は無視ですかそうですか。最悪だなこいつ。
レス読む限り自民工作員かよこいつw

>創価だとか特定利益団体だとか、そんなもんは自由選挙を採用してる国じゃ
>当たり前の話なんだな

先進国に特定宗教が党を構えているところがあるなら教えてくれ
ちなみに創価はフランスでカルト教団認定されてます。異常な団体です。
こんなもんと連立を組んでいる自民党支持者が多く、与党であるというだけで
「衆愚政治」は証明されていますが?まさかこんなことも知らないの?どこまで
レベル低いの?相手にならんよ君。知識無いにも程がありますが?

最後の段落に至っては┐(´д`)┌ ヤレヤレまた意味不明のレッテル貼りだよとしか
言いようが無い。こっちはお前さんを含む日本国民を憂いて考えてるのにね。
私心なんかないよ。後、思うようになっていないからこそ考えるし議論がしたいわけだが、
何かおかしいでしょうかね?

229 :前スレ756:2005/07/19(火) 15:08:42 ID:S2qBQyJM
それとこれは断言しておくけど、
君、実際に創価学会の人とかから不利益を受けたことないでしょ?
2chでみんな攻撃してるから君も敵視してるだけじゃないの?

そういう地に足のつかない床屋政談はチラシの裏にしまっておくべきじゃないかね
そういうのは現実の政治の前じゃ塵芥に等しい重みしかないから

創価の人だって、公明党に投票すれば何らかの利益を得ることができるから
あんなに一生懸命投票行動をするんだよ
それに対抗しようと思えば、「創価反対」と主張することによって得られる利益を
もっと一般大衆にアピールできなきゃ選挙には勝てないね
そんなことは政治学の初歩の初歩なんだが、君が読んできた2000冊の本の中には
書いてなかったかな?

あ、因みに断っておくけど、僕は創価を肯定してるわけじゃないよ
だけど創価の人の行動原理にはそれなりの合理性・理由があるって話だけで

230 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 15:12:43 ID:kBORl3Hd
>>227
オイ、オイ、前スレで政治版に「華麗に転進」して見せたのは誰でしたっけw
思わず麦茶噴出しちゃったじゃね〜か。
まったくダブスタ野郎はこれだから困るw

まぁ名無しのときゴミ箱認定したスレに戻ってくるような蛆虫野郎に言っても無駄かw
蛆虫クン。政治板はどうしたのかね?
あっちで「有意義な」議論をしていたんじゃないのかね?
どうしてわざわざ戻ってきたんだいw


231 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 15:17:12 ID:kBORl3Hd
あらら〜。
レッテル張りに必死な一人一察タンw
前スレ756 が冷静な議論を持ちかけてるのにね〜。多分ガチに議論をしたくないんだねw
一方的にレッテル張りをして「俺って正しい〜!」とオナニーしてるだけだろw

232 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 15:18:46 ID:oXTqegzq
>>229
まぁまずは創価板読んでこいや
で、間違ったこと言ってると思ったら
片端から論破して来いwぼっこぼこにされるのがオチだからw

233 :前スレ756:2005/07/19(火) 15:23:18 ID:S2qBQyJM
>>228
だ・か・ら、
君は公明党が連立政権に加わってれば、何らかの具体的不利益を受ける層の人なの?
そうじゃないと君が「現在の政治は衆愚政治でかんしゃくおこる!!!11!!」
っていう理由すら僕には理解できないって話なんだが
そうじゃないと僕には
「創価・公明党は気に入らない!!!111!!理由はないけど!!111!!」
っていう事にしか理解できないんだが

あと
>>創価だとか特定利益団体だとか、そんなもんは自由選挙を採用してる国じゃ
>>当たり前の話なんだな

>先進国に特定宗教が党を構えているところがあるなら教えてくれ
これにしたって、後段を意図的に飛ばしてるし
僕が言ってるのは、
「自由選挙を採用していれば、あの手のおかしな団体でも政治参加できるよ」
ってことナンだが
実際に他国に存在するかどうかではなく、「そういうシステムを採用していればあり得る話だ」ってこと
で、そういうシステムじゃなきゃ多分、「君の主張を代弁する政党(あるかどうかは知らないけど)」すらも
政治参加できませんよ、ってこと

234 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 15:24:05 ID:kBORl3Hd
>>232
だから政治板はどうしたw
政治板で議論しに言ったんじゃないのかw
政治板で議論してこいよ。
そんなに創価が嫌いなら、反創価活動でもしろよw
HP立てるだけでそこそこ効果あるんじゃね〜か。
そっちのほうが建設的だぞ。

235 :前スレ756:2005/07/19(火) 15:30:27 ID:S2qBQyJM
なんかレスが錯綜してるな
ま、それは置いといて

>>232
そういう事じゃないんだな
「「君が」」、実際に被害を受けたことがあるかどうか?って話なんだが

で、君が実際にそういうのを体験したことがあるなら
「「君が」」そう主張するのには同意しますよ、ってことで
(僕やみんなが同意するかどうかは別問題だけど)

だけど、
「「君が」」実際に体験したことがないのなら
「君がそういう主張をすること」にすら僕は同意できませんよ、ってことだが

それとも君は「顔も名も知らない何処かの誰かのために」
全力で涙を流せて、全私財を投げ売って尽くすことができる質の人なのかな?
そういう「正義の味方」な人なら、まぁまだ「そういう言動をする」のにも理解が及ぶんだけど
そういう人でない限り、自分が体験もしたことのない事に対して攻撃的になるのは
君の精神衛生上極めて悪いと思うんだけどね

236 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 15:59:35 ID:oXTqegzq
>>234
政治板は必要以上には政治思想を語れない スレ違いになるから
ここを使うのはそれが理由 レス感謝しろよ。以降は放置だが。

>>233>>235
不利益は俺および国民全体が受けてます。以上。
で、当然先進国にあんなカルト教団が与党の一員のところは無いと。
>「自由選挙を採用していれば、あの手のおかしな団体でも政治参加できるよ」
だから「衆愚政治」だと言ってる。後何回言えば理解できますか?

で、もうなんかグダグダだなおい。例えば尊敬する人はリンカーン・ガンジー
・キング牧師・ネルソンマンデラ・アウンサンスーチー・李登輝とでも言えば
俺の思想の核心が伝わるかな?

体験していなければ、被害に会っていなければ主張しても同意してもらえないのか。
それなら個人は自分が被害に会わなければ何も言えない、と。特大電波乙。
じゃああれだ、薬害エイズは被害者以外何も言えず、拉致問題も拉致家族しか
何も言えない、とwで、どっから「私財を投げ打つ」とかいう極論が出てくるの?

どんどん綻びが出て来てるよ?大丈夫ですか?(´・ω・`)

237 :前スレ756:2005/07/19(火) 16:27:02 ID:S2qBQyJM
>>236
>不利益は俺および国民全体が受けてます。以上。

つまり君は何らかの具体的不利益を受けた訳じゃないんだよね?
なら僕は君の主張には同意も理解もできないなー
だって君の信念は偽物だから
政治学でよく言われるのは、
「政治には理念と利益の両面があり、そのどちらもが切り離すことはできない」ってことナンだけど
君は政治を語るのに「利益」を全然考慮してないし、また「理念」すら語ってないってことだから
なぜなら結局の所、「俺がそう思ってるんだからそれが正しいんだ!!111!!」ってことしか喋ってないじゃない
それは「理念」ですらない、まさに「チラシの裏」レベルのものでしかない

「政治」を動かすには「理念」だけじゃなく「利益」も語ることができなければいけないのに、
「理念」すら語れないようでは、現実政治は1ミリも動かないよ



238 :前スレ756:2005/07/19(火) 16:29:26 ID:S2qBQyJM
あと君が
>で、もうなんかグダグダだなおい。例えば尊敬する人はリンカーン・ガンジー
>・キング牧師・ネルソンマンデラ・アウンサンスーチー・李登輝とでも言えば
>俺の思想の核心が伝わるかな?
って言うのは当人達にとって侮辱でしかないから止めておいた方がいいよ
その人達は
>「自由選挙を採用していれば、あの手のおかしな団体でも政治参加できるよ」
っていうのを覚悟済みの人達で、なおかつそれを「衆愚政治だ!!!」とか言って
諦めなかった人達だからね
その人達は与えられたシステムの中で、或いは与えられたシステムを変えようとして、
「今現在あるシステム」の中で最善を尽くそうとした人達だからね

それを「今現在あるシステムを破壊して自分の思い通りにしよう!!111!!」
とか言っている君が尊敬するのは論外だから
(ヒトラーだとか北一輝だとか三島由紀夫ならまだ理解できるけど)



239 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 16:35:38 ID:oXTqegzq
創価学会 犯罪 の検索結果 約 67,700 件中 1 - 10 件目 (0.07 秒)
ttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=
GGLD,GGLD:2005-04,GGLD:ja&q=%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%80%80%E7%8A%AF%E7%BD%AA
どこでも読んでこいヴォケ

さてと、理念も利益(国益)も語ろうとすれば幾らでも語れるが、その前に
創価=公明の悪を何故認めないのかわからん。お前創価信者なの?
この前提を共有出来ないレベルのアンモラルな馬鹿とこれ以上何も語る気ないよ。
今日俺が確認したかったのは2点

自分の命(自己 私)<誰かの命(大義 公)は極限(戦争)に於いて是か非か

国家を憂い政治家を襲うテロは是か非か
そうでないなら衆愚政治を乗り越える方法は何か

どちらもまともな反応は一切無し。枝葉末節の傍論ばっかw
おまけに創価を肯定するような香具師と遭遇してしまったorz

今日の結論

自分の命(自己 私)<誰かの命(大義 公)は極限(戦争)に於いて是

国家を憂い政治家を襲うテロは是

以上、乙華麗。↓以下 、ポチとブサヨの負け犬の愚痴レスをたっぷりお楽しみ下さい


240 :前スレ756:2005/07/19(火) 16:37:57 ID:S2qBQyJM
最後に
>体験していなければ、被害に会っていなければ主張しても同意してもらえないのか。
>それなら個人は自分が被害に会わなければ何も言えない、と。特大電波乙。
>じゃああれだ、薬害エイズは被害者以外何も言えず、拉致問題も拉致家族しか
>何も言えない、とwで、どっから「私財を投げ打つ」とかいう極論が出てくるの?

あれー?
これって小林タソが脱正義論かで言ってた事なんだけどね?
「薬害エイズ被害者を自分の身のことのように考えなくてもよい
ただ同情で充分だ
安易に「人の身になった」つもりで正義を語るのは間違いだ」
っていうふうに
僕は小林に見切りを付けて以来長いことになるけど、
これだけは今でも同意できる主張だと思ってるんだけどね

だから君が(或いは君と親しい人達が)創価によって実際に具体的不利益を受けたことがあるのなら、
それには多分僕は同情するだろうし、「君の言うことにも一理ある」と思うだろうね
でもそうでないのなら、「こいつ何独りで青筋たてて怒ってるんだ」ってしか受け取れないなー
なぜならそういう「地に足のついてない」観念論ってのは政治には有害でしかないからね

241 :名無し民兵@中村:2005/07/19(火) 16:38:39 ID:zqwwntXH
あぁ、要するに京都で暴れたかったんですねぇ。
少し、生まれるのが遅かったようですけど。

まあ、新撰組にでも叩き斬られちゃって下さいませな。

242 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 16:41:37 ID:oXTqegzq
>>238

>それを「今現在あるシステムを破壊して自分の思い通りにしよう!!111!!」
>とか言っている君が尊敬するのは論外だから


( ´,_ゝ`)プッ

リンカーン=南北「戦争」の指揮者w「奴隷制」開放の為に戦争
ネルソン=アパルトヘイト政策との闘争の為に「テロ」をも断行
李登輝=台湾独立の維持の為に「軍拡」

ま、平和闘争も最後の最後の武力闘争も大事って事だ
お前こそこの三人を侮辱しているわけだ。彼らの行為を認めないんだろ?


243 :名無し民兵@中村:2005/07/19(火) 16:41:55 ID:zqwwntXH
>>240
同時期にゴー宣に載ってたと思いますけど
浅羽通明なんかも「例えばベトナム人に共感なんておこがましい。せいぜいが情の橋を少し渡らせることが出来るだけだ」
とか、呉智英も「一番危ないのは『生甲斐』なんだ」とか
色々と示唆に富むことを言ってましたね。

244 :前スレ756:2005/07/19(火) 16:45:56 ID:S2qBQyJM
>>239
>創価=公明の悪を何故認めないのかわからん。

だって君、「創価は気に入らない!!11!!かんしゃくおこる!!11!!!」
ってことしか主張してないじゃない

それだけではそれは「君の意見」でしかなく
「みんなが共有すべき前提」にはならないって話なんだが
ちゃんとした議論をしようと思えば、自分がどんなに「それは自明のことだ!!」
って考えていたとしても、ちゃんとそれを立証しとかなきゃ話は始まらないんだな
そういう手間を惜しんでいては「レベルの高い議論」はできないんだけど

その手間を惜しんで、その挙げ句
「俺に同意しない香具師は敵の仲間だ!!!」って言うんじゃ、
自分で中間層を敵に回してるのと同じなんだけどね

因みに言っておけば、僕は創価にも朝日にも否定的な立場だよ
でもそれと「君の主張に同意するか否か」は別問題でしょ、ってことなんだが

245 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 16:48:33 ID:oXTqegzq
創価学会が与党に存在し日本国の国政(国民全員)に影響を与える事と
薬害エイズ問題が同列に語れるとでも?国政はすべからく国民全員で
考えなきゃいけないだろうがwまさに衆愚政治だな。こうもわかってないとはw

中村、一言だけ言わせてくれ










新撰組などという朝敵に憧れてるの君?( ´,_ゝ`)プッ


246 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 16:51:36 ID:oXTqegzq
>>244
しつこいね君?なんで
>僕は創価にも朝日にも否定的な立場だよ
と言いながら
>でもそれと「君の主張に同意するか否か」は別問題でしょ
になる?
創価がやばいのはわかっていながらも
>ちゃんとした議論をしようと思えば、自分がどんなに「それは自明のことだ!!」
>って考えていたとしても、ちゃんとそれを立証しとかなきゃ話は始まらないんだな
となる?今議論しているのはお前と俺の二人。で、この二人の共通認識で
「創価は公明はやばい」となってるのに、立証の必要がでてくるの?教えて



247 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 16:53:10 ID:oXTqegzq
いつもながらの全く本質に触れぬポチの暴論が誠に香ばしい

248 :前スレ756:2005/07/19(火) 16:54:23 ID:S2qBQyJM
>>242
そうじゃないでしょ?
リンカーンも李登輝も、自分の信念を貫くためにまずシステムのトップをとったでしょ?って話
ネルソンにしたって、結局最後は白人政権と握手しなきゃ自らの政治目標は達成できなかっただろうし
多くの偉人物語の背後には、そういう地道な努力があったよね?ってことナンだけど

でも君の主張はそうじゃないでしょ?
そういう手間を惜しんで君は
「自分の思い通りにいかないのはかんしゃくおこる!!111!!
テロで一足飛びに実現すべきだ!!1111!!」
って事しか言ってないじゃない
それってアルカイダだとかのイスラム原理主義過激派と、思想の違いがあるとはいえ
同じ態度なんだけどね

249 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 17:03:13 ID:oXTqegzq
>>248
誰が今すぐにテロだとか言った?
脳内飛躍と決め付け止めてください

250 :前スレ756:2005/07/19(火) 17:04:36 ID:S2qBQyJM
>>245
えーと、薬害エイズについては君が振ってきた話なんだけどね(w

まぁいいや、じゃあ
>国政はすべからく国民全員で
>考えなきゃいけないだろうがwまさに衆愚政治だな。こうもわかってないとはw
にコメントしとこうか

君、何故サラリーマン新党が奮わなかったか理解できるかな?
政治学的な分析をすれば、
「結局「サラリーマン層」ってのは一つの確固とした纏まりがなかった」からなんだよ
サラリーマンに利益をもたらす政策ってのは「広く薄く」とならざるを得ない(減税だとか各種控除だとか)
そういう「広く薄く」利益をもたらす政策では、「狭く厚く」利益誘導をする政策のアピールには敵わないってことナンだよ
例えば米の自由化で米価が安くなれば国民全体に利益があるが、
だからといって高い米価の維持に利益がある農家の投票行動には敵わないでしょ?

それと同じで、いくら君が反創価政策が「国民全体に利益がある!!」って主張しても、
創価優遇政策がもたらす創価な人達の投票行動にはなかなか敵わないってことナンだよ
だから「反創価政策を実現しようと思えば、よほどちゃんとした主張をしなきゃいけませんよ」ってさっきから言ってるんだけどな
でも君は「創価気にくわない」しか言ってないじゃない
それじゃダメだよ、ってことナンだがね

251 :前スレ756:2005/07/19(火) 17:08:54 ID:S2qBQyJM
>>249
じゃあまず現在あるシステムのトップをとれるだけの理論武装をしなさいよ、ってことナンだが
君、そういう理論武装ができてないでしょ?
それじゃ遅かれ早かれテロに奔らざるを得ないんだけど
君が「自分の信念」とやらを脇に譲らない限りは

所謂「便所の落書き」である2chの、その場末でさえ同意レスがこないようじゃ、
僕には到底「システムのトップ」を取れるようには思えないんだけどね

252 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 17:12:41 ID:oXTqegzq
>>250
薬害エイズ云々はさー

>体験していなければ、被害に会っていなければ主張しても同意してもらえないのか。
>それなら個人は自分が被害に会わなければ何も言えない、と。特大電波乙。
>じゃああれだ、薬害エイズは被害者以外何も言えず、拉致問題も拉致家族しか
>何も言えない、とwで、どっから「私財を投げ打つ」とかいう極論が出てくるの?

これだわな。いいか?わが事として捉えるのと人生全部投げ込むのとは別だぞ?
小林が批判したのは人生投げ込むまでするのはおかしいと言う事だ。
しかしながら、何も言えない、言わないというのは全くおかしいだろ?てこと

で、衆愚政治は理解出来たみたいだな。ここから先は言論人の世論の作り方と言う事だが、
小林はよくやってると思うよ。俺もまだ学生だが出来ればこういう仕事がしたい。
創価云々でもそうだが、興味を持ってもらうと言う事だろうね。ここからかな。
でもお前さんが俺に絡んでるのはただ単に粘着の為の粘着としか思えないけどね。

253 :名無し民兵@中村:2005/07/19(火) 17:18:15 ID:zqwwntXH
>>245
…どう読んだら憧れてるになるんだか…

まあ…仮にそうだとして、なんか不都合でもあんのかね。

254 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 17:20:38 ID:oXTqegzq
>>251
いつの間にか俺がシステムのトップを取ることになってるorz

中村クンはいいから学研少年歴史漫画読んでなさいね(はぁと

255 :前スレ756:2005/07/19(火) 17:27:55 ID:S2qBQyJM
>>252
>わが事として捉えるのと人生全部投げ込むのとは別だぞ?
君、自分の人生を生きてないの?
真実「我が事」と考えるのなら、それは自分の人生の一部にするのと同義だと僕は考えるんだが
そうでない限り、いくら「貴方のことは我が事のように考えてますよー」って言ったところで、
それは「ただの同情」と何ら変わりはないんだが?
それはただの「言動不一致」であって、「自分なりの信念」とやらを持っている
君がとるべき態度じゃないように僕には思えるんだが

後それと、
>で、衆愚政治は理解出来たみたいだな。

君、こっちが言ってることを全く理解できてないでしょ?
僕は>>250の様なシステムであっても、決して現状は衆愚政治だとは思ってないよ
それは君が>>242で挙げた偉人達も同じだろうよ
真正の自由民主主義者ってのは、そういう利益誘導の政治すらも
「システムの一部」と認識して擁護しているんだよ
それぐらい極々当たり前に覚悟済みなんだよ
そしてその「覚悟済み」な態度から一歩進んで、システムの運用と改善で
世の中を変えてきたのが>>242の偉人達なんだよ、って話なんだが

256 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 17:33:57 ID:oXTqegzq
>>255
ああ?何言ってんだお前?小林も俺も我が事と捉え人生の一部にするが
全部投げ込むなと言ってるんだが?もうテンぱってきてるなお前w

>真正の自由民主主義者ってのは、そういう利益誘導の政治すらも
>「システムの一部」と認識して擁護しているんだよ

例えば誰?角栄?( ´,_ゝ`)プッ

で、どんどん歯抜けレスになって言ってるよ・・・・あえて指摘はしないが・・・・



257 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 17:37:08 ID:oXTqegzq
小泉構造改悪断行馬鹿内閣の支持率=43%

はいはい衆愚政治じゃないね、うんうん

ヽ(`Д´)ノいい加減にしろヴァカ支持者ども!!!!!

258 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 17:39:43 ID:juy8EnsU
>>236
>政治板は必要以上には政治思想を語れない スレ違いになるから
>ここを使うのはそれが理由

いつもの通り、癇癪起こして煽られたんだろ?




259 :前スレ756:2005/07/19(火) 17:52:02 ID:S2qBQyJM
>>256
ん?
小林が言ってたのは
「所詮は他人については「我が事」のようにはなれない
だから同情だけで充分だ」
ってことだと思ったんだけど?
君ちゃんと読んでないでしょ?
僕の上記の記憶に間違いがあるのなら僕>>240のレスを読んでないことになるし、
僕の記憶が正しいのなら小林の著作を読んでないことになるし
(なにぶんこっちは小林については記憶でしか喋ってないから)

レスが歯抜けだと君が思ってるのは、ただ単に君のレスと僕のレスの
書き込みの時間が錯綜してるだけだし
それにゲームしながらの書き込みだからテンパってはないし

まぁ真面目にレスしとくと、
>例えば誰?角栄?( ´,_ゝ`)プッ
そう、真正の自由民主主義者なら、「田中角栄の政策」は批判しても、
「田中角栄を排出した民主主義には欠陥があるからテロします!!111!!」っては決して主張しないよ
その程度のことすら理解できないの?

って言うか君、大衆を馬鹿にしすぎ
君は大衆を馬鹿にする以前に、もっと大衆の行動原理を理解すべきだよ
それができなきゃ、どんな政治体制においても「政治」は動かないんだからさ


260 :前スレ756:2005/07/19(火) 18:00:38 ID:S2qBQyJM
政治を動かそうと思えば大衆に届く言葉で語りかけないと
「もっとお母さんみたいに言ってくれ」っていう位に
特に君の主張はエキセントリックなんだからさ(それは理解しているよね?)

大衆は大衆なりの行動原理がある
創価な人達には彼らなりの行動原理がある
韓国人には韓国人なりの主義主張がある(w

政治を動かす出発点はここからなんだよ

それなのに君は「自分の信念」=「世の中の正義」っていうのを
無条件・無邪気に信じすぎ
僕もそういう気楽な生き方ができればいいけどさー
でも残念ながらそれなりに政治学を勉強してきて、そういう無邪気な信仰告白は
できなくなったなー
「自分の信念」と「世の中の正義」の間には越えなければならない渓谷があるんだよ
そのギャップを乗り越えるための理論武装すらできないようでは
たとえ
>この二人の共通認識で
>「創価は公明はやばい」となってるのに、立証の必要がでてくるの?
であっても立証は必要になるのは当然のことなんだな

261 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 18:03:33 ID:oXTqegzq
>>259
結局はお前はあれか、他人は他人ってか。そんな発想の香具師が政治を語るか?
で、何?民主主義は利益誘導も必要です!!肯定するのが当たり前です!!か?

だから、小林は薬害エイズの件について、過剰に肩入れする姿勢を批判してんだろ?
同情することはそれすなわち我が事として考えて自分の血肉にするって事だろ?
それと俺は正義の為になんか言ってないからなここでは。「国益」のためだ。
大体本論はお前が体験してないと口出せないとか特大電波飛ばしたことなんだが。
さっさと訂正してくださいな。

で、結局お前の言う「真正の自由民主主義者」てのは誰?逃げないでさっさと書け。
なんなのその論点ずらしは?どこから急にテロの話が出てくるんだよwww関係無さ過ぎwww

で、お前みたいな大衆ならそら馬鹿にするわ!!!!!!
無知無能のくせに屁理屈だけは一人前でよぉ!!!!!!!!!
馬鹿ならば馬鹿らしく小賢しい詭弁を必死に書かずに黙っとけ!!!!!
創価のなんたるかも知らないで何をほざくかこのDQN池沼が!!!!!

さて、アフォの相手は終わり、と。今日もポチとブサヨは何もまともに反論出来ないっと。

262 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 18:05:44 ID:oXTqegzq
>>260
まだ何かかいとるな。もう>>261も含めて何も答えなくていいから
創価を勉強してから出直して来い。以上

263 :鳥坂R29KOUGABU:2005/07/19(火) 18:32:31 ID:N72xas+E
>756氏
 乙です

 まぁ色々書きたいが、「無視する」と言うし、忙しいのでコレだけ書いて今日は失礼。

>一人一察
>新撰組などという朝敵
 彼らを「悪」とする根拠がどこにある?
 ↑まぁ敗者という点では、軍ヲタ的に「要領と往生際が悪かった」とは言えるが。
 しかも朝敵だぁ? いったい何時の時代の価値観だ?
 まさか足利尊氏も、今の世になっても「朝敵」とか言ってんじゃないだろうな?
 ↑建武新政で滅茶苦茶にされた日本の支配構造を、当時の最適システムで再構成した功労者だぞ。

 だいたい、維新側による新撰組の朝敵認定なんて、文字通りの「勝てば官軍」に、京都で散々な目(テロ行為妨害)に遭わされた私怨が混ざった公私混同だろ。
 勝者が敗者を「悪」と認定する傲慢を是とするなら、東京裁判も認めているんだろうね。
 いやいや、意外意外。

264 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 18:42:27 ID:Ah8EnbE1
 ここの議論を見てるとおいらが以前から主張、支持してる政治思想と宗教の選民思想という共通性
が見事に証明されてて、なんか子供が育って行く過程を見てるみたいで面白いなぁ(´ー`)y─┛~~

265 :鳥坂 ◆DeehQBhcN2 :2005/07/19(火) 18:43:26 ID:N72xas+E
 あうち。
 トリップミス。うーん、専プラ入れたが慣れないとメンドイね。

266 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 18:46:26 ID:f9LG6yUd
なんというか、彼の自信満々なところに危うさを感じたり。

267 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 19:20:02 ID:juy8EnsU
>>264
そのへんも厨房の特性の一つでありましょう。

『こんなにすごいことを僕は知った!
僕は選ばれた人間なんだ!!!!!!』

MMRみたいなもんです。


268 :一人一察 ◆Tpz51XotE6 :2005/07/19(火) 19:43:49 ID:oXTqegzq
>>267
さ、厨房から問題を出すよ。答えてね♪
小林秀雄 プラトンの「国家」より

政治は普通思われているように、思想の関係だけで成り立つものではない。
力の関係で成り立つ。力が平等に分配されているなら、数の多い大衆が
強力であることは知れきったことだが、大衆は指導者がなければ決して
動かない。だが一度、自分の気に入った指導者が見つかれば、いやでも
英雄になるまで育て上げるだろう。権力欲は誰の胸にも宿っている。
民主主義の政体ほど、タイラントの政治に顛落する危険を孕んでいるものは無い。
では何故、指導者がタイラントになるか。この諧謔を交えた仮借の無い分析を
辿るには全文を要するのだが、プラトンの政治思想の骨組みははっきり透けて見える。
ソクラテスの定義によれば、指導者とは(A)を売り、(B)を買った者だ。
誰が血腥いタイラントなどになりたいだろう。だから、誰もなるのではない。
否応なくならされるのだ、とソクラテスは言う。

問題 AとBに当てはまる言葉の組み合わせを当てて下さい

1、A大義 B国益
2、A現実 B理念
3、A思索 B行動
4、A肉体 B精神
5、A自己 B正義

言っとくがググっても答えは出ないからね。これはジャブです。答えられたら次ね。


269 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 19:48:25 ID:ItruzR4L
>で、お前みたいな大衆ならそら馬鹿にするわ!!!!!!
>無知無能のくせに屁理屈だけは一人前でよぉ!!!!!!!!!
>馬鹿ならば馬鹿らしく小賢しい詭弁を必死に書かずに黙っとけ!!!!!
>創価のなんたるかも知らないで何をほざくかこのDQN池沼が!!!!!

全部自分に返ってくるのが痛いな>一冊
かなりの本読んでる割に反層化の本は上げられないんですな。。。



270 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 19:53:38 ID:ItruzR4L
>>268
もはや「板違い」の話だな。本からの丸写し乙
お前の自慰の場所じゃないのでよそでやってください。

http://www.google.co.jp/search?q=%E2%97%86Tpz51XotE6+&hl=ja&lr=&c2coff=1&filter=0
ひょっとして四国出身ですか?


271 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 19:57:32 ID:oXTqegzq
>>269-270
なんだそのキモイ粘着は?wコテトリは#ひとりだよ。ベタだろ
教えたからには変えるがな。マンドクサ
それにしても、その検索した動機を教えて欲しいものだw
反創価はいい本無いんだよ。てか、あるんだろうが読んでないし
教祖が死ねば何とかなると思っていたりするからな。

272 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:14:34 ID:juy8EnsU
「コピペに反論しろ!」
「かまってかまって!」
「オレ以外はみんなバカだ!」

おや? おなじみの厨房三アンコですね?



273 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 22:26:40 ID:oXTqegzq
>>272
ほれ、>>268に答えんか
何をしらっと書き込んでるんだ


274 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:29:50 ID:NXDQ2gTN
> 「コピペに反論しろ!」

> ほれ、>>268に答えんか

イタタタ……

275 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 22:32:06 ID:oXTqegzq
>>274
コピペではなく本からの抜書きですが?
設問したのも俺ですが?

276 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:32:57 ID:tsEXbmfG
そろそろ数え役満いくんじゃね?

277 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:33:09 ID:Z0SonCyw
虎の威を借るなんとやら、か…。

278 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 22:33:25 ID:oXTqegzq
駄目だ、レベルの高い事書きすぎた
完黙状態だポチもブサヨも(w

279 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:34:16 ID:tsEXbmfG
「本からの抜粋はコピペじゃない!!!!!111111」
まあ確かにネットに氾濫しているコピペ用テンプレートとは違いますがね

280 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:35:03 ID:Z0SonCyw
コピペや丸写しがレベルが高い、ねぇ…

281 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 22:35:06 ID:oXTqegzq
>>277
( ´,_ゝ`)プッ

ポチ=アメリカの威を借る負け犬
ブサヨ=中国の威を借る負け犬

なんちゅう自虐ネタだwwwww

282 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:37:45 ID:Z0SonCyw
ついに壊れたか…。

283 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 22:40:08 ID:oXTqegzq
うわ・・・一気にレベルが下がれば下がるものですな
議論出来るポチかブサヨはいないの?w
小林秀雄をわざと貼ってそこから議論したかったのに・・・
違う意味で参ったなこりゃ・・・

 レ ッ テ ル 貼 り と 誹 謗 中 傷 し か 出 来 な い の ?



284 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:43:50 ID:eABRaeAw
http://pu-lab.hp.infoseek.co.jp/antigo-sen.htm

285 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:47:26 ID:NXDQ2gTN
スレ違いのような。

でも、この人、見たような気がするな。
つーか、まだこんなこと言ってんのか。

286 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:50:15 ID:NXDQ2gTN
ま、正しいスレは以下のどちらかですね。


貴方が見つけた紳士/コヴァの微笑ましい行動42
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1120688692/l50

晒しものにするつもりだったのならこちら。


復活! 著作権/名誉毀損裁判を考える
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1118462029/l50

ケンカを売るつもりだったのならこちら。

287 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 22:58:29 ID:ItruzR4L
>>283
>レッテル張りと誹謗中傷しかできない

つ鏡

>凝り固まった珍米ポチやブサヨ
>とっととアスベストでも吸い込んだ肺が癌になって犬死にすればいいと思います。

288 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:00:24 ID:Ah8EnbE1
>>283
http://www.wwwwwwwwww.net/1/html/VIP00457.html

まぁ、正解はないわけだがね(´ー`)y─┛~~

289 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:00:36 ID:oXTqegzq
>>287
俺がここまでにさんざん書き込んだレスは無視して

>レッテル張りと誹謗中傷【しか】できない (しかだってさwww)
【つ鏡】

とかやってんのか?( ´,_ゝ`)プッ文盲かよ



290 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:02:06 ID:ItruzR4L
>>289
まさに誹謗中傷でしかないレスですねw


291 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:03:05 ID:oXTqegzq
>>290
で?議論はしないの?それとも出来ないの?

292 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:05:24 ID:ItruzR4L
>>291
ここはお前さんの自慰の場所ではないので、小林秀雄の話は
該当する板でやってください。

293 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:08:10 ID:oXTqegzq
>>292
自慰ってどういうことですか?詳しくお願いします


294 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:09:54 ID:ItruzR4L
>>293
自己満足。
まあ小林よしのりの言葉なんぞ興味がないんですな。

295 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:11:27 ID:Ah8EnbE1
>>264
MMRはもっと楽しめるから、おいらはソッチの方がいい。(´Д`)y─┛~~

まぁ正解はおそらく3な訳だが。(´Д`)y─┛~~
なぜか財政学の授業で聞いた覚えがある( ^∀^)y─┛~~
っていうか、本を書き抜いて問題つくって間違えたら
馬鹿認定するつもりなんだろうけど、そういうのって寒い。
激しく板違いだから政治思想板に帰ればいいのに。
お得意の議論拒否マダー。

296 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:13:30 ID:ItruzR4L
>>295
だよなぁ。これのどこが「議論」なんだかwただのクイズw
こんなことやってうれしいのはまさに自己満足。
こんなのが議論なら、抜き書き合戦になって収拾がつかなくなるのにねぇ。

297 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:18:37 ID:oXTqegzq
>>294>>296
文章力ないねw何が言いたいかさっぱりわからんw
特に一行目から二行目のつなぎが皆目意味不明。チョンですか?

でさ、俺を厨房扱いする小僧がいたから小林書いたってのもあるがね
まぁ、ここの住人には小林秀雄は理解不能だろうなw
誰ならいいのかな?教育勅語ぐらいならわかるのかな?w

ちょっとお前らのレベル知りたいからこの一週間で読んだ本かいてくれ
そっからレスレベル考えるから


298 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:21:24 ID:Ah8EnbE1
>>295
 まぁ、何も論じていないんだから議論なんて成り立たたないんだけどねぇ。(´Д`)y─┛~~
必死に議論が云々言ってるけどクイズがやりたいんだったら雑談系の板にでも
やってればよろしいのになぁ。 

299 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:24:37 ID:Z0SonCyw
>298
レスアンカーがずれてませんか?
それともこっちがずれているのか?

300 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:25:13 ID:ItruzR4L
>>297
>小林かいた
「丸写し」のどこが偉いんだ(失笑)
さも自分で書いたように言うなw



301 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:26:22 ID:Ah8EnbE1
三国志の3巻と4巻の半分。

一週間での読書量なんて忙しくてこんなものです。
本ばっか読んでないで少しは一人一察 ◆78eZQJ5cpUタン
も外に出て遊んでは?。(´ー`)y─┛~~

302 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:27:55 ID:Ah8EnbE1
>>299
おいらがずれてると思うですよ。 正しくは>>296だったです。(;´ー`)y─┛~~

303 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:28:26 ID:oXTqegzq
>>300
で、今週読んだ本は?


304 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:30:06 ID:ItruzR4L
>>303
丸写しして、本を理解したつもりでいるんですかw

305 :前スレ756:2005/07/19(火) 23:32:03 ID:S2qBQyJM
老婆心ながら忠告しておくと、
そういう穴埋め問題で点数をくれるのは大学入試までだからね
大学の定期考査とか院試とか資格試験とかのレベルになると
そういう「知っている・知っていない」レベルじゃなくて「どう理解しているか?」のレベルで
問題が出てくるから
だから「知っている」だけでは何の自慢にもならないよ
精々が「駅名100個暗唱できる」とか「ポケモン100匹の名前知っている」とかと同じくらいのレベルで

そうじゃなくて本当に有意義な議論がしたいのなら
「自分はどう理解しているか」をちゃんと解説できなきゃね
それが議論を始めるスタートラインなんだが

別に哲学やってる人が偉いって訳じゃない
そうじゃなくて、「哲学やってない人にも分かり易く解説できる人」が偉いのだよ
だから前にも言ったでしょ?
「もっとお母さんみたいに言ってくれ」って

306 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:37:30 ID:Ah8EnbE1
 うーんやっぱり一人一察 ◆78eZQJ5cpUタンは読書すると偉いとか
思ってるのかな…。(;´ー`)y─┛~~
 読書量や自分の読んだ本の自慢なんてイタい以外の何ものでも
ないのに…。 生涯学習板にもそのテの連中が結構いるなぁ(´Д`)y─┛~~

307 :名無し民兵@中村:2005/07/19(火) 23:44:54 ID:zqwwntXH
>>305
吉田戦車ネタとは渋い…w

308 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:46:21 ID:Z0SonCyw
読んだ本の内容をいかに咀嚼するか、いかに自分の栄養にするかでしょうなぁ…。

まぁ正直自分でもできているという自身はないけどw

309 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:48:02 ID:oXTqegzq
じゃあわかったわかった。適当に小林風に評論即興で書いてやるよ

    故郷 (完全オリジナル かつ即興)

風変わりな雰囲気を備えた老人夫婦と同席して大衆食堂で昼食を取っていた時、
偶然同郷であることが会話より知れたので、互いに故郷を懐かしみながら食事を
とることになった。聞けば二人は生まれも育ちも北陸であり、旦那の仕事の関係で
東京に居住まいを抱える事となり、30代以降はずっとこちらに住んでいるということである。
なるほど、言葉使いも洗練されており、都会人の雰囲気を備えてもいるのだが、どこかに
小首を傾げる様な違和感を覚え、よほどご主人の職業は何かと聞こうかと思ったが、
自己紹介の際に言われなかったのであえて聞かない事にした。婦人は豊かな白髪をかき上げながら
長期間故郷に帰っていないことを改めて噛み締めるように話し、いつかは帰りましょうと
主人に確認を取っていたが、主人のその時の無反応と来たら、人形に話しかけても
こうはなるまいという趣であって言葉に困ったものだ。「ふるさと」と言う童謡があるが
およそ生まれ故郷というものは全ての人に間違いなく平等にあるもので、この平等はしかしながら
何らかの要素によって、あるいは本人に責任の有無を帰趨させることが出来ないとある性格の
出来事によって(見えないが確実に働くその力をある人は「運命の悪戯」と呼ぶであろう)
その本質を瞬く間に失うのである。それを不孝だとか古来からの日本人からの伝統に反すると
なじるのは容易いが、問題はそれが回復不可能なほどの損害であっても、人が帰省本能を
捨てられないと言う事実が拭いがたくあるというほどに、故郷はその匂いを捨てずに待っているが、
近年の地方の発展によって変えるべき場所が失われていっていると言う事にすら鈍感な日本人は
気付いていないあろうであろう。老夫婦よりもなお悲惨なのは近代を繁栄という
価値観でしか捉えれない質の現代人であることは動かぬ事実である。
 

310 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/19(火) 23:50:17 ID:oXTqegzq
>>309訂正

>変えるべき場所
>帰るべき場所


311 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/19(火) 23:50:22 ID:N72xas+E
>756氏
 乙です。

 トリップ付け直したので、それだけ報告。
 仕事終わった。今日は寝るぞ!

312 :名無し民兵@中村:2005/07/19(火) 23:52:18 ID:zqwwntXH
ためしに今週読んだ本書いてみましょうか。
・大江戸丸わかり事典(大石学)
・ヒストリエ(岩明均・漫画)
・齋藤孝の音読破「山月記」
・戦争の常識(鍛冶俊樹)
・虚構戦記研究読本(北村賢志)
・史上最低の作戦(宮嶋茂樹)
・NEWSWEEK(雑誌)
・歴史群像(雑誌)

こんなもんですかね。
さて、どんな採点が下るやら

313 :前スレ756:2005/07/19(火) 23:52:26 ID:S2qBQyJM
>>297
本当に本の内容を理解しているのなら、別に一年前の本の内容だって言える筈なんだけどなー
まぁいいや
じゃあ言うけど、意味が信じるかどうかは別問題だからね

村上泰亮 反古典の政治経済学 上下
ペドリー・ブル 国際社会論
ポール・ケネディ 大国の興亡
白石隆 海の帝国
EHカー 歴史とは何か
EHカー 危機の20年
松岡完 ベトナム戦争
入江昭 20世紀の戦争と平和
有斐閣双書 民法入門
ジョージ・ケナン アメリカ外交50年
鈴木基史 国際関係
太田勝造 法律
ジョセフ・ナイ 国際紛争
メディアワークス 絢爛舞踏祭 ザ・コンプリートガイド
竹書房 美少女紀行
有斐閣双書 商法概説(1)
有斐閣双書 みんぽう(1)
佐藤幸治 憲法


314 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:52:51 ID:Ah8EnbE1
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒

315 :名無しかましてよかですか?:2005/07/19(火) 23:55:36 ID:ItruzR4L
>>309
何度も言っただろう。ココはお前の自己満足の場じゃないと。

チラシの裏かブログにでも書いとけ

316 :前スレ756:2005/07/19(火) 23:56:00 ID:S2qBQyJM
>>309
誰が文体をパクレって言った?
「君がどう小林秀雄を理解しているのか?
その上で小林秀雄を知らない人達にどう「君が理解した内容」を分かり易く伝えるか?」
を聞いてるんだよ!
そういうのが「自分なりに理解している」って言うのを一番分かり易く伝える方法なんだよ

はい、リピート・アフター・ミー
「もっとお母さんみたいに言ってくれ」

317 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 00:00:59 ID:oXTqegzq
>>312
お前はまず学研歴史漫画からだって言ったろ?w
ただ、歴史研究とかを読んでいるのはすごい。
ちと試す。一切ググラずに大内兵衛が説明出来るかな?

>>313>>316
お前はとりあえず創価の(ry


318 :前スレ756:2005/07/20(水) 00:06:53 ID:eNKKgSs8
>>317
>お前はとりあえず創価の(ry

だからさっきから聞いてるだろ?
「創価のどこがどう悪いのか、もっとお母さんみたいに言ってくれ」って
それなのに君は
「創価が悪いのは自明のことだよかんしゃくおこる!!1111!!」
ってしか返してないじゃない

君なんか勘違いしてない?
書き込むのがたとえ君と僕だけの状況であろうとも
僕ら以外に無数のROM者がいるって事を
そういうサイレントマジョリティーな人達に
「創価がいかに悪いか」をアピールできるチャンスだったのに、
君は自らそれを放棄してるんだよ
はっきり言ってアホの所業だよ

319 :名無し民兵@中村:2005/07/20(水) 00:07:09 ID:8tKYNJSz
>>317
大内兵衛…不勉強にして知りませんな。

あと、歴史研究って、群像のことですか?
歴史群像はそういう歴史研究系の雑誌じゃないですよ。
雑多な歴史を扱う、俗に言う「ムック」です。
確か日本史を主として扱う「歴史研究」なる本もありますが、(一般にはあまり流通してない)
それだったらすみませんね。

320 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 00:10:59 ID:qo7Lf/Y8
>>318
ああもう面倒くさい ググレば済む話だろ
てか、ググ検索のURLまで貼ったのになんでこんな
面倒なことしなきゃいけないんだ?

創価学会による被害者の会(自由の砦)
ttp://www.toride.org/

『自由の砦』とは?

創価学会による"反社会的活動"や"人権侵害行為"によって、
被害を受けてきた人々が、創価学会の恐ろしい実態を広く世間に訴え、
同じく学会の被害に苦しむ人々を救済しよう、との志によって
「創価学会による被害者の会」を結成しました。
この「自由の砦」は「被害者の会」のホームページです。
支持政党や思想の違い等を超え、創価学会問題を直視してください。

内容凄まじく濃すぎてとても抜粋する気になりまへん 読んできてください

321 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 00:13:45 ID:ChtkC1yc
紹介すらコピペで済ませる、ものぐさ大王

322 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 00:17:19 ID:qo7Lf/Y8
>>319
中村の良いところは一切ひねくれてないところ
知識が集まれば良識の持ち主だから次第に高い位置から
色んなことが見えるようになるはず

大内兵衛は戦後の代表的進歩的文化人・経済学者(マルキスト)だよ
向坂逸郎、丸山真男らと共に戦後の左翼陣営で頑張ってくださいましたw
代表作 財政学大綱 わかりやすい東大教授でございましたw

歴史に無知な者は未来に見放される ジョージサンタヤナ

どういう立場の人か知らないが、歴史は面白うござんす お互い勉強しましょ

323 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 00:18:33 ID:29od77u9
これだけ売れてないのにひたすら読者を無視した自己満足な雑誌作りするね
商業におもねないって言うなら自費出版でもしてなさいってこった

324 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 00:28:49 ID:qo7Lf/Y8
もう寝る
というか次のお題考えるのむずい
中村に託す 何か書いといて
この前の「近代」は却下なw


325 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 00:55:52 ID:LLAPrNNk
はて?
何故あれほどまでにけなしていた名無し民兵@中村氏といつの間にか和解(?)している。
卑怯な陰口男呼ばわりしていたのにね〜w

326 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 01:50:31 ID:j3xwCosJ
まさかとは思うが、Googleで「近代の超克」って検索して、初めて引用した文章にたどり着いたのではw

327 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 08:16:30 ID:jP1IZkTl
靖国論

っていつ出るの??

