5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】「南京大虐殺」はウソ【常識】29次資料

1 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:51:13 ID:TVB1IX4J
南京問題初心者の方。惑わされてはいけません。
前スレまでレス28000にいたるも下記の根拠は覆されませんでした。
大虐殺肯定派が嘘・誤魔化し・論点ずらしなどあらゆる卑劣な手段を使っているのが
わかるでしょう。

【最近はここのテンプレに反論できないので テンプレを省略した重複スレを立てる人がいます。
それはテンプレを無かったことにしようとする宣伝工作の一環ですので放置して笑ってあげましょう】

南京大虐殺はウソです。実在しません。

<根拠>
・骨も死体も銃も刀も書類も全く見つかっていない。
・というよりそもそも証言以外の証拠は無い。
・裁判で証拠として提出された写真はその全てが無関係または合成であることが発覚。
・そもそも裁判の時、南京大虐殺を「見た」と答えた人は2人しかいなかった。
・30万人殺されたとはいうが、そもそも南京には当時30万人もいなかった。
・30万人も殺したはずなのに、なぜか虐殺後の人口はむしろ虐殺前より増えている。

基本リンク
http://www.history.gr.jp/index1.html(停止中?)
*ルール1:反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
*ルール2:矛盾を指摘されたままの資料を再び根拠として使用してはいけません。
*ルール3:スレを読まずに論を主張してはいけません。
*以下、テンプレ>>2-10ぐらい

前スレ
【世界の】「南京大虐殺」はウソ【常識】28次資料
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1137172907/l50


2 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:51:28 ID:TVB1IX4J
【南京大虐殺が事実であるなら証拠の捏造は必要ない】Ver0.01
以下に記すのは伝聞などによる不確かな情報をのぞく、意図的な捏造がはっきりしているものです。
これが何を意味するのか、常識的な人間ならわかるでしょう。

東史郎
曽根一夫
田所耕三
秦賢介
中山重夫
船橋照吉
洞富雄
笠原十九司
本多勝一
中帰連
アイリス・チャン
ティンパーリ
崇善堂埋葬記録
朝日新聞「宇和田日記」報道

中国の対日政治工作 70年代から本格化 CIA文書公開
影響力阻止狙う「策略」
 【ワシントン=古森義久】中国が1970年ごろから日本のアジアでの影響力拡大を防ぐために、あえて日本の内政
に干渉し、日本の軍国主義や帝国主義の復活を宣伝するプロパガンダ(政治宣伝)工作を本格的に開始したことが
、このほど解禁された米国中央情報局(CIA)の秘密文書から21日、明らかとなった。
(産経新聞) - 10月22日2時48分更新

国民党国際宣伝処対敵宣伝課のスローガン
「宣伝は作戦に優先する」
郭沫若(抗日戦回想録)p191

*追加訂正よろしくおねがいします。


3 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:51:44 ID:TVB1IX4J
「東京裁判を受諾したから南京虐殺を国家が認めている」とは間違いであり、全く根拠の無いことです。

日本がサンフランシスコ講和条約11条により東京裁判ほか極東国際軍事裁判そのものを受諾したというのも嘘です。

サンフランシスコ講和条約の原文は英語であり、原文の意味することが正しい解釈になります。
(以下引用)
日本文で「裁判を受諾する」となっている箇所は、英文では accepts the judgments です。
英語の judgments は法律用語として使われる場合、日本語の「判決」の意味に用いられるのが普通であり、「裁判」を通常意味する
trial,proceedings とは区別されるべきことは、例えば権威ある法律辞典 Black´s Law Dictionary の説明からも明白です。
 要するに、十一条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙ったものに過ぎず、それ以上の何ものでもなかったのです。
日本政府は十一条の故に講和成立後も、東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示されたいわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)
の正当性を認め続けるべき義務があるという一部の人々の主張には、まったく根拠がありません。(引用終わり)
「日本は東京裁判史観により拘束されない」
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm


4 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:52:01 ID:TVB1IX4J
また、極東国際軍事裁判は偽証罪がなく、証言・証拠の検証も行われませんでした。
このような裁判の証拠・証言が何を立証できるのでしょう。
さらに同裁判はいわゆる事後立法によって裁定を下し、近代法の原則である罪刑法定主義を採っていません。
これについては連合国側からも相当な非難が出ています。
東京裁判「歴史の真実」
http://www1.toptower.ne.jp/~katumata/sub514.html

 戦後日本において同裁判は不当裁判であるという主旨の国会決議がなされ、サンフランシスコ講和条約11条に基づき戦犯赦免要求を行いました。
連合国はこの要求に同意し、昭和33年までに戦犯のすべてが赦免されました。
「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」国会議事録
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc_text.cgi?SESSION=2340&SAVED_RID=1&SRV_ID=2&DOC_ID=823&MODE=1&DMY=2485&FRAME=3&PPOS=5#

戦犯赦免に同意したことは極東国際軍事裁判の不当性を連合国が認めたことになります。
重ねて述べますが「東京裁判を受諾したから南京虐殺を国家が認めている」とは間違いであり、全く根拠の無いことです。


5 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:52:21 ID:TVB1IX4J
これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A06.html

東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い

中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明。

富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明

舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するというカッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×

曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された

田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状

太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった

富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた

上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」でしかもそんな命令が出たという史料は一切無し

このように偽証言・偽手記・偽もしくは改竄記録が出回っているので注意
これらは検証を受けるまでは堂々と真実として喧伝されていた

偽記録等の特徴
・原本が確認できない(あるいはあると主張するが実物を見せることはない)
・なぜか南京戦前後だけ詳細に記録している
・南京戦前後だけ異常に矛盾点や他の一次史料との乖離が多い
・記録者証言者本人の経歴が実際と違う
・「日本や日本軍は懺悔しろ」というが、自分が私財を投じて賠償するなどの行動は無く、むしろ出版や講演で金儲けをしている


6 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:52:38 ID:TVB1IX4J
【名言】5次資料>>693氏抜粋

>先史研究では資料の要素が少ないがゆえの苦労がありますが、
>ここで話題の南京は70年程前のことですよ。
>文字資料の残存は豊富で、証拠と成り得るモノが消滅した割合も少ないでしょう。
>「証拠を示せ」と言われ、その証拠に疑問が提示されれば、堂々と反論なさればよい。
>根拠のない推論ではなく、他の資料との組み合わせで。
>できないならば、通常、自論に疑問が生じるはずです。
>
>自論の証明とは客観性を獲得することです。
>資料の解釈を1つの方向に揃えてしまえばいいわけではありません。
>読み取れる事実1つ1つの組み合わせから構成されるものが論ですから、
>論者のみに自明の論では、無意味というよりもはや滑稽、
>客観性を獲得する為には守らなければならない姿勢があるのです。


【名言】4次資料>>947氏

>疑問を取り除いたとは、自論に資料の解釈を近づけることですか?
>論は、資料の解釈から形成されるものです。逆なのです。
>根拠とする資料を提示しない姿勢を度々非難されています。
>また、提示した資料について矛盾などを指摘され、
>その矛盾点を解消しないままに再び根拠として提示するなど、
>意図的でなければ通常起こり得ない、恥ずべき論立てを行っています。


7 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:52:54 ID:TVB1IX4J
 ■ ■ ■ 注意事項 ■ ■ ■

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#**】という文字列を見つけた場合、それに対してはレスを返さないで下さい。
自サイト宣伝が目的の荒らしスクリプトですので、議論は不可能かつ削除以来の邪魔になります。

可能ならば、『妄言解毒対策』などをNGワードにすることをお勧めします。


8 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:53:13 ID:TVB1IX4J
戦時中、中国国民党の国際宣伝処長を務めていた曾虚白という人物がいるのですが、
彼は自伝の中で、対日戦争における情宣工作についていくつかの手口を明かしています。
具体的には、中国の兵士を鼓舞する英雄物語を数多く創作することと、

日本軍の残虐行為を国際社会に宣伝することでした。そのような工作をしているまさにその時、
毎日新聞が「百人斬り競争」の記事を書いた。この時の印象について曾虚白は
「物事は信じがたいほどうまくいくものだ。われわれが敵の材料を探していた時に、
敵の方からそれを提示してくれた」という主旨のことを書き遺しています。
彼はすぐにティンパーリーというオーストラリア国籍の新聞記者と、
金陵大学の社会学の教授であったスマイスというアメリカ人にカネを渡し、
日本軍の暴虐行為を本にさせたとも書いています。のちに北村稔・立命館大学教授の
調査(『南京事件の探求』文春新書)により、ティンパーリーは国民党国際宣伝処に雇われた
人物だったことが当時の文献から明らかになっています。
 
 そして日本軍の南京入城が1937年12月13日です。日本軍の占領は38年2月末まで続きますが、
その同じ年の11月には英国でティンパーリーの『What War Means』が出版された。じつに手際よく
、国民党から発信された情報が英訳されて国際社会に喧伝されたのです。曾虚白は、
これは非常にうまくいった例であると回想しています。のちにこの本が南京大虐殺を確定する
証拠資料として東京裁判に提出され、A級戦犯も裁かれたわけですね。


9 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:53:31 ID:TVB1IX4J
黄文雄 拓植大学客員教授 諸君8月号 平成16年

 ・中国では長年にわたり、王朝が変わるたびに、北京、西安、開封、揚州と大虐殺を繰返してきました。
南京では、東晋の時代に王敦という武将が行っている。それ以降も大虐殺を繰り返し、近代最大のものは、
曾国藩の弟で、曾国茎という武将によるものです。3ヶ月くらい略奪したり、火をつけたりしている。
非常に詳しい記録が残っているのですが、それが「南京大逆説」における今の政府の発表とそっくりなのです。
つまり、中国の伝統に則っている。
 中国の戦争には古来、「屠城」という伝統があります。普通軍隊は給料を払わないから、
虐殺と略奪によってまかなうやり方が伝統としてある。だから、以前大学で教鞭を執っていた南京出身の学者に聞いたら、
「日本軍の大虐殺なんて嘘ですよ」とはっきりいっていました。


10 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:53:48 ID:TVB1IX4J
深田匠著 「日本人の知らない『二つのアメリカ」の世界戦略」高木書房より

 昭和41年9月に岸信介元首相の名代として5名の日本人台湾使節団が訪台し、蒋介石と面談している。
そして面談の最、その5名の中の一人である田中正明氏が松井大将の秘書であったことを思い出した蒋介石は、
田中氏の手を堅く握り締めて涙を流しながら
「南京に虐殺などなかった。松井閣下にはまことに申し訳ないことをした」
と告白している。この蒋介石の涙の謝罪は、日本人訪台団、通訳、蒋介石の側近らが全員耳にした歴然なる事実であり、
南京事件なるものは一切存在しなかったことを当事者が認めた貴重な証言である(72頁)。


11 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:54:04 ID:TVB1IX4J
したがって本官は、日本はジュネーブ条約の署名国であり、かつまたジュネーブ
条約は、第九十二条の意味の範囲内においてもまた効力を有するから、日本の
無批准によって日本の利益のためには効力をもたなかったけれども、日本を拘束
するものであるというこの検察側の主張を是認することはできない。
本官の意見では、本条約はその形のままにおいては、日本に対して有利にも、
また不利にも、いずれも効力を有するにいたらなかった。
検察側は、つぎに本条約は戦争に関する新たな法規、あるいは規定を定めたもの
ではなく、たんにすでに認められたところの戦争法規を制定したに過ぎないと
主張している。
本官は、この見解を認めるには困難を感ずるのである。
第九十一条ないし第九十六条は、この主張に反するものである。
第九十六条は、個々の締約国のために本条約を破棄する権利を留保しているのである。
締約国は条約の内容に関して協定しているのであるということおよびそれによって
条約の取り扱っている事項に関して、相互間に新たな法的関係を作っているので
あると了解していたようである。
(略)
検察側はハーグ条約は、日本によって批准されたと正しく主張している。
しかし同条約はその第二条において「規則……ノ規定ハ交戦国ガコトゴトク本条約
ノ当事者ナルトキニカギリ締約国間ニノミコレヲ適用ス」という規定がふくまれている。
イタリア、ブルガリアのいずれも1907年の条約を批准していない。
したがって本官の意見では、1907年のハーグ条約の規定も、1929年のジュネーブ
条約のそれも本件に適用するものでない。

「共同研究 パル判決書(下)」東京裁判研究会


12 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:54:39 ID:TVB1IX4J
安全区の外にほとんど人がいない根拠。

ラーベの日記 → 11/28日警察庁「長王固磐」は(南京には中国人が20万人いる)
         12/8「なぜ、金持ちを!約80万という恵まれた市民を逃がした」

国際委員会公文書 T−6 → 「13日の日本軍入場のさい、安全区には市民のほとんど全部が集まっており、その数20万」

南京市長の避難命令 → 馬超俊市長により全南京市民に安全区への避難命令。

中国軍による焦土作戦 → ニューヨーク7日発同盟 AP南京電
南京城外数百の村落は敗退する支那軍の手によって悉く焼き払われ焼き払われた各村落の住民は、着の身着のまま市内の避難所(安全区)へ、城内の危険区住民も雪崩を打って非難した。
日本軍ではなく中国軍及び中国国民による略奪破壊が報告されている。第一級資料である「ラーベの日記」にも、「ミニーボートリンの日記」にも、中国軍による組織的な焼き討ち「焦土作戦」の惨さは書いてある。


13 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:55:02 ID:TVB1IX4J
ここまでテンプレ。

14 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 09:29:05 ID:bK3wKE/6
>>1
乙カレイション

15 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 12:46:50 ID:IJ8PUzlC
南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060118i312.htm?from=main3

中国のメディア戦略が加熱してるよ。

16 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 19:33:44 ID:sffkKuq0
>>1
バーモント乙カレー

ふと思うんだけど南京関連のモノクロ写真をカラー化できんものかね。
カラー化できれば不自然さも浮き出てくるとおもうんだけど。

17 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 20:07:28 ID:zUrA+J3S
前スレ埋まったので緊急浮上!

18 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 20:09:38 ID:JUP8SkER
世界で一番民衆を殺したのは毛沢東。7000万人飢え死。

19 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 21:13:19 ID:AeYHocI9
↑スターリンだろ

20 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 21:14:48 ID:tyFfxQuo
ウヨ論破されて泣く!! 逃亡するウヨ続出だ!!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136022794/l50

ウヨ論破されて泣く!! 逃亡するウヨ続出だ!!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136022794/l50

ウヨ論破されて泣く!! 逃亡するウヨ続出だ!!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136022794/l50

ウヨ論破されて泣く!! 逃亡するウヨ続出だ!!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136022794/l50

ウヨ論破されて泣く!! 逃亡するウヨ続出だ!!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136022794/l50


21 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 21:20:46 ID:wDXzLQKY
>>19
スターリンは2000万人くらいじゃね?
自分で言っといてなんだけど、>>18の数字のソースと
>>19の数字及びソースを教えてくれたらありがたいけど。

22 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 21:38:57 ID:tS5XWDGq
>>984
>オランダのレーリング判事
>裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
>事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」と発言。

あんたね、レーリング判事は南京虐殺を本当に否定したのかい?
どうも田中正明氏の匂いがしてならない。

オランダ人ならオランダ語で喋ったはずだけど、日本語での同じ翻訳文しか
検索しても引っかからない。
南京虐殺を否定するにもレーリング判事の原文を出して、翻訳者の名前を
出し公明正大にやってほしいものだ。

ちなみに全員無罪の判決を出したパル判事でさえ、南京虐殺の事実は認めてます。

>『共同研究 パル判決書』(下)より
・これに関し、本件において提出された証拠にたいしいいうるすべてのことを
・念頭において、宣伝と誇張をできるかぎり斟酌しても、なお残虐行為は日本
・軍がその占領したある地域の一般民衆、はたまた、戦時俘虜にたいし犯した
・ものであるという証拠は、圧倒的である。
http://www.geocities.jp/yu77799/palsaikou.html

23 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 21:40:00 ID:yS6yY4CJ
東史郎や吉田清治のような捏造野郎を持ち上げるお前が言っても説得力皆無。

24 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 21:45:10 ID:tS5XWDGq
>>11
>1907年のハーグ条約の規定も、1929年のジュネーブ
>条約のそれも本件に適用するものでない。

南京虐殺は日本と中国が戦争してた時の事件。
日本と中国がハーグ条約を批准したら、その時点で2つの国は条約に拘束
されると思うけどね
第3国には関係の無い話。

25 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 21:56:07 ID:2gOf0OqM
>>22
一部のみの引用は不正確な結論を招く恐れがあります。
>資料(パル判決書、講談社文庫版)
これに関し、本件において提出された証拠に対し言い得るすべてのことを念頭において、
宣伝と誇張を出来うる限り斟酌(しんしゃく)しても、 なお残虐行為は日本軍そのもの
が占領したある地域の一般民衆、はたまた 戦時俘虜に対し犯したものであるという証拠
は圧倒的である。
 問題は被告に、かかる行為に関し、どの程度まで刑事的責任を負わせるかにある。
本官は検察側によって述べられた前記の事実を、法廷記録にある証拠が どの程度立証す
るかを検討してみよう。
 本官としてはまず第一に、南京において行われたと主張されている残虐事件を取り上げ
てみる。検察側証拠によれば、1937年12/13南京陥落のさい、城内における中国軍隊の抵抗
は全て終息したのである。 日本の兵隊は城内に侵入して、街上の非戦闘員を無差別に射撃
した。そして日本の兵隊が同市を完全に掌握してしまうと、強姦、殺害、拷問及び劫掠の
狂宴が始まり、6週間続いたというのである。 最初の数日間、2万人以上の者が日本人によ
って処刑された。最初の6週間以内に、南京城内およびその周辺において殺害された者の数
の見積もりは 26万ないし30万人の間を上下し、これらの者はすべて実際には裁判に付され
ることなく、殺戮されたのである。
 第三紅卍字会および崇善堂の記録によって、この2団体が埋葬した死体が15万5000以上で
あった事実が、これらの見積もりの正確性を示している。この同じ6週間の間に 2万人を下
らない婦女子が日本の兵隊によって強姦された。
以上が検察側の南京虐殺事件の顛末である。

すでに本官が指摘したようにこの物語の全部を受け入れる事は、いささか困難である。

 そこにはある程度の誇張とたぶんある程度の歪曲があったのである。本官はすでに
かような若干の例をあげた。その証言には慎重な検討を要するところのあまりに熱心
すぎた証人があきらかに 若干いたのである。
>資料終わり
あくまで、検察側提示証拠への疑義を提示していると思うのですがいかがでしょうか。



26 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 21:58:50 ID:tS5XWDGq
>「A級戦犯といわれる人たちが真剣に努力したことをだれも疑っていない。しかし、天皇陛下
に対する輔弼の責任を果たすことができなかった。国民の多くが命を落とし、傷つき、そして
敗戦という塗炭の苦しみをなめることになった。そのことに、結果責任は負ってもらわないと
いけない」

 ――日本人の一人として、一部の人に責任を負わせることへの忸怩(じくじ)たる気持ちは
あっただろうが、「誰も責任を取らないのか」という見方に対しては、仕方なかったのだろうと
思われる。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/hanai/at_ha_05120701.htm


27 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 22:02:06 ID:C4lLydXe
日本語検索で外国語のページがヒットすると思っているバカ発見

まさかJISじゃないだろな

28 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 22:06:31 ID:zUrA+J3S
>>25
確かに、一部のみの引用は不正確結論を招く恐れがありますね。

オランダのレーリング判事は、帰国後に著した「東京裁判とその後(ザ・トウキョウ・
トライアル・アンド・ビョンド)」の中で、次のように述懐している。

>「われわれは日本にいる間中、東京や横浜をはじめとする都市に対する爆撃によって
>市民を大量に焼殺したことが、念頭から離れなかった。

>われわれは戦争法規を擁護するために裁判をしているはずだったのに、連合国が戦争
>法規を徹底的に踏みにじったことを、毎日見せつけられていたのだから、それはひどい
>ものだった。

>もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった。東條が東京裁判は勝者による
>復警劇だといったのは、まさに正しかった」

29 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 22:09:32 ID:tS5XWDGq
>>12
>安全区の外にほとんど人がいない根拠。

あなたの出した証拠とかいう話は、ほとんど調査能力の無い人たちの
噂話を書いただけのもの。
ラーベ氏は安全区の外に行って、戦争の大混乱の中で調査できたのかい?

国際委員会の文書は、委員長であるラーベの日記と同じ話。
南京市長の避難命令は、出したかもしれないけど避難を確かめる人間は居ない。

アメリカのハリケーンの時も、避難命令が全員に届いたわけではない。
知らない人間もいるし、知ってもそれを無視する人間もいる。

>ルームメイトが、寮に住む同じ国の学生から避難情報を聞く。

急いでアパートに戻り避難準備。私を含む他のルームメイトたちに「避難命令」
を知らせる。

学校から指示された場所(学校施設内の広い部屋など)に荷物を持って行く。
http://allabout.co.jp/study/adultedu/closeup/CU20050902A/

30 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 22:12:45 ID:QnTdLUin
自分の証拠は証言でいいけど、他人がそれをやっちゃ駄目だってか

えなり〜、それは通らねぇだろ〜

31 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 22:18:18 ID:tS5XWDGq
>>10
>田中氏の手を堅く握り締めて涙を流しながら

最も怪しい話。
蒋介石は南京虐殺を日記に残してるほどだ。
そのうえ田中正明氏のお話では???

>『倭寇(日本軍)は南京であくなき惨殺と姦淫をくり広げている。野獣にも
・似たこの暴行は、もとより彼ら自身の滅亡を早めるものである。それにして
・も同胞の痛苦はその極に達しているのだ』(一九三八年一月二十二日の日記)
http://www.geocities.jp/yu77799/chuugoku.html

32 :ヒュ-ザー、ホリエモン、安倍晋三、牛肉再停止:2006/01/20(金) 22:19:07 ID:zAaxyH3j

支那派遣軍の情報係下士官のひとりは、次のように証言している。

「当時の私達には、根強い日本民族の優越感があり、他民族蔑視感がありました。
そして、殺人を英雄的行為とみなす残忍な武士道精神があり、
又、天皇崇拝の絶対主義によって強者、権力者には絶対服従であり、
弱者、非権力者を絶対服従させる非人道的な思想があったからこそ、
侵略戦争を正義と考え、平気で鬼畜の行為をやってのけたのです。」
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
支那派遣軍の情報係下士官のひとりは、次のように証言している。

「当時の私達には、根強い日本民族の優越感があり、他民族蔑視感がありました。
そして、殺人を英雄的行為とみなす残忍な武士道精神があり、
又、天皇崇拝の絶対主義によって強者、権力者には絶対服従であり、
弱者、非権力者を絶対服従させる非人道的な思想があったからこそ、
侵略戦争を正義と考え、平気で鬼畜の行為をやってのけたのです。」
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm




33 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 22:26:20 ID:C4lLydXe
ひんと:
一下士官が個人的な御意見を持つのは自由     下士官って・・・

34 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 22:36:41 ID:zUrA+J3S
>>32 の挙げたサイトの一部。

>辻元清美の逮捕は秘書給与がどうのこうのなどという戯けた理由ではない。

>この国を人殺しの利権産業で埋め尽くしたあの時代への回帰を、断固として
>拒否した社民党の女性議員にありとあらゆる攻撃が絶え間なく続けられてい
>たのだ。執拗な攻撃の延長線上にこの逮捕は策定されていた。

アヒャヒャヒャ(≧∀≦*)ノ彡☆バンバン

35 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 22:38:42 ID:C4lLydXe
そんなおバカはこれでもくらへ

辛光洙(シン・グァンス)「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」
ttp://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html

 私どもは貴国における最近の民主化の発展、とりわけ相当数の政治犯が自由を享受できるようになりつつあることを多とし、
 さらに残された政治犯の釈放のために貴下が一層のイニシアチブを発揮されることを期待しています。

 在日関係のすべての「政治犯」とその家族が希望に満ちた報せを受け、彼らが韓国での社会生活におけるすぐれた人材として、
 また日韓両国民の友好のきづなとして働くことができる機会を与えて下さるよう、ここに心からお願いするものであります。

 1989年
 大韓民国 盧泰愚大統領貴下              日本国国会議員一同
署名した現職国会議員(05年7月現在)
土井たか子 衆議院 社民党 兵庫7区 (日朝友好議連)
菅直人 衆議院 民主党 東京18区
田 英夫 参議院 社民党 比例 (日朝友好議連)
本岡昭次 参議院(副議長) 民主党(元社会党) (2004年引退)
渕上貞雄 参議院(社民党副党首) 社民党 比例 (日朝友好議連)
江田五月 参議院 民主党(元社民連) 岡山県
佐藤観樹 衆議院 民主党(元社会党) 愛知県10区 (2004年辞職 詐欺容疑で逮捕)
伊藤忠治 衆議院 民主党(元社会党) 比例東海
田並胤明 衆議院 民主党(元社会党) 比例北関東
山下八洲夫 参議院 民主党(元社会党) 岐阜県 (日朝友好議連)
千葉景子 参議院 民主党(元社会党) 神奈川県
山本正和 参議院 無所属の会 比例 (社民党除名)(日朝友好議連)


36 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 23:00:12 ID:igHd5R7M
「歴史学で言う一等史料、二等史料、三等史料を無視することは、歴史研究から
おおきく逸脱している。史料作成者の明らかでない四等史料や、いかなる基準で
作成されたか分からない五等史料を、無批判に引用し、それらを歴史叙述の根拠
とすることは事実無根の宣伝である。
『南京虐殺』は、四等史料と五等史料によって成り立っている。南京で「何人虐
殺」と認定せる記録は一つもないのである。ない限り、『南京虐殺』はグローバ
ルな共同幻想に止まるのである。」

東中野修道・亜細亜大学教授『「南京虐殺」の徹底検証』より


37 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 23:26:52 ID:TVB1IX4J
>>29
恵也
さっそくの妄想だな。
安全委員会は安全区へ避難民を誘導していたんだから安全区の外に人がいなければ当然わかるだろう。

「焼き払われた各村落の住民は、着のみ着のままで南京市内に避難区(安全区)に陸続と遁入、城内の
危険区住民も亦雪崩を打って避難区に逃げ込み混雑を極めている。
市内では早くも暴徒が民家の掠奪破壊をはじめた」(AP電、12月8日)

「南京での中国軍の防衛作業の特徴は、相変わらず建物の全面焼却である。
南門近くの人口密集地区全体から住民が追い立てられて、市の安全区に送り込まれ、この
小都市一つくらいの規模の地区が燃やされていた。
同様に、下関駅近くのモデル新村一つが焼却された」(『ニューヨークタイムズ』12月9日、南京発)

「12月8日、唐生智は、すべての非戦闘員は国際管理下の安全地帯に
集結しなければならないとの命令を出した」(『ニューヨークタイムズ』12月8日、南京発)

安全区の外に人がいない根拠はいくらでも出せるがその逆の根拠はない。
恵也の負けw

38 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 23:48:19 ID:RphC9/EW
何でサヨクすぐ死んでしまうん?

39 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 00:10:35 ID:pmgXt1Xi
何でブサヨってすぐ黙りなの?

40 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 00:19:44 ID:JgIk376D
1)1938.1.3上海発 1.4付 ニューヨークタイムズ 記事 引用

「元支那軍将校が避難民のなかに−−−大佐一味が白状、南京の犯罪を日本軍のせいに」  
南京の金陵女子大学に、避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、
逃亡中の大佐一名とその部下の将校6名を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。実のところ
教授たちは、この大佐を避難民キャンプで二番目に権力ある地位につけていたのである。
 この将校達は、支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中に、ライフル六丁とピストル五丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬をも隠していたが、
それを日本軍の捜査隊に発見されて、自分達のものであると自白した。
 この将校達は、南京で掠奪したことと、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その
翌日には日本兵が襲ったふうにしたことを、アメリカ人たちや他の外国人達の居る前で自白した。
 この将校達は逮捕された。戒厳令に照らして罰せられ、恐らく処刑されるであろう。

41 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 01:02:54 ID:ef6RTGAc
>>38
>>39
サヨクはモテるから論破したら速攻でキャバレーなんかにいくんだよ!!!
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136022794/l50

42 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 02:38:47 ID:ph/WV5td
>>36
>歴史学で言う一等史料、二等史料、三等史料を無視することは、歴史研究から
>おおきく逸脱している。

東中野先生は歴史学の専門家ではないぞ!
文学博士 (亜細亜大学教授)
1. 法学部
2. 社会思想史、日本思想史
3. 東ドイツ社会主義、吉田松陰の思想
ちょっと専門が違うようだがね。

ずいぶんいい加減な取捨選択をしてるぜ、この先生は!

>東中野氏の思い切りトリミングした解説文とは、だいぶイメージが違います。
「当事者が後日、暇を得て作成した文書類」は「二等資料」に属します。
「三等資料」とは、「伝記とか、家譜の如き」であり、内藤氏はここでは「当事
・者」以外の者が作成したものをイメージしている、と考えて差し支えないでしょう。 
http://www.geocities.jp/yu77799/sigakugairon.html

43 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 02:44:35 ID:RxClFE7e
『歴史学で言う一等史料、二等史料、三等史料』ってよく知らないので
ごめんだが「一次資料、二次資料…」と同じ意味ですか?

44 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 02:51:29 ID:ph/WV5td
>>37
>安全委員会は安全区へ避難民を誘導していたんだから安全区の外に人が
>いなければ当然わかるだろう。

誘導なんて大袈裟な!
ただ南京市内でビラを貼って、国際安全区の場所を宣伝しただけだろうに。
この連中はボランティアなんだぜ、誘導なんて出来るか。

安全区に入ってきた避難民に対しては、住める場所を教えたり、無料食堂
の場所を教えても、安全区の外は管轄外。
他人の家に入って調べ、それらの人を安全区に誘導なんて時間も金も無いよ。

逆にもう女性しか入れないと、せっかく安全区に来ても断られた男性もいる
くらいだ。

45 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 03:00:38 ID:ph/WV5td
>>40
>元支那軍将校が避難民のなかに−−−大佐一味が白状、南京の犯罪を日本軍のせいに

その話も変な話。
大佐じゃなくて、タダの元南京警官です。
中国人同士のいざこざで、無実の密告をされて殺された可哀想な奴のようだ。

>資料の内容を要約すれば、これは、難民キャンプ内の中国人同士のいさかい
・から、「王新倫」(WANG HSING-LUNG)を含む4人の男が、日本軍憲兵隊に
・密告され、逮捕された、という事件でした。

・ただしこの4人をストレートに「元軍人」と認定するのは無理があるようです。
・4人とも氏名は判明しており、この4人のうち2人については、外国人(リッ
・グス、ベイツ)がその身分を「保証」できる、と言明しています。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano126.html

46 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 03:11:13 ID:dKULdWw4
>>42

早速印象操作ですか?
東中野教授が何者か、という問題は「この話題」に関しては無意味です。
教授の主張する歴史認識の在り方が正しいか否かが論点なんですから。

反論なさるなら、先ず「歴史学において証拠の史料性は順位的に位置づけ
されない、。また例え順位的に低くても充分な証拠能力を有する」と主張する
大学教授なり専門家を教えて頂ければ済むだけの話です。


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


47 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 03:14:25 ID:DimLOr5M
>>42
1+1=2と数学の専門家以外が言ったら、それは間違いですってか?

48 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 03:16:35 ID:dKULdWw4
>>44
おやおや、今度は反証しやすい部分「だけ」を引用して反論ですか?
そういうのを論点ずらしと言うのご存じですか?
安全区委員会は住民の陳情受付も行っていたのですから、当然ながら難民の流入状況を
ある程度把握していましたよね? またベイツ氏が市内の巡察に回っていたことも周知の
事実です。そこまでいい加減な管理状態だったと勝手に決めつけるのは、ベイツ氏に失礼では
ありませんか?

「焼き払われた各村落の住民は、着のみ着のままで南京市内に避難区(安全区)に陸続と遁入、城内の
危険区住民も亦雪崩を打って避難区に逃げ込み混雑を極めている。
市内では早くも暴徒が民家の掠奪破壊をはじめた」(AP電、12月8日)

「南京での中国軍の防衛作業の特徴は、相変わらず建物の全面焼却である。
南門近くの人口密集地区全体から住民が追い立てられて、市の安全区に送り込まれ、この
小都市一つくらいの規模の地区が燃やされていた。
同様に、下関駅近くのモデル新村一つが焼却された」(『ニューヨークタイムズ』12月9日、南京発)

「12月8日、唐生智は、すべての非戦闘員は国際管理下の安全地帯に
集結しなければならないとの命令を出した」(『ニューヨークタイムズ』12月8日、南京発)

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

49 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 03:38:17 ID:UvyV3Sx6
>>42
4年も経ってから書かれた日記が、「当事者が後日、暇を得て作成した文書類」に、
あてはまるわけね〜だろ。

それを引用する恵也もバカだが、引用先サイトの管理人もよっぽどバカだなw

50 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 03:43:07 ID:ph/WV5td
>>48
>当然ながら難民の流入状況を ある程度把握していましたよね? 

「ある程度」で調べに行った訳じゃ無く、安全区委員は逃げてきた人の
話を聞いてるだけだ。
それも、周りの人が日本軍に殺されたからと大慌てで逃げ込んだ連中。

よその家に隠れてる、他の人を安全区委員に報告なんて出来るかな?
自分の家族の話だけで精一杯でしょう。

ベイツ博士が巡察に回っていたとはどういう事かい?
日本軍が巡察するのを許可したのかね、聞いたことが無いけど。
難民区の難民の保護だけでも、精一杯じゃないの。

20万人の難民をタッタ15人の国際安全区委員が保護してたんだぜ。
メンバーは、米人7名、英人4名、ドイツ人3名、デンマーク人1名の計15名

●マイナー・ベイツ博士 40才
金陵大学歴史学教授。南京国際委員会委員
南京国際赤十字委員会委員、金陵大学緊急委員会委員長として、金陵
大学施設に設置したいくつかの難民キャンプの責任者もつとめた。
妻リリアと二人の息子は日本で避難生活を送る。

51 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 03:55:22 ID:ypZcZcSS
>>50
よく日本に妻と子供を非難させたねw
ユダヤ人が家族をドイツに避難させるか?w

52 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 04:04:54 ID:uR6uvYIV
南京大虐殺っていうけど、国際法を守らない国民党軍の処刑でしょ。それを中国共産党が行なった自分たちの虐殺とすりかえるために騒いでるだけ。
現に毛沢東の7000万大虐殺に対して中国共産党は謝罪すらしてないよ。

53 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 04:07:22 ID:UvyV3Sx6
>>50
中国政府顧問の肩書きが抜けてるぞw

54 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 04:20:23 ID:vuVW+gWR
南京大虐殺って完全捏造事件で、ただのプロパガンダでしょ?
もう常識。
いい加減、捏造写真や証言には騙されません。
中国じゃあ自分達が虐殺した死体の写真を日本軍のせいにしてたりしてるしね。
大体、南京大虐殺が真実なら何であんなに捏造資料が出てくるのさ。
嘘だけど嘘で塗り固めて無理矢理にでも真実にしようとしているだけじゃないか。
馬鹿みたい。


55 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 04:37:34 ID:ph/WV5td
>>49
>4年も経ってから書かれた日記が

その話は東中野先生が書いてるようだけど、本当かい?
たとえ本当だとしても、他人がするのでなく本人が自分の日記を修正する
のなら、何も悪いこと無いと思うけどね。

字の書き間違いや、追加するにしても思い出しながらやるんだろ。
証拠価値に差が出るのかね?
それも他人に読ませる為じゃなく、家族に読ませる為のものだろ。
読みやすく、判りやすくしたという程度だろう。

>ラーベは1市民に過ぎません自分の日記が自分の死後、重要な歴史資料に
・なるなどとは少なくともこの時点では思ってもいないことでしょう
http://blog.goo.ne.jp/tohoho_goo/e/d8a4146324831e30d3d2f000aa3dcee3

56 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 04:43:37 ID:ph/WV5td
>>48
>またベイツ氏が市内の巡察に回っていたことも周知の
>事実です。

あんたね、本当に自由に歩けたのは20万人も集まった、4平方kmの国際安全区の中だけ。
400平方kmの南京市内を巡察したと言うのは、どんな周知の事実なんだい?
わけ判らんわ!

57 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 04:46:09 ID:DimLOr5M
ttp://www.people.ne.jp/2006/01/20/jp20060120_56887.html
人権監視団体、中国に深刻な偏見
 外交部の孔泉報道官は19日の定例記者会見で、国際組織ヒューマン・ライツ・ウォ
ッチ(HRW、本部:ニューヨーク)が年次報告書の中で中国を非難したことについて、
記者からの質問に対し、厳粛な態度で次のように答えた。

 私はこの報告書を見るつもりはない。なぜなら、HRWは中国政府、中国の国民、中国
の現状に対して、偏見を持ちつづけており、しかも極めて重大な偏見だからだ。HRWは
毎年の年次報告書の中で、根も葉もない「事実」を寄せ集めているが、これは完全な
政治目的によるものだ。

 中国の憲法の関連条項には、国が人権を尊重し保障することが、明確に記されている。
民主法治や人権保障の方面で、中国政府は的確な努力を行っており、今後も引き続き努
力するだろう。第11次五カ年計画(2006〜10年)にも、民主政治構築の強化や、政治体
制改革の積極的かつ着実な推進などの内容が盛り込まれている。これは、中国共産党と
中国政府の確固たる決心と前進の方向を示している。

58 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 04:53:22 ID:ph/WV5td
>>51
>よく日本に妻と子供を非難させたねw

アメリカと日本の仲は、それほど当時は悪くなかったんだよ。
石油の80%くらいはアメリカから輸入してたんだし、日本にとっては
非常に大事な貿易相手国だったんだぜ。

それが南京虐殺などで、対日感情が急激に悪化して、戦争の武器になるからと
屑鉄の輸出を規制しろとかいう話になって、ますます貿易がオカシクなっていったの
ベイツ博士もこの当時は親日家だったんだよ。

蒋介石もむかしは、日本の士官学校で勉強したくらいの親日家だったんだけど・・・

59 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 04:59:02 ID:ph/WV5td
>>51
>国際法を守らない国民党軍の処刑でしょ。

逃げる為に、軍服を脱ぐことは国際法(ハーグ条約)では禁止してません・
詭計として認めてます。

それに軍服を着てたら、即効で射殺されんだから正当防衛だよ。

>敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される。
http://ww1.m78.com/topix-2/hague.html

60 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 05:03:02 ID:ph/WV5td
>>53
>中国政府顧問の肩書きが抜けてるぞw

あんたはその話を信じてるのかい?
俺には信じれんよ、そんな頓珍漢なお話は!

>「明らかになった」という断定の材料は、誰が切り抜いたのかも、いつのものなのかも、
・何新聞なのかもわからない、一片の新聞記事の切り抜き、ということであるようです。

・どうも氏は自分の「発見」に舞い上がってしまったようで、他の史料に全く登場しない
・「中華民国政府顧問の・・・ベイツ博士」という表現
http://www.geocities.jp/yu77799/bates1.html

61 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 05:07:00 ID:DimLOr5M
>>59
降伏の意思を表明していない以上、逃げるために軍服を脱いだのか
だましうちにするために軍服を脱いだのかわかりませんから。
残念!

62 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 05:08:04 ID:ph/WV5td
>>54
>大体、南京大虐殺が真実なら何であんなに捏造資料が出てくるのさ。

捏造と言ってるのは、頭の足らない方々。
もう少し自分で調べなさい。

>影の方向が違うからおかしい。ニセ写真であるという理屈である。
・これに対しては別ファイル「影はうそをつかない、か?」という別ファイル
・に影のトリックをまとめたので先にお読み下さい
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/soushu.htm

63 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 05:24:07 ID:ScLW/cLf
>>62
悪いが写真が小さすぎて検証できない。

64 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 05:31:13 ID:UvyV3Sx6
>>55
>何も悪いこと無いと思うけどね。
悪いとは言わんが、資料価値は無いな。

>>60
いや、あんたに信じてもらえんでも結構だが、そのサイトの解釈だと
一九四六年の勲章授与の理由が説明つかんだろが。
>勲章授与は、彼がコーヴィル武官にも言わなかった「日本軍に
>よる戦争捕虜と市民の殺害」を『戦争とは何か』に加筆挿入した
>一九三八年と、東京裁判の証人として四万人虐殺を証言した
>一九四六年のことであった。


65 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 05:39:04 ID:vuVW+gWR
南京大虐殺のあの捏造資料が全部本物だってw
恵也君、少しは勉強しなさい。

66 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 07:17:07 ID:JgIk376D
>>40 の資料で便衣兵が実在したことが示されていますね。

さて、 >>45 への疑問です 

その「元支那軍将校」が元警官だったという証拠は何ですか?

記事には「軍服を脱ぎ捨て」と書いてありますから
「ライフル六丁とピストル五丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬」のなら、
降伏せずに軍服を脱ぎ捨てて軍事活動していたことが明白ですね。



67 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 07:17:48 ID:D1fH0BGb
>>59
>逃げる為に、軍服を脱ぐことは国際法(ハーグ条約)では禁止してません・
>詭計として認めてます。

その代わり、便衣行為をした中国軍人本人は保護されない。
かつ、軍民分離を困難にし、一般市民の誤認を生起させた責任が中国軍人にある。


68 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 07:20:23 ID:JgIk376D
>>59
バーグ条約で便衣兵が正当化されると主張しているのは恵也 ◆o4NEPA8feA だけで、
他に同意する人は見受けられませんね。

そろそろその主張は引っ込められたらいかがですか

69 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 07:30:18 ID:qBcrmshc
>>50
よくそれだけ嘘ばかり言えるな。(呆)
民間人は日本軍の攻撃前、正確には中国軍が城外を焦土化したときに避難してきた。
嘘だらけだな。

70 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 08:12:18 ID:YYDslCtJ
>>44
エナリ

>ただ南京市内でビラを貼って、国際安全区の場所を宣伝しただけだろうに。

これを誘導といわずに何だというのだ。

>の場所を教えても、安全区の外は管轄外。

自主的な活動に管轄が存在するはずがない。
避難民に安全苦の宣伝を熱心にしておいて安全区の外にまだ避難民がいないかどうか
気にならないとしたらエナリ並みの馬鹿だろう。
安全委員会は安全区を設けて誘導したのだから安全区に来ていない避難民を気にしてしかるべき。
そして確認した結果がT-6号文書であり、安全区にほとんどの人が集まったという内容だ。

どこからどう見ても安全区の外に大量の人間がいたことにはならない。
エナリの負け。

71 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 08:20:42 ID:YYDslCtJ
>>50
アフォエナリ
>「ある程度」で調べに行った訳じゃ無く、安全区委員は逃げてきた人の
>話を聞いてるだけだ。
>それも、周りの人が日本軍に殺されたからと大慌てで逃げ込んだ連中。

キチガイ!
何の根拠もなく、「話を聞いているだけ」と限定するのは悪質な捏造。
安全区に人がなだれ込んできたのは南京市長や軍司令官の命令によるものと
大量の資料が裏付けている。

>よその家に隠れてる、他の人を安全区委員に報告なんて出来るかな?

支那軍が命に関わる暴虐を繰り返しているときによその家など関係ないし
そもそも放火が繰り返されている町で家が安全だと考える住民がいるはずもない。
馬鹿丸出し。

捏造資料を使うだけでなく、自らも捏造を繰り返すキチガイエナリはデマ流しの害虫だ。


72 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 08:23:30 ID:YYDslCtJ
>>58
糞エナリ
>それが南京虐殺などで、対日感情が急激に悪化して、

南京でありもしない事件をでっち上げる目的が日米離間だとすれば十分納得できる話だろう。

73 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 10:13:35 ID:7lyyBV1R
>>68
>それが南京虐殺などで、対日感情が急激に悪化して、

当時の日本兵の回顧録でも、特に南京での対日感情は悪化してませんでしたが、
それがわかって言っておられる?

えなりはほんとバカ。

74 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 10:47:11 ID:D1fH0BGb
前スレで、戦史の観点から捕虜大虐殺肯定説を提示された方へ

中国戦線での戦史における遺棄死体と捕虜人数の関係(「戦史叢書」から抜粋)
武漢作戦 遺棄死体約19万5千、捕虜約1万2千
南寧作戦 遺棄死体6125、捕虜664
龍州作戦 遺棄死体1600、捕虜17
翁英作戦 遺棄死体16312、捕虜1196
賓陽作戦 遺棄死体27041、捕虜1167
春季皖南作戦 遺棄死体6271、捕虜387
宜昌作戦 遺棄死体63127、捕虜4797
良口作戦 遺棄死体3978、捕虜67
浙東作戦 遺棄死体2400、捕虜440
漢水作戦 遺棄死体3439、捕虜474
中原作戦 遺棄死体約4.2万、捕虜3.5万
長沙作戦 遺棄死体約5.4万、捕虜4300

2重包囲が完成した中原作戦以外は、遺棄死体に比べて捕虜が1割以下なのが特徴です。
従って、上海ー南京戦が、中国戦線での戦史上異常ではないことが明白です。

75 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 12:14:38 ID:FFt57tG6
>>60のソースで示して頂いた写真ですが、写真@AEについては反論させて頂きます。

@について
明らかに「私服の夏服」を着ている人がいます(写真右上)。日本軍の軍服なら補給が追い付かなかった事も考えられますが、個人の私服は別です。普通、寒いところに夏服で行く人はいません。

Aについて
これは「日寇暴行実録」に出てきた写真です
ソースの写真では分かりませんが、「日寇暴行実録」にあるこの写真に写っている兵士の左胸に丸いワッペンのような物が確認できます。南京戦当時の日本軍の軍服の仕様では左胸にワッペンなんて有りません。

Eについて
人間の頭を耳のところを指でつまんで持ち上げることは困難です。ですがこの兵士はそれを軽々とやっています。
軍服も詰め襟が無いです、南京戦当時の物ではありません
あと首の拡大写真をよくみると首の左耳にあたる部分がまるでハサミで切ったかのように一直線になっています。

76 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 12:32:08 ID:5f9HK7Yj
>>75
ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/natuhuku.html

77 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 12:48:17 ID:5f9HK7Yj
>>76
的外れ。こっちの方がいい。
ttp://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=tre;id=imgbord

78 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 14:15:30 ID:3PC9HmR6
>>62
>悪いが写真が小さすぎて検証できない。

よく見る写真だけどね。
あなたが自分で本当に検証したければ、図書館かどこかで本物の写真を
見つけて、拡大してやるべきでしょう。

松尾一郎氏や東中野先生みたいないい加減なインチキをしないでね。

79 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 14:18:50 ID:3PC9HmR6
>>64
>悪いとは言わんが、資料価値は無いな。

本人が清書するのに、史料価値が無いとはあなたの頭は大丈夫かい?
ちょっと神経症気味だから病院にいってみたら?

80 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 14:25:39 ID:dKULdWw4
>>79
悪いとは言いませんが、当然のことながら史料価値は下がるでしょうね。

4年間の間に周囲から与えられる情報、時間の経過による記憶の劣化、まことに
失礼ながら老化による記憶の混在、色々な要因が考えられます。

加筆(修正?)版ではなく原文の方に軍配があがるのは当然の結論といえます。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


81 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 14:27:49 ID:YYDslCtJ
日記を清書する人はどんな人?w

82 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 14:27:53 ID:dKULdWw4
>>79
追記。
しかしながら、氏が俗に言う(?)「写真記憶」並の記憶力の持ち主だと
別途の記録で証明されれば話は変わってきますが、如何でしょう?


83 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 14:46:36 ID:+/UxO5F4
えなりってさぁ、よく映画に出てくる、“自分の中だけの常識”を覆す事実が明らかになっても、刷り込まれた偽の記憶を盲信してすぐ殺されちゃう脇役にそっくりだよね。
結局分の悪い質問はスルーしてるだけ。
あったことを証明することと、無かったことを証明するのはどちらが難しいかくらい分かるよね?簡単な方なのにエナリ君はいつまでたっても証明できない。
頭弱いんだね。かわいそうに。現世はあきらめて来世でやり直したら?w

84 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 14:48:31 ID:3PC9HmR6
>>66
>その「元支那軍将校」が元警官だったという証拠は何ですか?

一緒に生活してた呉という方のの証言だよ。

国際安全委員の調査では、埋めてあった武器を押収されたもの。
こんなものは軍事活動なんて言わん。

それに捕まった人間のうち2人は、避難先にしてた金陵大学関係者。

>楊広発(徳)は金陵大学蚕桑系の職員で、私たちは保証できます。
・王二(景和)は金陵大学蚕桑系の門番で、これも私たちは保証できます
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/ousinrin.htm

85 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 14:53:19 ID:uR6uvYIV
南京大虐殺を信じてるのって、支那人、日教組、朝日新聞社員にエナリだけ?
もともとは朝日のでっちあげだけどね…

86 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 14:58:30 ID:3PC9HmR6
>>68
>便衣行為をした中国軍人本人は保護されない。

なんだその便衣行為って?
便意行為じゃないよな。
日本軍を狙って、ゲリラが銃撃することか。
そんなことは、南京では起こってないはずだが。

兵隊が平服を着る行為か。
それならタダの詭計(敵をだます計略)だろ。
ハーグ条約24条で、兵隊に認められた行為だ。

それから言っておくが、ハーグ条約は大量虐殺をした言い訳に
する為に作られたものじゃない。
虐殺をしないように決めたもの。
目的を間違えて悪用しないように。あなたの人間的品格を疑われるぜ!

87 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 15:03:58 ID:3PC9HmR6
>読み流すと、読む方には東中野氏の「李宗仁が焦土作戦の提案を行った」という「結論」
しか、頭に残らないでしょう。
しかし、李宗仁の「発言内容」を良く見ると、実際には李宗仁はそんな提案は行っていない
ことに気がつきます。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano1.HTML


88 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:09:06 ID:uR6uvYIV
え也は軍とゲリラの違いがわからんのか?
国民党軍は日本軍の軍服を着て攻撃したり、市民にまぎれてゲリラ攻撃したのよ。これが国際法違反
中国人って遵法精神ないから。

89 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:10:19 ID:dKULdWw4
これまた前スレと同じ言い訳ですね?
そろそろ間違いを認めてはいかがです?

>間違い!
>兵隊が逃げるのに、平服を着るのはハーグ条約では詭計として認めてます。
>敵を攻撃するのに平服を着てるのは禁止してますが。

逃亡ではなく後退ですよ、降伏しない限りはね?
そして後退とは、不利な戦況下において前線より離脱し戦線や部隊を再構築する
途中の工程であり立派な戦術行動に分類されます。
はい? 後退と逃亡をどうやって見分けるかですって?
そりゃ、降伏しない限りは戦意があると判断するしかないでしょう?
それとも、前線から逃げた兵隊が再度武装して攻撃してくる可能性が100%無いと
断言できますか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


90 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:14:25 ID:H4QxfkHs
>>86
じゃ日本軍が便衣兵と誤認して殺した市民は居ないという訳だろ?
市民への虐殺の可能性がまた一つ減ったな

91 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:17:54 ID:dKULdWw4
>>86
>兵隊が平服を着る行為か。
>それならタダの詭計(敵をだます計略)だろ。
>ハーグ条約24条で、兵隊に認められた行為だ。

仰るとおりですね。
指揮官の命令に従って、専属部隊の一員として作戦要項の通りに「詭計」を行う目的で
便衣行為を行うことは認められています。その命令書なり作戦資料を併用できれば
立証可能なので、是非とも提示して頂きたいのですが?

ちなみに指揮官命令もなく勝手に便衣行為を行えば、第一条に従って捕虜資格が失われ
るので注意が必要ですね。また詭計作戦中の敵兵に対する発砲行為は禁止されていないと
思うのですが、如何でしょう?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

92 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 15:18:13 ID:3PC9HmR6
>>70
>自主的な活動に管轄が存在するはずがない。
>避難民に安全苦の宣伝を熱心にしておいて安全区の外にまだ避難民が
>いないかどうか 気にならないとしたらエナリ並みの馬鹿だろう。

安全区の外側より、4平方kmの狭い安全区の中に20万人も人が入ってきて
気にかけるどころじゃないだろ。
どうやって食料や燃料を確保するのか、それだけで精一杯だよ。

安全区の外側には日本軍がウジャウジャいるのに、何で気にすんだよ?
肝心の食料だって、足らない上に日本軍に挑発されたりして大変だったようだぜ。

セコイというか、餓鬼みたいな日本軍だったんだね。
食料を持たせずに攻め込ませると、ここまで品性が落ちるものか!

>貴軍特務機関長は、既に移送した1万担の米は自由に使用してよいこと、
・そして他の倉庫に関してはその場所を調査し警備にあたる旨を述べたの
・でした。

・今日に至るまで、われわれは市の他の場所へトラックを運行させて貯蔵米
・を確保する許可を得ておりません。

・中国軍は10万担の米(当方の3万担とは別に)を南京郊外に保管しており
・ましたが、その大部分は南京占領の際貴軍の手中に落ちました。

・それで、20万市民を養うために、前記2万担の米を我々が確保することを、
・許していただけるようお願い致します。
http://www10.ocn.ne.jp/~war/kome.htm

93 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:18:32 ID:H4QxfkHs
ああ、それから恵也くんな
ハーグ陸戦規定では最初の第一条でこうなってる

<この規定・権利・義務は次の条件を満たす義勇軍、民兵を含む全ての軍隊に適用となる。>

・部下を統率する指揮官がいること。
・遠方からも判別できる固定された標章を着用していること。
・堂々と武器を携行していること。
・戦争の規則と慣習に則って作戦を遂行していること。
・民兵または義勇軍が軍隊を構成するかまたはその一部をなす場合、言葉としての軍隊がそのまま適用となる。

便衣兵は規定外の存在だ、条文における最初の項がどれだけ重要かはわかるよな?


94 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:28:03 ID:dKULdWw4
>>92

>ただ南京市内でビラを貼って、国際安全区の場所を宣伝しただけだろうに。
これを誘導といわずに何だというのでしょうか?
また、誰がビラを貼って回ったのですか?

複数の資料により、少なくとも清野作戦の実行範囲内の住民の圧倒的多数が
安全区に押しかけてきたのは立証済みですね。
この際、仮に大雑把な調査しかできなかったにせよ、食料の調達の都合上で今後
の流入速度などの予測も不可欠でしょうし、陳情受付の過程で色々な周辺情報も
耳にはいるでしょう。
よって、大幅な誤認があったとは考えられません。
更に、安全区外の避難が大幅に遅れていたのだとしたら、それは中国側の過失ですが?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


95 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 15:29:59 ID:3PC9HmR6
>>70
>安全区にほとんどの人が集まったという内容だ。

逃げ出す寸前の市長や、警察長官が20万人南京市民がいるとドンブリ勘定して
伝えたので、狭い安全区に入り切らん位の20万人も集まり、全員が集まったと
委員たちが勘違いしただけの話。

ドンブリ感情が間違ってて、安全区外には30万人以上まだ残ってて最低50万人
以上の人間が居たのに気がつかなかったんだよ。
戦争の最中に安全区の外に、委員が出て調べれるはずが無いだろう。
委員たちの仕事は、大忙しの真っ最中なのに・・・・・

>他にも市内には大勢の人が残っていました。戸締まりをして、みな家に籠も
・っていました。
・私はわずか三日間しかいなかったので、正確な情報は得られませんでしたが、
・車で市内を回った時、家の中から中国人が出てくるのを見掛けましたし、通
・りを歩いている中国人も何人か見ました。

・ですから、皆がみな安全区に入ったのではありません。
http://www.geocities.jp/yu77799/anzentitaigai.html

96 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:32:51 ID:H4QxfkHs
>安全区外には30万人以上まだ残ってて最低50万人
>以上の人間が居たのに気がつかなかったんだよ。

うーん


97 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:33:16 ID:dKULdWw4
>>95

>逃げ出す寸前の市長や、警察長官が20万人南京市民がいるとドンブリ勘定して
>伝えたので、狭い安全区に入り切らん位の20万人も集まり、全員が集まったと
>委員たちが勘違いしただけの話。

それは貴方個人の主観による憶測に過ぎませんね。
丼勘定だと主張なさりたいなら、他の公式資料で反証すべきです。
そろそろ印象操作からは卒業なさっては?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


98 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:38:16 ID:5JmJyt70
「敵を欺く事が認められてる」ってのを、
「軍民分離の義務を怠って良い」と勘違いしている
馬鹿恵也がいるのはこのスレですか?

なぜ便衣戦術が許されないかというと、
民衆を巻き添えにするからだ、と、何度も突っ込まれてきたはずだが。

99 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:46:10 ID:uR6uvYIV
南京の人口20万くらいじゃなかったか?
その20万は安全区域にいる?
では、虐殺されたという3000万はどこにいたんだよ?

100 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:46:45 ID:dKULdWw4
>>93
横レスで失礼します。

一般的に、法律の第一条が「原則」なのは確かですが、その例外や補足を
行うために第二条以降が規定されます。
ですから二十四条は第一条の例外規定項目と判断するのが正しいでしょう。

ただ詭計もスパイ行為も軍隊という組織の一員として命令に従って行った
場合しか認められません。兵士個人が勝手にやっても駄目ですし、戦列から
勝手に逃げ出す事自体が「敵前逃亡」という軍律違反に該当するのは常識
でしょうね。


101 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:47:02 ID:MigHzSt3
エナリをトリップで透明にしてるとアンカーのついたレスしか見えないので話の繋がりがわかりにくい

まぁ見る価値のないものばかりだからいいが

エナリ君

日本の法律は信教の自由を保障してるので君が何を信仰していても自由だが
根拠なく他人の名誉・人格を公然と非難することまでは認めていないのだよ
よって根拠となるソースを提示する義務が発生するわけだが

インチキ亀頭師のマブでヘンタイで脳内ワールドの住人には無理だろうからレスは要らないよ

102 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:49:43 ID:5JmJyt70
>>95
>ドンブリ勘定

それを言うならお前の言い分こそドンブリ勘定だろアホ。
「安全区の外にどれだけ人が残ってたか分からない」
「でも南京大虐殺の犠牲者は30万以上と言われている」
「よって安全区の外には数十万の人が残っていたはずだ」

これがお前の論法なわけだが、この論法を用いれば
たとえば通州事件の時に通州にどれだけ人が居たかは分からないわけだから、
「通州事件の被害者は実は30万人」と言い張る事もできるわけだよ。

でもこれじゃ水掛け論だろが。だから否定派はソースを要求しているんだよ。
安全区の外に数十万単位で人が残っていたと主張するならソース出せ。
それとも「通州事件は被害者30万」って事にしてもいいのか?w

103 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 15:51:03 ID:3PC9HmR6
>>72
>南京でありもしない事件をでっち上げる目的が日米離間だとすれば十分納得できる話だろう。

アメリカの大使館もあるし、そんなに簡単にデッチアゲができるか?
むしろデッチアゲをしようとすれば、中国政府の言葉の信用にかかわってくるだろう。

追い出されるアメリカの新聞記者の前でも、堂々と市民の殺害をしてるほどだ。
それだけで十分、アメリカ人の心象には最悪の効果があるよ。

>上海行きの船に乗船する間際に、記者はバンドで200人の男性が処刑されるのを目撃
・した。殺害時間は一〇分であった。処刑者は壁面 を背にして並ばされ、射殺された。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/sougou/mas/kaigai_mas.html#Anchor-63861

104 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 15:53:22 ID:dKULdWw4
>>103

上海行きの船に乗船する間際に、記者はバンドで200人の男性が処刑されるのを目撃した。
殺害時間は一〇分であった。処刑者は壁面 を背にして並ばされ、射殺された。それからピストルを
手にした大勢の日本軍は、ぐでぐでになった死体の上を無頓着に踏みつけ、ひくひく動くものがあれ
ば弾を撃ち込んだ。この身の毛もよだつ仕事をしている陸軍の兵隊は、バンドに停泊している軍艦か
ら海軍兵を呼び寄せて、この光景を見物させた。見物客の大半は、明らかにこの見せ物を大いに
楽しんでいた。


捕虜の処刑風景ですね。それも200人程度の。
それが何か?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

105 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:01:37 ID:MigHzSt3
>ピストルを手にした大勢の日本軍

これだけでも突っ込みどころ満載

106 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 16:09:31 ID:3PC9HmR6
>>73
>当時の日本兵の回顧録でも、特に南京での対日感情は悪化してませんでしたが

あんたね、その回顧録マジメに読んだのかね。
圧倒的な武力を持った相手に対して、武器を持ってない人間が対日感情を出せるかい

せいぜい愛想笑いをして、日の丸を振り、怒らせないように静かにしてるのが
唯一の防衛策。
世間のことをまったく知らない子供かね?

出来れば兵隊が来る前に、家から遠くに逃げ出して兵隊が居なくなってから
帰ってくるのが最上の防衛策。
家財道具を壊されても、命さえあれば何とかなるから。

>(野菜を鍋で煮るための)薪が不足してきた。私が捜しに行こうとすると、
・上等兵は土間にあった木製の食卓を倒し、脚を折ってもぎ取り、角にぶっ
・つけて折り、板も打ちつけて割った。

「急ぐときは、これが一番早いんだ」

・たちまちのうちに、椅子まで壊してしまった。釘は一切使ってないので、
・危険もなく楽である。味つけは岩塩だけであった。

・まさにこれは、掠奪と破壊行為であった。後日、住民が帰宅した際に食卓
・と椅子がなくなったことに気づき、どんなに不便で困惑することだろう。
・そのとき、戦争と日本の軍隊を恨み、東洋の鬼畜が来たと、怒り心頭に
・発することもやむなしと考え、慄然とした。

・本来なら、物資を徴発したときは、軍票か手形を置いていくのが常道だが
・戦場地区ではやむをえず、無償で横領し使用する形となる。
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/chouhatu.html

107 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:11:06 ID:YYDslCtJ
>>103
その引用のどこに「市民」が殺されていると書いてあるのかね?

でっちあげをしているのはエナリ、お前だ。

>安全区の外側より、4平方kmの狭い安全区の中に20万人も人が入ってきて
>気にかけるどころじゃないだろ。
>どうやって食料や燃料を確保するのか、それだけで精一杯だよ。

>>92
いや、気にかけたよ。なんせ安全区を設けて市民の安全を確保しようとしたくらいだ。
安全区の外を気にしないほうがおかしい。

>>95
>ドンブリ感情が間違ってて、安全区外には30万人以上まだ残ってて最低50万人
>以上の人間が居たのに気がつかなかったんだよ。

勘違いしてないし、その後現在に至るまで勘違いだったという根拠もない。
まるで支那の宣伝工作員そのものだな、エナリ。
みんながお前のことをおろかな嘘つきだと思っていることに気が付かない振りをするのは大変だろう。

108 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:11:30 ID:SRF3aK7j
その「上等兵」はなんで食卓壊したの?

109 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:13:11 ID:e5PEkhbR
星一徹ゴッコが好きだったんだよw

110 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:13:19 ID:YYDslCtJ
>>106
エナリ
対日感情が出ていないのに何を根拠に悪くなったと主張しているのかね?
まだまだ馬鹿も極めたりないのかな?

111 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:17:02 ID:ypZcZcSS
エナリのソースは「証言」ばっかりだな

112 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:19:49 ID:dKULdWw4
>>106
>家財道具を壊されても、命さえあれば何とかなるから。

あらあら?
なんだか主張内容が変わってませんか?
---------------------------------------------------------------------------------
名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/19(木) 03:10:27 ID:VKvCTHFf ID:VKvCTHFf
>>758
>市民の殆どが安全区に殺到したのは複数の機関の報告書で明らかになっている。

間違い!
市民は戦争に巻き込まれるのが怖くて、日本軍のビラや、ラジオですすめてた
様に家の奥でじっとして表に出てこなかっただけ。
安全区の外にもたくさん居ました。
その話は、報告書の誤用、理解力のなさにすぎん。

あなただって、自分の家があれば家財道具を放って、乞食をしに安全区とやらに
行くかい?
家族みんなで家の中で隠れてるか、少なくとも誰かが、番人として残って泥棒
に取られないようにするし、今まで通り仕事にも行くつもりで隠れてるよ。
--------------------------------------------------------------------------------
こういうダブルスタンダードを行うと御自身の信用に関わりますよ?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


113 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:21:54 ID:ypZcZcSS
>>112
ぎゃははははは

114 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:31:00 ID:H4QxfkHs
恵也は毎日生まれ変わる

115 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:41:32 ID:JgIk376D
えなりは毎朝記憶がレフレッシュされ、新鮮な気分で捏造できるのね

116 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:47:57 ID:D1fH0BGb
>>86
ハーグ陸戦協定にお詳しいようですね。
南京において、日本軍と戦闘後に、平服にて逃亡を図った中国軍人に
捕虜資格があるかどうか教えてください。

117 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:19:02 ID:JgIk376D
>>106
食料を現地で調達するのは元々中国の人たちが考えたことなので、日本兵だけ責めるのはお門違いですね
孫子の兵法書に教えがありますよ

ttp://www.geocities.jp/aydahn42df5/sonshi.html
智将は務めて敵に食む

遠征軍を率いる智将は、できる限り敵地で食料を調達するように務める。
先に述べたように、戦争は莫大な浪費である。軍隊を運用するにあたって、食料などの補給は重要な事項である。
これを母国から調達しようとすれば、敵に襲われたり災害に遭うなど、全てを輸送することはできない。ゆえに、
現地で食料などをまかなえば国家の疲弊の度も少なくなるし、同じ量を母国から輸送する数倍に匹敵するのである。

118 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:22:34 ID:Ii6zWZQG
>>74
ドイツの連合軍捕虜死亡率 7%
ドイツ・イタリアの連合軍死亡率 4%
シベリア抑留の日本軍死亡率約10〜18%
日本軍クワイ河捕虜収容所の連合軍死亡率30%
アジア地域英軍捕虜死亡率25-28%
オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、アメリカ、オランダの連合国の捕虜総数132134名。死亡率27%
ドイツ軍収容所のソ連軍の捕虜死亡率50%

>日本軍の捕虜の死亡率は高く ナチスドイツの捕虜と比べ7倍以上の死亡率を出した。
>英軍が第二次世界大戦中に経験した苛酷な戦い、例えばノルマンディー上陸作戦やビルマ戦などと比較してもはるかに高い数値でした
>第二次世界大戦で日本軍の捕虜になった米軍人2万7465人のうち1万1107人が死亡。ドイツ軍捕虜になった9万3941人のうちの死者は1121人。
>東京裁判で明らかになったことだが、日本軍の捕虜の死亡率は約30%。殺人者集団のイメージが強いナチスドイツであるが、それはユダヤ人強制労働収容所があったからで、戦争捕虜の死亡率はナチスでさえ4%だった。
>各国比較して捕虜の死亡率が20%超えているのは日本だけ。ソ連のシベリア抑留が過酷だったというけれど、死亡率は10%に行っていません。
>ボルネイ島の中のこの日本軍のキャンプでは、オーストラリア軍捕虜の死亡率はほぼ100%。

>上海ー南京戦が、中国戦線での戦史上異常ではないことが明白です。
糞と糞比べてどうするwww


119 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:31:08 ID:uR6uvYIV
そもそも気候が違うし、病気もかかりやすくなるんじやあないか?
まして、食糧難の日本軍だし。

120 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 17:35:50 ID:3PC9HmR6
>>75
>>60のソースで示して頂いた写真ですが、写真@AEについては反論させて頂きます。

番号が違ってるようだが。
@俺のパソコンにはこの写真よりもっと解像度のいいのが入ってたが、それを見
ても私服の夏服と断定は出来ない。白黒写真だし白っぽい私服とはいえるけどね。

Aについては、マイピクチャに移して拡大して見たが、羽毛みたいな写真に
ついたゴミみたいな感じ。ワッペンというには解像度があまりにも悪すぎる。

Eも耳をつかんで首だけを持上げるなんて、握力のある若者なら簡単と思うけどね
詰め襟がこんな写真でよくわかるものだ。
俺には良く判らんけど、たとえそうだとしても詰め襟なしは海軍陸戦隊では
使ってました。

でも詰め襟が見えるという方もいるぞ。
下のHPのほうが解像度がいい。

>昭和12〜13年頃にそういう服を着た軍人というのは、「海軍陸戦隊」
・の隊員に他なりません。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=565;id=imgbord#565
http://www.secrets-of-shuriken.com.au/naruse_kanji_bio.htm

>私には引用写真の右上のものと比較しても、詰め襟であると読むのが自然に見えます。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=16;id=imgbord#16

121 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 17:42:06 ID:3PC9HmR6
>>80
>失礼ながら老化による記憶の混在、

ラーベ氏は当時55歳、たとえ4年後でも59歳だ。
ボケる年じゃないよ。

●ジョン・H・D・ラーベ(委員長)55才
ドイツのジーメンス社南京支社支配人。南京安全区国際委員会委員長。
南京国際赤十字委員会委員。南京ナチス党支部長。

122 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:46:40 ID:lv9rtWdx
>>119
ウチの祖父の弟さん(靖国で神様認定)は
中国戦線で病死されました。

123 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:46:55 ID:dKULdWw4
>>121
一カ所だけ抜き出した上に『色々な要因が考えられます』と申しているのは無視ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?


では4年間の間に周囲から与えられる情報、時間の経過による記憶の劣化等は
あり得ると認めていただいたと解釈します。よって加筆(修正?)版の資料価値は
明らかに低いという点で納得して頂いたと理解しますね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


124 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:47:02 ID:o9spoSAx
恵也は18の時から老化による記憶の存在ありまくりですから

125 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:48:45 ID:H4QxfkHs
若年性痴呆症ってのは「病気」だぞ?

126 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 17:49:06 ID:3PC9HmR6
>>88
>国民党軍は日本軍の軍服を着て攻撃したり、市民にまぎれてゲリラ攻撃したのよ。

そんな勇敢なことが出来たんだ!
日本語も喋れず、軍服だけ着込んでよく南京市内におれたものだね。
負け戦なのに、どうやって軍服を手に入れたんだろう。

負け戦では少しでも激戦地から逃げて、戦線を立て直すのが先決だろ。
着替えてたりして、グズグズしてたらやばいぞ。
ゲリラ攻撃の話なんて、南京戦では読んだことが無いけどな。

127 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:51:22 ID:CbpEO8Mx
おめーのいう負け戦って、勝ったほうの戦死者は無しな計算なのかw?

128 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:51:44 ID:dKULdWw4
>>126
はぁ?
何処かに「南京戦」を意味する単語が入っていますか?
指摘するなら「スレ違い」というべきではないのでしょうか?


129 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 17:52:30 ID:3PC9HmR6
>>89
>前線から逃げた兵隊が再度武装して攻撃してくる可能性が100%無いと
>断言できますか?

それが軍人として正々堂々とした態度だろ。
何か悪いのかな?
再度戦わないのがむしろ、武士道からも外れる行為だろう。

130 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:53:23 ID:H4QxfkHs
>>129
では残敵掃討は仕方ないですね

131 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:54:16 ID:9VvcUgoA
>>129
お前マジで日本語読めないんだな。

132 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:55:48 ID:H4QxfkHs
市民が巻き添えになる公算が高いのに、市民に擬装して再度軍を整えるのは
民衆を守るハズの武人としていかがなものかと?

133 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:56:36 ID:dKULdWw4
>>129
またもや部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?

>それが軍人として正々堂々とした態度だろ。
>何か悪いのかな?
>再度戦わないのがむしろ、武士道からも外れる行為だろう。

なら、それを見越して後退中の敵兵を攻撃するのは当然の行為ですよね?
なにせ、一対一の決闘形式を重んじる武士道の戦いは通じない相手ですし?

それと、降伏していない以上は武器を捨てようが軍服を脱ごうが戦闘継続中だという
認識には同意して頂けたようで感謝します。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

134 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 17:56:44 ID:3PC9HmR6
>>91
>また詭計作戦中の敵兵に対する発砲行為は禁止されていないと思うのですが、
>如何でしょう?

日本軍がしたのは、それじゃないだろう。
敗残兵容疑者を縛って、抵抗できなくして発砲したこと。
あなたもそんな卑怯な事をするような、品性の持ち主かね?

135 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:57:39 ID:H4QxfkHs
>>134
>>132読め

136 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 17:59:30 ID:3PC9HmR6
>>93
>条文における最初の項がどれだけ重要かはわかるよな?

条文の最初に書いてあるのは、前文だよ。
この最初の前文がどれだけ重要かはわかるよな?

>ハーグ条約 (1899年)
 「19世紀には文明の進化とともに、戦争において、
敵国に属する個々人と、戦闘員からなる敵国その
ものとの概念が明確に区別されるようになった。武
器を持たない国民は、その命も、財産も、名誉も可
能な限り戦争で奪われることがないようにすべきで
あるという原則がますます認識されるようになって
きた」

137 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:01:07 ID:dKULdWw4
>>134
またもや部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?

>日本軍がしたのは、それじゃないだろう。
>敗残兵容疑者を縛って、抵抗できなくして発砲したこと。
>あなたもそんな卑怯な事をするような、品性の持ち主かね?

その質問は、先の私の疑問を解決してから出すべきだと思いませんか?
どうやら見落としておいでの様なので、もう一度質問させて頂きますね?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『指揮官の命令に従って、専属部隊の一員として作戦要項の通りに「詭計」を行う目的で
便衣行為を行うことは認められています。その命令書なり作戦資料を併用できれば
立証可能なので、是非とも提示して頂きたいのですが?』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?




138 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:01:43 ID:9VvcUgoA
>>134
後な、えなり。いい加減 ID:dKULdWw4氏にお詫びの言葉の1つもないのか?
他の人にもそうだが、お前人格侮辱する発言多すぎるんだよ。少しでも常識あるなら脳内妄想説垂れ流す前にまず謝れ。

139 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:02:28 ID:H4QxfkHs
>>136
え?

140 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 18:02:31 ID:3PC9HmR6
>>94
>食料の調達の都合上で今後 の流入速度などの予測も不可欠でしょうし

調達の都合上どころか、20万人も集まってしまったら圧倒的に足らないの。
他の追加の避難民が来ても処置なし!
日本軍にも食料をとられたしな。

141 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:05:49 ID:D1fH0BGb
>>118
南京大虐殺の証拠として、捕虜の死亡率出しても、何の関係がないと思いますが。
戦死者数に比べて、捕虜数が異常に少ないのが、捕虜大量虐殺が有った証拠と
言われていたのではないですか?

142 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:06:33 ID:tFvaTri9
>>132
市民のかっこうして銃を撃ってきたら、彼らは軍人なのだろうか?
民間人が私物の銃を持っていたら?軍人が落とした銃を拾ったら?
もしかしたら、日本軍が民間人を虐殺したのを誤魔化す為に捏造したかもしれないね。


143 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:07:19 ID:dKULdWw4
>>140
またもや部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?

更にこれは論点ずらしですね?
小手先の低俗な戦術は、そう長続きしないと思いますが?

>調達の都合上どころか、20万人も集まってしまったら圧倒的に足らないの。
>他の追加の避難民が来ても処置なし!
>日本軍にも食料をとられたしな。

何が仰りたいのか理解しかねるご発言ですが、本来の論点は南京城内の人口問題の
筈です。複数の第三国公式機関の公式報告書を覆す論証は、まだ見つからないのですか?
でしたら、いまのうちに間違いをお認めになることをお勧めしておきますが?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

144 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:09:49 ID:dKULdWw4
>>142
>市民のかっこうして銃を撃ってきたら、彼らは軍人なのだろうか?
>民間人が私物の銃を持っていたら?軍人が落とした銃を拾ったら?
>もしかしたら、日本軍が民間人を虐殺したのを誤魔化す為に捏造したかもしれないね。

まことに遺憾ですが、当時のハーグ陸戦協定では捕虜資格すら持てません。
つまりテロリストと同じ犯罪者扱いで、即銃殺でも許されます。

後のジュネーブ条約では、この辺りも考慮されているようですが……

145 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:10:49 ID:H4QxfkHs
>>142
なるほど、軍用銃を扱える小市民か、フン

146 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:11:27 ID:uR6uvYIV
南京落城のころには、国民党軍バラバラじゃないか。
南京の治安悪化は逃げ遅れた国民党軍がゲリラ戦したり、略奪放火等の無法行為のためだ。

だからこそ、日本軍は市民と軍人を分けるために安全区域を設けた。

ゲリラをした国民党兵の処刑は当然の行為

日本軍より国民党の方が残虐だったから、南京市民は日本軍を歓迎

終戦後、残虐な中共軍が、自らの残虐な行為を日本軍に、その罪をなすりつけた
バカな朝日が乗っかった。
これが真相

147 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:15:02 ID:H4QxfkHs
>>146
たしか南京戦後、治安が良くなって各地から戦火を逃れた市民が戻って来たとか・・・
恐ろしい大虐殺者が統べる都市に・・・・なんつってw

148 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:17:05 ID:tFvaTri9
>>144
つまり
「鉄砲を持て」
「はい」
「鉄砲を持ったぞ。撃ち殺せ。」
もありってこと?ザル法じゃんか、ハーグ陸戦協定。


149 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:20:08 ID:dKULdWw4
>>144
はぁ?
それは「無理矢理持たされた」たのがが事実だという前提で、初めて成り立
つ意見に思えるのですが?

そのような事実が存在するのですか?


150 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:20:11 ID:JgIk376D
>>136
おまえ、本当に前文にそう書いてあると思っているのか?
その文章はどこから引っ張ってきた?

151 :149:2006/01/21(土) 18:20:49 ID:dKULdWw4
アンカーミスです。
>>148
×>>144

152 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:21:20 ID:H4QxfkHs
>>148
ちょっと反省してください
中国人バカにし過ぎ

153 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:31:36 ID:uR6uvYIV
今だに言論統制うけてる中国人に、南京大虐殺の有無を調べることは無理な話。
無いものをあるっていってる中共の存続に関わるし。
共産党はどこかに敵をつくらないと存在できない集団だし。

南京大虐殺の証拠の写真なんて、全部ニセものだったしね。

今だに、30万人の死者の浮いてる長江の写真もでてこない…

つまり、朝日と中共のうそ八百物語

154 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:39:54 ID:H4QxfkHs
>>150
まぁ、恵也は可哀相な脳をもってるからねぇ
「条文の最初の項」と言ってるのに
第一条を勝手にに捏造してしまうんだもの深刻な障害だよ
第一条にそんな文章を書く条文があると本気で思ったのか、あるいは誤魔化せると
思ったのか・・・、なんかもうね。

155 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:40:00 ID:tFvaTri9
>>152
何で私?私は「中国軍人が民間人のかっこして銃を撃っていた」説に
疑問があったので質問しているはずなのですけど。馬鹿にした覚えはないです。
>>149
上に同じ。南京の便衣兵説はおそらく捏造ではないかと推測しています。
それこそ(便衣兵の)証拠がないわけですし。

156 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 18:43:19 ID:uR6uvYIV
捏造大好き姦国人
責任転化大好き姦国人

だって、9000年も奴隷として生きてきたんだもん

157 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 19:03:49 ID:dKULdWw4
>>155
すみません、用で席を外しますので一つしか提示できませんが………

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
住民の5分の4は逃げ去っていたが、残留した者の大部分は、南京安全区国際委員会が
設定しようとした、いわゆる安全区に避難していた。
日本軍は多数の中国兵を捕捉 するはずだったが、比較的少数の中国兵しか補足されなかった。
市内に残った 中国兵の数は把握されていないが、軍服を脱ぎ捨て、市民の服に着替え、市民に
混入 したもの、ないしはどこかに潜んだ者は、数千人はいたにちがいない。

日本軍はどのくらいの中国兵が逃亡をしたのか把握していなかったのではないか、というのが
アメリカ人の感触だった。城内にいる中国兵の「掃討作戦」では、補足できる兵士の数は10万は くだらない、
と日本軍は見ていたようだ。そして中国兵を根こそぎ補足しようと市内を隈なく捜索 し、思いのほかその数が
少なかったときの彼らの憤りや不信感が、兵士だけでなく、多くの罪もない 市民を巻き添えにして、テロ行為
にかりたて、長期にわたる「掃討作戦」を強行することになったのではないかと思われる。  

しかしながら、ここで触れておかなければならないのは、中国兵自身も略奪とは無縁でなかったことである。
彼らは少なくともある程度まで、略奪に責任を負っている。日本軍入城前の最後の数日間には 、疑いもなく
彼ら自身の手によって、市民と財産に対する侵犯がおこなわれたのであった。 気も狂わんばかりになった中
国兵が軍服を脱ぎ棄て市民の着物に着替えようとした際には 、事件もたくさん起こし、市民の服欲しさに、殺
人まで行った。この時期、退却中の兵士や市民までもが略奪を働いたのは確かなようである。
(南京アメリカ大使館通信 エスピー報告)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

他の資料をお持ちの方、勝手ながら援護お願いします.


158 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 19:23:22 ID:JgIk376D
「南京事件】日本人48人の証言 
松井軍司令官付・岡田尚氏の証言より

−南京には何日に入ったのですか
「13日か14日か記憶がはっきりしないのですが、
 多分13日だと思います。(略)」
−入ったときの南京城内の様子はどうでした?
「市内じゅう軍服、ゲートル、帽子が散乱していました。
 これはすごい数で一番目に付きました。
 中国兵が軍服を脱いで市民に紛れこんだのです。
 中国兵にしてみれば、軍服を着てると日本軍にやられますから
 当然だと思います。


159 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 20:20:49 ID:D1fH0BGb
>>155
南京で主に問題になっているのは
降伏することなく、軍服を脱ぎ捨て便衣(平服)に着替えて一般市民の中に潜伏した
中国軍人(直前まで南京防衛のために日本軍と交戦)の扱いであると理解しています。

160 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 20:27:28 ID:lv9rtWdx
>>159
便衣兵・ゲリラは明らかな戦時国際法違反行為。
なぜ禁止されているかというと、
>>155の「(便衣兵の)証拠がないわけですし」が示すとおり、
一般人との区別がつかず、一般人にも危害が及ぶ可能性があるからです。
そして仮にその危惧が現実になったとしても、
責任は一般人を殺害してしまった側ではなく、
そのような誤解を招く行為をした側にあると考えられます。

よって便衣兵と便衣兵と誤解された一般市民への攻撃は無罪。
コレが私の結論。

161 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 20:45:52 ID:MigHzSt3
>155
すると屋内で発見された武器はどう説明できるのだろうか 正規軍の兵器庫だと?

162 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:01:25 ID:xKQOc3zt
つーかさ、王信労以外に便衣兵による襲撃の記録とかなんかないのか?
それがないと正当防衛が成立しないと思うんだが。

163 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:06:08 ID:tXW9x/EN
エナリの脳内ソースまだー?

164 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:17:08 ID:xKQOc3zt
>>93ってさ、ハーグ陸戦法規を引用してるふりして、
「単ニ之ヲ軍ニ適用スルノミナラズ」って部分トリミングしてるよな。
そゆことしてっと信用なくすぞ。
第一、それ「資格」だから満たさなきゃ違法ってことでもないんよ。

165 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:36:48 ID:JgIk376D
>>162
>>40で引用したニューヨークタイムズの記事とかはどう?

166 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:44:20 ID:xKQOc3zt
>>165
んと、>>40のは王信労(王新倫)事件だよね。
それ以外にないのかなと思って。

167 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:46:06 ID:D1fH0BGb
>>162
敵軍兵士が、降伏することなく潜伏した場合、これを攻撃するためには
正当防衛が必要条件であるとお考えですか?

168 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:50:24 ID:OONJicNM
郭岐の書いた「南京陥落後の悲劇」 南京事件資料集2 中国関係資料編 南京事件調査会編訳 青木書店 p182〜を見て下さい。
郭岐は教導総隊の営長(日本の大隊長に相当)であり、イタリア大使館に隠れて、武器を隠しもって日本人を狙う殺人を働いていたのです。
 また、将官である孫元良(何と中国73軍のトップ)が隠れていたのも同66軍のトップである宋希濂によって証言されています。(同書p249)
 笠原等はこれらは敗残兵であり、戦意を喪失していたなどといいますが、とんでも無いウソなのです。
p223 わが便衣隊(ママ)が彼ら(日本人)に手榴弾をおみまいしたら、一度に10人か20人死んだ。
p216 井戸に沈めておいたピストルはしばしば水を汲み上げるときに上がってきた。
 ほかにも沢山、p207「多くの土匪がおいはぎをしている。」(土匪とは獣兵=日本軍とは別で中国人)や p235の難民間の盗賊の話、
日本人よりずっと芸の細かい強盗の話 p234の「夜の間は獣兵は難民区の内外を問わず活動する勇気が無く−中略−このときが活動の機会となった。」

169 :168:2006/01/21(土) 21:52:57 ID:OONJicNM
引用元を忘れた。
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/9729/

「否定論13のウソ」の嘘を暴く-3  第1章;石射猪太郎証言の欺瞞と難民区に潜伏した中国兵の話 
より。

170 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 21:53:07 ID:D1fH0BGb
>>164
資格を保有していない者が、資格を必要とされる行為を行うことは違法ではないのですか。
例えば、医師資格を有しないものが医療行為を行うと違法になると思うのですが。

171 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:04:22 ID:xKQOc3zt
あれ、>>167>>170って同一人物か。。
とりあえず兵士が便衣に着替えた時点で、交戦者資格を失うわけだろ。
だから便衣兵は日本軍を攻撃する資格がないわけ。
もし攻撃したらハーグ条約違反になる。
もし攻撃してこなかったら便衣兵は単なる一般市民と同じ。
ヘンかも知れんが法的にはそうなる。
オレ車の免許持ってないけど、それだけじゃ道交法違反にならないのと同じだね。
日本軍による便衣兵処刑を正当化するためには、
相手の違法行為(つまり便衣兵の攻撃を受けたこと)を証明しなければならないんだな。
ごめん、いま酒飲んでて論旨が分かりにくいかも。

172 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:06:42 ID:xKQOc3zt
>>168は初耳。dクス

173 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:15:36 ID:JAhb9s3k
>>143
>またもや部分抜粋で反論ですか?

間違い!
これはメイン抜粋と言う。
メインの話がオモチャでは話になってないと言うころなんだがね。

20万人も集まって食料がまったく足らないのに、それ以上の中国人の
心配したって屁のツッパリにもならんだろう。
時間の無駄以外に、なんか役に立つとでも言いたいのかね。

174 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:17:45 ID:D1fH0BGb
>>171
いえ、良く分かりますよ。
交戦を行っていた軍人が、自分の意思で軍服を脱いだ瞬間に一般市民になり、
一般市民として保護を受けるとの説は良く聞くものです。

本当にそうでしょうか。
軍服を着続けている場合を想定してください。
同じように交戦していた軍人が制服を着用したまま潜伏した場合、攻撃の対象になります。

すなわち、降伏せずに潜伏している状態そのものが、交戦にあるのです。

ここで言う違法行為とは、交戦者資格(軍服)を放棄したにもかかわらず、潜伏という交戦を
継続している行為であると考えています。

戦闘のみが、交戦では無いと考えています。

175 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:22:12 ID:JAhb9s3k
>>143
>本来の論点は南京城内の人口問題の 筈です。

間違い!
本来の問題は、南京で抵抗もしない捕虜や、敗残兵容疑者を日本軍が大量に
殺したのかどうかだ、人口はその中で出てきた話。
本来の論点を間違わないように。

第三国の公式機関にも、戦争で大混乱の中では南京市全体の人口なんて
調べる為の、時間も金も人手も何も持ち合わせてない。
そんな公式機関の数字なんて、屁みたいなもの。

176 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:23:02 ID:Rr3mt2zD
>>173

余計なところにのこのこ出てきて、横槍いれてんじゃねえ!!
オマエのように己の空想垂れ流しの話は現在されておらん。
いま、非常に興味のある話が展開されておる。ウゼェから辞めろ!!

177 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:26:12 ID:unTr0yTn
>>171
便衣に着替えると、交戦資格ではなく、「捕虜として扱われる資格」を失うのであって、
降伏しない以上、敵兵には変わりないのでは?
したがって、一般市民では無く、ただのテロリストやスパイと同じ扱いでよい。
すなわち、即、射殺可。


178 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:26:49 ID:xKQOc3zt
>>174

>降伏せずに潜伏している状態そのものが、交戦にあるのです。

交戦者の場合は、そーだね。

>ここで言う違法行為とは、交戦者資格(軍服)を放棄したにもかかわらず、潜伏という交戦を
>継続している行為であると考えています。

うーん、それは。。。むりぽ。
交戦者資格がないってのは一般市民と同じ待遇を与えるということ。
だから攻撃する権利もないし、攻撃される義務も負わない。
潜伏しようが、両手を上げて出てこようが、
日本軍は彼らと「交戦」しちゃならんのだよ。

ただ、便衣の潜伏者が隠し持った武器で日本軍を攻撃してきたら、
日本軍は正当防衛として反撃することはできる。
だから、>>162の質問したわけだ。

179 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:27:41 ID:9VvcUgoA
やっとまともな流れになってきたな…何スレぶりだろうこの展開。

180 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:28:35 ID:xKQOc3zt
>>177
交戦者資格=捕虜待遇を受ける資格だよ。
その二つを別々に分けるような規定はたしか無かったはず。

181 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:34:04 ID:JAhb9s3k
>>147
>たしか南京戦後、治安が良くなって各地から戦火を逃れた市民が戻って来たとか・・・

逆だよ。
西洋人の目の届く範囲の安全区のほうが、他の南京城区や城外よりも安全な
のが判ったからワンサカと安全区に集まってしまったの。
それで20万人から25万人くらいに増えた。

それでも安全区ではその間に3万人くらいは、連れ出されて殺されてんだぜ。
だから差し引き「8万人くらい」は安全区外から中に入ってきたと言うことだ。
夏淑琴さん事件は安全区の外側で起きた事件。

>「もし語るのであれば、「八歳の少女(夏淑琴)」は事実を語るべきであり、
・事実をありのままに語っているのであれば、証言に、食い違いの起こるはず
・もなかった」(P248)とまで言ってのけます。

・その相違点というのは、被害者が「11人」か「13人」か、事件後に家の
・中に隠れていた期間が「1週間」か「2週間」か、という、事の本質に関係
・のない、ほとんど、どうでもいいレベルのことです。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano111.html

182 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:35:12 ID:MigHzSt3
>>178
素朴に疑問

すると潜伏しながら攻撃の機会を狙い かつ未だ実行していない状態だとどうなる?

自衛隊のように攻撃が実行されるまで反撃できない?

183 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:36:13 ID:Rr3mt2zD
この際、えなりはただの荒し以下の存在です。
スルーして議論を続けてください。

184 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:37:17 ID:JgIk376D
兵士が相手の殺害や破壊活動を行う目的で軍服を脱ぎ捨て行動していたら
バーグ陸戦規定の兵士に該当しなくなるね。
当時は「テロリスト」という言葉は無かったようだが、
今日では「テロリスト」「ゲリラ」として扱われる。

手元にある「南京大虐殺否定論13のウソ」本でも、軍服を脱いだ兵士の処刑正当性を否定しきれないようで、
軍事法廷に図らなかったことが良くない という主張にすり替えられている

185 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:39:38 ID:JAhb9s3k
>>150
>おまえ、本当に前文にそう書いてあると思っているのか?
>その文章はどこから引っ張ってきた?

あなたはハーグ条約の前文は見たことが無いのかい?
現代文に訳したのではない、昔の文章があなたに理解できるかな。

>平和ヲ維持シ且諸国問ノ戦争ヲ防止スルノ方法ヲ講スルト同時ニ、其ノ所期
ニ反シ避クルコト能ハサル事件ノ為兵力ニ訴フルコトアルヘキ場合ニ付攻究ヲ
為スノ必要ナルコトヲ考慮シ、斯ノ如キ非常ノ場合ニ於テモ尚能ク人類ノ福利
ト文明ノ駸駸トシテ止ムコトナキ要求トニ副ハムコトヲ希望シ、之カ為戦争ニ
関スル一般ノ法規慣例ハ一層之ヲ精確ナラシムルヲ目的トシ、又ハ成ルヘク
戦争ノ惨害ヲ減殺スヘキ制限ヲ設クルヲ目的トシテ、之ヲ修正スルノ必要ヲ
認メ、千八百七十四年ノ比律悉会議ノ後ニ於テ、聰明仁慈ナル先見ヨリ出テ
タル前記ノ思想ヲ体シテ、陸戦ノ慣習ヲ制定スルヲ以テ目的トスル諸条規ヲ
採用シタル第一回平和会議ノ事業ヲ或点二於テ補充シ、且精確ニスルヲ必要ト
判定セリ。
http://homepage1.nifty.com/arai_kyo/intlaw/docs/hr.htm

186 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:40:42 ID:JgIk376D
>>185
おまえは引っ込んでろ
それ、>>136で書いてあることと違うじゃないか

187 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:43:07 ID:JAhb9s3k
>>153
>今だに言論統制うけてる中国人に、南京大虐殺の有無を調べることは無理な話。

南京裁判(中国戦犯裁判軍事法廷)は中国共産党政府じゃなく中国国民党政府
が行って調べたもの。
今台湾の野党になってるから聞いて見たらどうだ?

188 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:44:08 ID:Rr3mt2zD
>>186
完全スルーしましょうよ。
えなりの話はあてにならないけど、
今議論されている方々の話は非常に参考になる。

189 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:46:38 ID:D1fH0BGb
>>178
>交戦者資格がないってのは一般市民と同じ待遇を与えるということ。
>だから攻撃する権利もないし、攻撃される義務も負わない。

ここが理解できません。中国軍人が自らの意思で交戦者の資格を放棄したことは、
同意いただけますね。

にもかかわらず、潜伏という交戦行為を継続しているのは、交戦資格を有しないものが
交戦を継続していることにはならないのでしょうか。
交戦資格者の場合は、交戦であると言われてますよね。

資格を有していないにもかかわらず、交戦を継続しているのは、一般市民ではなく、
交戦資格なしに交戦を継続している不法交戦者ではないのでしょうか。

日本軍が攻撃できるのは、交戦資格者だけでしょうか。不法交戦者も攻撃対象である
と考えています。

190 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 22:48:54 ID:MigHzSt3
今すぐ教育TV

191 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:55:34 ID:JAhb9s3k
>>157
>比較的少数の中国兵しか補足されなかった。

何言ってんだよ。
2万人近くの中国兵捕虜を捕まえて、日本のマスコミに載ったのさえ知らんふりか。
情けないねここの否定派連中は!
捕まえすぎて、日本兵の食料さえないのに食料をどうしょうかと悩んでたの
さえ知らない馬鹿かい?

幕府山のチン参謀も可哀想だが、殺されたんだろうな。

>勝敗は時の運で仕方がありません、日本軍は私らの想像以上に強かつたのです
・私は紫金山要塞の参謀を努めてをり、南京戦の全戦局を語る資格を持ちません
・が、句容の一線が防げなかったのがそもそも失敗でした。

・私は奉天省生れで奉天中学の出身中国十五年(昭和七年)奉天の陸軍大学を
・卒業しましたが、満州事変には参加してをりません、後でいろいろ申上げます
・私の心が静まるまでこれ以上きいて下さいますな

・となかなかしつかりしたものだ、最後の記者が「今夜は食事を与へられるさう
・ですよ」とつけ加へると

・深謝します、私に自動車と護衛さへつけて下されば、富貴山砲台の地下室に
・何百俵と米を蓄へてあるところにご案内します、
http://www.geocities.jp/yu77799/bakuhuzan.html

192 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 22:58:52 ID:JAhb9s3k
>>157
>日本軍入城前の最後の数日間には 、疑いもなく彼ら自身の手によって、
>市民と財産に対する侵犯がおこなわれたのであった

当たり前のことだろ。
南京城を占領するまでは、中国軍の責任。
しかし占領後の大虐殺は、疑いも無く日本軍の責任。

193 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 23:08:04 ID:JAhb9s3k
>>166
>>40で引用したニューヨークタイムズの記事とかはどう?