328 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 17:35:04 ID:RuZ7cVj8
 千    一
 擦    人
 無    千
 生    擦

329 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 19:14:07 ID:aaxrxxR3
>>327
裏わしズムによれば、8月1日発売だってよ。

330 :前スレ756:2005/07/20(水) 19:40:27 ID:eNKKgSs8
>>320
つまり君は、「自分の信念」と自分で思い込んでいる思想も、
創価への憎悪さえも、全部借り物だったって訳だな
そういう姿勢は世間に対してだけでなく、君自身に対しても良くないから、
今すぐ改めた方がいいよ
そこのHPにも書いてあるじゃない

>被害を受けてきた人々が、創価学会の恐ろしい実態を広く世間に訴え、
>同じく学会の被害に苦しむ人々を救済しよう、との志によって

>同じく学会の被害に苦しむ人々を救済しよう、との志

自分が体験したこともない事に対してそんなに憎悪をかき立てる状態が長く続くと
多分君の精神の平衡を危うくするよ、それも近い内に
君は哲学好きみたいだから次の警句を送っておくよ
「語り得ぬものに対しては沈黙を守らなければならない」

特に君はまだ若いようだし、誰かの言説をトレースするよりも、まず教科書的な内容を
キチンと理解した方が絶対後々のためになるよ
倫理とか現代社会とかの教科書レベルで
そういう地道な勉強の上に、一流の言説が花開くのだと僕は考えてるよ

331 :327:2005/07/20(水) 19:48:39 ID:jP1IZkTl
>>329
サンクス

しかし沖縄論出したばかりだというのに
テラハヤスww

332 :前スレ756:2005/07/20(水) 19:50:14 ID:eNKKgSs8
それも勉強するのなら、小難しい哲学の本はなるべく避けた方がいいかな
今の君だと、有害な選民思想の糧にしかならないようだから

ああいう哲学ってのは、それなりの「自分なりの生き方」ってのが
ある程度できあがってからじゃないと、変な影響のされ方をするからね

なぜなら哲学ってのは形而上学だから、自分の脳内だけで完結してしまいかねないから
でも脳内世界と実際の形而下世界との間には常にギャップが存在してるから
形而下世界をそれなりに体験したり勉強してないと、簡単に意味のない脳内哲学になってしまうからね
特に君のような若い人についてはこれは良く当てはまると思うよ

だから勉強するなら実学を中心にすべきかな
僕は理系学問については詳しくないから何にも言えないけど、
社会科学系なら経済学とか政治学とかの方面で
そっちの方がよっぽど世の中を変える力になると思うよ、脳内哲学よりも

それでもどうしても哲学したい年頃なら、教科書とか入門書レベルで充分だよ
ああいう入門書の方が、変に色の付いた小難しい哲学本よりも
よっぽど今の君の力になるから

333 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 20:35:08 ID:ST10GLyS
まああれだけ偉大な哲人を輩出したアテナイも衰退を免れなかったわけですからね。
ソクラテスの弟子達はアテナイの為にまるで訳にたたなかったもんなあ。

334 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 22:00:30 ID:kp6sifvx
まったく関係ないが大昔から哲学やるのは暇人だけなんだよな

335 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 23:10:01 ID:qo7Lf/Y8
>>330>>332
いやいや、俺の普段の常駐は「政治板」ですがなw
観念的なことを論じたい時だけここに来てるよ
たださ、このスレで政治論や経済論をしてもさ、
「スレ違い出て行け!!うぉぉぉん」とか言われるのがオチw

猪瀬直樹とか木村剛とか高杉良も読んでるしご心配なく
それと、今の日本に大事なのは形而上学と俺は思っててさ
政治でも経済でも所詮は「人間」が行う不完全なものでさ
それでもなるべくよりよい方向に持っていこうとする「意志」がいるんだ
そのために道徳や倫理を持つべき、それは何か?=保守すべき価値は何か?となるの
そこで完璧を目指してしまうとマルキストになっちゃうし、
だから俺は社民主義でいいと言ったの 弱肉強食は違うと思っているからね
どう言えばいいのかなぁ。極端なこと言ってると思われてるようだけど
言いたいことはよりよい個人がよりよい社会を作ると言うことかな
俺なんか何も出来ないし、考え方の方向性をポチとブサヨに改めてもらいたいということかな


336 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 23:18:00 ID:AJ8Pdedg
>>335
オレはね、今までずぅ〜っと、創価学会はロクなモンじゃない、と思っていたんだが、
キミの姿勢を見ていると、実は創価学会って誤解されているだけで本当は素晴らしい団体
なんじゃないかと思えてきたよ。

337 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 23:31:08 ID:qo7Lf/Y8
>>336
じゃあそう思っとけ
色んなとこでそう主張して来いよw


338 :前スレ756:2005/07/20(水) 23:32:19 ID:eNKKgSs8
>>335
>猪瀬直樹とか木村剛とか高杉良も読んでるしご心配なく

そりゃ心配もせざるを得なくなるわ
僕が言ってるのはそういうのじゃなくて、「もっと教科書風味な本を読んでおけ」ってこと
君が挙げた人達ってのは所詮は「今ここ」しか見えてない人なの
そういう人達が悪いってんじゃないけど、所詮はジャーナリズムの延長線上なんだから
そういうのだけじゃ体系的な分析に弱くなってしまうんだよ
君、自分がそういう弱点を持ってるのを自覚してない?

君は「未来」を変えたいんでしょ?
しかも「保守すべき価値とは何か?」ってのを模索していて
そういう立場なら、過去について教訓や諸外国での類似例とかを参考にした
体系的な分析手法は不可欠になってくるんじゃない?

端的に言ってしまえば、君には「現状を変える力」どころか
「現状を把握する力」にすら欠けるとしか見えないよ
完璧を目指せ!とかじゃなくて、「今の自分に何が足りないか?」を自分を省みる必要があるよ、君

もっと誰も誤解しないように言っておくと、「学問をしとけ!」ってこと
大学レベルくらいの
世の中を変えようと思えば、大学レベルの学問素養は必要最低限だよ

339 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 23:36:00 ID:qo7Lf/Y8
フランス国営放送の『創価学会――21世紀のカルト』

ttp://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/Video.htm

私たちの20人に一人は身近にいらっしゃるという、創価学会の人たちの
実態が、フランスの人たちから知らされるなんて、妙な、感じですね。
逆に言えば、それだけ、日本のマスコミは創価学会や公明党にコントロール
されてしまっている、と言うことなんでしょうね。(^_^;

なおフランスでは、日本のオーム真理教の事件をひとつのきっかけとして、
仏下院(国民議会)がカルトに関して調査委員会を設置し、報告書をまとめた。
そこでは、カルトの本質を「新しい形の全体主義」である、と定義づけたのである。
それは、「魚は頭から腐る」のことわざのように、このカルトの問題を放置しておくと、
自由と民主主義を抑圧し、最終的には社会全体を「死」に至らせる、という危機感からである。

そして、国民に警戒を呼びかけているのだが、カルト問題の本質的かつ最も重要なところは、
こうしたふんだんな資金量を誇り、それをバックに国家権力をも乗っ取りかねない
「巨大カルト」の存在なのである。

<巨大カルトの危険>
仏下院の調査委は'99年、アラン・ジュスト報告書よりさらに一歩、奥へ突っ込んだ『セクトと金』と
題する報告書(ジャック・ギュイヤール報告書)をまとめている。
ここでは、フランスの創価学会が、「エホバの証人、サイエントロジー教会に次いで、
3番目にリッチなセクトである」と指摘。

私も、この(10)公権力に浸透しようとする企てに最も危惧を感じており、カルト教(創価学会)の
議員が、政治権力を握っていく過程を看過するわけにはいかないと考え、
このようなページを作ったしだいです。

※まだドアホがウダウダ言うようなら集められる限りの資料を集めてきてここに貼ります。

340 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 23:37:00 ID:XGFAzxRl
うむ、相変わらずコピペしかできない。お疲れさん。

341 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 23:38:55 ID:qo7Lf/Y8
>>338
あのう、僕は現役の大学生なんですがw
勿論基礎的な政治学、経済学もやらされておりますよw
でもその理解がまだまだと言われればそうでしょうね
一体何を根拠に君が俺の学術レベルを理解したかわからないけどw

さて、最低限の質問をさせて欲しいんだけど
あなたは何してる人?立場だけでいいので教えてくださいな


342 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 23:40:57 ID:qo7Lf/Y8
>>340
そんな煽りに俺様がクマー!ズサー(AA略

343 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 23:45:07 ID:XGFAzxRl
>>341
卒業もしてないのに何言ってんの?



344 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/20(水) 23:46:28 ID:qo7Lf/Y8
>>343
( ゚д゚)ハァ?ウザイから絡んでくるなよ低脳

345 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 23:50:08 ID:XGFAzxRl
>>344
よほど気にしてんのか。
自分の低脳さ加減に気づけ



346 :前スレ756:2005/07/20(水) 23:56:31 ID:eNKKgSs8
>>341
>一体何を根拠に君が俺の学術レベルを理解したかわからないけどw

そりゃ君、今までの君の言動見てりゃある程度は当たりはつくわな
大学生ってだけでも驚いてしまうくらい
だって君の言ってること、床屋政談レベルなんだもん(w
少なくとも僕が大学生だった頃の同級生は、もっとマシなレベルの話ができたよ
(もっと言えば、安易に政治的な左右の話を振れば場は荒れ易くなるって事くらい
理解できてる大人だったけど)

>あなたは何してる人?立場だけでいいので教えてくださいな

さてさて、匿名掲示板でこちらの素性を話したところでどれだけ君が信じるかは知らないけど
でも君が学部に在学中なら、確実に僕の方が学問的素養は上だろうね
だって僕はこの前まで大学院生で、今現在は資格試験勉強中の身だから
僕が上の>>313で挙げた本は全部ネタじゃないよ(流石に今週中に読んだってのはネタだけど)
君が望むのなら、良ければどの本でも解説してあげるけど?
どの本もレジュメを書いたか穴が開く位読んだやつだから
君が大学生なら、>>313で挙げた本のどれでも一冊くらいは是非読んでおいて欲しいな
大学の図書館なら確実に置いてある名書ばかりだから
そしてちゃんとその内容が理解できるのなら、僕が言っていることももう少し理解できるようになるんじゃないかな?

347 :名無しかましてよかですか?:2005/07/20(水) 23:57:40 ID:ST10GLyS
あーでもいわゆる一般学会員はモラルは高いんだよね。
よほどに反社会的なカルトでも無い限り高いモラルを持つことは宗教の基本なので
オウムの信者ですら真面目な善人が多かったな。

348 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/20(水) 23:58:03 ID:pHbmO5JS
 板違いかどうかすら見極めすらできないんだから一人一察 ◆78eZQJ5cpU
が日本語が理解できてるかすらおいらには心配なんだが。 学生風情が民衆
を愚民呼ばわりできるんだからホントいい時代になってるよ。(´ー`)y─┛~~
まぁ、昔存在した選ばれしエリート君達もそうだったらしいがね(´Д`)y─┛~~

349 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:09:22 ID:Kb9Uq5RM
>>346
>大学生ってだけでも驚いてしまうくらい

オレも驚いた。

でも、オレも青臭い時期はこんなもんだったかなあ、
なんて懐かしく思ったりして。

350 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:09:38 ID:AjCEE6XQ
>>337
>色んなとこでそう主張して来いよw
キミ自身が、今全身でそう表現しているんだよ。

351 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 00:14:58 ID:B5hSxkT7
>>355
 チラシの裏だから、無視して良いよ。
 君が言うように、この社会は不完全だよ。クソの塊だと言ってもいいさ。
 でもね、
>なるべくよりよい方向に持っていこうとする「意志」がいるんだ
・・・と言う「意志」は誰もが持っているよ。
 誰だって昨日より今日、今日より明日の方が良い暮らしが出来る事を望んでいるし、それぞれの職場で働いている。
 で、言っちゃあ何だが、社会人のオジサンはそれを"身の回り(=職場)"でやる事で精一杯なのよ。
 どんな職場だって問題山積さ。加えて給料がかかっているから、新聞とTVのイベントにしか見えない「政治」なんて他人事。
 正に「傘が無い」なんだな。
 プラスしてせいぜい家庭かな。町内会の朝のお掃除だって、配分可能なリソース不足で苦痛だよ。
 ぶっちゃけた話をすれば、「何を好き好んで、仕事で疲れたアタマで政治論議をせにゃならんのよ」だよ。

 あとはまぁ全共闘世代がしでかした事の反動があるワナ。
 政治にかぶれて行き着く先が「よど号」や「浅間山荘」や「三島のハラキリ」じゃドン引きだよ。
 あの中からキング牧師でも出てれば、「政治運動はカコイイ」と思う若者も出たんだろうけどね。
 ↑「カコイイ」を笑うなよ。誰だってミーハー層から出発するんだ。
 信長が伊勢長島一揆や比叡山でやった「ショック療法」を、全共闘世代自ら次の世代にやっちまったんだな。
 だから今でも政治を語る事はネガティブに捉えられる。


352 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 00:16:20 ID:B5hSxkT7
つづき。

>道徳や倫理を持つべき、それは何か?=保守すべき価値は何か?
 オレは根がエンジニアだから、新○○好きなんでね。
 ある意味、革新指向だね。
 その「新○○」がシパーイこいた時のバックアップとして、旧来のモノを保守する分には何も言わないけど、拘泥する気は無い。
 ここはまぁ、対抗者として見て貰うしかないね。

>社民主義でいいと言ったの 弱肉強食は違うと思っている
 難しいぞぉ。運動会はミンナで並んでゴールさせるクセに、一方じゃ「お受験」で尻を叩く現実を見る分には。
 「個の競争」と「集団の調和」、例えば「リーダーシップ」と「チームワーク」
 現代日本の「国民総市民下」で、この両者を両立させる事が可能な「日本古来の価値観や倫理観」は存在しない。

 じゃあ何で欧州が比較的上手くいっているかと言えば、彼らは自由・民主主義を詠っていても、その内実には封建時代から続く「階級の分業化」を残しているから。
 つまりイギリスのジェントルマンに代表される支配階級とその教育が生き残っている。
 無論、ブレア首相のように炭坑夫の家庭上がりの国家指導者もいる。
 が、彼は他者からではなく自ら精神を鍛造した、兵卒上がりの将軍みたいな例外中の例外、「天才」だよ。
 こう言う人物を量産する事を望むのは、20年置きにナポレオンの出現を望むようなモンで無茶苦茶だ。
 人間、秀才は作れても、天才は作れない(故に官庁は、天才の発生確率を勘案して、未来の事務次官たるキャリアを多数採用するんだな)。


353 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 00:17:56 ID:B5hSxkT7
つづき。長くなってスマンね。

 で、日本はこの支配階級(武士階級)を根こそぎ絶滅させた。言うておくが、やったのはマッカーサーじゃなくて明治政府だぞ。
 「一億総サムライ化」によって、稀少階級であるべき「武士」の存在意義を消滅させたんだから。で、見事に失敗した。
 今さら武士階級に変わる支配層を復活させるわけにも行かないし、無理だ。モロキュウが決してキュウリに戻らないように。
 ↑詳細な理由は前スレに書いた。

 と、言うわけで「国民の教育」と言うても、「一億総平等」が建前であり、社会的にも階級というモノが消滅した、有史以来初めて日本が直面している社会状況に対応可能な「道徳や倫理」ってのは、そんなに無いと思う。
 と言うか、ソレは今の国民が、日々の生活の中から取捨選択して新しく最適化した「道徳や価値観」を作っていくと思っている。
 その叩き台、参考として「古来の道徳・価値観」に目を向ける事は全然構わない。
 が、ソレを墨守し、強制する事は、馬鹿タリバンがアフガンに11世紀イスラム世界を再現したように、時計を逆回しするようなモンで無茶苦茶だと思う。

 長文、失礼。

354 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 00:18:23 ID:U9ytIThZ
>>345
えと、普通に浪人もせず大学入って普通に通ってるんですが
何を気にすれば?ww

>>346
>床屋政談レベル
へええ、ヘーゲルやら小林秀雄が「床屋政談」ねぇ。
東大の横か何かの床屋ですか?w創価の恐ろしさも知らなかった
大学院生が何を抜かすかw

君の出した本見る限り司法試験目指してるのかな?そこまで
行かなくとも司法書士、社会保険労務士、この辺かな?
一つ忠告しとくよ。昨日みたいに真昼間から2ちゃんなんかやってないで
ガチで条文と判例暗記しまくった方がいいよ。いつまで経っても合格しないよw

で、君の言ってる本は国際関係が多いね。大国の興亡は読んだ。
ケナンやナイは特定のひも付き、ライシャワーとかの匂いがするから読まない
E,H,カーは面白いらしいね。いつか読んでみるよ。俺はハンチントンとかトインビーを
熟読しようと思ってるけど、国際政治は難しいね。

なんで小林板にお互い興味を持つのか。俺の本来のバックボーンは文学ね。
三島、石原、保田、江藤、福田和也というラインね。国家と言うこと、特に
日本の独立と言うのが最も興味ある分野。君は違うだろうね。何が小林に
興味をもつきっかけになったのか教えてちょ。

何か小林ファンを目の仇にしてる連中がいるが、だからと言って
俺に絡んでも若干違うんだがなw俺の主張自体には反論がほとんどないし
日本の独立に反対するような香具師はいないだろうにねぇ。

355 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 00:23:41 ID:U9ytIThZ
>>346続き
>(もっと言えば、安易に政治的な左右の話を振れば場は荒れ易くなるって事くらい
 理解できてる大人だったけど)

ここはそういうことを論じるスレだろうがwwwwww違うのかwwwwww


356 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:28:09 ID:oxnDM/4S
>>354
大学が定員割れしている時代で、大学入っているだけで
こんなにえらそうにできる神経がすごいw

>小林秀雄
コピペや丸写しだろw

きちんとレスしてきた相手に忠告するくらいなら、
自分の心配でもしたら??

>ここはそういうことを論じるスレだろうがwwwwww違うのかwwwwww

小林よしのりの話題以外勝手に振っておいて何言ってんの?


357 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:29:21 ID:Kb9Uq5RM
>>354
>へええ、ヘーゲルやら小林秀雄が「床屋政談」ねぇ。

「名前を知ってるだけ」「抜き書きしたりコピペするだけ」
では「床屋政談のレベル」だと言われてるんだと思うけど。

もう少し落ち着いて、相手の言ってることをきちんと理解
するということを学ぶべきではあろう。

358 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:32:43 ID:eGfMmZh6
W大来るの??ワクテカ( ^∀^)y─┛~~

359 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 00:36:35 ID:U9ytIThZ
>>356
ああ、大学は偏差値70ほどいるところです
君よりはいい大学でしょうなw

小林秀雄を「読んでいる」訳ですが。>>356>>357どっちでもいいが、
お前らに小林秀雄の何がわかるの?検索とか本とか読まないで
「無常ということ」の簡単な紹介して下さい。



360 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:39:32 ID:Kb9Uq5RM
>>359
少なくとも私は、キミに「お前」呼ばわりされるような学歴でもないし、
年齢でもないよ。その偏差値からすると、君の先輩かもしれないな。

煽るつもりはないので、もう少し謙虚になってみてはどうかと言っている。
ソクラテスを知らぬはずもあるまい。

361 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:40:04 ID:oxnDM/4S
>>359
今度は偏差値自慢ねぇ(嘲笑
こんなやつってやっぱいるんですなぁ。
こんなところで言っても証拠も何もないし、何言ってるんだか

>「無常ということ」の簡単な紹介して下さい。
そんなの小林秀雄語りたかったらよそでやれといってるんですが、
自称高偏差値の割りに、こんな簡単なこともわからないんですね

362 :名無し民兵@中村:2005/07/21(木) 00:41:25 ID:fmfTz7Ls
なんか指名されてる…

しかしまあ、大学ン時は、「ヒモつきっぽいから読まない」とかじゃなくて、
濫読するほうがいいと思うんですよね。
社会人になって、時間がなくなってからゆっくりと選べばいい。
選ぶときに、学生時代に濫読した経験が活かせるのだろうから。

363 :名無し民兵@中村:2005/07/21(木) 00:42:37 ID:fmfTz7Ls
年長者に敬意を表するってのは、日本の美徳(むしろ儒教か?)なんじゃ…

364 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 00:47:53 ID:U9ytIThZ
>>360
ああ、千念氏ですかwコテ付けてくださいよwわからないからw
謙虚さ?謙虚に討論してどれだけ嫌な思いし続けたか
このスレの住人は小林の味方と言うだけでありえない無礼を働きますからね
そもそも議論など出来ないのは承知。自分のための議論です。(自分の主張が
論破されるか?それならば俺が間違っていると言うことです)
でも、まぁまず論破されませんね。その度に自信を深め、またぞろ色々考えるのみです。
>>361みたいに即逃げる香具師ばっかだし。ここでの議論姿勢を咎めないで下さい。
所詮は便所の落書きですので。ガチで礼儀を重んじる気などないですので。


365 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 00:50:38 ID:U9ytIThZ
>>362>>363
ネタは?中村w
というか、ここで年長かどうかとかどうやって判断すればいい?
方法教えてくれw無理だろww

後、濫読と言うか、たくさん本読むと大体必要不必要わかってくるよ
気に入らない珍米ポチやブサヨの本など読む気ないし。ライシャワー一派は
日本封じ込め派なんだな。対抗してるのはチャールズマン。読むならこっち。


366 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 00:50:57 ID:BAi7RBqc
>>363
日本に限ったことじゃ無いですけどね。年長者への敬意と言うのは。
もっとも、匿名掲示板での罵倒はレトリックの一種ですので別に気にはなりませんが。


367 :前スレ756:2005/07/21(木) 00:54:42 ID:5RHxp8ve
>>354
>へええ、ヘーゲルやら小林秀雄が「床屋政談」ねぇ。

うん、床屋政談だよ
「ヘーゲルや小林秀雄」じゃなくて、それをネタにした「君の言っていること」がだよ
っていうかはっきり言っておくと、「哲学者に政治はできん!」
特にドイツ系の哲学は観念論に傾きがちだから

まぁ100歩譲って哲学者にも政治ができたとしても、
「哲学を政治に反映する」ってのは学者レベルじゃないと不可能だよ
君レベルでは到底できないから
だから哲学をやるよりは、経済や政治とかを直接扱う学問を学んだ方が
よっぽど君のためになるよ
プラトンが現実政治の前にどう挫折したか、知らないわけではあるまい?
少なくとも政治思想史的にプラトンを評価すれば、「ああいう考え方もあるよね」って言う程度で
現在の現実政治に直接適用できるレベルのものじゃないかね

>創価の恐ろしさも知らなかった大学院生が何を抜かすかw
少なくとも今のレベルじゃ、そんなに顕著な問題じゃないよ
精々が地域振興券レベルにしかならないだろうね
だって創価以外のニーズを吸い上げる体制になってないから
それじゃバルカン政党でやっていくしかないからね

368 :千念:2005/07/21(木) 00:54:57 ID:X4c1Krip
>>364
 以前、伝言という形の発言はありましたが、私は発言の主体の責任は
明確にしています。貴君の誤解です。残念ながら、以前の状況に変化が
ないので、実質的な発言は控えますが、ROMさせてもらっています。
実りある方向に行くことを期待しています。

369 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 00:57:55 ID:B5hSxkT7
>>368
>千念氏
 夜中に乙です。
 どのような状況下は分かりませんが、好転される事を祈ってます。

 こっちは、まぁ、相変わらず副業の合間にカキコしてます。

370 :前スレ756:2005/07/21(木) 01:06:39 ID:5RHxp8ve
あと言っておけば、文学者に政治を任せるのにも躊躇するなー、僕は
自分の脳内世界の美しさに殉じて国を滅ぼしそうで
三島由紀夫とか
石原慎太郎だってかなりアレだし

あと忠告しとけば、トインビーは兎も角ハンチントンは止めといた方がいいよ、今の君には
それよりはナイやケナンの方がずっといいから
って言うか君、著者の立場で読む読まないを選り分けない方がいいよ
政治的主張をあからさまに唱えてる本なら兎も角、僕が挙げたのは教科書的な本だから
まぁ全く色が付いてないって訳じゃないけど、それは読み手の方がキチンとしとけば済む話だから

>一つ忠告しとくよ。昨日みたいに真昼間から2ちゃんなんかやってないで
>ガチで条文と判例暗記しまくった方がいいよ。いつまで経っても合格しないよw

昼間っから2chやってたのはお互い様だろうに(w
昨日言ってただろ?ゲームしながらレスしてるって
昨日はゲームする日にしてただけのことだよ
君だって一年中全力投球で生きてるわけじゃないでしょ?血管切れるよ


371 :前スレ756:2005/07/21(木) 01:11:16 ID:5RHxp8ve
>>355
> >(もっと言えば、安易に政治的な左右の話を振れば場は荒れ易くなるって事くらい
>  理解できてる大人だったけど)
> ここはそういうことを論じるスレだろうがwwwwww違うのかwwwwww

あー、つまり君は真面目に議論する気はないって事なのかな?
少なくとも僕は、祖国の明日について議論するのなら煽り合いや罵倒のし合い
をしながらする趣味はないけど
つまりなんだ、君はただ単に政治的な事柄を肴にして人を煽りたかっただけなのかな?

372 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 01:16:24 ID:BAi7RBqc
政治家が副業で文筆を成すのは珍しくないんですけどね。
マキアヴェッリも外交官首になって君主論や政略論やエロ演劇やら書き始めたクチですしね。

373 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 01:20:18 ID:U9ytIThZ
>>千念氏
暑いですが体調に気を使われてご家族仲良くよい夏をお過ごし下さい

>>367>>370

まぁ要はさ、君は俺の言ってることがとにかく気に入らないんだね。
何を言ってもしつこく粘着してくるね。内容も意味不明だし。

>「哲学者に政治はできん!」

誰が哲学者に政治しろって言ったの?教えてくれ。まさか俺が哲学者?( ´,_ゝ`)プッ

>「哲学を政治に反映する」ってのは学者レベルじゃないと不可能だよ
>君レベルでは到底できないから

はい来ました根拠なき断定。誰が政治家になるって?何寝ぼけてんだかw
お前なんかに言われなくとも勉強してますので。なんでさぁ、2ちゃんの
ほんの10個や20個の書き込みでそいつの学力とかが断定出来るんだよ?
俺に言わせると君の書き込みのレベルでは司法関係には到底つけないと思うよ。
と、言われたらムカツクだろ?安易に相手の能力を断定しないほうがいいと思うけど?
後、プラトンの哲人政治ね。てか、俺は哲学者じゃないし政治家でもないので
何も言う事はないw

創価の恐ろしさがまだわかってないか。まぁいい。同志は2ちゃんに山ほどいるからw
慎太郎がどれだけ世間やここの政治板で高く評価されてるかも知らないのか
何にも知らないんだな。まさか安倍晋三がいいとか思ってるんじゃ?だったら厨だぜw

ま、ガス抜きにここに書き込むのはいいけど、相手見たほうがいいよ。
俺みたいのとガチで議論する羽目になったらストレス溜まるだけだぜw
その辺の小僧コヴァなんかとは次元が違うからw

374 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 01:22:41 ID:U9ytIThZ
>>371
は?ここは「政治的な左右の話」を論じるスレだといっているんだが?


375 :前スレ756:2005/07/21(木) 01:33:35 ID:5RHxp8ve
>>373
>まぁ要はさ、君は俺の言ってることがとにかく気に入らないんだね。
>何を言ってもしつこく粘着してくるね。内容も意味不明だし。

君がこっちの言うことを良く理解できていないのは、そりゃ君が「自分の信念」
とやらに凝り固まっているからだろ
今までで僕の言ってきたことの根底が判らない?
要は「君とは違う考え方もこの世にはある」ってだけの話だよ
君の考え方が君自身の中で客観化されてて、ワンノブゼムであるなら僕も文句は言わないよ
でもそうじゃないでしょ?
君は「自分の考え通りに世の中が動かないのは気にくわない!!」って言ってるようにしか
僕には(多分他の人も)読めないんだが
それじゃ生きていくのが辛いでしょ?って老婆心ながら忠告してるだけだよ
ゲームやりながら鼻歌混じりで(w

>なんでさぁ、2ちゃんの ほんの10個や20個の書き込みで
>そいつの学力とかが断定出来るんだよ?
君についてならまぁ比較的簡単に当たりはつくよ(w
だってこれまでのやりとりの中にもトラップ(って言う程のものでもないが)
仕掛けてるのに、全然読みとれてないんだもの
どんな教科でも「母国語での文章理解力」ってのは学力の基本だよ
(どんなトラップを仕掛けてたかは>>374に対するレスで判るからね)
まぁ言っておけば、賢さを隠すことはできても、
馬鹿さ加減を隠すことはなかなかできないって事かな

376 :千念:2005/07/21(木) 01:38:17 ID:X4c1Krip
>>368 例によって自己レスです。

 貴君の反発を恐れて書き込むのだけれど、このスレを離れると発言した
手前、伝言という形式で、あの鳥坂氏の発言への同意を伝えた。貴君が
あのときのスレの流れで、鳥坂氏に問題にならんという形で反発する気持ち
は重々分かるし、小生と貴君との鳥坂氏への感情、それに基づく対応が異な
らざるを得ない理由もある。例えば私とは客観的立場が違う。具体的には
年齢の問題がある。小生が重ねてきたのも単なる馬齢という側面もある
のだが、一応生きてきた年数の違いもあり相応の敬意を払ってもらえるが
貴君は鳥坂氏よりもずっと若いということがある。

 しかし、私が同意を表明したあの発言のトーンを感じて欲しい。鳥坂氏の
発言には、そこいらの右翼にはない皇室への、特に昭和天皇への敬意が感じ
られるではないか。前の議論の流れから、鳥坂氏のあの発言を全く認めたく
ない気持ちは分かるが、あのトーンを感じ取って欲しい。小生が鳥坂氏を
認めたのも、当初はトンデモナイことを主張すると思いながらも、その心底
に単なるエゴではなく公への思いを感じたからです。

 単なる馬齢を笠に着て言わせてもらえば、両者とも小生とて恐れをなさざ
るを得ない論客です。難しいと思いますが、また、意気投合等期待しません
が、鳥坂氏の貴君への対応も、真率の敬意(鳥坂氏はこの表現は好まないだ
ろうが、やはり貴兄を見込んでいるというところはあるので)を感じ取っ
て、実りある議論を期待したい。


377 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 01:41:50 ID:U9ytIThZ
>>375
大丈夫、三島や石原好きの人間だから目標があるからね
人と違うのは百も承知。受け入れられないかもと言うのも
百も承知。なんせ日本の真の独立なんて言ってたら右翼扱いだからね。

大体掲示板の討論相手のプライベートなんか知ったことではないが
老婆心ながら言うと、君は単に勉強するのが嫌で2ちゃんでウダウダ
愚にもつかないレス書いてるだけだよ。こっちはここで議論しても
それなりの収穫があるが、君には何も無い。今この瞬間に商法119条を
ブツブツ暗記する方がどれだけ良い事かwそれから、君がどれだけ俺を馬鹿にしようが
おいらは自分の頭にそれなりの自信があります。IQも相当高いしね。
だからここで俺を「馬鹿」呼ばわりする香具師が100人出てきても( ´,_ゝ`)プッ
としか思わない。それより今は「資格とる!」とか「自分探し!」とか言ってる人が
フリーターが多いらしいが君もそうなんだろうね・・・。・゚・(ノД`)ヽ悪い事は言わない

ひたすら条文と判例暗記 それが君のすること 以上w



378 :前スレ756:2005/07/21(木) 01:43:41 ID:5RHxp8ve
>>374
> >>371
> は?ここは「政治的な左右の話」を論じるスレだといっているんだが?

はい、>>371に注目!
僕は言ったよね?
>安易に政治的な左右の話を振れば場は荒れ易くなる
>安易に
>「安易に」
はい、注目終了!

何故政治的な話題は荒れ易いのか?
それは人それぞれで政治的な信念に差異があるからだよね?
だから「安易な」話の振り方をすると、場は荒れてしまう訳だ
だからこそ「高いレベルで議論」をする人達が政治的な左右の話をしようと思えば、
「懇切丁寧に」「礼儀正しく」議題を振るわけだな
逆に言えば、「安易な」話の振り方をしない限りはなかなか場は荒れないんだよ

で、君の態度はどうかな?
僕には(そしてROM者の殆ども多分)、君が礼儀正しいとは到底受け取れないんだが
もうそれだけで、「高いレベルの議論」をする人から見れば
「こいつ空気読めない馬鹿」っていう扱いしか受けないんだよ
君多分まだゼミに入ってないでしょ?
まともな大学(偏差値70以上あるような(w)のゼミなら、殆どがまともな先生だから
(少なくとも学生に対する学問的態度においては)
真っ先に君のそういう態度は修正されるよ、絶対に

379 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 01:49:13 ID:U9ytIThZ
>>378
くどいな。ここでそんな礼儀正しく振舞うなどと言うことは
さんざんやってきた。で、もうしない。」学習したわけだここで。以上

で、そんな枝葉末節のことで得意げに長文書いて、俺の人格攻撃して君が
何が得られるの?詳しくかいてみ?( ´_ゝ`) ん?

380 :前スレ756:2005/07/21(木) 01:53:27 ID:5RHxp8ve
他にも言っておけば、
>>221でも「革命的前衛(w」とか言って左翼用語で茶化してるのに反応がなかったり
(本2000冊読んでるのに「前衛」とかの共産主義の用語を知らないのかな、って心配したよ)
>>213やこのレスでも「本2000冊」って言って「藻前は自作自演だろ!」って
暗に煽っても反応がなかったり
(この場合反応がないことは自作自演を認めたことになるんじゃないの?)
まぁそういう意地悪なレトリックをあちこちにちりばめてても、君反応しないでしょ?

普通「高いレベルで議論」できるような香具師は、こういうレトリックをキチンと読みとれるもんなんだよ
で、そういう「高いレベルで議論ができる人」程、「無知の知」を知っていて
謙虚になっていくものなんだよ
それなのに君、
>俺みたいのとガチで議論する羽目になったらストレス溜まるだけだぜw
>その辺の小僧コヴァなんかとは次元が違うからw
とか言ってるし
そういうのは「高いレベルの議論」をする人は決して言わないNGワードなんだけどな

381 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 01:54:43 ID:oxnDM/4S
>>377
>大体掲示板の討論相手のプライベートなんか知ったことではないが

自分のレスよく見返せ

>君は単に勉強するのが嫌で2ちゃんでウダウダ
>愚にもつかないレス書いてるだけだよ。

お前のことだろ。学士もとってない香具師がえらそうに言うなよ。

>IQも相当高いしね。
今度はIQかいw

>人格攻撃して君が 何が得られるの?
お前がなー

382 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 01:56:19 ID:pMYtW6iX
やぱり現実世界じゃかなり悲惨なんだろうな一人一札たん

383 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 01:57:11 ID:U9ytIThZ
>>380
>>379後半二行

>>381
相手して欲しい?

384 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 01:57:49 ID:oxnDM/4S
それからいい加減に名前「駆除係」に戻したら?
君の駆除は>>377>>379みたいなレスひて相手があきれて
撤収するのを待つやり口でしょ

385 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 01:59:08 ID:oxnDM/4S
>>383
自分は散々人格攻撃しておいて、他人のそれには過剰に反応

自分が嫌ってるサヨクみたいですなw

386 :前スレ756:2005/07/21(木) 02:00:54 ID:5RHxp8ve
>>377
>今この瞬間に商法119条を
>ブツブツ暗記する方がどれだけ良い事かw

君、法律系の勉強したこと無いでしょ?
法律系の勉強では「条文の暗記」なんて一銭の価値もないんだけどな
もうこれだけで、「暗記系の勉強」しかしたことがないっ自白してるようなもんなんだけど
君大学生なんだろ(それも偏差値70以上あるような)
そんな大学の定期考査って、暗記だけじゃ追いつかないンだけどな、普通
それともまだ大学入ってからテスト一回も受けたことがないのかな?
忠告しておくと、借りたノートを一夜漬けで暗記するだけじゃ
及第点しか取れないし、すぐに揮発してしまうよ
君、勉強したことを社会で生かしたいんでしょ?
それなら暗記じゃなくて自分なりの血肉になるように本を読解しとかないと

>おいらは自分の頭にそれなりの自信があります。IQも相当高いしね。
つ「無知の知」


387 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 02:01:14 ID:U9ytIThZ
>>384
>>385
相手して欲しいですか?
回答 はい いいえ 

388 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:01:28 ID:pMYtW6iX
>>384
だからその手口そのものを批判されると人格攻撃だ!
と火病を起こすんだろうな…

批判さえるのがいやなら、そんな手段をとらなきゃいいのに…

389 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:03:40 ID:oxnDM/4S
>>387
壊れちゃった?どんどんレスがつかなくなってるねー
>>386の指摘は?

390 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:06:43 ID:hFlO+m8y
>>380
まぁ「高いレベルの議論」でやたらレッテル貼ったり、自分は頭イイ!とかいわん罠w
太った豚より、ソクラテスなど言いながら「無知の知」を知らないようですなぁ。


391 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 02:07:32 ID:U9ytIThZ
>>386

はい、もう終わり。ずるずるずるずる論点がずれてどこまで
行くかなーと思ってたけど
>法律系の勉強では「条文の暗記」なんて一銭の価値もないんだけどな

これでよくわかった。兄貴は弁護士ですが、法律に携わる人間は
一にも二にもまず暗記だそうです。で、君がそれを嫌っているのが
よーくわかりました。単に現実逃避してるだけだな。それにお前なんかに
言われなくとも勉強の方法は教わりますがな弁護士の兄貴にw

わかったらさっさと六法全書を開く!以上!お前の相手はお前の試験合格の
ためにももう終わりね。お前はのんびり大学生の俺と夜中まで議論してる
立場じゃないだろうがwwwww必死で勉強しろよヴォケwwwwww

392 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:07:44 ID:pMYtW6iX
>>390
もしかして彼の言うレベルって
厨レベルの事なのかも知れない

393 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:09:33 ID:hFlO+m8y
>>387
相手にされてほしいのでツカw
回答 Да  Нет

394 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 02:10:07 ID:U9ytIThZ
>>俺を必死に煽ってるポチorブサヨ達へ

何か内容のある提案しとけ。内容次第で相手してやるから( ´,_ゝ`)プッ じゃあ寝る

395 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:12:23 ID:hFlO+m8y
暗記しただけじゃぁ弁護士なんかになれない希ガス。
ぶっちゃけ法律関連には疎いが、丸暗記だけで裁判官になれるんなら今日からでも
六法全書かじっちゃうぞw

396 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:13:26 ID:pMYtW6iX
400勝とか2000冊の次ぎは兄貴ですか…
つくづく確認の取れない安易な権威付けがお好きなようで…
やっぱり必死なんだろうなぁ。

397 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 02:13:24 ID:B5hSxkT7
>創価の恐ろしさがまだわかってないか。
 大作センセイがポックリ逝ったら、血族後継者、学会幹部、党執行部三つどもえの権力闘争が始まるぞ。
 彼らが権力欲と組織防衛本能にどう折り合いを付けるのか、ワクテカなんだが。>所詮はコップの中の嵐だ。

>慎太郎がどれだけ世間やここの政治板で高く評価されてるか
 公務をサボリ倒しの知事をアンマ評価できないね。>今期石原都政。
 側近に実務を任せっきりで、自分は好きな事し放題ってのは、ルイ16世やバイエルンの狂王ルートヴィヒ2世に通じるところがあって俺は嫌いだ。
 沖ノ鳥島でのパフォーマンスなんて、NY市長がアフガンにNY市警SWATを送り込むようなモンで、勘違いも甚だしい。
 国土防衛は国家の専管事項だ。んなコトする前に、1000万都民の為に働け。それで高い給料貰っているんだからさ。
 それでもやりたきゃ都内選出の議員バッジ付けて「都民の国会代議員」として国会で喚き、パフォーマンスをすればいい。
 実現したいんだったら「永田町の作法」に乗っ取り、手練手管を使って内閣総理大臣になればいい。

>「政治的な左右の話」
 君が語っているのは、ハッキリ言って右も左も無い「畳の上の水練」だ。
 ベルヌーイの定理を知らなければ流体工学は語れないが、それだけでは下水管の設計は出来ない。
 加えて確立降雨予測やら何やらを知っていれば下水管の設計は出来るが、施工方法を知らなければ実際に作る事は出来ない。
 ↑つまり「非現実的」な図面を引いてしまうんだな。
 加えて施工方法を知っていても、施工管理能力が無ければ工事は進まない。
 小難しい専門書を読むのも良いが、ソレをどう現実社会に結びつけていくか、常に考えた方が良いよ。
 たとえ最適解が書かれていたとしても、所詮ソレは「理論値」であって、ソレが「現実的」である事なんて、滅多に無いんだから。
 観念世界に生きるブンガク屋ならそれでも良いけど、現実世界にソレを持ち込んだら、ソレを埋め合わせる事が出来なくてハラキリした三島の後追いになるよ。

398 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:13:37 ID:oxnDM/4S
>>394
こんどは「(自称)弁護士の兄貴」ですか

「偏差値」「IQ]「肩書き」自慢と、」自慢ばっかりですな

逃走乙

399 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:14:41 ID:hFlO+m8y
自分は内容の無い提案をしといて、論破汁!
と書き込んどいて
内容のある提案しとけ。ですとw
じゃぁ寝るも常套句になってきましたねぇ。
そのうち寝ると書き込んだら二度と浮上してこないかもね。
ああ、無論名無しとしては浮上するだろうけどw

400 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:16:36 ID:hFlO+m8y
>>395
裁判官になれるんなら×
弁護士になれるんなら○

酔っ払っております。これでは一人一察タン以下だな俺w

401 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:16:42 ID:pMYtW6iX
実際その観念論ですら彼の身どころか暗記すらされているのか怪しいところ…
マジで薄っぺら過ぎる。

>>398
彼がどんなものにコンプレックスを抱いているかよくわかりますな。

402 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 02:47:12 ID:B5hSxkT7
>千念氏
>そこいらの右翼にはない皇室への、特に昭和天皇への敬意が感じられるではないか。
 自分は、「組織のリーダー」と言う立場の人間には、とりあえず敬意を払います。コレには右も左もありません。
 せいぜいウン億円のプロジェクトと人員を動かした事しかない自分から見れば、それ以上の規模の集団の指導者なんて、それだけで「ヘヘー」な存在です。
 加えて国家を背負った人物となればもう・・・首相経験者が、退陣後に一気に老け込むのを見れば分かるでしょう。
 「人を率いる」と言う事は凄まじいエネルギーを必要とするからです。
 その後で功罪を足し引きして、俗に言う「善し悪し」を付けます。それでマイナスになったら、敬意もクソもありませんが。

 自分が昭和天皇を尊敬するのは、まず1億国家を率いたという事、そしてあの未曾有の負け戦に(臣下の軍部に殺されるリスクを覚悟で)終止符を打った事です。
 ヒトラーは自殺してケツまくりましたが、天皇はある種「生き恥」を曝してまで、「大日本帝国今上天皇」の責務と責任を果たしました。
 近来希に見る、見事な「超巨大複合組織集団(国家)の統括責任者」振りを見せてくれた事に対する敬意です。
 別に万世一系とか現人神とか、西洋で言う「ブルーブラッド」だから尊敬しているワケじゃありません(ンなモン、クソッ食らえです)。
 「偉いから、偉い」ではなく、「偉い立場にいて、その立場が生む猛烈な諸々のプレッシャーの中で、ちゃんと"やるべき事"をやったから、偉い」のです。
 まぁ、「エライ」と言う言葉に、「偉い」と「しんどい、ツライ」と言う二通りの使い方のある地方で育ったから、そう思うのかも知れませんが。

 失望されたらスミマセン。

403 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 02:57:30 ID:fcqXYqwu
1人1察ってネタであって欲しい。本当にコンナ奴がいたら痛すぎる。

404 :千念:2005/07/21(木) 03:09:38 ID:X4c1Krip
>>402 意気に感じてカキコせざるを得ません。

 全く同意です。立憲君主制下の制約を自覚して、あれだけ立派に
なすべきことをなされれた君主はいないと思っています。
 これだけ、自らの処すべき立場に忠実であった人に、実際的な政治上の
責任を負わせようとする人は、人であることの何たるか、その現実の理不尽
とも思える様々な困難に思いを致さない人非人だと思っています。

 私が夢想するのは、一人察氏と鳥坂氏がお互いに相手を止揚(アウフヘ
ーベン)することです。

 場末の論壇と殆どの人が見なしている2chで、玉石混交の石が98%位
は占めるところですが、忌憚ない意見が交わされるという得難い場所でも
あります。小生も、無論自己表出の欲求はありますが、1%位は、自分の
発言の意義を信じたいところもあって発言をして来たわけです。

 鳥坂氏とと一人一擦氏とは、オフで間近に会って言葉を交わしたい位に
思っていますよ。オッと、中村氏も忘れてはいけないな(自己を無にできる
得難いキャラクタの持ち主ですから。)

 

405 :千念:2005/07/21(木) 03:32:52 ID:X4c1Krip
>>404 失礼 一人一察氏。

>一人察氏  
訂正:一人一察氏 (ゴメン)

>鳥坂氏とと一人一擦氏とは
訂正:鳥坂氏とと一人一察氏とは

 (ゴメン:「一人一察」変換が難しい。「一人一殺」を連想して、テロ主義者
であることを
標榜しているようで、小生があって欲しい貴君の姿とは違うのでこうなった
のかも知れない。)


406 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/21(木) 04:40:33 ID:B5hSxkT7
>立憲君主制
 必要があって、この歴史的成り立ちを軽〜く調べたんですが、スンゲー面白いんですわ、これが。
 良ければ明日(金曜)以降にでも、以前の「満州論」みたいに私見混じりの駄文を書いてみますが。
 どうでしょう、皆さん?