これは中国人同士の喧嘩で、一方が相手を日本の憲兵に訴えただけで
ゲリラ活動の話じゃない無実の罪。
それじゃ証拠にはならんよ。
日本の新聞にさえ載らなかったのじゃないかな。

普通考えると大々的に日本マスコミが取り上げて、大宣伝するはずだがね。

>きょう哀れな愚か者が、大学の養蚕施設に
・ある難民キャンプに避難している男性のことを怒って、こと
・もあろうに日本兵を数人連れてきて、六挺のライフル銃が埋
・めてある場所を教えてしまった。激しいののしり合いがあっ
・て、四人の男性が連行された。うち一人は中国陸軍の大佐だっ
・たという忌まわしい罪をきせられた。彼がまだ生きていると
・は考えられない。
http://otd2.jbbs.livedoor.jp/mondou/bbs_plain?base=15503&range=1

194 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:08:09 ID:lv9rtWdx
>占領後の大虐殺は、疑いも無く日本軍の責任

大虐殺があればね。
あるかどうかの議論をしている中で、その言は無意味。

195 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 23:11:53 ID:JAhb9s3k
>>167
>敵軍兵士が、降伏することなく潜伏した場合、これを攻撃するためには

これを攻撃したのではなく、捕まえて縛り、裁判もせずに射殺が許されるかだ。
縛るとこまでは誰もおかしいとは思わないよ。
現場の兵隊が勝手に、殺すのがおかしいと言ってんだよ。
人間の品性としてね!

196 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:13:55 ID:xKQOc3zt
>>182
おそらく陸戦法規では手出しできない。
むしろ一般人としてそれはアリか?って気がするよ。
凶器準備集合罪みたいなのって無かったっけ?
陸戦法規じゃなくて、たぶん一般の刑法の範囲になると思う。

>>184
破壊活動が目的であると証明できたら便衣兵の違法を問うことができる。
でもそれが証明できるくらいなら軍事法廷を開ける余裕があるわけだから、
結局、即時射殺したのが違法と見なされるんじゃないかなと思う。

>>189
>中国軍人が自らの意思で交戦者の資格を放棄したことは、
>同意いただけますね。

ですね。

>にもかかわらず、潜伏という交戦行為を継続しているのは、交戦資格を有しないものが
>交戦を継続していることにはならないのでしょうか。

ならないです。
交戦者はごはん食べてるときでも攻撃される義務があるんだけど、
非交戦者もごはん食べてるとき攻撃されるべきかっていうと違いますよね。
同じ行為をしてるからといって非交戦者を交戦者と見なすのは無理があります。

>日本軍が攻撃できるのは、交戦資格者だけでしょうか。
>不法交戦者も攻撃対象であると考えています。

日本軍が攻撃できるのは交戦資格者だけです。
ただし、非交戦者による攻撃を受けた場合、正当防衛として反撃が認められます。
もちろん身柄を拘束したり身元を調査する余裕があるなら裁判にかけるべきで、
現場の判断で勝手に殺してはいけない。このへんが問われてるぽいですよ。

197 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:18:23 ID:xXecsE4s
>>195
日華事変勃発前に日本人が支那人に虐殺され、
南方戦線で日本兵も米軍や豪軍に虐殺されたワケだが。

あ、「証言」じゃないぞ。
特に米豪軍の虐殺については、かのリンドバーグが従軍日記を残してるから。
http://www27.tok2.com/home/hirom/creatures.html

そこまで日本軍の「虐殺」を非難するのなら
(あまりに確証の無い虐殺ばかりだけどな)
当然「悪の日本を倒してくれた連合軍」の「虐殺」も非難するんだろ?
でないとダブルスタンダードだぞ。

198 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:18:32 ID:0VW4MWjx
>資格を有していないにもかかわらず、交戦を継続しているのは、一般市民ではなく、
>交戦資格なしに交戦を継続している不法交戦者ではないのでしょうか。

交戦資格があれば、銃撃、殺傷、施設爆破等、通常なら犯罪(刑法違反)となる行為が免責される。
交戦資格無く、銃撃、殺傷、施設爆破等を行えば犯罪を構成し、処罰される。
交戦資格無く、通常なら犯罪に問われる行為を行わなければ、処罰される根拠は無い。

あなたは「交戦を継続」というコトバの拡大解釈をしてごまかしてますね。
犯罪を犯して逃走中の容疑者がひょっとこのお面を被って阿波踊りに紛れ込んでも、
それ自体を「犯罪の継続」とは言わない。したがって逃走、潜伏自体は罰せられない。
逆に違法な囮捜査は検察側が負ける場合もある。

199 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:20:09 ID:unTr0yTn
ふむふむ、だいぶ理解できたぞ!

まだ理解できないのは、なぜ、「日本兵」の違法行為 「だけ」が問題にされるかだな。

200 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:20:11 ID:D1fH0BGb
>>196
非交戦者(非交戦資格者?)=一般市民
非交戦者(非交戦資格者?)=一般市民+不法交戦者

どちらの意味でお使いでしょうか。

201 :>>182:2006/01/21(土) 23:21:10 ID:MigHzSt3
>>196

う〜ん
そうなるとイラクでのテロリスト狩家宅捜索(破壊あり)は違法だと国連の場で決議されそうなものだが・・・

202 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:25:26 ID:xKQOc3zt
>>199>>201
まあ、勝者は裁かれないからね…。
だからこそパル判事は南京虐殺の事実を認めつつも日本無罪を主張したんだ。

>>200
非交戦資格者のつもりで非交戦者と言ってます。

203 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:31:21 ID:JgIk376D
>>196
>日本軍が攻撃できるのは交戦資格者だけです。
その意見には与しかねる。

手元にある「クラウゼヴィッツの戦争論(レクラム版)によると、
軍事行動の目標は敵の無力化である。

占領地に兵器を隠し持っている兵士が存在する状況下は無力化が完了した状況とは
言いがたいから、掃討活動をせざるを得ない。通常は兵士は軍服をきているから
一般市民と区別することが出来るが、軍服を脱いで武器を携行している兵士は
兵力が無力化していないにもかかわらず、一般市民と区別が難しい。
南京関係の文献を読むと、軍帽の日焼け痕などを頼りに識別していたようだ。

以上のより、私の見解は以下の通りである。
・南京で一般市民に紛れ込んでいた便衣兵(=軍服を脱いで逃走中の兵士)を選別する行動は是認できる
・便衣兵は捕虜資格を有しないから捕虜とせずに処刑しても条約に反しない
・軍事法廷が必要だったかどうかについては意見が分かれる
・しかし便衣兵処刑を「虐殺」と呼ぶことは不適切である

204 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:32:16 ID:D1fH0BGb
>>198
潜伏が、交戦行為に含まれているというのが私の主張です。
交戦資格者が潜伏するのは、交戦行為ですか?そうではないのですか?


205 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:36:00 ID:MigHzSt3
負けたから有罪と言うのは政治力学上の話としてはよくわかる
フセインやミロシェビッチと同じで

しかしここは政治の話をするスレなのだろうか
それならばとっくに終了しているはず

206 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/21(土) 23:36:13 ID:JAhb9s3k
>>168
>わが便衣隊(ママ)が彼ら(日本人)に手榴弾をおみまいしたら、一度に
>10人か20人死んだ。

これが本当だったら、すごい勇気だ。いや蛮勇と言うべきか。
イタリア大使館に隠れて、コソコソ出て行ってウジャウジャ居る日本軍を攻撃
してたのかね。

でもそんなことをやったら、イタリア大使館に迷惑をかけるし追い出される
のが確実だろう。
何もしないで大人しく迷惑をかけないようにして、食事と寝床を与えてもらい
イタリア大使館がチャンスをみて、逃がしてやったと見るのが常識。

でもそれだと武勇伝にもならないし、少しは格好よく書きたくて無理に自分の
武勇伝を作ったのか、日本語翻訳がおかしいのかだろう。

日本の大使館だって、汪兆銘や孫文を時の権力者から保護したはずだが
人情として大使館が保護するのはわかるよ。
あなたが大使館員でも、追い出して殺してしまうかね?

207 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:42:09 ID:lv9rtWdx
相変わらず自分に都合の悪い文献資料だけ捏造指定ですか。

208 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:42:51 ID:UvyV3Sx6
 当たり前の話だが、軍属は軍属であって、例え軍服を着ようが着まいが、
一般人にはなりえない。





209 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:46:18 ID:xKQOc3zt
>>203
19世紀のクラウゼヴィッツは関係ないと思うよ。
ハーグ陸戦法規が発効したのは20世紀初めだから。

で、一般市民に紛れ込んだ敵兵を選別するのは当然なんだけど、
緊急性もなくて裁判抜きで即時射殺してしまうのはやっぱマズいっしょ。
軍服を脱いだだけなら交戦資格を失うだけで、違法行為じゃないよ。
オレが運転資格を持ってないからといって道交法違反じゃないのと同じだ。
もちろんオレが車を運転しちゃったりしたら違反だけどな。

なんかオレだけ1人で語ってるぽいなー。
たぶん邪魔だろうからそろそろ消えるよ。

210 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:50:18 ID:9VvcUgoA
>>209
いえいえ 邪魔なのはアホコテだけですから。

211 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:50:23 ID:MigHzSt3
かまへんよ〜

212 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:50:31 ID:JgIk376D
>>209
軍服を脱いだだけではなく、兵器を隠し持っていた兵士がいることが問題である。
南京を占領した側が兵士の武装解除を確認できていないから、
一般市民に武装兵士が紛れ込んでいたら、治安上の重大問題でしょ。
そういうことを理解せずに、現地の治安に責任ある側の「交戦資格あるなし」を問題にしてもだめですね。

213 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:53:16 ID:MigHzSt3
>運転資格を持ってないからといって道交法違反じゃないのと同じだ。
>もちろんオレが車を運転しちゃったりしたら違反

つけくわえるならば任意である検問における態度次第では公執妨害で逮捕もあると言う場合の「程度」かな


214 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:54:29 ID:UvyV3Sx6
>…住民に混入している便衣兵を摘出して、不穏分子の陰謀を封殺するとともに、
>速やかに秩序と安寧を恢復するにあった。

>調査の方法は、日支合同の委員会を構成し、日支立会のうえ一人ずつ審問し、
>検査し、委員が合議のうえで敗残兵なりや否やを判定し、常民には居住証明書
>を交付した。敗残兵と認定された者は、これを上海派遣軍司令部に引渡した。

>佐々木到一少々の『私記抄』より。

選別しなかったという根拠は?

215 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 23:57:50 ID:xKQOc3zt
じゃ、もうちょっとだけ。

ほんとは>>208が正解。>>164の部分ね。

>>212
非交戦資格者が武器を隠し持ってるだけじゃ陸戦法規違反にはならないと思うよ。
その武器で攻撃したら、その時点でアウトだけど。

216 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:02:41 ID:UvyV3Sx6
ちなみに、>>214 は恵也がよく使うサイトの

http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/16D/30ryo.html

を見ればわかるが、虐殺派のサイトでは見事にトリミングされている。
やることがせこいな。


217 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:06:32 ID:2T4VCdKh
>>215
平時において、武器を隠し持っている人の摘発は警察の役割だが、当時の南京の警察は機能していたのかな。

これは「証言」ですまぬが、福岡日々新聞の昭和14年12月10日付け紙面で、福岡日々新聞の南京支局で雇っていた
中国人の証言が「南京事件日本人48人の証言」にのっているが、
記者「何故警察に届けぬのだ」
黄「いいえ、それは無駄です。悪人は徒党を組んでいます。」
と言っている。

占領した日本軍が現地の警察機能を担当せざるを得ない状況に陥っていたものと考えられるが、
どうだろう?


218 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:07:27 ID:GAbuxiwY
>>170
>例えば、医師資格を有しないものが医療行為を行うと違法になると思うのですが。

ここでは敗残兵は戦闘行為をやってるわけじゃない。
逃げ回ってるだけだ。
医者で言えば、インターンは医師免許を持ってないから、パートさん並の金
しか払わないで、こき使って大儲けをしても良いというような、脱法行為が
便衣兵容疑者虐殺行為。

哲学を持たない守銭奴の論理だよ。
今のインターンは少しはマトモな給料を貰えるようになったけど。

>学校卒業後1年間のインターン(無給研修)が義務付けられ、国家試験を
・受ける資格を得るのはインターン終了後となりました。
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_690e.html

219 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:08:14 ID:t2kokZfk
>215
だいたい見えてきたぞな
つまりイラクのように男は皆銃を持っている国をイメージすればいいわけだ

それだけでは と

220 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:15:57 ID:9RCA/6XE
>>214
佐々木少将の手記を持ってるくらいなら
日本軍が捕虜や投降者を無差別に殺したことくらい知ってるでしょうにw

>>217
中国側の警察は機能してないよ。便衣兵扱いされちゃうくらいなんだから。
日本兵が警察機能を果たすとしても、無抵抗な相手を即時射殺したのはかばいきれない。
ほんとうはちゃんと裁判にかけないといけない。
実際に抵抗に遭ったなら正当防衛が主張できると思うけど。

221 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:18:37 ID:GAbuxiwY
>>177
>一般市民では無く、ただのテロリストやスパイと同じ扱いでよい。

テロリストでもスパイでも即殺して言い訳じゃない。
それなら一般市民をその容疑者として、兵隊はみんな殺せることになる。

裁判を受けさせて、その行為に従って処罰を受けるものだ。
容疑者というだけで殺せたら、その軍隊は暴走するよ。

ハーグ条約ではスパイも裁判を受けてから、処罰されることになってます。

>第30条:行動中に逮捕されたスパイは裁判によらずして処罰されることはない。

222 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:22:03 ID:mgCU4Lmc
>>220
敗残兵と便衣兵の区別ぐらいつけてからにしてね。

投降兵
 捕虜と認められない便衣兵を含む。
捕虜
 集団投降−戦闘間、武器を捨て、個人又は小グループで投降したもの。
 その取扱いは、当時の戦況により異なる。
敗残兵
 山間、家屋等に隠れて帝王する軍服着用者。敗残兵狩りで、最後には
 武器を捨てて投降したものも多いが、多く場合、戦闘員として処断された。
便衣兵
 抗日義勇軍、新四軍、遊撃隊のように当初からゲリラとして編成された
 部隊。戦闘間軍服を脱いで民服に着替え武器を隠し持った元兵士。
 この中には女・子供を含むこともあるが、便衣兵は国際法上の保護は
 受けられない。

証言による「南京戦史」より。

223 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:22:38 ID:GAbuxiwY
>>182
>すると潜伏しながら攻撃の機会を狙い かつ未だ実行していない状態だとどうなる?

逮捕して調べることは出来る。
処罰は裁判を行わないと出来ないけど、日本軍は勝手に容疑者段階で殺した。

224 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:26:06 ID:9RCA/6XE
>>222
区別しなかったのは日本軍だって話をしてるんだよ。
それと、煽りモードいらん。つまんないから。

225 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:26:37 ID:GAbuxiwY
>>186
>それ、>>136で書いてあることと違うじゃないか

現代文で誰にでもわかりやすく、翻訳したもの。
こんな古文みたいな文章じゃ、わからん人が多いだろ?

226 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:26:43 ID:t2kokZfk
>日本軍が捕虜や投降者を無差別に殺した
ならば生き残って後送された者がいる事と矛盾

また末端の独断を否定しきれるほどの猛者は流石にいない 
それこそ個々の検証などやってられんし

227 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:30:20 ID:t2kokZfk
>224

ワシが弁解する理由もないが 皆エナリの意味不明レスにイラついている
自分が言った事への聞かれた事には答えずスルーしてほとぼりが冷めた頃に繰り返すだけのスクリプトに

228 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:33:39 ID:9RCA/6XE
>>226
南京事件は計画的に起こされたんじゃない。偶発的に起こった。
だから部隊によって判断が違い、捕虜給養に努める部隊もあったし、
片っ端から処断していく部隊もあったんだよ。
なかには軍上層に捕虜の処置方法を問い合わせたら、
殺せと言われて困惑したという部隊もあった。

ところで、ID:9RCA/6XE=ID:xKQOc3ztね。

229 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:37:08 ID:mgCU4Lmc
おや、佐々木少将の手記を見れば、>>220 のとおり、捕虜や投降兵が
対象であって、便衣兵について「無差別に殺したこと」などないが?

230 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:38:43 ID:t2kokZfk
そうだからこそ個々の部隊に選択肢があったわけで

つまり国家/軍組織全体としての責任は
最大に見積もっても管理不行き届き

231 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:39:42 ID:GAbuxiwY
>>189
>潜伏という交戦行為を継続しているのは

潜伏というべきものじゃない。
降伏したら殺されるから、逃げ回ってる正当防衛というべき。
それも容疑者を後ろ手に縛って、抵抗できないようにして殺すのを
交戦行為とは言わない。虐殺行為という。

品格も無い、武士道精神も無い最低の日本人として情けない行為。

>遂に二万の内三分の一、七千人を今日揚子江畔にて銃殺と決し護衛に行く、
・そして全部処分を終る、生き残りを銃剣にて刺殺する。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano73.html

232 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:42:18 ID:9RCA/6XE
>>229
佐々木手記のいう「敗兵」ってのは、ここでいう便衣兵のことだよ。

>12月26日
>城内の粛清は土民に混ぜる敗兵を摘出して不穏分子の陰謀を封殺するに在ると云々

それにこっちは佐々木手記のみに依拠してるわけじゃないんで悪しからず。

>>230
おおむね同感です。

233 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:44:49 ID:GAbuxiwY
>>189
>交戦資格なしに交戦を継続している不法交戦者ではないのでしょうか。

何が不法交戦者だ!
たとえ相手を殺しても無罪になるのが「正当防衛」
逃げ回って「正当防衛してる相手」に不法とはなんて頭の構造してんだ。
あんたには人間的温かみのある哲学が無い。

234 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:46:27 ID:t2kokZfk
まぁ普通に考えて「人の話も聴いて」組み立てていけばこの辺に落ち着く話なんだと思うが

何で脳内ワールドに引篭もって外界から遮断された者には理解できないのだろう

(透明でもレス番が飛びまくるのは不快だ)

235 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:50:08 ID:GAbuxiwY
>>197
>当然「悪の日本を倒してくれた連合軍」の「虐殺」も非難するんだろ?

当たり前の話。
でも相手は戦争に勝ったから、処罰する組織が出来ないということだ。
虐殺した相手を非難は出来ても、処罰は出来ん。

236 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:55:42 ID:mgCU4Lmc
>>232
>それにこっちは佐々木手記のみに依拠してるわけじゃないんで

ありゃ、逃げちゃったか・・・つまらん(´・ω・`)

237 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 00:59:46 ID:GAbuxiwY
>>212
>軍服を脱いだだけではなく、兵器を隠し持っていた兵士がいることが問題である。

軍服を脱いで、武器を捨てて隠れてたんだよ。
武器を持ってては、安全区に入れてもらえません。

238 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:08:53 ID:9RCA/6XE
もう寝るよ。相手してくれてありがとう。またね。

239 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:13:44 ID:0WdvJYXK
誰か英語のできる人、
クリント・イーストウッドにこのスレ訳して教えてあげて・゚・(ノД`)・゚・。

240 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:15:21 ID:t2kokZfk
大阪弁のスティーブン・セガールに頼めばいんでねの?

241 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 01:15:22 ID:GAbuxiwY
>>214
>選別しなかったという根拠は?

一般市民と元兵隊を選別したのも有るけど、してないのもある。
元兵隊に向かって、自首したら助けるといったのに、処刑したのもある。
これが日本の将校かね!!!

>「自首すれば生命だけは保証すると約束しながら、日本軍はその約束を破って
・処刑した」という話の信憑性まで否定してしまうのは、いささか強引でしょう。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano141.html

242 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:16:25 ID:2tEwmNuN
>>235
おまえが国民党軍や共産党軍や現在の米軍を
非難しているところを見た覚えはないなあ。

「国民を守れないのは恥ではない」なんて珍説までぶっぱなして
国民党軍をかばったのは知ってるけどwww

243 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:17:25 ID:s17xw9O+
恵也ってチョンか支那?
か、北京詣でが好きなバカ?
人口比で見ても虐殺はありえないし、依然の国民党軍の虐殺行為を考慮すれば、南京虐殺自体が、国民党軍の焦土化作戦の一環であり、責任転化の証拠でしょ。
イデオロギーに洗脳されたバカは、オウムのバカ信者と同じだよ、

244 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:20:56 ID:rWfifNcv
武器を捨て、軍服を脱ぎ、一般市民に紛れ込み、戦闘員としての延命を図るか・・・

さぞ日本軍はやり難かったろうな。

245 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:21:35 ID:4oo5UMch
>>243
恵也って誰?
そんな人カキコしてるの?

246 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:23:04 ID:BWbrRvVo
恵也さんが主張しているのは何万人説ですか?
初歩的な質問すみません。

247 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:25:23 ID:BPauZwmi
>>173
更に部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?
かような小手先の低俗な戦術は、そう長続きしないと思いますが?

>間違い!
>これはメイン抜粋と言う。
>メインの話がオモチャでは話になってないと言うころなんだがね。
こういうのを「言葉遊び」と言いますね。
誘導目的なのでしょうが、通じませんので悪しからず。

>20万人も集まって食料がまったく足らないのに、それ以上の中国人の
>心配したって屁のツッパリにもならんだろう。
>時間の無駄以外に、なんか役に立つとでも言いたいのかね。
貴方個人の主観による憶測ですし、安全区委員会の方々に失礼です。

繰り返し質問します。
本来の論点は南京城内の人口問題の筈です。複数の第三国公式機関の公式報告書を
覆す論証は、まだ見つからないのですか?
でしたら、いまのうちに間違いをお認めになることをお勧めしておきますが?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?




248 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:27:52 ID:uwD1Yozw

100戦100敗の常敗将軍がいらっしゃるスレはこちらでしょうか?


249 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:29:31 ID:s17xw9O+
恵也知らないバカがいる
恵也=北京生まれ北京育ちの23才。中共に洗脳され日本国民分断作戦に従事中。現在の役職は、人民解放軍対日工作部IN課2C専主任。

250 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:29:44 ID:BPauZwmi
>>175
>間違い!
>本来の問題は、南京で抵抗もしない捕虜や、敗残兵容疑者を日本軍が大量に
>殺したのかどうかだ、人口はその中で出てきた話。
>本来の論点を間違わないように。
いいえ、間違っていませんよ。
話の発端は「安全区の外にほとんど人がいない根拠。(>>12)」ですから。

>第三国の公式機関にも、戦争で大混乱の中では南京市全体の人口なんて
>調べる為の、時間も金も人手も何も持ち合わせてない。
>そんな公式機関の数字なんて、屁みたいなもの。

繰り返し質問します。
本来の論点は南京城内の人口問題の筈です。複数の第三国公式機関の公式報告書を
覆す論証は、まだ見つからないのですか?
でしたら、いまのうちに間違いをお認めになることをお勧めしておきますが?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


251 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:31:12 ID:t2kokZfk
メイン抜粋ってなんでせう?

252 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:33:30 ID:4oo5UMch
>>249
ヒント:あぼーん推奨の含意

>>251
Results 1 - 8 of about 13 Japanese pages for "メイン抜粋". (0.43 seconds)
あまり一般的な語句ではないようですな

253 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:34:41 ID:BPauZwmi
>>181

ですから、御自身の憶測を確定事項のように仰らないでくださいと何度もお願いしてるんですが?
それとも、もはや印象操作以外のカードが無いのですか?

>逆だよ。
>西洋人の目の届く範囲の安全区のほうが、他の南京城区や城外よりも安全な
>のが判ったからワンサカと安全区に集まってしまったの。
>それで20万人から25万人くらいに増えた。

敵国であり侵攻軍である日本軍の制圧地区を通過して、ですか?

>それでも安全区ではその間に3万人くらいは、連れ出されて殺されてんだぜ。
>だから差し引き「8万人くらい」は安全区外から中に入ってきたと言うことだ。

それは「虐殺ありき」が前提の主張であり、組織的大虐殺が立証されない限り無意味な論理です。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


254 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:36:38 ID:BPauZwmi
>>191
はい?
文句があるなら、アメリカ政府にどうぞ。
日本人が書いたわけではありませんし。


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


255 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:40:32 ID:BPauZwmi
>>192
またもや部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?

更にこれは論点ずらしですね?
小手先の低俗な戦術は、そう長続きしないと思いますが?

現在、この資料は便衣兵存在の立証に使用されています。
だれも「赤信号、皆で渡れば……」という話に用いているわけではありません。
もうちょっと落ちついた方が良いですよ?
それとも、もはや横やりを入れて印象操作をしないと戦線を維持できない状態なんですか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


256 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:45:22 ID:BPauZwmi
っと、こちらも見落としておいでのようなので、改めてレスさせて頂きますね?
まさか、都合が悪いから無視しているわけでもないでしょうし。

>>134
またもや部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?

>日本軍がしたのは、それじゃないだろう。
>敗残兵容疑者を縛って、抵抗できなくして発砲したこと。
>あなたもそんな卑怯な事をするような、品性の持ち主かね?

その質問は、先の私の疑問を解決してから出すべきだと思いませんか?
どうやら見落としておいでの様なので、もう一度質問させて頂きますね?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『指揮官の命令に従って、専属部隊の一員として作戦要項の通りに「詭計」を行う目的で
便衣行為を行うことは認められています。その命令書なり作戦資料を併用できれば
立証可能なので、是非とも提示して頂きたいのですが?』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


257 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:46:09 ID:s17xw9O+
で、今、南京城付近の長江の川底さらいをすると、30万近くの人骨がでてくるって訳たらね。

戦後60年たっても、川底さらってなのかい?

だって、虐殺なんてなかったんだもん…支那人

258 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:46:48 ID:FamFnAeo
■■■元「慰安婦」の女性を支えて■■■

慰安婦問題の提言をつくり、他のアジアの被害国と連携し、国連への働きかけ
などをしたいです。多くの国と連携し、日本政府に抗議し、罪を認めてもらうため
の活動をおこないます。
天皇の犯した罪を認め、正しい歴史をふりかえることはとても大切なことだと
思います。問題をくりかえさない、ということで。日本の、アジア・フォーラムや
台湾の「慰安婦」裁判を支援する会などの支援団体に感謝します。ありがとう
ございました。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/asiaforum3tama/23359287.html

259 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:51:25 ID:UmUi2jAQ
>>258
スレ違いですね。

260 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 01:52:41 ID:s17xw9O+
慰安婦って、もともと女廊や、売春婦なのよ。
金に釣られて兵隊の相手したのに、いまさら被害者ズラって…
ナイス…捏造大好きちょん公

261 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 02:05:23 ID:rWfifNcv
でも朝鮮人仲買人に売られた娘もいるんよ、朝鮮人相手より待遇は良かったみたいだけどね
(日本人は身の上話を聞くともらい泣きして余分に金を渡すそうな)

まぁ、朝鮮には女を商品として育てる村もあったようだから売春事業など仕方の無い風習なのかも
(韓国映画シバジなどはもっと酷い)

262 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 02:14:18 ID:s17xw9O+
朝鮮なんて国、有史以来属国の奴隷扱いしかされてなかったしね。
独立させてもらった日本に恩を感じない時点で、畜生以下決定

日清戦争の条約みれば明白

263 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 02:36:33 ID:s17xw9O+
で、恵也くん
30万以上の人骨はありましたか?
何よりの物証…

南京城周辺か長江の川底にあるでしょ。まだ見つかってないしね…

264 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 02:43:28 ID:rWfifNcv
恵也、俺決めたよ。
お前は中国が何と言おうと、どんな証拠を持って来ようと
信じないし検討もしない、

http://ime.st/www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

中国人、特に政府は一般人の命など何とも思っていない、精々仲良くやってくれ
(心臓の悪い人は見るな)

265 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 02:50:42 ID:mgCU4Lmc
>>241
残念ながら、そのサイトの内容からでは、「元兵隊に向かって、
自首したら助けるといったのに、処刑したのもある」根拠になら
ないな。

なんと言っても、「二、三百人の死体」の存在を立証できず、
「三○○○体の遺体」も、「城壁の上からは死体は見えなかった」
のだから、存在を立証できてないしなー

266 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 02:50:59 ID:huh/v282
>>264
30年前の学生運動のノリだな W
早く目を覚ませよ

267 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 03:09:04 ID:i9DFaSHE
うるせえジジイ

268 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 04:17:36 ID:EwV7a7W2
ドイツの連合軍捕虜死亡率 7%
ドイツ・イタリアの連合軍死亡率 4%
シベリア抑留の日本軍死亡率約10〜18%
日本軍クワイ河捕虜収容所の連合軍死亡率30%
アジア地域英軍捕虜死亡率25-28%
オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、アメリカ、オランダの連合国の捕虜総数132134名。死亡率27%
ドイツ軍収容所のソ連軍の捕虜死亡率50%

>日本軍の捕虜の死亡率は高く ナチスドイツの捕虜と比べ7倍以上の死亡率を出した。
>英軍が第二次世界大戦中に経験した苛酷な戦い、例えばノルマンディー上陸作戦やビルマ戦などと比較してもはるかに高い数値でした
>第二次世界大戦で日本軍の捕虜になった米軍人2万7465人のうち1万1107人が死亡。ドイツ軍捕虜になった9万3941人のうちの死者は1121人。
>東京裁判で明らかになったことだが、日本軍の捕虜の死亡率は約30%。殺人者集団のイメージが強いナチスドイツであるが、それはユダヤ人強制労働収容所があったからで、戦争捕虜の死亡率はナチスでさえ4%だった。
>各国比較して捕虜の死亡率が20%超えているのは日本だけ。ソ連のシベリア抑留が過酷だったというけれど、死亡率は10%に行っていません。
>ボルネイ島の中のこの日本軍のキャンプでは、オーストラリア軍捕虜の死亡率はほぼ100%。

269 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 06:35:57 ID:s17xw9O+
シベリア抑留10%-18%って大雑把すぎなか?
そんないいかげんな数字だすなよ。
はずかしいから…

270 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 07:09:43 ID:mgCU4Lmc
 「わが軍の兵士たちは、日本兵の捕虜や投降しようとしている者を射殺すること
を何とも思っていない。彼らは日本人を動物以下のものとして取り扱い、それら
の行為がほとんどみんなから大目に見られている」

 リンドバーグの『日記』には、上の文面の具体例が、自身の目撃談やアメリカ
軍将兵の話としていくつも書き込まれている。たとえば、現地での将校たちとの
会談で、「どうも日本兵の捕虜の人数が少ない」という話題になったときの会話。

 「『捕虜にしたければいくらでも捕虜にできる』と将校が応えた。『ところが、わ
が方の連中は捕虜を取りたがらないのだ』『(パラシュートで降下してきた日本
航空兵を──筆者注)二千人ぐらい捕虜にした。しかし、本部に引き立てられ
たのはたった百か二百だった。残りのにはちょっとした出来事があった。もし戦
友が飛行場に連れて行かれ、機関銃の乱射を受けたと聞いたら、投降を奨励
することにはならんだろう』

 『あるいは両手を挙げて出てきたのに撃ち殺されたのではね』と別の将校が
調子を合わせる」

 さらに、日本兵捕虜の虐殺は何も自分たちだけではない、というアメリカ兵
の談話。

 「『オーストラリアの連中はもっとひどい。日本軍の捕虜を輸送機で南の方
に送らねばならなくなったときの話を知っているかね? あるパイロットなど、
僕にこういったものだ。捕虜を機上から突き落とし、ジャップは途中でハラキリ
をやっちまったと報告しただけの話さ』」

(『リンドバーグ第二次大戦日記』上・下、新潮社)

271 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 07:15:06 ID:mgCU4Lmc
 「『もし、われわれが負けていたら、私は戦争犯罪者として裁かれただろう。
幸い、私は勝者の方に属していた』

 六〇年前の三月一〇日未明、東京の下町を焦土と化した大空襲の指揮を
とったカーチス・ルメイ米司令官が、後年語った言葉である。

 東京大空襲は、初めから一般市民を主目標にした大量虐殺作戦だった。
明らかな国際法違反である。軍事関連施設に目標を絞った爆撃で成果を
上げることができなかった米軍は、焼夷弾を使って市街地を焼き払い日本
国民の戦意をそぐ作戦に転じていた。

 木造住宅密集地が火の海となり、約一〇万人の生命が奪われた。犠牲
者は、欧州最大規模の英米によるドイツ・ドレスデン爆撃を上回る。

 東京大空襲で“成功”した米国は、三月一二日に名古屋、一三、一四に
は大阪へと軍民無差別爆撃の対象を広げて行く。終戦までに一五〇前後
の都市が空襲され、犠牲者は五〇万人に上った」

        平成十七年三月十日付「読売新聞」の社説(ルメイの犯罪)

272 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 07:34:42 ID:mgCU4Lmc
 アルハンゲリスキー氏は、現役引退後もその調査を継続し、ソ連崩壊後の平成十二年
(二〇〇〇年)、自らの良心に基づき『シベリアの「原爆」』と題された著書を通じて、その調査
結果を公表したのだった(邦訳『プリンス近衛殺人事件』新潮社)。

(略)アルハンゲリスキー氏は、現役引退後もその調査を継続し、ソ連崩壊後の平成十二年
(二〇〇〇年)、自らの良心に基づき『シベリアの「原爆」』と題された著書を通じて、その調査
結果を公表したのだった(邦訳『プリンス近衛殺人事件』新潮社)。

 氏が当時の機密文書や資料によって最終的に推計した数字は、民間人と軍人を合わせて
抑留者二百五十万人以上というものである。ただ、推量を差し挟むことを控え、氏が明らか
にした当時のソ連公文書などに基づくだけでも抑留者は百五万人以上、虐殺された人数は
三十七万人以上にも達する。

 しかも、アルハンゲリスキー氏は、同署の中でソ連による日本人虐殺の証拠隠滅につい
ても明らかにしている。

 ソ連に点在するおびただしい数のラーゲリ近辺には、そこで亡くなった日本人の墓地が同
胞たちによってつくられた。名ばかりの墓地とはいえ、累々と連なる木や石の墓碑は、死者
の数の動かぬ証拠となるものだ。

 その日本人墓地を国際世論がソ連の蛮行に目を向けはじめた一九五〇年代に、なんと
ソ連は、外国人に公開するために指定されたわずかな墓地を除き、ことごとく破壊し尽くした
のである。アルハンゲリスキー氏は、具体的な史料を得たイルクーツクでの惨状を次のよう
に書き記している。

 「人骨を蹴散らし、ブルドーザーやトラクターが走り回り、埋葬地は道路や住宅団地、菜
園と化し、人造湖の湖底に沈んだ。イルクーツク州では、一九五〇から五四までに七十五
ヵ所の日本人埋葬地が消滅した。否、抹殺された」と。

                         『戦後六十年の大嘘』 前野徹著 徳間書店



273 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 09:41:44 ID:1+PoGF5Q
>>226
>ならば生き残って後送された者がいる事と矛盾

中国兵の捕虜で後方に移送された者は、例外と言うべき極少数。
矛盾とはイワンよ。
南京戦の中国兵の捕虜は何人、生き残っているんだろう。
15万人くらいが戦ったはずだが。

274 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:05:37 ID:hMC+bFBj
>>273
>15万人くらいが戦ったはずだが。

その答えは簡単だよ。
戦闘や支那の暴虐で死んだ人=紅卍字会の埋葬数=4万人マイナス
便衣兵掃討=6000人くらい
日本軍の組織的な軍民無差別虐殺=痕跡なし=0
のこりは逃げた人と解放された捕虜でしょ。

275 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:06:54 ID:hMC+bFBj
>>268

せめてさぁ、ソースだそうよ。
勝手に数字を上げるだけなら誰でも出来るんだしさ。

276 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:14:01 ID:BPauZwmi
>>273
>南京戦の中国兵の捕虜は何人、生き残っているんだろう。
>15万人くらいが戦ったはずだが。

あらあら?
なんだか主張内容が変わってませんか?
---------------------------------------------------------------------------------
恵也 ◆o4NEPA8feA :2005/12/25(日) 02:56:18 ID:O0qAEo5+
>>503
>それとも、30万人の内訳の殆どは軍人だったのかなー?

軍人は少ないでしょう。
中国軍が南京に残した兵隊は、5万人と聞く。
上海戦からの敗残兵も南京の側にいた筈だし、南京から逃げることの出来た
兵隊もいた筈だからセイゼイ最高で5万人というとこだろう。

--------------------------------------------------------------------------------
こういうダブルスタンダードを行うと御自身の信用に関わりますよ?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


277 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:43:37 ID:t2kokZfk
>>275
ワンパターンの印象操作スクリプトだし

母数が異なるものから割合だけを拾っても無意味
100人に1人でも100万人に1万人でも%は同じ

でも絶対数は

278 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:50:32 ID:SflPD0a9
えなりは完全スルーでいいんじゃないか?
議論にならんし・・・

279 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 11:43:49 ID:1+PoGF5Q
>>242
>おまえが国民党軍や共産党軍や現在の米軍を
>非難しているところを見た覚えはないなあ。

イラク板ではハマってしまってずいぶん米軍を非難してたけど、見なかっ
たようだね。
南京虐殺では国民党や共産党は殺される立場だから、非難といっても
被害者を非難してもね。

非難は加害者に与えるもので、被害者に与えるものは同情だろう。
あなたにはそこの所が理解できないようだ。

セカンドレイプって知ってるかい?
どんな人にも過失はあるもの、あなたは被害者の過失を非難して、加害者
を擁護したいのかな。

悪をした人を擁護しても、悪の仲間になる感じで、俺の好みじゃない。
俺にも悪の素質はあるものでね!

280 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 11:45:53 ID:xENCMgCq
もうね、エナリは都合の悪いことは無視しないで、きちんと回答だせよ。


281 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 11:50:14 ID:xENCMgCq
セカンドレイプとは、強姦の被害にあった人がその救済を求めて法的に申立てをした場合に、
刑事事件として取り調べられ、公開の法廷で事実を明らかにされ、
反対尋問を受け、また民事事件では相手方に反論され、同じく公開法廷での手続を余儀なくされ、
さらには世間からの偏見や好奇の目にさらされて、
性的な尊厳を再度ふみにじられることをいう。

セカンドレイプ:
 最近の作家か誰か、有名な知識人が作った言葉だと思うが、強姦(レイプ)された女性に対して、
社会が好奇の目で見、強姦されたのは被害者にも落ち度があったのではないか、
という偏見で接することを言う。まさしく、社会からの「2度目の強姦(セカンドレイプ)」である。
悪いのはいずれにせよ強姦をした男であって、絶対に被害者の女性が悪いのではない。
むろん、女性が男性を陥れるためにそういう状況に持っていくようなケースもあるだろうが、
それはまた別の話である。

。゚( ゚^∀^゚)σ゚。
捏造している香具師を非難してはいけないのでつかw

282 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 11:52:20 ID:2tEwmNuN
なんとなくエナリのスタンスが見えたような気がする。
要するに、殺した方が絶対悪で、殺された方に
非難される要素は一切無いと思ってるんだ。
軍隊が弱い・負けるって事はそれだけで重罪なのに。

283 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 12:02:48 ID:1+PoGF5Q
>>244
>武器を捨て、軍服を脱ぎ、一般市民に紛れ込み、戦闘員としての延命を図るか・・・

戦闘員といえど人間なんだよ。
市民として日本軍に触れ、国民党政権よりも日本政権の方が中国人は暮らしやすい
と思わせるほどの善政が出来れば、その戦闘員も日本ビイキになったろうに。

それが一般市民ごとまとめて殺すような品格の無い軍隊じゃ、話にならん。
ジンギスカンの軍隊は、その点、非常にうまくやったんだよ。
南京を占領した日本軍指導部と同じ様な誤解してる人間が多いが・・・・

284 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:10:25 ID:xENCMgCq
>283
貴方の言う「戦闘員」というのは軍属ですか?
それとも、抗日組織に属し戦闘行為を行っている人のことですか?
はたまた、一般ピープルの抗日民間人のことですか?

どちらにしても、「戦闘員として延命を図る」に反論がなく、
「その戦闘員も日本ビイキになったろうに」とまで言い切っているのだから、
戦闘行為を行っている(起こそうとしている)人というのが良くわかりました。


285 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:12:09 ID:3PvgWwi3
>283
国際法で話をしてほしい。

286 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:12:19 ID:2tEwmNuN
>>283
どう見ても人民の海に飲み込まれます。
本当にありがとうございました。

287 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:12:34 ID:x5zVZG+t
>>283
設問@
その定義を日本軍に当てはめ、日本軍による偶発的事件として南京事件を正当化しなさい

288 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:16:53 ID:PpM/6yBE
南京のおかげでお前らはヒマ潰しが尽きない。
賛否者込みで南京に感謝だな

289 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:19:52 ID:BPauZwmi
>>283
兵隊さんは、特に戦争時においては市民を守るのがお仕事です。

>戦闘員といえど人間なんだよ。
そうですね、兵士として最低の倫理観しか持ち合わせていなくても生物学的には人間ですね。

市民を守るという義務を途中で勝手に投げ出し、
市民に襲いかかって衣服を剥いで、
市民の中に紛れ込んで、市民の死傷率を上昇させ、
市民の被害を全て日本軍になすりつける。

いやはや、立派な兵隊さんですね。
軍隊自体の教育体制や、現場指揮官の指揮能力まで疑いたくなってしまいます。

>市民として日本軍に触れ、国民党政権よりも日本政権の方が中国人は暮らしやすい
>と思わせるほどの善政が出来れば、その戦闘員も日本ビイキになったろうに。

そんなものは「if」のお話、現実には彼らは軍籍を持ったまま市民の避難や誘導も満足に行わ
ないまま敵前逃亡を実行し、あろうことか追い剥ぎまがいの蛮行に及び、果ては軍民識別義務
すら果たさず、市民を戦争に巻き込んでしまっただけです。


290 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 12:22:44 ID:x5zVZG+t
まぁ、日本軍とは質が全く違いますからね
ttp://ime.st/www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml
最近の中国軍 残酷です注意されたし

291 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 13:03:09 ID:27c45sMG
南京大虐殺は無い!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1135721688/

292 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 13:27:13 ID:1+PoGF5Q
>>276
>なんだか主張内容が変わってませんか?

まったく変わってないけど。
南京で30万人以上の遺体が出たが、その中の軍人は5万人くらい。
南京で戦った中国軍兵士の数は15万人くらい。
何かおかしいかい??

293 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 13:29:35 ID:MK0Kh7B6

【映画】 「南京事件」、ハリウッド映画に。世界同時公開へ…日本人による殺害行為を描く★7
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1137768202/


294 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 13:43:02 ID:1+PoGF5Q
>>282
>軍隊が弱い・負けるって事はそれだけで重罪なのに。

何で重罪なんだ??
今の自衛隊が、アメリカやロシア、中国と戦闘行為に入ったら、まず負けるでしょう
それを重罪だなんて言えるのかね。
むしろ政治家の罪で、軍隊の罪ではない。

敵が強ければ負けるのは当たり前で、重罪じゃないよ。
しかし自衛隊がイラクで、イラン人を捕まえ縛ってから、テロ容疑者だと勝手な
理屈をつけて殺してしまったら、殺した人間も指導した人間も重罪だろう。

勝ち負けで罪が決まるものじゃない。
重罪を犯しても、勝ったら罪にはなるがまず、処罰はめったにされん。
負けたら完璧に、ケツの穴まで拡げて調査され極刑にされる。
でも中学生クラスの知恵しか持たない連中からは「証拠が無い」なんて屁理屈
つけて弁護されるだろうね。

295 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 13:49:50 ID:1+PoGF5Q
>>284
>貴方の言う「戦闘員」というのは軍属ですか?

軍属もだが、ゲリラもスパイも武器を持って戦ってる全員を指す。
武器を持たない連中は市民だよ。

戦闘員が武器を捨て、降伏し捕まったら捕虜。
言葉は単純明快にイメージの元で使ってくれ。
アヤフヤに使っては、自分自身が自分の言葉に騙されてしまうぜ。

296 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 14:00:11 ID:1+PoGF5Q
>>286
>どう見ても人民の海に飲み込まれます。

人民の海を味方に引き込んでこそ、みんなに支持されるもの。
気に入らん人間を容疑者の段階でどんどん殺してては、浮き上がって大地で
日干しになる。

俺はどちらかと言うとスイスの政治体制が理想的。
小さな公共事業でさえも、住民投票でみんなが意思表示できる。
税金取られるだけで、エライサンの懐だけが暖かくなる政治体制には飽きあきだ。

>ここには、国民に選ばれた代議士が決定することは「すべて国民の意思である」
・などとする硬直した考えはない。

・同じようにこの150年間に44件が採択され、55件が否決された。連邦
・議会が決定した事柄の45%を国民が投票で葬り去ったといえば言い過ぎだ
・が、国民が異議を申し立てた案件にかぎれば、そういうことになる
http://www.yorozubp.com/0001/000121.htm

297 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:03:53 ID:xENCMgCq
>295
貴方の言い方だと、
軍の命令なしに軍服を脱ぎ捨て、武器を捨て投降しないで市民に紛れ込んで逃げるのは、
問題無いと言うことなのですね。
ifだが、エナリ軍の人達は戦闘状況が不利になったと自分が思ったら、
エナリの命令なしに市民を守らずに軍服を脱ぎ捨て、武器を捨て投降という手段をとらないで、
市民に紛れ込み自分の命だけを守れば良いということですね。
エナリの軍の考え方がわかってきた。


298 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 14:17:11 ID:1+PoGF5Q
>>289
>兵隊さんは、特に戦争時においては市民を守るのがお仕事です。

それは建前。
本音と建前を混同しないように。
戦争時においては、一番のお仕事は国家体制を守ること。

敵前逃亡をしようが、軍民識別を無視しようが、市民が戦争に巻き込まれようが
国家体制を守ることが軍隊の義務。
そこを納得して兵隊さんを見ないと、机上の空論。

市民でもある兵隊に対して「虜囚の辱めを受けるな」なんて洗脳を行ったのも
国家体制を守る為に強い兵隊を作りたかったからなんだぜ。

だから怪我をした兵隊に青酸カリを配り、自決させたんだよ。
すぐ死ぬから、大して苦しまないとかデマを飛ばして飲ませたようだが・・・

>青酸カリを飲むと、まず食道にヤケドをおい、大量の血を吐く。
・それから体内に吸収され、血液中のヘモグロビンと強く引き合い、酸素を取
・り込めなくする。窒息させるのだ。

・摂取後5分で死に至るが、その間、指と胸が血だらけになるくらいに胸をかき
・むしりながらうめき声を上げるという。
・仮に運よく助かっても脳にダメージを与えるために後遺症も残る。
http://www.wako.ac.jp/hattatsu/prosemi2001/okinawa03.html

299 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:33:10 ID:PpM/6yBE
近代に至るまで、なぜ徴兵制が成立しなかったかわかるか。
徴兵制を敷くということは武器を扱う特権制を全員に与えてしまうこと。
つまりどんな人間でも、すべて反政府ゲラに成り得るということ。
兵士=国家の洗脳なんて考えは、日本ならではの平和ボケ。
チャップリンの独裁者でも、ラストの長演説は兵士に向けての呼びかけ。
兵士は市民を護るのが事実であり、当時の兵士も故郷の自分の家族知人を考えて
戦った。国家的建前論なんて存在しない。


300 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:34:03 ID:PpM/6yBE
ゲラ→わかるだろ大体

301 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 14:34:16 ID:1+PoGF5Q
>>297
>市民に紛れ込み自分の命だけを守れば良いということですね。

人間はみんな自分の命が一番大切なもの。
それが本音じゃないかね。
人のために死ねる人もいるようだが、イザとなったらどれだけの方が実行できるか
人間は自分に対する”言い訳の天才”

自分の理想的行動を自分に強制するのならともかく、他人に強制して非難するのは
臭い匂いのするグズに過ぎん。

沖縄では、市民が入ってる防空壕を軍隊が戦闘中に占拠し追い出したという。
国家の為には市民の命を残すより、兵隊の命が役に立つと言う思想のようだが
南京虐殺して沖縄に飛ばされた兵隊連中らしい行動だ。

>多くの住民が日本兵によって直接、間接的に殺害されています。
・スパイ容疑による殺害、投降者の後方射殺、「作戦」のじゃまになると住民
・を避難壕から追い出す、「自決」の強要、夜間斬り込みや艦砲の下への食料
・調達など危険な任務へ住民を協力させる、かえって危険な疎開を強制する、
・などなど
・住民の避難するガマに日本兵がやってきて、「俺たちが死んだら誰が国を守
・るんだ」といって艦砲射撃の降るなかへと住民を追い出しました。
http://kyoto-getto.hp.infoseek.co.jp/okinawa/war/war2/war2k.html

302 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:39:55 ID:PpM/6yBE
お前は車に轢かれそうな子供を見付けたとき(お前自身の度胸は別として)、
それを助けようとして子供を突きとばしに行ったら、結果としてその子供が
別の車に跳ね飛ばされたら、お前ならどう責任を取るんだ。
強引な行動も時には必要であり、その結果悪い結果が出ることもある。
それを一面だけ捉えて言いたい放題は、自分の義心行動経験の無さを
物語る。

303 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 14:41:28 ID:1+PoGF5Q
>>299
>兵士は市民を護るのが事実であり、当時の兵士も故郷の自分の家族知人を考えて
>戦った。

新兵のときはそうでも、戦争の中で時間が過ぎ、心がすさむと惰性で動くもの。
特に上官の命令には、めったに逆らえんよ。

>中隊長命により、農村といえども、女も子どもも片っ端から突き殺す。
・残酷の極みなり。一度に、50人、60人。かわいい娘、無邪気な子ども。
・泣き叫び手を合わせる。こんな無残なやり方は、生まれて初めてだ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/juugun/sub_jugun.html

304 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:48:12 ID:PpM/6yBE
上官の命令には滅多にではなくて絶対逆らってはいけない。
バラバラに行動したら即、死。
命令する上官に責任がある。当然の話。
新兵とか旧兵とか関係なく、我を忘れることは誰でもある。自分の命も掛かっているのだから当然だろう。
問題は、その普遍的一般論を、どういうわけか日本にだけ極端に代入する
偏った悪意だ。

305 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:52:59 ID:hMC+bFBj
エナリ

遺体が30万以上ってのがもう崩壊してるんだからさ。
東史郎みたいな捏造もたっぷり見つかってるし。
虐殺の根拠は何一つ見つかっていない。

もう、無理じゃないのw肯定派。

306 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:55:46 ID:BPauZwmi
>>ID:PpM/6yBE氏

余計なお世話かとは存じますが、貴方、乗せられてますよ?
理念も感情論も善悪も関係ありません。
ここで必要なのは、正しい資料の検証と、それに基づく事実の追求一点のみです。

一度、ログを読み返してください。
貴方の論敵は、大虐殺の証拠を提示していますか?
もしかして、話題反らしに転じていませんか?