407 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 05:23:37 ID:Ynyva0C6
『天皇陛下がそれほど国民のことを思っていたのなら、一九七〇年代に初めて行われた国際記者会見で、
戦争責任と原爆投下について質問されたとき、

「私はそのような言葉のアヤについては、文学方面を研究していないのでよくわからぬ、
原爆投下は戦争だから仕方がなかった」

とうそぶき、記者団を唖然とさせるはずもなかった。
その一言で、天皇のために死んだ三二〇万同胞の死はすべて犬死になった。
曖昧な笑いを浮かべながらそう言った男の顔をブラウン管のなかに見つめながら、
僕はこの瞬間からこの男を激しく軽蔑するようになった。
アジア諸国は天皇発言に激しく抗議したが、
日本のマスコミは一切論評を避けた。

言論の自由が死んだ日でもあった。

(報道写真家、福島菊次郎著「ヒロシマの嘘」「僕と天皇裕仁」の章から)

http://homepage2.nifty.com/munesuke/za-2003-8-6.htm



408 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 10:53:54 ID:ryQdMP48
>>402
>まず1億国家を率いた
「君臨すれども統治せず」を旨としていたそうだから、率いていたとは
言えないでしょう。

>あの未曾有の負け戦に(臣下の軍部に殺されるリスクを覚悟で)終止符を打った事です。
>ヒトラーは自殺してケツまくりましたが、天皇はある種「生き恥」を曝してまで、
>「大日本帝国今上天皇」の責務と責任を果たしました。
天皇家の歴史を見れば、大義名分の看板として権力者の間を渡り歩き乗り換えてきた
政治的サバイバリストです。平氏から源氏。足利織田豊臣徳川。徳川から薩長。
手の平返しは1000年不敗のお家芸です。あの時も旧日本軍から連合国軍に乗り換えた
だけだと思いますよ。最優先は「天皇家の存続」であって国民や国家はついででしか
なかったのではないかと思われます。

409 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 11:48:37 ID:U9ytIThZ
さて、一晩明けてみると、それぞれがそれぞれの主張を開始し始めたかな?
中々面白い展開になりそうだ。これならロムに徹しても面白くなりそうだ
ま、>>169にも書いたとおりなんだが、「議論」が始まる事は楽しい事
ウヨサヨの激論の果てに何かが得られれば両陣営にとって好ましかろう
その内IFを!氏辺りもまた来るぞこの流れだとwと言うことで敢えてロムに徹します

410 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 13:33:19 ID:BHpLGdLa
>>409
>「議論」が始まる事は楽しい事
その「議論」を邪魔する奴がよくもまぁぬけぬけとw

411 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 16:53:14 ID:phsH3GCy
新しい歴史教科書をつくる会のメンバーらが執筆した扶桑社の歴史教科書を選定した
茨城県大洗町教委と共同採択地区の採択結果が食い違っている問題で、
下村博文文部科学政務官は二十日の衆院文部科学委員会で、
大洗町が独自予算で使用することは可能との見解を示した。
 長島昭久氏(民主)の質問に答えた。
下村政務官は「基本的には採択地区の最終決定に従っていただきたいが、
それでもどうしてもということなら、大洗町が独自に購入して使うことは可能だ」と説明した。 中学歴史教科書の現行の定価は七百五円で、大洗町立中一年生に配布する場合の
予算は約十二万円。 
 また、中山成彬文科相は共同採択制度の問題点について「教育は子供たちや保護者の身近に下ろすべきで、採択地区は狭くしたい。『この教科書をどうしても使いたい』という所があれば使えるようにしたい」と述べ、教育委員会の採択権を保障していく考えを示した。
 茨城県の採択地区は七地区で、人口規模が近い広島県の二十四地区に比べて広い。茨城県議会は昨年九月議会で採択地区を「市もしくは郡」単位にするよう決議したが、
県教委は細分化を行っていなかった。
 地区協議会の再協議を前に市民グループ「茨城の教育を考える会」は同日、県庁で記者会見し「再協議では根拠に基づいた納得いく論議を行い、最も学習指導要領に準拠した教科書を選定すべきである」とする声明を発表した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000006-san-pol


412 :むっちょ:2005/07/21(木) 17:12:41 ID:3ue0hBra
>トインビーとハンチントン
両方やめとけ。共にただの神秘主義者だ。

413 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 18:30:00 ID:6auZQSLH
一人一察 ◆78eZQJ5cpUが、菊地級に進化するのを待ってます

414 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 18:34:10 ID:fL0SUd8e
>トインビーとハンチントン
ハンコックも混ぜとけ

415 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 20:44:45 ID:WJNz3LNV
>>414
さすがにそいつは格が違うだろ

416 :名無しかましてよかですか?:2005/07/21(木) 21:28:06 ID:AjCEE6XQ
一人一察 ってのはさ、黒鳩と同じで、『ホメ殺し』系のヒトなんではないかな?
自分の意見の反対の人格を創造して、徹底的にイタい行動を取る事で、反対者は
皆異常なんだ、と思わせようと言うわけだ。
つまり、一人一察の『中の人』は創価学会の熱心な活動家なわけで、だから、
「創価は悪だ!!!11!!!、かんしゃく起こる!!!11!!!」と叫ぶだけで
『何がどう』悪なのか全く説明しない(できない)わけでね。
まぁ、いずれにしてもアラシの一種には違いないね。


417 :前スレ756:2005/07/21(木) 23:22:37 ID:5RHxp8ve
>>391
んー、そういうので弁護士になれたんだー?
暗記だけでいいなんて、結構楽なんだね

君、何で判例の勉強するのか判る?
判例で重要なのはその「結論」じゃなくて、
判決に至る理由となった「ratio decidendi」の方が、後の裁判を拘束するんだよ
だから「一にも二にも暗記」してるだけじゃ、判例を勉強したことにはならないんだよ
まぁ司法試験の予備校とかでは「覚えさせる」方が教える方も楽だからそうしてるところもあるかも知れないけど
でもそれじゃいけないから、法科大学院構想がでてきたんだけどな
そういうのって君の「弁護士の兄貴」は教えてくれなかったかな?
(因みに言っておけば、僕の身内も弁護士だよ(w)

今までの言動見てると、どうも君
「多くのことを覚えてるのが偉い」って思い込んでるみたいだね
条文の正確な内容が知りたければ手元の六法全書を読めばいいじゃない?
(多くの大学の法科では、試験での六法持ち込みを認めてることが多いのは知ってるよね?)
知識が知りたければ君の目の前にその扉があるじゃない?
君の目の前の箱は、15年前じゃ一般人が想像もできなかった程の知識を君にもたらしてくれる
世界規模の情報端末の一端でしょ
「知ってる」だけじゃ、「何処かからの引き写し」してるだけじゃ、
「高いレベルの議論」はできないんだけどなー

それとも君、他人に自慢できるのが暗記力だけなの?
まさかねー、「高いレベルでの議論」をしようとする人がそんな薄っぺらい人じゃないよね?

418 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/21(木) 23:24:31 ID:U9ytIThZ
結局何も議論が進んでないwおいおい、それよかロンドンでまたテロですよ
日本も狙われたら絶対防げないぞ。今すぐにイラクの自衛隊撤収させるべきだろ?
給水作業も実質終わって既にサマワの市民に任せてるわけだしさ

後、中国が人民元切り上げたなついに。日本としては微妙だな。若干損か?

でさ、いいフラッシュたまたま見つけたから見ろ。特にポチ必見

島唄 沖縄県民斯く戦えり
ttp://www.geocities.jp/m_murakata/simauta.swf

419 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 01:05:26 ID:X1TeqGmd
>>418
なるほど、日本はテロに屈しろ。テロぽちになれと?
そうなるとテロリストどもはこれ見よがしに日本を脅迫するでしょうなぁ。
それこそ国益に反していると思えませんか?

420 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 01:15:10 ID:xW65Qh/K
中国からサイバーテロが相次いでいるが、それにも屈しないといけない
ようですな。


421 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 01:24:32 ID:X1TeqGmd
しかし、前スレで日米同盟批判(?)をしていたわりに、イギリスでテロが起こったから
自衛隊を撤退させようという考えはどこか矛盾しているように感じるのですが・・・
アメリカに依存しない防衛体制を望むなら、同時にテロリストに対しても毅然とした態度
で挑む必要性があると思いますが如何でしょうか。

422 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 02:01:12 ID:gbT6HrL4
>>419
テロに屈するんじゃないな。サマワにいる必要が無いから撤退すればいい。
それによって日本がターゲットにならずにすむんだから。
逆に聞くが、これ以上サマワに自衛隊を駐留させる意味を教えてくれ。
後、「テロリストどもはこれ見よがしに日本を脅迫する」て例えばどんなの?
 絶 対 に 逃げずに両方答えてくれ、な!

>>420
どこからそんな話になるんですか?
きちんと論理だてて説明して。

>>421
いや、そもそも日本はキリスト教vsイスラム教には無関係です。
間に入って仲介するのが理想の立場。それをキリスト教圏の肩を
持つからイスラム過激派に睨まれる事になる。毅然な態度も何も
敵と思われないんだよ、アメリカの肩ばっか持たなきゃね。
無差別テロを非難しながらもアメリカも批判すると言う姿勢なら
まず狙われないわな。ビンラディンにすら「日本は原爆落とされて
おきながら何故親米なのだ」とか言われる始末wテロリストの親玉に
こんなこと言われてどこまで恥ずかしいんだよw

423 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:09:05 ID:wbMrUde+
>>422
あらあらw
また批判されるとファビョり始めましたねw
そもそも中東問題はキリスト教VSイスラム教などと要約できるほど単純なもの
なのでしょうかねぇw
ついでに、中東の油田に日本が頼っている以上中東問題は避けて通れない道と思うんですけどねぇ。
その諸問題を避けていては、自主防衛など遠いお話。

424 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:11:32 ID:wbMrUde+
しかし、論点ずらしてばかり、逃げてばかりの人間が
ネットに常駐してるとは限らない名無しに対して逃げるなと言うとはねぇ。
今の俺や、あんた見たく暇な人間ばかりじゃないと思うけどねぇw

425 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 02:13:14 ID:gbT6HrL4
>>423
どこから湧いてきたんだよお前?
で、中東問題?いつ誰がそんな話を?
俺は日本との関わりというレベルで書いただけだが?
な、「中東問題」を俺が語ったレスはどれ?抜き書け。

426 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:15:51 ID:wbMrUde+
>>425
え?キリスト教VSイスラム教ってのは中東問題のことじゃなかったの?
そうか、スペインやアフリカ諸国、あるいは東南アジア諸国の抱えている
宗教的対立のことでしたかw
そうなると日本は決して「キリスト圏」の肩を持っているようには思えないのだけどねぇ。

427 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 02:17:01 ID:gbT6HrL4
>>424
>しかし、論点ずらしてばかり、逃げてばかりの人間が
ok、どれかわからないので全て指摘してくれ。お前断言してるんだからな。
そして、そんな偉そうな言い草なんだから、当然お前は俺が書いてるレス
全てに反論するんだよな?楽しみに待ってるよw


428 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:17:20 ID:wbMrUde+
>どこから湧いてきたんだよお前?
なるほど、君に許可されないと書き込んじゃ〜いけないんだw
2chも変わったねぇw

429 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 02:17:59 ID:gbT6HrL4
>>426
アメリカはキリスト教圏ではないのですか?

430 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:19:36 ID:wbMrUde+
>>427
ほら〜論点ずらしw
何で君のレスすべてに反論しないといけないのかなぁw
偉そうって、君ほど偉そうに振舞ってる覚えは無いんだけどねぇ。

431 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 02:19:51 ID:gbT6HrL4
はいはい、反論楽しみに待ってるよ
それから、コテも付けて欲しいな(・∀・)ニヤニヤ
絶対逃げないでね?あんさんは俺を
「しかし、論点ずらしてばかり、逃げてばかりの人間」
と、罵倒してくれた訳で。きちんと自分の吐いた言葉に責任持とうな!

432 :名無し民兵@中村:2005/07/22(金) 02:40:50 ID:SI6NnPQJ
千念氏、買い被りすぎですw

433 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:42:43 ID:feCpTVP2
名無しの煽り相手に何をムキになってるんだろうか?<一人一察

434 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 02:47:03 ID:xW65Qh/K
>>422
>サマワに駐留する意味
現地で必要+イラク政府から撤収要請がないから

>テロに屈するんじゃないな。サマワにいる必要が無いから撤退すればいい。
>どこからそんな話になるんですか?
テロが起きたから自衛隊撤退しろといったのは誰?

>「テロリストどもはこれ見よがしに日本を脅迫する」

ヒント「日本赤軍」

イラク情勢の話の中で「キリスト対イスラム」って言い出したら
そりゃ中東のことかと思う罠
>>422の「キリスト教vsイスラム教」っていったいどこのことよ?

それにしても
>それをキリスト教圏の肩を 持つからイスラム過激派に睨まれる事になる。
これってすごい認識ですな。過激派なんて自分たち以外は敵って連中だろ。
タリバンがいい例だ。
大多数のイスラム教徒が迷惑こうむっているのにね。
イスラム過激派ポチですたか。

435 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 03:04:14 ID:GxKSwbfA
>>433
Answer 自分と違う考え方の人間を徹底的に排斥したいから。


「というわけで、民主主義には二度万歳をしよう。一度目は、多様性を許すからであり、
二度目は批判を許すからである。ただし、二度で充分」

∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい
∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい


436 :名無し民兵@中村:2005/07/22(金) 04:35:56 ID:SI6NnPQJ
ああ、そういえば、ちょいと前に某著者ゲストの飲み会に行ってきたんですが、
その人がいうには「東京(日本、ではない)でテロが起きる可能性は低い」そうな。

理由1・アラブ系住民が少ない
理由2・警察(公安?)が監視してる
理由3・東京が混乱すると、テロリストが使用している電子機器などの主な供給が受け辛くなる
らしいですが。詳しくは覚えとりまへん

437 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 05:52:57 ID:LhN1t3mT
 とりあえず日本のイラクでの任務は水の補給任務だけじゃなくて、
地元業者だけじゃできないインフラ整備や建物の補修もふくまれてるから。(;´ー`)y─┛~~
武士道の国からきた自衛隊でも見たほうがいいと思うよ。(´Д`)y─┛~~
 最初のテロでの討論番組で自衛隊は派遣するより撤退する方が難しい。 サマワの人
が感謝して撤退しないと意味がないと散々指摘されてたけど…。 テロが怖くなったので
撤退しますでサマワに自衛隊はテロが怖くて我々を見捨てたと印象を残して撤退したら
な〜んの意味もないじゃん。 ( ^∀^)y─┛~~

438 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 06:03:44 ID:LhN1t3mT
まぁ、大雑把にあげるなら陸自部隊の活動は給水、学校・公共施設・道路の補修、
医療支援が主な任務。 給水作業は給水車を貸し出して雇用したり地元の業者に
やらせたりしてサマワでの雇用を促進したりしてるんだけどね。(´Д`)y─┛~~

自衛隊の任務が給水作業だけなんてググれば簡単に解るような事も知らない人
は、ハっきり言って問題外というやつなわけです。( ^∀^)y─┛~~

439 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 10:13:45 ID:Mb4eYuqG
>417
知り合いの弁護士によれば、司法試験では「引き出しが少ない方が迷わずにすむ場合もある」だそうですが、
「そういうのは後で苦労する」だそうで。

440 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 11:01:39 ID:gbT6HrL4
>>434のID:xW65Qh/K

420 :名無しかましてよかですか? [sage] :2005/07/22(金) 01:15:10 ID:xW65Qh/K
中国からサイバーテロが相次いでいるが、それにも屈しないといけない
ようですな

>>420
どこからそんな話になるんですか?
きちんと論理だてて説明して。

日本語が読めないか?まずこの説明からだお前は。
都合よく答えられないものは無視し書き込むお前の神経を疑う。
「敗走して質問に答えずすみませんでした」と謝ってね。

>>435
批判を許さないんじゃない、「まともな批判が無い」からお前らは駄目なんだw

>>中村
それは事実だと思うが、名指しでアルカイダおよびイスラム過激派に
ターゲットに指名され、サマワでも爆撃食らってるような状態じゃ
楽観視は出来ないと思う。

441 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 11:10:27 ID:gbT6HrL4
一応>>434も潰しておく

>現地で必要
は?どう必要なの?詳しく。

>テロが起きたから自衛隊撤退しろといったのは誰?
誰のどのレス?抜き書いて教えてね

>ヒント「日本赤軍」
よど号事件ってか?イスラム過激派が日本に何を求めるの?
奴らの目標とかわかってるのお前?池沼?

>「キリスト教vsイスラム教」っていったいどこのことよ?
イスラム教徒は中東にしかいないの?どこまで馬鹿なの?
いちいち書かないと駄目?そんなにレベル低いの?

>過激派なんて自分たち以外は敵って連中だろ。
初耳です。ソース特濃でw

お前心底わかってないな。イスラム過激派はな、イスラエルを憎み、
サウジ、イラク等、イスラム社会にアメリカ軍含むキリスト教徒が
駐留する事を憎み、一方的に繁栄してる西洋を(これは逆恨みなんだが)
憎んでいる訳です。取りあえず認識がおそまつすぎ。出直せw

442 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 11:13:12 ID:BbRS4vr3
>>440
>「まともな批判が無い」から

「まとも」か、「まともでないか」は誰が、どのようにして決めるわけですか?
センセエが決めるんですか?

-------------
これはたとえ話ですが、新宿南口、甲州街道沿いに、いつもぶつぶつと
『お前らはおかしいんだ、早く死ね死ね死ね……』
と延々つぶやき続けている名物オジサンがいます。

さて、客観的にみた場合、「誰がおかしい」と思いますか?
我々ですか? それともそのオジサンでしょうか。

443 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 11:43:03 ID:gbT6HrL4
>>442
あれだ、そう言うなら俺のレスで、一切根拠なくいきなり
「お前らはおかしいんだ、早く死ね死ね死ね……」
と発狂してるレスはある?俺はきちんと議論した上で
相手が逃げさるから「敗走乙」と言ってるわけで。
ま、日本語も読めない文盲なんだろ君は。そうとしか思えない。
そうでないなら脈絡もなく俺が発狂してるレスアンカーつけてね

それから、うじゃうじゃ名無しクンが当たり前のように
こちらの質問を無視しIDが変わったらまた粘着してくるのがうざいから

 俺 に レ ス つ け る と き は コ テ ト リ つ け て

 無 い も の に は も う 一 切 レ ス し な い の で よ ろ





444 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 11:47:57 ID:ZRWyPFKI
>>441
潰しておくだってw
>は?どう必要なの?詳しく。
イラク復興がまともに進んでいると思ってるんですか?
質問で返すことになるけど、あなたが必要でないと思う理由を書いてくださいね〜。

>よど号事件ってか?イスラム過激派が日本に何を求めるの?
>奴らの目標とかわかってるのお前?池沼?
では奴らの目標を教えてくれ。
しかし日本赤軍でよど号事件しか出てこないってw
テルアビブ、ロッド空港での銃乱射事件が何故出てこないのかな〜?
あと中東・アイルランド、アフリカ、中南米のテロリストの話を
少しでもかじったことがあるならイラクから撤退したくらいで
テロリストが黙るとは思えませんけど?

>イスラム教徒は中東にしかいないの?どこまで馬鹿なの
あれ?中東問題の話をしてるんじゃないとか書き込んでなかったっけ?
しかし>434の書き込みを見て、イスラム教徒は中東にしかいないと
主張してると思ってしまうあんたの読解力ってw


445 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 11:52:32 ID:gbT6HrL4
>>444真上のレスが読めないか?

 俺 に レ ス つ け る と き は コ テ ト リ つ け て

 無 い も の に は も う 一 切 レ ス し な い の で よ ろ



446 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 11:55:59 ID:ZRWyPFKI
>>443
すごいなぁ>>442の書き込みをそこまで「曲解」できるとはw
しかもレスを付けるなんてなぁw普通は無視すると思うけどね。

本当の事を言われると怒るとは言いますけど、もしかしたら>442の
書き込みが実は的を得ていたりして〜w

あ〜無論レスなどつかないんですよねぇw

447 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 11:59:16 ID:ZRWyPFKI
>>445
いや、常にリロードしてる訳じゃないしw
書き込んでいる途中に君が書き込んだだけだし。
で、君は>>443で発言したことを>>445にてすでにできていなかったり
するのですけどw
まぁもうレスは無いと思いますけどw

しかし2chでコテ付けろ、付けないとレスしない!!とファビョる人間
て一体・・・・

448 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 11:59:40 ID:qSBdXHAb
反論できない言い訳がコテトリですか…

449 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 12:00:27 ID:gbT6HrL4
流れに消されるのが惜しいので再掲載

馬鹿ポチ共はまずこのフラッシュを5回見ろ
そして、自らが卑怯者の臆病者だと言う認識を持て

島唄 沖縄県民斯く戦えり
ttp://www.geocities.jp/m_murakata/simauta.swf

いつ俺たちは沖縄県民に「後世特別の御高配」を賜るんだ?
小林の沖縄論は読んだか?見て見ぬ振りをするのか?


450 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 12:20:39 ID:ZRWyPFKI
ttp://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/ooka-nonaka.htm
この愛児への手紙を読んで泣いた。
特攻なる戦術に対しての不条理さ、理不尽さ、だがそれでも
特攻という手段しか残されていないがゆえに、特攻へと駆り立ててゆく
若者たち。
だが指揮官たちの一部は若者たちを「志願という形の強要」形で特攻
へと送り出し、自分たちはのうのうと生き延び、あまつさえ戦後重要な
役職へと返り咲いたものたちも少なくない。

特攻に対しては怒りもある。またそれでも特攻という行為に対してある、
抗することもできない魅力があるのもまた事実である。
悲壮美。国のため、家族のため、あるいは友のためという名聞を持った死。
果たして当時の日本人が特攻という行為に対してある種の許容をしていた
のは何故であろうか?
特攻という手段から見えてくる日本人像とは何なのだろうか?



451 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 12:28:45 ID:gbT6HrL4
神風 KAMIKAZE
ttp://www.geocities.jp/kamikazes_site/index2.html
ttp://www.geocities.jp/kamikazes_site/gaikoku_kamikaze/andre_malro.htm

特別攻撃隊の英霊に捧げる

アンドレ・マルローの言葉
「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわり何ものにもかえ難いものを得た。
それは、世界のどんな国も真似のできない特別特攻隊である。
ス夕−リン主義者たちにせよナチ党員たちにせよ、結局は権力を
手に入れるための行動であった。日本の特別特攻隊員たちは
ファナチックだったろうか。断じて違う。彼らには権勢欲とか
名誉欲などはかけらもなかっ た。祖国を憂える貴い熱情があるだけだった。
代償を求めない純粋な行為、そこにこそ真の偉大さがあり、
逆上と紙一重のファナチズムとは根本的に異質である。
人間はいつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ。
戦後にフランスの大臣としてはじめて日本を訪れたとき、
私はそのことをとくに陛下に申し上げておいた。
フランスはデカルトを生んだ合理主義の国である。フランス人のなかには、
特別特攻隊の出撃機数と戦果を比較して、こんなにすくない撃沈数なのに
なぜ若いいのちをと、疑問を 抱く者もいる。そういう人たちに、私はいつもいってやる。
《母や姉や妻の生命が危険にさらされるとき、自分が殺られると承知で
暴漢に立ち向かうのが息子の、弟の、夫の道である。愛する者が
殺められるのをだまって見すごせるものだろうか?》と。私は、祖国と家族を想う
一念から恐怖も生への執着もすべてを乗り越えて、 いさぎよく敵艦に
体当たりをした特別特攻隊員の精神と行為のなかに男の崇高な美学を見るのである」
二十世紀の思想を代表するフランスの文人アンドレ・マルローは、
こういうと床に視線を落としたまましばし瞑黙した。まさに百の頌詞にまさる言葉であろう。
私はこれ をつつしんで特別特攻隊の英霊に捧げたい。


452 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 13:00:26 ID:eatbc30V
特別攻撃をさらに許せないものにしているのは、出撃した者のほぼ全員が戦死したのに、隊員を選び、
送り出した側のほぼ全員がなんらの責任も負わず、戦後の長期間を恩給付で生き続けたことだ。
〜中略〜
この連中は異口同音に言う。
「特攻は本人の愛国心の表われであり、あくまで志願によった」
と。前半にはある程度の真理があるが、後半についてはこれほどのウソはない。一部の例外的なケース
を除いて、特攻への道を歩まざるを得ないように仕組んだ結果なのだ。希望か否かを問うたり、特攻以
外に勝機は得られないと訓示するのも、間接的な強制である。
特攻は至上の行為、どうせ戦死は必定と言ったムードにはあらがいがたい。まして上官から望むか否か
を問う紙を渡されて、「希望せず」とかけるはずはなかった。そんな選択を許される時代ではなかった
のだ。
特攻の悲惨さを表すには特攻攻撃そのものよりも、送り出した側の掌を返したような敗戦後の生き方を
記すのが、あるいは効果的なのかも知れない。だが、本書中にもいくつか出てくるが、そんな連中の名
前を書くことすら不愉快だし、読者も気分を害されるに違いない。
それならば、特攻の対極にあった戦闘組織を描いてみたらどうだろう。努力と苦心をかさねつつ、正攻
法を採り続けた舞台を記述することで、特攻推進者たちの愚考や卑劣を表現できるのでは、と考えた。


渡辺洋二「彗星夜襲隊」より抜粋

453 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 13:53:04 ID:BbRS4vr3
>>443
>俺はきちんと議論した上で
>相手が逃げさるから「敗走乙」と言ってるわけで。

センセエは、自分でも「議論なんかしてない」と明言してるし、
私からみてもまさしくその通りだと思います。

で、まともかまともでないかは、誰がどのように決める訳ですか?
議論する、根拠を提示するとかそういうコトにかかわらず、

『センセエだけが判断基準である』

ということであれば、くだんの名物オヤジとなにが変わるのでしょう。
そういう話ですよ。

454 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 14:01:42 ID:gbT6HrL4
ttp://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/sinpu-oonisi.htm

大西瀧治郎 海軍中将

遺書

特攻隊の英霊に日す 善く戦ひたり深謝す 最後の勝利を信じつつ肉弾として

散華せり

然れ共其の信念は遂に達成し得ざるに到れり 吾死を以て旧部下の英霊と其の

遺族に謝せんとす

次に一般青少年に告ぐ 我が死にして軽挙は利敵行為なるを思ひ 聖旨に副ひ

奉り自重忍苦するの誡ともならば幸なり 隠忍するとも日本人たるの矜持を失ふ勿れ 

諸子は国の宝なり 平時に処し猶克く特攻精神を堅持し

日本民族の福祉と世界人類の為 最善を尽くせよ


「特攻は統率の外道」と知りながらもこれを敢行するを得なかった
そして、終戦後大西中将は自決した


455 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 14:03:33 ID:Mb4eYuqG
2でコテを付ければ、叩くヤシが出てくるのはあたりまえ。
名無しを相手にするのがイヤなら、他の所に行くしか無い罠。


456 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 14:35:47 ID:cKRuaJVe
ttp://military.sakura.ne.jp/ac/k11w.htm
ttp://military.sakura.ne.jp/ac/willow.htm
ttp://military.sakura.ne.jp/ac/sprice.htm
ttp://military.sakura.ne.jp/ac/ki79.htm
特攻機として使用された練習機

ttp://military.sakura.ne.jp/ac/ouka.htm
http://military.sakura.ne.jp/ac/kikka.htm
ttp://military.sakura.ne.jp/ac/ki115.htm
ttp://ho-to-.hp.infoseek.co.jp/type-ta.html
特攻専門機


457 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 14:48:16 ID:sL+OGuEb
ttp://ho-to-.hp.infoseek.co.jp/hukuryu.html
ttp://ho-to-.hp.infoseek.co.jp/sinyou.html
ttp://www.edu.nagasaki-u.ac.jp/private/fukuda/report/sinyo/kaiten.htm
海からの特攻



458 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 14:52:12 ID:V0WT1bDi
まあ疫病や飢餓で死んだ連中よりはかっこよくて美談にしやすいのはあるな。
人間美しい物ばかりを見ようとするものだ。たとえ同じ悲劇にしてもね。

459 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/22(金) 17:09:00 ID:uFlFBZn6
>>407
>原爆投下は戦争だから仕方がなかった
 あの戦争についてと言う条件付きで、この言葉は通用するだろう。
 何せ敵も味方も「大威力の爆弾」と言う認識しかなかったのだ。
 放射能障害は戦後に分かった事で、言っちゃあ何だがコレを以て当事者を指弾するのはおかしい。
 また大威力爆発が起こした被害について云々するなら、何故ドレスデンや東京空襲等の大規模都市爆撃を同列に扱わないのか、自分には理解出来ない。
 核兵器が通常兵器と明確に分類されるのは、核兵器の超絶性が判明・理解された戦後の事だ。
 戦後価値観で戦中の戦闘行為を云々する事は、ココの住人が一番嫌がる事ではないのか?

>天皇の戦争責任
 ここの>>30にも書いているが、「やる事やってる」のに更に責任追及する方がどうかしているだろう。



460 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/22(金) 17:11:05 ID:uFlFBZn6
>>480
>「君臨すれども統治せず」を旨としていたそうだから、
 コレについても>>30に自分の認識を書いてあります。
 本人はそう思っていても、法的立場は全然違っていたんです。
 ソレに「君臨すれども統治せず」とは、自分に代わる代理執行人を任命するという事で成り立っています。
 「お前に任せた。責任はオレが取る」が本筋であり、決して「万事、良きにはからえ。余は預かり知らぬ」では無いのです。
 任命した執行者がスカタンであれば、任命者には「任命した」と言う責任がついて来ます。
 コレが変だというならば、幹部の不祥事で社長が退陣したり、秘書の不祥事で代議士の去就が取り沙汰されるなんて事は発生しません。

>あの時も旧日本軍から連合国軍に乗り換えただけだと思いますよ。
 その前に、軍部に殺されて伏見宮を担ぎ出されるという可能性もありましたね。
 時の権力者が自分達にとって都合の悪い天皇を実力で排除する事は、日本史を見れば良くある事で、そのリスクを覚悟で聖断を下したんだから大したモンでしょう。

>最優先は「天皇家の存続」であって国民や国家はついででしか
 王冠は、国家の付属品です。
 天皇家が無くても日本と言う国家は存続可能ですが、日本が無くなれば天皇家と言う皇族は存続不可能です。
 欧州にはハプスブルグ家やホーエンツォレルン家の末裔達が生きていますが、彼らの社会的地位は皇族ではなくタダの貴族、又はタダの○○国市民です。
 天皇家が天皇家である為には、日本という土台が必要であり決して「ついで」なんて軽くは考える事は無理です。

461 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 20:17:47 ID:cQUM9GL4
一人一刷、ついにコピペ便衣兵になったか・・・

462 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 20:41:01 ID:gbT6HrL4
最近の珍米ポチの生態系

事大主義(小中華思想)を尊重し、宗主国アメリカ様を絶対的存在とし
ありとあらゆる手段を使いアメリカ様を擁護する。アメリカの批判は絶対しない
どこかの国の将軍様批判をしないのと同じレベル。チョソ半島人思想全開である。

また、決してコテハンをつけず、真正面から議論する事を避け、
徹底的なゲリラ戦法を行う。数も無意味に多い。まさにクソテロリスト。
私見では半年以上コテハンをつけ真摯に議論するポチを見たことがない。
まさしく卑怯な便衣戦法を駆使するベトコンと同格である。

結論 珍米ポチ=ベトコンチョソという最凶最悪の2ちゃんの癌 アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ! 

463 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 21:08:01 ID:v121yLMn
>>462
前からそうだったじゃん。

464 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 21:11:12 ID:V0WT1bDi
最近の若い子は礼儀がなってないですな。
我慢するとか辛抱するとか出来ない。

465 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/22(金) 21:14:39 ID:uFlFBZn6
 ところで、自称「2000冊読んで、400戦無敗」のグレイシー3VWL3Tan氏は、何時になったら自説の
「いざ有事の際は自衛隊は在日米軍の指揮下に入るのよ」
を証明する条約・法規・協定を提示してくれるんだろうか?
 


466 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 21:37:50 ID:uKp5UWtn
お〜い、一人一察の中の人〜、今日もちゃ〜んと大作先生の為にまじめに財務やってるか〜?

467 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 23:06:18 ID:LhN1t3mT
アメリカ批判がないのが気に入らないなら、ちゃんとソレ専用のスレ
があると思うんだけどなぁ。(´ー`)y─┛~~  BSEスレか捕鯨スレにでも
いけないいのに(´Д`)y─┛~~

468 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/22(金) 23:46:58 ID:gbT6HrL4
ちょっと気になった言葉書いておく

岩波のマキャベリの「君主論」よりp、112〜113

第十八 君主の契約履行について(↓抜粋文)
そこで、競争するには二つの方法があることを知らねばならぬ。
第一は法により、第二は力による。前者は人間に固有なもので、
後者は獣に属する。しかし、第一の方法だけではしばしば十分で
ないから、第二の方法に頼らねばならぬことがある。

そこで、君主が特に獣の方法をとらねばならぬ場合には、彼は狐と獅子を
選ぶべきである。獅子は落とし穴に対して自らを防ぐ事は出来ないし、
狐は狼に対して防ぐ事は出来ないからである。

簡単に言うと、獅子の勇猛さだけでは賢い戦略を考えられない、また
狐の賢さ(狡さと言ってもいい)だけでは戦争に勝てないと言う事。
この両方を備えた人間が君主に相応しいということだが・・。

翻って日本の現代政治を見ると、全然出来てないことがわかる。
戦争は出来ません、小ずるい戦略も立てられません、まずいことですなぁ。


469 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 23:53:05 ID:BbRS4vr3
>>468
大義がどうとかなんとか真顔で主張してた人間の言うこととは
思えません。

470 :名無しかましてよかですか?:2005/07/22(金) 23:55:45 ID:Mb4eYuqG
>459
原爆投下の米側については微妙な気がする。
効果を確認する為に無傷な都市を残していたり、使う事で自分達の功績を残そうとする人達がいたり。

被害者が天皇の発言に反感を抱くのには、致し方ない気もする。
が、自分には当の発言は波乱を起こさない様に配慮したもののようにしか思えない。

471 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 00:00:08 ID:W97spgDR
続き 君主論より
p、78〜
第十二 軍隊の種類と傭兵について
さて主権者が自分の領土を守ることころの軍隊は、自分のものか、
傭兵か、援兵か、混成軍かであると言っていい。
【傭兵と援兵は有害無益】であって、傭兵の上に基礎を置く国家は
堅実でも安全でもない。(【】は俺がつけた)

p、89〜
第十三 援兵と混成軍と国民軍について
いま一つの無益な軍は援兵で、これはある主権者が他の有力な
君主にその兵力による保護と援助を求めた時送られるものであって、
近くは法王イウィリウスがその例である。(中略)
要するに、傭兵について最も危険なのはその怯惰にあり、援兵について
恐れるべきものはその勇敢にある。ゆえに、聡明な君主は常にこのような
兵を避けて自国の軍隊に頼り、他国の兵力によって勝利を得るよりは、
むしろ自分の兵と共に敗北を選ぶ、これは他人の軍隊の助けを借りて
得た勝利は真の勝利でないことを知っているからである。

日本・・・_| ̄|○

472 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 00:02:20 ID:UvegyWVe
>468
立憲君主と絶対王政以前の考え方を比較するのは無意味。
現代政治と比較するのはさらに無意味。

473 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 00:10:34 ID:LW+AyolS
>>471
あくまで当時のコトですが、
それを提唱したマキアヴェッリは国民軍を創設しますた。



しかし、期待していた国民軍は戦争で役に立たず、
マキアヴェッリは大変失望したそーな。という話を覚えています。

うろ覚えなのでアレですが…

474 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 00:17:06 ID:nxn3l8cf
第18章って統治の技法だろ??なんでそこに戦争が出てくるのよ(´Д`)y─┛~~
論点は「君主は臣下や盟友に対してどのような態度をとりどのようにおさめるべき
かの検討」なんだから 18章なんて特に「君主は信義を、どう守るべきか」がテーマ
なんだから18章で言ってるのはだれかさんの大嫌いな脳内親米ポチのいう「信義
なんていらない!!国益のみを優先すべし!!」なんだけどね(´ー`)y─┛~~

475 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 00:21:09 ID:nxn3l8cf
 もしかして一人一察 ◆78eZQJ5cpUタン、文言の本質は関係なく
自分の主張と合うような文言を本から探して当てはめてるだけ??(;´Д`)y─┛~~

476 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 00:29:36 ID:nxn3l8cf
18章のめぼしい解釈方法を見つけたから貼っておくよ。(´Д`)y─┛~~

名君は信義を守るのが自分に不利を招くとき、あるいは
約束したときの動機がすでになくなったときは、信義を
守れるものではないし、守るべきものでもない。とはいえ、
この教えは人間がすべてよい人間ばかりであれば、
間違っているといえよう。しかし人間は邪悪なもので、
あなたへの約束を忠実に守るものではないから、あなた
の方も他人に信義を守る必要はない。それに約束の不履行
について、もっともらしく言いつくろう口実など、その気になれ
ば君主はいくつでも探せる。

http://www.kumagai.ne.jp/lecture/entry.php?entry_pkey=168
引用ね。

こんな政治家がいたら大変スわ…。(´Д`)y─┛~~

477 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 00:33:16 ID:C9m6CUIX
>475
読んだ本の内容を理解してないとこから見てもそうとしか

478 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 00:38:14 ID:W97spgDR
>>473
俺も中世のヨーロッパ情勢はよくわからないので
あとがきとかザーッと読んだけどそういうことは書いてない。
良かったら詳しく教えてくれ。でも、国軍は必要だと思うし、
マキャベリの主張は今日にも通用する戦略論だと思うんだが。

479 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 00:46:43 ID:oz619Djg
マキャベリより烏坂の質問に答えなさいな。

480 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 00:54:23 ID:W97spgDR

 俺 に レ ス つ け る と き は コ テ ト リ つ け て

 無 い も の に は も う 一 切 レ ス し な い の で よ ろ

 
後、>>177で最初から鳥坂とエセピーには一切レスしないと書いている。
┐(´д`)┌ ヤレヤレ珍米ポチ=ベトコンチョソの便衣兵テロはいつ終わるの?


481 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 00:55:57 ID:W97spgDR
定期テンプレ 次スレには必ず貼ります

最近の珍米ポチの生態系

事大主義(小中華思想)を尊重し、宗主国アメリカ様を絶対的存在とし
ありとあらゆる手段を使いアメリカ様を擁護する。アメリカの批判は絶対しない
どこかの国の将軍様批判をしないのと同じレベル。チョソ半島人思想全開である。

また、決してコテハンをつけず、真正面から議論する事を避け、
徹底的なゲリラ戦法を行う。数も無意味に多い。まさにクソテロリスト。
私見では半年以上コテハンをつけ真摯に議論するポチを見たことがない。
まさしく卑怯な便衣戦法を駆使するベトコンと同格である。

結論 珍米ポチ=ベトコンチョソという最凶最悪の2ちゃんの癌 アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ! 


482 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:04:43 ID:UvegyWVe
>480
だ か ら 名無しを相手にしたくないなら2ch以外に行け。

りんご箱の上でアジって満足するならそれもokだが(w

483 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:05:28 ID:q35DeIJc
>>480
大丈夫、もうキミは「議論の対象」ではなく、「ヲチの対象」
でしかないので。

484 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:15:17 ID:nxn3l8cf
 アメリカを君主に置き換えて国際社会を盟友との関係として、アメリカが国際法
を守らずにイラク攻撃を行ったとするならば、大雑把に言えば18章でいうマキャ
ベリズムを体現してることになるなぁ。 なぁんだ一人一察 ◆78eZQJ5cpUタンは
親米ポチだったのかぁ。(´Д`)y─┛~~

485 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:18:04 ID:C9m6CUIX
>>483
ついにヲチ板に一人一察スレが!?

486 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:20:08 ID:oz619Djg
俺様ルールが一番なのか・・・
スポーツの試合で審判と選手を
同一人物がやっているようなものだナ。
しかもその人物は自分の都合によって
ルールブックを書きかえることさえできる。
一人一察じゃなくて一人千摺だな。

そりゃ全勝するのもあたりまえだわw
勝敗はすべてセンズリ様が決めてるんだからさ。


487 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:21:49 ID:Uo0Nhlwu
誰も名乗れと言ってないのに、勝手に名乗っておいて、
他人の名無しを批判するとはこれいかに。
なんちゅう無残な敗北宣言だ

488 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 01:23:06 ID:W97spgDR
取り合えず新参の為にこれ貼っとく

(´ー`)y─┛~~←この馬鹿エセピーの華麗な電波生き恥さらし語録

@イラク戦争は大義のある合法な戦争
A査察の根拠はIAEAの定期的査察
Bアナンに裁判で僕が勝ってみせる。アナンは間違っている。
Cアメリカはジュネーブ条約未批准
D広島・長崎への原爆投下は合法
Eいかなる空爆も意図的でなければ民間人を殺害しても合法
F実戦で小型核が使われたことがある
Gイラクの油田もゲットしました
Hハーグ陸戦条約25条は「目的」という概念が必要
I表現・言論の自由は個人はいくらでも侵してよい
J国益にさえなればアメリカじゃなくともどこの国と
 同盟を結んでもいい
K日本の保守は内ゲバ 伊藤博文も東条英機も保守ではない
L輸出入と関税の関係も知りませんエセピーは
M公定歩合を決めるのは国家だと思っていましたエセピーは
NODA大綱も知りませんでしたエセピーは
OICPOによる国際捜査協力が既に行われていることも知りませんでした
P国益になるなら米以外でもどこでも組める(J)と華麗な宣言をし
「中国とでも組める?」と聞かれると「犯罪捜査だけ」と突然主張を
 変えましたエセピーは 
Q中国はどんなことがあっても拉致問題解決に協力しないと
 根拠もなく絶叫


489 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:25:01 ID:BEGBapcE
>>481
ベトコンと同格でいいよ。一応アメリカに勝ったんだからねw
いや勝ったのは「ベトミン」か。
どうした、勝手に脳内結論をつけて政治板に華麗に転進でもしますかw

まぁ明らかにイラク戦争でのアメリカの対応は問題が多々あった。
だが、そんなことよりもイラク復興を方を優先し、その後アメリカ批判
をすべきだと思わないか?

ああ、そうかレスしないんだったねw


490 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:27:10 ID:BEGBapcE
>(´ー`)y─┛~~
一人一察タンの魑魅魍魎たる生き恥語録を頼むぅwww

491 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:28:42 ID:nxn3l8cf
>>488
1番は反論不能になってたし。
2番は安保理決議687にIAEAの査察がイラクに義務付けられてるし。
3番なんてアナンが国際法違反かどうか決める権利はなく、決めるのは
国際裁判所の判事だと言っただけなんだけどね。
まぁ、めんどうくさいから全部指摘はしないけどほとんど決め付けと捏造多数
のテンプレ貼って楽しい?(´ー`)y─┛~~


492 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 01:30:47 ID:W97spgDR
コテハンつけて討論出来るポチorブサヨはマダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

493 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:32:12 ID:UvegyWVe
必ずしも同意しないわけでも無い部分があるにもかかわらず、この言動を見るに掩護射撃をする気にもなれないワタクシ・・・

494 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:34:39 ID:nxn3l8cf
>>490
今の所は「もう給水活動は終わってるんだから、自衛隊は不用!!」
って所じゃないかな? せめて自衛隊の主用任務をググってから口だし
してほしかった。(´Д`)y─┛~~ 医療援助も道路や公共施設の整備
だってやることはまだあるんだけどねぇ(´ー`)y─┛~~
あとは上で指摘した通り君主論の文言の意味を曲解して解釈しすぎ。(´Д`)y─┛~~
でもね。きっと偏差値70以上の大学行ってて頭には自信がありIQも高く弁護士
の兄を持つ一人一察 ◆78eZQJ5cpUタンの事だからきっと釣りなんだよ。

495 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:35:50 ID:UvegyWVe
>492
だ か ら、論争相手にコテ要求するなら他所へ行けって。

な2ch原理主義者なワタクシ

496 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 01:45:57 ID:W97spgDR
仕方ない、独り言として書くかw

自衛隊員が結局サマワ市民の仕事を奪ってるんだが、それが復興支援なのか?w
とっとと仕事をサマワ市民に返しなさい。ちなみに自衛隊員は戦闘のプロの
集まりで、土木やらなにやらの能力は素人。サマワ市民にでも出来るレベルの
ことしかしてません。以上。

君主論に関しては小泉総理もせっせと夏休み読んでましたw駄目じゃないか!!
小泉総理を否定しちゃあ!!( ´,_ゝ`)プッ
後、俺は慎太郎信者なんだから当然戦略の重要さも理解しております。
誰も原理主義一本槍ではありません。むしろそういうことを考えるほうが楽しい。
その事も確認したかったからマキャベリなんだがな。が、お前らの反応と来たら
まさにベトコンチョソw 話にならんw



497 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:56:19 ID:aUgHnjcU
>>496
陸自の工兵(もとい施設科)が土木の素人ぉ?
え〜、その素人が重砲やロケット砲の斉射に絶えられる堅牢な陣地を作り上げ
50トンを超える戦車さえ通過可能な橋を前線でかけることができるんだw
自衛隊の皆さんに失礼だぞ〜。
ついでに隣町の小学校の新築のとき、自衛隊の皆さんが基礎工事をしてくれました。

498 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:57:24 ID:UvegyWVe
あー、自衛隊派遣には反対なワタクシだが、賃金を出すところが無くば仕事もクソも無い事はワカルぞ。

出したからには、引き時が肝要な事もワカルわけだが。

499 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 01:59:15 ID:aUgHnjcU
ついでに台風や洪水などの被害の際にも自衛隊の皆さんに活躍してもらってます
へ〜、なるほど素人作業だったんだ〜w人民解放軍も真っ青ですなぁ。

ついでに陸自に言った友人が「山で人が遭難したり、近所のお年寄りが行方不明
になったくらいで待機命令(?)が来る」と愚痴ってました。
でも「遭難していた人が見つかったときはうれしかった」とも言ってましたね。

500 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:03:40 ID:aUgHnjcU
>>498
しかし、下手に泥沼に足を突っ込むのも問題ですからねぇ。
ただ「テロが起こったから撤退汁!」などといえるほど安易なものでも
無いですし。
とりあえずサマワの復興が真の意味でひと段落し、現地政府との引継ぎ
が完了するまで続けるべきでしょうね。

501 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:05:27 ID:aUgHnjcU
>自衛隊員が結局サマワ市民の仕事を奪ってるんだが
そういやこの発言って根拠があるのかな?
できればソースをお願いしたいんですけどね。

502 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:09:54 ID:Uo0Nhlwu
>>496
独り言ならチラシの裏にでも書いとけw

503 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:14:16 ID:UvegyWVe
>498の2行目は

自衛隊を出したからには、撤退するにはそれなりの理由や時期を考慮する必要がある。

てな意味でつ。
わかり難い文章でスマソ。

504 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:18:02 ID:1DBKiPg1
>>503
いや普通に理解できましたけれども・・・
一人一察タンに対してのレスですかね?

505 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:25:34 ID:Uo0Nhlwu
しかし>>442がよっぽど的を得たレスだったんだろうなぁ
わかりやすすぎ。
「自分は罵倒しつつ、相手には紳士的な対応を要求する」って、
サヨクのやり口だと思ってたが、一人いっさつも同類だったんですなぁ。

506 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:33:20 ID:UvegyWVe
>504
さいです

507 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:38:01 ID:1DBKiPg1
>自衛隊員が結局サマワ市民の仕事を奪ってるんだが
粘着するが、ソースはまだかなぁ。
他人にソース寄こせという割には、自分のソース提示がないんだよなぁ。
その割無意味なコピペが多いし。

508 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 02:50:19 ID:W97spgDR
 俺 に レ ス つ け る と き は コ テ ト リ つ け ろ

 無 い も の に は も う 一 切 レ ス し な い の で よ ろ

何回言わせるんだ半島人ども 日本語がわからないのか?
で、サマワの「復興支援」てなんなのだろうか?
あそこは戦闘も行われなかった平和な場所なんだがなー。
「開発支援」てならわかるんだがなー。おかしいよなー。

コテつけて「復興支援」の説明してくれる日本人求む。以上。

509 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:55:08 ID:nxn3l8cf
>>490
「ちなみに自衛隊員は戦闘のプロの
集まりで、土木やらなにやらの能力は素人」
これも付け加えて。 入隊試験には土木・建築に関しての専門試験
があって、入隊してからも専門知識を叩きこまれるのに、素人って( ^∀^)y─┛~~

医療支援に関してはスルーするしかなかったようですな。
自衛隊は給水車を貸し出したり民間委託したりして地元の雇用に貢献してるよ。
また「武士道の国から来た自衛隊」には他の国は地元業者に丸投げして、業者は
時間になってもすぐ帰っちゃうんだけど、自衛隊は自衛隊員も一緒に鉄条網を貼って
一緒に怪我したり汗をかいたりして血を流して、自衛隊に雇われたイラク人だけは
時間がすぎても仕事をやっていると他国の軍隊から不思議がられたと美談が載っていたねぇ。
平和な場所でもインフラがないから発展が望めない以上自衛隊が作る。 医療機器や医薬品
が足りず、医者の知識もないから自衛隊の医者が指導する。 これが復興支援じゃなくて
なんなんだろ( ^∀^)y─┛~~

510 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 02:57:56 ID:nxn3l8cf
>>509
ないから→足りないからね。

平和な場所で街もすべて整備されていて、何も不自由してないなら、
そもそも自衛隊の復興支援するところはないし、NGOの給水活動とやらも
いらないだろうに( ^∀^)y─┛~~

511 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 03:01:13 ID:FJ/BiDBC
>自衛隊のサマワ進駐
 サマワ市民に地力でのインフラ整備能力があるなら、とっくにODAや復興援助金ブチこんでやっとるわ。
 技術者もいない、重機も無い、資材すら無い、無い無い尽くしでカネだけあってもショーがねーべ。
 ↑官僚叩きのネタを官庁自ら作ってドーする?
 ついでに、未だ馬鹿テロリストが横行しているようなところに、民間ゼネコンを送り込むわけにもいかん。
 彼ら民間日本人技術者の生命は、誰が保証するのか?
 当然、日本人の生命と財産を守るべく、血税で飯喰ってる自衛隊だ。
 財務省は民間軍事会社を雇うようなカネは出してくれないからね。
 結局、自衛隊が出る事になるなら、死んでも見舞金が安くつく自衛隊員の方が良いワナ。
 ↑ヒデェ話だと思うが、人命とお金を天秤にかけるのも官僚と政治家の仕事だ。

>土木やらなにやらの能力は素人。
 元・土木エンジニアとして言わせて貰うが、
 素 人 に 土 木 工 事 の 施 工 管 理 が 出 来 る か っ  大 馬 鹿 野 郎 !
 日曜大工とはワケが違うんだぞ。

 ちったぁ勉強しろ!
 この様子じゃ、マキャベリがいた頃の政治・軍事事情を分かった上で、氏の文を引用したのかどうかも怪しいぞ。

512 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 03:07:46 ID:Uo0Nhlwu
>>508
棄てトリップでコロコロ変えるくせにえらそうに言うな

結局間接的にレスしとるが、都合の悪いところはスルーしてるだけだろ。

子供みたいな真似するなw



513 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 03:15:14 ID:q5rDTWfk
さらに粘着するが
>自衛隊員が結局サマワ市民の仕事を奪ってるんだが
のソースまだぁ?

514 :過去レス読まず途中参加:2005/07/23(土) 03:20:54 ID:ExSq8BuP
横レス失礼
私は神戸在住ですが震災の折りの自衛隊の方には感謝しております。
土木に関しては素人とのご意見があるようですが、
全くの間違いですね。大規模な土木作業を行うのにはまずもって
組織・指揮命令系統がきっちりとしていることが不可欠です。
それと自衛隊の方の体力忍耐力は素人にはありません。
検索知識の披露がお得意な方にはまず無理ですね。
以上。

515 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 03:22:48 ID:q5rDTWfk
   ,! ||     .|
     !‐-------‐
   . |:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
    ,|:::i |  ・∀・.||  ソース
    |::::(ノ 中濃 .||)
    |::::i |..ソース.||
    \i `-----'/
      ̄U"U ̄    ,-ー─‐‐-、
           ,! ||     .|
           !‐-------‐
          .|:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
          ,|:::i |  ・∀・.||  ソース
          |::::(ノトンカツ||)
          |::::i |..ソース.||
          \i `-----'/
             ̄U"U ̄


516 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 03:25:09 ID:q5rDTWfk
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
| |   |    `-=ニ=- '      |  
| |   !     `ニニ´      .!  自衛隊はサマワ市民の仕事を奪っているのじゃ!
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ


517 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 03:50:13 ID:+cl80FHD
>>478
あー、申し訳ない。
>うろ覚えなので
…なので、ソースとかは出せません。軽くググってみもしましたが、見付かりませんですた。

別に国軍の必要性に疑問を投げかけたってわけではなくて、
そういう背景もマキアヴェッリの中にはあったっていう認識でヨロ。

518 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 03:50:40 ID:3d+BIMVB
>>468
神聖ローマ帝国傭兵隊長ヴァレンシュタインの活躍を見れば一概に傭兵が悪いとも言えんのだがな。
あるいは戦術家ピュロスの例を見ても一概に傭兵は良くないとはいえない。
むしろ傭兵を雇っている国家の側に問題がある場合あったけどね。

無論マキャベリを批判しているわけではなく、後世から歴史の一点のみ抜粋
するとそのような事実があるといってるわけ。
ああ、ローマ帝国と神聖ローマ帝国は別物なのであしからず<一人一察氏


519 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 03:51:48 ID:+cl80FHD
サマワに関してはもう既に出てますけど「武士道の国の自衛隊」ですかね。
勿論、編集が産経で協力が(恐らく)自衛隊ですから、PR的な部分を否めないとしても、
現地に行った人の言葉を聞くという分にはいい本だと思います。

520 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 03:56:10 ID:3d+BIMVB
傭兵といったら戦国時代の武将たちの集まりも一見すれば傭兵の集まりに
見えてしまいますね。
ここら辺どうなんでしょうか?

521 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 03:57:40 ID:+cl80FHD
>>518
一時期の戦争は傭兵が担っていた部分はありましたもんね。
(日本の戦国時代も然り)
やはり、背景っちゅうのは見逃せないもんです。

522 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 04:02:17 ID:+cl80FHD
>>520
不勉強なのを棚に上げてあえて言うならば、
在郷領主たちは「傭兵ではない」のではないでしょうか。
俺のイメージ的な部分で申し訳ないのですが、あくまで傭兵とは
「共同体的な繋がりに入らない」、砕けていえば「ヨソ者」の集まりであって、
まあだからこそ、金やら規律やらで縛らないと駄目なわけでもありますが。
武士はあくまで「一所懸命」の存在であって、傭兵はあくまで「(一時の)金儲け」の手段であったと思います。
要するに武士は「己の土地を保証し、かつ拡大してくれる」という元に動きますが、
傭兵は「その時に契約金だけくれりゃいい」といったような、
(奴隷狩り、略奪などもありますが)
一種の刹那的な部分を含みますので、やはり違うのではないかと…思います。

もっと詳しい方いらっしゃったら補足&訂正お願いしたいです(;´Д`)

523 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 04:08:24 ID:3d+BIMVB
>>522
あるいは「武士」「武家」の登場事態が日本におけるある種本格的な傭兵の登場といえないですかね。
時の朝廷はその傭兵足るべき武士を御することにより各地の動乱を鎮めてきたのですから。
けど平清盛や源頼朝らの登場により、傭兵たるべき武士が内政を仕切るようになってきた。
それが鎌倉から江戸時代にかけての流れとなった。
と、考えるとやはりマキアヴェッリの言ってることは正しいともいえますねぇ。

あ、でも軽くかじった程度の知識での考えなので詳しい人からすると突っ込みどころ
満載の文章かも知れませんねぇ。
そこら辺の突っ込み&訂正もお願いいたしますw

524 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 04:18:12 ID:3d+BIMVB
契約金云々に関しては、当時の日本的に契約金=土地ではないでしょうか?
ゆえに元寇以降鎌倉幕府の衰退もまた、傭兵=武士に対して契約金=土地
が払えなかったが故に。という考え方もありえるかな〜とも考えたり。

以上徒然なるままに書いた駄文でした。


525 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 04:20:55 ID:FJ/BiDBC
 さてと、一人一察が持ち上げたマキャベリの「君主論」だが、ラテン・イタリアンな血が文面にも表れていて、結構エキセントリックである。
 突っ込みどころも多く、特に彼がメタクソに書いている傭兵についての記述はトンデモが多い。
 専門家による突っ込みの概略は「傭兵の二千年史(菊池良生・講談社現代新書)」のP62にあるので、読んで貰いたい。
 その中の1つに、マキャベリが「ある戦いでは戦死したのは落馬一名のみ」と書いているのを、後世の史家は「嘘ダー!」と実証的に反駁している(と、書いてある)。
 これを著者は、
「マキャベリは、戦死者の対象に騎士階級しかカウントしておらず、彼らの前面や周囲で戦い死んだ歩兵は一切カウントしていない」
と解説している。
 まぁ、当時の身分分類法「祈る人>戦う人>耕す人>(越えられない壁)>それ以外は人間以下」からすれば当然だ。
 何せ「戦う人」とは戦闘要員全部を指すのではなく、甲冑に身を包んで馬に乗っていた貴族サマと騎士ドノだけを指す。
 だから、「戦う人」でもないのに槍や剣を持っている歩兵は「人間」じゃないのだ。
 この一点だけを見ても、マキャベリの文言を一字一句、現代に適用するのは間違い(と言うより危険)だ。

 で、マキャベリが希求した「国軍」ですら、仮に編成されていたとしても、マトモに死力を尽くして戦ったか怪しい。
 何しろ、たとえ正規軍同士での戦いでも、日が暮れたら敵味方の貴族・騎士が1つの陣幕で酒を飲み、豪勢なメシを食らっていた時代なのだ。
 二四時間営業の現代軍隊とは、価値観が根底から違う。



526 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 04:22:52 ID:FJ/BiDBC
つづき。

 そしてマキャベリが希求した「国軍」を創造したのは、マキャベリが「君主論」を世に出した1513年よりおよそ70年後、「王のいない国家」を目指したカルヴァン派(プロテスタント)達だった。
 オランダ独立の立役者、マウリッツ・オラニエによる軍制改革である。
 世界中の現代軍隊のイロハは、ここから始まったと言って良い。
 そして皮肉な事に、マウリッツが産み出し、進化を遂げた「国軍」はやがて数世紀後、マキャベリが「戦う人」と見ていた貴族や騎士達を馬から引きずり落とす事になる。

 マウリッツの軍制改革は多岐に渡るが、その中でもエポックなモノの1つに「工兵の地位向上」がある。
 従来、「戦う人」扱いされていない歩兵より更に下の地位に置かれていた工兵を、マウリッツは他の戦闘兵科(歩兵・騎兵)と同列にした。
 これにより、工兵の"やる気"が向上し、やる気の向上は技術の向上を産み、スペイン軍は塹壕等を活用したマウリッツの戦術に散々苦しむ事になる。
 同様に、これまで奇術師扱いされていた砲兵も、他の兵科と同様の地位を与えられ、「歩兵・騎兵・砲兵」の三兵戦術の基礎がココに確立した。

 マウリッは「戦闘のプロ」以外の各種専門集団を「戦う人」として扱う事により、マキャベリが理想とした「国軍」は誕生し、それが後世軍隊のスタンダードとなった。
 工兵は、国軍と共に有り、である。

 分かったか、一人一察よ?!

527 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 04:43:40 ID:FJ/BiDBC
訂正
×:「王のいない国家」
○:「スペイン王のいない国家」

んじゃ、寝ます。

528 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 04:51:37 ID:0t0jneFe
>>473
ついでに言うならマキャベリは基本的に文官故、彼が指揮すると期待の国民軍もろくな戦術機動が
できなかったとか……

そもそも、彼が理想とした国民軍のモデルは共和制初期の古代ローマ軍なので、常設軍にすら反対していました。
しかし、武器や戦術が当時より高度化しているルネサンス期にあっては、傭兵を安く、援兵を外交で調達できるならば、
その方が財政的に有利だった都市国家が多数でした。
国民軍兵士にマシな戦闘技術やマトモな戦術機動を叩き込むには常設軍にする他なく、のみならず規模の面でも
あらゆる戦時に対処可能にするためには、都市国家は膨大な財政的負担を強いられたはずです。
だからこそ、外交官マキャベリや陰謀家のアレサンドロ6世およびその息子でルネサンス最高の謀将チェーザレ
卿らが活躍できたわけで

この手の「負けてもOK」ってな甘ったれた発想も、同文同種のイタリア都市国家や、精々がフランスあたりがイタリア
半島にちょっかいかけてくるのに対処する程度で済むフィレンツェだから通用したのであって、1000年の栄華を誇った
帝都コンスタンティノポリスに立てこもり、最後まで奮戦したものの玉砕の憂き目に遭ったビザンツ皇帝にしてみりゃ、
悪い冗談としかいえないでしょうな。


529 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 04:58:53 ID:0t0jneFe
>>511
>この様子じゃ、マキャベリがいた頃の政治・軍事事情を分かった上で、氏の文を引用したのかどうかも怪しいぞ。

つ 「>>478

チェーザレ=ボルジア、アレサンドロ6世、レオナルド・ダ・ヴィンチ、シャルル8世、マクシミリアン1世、カテリーナ・スフォルツァ……
当時のプレイヤーたちがほとんど出て来ず、時代的な背景や歴史的な示唆など微塵も感じられないつまみ食い引用に
どんな説得力を感じてよいのやら。

530 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 05:09:33 ID:+cl80FHD
んじゃあとりあえず「ヨーロッパ ユニバーサリス」でも薦めてみるとかw









ゲームですけど

531 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 05:50:34 ID:xXspsuF6
ゲームなら普通にマキァベッリでいいでしょう。
戦争なんかより疫病の方が脅威じゃ。

532 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 08:18:15 ID:W97spgDR
いやに伸びてるなと思ったら、こっちの質問には一切まともに答えずに
意味不明な粘着ですか( ´,_ゝ`)プッ幸せなベトコンチョソポチだこと
でも、マキャベリって思った以上にみんな読んでるのね。ヘーゲルや小林秀雄や
プラトンや司馬遼太郎の時は全く食いつかなかったのにマキャベリはわかるのねー

で、コテをつけて俺と堂々と徹底的に論じる気合の入った香具師はおらんのか?
俺の↓の質問や立案に真正面から答える香具師はおらんのか?

保守すべき価値は何か?日本人の新たなモラルは何を選択すればいいのか?
国家の為に死ぬ事、戦争を肯定出来るのか?
政治家や官僚が腐りきった時の要人を狙うテロは許されるのか?
許されないなら国民の民度を上げるにはどうすればいいのか?
日本の真の自主独立の達成の為にどうすればいいのか?
沖縄はこのままでいいのか?日本でテロが起きてもいいのか?
自衛隊の諸兄に死者が出てもいいのか?特攻なのかサマワへ行った自衛隊は?

これらに加えて「復興」支援の説明も誰も出来ないね。「開発」支援だろ?違うの?
復興というならバグダッドとかファルージャに行かなきゃね。何が復興だ。欺瞞にも
ほどがあるわい。この質問を完黙無視した上で意味不明に勝ち誇るベトコンチョソポチw

それから、エセピーと鳥坂は一切俺にレスを貰ってないのに必死に粘着して来てますが
何故ですか?俺の価値観としてレス貰えないものに必死に粘着するのは
ストーカーとしか思えないんですが?というか人生の時間の無駄だと思わないの?
俺の場合は持論にますますの自信を深めたり、時にはなるほどと思ったり+になるんだが
お前らには何があるわけ?永遠にレスしないよお前らに?

は っ き り 言 っ て 半 島 人 以 上 の 粘 着 で す よ <エセピー+鳥坂


533 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 08:20:55 ID:W97spgDR
最近の珍米ポチの生態系

事大主義(小中華思想)を尊重し、宗主国アメリカ様を絶対的存在とし
ありとあらゆる手段を使いアメリカ様を擁護する。アメリカの批判は絶対しない
どこかの国の将軍様批判をしないのと同じレベル。チョソ半島人思想全開である。

また、決してコテハンをつけず、真正面から議論する事を避け、
徹底的なゲリラ戦法を行う。数も無意味に多い。まさにクソテロリスト。
私見では半年以上コテハンをつけ真摯に議論するポチを見たことがない。
まさしく卑怯な便衣戦法を駆使するベトコンと同格である。

結論 珍米ポチ=ベトコンチョソという最凶最悪の2ちゃんの癌 アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ! 



こういうことをズバッと書かれて一切反論出来ないどころか「ベトコンで結構」とか
開き直るしかない珍米ポチってもう全員死んだ方がいいよ( ´,_ゝ`)プッ

534 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 09:53:00 ID:xXspsuF6
お、逃げた。

535 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 11:49:36 ID:UvegyWVe
>521
戦国時代で傭兵的な使い方をしたのは織田信長だとオモワレ
領地の支配は行政官僚達に行わせ、武将や兵士達は城下に住まわせる事で動員のスピードを早くしたとか。

反面、土地を介在させた関係が希薄だったためか、当時最強と言われた武田家や上杉家と比べると個々の兵は
かなり弱かったとようで。
信長はその弱さを補う為にも戦術、戦略を駆使し、新兵器を導入する必要があったとオモワレ

536 :過去レス読まず途中参加:2005/07/23(土) 12:50:52 ID:bC3OwL6N
>>532
>>保守すべき価値は何か?
人それぞれ違うでしょう?その最大公約数が国全体の保守すべき価値と判断
されるというものでしょう。あなたの漠然とした問いかけにはこの程度の
返事しかできません。

>>日本人の新たなモラルは何を選択すればいいのか?

何を選択すればよいのかということではなくあなたが何を選択すべきという
ことを提示しなければ答えようがないですね。

>>国家の為に死ぬ事、戦争を肯定出来るのか?
否定、しかしながらどの様な戦争かによっては是。
あなたの問いかけ全てに言えることですが問いかけの仕方が漠然としすぎて
答えようがなく有意義な議論のしようがないですね。
回答がないと逃げたとか決めつけるし。


537 :過去レス読まず途中参加:2005/07/23(土) 12:53:35 ID:bC3OwL6N
>>政治家や官僚が腐りきった時の要人を狙うテロは許されるのか?
現状を前提とするなら許されません。現状殺人を犯してまでと言うほど
腐りきってはいないと思いますので。

>>許されないなら国民の民度を上げるにはどうすればいいのか?
日本の真の自主独立の達成の為にどうすればいいのか?
沖縄はこのままでいいのか?日本でテロが起きてもいいのか?
問いかけにつきせめてもう少し具体的な状況を提示下さい。



538 :過去レス読まず途中参加:2005/07/23(土) 12:57:11 ID:bC3OwL6N
>>事大主義(小中華思想)を尊重し、宗主国アメリカ様を絶対的存在とし
ありとあらゆる手段を使いアメリカ様を擁護する。アメリカの批判は絶対しない

「絶対に」というのは決めつけですね。政治家や官僚はあなたが思うほど
馬鹿ではなく批判することとしないことの利益・不利益を考えていると
思いますよ。

それとやたら半島人を蔑視しているようですが、あまり感心しませんね。


539 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 13:36:06 ID:9NcA5U1W
>>532
>俺の価値観としてレス貰えないものに必死に粘着するのはストーカーとしか思えないんですが?
 そっくりそのままお返ししたい。前スレ・今スレで自分への粘着・罵倒が議論だったというなら、抱腹絶倒モノだ。
 幼稚園の砂場の方が、ずっとマシな議論が行われているよ。
 君の価値観がどうだろうと、オレは2chの作法に則り、レスを付けるよ。
 ココは君の庭じゃないんだからさ。

>お前らには何があるわけ?
 君に無いモノだよ。
 社会人としての経験、プロジェクト・マネージャーとしての経験、諸外国人と共に飯を食い仕事をした経験、その他諸々の経験の蓄積。
 それに多分、知識も。
 言っちゃあ何だが、君が立っている場所は、オレが既に十数年前通過した地点だよ。

 逆に聞くが、君に何があるわけ?
 学生証と、膨大な本と、つまみ食いの知識と、パソコンと、他に何がある?
 ああ他に、「若さ」と、社会人には無い「時間」があったね。

>永遠にレスしないよお前らに?
 無条件降伏と見て宜しいか?(w

540 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 14:14:38 ID:LZPNFSYP
結局自衛隊がサマワ市民の仕事を奪っているというソースを貰えなかった(納豆の如く粘着)
しかし、サマワに行っている自衛隊に対し
>自衛隊の諸兄に死者が出てもいいのか?特攻なのかサマワへ行った自衛隊は?
と、言いつつ。
>復興というならバグダッドとかファルージャに行かなきゃね。何が復興だ。欺瞞にも
>ほどがあるわい。
とは、これいかに?
自衛隊に死者が出るのはイクナイ。でも復興言うならもっと危険なバクダッド逝け!と
書いているようにしか思えないのだが。


ま、いいか間のルネッサンス期の薀蓄の方がはるかに為になったしw

541 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 14:20:17 ID:9NcA5U1W
>>532
>「復興」支援の説明も誰も出来ないね。「開発」支援だろ?違うの?
 ちがーう。
 フセイン政権が放ったらかしにしていたおかげで荒廃したインフラ設備の復旧作業だよ。>サマワでの自衛隊活動の1つ。
 まさか、水道管は孫の代まで使えるなんて思ってないよね?
 アレだって耐久消耗品で、適宜「復旧」工事が必要な代物よ。
 東京でもあっちこっちで道路掘り返しているのは、別に業者を潤わせる為だけじゃないんだからね。

 余談だが、日本の中大径下水管の設計寿命は30〜50年で、一部は取っ替え(又は要・延命工事)の時期になってる。
 漏れが退職した頃には、このインフラ再整備事業がこれからの日本土木事業の中心になるだろうと言われとったな。

 バグダッドとファルージャの荒廃は連合軍の所業だが、サマワの荒廃はフセイン政権の所業。
 で、整備更新されていないインフラ設備を自衛隊がやっているんだな。
 「復旧」と「復興」、言葉遊びに過ぎないが、両方満たしているよ。

>復興というならバグダッドとかファルージャに行かなきゃね。
 そういう「大口」の復興事業は、米英がちゃっかり抑えています。
 多量のカネと物資が飛び交って、色々美味しいからね。
 何でそんな美味なる事業を、血も流さなかった日本にくれてやらにゃナランのよ?
 同時に、治安的には大変リスキーな事業であり、護衛の戦闘部隊を送り込む事も雇う事も出来ない日本は手を出す事が出来ない「黄金色のクソ」だ。

>この質問を完黙無視した上で意味不明に勝ち誇る
 復興と言えば瓦礫の撤去から始まると思っている、君の知識の泉の底の浅さに呆れていたんだと思う。

542 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 14:52:31 ID:bnnwb32h
自衛隊がサマワ市民の仕事を奪っているというソースマダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

   , ! ||     .|
     !‐-------‐
   . |:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
    ,|:::i |  ・∀・.||  
    |::::(ノ 脳内 .||)
    |::::i |..ソース.||
    \i `-----'/
      ̄U"U ̄

543 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 14:56:23 ID:bnnwb32h
自衛隊が有事の際、米軍の指揮下に入るというソースマダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン

            ,-ー─‐‐-、
           ,! ||     .|
           !‐-------‐
          .|:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
          ,|:::i |  ・∀・.||  
          |::::(ノ一人一察||)
          |::::i |..ソース.||
          \i `-----'/
             ̄U"U ̄

 

544 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 15:02:08 ID:bnnwb32h
            ,-ー─‐‐-、
           ,! ||     .|
           !‐-------‐
          .|:::i ./ ̄ ̄ヽ.i
          ,|:::i |  ・Д・.||    コテつけろよゴルァ!
          |::::(ノ一人一察||)   コテつけないやつにソースも糞もネェンだよ!
          |::::i |..ソース.||
          \i `-----'/
             ̄U"U ̄


545 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 15:27:31 ID:W97spgDR
☆ベトコンチョソポチのご本尊・アメリカ合衆国の正体シリーズ@

ttp://www.chugoku-np.co.jp/abom/uran/tokushu/index.html

湾岸戦争では、戦車や戦闘機から米・英両軍合わせて約九十五万個
(劣化ウラン約三百二十トン分)の砲弾が広範囲に使われた。その 結果、
地上戦に加わった米軍兵士だけでも、四十三万六千人が
放射能汚染地帯に入り、劣化ウラン粒子の吸入などで被曝したとされ る。
昨年七月までに、湾岸戦争に参加した退役米軍人五十七万九千人のうち、
二十五万一千人(約四三%)が退役軍人省に治療を求め、 十八万二千人
(約三一%)が病気や傷害に伴う「疾病・障害」補償を請求した。
病名は白血病、肺がん、腎臓(じんぞう)や肝臓の慢 性疾患、
気管支障害、慢性的けん怠感、皮膚斑点(はんてん)、関節痛などである。
これまでに少なくとも九千六百人以上が亡くなり、湾岸戦争後に生まれた
彼らの子どもたちの間には、先天性障害を抱えた子も多い。また、
同じ症状は湾岸戦争参加の英国兵にも表れている。
イラクでは、前線で辛うじて生き延びた兵士ばかりでなく、
市民、とりわけ子どもたちの間に白血病やリンパ性がんなどさまざま
ながんが増加。先天性異常を持つ新生児の誕生も目立つ。
国連決議に基づく米国、日本などの対イラク経済制裁による医薬品不足や
医療設備の不備などが、いっそう事態を悪化させている。
米国防総省や英国防省は、劣化ウラン弾による人体や環境への影響を認めておらず、
米軍は昨年のコソボ紛争で再び空爆に使用。北 大西洋条約機構(NATO)軍は
今年二月七日付のアナン国連事務総長あての書簡で、約三万一千発の劣化ウラン弾の
使用を公式に認 めた。このほか米国では、劣化ウラン弾の製造工場作業員や周辺住民、
試射実験場周辺住民らにも大きな影響が出ている。しかし、被曝の全体像は今も掴めていない。

サマワの自衛隊の諸兄も危ないというので精子ドナーに精子を預けて行っているという。
そんな危険な目に遭わせているのは貴様らベトコンチョソポチの小泉支持のせいなのは
論を待たない。(ttp://www.chugoku-np.co.jp/abom/uran/tokushu/index2.htmlマップ参照
あきらかにサマワも使われた範囲に入っている)

546 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 15:33:34 ID:W97spgDR
☆ベトコンチョソポチのご本尊・アメリカ合衆国の正体シリーズA

イラク民間人の犠牲者数を集計するウェブサイト
ttp://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20030331201.html
イラク・ボディー・カウント
ttp://www.iraqbodycount.net/

スロボダ氏は、このプロジェクトが「多分に政治的な」ものであることや、
調査に参加している人の多くが反戦活動家であることは事実だとしながらも、
数字自体には政治的意味はなく、ただ事実を反映しているだけだと話す。
何の加工もされていない同サイトのデータは戦争支持派、反対派ともに
利用できるもので、実際これまでも両方の陣営が数字を引用している。

爆撃、ミサイル攻撃、銃撃戦など、1件の軍事行動において、最低2つの
メディアが民間人の死亡を報じれば、サイトのデータベースに
記録されることになっている。
死者数が報道によって異なることも多いため、サイトでは報道されたうちの
最多人数と最少人数を記録している。そのため、サイトにはこれまでの
最多死者数、最少死者数の2つの数字が表示されている。
27日午後(米国時間)の時点では、最少227人、最多307人となっている。

スロボダ氏によれば、サイトは必ずしも犠牲となった民間人の
正確な数を集計しているわけではないという。
「われわれは死者の数を数えているわけではなく、報じられた死者の数を数えているのだ」
また確認できる場合は、誰がいつどこで、どのように命を奪われたかという
詳細なデータも記録しているという。

こんなに全く罪のない民間人をぶっ殺しておいて、何が民主主義と自由の普及だ!
また、こういう数字もある。完全に信用出来るかはわからないが
ttp://www.geocities.jp/uruknewsjapan/2005Iraqi_Civilian_Casualities.html

547 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 15:39:38 ID:xXspsuF6
お、また逃げた。
撤退は恥ではないからそんなに気にしなくてもいいよ。

548 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 15:41:02 ID:W97spgDR
☆ベトコンチョソポチのご本尊・アメリカ合衆国の正体シリーズB

英ガーディアン紙:「さてブレマーさん、イラクのお金は何処に行っちゃったの?」
ttp://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/

・CPA(連合軍暫定当局)責任者ポール・ブレマーはイラク復興基金から6億ドルほど
 を裏金として現金化し、帳簿にもその記録を残さなかった。
・その内2億ドル分の現金が、サダムの宮殿の一室に保管されていた。
・イラクの新札で190億ディナール(約125億7,411万円)を積んだ飛行機が、
 レバノンで発見された。飛行機を飛ばしたのは、新任のイラク内相であった。
・或る閣僚は警備員8,206人を雇っていると申告していたが、実際には602人だった。
・或るCPA(連合軍暫定当局)のアメリカ人職員は、建設費用として2,300万ドルを
 イラク復興基金から手に入れた。業者に支払われた金額は600万ドルだった。

さて、連合軍暫定当局の略奪期間が終了した現在でも、イラク資産の
無駄使いは止まらない。例えばイラク国防省は、米国側の軍事コンサルタントの
指導により、無駄な武器を高額料金で買わされており、例えば一丁200ドルで
買えるMP5マシンガンの偽物(エジプト製)を3,500ドルで買わされたりして、
3億ドルを無駄にしている。こうした状況では、イラク国内の水道設備の復旧作業は、
治安悪化以前に資金不足でますます遅延することになるだろう。

■イラク復興資金184億ドルの内、2004年6月22日までにイラク現地で使われた金額は
  その僅か2%の3億6,600万ドルで、その使途の大部分はCPAの維持費用であり
  設立目的であるはずの建設、医療、公衆衛生、水道設備には1ドルも使われていない
■イラク国民が自国の復興費用として拠出し、米英のイラク暫定占領当局(CPA)が
  管理していたイラク国民の資産である石油収入、約200億ドルが行方不明
  (そのうち19億ドルは、ハリバートン、ハリスコーポレーション(フロリダ企業)に渡ったことが判明。
  ちなみにチェイニーは副大統領である現在もハリバートンから給料を貰っている。)

549 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 15:44:20 ID:W97spgDR
☆ベトコンチョソポチのご本尊・アメリカ合衆国の正体シリーズB続き

英ガーディアン紙:「さてブレマーさん、イラクのお金は何処に行っちゃったの?」
ttp://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/

・国防総省はハリバートン社員に兵士と同じテント(一泊の費用合計139ドル)に
 宿泊するように依頼していたが、ハリバートン側は社員100名をクウェートの
 五ツ星ホテル(一泊の費用合計1万ドル)に宿泊させ、費用を請求していた。
・タイヤが磨り減ったのを理由に、8万5000ドルの貨物トラックを廃棄した。
・衣類洗濯サービスをクウェート側の業者に15ポンドあたり100ドルの
 超高級料金で下請けさせた。イラク国内の洗濯サービスでは同じボリュームを
 28ドルで提供している。この洗濯費用は月間100万ドルを超えたが、
 全て米国民の税金で賄われた。
・1缶あたり1.5ドルの高額な炭酸飲料を32,700缶もクウェートから仕入れた。
 これは契約時の見積より24倍も高い。

同記事によると、イラク復興世界基金には、これまでに世界各国から11億ドルが
入金されているが、予想どおり拠出額トップは日本で、すでに3億5,000万ドルを
支払い完了しており、その後に欧州連合、カナダが続いている。(アレ?アメリカは?)

さて、これら復興資金が、当初の目的達成のために使われるのかどうか、
今のところイラク国民すら知ることも出来ない。いっその事、日本政府は、
迷彩服を着て重い銃を担ぐ自衛隊員の代わりに、半そでシャツ姿で
電卓と帳簿を手にする会計士を派遣したほうが、イラクの人々の
支持を得られるのではないか。

ttp://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/
↑他にもリンクがいっぱいあるから読んでこいベトコンチョソポチ

550 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 15:51:01 ID:KbNsOWwU
不正が明るみに出てよかったですね。
これで是正されるべき点が是正されていくと思います。
ただでさえ戦費やらがかさんで財政きついらしいのに、
こういった不正疑惑がオモテに出りゃ、批判と更迭は免れないかと。
そうすりゃ、ちったぁマシな状況にはなるでしょう。

以上、読んだ感想終わり。

551 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 15:55:26 ID:W97spgDR
☆ベトコンチョソポチのご本尊・アメリカ合衆国の正体シリーズC

経済財政諮問会議(議長・小泉首相)は、1月27日、今年討議する
主要議題のひとつに小泉が「改革の本丸」と位置づける郵政民営化を
最大のテーマとすることを決めた。郵政民営化は、資金面から
公共事業中心の経済を転換させるという利権の再配分の狙い
を持っている。郵政民営化を叫んでいるのは第一にアメリカ政府、
第二に不良債権を多く抱える全国銀行協会である。
小泉はこれらの利益を代表している。
アメリカは早くから日本の個人金融資産をねらっており、
郵便貯金と簡易保険の廃止を要求してきた。
アメリカは日本から資金を吸収するための金融の自由化を進め、
日米の金利差を4パーセント以上にし、日本にゼロ金利を要求してきた。
要するに、日米の金融資本が日本の個人金融資産
(郵貯・簡保で約350兆円)を略奪するために「貯蓄から投資へ」
とか「郵貯の運営には人件費を含め年1兆2千億かかる」
「非効率な郵便局網」を問題にしているのである。
重要なことは、支配・従属関係の下で日米の金利差が4パーセントもある中で
郵貯・簡保を廃止すれば日本の個人融資産がアメリカの銀行に流れることになる。
日本の銀行は郵政を民営化すれば自分たちに資金が流れてくると思っているが
つぶれかかっているゼロ金利の銀行に資金が流れるわけがない。
資金は金利の低い方から高い方に流れるのである。
バブル崩壊後アメリカ金融資本は、日本から流出した巨額の資金で世界中で
投資し荒稼ぎをしている。ドル安の傾向が続く下では、日本の資金をアメリカは
返す必要はなく事実上日本の個人金融資産の略奪に等しいのである。
日本の個人金融資産のアメリカによる略奪を許さないために対米自立を目指し、
同時に郵政民営化に反対しなければならない。

さすがアメリカは違う。ま、俺は郵貯も簡保も利用してないからいいけど
お前らベトコンチョソポチはどうなの?郵政民営化なんかしたら悲惨な事になるよ?

552 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 16:16:28 ID:W97spgDR
☆サマワの自衛隊は何をしていらっしゃるか?☆@

最初に訂正しておく。自衛隊は仕事を奪ってはいなかった。
むしろ与えていたという事実があった。訂正致します。
しかし、自衛隊自体がここまで何もしてないとは思わなかったぞw
もういいからさっさと帰って来いw

ttp://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/actual_state05-5.htm

[2]「人道復興支援」などやっていない自衛隊−−純粋軍事的な存在が露呈。

(1)今、自衛隊はイラクで何の仕事もしていない!
 「非戦闘地域」というフィクションが路肩爆弾と迫撃砲弾で完全に吹き飛んだことが
 明らかになった。同時に、もう一つのフィクションも完全に崩れた。
 「イラク特措法」で設定された自衛隊の任務が、アリバイ的なものも、
ほとんど無くなったからである。今、自衛隊はイラクで何の仕事もしていない!
 「イラク特措法」とそれに基づく「基本計画」は、下記の通りである。
@「自衛隊の部隊などが行う人道復興支援」
  a 給水
  b 道路の復旧
  c 学校など公共施設の復旧
  d 病院の復旧と相談 などがあげられている。
Aこれとは別に外務省が職員を派遣して行う「イラク復興支援職員による支援」


553 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 16:18:33 ID:W97spgDR
☆サマワの自衛隊は何をしていらっしゃるか?☆@続き

このうち@のaは今年2月には完全に終了した。はじめから指摘されて
いたように自衛隊が供給したのは1日200トンあまりと少量で、一時しのぎにすぎず、
結局本格的な浄水施設の整備・設置をODAで行ったために自衛隊の活動が不要になったのである。
bの道路の復旧なども、自衛隊ができる道路に砂利を敷く程度の復旧では何の役にも
立たなかった。結局早い時期からイラク人業者を雇い、本格的な舗装まで工事を
してもらっている。自衛隊は「監督」と称してたまに現場を見に来るか、
「完成式」に列席するだけである。これはすでに自衛隊の任務ではなく
Aの仕事、つまり外務省の仕事である。
cも業者を雇っており、自衛隊員が直接復興活動をしているのではない。
何よりも自衛隊員が外に出て作業できる状況ではない。また工兵部隊が
自分で工事できるような状況でも、その程度の急造の工事で間に合うものでもない。
現地には自衛隊員よりもはるかに専門的な知識を持った業者が存在する。
その業者にカネを払って仕事をしてもらっているにすぎない。
結局道路復旧も公共施設復旧も、特措法が規定するように自衛隊員が
直接行うのではなく、カネを払って業者にしてもらっているだけだ。しかし、
イラク人の雇用は自衛隊の任務ではない。
dの病院の復興についても、自衛隊の医官は症例研究会に顔を出す程度で、
後は寄付した機器の使い方の説明をしているだけだ。結局、はじめから
わかっていたことだが、本格的な修復は自衛隊などの手に負えるものではないのだ。
そして、イラクにおける日本の復興支援計画の中心もイラク戦争と長年に
わたるアメリカの経済制裁によってずたずたにされたインフラの整備、
「発電所の建設」など大型のODAプロジェクトに移行しつつある。

(ttp://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/actual_state05-5.htmにきちんと
 細かくソース元が書いてあるので、左翼系のサイトだが信用に値すると判断した。
 文句があるなら全て反論して論破せよ)

554 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 16:20:45 ID:9NcA5U1W
>>551
>アメリカは早くから日本の個人金融資産をねらっており、
 でも、外資系銀行の窓口業務って全面解禁されてないよね?
 郵政民有化で、郵貯の預金が邦銀に流れるとか、逆に郵貯がメガバンク化して日本の金融を牽引するとか、そう言う事は考えてないの?
 民営化したぐらいで乗っ取られるというなら、今ごろNTTはAT&Tに乗っ取られていると思われ。
 
>支配・従属関係の下で日米の金利差が4パーセントもある中で
 根拠出せや。いつから日銀はFRBの傘下に入った?
 グリーンスパンが何時、日銀の施策に実効介入したよ?

>バブル崩壊後アメリカ金融資本は、日本から流出した巨額の資金で世界中で投資し荒稼ぎをしている。
 まぁ、日本が荒稼ぎしていたバブル期に半ズボン履いていたガキンチョには分からないだろうけど、結局は「行って来い」だよ。

>日本の個人金融資産のアメリカによる略奪を許さないために対米自立を目指し、 同時に郵政民営化に反対しなければならない。
 こう言う思考を「盗人猛々しい」と言う。
 自分がイケイケの時は他人の米びつに濡れた手を突っ込んでおいて、自分がピンチになれば米びつを閉じるのは、国際社会で商売する上で卑怯者と言われても仕方がない。

 それに、何つーのかなぁ。
 郵政民有化→アメ銀に食い物にされる
って、戦前の
 満州・中国市場開放→アメに乗っ取られる→その果てに日本の植民地化
と同じぐらい、具体的根拠の無い被害妄想だと思うよ。

555 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 16:28:24 ID:9NcA5U1W
>>548-549
 日本のODAや外務官僚の実態と変わらないじゃん(w
 「そんなモン」と思ってしまえば、「そんなモン」よ。
 不正な実態が明るみに出て問題化し、是正される動きがあるだけマシじゃない。
 外国のやる事に目くじら立てる前に、まずは愛する自国が世界中で行っている不正に目くじら立てるべきじゃないの?
 向こうは向こうの国民がやってくれるからさ。

556 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 16:41:21 ID:W97spgDR
過去レス読まず途中参加氏へ

それらの質問はこのスレや前スレに於いてしてきた事
結果は誰もまともに答えやしなかった
だから集めて再掲載しただけ
名前どおりだが、過去スレ読んでから参加してね

557 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 16:44:49 ID:DaaOSPVD
自称400戦無敗の子を見てるとバキ死刑囚編を思い出すなぁ

558 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 17:25:08 ID:W97spgDR
☆ベトコンチョソポチのご本尊・アメリカ合衆国の正体シリーズD

米国 英国 カナダ オーストラリア ニュージランド 英語圏5カ国の盗聴組織
『エシュロン』の基礎知識
ttp://www.kamiura.com/abc33.html
英米など英語圏5カ国が参加する通信傍受(盗聴)機関「エシュロン」を
調べてきた欧州会議エシュロン特別委員会は、「エシュロンによる
通信傍受は人権やプライバシーを侵害する」という最終報告書を
賛成多数で可決した。(7月4日 What New より)

米、英、加、豪、ニュージーランドの英語圏5カ国で構成される盗聴組織の
暗号名。主に赤道上に配置された商業通信衛星インテルサットの電波を
地上で受信(盗聴)している」といわれている。しかしマイクロ波などの
地上波無線、短波無線や携帯電話などの電波も盗聴している。

・どこの国のどんな組織が拠点で、職員は何人ぐらいが従事しているのか?
「アメリカのNSA(国家安全保障庁)が全体を動かしているようだ。
その本部はメリーランド州のフォートミードにある。職員数は公表されて
いないが7〜8万人程度の職員がいるようだ。しかし米国の陸、海、空軍の
通信情報機関はNSAの監督を受けているので、冷戦時には世界で
最大47万人がNSAの盗聴活動に従事していると言われた。
その数は冷戦後もNSAが麻薬・テロ対策にシフトを変更し、
人数そのものは激減していない。通信傍受(盗聴・情報活動)は平時こそ
戦時という発想があるし、有事になっても急に専門家を増やせないという
事情があるので、普段から専門家を養成しておく必要があると考えているようだ」

ま、実際の能力としては分析、識別、取捨選択能力に問題があるものの
こういうエキセントリックな真似をするのがアメリカですわ。


559 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 17:36:48 ID:9NcA5U1W
>>558
 アメリカは困難な課題にぶつかると、技術で何とかしようとする傾向があるからねぇ。
 ヒューミントが苦手なのは今も昔も変わってない。>アメ諜報機関。
 ジェームス・ボンドが寝物語に情報を聞き出すエレガントなMI5とは違うよね。

 で、日本も情報・諜報機関を設立したら、その機関のエージェント達の何割かは米英諜報機関が行っているエキセントリックかつ非合法な活動と同じ事を当然するわけだが。

 君は何が言いたいのカネ?

560 :過去レス読まず途中参加:2005/07/23(土) 17:37:34 ID:cLgv4woQ
>>556
名の通りあまり過去レスは読みません。前レスなど一読したこともなしです。
君が有意義な議論をしたいというなら寛大な心を持って
再度大まかで良いので質問を書いてもらいたいとお願いですね。
駆除係の頃の君には腹立たしさしか感じませんでしたが
君の知識には感服しますよ。ということで書き込みの文章も丁寧に
しています。もったいないと思うのは君には知識が豊富であり
有意義な議論をしたいと思いながらも他人を説得するだけの
書き込みがあまり見あたらないと言うことでしょうか。
それができれば君の意見に賛同する人も増えると思いますよ。
もう一つ黒鳩金さんも参加して欲しいですね。

561 :斑猫:2005/07/23(土) 17:46:51 ID:+NBWiB6s
>>558
何を今更w

先住民からえげつない手で土地を分捕った上で虐殺しまくり、アフリカの人口バランスが
崩れるほど奴隷を買い漁り、さらには近隣諸国に内政干渉しまくってるような国だぞ>米

まあ、そんなことはどうでも良くて。
>>533
世界最大の軍事力と経済規模を持つ覇権国家に擦り寄って何か問題でも?
寄らば大樹の陰。長いものには巻かれろ。
アメリカがデカイつらしているうちはアメリカに媚売っとけ。
アメリカが落ちぶれたらさっさと見捨ててEUか中国にでも乗り換えれば良い。

562 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 18:01:09 ID:9NcA5U1W
 遅レスですが。
>>535
 うーん、逆だと思います。
 金次第でどっちにでも付く傭兵的勢力を駆逐したのが信長でしょう。

 西洋的な「根無し草」の傭兵というのは、日本戦国ではあくまで「個人」単位の雑兵やカブキ者達に限定されます。
 ランツクネヒトのような強烈な個人主義は、「主家」を基盤として立身出世の階段を登る「村社会型」の日本では阻害要因にしかなりません。
 前田慶二なんて、小説で"発掘"されなければ、歴史通だけが知る「戦国変人」で終わったでしょう。
 そして、日本戦国である程度の規模の傭兵集団は、固有の小さな領地を持つ土豪達になります。
 代表的なのが雑賀鉄砲衆と伊賀衆(忍者)です。
 彼らは自分達の本拠地を誰にも属さない独立国状態とし、その特殊技能を糧にして戦場を渡り歩きました。
 また、九鬼水軍に代表される海賊衆も、戦国大名と随時契約関係によって結ばれた一種の傭兵集団です。

 中央集権的国家を目指す信長にとっては、こういう強烈な地方自治(独立)主義を取る小集団は目障りでしかありません。
 信長は、そう言う特殊技能傭兵集団に片っ端から永続的な主従契約関係(つまり服従)を要求します。
 事実、最後まで信長の幕下に入る事を拒んだ伊賀は、凄惨な殲滅戦の末に壊滅しています。

 また、信長の兵農分離や常備軍化は、マウリッツの軍制改革に一脈通じる軍事組織の正常進化と見るべきでは?

563 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 18:21:54 ID:W97spgDR
>>560
真摯に討論しててもね、反応が悪すぎるからねぇ・・。
説得と言う事は掲示板では無理なんじゃないかな、と思っている。
言い方がものすごく悪いけど自分のためです、ここに書き込むのは。
どれだけ論戦出来るか?言い負かされたら自分が間違っている、されないなら
自分の主張は間違っていない、こういう考えです。

>>561
事大主義宣言乙


564 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 19:07:55 ID:UvegyWVe
>562
すいません。
「傭兵部隊」ではなく「雇い兵」的なモノを想定しておりました。

普通は小領主達がそれぞれ徒歩武者や雑兵等を定められた人数率いて参陣するわけで、同時に最小戦闘単位にもなるわけですが
織田家の場合、兵士達は地縁によって動員された者達ではなく、金銭で雇われた者達だったらしいという事で。

当然、忠誠心などはあまり無く、勝っている時は恩賞目当てでよく戦うが、負けそうになるとすぐ崩れるという事だったようです。
能力さえあれば出自に関係なく出世できた織田家は、一旗組には魅力的な職場だったのかも。


565 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 19:27:53 ID:9NcA5U1W
>>564
 嗚呼、なるほど。こちらも勘違いしていました。スミマセン。
 確かに「常備軍の雇い兵」=「職業軍人」と言う点で語れば、信長軍団が嚆矢でしょうね。
 どうにもならない物理的要因で大砲の普及が遅れている事に目をつぶれば、信長軍団は間違いなく当時世界最大最強の火力化軍団でした。
 鉄砲という当時先端のハイテク兵器を特殊兵器ではなく大量生産された通常兵器として使う為には、歩兵(足軽)のプロフェッショナル化が必要であり、この為にも常備軍化が進んだのでしょう。

>負けそうになるとすぐ崩れるという事だったようです。
 彼らは負け戦は逃げ足が滅法早い(でも、信長はもっと早いw)ですが、カネの続く限り何度でも集まって粘り強く戦います。
 これは、農繁/農閑期の縛りがあり、予算的にも決戦で早く片づける事を必須としていた従来型の戦国大名には厄介な相手です。

>一旗組には魅力的な職場だったのかも。
 信長軍団には、羽柴秀吉という「生きた伝説」が存在しましたからね。
 加えて給金の遅配は無く、補給も(比較的)安定、武具はタダみたいなレンタル料で支給(←だったような?)、そりゃモチベーションも上がるでしょう。

 無論、コレを可能としたのは、信長が日本中部・近畿の通商網と産業を支配し、他の戦国大名では考えられないぐらいの財力を持っていた事が最大要因だと言う事は、言うまでもありません。

566 :前スレ756:2005/07/23(土) 19:45:06 ID:wncHSNIU
>>563
>真摯に討論しててもね、反応が悪すぎるからねぇ・・。

君、ずっと以前から僕が「キチンとした議論しようよ」といってるのに無視してるじゃない?
それはどういうことかなー?