横レスしましたこと、並びに偉そうな文調になったこと、重ねてお詫び申し上げます。

307 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 14:58:50 ID:qc7olsS2
当時推計最大200,000万人の都市。通常戦闘で最大3,000人の死亡。
世界の過去例で常識的に推定できる妥当な範囲。
時が進むにつれ、中国指導者が権力争いで交代するたび増加し続ける
死亡者数に加え、加わる形容詞に「殺戮。残虐。大虐殺。」
いまでは300,000人。
どこからかかき集め寄せ集めをして、つれてこないと計算が合わない。
しかも、推計最大200,000人の市民が、戦争・戦闘がはじまっても、避難
疎開もせず、かつ従順に処刑に従った?
ありえない。目減りは同計算したの?
何処から、どうやって連行してきたの?
そんな手段方法を旧日本軍は持っていたの?
30万人が死んだなら、戦後人口ゼロ。
それなのに、戦後の南京の通常ベースでは考えられない大幅な人口増。
この人は、どこから降って沸いてきたのだろう?
 虐殺があったらあったで、事実にのっとてその非を問いたださねば
ならない。考えられない数字をあげて、時間的に物理的にありえない
死体もない、証拠もないことを声高に叫んだところで、聞いた人は「?」
特有の「やられたから、謝罪を要求する。」のお定まり定番コースの再演
なのね。で終わり。そして、真相が解らず、エンドレステープ。
生産性の無い話だね。


308 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 15:01:25 ID:1+PoGF5Q
>>302
>強引な行動も時には必要であり、その結果悪い結果が出ることもある。

すべての行動は、予定通りの結果は出さんし、責任が取れるものなんて
ほとんど無いのが現実の世の中。
他人に対して、責任が取れる物事の少ないんじゃないかね。

自分の良心に従って行動したら、その結果にはただ従うしかないでしょう。

しかし南京での日本軍の行動は良心ではなく、手柄欲しさと、中国人に対する蔑視感、
それと指揮官の臆病心で捕虜と市民を、まとめて殺してしまった品格の無い修羅道。
日本人の面汚しに過ぎん!

309 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 15:07:15 ID:Wnw8h6sB
>>268
>シベリア抑留の日本軍死亡率約10〜18%

間違い!
シベリアでの死亡率は50%超である。

●アルハンゲリスキーの解明
 ・マリクがモロトフに宛てた文書では、
「1946年12月4日付け政府決定に従い、ソ連からの日本人の本国帰還が緒に就いた。
本国帰還該当者105万2,467人のうち既に10万1,075人が送還された」
 ・1947年3月5日付けの対日理事会でビジョン米代表が、日本捕虜帰国の現状に言及し、
ソ連領内にまだ105万301人の日本人が残留していると述べたところ、
1947年3月27日付けのマリクからモロトフ宛ての書簡では、ビジョンに反論するため
「1947年3月5日現在ソ連内にいた軍人及び民間人の日本人は総計約70万人」としたのである。
折りしも東西冷戦が本格化した時期で、以後、鉄のカーテンに阻まれ、抑留者の数、死者の数とも曖昧にされていく。
 なぜ、こんな隠蔽工作をしたのかといえば、1945年から1947年にかけて大量の日本人がシベリアの地で死亡したからだ。
とくに1945年から46年にかけての冬、シベリア全土を異常な寒気が襲い、日本人抑留者の命を次々と奪った。
防寒服も防寒用の靴もなく、布テントに収容され、
しかも食料も十分に与えられなかった日本人捕虜たちはひとたまりもなくシベリアの冬将軍の餌食をなった。
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/marxsyugi1.html

帰還したのが「52万人」(厚生省引揚援護局)。
死亡者数は、105万−52万=53万


310 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 15:08:09 ID:PpM/6yBE
>ID:BPauZwmi
あいにくだが余計なお世話だと思うのなら放っといてもらいたい。
南京の明確な証拠など何が出たところで全然信用していないし、
馬鹿げたプロパガンダであるとしか思わない。どちらの資料が出ようと
こちらの主張は変わらない。

問題は日本悪国論そのものであり、一つ一つの事象の成否など問題ではない。
カマをかけるに値する匂いを俺に感じ取ったのかもしれんが、
仮に南京事件皆無論者でも、それが日本悪国論に結び付くものだったら、
俺は反目に回ることもある。
一方の側のみが100%悪であるなどというバカげた理屈のあるわけがない。
南京事件なんてあってもなくても、このことは動かない。

311 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 15:12:25 ID:BPauZwmi
>>298
どうやら、事実認識においては同意していただけたようですね。
これで、以降の論議がスムーズになることを祈ります。

>それは建前。
>本音と建前を混同しないように。
つまり、建前程度も固持出来ない軍隊だったと認めていただいたのですね?

>敵前逃亡をしようが、軍民識別を無視しようが、市民が戦争に巻き込まれようが
>国家体制を守ることが軍隊の義務。
なるほどなるほど。
前線の兵士が続々と軍紀違反を起こしても、戦時国際協定に違反しようと、内外から
批判されるような蛮行を繰り返そうと構わないというのが中国軍の常識だとご理解い
ただけたわけですね?
後の書き込みは南京戦とは関係ないので無視させていただきます。

ではそろそろ下記の関しての証拠をお願いできますか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『指揮官の命令に従って、専属部隊の一員として作戦要項の通りに「詭計」を行う目的で
便衣行為を行うことは認められています。その命令書なり作戦資料を併用できれば
立証可能なので、是非とも提示して頂きたいのですが?』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


312 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 15:12:30 ID:2tEwmNuN
>>301
>人間はみんな自分の命が一番大切なもの。
>それが本音じゃないかね。
>人のために死ねる人もいるようだが、イザとなったらどれだけの方が実行できるか
>人間は自分に対する”言い訳の天才”

>自分の理想的行動を自分に強制するのならともかく、他人に強制して非難するのは
>臭い匂いのするグズに過ぎん。

本気でそう思ってるのなら、なんで、「便衣兵におびえて
市民を殺害した日本軍」を非難するのさ?www
ダブスタ丸出しだな!www

313 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 15:35:53 ID:1+PoGF5Q
>1998年、米陸軍は、戦闘行為以外の勇敢な行いに対する陸軍最高位の勲章である
「軍人勲章」を、トンプソン氏ら3人に贈呈し栄誉を讃えた。ミライの虐殺事件から3週間
後に戦闘で死亡したアンドレオッタ氏は、死後に叙勲することになった。

「彼等の行為を導いたのは、自らの身を危険に晒しても正しいことをするという能力である」
1998年の勲章授与式でマイケル・アッカーマン陸軍少将は言った。「(3人は)全ての兵士
が従うべき基準をもたらした。」
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2006/01/post_8f3f.html




314 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 19:28:18 ID:4oo5UMch
>>313
>>312氏の質問にはいつ答えるんだ?
彼の言うとおり、誹謗中傷を書き込んだだけなのか?

315 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 19:30:51 ID:4oo5UMch
っと、失礼。>>312じゃなく>>311
何度も訊かれてるのにスルーするってことは都合が悪いことなのかな?

316 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/22(日) 21:04:16 ID:35ZCwdtz
>小泉首相は(そして麻生外相も)、靖国参拝に反対しているのは中国と韓国だけだと言って
いる。だが、これも嘘。

世界中の国々が靖国参拝に反対している。たとえば、昨年5月、東アジアサミットの主催国
だったシンガポールの首相は、「ドイツではナチスを犯罪と教えるのは当然。ナチスを肯定す
れば犯罪になる。

ところがアジアではそうなっていない」と首相の靖国参拝を厳しく批判した。ベトナムも台湾もそう。
http://gendai.net/?m=view&g=syakai&c=020&no=24031


317 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:07:01 ID:nkrITSKC
>>316
>ドイツではナチスを犯罪と教えるのは当然。ナチスを肯定すれば犯罪になる。
>ところがアジアではそうなっていない」

じゃあシンガポールでナチスを肯定すれば犯罪になるようにすればいいだろw
まあ確かに日本でもナチスの肯定は犯罪じゃないが、文句があるなら恵也が
そういう政治運動でもおこせばいいだろ。

318 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:07:53 ID:CR47BZ5f
世界中から非難を浴びようとも、
総裁選公約で掲げたのだから小泉は8・15に参拝せよ。
私が言いたいのはそれだけ。

319 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:13:56 ID:GRG4dRZy
>>316
靖国のやの字も出てないのに「厳しく批判」とは相変わらずの
ねつ造大好きだね。

320 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:19:38 ID:hMC+bFBj
靖国参拝を「外交問題」にしているのは中国と韓国だけ。
つまり反対しているのは中国と韓国だけだ。
小泉はぜーんぜん間違っていないw

321 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:23:36 ID:9DF8i+Jf
> 「ドイツではナチスを犯罪と教えるのは当然。ナチスを肯定すれば犯罪になる。
>  ところがアジアではそうなっていない」

えなり&ゲンダイ解釈:旧日本軍はナチスだ! 俺たちに逆らう奴もナチスだ! ロケットで(ry
普通の解釈:独逸とアジアでは事情が異なるのです。
意地の悪い解釈:アンチファシズムも行き過ぎればファッショ

322 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:23:57 ID:CR47BZ5f
>>320
私は8・15に参拝しない限り決して小泉を認めない。

…あ、ここは南京のスレですね。スレ違い失礼。
私にかまわずどうぞ議論を続けてください。

323 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:25:15 ID:nkrITSKC
そもそもドイツはニュルンベルグ裁判を始めとする戦犯裁判を一切
認めてないから、ドイツを見習ったら靖国参拝は何の問題も無いこと
になるわけだが。

324 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:35:59 ID:x5zVZG+t
>>298

恵也がロクデナシである事を改めて認識しました
彼が社会に出ても重要な職に就けてはいけませんね、ダムの水門を管理する人、
原発の制御室の職員、まして政治家なんてもっての他です、何か重大なミスを犯しても

「お、俺、自分が可愛くて可愛くて、ツイ・・・・」

なんて言い訳を平気でいう事でしょう

325 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 21:49:08 ID:mgCU4Lmc
「ところがアジアではそうなっていない」と批判した
シンガポールの首相はLee Hsien Loong・・・

思いっきり華僑じゃねーかw

326 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 22:15:17 ID:bT/0v5Pn
>>323
それは初耳だ。
詳しく。

327 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 22:18:54 ID:nkrITSKC
ドイツにおけるニュルンベルグ裁判に対する評価
西ドイツ連邦議会1952年9月17日ニュルンベルグ裁判について
連邦司法相フォン・メルカッツ(キリスト教民主同盟)
「法的根拠、裁判方法、判決理由、そして執行の点でも不当なのです」
メルテン(社民党)
「この裁判は正義に貢献したのではなく、まさにこのためにつくられた法律を伴う政治的
裁判であったことは法律の門外漢にも明らかです」
エーヴァース(ドイツ党)
「戦争犯罪人という言葉は原則として避けていただきたい。無罪にも関わらず有罪とされ
た人々だからです」

この議会でニュルンベルグ裁判を否定しなかったのは401議席中15議席
で裁判そのものについては直接評価しなかった共産党だけ。

328 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 22:26:03 ID:nkrITSKC
コンラート・アデナウアー首相
「わたしは本日、本会議場にて連邦政府の名において宣言します。
我々は皆、気高き軍人の伝統の名において、陸海空で名誉ある戦いを繰り広げた我が民族すべての兵士
の功績を承認します。
われわれは近年のあらゆる誹謗中傷にかかわらず、ドイツ軍の名声と偉大な功績がいまなおわが民族の
元で命脈を保ち、今後も生き続けることを確信します」

329 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 22:26:27 ID:hMC+bFBj
>>325
しかもそれは日本政府に対する申し入れでもなんでもない個人的見解。
靖国に反対しているのは特定アジアだけ。

330 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 00:08:30 ID:ckeXKYoI
国を守る義務を負わないエナリ国軍兵士。
軍令
戦闘中自分の命が危なくなったら持ち場を離れて逃げましょう。
国民や国民の財産よりも自分の命を一番に考えて行動しましょう。

331 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 00:34:45 ID:pE2qoDWh
そういや戦に負けそうになると寝返るのは三国志以前からの伝統らしい

日本の場合は敗走と決めたら徹底的に逃げるのだと(関が原での薩摩とか)


332 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 06:42:01 ID:LU1boq5V
中国人は虐殺大好きだから日本人にもこの中国の伝統文化を伝えたいんだよ。

中国人が日本人を嫌う一番の理由は日本人が平和を愛し護っている事だからね。



333 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 09:01:06 ID:YI2VYQfs
>>312
>なんで「便衣兵におびえて 市民を殺害した日本軍」を非難するのさ?www

未来の自衛隊が、おびえて同じ間違いをしてほしくないから。
南京虐殺が無かったことだと信じてたら、同じ失敗をしてしまうぜ。
「失敗は成功の元」というけど、失敗を覚えて反省してるから元に出来るもの。

力を持てば恫喝を使っても、意思を通したいのが人間の業。
恫喝されて日本はイラクに自衛隊を派遣してしまったけど、イラクでの治安活動
だけは今のところ勘弁してもらってる。

いつまでも勘弁してもらえはしないでしょう。
次の現場はイランかな、そこでも勘弁してもらえるものだろうか・・・・

>アーミテージ副長官が中東担当特使の有馬龍夫政府代表に、日本はイラク復興
・支援から「DON’T WALK AWAY(逃げるな!)」と早期の自衛隊
・派遣を厳しい口調で要求していたことが30日、分かった。

・複数の日米関係筋が明らかにしたもの。副長官は、日本の閣僚から自衛隊派遣
・で慎重論が相次ぐことにも「頼むからこれ以上、何も言うな!!」と異例の強い
・不快感を示した。(スポニチ 2003年8月31日より)

334 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 09:28:55 ID:YI2VYQfs
>>319
>靖国のやの字も出てないのに「厳しく批判」とは相変わらずの ねつ造大好きだね。

馬鹿だね!
あからさまに言わないで、仄めかすのが大人の外交のテクニック。

大切なお得意先が悪をやろうとした時に、直接あからさまに言うのはお得意先を
失ってもいいと言う最後の最後の段階。
たとえ話をして、お得意先の気持ちを傷つけずに、自分の意思を伝えるのが大人
の外交と言うもの。

そのくらいの外交術を持ってなければ、子供といわれても仕方が無いよ。
恋人の心を傷つけず、自分の意思を伝えれるくらいの脳みそを体得しなさい。
いま程度の鈍感な心じゃ、恋人はマダマダ無理かもな!

335 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 09:42:59 ID:25fYSFx6
ゲラゲラwww

>>334
元記事には
>西ドイツのシュミット元首相が来日した際も、靖国参拝を痛烈に批判した。
というくだりもあるわけだが、ナチス時代の軍人の名前を
軍事施設に残してることを棚に上げて、何をかほざくって感じー?www

336 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 10:03:11 ID:OP4CoDgv
エナリ

>>333-334はかーんぜんに間違ってるよ。

便衣兵がいるなら掃討するのが軍隊の国際的な常識。

非難するのに仄めかす外交テクニックなど存在しない。

あいかわらず馬鹿丸出しだな。

337 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 10:18:48 ID:YI2VYQfs
>>321
>えなり&ゲンダイ解釈:旧日本軍はナチスだ! 俺たちに逆らう奴もナチスだ!

あんたの誤解!
俺の尊敬するラーベ氏はナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)の党員だよ。
あなたはナチスの何が悪かったかの根源的思考がなってない。

ナチスのユダヤ人に対する暴走、旧日本軍の南京での暴走、アメリカ騎兵隊の
ウンデットニー虐殺、それらの人種差別の虐殺思想を嫌がってるだけの話。

>騎兵隊の機関銃が火を吹いたのが1890年12月29日の寒い雪が積もる
・日だった。逃げ惑う女子供たちまで容赦なく撃ち殺したこの虐殺
http://www.aritearu.com/Influence/Native/Nativeword/GhostDance.htm

338 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 10:58:23 ID:QcKxhEIv
約一名については、あんたの間違い、あんたの誤解、というフレーズを出せるほどの知識量とは思えないのだが、さて。

ここは過去の事実を提出し、客観的に分析する場所ではないのだろうか。
何故根拠に欠ける主観が一方から飛んでくるのか。

339 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 12:39:42 ID:YI2VYQfs
板垣征四郎氏や土肥原賢二氏の死は無駄死にだったのかね。
いまの小泉総理やウヨボウの妄動を見てると、悲しくなるよ。
何の為の国家の外交か、根源的思考がなってない!

>板垣、土肥原は「自分が死んでそのために日本と中国が仲よくなってくれる
・ならば、自分は喜んで死んで行く」と言い、

・東條は「自分は実に幸福だ、人間としての最高の栄誉、最高の地位につかして
・もらってそうして今、こうなってもこの信仰の喜びの深い中に入れてもらった
・し自分ほど自由に物を言えるものもない」
http://www.geocities.jp/showahistory/history4/23i.html

340 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 12:42:29 ID:25fYSFx6
人間一人の命で、隣り合う国同士が仲良くなれると?
思い上がりにも程があるwww

341 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 12:43:00 ID:uHGhwdiQ
空気の読めない人がいます。

342 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 12:53:35 ID:XEndftPf
>>339
>板垣征四郎氏や土肥原賢二氏の死は無駄死にだったのかね。

彼らだけじゃなく大東亜戦争で亡くなった方々を無駄死にと
させないためにも靖国参拝は続けなければならん、と考えんのか?

343 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 12:53:48 ID:YI2VYQfs
>>336
>便衣兵がいるなら掃討するのが軍隊の国際的な常識。

ここで掃討する常識というのは、縛ってから射殺することじゃない。
捕まえて縛ったら、裁判を受けさせてから処罰するもの。
裁判もなしに容疑者段階で、市民もろとも射殺するのは国際的な非常識。

武士の風上にも置けないヘタレ軍隊の常識なんだけど。

>大勢の女性が入ってきて、夫の捜索に力を貸してほしいと懇願した。

・数週間前から、つまり、一二月十四日以来いなくなってそれきり、という
・事例もいくつかあった。ご主人は戻ってこないだろう、とはあまりに酷な
・ことで、そんなことは言えない。

・しかし、連れ去られた若者については、多くの場合それは当たっている。
・若者たちは、当初のあの恐ろしい時期に銃殺されたのだ。
http://www.geocities.jp/yu77799/vautrin2.html

344 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 13:01:44 ID:YI2VYQfs
>>338
>客観的に分析する場所ではないのだろうか。

その分析する実力が、あなたに有るとは思えないんだけどね、俺には!
70年も前の事件を分析するのには、あなたの脳内妄想だけでは不足なんだが。

>「お母さん、僕悪くないよ。だって隣の中国君だって、人殺ししてるし、強姦だってしてるんだよ。」
「馬鹿!人がやってるからって悪くないことにはならないでしょ!それにあなたの言ってる
 ことはデタラメよ!嘘までついて恥ずかしくないの?そんな子に育てた覚えはないわ!
 よしのりちゃん!」
 などという会話がふと頭をよぎってしまった。それほど精神的にも知的にも低レベルの
主張である。幼児並の知性もないんじゃないのか?
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/war10.html


345 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:03:42 ID:uHGhwdiQ
>>344
>その分析する実力が、あなたに有るとは思えないんだけどね、俺には!
>70年も前の事件を分析するのには、あなたの脳内妄想だけでは不足なんだが。

そっくりそのままお前の事だが。

346 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:06:39 ID:XEndftPf
>>345
引用するならこっちだろ。

>精神的にも知的にも低レベルの主張である。幼児並の知性もないんじゃないのか?


347 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:07:00 ID:uHGhwdiQ
>>346
正直スマンカッタ。

348 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 13:12:55 ID:YI2VYQfs
>>342
>彼らだけじゃなく大東亜戦争で亡くなった方々を無駄死にと
>させないためにも靖国参拝は続けなければならん、

無駄死ににさせないことは、次に戦争を国家指導者が起こそうとしても
起こしにくいシステムを日本に作ること。

ベトナム戦争では韓国にはそのシステムが無く、アメリカの尖兵として
こき使われて5000人の戦死者を出して、悪行をやってしまった。

日本にはそのシステムがあったから、1人も死ななくて済んだんだぜ。
それを小泉総理は口先とは違って、ドンドン壊してるけどな。
次は日本国憲法か?

>政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを
・決意し,ここに主権が国民に存することを宣言
http://kenpou.jp/home0.html

349 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:19:03 ID:25fYSFx6
戦争は国家指導者が独断で起こす物と思っている時点で
クソサヨ確定です。
本当にありがとうございました。

350 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 13:21:19 ID:YI2VYQfs
>>342
>大東亜戦争で亡くなった方々を無駄死にとさせないためにも

そういえば中国満州のことを
「日本の兵隊さんが命をかけて獲得した土地だから無駄死にとさせないために
 も手放すべきじゃない。」
とか言ってた軍国主義者がいたけど、おかげで国家存亡の危機にまで引きずり込まれた
欲には際限がないとは、うまく言ったものだ。

351 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:35:56 ID:JxVEcSx7
東条英機が首相になった時点では、戦争への道は避けられないというのは聞いたことがある。
だとすると、A級戦犯の中の誰が敗戦、200万人以上の死者を出した最大の元凶なんだい?
A級戦犯でなくても誰がアメリカの怒りを買い、結果的に広島、長崎に原爆を導いたのか教えて?

352 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:38:22 ID:Yy858103
で?
南京での40万人殺害の立証から逃げ回ってるの?


353 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:41:55 ID:25fYSFx6
>>351
よくも悪くも、独裁者がいないのが日本の特徴です。
責任の所在が曖昧というか…

354 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:44:51 ID:JxVEcSx7
>>352
おいらにじゃないよね?自分は無学だから、疑問に思ったことを質問しただけだよ。

355 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 13:46:04 ID:YI2VYQfs
>>349
>戦争は国家指導者が独断で起こす物と思っている時点で

あなたは単細胞!
国家指導者が独断なんて、誰か言ってるのかい?
そんな単純な思想の方は少ないと思うが・・・・・・

正確にいうと欲に駆られた指導者グループが、他国を従わせるため軍隊の恫喝
を使い、それを認めさせる為自国内の言論をコントロールして、戦争熱を高め
てしまうこと。

戦争の起こし方は、国家指導者の独断だけでは起こせるものじゃない。
あなたみたいな単細胞じゃ、戦争を起こすことも、金儲けも出来んだろう。
大人失格だよ。

>石油に関することなら、あらゆるビジネスに手を染めている大企業だが、
・この会社を1990年代に業界2位の優良企業に育て上げた最高経営責任者、
・一体だれだと思います?

・答えは、ディック・チェイニー副大統領
http://www5.big.or.jp/~hellcat/news/0303/030324.html

>戦争の作り方
http://smile.hippy.jp/ehon/2-3.htm

356 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:47:01 ID:25fYSFx6
>>354
質問自体がスレ違いですからね。
そう解釈されても、仕方ないっちゃー仕方ないです。
日本史板あたりで聞いた方がいいんじゃないでしょうか。

357 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:48:54 ID:25fYSFx6
>>355
>次に戦争を国家指導者が起こそうとしても
>起こしにくいシステムを日本に作ること。

あなたがこういう書き方をしたので、それに合わせただけですが何か?


で?
南京での30万人殺害の立証からいつまで逃げ回るんですか?


358 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:50:44 ID:Yy858103
>>357

名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/07(土) 16:58:59 ID:TF2tmqk8 ID:TF2tmqk8
>>92
>15万±15万人くらいか?

俺は30万人+10万人位までと思ってる。

359 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:52:25 ID:JxVEcSx7
>>356
全くもってその通りですね。失礼致しました。


360 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:53:27 ID:25fYSFx6
>>358
これはどうも、ありがとうございます。
30万人ではなく、40万人でしたか。失礼しました。














…っていうか、その+10万人は一体どこから出てきたんだよ!?

361 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:55:09 ID:Yy858103
>>360
(民間人)15万+(国民党兵士)15万くらいか?

に対して

俺は30万人+10万人位までと思ってる。

という流れの筈。

362 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 14:08:40 ID:Ar0+VBZM
>>355
えーとこれ今の支那が日本に向けてやってることだと
思うんですけど
するってえと日本は貴方のようなアホのために
支那から侵略されると
支那にとって日本の海洋資源が目的だと
豊富な水資源が目的だと
優れた技術力が目的だと

戦争できないできないだけじゃなくて
侵略からも守れないじゃないですか

チョコットでも支那のプロパガンダではと思ったことはないですか

363 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 14:10:04 ID:YI2VYQfs
>>351
>東条英機が首相になった時点では、戦争への道は避けられないというのは聞いたことがある。

俺は逆に、陸軍を抑える為に東条を首相にしたと聞いたことがある。
暴走集団になってて、陸軍を抑えれる人間が居なくなっててたんだよ。

>東条自身が好きこのんで首相になったわけではなく、木戸内大臣の陸軍を
・抑える奇策として白羽の矢が立てられたにすぎず、いわば貧乏くじをひい
・たともいえる。

・東条は人物としては、几帳面な事務屋、本当の秀才ではない努力型人物、
・まじめ人間であるにすぎなかった。
http://members.jcom.home.ne.jp/spu/rikukaigun.htm

364 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 14:15:17 ID:97rg8Ssa
恵也はある意味オレオレ詐欺だな。
「俺は」「俺には」のオンパレードで何一つ客観的な視点が無い。

365 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 14:21:46 ID:YI2VYQfs
>>360
>…っていうか、その+10万人は一体どこから出てきたんだよ!?

南京裁判の判決では30万人以上で、限度が書いてない。
判決文を読んでも、30万人ははるかにオーバーしてるが、重複分があるから
30万人以上は確実に有ったという判断だ。

だから日本軍に処理された遺体と中国人が処理した遺体をあわせて、軍民の
犠牲者を30万人〜40万人というのが俺の推測。

>捕えられた中国の軍人・民間人で日本軍に機関銃で集団射殺され遺体を焼却、
・証拠を隠滅されたものは、単燿亭など一九万人余りに達する。このほか個別
・の虐殺で、遺体を慈善団体が埋葬したものが一五万体余りある。
・被害者総数は三〇万人以上に達する。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

366 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 14:24:30 ID:Yy858103
>>365

リンク先の管理人の最終認識。

『言うまでもありませんが、これはあくまで「資料」としての紹介であり、
「ゆう」が以下の事実認識を共有するものではありません。』



367 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 14:38:33 ID:YI2VYQfs
>>362
>戦争できないできないだけじゃなくて侵略からも守れないじゃないですか

いままでの戦争はほとんどすべて「侵略から守る」の名目で行われてます。
イラク戦争での、大量破壊兵器が名目に使われたようにね。

支那は陸軍国で、海洋資源は欲しがっても海軍力ははるかに日本の下のもの。
水資源、技術力なんていってもどうやって手に入れるんだろう、ちょっと判らん。

俺はむしろ下の田中宇氏の考えが、小泉総理の思想みたいな感じがする。

>米軍が日本から撤退する傾向にあるということをもとに、小泉首相の靖国参拝
・の目的を考え直してみると「中国を共通の敵とした日米同盟を強化」とは別の
・目的が浮かび上がる。

「米軍撤退に対応する憲法改定や自衛隊の強化を行うため、中国との緊張関係
・があった方がよい」という見方である
http://tanakanews.com/f1124japan.htm

368 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 14:43:05 ID:YI2VYQfs
>>364
>「俺は」「俺には」のオンパレードで何一つ客観的な視点が無い。

視点とは、元々そういったもの。
客観的な視点なんて、誤魔化しじゃないかね。
タダの伝聞を、権威を持たせながら客観的と言いつくろってるだけ。
俺の方がはるかに正直!

369 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 14:54:27 ID:wua/cTfh
>>368
>視点とは、元々そういったもの。
>客観的な視点なんて、誤魔化しじゃないかね。

本格的にバカだね。このニートは。

370 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 14:58:00 ID:Ar0+VBZM
>>367
現実に水資源は確実に劣悪になってます

支那人が植民地と化した日本に特権階級として住めばいい
技術のない中国の産業が世界で評価される方法は
技術の窃盗しかない

支那との同盟もない
支那の歴史上同盟はない属国だけ
では今のチベットで行われてる行為はどうなるんだ

アメリカは日本から絶対に撤退しない
支那と事を構えるのに都合がいいからだ
但し、支那の核がなければの話だから小競り合いや代理戦争は絶対にある
米軍の撤退は米国の衰退でもしないかぎりありえません

支那がその国内の不平不満の解決に国外を利用している間はありえないが
その政策をやめたとき
支那が現在の形のまま存続することはソ連の例を出すまでもなく
ありえません
ようするに靖国はカードにすぎない次のカードをだすだけ
支那との間に友好なんてない

371 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 15:07:56 ID:97rg8Ssa
>>343
>ここで掃討する常識というのは、縛ってから射殺することじゃない。
>捕まえて縛ったら、裁判を受けさせてから処罰するもの。
>裁判もなしに容疑者段階で、市民もろとも射殺するのは国際的な非常識。

同じ事を何百回論破されりゃ気がすむんだお前は?
南京の中国敗残兵は「一度戦闘をして」、その後「停戦も降伏もしないで」便衣化して、
占領地域に「潜伏」したんだから、「日本軍の立場で見たら」戦闘がまだ続いてるんだよ。
で、お前(というか肯定派)の話は、上記の「」部分を全て無視した話じゃねーか。

いいか?なにも「軍人が私服なら全部便衣兵」だとか、
「降伏しない奴は常に皆殺しで良い」とか言ってるんじゃないんだぞ?

・戦闘に参加してない軍人が私服でいる分には何も問題ない。
・戦闘に参加したとしても、停戦ないし降伏していれば問題ない
 (要するに「もうこれ以上抵抗しません」という意思表示がなされていれば良い)。
・戦闘に参加して、その後停戦・降伏などせずに逃げるとしても、
 敵軍の支配地域の外へ逃げる分には問題ない。
・戦闘に参加して停戦も降伏もせず敵軍の支配地域内に潜伏した者であっても、
 戦闘が終了して秩序が回復している状況であれば、処刑せず裁判にかけるべき。

しかし南京敗残便衣兵は、上記のどれにも当てはまらないじゃねーか。
この条件で「それでも処刑は国際的非常識」っていうなら、
その国際的常識とやらのソースを出せアホ。

372 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 15:10:05 ID:97rg8Ssa
南京便衣兵に関する結論:
 中国敗残兵は停戦も降伏もせぬままで日本軍の占領地域内に潜伏したので、
 日本軍側から見ればこの時点で戦闘は終わっていない。よって処刑は違法でない。
 仮に処刑された者の中に民間人が混ざっていても、
 それは虐殺ではなく「戦闘に巻き込まれた」という解釈をするべき。
 そしてそういう事態を防ぐためにこそ、軍民分離という義務が存在するのであり、
 その義務を中国軍が怠った以上、このような「不幸な事故」は起こっても仕方がない。

肯定派の間違い:
 多くの肯定派が「便衣兵の処刑に裁判が必要」と考えてしまうのは、
 便衣兵を「犯罪者(国際法違反者)」としてしか捉えていないからである
 (その証拠に、彼らは「容疑者」という表現を用いる)。
 しかし、便衣兵は犯罪者であると同時に「敵兵」でもあるので、
 戦闘中であるなら「掃討」されるのは当たり前である。
 裁判云々は「戦闘が終わってから」言うべき事。これこそ世界の常識。

373 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 15:17:20 ID:Yy858103
>>371
ちょと違うんじゃないか?
便衣兵は、指揮官の命令に従って便衣化したのか?
それとも、死ぬのが怖くなって逃げ出す途中で便衣化したのか?

前者なら問題ないが、後者なら単なる脱走兵であり自らの意志で離脱したので
「元中国兵で、戦闘員」となる(未だ降伏していない為)。当然、この場合には
軍令での活動とは見なされないので本人が主張するだけでは「詭計」「間諜」と
認定されない。

よって単なる不正規戦闘員、つまりテロリスト(犯罪者)にならないのか?

しかも、便衣化の際の「便衣」の入手手段によっては……w

374 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 15:19:47 ID:Cx/K5ZHv
恵也君、逃げ回るのはいい加減に止めて、早く>>112>>276で指摘されている、発言の矛盾について説明したらどうだ?

375 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 15:30:15 ID:9i1KqsN4
>>373
ますます帝国軍の掃討を受けても仕方ねー、ってことに…。orz

376 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 15:39:32 ID:Yy858103
>>368

恵也 ◆1BgPjyxSE. :皇紀2665年,2005/04/02(土) 17:34:31 ID:3Ga2EcDp
>>19
>支那が主張している歴史しか知らない椰子に頭おかしいとか言われてもなぁ・・・。

支那の歴史観というより、あなたの歴史観が自慰歴史観になってるだけ
そのように洗脳受けたというべきかな。


377 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 16:02:16 ID:JD8aLlrT
ちなみに15万±15万人と書いた人間だが、左記はえなりが死者の内訳ないし名簿のことを突っ込まれてて
苦し紛れに原爆被害者の死者を出してきて「はっきりわからねーだろ」と言い切ったのに対して
「ならば原爆被害者数の誤差は±1万だが、南京での死者の誤差はいくらか?」と突っ込んだ時に出したのが
>>358

ちなみにこの人数は誤差が最大でも30万、最小だと被害者数0という一番いい加減な数字であったりするw
それに対して30万+10万だとどこから見ても40万ですありがとう(ry となる数字であったりする

378 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 16:14:59 ID:GTawzDmS
南京大虐殺はアメリカが原爆の被害者と数を合わせるための捏造で、尻馬に乗った共産支那が事を大きくした。
よって南京大虐殺はなかった。これは、米帝と共産支那の捏造

379 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 17:35:03 ID:OP4CoDgv
>>343
馬鹿エナリ

>裁判もなしに容疑者段階で、市民もろとも射殺するのは国際的な非常識。

市民もろともなど妄想を披露してもらっては困るね。
日本軍は選別作業をしている。
それに便衣兵を裁判にかける国際的常識など当時は存在しない。

1870年の普仏戦争のフランス便衣兵も1899年の南阿戦争のボーア便衣兵も
1898年の米西戦争のキューバ便衣兵も第一次世界大戦のスイス便衣兵も
1916年のイースター蜂起のアイルランド便衣兵も1936年のスペイン内戦人民戦線派便衣兵も
第二次大戦時のフランスレジスタンスもすべて裁判なしで処刑されている。

当時の国際常識は便衣兵即処刑だ。
ところが日本軍は親切だから市民に被害が及ばないようきちんと選別作業を行って処刑している。

馬鹿エナリの嘘八百と違って日本軍は人道的だったという証拠だね。

380 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 18:12:55 ID:QfDMzPvd
ここで南京事件か靖国問題を纏めてレポートにしようと考えてる俺が来ましたよ。


381 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 18:44:20 ID:g3EzrvDi
つーか、昼間は働けよ、恵也

382 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 19:09:09 ID:vgIuwJS2
>>368
今でここに書いてきたことは、「俺はこう思う」ってだけのこと?


383 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 19:40:29 ID:yQzMd1Et
右翼ってさ、日本軍兵士の犯行現場とか、行ったことないんだろうな。

384 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 19:42:32 ID:OP4CoDgv
944 :日出づる処の名無し :2006/01/23(月) 19:28:15 ID:yQzMd1Et
右翼ってさ、日本軍兵士の犯行現場とか、行ったことないんだろうな。

>ID:yQzMd1Et
馬鹿かスクリプトのどちらかだな。

385 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 19:42:33 ID:uHGhwdiQ
前々スレでずーっとしつこくえなりに30万人の根拠は?って聞き続けたが、結局返事しやがらなかった。
都合のいい質問にしか答えないようなアホには本当につける薬がないなと感じたよ。

386 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 19:45:37 ID:OP4CoDgv
>>385
エナリに議論するつもりなどなくプロパガンダ要員だとみれば納得する。
何度矛盾を突きつけられても無視でまた同じ捏造を根拠にする悪質さだからな。
簡単に自爆するところを見ると最下級レベルだがw

387 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 19:50:57 ID:/dgTvQlT
集る蝿を、払い除けるようなスレ・・・。
たか・る【集る】
(1)大勢の人が、好奇心などから、一か所に集まる。
(2)虫などが群がる。
(3)人を脅して、金品を取り上げる。
(4)知人にねだって、金品や食事を提供してもらう。おごらせる。

南京大虐殺 ⇒ 存在しないものを、「有る」と言っている輩と、果たして議論など出来るのだろうか?

388 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 20:07:16 ID:88qh16ZH
【歴史の真実】北朝鮮に強制連行された日本人がいた


【日ソ朝】北朝鮮に送られたシベリア抑留者たち 日本人は屋外に寝かされ毎日10人以上が死んでいった [10/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1129992035/l50

389 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 21:24:47 ID:ckeXKYoI
>365
エナリは推測でものを言うな。
根拠を示せ。証拠を出せ。
使い古された論破されたurlなぞ貼るなw

390 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 22:39:57 ID:97rg8Ssa
>>383
>右翼ってさ、日本軍兵士の犯行現場とか、行ったことないんだろうな。

ワロタw
お前行った事あんのかよw

391 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 22:43:53 ID:/YCmGlrc
>>383
お前が見た現場のことを詳しく!

392 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 22:52:01 ID:CbX1h+VC
だってそもそも根拠が無いから無理なんだってwww

393 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:06:10 ID:/YCmGlrc
>>383は茶ねらー最年長かも

394 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 23:06:32 ID:Pjiu6347
>>370
>米軍の撤退は米国の衰退でもしないかぎりありえません

もうずいぶん衰退はしてきてるぜ。
日本が戦争の負けたころの勢いは、完全になくなってるよ。

昔のアメリカ兵は日本にきたら、チョコレート配ったり高級ウイスキー
をくれたり缶詰くれたり羽振りが良かったけど、今じゃ主婦を殺して
強盗までやるほど。

おまけにイラクに兵隊を送らないといけないし、日本や韓国に兵隊を置く
余裕は無くなってるんだけどね。

あなたの頭は、60年前の化石状態なのかもな。

>死因は内臓破裂による出血死。顔や腹部などを乱暴に殴られるなどしていた。
・ビル裏の駐車場で見つかった佐藤さんのバッグの中の財布からは、紙幣だけ
・が抜き取られていた。
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20060105k0000e040079000c.html

>アメリカが北朝鮮に対する不可侵を文書で約束したのは、1945年の北朝鮮
・の建国以来、今回が初めてである。昨年以来、米政府の高官が北朝鮮側に対し
・て口頭で不可侵を約束したことは何度かあるが、それが初めて今回文書になっ
・た。もはや、アメリカは北朝鮮を武力攻撃することはない、ということである。

・今回のアメリカの北朝鮮に対する不可侵は、北朝鮮に交換条件を求めること
・なしに宣言されている。
http://tanakanews.com/f0922korea.htm

395 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:12:49 ID:W0Kjy2Yu

>昔のアメリカ兵は日本にきたら、チョコレート配ったり高級ウイスキー
>をくれたり缶詰くれたり羽振りが良かったけど、今じゃ主婦を殺して
>強盗までやるほど。

今のアメリカは兵隊さんがチョコレート配るのができなくなるくらい没落してるそうです。

396 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/23(月) 23:14:16 ID:Pjiu6347
>>371
>・戦闘に参加したとしても、停戦ないし降伏していれば問題ない
 
問題は無いなんていっても、降伏してから日本兵に現実に殺されてるんだが
現実を無視して論理を組み立てても空理空論。

>「第一一四師団第六六連隊第一大隊 戦闘詳報」

(一二月一二日午後七時ごろ)最初の捕虜を得たるさい、隊長はその三名を伝令
・として抵抗断念して投降せば、助命する旨を含めて派遣するに、その効果大に
・してその結果、我が軍の犠牲をすくなくなからしめたるものなり。

・捕虜は鉄道路線上に集結せしめ、服装検査をなし負傷者はいたわり、また日本
・軍の寛大なる処置を一般に目撃せしめ、さらに伝令を派して残敵の投降を勧告
・せしめたり。
・一般に観念し監視兵の言を厳守せり。

(一二日夜)捕虜は第四中隊警備地区洋館内に収容し、周囲に警戒兵を配備し、
・その食事は捕虜二〇名を使役し徴発米を炊さんせしめて支給せり。
・食事を支給せるは午後十時ごろにして、食に飢えたる彼らは争って貪食せり。

(十三日午後二時)午後二時零分、連隊長より左の命令を受く。
・旅団(歩兵第一二七旅団)命令により捕虜は全部殺すべし。その方法は十数
・名を捕縛して逐次銃殺してはいかん。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/DATA.html

397 :代表的空理空論の例:2006/01/23(月) 23:15:34 ID:W0Kjy2Yu
>昔のアメリカ兵は日本にきたら、チョコレート配ったり高級ウイスキー
>をくれたり缶詰くれたり羽振りが良かったけど、今じゃ主婦を殺して
>強盗までやるほど。


こうまでならないようにしましょう。

398 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:16:49 ID:/YCmGlrc
>>396
こういう人のページに史料価値があるとでも言うのか?
ttp://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/myself.html

399 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:28:37 ID:W0Kjy2Yu
>>398
恵也よりかは少しは信頼できる

400 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:30:46 ID:/YCmGlrc
>>399
それを言うとミモフタモナイ

401 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:39:28 ID:yQzMd1Et
俺は修学旅行は南京への謝罪旅行だったな。そこで被害者の
遺族の話や日本軍兵士の犯行現場
に行って献花してきた。もうあんなひどい犯罪は二度とやってはいけないよ。

402 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:45:19 ID:jgJqVqoY
>401
洗脳されましたな。
どれだけの遺族が来てどれだけの話しを聞いてきたのか是非お聞かせ願いたい。

403 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 23:58:08 ID:nr0eP2yU
元軍人の人が謝罪のために現地に行くけど、彼らはそこを戦場にしたことを
謝罪しに行くのであって、みんながみんな虐殺を認めたわけじゃないんだがな。

404 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 00:21:28 ID:PyYRc2L6
>昔のアメリカ兵は日本にきたら、チョコレート配ったり高級ウイスキー
>をくれたり缶詰くれたり羽振りが良かったけど、今じゃ主婦を殺して
>強盗までやるほど。

アホかw
昔でも今でもどっちもいるさ。

405 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 00:28:23 ID:zxWyHZzZ
都合のよい話だけをツマミ食いする荒業は健在のようで

進駐軍犯罪史
ttp://www.geocities.jp/showahistory/history5/32c.html

406 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 01:59:53 ID:4ICp8FG7
まあ、ちょっと考えると判るんだが、

「その方法は十数名を捕縛して逐次銃殺してはいかん。」

なんて命令がある訳ないだろW

407 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 01:59:53 ID:UE9yH6vJ
恵也君、逃げ回るのはいい加減に止めて、早く>>112>>276で指摘されている、発言の矛盾について説明したらどうだ?

408 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 03:23:32 ID:6CnB6/z1
武器を持たない便衣化した兵を処刑するのは、ハーグ条約違法であります^^

409 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 07:19:31 ID:pGXKljTU
>>408
現スレだけで良いからまずレスを全て読め

410 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 07:56:24 ID:u+J+5Qey
信夫淳平「戦時国際法提要(上)」P400
>然るに便衣隊は交戦者たる資格なきものにして害敵手段を行ふもの
>であるから、明らかに交戦法規違反である。
>その現行犯者は突如危害を我に加ふる賊に擬して、正当防衛として
>直ちに之を殺害し、又は捕へて之を戦律犯に問ふことは固より防げない 。

■その現行犯者は、突然危害を加える危険人物と”みなして”
その場で殺害するか、捕らえて裁判を行ってもよい。
という意味の学説です。


戦時国際法提要(上)P395 信夫淳平(昭和18年)
(違法な群民蜂起・民衆軍について)
 したがって占領地においてはおいてはもちろん、敵軍のすでに潜入したる
所においては、彼等の敵対行動は当然戦律犯に問われ、敵手におちれば
捕虜とせられずにして直ちに殺害せらるべきものとなる。
====================
■違法な民衆軍というのも”便衣の兵”(私服の交戦者)の一つの
形態であり戦争犯罪の一つです。

>捕虜とせられずにして直ちに殺害せらるべきものとなる。
■以上のように、現行犯の場合は、必ずしも裁判が必要では
ないという学説が存在します。


411 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 08:06:44 ID:u+J+5Qey
否定論13のウソP208から

右の憲兵隊の報告があった頃、難民区に避難、潜伏していた
中国軍の将兵の中に、軍人精神を忘れずに、隠してあった武器を集めて
将兵集団で武力抵抗を試みて失敗した事件が何度か起り〜中略^
武力抵抗を試みたグループを摘発したときのものだろう。

精鋭部隊の将兵には蒋介石が宣言した南京奪回の日に
呼応すべく武器を隠したのちに、適度に分散して隠れていた
のも事実である。


412 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 08:49:09 ID:6CnB6/z1
>>409
こんなスレ読む前に、ハーグくらい読もうぜ^^
このスレより短いよ^^

413 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 09:10:22 ID:AyhAi8Kw
>>385
>前々スレでずーっとしつこくえなりに30万人の根拠は?って聞き続けたが、
>結局返事しやがらなかった。

あなたは低脳児かい?
それとも開きメクラなのかね。
俺は3回くらいは書いてるはずだが。

30万人以上の犠牲者の根拠は、国家が組織的に強制調査できた南京裁判と東京
裁判の判決を根拠にしてます。
その後の調査は、学者さんが個人的に積み上げて調査したもので規模が違う。
強制的な調査権も無いいわば、一人でやるオナニーみたいなもの。

東京裁判の20万人以上というのは、日本軍が処理した遺体の数はカウントされ
てません。
軍人と民間人と便衣兵とかに分けた数字は、遺体が分けられた記録がないので
分けても役に立たない屁みたいな数字。
遺体の段階で計算しなければ、殺害場所、殺害時間などバラバラで計算不能です

>捕えられた中国の軍人・民間人で日本軍に機関銃で集団射殺され遺体を焼却、
・証拠を隠滅されたものは、単燿亭など一九万人余りに達する。このほか個別
・の虐殺で、遺体を慈善団体が埋葬したものが一五万体余りある。
・被害者総数は三〇万人以上に達する。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

414 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 09:39:46 ID:ZuK6YfXc
>>413

エナリ
お前は低能児であきメクラだな。
お前の根拠は少なくとも3回は論破されているのが理解できないのか?