「キチンとした議論をしようと思えば、用語の定義とか議題の設定をちゃんとしましょうね」
って僕は言ってるのに(僕だけじゃなくて、君にツッコンでる人全てが、だよ!)
それ何に君の反応ってっば>>220にあるように

>で、何だって俺が質問の為にカキコしてるのに
>逆質問で返されてる訳ですか?とっとと
>>217の議題に答えてください。
>お前は俺の提案を無視して勝手に議論の流れを変えてるわけですから。

って言う風に、議題や定義の明確化すらできて無いじゃない?
それはでは議論なんてできませんよー、ってみんな心配してるんだけどな
(そう、「心配」だよ。憤ってるとか怒ってるとかじゃなくて、可哀想がられてるんだよ、君)

忠告しておくと、「議論」ってのは「正解がわからない」からこそするものなんだよ
君みたいに「自分の望んだ答え」を求めるのは議論とは言わないんだよ
って言うか君、ただ単に「偉いねー」って褒められたいだけじゃないの?

567 :前スレ756:2005/07/23(土) 19:56:21 ID:wncHSNIU
ズバリ言えば、君、日常生活に不満があるでしょ?
君の姿勢はただ単に、日常生活の不満を政治的な議題を肴にして発散させてるだけにしか見えないよ
でも残念だね
ストレスを発散させるどころか、余計に貯め込んでるんじゃない?
そういうのが続くと本当に危ないから、今の内に友達とか(いればだけど)両親とか
或いはお医者さんに相談しておいた方がいいよ

と言うのものね、軍板の人なら知ってるんだけど
君の姿勢はペペウ君の過去の姿勢にそっくりだから
ペペウ君もオーストラリアに馴染めずに苦労してたのが高じて
軍板で911陰謀論で頑張っていたから
でも軍板の人は優しい人が多かったから、何とか相談して立ち直ったみたいだけど

だから、何か日常的な不満があるなら、みんな多分相談に乗ってくれると思うよ
ここは軍板の人も多く見てるみたいだし
軍板の人は優しい人が多いぞー
ペペウ君だとか「戦争の始まりと終わりがわからない」の>1さんだとか、
エリハチ坊やだとか、時には他人の人生を左右する位の
優しさを発揮するときがあるからね

だから、何か悩み事があるのなら、試しに相談してみたら
このままだと見てる方が痛々しくなってくるよ

568 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 20:04:46 ID:W97spgDR
>>566-567
僕の悩みは創価学会の恐ろしさも知らない君みたいな愚民が
いっぱいいることです。解決してください!!!

569 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 20:29:34 ID:0t0jneFe
>>568
うむ、宗教板や層化板で愚民を思う存分教化するといいw


570 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 20:41:55 ID:r2i8TKv1
ペペウとは懐かしいのが出てきたなあ・・・
同じようなのにタリバン警備隊ってのがいたけどさ、彼ってどうしたの?
ちょっと前に国防相スレに居たのを見たけど、かつてのキチガイぶりが嘘のようにマトモになってたよ。
まあトリップついてなかったから本物かどうかわからんけど。

571 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/23(土) 20:42:01 ID:9NcA5U1W
>>756
>ペペウ君
 おー! いましたねぇ。 
 また懐かしいコテ氏を(微笑)。
 彼、元気でやってるかなぁ。

572 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 21:52:59 ID:nxn3l8cf
>>553
 リンク先に地元には自衛隊をはるかに越える専門知識を持った業者と
やらのソースを始めこのレスの一切の根拠とするソースがないんですけど…。
ただ一つの根拠は自衛隊の査察状況を並べて、ほら自衛隊は査察しか
してないでしょ!!と言ってるだけ( ^∀^)y─┛~~
 でもリンク先にはしっかりと 16年3月25日から、現地の人々を雇用し、
共に汗を流して、主として学校等の施設の補修および道路の整備、
砂利舗装等の公共の生活基盤の復旧活動を行い、サマーワ周辺の
人々の生活向上のため、現在も貢献しています。
とあるんだよね。リンク先の人って一緒に全く同じ作業をしないといけない
って思いこんでるんでねーの??

あとさー「このサイトに反論せよ」ってかなりジバクくさいよん。 キミが主張するソース
の全ソースの提示をよろしく(´ー`)y─┛~~


573 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 21:57:48 ID:nxn3l8cf
まぁ、とりあえずこのサイトくらいみとけって事。(´ー`)y─┛~~

http://www.jda.go.jp/j/iraq/leaf/main.htm

574 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 22:28:13 ID:Uo0Nhlwu
JCA.APC.orgって、思い切り「サヨク」系統のプロバイダーじゃねーか。
いつからサヨクマンセーになったんだ?>一人一冊

575 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 22:32:01 ID:W97spgDR
さて、つらつらと法学の勉強をしていたが、憲法改正ってとこで
思った事を書く。改正といえば9条だが、叩き台としてちょっと書いてみる。

改正憲法9条案

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  それらの維持の為の武力行使と、日本国防衛の為の武力行使を
  行いうる事とする。陸海空軍その他の戦力はこれらの為のみに
  使用されることとする。

2 前項の目的を達する為に、国際連合憲章の権威を深く信頼し、
  国際連合憲章23条から51条に基づく安全保障理事会からの
  要請に従い、国連加盟国連合軍に参加することとする。
  また、その要請に対してもいかなるときも応じるものとはしない。

3 侵略戦争は、これを完全に放棄する。この目的の為の陸海空軍
  その他の戦力は、国の交戦権は一切認めない。 

後、集団的自衛権は敢えて明記しなかった。本来の国家の自然権であるので
内閣法制局の解釈を変えれば済む話なので。 

576 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/23(土) 22:43:13 ID:W97spgDR
ちなみに合衆国憲法はこれ ものすごく適当に見えるw

ttp://japan.usembassy.gov/j/amc/tamcj-071.html

アメリカ合衆国憲法

〔前文〕
われら合衆国の人民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、
国内の平穏を保障し、共同の防衛に備え、一般の福祉を増進し、
われらとわれらの子孫のうえに自由のもたらす恵沢を確保する
目的をもって、アメリカ合衆国のために、この憲法を制定する。

第一条 〔立法府〕
第八節
(十一)戦争を宣言し、敵国船傘捕免許状を付与し、陸上および海上に
    おける捕獲に関する規則を設けること。
(十二)陸軍を募集し、維持すること。ただし、この目的で使われる
    歳出予算は、二年を超える期問にわたってはならない。
(十三)海軍を創設し、維持すること。
(十四)陸海軍の統轄および規律に関する規則を定めること。
(十五)連邦の法律を施行し、反乱を鎮圧し、また侵略を撃退するための
    民兵の招集に関する規定を設けること。
(十六)民兵の編制、武装および規律に関し、また合衆国の軍務に
    服する民兵の統轄に関して規定を設けること。ただし、各州は、
    将校を任命し、また連邦議会の規定に従って、民兵を訓練する権限を留保する。

577 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 22:55:12 ID:+NBWiB6s
そりゃ200年も前に制定されたもんだし。
ちょこちょこ改定してはいるけど。

578 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 23:10:30 ID:UvegyWVe
>565
同時代でああいうやり方をしたのは信長だけなワケで、保守層にとっては旧来のやり方を行う毛利家や武田家が頼もしく思えたのは当然なワケで
まぁ、往々にして天才は理解されないのだろうなと。



579 :名無しかましてよかですか?:2005/07/23(土) 23:17:19 ID:6nctQ8mG
>>559
大型の技術的な装備(ヘンな表現だが)は軍需産業のいい商品だから購入を後押ししてくれる
人が一杯いるけど、人には予算がつきにくいからねえ。
同時テロ以前のCIAにはアラビア語を自由にあやつれる職員がたった4人しかいなかった
そうで。エシュロンで集めた膨大な情報もきっと大半がたなざらしになって忘れ去られていくんだろうねえ。

580 :名無し民兵@中村:2005/07/23(土) 23:58:01 ID:ua9bgvMo
神浦氏のサイトか…

581 :名無し民兵@中村:2005/07/24(日) 00:07:01 ID:NtvBYwNI
>>561
日本人はアフリカ人どころか同胞をとっ捕まえて売り払ってたりしてましたしw
まあある意味どっちもどっち。

582 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 00:18:31 ID:wnliolb0
奴隷貿易も仕入れ・卸・小売の各段階があって、
仕入れ役はアフリカ西海岸の黒人部族だったりする
奥地の部族を襲って奴隷にし、白人の奴隷商人に売る


日本の場合は、安寿と厨子王だな。

583 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/24(日) 00:52:12 ID:+cTa3mpL
>>575
 条文に「国連」と「国連憲章○条」を明記するのは如何なモノか?
 国連と日本の寿命が同じとは思えないからね。
 まぁ、国連と心中するというなら、ソレでも良いけど。
 それに、国連憲章だっていつ改正されるか分かったモンじゃないし、その度に憲法条文改正なんてやっていたらおおごとだよ。
 あと、日本の軍事行動の責任を国連におっかぶせるように読めなくもない。
 ↑「お前は自分の判断で軍を出せないヘタレか!?」と言われるぞ。
 「国際的同意」とか「国際協調」とか、そう言う曖昧な文言でお茶を濁し、あとは時の日本政府の憲法解釈でどうとでもなるようにしておいた方がいい。

>>576
 アメリカの本家筋に当たる英国なんか、成文憲法すら無いぞ(w
 歴史の教科書でやたら持ち上げられる「マグナ・カルタ」なんて、貴族の商人の特権保証をつらつらと書いてあるだけで、会社と組合の福利厚生協定書みたいなモンだよ。

>ものすごく適当に見える
 まぁ、それだけ世界が広くて単純だったって事だよ。
 その代わり、その穴を埋める法律がアホみたいにあるからね。
 民兵条項は銃器カルト集団のNRAが拠り所としているモノだけど、独立戦争の経緯を見れば無碍に潰すわけにもイカン難しいところだよ。
 聖書とライフルと星条旗は、アメリカ人の「三種の神器」だからね。

>>577
 勇んで憲法制定したのは良いけど、人権条項を書き忘れて「やっべぇ!」と泡食って速攻で修正したぐらいですから。

>>578
>往々にして天才は理解されないのだろうなと。
 「尾張の大うつけ」の面目躍如ですな。

>>579
 アフガン戦前に、米英情報機関が情報交換会を開いた時、イギリス人は現地にCIAエージェントも現地協力者もいない事を知って、
「話にナラン。君らは本当に戦争をする気があるのか?」
と呆れたというエピソードをどっかで読んだ事があります。

584 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/24(日) 00:54:24 ID:+cTa3mpL
>>583
 修正。
×:貴族の商人の
○:貴族と商人の

585 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 04:43:21 ID:/b/WzHx8
>>579
>エシュロンで集めた膨大な情報もきっと大半がたなざらしになって忘れ去られていくんだろうねえ。

情報は集めるより、適切に分析・評価する方が大変ですから。
今この瞬間にも無数のテロに関係ある情報が入ってるんでしょう。
その中で緊急性が高い情報を有意義な時間で選り分けられないと活用できないわけで。

586 :千念:2005/07/24(日) 05:41:44 ID:yyJK64Q7
>鳥坂氏、一人一察氏

40度近い熱を出して、応急の注射でも熱が下がらず、週末で、夜間
だったため、救急車で近くの総合病院に運んで点滴を打ってもらった長男
は、もう元気になって、ご心配いただく状況ではないのですが、当時の
決断のもう一つの要因だった仕事の忙しさという点では変化がないので、
それを言い訳にしましたが、以前の一人一察氏との約束もあるので、
「保守すべき価値」等について、仕事にあまり触らない程度に書いてみたい
と思います。遅レス・一言コメントレスになってもご容赦下さい。

 先日、NHKのBSを見ていたところ(BSはいい番組やっていますね。
昨日もルワンダ虐殺事件時の国連側の司令官を取り上げた番組を仕事気に
しつつ途中から最後まで見てしまった)、ポルポト派によって失われた
カンボジアの伝統芸能(踊り)の復元に取り組んでいる老女師匠の話を
やっていました。

 宮廷で踊られていた踊りを、歌、踊り、伴奏、衣装と、記憶の中にしか
もはや亡くなってしまった各要素からなる民族の文化の一つの具体的な形
(作品)を必死に再現しようという試みがそこにあった。

 ポルポト派は、近代主義の行き着いた一つの極北の姿であり、未来の
理想のために過去の価値を葬り去ることを是とし、あまつさえ、その価値
の体現者たる人間まで抹殺しようとした集団ですが、未来を理想(観念:
idea)により先取りして、その価値を現実化しようとする革命集団が陥り
がちな大きな錯誤を究極な形で示している。

 そのカンボジアの他国のこととはいえ戦慄せざるを得ないポルポトの
時代を辛うじて生き延びて、保守するどころか破壊された価値を復元しよう
いう姿には、守るべき価値を考える上で多くの示唆があるように思われる。
例えば、保守すべき伝統に疑問符を付す「幸福すぎる」状況への警鐘がある。


587 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 07:18:33 ID:/b/WzHx8
>>586
逆に極端すぎる事例は極端すぎる結論を生みがちという危険性もあると思いますが。
例えば、伝統の全肯定というような。

「保守すべき価値」もしくは「伝統」を個別に語らないのであれば、
それは単なる大雑把な印象論以上の物にはならないでしょう。

588 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 08:23:29 ID:sC1X3PXW
ポルポトを叩き出したのはヘン=サムリン政権で、政権返り咲きを望みポルポトと手を組んだのはシアヌークだった。

というのを見ると、伝統云々で語るのはやはりどうかな、と。

589 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 08:59:00 ID:oNiIChLg
守らなければならない伝統とそうでないものをどうやって区別するかですな。
純血より混血が強い事は歴史が証明してます
今あたりまえのように思ってることでさえ2世代前には無かった事だったりするわけです。
逆に根本は外見が変わっても保守するまでも無く続いていきます。
コンビニの弁当コーナーを見れば多種多様な食物が並んでますが
売れ線はおにぎりとお茶ですよ。

590 :千念:2005/07/24(日) 09:24:39 ID:yyJK64Q7
>>587

物事の本質は、極端の中により分かりやすく現れるということがあります。

 伝統が徐々に廃れて、その役目を失い、実質的に消失した場合は、伝統
が失われる(逆にいえばそれを受け継ぐ)ということの意味は見えにくい。

 しかし、小生が挙げたカンボジアの例は、伝統が、その実質の担い手で
ある人間までも失われたことにより一挙に断ち切られ、その断ち切られた
断面がむき出しに示されているようなケースといえる。

 その意味で、伝統を受け継ぐというのはどういうことであるかという
こと、受け継ぐべき価値のある伝統が失われるというのはどういうこと
であるかということを端的に示してくれている。

 伝統一般について語ることが単なる印象論に堕するかどうかは論者次第
でしょう。論述するときに、理解を容易にするために具体例を挙げること
は有益であるが、具体例でなければ単なる印象論になるとは思わない。

 また、個別の具体的な保守すべき価値あるいは価値ある伝統については、
追々論じることになるでしょう。


591 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 10:04:27 ID:NP3BUSmj
>>590
>伝統一般について語ることが単なる印象論に堕するかどうかは論者次第
>でしょう。論述するときに、理解を容易にするために具体例を挙げること
>は有益であるが、具体例でなければ単なる印象論になるとは思わない。

実際、黒鳩タンやコピペで暴れている一人一察タンは、具体例を出した上での
個別議論にはついに到達できなかった。

結果として、議論は非常にあいまいになり、是非論にいきつかず、そもそも
議論の入り口にすら到達できなかったのは、あなたはご存じのはずですけど。

私は>>587氏ではありませんが、言われていることは非常に妥当だと思い
ます。


592 :587:2005/07/24(日) 12:16:16 ID:LXjc46Qa
>>590
>伝統を受け継ぐというのはどういうことであるか

個別に見ていくと色々なケースがありますよ。
昔某所で紹介したのですが、こちらでも書籍を紹介しておきます。
ある「伝統」が実用として廃れたからこそ、
儀礼的意味を持つが故に「創出」の対象となるということも数多く残っているわけです。

やはり個別かつ具体的に論じられるべきだと思いますが。

創られた伝統 文化人類学叢書
エリック ホブズボウム (編集), テレンス レンジャー (編集),
Eric Hobsbawm (原著), Terence Ranger (原著), 前川 啓治 (翻訳), 梶原 景昭 (翻訳)

目次
1 序論―伝統は創り出される
2 伝統の捏造―スコットランド高地の伝統
3 死から展望へ―ロマン主義時代におけるウェールズ的過去の探求
4 コンテクスト、パフォーマンス、儀礼の意味―英国君主制と「伝統の創出」、1820‐1977年
5 ヴィクトリア朝インドにおける権威の表象
6 植民地下のアフリカにおける創り出さ

>>591
フォローを有り難うございます。
個別の具体例を出して、それについて語り合うのでなければ、
双方が自分の意見を補強する事例を際限なく持ち出して、議論が拡散すのではないか、
と危惧しております。

593 :千念:2005/07/24(日) 12:37:27 ID:yyJK64Q7
>>591

「戦争論」スレが<序論>で終わったのは、黒鳩金元帥のお相手の
論客もそのこと自体に意義を認め、各論自体についてはご自身研究中
であったことも一因だったと記憶しています。

 また、一人一察氏は、むしろ、極度に具体的な設問の仕方をしており、
その故に、大きく「保守すべき価値」を論じる機会を得なかったのでは
ないか見ておりました。

 しかし、貴兄及び>>587氏の危惧されるところは了解しております。

 その意味では、カンボジアの事例は、議論の手がかりを得るための
いわば話の枕として具体例を挙げたつもりです。無論、ポルポト派の
所業や、彼らに悪業の機会を与えた政治的な動きを論じるためではなく、
文化の継承ということの意味を考える上での。

594 :千念:2005/07/24(日) 12:39:49 ID:yyJK64Q7
>>593続き

 私自身、あの番組を見ていて、伝統文化が失われ、あるいは破壊
されるということは、失われて初めてその価値が認識できるという側面も
あるのだなということを痛感しました。

 カンボジアの王宮で踊られていた踊りなど、ある特殊(普遍に対置して)
な地域に醸成された芸能の演目に過ぎないとも言えるのではあるが、一方
カンボジア文化の精華の一つとも言えるのであり、民族の生きてきた証で
あって、地球上に守り受け継ぐべき価値があるとすれば、まず、このような
ローカルで特殊な文化の様々な形態の一つ一つを、挙げなければならないと
思われる。

 これらの文化の精華は、各分野の名人達がその頂点に立って、不断の努力
により辛うじて維持継続されていく。この維持継続の場は、その文化の継承
に人生を捧げるもの達の学校や修練の場から成る。

 だが、受け継ぐべき価値が、このような伝統芸能のみに限られるの
ではなく、それを受け継ぐ場が、そのようなプロの修練の場に限られる
ものでないことも、自明であり、そのことについては、追って詳述したい。

595 :千念:2005/07/24(日) 13:05:15 ID:yyJK64Q7
>>591

私も、「戦争論」スレについては、本論あるいは各論に入ってからの
展開を期待して待っていた一人でありました。

>>592

浅学にして、ご紹介の書物を知らなかったので、アマゾンで見て来ま
したが、おいそれと手の出る価格でもないので、あきらめました。

 また、イギリスの歴史はイギリス人に任せましょう。具体的な議論を
深める上では、日本の伝統について、その守るべき価値を論じたほうが
よいように思われます。主張に対する反論の論拠も各自の手元にあるか
直ぐに入手可能ですから。伝統というもののそのような(捏造されると
いう)見方もあるということは章の見出しで了解しました。が、日本の
ケースの場合、それがどのように当てはまるのか、当てはまらないかは、
これからの議論の場で検証すればよいと思われます。

596 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 14:08:42 ID:69Mp5fTo
>>595
日本の場合では、簡単に挙げられる伝統の”捏造”は皇室陵墓地、陵墓参考地ですね。
明治期に認定されましたが、時代と様式が合わないものなども色々あります。

597 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/24(日) 14:43:24 ID:QsQGKXbp
伝統については小林秀雄の「慣習と伝統の違い」によると、
慣習はわざわざ意識せずに引き受けている事物であり、
それに対し伝統の方は、慣習の本質は何かを意識にのぼらせて
みたときに浮かび上がってくる(慣習に込められた、人々の)
「生き方」だということであります。

ヘーゲルが「ミネルヴァの梟は夕暮れに飛び立つ」と言っているが
これは古代ギリシャの女神アテネのおつかい鳥の梟が日没に
飛翔してくる事になぞらえて、現実の推移に遅れて思想、学問が
現われてくるというのがその意味なのであるが、間に合うかなという
気がしなくもないのがこの「保守すべき価値」であります。

また、福田和也が「何故日本人はかくも幼稚になったのか」で
「日本人は何が肝心な事かわからなくなった。肝心な事とは
 生と死について考えなくなった。その考察の果てに肝心な
 価値を見出す作業・またその覚悟を放棄した。だから幼稚だ」
と言いましたが全く事実だと思います。

次の2冊、分厚い上に内容も濃いのでなかなか理解したとは言いにくいのだけど
保守すべき価値を考える上で参考になった。作る会の宣伝本とも言えるが
西尾の「国民の歴史」と西部の「国民の道徳」です。特に印象に残る言葉を
次レスに一個ずつ抜き書いておきます。


598 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/24(日) 14:44:55 ID:QsQGKXbp
「国民の歴史」34 人は自由に耐えられるか(抜粋+多少アレンジしてまとめます)

ドイツの哲学者ハイデッガーは「形而上学の根本諸概念」のなかで退屈の概念を
三つの形式に分類した。
第一は「殺風景な片田舎の駅で列車を四時間待つ」の例
第二は「仕事を中断して客として人の家に招待され歓談して、深夜帰宅し
     改めて仕事に取り掛かるとき、本当は退屈だった、と思うとき」の例
第三は「日曜の午後、大都会の町々を歩いていて、思いがけず突然
     何となく退屈になる」の例

いったい、人は自由という思想に本当に耐えられるほどに強い存在なのであろうか
自由であることは厳密に考えると悲劇的である。自分で自分を律して、つまり、自分で
自分の自由をの負担をきちんと処理して、そしてこの生存の根底に横たわっている
退屈にも耐えて、根底からの呼びかけに応答し、どんな場合にも立っていられる
ようにせよということは、ひょっとすると人間に神になれと要求しているのに近いかも
知れない。私にしても第一と第二の退屈の間を往復しながら、適宜に自分を誤魔化して
生きている事実を認めざるを得ない。誰でも、おそらくそうである。しかし、突如として
襲われる第三の退屈にどう対応すべきか、これは私自身の問題でもある。このことに
明確な答えはない。神が存在していた時代が過去にはあった、仏がいた、仏を信じる
ことができた時代が過去にはあった。この長い歴史をめぐる物語は、ついにそれらを
信じることの出来ない時代に立ち至った、人間の悲劇の前で立ち尽くしている自覚を
もって、閉じなければならないのは遺憾である。

(神が姿を消した時代だとするならば、人は己を律するに何を使えばいいのだろうか?)

599 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/24(日) 14:46:26 ID:QsQGKXbp
「国民の道徳」31 死生観が道徳を鍛える (抜粋)

生命至上主義は近現代に於ける最大の不道徳と言ってよい。何故なら、人間が
生き延びることを第一義としてしまうと、法律に違反しなければ、いや違反しても
発覚さえしなければ、延命の為には何をやっても良いという虚無主義が蔓延する
からである。生命至上主義は、人命という手段価値にすぎないものを至高の高みに
登らせることによって、目的についての一切の価値判断を放棄させる。その意味で、
人命はニヒリズムの苗床なのだ。そうした生命をめぐって自分の内部から起こってくる
不道徳の根を絶つには、自分の生命を自分で抹殺してしまうこともありうべし、と
構える他ない。どういう徳義を守る為にどう死ぬべきか、その事を価値観の最高峰に
於けば、自分の生命から不道徳が生まれるという人間の最大の弱点を、あらかじめ
封殺することが出来る。(中略)
もちろん、誰しも死んだ体験が無いからには、死については語りえぬものが多すぎる。
しかし、そこで死について沈黙したままでいると、ニヒリズムに足元をすくわれる。
語りがたいことをあえて語ってみせるには、自死の思想を探求せねばならない。
死ぬ気にならなければ、死に向かって生きる気力が湧いてこない。
そして自死について語っているうち、語りは何ほどかは常にパブリックなものであるから、
その言葉のパブリックな関連のなかに自分の生=死がおかれることとなる。つまり、
自分の言葉に公的な責任を持たなければならなくなり、そこでようやく人間に死ぬ勇気が
備わる事になる。つまり価値についての公的な発言は、それへの有力な反証が挙がらない
かぎり、みずからその実行を引き受けることを要請する。そうなのだと予定したときはじめて、
自分の生=死にインテグリティ(過不足のない筋道)が伴うことになり、それが死に甲斐
および生き甲斐の根拠となるのである。

(死を思想する時、意義ある生と価値ある道徳が見えてくる)

600 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 15:12:05 ID:hrb//hbh
国家神道政策で、石見神楽や猿楽を禁止までしたのは誰よw

601 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 15:20:44 ID:69Mp5fTo
それを言うなら、仏教が根付いてから江戸期まで天皇家の葬儀は仏式ですよ?
天皇家も仏教徒でしたし。

この辺りが伝統を作ろうとした最たる例ですね。

602 :千念:2005/07/24(日) 15:31:55 ID:yyJK64Q7
>>596

遺跡や陵墓を伝統と呼ぶのには無理がありましょう。芸術品であっても
同様です。

 伝統は、むしろ受け継がれてきた生活様式(way of life)であり、
平たくいえば、習わしや習慣に近い。その故に、ある事象が受け継ぐべき
伝統であるのか克服すべき因習であるのかが問題になりうる。

 この関連で、小生が思い出すのは、映画「屋根の上のバイオリン弾き」の
冒頭のシーンです。

 主人公テヴィエは、「アナテフカに住む我々ユダヤ人は、まさに屋根の上の
バイオリン弾きみたいなcrazyな存在だ。だが、アナテフカは、我々の故郷だ
から我々はそこにいるのであり、そのような危険な場所で、バランスを維持
可能にしているのは、Traditionだ」と独白しながら歌う。」

 これがどうして始まったか知らない。だがTraditionはTraditionだと。

あの映画は、このTraditionによって維持されて来たアナテフカの生活が、
大きな歴史の流れの中で遂に放棄され、特にテヴィエの3人の姉妹が、
このTraditionから少しあるいは大きく逸脱(克服)しながらそれぞれの
人生を生きて行く様を描いた素晴らしい映画です。ここで言われている伝統
(tradition)は、まさに生活の仕方として昔から受け継がれてきたものという
意味での伝統です。

603 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 15:33:18 ID:oNiIChLg
明治維新後から急速に日本古来の風習が破壊されてきたというのはあるでしょうな。
ただそれは良きも悪きもという気がします。
私のような東北の田舎物が馬鹿にされ蔑まれたのがかつての日本でしたから。

604 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 15:37:16 ID:69Mp5fTo
>>602
>また、イギリスの歴史はイギリス人に任せましょう。具体的な議論を
>深める上では、日本の伝統について、その守るべき価値を論じたほうが
>よいように思われます。

ご自分でこう仰っておられますので、日本の顕著な例を国家神道絡みで上げたのですが。
国家神道の構築のために様々な伝統が破壊、あるいは作られましたが、
陵墓地や祭祀もその一つだと思いますが。

605 :千念:2005/07/24(日) 15:43:45 ID:yyJK64Q7
>>602訂正

>平たくいえば、習わしや習慣に近い。
           習慣 −>慣習

606 :千念:2005/07/24(日) 17:02:11 ID:yyJK64Q7
>>604

 伝統は、「人々の生き方」であり、「もの」ではないという意味で、
遺跡や陵墓を伝統と呼ぶのは無理があると申し上げました。

 しかし、国家神道が俎上に上がっているのであればその限りではあり
ません。これは、大きく日本の伝統に関わっているのは言うまでもあり
ません。

 廃仏毀釈等を含む明治政府の神道を利用した国民国家体制の構築は、
確かに「国家神道」と呼ばれるものを生み出しました。靖国神社も
その一環ですね。

 しかし、これは神道という日本古来の真の意味での伝統を、ある時期
の国家体制が利用し、制度化したということであり、その利用された
大本の文化(伝統)が虚妄であることを意味しません。

 また高々150年前に創造された「国家」神道も、もしそれが国民に
とって有益なものであり続ければ、古来の神道の革新された姿として
新たに神道という伝統の本流に位置してもおかしくはないでしょう。
伝統芸能にしてからが不断の創造により維持されて来たという側面も
あるのですから。しかし実際はそうならなかったし、誰しも国家神道と
呼ぶことにより伝統的な神道との概念的な違いを意識している。

607 :千念:2005/07/24(日) 17:38:54 ID:yyJK64Q7
>>597->>599
一人一察氏

 貴君との約束を果たすためもあり、この議論をスタートしましたが、
貴君の「守備範囲」は小生のものより広いようです。

 小生は「保守」あるは「継承」との関連での価値を想定したので、
どうしても伝統あるいは伝統に関連する価値を論じることにになって
しまったが、貴君の論じる対象の範囲は、価値一般に亘っている。

 ハイデッガーは殆ど読んだとは言えませんが、引用されている箇所は、
キルケゴールの「死に至る病」における絶望の深化していく諸相を連想
させる。この意味で、興味ある話題ですが、この話題に今首を突っ込むと
小生、仕事を完全に放棄しなければ成らなくなってしまう。

 生命至上主義、あるいは死の問題についても、以前「小生なりの悟り」
云々で少し延べかけたところもあり、食指が動きますが、時期を見て
戻ってきましょう。

 あと、小生のお願いとしては、貴君の脳内のアイデアを示して欲しい。

 2chでは、「脳内」といえば、悪い意味でしか言われませんが、小生が
聴きたいのは貴君の脳内でこなれた観念に基づく肉声です。

 自分自身の考えに自己を託せなければ、思惟する存在足り得ず、真の意味
で行動する存在足り得ないと思う。これは、いくら相手を論破しても、つい
に自己に確信を持てない人間に終わってしまうのは、自明の理だからです。


608 :千念:2005/07/24(日) 17:50:18 ID:yyJK64Q7
いやはや、遅筆、遅思考故、一日ほとんど、仕事にならなかった。

無駄なことをしたとはさらさら思いません(思っておられるROMの方は
多いでしょう)が、明日の客先との対応を思うと、鳥坂氏の「立憲君主制
論」をリクエストするのだったかと。。。。

 というわけで、本日の投稿はここまでになるかも知れませんので、レスを
下さる諸兄悪しからず。


609 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 20:18:34 ID:a6AnrGkx
>>581
アフリカの部族間抗争で得た捕虜(戦利奴隷)の売り買いはアラブ商人とかが
元々やっていたようですが、大航海時代になってヨーロッパ商人が世界市場に
参入してから奴隷市場が拡大し(新大陸のインディオが疫病で激減したことも
あって)黒人奴隷の需要もどんどん増えていったとか。

秀吉・家康による統一が成されずに戦乱が続いていたら、日本人奴隷も世界的
売り買いされるようになっていたかもしれませんね(((( ;゚д゚)))アワワワワ

>>601
そういや昔は法王とかいたしな〜

610 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/24(日) 20:25:23 ID:QsQGKXbp
千念氏の問いかけは重厚です。かつて中村も一生懸命唸って返レスしていた記憶が
あるけれど、ただ、此方としては小林よしりんと西部の主張を補強する程度と
考えていますが。ちょっとその前に、議論の望ましい姿についてだけ簡単に書きたいと思います。

ヘーゲルの弁証法の使い方なんだけど、田中康夫長野県知事が好きらしいが、
こういうことになるのです

@それ自身の持つ矛盾が外に現われていない潜在的可能性の段階 =即自(正)
Aその内部の矛盾が外化し、対立が生じる段階 =対自(負)
B@とAの両方の性質を融合しつつより高次化・発展する段階 =即対自(合)

つまり、仮に僕が「拉致被害者を救うため北朝鮮に即経済制裁だ!(@)」と、主張する。これに対し
「その場合万が一北が暴発して、日本にノドンやテポドンが飛んできたらもっと多くの死者が出る(A)」
「では、経済制裁をせずに拉致問題を解決する為に世界の協力を仰ごう、6者協議をしよう(B)」
と言うような流れです。こういう議論がしたいと常々思っているんだけど・・・ね。

それで、今必死に色々考えていますが、すぐに千念貴兄の問いかけに答えられません^^;
今日は落ちて考えますので、なにとぞご容赦をお願いします。

611 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 21:50:38 ID:kX2thMpB
>つまり、仮に僕が「拉致被害者を救うため北朝鮮に即経済制裁だ!(@)」と、主張する。これに対し
>「その場合万が一北が暴発して、日本にノドンやテポドンが飛んできたらもっと多くの死者が出る(A)」
>「では、経済制裁をせずに拉致問題を解決する為に世界の協力を仰ごう、6者協議をしよう(B)」

数年遅れた認識だな。
既にその辺の議論は6カ国協議を開く事が決定した時点で終了済みで、ここ数年の既定路線だろ。
最近はさらに進んでいて、6者協議が北朝鮮の時間稼ぎにしか使われていないという現実を踏まえつつ、
如何に北に言質を与えないで安保理上程し、合法的にフクロにするかというレベルになってるんだが。

弁証法の使い方に則れば、
正=話し合い・6カ国協議
反=露骨な時間稼ぎ等、北朝鮮の不誠実な態度
合=安保理付託・対北制裁

例として挙げるにしても、もう少し世事に即したモノにしような。

612 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 22:31:45 ID:UqQZqlb7
>>611
アラシに反応するのもアラシ。

613 :名無しかましてよかですか?:2005/07/24(日) 22:40:02 ID:7fABtCtq
なんかー
なんかー
忠告しつつageげてるー
みたいな〜

アラシの名をかけて勝負していきたい

614 :鳥坂 ◆0xLjc2ZEW2 :2005/07/25(月) 00:38:27 ID:7eKCp1Xi
 仕事忙しいので、ざっとROMのみで、暫定レス。
>千念氏
 うーん。それは大変でしたね。>長男の病気
>立憲君主論
 いや、それほど大したモンではないですよ(汗)。
>保守すべき伝統と価値観
 自分は基本的に「上(体制側)からの教育」ではなく「国民の取捨選択」に任せるべき、と思っています。
 あと、発信者・提唱者に必要なのは、如何にしてその「言いたい事」を大衆エンターティンメント・コンテンツに乗せるかでしょうね。
 ↑多分自分は、ソレが可能な人間の立場に最も近い2chネラーの一人でしょう。
 ココだけはナチ・ドイツ宣伝省の手法を見習うべきです。
 実態はDQN野郎だったホルスト・ヴェッセルも、やり方次第で英雄にすることも出来るんです。
 「格好悪く見える」モノに、民衆が惹かれるなんて事は滅多にないですから。

 例えば極端なネタ例ですが、三島由紀夫をお耽美な美青年にして「花丸」あたりの少女向け漫画雑誌ででも連載すれば、腐女子層から人気を掘り起こし、三島の精神を平成の世に再び提唱する事も又可能でしょう。

615 :名無し民兵@中村:2005/07/25(月) 00:41:21 ID:lJ2rdjZM
自分は以前「慣習こそ伝統である」というような趣旨の書き込みをいずれかのスレにしたことがあります。
が、一人一察氏の小林秀雄の引用を見て多少考えさせられることがありました。
慣習から生まれる特性とは何か?
ということですね。
以前、伝統に関しては千念氏と多少語ることがありましたが、
何故発展途上の身。コロコロと考えが変わることもあるでしょう。

今しばらくは考える時期だと思いました。

>>609
>日本人奴隷も世界的に
…無かったといえないのが怖いところですね。(単に自分の不勉強のせいかも知れませんが)
まあ、自分が言いたかったのは「日本人(民族)に幻想を持つな」ということだけですね。
奴隷狩りに関しては例証に過ぎないところもあります(真面目にレスして下さったのにすみません)
しかし、自分は大文字の「日本人」を否定するからこそ、
日本人に近づいてるのではないか…という自負も多少あったりw

まあ、ただの妄想ともいえますが(;´Д`)w

616 :名無し民兵@中村:2005/07/25(月) 00:46:37 ID:lJ2rdjZM
>鳥坂先輩
>「国民の取捨選択」に任せるべき
基本的には立場は同じだと思っております。
鳥坂センパイの考えることとは違うかも知れませんが、
例えば慣習に関しても「残る理由があったからこそ残った」として、
それは求められてる「伝統」だったからなのではないかと。(慣習こそが伝統である、という自分の持論からすれば、ですが)
逆に「残さねばならない」と必死になるような伝統は果たして「伝統」足りえるのか?という疑問がいつも浮かびます。
伝統とは生きているものなのだと、考えます。
それは例えば他国の謝肉祭などに見えると思いますが、感謝する気持ちを残そうとしている。(当人たちがどう思っているかまではわかりませんが)
自分たちが、残そうとする価値、いや残っていくものにこそ価値がある、とそう考える次第です。
万物は流転する。からこそ、伝統もまた、時代によって変化し、それに適応していくのではないかと。

…少し酔ってるのでワケワカメな文章になったと思いますがご容赦…

617 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/25(月) 00:54:33 ID:7eKCp1Xi
>>614
 ん? トリップ打ち込み間違えた。失礼しました。

618 :名無しかましてよかですか?:2005/07/25(月) 01:21:34 ID:zjmT4HzR
>>614
敷衍して言うなら、日本でビンラディン人気がサッパリ盛り上がらないのも、
チェ・ゲバラのように有能な語り部がスタイリッシュに神話化しないからですかね。

619 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/25(月) 01:36:30 ID:7eKCp1Xi
>>617
>中村氏
 ほぼ同意ですよ。
 伝統とは「便利だから」「必要だから」「格好良いから」等、実に世俗的で明快な利便性が無い限り、生き残るのは非常に困難です。
 例えば、江戸期薩摩藩の郷中教育も、徳川幕藩体制と言う薩摩にとっては逆境の中で生き抜く為に必要だったからこそ300年も続いたわけで。
 イギリス人の伝統重視をやたら持ち上げる人達がいますが、自分に言わせればあんなモン、英国人のズボラと怠惰を象徴するモノでしかありません。
 ↑だから前スレだったかで「英国にビル・ゲイツは絶対に生まれない」と書いた。

 以前、付き合いのあったアメリカ人が言っていたので印象的な言葉があります。
「ビジネス指南書に関して言うとね、
 アメリカは『今の世、こうすれば儲かる』と言う本が多い。
 日本は『これからの世、こうすれば儲かる』と言う本が多い。
 英国は『アノ時代は良かった』と言う本が多い」

 価値観もまた、伝統以上に周辺の事情によって大きく変質するモノです。
 現代日本人は貯蓄好きと言いますが、コレだって「宵越しの金は持たない」を粋(イキ)とした江戸っ子にしてみれば「しみったれ」でしょう。
 ↑まぁ、小金貯めていてもすぐに火事でパーになるから意味無かったんですな。
 またこの貯蓄好きも、裏返せば借金しづらいと言う日本の金融事情によるもので今後、貸し手のやり方によっては変質し、アメリカのようなクレジット社会になるかも知れませんし、その傾向は既に出ています。
「ご利用は計画的に」
と言うのはカード会社のアリバイ証明ではなく、民衆側にこれから必要な「価値観」なのです。



620 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/25(月) 01:38:40 ID:7eKCp1Xi
 他にも例えば「食べ物を粗末にしない」でも、コレは食糧安保上、今後も持っていた方が良い価値観ですが、今時の子供に、
「米とは『八十八』と書き、ソレはね云々」
と説くのは(充分に古くさいですけど)まだ良い方です。
 が、
「米粒1つに七人の神様が住んでいる」
と説いても「はぁ?」でしょう。
 むしろ、小学校で日本の食糧事情や農作業の実態を教育した方が良いでしょうし、名探偵コナンやポケモン使って漫画やアニメのエピソードに加えるのも1つの手でしょう。

 何というか、自分から見ると保守派・革新層共に「言うこともやることも古くさい=ダサい(死後)」んです。
 本気で世間に広めたい・浸透させたいと言うなら、TV月9ドラマの枠を買い取ってキムタクでもジウたんでも良いから視聴率の取れる俳優と脚本家使って、25%越えのドラマ作れば良いんです。
 日本船舶振興会の故・笹川会長出演のCM「♪戸締まり用心・火の用心♪」「一日一善」なんか、格好の例じゃないですか。
 そんなカネが無いというなら、まず作る・集めるところから始めれば良いんです。
 10人足らずの金主(スポンサー)の心も掴めいないようなメッセージが、大衆に伝わるワケがありません。
 堅っ苦しい活字ばっか並んで売れない本を書くよか、ずっと目的に適ってますよ。

621 :名無しかましてよかですか?:2005/07/25(月) 01:39:56 ID:hRl0tBPL
コバァー
気をつけろよ
敵はすぐそばにいるぞ

622 :609:2005/07/25(月) 01:39:59 ID:wQXlla4s
>>615
まあ、上杉謙信の関東進出も奴隷狩りの側面もあったらしいですし、
そもそも人身売買自体戦前までかなり大っぴらにやっていた訳でして…

幻想を持つな、という考えには激しく同意です。
個人的には人間は性善と性悪の両方を備えて人間足りうるのだと思って
いますので、どんな個人・集団であろうと叩けば埃が出るのは至極当然
ことかと。

何はともあれ真摯な返答を頂き感謝感激ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

623 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/25(月) 01:50:52 ID:7eKCp1Xi
>>618
 ソレで正解でしょう。
「モーターサクル・ダイアリーズ」は、格好のゲバラ宣伝コンテンツですよ。
 加えて「非業の死を遂げる」と言う「英雄の条件」を満たしていますから。

 もう一つは、ラディンに言動に「華(スター性)」が無いのが原因でしょう。
 アラファトやカストロみたいに、赤ん坊を抱き、民衆と笑顔で語り合うショットなんて見た事無いですから。
 カストロだってアメリカにとって不倶戴天の敵ですが、アメリカ人は彼に「どこか憎めない所」を確実に感じています。
 ↑アメの友人・談
 自分はマスードの写真集を持っていますが、彼は実に「絵になる男」です。そのまんまアニメのキャラにしたいぐらいです。
 ↑カメラマンの腕が良かった事もあると思いますが、それでも"素材"が良くなければ「良い絵」は撮れませんから。
 ラディンはチンピラのザル公なんかと手を組む前に、ハリウッドの宣伝スタイリストを雇うべきでしたよ。

624 :名無しかましてよかですか?:2005/07/25(月) 02:53:51 ID:zjmT4HzR
>>623
アラファトやカストロは、スターリンやヒトラーのイメージ戦略の申し子ですね。
正統派宣伝、というか受け手に幻想を抱かせやすいように計算してます。

ラディンの場合は・・・。
英雄化宣伝をするとしたら、駆逐艦コールに対する攻撃前後が限界点でしたね


625 :千念:2005/07/25(月) 14:55:02 ID:4gT5k4Sm
3時頃起き出して、ようやく一件片づけたところです。本格的なレスを
付けるには頭が回らないので、軽いものを。

 日本の伝統に関わり、その独特の精神文化の在りようを象徴的に表して
いるものに、相撲がある。あの一番の取り組みの中で行われる様式化
された力士の動作は、それぞれ意味を持っているようであるが、中でも
相撲の立ち会いは、独特のものであると思う。

 勝負を争うもの同士が、呼吸を合わせて立たねばならぬという、この
ような勝負の形式は、実に意味深く、日本文化の根幹に関わっているように
思える。

 一種の神事であるからともいえるが、この精神性に比し、近頃はやりの
サッカーには、フェアプレーの精神がないのが小生は気に入らない。
マリーシアが推奨されるなど、やはり大衆の、戦争の代替品としての
娯楽のようで、紳士のスポーツはゴルフに任せて、勝てばいいというだけ
のどちらかというと卑しいスポーツである。サッカーの隆盛とともに、
近頃スポーツマンシップと言う言葉もとんと聞かれなくなった。

 野球にも言えるのであるが、審判は、選手にとっては、自己の不正を
ごまかし、欺くべき存在であるというのは、ナンダカナーというのが、
戦後生まれとはいえ、戦前生まれの大人達の中で、そのよき日本精神の
残り香を呼吸して育ったものの、偽らざる感慨です。

 そうは言いながらも、松井秀喜のホームランには歓喜し、サッカーの
日本代表の試合には、人並みに、大声出して応援して、大黒は偉い奴だ、
と思ったりするのですが。(相撲も、二枚目のスター力士が三役で活躍
して、いくらか希望がもてるようになったようだが。)少々、脱線気味
で申し訳ない。


626 :千念:2005/07/25(月) 18:09:32 ID:4gT5k4Sm
>>610
一人一察氏

 特に、回答を求めたというわけでもありませんので、小生の議論の
どこにでも気楽にレスしてください。もっとも、貴君の提起した問題
もあるので、そちらのほうを発展させていただいても結構ですが、
先にも述べたように、当方、一度に二つの土俵に上がるのは時間的、
能力的に無理ですので当方の議論が十分展開し終わるまではレスを付
けられないと思う。

 もっとも貴君の示した望ましい議論の展開に関して言えば、テーゼ
(1)を出すときに、やや断定的、挑発的に行えば、アンチテーゼ(2)が
返ってくる可能性が多く、その分それらを止揚したジンテーゼ(3)に
達する可能性も多いと言えるが、得てして、スレが荒れがちで、そうも
うまくいかない。

 この弁証法は、ヘーゲルの定義したものが有名ですが、起源は、むしろ
ソクラテスに遡ると言えます。ディベートではなく、真実を探求するため
の議論の有り様(あるいは、思惟する精神の動き)を述べたものとも言え
ます。

 上記のテーゼの出し方の問題を別にしても、小生の場合は、論旨の展開が
重っ苦しいので、あまりコメントも多くもらえないのかと、推察しています
が、これは、思考と論述の小生なりのスタイルなので、致し方ないと思って
います。

627 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/25(月) 19:22:49 ID:0liRGvi7
>>千念貴兄

まず、最初にお詫びします。>>610のヘーゲル云々は、貴兄にではなく
その他の者共(w に説明したのであって、誤解無きようお願いします。

そして、自身の脳内アイデア=オリジナルの主張をとリクエストされて、
これはよほど大変な事だと思ったのですが、どうも色んな事を考えてみても
どの思想と言うか主張も誰かの借り物としか思えず、自分の中身が空っぽのような
虚しさを感じてしまっています。三島の警告に、人の本を読んで高みに上がった
つもりになるなと言うのがありましたが、全く自分に当てはまってしまいます。
それでも敢えて主張するならば、「優しい保守主義」でしょうか。これはチェイニーの
言った「思いやりのある保守主義」にニュアンスは近いのですが、僕はネオコンは大嫌いですし、
その内実を一言で言いますと、「弱者に優しい保守」と言う事です。元来の保守派は、例えば
差別問題や福祉問題や環境問題は殆んど無視してきました。また、経済的弱者に対しても気を払わず、
「力こそ正義」的な発想でやってきたのだと思います。愛国者でありたいと願うならば全ての国民を
平等に愛すべきであり、弱者に手を差し伸べる者こそ真の男子であるはずで、まして差別等は断じてしてはならないと
思うのです。こういうと、「お前はポチを半島人だのチョソだの言ってたろうが!」と言う声が聞こえそうですが、
これはただ親米派が一番嫌う煽りをしているだけであって(w、僕には差別の感情はありません。
島崎藤村の「破戒」やヤンソギルや野坂昭如の著作を読めばそういう感情は自然に湧くと思います。
つまり、保守派は毛嫌いせずに左翼側の主張の良いところをせっせと盗めばよいのです。
保守は自国を愛するが故に他国民が母国を愛するのも当然容認する。自国が戦禍に巻き込まれるのは
いやだ、そう思うならばそれゆえに侵略戦争というものも絶対に出来ないのです。
そして、自国の文化を誇りに思うならば、他国の文化も尊重する。甲乙など付けられないのです。
上手くまとまりませんが、しばらくこの発想の元に持論を考えていこうと思います。
大アジア主義の陥穽には、かからないように気をつけてやりますがw



628 :名無しかましてよかですか?:2005/07/25(月) 19:53:55 ID:amJxSigY
>名探偵コナンやポケモン使って
>漫画やアニメのエピソードに加えるのも1つの手でしょう

マクドナルドの会長(だったか?)の台詞によれば
「人間は5才までに食べた物を生涯食べ続ける」という言葉は
思想においてもあてはまると思うが
その大事な時期に俺個人としては「毒を毒と知らさず盛る」やり方は
非ッ常ーに好きになれない。
よってアメリカの純粋なベクトル思考法を「優しく」輸出してくれる
近年のディズニーアニメーションは嫌悪と拒絶反応を起こす

逆に映画:インデペンデンスデイとか
「どうだ!アメリカすげえぜ!負けねえぜ!」しか伝わらないのは許す(苦藁

もとより大衆は思想など求めてはいない
喰って寝て増えれば幸せを感じる筈だ

629 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/25(月) 20:06:34 ID:9N4BwWPR
>>625
>相撲
 確かに日本文化の1つですが、自分にはそう言う「良い面」よりも「ナンダカナー」な面が多い事で眉根を寄せますね。
 まず、神事なのか、格闘技なのか、興業(エンターティンメント)なのか、サッパ分からない。
 前者ならば「カネ取るんじゃねぇ!」ですし、中者ならば「K-1に出てみやがれ!」ですし、後者ならば「もうちっと考えろや」です。
 それに、一向に消える事のない「注射(八百長)」疑惑と、年寄株を巡る多額のカネ、北尾・マケボノと元横綱勢のヘタレっぷり、ソレに最近の若貴騒動。
 もう相撲には「神秘性」「神聖さ」「強さ」もナーンも無いと思っています。
 十数年前、千代之富士vsマイク・タイソンをマジに夢見ていた自分としても悲しい限りです。

>サッカーとスポーツマンシップ
 そもそも、スポーツマンシップとは、食うに困らない紳士同士のお遊戯スポーツで通用していた「作法」です。
 マンUに代表されるように、庶民(特に肉体労働者)のスポーツとして隆盛した現代サッカーとは相容れないモノです。
 日本のサッカー関係者が「サッカーは紳士のスポーツ」と言うのを聞くと「馬鹿だねぇ」と思いますよ。

>審判は、選手にとっては、自己の不正をごまかし、欺くべき存在であるというのは
 別にエエと思いますけどね。
 世界中で自動車のスピード違反が横行している世の中で、過度の品行方正を求める方が異常だと思いますよ。
 それに、スポーツに武士道的価値観を持ち込む事の方が歪んでいる、と自分は思っています。
 特に自分は、茶髪で火病ったり、敬遠や隠し球で目くじら立てるコーシエンの方が「ナンダカナー」と思います。
 ホームラン打ったら、秋山張りにホームベース前でバク転やったっていいじゃないですか。
 ↑高校野球だと、コレやるとアウトなんですよね。
 近くに大阪ドームがあるのに、炎天下の甲子園での連日開催なんてキチガイ沙汰ですよ。
 大人達のロマンとノスタルジーで、野茂やイチローや松井になるはずだった逸材を何人潰せば気が済むのか。

630 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/25(月) 20:16:57 ID:9N4BwWPR
>>628
 その危惧と嫌悪感は正しいですよ。
 自分も価値観の根底にあるモノは「じゃりん子チエ」と「おじゃまんが山田君」でセットアップされましたから(w
 「クレヨンしんちゃん」でセットアップされた今の子供達がどうなるか、良くも悪くも楽しみですよ。

 ただ、宣伝教育の有効な手段としては、こう言うのがある、と提示しただけです。
 自分はソレを提唱し、実行する立場にありませんから。
 まぁ、やりたいと言う連中には営業しますし、カネを積まれれば「仕事」としていくらでもやりますけどね(w

631 :名無しかましてよかですか?:2005/07/25(月) 21:01:09 ID:zjmT4HzR
>もとより大衆は思想など求めてはいない
>喰って寝て増えれば幸せを感じる筈だ

逆に言えば、経済的・コミュニケーション・社会的等様々な要因により、
満足に食えない・眠れない・自らのジーンを増やせない大衆の不満が、
思想の仮面を被って現世に躍り出てくるという事で。

632 :名無し民兵@中村:2005/07/26(火) 00:27:30 ID:v2LaAa+C
>>631
同意

633 :千念:2005/07/26(火) 00:28:45 ID:F7ZE/bEh
>>627
一人一察氏

丁寧なレスをありがとう。
昔誰かが三島を評して「心優しきファシスト」と言ったのを思い出します
が、展開されたものは健全で良識的な主張なので、大いに安心しました。
実は、貴君の精神状態を心配する先週あたりのレスを目にして、小生も
放っておけないような気持ちになっていたりします。軍板関係者の優しさ
は、貴君は認めたくないでしょうが、全体の推移から、例えば中村氏や
貴君が毛嫌いしてしまった鳥坂氏等のレスの背後に透視される心情からも
明らかなので、いわゆる「コヴア」(信奉者というのではなく、彼の活動
を正当に評価するものという意味。貴君も同じだと思うが。)として同志
であるはずの私がこれでよいのか、と思ったりしたわけです。

>どの思想と言うか主張も誰かの借り物としか思えず、自分の中身が空っぽのような
 貴君の頭脳の中では、各思想又はアイデアがそのソースとともに意識され
てしまうというだけのことで、自分の考えと思っていても誰かからの拝借物
であることを自覚できないでいるだけのことだったりしますから、悲観する
にはあたりません。学部の学生ならばむしろ当然でしょう。独創は模倣の果
てに見いだされるのはいわば常識です。

 しかし、思想(政治思想に限りません)は、当人の生きようとする意志
とどのように密接に関わっているかが、当人に取っての真贋の判断基準に
なると思います。その人を実質的に生かしているものの考え方であれば、
それはもはや借り物とは言えないでしょう。したがって、実社会と相渉り
糊口をしのいでゆく中で、貴君の思想も一層練られて純化されて行くこと
になると思います。(保守すべき価値の問題を離れてしまったけれど、
今がそのタイミングだったのでコメントしました。)


634 :名無しかましてよかですか?:2005/07/26(火) 01:33:14 ID:3FWAXn/1
>>631
そういう高ストレス社会ってのは、ある種の社会的な改造が必要であって、雑多な思想の噴出はその欲求の現れ。
そして、それを最も低コスト(多くの人間の生命・財産が軽視される事が無いという意味)でベターな状況に
変化させたいと願うならば、テロなどの物理的な暴力をお上が取り上げ、その代わりに誰にでも発言と議論の権利を
与える万機公論に決する議会制民主主義の導入が、現在では最も合理的という事になる。

イスラムの場合、民主化すると既得権益を失う層が抵抗勢力となるのは他地域と同じだが、そういう層が
追求の矛先を交すためにアメリカやイスラエル(パレスチナ人にとっては敵かもしれないが、イスラム・アラブに
とっては、どんな場合でもイスラエルは必ず敵というわけではない)という外敵を設定したところが違う。
これは、国内においておくと厄介な思想(宗教も思想の一種と考えるならば)過激派の国外輸出(現に、ソ連のアフガン
侵攻時は、無料片道切符で自称ムジャヒディンをいっぱい送っては、ソ連軍に始末してもらっていた。アメリカもアラブ
諸国によるイラクへの過激派不法投棄を疑ってる)をしているのと同じわけだが、そういうのを放置しておくと、
思想的に醗酵を続けてビンラディン化する事が世界中に知れ渡ったので、アラブ諸国は民主化して自国の社会
矛盾と真正面から向き合う事と、他国に迷惑かけまくる思想過激派を厳しく取り締まる事の二点を迫られてる。

簡単に言うなら、
「お宅の出来の悪いお子様が意味不明の言葉をわめき散らしながら通行人に切りつける通り魔に変身する前に、教育と
家庭環境をしっかりしなさい。まさか親の貴方たちの振る舞いが荒れる原因の一端ではでないでしょうね?」
と世間様から五月蝿く言われているわけだ。


635 :名無しかましてよかですか?:2005/07/26(火) 01:42:39 ID:DltLAx8Q
個人的考えでは伝統とは常に変化するべきものだと考えますね。
最近では能や狂言にシェークスピアの作品を取り入れたり、また我が県の
神楽の団体の中ではジャズとの競演などをするところもあります。
ゆえに変化なき伝統は場合によっては衰退する運命にあるのかもしれません。
無論、変化無きがゆえに続く伝統文化も存在するでしょうが。


636 :千念:2005/07/26(火) 01:55:10 ID:F7ZE/bEh
>>629
 鳥坂氏

 貴兄の非難・こき下ろしは、愛情の裏返しだったりするので、なかなか難しい
のですがW
一例:>十数年前、千代之富士vsマイク・タイソンをマジに夢見ていた自分としても悲しい限りです。

相撲の、現状については仰せの通りで、小生も、生中継をはっきり意識して
見たのは、14日目の琴欧州と高見盛戦(先週土曜日)が、何年ぶりかだったり
します。(週刊ポストで八百長批判を行っていた二人が同じ病院で相次いで変死
(?)した事件(単なる病死で済まされた)には、警察・検察も含めて、日本
社会の暗黒面が垣間見えたような思いがし、その頃から、殆ど見なくなりました。
直接相撲協会が関わったりはしていないはずですが、興業には「ヤ」の字が付き物
ですからね。作家の安部穣治が、面白い推理を文藝春秋だったかに書いていたのも
思い出される。)

>まず、神事なのか、格闘技なのか、興業(エンターティンメント)なのか、サッパ分からない。

大相撲興業成立させて来たいるいろいろな要素を、一つに特化しても意味がない
と思います。また、その衰退の原因には、大きく言って、日本が豊かになり、本来
真の意味でハングリーな、過酷な修練に耐える力士予備軍が希少になったことが
あると思っています。(「若貴」もね。自分の子供を神様視するような事をかつて
言った母親の思慮の浅さが、大元の問題だったという認識です。)

637 :千念:2005/07/26(火) 01:56:44 ID:F7ZE/bEh
>>636続き

ともあれ、小生は、勝負の開始が、競技者同士の息が合った瞬間になるという、
この一点だけでも、何とか存続のための革新を行って、民族の文化として保守して
いく価値のあるものと思っています。

 ここには、本来競技も含めて争いには、それぞれに拠って立つところがあって
起こるのであり、折角この世に生を享け、敵として相見えることになったといって
も単に抹殺すれば片づくというものではないという、思想が根底にあると思う。

 この認識、思想は流行らないかも知れないが、対抗者を抹殺して事たれりとする
浅薄・野蛮な思想よりも、遥かに価値のあるものである。

 伝統とは、積極的に維持されてきた良き慣習であると定義できると思うのですが、
この相撲という競技も、何とか革新を行って、日本精神の具現としてのその力士
集団の興業を維持繁栄させて欲しいと思っています。


638 :千念:2005/07/26(火) 03:27:45 ID:F7ZE/bEh
>>637補足

 相撲の仕切り/立ち合いには、競技者同士を正しく向き合わせようと
いう意味もあると思われる。

 武器を隠し持たないことを示した上で、神様の前で、優劣の決着を着け
ようという勝負ですが、立ち合いの一瞬というのは、お互いが精神的にも
共通の場にあることを確認できた瞬間に他ならないと思われる。競技者
同士は、その瞬間正しく相手を認め合い、優劣を争って全力を傾ける
相撲に突進する。

 今は制限時間があるが、昔は、延々と仕切り直しを続けたといいます
からね。伝統尊重主義者の小生もさすがにそれでは間が持てもせんが、
昔の人は、心に余裕があり、時間を贅沢に味わっていたのでしょうな。



639 :過去レス読まず途中参加:2005/07/26(火) 11:08:30 ID:TU8XxEnW
聖徳太子十七条憲法 十二年春正月戊戌朔。始賜冠位於諸臣。各有差。夏四月丙寅朔戊辰。皇太子親聿作憲法十七条。

 一曰。以和為貴。無忤為宗。人皆有黨。亦少達者。是以或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦。諧於論事。則事理自通。何事不成。

やはりこれでしょう。

640 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/26(火) 18:21:45 ID:vK41pXuC
>>636
>貴兄の非難・こき下ろしは、愛情の裏返しだったりするので、
 だから以前、「既に通り過ぎた地点」と彼に書いたんですよ(w
 WWFみたいに「常人では出来ない、筋肉のエンタメ」ぐらいに、神事として開き直って様式美に凝り固まっても良いと思うんですよ。
 決して(他の格闘技と比べて)強くもないのに「タジカラオがどうの」とか中には「立ち技最強」とか言うモンですから腹立つんです。

>>637
>相撲の仕切り/立ち合いには、
 そういう一種の「フェア」な精神というのは、やはり1on1の格闘技・スポーツでないと成り立たないでしょうね。
 「武士道」「騎士道」「ジェントルマン」と言うモノは結局「個の美学」であって、集団の意識としてそれらをベースに志向させるのは難しいですよ。
 特に強力なリーダーというモノを忌避する日本型組織になれば尚更です。
 何故なら、そう言う価値観は概念的なモノであり、箸の上げ下げのレベルになれば必ず個人差が出ますから、統一の仕様がありません。
 ソコまで統一してしまえばそれは教条主義になり、画一化された集団の向こうにあるのは、変化に対応出来ずに自滅する悲劇だけです。
 自分がゴヴァ諸氏の意見に危うさを感じるのは、彼らが「個の美学」で集団を統率しようとしている点です。
 「個の美学」と「集団の統率」とは別個に考えるべきだと思っています。

>>638
>昔の人は、心に余裕があり、時間を贅沢に味わっていたのでしょうな。
 ソレ分かります。
 以前、仕事で付き合いのある社長と「スーパー歌舞伎」見に行ったんですが、ジェリー・ブラッカイマー流ハリウッド映画に慣れた自分には、死ぬ程ダルくてたまりませんでした。
 終劇後、社長に愚痴ったら「何言ってンのよ。モノホンの歌舞伎はもっとダルイぞ」と言われ、熊さん八さんは何が面白くてこんなの見ていたんだろう・・・と思いました。
 しかしその後、件の社長から「ニーベルング」に誘われた時は、近代欧州人の(江戸期日本人以上の)我慢強さに感動すら覚える事になった。
 ↑長期戦になると日本人は我慢が足りない、と米英将官が評したのが間違いじゃないと思った。

641 :千念:2005/07/26(火) 19:13:04 ID:F7ZE/bEh
>>629
鳥坂氏

>そもそも、スポーツマンシップとは、食うに困らない紳士同士のお遊戯スポーツで通用していた「作法」です。

スポーツは、本来遊びですね。近現代の豊かな大衆社会とは違い、大多数の
庶民にとっては生きるのだけで精一杯であった頃は、スポーツは生活に余裕の
ある者にのみ許された遊びであった。また、これには、広辞苑の定義にも
あるように、遊戯という要素のほか競争・肉体的鍛錬の要素も含まれているのは、
自明である。

 仕事ではないという意味で遊びですが、紳士の余技・余興として始まったとは
いえ、そこには人間の鍛錬と言う意味もあり、教育の中でも当然取り込まれること
になる。強い国民、頼りになる士官・将校を養成する上でも必要なことでしょう。
信頼に足る上官に、卑怯な、不正な振る舞いは、似つかわしくない。

 また、本来競技であり、互いの優劣を競うからには、条件を同じにしなければ
ならないのも自明のことです。誤魔化してポイントを上げても、それは真の優位
を証明することにはならない。

 スポーツマンシップが武士道的精神と響き合うのは当然と言えます。

642 :千念:2005/07/26(火) 19:17:28 ID:F7ZE/bEh
>>641続き(既に鳥坂氏のレスがありましたが)

 しかし、見るスポーツが一般化した大衆社会状況において行われるゲームとして
のスポーツには、また違う性格が付与されて来たと思われる。ゲーム自体は、武道
と違い、ルールと、そのルールにしたがって競われる技術・戦術という要素からなり、
競技者の精神やマナーは、その本質と無関係です。

 国際戦として、いわば戦争の代用品として行われるようになった特にサッカーの
試合の場合、観衆は勝利に終わるゲームを究極の目的とし、競技者もその要望に応
えるためにスポーツマンシップを放棄したと言える。

 しかし、勝利の興奮に酔い痴れるマスとしての大衆は、折角自由になる時間を
得たというのに、精神性を失って動物に堕してしまう危険に瀕している。フーリ
ガンが発生する所以であり、これ(精神性の喪失)は、継承すべき価値あることと
は思えない。

 もっとも、上のレスにもでたストレス理論から、その解消のための有効な手段
(娯楽)として、価値あるもの(見るスポーツ)として、これからも継承され、
ますます隆盛をきわめて行くであろうことは予想がつく。その何を良き伝統と
するかは議論の余地があるであろうが。


643 :千念:2005/07/26(火) 20:13:55 ID:F7ZE/bEh
>>642続き

 最後に、某A社主催で行われる(同様な性格を有するM社主催もあるが)高校
野球の全国大会については、同意です。

 高校生の教育の一環として行っていることからすると、あれは詐欺であり過失
傷害罪に相当する大会運営方法だと思います。

 出場校の負担ということもあり、またそれこそ「伝統の」甲子園で試合をしたい
という出場者(高校球児)の希望もあるのでしょうが、日程調整や、大会主催に
よる利益の一部で、出場校の費用を一部負担する等の方法は、真に高校生の、
しかも、全国レベルで秀でた才能を持つ者達の人生を尊重するのならば、当然検討
され、実行に移されるべき対策だと思います。

644 :千念:2005/07/26(火) 20:15:18 ID:F7ZE/bEh
>>643このレス最後

 まー、敬遠についていえば、もはや伝説と化した松井の全打席敬遠ですが、教育
の一環として、あの監督の責任は大きいと言えます。確かに目先の勝負に勝ったか
も知れませんが、あの投手のその後の人生を見れば、罪な指示を出したものです。

 スポーツがどんなに娯楽と化しても、本来優劣を競うというその要素がある限り
正々堂々の勝負はその理想であることをやめないでしょう。チームの勝利への
戦術としてみれば、敬遠策が卑怯な方法とは言えないのですが、野球には、投手
と打者の(個人間の)勝負という要素もある。あの監督は、この勝負を完全に禁じ
ることによりチームの勝負を優先させたのですが、これは野球というスポーツ・
ゲームが競技者を引きつけるその本質的な魅力を封じてしまうことにもなった。

 折角晴れの舞台で相見えた、これ以上願いようもない好敵手では、ありませんか。
一度くらい勝負させてやれば彼の人生も変わったものになったであろうに。罪作り
なことだ、という認識です。(彼がそこそこ活躍するプロ選手になっているか、
野球を早くにあきらめられて別の道に進んでいれば、このようなことも言えない
のかも知れませんが、特別な事例は、特別な結果を招くということもあるように
思える。)

645 :千念:2005/07/26(火) 20:43:14 ID:F7ZE/bEh
>>639

 同意です。

 日本の良き伝統の中心に位置する価値を自覚させた日本精神の源流にる
言葉だと思います。

 さらにまた、大国隋に対しての「日出る国の天子、書を日没する処の
天子に致す恙なきや」という言葉は、いわば、日本精神の独立宣言ですね。

 飛鳥路は、30有余年前の夏にずっと歩いたことがあります。約1400
年前に生きて我々の国民精神の源流ともなられた方はどんな方だったのでしょうね。

646 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/26(火) 22:06:38 ID:xef1Rrql
>千念氏
 丁寧なレスをありがとうございます。
>マツーイの4×4死球
 アレ、仲間内でもケンケンガクガクでした。
 まぁ、「ロマンか/勝負の世界か」の水掛け論でしたが。
 その中で出た意見で面白かったのが、
「結局、松井一人にオンブだっこのヘタレチームって事じゃん」
ってヤツで、コレには全員同意でした。
 まぁ、神奈川・明訓高校(←漏れも古いなw)みたいな化け物チームを期待するのは、野暮天の極みですけどね。
 
 現在、副業絡みで日本スポーツ界についてアレコレ調べているんですが、まぁ問題と「ナンダカナー」の山ですな。
「日本に”体育”はあっても"スポーツ"は無かった」
と喝破したのは初代Jリーグ・チェアマンの川淵氏ですが、正鵠を得ていると思います。
 また、あるスポーツ・ジャーナリストは、
「日本スポーツに"文武両道"は存在しない」
と痛罵しています。
 また、大学時代ですが、近くの体育大学にロス五輪金メダリストのエドウィン・モーゼス(だったかな?)が非常勤講師として招かれていた事もあり、自分の大学で講演会が行われたのですが・・・
 そこで彼が披露したエピソードは笑えないモノでした。
「国際競技大会で出会う日本人アスリート達は皆痩せているので、
 『コレはきっと厳密な食事管理と体重制限の賜物だろう。我々も見習わなければ』
 と、感心すらしていた。日本の大学に招待された時、その秘密を是非解き明かしてやろうと勇んでやって来た。
 しかし、(大学陸上競技の)実態は全くの逆で、いい加減な食事と競技開催前の無茶苦茶な減量で痩せていただけだった」
 そして、栄養学の「え」の字も勉強していないのに、ホイホイと単位を与える大学に呆れたそうです。

 スポーツを「○○道」となぞらえるのが好きなクセに、脳ミソ筋肉馬鹿ばっか量産してきた自称「求道家」達の頭蓋をカチ割って中身を見てみたいモンです。
 そして、こう言う輩が得てして「日本の古き良き伝統」を継承している、と自称しているのが現状です。

647 :千念:2005/07/27(水) 00:44:49 ID:2v/WJ7fK
>>645自己レス

 太子との関連でいうなら飛鳥路というより斑鳩の里だろうが!と、突っ込
みもないというのは寂しいが、まっ、いいか。以下独白ついでに。

 夏8月、甲子園では高校野球が行われている最中に、真っ青に晴れた
炎天下、慈光院、法起寺、法輪寺を経由して法隆寺まで歩いたが、法隆寺
につく頃はもう5時近くで、この時は、楽しみにしていた中宮寺の弥勒菩薩
(半跏思惟像)を拝めなかった。

 数年後の2度目の奈良訪問時に、しっかり拝んで来ましたが、慈愛に満ち
た表情の芸術的表現(昔の仏師の作品を簡単に芸術と評して良いかという問
題はあるが)としては、世界最高のものだと思う。

 既にこの仏像に見られる抑制された繊細な優美さは、日本の伝統の特質
とも言えると思うが、どうだろうか。

648 :千念:2005/07/27(水) 01:24:56 ID:2v/WJ7fK
>>646
鳥坂氏

戦後最高の名試合を演じた星陵対簑島戦以来、星陵高校は贔屓
にしているから、ヘタレはないだろうが、と言いたい(w。イチローの
名電は地元でしょうから、ライバル(県)高校の意識がありますか?

>「日本に”体育”はあっても"スポーツ"は無かった」
手段としての競技ではなく、それ自体を楽しむと言う意味での競技と
いうことでしょうか。おっしゃるとおり当たっていると思います。

>「日本スポーツに"文武両道"は存在しない」

 確かに、これが問題ですね。特に戦後。昔は、まだ旧制高校の頃、
スポーツ、特に柔剣道で身体を鍛えながら学問に励む若者は多かったと
思いますが、アメリカの野球選手などには医師の資格まで取る人が
いたりしますからね。これが一番の問題ですね。

 小生は、中学時代柔道部でした。同窓生にいわせると、甲子園出場高
の紹介で、文武両道と言う言葉が出ると小生を思い出したと、言って
くれましたが、県の中心都市の進学校に進んだ高校時代は一年の時選手
に引っ張り出されたりしたが、結局部活は断念せざるを得なかった。
柔道は、本来、「精力善用」を目指し、文武両道の武として、教育者の
嘉納治五郎が創始したのですけれどね。


649 :千念:2005/07/27(水) 01:51:29 ID:2v/WJ7fK
 さて、スレの寡占状態を脱するために、ネタを:

 聖徳太子以来の「和をもって貴しとなす」という民族の価値観は、
今後も保守する価値があるのだろうか? 公共事業の談合など、様々な
問題も派生してきているように思われるが?

650 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 02:09:26 ID:iZ4cUJuB
>>649
日本に生まれ、日本人として日本人の風土の中で成長する以上
その価値観は当面捨てられるようなものではないの思われます。
いい意味でも、また悪い意味でも日本人的価値観の一部として
存在し続けるのではないのでしょうか?

651 :名無し民兵@中村:2005/07/27(水) 02:23:27 ID:wpNZ0Ykx
>>649
良いも悪いも、両面であるならば。

自分が納得いかない…というか、不思議なのは
一部の人達は「良い所だけが昔から存在し、それを残していくべき」
と考えているようにならないところです。

>>650氏がいうように、
かならず物事に両面があるとするならば、
いいところを残せば、悪い面も残るはず。

652 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 02:36:00 ID:qWdv+Je1
>>647
>仏像
 自分は運慶・快慶の躍動美溢れる仏像が好きですね。
 あとは素朴さと荒々しさが混在する円空仏とか。

>抑制された繊細な優美さは、
 地中海文明のニケ像やヴィーナス像にも一脈通じるモノがあると思いますよ。
 日本にとって幸運だったのは、この技術や芸術観が断絶することなく(少しづつ)形を変えて継承されていった事だと思います。
 まぁ「○○人にしか出せない(描けない)ライン」と言うのは確実に存在しますから、仰る事は分かります。

>日本の伝統の特質
 本田宗一郎の親父さんは、ホンダ・ドリーム号を設計する時、「日本のバイクを作りたい」と京都・奈良の仏像を見て回ったそうです。

>>648
 あはは。ソレ、有るかも知れません(w

>>649
 「和」の枠(ムラ)をどこまで広げるか? によると思いますね。
 概念的には小は家庭から、大は国連まで広がりますし、通俗的な社会組織に限定しても所属部署から国家まで枠(ムラ)の捉え方は様々です。

 もう一つ、聖徳太子の「和を以て・・・」の精神は、日本型の"ふいんき"主導の集団指導体制ではなく、明確なリーダーを御輿に担いだ西洋型トップダウン組織を前提に言っているのはないか? と思うところもあります。
 聖徳太子が進めようとしていた改革を見れば、その先に中央集権化があるのは明らかでしょうし。
 つまり、極端な話「お前達の意見は聞いた。その結果、オレはこう決めた。文句無いな?」みたいな強力なリーダーシップと調整能力を持った、現代で言えば米大統領みたいな「ミカド」がトップにいて成り立つ言葉ではなかろうか? と。
 ところが聖徳太子がポックリ逝って、蘇我氏の反動が起こり、大化の改新で巻き返しを図った朝廷はどっかでボタンを掛け違えて現代に至った・・・みたいに思えるのです。
 現代にいたっては「和を以て・・・」の言葉だけが一人歩きしていて、その言葉の前提となるモノがスポッと抜け落ちているように見えます。

653 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 02:40:09 ID:qWdv+Je1
 雑論になりますが、チョット1つ。
 職業柄、神話とか古史・古伝をネタ探しでアレコレ調べる事が多いんですが、そこで気付いたのが、
「日本神話には"戦う女神サマ"ってのが(メジャーじゃ)無い」
って事です。
 ゲルト・北欧は言うに及ばず、ギリシャ神話にも甲冑を着て剣や槍を振りかざす女神サマってのが必ず登場します。
 ギリシャ神話の源流(だろうと思う)古代メソポタミア(シュメール)神話にも、ごっつう戦う女神サマが登場します。
 しかも、男性神より結構エグイと言うか、葉っぱキメたパンクスみたいな猛女揃いです。
 が、日本の神話にはコレが無い(よく調べればあるかも知れないけど、それぐらいにメジャーじゃない)。
 神宮皇后はチョット違うと思いますし、巴御前は実在人物ですし、彼女のような女武将なら調べれば結構出てきます。
 何故か? と素人なりに調べてもよくワカラナイ(まぁ、そもそもソレが目的で調べてるわけでも無いんで掘り下げも浅い)。


654 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 02:41:58 ID:qWdv+Je1
 狩猟民族/農耕民族という差だけでは無さそうだし(最近は、ケルトもバイキングも半農半猟民族だってのがデフォ)。
 古代北欧州は女系国家(組織)だった・・・と言われても、古代日本だって卑弥呼・天照とカカァ天下の伝統がありますし。 
 緯度の高低(寒暖)の差だけでこうも違うと言うなら、温暖な地中海で「戦う女神サマ」がかくも信仰されたのか?
 源流の古代メソポタミア神話の大女神イシュタル信仰の流れと言うなら、豊穣神(かつ戦女神)イシュタルと同様の女神が弥生日本にいてもおかしくないでしょう。
 それに、自分は縄文期の人間達が温厚だったというのはウソクセーと思ってますから。
 当時の食糧事情や遺跡群、ソレに後世のアイヌ達の戦い振りを見ても、ヤル時にはケルト並みの蛮勇を振るったと思います。
 まぁ、古事記を編纂する時の取捨選択の段階で、「土蜘蛛」と一括りにしてブッた切ったのかも知れませんが。
 ↑にしても、アイヌ神話にも出てこないんだよなぁ<戦う女神サマ。調べが浅いのかもしんないけど。

 つまり、神話の叩き台となる環境にそれほどの差異が無いのに、神話のキャラクター配置にこうも明確な違いがあるのか?
 現代に伝わる日本神話が「体制側の都合」で編纂されたと言う理由だけで片づくのか?
 星野センセの宗像教授に出馬願いたいところです(w
 このスレでやる事じゃないですけど、「日本人の根っこ」を調べるなら、ここら辺を掘り返してみるのも一興かも知れません。
 駄文、失礼。

655 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 02:51:37 ID:fr2SQrpf
>>649
日の本って歴史上、何度か民族価値観の意識改革を
余儀なくされてますよね?
でも、本質って変わってるのかなぁ〜
元寇での武士っぷりと、日帝の負けっぷりがかぶって見えるのは
私だけでしょうか?(神風繋がりは度外視した上で)
万世一系の朝廷のもと、日本人の敵は常に日本人に思えて
しかたありません。現代日本然り。繊細な島国根性の下に
すがすがしいまでの大馬鹿っぷりを感じませんか?
時勢は秒単位です。みなさんともに生きましょう

656 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 03:29:36 ID:qWdv+Je1
>>655
 ちょっと補正します。
>元寇での武士っぷりと
日:「やぁやぁ我こそは!」
元:「知るかボケェ! 弓隊、構え! 震雷天、テェーっ!」
日:「ひきょーものー!!」
・・・と言うくだりは実際にあったようですが、コレはあくまで初期(ファーストコンタクト)だけです。
 日本の戦のルールが通用しないと分かった後はもう、ルール無用の「本物の戦争」です。
 ↑あまりの「行儀の悪さ」に戦記に書くのをためらったらしい(地元の古文書には生々しい戦い振りが記録されてる、そうです)。
 ↑「歴史街道」だったかに書いてあった。

 実際のところ。
 第1次元寇は、もともと懲罰的な意味でしたから元軍も大した兵力を送り込んでおらず、元軍は武士団の死に物狂いの抵抗(双方の損耗率約4割)にビビッたところがあります。
 そして第1次と第2次元寇との間に、日本側はありとあらゆる「やれる事」をやり尽くしています。
 防衛戦の構築から、渡洋商人を通じた情報収集、武士団の錬成、そして神仏への祈り。
 第2次元寇時の元軍も10万(でしたっけ?)の軍勢が「いっせーの!」で上陸したワケじゃなく。
 上陸戦第一挺団と武士団との激闘は結構良い勝負だったようで、後続の元軍は船上で足止め食らってます。
 それに、マキャベリのいた頃の欧州と同じく、騎乗武士には必ず随伴していた歩兵(郎党)を戦記はカウントしていないので、日本側も実は結構な戦力だったのですよ。

 加えて対馬・壱岐の玉砕戦を見れば分かるように、武士団は「(当時の)戦う人」の本分を充分に果たしたと言えるでしょう。

 まぁ、元・フビライの恫喝から第1次元軍侵攻までの約6年間、ナーンも具体的防衛政策をとっていなかった北条政権の責任は別にありますけどね。
 いつの時代も、苦労するのは現場です。

657 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 03:44:12 ID:qWdv+Je1
>>656
 追記。
 ソレに、公式記録で武士団の奮闘を褒めちぎると、御家人達へ恩賞請求の根拠を与える事になるので、あえて軽〜く書いた・・・みたいな裏事情もあったでしょうね。

658 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 04:35:47 ID:YJ/tsnwP
<<656
す、すみません、何故か全文が見れません。返答がすっぽ抜けていた
らごめんなさい…
言葉足らずでした。私は決して倭人がよく言われる“戦における
リアリズムの無さ”を提唱する者ではございません。
論点は御家人の敵は御家人で、陸軍の敵は陸軍だったということが
清々しく思えるというところです。和をもって(皇子の言葉か
疑わしいようですが)…の“和”を大局的に考えた場合、これほど
豪快な和はないでしょう。理は必ずしも一つではないと心得ており
ます。「両手がふさがっているなら足でふすまを開ければよいでは
ないか」…外国人が何と言おうが、「それでは美しくない」と言えば
それはそれで我々の理です。プラモデルのように分かりやすいもの
だけが理であるとは思いません。私も軍人のはしくれだった者です。
古今東西兵法書に照らしても、大将同士の騎射戦、神仏祈祷などが愚
以外のなにものでもないことは同意します。しかし、それらの裏に
あった美意識(これは本物の戦闘の対極にあるものではございません
)まで否定してしまっては、近代化=西洋化、理=西洋合理主義の
幻想から永遠に抜け出せず、日の本という国はむしろ伝説になった方
が良かったのではとさえ考えてしまいます…
普段は考えないことですが、皆さんの話が興味深いのでつい筆を
とりました。とりあえず落ちますが、許されるなら暇を見つけて
遊びにきます

659 :過去レス読まず途中参加:2005/07/27(水) 05:55:32 ID:kjyVASH7
人大杉で過去レス読めませんが(読まないのが私ですが)
>>649 >>聖徳太子以来の「和をもって貴しとなす」という民族の価値観は、
今後も保守する価値があるのだろうか?
価値があるか否かは、保守すべき・すべきではない ではなく今後
日本人の中に残るか否かで判断されるべきと考えます。

談合も仕事を分け合うという面もありみんなで裕福になろうよ、という
日本人らしさの現れで(行き過ぎた談合まで肯定はしませんが)全てが
悪いとは思いません。



660 :千念:2005/07/27(水) 07:59:25 ID:2v/WJ7fK
 振ったネタにレスが多く付き、安心するとともに、応答された諸兄には
感謝申し上げます。

 しかし、本日も徹夜だったため、もはや返レスする頭がありません。

 小生も本日夜にでも参加しますので、それまでは今までROMされて
いた諸兄の投稿も含めて議論がさらに発展することを期待して、小生
落ちさせて頂きます。

661 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 13:49:11 ID:JLdJZf1G
日本人は、勝つにしろ負けるにしろそれに「美しさ」を求める癖があるような気がする。

何であれ勝負事には邪魔かも。
嫌いじゃ無いけど。


662 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 13:56:58 ID:RkzfNE/M
>>661
それって大事な事だよ。

正統派レスラーが反則攻撃をした
猪木以降、日本人の美徳は失われる一方となった

663 :名無しですんません:2005/07/27(水) 14:01:32 ID:GQ5k5Nkt
658です。どうも。<<659さんの自然淘汰の法則に同意します。
そもそもクリーンな政治・経済などありえるのでしょうか…。
いえ、決してネガティブな意味ではなく。日の本に、いや東洋に善悪
思想など馴染むのでしょうか…。我々は、岩が二つあると縄で繋いで
ありがたがり、性器のような木や石を見つけると縄をまいてありがた
がるのです。このような本質的にブラックユーモアの備わった民族
気質は武士道の解釈が変わっても、大気が5℃上昇しても、地球が猿
に侵略されても変わらないような気がします。すべては、醜悪に
感じるかどうかだけで(個々の武士道)、法や正論が登場すると作為
に感じてしまいます。よく言われることですが、海外から日の本を
見るといろいろ分かりますねぇ〜。話変わりますが、資本主義経済て
契約で金が動く世界のことですよねぇ?金出す方が客で立場上という
のは商売人の世界の話ですよねぇ?私の解釈間違ってますか?是非
ご教授いただきたく・・・


664 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 15:55:27 ID:0f6EIFNo
どうかなー
こと教育分野では勝ちにこだわる事が悪みたいな風潮は根強いよ
結果が問題じゃなくてみんなで頑張ることが目的みたいな


665 :名無しですんません:2005/07/27(水) 16:54:48 ID:SnlefVQz
>>664
確かに…。
“俺はこの道を行く!どこに着こうが知ったこっちゃない!”と
“俺は意地でもあそこに行く!どんな道でも通ってやる!”は、
本来、それぞれが選択することなんですがねぇ。集団陶酔というほか
ございませんねぇ。しかし、それに異を唱えるあなたや私のような
人間が多いのもまた事実ですな

666 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 19:07:57 ID:e+YE568b
うおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!!!
ついに、ついに我が郷土北海道がゴー宣EX.で取り上げてもらえたぁっ!!!
おまえら、刮目して見よ!!!

667 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 19:22:50 ID:DGNXhvCC
次は北海道論ですか

668 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 21:38:40 ID:kvBaMdj+
占守島だったな。チハタンも出てた。
まあ軍ヲタ的に見ると砲塔の形が少し変だったような感じがしたが(立ち読みなので)
ちょっとは戦闘描写進歩したのかな?

669 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/27(水) 22:22:46 ID:yP8sw59q
久しぶりに来てみたけれど、自分の望むような議論にはなっていないですね。
これを演繹して言うと小林よしりんの言いたいことが余り伝わっていないというか・・・
戦後60周年ということなのに・・まぁいいか。靖国参拝についてだけ書いときます。

年内に小泉総理参拝→内政問題であり、違憲判決が出ているとはいえ最高裁で無いので
拘束力は無い→参拝する→中韓発狂→発狂反日デモ→日本製品不買運動→その他ストデモ
→それを見て海外の投資家の中韓の国債買い及び企業投資減る→当然進出日本企業も打撃を受ける
→不況の日本に少なからぬダメージ→デフレ不況になり、リストラが起こりホームレスや
自殺者が増える→困った困った、となる

問題は景気対策、失業者対策である。小泉総理の靖国参拝賛成派=珍米ポチは
これをどう考えている?「参拝は当然!」だけでは無責任だぞ。国民一人一人の
生命と財産の安全を無視するならば戦中の軍人達と変わらない。戦争(国策)で
命を落とされた英霊を慰めに行くのに新たな死者を出すのであれば本末転倒ではないか?
そうしないためにも経済対策を考えておくべきではないか?後は中韓との最低限の関係を
取り戻す方法ね。以上2点答えられる珍米ポチはいるか?

670 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 22:37:01 ID:uRgB3jFr
風が吹けば桶屋が儲かるどころじゃないね、君の妄想は・・・

671 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 22:38:19 ID:0f6EIFNo
年内に小泉総理参拝→内政問題であり、違憲判決が出ているとはいえ最高裁で無いので
拘束力は無い→参拝する→中韓発狂→発狂反日デモ→やりすぎで鎮圧→来年まで持ち越し
でないかなー。景気については中韓特に韓はさほど影響は無いでしょう。
どっちかってゆーと原油がらみが今のとこ短期では一番問題ですが。
中国が省エネしてくれれば原油消費量減ってみんな幸せw


672 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 22:41:43 ID:hitfrBUa
小林氏のマンガだけ立ち読み。
占守島の事は初めて知った。

参考文献載ってたね。時間あるときトライしてみます。

673 :名無しですんません:2005/07/27(水) 23:01:35 ID:DlFpwprY
>>669
まず言っておくと俺ぁよしりん好きやしアメリカ大っ嫌いだぞよ。
いや、そんなことはどうでもいい…。
政治ってのはさぁ、足元ばっか見てると目的地が
分からなくなるんだよねぇ。遠いとこばっか見てても石につまづく。
あなたの論じゃ100年後の日本こそ本末転倒なのさ。
では“足元”の話も…。あんた中国人の友達いるかい?
中国に長期滞在したことあるかい?彼らの本質見抜けるかい?
俺ぁデモ真っ只中も大陸にいたんだよ。デモのお土産に日本製品買う
ような連中もいるんだよ。671の論のほうがよほど現実的

674 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 23:05:50 ID:r5XuUPaO
なんかこないだといってることが違うような>一人一冊

いつから現実主義になったんだ?

675 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/27(水) 23:11:47 ID:yP8sw59q
Myルールとしてコテの無いものにレスは一切返さないのでよろしく。
雨後の筍のようにレス付けられたら鬱陶しいことこの上ないので。
おまけに質問は答えないで当たり前のようにID変えて来るからね。
というか、やっぱり表面的な現象について書いた時だけレスが来るな。
憲法9条改正案にすらノータッチだったのに、靖国問題ならば即レスが来る。
でさー、お前らはそう言うが経団連の奥田とかはそうは思ってませんな。お前らより
はるかに経済から中韓との経済関係に詳しい奥田が言うからにはそれなりの根拠を
感じるぞ俺は。俺は参拝反対なんじゃない、その後の影響の問題なんだが、
楽観的なことですな、ポチ達はwwwww



676 :名無しですんません:2005/07/27(水) 23:30:13 ID:DlFpwprY
>>675
すまねぇ、過去ログ読めねえし、少々熱くなってしまった。
9条?あんなもんクソの役にも立ちませんな。元自の俺が言うんだ
から間違いねぇ(すまん、昔はフラフラしてたんだ…)
そうですなぁ〜奥田氏の根拠も是非拝聴したいですなぁ
(悪意抜きで)

677 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 23:31:14 ID:EdUAT0MK
>>669
 最高裁だろうが、高裁だろうが地裁だろうが判例としては拘束力はあるんだけどね。
最高裁じゃないから拘束力は無いって何?( ^∀^)y─┛~~  地裁も高裁も違憲審査権はもっとるよ(´Д`)y─┛~~
たしか法学を勉強なさってるんでなかったでしたっけw

裁判所の違憲判決に反論するんだったら違憲については傍論でしかされておらず、この裁判については原告の
主張は棄却されており、個別の事件の判決を解決する為の憲法判断とは言えず「憲法判断の回避」原則に反する。
くらいかねぇ。

678 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 23:35:43 ID:r5XuUPaO
まず自分で話題振っておいて、自分の脳みそでついていけないからって
話題転換するのもどうですかね。

仮に参拝やめても一時的に小康状態になるだけで解決にはならん罠。
首相として初参拝したとき日にちずらしたのは小泉の失策ですなぁ。
件の反日デモは欧米マスコミからも非難され、中国のカントリーリスクが
一般人にも露呈、大慌てでデモあおったやつ逮捕したのに、また起きるかねぇ。
海外進出企業も、中国だけ進出しているわけでもなし。中国から撤退して
日本に戻れば雇用的にはむしろいいだろ?
自分の嫌いなやつチョンと言っておいて、関係改善って説得力もなし。

まあシナポチは放置が一番ですな。と独り言

679 :名無しかましてよかですか?:2005/07/27(水) 23:36:49 ID:H0TXUyJw
田原のオフレコって本に出てたな
小林の対中戦略は日本人の道徳感情がにじみ出て面白い

680 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/27(水) 23:47:18 ID:EdUAT0MK
 中国に進出してる日本企業が打撃を受けたところで、他国の内政問題で
事業に影響を受ける程の国に進出した企業の自己責任だろうに。(´Д`)y─┛~~
靖国が終わって今度は中国につくる会教科書反対でデモをやられたらどっかのシナポチ
君はまた同じ事を言うんだろうなぁ。
 だいたい中国が投資を減らすほどのデモを容認すると思えないけどね。 なんたって
中国の輸出入の約50%が外資系だし。 まだまだ外資に媚を売っていかないといけない中国(´ー`)y─┛~~

681 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 23:54:05 ID:s9aqYkr3
>>669
>中韓発狂→発狂反日デモ
 までは分かるが、
>日本製品不買運動→
 になるかな? 連中が自分達を撮影するビデオもカメラも日本製だぜ(w
 かてて加えて、本気で火病るのは親のスネかじってる学生達"だけ"だよ。あとは「祭り」に乗じて騒いでいる連中だ。
>その他ストデモ→それを見て海外の投資家の中韓の国債買い及び企業投資減る
 ンナもん、中国共産党が解決すべき「内政問題」だ。
 日本が不況になったからと言って、G7が優しい顔してくれたか?
>問題は景気対策、失業者対策である。
 ほう、前スレで「豊かじゃなくても良い」と言っていた君はどこへ逝った? と言うよりも進歩と評価すべきかな。
 市場ならばインドとインドネシアがある(足して11億の民だっけか?)。
 「世界の工場」と言う看板も、安い労働力という神通力が通じなくなればどうなる事やら。
 ソレに、中国との関係改善で"中国の景気"が良くなっても、日本の雇用には殆ど影響せんぞ。
 何せ、中国人が買うメイド・イン・ジャパンは、殆ど中国で作っているんだからさ。
 税収が増えたって、公共投資にブチ込めるご時世じゃないし、セッセと借金返済に努めるのが筋だろ。
>そうしないためにも経済対策を考えておくべきではないか?
 中国を経済植民地化する事が解決策じゃないと思うけどね。
 つぅか、今のペースで中国の消費が増大すると、地球が食い尽くされるぞ。
>後は中韓との最低限の関係を取り戻す方法ね。
 ビザ無し観光渡航をOKしていて「最低限」も何も、「最恵国」に準じる扱いだろうが。
 それより何より、君の以前の主張通り「台湾有事」に際して台湾に肩入れしたら、中国との関係改善も何もあったモンじゃねぇし。

682 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/27(水) 23:59:54 ID:s9aqYkr3
>>675
>Myルールとしてコテの無いものにレスは
 で、コテトリ付きの漏れは無視、と。
 まぁ「勝ち易きに勝ち、勝ち難きから逃げる」が兵法の原則だから別に良いけどね。
>憲法9条改正案にすらノータッチだったのに
 そりゃそうだろ。
 君の私案じゃ、国連に首輪を付けられ、「独自性」も「自主独立」も無い「国連ポチ」になる事を世界に宣誓する事になっちゃうからね。
 国連に明快で具体性と実行性のある「世界戦略」が無いのに、ソイツに乗っかる危うさというのを君は理解していないよ。
 それでも、国連が聖人君子の殿堂ならいいんだが、日本官庁より悪どい汚職官僚集団のままじゃね。
 ホワイトハウスは4or8年おきに利権構造がリセットされるけど、アソコは根が深いよ。
 流石は養豚場だった敷地に作られたビルに陣取るブタ共よ、と思う事が時々あるよ。

683 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 00:07:01 ID:Jgiu4IsK
(´・ω・`) 日本語通じないのかな?