東京裁判は不当裁判ということが国際的な常識だし判事が誤りだったといっている。
遺体の埋葬数は紅卍字会の水増し4万体以外の記録は捏造が明らかになっている。

お前の引用先では19万人を焼却したことになってるがw
そんな与太話を信じる馬鹿はエナリだけだ。
中国人すら信じてないだろうw

415 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 09:42:55 ID:u+J+5Qey
>>414

>>413>>365のリンク先の管理人の最終認識。

『言うまでもありませんが、これはあくまで「資料」としての紹介であり、
「ゆう」が以下の事実認識を共有するものではありません。』


416 :385:2006/01/24(火) 09:45:14 ID:P9ayYb8S
>>413
ほう、いつ質問にレスアンカー付きで答えたんだ?
教えてもらおうじゃないか。

417 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 10:45:52 ID:N1y6IW9L
っと、かれこれ1時間・・・
妄言は連レスするが、
都合の悪いことは無視してしまう恵也。

418 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 10:48:31 ID:u+J+5Qey
そもそも底が浅い資料の上っ面だけを見て引用。
更に不足箇所は全部手前の想像で補ってる状態だからなぁ……w

419 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 11:18:50 ID:UE9yH6vJ
ところで恵也君、逃げ回るのはいい加減に止めて、早く>>112>>276で指摘されている、発言の矛盾について説明したらどうだ?

420 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 11:33:38 ID:u+J+5Qey
>>86
>兵隊が平服を着る行為か。
>それならタダの詭計(敵をだます計略)だろ。
>ハーグ条約24条で、兵隊に認められた行為だ。

仰るとおりですね。
指揮官の命令に従って、専属部隊の一員として作戦要項の通りに「詭計」を行う目的で
便衣行為を行うことは認められています。その命令書なり作戦資料を併用できれば
立証可能なので、是非とも提示して頂きたいのですが?

ちなみに指揮官命令もなく勝手に便衣行為を行えば、第一条に従って捕虜資格が失われ
るので注意が必要ですね。また詭計作戦中の敵兵に対する発砲行為は禁止されていないと
思うのですが、如何でしょう?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


421 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 11:35:40 ID:u+J+5Qey
>>129
またもや部分抜粋で反論ですか?
こういうのを印象操作と言うのはご存じですよね?

>それが軍人として正々堂々とした態度だろ。
>何か悪いのかな?
>再度戦わないのがむしろ、武士道からも外れる行為だろう。

なら、それを見越して後退中の敵兵を攻撃するのは当然の行為ですよね?
なにせ、一対一の決闘形式を重んじる武士道の戦いは通じない相手ですし?

それと、降伏していない以上は武器を捨てようが軍服を脱ごうが戦闘継続中だという
認識には同意して頂けたようで感謝します。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


422 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 11:38:22 ID:cihK5NNL
恵也君は自らの身を呈して、基地害とのディベート訓練を我々に課しているような希ガス。
じゃないと、メクラなんて差別用語は出さないし、支離滅裂な主張が説明できない。

423 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:01:55 ID:nj+wO+b1
>>405
>進駐軍犯罪史

面白い記事を有難う。
進駐軍当時はそれでも、日本人からお金をカッパらおうとする兵隊は居な
かったようだ。兵隊の方がお金持ちだから遊びで殺そうとしたり、レイプや
ひき逃げなどの余裕犯。

横須賀の空母乗組員のような、主婦をたたき殺して金を取るなんてずいぶん
シミッタレな犯罪。
そんなに米兵は貧乏生活をしてるのかな?

424 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:20:20 ID:TBVTNYnX
>>423
ヒント:当時の日本と現在日本の経済格差
ヒント2:年収200万の家庭でも、年収2000万の家庭でも、主婦は主婦

425 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:21:22 ID:nj+wO+b1
>捕虜に関する規定で共通するのは、いずれの条約も「俘虜は敵の政府の権内に
属し、これを捕らえたる個人または部隊の権内に属することなし」とうたって
いることです。

  これはいずれにもある「政府はその権内にある俘虜を給養すべき義務を有
す」という条文と密接不可分の関係にあります。つまり、捕虜は決してそれを
捕らえた部隊の権内にあるのではなく政府の権内にあり、部隊が勝手に捕虜を
処分するのは明らかに国際法違反になります。

  もちろん、政府は捕虜を給養する義務があると同時に、注目すべきは、い
ずれの条約も捕虜は人道的に、あるいは博愛的に取り扱われるべきであること
が明記されています。


426 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:21:36 ID:wJzyYiR/
そりゃ、単純に考えても1ドル=360円と1ドル=110円の為替とじゃ
盗む価値が大きく違うわな。

427 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:26:14 ID:nj+wO+b1
>ハーグ条約(1907)第8条でしょうか。この点、奥宮氏は下記のように解
説しています(注6)。
            ----------------------
  ヘーグ条約(1907)第8条には、
「俘虜は、これをその権内に属せしめたる国の陸軍現行法律、規則および命令
に服従すべきものとす。すべて不従順の行為あるときは、俘虜に対し、必要な
る厳重手段を施すことを得」
 とあった。

 わが国には、本条にある厳重手段を、処刑を含むものと解釈する人々が少な
くなかった。そして、そのことが南京事件虚構説の根拠となっていた。
 いずれの条約や法律も、人によって、また場合によって、その解釈に幅があ
ることは周知のとおりであるので、そうされたことは止むをえなかったかも知
れない。言いかえれば、わが国に前記のような拡大解釈をする人々がいても不
思議はなかった。

 ところが、同条約の第23条では、
「兵器を捨て、または
自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること」
が禁止されていた。
 また、ジュネーブ条約(1929)第2条には、
「俘虜に対する報復手段は禁止す」
 と明記されていた。
 したがって、どう考えても、軍の正規の裁判によって死刑と判決されない限
り、捕虜を殺傷することは違法であるといわれても弁明の余地はなかった。
          


428 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:34:44 ID:VKHsTYKU
それじゃあ、取っ捕まえた奴は殺して良いことにならないか?

投降してきた訳じゃねぇし

429 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:39:58 ID:nj+wO+b1
>>406
>「その方法は十数名を捕縛して逐次銃殺してはいかん。」
>なんて命令がある訳ないだろW

ありえるよ。
兵隊でも大量の捕虜を死刑にするなんて、やったことも教えてもらったことも
ない初めての仕事だ。素人仕事というべきもの。
どうやって死刑にしたら良いのか、現場の兵隊も困るのは事実。

心配なのが適当に射殺しようとして、素手で死に物狂いの反乱を起こされたら
兵隊にも犠牲者が出る危険な仕事なんだから、計画的に安全に仕事にアドバイス
を与えるのは不自然ではない。

事実、反乱を起こされて死んでる日本兵もいます。

430 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:41:12 ID:4ICp8FG7
ハーグ陸戦条約

第1条:戦争の法規、権利、義務は軍にのみ適用されるものではなく、
下記条件を満たす民兵、義勇兵にも適用される。
  1.部下の責任を負う指揮官が存在すること
  2.遠方から識別可能な固有の徽章を着用していること
  3.公然と兵器を携帯していること
  4.戦争法規を遵守していること

・便衣兵は、ハーグ条約による保護を受けられない。


そういえば、中国って、ダムダム弾や毒ガスを使ってたんだよな。


431 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:41:31 ID:TBVTNYnX
>>426
その程度のことさえ、エナリは考えつかないようだがな。

432 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:44:12 ID:nj+wO+b1
>>407
>早く>>112>>276で指摘されている、発言の矛盾について説明したらどうだ?

まったく矛盾はしてないはずだが・・・
矛盾より、あなたの国語理解力が足らないだけだろう。
もう一度中学校に行って、国語の単位をとられることを薦める。

433 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:47:18 ID:4ICp8FG7
>>429
ありえないよ。それから、その戦闘詳報を記述したのは誰か調べてみな。

434 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:49:34 ID:nj+wO+b1
>>403
>みんながみんな虐殺を認めたわけじゃないんだがな。

もちろんまったく虐殺をしなかった兵隊もいるよ。
輸送隊に入ってれば、そのチャンスも無いだろうし時間、場所の縁が合わなけ
れば現場を見なかった兵隊も居るのは当然だろう。
だからといって南京虐殺が無かったという事にはならん。

435 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:49:34 ID:TBVTNYnX
>>432
…正気か?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
273 名前:恵也 ◆o4NEPA8feA [] 投稿日:2006/01/22(日) 09:41:44 ID:1+PoGF5Q
>南京戦の中国兵の捕虜は何人、生き残っているんだろう。
>15万人くらいが戦ったはずだが。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここでおまえは、南京戦に投入された中国兵は15万人ぐらいと言ったな。
で、

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
恵也 ◆o4NEPA8feA :2005/12/25(日) 02:56:18 ID:O0qAEo5+
軍人は少ないでしょう。
中国軍が南京に残した兵隊は、5万人と聞く。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここでおまえは、中国軍が南京に残した兵隊は5万人ぐらいと言ったわけだが。
どっちが正しいのか、はっきりさせてもらおうか。

436 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 13:51:42 ID:TBVTNYnX
あと、

>あなただって、自分の家があれば家財道具を放って、乞食をしに安全区とやらに
>行くかい?
>家族みんなで家の中で隠れてるか、少なくとも誰かが、番人として残って泥棒
>に取られないようにするし、今まで通り仕事にも行くつもりで隠れてるよ。

↑と↓が矛盾してないというのかね?

>出来れば兵隊が来る前に、家から遠くに逃げ出して兵隊が居なくなってから
>帰ってくるのが最上の防衛策。
>家財道具を壊されても、命さえあれば何とかなるから。

437 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 13:58:45 ID:nj+wO+b1
>>435
>ここでおまえは、中国軍が南京に残した兵隊は5万人ぐらいと言ったわけだが。
>どっちが正しいのか、はっきりさせてもらおうか。

やっぱりあんた中学校に国語の勉強に行ったほうがいい。
「南京戦で戦った中国兵」と「南京に残された中国兵」の違いが理解できないようだ。

最終的に「南京に残されて」遺体になった中国兵が5万人ということ。
なんとかタイミングよく「南京から逃げる」ことが出来た中国兵10万人と見てるわけだ。
これで分かったかい?


438 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 14:08:08 ID:nj+wO+b1
>>436
>↑と↓が矛盾してないというのかね?

このくらい真面目に聞いてくれると、俺も答えやすい。
上の場合は、南京の市街地で、大勢の人が住んでる場所では家の奥に隠れてる
方が多かったと思える。

下の場合は、南京の田舎の方の隠れる場所、目立たない場所がある場合はその
場所に逃げ込み、兵隊がいなくなってから安全を確かめ帰るのが最上の防衛策。
市街地ではそんな場所が無い。

市民が隠れるのはケースバイケースという意味。

439 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:08:50 ID:TBVTNYnX
>>437
普通に考えて、「中国軍が南京に残した兵」というのは、
「中国軍が南京防衛のために残した守備兵」なわけだが。

>最終的に「南京に残されて」遺体になった中国兵が5万人ということ。

だったら、「南京に置き去りにされた中国兵」と書くのが正しい日本語だろう。
おまえこそ中学校で国語の勉強をやり直せ。

440 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 14:22:28 ID:nj+wO+b1
>>430
>・便衣兵は、ハーグ条約による保護を受けられない。

ハーグ条約のどこにそんな文章があるのかい?
便衣兵の言葉さえないようだが。
条約の前文にも、条約に書いてないことは人道の法則で扱うとあるけどね。

>条規ニ含マレサル場合・・・・文明国ノ間ニ存立スル慣習、人道ノ法則・・・
・・国際法ノ原則・・スルヲ以テ適当ト認ム。
http://homepage1.nifty.com/arai_kyo/intlaw/docs/hr.htm

441 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:24:39 ID:6CnB6/z1
>>430
脊髄反射でそれだすが、23条違反であるため結局違法行為っすな。残念。

442 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:25:25 ID:KTAhCZXS
>>437
>なんとかタイミングよく「南京から逃げる」ことが出来た中国兵10万人と見てるわけだ。

あれっ?たしか以前、
「6週間もの間虐殺が続いていたのなら、なぜ住民は逃げ出さないんだ?」
って聞いた時、お前さんは
「逃げられないよう日本軍が周りを固めていたからだ」
って答えてなかったか?

443 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:32:10 ID:5WI8S5zQ
どっちにしろ、日本軍が不法に南京に侵攻して、
たくさんの人を虐殺したことには変わりない。

444 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:35:48 ID:61IGDYMx
>>443
じゃあその証拠を出してな

445 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 14:38:18 ID:nj+wO+b1
>>439
>「中国軍が南京防衛のために残した守備兵」なわけだが。

それを言うなら、ギリギリいっぱいまで南京防衛軍の司令官も残ってたんだぜ。
占領された前日まで残ってたのじゃないかな。
下関の港から逃げたグループと、西部方面に逃げたグループがあります。
だからここでは、結果的に残した逃げそこなった守備兵のこと。

>12月11日、蒋介石は南京固守を諦め、唐生智に撤退を命令する。
・一方、唐生智は死守作戦にこだわったが、12月12日夕方には撤退命令を出す。

・しかし、すでに命令伝達系統が破壊されつつあり、命令は全軍に伝わらなか
・った。12月13日、南京城壁は突破され、中国軍は総崩れとなる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA

446 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:47:39 ID:KTAhCZXS
>>443
>日本軍が不法に南京に侵攻して

侵攻それ自体が不法だというなら、
中国も朝鮮も韓国もアメリカもイギリスもロシアもフランスもオランダも
みんな1つ残らず全部不法国家だな。

で、世界の大半が不法国家という状況で、
日本だけが反省しなきゃならないという事かね?
だとしたら承服しかねるが。

447 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:51:19 ID:8GH9j6oo
>>408-412
なにげに速攻で論破されてるのにID:6CnB6/z1根拠のない反論してるさまがワロスw

>>441
23条にしても『投降者(交戦者)の殺傷』だし、反論にもなってない、残念w

>>443
印象操作乙w

448 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 14:52:29 ID:UE9yH6vJ

名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/07(土) 16:58:59 ID:TF2tmqk8 ID:TF2tmqk8
>>92
>15万±15万人くらいか?

俺は30万人+10万人位までと思ってる。

恵也君、上記の通り、君は軍人の犠牲者は10万人位までと言っていたが?

449 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 14:53:20 ID:nj+wO+b1
>>442
>「逃げられないよう日本軍が周りを固めていたからだ」って答えてなかったか?

俺はそんな事言った覚えなし。
むしろ殺される寸前まで本人には「自分だけは良民だから安全で、殺されたのは
軍人や日本軍に抵抗した悪民だ」と思わせていたせい。

それに南京城の遠くの方からも、女性らが安全区に逃げ込み安全を確保してます。
相当に過酷な掃討戦を南京占領後、百姓相手にやったようだ。

>これらの女性は大部分が、南京の北および東の農村地域の出身だった。

・彼女たちが言うには、夫や息子が拉致されるさいに彼らのために慈悲を請
・うた結果は無益どころか、もっと具合の悪いことになった。

・何の役にも立たず、彼女たち自身を危険に陥れたのだ。とても考えられない
・ことだが、きょうきた女性たちは、これまでにきた女性たちにもましてかわ
・いそうだった。ある女性は、彼女と彼女の夫は農業を営んでいたのだが、夫
・は拉致され、家は焼かれてしまった、と言った。

・彼女には三人の幼い子どもが残されたが、かつて自分の家があった場所には
・怖くて戻る気になれない、というのだ。 
http://www.geocities.jp/yu77799/vautrin2.html

450 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 14:57:40 ID:nj+wO+b1
>>448
>恵也君、上記の通り、君は軍人の犠牲者は10万人位までと言っていたが?

それは軍人じゃない。
むしろ30万人〜40万人の犠牲者が出たと書いた方が良かったかな。
表現方法が悪かったようだ。

451 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:08:08 ID:UE9yH6vJ
>>450
なら、君の主張する犠牲者数は最終的に民間人30〜35万人、軍人5万人で良い訳だね?

452 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 15:10:11 ID:nj+wO+b1
>>421
>それと、降伏していない以上は武器を捨てようが軍服を脱ごうが戦闘継続中だという
>認識には同意して頂けたようで感謝します。

間違い!
同意してません。

武器を捨て軍服を脱ぎ、逃げ出せば戦闘は終わってます。
後は元兵士を逮捕する仕事が残ってるだけ。
戦闘は終了してます。

それに武士道は集団戦を除外してないよ。
仇討ちなんかでは、集団で加勢をして殺そうとするくらいだ。
宮本武蔵を殺そうと吉岡一門が待ち構えていた決闘場面を知らないのかな?
おかげで子供を殺すような事になったようだが・・・

453 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:15:00 ID:kyBXvh1h
ここはネタスレ?
マジスレ?

454 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:15:27 ID:TBVTNYnX
>>452
>武器を捨て軍服を脱ぎ、逃げ出せば戦闘は終わってます。
>後は元兵士を逮捕する仕事が残ってるだけ。
>戦闘は終了してます。

その場の会戦が終わっただけで、戦闘状態は継続中です。
本当にありがとうございました。

455 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:16:04 ID:61IGDYMx
>>452
> ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
> 子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
> それとも単に持論の立証に行き詰まり、
> 何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?
この質問にいつ答えるのか、他人事ながら気にしているんですが

456 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 15:17:57 ID:nj+wO+b1
>>414
>遺体の埋葬数は紅卍字会の水増し4万体以外の記録は捏造が明らかになっている。

明らかになってるって、誰が明らかにしたんだね?
70年も前の世界にタイムマシンででも、作っていってみたのかい。
多分、阿羅健一氏のことを言ってると思うが、この方の分析力、知能には問題がある。

>実行者である兵士において殺戮の残虐性をはじめて痛切に認識出来るのである。
・この点、上級将校の証言からなるこの証言集では虐殺の有無に対する有用な
・証言は期待できない。
http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/3/tfrqrf/tfrqrf.html

457 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:25:43 ID:VKHsTYKU
えなり君は確に
「当時の南京には50万人いた」
と言っていたよね?

だったら、虐殺をまぬがれた人が十万人位いるはずだ。

一日に数千人の単位で
捕縛→連行→処刑
が行われていたはずだからそれを直に見聞きした人が多数いるはずだが?

458 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 15:38:55 ID:nj+wO+b1
>>414
>東京裁判は不当裁判ということが国際的な常識だし判事が誤りだったといっている。

国際的常識は勝者による敗者の裁判で不当だということ。
裁判の判決が間違ってるという、常識は存在しません。

それに南京虐殺を国家や連合軍が組織を挙げて調べたのは、南京裁判と東京裁判
以外にはありません。

そこでは日本人の命をかけた裁判で、ケツの穴まで開くほどの徹底的な調査を
強大な権力と人と金をかけて検察側が調べ上げ、弁護側が命を守ろうとして
弁護して敗退し、裁判官が判断したものが判決文。

学者が調べたのは、権力も持たず、個人的に金も人手もかけずに調べたオナニー
程度の節約調査、命もかかってない。

だから南京や東京の軍事法廷で、南京虐殺の結論はでてとっくに終わってる。
国際的常識は南京虐殺は存在したということ。
全員無罪の判決を出したパール判事でさえ、南京虐殺は否定できないとしてます。

>証拠にたいして悪くいうことのできることがらをすべて考慮に入れても、
・南京における日本兵の行動は凶暴であり、かつペイツ博士が証言したよ
・うに、残虐はほとんど三週間にわたって惨烈なものであり、合計六週間
・にわたって、続いて深刻であったことは疑いない。
http://www.geocities.jp/yu77799/palsaikou.html

459 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:43:05 ID:TBVTNYnX
>>458
>学者が調べたのは、権力も持たず、個人的に金も人手もかけずに調べたオナニー
>程度の節約調査、命もかかってない。

ランゲルハンス島を発見したのは、夏休み中の学生と町医者なんだけどな。

460 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 15:55:50 ID:ZuK6YfXc
エナリ
相変わらず根拠なしの嘘をたれ続けているな。

>>456
遺体埋葬数の捏造を明らかにしたのは誰でもない、資料だ。
誰がどう探していても崇善堂その他がボランティアで大量埋葬したという
記録も証言も証拠も何もかもが存在しない。あるのは馬鹿の思い込みだけ。
日本軍が埋葬に金を払ったのは紅卍字会だけだ。
他の団体がただで活動する理由も余裕も存在しない。
エナリ馬鹿丸出し。

>>458
どんな低レベル理解力だエナリ。
前提の間違った不当裁判の判決が正しいはずないだろう。
そんなことをいうのは中国人の官僚とお前だけだ。

徹底的な調査をしても捏造証拠を採用してるんだから調査に何の意味がある。

南京大虐殺はこれだけでもデマだとわかる。

461 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 15:57:56 ID:nj+wO+b1
>>457
>「当時の南京には50万人いた」 と言っていたよね?

50万人以上と言ってなかったかな?

上海戦からの敗残兵や正規兵を入れたら70万人以上はいたと思ってる。
なんといっても狭い4平方キロの安全区に20万人居て、400平方キロの南京市の
人口はまったく判らないんだから。

日本軍による激烈な掃討戦が始まったら、その時点であわてて逃げ出した連中も
たくさんいたと思うよ。
南京占領時点で戦争は終わったと勘違いして安心した連中も多かったんじゃない。

捕縛して連行される場面を見た方は、ずいぶんいると思うが記録を残した人は
それほどいないようだ。

>私は、四列に並んで五千人以上の者が行進して居ったと推定します。
・そしてその行列は四分の三哩の長さでした。私達が其処に到着した時に、
・江(揚子江)に近く一列に並べられましたが、列の両側及前面に機関銃
・及日本兵が居りまして、機関銃は列の方を向いて居ました。

・綱を載せた二台の貨物自動車がありまして、人々は後ろ手に五人宛を一団
・として縛られました。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/simin/simin_a2.html#syo-tokugi

462 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:07:03 ID:TBVTNYnX
>>461
>捕縛して連行される場面を見た方は、ずいぶんいると思うが記録を残した人は
>それほどいないようだ。

普通に考えれば、目撃した人が少ないから記録を残した人も少ないのだ、
という結論が出るんじゃないか?
何故、目撃者は多かったはずだ、という考えに至るのか。

463 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 16:11:11 ID:nj+wO+b1
>>460
>誰がどう探していても崇善堂その他がボランティアで大量埋葬したという
>記録も証言も証拠も何もかもが存在しない。

証言は有るでしょう。
崇善堂の責任者、周一漁氏が南京裁判で証言してるし、トラックの修繕で
部品を南京自治委員会に頼んでるようだし、あなたは肯定派のHPを全く
見てないのじゃないかね?

>元崇善堂埋葬隊員だった崔金貴さんのスケッチです。大胆すぎて提示するの
・を躊躇していたのですが、検証することを目的とした掲示板ということで
・これくらいは許されるかと
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=158;id=imgbord#158

464 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:11:24 ID:L0k+7uNj
>捕縛して連行される場面を見た方は、ずいぶんいると思うが

エナリの妄想である。

465 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:14:13 ID:ZuK6YfXc
エナリにさ、前に聞いたわけよ。
南京陥落時の人口70万人節の根拠は何だ?って。
そしたら

「わかんない!わかんないけど70万人なんだ!
みんなドンブリーなんだ!でも70万なんだ! あなたは根源的に馬鹿!」

とかいうのよw
ああ、言論の自由が保障されてるんだなぁとおもったねw

466 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 16:16:36 ID:nj+wO+b1
>>460
>他の団体がただで活動する理由も余裕も存在しない。

ただで活動する理由はあるよ。
占領されたら、仕事がなくなるじゃないの。
雇ってくれるところが無ければ、ぶらぶら遊ぶよりタダでも埋葬の仕事がある
なら手伝うぜ。

遺体がほったらかしになってるのは、生活してる人間にとってはタマランだろう。
あなたも、自分ちのそばに遺体が埋葬されずに放ってあったら、お金を貰わんでも
埋葬してやろうと思わないかね?

467 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:18:57 ID:ZuK6YfXc
>>463
まだ日本語になれないのか?エナリ
馬鹿だからといっていつまでも甘えるのはよくないな。

俺が言っているのは
「大量埋葬した証言も証拠も理由も痕跡も何もかもがない」
だ。崇善堂は自治委員会あての手紙に「割り当て」という言葉を使っているんだから
どこかの下請けをして細々と埋葬はしたんだろう。
しかしその数字は紅卍字会に含まれている。
当たり前だな。埋葬実績数に対して金をもらっているんだから。

それからな、お前の引用してるHP。
それは「大胆すぎる」なんてものじゃない。

捏造だ。馬鹿エナリ。

468 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:20:50 ID:ZuK6YfXc
>>466
>ただで活動する理由はあるよ。
ない。
紅卍字会で働けば金がもらえるとわかっているのに、ただ働きをするわけがない。
そんな証拠もない。

エナリ。嘘つきだな。

469 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:21:29 ID:wJzyYiR/
>雇ってくれるところが無ければ、ぶらぶら遊ぶよりタダでも埋葬の仕事がある
>なら手伝うぜ。

は?日本軍が資金を出していた団体が活動している横で、無料で活動するお人好しがいたと?
むしろ「うちも手伝うから賃金をくれ」と言って来るのが常識でしょ。

470 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:31:09 ID:6CnB6/z1
>>447
>23条にしても『投降者(交戦者)の殺傷』だし、反論にもなってない、残念w

声に出してもう一度条文を読んでみよう。残念w

471 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:53:34 ID:u+J+5Qey
>>452
むぅ。
一日かかって出た弁明が、この程度ですか。
というか弁明すらしていませんね、言い逃れと言った方が良いですか。

>>454氏も仰ってますが、目前の戦闘から離脱しただけです。
後退や敗走も戦闘行動である以上、投降するか戦争(紛争)自体が終結するまで
交戦状態は継続されます。でなければ、駐屯地や輸送艦への攻撃までが国際法
違反になってしまいますからね。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


472 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:03:45 ID:u+J+5Qey
>>438

>上の場合は、南京の市街地で、大勢の人が住んでる場所では家の奥に隠れてる
>方が多かったと思える。
つまり、中国側が避難誘導や疎開措置を全く行わなかったと立証してくださってる
訳ですね。流石は恥知らずな中国軍(>>298)という訳ですか。

>下の場合は、南京の田舎の方の隠れる場所、目立たない場所がある場合はその
>場所に逃げ込み、兵隊がいなくなってから安全を確かめ帰るのが最上の防衛策。
なるほどなるほど。
清野作戦で追い立てられた住民が、同作戦の範囲外かつ日本軍の制圧エリア外まで
脱出した後、満足な食料も無い状態で何日も真冬の荒野で寝泊まりして、食料も水も
家畜も残っていない敵軍捜索後の廃屋にわざわざ戻ってくると?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


473 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:06:14 ID:rRXjO5JH
しかしえなりの粘着性は異常だな。チョウセンヒトモドキ超えてるんじゃないか?

474 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:18:11 ID:u+J+5Qey
>>438
>出来れば兵隊が来る前に、家から遠くに逃げ出して兵隊が居なくなってから
>帰ってくるのが最上の防衛策。
>家財道具を壊されても、命さえあれば何とかなるから。

ちなみに、この発言(>>106)の発端は『安全区の外にほとんど人がいない根拠。(>>12)』
ですね。つまり
『南京城外数百の村落は敗退する支那軍の手によって悉く焼き払われ焼き払われた各村落
の住民は、着の身着のまま市内の避難所(安全区)へ、城内の危険区住民も雪崩を打って避難した。』
という訳で南京全域の人口問題への反論となります。

更に
>あなただって、自分の家があれば家財道具を放って、乞食をしに安全区とやらに行くかい?
>家族みんなで家の中で隠れてるか、少なくとも誰かが、番人として残って泥棒
>に取られないようにするし、今まで通り仕事にも行くつもりで隠れてるよ。

この発言は『当時、国民党軍の『清野作戦』で城門の外は無人状態、更に城門の内側でも同様の
焼き討ちが行われるとの噂が流れて市民の殆どが安全区に殺到したのは複数の機関の報告書で
明らかになっている。よって安全区の外で数十万の被害が出ること自体がありえない。 』
への反論となるんですが……あれれ? どちらも城内場外含めた人口推移に対する反論ですね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?





475 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:36:31 ID:8GH9j6oo
>>470
わはは!根拠も出せず印象操作しか出来ないのね。残念!w
君こそ条文読む以前に日本語(国語)の勉強した方がいいぞw
答えは>>410の信夫説にしても佐藤和男説にしてももう答えは出てるけどなw

476 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:38:30 ID:u+J+5Qey
>>437
-------------------------------------------------------------------------
恵也 ◆o4NEPA8feA :2005/12/25(日) 02:56:18 ID:O0qAEo5+
軍人は少ないでしょう。
中国軍が南京に残した兵隊は、5万人と聞く。
-------------------------------------------------------------------------

この発言もアンカーを辿ってみましょう。
すると………・

-------------------------------------------------------------------------
日出づる処の名無し :2005/12/25(日) 01:50:03 ID:ArbAR4r1
中国人ってのは、「抵抗しなければ助ける」って言われれば、
近所で大殺戮してても、ほいほい出てくるマヌケばかりで、
日本軍の単発ライフルより遥かに優れたチェコ製機関銃を持ってても、
簡単にぶんどられて、逆に大虐殺される無能ばかりだったんですか?
-------------------------------------------------------------------------
と、ここで止まります。つまり、明らかに投降して来た人数の話題です。
殺害数とも遺体数とも仰ってませんね。

では、占領後の南京から10万人の軍勢が脱出したことを照明してください。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


477 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:41:50 ID:ZuK6YfXc
>>473
>しかしえなりの粘着性は異常だな。チョウセンヒトモドキ超えてるんじゃないか?

だって仕事だから・・・エナリの。

478 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:43:12 ID:TBVTNYnX
>>477
そこはそれ、宗主国さまですから。
半万年属国ごときに負けるわけにはいきませんから。

479 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 17:52:51 ID:SZEw/39z
>>467
>自治委員会あての手紙に「割り当て」という言葉を使っているんだから

そんなのあるのかい?
俺は見たこと無いんだが・・・

埋葬数でお金をもらえたのは、紅卍字会だけが日本の特務機関からお金を
回してもらえたの。
下請けといっても紅卍字会の実入りも少なくなるし、利権みたいになってるから
あまり下請け仕事をやるわけにもいかないだろう。

崇善堂も紅卍字会も宗教団体で、慈善活動をしてたんだぜ。
いわばライバル関係で下請けとなると、いい気持ちじゃないよ。
やらなくてもいいものなら埋葬なんて、遠慮したいお仕事。
あまりに遺体の量が多くて、見かねて行ったボランティア仕事なんだよ。
それをあなたは普通の仕事と勘違いしてるんじゃないかね。

紅卍字会の責任者の方も、特務機関に埋葬数を正確には言えなかったと
証言しておられます。
金額が多くなりすぎては、占領軍の特務機関にも請求し辛かったんだろう。

480 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 17:57:17 ID:u+J+5Qey
>>458
豪州のウエップ裁判長
 帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。

オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」
 と発言。

フランスのベルナール判事
 レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした。

アメリカのキーナン首席検事
 日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言。

イギリスの国際法の権威ハンキー卿
 『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
 絶対に正しい」と明言。


481 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 18:02:39 ID:SZEw/39z
>>469
>日本軍が資金を出していた団体が活動している横で、無料で活動するお人好しがいたと?

日本軍がいくらでもお金を出してくれるわけじゃない。
確実に出してくれるのなら、どれだけでも人は雇えるけど占領軍じゃ絶対権力
を持ってるんだから中国人ボランティアも弱い立場だよ。

日本軍に信用されなければ、即お払い箱になる弱い立場。
なんといっても仕事も無い避難民が20万人も安全区には来てるんだから。
変わりはどれだけでも居る。

無料で埋葬活動をしていたのは、他にもいろいろ居たと許伝音氏も証言してます

>他にもさう云ふ団体がありました。是等は主として博愛慈善の為めの団体
・でありました。紅卍協会は其の一つでありました。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#m1

482 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 18:21:34 ID:XqeKYtAz
ねーねー
なんでえなりって論破された資料を何度も貼り続けてるの?
ひょっとして論破されたことを忘れちゃったのかな?

483 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 19:02:45 ID:ZuK6YfXc
>>479
前スレ322にあるな。
>崇善堂埋葬隊長周一漁が南京自治委員会に宛てた書簡 1938年2月6日 中華民国二十七年二月七日着によれば
>「作業割当ては大変頻繁であります。」とある。
>「作業割り当て」という言葉から上部組織が存在することは明らか。
>賃金は紅卍字会のみに支払われているので紅卍字会の下請けもしくは孫受け以下ということになる。

自治委員会の会長=紅卍字会の会長だ。
崇善堂が紅卍字会の下請けであるということは明らか。
つまり崇善堂の埋葬実績は紅卍字会の数字に含まれる。

したがって崇善堂の埋葬数記録は捏造確定。

484 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 19:04:19 ID:ZuK6YfXc
>>481
エナリ
東京裁判の中国人の証言など自称宇宙人が「UFOは存在します」といっているに等しい。
全然信憑性がない。

485 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 19:38:44 ID:4ICp8FG7
エナリのあまりの馬鹿さ加減のおかげで目立たないが、
6CnB6/z1 もかなりの電波だなw

23条に違反しようがしまいが、便衣兵に交戦者の資格が
ないことに変わりなし。

486 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 19:56:12 ID:7YINJ+00
恵也 ◆o4NEPA8feAさん。いつも2chで小出しに情報だしてますけど
正直解りづらいんですけど。
だから、時系列で事細かく並べたHP作ってくれませんか?

否定派の皆さんもそうです。
はっきり言って解りづらい。
悪魔の証明があるでしょうから、
恵也 ◆o4NEPA8feA氏のHPの反論HPとなるでしょうけども。

487 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 19:57:08 ID:KTAhCZXS
>>466
>占領されたら、仕事がなくなるじゃないの。
>雇ってくれるところが無ければ、ぶらぶら遊ぶよりタダでも埋葬の仕事がある
>なら手伝うぜ。

簡単に言うと、恵也クンは
「遊んでるくらいならタダでも仕事します」
という人なんですね?
勤労意欲に溢れた大変立派な人だと思います。

ただ、俺だったらお金を貰えない「仕事」なんて絶対やらない。
みんなはどう?

>遺体がほったらかしになってるのは、生活してる人間にとってはタマランだろう。
>あなたも、自分ちのそばに遺体が埋葬されずに放ってあったら、お金を貰わんでも
>埋葬してやろうと思わないかね?

そりゃやるかもしれんが、その理由では紅卍字会や崇善堂は全く関係なくなるな。
いいか?ボランティア活動、つまり奉仕ってのは、「他人のために動く」事だぞ?
自分の家のそばにある死体を片付けるのはボランティアじゃねぇだろ。

「恵也の理屈では紅卍字会や崇善堂は埋葬活動していない」って事になってしまうなw

488 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 20:16:45 ID:I6pHg8D3
遅れましたが>>155です。便衣兵についていろいろ勉強になりました。
結果、南京便衣兵捏造仮説は撤回します。どうもすいませんでした。

489 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 20:17:43 ID:ZuK6YfXc
エナリの馬鹿なところは
「自分の家の側に死体があれば片付けるだろ!」
といいながら
「じゃ、何でそれが崇善堂にカウントされるんだ?」
と聞けば返答できないところw

490 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 20:38:11 ID:4ICp8FG7
>雇ってくれるところが無ければ、ぶらぶら遊ぶよりタダでも埋葬の仕事がある
>なら手伝うぜ。

それを言うなら、自分こそ一日中2ちゃんに張り付いてないで仕事しろ。

491 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 20:42:45 ID:ImuAT2sr
>>487
隣近所の家の前の死体処理を手伝うのはもうボランティアじゃんw
雪下ろしみたいなもんでしょw
あとで金請求するかもしれないけどなw

492 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 20:49:26 ID:ImuAT2sr
>>489
崇善堂の人間が呼びかけて、それに現地の人間が協力すりゃいいじゃん
ってか、それが一番普通だろ
ボランティア団体が現地の住人と協力して活動を行うなんて
イラクでもスマトラでもそうじゃん

493 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 21:01:24 ID:dWgLqbax
エナリはトンデモ解釈を出して、皆から論破されるボランティアなのですね

494 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 21:03:20 ID:u+J+5Qey
ちょいと気になったんだが………

家の前に遺体が転がってたとして、どうやって処分するんだ?
その場所に穴掘って埋める?
その場所で油撒いて(薪積んでもを良いが)燃やす?
近所の皆さんと一緒に、適当な場所で大きな穴掘る?
それとも埋葬団体の所まで運んで、一緒に埋めて貰う?

あと、真冬の南京の地面って凍ってないのかな?


495 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 21:56:48 ID:zxWyHZzZ
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006012401003342
歴史研究への米参加拒否 中国「北東アは特殊」
 【北京24日共同】中国外務省の孔泉報道局長は24日、ゼーリック米国務副長官が提案した日米中3カ国による歴史共同研究について

 「北東アジアの歴史は特殊性がある」

 として事実上拒否する姿勢を示した。
 報道局長は、この特殊性は「中国、韓国、日本に直接関係する」と指摘、日中韓3カ国による共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」と述べた。
 中国は昨年11月の中韓首脳会談などを通じ、歴史問題で韓国と連携し日本に対処する姿勢を強めている。
 日韓の同盟国である米国が歴史問題に介入、歴史問題で北朝鮮も含めた北東アジアの「対日統一戦線」が乱されることへの懸念が米国参加拒否の背景とみられる。


496 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:08:15 ID:ZuK6YfXc
>>492
>崇善堂の人間が呼びかけて、それに現地の人間が協力すりゃいいじゃん
そんなやり方で15万体も処理できると思うほうが馬鹿。
また、そうしたやり方で処理した遺体が15万体もあったら日本軍の記録にも安全委員会の記録にも残るだろう。
特に金をもらって処理していた紅卍字会やその会長が委員長を勤める自治委員会に何も記録が残ってないほうがおかしい。

あのな、ボケナス。
崇善堂はインチキ裁判のときに突然「大量の遺体を扱った」と言い出したんだぞ。
それまで崇善堂が大規模な活動をしていた記録も証言も何も存在しない。
さらに>>483のような事実がある。

どこからどうみても崇善堂は捏造。

497 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 22:29:56 ID:RPCnpKb5
>>485
>23条に違反しようがしまいが、便衣兵に交戦者の資格が
>ないことに変わりなし。

資格が無い時にはどうするのかい?
勝手に兵隊が殺しても良いというのかな?

ハーグ条約にはちゃんとそのことも前文に書いてあるんだけど、開きメクラの
あなたには見えない条文なんだろうね。

良心に従って扱わないといけないんだけど、あなたの良心は殺すことかな。
それじゃ鬼畜並みの良心だ!

>参加各国はこの規則に記載されていない場合に際しては・・人権の規則と
・良心の働き・・・・・・・・・・・に依拠するものである。
http://ww1.m78.com/topix-2/hague.html

498 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:34:14 ID:dWgLqbax
まだ「前文」とかいっているのか(w

499 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 22:35:23 ID:RPCnpKb5
>>486
>だから、時系列で事細かく並べたHP作ってくれませんか?

生まれつき我がままで、おまけに面倒くさがりや。
遠慮させていただきます。
そんな人の為にやるとかいうボランティアは私の好みじゃありませんので。

やりたいように、書きたいように、暇になったらやるのが俺の人生、悪しからず!
まあ、お金をくれるというのなら考えんでもないけど、ここに来てる方は
まず貧乏な方が多そうだし遠慮するよ。
唯我独尊。

500 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:35:28 ID:u+J+5Qey
>>497
そうやって都合の良い部分だけ抜粋しないでくださいね?

『より完全な戦争を律する規則が完成するまでは、参加各国はこの規則に記載され
ていない場合に際しては、軍民および交戦各国は国際法の原則によって保護を受
けることを宣言することが至当であると思う。それは人権の規則と良心の働きにより
文明的国家の間で確立された慣習に依拠するものである。』

あくまでも『この規則に記載されていない場合』に関しての記述です。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?




501 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:38:16 ID:zxWyHZzZ
つまり 間違った事をしていないという良心に従った行動は正しい ということでエナリ沈没

502 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:39:05 ID:u+J+5Qey
>>499
ところで、テンプレ読んでます?

*ルール1:反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
*ルール2:矛盾を指摘されたままの資料を再び根拠として使用してはいけません。
*ルール3:スレを読まずに論を主張してはいけません。

スレを立てた>>1に対しての最低限の礼儀としても、ローカルルールは守りましょう。
それが嫌なら、書き込まないのがマナーでしょう。
あるいは、ご自分で新しいスレッド立ててくださいね?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


503 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:42:07 ID:ZuK6YfXc
>>497
エナリったら本当に卑怯者のクズだな。

>(文明的国家の間で確立された慣習)に依拠するものである。

括弧の中を略すなよ。
>>379に書いてあるとおり、当時の慣習は便衣兵即処刑だ。
前文どおりじゃないかw

504 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 22:50:50 ID:RPCnpKb5
>>487
>自分の家のそばにある死体を片付けるのはボランティアじゃねぇだろ。

ボランティアの範囲を勝手に規定しないでくれんかね。
自分の近所の遺体でも個人が勝手に埋葬すると、当時の日本軍は厳罰にして
たんだぜ。

だから崇善堂が埋葬でボランティアの募集すると、多数が参加して莫大な遺体の
埋葬が出来たんだよ。近くでも遠くでも同じボランティア。

紅卍字会では、給与を与えてたので参加するにもボランティアは参加が難しい
その点、崇善堂は食料を与えるくらいの適当な組織。
食料だけなら、篤志家連中の寄付などで何とかできるもの。

日本でも山谷の日雇い失業者にトン汁などを振舞ってる集団が有るけどな。
それらも篤志家の連中がいるからこそ。
逆に言えばそんな篤志家に見捨てられたら、簡単につぶれるが簡単に莫大な
ボランティアも集まる可能性がある。

世間を知らないウヨボウには、そこが理解できないんだろうな!

505 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 22:53:17 ID:NjZM5rYj
広島と長崎の核爆弾は日本の捏造。


これで、いいのか?

506 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:00:40 ID:hSa5cHPc
できるもんならやってみろ

507 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 23:02:41 ID:RPCnpKb5
>>489
>「じゃ、何でそれが崇善堂にカウントされるんだ?」
>と聞けば返答できないところw

俺もあなたが考えてるほど、暇じゃないので返答もしないのが多数ある。
崇善堂にカウントすることで、日本軍の許可もなしに勝手に個人で埋葬した
「不法埋葬行為」という重罪が崇善堂の埋葬として「合法埋葬」になるの。

あなたも「不法埋葬行為」で処刑される危険性を持っているよりは、崇善堂で
何日かボランティアをやって融通を利かせてもらったほうが、安心して眠れるぜ

当時の実質的な南京市長ラーベ氏も自宅のそばの、中国軍兵士の遺体処理には
悩んで、そのうち夢にまで見るようになりました。
でも日本軍は許可を出してくれませんでした。市長でさえそれだぜ!

>一月二十二日
・竹の担架にしばりつけられた中国兵の死体については、これまでも幾度か
・書いてきた。十二月十三日からこのかた、わが家の近くに転がったままだ。

・死体を葬るか、さもなければ埋葬許可をくれと、日本大使館に抗議もし、
・請願もしてきたが、糠に釘だった。依然として同じ場所にある。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#c6

508 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:04:07 ID:7zfDIr6u
捕虜資格の無い戦闘員への対応
 ジュネーブ条約第一追加議定書(1977年)では、捕虜資格が疑わしい又は捕虜資格のない戦闘員に対する保護は、
殺害禁止や裁判を受ける権利などの面で手厚くなっています。(追加議定書第44条、第45条及び第75条:引用略)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_11a.pdf
 また、追加議定書を批准していない国に対しても、1986年国際司法裁判所はニカラグア事件に関連し、1946年
ジュネーブ条約共通第3条が国際紛争にも適用されると判決(引用略、Judgment of 27 June 1986、6. Humanitarian law
(paras. 215 to 220))しています。

 但し、このような条文(1977年)及び判例(1986年)は、南京戦当時の戦時国際法とその解釈としては時間経過や
戦争形態変化から、適用できない。

509 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 23:28:45 ID:RPCnpKb5
>>494
>近所の皆さんと一緒に、適当な場所で大きな穴掘る?

俺はそうだと思う。
井戸や寝起きしてるところは、伝染病のせいも匂いのせいもあるから場所の選定
をしなくてはイカンでしょう。祟られるのも嫌だし・・・・
かといって日本軍がナカナカ許可を出さなかったからな!

真冬の南京、一番寒い1月でも平均気温は2℃。
土が凍ってスコップが効かないほどじゃない。

それに大量に埋葬した時は、レンガの材料に使った粘土採取現場の穴を
多量に使ったという。
掘るより埋め戻す方がはるかに楽。

>中国主要都市気温表
http://www.china.co.jp/main_html/info_html/temp/

510 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:30:39 ID:NvfI4ya1
>>509
で、未だに死体が一体も出てこないのはどういうことですか?w

511 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:36:22 ID:u+J+5Qey
>>509
で?
具体的に、どんな場所に?



512 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:39:43 ID:W5mPEAIg
あの当時、中国人が言う土葬って穴掘って埋めるのか?
遺体に土盛るだけじゃないのか?


513 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 23:41:51 ID:RPCnpKb5
>>496
>遺体が15万体もあったら日本軍の記録にも安全委員会の記録にも残るだろう。

記録に残すのは、お金を支払ったりするから残すんだよ。
お金も関係ないような埋葬活動は、そんな記録をイチイチ書く暇や時間さえ使わん
日本軍に睨まれそうな記録を、堂々と取るほどの命知らずはいないよ。
それに責任者がメモを残しとくくらいで十分だろ。

神戸阪神大震災で集まったボランティア、何人集まったのかなんて記録有るかね。
記録は必要でなければとらないのが原則。
お役人様もそんなクダラン仕事はしないのが原則(日本じゃ通じないかな?)

>2月上旬からまずは道路脇の死体を埋め始めた。たいてい、一つの大きな穴
・を掘り、百体以上の死体を中に投げ入れて積み重ね、土を被せて埋めるだけ
・のことであった。

・しかし当時この作業に携わった人道団体はこれら埋められた死体の数を統計
・し、日本軍の南京大虐殺に確固たる証拠を残した
http://www.come.or.jp/hshy/j95/12si1.html#top

514 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:43:34 ID:zxWyHZzZ
つか埋める土を何処から持ってきたの?

515 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 23:46:54 ID:RPCnpKb5
>>503
>当時の慣習は便衣兵即処刑だ。

便衣兵というのは、中国以外の外国にいるかね?
ゲリラとかスパイとか言うのは良く聞くけど、スパイでさえ即処刑は
禁止されてるんだけどね。
ハーグ条約を読んでないんじゃないかな?

516 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:48:48 ID:e6pHZ/VW
>>515

スパイでもゲリラでもない。それが「便衣兵」つまり、国際法においてはまったくの想定外。

つまり殺しても別になんとも無い。むしろ民間人に成りすました兵士が非難される

517 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 23:50:08 ID:RPCnpKb5
>>500
>あくまでも『この規則に記載されていない場合』に関しての記述です。

その記述をあなたは理解できないのじゃないの。
あなたの言葉で、判りやすく表現できるかい?
無理みたいだね、中学生クラスじゃ!


『より完全な戦争を律する規則が完成するまでは、参加各国はこの規則に記載され
ていない場合に際しては、軍民および交戦各国は国際法の原則によって保護を受
けることを宣言することが至当であると思う。それは人権の規則と良心の働きにより
文明的国家の間で確立された慣習に依拠するものである。』

518 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:52:44 ID:zxWyHZzZ
スパイに公然と非公然の二種類あることすら知らずに知ったかかますエナリであった・・・

519 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:53:48 ID:eZnxmH6Y
おまいらはロッテグループが朝鮮人の会社なのは知ってるよな?
そのロッテが応援する=安藤美姫は在日っていう疑惑がある

更にロッテの宣伝文句の「赤い力でがんばれニッポン!」の意味くらいは分かるよな?
朝鮮の公式カラーは赤い(国旗・ワールドカップユニフォーム)
つまり赤い力で(朝鮮の力で)頑張れニッポン!

要するに情報は出ないけど恐らく安藤は在日で、日本は馬鹿にされてるんです
ロッテ・ロッテリアの商品は買うなよ、全部朝鮮に流れる


520 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/24(火) 23:56:18 ID:RPCnpKb5
>>510
>で、未だに死体が一体も出てこないのはどういうことですか?w

それは田中正明氏とかが言ってるデマじゃないかね。
数千躰の遺骨を掘り出して、南京裁判の証拠にし谷中将は処刑されてます

>当法廷が中華門外雨花台・万人坑など合葬地点について墓地五か所を発掘
・したところ、被害者の死骸・頭蓋骨数千体が出てきた。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

521 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:04:13 ID:u+J+5Qey
>>517
質問の答えになっていませんね。
それとも便衣兵が国際法違反ではない根拠は出せないのでしょうか?


規則によって規定されていない場合は、国際法、並びに国際的な慣習に則り
良心的、かつ人権を重視して対応すべき、というのが主旨でしょう。

そして当時に国際的常識を遵守すると>>397でも構わないはずなのに、
日本軍はわざわざ軍民識別作業を行って人権と良心を尊重したわけです。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?



522 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 00:05:37 ID:RPCnpKb5
>>515
>つまり殺しても別になんとも無い。

というのがあなたの良心なのかい?
すごい品格の良心だね。
イラクでもあなたが行ったら、死人の山だね。
昔のイラク兵は、民間人の服装してるから便衣兵かな。

おまけにイラクでは1件に1丁、機関銃を持ってるからね。
南京とは違うぜ、抵抗しやがるからな。

>イラクでは、誰もが銃を持っている。各家庭に、ほぼ必ず銃があると言っても過言
・ではない。値段は、カラシニコフ銃が1丁8000円程度と驚くほど安い。現地では
・洗濯機が2万円ぐらい、
http://www.asahi.com/international/baghdad/TKY200404090253.html

523 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:06:28 ID:z3xvUCaM
うわミスったw
>>379ですね。

524 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:09:37 ID:z3xvUCaM
>>522
部分引用で印象操作ですか?
非難したければ、ハーグ条約の提唱者や支持国にどうぞ。

>おまけにイラクでは1件に1丁、機関銃を持ってるからね。
>南京とは違うぜ、抵抗しやがるからな。
では貴方は御自分の良心に則り、武装民間人に撃たれて被弾してから反撃してくださいね?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


525 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:10:48 ID:01O+JlQa
>>522
アンカーミスは見逃してやるが…
お前、自分が殺し合いしてるところで、敵が不意討ちしてきたらどうする?
当然、無抵抗で殺されるんだよな?

526 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:19:48 ID:BYPgWfDs
で旧イラク軍にも正規の軍服はあるわけだが

527 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:21:12 ID:BYPgWfDs
おそらくエナリはバース党の集会と軍の区別もできないわけで

528 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 00:21:54 ID:gfGxE+6w
>>521
>日本軍はわざわざ軍民識別作業を行って人権と良心を尊重したわけです。

その作業がどの程度いい加減なものか、判って言ってるのかい?
坊主だとダメ、手にタコがあるとダメ、姿勢が良いとダメ。
無茶苦茶な軍民識別で、軍人容疑者は即死刑場送り。
その程度があなたの良心か。
すごい良心だ!

>避難民の中から敗残兵らしき奴を皆連れて来るのである。全くこの中には
・家族も居るであろうに。全く此を連れ出すのに只々泣くので困る。

・手にすがる、体にすがる全く困った。新間記者が此を記事にせんとして
・自動車から下りて来る……十重二十重にまし来る支那人の為、流石の新間
・記者もつひに逃げ去る。
『南京戦史」の歩兵第七聯隊(金沢、伊佐部隊)第二中隊の井上又一氏の日記より

529 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 00:26:39 ID:gfGxE+6w
>>524
>武装民間人に撃たれて被弾してから反撃してくださいね?

どこで武装民間人になるんだい?
勝手に言葉をつくらんでくれ。

便衣兵容疑者として日本軍が縛って殺したのは、武器を持ってない連中だろ。
それがいつの間に武装民間人になるんだね。
あなたは頭が変!

530 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 00:28:25 ID:gfGxE+6w
>>525
>お前、自分が殺し合いしてるところで、敵が不意討ちしてきたらどうする?

当然相手を殺すよ、当たり前だろ。

531 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:30:09 ID:z3xvUCaM
>>528

では、どんな識別方法が?
戸籍すら完備されていない南京で、しかも避難民に現地徴用兵までが
紛れ込んだ状態で完璧な識別方法があるなら、ご呈示願います。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

532 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:33:50 ID:z3xvUCaM
>>529

あらあら?
御自身でイラクを引き合いに出されたので、イラクに例えてご覧に入れただけですが?
それとも「スレ違いの話題を持ち出して荒らさないでください」と一蹴した方が良かったですか?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?



533 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:34:15 ID:DGg9t6Sj
便衣兵も違反ですが、掃討ではなく摘出等で武装解除などしてる件については日本も中国も違反ですよっと。
23条ハ 兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト



534 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 01:55:40 ID:J3P4FPtP
>>504
エナリ
>だから崇善堂が埋葬でボランティアの募集すると、多数が参加して莫大な遺体の
>埋葬が出来たんだよ。

だからその根拠がないから捏造だといっているのだよ。
崇善堂は紅卍字会の下請けなのだからエナリの話は完全な出鱈目。
ただで大量の遺体を埋葬する連中がいたのに安全委員会にも日本軍にも自治委員会にも記録がないはずがない。
第一、日本軍の許可なく大規模かつ組織的な行動が出来るはずがない。

あらゆる理由から崇善堂の埋葬活動が捏造であったことがわかる。

535 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 01:59:42 ID:J3P4FPtP
>>507
俺が聞いてるのはな、馬鹿エナリ。
どうして個人が勝手に片付けた死体を崇善堂がカウントすることが出来るのかということだ。
崇善堂には知りようがないだろう。
不法埋葬行為で罰せられるの云々とか関係ない。この馬鹿。
さらに崇善堂が不法埋葬行為といわれるのを心配したのなら日本軍や自治委員会に活動の許可をとるだろうし
活動状況を報告するだろう。
しかしそんな記録は当然残っていない。

お前の出鱈目は穴だらけだぞ、馬鹿エナリ。

536 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 02:06:52 ID:J3P4FPtP
>>513
15万体もの遺体を処理するにはかなりの人数からなる組織が必要であり日本軍が見逃すはずがない。
さらに崇善堂がボランティアをするのならただでやるのであるから日本軍に届出をしない理由もない。
阪神大震災のボランティアは神戸市の記録によると述べ130万人だ。
大量のボランティアが要れば何らかの記録に残るのが普通。
占領直後という不安定な時期であれば記録に残っていないほうがおかしい。
そもそも記録どころか証言も大量埋葬の存在をうかがわせる痕跡も何も残っていない。

どこからどうみても崇善堂は捏造。

537 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 02:10:28 ID:J3P4FPtP
>>515
>便衣兵というのは、中国以外の外国にいるかね?
>ゲリラとかスパイとか言うのは良く聞くけど、スパイでさえ即処刑は
>禁止されてるんだけどね。
>ハーグ条約を読んでないんじゃないかな?

ハーグ条約を読んでいないのはお前。
どこに便衣兵の処刑を禁止する条文がある。
便衣兵とは軍服を着ていない兵隊のこと。
>>379を元に勝手に調べるがいい。

当時の国際慣習は便衣兵即処刑だ。
馬鹿エナリ。

538 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 02:20:37 ID:J3P4FPtP
>>528
>その作業がどの程度いい加減なものか、判って言ってるのかい?
>坊主だとダメ、手にタコがあるとダメ、姿勢が良いとダメ。
>無茶苦茶な軍民識別で、軍人容疑者は即死刑場送り。

無茶苦茶なのはエナリ。
軍民識別は「手にタコ」ではなく銃ダコやヘルメット焼け、軍支給の下着を着けていたかどうか
など複合的に判断の上、選別していた。

『南京の真実』P359 ジョン・ラーベ著 講談社文庫
「この部隊の兵士全員、それからさらに、この日武器を捨てて安全区に逃げ込んだ数千人の兵たちも、日本軍
によって難民のなかからよりわけられたのです。
みな、手を出すようにいわれました。
銃の台尻を握ったことのある人なら、たこができることをご存知でしょう。」

http://www.geocities.jp/nankin1937jp/page034.html
便衣兵の処刑に市民が混じっていたなどという想像はあっても確かな根拠は聞いたことがない。

539 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 05:34:30 ID:2tPNj0V6
石松政敏氏の述懐(第二野戦高射砲兵司令部副官)

「南京入城時には既に難民区が設けられ、入城後は日本軍の指導
により内部の秩序を維持し、この区域への軍人軍属の出入りは、

選抜された警備隊によって厳禁されていました。南京陥落ととも
に、中国軍兵が難民区に遁入しましたので、日本軍は治安維持会と

協力して、難民には通行票を発行しました。

 潜入した便衣兵は、憲兵隊によって摘発され、さらに軍法に
照らし審査のうえ、下関で銃殺になったように承知しております。」


540 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 05:43:51 ID:2tPNj0V6
松川晴策氏の証言(千葉鉄道第一聯隊、上等兵)

「私たちは鉄道聯隊なので、早速、下関駅復旧業務に従事しました。
15〜16日のことであったと思いますが、下関埠頭で便衣兵が一列に

ならばされ、兵士が次から次へと銃剣で突き刺したり、あるいは銃
で撃っているのを見ました。その数は百や二百ではなかったが、

千人とはいなかったことも事実です。何千、何万というような数では
絶対にありません。入城式前と記憶していますから、16日のことかも

知れません。

 城内は前に申したようにきわめて平穏で、すでに市民も帰りはじめ、
中山北路あたりは露天商も店を開き、平和が甦ったという感じでした。

18〜19ごろ私はその露天商に水牛の印鑑を彫らせ、今もってその印鑑
を愛用しています。」

541 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 06:01:05 ID:2tPNj0V6
榊原主計の回想(上海派遣軍参謀)

「私は13〜14日頃、単車(サイドカー)で市内に入ったが、大体
平穏でした。一万二千人の女・子供を含む非戦闘員の殺害の跡など

認めませんでした。第一、住民はおらず、そんなに多数の殺害など
できるはずがありません。13日に市内に侵入したわが軍の兵力から

みても、一万二千人の殺害など不可能です。

 捕虜収容所には多少出入りしましたが、『降伏後七十二時間
以内に捕虜三万人以上殺害』の如き事実はありません。
(略)
 近郊の避難民約五万七千人殺害、南京市内外で約二十万人
殺害?まったく荒唐無稽な数です。」

542 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 07:34:29 ID:RWYZQKjr
>>533それって
取っ捕まって武器奪われた奴には適応されないんじゃ無いか?

あくまで自分から武器を捨てて、手を上げるなり、白旗振るなりして自分から投降してきた人の為に適応されるものだろう?

543 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 09:23:04 ID:BYPgWfDs
前々スレで暇じゃないと言い前スレで暇人だと言い現スレでまた暇じゃなくなったのに粘着しながら暇じゃないと言う点についてして

544 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 11:05:07 ID:2C6kFgsP
良スレ発見あげ

545 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 13:26:02 ID:tD5S/+mP
>>531
>戸籍すら完備されていない南京で、しかも避難民に現地徴用兵までが

戸籍すらとか言うけど、どこでそう思うのだい?
日本の戸籍と同じものとは思わんが、それに類するものは無かった
のかどうか、あなたが確かめたんかね。
それとも誰かの受け売り?

南京の人口調査を見たことが有るけど、ずいぶん詳しい人口調査を
やってるんだが、これで戸籍が無いとは俺には思えんよ。
>1936年1月
1,017,934
2月
1,018,892
3月
1,017,643
4月
1,012,440
5月
1,006,435
6月
973,158
7月
978,574
8月
976,744
9月
973,082
(後は略)
(南京市の資料館の人口統計)

546 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 13:31:46 ID:WSSw1hDB
>>545
またこの話題か。前々スレで論破されてるだろうが。また同じ質問するのダルいが答えてもらおうか。

戸籍あるなら被害者リスト出せ。

547 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 13:35:16 ID:z3xvUCaM
吉田裕「天皇の軍隊と南京事件」

満州事変下の1933年(昭和8)1月,陸軍歩兵学校が対中国軍戦闘法教育の参考書として調整
した「対シナ軍戦闘法の研究」には,「捕虜の取扱」の項に,「シナ人は戸籍法完全ならざるのみな
らず特に兵員は浮浪者多くその存在を確認せられある者少なきをもって仮にこれを殺害または他
の地方に放つも世間的に問題となること為し」などと公然とかかれている。(45P)



548 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 15:03:23 ID:aHlO74hG
>>547

>陸軍歩兵学校「対支那軍戦闘法ノ研究」(1933年1月)の捕虜ノ処置について
>「捕虜は他列国人に対する如く必ずしも之を後送監禁して戦局を待つを要せず、
>特別の場合の外之れを現地又は地方に移送し釈放して可なり。
>支那人は戸籍法完全ならざるのみならず特に兵員は浮浪者多くその存在を
>確認せられあるもの少なきを以って仮に之を殺害又は他の地方に放つも
>世間的に問題となることなし

吉田裕はこれの後半部分だけトリミングして引用してる。
後半部分だけだと「通常支那兵は殺すか解放する」になる。
全部読むと「通常支那兵は解放する、特別の場合(恐らく反乱を
起こされた等だと思うが)だけ殺すという選択肢があることが判る。

田中正明を改竄などと騒ぎ立てる輩が
吉田裕のこういった姑息な姿勢はスルーしてしまうのが不思議。

549 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 15:43:45 ID:z3xvUCaM
>>548
必要なのは、この部分だけだし。

「支那人は戸籍法完全ならざるのみならず特に兵員は浮浪者多くその存在を
確認せられあるもの少なき」

550 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 15:48:35 ID:aHlO74hG
わかっとります、改めて吉田裕にムカツイたもんで。
でも南京市に限っては人口は1の単位まであるし結構正確ぽい。

551 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:00:01 ID:z3xvUCaM
なら、なおのこと被害者名簿が無いのが不思議。


552 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:21:27 ID:8ygl8kkl
>>536
>記録どころか証言も大量埋葬の存在をうかがわせる痕跡も何も残っていない。

これが田中正明流弁論術という奴だ。
いかにもあらゆる物を「人よりも数十倍の努力」をして「すべての情報を集めて」
痕跡を調べたが、見つけることが出来なかった。
よって捏造だということだろう。

俺にはそんなに真面目に集めてるとは思えんけどね。
口ばっかりのヘタレ!

最低限、これだけの断言が出来るには中国にわたり、70年前の中国語
を日常語みたいに使えて、南京裁判などの現地の情報を集めれる人間
じゃないと??

日本語しかわからず、南京裁判の判決文や証言文も読めず、人にソース
だせと強請るばかりのお子様じゃ、断言なんてとてもじゃないが遠慮しろ!

553 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:26:31 ID:Dz7zuRPQ
>>552

オマエが遠慮しろ。
日本語さえわかってないじゃねーか。

554 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:29:56 ID:8ygl8kkl
崇善堂の経歴

>中国には近代以前から「善堂」とよぽれる一種の慈善団体が存在し
ている。多くはその地域の有力者が資金を出して設立したものである。

南京にも数多くの善堂があり、崇善堂もそうした善堂のひとつであった。
崇善堂は清の嘉慶二(一七九七)年に創立され、当時すでに一四〇年の歴史
のある善堂であった。本部は城内南部の金沙井三二号にあった。

設立時には恤■局といった。太平天国の南京占拠時に破壊され、一八六五
年の再建時に崇善堂と改称したという(南京市地方志編纂委員会編『南京
民政志』海天出版杜、一九九四年、四六〇頁)。

通常は寡婦救済・保育援助・棺材の施し・診療所の運営たどの貧民救済
を行なっていた。主たる財源は不動産収入であった。崇善堂は南京近郊
江寧県の一六七二・八五畝〔一畝は約六・六六七アール〕の田地、長江
中洲の一万三〇二八・〇六畝の土地のほか家屋二六四室分を所有しており
、そこからの地代・家賃で慈善事業を運営していた(同前)。

であるから、崇善堂を「せいぜい従業員五、六人の街の葬儀屋」(田中正
明『"南京虐殺"の虚構』日本教文社、一九八四年、三二七頁)とするよう
な見解は論外である。

 崇善堂の埋葬記録に対する攻撃は、内容的にふたつの側面がある。
第一は崇善堂は埋葬を行なっていないというものであり、第二は崇善堂
の埋葬内容は信じがたいというものである。

555 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:34:22 ID:8ygl8kkl
 まず第一点について。崇善堂の埋葬記録によれぽ、同胞の惨殺死体が
至るところにあるのを見かねた堂長の周一漁がみずから隊長となって
「崇字掩埋隊」(崇善堂埋葬墜を組織したという。一九三八年二月六目付
げで周一漁崇善堂埋葬隊隊長が「南京市自治委員会」に宛てた書簡がある。

「査するに弊堂が埋葬隊を成立させてから今まで一か月近くたち」と述べ
、崇善堂の自動車は民国二四(一九三五)年製なのでバッテリーなど自動車
修理部品が緊急に必要だとし、その補助を要請したものである(『南京事
件資料集(2)中国関係資料編』二七八頁、原文は南京市とう案館所蔵)。

これに対し二月八日に「南京市自治委員会」から直接丁三自動車修理部と
交渉するようにとの返事が出されている。ここから少なくとも三八年はじ
めには崇善堂埋葬隊が組織され活動していたこと、崇善堂は自分の自動車
をも所有していたことがわかる。

 同年一二月六日付けの周一漁から「江蘇省賑務委員会」宛ての報告のな
かで「今事変において、弊堂は難民区内に診療所を設げ、埋葬隊を組織し
、その他の救済事業も取り計らいました」と述べて、埋葬隊について言及
している(同前、二七八頁、原文は中国第二歴史とう案館所蔵)。

三九年一月二一日付けで長生慈善会という別の善堂から「督辮南京市政公
署」に宛てた資金援助要請書簡には、「昨年の南京事変で、死体が地に満
ち、惨たること見るに忍びずにいたところ、本会保有の乙級の材木板木百
余りを、崇善堂・紅卍字会など各慈善団体埋葬隊と地方人士が分けてほし
いと訪ねてきたので、あげてしまいまったくなくなってしまった」とある
(『侵華日軍南京大屠殺とう案』四五七頁)。

これらの史料から崇善堂が当時埋葬隊を組織し、埋葬活動を行なっていた
事実は確実である。 (『南京大虐殺否定論13のウソ』p132〜134です)

556 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:36:36 ID:8ygl8kkl
>>537
>どこに便衣兵の処刑を禁止する条文がある。

文章を理解する力が無いのかね?

>ハーグ陸戦規則(1910年発効 1911年日本批准)

前文

実際に起こる一切の場合を、ことごとく適用すべき規定は、この際これを
協定しておくことが出来ぬ。
明文なきの故をもって、規定せられざる全ての場合を軍隊指揮者の独断に
ゆだねるは又、締約国の意思にあらざるなり。・・・・・

・・・条規に含まれざる場合おいても・・・・文明国の間に存立する習慣、
人道の法則および、公共良心の要求より生ずる国際法の原則の保護および
支配の下に立つことを確認するをもって適当と認む。
[[[[[[[[[[

第24条
敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される。
http://ww1.m78.com/topix-2/hague.html

557 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:40:22 ID:8ygl8kkl
>>537
>当時の国際慣習は便衣兵即処刑だ。

そんな国際慣習はありません。
ダイタイあなたは便衣兵とか言う言葉を、ロクに知らないようだ。

>【便衣兵】
@「便衣兵」とは、敵兵を欺くため出撃時から便衣(市民服)を
着て戦闘に従事している正規兵のこと。
したがって、軍服を脱いだ兵士を「便衣兵」と呼ぶことは間違い
であると思われる、あくまで、武器を携行して実際の戦闘行為を行
う戦闘者のことをいう。

Aゲリラ=便衣兵の解釈は、間違いとまでは申しませんが少し違い
ます。ゲリラは当然正規兵ではない場合もゲリラであり、便衣兵は
少なくとも正規兵が便衣した場合です。
注:肯定派の笠原十九司氏は、ゲリラ=便衣兵の解釈と解釈してい
ます。(南京事件P144) ゲリラではない。正しく表現するならば、
ゲリラのようなもの。

B皆無ではありませんが、本来の意味での戦闘者としての便衣兵は、
南京では殆ど存在しなかった。

C「便衣兵」と認定するには実際の戦闘行為をした現行犯或は、武器
携帯の有無が必要である。

D任務遂行中である。

E当時の日本軍は、正規兵の便衣行為だけでなく市民兵も便衣兵と
認識していた。

558 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:43:06 ID:NPivrVAH
>>556
第24条
敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される。

これって普通スパイのことをさすんだよね

便衣兵はスパイ?
違うよね一般人に紛れ込んで狙撃をするのはゲリラ
情報を得てないし、情報を得るための戦闘でもない

でゲリラの処刑は?
ハーグ条約ではゲリラは兵士としては認識されてないよ
卑怯だから


559 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:44:40 ID:8ygl8kkl
>>539
>便衣兵の処刑に市民が混じっていたなどという想像はあっても確かな
>根拠は聞いたことがない。

ここにも田中正明さんが居られるようだ。
もう少し勉強してカキコしなさい、勉強が足らん!

>新婚一八日目の若い花嫁が、夫を捜す手伝いをしてもらえないか、と
・言ってきた。彼は何の罪もない洋服の仕立屋で、一二月一五日、家
・から連れ去られたまま戻ってこない、というのだ。

・さらに別の新婚二ヵ月の若い花嫁がやってきて、一二月一六日に夫
・が連れ去られたと話し、わたしに援助を求めた。
http://www.geocities.jp/yu77799/vautrin2.html

560 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:46:31 ID:w3rt6rhW
えなりくん

ウザイよ。
宿題やってから書き込もうね。
ココの人たちに沢山の宿題だされているでしょ?
一日中書き込んでいる君はニートか?
それとも、給料貰って書き込んでいるのか?

まずはスレッド内の宿題をやって報告してくれ。

561 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:48:52 ID:SIf/XujV
えなりってニートなんでしょ?

でなきゃ毎日朝から晩まで粘着できるワケがない。
ちゃんと風呂入ってるのか?

562 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:52:15 ID:8ygl8kkl
>>539
>内部の秩序を維持し、この区域への軍人軍属の出入りは、
>選抜された警備隊によって厳禁されていました。

この言葉が全体に守られてたら、こんな不名誉な南京占領にならなかったろう

国際安全委員会から何回も、歩哨の請求を受けても無視したのが当時の
日本軍です。こんな指導をしたもんだから将官連中は皇族を除き誰も
出世できなかったんだぜ。

根源的には食料もなしに、上海から南京に進撃させたから兵隊が凶暴になったもの

>第六号文書 1937年12月17日
・ところが、昨夜の八時から九時にかけてわれわれの職員で委員会の
・メンバーである五人の西洋人が安全区をまわって状況を視察した
・ところ、当方は区内あるいは出入口を巡回している日本軍衛兵の姿
・を一人も見ることはできませんでした。
http://www.geocities.jp/yu77799/hoshou.html

563 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:52:50 ID:lzE+KkJJ
そうか・おら教科書で南京大虐殺は30万人以上殺したって教わったけどそれはここを見るとぜんぜん違うみたいだなー。

564 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 16:53:49 ID:zf7dbkDV
恵也、ちゃんとごはん食べるかぁ?

565 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 16:58:44 ID:8ygl8kkl
>>540
>千人とはいなかったことも事実です。何千、何万というような数では
>絶対にありません。

当たり前のこと。
虐殺現場は、無数にあったんだから時間と場所が少しでも違えば千差万別

オーム真理教のサリン事件にしても、時間が狂えば被害はまったく違って
くるのが常識。
絶対に無いなんて言葉のあやで、その時点だけのことだ。

露天商がいたのも当然のこと。
なんといっても20万人も狭い安全区に人間が避難したんだから、商売毛の
ある人間は商売するよ。

566 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:03:20 ID:aHlO74hG
>>555

http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page009.html

567 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/25(水) 17:06:05 ID:8ygl8kkl
>>558
>これって普通スパイのことをさすんだよね

違います。
詭計とは相手をダマクラカス計略のこと。
市民服を着て逃げるのも、当然詭計にはいります。

スパイは別の条項に書いてあります。

第30条
行動中に逮捕されたスパイは裁判によらずして処罰されることはない。

568 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:16:20 ID:h8s4xjS8
>>567
軍民分離の原則

569 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:16:31 ID:aHlO74hG
戦える者は皆兵士として駆り立てられたという状況で
便衣兵の処刑に市民が混じっていたという確かな根拠は永遠に判らない。
ほんの1週間前、数日前までは洋服の仕立屋だったとしても。

>(アメリカ大使館報告より)
>安全区に入る難民のゆるやかな 人波が終日続いた。
>難民のほとんどは貧しい階級の婦女子あるいは子供たちである。
唐生智は市民は安全区に非難するように命令していて
安全区に入るのがほとんど婦女子あるいは子供たちなら
成人男子は何をやってたのか。

570 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:16:49 ID:z3xvUCaM
>>552
相変わらずの印象操作、お疲れ様です。
というわけで、順に解析していきましょうか。

>いかにもあらゆる物を「人よりも数十倍の努力」をして「すべての情報を集めて」
>痕跡を調べたが、見つけることが出来なかった。
>よって捏造だということだろう。

捏造との主張する論拠にはなりますし、当然信憑性は高いでしょうね。
で、これに対する貴方の論証はと言うと

>俺にはそんなに真面目に集めてるとは思えんけどね。
>口ばっかりのヘタレ!

なんですか、これ? 貴方御自身の独断と偏見による感想のご披露ですか?

>最低限、これだけの断言が出来るには中国にわたり、70年前の中国語
>を日常語みたいに使えて、南京裁判などの現地の情報を集めれる人間
>じゃないと??

何故です? 
善悪の判断ではなく事実の追求なのですから、客観的な資料こそが重要視されるべきでしょう?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

571 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:20:05 ID:z3xvUCaM
>>556
前文は単なる趣旨説明項目であり、裁定とは関係ないと思うのですが?
出来れば「前文」の適用で決裁された事例をお願いできませんでしょうか?

>第24条
>敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される。

では『敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計』と立証してくださいますか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


572 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:27:03 ID:z3xvUCaM
>>557
@便衣兵と単語の定義。
それが議題でしたっけ? 一般的な解釈で構わないでしょうに?
それとも、当時の方達の言葉の誤用を非難するのが目的ですか?

Aゲリラと便衣兵の違い。
これは@と全く同じ、話題の拡散が目的でしょうか?

B便衣兵の有無
御自身がAで定義されている『衣兵は少なくとも正規兵が便衣した』
なら居ますね。

C戦闘行為の有無
いいえ、軍属であり投降していない以上は戦闘中の兵士ですよ?
後退して友軍と合流する途中、という可能性を完全否定できますか?

D任務遂行中である。
軍令による正規任務を負っていると立証してくださいな。

E当時の日本軍は、正規兵の便衣行為だけでなく市民兵も便衣兵と認識していた。
根拠をどうぞ。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


573 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:30:34 ID:z3xvUCaM
>>559

はい?
先ず、件の話の裏付けをそうぞ。

次に『何の罪もない洋服の仕立屋』が不幸にも処刑されてしまったという
証拠をどうぞ。同じご婦人からの後日談でも結構ですよ?

更に、このような事例が無数に存在したという立証も必要ですね。
貴方の主張では『市民30万人』が犠牲になったそうですし?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


574 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:37:26 ID:z3xvUCaM
>>562
こちらは部分引用で反論ですか。
こういうのを印象操作と呼ぶのはご存じですよね?

>この言葉が全体に守られてたら、こんな不名誉な南京占領にならなかったろう
先ず『大虐殺ありき』という前提での発言は慎んでくださいね?

>国際安全委員会から何回も、歩哨の請求を受けても無視したのが当時の
>日本軍です。こんな指導をしたもんだから将官連中は皇族を除き誰も
>出世できなかったんだぜ。
ご指摘の『第六号文書」を拝見した限りは、歩哨の配備は20日以降という事になりますね。
もっとも、それ以上の何を立証するものでもありませんが……

>源的には食料もなしに、上海から南京に進撃させたから兵隊が凶暴になったもの
これも『大虐殺ありき』という前提での発言ですね、慎んでくださいね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


575 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:44:33 ID:z3xvUCaM
>>565
おやおや。
ますます行き詰まって来たご様子ですね。
ご同情申し上げますが、これはこれ、それはそれということで。

>当たり前のこと。
>虐殺現場は、無数にあったんだから時間と場所が少しでも違えば千差万別
では無数の虐殺現場の立証をどうぞ。

>オーム真理教のサリン事件にしても、時間が狂えば被害はまったく違って
>くるのが常識。
>絶対に無いなんて言葉のあやで、その時点だけのことだ。
これまた印象操作ですね。
勝手に旧日本軍を犯罪組織(と言われている集団)と同列に扱って悪印象を植え付け、
観客の同情を引いて持論の根拠の無さを誤魔化す。
残念ながら、私には通用しませんが………

>露天商がいたのも当然のこと。
>なんといっても20万人も狭い安全区に人間が避難したんだから、商売毛の
>ある人間は商売するよ。
40万人のも人々が殺され続けている地域、しかも城塞都市の内部でですか?
しかし、どうしてこの商人さん達はなんのお咎めもなく、虐殺対象にも選ばれなかったのでしょう?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


576 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:48:00 ID:z3xvUCaM
>>567
仰るとおり、詭計と諜報は違いますね。

ですが詭計と断定なさりたいなら、貴方が逃げ回っておられる>>91
への反論の後にお願いできますか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で頭が変で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


577 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:49:47 ID:DGg9t6Sj
>>572
B便衣兵の有無

追記・初めから軍服支給のない兵士も相当数おりますよ。

578 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:51:17 ID:aHlO74hG
露天商の中国人は明らかに盗品の家具やらなんやらを並べていたそうだよ。

579 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 17:52:10 ID:z3xvUCaM
>>577
ありがとうございます。
出来れば参考文献など、ご教授いただければ幸いなのですが?

>追記・初めから軍服支給のない兵士も相当数おりますよ。
この時点でハーグ条約違反の疑いありですけどね?

580 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:06:19 ID:vR+SYwqa
>>562
恵也の主張に対する反論ではないのだが、

>第六号文書 1937年12月17日
>・ところが、昨夜の八時から九時にかけてわれわれの職員で委員会の
>・メンバーである五人の西洋人が安全区をまわって状況を視察した
>・ところ、当方は区内あるいは出入口を巡回している日本軍衛兵の姿
>・を一人も見ることはできませんでした。
http://www.geocities.jp/yu77799/hoshou.html

この資料、なんか変だな?
南京制圧が13日なんだから、その直後にあたるこの時期は
日本軍がさかんに便衣兵狩りをやってた時期じゃないのか?
なのに安全区内に日本兵を「1人も」見なかった、っての?
それとも日本兵はいっぱい居たけどそれらは巡回警備兵じゃなかった、って事?
だとしたら、それをどうやって見分けたの?

581 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:09:12 ID:z3xvUCaM
>>580

『昨夜の八時から九時にかけて』というのがミソかと。
夜間なら摘発行為が見受けられないのも納得できません?

……というか、たったの一時間?


582 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:34:05 ID:J3P4FPtP
>>552
エナリ
要するに何をほざこうとお前が崇善堂による「大量」埋葬の痕跡を一つたりとも示せないのだから
お前の負けだ、エナリ。 ザマーミロw

>>554
お前なw 自分で>>555みたいな自動車の修理も自前で出来ないような貧乏の根拠をさらしといて
>>554みたいなことかかれても説得力がないんだよw

>>555
埋葬活動を行っていたのは確実だろうよ、エナリ。
日本語の不自由な支那の手先には理解できないのかもしれんが
俺は崇善堂が埋葬をしていないとは一言も言っていない。
空耳が聞こえるようなら病院へいけ、エナリ。

崇善堂は埋葬しただろうがその規模は小さく、埋葬実績は紅卍字会に含まれる。

したがって崇善堂の埋葬記録は捏造確定。

お前の書き込みは何の反論にもなっていない。

583 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:46:44 ID:J3P4FPtP
>>556
エナリ

お前は本物の馬鹿だな。
支那の工作員の中でも最低の役立たずだ。
マヌケだ、クズだ、能無しだ!

ハーグ条約のどこに「便衣兵を処刑してはいけない。」と書いてある。
お前の出した第24条には軍服を脱ぐことは含まれないんだよ。第1条に違反しているだろうが。
頭悪いにもほどがあるぞ、エナリ!


584 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:50:45 ID:WSSw1hDB
で、仕事から帰ってきた訳だが、まだリスト出してないじゃないか、えなりくん。
前々スレで君が話題に出した原爆被害者についてはちゃんと名簿があるよ。

>原爆死没者名簿登載者数 137,339人

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/gentai/irei_tuitou/sikiten60/

で、南京大虐殺被害者の名簿は?

585 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:51:53 ID:3vh+r+8L
>>583
彼は、・・・そのぉ・・・あれだ、あれ。
ご都合主義だ。

586 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 18:52:57 ID:J3P4FPtP
>>379
>そんな国際慣習はありません。

>>379で立派にあるだろうが。
お前は裁判していた慣習の一つも出せないくせに何の根拠もなく「ありません」
といえば片付くと思っているのか?
馬鹿すぎるだろう。
なぜ、そんなに頭が悪い!

便衣兵を勝手に定義するな馬鹿。

当時、便衣兵は即処刑。これが国際慣習。
お前のは反論じゃない。言い張ってるだけ。何の意味もない。

587 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 19:03:27 ID:J3P4FPtP
>>586の最初の>>379>>557のアンカーミス。

>>559
馬鹿エナリ。

俺は便衣兵掃討に市民が巻き込まれた「確かな根拠」といったのだぞ?
安全区の外に人がいないといったときはボートリン日記を否定しておいて
今度は伝聞で結果も定かでない与太話を根拠にするのか?
支那の宣伝工作はここまで低レベルなのか?
しかも便衣兵掃討に引っかかったかどうかもわからんじゃないか。

エナリ、お前はあまりにも頭が悪い。
便衣兵掃討に市民が巻き込まれたという「確かな根拠」はないんだよ、アフォ。

588 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 19:05:29 ID:J3P4FPtP
歴史研究への米参加拒否 中国「北東アジアは特殊」
http://www.sankei.co.jp/news/060124/kok080.htm

馬鹿中国が歴史捏造を自白してらw


589 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 19:07:04 ID:ZCSSu6kg
なんか頭がクラクラするね、このスレ...

590 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 19:26:15 ID:3vh+r+8L
>>589
がんばれ。
取りあえず、南京事件について書いた書籍を読んで
一連の時系列を把握しておくことが大事だよ。
その上で、このスレを読めば案外すんなり読める。

591 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 19:27:01 ID:3vh+r+8L
で、みんさんがおすすめする本は?

592 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 19:37:31 ID:4DGryM4U
「たかじんのそこまで言って委員会」
ここまで南京大虐殺がねつ造とは他の番組じゃ絶対言えない
http://up.arelink.net/up50/upload.cgi?mode=dl&file=239
パス:taka

593 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 20:53:14 ID:TOTBL7fA
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1127987030/
南京の証拠が「証言」「写真」だけのように原爆も同じ、
よって原爆も捏造だとか…
どうよ?

594 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:04:41 ID:QjxIk6NH
●原爆投下
1.日本人犠牲者の名簿 ○あり
2.命令書 ○あり
(7月25日、トルーマンの決定を受けてグローブスが作成した「原爆投下命令書」が
ワシントンの陸軍戦略航空軍司令官カール・スパーツに手渡され、ポツダムにいる陸軍長官スティムソン、
陸軍参謀総長マーシャルが承認し、陸軍参謀総長代理トーマス・T・ハンディがサインした公文書○)
その他、膨大な文書○や記録フィルムなどの資料 ○あり
3.政府の認識 ○あり(日本にも○、アメリカにも○、世界中の政府にも○、認識あり)


●南京事件
1.支那人犠牲者の名簿 ×なし
(日本も×、蒋介石政府も×、汪兆銘政府も×、南京安全区国際委員会も×、南京市民も×、誰も作成せず)
2.日本の命令書その他公式文書 ×なし
3.政府の認識 ×なし
(当時は、日本にも×、何応欽にも×、蒋介石にも×、毛沢東にも×、国際連盟にも×、事件の認識×なし)

595 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:11:55 ID:lB44B+pE
Google、中国で「検閲版検索サービス」提供へ
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/25/news041.html

不都合な事にはアクセスすらさせません 都合のよいネタだけを人民とエナリに提供します

596 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:20:38 ID:3vh+r+8L
>>595
ここまでくると、中国人が可哀想だな。

597 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:26:14 ID:Dz7zuRPQ
恵也、またどっかで粘着してるのか?
質問がたまってるんだが・・・
ま、居てもマトモな答えは返ってこないけど・・・

598 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:32:41 ID:eCWuL5tq
ここで発見した
【世界の】「南京大虐殺」はホント【常識】 4
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1131532350/


599 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:37:51 ID:Dz7zuRPQ
>>598
しかし、コイツはこの手のスレに粘着しまくってるなぁ。
ホント、何の仕事してるのかねぇ・・・
人事ながら気になるよ・・・

600 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 21:52:57 ID:J3P4FPtP
馬鹿エナリ、よそのスレに逃走w

ま、そのうち戻ってくるだろうがな。何の根拠も出さずにw


601 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 22:39:41 ID:reOzF1h1
>600
なんか反論できるネタを収集してるんだよ。
脱線させないようにしないといけないね。

602 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 22:42:51 ID:lB44B+pE
ヤツが登場するとレス番が飛ぶ(透明)ばかりで素人のおじちゃんの勉強にならんので困る

603 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 23:29:24 ID:eCWuL5tq
エナリはあっちのスレで追い詰められたようだから
1時間ぐらいグーグル先生に教えてもらってから
こっちに戻ってくるのではないかな

604 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 23:41:10 ID:J3P4FPtP
あんな支那の低級工作員などどうでもよろしい。

605 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 03:32:28 ID:i5uvKffz
>>584
>前々スレで君が話題に出した原爆被害者についてはちゃんと名簿があるよ。

おお、ご苦労さん!
長崎では良い事をやってるね。
広島や南京でもやっていてくれたら良いけどな。

でもこの名簿は被爆後23年たって収められたもの。
遺族の中には死んだとは認めたくない方も居られた事だろう。

7万人から増えたのは、原爆症(ガンなど)の後遺症のせいだろう。
タダの自然死もあるかも知れんが区別は本人しかつかん。

>原爆死没者名簿は昭和43年8月9日、松山町平和公園の平和祈念像前
・に設置された「原爆殉難者名奉安所」に初めて奉安されました。
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/gentai/irei_tuitou/houan.html

>一九四五(昭和二〇)年八月九日午前十一時二分。死者は推計七万人
(四五年十二月末まで)という。
http://www.nishinippon.co.jp/news/genbaku/2003/0803tok.html

>体の中の細胞・血液がおかしくなって,高熱,脱毛,傷が治らない
・ままになるなどの症状の悪化がすすみました。
http://www.sendai-c.ed.jp/~baba-syo/genbakusyou.htm

606 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 03:49:20 ID:i5uvKffz
>>581
>安全区内に日本兵を「1人も」見なかった、っての?

あなたの誤解。
ここに書いてあるのは、日本軍衛兵の姿がまったく無かったという事。
安全区を保護してくれる使命を受けた兵隊がいない意味。

その代わり便衣兵狩りや、強姦魔になった兵隊がウロウロしてた訳だ。
それで西洋人が主になってパトロールしていた。
中国人じゃ即、便衣兵容疑者にされて命の危険があるからね。
その点、西洋人なら殴打や平手打ちくらいの懲罰で殺されはしない。

しかし中には真面目な礼儀正しい日本兵も居たんだよ。
誤解しないように!

>1937年12月29日
(中略)
 礼儀正しく、而も尊敬して、私共を処遇してくれました、若干の大変
・愉快な日本人がありました。

・他のものは非常に残忍で、私どもを脅迫し殴打したり、平手打ち等を
・やりました。『リッグス』氏は最もひどく平手打ちをされました。

・私は時々、一日本兵が、若干の支那人を助けたり、また、遊ぶ為に
・支那人の赤子を拾い上げているのを目撃しました。日本兵が一人な
・らず、戦争は嫌いだ本国に帰還したいと私共に語りました。

・日本大使館員が親切で、私共を救い出そうとしましたが、彼らは無力
・でありました。
(マッカラムの日記より)

607 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 03:50:07 ID:6w4S9Woo
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column066.html

このコラム面白いよ。

608 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 03:55:59 ID:lDb3uRnk
>>605
はい毎度おなじみ深夜の逃げ書き込みですねwww

>おお、ご苦労さん!
つーか何様のつもりだお前

>長崎では良い事をやってるね。
近代国家なら当たり前なの

>広島や南京でもやっていてくれたら良いけどな。
やってるわ
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1110964099229/index.html
ほれ242,437名だとさ。
まあ普通ニュースで原爆投下の日には原爆被害者数の名簿が原爆祈念碑の中に
毎年納められているという報道がされるから普通の人間は知ってて当然だけどね

>でもこの名簿は被爆後23年たって収められたもの。
>遺族の中には死んだとは認めたくない方も居られた事だろう。

あと遺族が死んだのは認めたくないとかそんなお前しか言わないような寝言は関係ありません
客観的な、医学と国の調査による結果ですんでね。

>7万人から増えたのは、原爆症(ガンなど)の後遺症のせいだろう。
>タダの自然死もあるかも知れんが区別は本人しかつかん。

つくわけねーだろアホwww

お前、咳してその咳が風邪なのか他の原因によるものなのか医学的に自分で判断できるのかw
医者が客観的に判断するもんだ。

609 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 03:58:18 ID:i5uvKffz
>>581
>日本兵はいっぱい居たけどそれらは巡回警備兵じゃなかった、って事?

国際安全委員が欲しがったのは、出入り口で悪の兵隊が入り込んでレイプしたり
出来ないようにする警備兵。
その兵隊をナカナカ配置してくれなかったと嘆いてるわけ。

便衣兵容疑者を縛り上げて連行して、殺すような兵隊じゃありがた迷惑!

>日本軍が手を貸さないので、死体はいっこうに片づかない。安全区の管轄下にある
・紅卍字会が手を出すことは禁止されている。
 
・銃殺する前に、中国人元兵士に死体の片づけをさせる場合もある。我々外国人は
・ショックで体がこわばってしまう。いたるところで処刑が行われている。一部は軍政部
・のバラックで機関銃で撃ち殺された。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#c1

610 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 03:58:57 ID:lDb3uRnk
>>606

>その代わり便衣兵狩りや、強姦魔になった兵隊がウロウロしてた訳だ。
>それで西洋人が主になってパトロールしていた。
>中国人じゃ即、便衣兵容疑者にされて命の危険があるからね。
>その点、西洋人なら殴打や平手打ちくらいの懲罰で殺されはしない

ソース無し、捏造

めんどいから終了。

611 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 04:01:23 ID:lDb3uRnk
>>609

ふつーにかんがえてさあ?

「出入り口で悪の兵隊が入り込んでレイプしたり出来ないようにする警備兵」と
「悪の兵隊」はお前の理論では全部「日本兵」だよなあ。

その兵隊をナカナカ配置してくれなかったって、どうやって見分けるわけ?

612 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 04:04:52 ID:ch5IzmZY
えなりが夜中に書き込んでも今回はにげられませんでしたwwwwwwww

613 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 04:07:38 ID:lDb3uRnk
あのさあ。

ニュースや新聞とか全く見てないだろ恵也。

614 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 04:09:37 ID:lDb3uRnk
次の恵也の登場時間ですが・・・・・


恐らく、6〜10時までの間が危険性高いです。
アクセスが少ない時期を狙って行ってますので注意。

615 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 04:24:45 ID:i5uvKffz
>>581
>『昨夜の八時から九時にかけて』というのがミソかと。

これば前に日に、国際安全委員会が雇っていた警官が全員日本軍に連行
されて日本兵はあまりにも多くウロウロしてるので、出入り口の警備兵や
巡回して日本兵を規制してる警備兵がいないのじゃないかと、西洋人が
集団で夜の8時から調べに繰出したわけだ。

連行された警官は全員処刑されてます。中国兵を中に入れたという理由で
(武器を取り上げて保護してただけなのにな)
そのころ発電所職員も政府関係者だからと殺されてます。

>五十四人ほど収容されているはずだから、まず最初にそこへ行くように。
・ところが、なんとそのうちの四十三人が処刑されていたのだ! 
・それは三、四日前のことで、しばられて、河岸へ連れていかれ、機銃
・掃射されたという。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/hatuden.html

616 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 04:29:23 ID:NsYFgp1I
政府に「屠殺」と刷り込まれた中国民衆

 産経などのメディアがいつかは書くだろうと期待していたが、一向にこの重大な誤訳について真相が明らかにされないので、とうとう当コラムで書かねばならなくなった。

 またぞろ、敗戦記念日が近づくにつれて、いわゆる南京事件がテレビ等でとりあげられているが、あいかわらず右も左も「南京大虐殺」と誤訳して使っている。南京には「大虐殺記念館」があるということも広く知られるに至っている。

 しかし、この記念館の正確な名称は「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」である。大虐殺ではなく大「屠」殺であって、この違いは月とスッポンぐらいの差がある。

 屠殺とは「食べるために殺す」という意味だ。なぜ中国人が日本人に対して全く理解できないほどの敵意を示すのか、その答えがここに潜んでいるのである。 
 日本に留学してきた中国人や、日本で雇用されている中国人が、お世話になった恩人のはずの日本人を惨殺する事件がときどき繰り返される。彼らの心の闇の部分は憶測するしかないが、
生まれたときからオトナによって「祖父母や親類縁者が日本人によって屠殺され、食べられた」と教え込まれているとしたら、その影響が時限爆弾としていつ爆発するか、考えただけでもソラ恐ろしい。

617 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 04:33:40 ID:i5uvKffz
>>582
>自動車の修理も自前で出来ないような貧乏の根拠をさらしといて

そら貧乏にもなるぜ。
自動車なんて当時は高級品で、庶民にはナカナカ手に入らないもの。
おまけに日本軍は相手が中国人だけだと、気楽に徴発して軍の仕事に
使う状態だ。

崇善堂が持っていたというのは、その徴発をまぬかれた自動車だろう。
貿易も自由にならない戦争状態じゃ、部品だって手に入れるのが大変
だったんじゃないかな。

当時の日本の国産自動車は、すぐに故障をするので輸送部隊から嫌わ
れて外車は非常に評判が良かった。
中国でも西洋の車を好んで使ってたんじゃない。

618 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 04:58:50 ID:i5uvKffz
>>608
>お前、咳してその咳が風邪なのか他の原因によるものなのか医学的
>に自分で判断できるのかw 医者が客観的に判断するもんだ。

あんた原爆症を普通の病気と勘違いしてないかな?
被爆者が白血病で死亡したとしても、被爆のせいか自然になったのか
区別はつきません。

タダ単に普通の人に比べて2倍くらい、ガンになる人が多かったという
だけで、原爆症として認定し医療費を全員に全額タダにしてるだけ。
それも健康保険で面倒を見れないところを国が補助するというもの。

医学なんてその程度のいい加減なものなんだぜ。
あまり医学を過信しないように。

>176例の白血病死亡例が確認されています。このうち約90例が
・放射線被ばくによるものと推定されます。
http://www.rerf.or.jp/nihongo/radefx/late/leukemia.htm

619 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 07:37:39 ID:BMWL7WAC
赤が来て暴れてます。

中国の怖い話
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1124196239/l50

620 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 08:00:07 ID:QHXk3VRu
…で、結局ソースは皆無ですか。
だから南京大虐殺なんて捏造なんだよ。

621 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 09:36:12 ID:/yH/oAcf

低能プロパガンダエナリが何の根拠も挙げられずに言い張るだけw

書き込みをすれば嘘ばかり。中身は支那に都合のいいことばかり。

論破されても気にしない。だって仕事で書いてるから。

な、エナリ。

622 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 10:12:16 ID:yJ2rJ3/1
えなり君へ

そう言う証言があったことは分かりました

次は証言の裏付けを行って下さい。

623 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 10:37:22 ID:vm/iP1dq
>>618
お前は逆に医学なめてるだろ?被曝の為の白血病、ガンとその他の自然死の見分けつかないって
いつの昔の医学だ?