>>177
>後、先に言っとくがエセピーと鳥坂には一切レスしない。時間の無駄だから。
>両者の過去レスで判断すると、もう議論の余地も無いほどの生命至上主義者なので。

(´・ω・`) もううざいから「鳥坂 (´ー`)y─┛~~ 」NGワード登録しとくね
後の人たちも、まぁ小泉参拝後どういう展開になるか見とこうね
今の段階ではいずれも憶測の域を出ないのが事実だからね


684 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 00:15:03 ID:LAHVDMX/
(´ー`)y─┛~~
>国民一人一人の生命と財産の安全を無視するならば戦中の軍人達と
>変わらない。戦争(国策)で命を落とされた英霊を慰めに行くのに
>新たな死者を出すのであれば本末転倒ではないか?

これって生命至上主義じゃないんかいな?


685 :名無し民兵@中村:2005/07/28(木) 00:22:37 ID:XQPbG3IR
なんかレスが伸びてる思うたら…
また別の話題ですか。

686 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/28(木) 00:30:08 ID:iRS0vHU1
 日本語が通じないも何も一人一察 ◆78eZQJ5cpUタンの素人以下の間違った
裁判や法律の知識で他の人が勘違いしても困るもの( ^∀^)y─┛~~  

687 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 00:40:56 ID:DYEkeTMF
まあ一冊氏がレスしない方が健全な議論が出来てるので良き事かと。
ああでも論破=正しいという考えは若い証拠だよなあ・・・ウラヤマスイ


688 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 00:49:54 ID:+n4IcRvS
>>683
 いやいや、しーっかり通じてるよ(w
 で、オレはソレを無視してレスしとるだけだ。
 するもしないもオレの自由だしね。

 んじゃ、話題を変えようか。

>>663
>しかし、それらの裏にあった美意識(中略)まで否定してしまっては、(中略)日の本という国はむしろ伝説になった方が良かったのではとさえ考えてしまいます…
 それは概念として「アノ時代はそうだった」と割り切ってしまう事ですよ。
 大将同士の組みあいも加持祈祷も、当時の軍事システムや風俗から考えれば多分に合理性があるモノですよ(無論、例外もあります)。
 それを現象面だけつまみ食いして「何故なら、ソレは格好良かったからだ」と結論付けて思考停止するほうが危険です。
 何故なら、「格好良さ」と言うのは多くの場合、結果の後に付いてくるモノですから。


689 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 00:51:14 ID:+n4IcRvS
>談合
 かつて建設業界にいた身としては、全否定する事も「必要悪だ」と開き直る事も出来ない。
 実際「持ち回り」で食いつないだ事も有れば、技術営業かけて役所が開始した事業を談合で横から他社にかっさらわれてヤケ酒飲んだ事もある。
 ただ、ドーバー海峡トンネルやポルポラス海峡橋など、海外建設市場を荒らしまくっているのに自分の「ムラ(国内市場)」は談合という塀で囲っているのはフェアじゃないとは思っていました。
 だからセントレアや成田二期工事に外資が入り込んできても、別に「攘夷!」と言う意識は無かったですね。
 言える事は「時代が変わった」と言う事だろう。
 何せ、建設談合の大親分たる国土交通省が談合の不合理性を一部とは言え認めてしまったのだ。
 かつて「座」「株仲間」が是とされていた時代があったように、「談合」もまた古き商慣習となる時代が来た、と思っている。
 中小の土建屋でも目端の利くところは「技術上の独自性」や「低コスト」「工期の確実性」などの「独自色」で生き残りを図り始めています。

 「和を以て・・・」の目的をどこに置くか?
 ムラの安定ならば談合もまた良しでしょう。
 ムラの強化と拡大ならば否でしょう。人間、危機感が無いと成長しませんから。  

690 :頭山満:2005/07/28(木) 00:56:22 ID:ybpJqubv
眠たいこと言わんと青年日本の歌でも丸暗記せい!!!!!!!!!

691 :名無しですんません:2005/07/28(木) 01:24:42 ID:C5PHwfo8
>>688
ん〜…なんつーかその〜…私の表現能力不足と言葉足らずと焦点の
ぼやけた抽象的文章も原因でしょうが…大筋で同感で、反論したく
なるほどの相違も見られず、なんとも言えません。す、すんません…
ところで先ほど市場ならばインドと…と言っておられましたが、
国民性・地理的条件等において、中国との差異(経済的リスク等)を
どのようにお考えですか?いや、決して煽りではなく素直に拝聴
したいのです

692 :千念:2005/07/28(木) 01:49:55 ID:iwhNQgUG
 今夜は今夜でも日付の違う今夜になって申し訳ない。
実は、少しは内容のあるレスをと思って、十七条の憲法について、ググった
ところ、思いがけず読ませるサイトがあり、管理人のプロフィールまで
読み込んでしまった、時間を食ってしまいました。
そのサイト:http://honda4377.hp.infoseek.co.jp/iori-1.htm

 第一条は、哲学者の中村(中島とあるのはタイプミスでしょう)元氏の
解釈(読み)では、下記のようになります。

 和(やわらぐ)を以て貴しとす。忤(さか)うることなきを宗(むね)とす。
 人皆党(たむら)あり。また達(さと)る者少なし。是を以て或は君父(くんぷ)に順(したが)わず。また隣里に違(たが)えり。
 然も、上和(やわら)ぎ下睦(むつ)びて事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、事理自(おのずか)らに通(かよ)う。何のことか成らざらん。

693 :千念:2005/07/28(木) 02:17:58 ID:iwhNQgUG
>>692

 詳細な解釈については、前記サイトを参照して頂けば大変有益かと存じ
ますが、ここでは、「和して同ぜず」という論語における和の概念を念頭
においているのではない、という解釈である、と要約します。

 確かに、「忤(さか)うる」、「順(したが)わず」、「睦(むつ)
び」、という使われている言葉を見ると、特に、「上和(やわら)ぎ
下睦(むつ)びて」という対句からも、集団の成員間における客観的な
関係の状態としての「和」というよりも、他の成員に対する各成員の心
の持ちよう「和(やわらぎ)」としてとらたほうが本来の意味に沿って
いるような気がする。

 無論、ネタを振ったときは、社会通念となっている論語的概念を踏まえた
「和」を小生も念頭においていたのだけれど。



694 :名無しですんません:2005/07/28(木) 02:29:44 ID:C5PHwfo8
>>692
勉強になりました。ありがとうございます。私、観念的にはどちらか
というと仏教的な人間でして。次元大介じゃないですが神の出てくる
話はどうも…。釈迦は宇宙の始りは無だと言いましたよね。在ること
は無いこと、無いことは在ることだと。ある人は五円玉の穴に
例えましたが。穴は“無い”けど穴は“有る”。なるほど、確かに
そうですよね。人間というものはあるが、素は精子と卵子、後は
焼かれて灰ですもんね。つまり有をはらんだ無が一瞬だけ人間として
有になると。諸行無常ですか。えっと第一法界でしたっけ?(詳しい
方、解釈込みで訂正お願いします)仏教って道教に似てますよね。
私、初めてマトリクスを観た時、仏教かと思いました。“認識する
からそこに在る”…関係ない話をダラダラすんません。連休も終わり
ですし落ちます。失礼いたしました

695 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 02:43:54 ID:+n4IcRvS
>>691
 んー、こちらもスミマセン。
 仕事の合間のレスなんで、真意を読みとることなく書いちゃってるところもあるかも知れません。

>インド
 日本人にとって、最大の「理解の障壁」はカースト制度でしょうね。
 自分が付き合った事の有るインド人はハイ・カーストばっかですが、あの制度の異常さを露ほども自覚していませんからね。
 と言うか、
「君の国に独特の制度があるように、ボクの国にも独特の制度があるんだよ。で、何か迷惑かけたカネ?」
って感覚なので「ココが変だよインド人」と言ってもカエルの面に何とやらです。
 ヨーあれで民主選挙がやれるモンだわ、と感心します。

 市場としてみれば、九億という頭数に幻想を抱きがちですが、やはり中国並みに貧富の差は激しいようで。
 中国市場の代替とはなっても中国以上の魅力有るモノとは言えないでしょう。
 「工場」として見れば、中国以上に厄介な国ですよ。
 ハイ・カーストの従業員をロー・カースト達の前で叱ったり何かしたらそらもう、セポイの反乱が起きます。
 ↑ハイ・カーストのプライドの高さは半端ではない。
 「工場」として見るならベトナムの方が魅力的でしょうね。

 あと、インドは親日的とか言う人達がいますけど・・・
 長く第三世界の盟主を勤め、横車を押して核武装を可能とし、英・米・露(旧ソ)と手当たり次第に最新兵器を買い漁るしたたかさを見れば、「親日的」等というレッテルは幻想ですね。
 それに、尖閣や竹島がハナクソに思えるカシミール問題を棚上げにしてパキスタンと握手する姿勢を見れば、宗教すらも「取捨選択可能な政治手段」の1つでしか無い事が分かります。
 油断ならぬ現実主義国家として、ソロバンずくの付き合いを必要とされるでしょうね。
 下手な幻想を持てば、終戦直前の対ソ終戦工作みたいに足元すくわれますよ。
 日本のタンカーがインド洋を通ってマラッカに至る事を忘れちゃいけませんし、海自にインド洋まで護衛隊群を展開する能力はありません。
 そしてインドは、アジア唯一の(戦後)ジェット空母実戦運用国です。

696 :千念:2005/07/28(木) 02:58:02 ID:iwhNQgUG
>>693続き

 十七条の憲法自体が、いわば官吏の心構え説いた倫理規範集と言える
のであり、その意味で、むやみにとんがらずに、柔和な気持ちで他の成員
に向き合うべきだという、心構えの教えと取れば、いわゆる現今の談合と
は全く無縁の言葉となる。

 通念的解釈の場合、議論の場に「和」を適用すると、せいぜい妥協が
生まれる(実務ではそれも大いに必要ではあるが)だけで、「事を
論(あげつら)」って、有益な結果を得ることなど、期待できない。

 頑なにそっぽを向く自分勝手なエゴを慎むことを肝に銘ずべきだ。
 徒に争いを好む党派的な精神は、この世につきものでり、本当に物事
を理解している人は少ない。(条文の一部の小生なりの解釈)

 1400年の歳月を越えて、太子の心に初めて触れたような気がします。
歳を食って、歴史の年月を割る分母の数値が増えてくると、遥か昔が
近くに感じられるから不思議です。維新の志士たちが国事のために奔走
していたのは、ほんの150年前、小生が生きてきた年数のわずか3倍。
この年になって、聖徳太子が、少々遠いところにいるが声は届く先達に
感じられてきた。(この段、余談)



697 :千念:2005/07/28(木) 03:32:38 ID:iwhNQgUG
>>651
中村氏

>「良い所だけが昔から存在し、それを残していくべき」

良き伝統、悪しき因習というのは言葉に付加された価値観で、具体的な
伝統的な事象は、それが現実に実行されるものであれば、マイナスの面も
持たざるを得ないというのは、理論的にも頷ける。

 しかし、「良き伝統」と言われるのは、いわば昔から(伝統の一戦なんて
のは一世紀に満たなかったりしますが)、良い(面が多い)と言う評価を
受けて存続してきたものだからだと思います。

 良いものを次代に伝えるのは、歴史の中のリレーを預かる今の走者たる
我々の義務であると思えるのですが。



698 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 03:33:54 ID:+n4IcRvS
>>696
>心構えの教えと取れば、いわゆる現今の談合とは全く無縁の言葉となる。
 ソレを曲解して談合の整合性に当てはめているのが現代社会です。
 悲しい事ですが。

>歳を食って、歴史の年月を割る分母の数値が増えてくると、遥か昔が近くに感じられるから不思議です。
 故人達と似たような経験を積み重ねる事で、親近感というか「その気持ち分かる」と言う境地に達するからだと思いますよ。
 自分だって、実行予算書にハンコ押す立場になるまで、佐官級の「尻で椅子を磨く軍人」の苦労なんてロクに理解していませんでした。
 まぁ、波間で遊ぶ雑魚は百尺下の海の暗さを知る事は出来ませんが、ヒラメは空の青さも海鳥の怖さも知る事は無いですから。
 その立場・年齢で可能な限り知のアンテナを広げて経験を積み、思索を続ける事が大事なんじゃないでしょうか?

699 :千念:2005/07/28(木) 03:44:51 ID:iwhNQgUG
>>650

 和について上記したように意味範囲の解釈上の違いはあるとは言え、
通念としての「和」も日本人の無意識の中にまで入り込んでいる価値観
だと思います。その意味で同感です。

 談合は不正ですから、本来和の精神の誤った適用例と思いますが、伝統
が弊害を生んでいるとしたらそれを克服して伝統が保持してきた価値(
価値観)を次代に伝えるべきではないでしょうか?
 

700 :千念:2005/07/28(木) 04:22:44 ID:iwhNQgUG
>>659
過去レス読まず途中参加氏

>価値があるか否かは、保守すべき・すべきではない ではなく今後
>日本人の中に残るか否かで判断されるべきと考えます。

 残るか否か(伝承されるか否か)には、私たち自身が当事者なので、
本来客観的な立場はあり得ないと思われる。貴兄も、普段の生活の場で
この「和」の精神で行動するか、それに反してあるいは顧慮せずに行動
することにより、実際には「自然淘汰」に任しているとは言えないと
思います。

 国家的キャンペーンとしてのそれを念頭におかれたのかも知れないが、
小生自体は、「和らぎ」の精神でもって、事を論じることにより、この
良き伝統的価値観が日本社会に維持されることに少しでも寄与したいと
念じている。




701 :千念:2005/07/28(木) 04:44:02 ID:iwhNQgUG
>>658

 なかなか興味深いカキコですが、理解し切れていないように思えること
もあり、具体的なレスは控えますので、スミマセン。

>>698
 鳥坂氏
 早速のレス サンクス。お互い深夜まで大変ですなー。健康にだけは
気を付けましょう。明日は臨時休業で娘をプールに連れて行ってやらねば。
では、また。


702 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 05:38:31 ID:YfKTw17W




おあmこ

703 :過去レス読まず途中参加:2005/07/28(木) 08:54:57 ID:jvldIeYw
>>700 千年氏 こんにちは。
聖徳太子「和をもって」を提示したものの表示されているレスしか読めないので
ところどころ歯抜けにしか読んでいません(読めません)。とんちんかんな
返事になっているかもしれませんがどうかご容赦を。

>>残るか否か(伝承されるか否か)には、私たち自身が当事者なので、
本来客観的な立場はあり得ないと思われる。

仰るとおりですがさりとて自分が残したいと思ったところで残せないのも
事実。大きな流れの中の一人という、当事者ではあるが流れには逆らえず、
そういうことです。

ところで皆さんはどうして表示されていないレスを読めるのでしょう?
私が見ようとすると人大杉と出て専用のなんとかかんとかという
ところで止まってしまうのですが。




704 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 13:50:06 ID:HHYImrj3
中国で日本企業の製品の不買運動をすると、実はそれらの多くは中国の工場で生産されていて、中国人自身の雇用を失う事になったりする。
日本では中国で生産されたモノの不買運動をすると、日本企業の家電が買えなかったり、食生活がえらい事になったりする。

グローバリズムが進むと特定の国を目標にした不買運動は成り立たないのかも。

705 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 13:52:20 ID:Jgiu4IsK
軍事板出張スレ第五抵抗拠点
ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1113645350/

ここでゴミポチが色々と僕の陰口を言ってます
ポチの本性を知るのによろしいので転載しましょう

659 :名無しかましてよかですか? :2005/07/23(土) 15:04:15 ID:vGeImA4U
>>658
【戦国武将の名前すらまともに知らない】一人一察から見れば、
5人以上の武将の名前を挙げられるのは、『特殊技能』に属するから、
そんな(一人一察基準の)『特殊技能』の持ち主は、カレにとっては
鳥坂センパイ以外にはいないんだろうねぇ。
まぁ、自分が小学生以下だと言う事が認識できていないからしょうがないさね。

665 :名無しかましてよかですか? [sage] :2005/07/25(月) 23:55:13 ID:pssnuNOu
しかし、【ろくに戦国武将知らないのに】、第2次大戦まで日本は独立していた
とか、偉そうに言えるもんだな。

666 :名無しかましてよかですか? [sage] :2005/07/26(火) 00:21:48 ID:3FWAXn/1
まともな教育を受けた日本人なら最低限知っててもおかしくなさそうな
【中世・近世の知識がスッポリ抜け落ちてる】っつーのが・・・
てか、そもそも本当に日本人なんだろうか。

669 :名無しかましてよかですか? :2005/07/26(火) 21:57:28 ID:zh+tH7/e
そういうこと。
『バカに国境は無い』んである。

一体何を根拠にこれだけの妄言を吐けるのだろうか。とりあえず俺の書いている
ここの全てのレスに反駁してもらいたいものだ(嘲笑 戦国武将の名前なんか
普通に百人以上言えますが?負け犬のレッテル貼りとか死ぬほど惨めなんでやめてね♪

706 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 15:03:00 ID:Y/sttLJP
>>705
あのね、一察のお兄ちゃん。僕に何か言いたい時は、悪いんだけど、
16行以内で書いてね。僕、小学生以下だから省略されると読む技術
がないの。ごめんね。
それとね、お兄ちゃんに一ついいこと教えてあげるね。
喧嘩がしたくなったら、ネット上なら別にいいんだけど、現実世界で
やる時は相手の事よ〜く分かった上でふっかけた方がいいよ。
論戦なら恥さらして死にたくなる程度ですむけど、実戦だと気付いた
時には、あの世だからね。気をつけてね。5時ぐらいにまたくるね

707 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 15:19:15 ID:Glf4LBD1
折角黒鳩が消えて鳥坂センパイと千念氏の和やかかつ有意義な応酬
になってきたと思ったら一察が出てきて台無しだぁ。

708 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 15:42:42 ID:Jgiu4IsK
前スレより

520 :鳥坂 [sage] :2005/06/22(水) 02:01:43 ID:PgiW+FBX
>「太った豚になるよりは痩せたソクラテスになれ」
 俺は豚で良いな。ドー考えてもソクラテスじゃ、カネを稼いで子に美味い飯を食わせる事は出来ない。
 子供にカスミ食わせるわけにもいかんしな。

こんなこと言う香具師が

>>682
>ホワイトハウスは4or8年おきに利権構造がリセットされるけど、アソコは根が深いよ。
>流石は養豚場だった敷地に作られたビルに陣取るブタ共よ、と思う事が時々あるよ。

自分は豚になってもいいという香具師がアメの指導者を「ブタ」呼ばわりとか( ´,_ゝ`)プッ
俺の立場ならアメの指導者をブタ呼ばわり出来るがなぁ・・・・
ちなみに豚になってもいいと断言するような者にいかなる説得力もありはしない。
千念氏もいい加減豚志願の人生の負け犬との討論なんかやめりゃあいいのに。 無 駄 で す よ 

709 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 15:56:18 ID:i9iDa/xE
>千念氏
>>697
>良いものを次代に伝えるのは、
 このやり方が、過去と現代とでは違ってきているのだと思うのですよ。
 昔は大人や学校が「こうしなさい」「コレはダメ」と言えば子供達は素直に従い、成長していくウチにその理由が分かってきたもんですが。
 今の子供は「どうして?」としつこいぐらいに食い下がって聞いてきます。
 これは、自分がガキの頃より比較にならない情報量に接している事で、思考する力が早くから芽生えているからだと思います。
 「週間子供ニュース」なんか見ると、「今のガキンチョはコレを理解するのか・・・」と感心する事だってあります。
 つまりまぁ、小賢しいんですな。
 ところが大人達は「どうしてそうするのか?」「何故してはいけないのか?」の質問に回答する事を面倒くさがり、
「とにかく、そうしなさい」
と子供の思考を停止させます。結果、子供は「思考はイケナイこと」と認識してしまうんです。
 OSのセットアップ中に、演算のサブルーチンをオミットしちゃうようなモンです。
 ゆとり教育はイクナイ! と良く言います(確かに、イクナイとは思う)が、それ以上に、幼児期の子供達の思考を停止させるような「押しつけの"しつけ"」ってのが、学校問題のそもそもの原因だと思いますよ。
 「親父のゲンコツ」と言う「恐怖政治」な権威主義が通用した昔はソレでも良かったでしょう。>押しつけの"しつけ"
 しかし、今は父親のキンタマが抜かれた時代です。
 小賢しい"小動物"相手に恐怖政治は通用しません。必ず「テロ」による反撃を食らいます(w
 彼らを「未熟な思考をする小さな市民」として捉え、時には理(ことわり)を以て接し、ルールを犯したモノは罰せられるという厳しさを絡めて付き合っていく他無いでしょうね。

>>701
 貧乏ヒマ無し、甲斐性無し、無い無い尽くしで逆さにしても鼻血も出ない有様ですよ。
 家族サービス、お疲れ様です。

710 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 16:00:37 ID:i9iDa/xE
>>708
 ったりめぇだぁ。
 オレは公務員でも国連職員でもないモン。
 ブタである事を許される市民だもんね。
 奴らは「良き羊飼い」である事を宣誓した公僕だぞ。オレと同じブタになってドーする?

711 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 16:08:03 ID:eO6hOSeT
>>710
いや、それを高らかに宣言されても・・・そう思っても心に秘める物ではないかと。
老婆心ながら正直、他のROM者の心証を害してますぞ。

712 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 16:29:27 ID:njxrEDG+
>>711
身も蓋も無い事をサラリと言うのが鳥坂氏の真骨頂ではありませんか。

713 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/28(木) 16:36:56 ID:iRS0vHU1
 国士をきどったり、思想家きどりよりいいと思うけどねぇ。(´Д`)y─┛~~
 システムに内在してる事とはいえ、問題おこした時に民間より公務員の方
が制裁としての処分が軽いというのは、かなーりおかしいよね。 自分を棚に
あげて言わせてもらうとね。(;´ー`)y─┛~~

714 :名無しですんません:2005/07/28(木) 17:22:38 ID:wiMV+Ad8
>>713
国士・思想家を気取る?もしかして私のことでしょうか?
そうですか…あの手の話はウケませんか…
“和を…”から盛り上がってしまっただけで、別にそんなつもりは
ないんですけどね…いや、まぁ望まれないのであればもうやめとき
ます。あと、挑発にのるのも自粛します。失礼いたしました。
落ちます

715 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 17:26:12 ID:DYEkeTMF
関係ないけどソクラテスの弟子達はどいつもこいつもひとかどの人物だったらしいですね。
でも衆愚制を止めるどころか促進させた感さえありますが。
哲学では国は救えないんでしょうねえ。

716 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 17:55:34 ID:Jgiu4IsK
ところで、今日は石原慎太郎の本を買ってきた
タイトル
「宣戦布告 NOと言える日本経済」
「アメリカ信仰を捨てよ」 両方光文社刊
タイトルからしてポチは発狂して文句言わないと駄目ですなw
今ザーッと目を通してるが、まさに正論!ポチは真の負け犬という事だわな。

それと、親米のはずの西尾先生のブログ読んだら・・・

西尾幹二のインターネット目録
ttp://nishio.main.jp/blog/
少しスクロールして九段下の歩みと展望(五)とか読んでみ。
年次改革要望書とかのこと言ってるwこの人実は反米派だな

やはり真の保守はみんな反米(従米批判)が基本なんだよな。
このスレの負け犬ポチはもう引き取り手が岡崎とかしかいないんじゃねーのw
小林は圧倒的に正しい。ブサヨを退治し、そしてポチを退治した。まさにネ申

717 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 18:09:42 ID:Jgiu4IsK
ttp://www.asahi.com/national/update/0727/OSK200507260094.html

こういう事件も起こっている。おそらく右翼団体関係者と思われる者が
広島平和記念公園の原爆死没者慰霊碑の文字をハンマーで削った。
「過ちは繰返しませぬから」と言う言葉の「過ち」が気に入らないという。
考えれば悪いのはアメリカに決まっているんだが、何故日本人が作ったのに
こういう文言なのかと言うのはコロンブスの卵のようである。この事件について
俺は率直に共感した。ただし、文言の主語が「我ら人間」であれば怒ることも
ないのだが。大事なのはそこまでされたら(原爆まで落とされたら)怒るという
当たり前の感覚だ。去勢された宦官でないならアメリカの非道に怒れ!!!!

718 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 18:12:37 ID:eO6hOSeT
>>716
貴方もまた、老婆心ながら正直、他のROM者の心証を害してますぞ。親米・反米以前に・・・
議論を成り立たす為には何が求められるか、よく考慮されては?


719 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 18:24:21 ID:DYEkeTMF
>>718
いや議論しないって言ってるし。
コテは千念氏と鳥坂氏がいれば円滑で有意義な議論が出来ますよ。


720 :名無しですんません:2005/07/28(木) 18:42:29 ID:FSqoVkCq
>>717
え〜あの時点で本土に物理攻撃を仕掛けるメリットは米軍側には
ほとんどありません。投入テストやマインドアタックが主な思惑
でしょう。これを言うと“この思想家気取りめ”以上のとんでもない
反論が各方面からくることは予想されますが、あえて言います。
戦に非道もへったくれもないのですよ。それでは中国側の主張と
まるで同じではないですか。戦にルールを求めることそのものが戦争
を美化正当してることに気付きませんか?あんなものはいったん
始ったらルール無用のデスマッチです。ルールを求めるならば
はなから戦争などせんことです。アメリカに怒れと言うのであれば、
原爆ではなく、グローバルスタンダードのはき違えあたりが相当
でしょう

721 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 18:49:39 ID:eO6hOSeT
>>720
建前上、如何なる国家も【戦にルール】は必要かと・・・
中共の場合はプロパガンダの場合が多いと思われ。

つ【ジュネーヴ条約】

722 :名無しですんません:2005/07/28(木) 18:53:11 ID:FSqoVkCq
>>721
はい。国際法云々は度外視してしゃべりました。
気違いの奇論だと、お聞き流し下さいませ

723 :千念:2005/07/28(木) 19:01:29 ID:iwhNQgUG
>>714
名無しですんません氏

>国士・思想家を気取る?もしかして私のことでしょうか?

 気にしない方がよいですよ。「論じてみたい」などエラソーな言い方を
した小生のことのような気がする。本人自身がそう思われても仕方がない
と感じているのだから、読む人にそう感じる人がいても全くおかしくない。

 しかし、ここは、「行蔵は我にあり。毀誉は他人の主張。我は与らず
と存じ候」と、勝海舟の顰みにならって思うところを述べましょうや。

 例のサイト、参照してくださってありがとう。小生より5歳上で、農業
高校の先生だった人ですね。プロフィールで読むと、思想する人としての
人生だったことが分かります。風貌からして内面的な挌闘を経て生きた人
の香気が感じられる。

 余談に流れて、申し訳ないが、氏のプロフィールの長い文章中で否応なしに
感動させられたのは、脳梗塞で倒れるまで反目し続けた御尊父が亡くなった
葬儀の日のことを述べた下記の一節だった:

<前略>。。。火葬場の下まで着いたときに、突然に親父から呼びかけられた。
<中略> 既に、自分は60才になっていた。 親父(おやじ)はこう言っていた。
『お前!可愛かったなぁ〜。哲康!』と、それだけであった。

 身をよじって号泣されたそうである。

724 :>極右暴力団改憲軍需利権集団が、KIチガイ神社を拠点として活動↑:2005/07/28(木) 19:15:49 ID:klwp7Q00
528 :侵略殺人強盗皇軍兵士による家族殺しを称揚するキchiガイカルト神社:2005/06/17(金) 21:29:34
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-24/01_01_1.html
>極右暴力団改憲軍需利権集団が、KIチガイ神社を拠点として活動(=Nタイムス、ルモンド)
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という侵略殺人の重犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが拉致家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジア数百万の家族を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>靖国の英霊がアジア侵略強盗・家族殺しの犯罪者であり共犯者であるという重い事実を取り除く術などある筈もない。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、今、英霊という犯罪者を裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
>北朝鮮の愛国拉致特攻兵士に家族を葬られた拉致被害者の怒りと
>侵略強盗家族殺しの靖国英霊兵士に対するアジアの凄まじい怒りは同じものだ。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-01/2005070101_05_3.html
>http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/0_conb07.htm

725 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 19:35:28 ID:ic2oS+hp
>>717
まぁ「都市爆撃」をしたのはアメリカより日本のほうが先なんだよね〜。
それよりも原爆を落とされた怒りよりも「防げなかった」怒りの方が俺には
あるけどね。それだけ日本の防空体制は弱かったって事。
しかもあの時期になると本土決戦のためB29の迎撃でさえ制限されていたんだ
から。

ついでに100キロトン核搭載のバンカーバスター造るとか米軍が言ったら、上院議会の女性
議員が「25キロトンの原爆で広島がどうなったのか引き出しから写真取り出して見てみろ!」
などと言ったそうな。

726 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 19:46:22 ID:ic2oS+hp
俺もそんなにアメリカ政府のやり方が好きではないよ。
でも「現実問題」としてアメリカ抜きで今の日本がなり
たつのかと思うと、そうは思えない。
しかもいまだ「パクス・アメリカーナ」は健在であり
なおかつ日本周辺の脅威もまた取り除かれていない。
これらを考えると現在のアメリカ追従政策は最善とは
思えないが、政策が無いよりましである。と判断する
ね。

ああ、反米に凝り固まっていた厨房のころの俺が今の
俺を見たら激怒するだろうなぁw

727 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 19:52:30 ID:LAHVDMX/
>>708
あれ、鳥坂はNGワードじゃなかったっけ?
まずさ、コテハン同士の議論についていけないからって、
議論しなきゃいいのにって言うもんじゃないよ。
何の根拠もなく>>201を鳥坂認定したお前の愚かさも
ちゃんと書き出しておこうね。

>651 名前:一人一察 ◆78eZQJ5cpU 投稿日:2005/07/19(火) 22:30:53 ID:oXTqegzq
>あらいやだ!こんな風に武将論書く人って
>鳥坂おじさんしかいないのに!(プゲラッチョ

何で武将列記したくらいでコテハンがわかるんでつつか?
武将列記したから鳥坂だって、
>5人以上の武将の名前を挙げられるのは、『特殊技能』に属するから、
>そんな(一人一察基準の)『特殊技能』の持ち主は、カレにとっては
>鳥坂センパイ以外にはいないんだろうねぇ。
なんていわれてもしょうがないじゃん。

728 :201:2005/07/28(木) 21:01:05 ID:DHOrob+Z
いや、まぁ軍板出張スレにも書いたが

 普 通 に 反 論 で き る 程 度 の カ キ コ だ っ た ぞ !

書き込んだヲレが言うのもなんだけどねw
戦国時代に詳しい人からすれば突っ込み満載だったんじゃないの?
正直、小学校のころ読んだ伝記、歴史漫画、小説の又聞き程度の知識で書き込んだんだもの。
まさか鳥坂氏と間違えられるとは思いもしなかったけどねw


729 :名無しですんません:2005/07/28(木) 21:08:33 ID:Y65y6NzJ
私事で恐縮ですが…
イタイ奇論を展開しておった“名無しですんません”ですが、
わけあってドロップアウトいたします。
千念様、鳥坂様、その他の皆様、チーム名無しの皆様、
ついでに一察のクソ坊主…皆さんお元気で

鳥坂さん、インド論ありがとうございます。参考になりました。

千念さん、鳥坂さん、できれば居酒屋あたりで一杯ひっかけながら
伺いたかったですな

730 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 21:28:49 ID:Jgiu4IsK
        ,〜-,〜-,〜-,〜
   十    |_一人一察城 | + + +
       _|_~~~~~~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!| 投石
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|  ↓  ワーワー
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|./。!´。! ~!"゙i r |i'"|_._|__|~'i|  '⌒λ λλλ←珍米ポチ共

あんまり子供みたいな真似したくないが、煽らせていただく
お前ら枝葉末節のとこしか反論してこないのは何故だ?
何でもいいから「保守すべき価値」についてちょっとでもいいから
言及して来いよ。いっぱいあるからアンカー(>>)は省くが
スルーされているorまともな反論が来てないレス番号だけ書くぞ。

202,211,216,217,242,257,268,281,309(隠喩でポチを非難してるんだが
文意も読み取れないか?)335,359,418,422,441,449,508,532,
☆特にこれらは無視ですか?→545,546,548,549,551,552,553,558
で、575,597,598,599,627,716と。どんだけ多いんだよw

さ、【以上全て】反論するなりなんなりして俺の城を落城させてみ?
よく聞けよ、反論出来るものだけ反論するのは恥ずかしい事だからな?
俺の目的は「保守すべき価値は何か?」を探し出す事。


731 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 21:43:48 ID:5hwnxpi2
>>730
スルーされているのは、キミが

『相手するに値しない人間だから』

ではないのですかね。キミもまた、同じ理由でほかの人間を
スルーしていたと思いますが。

自分がそうするのはOKだが、他人が自分を無視するのは
我慢できませんか? だとすれば、妄想患者としてはもう
典型的な症例ではありますが。


732 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 21:44:41 ID:lSVJPClf
>>729
 お疲れ様でした(・・・と言うのも何か変ですね ニガワラ)。

>インド論
 いやいや。彼ら付き合った事のある(仕事で、デスよ)経験と、文献やニュース・雑誌の"ざっと嘗め"で自分なりに解釈した駄文です。
 ただ、自分の経験から一言付け加えると・・・
 彼らハイ・カーストは、こっち(日本人)がたとえ彼らより優秀でも金持ちでも地位が上でも、アウト・オブ・カーストである限り、心の底で「自分達より下」と思っています。
 ↑正確には「我々(ハイ・カースト)より下、ローカーストとは別モノ」ってな感じです。ヒエラルキー・ピラミッドの頂上よりやや下に漂う雲、みたいなモンでしょうか。
 これは「差別」と言うより「区別」と言った方が良い「割り切り」感覚です。
 無論、賢い彼らは外国人相手にそんな事はおくびにも出しません。
 客観的に見て「凄い」「偉い」「正しい」事は、素直に評価してくれます。
 ただ、我々日本人が彼らの「寛容性」と「甘い顔」の奥にあるモノを理解せず、彼ら(精神的上位にある者の余裕・好意)に甘えていると、トンでもないトラブルを招く事があります。

>できれば居酒屋あたりで一杯ひっかけながら伺いたかったですな
 いいですねぇ。
 以前、千念氏も「やりたい」と言ってましたけど。
 辛口純米日本酒とタコわさびでマターリしながらやってみたいモンです。

733 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 21:48:46 ID:eO6hOSeT
>>730
むぅ。上記の方とほぼ同じ結論ですな。
煽る事しか出来なくなった時点で貴方はもう暗黒道に堕ちたも同然。
今一度議論の仕方を考慮されては如何かと。


734 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 21:50:59 ID:Jgiu4IsK
おっかしいなー、自衛隊、マキャベリ、靖国参拝ネタは必死にくいついてくるのになー

『相手するに値しない人間だから』 ←×
『答えられるレベルの物(小学生レベル)は必死に粘着する』←○

735 :201:2005/07/28(木) 21:54:40 ID:8QO9J/Pi
小学生レベルのヲレの書き込みにまともに反論できなかった一人一察タンって・・・

736 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 21:54:58 ID:sQxjqYLz
>>730
反論が出来なければAAアラシか。
実にキミらしい行動だね。

737 :過去レス読まず途中参加:2005/07/28(木) 21:58:06 ID:2qFsA5BS
とりあえず過去レス読めない(なんか専用のブラザーがどうとか
こうとか)ので傍観。
>>730 君、絵うまいね〜。ある種才能だな。

738 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 21:58:06 ID:eO6hOSeT
>>734
貴方のそのような傲岸不遜かつ、慇懃無礼な態度が皆の顰蹙を買っている事にお気付きになりませんか?
たとえ貴方と思想の方向性が違っても礼節を失ってよいという事には成りますまい。
今一度議論の仕方を考慮されては如何かと。


739 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:05:39 ID:DYEkeTMF
>>734
小学生レベル程度で突っ込まれて沈黙する人もおりますな。

740 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:08:25 ID:J+kAQ8Ab
>『答えられるレベルの物(小学生レベル)は必死に粘着する』←○
で、その小学生レベルの反論に滅多滅多にされたのはどこのどなたでしょうか〜?

自衛隊がサマワ市民の仕事を奪っているという脳内ソース(君は認めたよねw
自衛隊が土木作用の素人だという脳内ソース(結局反論できなかったよねw


741 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:14:06 ID:Jgiu4IsK
とりあえず名無しさんにもレスをつけることにする
>>733>>738
過去レス読んでないの丸わかりですが。
こいつら相手にどれだけ礼儀正しく接しても
帰って来たのは小林と俺の全否定のレスばっかり。しかも根拠なき
誹謗中傷と捏造の嵐。(例>>736 何に反論だよ?w)
二度と礼儀正しくなんか出来ません。

>>737
どうもw借り物だけどねw

>>735
はいはい、真面目にレスしてやるよ。武将と兵卒の違い、生き抜いたのと
何かを成し遂げたのは別ね。家康その他親藩大名は江戸幕府を成立させたから
だろうね。軍人にある義務は生還ではない「勝利」な。あるいは「勝利」に向かって
前向きだったか。後ろ向いた(逃げた)兵の死を戦国武将は嘲笑ったと言う。
信玄が家康軍と激突しコテンパンにしたときも「三河の家康軍はあっぱれ。
一人として後ろ向きのものはおらん」と賞賛したという。
この意味で徹底的に前向きだった特攻作戦が評価されると思う。

さ、見とけよみんな!!>>730は全く無視し、このレスに必死にポチが
噛み付いてくるから!!(>>735はまぁ構わないが)


742 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:18:48 ID:Jgiu4IsK
>>740
>自衛隊が土木作用
土木作用wwさすが小学生ww
ま、俺軍ヲタじゃないし、正直あんなに自衛隊が
何もしてないとは思わなかったわぁw

で、その土木作業に詳しいという噂の工兵は実際何か作ったのか?
陣地構築は得意だろうが、サマワのビルとか道路とか作る能力あるの?
作る能力なきゃ素人と言って差し支えないのでは?

やはり>>730は無視かw俺の城に攻め込んでくる事すらしないのね・・・
釣るにしてもこんな低レベルのクズじゃどうしようもないなー

743 :前スレ756:2005/07/28(木) 22:23:10 ID:aJp6hQL2
>>730
>あんまり子供みたいな真似したくないが

大丈夫だよ
君、みんなから「可哀想な子供」扱いを受けてるんだよ
ちょっとでも自分を客観的に見ることができるタイプの人間なら
その事にはとっくに気づいてるはずナンだけどなー

君の心象風景は>>730の通りなんだろうけど、
他人から見たら「口の端から泡を吹いて珍説喚いてるガキ」でしかないんだけどなー
自分の脳内世界と客観的な外的世界がそれだけ齟齬を来していると、
生きてるのが辛くなってこない?

今ならまだ間に合うから、誰かに相談してみたら?


744 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:28:37 ID:Jgiu4IsK
>>743
あと、言ってないけど俺はとある党の後援会入ってるんだよね
「よくものを考えている面白い小僧」として可愛がってもらってるよ
ここで言う様なことを結構話してるからねw
俺の脳内世界を認めてくれて色々議論する仲間もいるんだが、
いかんせん三島ってのがな・・・実際の政策論が多いねそこじゃ
んで、ここでは俺は観念論をしているんだがね

可哀想な子供と言うのは狭い世界と知識しか持ってないし今後も
広げられそうもない>>743のことですよ。自覚持ってる?

745 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:30:21 ID:KK4ThSQa
>>741
おや?
コテ付けない人には反論しないんじゃなかったのですか?
自分の書き込んだことも実行できないのですか?
そんな人の書いた言葉にみんな信用すると思ってるのですか?
2000冊読破?
400戦無敗?
偏差値高い?
兄が弁護士?
祖先が武将?自分の書き込みすら守れない人間のたわごとにしか思えないんですけど。

746 :前スレ756:2005/07/28(木) 22:31:10 ID:aJp6hQL2
だって、今までの君の論をまとめてみると、

「今の世の中は衆愚政治で、選ばれたエリートである僕がテロで世直しをするべきだ!!!11!!
ねっ?そうだよね?そうだと言ってよ!!?!!11?
だって今の政権は創価の手下の公明党が加わってるから衆愚政治なんだもん!!!11!」

だからね
これじゃ「可哀想な子供」扱いされてもやむを得ないんじゃないかなー?

持論への無条件の同意が欲しいのなら、そう素直に言えばいいじゃない?
そんな「論破」だとか「議論」だとか言わずにさ
そう言っとけば、みんな無条件で君を褒め称えてくれると思うよ

このAAをコピペして

       あ〜、衆愚政治、衆愚政治。テロで世直しすべきだよね〜
               (⌒ヽ:::::::::::'''''-,, 
  \丶.    //   <´・\  ::::::::::::::::::ヽ
_______    l  D ハ::::::::::::::::::::::ヽ,
|ヽ       ,,,/|  .<、・_ (         )
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | (⌒ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒)
| |  ≡≡≡  |  |
| |  ≡≡≡  |  |
|.,|      ″|,,/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


747 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:33:31 ID:Jgiu4IsK
>>745
ポチどもを右に左に斬ろうかなーてさ
極めて楽しいですよ。普段は面倒だからしてないだけ
偏差値も兄も祖先も事実ですよ?何か?
それから「書いた言葉【を】」な。
日本語ぐらいきちんと書こうな。まずは斉藤隆の
「声に出して読みたい日本語」からw

748 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:36:16 ID:KK4ThSQa
で?

>コテ付けない人には反論しないんじゃなかったのですか?
>自分の書き込んだことも実行できないのですか?

この答えはまだでしょうか?


749 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:37:48 ID:KK4ThSQa

ま、あえて言わせれば
「自衛隊はサマワ市民の仕事を奪った」などと事実無根なことを書き込むのもやめにしましょう。


750 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:39:28 ID:KK4ThSQa
ああ、ついでに私は比較的反米感情が高いのですけど?
ポチという根拠は、私の書き込みのどこにあったのでしょうか?

751 :前スレ756:2005/07/28(木) 22:40:06 ID:aJp6hQL2
>>744
>「よくものを考えている面白い小僧」として可愛がってもらってるよ

あー、それ「お客さん扱い」か「子供扱い」されてる証拠だよ
まともな政党の、まともな政治家の後援会ならね

まぁしかし、僕も君を「面白い小僧」とは思ってるよ
だって君の自己紹介をまとめてみると

>2000冊読破
>400戦無敗
>偏差値70以上の大学生
>兄が弁護士
>祖先が武将で奉った神社もある

だもん
誰かも言ってたけど、君がどういうコンプレックスを持っているか
如実に理解ができるなー

752 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:40:51 ID:Jgiu4IsK
>>746
突っ込みどころ満載だが?君来たら楽しそうなオモチャが来たって感じだね
しばらく逃げないでよね?俺が寝るまでw

まず、いつ俺がテロを実行するって言ったの?捏造するな♪
次、「だって今の政権は創価の手下の公明党が加わってるから衆愚政治だ」
これ論破出来ないでしょ?出来るの?( ´_ゝ`) んー?
出来ないなら「今の日本は衆愚政治じゃない」といった前言撤回してね♪
次、「持論への無条件の同意が欲しい」これもいつ言った?捏造その2ね♪

だからさ、正直にいいなよ?「僕はこばに必死に粘着して因縁つけたいだけです」てw
それはそれでいいけど、いずれそういう歪んだ想いは何らかの形で破裂するよ
ま、知ったこっちゃ無いけど( ´,_ゝ`)プッ

おら、しばらく放置デフォで来てたからって反論きてびびってんじゃねーぞ
クソポチども。ばっさばっさ斬らせろやおら〜

753 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 22:40:59 ID:lSVJPClf
>>744
>「よくものを考えている面白い小僧」として可愛がってもらってるよ
 どの党も、オルグする時はそう言うよ。
>狭い世界と知識しか
 そっくりそのままお返ししてやろう。
 工兵の何たるかも知らないクセに、陸自施設科を馬鹿にすんじゃネー!
 理論武装するなら、その穴だらけの知識を何とかしろや。

>>746
>756氏
 またペペウ君を思い出させるAAを持ち出してもう・・・好きだけど、そのAA。

754 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:41:00 ID:nQfqurbl
>>741
横レスだが・・・
>軍人にある義務は生還ではない「勝利」な。
違うよ。「命令系統に則り命令に従う事」だよ。何が国家としての勝利かを
決定し、それを追求するのは政府の役割であり、軍はそれを実現するための
手段でしかない。軍自身が勝手に勝利を求めた結果、表面的戦術的に勝利した
かのように見え、実は本質的戦略的には敗北していたのが、太平洋戦争での
日本だった。

>信玄が家康軍と激突しコテンパンにしたときも「三河の家康軍はあっぱれ。
>一人として後ろ向きのものはおらん」と賞賛したという。
家康当人は脱糞するほど無我夢中でひたすら逃げてたんだがね。兵を見捨てて
逃げ出した家康への皮肉だろ。

755 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 22:42:09 ID:LAHVDMX/
>>747
シナポチ必死だな。

>お前ら枝葉末節のとこしか反論してこないのは何故だ?

と言いながら、自分はタイプミスに喜んで突っ込んでくるんだねw

756 :前スレ756:2005/07/28(木) 22:43:44 ID:aJp6hQL2
>>753
うん、軍板FAQのペペウ君のとこからコピペしてきたから(w


757 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:47:34 ID:Jgiu4IsK
>>748-750
だから日本語理解出来ないの?>普段は面倒だからしてないだけ
お前みたいのの粘着が死ぬほどうざいんだよ、クズが
あ、また・・。>ま、あえて言わせれば←言わせてもらえればだろ?
何? 君 必 死 な の ?( ´,_ゝ`)プッ

で、ポチじゃないの?コテも付けてない奴で粘着して過去レスまで必死に読んで
偏差値どうこういうお前が?一水会についてどう思うか書いてみてね。

>>751
> あー、それ「お客さん扱い」か「子供扱い」されてる証拠だよ
>まともな政党の、まともな政治家の後援会ならね

誰がお前の脳内希望決め付けを書けと言った?
で、お前が俺のコンプレックスとやらを仮に理解したとして
それを得意げに書く理由は?「君はコンプレックスいっぱい!
そして僕は大学院卒業し法曹関係につくエリート!お前はアフォ!」
ですか?ねぇ、22〜3歳でしょ?みっともなくね?お前?