624 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 10:44:25 ID:rF+lfqZ6
>>616
>屠殺とは「食べるために殺す」という意味だ。なぜ中国人が日本人に対して
>全く理解できないほどの敵意を示すのか、その答えがここに潜んでいるのである。

そらあんたの考えすぎ。
日本語では食肉解体という意味でも、中国語での意味とは違うと思うのが
常識というもの。
中国語の素養の無い人間が、中国語を解釈してもドンキホーテだよ。

日本語と中国語はにてはいるげど、まったく別物と思った方が良い。
今では漢字でさえずいぶん異なって来た。
この地図を見て少しは読めるかな?

>中国地図
http://www.jcbus.co.jp/chinahotel/map/

625 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 10:49:40 ID:Qv+LnH6J
>>624
オマエも忙しいヤツだな・・・
あっちで書き込み、こっちで書き込み・・・
そのすべてが妄言ときてる・・・
オマエ、小説家になれるぞ。
ただし、中国か朝鮮でな。

626 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 10:52:41 ID:WPh/N1hH
>>624
中国語の素養のある恵也氏が、中国語での「屠殺」の意味を
教えてくださるそうです。では、どうぞ!

627 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 10:57:58 ID:BV39JVfK
>>605
で、えなりくん、日本は23年かけてきっちり調査して名簿を作った訳だが、南京大虐殺から何年経ってるんだい?もう名簿あるよね?それじゃあるというソースを出してもらおうか。

628 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 11:01:33 ID:rF+lfqZ6
>、防衛庁には公表されない戦時資料が大量に眠っていると言う。公表したくないって事は
よっぽど都合の悪い資料がたんまりあるんだろうね。自分の自慢になることは頼まれなく
ても喧伝するくせにね。

 この捕虜とされている中には、便衣兵の嫌疑をかけられた一般市民も含まれているだ
ろうが、大方は投降した兵士であろう。無論、便衣兵であろうと投降した捕虜を正当な
裁判なくして虐殺していいはずはない。日本も遵守を表明していたハーグ陸戦条約に
照らしても明白な違反行為である。しかも、彼らの言う「便衣兵」とは「便衣の正規兵」
であって、軍籍を有しているから、なおさら国際法の保護をうけるのである。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/war4.html



629 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 11:10:59 ID:rF+lfqZ6
>掃討のやり方は大ざっぱで「目につく殆どの若者は狩り出」した結果、「各中隊とも何百名
も狩り出し」ました。
 水谷の所属する「第一中隊は目立って少ない方」でしたが「それでも百数十名を引立て」
ています。
 引立てられた者の「家族であろう母や妻らしい者が大勢泣いて放免を頼みに来る」なか
「市民と認められる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。」
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/book/objection/6anzenku.htm


630 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 11:20:02 ID:rF+lfqZ6
>>609
>「悪の兵隊」はお前の理論では全部「日本兵」だよなあ。

南京虐殺では日本兵だよ。
安全区の警備兵をナカナカ配置してくれなかったのは、安全区委員会
から日本軍宛に出した文章で証明されると思うけど。

それに避難してた中国人から、金目の財物をかっぱらったり高級な
筆や硯を南京を占領した師団長の中島今朝吾中将自らカッパライ
日本に送ったという。

こんな師団長、しかも元憲兵司令官じゃ兵隊の軍紀もガタガタは仕方ないか!

>またある師団長とは中島今朝吾(第16師団長;のち関東軍第4軍
・司令官の時、私財略奪のかどで予備役編入
http://ww1.m78.com/topix-2/matsuiiwane.html

631 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 12:23:08 ID:/yH/oAcf
>>629
>「市民と認められる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。」
これは日本軍に市民を攻撃する意図がなかった証拠。
無差別虐殺のなかった証拠でもある。

結論:南京大虐殺は捏造。

632 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 13:57:54 ID:NDzlk9NT
まさに恵也って

「  ヒ   ト   モ   ド   キ   」だなwwwww

633 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 14:10:57 ID:NsYFgp1I
>>624
>そらあんたの考えすぎ。
>日本語では食肉解体という意味でも、中国語での意味とは違うと思うのが常識というもの。
>日本語と中国語はにてはいるげど、まったく別物と思った方が良い。

残念!屠殺は中国でも「食べるために殺す・殺戮する」です^^

634 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 14:17:42 ID:FyHr3eER
妄想と自爆ばかりか・・・・、エナリ・・・。

635 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 14:52:01 ID:/yH/oAcf
エナリの妄想と自爆はすべて中国を擁護しようとした結果発揮されている。
こう指摘されても改められることはないだろう。
なんせプロパガンダ工作員だから。

奴の思考はどう考えても日本人じゃない。

636 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:06:08 ID:P+5EL7eT
そのくせ中国語も知らないのに知ったか妄想でオケツを掘るヘンタイ

637 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 15:10:36 ID:NNSgpvrj
>>631
>>「市民と認められる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。」
>これは日本軍に市民を攻撃する意図がなかった証拠。

36人殺せば次の日は、もっとたくさん平気で殺すようになるのは当たり前。
良心は麻痺し出したら、どれだけでも麻痺するのを知らないようだね。

>【夕方のあの事件を、私たちはボソボソと語り合っていた。ふと気が
・つくと、戸外の、広いアスファルト通りから、ひたひたと、ひそやか
・に踏みしめてゆく足音がきこえてくるのだ。しかもそれが、いつまで
・も、いつまでも続いている。

・数百人、数千人の足音。その間にまじって、時々、かつかつと軍靴の
・音がきこえている。外套をひっかぶって、霜凍る街路へ飛び出した。
・ながいながい列だ。どこから集めて来たのだろうか、果てしない中国
・人の列である。
・屠所へひかれてゆく、葬送の列であることは一目でわかった。】
http://www.jca.apc.org/nmnankin/liu02.html

638 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 15:23:26 ID:NNSgpvrj
>>633
>残念!屠殺は中国でも「食べるために殺す・殺戮する」です^

中国人でもないのに良く判るね。
否定派の品格の悪いところは、知らなくてもはっきり断定してしまうこと。

日本語でさえ食べる為という意味は無い。
鳥インフルエンザで鶏を鳥小屋ごと屠殺処分してるけど、食べるバカは
あなた位のものだろう。

屠殺:::家畜などを殺すこと。屠畜。畜殺。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C5%CB%BB%A6&search_history=&kind=jn&kwassist=0&mode=0&jn.x=24&jn.y=11

639 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:35:52 ID:WWPWTawd
>日本語では食肉解体という意味でも、中国語での意味とは違うと思うのが常識というもの。

日本語の「光」には〜し尽くすなんて意味がないのに
「三光作戦」なんておかしいと思うのが常識というもの。

640 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 15:37:57 ID:NNSgpvrj
>>623
>被曝の為の白血病、ガンとその他の自然死の見分けつかないって
>いつの昔の医学だ?

そんなに医学が発達したのかい?
アスベストで肺ガンになるけど、それも自然発生率以上に患者が
出てきたから問題になっただけ。

アスベストの為か、自然な状態でもなった肺ガンかの区別は現代医学
では無理。
おまけにタバコを吸ってる人は、自然な状態の60倍になるという。
これが、タバコのせいか、アスベストのせいか、ストレスのせいか、
自然なのか区別できるか!

>「たばこ喫煙+アスベスト曝露」で肺がん危険度が「非喫煙・アスベス
・ト曝露無し」と比較して60倍上昇するが、「非喫煙・アスベスト曝露」
・では5倍程度
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/7545/data_dictionary.htm

641 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 15:39:31 ID:NNSgpvrj
>>622
>次は証言の裏付けを行って下さい。

教えて「クレクレ病患者」は相手にしないので、悪しからず!

642 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:40:32 ID:vPx0E14y
>>630
想像。

>>637
想像。

>>640
話題逸らし

643 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:41:08 ID:vPx0E14y
>>641
裏付けが無い言い訳。

644 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:43:59 ID:rzc3Lste
>>641
ハァ?
裏付けも提示できない証言に説得力があるとでもおもうのか

645 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 15:46:11 ID:NNSgpvrj
>>639
>「三光作戦」なんておかしいと思うのが常識というもの。

戦争中は日本軍が尽滅作戦と言ってましたが、三光作戦の中国語の
方が格好よくて簡単じゃないかね。
今は尽滅作戦なんていっても、どれだけの日本人に分かるんだろう。

ガソリンも元は英語だけど、揮発油なんて日本語で子供に分かるかい?
言葉は常に変化してる「イメージを伝える不完全な」道具で、しかも
時代によって変化することくらい覚えておきなさい。

646 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:51:46 ID:LPJkTA7d
(エキサイト翻訳)
中 屠殺 → 日 殺戮
中 大屠殺 → 日 大虐殺
http://www.excite.co.jp/world/chinese/

(goo辞書)
英 slaugh・ter
━━ n., vt. 屠殺(とさつ)(する); (大量)虐殺(する);
〔話〕 完敗(させる).
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=slaughter&kind=ej&mode=0

・・・さあ、>>633の言い訳を聞こうか。
お前のソースはどこにある?w

647 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:52:41 ID:/yH/oAcf
>>645
プロパガンダエナリがまた嘘をついているのか。

尽滅作戦も三光作戦も存在しない。
かっこよくもないし意味不明な簡素化は出来ない。
エナリと支那のよくつく嘘。

648 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:53:31 ID:vm/iP1dq
>>645
暗号でもないのに意味の通じない言葉を使うことはかっこいい以前の問題だと思いますが

649 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 15:56:32 ID:/yH/oAcf
>>637
>36人殺せば次の日は、もっとたくさん平気で殺すようになるのは当たり前。
>良心は麻痺し出したら、どれだけでも麻痺するのを知らないようだね。

今日市民を選別し、良心を保ったのだから次の日に良心をなくすいわれはない。
頭悪いなエナリ。

お前の引用は小説。
エナリ、お前はスターウォーズを元に帝国は悪いと主張しているようなもんだ。
支那じゃ通じるかもしれんが、日本じゃ通用しないよ。


650 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 16:03:22 ID:/yH/oAcf
>>637
>36人殺せば次の日は、もっとたくさん平気で殺すようになるのは当たり前。

エナリ、これは中国の常識だろ。
日本では通じないよ。

651 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 16:08:58 ID:NsYFgp1I
>>646

>>633の文章はコピペなんだから、適当に抜粋してググれよアホwwww

652 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 16:12:20 ID:yJ2rJ3/1
>>641
議論が出来ないんですね?

653 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 16:18:40 ID:/yH/oAcf
屠殺は中国でも「家畜を殺す」という意味だ。
つまり食べるために殺すってことだな。
台湾人の黄文雄がいってた。

南京大屠殺といえば食べるために殺したことになるだろう。
大嘘だな。

654 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:23:54 ID:6EXypvI3
>>651

敗北宣言乙。
「ソースは2ちゃんねるです」かw

ところで「南京大虐殺はなかったで厨」の妄論を粉砕するための
Q&Aや辞典を作るとしたら、どういう項目を立てたらいいかね。

「30万人もいなかった」「30万人も殺すには原爆が必要」
「東京裁判で初めて登場した」「写真は捏造と証明された」
「死体がない」「証拠は証言だけ」「●●(人名)が虐殺などないと言った」
「●●(人名)の証言はデッチアゲ」「中国共産党の捏造」

他に何かあるかね。
まあいずれにせよ論破されまくってるわけだがw


655 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:28:30 ID:6EXypvI3
>>653

おいおい、特定台湾人の黄文雄かよw

だが一般的な中国語電子辞書でも
>>646にあるように、「屠殺」は殺戮、「大屠殺」は大虐殺の意味が真っ先にくる。
そしてまた、日本語における「屠殺」、すなわち家畜を食うために「ほふる」場合は、
中国語では「屠宰」という言葉が第一候補。やってみりゃわかる。
http://www.excite.co.jp/world/chinese/

英語でも同様で、「家畜を殺す」と「虐殺する」の二つの意味があるな。
黄文雄は「日本人はバカだから中国人を叩けば喜ぶ」と思って
いいかげんなことを言っているw

656 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:29:38 ID:OVWoA6jG
で、おたくのあったと言う根拠の提示は?

657 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:42:05 ID:UL9bU+dm
加害者の日本軍兵士の証言
被害者の中国人の証言
欧米の新聞記者の目撃証言
状況証拠

658 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:45:12 ID:OVWoA6jG
パロディ ?

659 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:48:19 ID:C7ozAmZD
>>657
やけに資料価値の無いものばかりだな(ゲンナリ
エナリは二人もいらないから帰っていいよ

660 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:54:23 ID:2aO3lVS6
…で、いつになったら南京大虐殺が史実である証拠を提示してくれるんだい?
結局さ、完全捏造のプロパガンダでしょ?
南京大虐殺って。
もういい加減見苦しいよ。

661 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:54:54 ID:ETKLYKyI
>>657
状況証拠?

662 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 18:57:45 ID:ETKLYKyI
>>660
そうとも言い切れない。

あったかもしれない。なかったかもしれない。
被害はあったかもしれないけど戦闘行為の延長
一部軍人が暴走していた可能性。
プロパカンダの可能性。
結論は出ていない。

663 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:13:53 ID:MQFdKLUb
歴史教科書批判が原因か…中国人気紙が停刊処分
 【北京=末続哲也】中国有力紙「中国青年報」の付属週刊紙「冰点週刊」が、
24日に停刊処分を受けたことが、同紙関係者により明らかになった。同週刊
紙が11日付で中国の歴史教科書の問題点を指摘したのが原因と見られる。

 問題の文章は、袁偉時・中山大教授が執筆。1900年の義和団事件で、
1か月内に児童53人を含む外国人231人を殺害した残虐行為の記述が
中国の歴史教科書にほとんどない点などを指摘、日本の歴史教科書を批判
するだけでなく、自国の歴史教科書の記述も見直すよう訴えた。

 中国青年報は、胡錦濤・国家主席の出身組織でもある中国共産主義青年団
の機関紙。比較的自由な報道姿勢で知られ、特に斬新な切り口の記事を掲載
する冰点週刊は人気が高かった。今回の処分は、胡錦濤政権による言論統制
強化を改めて浮き彫りにしている。

 中国では昨年末にスクープを連発してきた人気日刊紙・新京報の編集局長
らが更迭されるなど、近年、報道規制が強化されている。
(読売新聞) - 1月26日3時13分更新

中国人キリスト教徒殺害も記載すべきです。


664 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:23:39 ID:UL9bU+dm
日本軍が南京に侵攻したこと自体が問題なんだけどね。
凶悪な強姦魔が女性宅に不法侵入して、三十発やろうが、
十発やろうが、犯罪には変わりない。

665 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:37:26 ID:6Q0c+Hl2
>>664
要するに、南京事件の有無は証明できないっつーことね。

エナリは二人もいらんから、(# ゚д゚)カエレ!!

666 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:39:18 ID:FIDEFeKV
歴史をツマミ食いして部分評価か、中学生みたいだなw

667 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:39:53 ID:C5fu9Eqs
>>664
使えねーヤツだな、オメーは・・・

668 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:40:22 ID:IBk5JAvE
>>655
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column067.html
静岡県立大学大磯正美教授だな。

>>646にあるように、「屠殺」は殺戮、「大屠殺」は大虐殺の意味が真っ先にくる。
>そしてまた、日本語における「屠殺」、すなわち家畜を食うために「ほふる」場合は、
>中国語では「屠宰」という言葉が第一候補。やってみりゃわかる。

表意文字の話してて、なおかつ「屠」について書いてるのにアホだろお前www

669 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:42:47 ID:C5fu9Eqs
>>668
出た出た、誹謗中傷。
使えねーな、本当に・・・・

670 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:50:35 ID:IBk5JAvE
>>669
667 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2006/01/26(木) 19:39:53 ID:C5fu9Eqs
>>664
使えねーヤツだな、オメーは・・・



出た出た、誹謗中傷。
使えねーな、本当に・・・・

671 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 19:52:24 ID:ETKLYKyI
>>663
必死だな中国w

672 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 20:02:42 ID:1QKgF8op
>>654
ここはデンパプルーフスレだ。
遠慮なく居つきなさい。

ところで南京陥落時に人口が30万人いなかったに異議があるようだが
詳しく聞かせてもらおうか。

それから南京大虐殺の証拠と確認された写真は見たことがない。
提示してもらおうか。

他にも何? 捏造証言がないといいたいのかな?
面白いね。証明してもらおうか。


673 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 20:13:35 ID:GJCGBibY
>>664
それをいうならそもそも日中戦争の発端は盧溝橋事件であり、
その事件を事変へと加速させたのは第二次上海事変であり、
さらに謝罪があったとはいえ日本人を怒らせたのは通州事件であるわけだが、
そういった事を一切無視してそんな発言をするあたりはさすがだね。
知識も知能も羞恥心も無いというのは、ある意味幸せな事かもしれんなw

674 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 21:08:10 ID:8t8HSZyP
まぁ、南京の定義や規模を拡大させていきゃ
30万人以上になるかもな

675 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 21:50:38 ID:1NwFZg4T
>>647
>尽滅作戦も三光作戦も存在しない。

常識だと思ってたが、異を唱えたいのかな。三光作戦は国民党が
共産党の根拠地を完全に住めなくして、支援者を共産党のそばから
隔離してすべて殺し、すべて食料を絶ち、すべて焼いてしまう作戦。
その国民党の戦術が、日中戦争では最初じゃないかな。

それを日本軍は儘滅作戦と読んでいただけ。
一時的には共産党には大打激だったようだぜ。
長期的には逆転したようだけど。

この戦術は大昔から用いられてた悲劇的な戦術。

>日本軍は殺しつくし焼き尽くすというローマがカルタゴにやった
・ようなことを近代戦でやってしまったのです
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/sankou/970128-0205.htm

676 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 21:53:35 ID:C5fu9Eqs
>>670
行動が「某朝鮮人」と同じだな。
本当に使えねえ・・

677 :中国様の指令:2006/01/26(木) 22:09:46 ID:ztJCLS88
ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡       反日で政権を維持する中朝韓
ミミ彡徂""""""""ヾ彡彡彡        反日教育に染まった中朝韓の青年達
ミミ彭         ミミ彡彡   
ミミ彭 _    _   ミミミ彡   大陸と距離を置いていた時代、
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡    日本文化は発展し、平安だった。
ミミ彡 ヽ ̄' 〈ヽ ̄ .|ミミ彡     大陸と交渉が多かった時代、
 彡|     |       |ミ彡   政治は乱れ、人々は不幸だった
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   
  ゞ|     、,!     |ソ  
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /       政治関係はクールに。
    ,.|\、    ' /|、     経済関係はウオーム。
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
    \ ~\,,/~  /       
     \/▽\/

中朝韓は敬して、遠ざけよ!



678 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:11:10 ID:1NwFZg4T
>>650
>エナリ、これは中国の常識だろ。
>日本では通じないよ。

九州の天草四郎の乱くらい、歴史を見ておきなさい。
ここだって、最初から住民全員虐殺なんて、思ってもないしやろうとも
しなかったのが、虐殺に慣れると老若男女まったく関係なくなるのが常。

あんたこのくらい日本の常識だから、日本人なら覚えておきなさい。
試験には出ないけど・・・

>最終的に幕府軍の攻撃とその後の処刑によって老若男女3万7千人が虐殺
・された。生き残ったのは内通者であった山田右衛門作一人であった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E8%8D%89%E3%81%AE%E4%B9%B1

679 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:14:51 ID:1NwFZg4T
>>653
>台湾人の黄文雄がいってた。

あんたね、人の責任にすんじゃないよ!
あなたの品格にかかわるぜ。
自分の口から言ったことは、自分の責任。
大人なら他人の責任にはしないよ。

680 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:15:45 ID:6Q0c+Hl2
>>678
「壱を持って拾を言う」
哀れな虐殺派の戦術。



681 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:21:26 ID:1NwFZg4T
>>659
>やけに資料価値の無いものばかりだな(ゲンナリ

メクラには70年も昔の資料価値なんて、貴方みたいに判りはしない。
それとも貴方は判断できる力が、貴方自身にあると信じてるのかい?

それに俺は中国語の知識は皆無だから、書くに書けないよ。

682 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:23:05 ID:tstPBTsg
かまうのは仕方がないとしても
話逸らしの想像ソースは放置で


683 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:26:02 ID:1NwFZg4T
>>660
>南京大虐殺が史実である証拠を提示してくれるんだい?

あんたは、メクラには証拠が見えないことさえ判らん馬鹿。
目を開ける訓練をして出直しなさい!

教えて「クレクレ病患者」は、ここには居場所はありません。
餌つき、暖房つきの子供用養豚場にお帰りなさい。

684 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:27:13 ID:A0wGYkRA
>>668

おいおい、だからその「真っ先に来る」のは
ど こ に お い て「真っ先に来る」のかと言ってるんだよw
辞書か?辞書だとしたらどこにある辞書だ?
大磯正美の 証 言 だ け では何の証拠にもならないぞw

それにしても、そうか、おまえらの電波の源は大磯正美教授かw ネタ提供ゴクロw
まー、こんな嫌韓流テイストを教授になっても飛ばしているからいつまでも
論文が書けないのじゃないかねw


>>663
まるで日本の教科書検定だなw

685 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:29:55 ID:1NwFZg4T
>>672
>ところで南京陥落時に人口が30万人いなかったに異議があるようだが
>詳しく聞かせてもらおうか。

そんなのは、検索したらどれだけでも出てくるよ。
あなたは検索の仕方も知らない、ご老人かい?

686 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:32:17 ID:j3uPHTcW
「証言は裏付けられて初めて証拠となる」
裏付けを早く

論拠の無い妄想はもういい

687 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:34:16 ID:j3uPHTcW
>>683
「証言は裏付けられて初めて証拠となる」
裏付けを早く
あんたの出した証言じゃ、そう言う証言があったことしかわからない

論拠の無い妄想はもういい

688 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:37:54 ID:1NwFZg4T
>>673
>さらに謝罪があったとはいえ日本人を怒らせたのは通州事件であるわけだが、

ロクに通州事件を知らないようだね。
この事件は日本の軍隊が飼ってた犬に、自分で噛まれたような無様な事件。
もう少し客観的に調べてみな!

>支那派遣司令部は、当初は「配下の保安隊」の「叛乱」を隠そうとした
・が、結局「保安隊とせずに中国人の部隊」として発表することにした
http://www.geocities.jp/yu77799/tuushuu/tuushuu1.html

689 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:42:06 ID:yVfF/Uun

なぁ、恵也氏よ。おまえ、一般人にしては知識が豊富だな。
どこの組織に教育を受けたんだ?
対策部とかあるのか?


690 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:42:29 ID:IBk5JAvE
>>684
いやぁ・・・アホだねぇほんとに・・・
君は日本語を調べる時に、日英辞書を引くのかね???そういう面白い人間ならいいんだよ。
君の特殊性について語るすべを私達は持たないから。

「屠」を中中辞典で引いてみてからそういうアホなコメント書いた方がいいとおもうよ。
「屠」で引けば
@姓
A肉屋
・・・以下略(林語堂辞書)
大磯教授がいうように、食べるために殺すって意味です。

そもそもエキサイトみたいにアホなオンライン辞書使ってるような奴には無理だろうけどね^^

691 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:46:48 ID:DzSYwPmW
>>683
証拠を提示しないならこのスレから失せろ下郎

692 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:49:34 ID:IBk5JAvE
>>684
可哀想な君にもう少し書いて教えてあげよう。わざわざしてあげるんだから感謝するんだぞ^^
@姓
A肉屋
B屠殺場
C食べ物のための肉屋
Dワインが・・・(俺には読めない
E殺す
Fmassacre(innocent people)

辞書ひきゃー猿でも判るが、肉屋とか食べるために殺すという意味があり、
その後、「massacre」虐殺って意味も含むようになったようですね。
根本的な表意はABでしょうから、
「大屠殺記念館」なんてあったらそりゃ、大磯教授のいうような印象を中国市民は受けるのは当然でしょう。

693 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:51:14 ID:IBk5JAvE
>>684
ようするに、
>おいおい、だからその「真っ先に来る」のは
>ど こ に お い て「真っ先に来る」のかと言ってるんだよw

ちょっと俺エキサイト辞書つかっちゃったぜ〜
レベルのアホはお呼びではないって事です^^

694 :九郎政宗:2006/01/26(木) 22:51:41 ID:A0wGYkRA
>>恵也 ◆o4NEPA8feA 氏へ
いやあ、デムパどもの神経を逆なでするのって楽しいねw
金にならないから適当に切りあげたほうがいいけどねwww
うちの母方の爺さんが第16師団にいたので、南京での中国人殺害の手口とか
死体の山やその始末とか「中国人の女を部隊の囲いものにした話」とかは
子供の時から聞いている。ちなみに爺さんは思想的にはゴリゴリ保守、
天皇を崇拝しているが日中&太平洋戦争には参戦しながらも「国力的に勝てるわけねー」と
思ってたらしい。負けを見越して行動したからこそ南洋で玉砕せずにすんだとさ。
どうもデムパどもは、そういう年寄りのリアルで興味深い話をちーとも聞かずに
「(つくる会)教科書丸写し」の軽薄でつまらん歴史観をふりまわすので滑稽だなあw
そんなこっちゃ「次の戦争」も負け戦だなw

そうそう、大礒正美といえば、中国人留学生を私怨でアカハラして
大学から訓告処分を受けたんじゃなかったかねw
http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/koike07.htm

>正規の手続きを踏まずに「処分」を行ったことを重視し、
>今年2月教授を「訓告処分」とした。さらに当局は教授に対して
>「不正行為」があったことを証明することを求めた。

つまり大学は中国人留学生の「不正」を認めていない。
また処分の手続きも不当とみなしたわけだ。やれやれw


695 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:51:54 ID:1NwFZg4T
>>689
>なぁ、恵也氏よ。おまえ、一般人にしては知識が豊富だな。

誉めてくれたのかい、有難うよ。
でも組織なんて嫌いな方でね、一匹狼の気楽な立場。

宗教面でも四国88箇所徒歩遍路は2回やったけど、今の仏教を信じてる
わけじゃない。お釈迦さんや弘法大師を尊敬はしても、信じきらん人間。

例えて言えば豪華客船にのって、人生を旅するより手漕ぎボートで気楽に
どこのお寺、神社、教会でもお祈りできるのが好み。

政治面もそうだよ。
縛られるのは本能的に嫌がる人間でな!
でも天皇を大切にしたい右翼だよ。
ウヨボウじゃないから間違えないように。

696 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 22:55:11 ID:1NwFZg4T
>>690
>「屠」を中中辞典で引いてみてからそういうアホなコメント書いた方がいいとおもうよ。

なんだ、その説明のしかた。
屁みたいな中身の無い、上げ底解説。
あんたは落第!
自分の言葉で説明しな。

697 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:58:40 ID:DzSYwPmW
>>696
自分の発言ソースは提示しないくせに他人にはそれを求めるのか、ゴミクズ野郎
さっさと失せろよ、目障りだ

698 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:04:31 ID:TiZIJVsK
>695
> でも組織なんて嫌いな方でね、一匹狼の気楽な立場。

間違い!えなりは中共の犬。

699 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:04:45 ID:IBk5JAvE
>>694
アカハラしたみたいですねぇ。っで?
内容にはなんら関係もないし、勿論エキサイト辞書愛用者の無能さにもなんら関係ないっすね。

>>696
わざわざ2つもレスつけて辞書の内容書き込んでやってるだろw
辞書の内容を自分の言葉で説明なんかしちゃっていいんですか?w
わたしは、君みたいに妄想世界の住民ではありませんのでできかねます^^

700 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:06:24 ID:tstPBTsg
>>696
親ページ
平和問題研究所
ttp://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/koiketop.htm
総目次
http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/koikemokuji.htm

バイアス・フィルターその他モロモロ

701 :九郎政宗:2006/01/26(木) 23:06:46 ID:A0wGYkRA
>>692

その辞書で「屠殺=食べるために殺す」と出てくるのは何番目かねw
もはや数も数えられない、字も読めないのか?ww
それにエキサイトは三省堂のデイリーコンサイス中日・日中辞書に依拠しているぞ。
書いてあったろ?www 日本語ですら読めないか?wwww
どっちがアップトゥデイトされてると思うかね?

どうもお前は勘違いしているようだが
恵也 ◆o4NEPA8feA氏にしても俺にしても、おまえら「教科書どおり」のデムパどもが
事実を突きつけられて考えを改める・・・なんてことは期待していない。
ひとつには、「ウソも百回」ということもあるから、何も知らない奴が洗脳されないための
予防措置として、さまざまなネット上の資料へのリンクを示しておく。これが第一。
そしてもうひとつには、
「他虐史観でチンケなプライドを埋め合わせている●流の●け犬」をコケにするのが
面白いからだw



702 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:10:37 ID:tstPBTsg
>695だった・・・ エナリが邪魔

703 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:12:58 ID:IBk5JAvE
>>701
みえないのか?A〜C番目に食べるために殺すって意味だけど。
@は姓だから実質意味をもたないから、中中辞書だとまっさきにそういう意味になるね。

>それにエキサイトは三省堂のデイリーコンサイス中日・日中辞書に依拠しているぞ。
>書いてあったろ?www 日本語ですら読めないか?wwww

だから君は日本語で判らない単語あったら、漢字辞書を使いませんか?(日日辞書)
英和辞書を使う人間なのですか?

大磯氏の主張は「屠殺」に対して、現地の中国人の方はこういう意味をもってるから感情が増加されるって趣旨ですよ。
日本語読んでますか?
当然、中中辞書で「屠殺」・「屠」を調べれば、上記のコラムの内容が理解できます。

伊達政宗は自分が好きなので「政宗」ってコテがそこまで低レベルで悲しい限りです。

704 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 23:13:02 ID:1NwFZg4T
>>694
>天皇を崇拝しているが日中&太平洋戦争には参戦しながらも「国力的に勝てるわけねー」と

俺の親戚の方も、戦争中に徴兵検査を受け、醤油を1升そのまま飲んで
青い顔をして見事、丙種合格。
バレたらタダでは済まない世の中で、良くぞそこまでやれたもの。

しかし広島でお店の集金に行く途中で、原爆を受け大やけど。
手には死ぬまでケロイドを持っておられたけど、戦争が終わって20年
ほど元気に魚屋をやっておられた。

結局ガンで死なれたけど、俺も見習って見たいほどのバイタリティだ。
ここの丸写ししか出来んウヨボウには、逆立ちしても無理だろう。
セイゼイ大礒教授みたいな頓珍漢な対応しか出来んだろうな。

705 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:14:26 ID:43hXixWP
>>704
君の辞書に「論拠」という単語が無いのは良く分かった。

706 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:18:21 ID:AHGRzJXH
負け惜しみモード全開のコテがいるスレはここですか

707 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:21:15 ID:IBk5JAvE
>>701
エキサイトだけじゃなくてインフォシークやライブドアの日中辞書使ってみたらどう?w
どっちもオンラインだから、君みたいに辞書を使えない人間でもパソコンでワンタッチ!

大屠殺記念館ってことは、
中国人にとってみれば、日本人が家畜(食べるために)として中国人を殺した。
という意味なので、「大虐殺」より心情的には酷いレベルで受け取ってるでしょうね。

708 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 23:22:02 ID:1NwFZg4T
>>699
>辞書の内容を自分の言葉で説明なんかしちゃっていいんですか?w

馬鹿だねあんた!
辞書はタンなる言葉の道具なんだぜ。
道具に人間が使われて、どうすんだよ。
人間がはるかに上なの!

人間のイメージ>>>>言葉>>>>辞書

人間のイメージを伝えるのに言葉を使い、言葉を覚えるのに辞書を使う。
辞書は下の下。
おまけに言葉は時代とともに、世代とともに、場所とともに変化してる
不完全なもの。辞書はもっと不完全。

709 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:23:47 ID:IBk5JAvE
>>708
君の場合はイメージが間違ってるから、単語使う時は辞書に頼った方がいいと思うよ。
そもそも中国語という外国語の話だから、外国人である日本人がイメージで単語を説明する意味はないって理解できますか?

710 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:34:26 ID:eDhkaFuG
日本と中国の歴史がいつまでも噛み合わないばかりか、年を追うごとに
どんどん違いが大きくなってるからなぁ…
それを見かねて、第三者どころか、先の大戦では日本と真っ向からやりあった
アメリカが中国や日本とともに歴史を検証しようと提案したのに、中国はそれ
を断った。
ふつーに考えれば、第三者に検証されると都合が悪い事実があるから、だろ?

711 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:34:44 ID:Sdf9U15r
書くに困って辞書がダメって小学生でもいわねーよwwwww

712 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 23:36:04 ID:1NwFZg4T
>>707
>中国人にとってみれば、日本人が家畜(食べるために)として中国人
>を殺した。 という意味なので、

中国人でもないのに、よく中国人の気持ちがわかるものだ!
貴方は座禅なんてやったことが無いでしょう。
自分自身の気持ちさえ、意外と気がつかいてないものだよ。

何でこんなクダランことに気持ちが引っかかってたんだろうなんて
良くあるもの。
恋人の気持ちも、意外と理解できてないものだ。

それを見ず知らずの、ロクに知らない中国人の気持ちがわかるなんて
一度精神病院で見てもらった方が良い。それより座禅がいいかも。

>座禅を組み、45分間
・1点を見つめて、色々な事を考えないよう
・精神統一。
http://blog.hb-no.sub.jp/?eid=126125

713 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:36:40 ID:Fmz48It9
    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|     
  |  ー' | ` -     ト'{   
 .「|   イ_i _ >、     }〉}  
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'    
   |    ='"     |       
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"〜ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |

【ラッキー同志】
このスターリンを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後シベリア送りにされるわ自己批判させられるわ
NKVDがくるわ粛清しまくるわでえらい事です

714 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:38:21 ID:IBk5JAvE
>>712
いや中中辞典みてるのにそんな事言われてもアホとしか・・・


715 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/26(木) 23:41:39 ID:1NwFZg4T
>私が戦地で強いショックを受けたのは、ある青年将校から「新兵教育には、生きている
捕虜を目標にして銃剣術の練習をするのがいちばんよい。
それで根性ができる」という話を聞いた時でした
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html

716 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:44:01 ID:IBk5JAvE
>>715
都合悪いとスルーは必須スキルだなwww

717 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:46:02 ID:tstPBTsg
醤油を飲んで徴兵試験回避という「伝説」を事実として言いふらすバカがいたんだ


718 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:46:59 ID:gC9o+yvV
>>712
「見性」も難しい言葉だといって辞書引いてやっと意味が分かったんだろ。
おまえの否定する辞書を見てな。WWW大笑い。
まともな坐禅をやったこともないようなやつが何を言うか。
汚らわしいから坐禅のことを書くな。どうせ何も輪からって居ない
邪禅、でたらめ禅を何年やってもお前には安心など得られないよ。
根本がひんまがっているからな。W

719 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:47:51 ID:IBk5JAvE
>>718
無意味な事書くと恵也様が喜んで無意味なレス垂れ流しますよ^^

720 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:49:53 ID:GJCGBibY
>>712
>中国人でもないのに、よく中国人の気持ちがわかるものだ!

【問い】
南京大虐殺なんて日本側に何のメリットもないから
虐殺なんてするはず無いと思うんだけど、それについてどう思われますか?

※答える前に注意:
もし「見せしめのためだった!」とか「こらしめるためだった!」などのような回答をした場合、
今のあなたと同様に「日本軍人じゃないのになんで日本軍人の気持ちがわかるんだ?」とつっこみます。

721 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:51:35 ID:tstPBTsg
でエナリは中国人の気持ちがわかるんだ




どうしてかなぁ

722 :& ◆Ge/s2a/NWE :2006/01/27(金) 00:16:21 ID:aryi/IgJ
>恵也 ◆o4NEPA8feA 氏

広島といえば、うちの爺さんは危うく原爆で死ぬところだった。
第16師団でまず大陸へ、ついで南方へ召集されたが
上官をうまいこと懐柔して、内地に帰る用をこしらえて日本に戻ってきた。
その途中で広島にしばらく滞在することになっていたらしいのだが
どうも広島は爺さんの趣味にあわなかったらしく、とっとと列車で
本部に帰ることにしたのだ。したら8日ごろ、広島に「新型爆弾」が落ちたとの報道が。
結局、終戦を内地で迎えたから玉砕もしなくてすんだが、これも爺さんが
この「いきあたりばったり」で愚劣な戦争を心底軽蔑していたからだろう。
国家が国民の私権を蹂躙することにも嫌悪が強くて、「クニの言うことと
逆の目ぇ張っとけ」「ボケっとしとったらダマされっど」ということをよく
言うわけだ。まー実際ヒドいウソをつかれたわけだから、この言葉は重いわな。
だから俺が「虐殺なかったで厨」を叩き続けるのは、中国のためとかじゃねえ。
ありていに言えば、爺さんと同じで、「自分と家族と財産を守るため」だな。
「日本国民がファシストどもに鼻面ひきずられてひどい目にあった」歴史を
なかったことにしようという奴らは、またいずれ同じようなことをおっぱじめて
日本国民に不利益をもたらすだろう。「それはイラク戦争ですでに始まっている」と、
俺はみるのだが。

723 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:21:21 ID:4jcO9sVs
> この「いきあたりばったり」で愚劣な戦争を心底軽蔑していたからだろう
この時点でアウト

724 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:24:56 ID:Sbuj0pyd
>>722
「先の戦争で日本国民がひどい目にあった事」を、
なかった事にしようという奴らってどこに居るの?
教えてくれれば俺もそいつら叩いてやるよ。

ただこのスレのテーマである「南京大虐殺」は無かったけどなw

ところで九郎政宗でも恵也でも>>722でもいいけど、
南京大虐殺の動かぬ証拠まだかね?
我々「南京大虐殺無かった派」は、それをずっと待ってるんだけど。
何一つソースを出せずにただバカウヨバカウヨと叫び続けるだけの君らは、
第三者の目には「負け犬の遠吠え」としか映らんでしょうなwww

725 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:31:46 ID:DmzhqqXT
>>722
ファッショと歴史分析を混同してるのか、つくづくエナリはバカだな。
思想も典型的なサヨ、日本を売り、在日に様々な特権を与え、中韓朝に媚を売る。
こういう奴は、対馬を韓国に与え、沖縄を中国に与える。
チベット問題や東トルキスタン問題、北朝鮮日本人拉致事件についても、中朝を擁護しそうだな。

726 :九郎政宗:2006/01/27(金) 00:34:31 ID:aryi/IgJ
>>720

これだから「戦争を知らない子供たち」には困るよ(@∀@)
あのなあ、うちの爺さんが南京攻略に投入された時ぁ、
二十歳を出てまもないころ、嫁をもらって子供が生まれるかと
そういう時期だぞ。回りもみんなそんな年代だ。
こないだまでカタギ商売の兵隊たちがだ。いきなり南京攻略という
無茶な作戦に投入されて、「二人で斥候に行ったら一人しか
帰ってこない」「さっきまで話してた奴がもう死んでる」という
状況下。まさに「殺らなきゃ殺られる」というその感覚をだ。
お前はナメてんのかと。まさにイラクの新兵さんそのもの。
実際、現場の兵隊はいちいち殺る相手の選別なんかできねーんだよ。
20万人の兵隊が毎日誰かしら中国人をぶち殺してりゃ、
「一人が(民間人を)一殺」でも被害者は万単位で発生してしまう。
これは米軍のイラク占領同様、「作戦そのものの欠陥からくる失敗」なんだよ。
「日本側に何のメリットもない」・・・まさにその状況を作り出すが故にな。
だがお前らは、この「ヘタな戦争」から何も学んでねーなw だからイラク戦争も
「テロに屈するな」で支持してしまうわけだよw 今度も負け戦だぞ?(@∀@) 


727 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:35:39 ID:WzG5gccH
>>724
>>722って苦労でそ。

728 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:35:50 ID:wBwxHeQg
叩かれた記憶がないのは気のせいだろか?

>どうも広島は爺さんの趣味にあわなかったらしく、とっとと列車で本部に帰ることにしたのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>したら8日ごろ、広島に「新型爆弾」が落ちたとの報道が。

>結局、終戦を内地で迎えたから玉砕もしなくてすんだが、これも爺さんが
>この

   「いきあたりばったり」             だったからだろう

729 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:40:15 ID:DmzhqqXT
>>726
何処を縦読みするの?
斜め読み?

730 :& ◆Ge/s2a/NWE :2006/01/27(金) 00:55:46 ID:aryi/IgJ
>「先の戦争で日本国民がひどい目にあった事」を、
>なかった事にしようという奴らってどこに居るの?

お前だよw
うちの爺さんは、くだらねーファシズム国家のおかげで行きたくもない
戦争に駆り出され、死ぬような思いをさせられて(実際何度も死にかけて)
あげく中国人をずいぶん殺す羽目になった。針金で手または足を縛って
抵抗できないようにしておいてから、縄で数珠つなぎにして川に
突き落とす方法だ。これは当時は他の部隊でも採用されてたらしい。
下の資料を見たときは目をむいた。爺さんの話そのものだったからな。

(cf.http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/asaba.htm#yuubin
>去年の三十一日まで支那兵の捕まえたのを、毎日揚子江で二百人ずつ
殺したよ。川に、手を縛って落としておいて、上から銃で撃ったり刀で
首を切ったりして殺すが、亡国の民は実に哀れだね。まるで鶏でも殺す
ような気がするよ。

・・・と、まあ、こうやって手紙はアッケラカンとしてるが、
現実はもっと陰惨なもんだとさ。相手は生きてる人間だからな。
中国人のことなんか屁とも思ってなかったはずのうちの爺さんでさえ
「あれはさすがに哀れなことをした」と言うほどにな。
そんなわけで俺は「身内をさんざん苦しめた、あのくだらねー戦争」については私怨があるし、
だからこそ淡々とその「くだらなさ」を指摘し続けるわけよ。
言うなれば、ファシストくたばれ!「自由主義」社会を守れ!ってことさw(@∀@)
「教科書どおり」の付け焼刃歴史観の厨房には、まー理解できんだろうがねw

731 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:04:20 ID:y9o8Ql/d
>下の資料を見たときは目をむいた。爺さんの話そのものだったからな。

逆だな。爺さんがそれを読んで話を作ったんだろ。

732 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:04:42 ID:DmzhqqXT
>>730
スレ違い。
戦争を否定するのは問題はない、しかしこのスレは南京事件を検証するスレ。
検証をしない奴はカエレ。電波はエナリで足りてる。

733 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:05:38 ID:wBwxHeQg
>>731 (石井ちゃん)

それ誰もが思ってる

734 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:06:32 ID:4jcO9sVs
顔文字はキモい、わずかたりとも勉強した形跡もない、
爺さんの話とやらがあれば押し通せると思ってる

どうみても最下級工作員です。本当に(ry

735 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:13:15 ID:VHDcJSsq
恵也は当然としても、ご新規様の政宗も「屠殺」の件はアホが露呈した瞬間にスルー体制にはいったなwww
さすがだwww類は類を呼ぶなwwwってか兄弟じゃねえのこいつらwww

736 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:14:24 ID:wBwxHeQg
御紹介のページには見覚えのある名前がツラツラ
しかも

>論点4.華北での日本軍の戦闘から考えること

次に兵士が華北から出した手紙を読んで考えたことを述べたいと思います。

南京事件について、上海上陸後中国軍の激しい抵抗による損失があまりに多かったため、復讐に燃えた日本兵が残虐行為を行ったという説明がなされることがあります
 (たとえばフレデリック・ウェイクマン、笠原前掲書282頁)。

 しかし、その説明は、松井石根率いる上海派遣軍には当てはまりますが、第十軍・柳川兵団にはあてはまらないと思います。杭州湾上陸の際中国軍からの抵抗は少なかったからです。
 杭州湾上陸後、南京攻略戦前、柳川兵団は南京攻略案を出しています。そこには南京を急襲により奪取出来ない場合には、
 南京を包囲して「空爆、特にイペリット及び焼夷弾を以てする爆撃を約一週間連続的に実行し南京市街を廃墟たらしむ」とあります。
 この提案の内容は大量虐殺へと一直線につながっています。上海戦があったから、南京事件があったわけではないと思うのです。

エナリのアシストどころか真逆の説ですな 内容の真偽以前に







737 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/27(金) 01:21:44 ID:0WFq523W
>>724
>南京大虐殺の動かぬ証拠まだかね?

目の見えない方に物を見せようとしても無駄な努力。
貴方は証拠とかが目に入らない人間のようだ。

俺は南京裁判の判決を大きな証拠だと思ってる。
命を懸けてた裁判で、有罪だと谷中将を死刑にしたんだからな。

>単燿亭など一九万人余りに達する。このほか個別の虐殺で、遺体を
・慈善団体が埋葬したものが一五万体余りある。被害者総数は三〇万人
・以上に達する。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

738 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/27(金) 01:24:29 ID:0WFq523W
>>725
>こういう奴は、対馬を韓国に与え、沖縄を中国に与える。

あんたね、妄想が激しすぎ。
人の考えを貴方の小さな脳みそで、枠を嵌めんでくれ!

739 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:26:16 ID:t1vUoVti
物証の無い証言は証拠にならんと、何度言ったらわかるんだろう?

740 :九郎政宗:2006/01/27(金) 01:26:25 ID:aryi/IgJ
>>726に関連してだが、
俺は、「南京大虐殺」という、やや激しい印象を持つ言葉は
ちょっと違和感がないでもない。歴史的な客観性を考慮する場合は
「南京事件」のほうが包括的であるように思う。
というのも、実際の「虐殺」というか捕虜や民間人の殺害は
かなり広い範囲にわたって、ムラもありながら、ダラダラと発生しているからだ。
もちろん「銃撃による殺害」「倉庫で焼き殺し」のような激しい殺し方もあるにはあったが、
多くの場合、殺害は散発的に発生し、その積み重ねとして結果的に
万単位の犠牲者が発生したのだろう。(20万の日本兵が1人1殺でも20万人は殺せる)
また中国側のいう「南京大屠殺」という表現も、実は割と実態に即している
のではないかと思う。祖父らの事例もそうだが、当時の中国人は、まさに
家畜のように縄でつながれ、あるいは列を作らされ、抵抗することもできずに
「死に場所」へと連れて行かれた。これは現在のイラク市民を見てもそうなのだが、
武装した兵隊を前にして抵抗できる民間人など、(厨房の空想の中はともかく)
現実にはいやしないのだ。

南京事件を知れば、たとえば日本がアメリカのイラク占領を援助する危険も見えてくる。
南京事件に学ばない奴らこそ、日本にとってふたたび害悪をなすのではないだろうか。

741 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:27:16 ID:wBwxHeQg
同じ人物によるご意見

領土問題は日本の無理難題
ttp://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/hijichoumoku50.htm

竹島も尖閣も沖ノ鳥島も日本領ではないそうです


ご馳走様でした

742 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:28:55 ID:VHDcJSsq
>>740
屠殺はどうした?