758 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:50:27 ID:DYEkeTMF
ちなみに衆愚政治をテロで改善した実例を知りたいのですが。
アテナイでは追放や暗殺は行なわれてたみたいですけど。

759 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:51:51 ID:sj1xS8KB
一人一察なんか無視して別の議論やろうぜ。
お題は「自分が日本人だなと思うこと」

俺はやっぱ油蝉やヒグラシの鳴き声を心地良いと感じるときだな。

760 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 22:53:27 ID:LAHVDMX/
公明と連立組んだ経験のない政党って共産くらい?
自由党も新進党時代には組んでたような

761 :前スレ756:2005/07/28(木) 22:54:00 ID:aJp6hQL2
>>752
>まず、いつ俺がテロを実行するって言ったの?捏造するな♪

ん?
君の>>211の文章からそう判断したのだけどな?
って言うか、それ以外に読みとるのは難しいと思うけどなー
だって>>211の「君オリジナルの観点」は、昭和初期の「近代の超克」論とそっくりだもん
だから「近代の超克」論を知っている人なら誰もが(知っていない人の大半も)、
>>211はテロ肯定したがってる文章だな」って読みとってしまうよ
それは当然「2000冊読破」の君も理解できてる筈なんだけどなー?

まぁ「それは誤読だ!!!11!!」って言い張るのならそれでもいいけど、その場合は

「誤読するような文章を書いた君に過失がある(だって「近代の超克」論を知っている者なら
誤読して当然の文章だから)」

とか、

「テロ肯定しないなら、その後の「衆愚政治云々」は文脈が続かないから論点になりませんねー」

とかのツッコミどころが満載(wになるけど、それでもいいかなー?


762 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 22:54:01 ID:Jgiu4IsK
さーて、どこから潰していくかな・・・
>>753
豚は豚小屋に帰れ。人間になったら相手してやるから
お題「ヴィトゲンシュタインとカントの倫理感について」
「エラスムスの苦悩と調和の限界について」
この論文を書いて内容が人間レベルなら相手してやる

>>754
それは兵卒レベルかな?国家と言う大枠から「国軍」に対してのつもりで書いた
でも君の言うことが正解かもね。国軍の最大、最終目標は勝利ということで

>>755
熱烈な反共主義者の俺に「シナポチ」て・・・・。

ねぇ、>>730は無視なの?


763 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 22:56:20 ID:LAHVDMX/
>>762
熱烈な反共支持者が中国との関係改善望むの?


764 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 22:58:28 ID:LAHVDMX/
>>759
やっぱ食事ですな。

765 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 22:59:05 ID:vquNam0x
>>762
>「ヴィトゲンシュタインとカントの倫理感について」
>「エラスムスの苦悩と調和の限界について」
君の書いた論文を見てみたいな〜。書き込んでくれよ。


766 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:05:06 ID:Jgiu4IsK
>>761
で、どこに「俺がテロをします」て書いてる?( ´_ゝ`) んー?
「誰かが」てことだけど、何かおかしいかい?厨?w君

ねぇ、君の事「近代の超克厨」て読んでいい?亀井勝一郎とか小林秀雄とか
読んでるの実際?両者は近代の超克論の中心者だが、両者の読んだことある本書いて

767 :前スレ756:2005/07/28(木) 23:08:05 ID:aJp6hQL2
>>757
>で、お前が俺のコンプレックスとやらを仮に理解したとして
>それを得意げに書く理由は?

別に得意げに書いたつもりはないが、まぁ他人事ながら「興味深いな」と思ってね

だから決して
>君はコンプレックスいっぱい!
>そして僕は大学院卒業し法曹関係につくエリート!お前はアフォ!
とかは思ってないよ

というか、前にも書いたけど
「自分が自分であることの誇り、アイデンティティー」は
「2000冊読破」だとか「兄が弁護士」だとか「先祖が武将」だとか威張っても関係ない、ってことだよ
君のプライドはそんな些事で補填される程度の安っぽいモノなのかな
そういう安い自慢をする輩は総じて「空虚な自分」しか持っていなんだけどね

別にフリーターだろうがニートだろうが引きこもりだろうが良いじゃない?
「自分が自分であることの誇り」とは、そんな社会的地位で左右されるもんじゃないでしょ?ってこと
(だって僕だって勉強してなきゃ、他人から見たら完全なニートだよ(w)
だから無理に安い自慢をする必要はないんだよ
自分を誇るのなら「自分のこれまでの生き様」「これからの生き様」でしょ?
もっと言えば「自分が自分であることの誇り」とは、他人と比べられる要素ではないって事


768 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:09:07 ID:Jgiu4IsK
>>763
関係「改善」てどういうこった?
靖国参拝後か?いや、いいんだぜ中国と絶縁しても
その代わりの経済保障お前が用意出来るんならな?
対中貿易黒字調べておいで
ま、俺としては一秒でも早く中共が崩壊してくれるのが望ましいがな

で、君の定義は「中国と関係改善」を望んだらシナポチなわけ?
小泉は村山談話まで使ってたがまごうかたないシナポチですな・・・

769 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:10:04 ID:LAHVDMX/
>昭和初期のように政治家共にびりびりとした緊張感を与える為に、
>2,26、5,15、あるいは血盟団のような一人一殺(コテはこれを
>もじっている)テロが必要なのではないか?
>「よくわからないがとりあえず自民党に」等と言うレベルの人間がウジャ
>ウジャいる限りこの国の政治は永遠に良くならない。テロが駄目という
>ならば別の対案はあるのか、提示よろ。

これ読んで「俺はテロやらない」とは思いにくいねぇ。
じゃあお前はテロ以外の代案あるの?



770 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/07/28(木) 23:10:09 ID:lSVJPClf
 ところで一人一冊よ。
 お前さんは一体このスレで何をしたいんだ?
 「保守すべき価値観」について論じたいというなら、千念氏が提示してくれた「和を以て・・・」の議論に参加しても良いじゃないの?
 そうでなきゃ、「和を以て・・・」に代わる議題を提示しろや。
 お前さんが嫌うアメポチやウヨ・サヨがウザいと言っても、ココは「来る者拒まず」の匿名掲示板だぜ。
 お前さんがどう罵倒しようが、オレも彼らも面白いネタがありゃ書き込み続けるぜ。

 それに「敵を知り己を知り・・・」の観点からも、アメポチやウヨ・サヨと議論する事も有意義だと思うがな。
 どこの大学か知らないが、昔っからある大学なら、未だにアジ看板書いている赤い連中もいるだろ。
 そう言う奴らとも話し合ってみろよ。社会人なったら滅多にコンタクト出来ない人間ばかりだ。
 結構、面白いぞ。

>>759
>「自分が日本人だなと思うこと」
 ざっと思いつく限り。
○ご飯を食べる時に「いたたきます」と手を合わせる時。
○生卵ぶっかけご飯を食べる時。
○「英雄的な敗北」を目にすると、涙腺が理性で制御できなくなる時。
○ER_DVD・BOXと鬼平DVD・BOXのどっちを買おうか真剣に悩んだ時(他に入り用が出来てどっちも買えなかったよ、ママン)。
>油蝉やヒグラシの鳴き声を
 ありゃ欧米人には「雑音」ですからねぇ。
 田舎で現地調査した時、田んぼのカエル・ゲコゲコでグッスリ寝られた漏れを変人扱いしやがった。>同行の欧米人

>ALL
 今日はコレで失礼。久々に家(アパート)の本棚の隙間で寝られるぜ。

771 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:10:47 ID:vquNam0x
>>759
春・遅めの雪が降る中、けなげに咲く梅の花を見たとき
  春風に吹かれ、桜並木の花びらが散り行くさまを見たとき
夏・せみの鳴き声、じりじりと照りつける日差し、アスファルトの陽炎
  抜けるような青空に入道雲。これらを五感で感じたとき。
  麦茶がうまいとき。
秋・渋柿を間違って食ったとき。
  紅葉に一抹の寂しさを感じたとき。
  秋祭りの練習の太鼓林の心踊るとき
  祭りの時の焼きイカ&スピードくじ&ガンプラ。
冬・コタツで蜜柑。
  降り積もる雪を見ながら、頭の中で「しんしん」という擬音が横切ったとき。
  除夜の鐘の音。

772 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:14:13 ID:Jgiu4IsK
>>767
>というか、前にも書いたけど
>「自分が自分であることの誇り、アイデンティティー」は
>「2000冊読破」だとか「兄が弁護士」だとか「先祖が武将」だとか威張っても関係ない、ってことだよ

威張った覚えなんかない!アホアフォ言われて根拠なき誹謗中傷されたからだ!
そんな物何の自慢にもならない事ぐらい分かってるよ。

>別にフリーターだろうがニートだろうが引きこもりだろうが良いじゃない?
>「自分が自分であることの誇り」とは、そんな社会的地位で左右されるもんじゃないでしょ?ってこと

そりゃそうだよ。完全に同意する。てか、そういう人をけなした覚えは一回もないぞ

>だから無理に安い自慢をする必要はないんだよ
>自分を誇るのなら「自分のこれまでの生き様」「これからの生き様」でしょ?

そうだよ。そのために必死に行く道を探してるんだよ。安い自慢なんか
たったの一回も自分からした覚えは無いな。てか、何か意見が一致してきもいなw

もういいから勉強してきたら?明日笑うためにさ

773 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:14:23 ID:LAHVDMX/
>>768
>靖国参拝後か?いや、いいんだぜ中国と絶縁しても
>その代わりの経済保障お前が用意出来るんならな?

>俺としては一秒でも早く中共が崩壊してくれるのが望ましいがな

いったいどっちだよ。

そりゃ日米関係重視主張したら「アメポチ」(これ自体何の定義もないわけだがw)
だもんねぇ。自分は散々定義もなくポチばっかり言っておいて、他人には
ちゃんと言えってか。

774 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:17:01 ID:vquNam0x
>>772
いや、書き込んでいる時点で十分威張っていると思いますけど?
そもそも書き込んだとしても自分の評価には一切プラスにならないことですし。

>そういう人をけなした覚えは一回もないぞ
上のスレの流れからすれば自分の反対意見の人間にはクズだとか豚だとか言ってますけど?
これは「けなす」という行為ではないでしょうか?

775 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:17:50 ID:Jgiu4IsK
>>769
それを探している、残念ながらまだ答えは見つからない
だから、討論したいといっているんだがね・・・

>>770
ところでじゃねーよw  あ、 消 え た かw


776 :前スレ756:2005/07/28(木) 23:18:58 ID:aJp6hQL2
>>766
> >>761
> で、どこに「俺がテロをします」て書いてる?( ´_ゝ`) んー?
> 「誰かが」てことだけど、何かおかしいかい?厨?w君

>>769

> ねぇ、君の事「近代の超克厨」て読んでいい?亀井勝一郎とか小林秀雄とか
> 読んでるの実際?両者は近代の超克論の中心者だが、両者の読んだことある本書いて

まぁ君が僕のことをどう脳内で呼ぼうが勝手だけど、
便宜上はスレ上ではちゃんと呼ばれた方がいいかな
ROM者からも当事者にしても、その方が便利でしょ?

で、後段だが、残念ながら昭和の政治思想史については門外漢なんでね
精々が論文で孫引きを読んだ程度なんで
で、ちょうど良いから
君が彼らの主張を読んでて、尚かつ僕の言ってることが間違っているのなら、
それを分かり易く教えてくれないかな?
「お母さんみたいに」

777 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:19:03 ID:LAHVDMX/
>>772
>威張った覚えなんかない!アホアフォ言われて根拠なき誹謗中傷されたからだ!
>そんな物何の自慢にもならない事ぐらい分かってるよ。

だったら誹謗中傷されないようなこと書くしかないわけだが、>>730じゃあねぇ
二言目にはポチしかいえないから、ちょっと突っ込み入ると
「兄が弁護士」「武家の末裔」なんてレスしか返せないわけだが。


778 :754:2005/07/28(木) 23:21:28 ID:nQfqurbl
>>762
>それは兵卒レベルかな?
兵卒であろうと参謀総長であろうとだよ。最高司令官だけは政府の長を兼ねてる
事が多いから例外だが、その場合は軍出身でも軍人と言うより文民と見なされる
事の方が多いし。

>国家と言う大枠から「国軍」に対してのつもりで書いた
「国軍」であろうと政府の指揮下にあり、その命令に従う事こそが義務なんだよ。
軍事政権でさえも、政府機構と軍部の分化はあるよ。

>国軍の最大、最終目標は勝利ということで
だから違うって。勝利を求めるのはそれが政府の命令だからなんだよ。
政府の命令ならば、勝ってる時でも退却撤退はもちろん、降伏もせねば
ならないのが軍の義務なんだよ。 軍事的勝利について研究したり軍備や
兵器を整えたりするのも、政府の命令や指示があるからなんだ。

軍や軍人の義務とは「勝利する事」ではない。「命令に従う事」なんだよ。

779 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:22:48 ID:Jgiu4IsK
>>773
まず、「関係改善」ていつかはっきりいえよ。
次、俺は今すぐ中共崩壊して欲しいが、そうはならないから
取り合えずは関係最低限にしとけってこった それともお前は中と縁切るってか?

>>774
で、俺を野次った奴らは何も悪くなく、威張った俺が悪いと?
で、「そういう人をけなす」てのはフリーターとかニートとかを
そうと言う理由でけなしたことはない、ということ 読解力ないのかお前?



780 :過去レス読まず途中参加:2005/07/28(木) 23:24:32 ID:yDAdMf3M
>>770 過去レス読めず議論参加できずの私ですが、
一応聖徳太子出してきたの私なのですが・・・。
過去レス読むにはなにかしらダウンロードせねばならんようですね。
あまり気が進まず。
横レス失礼、ちょっと存在感出したかっただけですので。


781 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:26:44 ID:Jgiu4IsK
>>776
>論文で孫引きを読んだ
題名教えて。書いた著者も
にしても、あんだけ大上段に構えてて
その程度の知識かw 

>>777
前スレとかこのスレじっくり読んでみ
お前みたいなのが必死に意味不明な粘着してるから俺にw

>>778
なるほど、軍人勅諭みたいだね。原則論として了解しました。

782 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:27:42 ID:vquNam0x
>>779
その返事が果たして「議論をする態度」なのか疑問に思います。
相手が野次ったので自分が野次るという態度で果たしてまともな議論が
できるのでしょうか?
ただの野次なら無視すれば良いことのように思えますが?

783 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:29:44 ID:LAHVDMX/
>>779
>取り合えずは関係最低限にしとけってこった

現状大使館は機能してるし、物流や人の流れが途絶えたわけではないだろ。
最低限以上に関係は保たれている。
なのに中国との関係改善はどうするって書いたじゃないか。

 

784 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:30:51 ID:Jgiu4IsK
>>780
いわゆる2ちゃん壺 俺も使ってます
専用ブラウザの一つ 俺は気に入ってますが
使ってみて違うと思ったら即アンインストでいいと思います
丁寧な説明つきですぐ使えますしね。もちろん無料です

ttp://tubo.80.kg/

これがあれば人多杉も心配無用。よかったらどうぞ


785 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:32:46 ID:LAHVDMX/
>>781
今必死でコピペネタ探しているのかな?
それとも原文をメモ帳に丸写し?
後自分がなぜか鳥坂氏に粘着して、他スレでわざわざ無関係の人を
鳥坂認定した貴兄には負けますよ。

鳥坂認定

786 :731:2005/07/28(木) 23:33:12 ID:5hwnxpi2
コテ付けますよ〜。だからちゃんと答えてね。

>>730
スルーされているのは、キミが

『相手するに値しない人間だから』

ではないのですかね。キミもまた、同じ理由でほかの人間を
スルーしていたと思いますが。

自分がそうするのはOKだが、他人が同じスタンスで自分を
無視するのは我慢できませんか?

787 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:34:10 ID:Y65y6NzJ
>>784
一察、お前けっこういい奴だな

788 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:34:14 ID:Jgiu4IsK
>>782
お前一回コヴァ役やってみ?
どんだけ真摯に討論しようが>>783みたいなのが
「シナポチ乙」とか言ってくるんだぜ?
話しにならんわい

>>783
俺が「現在の日中関係」からの「対中関係」の改善を書いたレスはない
あるというならアンカーで示せ 俺が言ったのは「小泉靖国参拝後」だ



789 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/28(木) 23:34:29 ID:iRS0vHU1
>>714
 いや、某漫画家の事ですのでおきになさらずにですよ(;´Д`)y─┛~~
勘違いされたならすまないことです。

790 :過去レス読まず途中参加:2005/07/28(木) 23:35:59 ID:BnVCKcJS
>>784 サンクスです。有料?無料?
他の方も壺というものを使っているので?
なんか一人取り残されたような侘びしさが。
「わびさび」も残って欲しい価値観ですね。定義言えと言われると困るし
「わびさび」感じる歳でもないのですが。

791 :過去レス読まず途中参加:2005/07/28(木) 23:36:55 ID:BnVCKcJS
>>784 失礼 無料と書いてもらってましたね。
チャレンジです。

792 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:37:10 ID:DYEkeTMF
靖国なら小泉そーりは毎年参拝してるんですが。

793 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:37:50 ID:LAHVDMX/
>>788
>どんだけ真摯に討論しようが
>>730のどこが「真摯」なんだよ。ポチレッテルも「真摯」ですか、そうですか。

>「小泉靖国参拝後」

8月15日じゃないが靖国参拝してるじゃないか。それであの騒ぎ+
中国政府の対日姿勢硬化。そのこと言ってるんじゃないの?

794 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:39:16 ID:Jgiu4IsK
>>790
ちょっと議論は一休みで
それは無料ですよ。んと、お金払って受けれるサービスもあるんですが
ここにね、他の2ch用ブラウザが色々あります

ttp://www.monazilla.org/

僕も何個か試したけど、これでいいかなーと。使い勝手は個人個人ですので・・

795 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/28(木) 23:40:33 ID:iRS0vHU1
反論って…。 裁判や法律の知識もマキアヴェッリも知ったかだったのになんでそんなに
偉そうなんだろ(:´Д`)y─┛~~ 無知はよろしいが無恥はいけませんぜぇ。だんなぁ。

796 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:42:43 ID:Y65y6NzJ
>>794
やっぱお前いい奴だ

797 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:43:20 ID:Jgiu4IsK
>>786
残念、スルーどころか大人気(違だぞw

>>793
前スレとか読んで無いか?
そういう過去の流れがあるんだよ

で、今年は戦後60周年なんだが?
で、あの発狂反日デモ騒ぎときた
これで今年小泉が参拝したら・・・想像つくだろ?

な、これで俺がシナポチじゃないのはわかったろw


798 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:44:19 ID:HHYImrj3
とりあえず、中華人民共和国の即崩壊は困るなぁ。
あれだけの巨大な多民族国家が崩壊したら、東アジア経済どころか世界経済もどうなる事やらなワケで。

三方ケ原の新解釈ワロタ

799 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:46:33 ID:LAHVDMX/
>これで今年小泉が参拝したら・・・想像つくだろ?

北京五輪控えてる上、まだ記憶に新しいのに
あんなことまた起きるんか?



800 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:47:37 ID:Jgiu4IsK
>>798
それは俺もよーくわかってるが、チベットウイグル法輪功台湾・・・
というか共産主義はだめなのよもう、説明不要でしょ
ソ連邦のような崩壊になるよう色々考えないとね、ただ、喫緊の話ではないね

脱糞の事かwwww権現様のバチが当るぞあんまり言うとwwww

801 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:48:53 ID:Jgiu4IsK
>>799
中国の反日教育はすごいぞ。政府のコントロールが
完全に効くとは俺は思えないんだが、なけりゃそれに越した事は無い

802 :前スレ756:2005/07/28(木) 23:50:43 ID:aJp6hQL2
>>781
で?
君はどうなのかな?
他人の誤解を訂正することも、「高いレベルの議論」とやらをする上では
必要不可欠なんだけどなー

こう言ったらナンだけど、大学院の研究会とかでは
教授が院生に意見を訂正されることも決して珍しくはないよ
専門を極めれば極めるほど、他の部分に対しては手薄になるからね

で?
君は僕よりも詳しいと主張してるんだろ
それなら「議論」をする上では、そういう「他人の知識の不足」を補うのは
義務に等しいんだけどな


803 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/28(木) 23:58:07 ID:Jgiu4IsK
>>802
ちょちょ、ちょっと待ってくれお兄さん
なんだ?俺が君に講義しないと駄目なのか?
さんざん俺に「君の言ってることは近代の超克そのものじゃん」と言っといて
俺にその内容をレクチャーしてくれ? ・・・・・・壮大な釣りだったのか・・・・・_| ̄|○

ねぇ、専門は法学とか社会学とかでしょ?会計かなそれとも?
何でもいいけど自分で理解もしてない分野で断言はしないほうがよかったねw
まぁいいや。ただし俺はここまでの議論の過程に於いて、例えば衆愚政治云々とか
自分の非を一切認めずに「お前がお母さんのように懇切丁寧に説明しろ」などと
のたまう香具師に親切に何かを教える気など毛頭ない。さんざん人のこと
毎日に問題あるんじゃないのだのコンプレックスがわかるだの言われたしねー
てめえで本でも買うなり検索するなりしろ 以上

804 :名無しかましてよかですか?:2005/07/28(木) 23:58:20 ID:GnzC6iMx
つ「一人一察支持者がいない件について」

805 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/28(木) 23:59:25 ID:LAHVDMX/
>>801
完全にとまではいかんだろうが、政府が国際社会の声に押されて
取り締まり強化したとたん一気に収束しましたがな。
ただネット上では悪さしてる馬鹿もいるようだが。
ああいう大規模な行動に出にくいのでは?

806 : ◆1cxA4N09EQ :2005/07/29(金) 00:01:27 ID:zRpqhK/s
その気になれば、公害に苦しむ某村のデモを鎮圧したみたいに…。 ((( ゚д゚)y─┛~~))

807 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:01:36 ID:Ut/xOswR
>800
当時の西側諸国と経済的な繋がりが薄かったソ連と、現在の中国では比較にならないような。
生産拠点を分散していたおかげで旧ソ連諸国はエライ苦労した事し。

>家康
脱糞しつつ逃亡は事実。
三河兵が前向きに死んでたのは、家康を逃がすために自分達が犠牲になって退却戦をやったからだとオモタ。

まぁ、家康がやった唯一に近いヤケクソ的な戦だから、神風といえなくも無いが。
結果は大敗北だけど。

808 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:02:59 ID:NtDNRI9b
>>805
ならいいが・・なんせ戦後60周年と言うだけであの有様だからな
これで、本当に靖国参拝したら・・と言うのはあるがな
で、俺の現段階では現状維持でいい=シナポチではない、てのはok?

809 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:05:10 ID:Ra0D4QTS
>>808
日米関係現状維持=アメポチではない、てのはok?

810 :731:2005/07/29(金) 00:07:06 ID:2IGyItPy
>>797
>残念、スルーどころか大人気(違だぞw

なるほど、「こういう状態」がセンセエの望んだ状態ってコトですね。
マゾヒストですか?

というか、センセエはセンセエが持ち出した話題に誰も乗ってくれない
ことにいらだちを覚えているわけですよね? で、いまもまったくその
状況は変わらない。さて、

>>730
スルーされているのは、キミが

『相手するに値しない人間だから』

ではないのですかね。キミもまた、同じ理由でほかの人間を
スルーしていたと思いますが。

自分がそうするのはOKだが、他人が同じスタンスで自分を
無視するのは我慢できませんか?

どうして答えないのですか? コテも付けましたのに。

811 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:07:09 ID:Ra0D4QTS
>>807
逃げるといったら織田信長w
戦国武将で一番の逃げっぷりでは?

812 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:07:42 ID:Jgiu4IsK
>>807
そういう意味で現在の中華人民共和国というものが
どういう国かわかったと言う意味ではよかったねw
日本もインドや東南アジア諸国に生産拠点逃がすとか考え出したしね
やはりあの国とは一線を画すのがよろしいかと・・・再び脱亜論へw

家康も合戦強かったんだがねぇ。あの秀吉すらも信秀と一緒に手玉にとってたよなw
信玄恐るべし・・・・ですなぁ

813 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/29(金) 00:10:37 ID:orHKQ3rA
>>808
ひとつ聞きたいが、なんで現状維持なら>>669
>後は中韓との最低限の関係を 取り戻す方法
って書いたの?前述したけど、日中関係は最低限以上の関係でしょ。
おまいさんが現状は最低限の関係じゃないと認識しているから
こう書いたんじゃないの?

814 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:12:07 ID:NtDNRI9b
>>809
アフォ。今の日米の同盟状態維持を主張しちゃポチだろうw
まずは日米地位協定から改正行こうか

>>810
無視じゃなくて俺が問いかけてる質問は答えたくても答えられないんだろうね
近代の超克も知らずに断言してた馬鹿とかいたしねwwwwwww
お前は答えられるの?答えられないの?どっち?また、答えたくないのなら
それはそれでいいが、お前の中での道徳感の基本をちょっと教えてくれ



815 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:14:11 ID:NtDNRI9b
>>813
だ〜か〜ら〜
小泉が靖国参拝したら必ず日中関係は更に悪化するから、
その時の対中関係改善も考えとかないとって言ってるの
お前もうちょっと考えてからレスしろよ 即レス多いんだよ

816 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:15:34 ID:Ut/xOswR
>811
あれは芸のレベルかと

>812
あー・・・説明するのメンドイからやめた。

小牧、長久手の時は、秀吉側に事情があったのです。

817 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:15:58 ID:2IGyItPy
>>814
>無視じゃなくて俺が問いかけてる質問は答えたくても答えられないんだろうね

根拠は?

>お前は答えられるの?答えられないの?どっち?

私はセンセエを「議論のできる相手」としてはみてません。
よって答える必要性を認められません。

-------------

という相手の心理を認められるのかどうか、ということを
聞いているわけですが、日本語が本当に理解できない
のですか?

818 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/29(金) 00:18:38 ID:orHKQ3rA
>>815
仮にさ、アメリカが靖国参拝やめろとか言い出して
日米関係が悪くなるからって小泉がそれに従ったら「アメポチ」って
言われる罠。ここまでのあなたの発言から見てあなたはそういうだろうね。
で、日中関係が悪くなるから靖国参拝やめますってのは「シナポチ」じゃないの?

819 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:19:18 ID:2IGyItPy
さらに付け加えておきますと、私はセンセエよりも一回り年かさで、
しかも同じレベルの大学に行っていた可能性があります。現在の
年収も、まあ、予想通りですよ。

センセエに「おまえ」呼ばわりされる覚えはありません。

820 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/29(金) 00:20:30 ID:orHKQ3rA
追加、それに懸案は靖国だけじゃなく「東シナ海ガス田」「つくる会教科書」
「南鳥島」など多岐に渡っているわけだが、それはスルー?

821 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:20:49 ID:Ra0D4QTS
>>815
>だ〜か〜ら〜
>小泉が靖国参拝したら必ず日中関係は更に悪化するから、
>その時の対中関係改善も考えとかないとって言ってるの

って、日中関係にやたら気を使うあなたはシナポチでは無いと?
尖閣諸島問題やらでやたら日本に挑戦的な中国相手に関係改善など
単なる妥協にしか思えませぬが?
それでいて日米関係に気を使う人間はアメポチと?
ダブルスタンダードではないですか?



822 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:22:17 ID:NtDNRI9b
>>817
はいはい、つまり君は
「俺の設問など相手にするまでも無いゴミだ。
 だからこのスレの誰もまともに相手しないんだ
 理解しろ、お前が間違ってて俺らは正しいんだ
 意味不明な設問をしている一人一察が全ておかしく、
 僕らは正しいのだ!!」
ていいたいんでしょ?( ´,_ゝ`)プッそうでしょ?

つまり、今の日本にはモラルハザードは無く、道徳と倫理に満ち溢れた
国民に溢れ、治安もよく、犯罪も少なく、景気もよく、政治家と官僚は
正しい政治を行い、この国はまことに上手く行っている!!てことね

脳内お花畑だぜこれじゃ?そうでないならば、この国の現状を憂うならば、
「保守すべき価値(道徳、倫理)」は何か?に思いを寄せずにいられないんだが?

823 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:25:35 ID:Ra0D4QTS
日米安保を破棄すれば当然対米関係は悪化します。
実戦経験の無い自衛隊の指揮下に在日米軍が入ると言う形になっても対米関係は悪化すると思われますね。

ではその時の対米関係改善はどのようにお考えでしょうか?
アメリカも日本にとっては中国と同様重要な貿易相手ですので。

824 :731:2005/07/29(金) 00:26:34 ID:2IGyItPy
>>822
>はいはい、つまり君は
>「俺の設問など相手にするまでも無いゴミだ。
> だからこのスレの誰もまともに相手しないんだ
> 理解しろ、お前が間違ってて俺らは正しいんだ
> 意味不明な設問をしている一人一察が全ておかしく、
> 僕らは正しいのだ!!」
>ていいたいんでしょ?( ´,_ゝ`)プッそうでしょ?

いや、「そういっている」のは、まさしくセンセエなのですよ。
それを裏返して皮肉りがてら、そうした行為のおかしさを
摘示しているわけなんですけどね。

本当にわからなかったんですか?

自分がそうしたスタンスで多くの人の質問を蹴り飛ばして
いるのに、なぜ自分がそうやって蹴り飛ばされるのは我慢
できないのですか? AA荒らしまでして。

幼児性の最たるモノだと思うわけですが、みている皆さんは
どう思いますか?

825 :731:2005/07/29(金) 00:30:18 ID:2IGyItPy
あと、センセエは本当に大学生だとしても、ゼミ生じゃないでしょ?
まだ教養課程でしょ?

ゼミに行くとね、それこそ自分が主張する程度の大学のゼミだと、
自分の主張の「妥当性」を、イヤになるほどつっこまれます。その
過程で、学問における客観性というモノを学びます。

はっきり言うと、センセエは学問の入り口にも立ってません。老婆心
から言いますが、こういう議論からは足を洗った方が賢明です。

826 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:31:04 ID:NtDNRI9b
>>818-820>>821
俺は止めろ何て一回も言ってない
言った後の対処を考えろと言ってる
理解出来ますか?
ほかのなど論外だろう?
「( ゚д゚)ハァ?何言ってんだこの中国人?」
で終わり。違うの?教科書問題も尖閣も
普通に跳ね返せる。それで中国がデモとかやってみろ
世界中の嫌われ者になるわい(今もだろうがw)
敢えていわば、A項(級という言い方は嫌いなので書かない)戦犯
だけは、極東軍事裁判→サンフランシスコ講和条約→独立の
流れの中で、どうしても国際法上言い返せないんだ
で、内政干渉に決まってるんだが、その反面言い返せない面がある、と
敗戦国の無念なんだここが YP体制が終わるまでは続くねこれは

あのさ、サヨク相手の下種なこと言って来るのいい加減止めてくれないか?
なんだったら共産主義の悪について小一時間語ってやろうか?

日米関係に気を使う者がアメポチではないな。従米主義者がアメポチです

827 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:31:54 ID:By5UlK6M
てゆうか、センセイってあだ名いいですね。
愉快犯一察のイメージにぴったり。

828 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:34:31 ID:NtDNRI9b
>>823
誰が日米同盟破棄などといったの?

>>824-825
で?反論にもなってないけど?他に言う事は?


829 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:36:37 ID:2IGyItPy
>>828
そして、「反論にもなっていない」のは、センセエなのですが。
私の言うことに、正面から答えたことなど一度もないでしょう。

本当に理解力に乏しい人ですね。

830 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:37:45 ID:Ra0D4QTS
>>826
ではあなたの考える「対処」とはどのようなものでしょうか?
できればお教え願いたいのですが。

831 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:38:15 ID:NtDNRI9b
>>829
敢えて言う

( ´∀`)オマエガナー

832 :731:2005/07/29(金) 00:41:11 ID:2IGyItPy
ともあれ、政治問題というのは、「背伸びしたい子供」にとっては、
格好のアイテムではあります。私にもそういう時期はありましたので、
そのこと自体を批判するつもりはありません。

ただ、自己満足で突っ走ってしまえば、周りは見えなくなるでしょうな。
どんな政党か知りませんが、(私も含め)おとなというのは腹黒いもの
です。取り込まれないようにしなさいね。

半分取り込まれているようなので、元政治青年(笑)としては、ちょっと
心配です。

833 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:42:08 ID:NtDNRI9b
>>830
小泉が靖国参拝した後か?
まず、小泉が総理辞めるまでは改善は不可能だろうね
次の総理が森派、例えば安倍ちゃんなんかになると改善は厳しい
橋本派、加藤派、民主党、この辺の親中派から総理が出ないと改善は無理だろうね
人間の対話によってじりじり改善するしかない ODAも今更増やせないしな

834 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:44:54 ID:NtDNRI9b
なんだかなぁ・・・・みんな現実は普通の人なんだろうな・・・・
というか、掲示板の論戦にも独特の楽しみはあるんだけどなぁ・・・・
少々メランコリックな気分w

835 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:46:39 ID:Ra0D4QTS
>>828
>実戦経験の無い自衛隊の指揮下に在日米軍が入ると言う形になっても対米関係は悪化すると思われますね。

たとえ日米同盟を破棄せずに、という前文句を付けとくべきでしたね。
無論在日米軍を自衛隊の指揮下にという考え方による、対米関係悪化は、現役、退役軍人や「強いアメリカ」
を支持する国民層にかけて広がると予見できます。
しかし、現在の防衛体制で自衛隊が在日米軍の指揮下に入るという文句は見当たりませんでしたし
また、対ソ有事の計画を見てみても存在しませんでしたね。



836 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 00:50:07 ID:Ra0D4QTS
>>833
正直その対処では日本政府のトップが「新米」から「新中」にすげ変わっただけの
場当たり的なもので、長期的な考えからすればまったくメリットが無いように思われます。
結局のところ中国側から見れば「妥協」と受け取られる恐れがあるのではないでしょうか?

837 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:52:42 ID:NtDNRI9b
>>835
で、広がったらどうなの?
てか、俺は去年の沖縄のヘリ墜落事故を想起してるんだが?
ま、表向きは互いに独自の命令系統で共闘することになるだろうけど
現実は100%在日米軍の指揮下に入るだろうね
問題は限りなく自主防衛に近づけていく事だが?

838 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 00:56:39 ID:NtDNRI9b
>>836
で、妥協と取られたらどうなの?

839 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/29(金) 00:57:27 ID:orHKQ3rA
>>833
>橋本派、加藤派、民主党、この辺の親中派から総理が出ないと改善は無理だろうね
これ、
>森派、安部氏この辺の親米派から出ないと・・・
って言い換えても同じこといえるような

>>837
>現実は100%在日米軍の指揮下に入るだろうね

あの、ソースは?


840 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:01:32 ID:Ra0D4QTS
>で、広がったらどうなの?
あなたは中国との関係悪化には対処が必要といいました。
ならアメリカの反日感情悪化にも対処が必要ではないでしょうかといっているのです。

>現実は100%在日米軍の指揮下に入るだろうね
その根拠がまったく不明なのです。
ソ連の北海道侵攻に対する自衛隊の防衛の考えにおいても
在日米軍は単なる「増援」に過ぎず、増援が来るまでの間
は自衛隊単独での防衛となっているからです。

841 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:06:10 ID:NtDNRI9b
>>839-840
現在日米関係は良好だろ?

後、それは俺の考え。ソースは無いし、断言もしないが、
両軍のパワーバランス考えたらほぼ間違いないと思う
軍ヲタであればあるほどそう思うだろうね

で、>>826はあれでいいのか?煙管顔文字君?

後、アメリカはなんだ、自衛隊の傘下に在日米軍が入ったら
発狂してあんな反日デモをするのか?アメリカ人を馬鹿にしすぎw
民度の低い中国と一緒にしちゃ可哀相だし、そんな事で深刻な影響は無い

842 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:07:08 ID:Ra0D4QTS
わずか四万弱しかいない在日米軍。
その陸上戦力の中枢は沖縄の海兵隊だけです。
この海兵隊はむしろ朝鮮半島有事の際に動かされる戦力と
推定されています。
米陸軍に関しては実戦部隊もない有様です。
この現状で正直「自衛隊が在日米軍の指揮下に入る根拠」が
あるとは思えません。

843 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:11:45 ID:Ra0D4QTS
>>841
別に発狂するなどとは書いていませんが?
軍人、愛国者、米議会の親中派等に対日不満が募り、また連鎖的に日米の貿易摩擦問題が
再燃すると思われます。
また、あそこまで過激なデモは無くとも、反日でもや一昔前では良くあった日本製品不買
運動などは発生するのではないのでしょうか?
(カンパで買った日本車をぶち壊す行為が過激な部類に入るかどうかは微妙ですが)

844 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/29(金) 01:12:11 ID:orHKQ3rA
>>841
あくまでも仮定の話だわな。

>問題は景気対策、失業者対策である。小泉総理の靖国参拝賛成派=珍米ポチ
って書いたから、てっきり参拝やめろって意味かと思ったけど、
ここまでのレス見て小泉以外なら参拝OKってわけじゃないよね?

845 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:23:14 ID:NtDNRI9b
>>843
断言しといてやる ならない 終わり

>>844
総理が誰かは関係なく、参拝はするべき。問題はね、参拝すると言う決断の
結果も考えとかないとまずいだろ?てこと

846 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:28:19 ID:Ra0D4QTS
>断言しといてやる ならない 終わり
根拠は何でしょうか?
今までのアメリカの対日感情の流れからして有り得るかと思いますが?
アメリカ人の中には日本からやってきた原爆被害者とともに反核デモをやって
くれるような人間もいます。
が、逆に自国の退役軍人や新中派の人間、また日本製品や日本企業の進出によ
って職を追われた人々のデモに参加する人間も存在するように思われますが?

847 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:31:29 ID:Ra0D4QTS
あなたがアメリカの原爆を投下に怒りを覚えるように
逆にアメリカ人の中にもパールハーバーに関して怒り
持っている人がいると想像もつきます。
果たして彼らが反日デモの参加を拒まない理由はある
でしょうか?


848 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:32:17 ID:NtDNRI9b
>>846
なぁ、もっかい確認していい?粘着君
「在日米軍が有事の際自衛隊の指揮下に入った」ら
日米経済関係に深刻な影響が出るほどの反発が起こるの?
狂牛病問題ですらほとんど影響ないんですが?


849 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:38:25 ID:Ra0D4QTS
>>848
書き込んだとおり、軍人などの不満が蓄積されるでしょう。
当然現役・退役軍人の票を目当てにしている議員もそれに敏感に反応すると予想できます。
また、いまだ日米の貿易摩擦問題は顕在です(あまり表面化はしてませんが)
日米間の諸問題、その発火点になりうる可能性は十分に有り得ると思いますが?




850 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:38:54 ID:EkDN/urO
>>847
パールハーバーが騙し討ちだったと?wwwww

851 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:40:27 ID:Ra0D4QTS
しかしこちらが議論しているつもりなのに粘着認定ですか・・・
正直あなたは議論をする気があるのでしょうか?


852 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:41:43 ID:Ra0D4QTS
>>850
騙し討ちとはどこにも書いてませんけど?
アメリカ人の中には騙し討ちだと思っている人は大勢いるでしょうね。

853 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:42:12 ID:NtDNRI9b
>>849
お前わかった、アホなんだな、了解
で、誰が自衛隊の傘下に在日米軍を!!て言ったの?
脳内シャドーボクシングに付き合わされる俺って・・・
で、なんだ、主張もしてない事の対処法を考えないといかんのか?
そーだなーーーーー、アメ国債とドルでも多めに買ってやればぁ(棒読み)

854 :(´ー`)y─┛~~ :2005/07/29(金) 01:44:51 ID:orHKQ3rA
可能な限り自主防衛+日米安保支持
で、在日米軍はどうするの?

855 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:44:56 ID:EkDN/urO
>>852
ああ、それならいいや
煽って正直スマンカッタ

856 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:45:39 ID:Ra0D4QTS
>>853
では、あなたはどのような日米安保体制を望んでいるのでしょうか?
あなたは現在の日米安保体制に不満があるようですが?


857 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:46:37 ID:EkDN/urO
でもやっぱ本当は自国だけで防衛出来るのが理想だと思うよ

核欲しいよ核wwwww

858 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:47:28 ID:NtDNRI9b
>>854
いずれは完全撤退だな
シーレーンはグアム辺りで一緒に守るかね
ただし、撤退は中共崩壊後な それまでは台湾防御のため
沖縄からは残念ながら撤退させられん
横田基地なんかは即日返還 いらん

859 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:49:19 ID:Ra0D4QTS
あなたは何故「自衛隊は在日米軍の指揮下に入る」などと思ったのでしょうか?
パワーバランスとあなたは言いましたが、在日米軍の戦力を見てみれば十分否定でき
る用に思いますが?
もしかして在日米軍の戦力も調べずに「自衛隊は在日米軍の指揮下に入る」などと
思ったのでしょうか?

860 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:49:47 ID:NtDNRI9b
>>856
>>858

てか、もうそろそろ寝ていい?お前ら無限大に質問するなw
今日はここまでな、何かあったら書いといて

で、>>730を落城させるように ではおやすみ

861 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:51:29 ID:Ra0D4QTS
>>858
中共が崩壊すれば、中国国内での内戦発生の可能性が高まるように思われますが?
その場合、在日米軍の依存度は変わらないでしょうね。

862 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:52:14 ID:NtDNRI9b
これ最後な
>>859
情報収集能力と索敵能力考えようね 

863 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:53:48 ID:Ra0D4QTS
しかし、こちらが真面目に議論する気があるというのにアホ認定ですか。
まぁ正直これでは彼の味方が現れないのも理解できますね。
ついでに、質問をしない議論などあるのでしょうか?
そこら辺詳しい方が後からレスを付けてくれるでしょうね。

864 :一人一察 ◆78eZQJ5cpU :2005/07/29(金) 01:54:11 ID:NtDNRI9b
ああ、まだ書いてるクソ
>>861
内戦が起こったらどうだというんだ
日本に何の関係があるんだ
日本が攻め込まれるのか?あ?

865 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:57:27 ID:Ra0D4QTS
>>862
あれ?寝たんじゃないんですか?
>情報収集能力と索敵能力考えようね 
これも明確な根拠とはいえないですね。情報を貰うためだけに在日米軍
の指揮下に入るなど非現実的ですし。
>内戦が起こったらどうだというんだ
日本に火の粉が降る可能性は否定できませんが?

866 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 01:58:19 ID:EkDN/urO
長距離核と兵器国産化で問題解決だと思う



と軍事素人の俺が言ってみるテストw

867 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 02:02:37 ID:DXhwDgCB
はい、とりあえず終ー了ー

868 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 02:02:46 ID:Ra0D4QTS
まぁそれに近隣諸国で内戦が起こればそれだけで政情不安にはなりますし
景気も落ち込みますし、関係ありあり何ですけどね。

869 :名無し民兵@中村:2005/07/29(金) 02:45:05 ID:gBsSb4jq
>>759
日本酒と刺身。四季、御飯と味噌汁、時々卵飯。
後、やっぱり日本語?日本人だから日本語なのか、日本語だから日本人なのかってのはわからないけど、
やっぱ、言語って大切。

あー…微妙に祭りに乗り遅れた感じ


870 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 03:21:49 ID:V1HyMaFf
>>866
航空機以外はほぼ国産ですが?

核武装は寧ろデメリットのほうが目立ちます。

871 :千念:2005/07/29(金) 03:46:37 ID:W5WcU6+P
>>869
 名無し民兵@中村氏

 遅刻ですよ(w。 夕食後一眠りして起きたら100件以上進んで
いてビックリ。見捨てられるより賑やかな方がずっといいですが。

 そろそろ、次スレの心配をしなければならなくなりましたねー。


872 :名無しですんません:2005/07/29(金) 03:54:55 ID:uGdrgXZT
目がさめたので最後に一つだけ…(本当に最後です)
>>862
民間に出回る軍事情報が真実だとでも?
戦争の“せ”の字でも知ってる人間ならば、
そんな発想はどこをどう叩いても出てこんでしょう…

873 :名無し民兵@中村:2005/07/29(金) 04:11:24 ID:gBsSb4jq
>>871
色々とすることしてたらこんな時間に(つД`)w
…今は飲んでるだけですけどねw

もう496KB(ギコナビ表示によれば)ですか。
次スレ立ててきます。

874 :千念:2005/07/29(金) 04:19:59 ID:W5WcU6+P
>>873

>もう496KB(ギコナビ表示によれば)ですか。

500KBが限界なんですか?

>次スレ立ててきます。

ありがとうございます。お手数かけます。


875 :名無し民兵@中村:2005/07/29(金) 04:22:02 ID:juq6EsCn
【我々は】ネオわしズムスレ3【何処へ行くのか】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1122578044/

次スレ


876 :名無し民兵@中村:2005/07/29(金) 04:23:06 ID:juq6EsCn
>>874
500KBちょうど、では無かったとは思いますが、
(512だったかと)
このまま続くとすぐに一杯になりそうなのでw

では、次は次スレでお会いしましょう

877 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 08:28:15 ID:EkDN/urO
>>870
いや、航空機なんて最重要なんじゃないの?^^;

それと仮に空母とか原潜持つことになってもライセンスなら意味無いんジャマイカ?
と言いたかったのれす (´v`)ノ

878 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 10:37:23 ID:Vogvqj25
      ____     __             _             ____/ ̄ ̄Z____
     / _    /___/  Z_____   ___/ / _          /                /
      ̄ /  ,イ___   ___/ /  /--, /___/ __/ /__  ___/  _/7   ,7  /二/ __/
     /  _ ~゙、    /  / / / ,/  / __/ ̄Z_/  ___ // ___▽/  / /_____/
   __/  //  /__/  /  ヽ_/// /∠_   _/7 // ̄/_/  _/~~ r '" / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  / _,. -'" /___∧___/  /~ ̄ ̄ / _/  /   ヽ./  ̄S E T S U'      ̄//         /
   ̄                  ̄ ̄ ̄  /__/T H E S N A T C H E R   /二´7   /7   /
                                     _,--,_/....,....,______//  /--'   /
                                    7 ./コ / / ,/ // ̄~  / /    /
                                    ヽ二77`'''"_/ ヽ__/  /______/
                                         ̄ ̄


879 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 10:38:12 ID:lVxw2LiW
 いな             ☆
 いん   ,-,-,-,-,.、   救.何
 言と   i.┴┴┴.i    っ気
 葉聞   [iv´∀`vi]   て.に
 かこ   b{二i二}d    lZl 世
 |え   Ub>-<dU    ゚.界
 |の    ∪ ∪      も
 ! !

880 :名無しかましてよかですか?:2005/07/29(金) 10:39:00 ID:Vogvqj25
      ____     __             _             ____/ ̄ ̄Z____
     / _    /___/  Z_____   ___/ / _          /                /
      ̄ /  ,イ___   ___/ /  /--, /___/ __/ /__  ___/  _/7   ,7  /二/ __/
     /  _ ~゙、    /  / / / ,/  / __/ ̄Z_/  ___ // ___▽/  / /_____/
   __/  //  /__/  /  ヽ_/// /∠_   _/7 // ̄/_/  _/~~ r '" / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  / _,. -'" /___∧___/  /~ ̄ ̄ / _/  /   ヽ./  ̄S E T S U'      ̄//         /
   ̄                  ̄ ̄ ̄  /__/T H E S N A T C H E R   /二´7   /7   /
                                     _,--,_/....,....,______//  /--'   /
                                    7 ./コ / / ,/ // ̄~  / /    /
                                    ヽ二77`'''"_/ ヽ__/  /______/
                                         ̄ ̄


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)