743 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/27(金) 01:32:14 ID:0WFq523W
>>731
>逆だな。爺さんがそれを読んで話を作ったんだろ。

読んだ話は、年を取るにしたがって忘れるもの。
実戦を戦った記憶は、強烈に脳みそにいつまでも残る。

>中隊長命により、農村といえども、女も子どもも片っ端から突き殺す。
・残酷の極みなり。一度に、50人、60人。かわいい娘、無邪気な子ども。

・泣き叫び手を合わせる。こんな無残なやり方は、生まれて初めてだ。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/juugun/sub_jugun.html


744 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:32:17 ID:S+Sa6Gai
なにこのオナニースレ

お前らが何を言っても
>日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、
>多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できない
>と考えています。
こんなこと言ってる政府が支持されてんでしょw認めちゃってんじゃんw

2chで吠えても中国には聞こえないよ
あっ聞こえないから言ってんのかwww

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html


745 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:32:58 ID:wBwxHeQg
いきなりコテを二つ使うような人間だからスルーでせう

746 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:34:24 ID:wBwxHeQg
また文字の読めないのが来た

日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、
多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

747 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:36:59 ID:LOe0q+n0
「日本政府が認めてんだ」
・・・・いるね、こういうバカw

>2chで吠えても中国には聞こえないよ
道理が通用しない国に聞こえても何にもならないよ。おバカちゃんw



748 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:40:29 ID:wBwxHeQg
ttp://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/cat_441672.html
2005年10月14日
 町村信孝外相は十三日の参院外交防衛委員会で、外務省のホームページの「歴史問題Q&A」と題したコーナーについて、
「事実でなかったことをあたかもあったかのような印象を与えるような記述や、過大に妄想的な数字がなかったかどうか、よく検証したい」と記述内容を見直す考えを示した。
山谷えり子氏(自民)への答弁。
 ホームページには「首相の靖国神社参拝は過去の植民地支配と侵略を正当化するものではないか」「南京大虐殺をどう考えているか」などの設問が並び、
平成七年の「村山談話」などを引用した回答が載っている。
 山谷氏は「中国や韓国のホームページのような問題設定で、日本の立場を十分に説明していない。あえて誤解を招くような書きぶりもある」と指摘。
「従軍慰安婦」など当時なかった呼称を使っていることなども「不適切」と批判した。


749 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:41:09 ID:4jcO9sVs
馬鹿が大挙してやってきたなー
何か指令でも下りたか?

750 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/27(金) 01:43:38 ID:0WFq523W
>>736
>上海戦があったから、南京事件があったわけではないと思うのです。

上海戦だけで終わらす輸送計画が、300kmさきの南京まで侵攻したから
ガタガタになったのが大きな原因。

食料もなしで侵攻しては、兵隊はカッパラウしかないし凶暴にならざるをえん。
おまけに南京を占領したら、女も酒も速いもの勝ちなんて餌をつけたからね。

>南京一番乗りは師団の至上命令だ。南京へいけば、女はいくらでもいるし、
・酒もある。速くいったものは、やりたいほうだい、なんでもやれるぞ
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/murase.htm

751 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:44:26 ID:wBwxHeQg

2005年11月04日
 国連総会は1日、1月27日を第2次大戦中に起きたユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の「国際追悼デー」にする決議案を採択した。
ポーランドのアウシュビッツ強制収容所が解放された日にあたり、米国やイスラエル、ロシアなどが求めていた。
 大戦の惨事をめぐり、採択後に中国の国連代表部書記官が「60年前、アジアの人々も筆舌に尽くしがたい苦しみを受けた」と演説。
「1937年の南京大虐殺で30万人が死亡した」として
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ユダヤ人と同じようにアジアもこの歴史の一章を決して忘れない」と発言した。
これに対して、日本の小沢俊朗・国連3席大使は「歴史を議論する際には、特に数字についての共通の理解を持つことが建設的だ」と発言。
「歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのおわびの気持ちを常に心に刻んでいる」とも述べた。



個人的発言だとエナリは言ってくれるよね?

752 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:48:04 ID:wBwxHeQg
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html

Q.8 「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。
1. 日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。

2. しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3.日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、
痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んでいく決意です。


753 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:52:04 ID:LOe0q+n0
あくまで、「否定は出来ない」・・・同時に「肯定も出来ない」ってことだよね。




754 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/27(金) 01:54:47 ID:0WFq523W
>>739
>物証の無い証言は証拠にならんと、何度言ったらわかるんだろう?

南京裁判では裁判長の命令で、埋葬地点から5ヶ所を選び出し
堀返して遺体を数千躰鑑定してます。
これは物証じゃないかね?

>当法廷が中華門外雨花台・万人坑など合葬地点について墓地五か所を
・発掘したところ、被害者の死骸・頭蓋骨数千体が出てきた。

・司法医師潘英才・検屍官宋士豪などが遺骨を調べたところ、その多く
・に刀で切られたあと、銃弾の命中したあと、あるいは鈍器で殴られた
・損傷などがあり、
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

755 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 01:56:59 ID:wBwxHeQg
宇宙人の存在と同じだから

756 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:00:08 ID:lZaKSo74
>司法医師潘英才・検屍官宋士豪などが遺骨を調べたところ、その多く
>に刀で切られたあと、銃弾の命中したあと、あるいは鈍器で殴られた
>損傷などがあり、

そりゃ戦闘があったんだから当たり前だろw

757 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:03:54 ID:hcIi/cFL
>>754
それが日本軍による殺害であるとの根拠は?

758 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:06:00 ID:4jcO9sVs
>>757
「お前のようなクレクレ厨とは話す価値はない
 証拠ぐらい自分で探して来い!!」

とか言い出すのがオチじゃねぇかと。

759 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:20:44 ID:hcIi/cFL
>>758
いや、たまにおもろいソース貼ってくるときがあるんでw

760 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:21:10 ID:k2pDxx+t
>>750
酒も女も、、て所が個人的な”南京”否定の理由
 焦土作戦 てのが戦争常識にはあるので、攻めてこられそうな場所
占領されそうな拠点の施設、食料、武器弾薬等は、破壊か焼却が当然
民間人は戦闘前に疎開させるか、安全な場所に退避。
城砦都市防御の軍人なら当然の使命だし攻めるほうも、そのつもり。
女どころか鶏1羽居なかったんじゃないの?


761 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:24:29 ID:XF6c1+hF
数スレ前で、座禅に関して偉そうに知ったかしたえなり。
そして、本当に座禅をやっている方に突っ込まれたえなりが、
何もレスできず、無言で逃走したのを憶えてる香具師→(1)

762 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:24:46 ID:4jcO9sVs
>>759
確かに。ホントスレじゃ本宮の漫画をソースに持ってきたくらいだしw
思考回路が朝鮮人と一緒なんだよねー…フィクションって明記されてる漫画を
ソースに持ってくる馬鹿はそうそういないし。。

763 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 02:37:32 ID:eEkSwka9
>>754
なるほど、数千人は確認できたわけだ。

で、残り30万人は?

764 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 04:08:03 ID:DZfqOeQZ
>>763
いや、確認できてねえしw

765 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 04:39:51 ID:A9lE01Lj
>>754
ふーん、数千体ね。じゃあ仮に9999体としようか。残りの290001体はどうした?

766 :& ◆9PKzhVYiO2 :2006/01/27(金) 05:07:49 ID:ig3EcLtm
『国語辞典』(中中辞典。http://140.111.34.46/dict/
http://140.111.34.46/cgi-bin/dict/GetContent.cgi?Database=dict&DocNum=43250&GraphicWord=yes&QueryString=%B1O%B1%FE
>【屠殺】
>解釋 屠宰、殺戮。
http://140.111.34.46/cgi-bin/dict/GetContent.cgi?Database=dict&DocNum=160795&GraphicWord=yes&QueryString=%B1O%B1%FE
>【大屠殺】
>解釋 大規模的殺戮行動。如:南京大屠殺是不容抹滅的歷史事實。
http://140.111.34.46/cgi-bin/dict/GetContent.cgi?Database=dict&DocNum=48176&GraphicWord=yes&QueryString=%ADh%B1%FE
>【虐殺】
>解釋虐待他人或動物,而導致其死亡。如:不可虐殺野生動物。
http://140.111.34.46/cgi-bin/dict/GetContent.cgi?Database=dict&DocNum=43252&GraphicWord=yes&QueryString=%B1O%AE_
>【屠宰】
>解釋 宰殺牲畜。

767 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 05:35:23 ID:ig3EcLtm
>>766からわかること。

・中国の「屠殺」という言葉には、確かに
「屠宰(日本語で言う屠殺。家畜を殺すこと)」と、
「殺戮」という二つの意味がある。
・ただし中国語の「大虐殺」は「大規模殺戮行動」の意味しかない。
・「屠宰」には日本語の「家畜を殺す」という意味がある。
・もし大磯が言うように、中国政府が国民に「日本人は中国人を食べるために殺した」
という洗脳をかけたいなら、「南京大屠殺」ではなく、「南京大 屠 宰 」と
呼ばなければおかしい(藁
・よって大磯は中国語もチェックできない大バカ、あるいは
「バカならだませる」と見くびっている大嘘つきのどちらかである。
いずれにしても困ったものであるなあ(詠嘆


768 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 05:49:07 ID:eEkSwka9
>>767
中共がダブルミーニングとして「大屠殺」という
言葉を使っている可能性について

769 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 07:51:19 ID:Lcp3Xjss
結局、捏造。
南京大虐殺。
ソースは漫画。
南京大虐殺。
ソースは捏造。
南京大虐殺。
証拠は皆無。
南京大虐殺。
完全捏造。
南京大虐殺。
馬鹿しか騙されない。
南京大虐殺。
架空の事件。
南京大虐殺。


もう信じろって方が無理だ。
南京大虐殺。

770 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 08:07:37 ID:DmzhqqXT
>>741
ホロン部か(w
コイツなら「沖縄は中国領」、「九州は韓国領」とか言い出しそうだな。

771 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 08:15:12 ID:DmzhqqXT
エナリさぁ、そんな妄想でちゃんと給料貰えてるの?
お前のやってることってサヨクや中国にとってマイナスにしかなってないよ。

772 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 08:44:31 ID:DmzhqqXT
崇善堂の埋葬記録は捏造ということで結論は出ている。
・崇善堂は20人程度の小規模な団体、紅卍会の1/100の人数で三倍の埋葬は物理的に不可能
・ラーベの日記や国際委員会などの上級資料に「崇善堂の埋葬活動」は全く出てこない、埋葬規模が1/3以下の紅卍会は頻繁に出てくる
・証言者も二人しかいない、一方「崇善堂なんて聞いたこともない」とする証言もあるので証言自体に資料価値はない

773 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 08:46:03 ID:CWspMMN3
うわー、昨日の夜はえなりのほかに苦労まで出てきたんだー。観察スレでも有名な電波が舞い戻ってきたんだ。
しかも自作自演までしてw

774 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 13:29:48 ID:4RnrH7Cz
>>765
や、恵也の定義だと残り390001体だ。

775 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 13:33:25 ID:a67pZyYW
>>767
昨日のアホか?しょうがねえから採点してやるよw

・中国の「屠殺」という言葉には、確かに
「屠宰(日本語で言う屠殺。家畜を殺すこと)」と、「殺戮」という二つの意味がある。
>50点。半分間違え。
・ただし中国語の「大虐殺」は「大規模殺戮行動」の意味しかない。
>大屠殺自体が近年の造語のため当たり前。
・「屠宰」には日本語の「家畜を殺す」という意味がある。
>50点。
・もし大磯が言うように、中国政府が国民に「日本人は中国人を食べるために殺した」
という洗脳をかけたいなら、「南京大屠殺」ではなく、「南京大 屠 宰 」と呼ばなければおかしい(藁
・よって大磯は中国語もチェックできない大バカ、あるいは
「バカならだませる」と見くびっている大嘘つきのどちらかである。
いずれにしても困ったものであるなあ(詠嘆
>そのまま君に返ってくるコトバである。

屠宰とは肉屋の事である。宰は職業人を指ししめす言葉。
>「南京大 屠 宰 」と呼ばなければおかしい(藁
藁、それならば南京大肉屋・南京大食肉工場などになるwwwアホとしかいえないwww

そもそも大磯の趣旨は、屠について家畜として殺すという意味があり、
大屠殺記念館という表記であれば感情がより悪化しているという趣旨であるのは、
日本語が読める人間ならば明らかな事なので、
・よって君は日本語のチェックもできない大バカ、あるいは
「バカならだませる」と見くびっている大嘘つきのどちらかである。
いずれにしても困ったものだなあ(詠嘆

776 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 13:37:42 ID:a67pZyYW
>「屠宰(日本語で言う屠殺。家畜を殺すこと)」
>「屠宰」には日本語の「家畜を殺す」という意味がある。
>洗脳をかけたいなら、「南京大屠殺」ではなく、「南京大 屠 宰 」と呼ばなければおかしい

ようするに君の趣旨であるこの3点が間違ってるんだわ。
単純に君は宰の意味知らないだけだろw
そもそも残念な事に、ここで晒すのもあれだが中国クォーターの俺に、
純日本人であろう君が中国語講義を挑む時点で間違ってるwww

ちなみに私は秦派の数万人派なのであしからず^^

777 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 13:48:18 ID:a67pZyYW
無かった派のやつらを擁護する気は毛頭ないが、
”虐”という字が日本語とほぼ同様意味で中国にもあるわけだ。
”屠”といういうものは、中国は家畜に対して使われるコトバなわけ。
日本語のように「”屠”ホフル」のように人に対しても使われるような用法はないわけ。
中国の肉屋の看板をみてみるがいい、中小のところなら”屠”とか”屠宰”とか”肉宰”とか書いてあるから。

俺が大磯のコラムを読み替えるならば、
中国人は頭が良いため、虐殺紀念館を屠殺紀念館とすることで心情面でより効果的であった。となるわな。

更に言えば、”記念”ってコトバも中国にもあるわけだ。
しかし、使われてるのは”紀念”なんだよね。それも調べてみるといいよ。
どのように意味的用法が違うのか?ってね。
”虐”→”屠”・”記念”→”紀念”この2つの単語をあえて使う事によってどういう効果があるのかってね。

778 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:00:55 ID:a67pZyYW
えーっと
>>766で頑張って辞書を引くという、彼の前向きな行為は評価したのですが、
>>767で「>>766からわかること」というのが余りに嘘丸出しでアホらしくて、
過剰に反応しました。申し訳ござません。
しかし、1/4とはいえ中国人として考えてみると(国籍はこっちですので)、
中国の思想教育ってのは偉大ですね。学生中に南京いってみたいものですわ。

779 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:03:55 ID:+IZWv1ul
基本的なことを忘れているように見えるのだが

いったいいつから大屠殺に人間の殺戮を含むようになったのかね?
現在の意味を載せる辞書で何がわかるのかね

780 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:11:26 ID:WMSzh1fX
大丈夫、スルーした

781 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:15:13 ID:7AujJbER
>>778
民族に自信が持てるというのは
非常にご立派だが、
もう少し日本人のメンタリティを考えていただきたい。

782 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:19:57 ID:a67pZyYW
>>779
屠殺は家畜を殺すという意味が根底にあり、
中国の歴史上、他民族への扱いとして「人間への殺戮」の意味もあります。

虐殺とか猛殺とかが「日本で言われる南京事件」の表現に近いと思われますが、
中国民族vs日本民族という戦いであったため、「屠殺」が使われたのかな?などと思ったり。
それはそれで正しいのですが、「屠殺」の「屠」に対する家畜への意味が強まるため、
大磯教授の指摘も正しいと。

>いったいいつから大屠殺に人間の殺戮を含むようになったのかね?
ウン百年前からありますよw

783 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:31:31 ID:kP54jV6t
>>782
>ウン百年前からありますよw

それは知らなかった。いやマジで
中国の著名な古典に、そのような意味合いの記述が確実にある、ということですな?
今後、公の場で恥をかかない為にも、文献の名称(と出来れば記述個所)をお教えくだされ。

784 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:39:15 ID:a67pZyYW
>>783
>>766

785 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:39:28 ID:MWwaY5PF
>>782
つまり中国民族から見て、日本民族は家畜以下ってこと?
中華思想からかな?

786 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:40:25 ID:MWwaY5PF
すまん。あげてしまった・・・

787 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:41:13 ID:+IZWv1ul
うん
四書五経をダイジェストで読んでるが一度も見た覚えがない 後学の為にひとつ御教授を

788 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:41:49 ID:a67pZyYW
>>785
逆でしょ書いてあることは。。。なぜそう読むのかな?
当時の人間じゃないので確実とはいいませんが、
日本人が、中国人を家畜のように殺したという意味で「屠殺」が使われてるのではないか?
っと大磯氏のコラムを読んでそういやそうだなぁって思っただけ。

789 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:44:08 ID:EVcpXEb/
中国では、古くから屠城の習慣があるので、
わざわざ文献をひくまでもないのでは?

790 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:46:34 ID:a67pZyYW
>>787
>>766みろよw
魏書と五代史に載ってるとかいてあんじゃん。
長安落とす時に皇族を屠殺したって。
屠城って攻城戦法が1000年以上前?からあるのは有名な話だろうし、
一々「後学の為にひとつ御教授を」といか言われても、バカにされてるとしか思えないんですけど。

791 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:47:23 ID:MWwaY5PF
>>788
ごめん。勘違いした。
日本軍がいかに残虐非道であったかを誇張する為に、敢えて大屠殺にした訳だね。

792 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:48:55 ID:xF+VhLiu
>>788
ちょいと質問なんだけど、あなたは数万人説らしいけど(俺は1万人前後説)
その数で大虐殺としてプロパガンダになるものだろうか?

793 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:51:55 ID:4RnrH7Cz
流れぶった切って悪いが、要するに中国共産党(かな?)は人民に対して

『日本人は、南京に於いて我らが同胞を家畜か
何かのように情け容赦なく残虐に大量に殺した』

というイメージを植え付けたくて『南京大屠殺』とういう名称を付けたって事?


794 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:51:57 ID:a67pZyYW
>>792
意味不明でわからんなその質問。
不法に殺したと思われるものが1万人もいりゃー思想教育のいい材料には当然なると思うけど。

795 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 14:56:08 ID:a67pZyYW
>>793
んーっと”ニュアンス”の話。

『日本人は、南京に於いて我らが同胞を”家畜か何かのように”情け容赦なく残虐に大量に殺した』
”家畜か何かのように”というのが暗示されているよっていう意味。

>というイメージを植え付けたくて『南京大屠殺』とういう名称を付けたって事?
ぶっちゃけこれは結果論だと思う。
意図しない効果が後年あったというだけであり、気づく人は気づくであろうし、
少し喋れるだけで大してチャイゴ読めない俺には気づかなかったし。


796 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:02:59 ID:+IZWv1ul
いや揚げ足とか狙うわけでなく

虐殺を日-中翻訳すると  虐殺(殺の左半分だけの簡易体) 或いは惨殺(同左)と出る

で矢風台湾で屠殺を辞書引きすると
ttp://tw.dictionary.yahoo.com/search?ei=UTF-8&p=%E5%B1%A0%E6%AE%BA

to butcher; to slaughter; to massacre

屠は

to slaughter (farm) animals for food

to kill or massacre

>777にしたがって紀念も

to commemorate; to remember

in memory of; in remembrance of; to the memory of

a souvenir; a keepsake; a memento; a memorial

a commemoration day; a memorial day; an anniversary

おや?


797 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:03:13 ID:a67pZyYW
同じ漢字圏だけど説明難しいな・・・
A子惨殺資料館とB子殺害資料館ってのがあったら、どのような差を感じるか?ってことかな・・・
それが”屠”であるために人間と家畜という差を感じられるって事で判ってもらえるか?

あとは紀念館ですので、”紀念”って単語は多分日本語にはないと思いますが、
”紀念”と”記念”は全く別物で”紀念”ってのは思考?思想?という感覚。

語弊があるので勘違いしてほしくはないけど極論をいえば、
記念館という資料的なものを展示する日本的意味を持つ場所ではなく、
”紀念館”というのはそういう思想を展示する場所。

798 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:06:19 ID:a67pZyYW
>>796
ん〜っで何がいいたいの?
>屠殺に人間の殺戮を含むようになったのかね?
って反論?

799 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:07:17 ID:+IZWv1ul
>>790
オマイさんには「読めても」ワシには「五大史」しか読めん

800 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:08:34 ID:wdMfMT7V

ところで日本軍による組織的な軍民無差別虐殺は証拠がないから捏造。

プロパガンダということでよろしいですね?


801 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:09:33 ID:a67pZyYW
>>799
ん〜「五大史」ってなんでしょう・・・
新旧五代史?

802 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:12:31 ID:+IZWv1ul
>798
何が言いたいも反論も何も最初から教えを乞うていると言ってるし

要するに何で日-中翻訳で「虐殺」が「屠殺」と出てこないのかと
一般的に使われるものが上に来ると思うのだが

>801
ワシに聞いちゃダメ

803 :783:2006/01/27(金) 15:13:43 ID:kP54jV6t
>>795
 中国の大衆を情報封鎖の檻に閉じ込めた上で、
「日帝は我ら中華人民を人間扱いしなかったのだ!」
 という意識を植え付けることが目的だとしか思えないなぁ…。
 中共中央がそんな持って回ったことするなんて考えられないし。

 どの道、中国の大衆の絶対多数はこのプロパガンダの洗礼に、否応無く晒される
ことになるね。
 他の選択肢がありえない以上。
 ただ、中共にとって必要な民衆の要件は、無論国家に逆らうことじゃないけど、
国家に意欲的に奉仕することでもなく、中共の命令にひたすら忠実に従うことだ。
 その上でこの印象操作が、さて吉と出るか、凶と出るか?

804 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:18:06 ID:a67pZyYW
>>802
>要するに何で日-中翻訳で「虐殺」が「屠殺」と出てこないのかと
???
中国の意味での屠殺って日本単語にないでしょ。

805 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:21:14 ID:a67pZyYW
屠殺

日本→家畜を殺す
中国→家畜を殺す・主に他民族を殺す
って意味だから、
南京大屠殺って日本でやると、南京の豚とか殺したんだなぁって事に日本ではなるから訳せないんじゃないの?

日本じゃ屠殺って人間に対して使わないと思うけど。

806 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 15:55:15 ID:+IZWv1ul
う〜 わけがわからんくなってきた
本筋と関係ないからワシがギブアップするということで手を打とう

漢は及第

ttp://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/223038.stm

未だに「Azuma Shiro」の名前が堂々と

807 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 17:03:47 ID:4RnrH7Cz
★日本、中国に共同歴史研究を提案へ

 日中両政府は24日、外務次官による総合政策対話を2月10、11両日に
都内で開くことで合意した。日本は日中の歴史に関する共同研究を
2006年度中に始めることを提案する方針。小泉純一郎首相の靖国神社
参拝で冷え込んだ日中関係の修復に向けた環境整備を目指す。

 共同研究は日中の歴史学者による委員会を設け、古代史から近現代史までを
数年かけて議論し、両国間の理解を深める狙いだ。ただ、対立を深める
懸念もある。

日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060125AT1E2401324012006.html


808 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 17:23:28 ID:wdMfMT7V
中国、歴史教科書批判に処分 政府系紙の特設ページ停刊
http://www.asahi.com/international/update/0125/014.html

中国で歴史教科書が「正しい歴史を教えていない」って本当のことを書いたら
発禁処分になったとさwww

809 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 18:41:25 ID:wG48KYdQ
>>808

まるで日本の教科書裁判や教科書検定だなw
本当のことを書けば政府に弾圧され、
政府につごうのいいことを書けば検閲もスルーされる。

810 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 18:49:24 ID:wG48KYdQ
>>808

まるで日本の教科書裁判や教科書検定だなw
本当のことを書けば政府に弾圧され、
政府につごうのいいことを書けば検閲もスルーされる。

811 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 18:51:07 ID:UFEZxMtd
教科書問題で発禁処分になった例があるのかよw

812 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 18:54:11 ID:+IZWv1ul
昨夜登場した新規さんの貼ったページは「家永」のおホモだちだから

813 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 19:05:48 ID:EVcpXEb/
秦郁彦は、曽根一夫に騙されたうえに、戦数概念が吉田裕に
汚染されているので、あまり信頼できんと思うが・・・

814 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 19:29:55 ID:wG48KYdQ
>>775

>屠宰とは肉屋の事である。宰は職業人を指ししめす言葉。

またしてもソースなしかw
インターネットの時代に、なぜお前はソースを示しての議論ができないのだろう?
・・・「自分で検索もせず、だまされるバカが多い」からだろうか?w

「宰」は「支配する(もの)」または「切り分ける(もの)」の意味。
ゆえに「屠宰」を「肉屋」という意味で使うことをよしなしとはしないが
肉屋はふつう「肉铺(舖)」だろうがよ。

http://140.111.34.46/cgi-bin/dict/GetContent.cgi?Database=dict&DocNum=43252&GraphicWord=yes&QueryString=%B1O%AE_
>【屠宰】
>解釋 宰殺牲畜。
>二月乙酉,丁謂請承天節禁屠宰刑罰
>都人懼罪業,兩月罷屠宰

↑これを「屠宰=肉屋」で訳してみてくれないかw

こっちはソースを出した。たまにはお前も検証可能なソースを出してみるこったな。


815 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 19:39:12 ID:wG48KYdQ
http://140.111.34.46/cgi-bin/jdict/GetContent.cgi?DocNum=11459&GraphicWord=&QueryString=%B1O%AE_
>老張長年以屠宰豬隻為業,擁有一手純熟的刀法。

>>775はこれを「屠宰=肉屋」で訳してみてくれ。
そして「屠宰=屠殺」で訳してみた場合とどちらが自然か教えてくれ。


816 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 20:44:36 ID:wG48KYdQ
ちなみに「虐殺」は中国語では「動物や人間を虐待して死に至らしめる」。

http://140.111.34.46/cgi-bin/dict/GetContent.cgi?Database=dict&DocNum=48176&GraphicWord=yes&QueryString=%ADh%B1%FE
虐待他人或動物,而導致其死亡。

つまり中国が「南京大屠殺」ではなく「南京大虐殺」を採用していたとすれば、
「日本軍は中国人をえんえんいじめ抜いて殺した」ということになったわけだ。
そっちのほうがよかったというのなら、別にいいのだが。
そういう事例がなかったわけでもないのだからな。

817 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 20:55:05 ID:pOxcVVJE

肯定派諸君、君たちは間違っている。

我々否定派は、何も否定論に固執しているわけではないのだ。
立場として否定派にいるだけなのだよ。
日本人として日本人であることを誇りに思いたいから、否定派の立場にいるのだ。
プロパカンダの可能性がぬぐいきれないから否定派なのだ。
だから、あったことならそれはそれで歴史的事実として受け止める覚悟はある。
だが、君たちの提示する情報はどれも信憑性に欠けるのだ。
我々を説得したければ有無も言わさぬほどの情報を提示するよい。


818 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 20:57:07 ID:IodRv6q9
俺は否定派・少数派だけど、

>日本人として日本人であることを誇りに思いたいから、否定派の立場にいるのだ。

これではないな。
誇りとか関係なく、虐殺の根拠が希薄すぎるから否定派よりの見解に落ち着いた。

819 :783:2006/01/27(金) 21:30:53 ID:YMQGv1f0
>>817
 俺も>>818氏に同意。
「実際に」しでかした過ちに対して謝罪することには、吝かでない。
「恥」の概念を持つ日本民族は、中越戦争を仕掛けた中国のように「懲罰だ」等と
居直る厚顔さとは無縁だから。

 南京大虐殺については、帝国軍の計画的・組織的殺戮による万単位の犠牲者が
あったと認めるに足る証拠が見当たらないから
「ホンマにあったンけ?」
 と疑ってかかってるだけ。

820 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:37:03 ID:ZAaSZ5Yd
唐突に申し訳ない
自分はいわゆる反中反韓なんですが・・
先日、とある友人に

「中韓がデタラメなのはよく分かった。でも逆に、日本が犯した
悪事と呼べるものって全くないの? 両方が知りたいんだけど」

と聞かれ、返答に窮しました。 

どんな返答がベストだったでしょうか・・

821 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:40:42 ID:EVcpXEb/
「例えば?」って言っておけばいいんじゃねーの

822 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:45:48 ID:s8+V9QgP
日本固有の悪事ねぇ・・・

あまりにも日本人を粗末に扱ったというトコかな
兵隊の命もそうだけど、敗戦直前の満州なんか酷いもんだよ



823 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:55:08 ID:ZAaSZ5Yd
なるほど・・
自分としては、外国に対しての明確な悪事ってのが思い当たらなくて。

でも戦争をしたわけだから、全く無いとも言い切れず・・ 説得力ある
ことが言えませんでした
できやせんでした



824 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 22:05:10 ID:+IZWv1ul
国としてだと近現代になるからねぇ 倭寇なんて知ったこっちゃないし

善悪の基準も時代ごとに変わってるし

ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006012701000595
独、核武装もと元国防相 テロ国家の脅威に対抗
 【ベルリン27日共同】ドイツの元国防相が26日付の大衆紙ビルトで、テロの脅威に対する手段としてドイツ独自の核抑止力構築を検討すべきだと発言、与野党双方から批判の声が上がっている。
 自ら「タブーに触れる」と認めて発言したのは、メルケル首相と同じキリスト教民主同盟(CDU)の西ドイツのコール政権で1988−89年に国防相を務めたショルツ氏。
 フランスのシラク大統領がテロ攻撃に核兵器で対抗する考えを示したことに触れ、同氏は「テロ国家による核の脅威にどう対処するか真剣な議論が必要だ」と主張。
「緊急のケースではドイツ独自の核兵器(開発)も検討すべきだ」と述べた。


825 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 22:36:20 ID:yyRrA/Ic
このスレの↑の方で書き込んでる九朗正宗ってアサピーパクッたAA
使う基地外だろ。ブログじゃ偉そうな事言ってる癖に張り合いないな。

826 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 22:42:24 ID:+IZWv1ul
これかぁ?

ttp://d.hatena.ne.jp/claw/

申し訳程度でスクロールさせなきゃ読めないコメント欄が虚しい自己満足の世界ですね

827 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 23:19:03 ID:EVcpXEb/
>>823
個人的な意見だけど、戦争は外交手段の一つで、
それ自体に善悪はないと思うんだけどねー

828 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 23:49:44 ID:Iys7SLLj
>>827ビスマルクの言葉だな。

829 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 23:51:54 ID:IkCvvY6C
俺も>819派

>820
日本人のみが犯した悪事は存在しないと思うよ。
多かれ少なかれ、何処の国も同じようなことしてるから。
人間の考える悪事なぞ、何処の国の人も同じように考えられるからなぁ。


830 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 00:46:49 ID:wzTX6G8G
>>819

「謝罪するか・しないか」とか、そういうことは実のところ
派生的な問題に過ぎない。まず根本的な問題として、
「手前の国家がしでかした失策」をきちんと総括できるのか、
それともあいまいにして忘れる(そしてまた繰り返す)のか、という
まさに「国民の品格」が、南京事件については問われているのだ。

>南京大虐殺については、帝国軍の計画的・組織的殺戮による万単位の犠牲者が
>あったと認めるに足る証拠が見当たらないから

まだわかってないようだなw 
大日本帝国における軍および国家が無計画な組織だったからこそ、
万単位の犠牲者が発生するハメになった、というのが正確なところだ。
中国の軍民においてもそうだし、大日本帝国軍の兵士
(その多くはちょっと前までカタギの市民)においてもそうだ。

831 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 00:55:57 ID:UwpOw7/h
だが根拠は見せられない

832 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 01:11:55 ID:7vuCCwbc
まだわかってないようだなw

南京大虐殺は事実無根のプロパガンダ。

誰も証拠を示せないし、中国は共同歴史研究断るしw

ま、捏造を認めたとみて間違いないな。

833 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 02:41:40 ID:wzTX6G8G
>>826

なるほどね。実は>>826のような反応は少なくないのだが、
こういう声が出てくるということは、
「コメント欄の幅をおさえこむことによる
匿名荒らしに対するイヤガラセ」の心理的効果は
確実にあがっているということだなw


834 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 02:44:00 ID:wzTX6G8G
>>832

おいおい、学問や政治の現実で勝てないからって2ちゃんで勝利宣言でつかwww

>>826

なるほどね。実は>>826のような反応は少なくないのだが、
こういう声が出てくるということは、
「コメント欄の幅をおさえこむことによる
匿名荒らしに対するイヤガラセ」の心理的効果は
確実にあがっているということだなw


835 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 03:31:35 ID:DZJohLNj
おちつけ、そして自分のサイトに帰れ。

836 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 04:08:19 ID:bTdoQi9Z
>>833-834 得意になって、

>ところが中国語の「大屠殺」になると、これはもう「大規模殺戮行動」の意味しかない。

とか、書いちゃってるけど、「文革大屠殺」とか「文革大虐殺」で検索してみな。
訂正するなら早い方がいいぞw

837 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 04:26:10 ID:ngB9Jxb5
ID出る板じゃ工作できないぞ、中国板の馬鹿君

838 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 04:59:51 ID:+hR/c6Zw
確かに、中国板の南京スレで馬鹿晒してるのと同じ物体っぽいな



もし違っても、中身は大差なさそうだから、同じ物体ってことでいいや

839 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 09:49:17 ID:RQPXS7lE
>>833-834
    
       (@∀@) ヨーシパパニチャンデジブンノムサイトノセンデンシチャウゾー
        ( ゚¶ ゚¶ )
.     / ̄ ̄ ̄ ̄.\
.     |) ○狂○狂○ (|
    /  九朗正宗  \
   /________ \


840 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 10:37:25 ID:yEm6VvuB
>684
>694
>722
>726


IDでバレバレな工作員。


841 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 11:16:16 ID:HV58I//f
>>840
南京で虐殺レイプを楽しんだ後、南方送りになりそうになったんで上司に媚びまくって
他の誰かを死地送りにして自分は内地勤務、その挙句に危うく原爆で死にそうに
なった、ってか。>九朗の鬼畜ジジイ

死 ね ば よ か っ た の に な 。>九朗

842 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 12:35:16 ID:HrfQDFkB
>>817
>日本人として日本人であることを誇りに思いたいから、否定派の立場にいるのだ

否定派の立場にいたら、日本の何の為になるのだろう。
自己満足になるだけじゃないのかな

むしろ悪い面をみて二度と、日本という国家を存亡の危機にしない方が
本物の愛国心を持った反省だと思うけどな。

悪行を無かった事にするのは、将来の自衛隊の為に反省材料をなくすこと。
誇りとは国家の為に持つべきもので、自己満足のために持つものじゃない
なんと偽物の自己満足の誇り、愛国心が多くなったことか!

843 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 12:39:12 ID:VZyqO9Ja
>>842
いつも通り、都合のいいところだけをつまみ食いにするんですねwww

844 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 12:41:02 ID:EghiwFhU
>>842
>817
>だが、君たちの提示する情報はどれも信憑性に欠けるのだ。
>我々を説得したければ有無も言わさぬほどの情報を提示するよい。

また部分引用で、捏造ですか。

845 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 12:47:00 ID:755IAxvG
まさに東洋のアウシュビッツだな。

846 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 12:53:02 ID:8Mu85mf9
>>845
建屋の図面から日々搬送されてくるユダヤ人の数など、きめ細かい資料のそろったアウシュビッツと
計画性もなにも、行き当たりばったりな資料しかない南京を比べるのは、ドイツ人に対しても失礼ですよ。

847 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 13:01:14 ID:zn/DmEWD
>>842
>>817については、つっこみどころそこだけか?
それ以外はスルーか。所詮おまえもフィルターがかかってるんだな。

って、書き込もうとしたらすでに他の皆様がつっこみ済みでしたw

848 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 13:06:30 ID:HrfQDFkB
>>817
>君たちの提示する情報はどれも信憑性に欠けるのだ。

体験者で70年前の事件を覚えてる人さえ、いなくなってきた時期にどんな
情報が信憑性があるというのだろう。
ほとんどの情報が、又聞きや、記録での上の物に過ぎない。
体験者の肉声もほとんど無くなって来てる。

70年間も虚偽情報というものが生き残るものだろうか。

それから俺はあなたを説得したいとは、全く思ってないし不可能だ。

あなたが事実を知りたければ自分で調べるべきだし、ここではタダの
討論会で遊びに過ぎず、説得させることを目的にはしてない。
しかし南京裁判(国防部戦犯裁判軍事法廷)の判決文くらいは、自分で
読んでから参加して欲しい。

田中正明氏のHPしか読まないで、それだけ信用して参加するようじゃな

>捕虜および非戦闘員を虐殺し、強姦、略奪、財産の破壊をおこなった
・ことにより死刑に処す。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

849 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 13:08:36 ID:v58Q4oOj
>848
えなりー。
こんな場所に来ても、お前の言説じゃ誰も信じないからさぁ。
実地に行って、腹切って侘びでも入れろやw



850 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 13:19:33 ID:HrfQDFkB
>>819
>中越戦争を仕掛けた中国のように「懲罰だ」等と居直る厚顔さとは無縁だから。

無縁じゃない、同じ文明を持ってたせいか「懲罰だ」といって日本は中国
に戦争を吹っかけたんだぜ。
当時は中国よりは、はるかに強力な軍事力を持ってたし強者の驕りだよ。
チョッと脅せば、平身低頭で謝ってくるとでも思ったんだろ。

「乱暴な中国を懲らしめてやる」と総理大臣が声明文を出してます。
思想的にはたいして変わらんよ。
 
>日本政府近衛文麿首相による1937年8月15日「暴支膺懲」の声明である。
http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html

851 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 13:23:56 ID:HrfQDFkB
>>820
>「例えば?」って言っておけばいいんじゃねーの

それから相手に話をさせて、それからおもむろに「信憑性が無い!」
子供でもバカでも出来る対応だが、あんた友達作るどころか、無くすよ。

852 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 13:28:13 ID:HrfQDFkB
>>824
>善悪の基準も時代ごとに変わってるし

時代だけじゃないよ。
その時代の、人によっても、場所によっても、職業によっても、年齢に
よっても「善悪の基準」は違ってるよ。

今の時代だって、そうじゃないの?

853 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 13:37:43 ID:rCxiCXpm
第二次上海事変の直後で日本が怒るのも無理ない。
まさに国民党軍が日中全面戦争の引き金を引いたんだ。

854 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 13:48:21 ID:HrfQDFkB
>>846
>建屋の図面から日々搬送されてくるユダヤ人の数など、きめ細かい
>資料のそろったアウシュビッツ

日本の場合は、軍隊が南京を占領してる時点で、本国が降伏したから
書類を全部処分して証拠隠滅の時間が出来たからね。

ドイツの場合は最後まで、戦闘してたから証拠隠滅の時間が出来なかった
ヒットラーがベルリンの地下室で自殺するまで抵抗をしただろ。
それと比べたら日本の書類は残らないよ。

真面目に残しでもしたら、戦犯の証拠として、かかわった兵隊みんなが
処刑されるのが判ってるんだから。
俺が担当者だとしても、戦勝者の復讐が予想されるんだから戦友の為にも
自分の為にも、完全に証拠隠滅をするぜ。

あなたは真面目に残して、中国政府に差し上げるかね。

> 翌16日、海軍省軍務局長が主な指揮官に向け、「敵の手に落ちたとしても、
・帝国にとって外交上不利にならないもの」を例示。捕虜のリストや死亡記録は保
・持するように指示し、暗にほかの文書の処分を求めた。
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/books24.htm

855 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/28(土) 13:55:01 ID:HrfQDFkB
>>847
>>817については、つっこみどころそこだけか?

俺もそれほど暇じゃないんでね。
つっこんで欲しければ、真面目に噛み付きやすいように考えて書き込みなさい
美味しい所だけ食べるグルメなんだぜ、俺は。

856 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 13:57:44 ID:2pL1b3Yc
>>854
また妄想を好き放題・・・アウシュビッツの資料が大量に破棄されていた
事すら知らないのかw

857 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:02:33 ID:VZyqO9Ja
>>855
自分に都合の悪いところをスルーする卑怯者のくせにwww

858 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:11:57 ID:zn/DmEWD
>>855
思想調整部のお話を聞かせてください。

食いつきやすいでしょ。

部長クラスですかね

859 :九郎政宗:2006/01/28(土) 14:33:05 ID:LHk2/7X+
>恵也 ◆o4NEPA8feA氏
ネットで読める南京事件の資料、どこかブログにでもリスト化しておくといいね。
俺はもうやっている。いつでもコピペ投下可能なように。(@∀@)
http://ch.kitaguni.tv/u/8016/%A1%DA%A5%C6%A5%F3%A5%D7%A5%EC%A1%DB/0000189465.html
これは「虐殺なかった厨」のやり口をまねただけのことだが。

ステハンのカキコに答えるならばだ。
爺さんは妊娠した嫁を置いて大陸に徴兵された。
おなかにいたのがうちの母で、
だからたとえ爺さんが広島で被爆死していたとしても
俺はやっぱりここにいるんじゃないかな(@∀@)

860 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:35:05 ID:mUkoiznI
>>855

要約すると『美味しい部分だけ引用して印象操作に持ち込まないと
論破されたとバレてしまう』ということかね?w

861 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:42:43 ID:ZwLgwiao
>>859
おお、九郎正宗・・・
恥ずかしげも無く、性懲りも無くまた来たのか・・・

862 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:43:30 ID:rCxiCXpm
>>859
私、中共が喧伝するような一般市民無差別虐殺なかった厨ですが
(捕虜の処刑はあったかも知れない)
30万虐殺の投下お願いします。


863 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:43:43 ID:7vuCCwbc
やれやれ、えらそうなことを言ってまーだ証拠が出せないのかw

日本軍による軍民無差別の大量虐殺がなかったことに誰も異議がないようだし

エナリは嘘と根拠なしと自爆で話にならないしw

どうかんがえても否定派の勝利宣言でまっとうじゃないの。

864 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:59:54 ID:GdbKsem0
>859

見飽きたページだし史料はないしその後更新もない消えたページがツラツラ

>※3万5千点の写真のうち、143枚についてしか「証拠として通用せず」と証明(?)できなかった
> →残りの写真は証拠として通用しちゃうのだろうかw

日本語理解してないし未だに本宮出しちゃってるし

865 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:19:50 ID:Le9mKLgH
 日本軍の機関銃は銃身の命数が極端に少なく、替銃身も僅かしか携行していないため
もったいなくって捕虜を撃ったりしないから虐殺は無かったてのが真実だよ。


866 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:23:41 ID:v58Q4oOj
>859
お前も南京で腹切って来いやw

867 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:28:57 ID:UU7EHlAK
南京においてオープンシティーをしない国民党軍と大規模な市街戦が行われた。
以上。

868 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:33:41 ID:nSTZYdgW
で、両軍と市民あわせて計30万人死んだと。

869 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:46:12 ID:V0yaEWyL
恵也と九郎か・・・

2ch一毒電波の強いスレになっちまったなw

870 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:48:21 ID:RQPXS7lE
>859リンク切れと化石ばかりのリンクなんか何の役にも建たないね。
これで俺たちの真似をしてるつもりだというんならお粗末すぎるな( ̄ー ̄)


        (@∀@) 基地外電波を撒き散らすぞぉーー
        ( ゚¶ ゚¶ )
.     / ̄ ̄ ̄ ̄.\
.     |) ○狂○狂○ (|
    /  九朗正宗  \
   /________ \



871 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:50:58 ID:v58Q4oOj
>869
ここにkoueiをツモれば数え役満かな?

872 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 16:56:54 ID:jVk1D/xf
koueiはスクリプト
しかも自分の主張しないで質問に答えろだから困る

873 :783:2006/01/28(土) 17:54:20 ID:kSvDv6hR
>>850
>>日本政府近衛文麿首相による1937年8月15日「暴支膺懲」の声明

→そりゃ、盧溝橋事件以来の緊張緩和を目的とした閣僚会議が行われてる真っ最中に
中国側の保安隊が帝国軍の将校を殺っちまったってんだから、
「話が違うだろうがゴルァ」
って気にもなるってもんよ。

 尤も、蒋介石の不拡大路線をご破算にしちまったこの事件の仕掛け人は、蒋介石
率いる国民党に「冬眠スパイ」として早くから潜り込んでた張治中って将軍で、
当然その背後には毛沢東が、そしてその又背後にはスターリンがいた訳だが、
さすがに当時の日本の諜報能力でそのことを嗅ぎ付けることなんて、到底無理
だった。

 ともあれ、事態の収拾を望んでいたのに卓袱台ひっくり返された帝国と、
ポル・ポトの恐怖政治を打倒したヘン・サムリン政権をぶっ潰す為にベトナムに
侵攻した中国とを、同列に扱われてはかなわんなぁ。

874 :783:2006/01/28(土) 17:58:58 ID:kSvDv6hR
そもそも、
>>850
>同じ文明を持ってた
 って言うけど、聖徳太子が煬帝に「三行半」突きつけて以来の日本の文明と中国の
文明の、何処がどう同じだってのか、
>驕り
という視点に立って説明してくださらぬか?

875 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:03:37 ID:Jbh+H/qO
日本と中国にやってきた宣教師なんかが客観的な感想を残してるな、双方の
もっと時代が下って幕末の頃になると明らかに「違う」と感じているみたいだ

876 :毛択東:2006/01/28(土) 18:03:48 ID:io7zGled
今、えなりちゃんはダンマリだねw

877 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:04:05 ID:lTvIm9Um
>>859
>ネットで読める南京事件の資料、どこかブログにでもリスト化しておくといいね。
>俺はもうやっている。いつでもコピペ投下可能なように。(@∀@)
http://ch.kitaguni.tv/u/8016/%A1%DA%A5%C6%A5%F3%A5%D7%A5%EC%A1%DB/0000189465.html

おいこら!そこにまとめてあるリンクを1つ1つ見ていったら、
いきなり何かをダウンロードさせようとするURLが混ざってたぞ!
危険を感じたので今ウイルスバスターかけてる最中だが、
もしこれで万が一ウイルス入ってたら、お前責任取れよ!絶対追求するからな!

878 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:05:08 ID:Jbh+H/qO
>>876
やっぱ恵也の事好きか?

879 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:08:20 ID:WUvGzt6d
そもそも肯定派はこれについてどう考えているのか。

・中国外務省の孔泉報道局長は24日、ゼーリック米国務副長官が提案した日米中
 3カ国による歴史共同研究について「北東アジアの歴史は特殊性がある」として事実上
 拒否する姿勢を示した。

 報道局長は、この特殊性は「中国、韓国、日本に直接関係する」と指摘、日中韓
 3カ国による共同歴史研究を進めることが「われわれの基本的主張だ」と述べた。
 中国は昨年11月の中韓首脳会談などを通じ、歴史問題で韓国と連携し日本に対処
 する姿勢を強めている。日韓の同盟国である米国が歴史問題に介入、歴史問題で
 北朝鮮も含めた北東アジアの「対日統一戦線」が乱されることへの懸念が米国参加
 拒否の背景とみられる。

 http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006012401003342

なんでアメリカの申し出を断る必要があるんだ?何か調査されると疚しい事があるからではないのか?
違うと言うなら答えて欲しいものだ。
ちなみに、韓国の竹島問題よろしく
「独島が我が国の領土である事は明白である。よって国際法廷に出る必要はない」
「南京大虐殺が行われた事は明白である。よってアメリカが介入する必要はない」
のような論法は当然通じないけどな。



880 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:11:40 ID:kffBalIV
その「南京事件「証拠写真」を検証する」 という本は外務省の齋木大臣官房審議官も「読んでいる」と
発言しますね。
少し長くなるけど引用します
162-衆-外務委員会-6号 平成17年04月22日

○松原委員 
 これは、きょうは時間がないので余り深く触れることはできません
が、欧米のマスメディアは、いわゆる三十万人を超すたくさんの死者
が発生したと言われる南京大虐殺もしくは従軍慰安婦問題、今、中国
もしくは韓国が言うところの従軍慰安婦問題等が存在しているという
前提で議論をし、その上でも、中国はやり過ぎだ、おかしい、こうい
う論調が多いわけでありますが、私は、この南京大虐殺についても従
軍慰安婦問題についても、本来は、そろそろ日本の政府もきちっと検
証する必要があるだろうというふうに思っております。
 たまたま今、私のところに、この「南京事件「証拠写真」を検証す
る」という書物が出ているわけであります。この書物は既に発行され
て十万部出ているわけでありますが、この中では非常に精査なチェッ
クが行われ、例えば、この虐殺事件が行われたのは冬であったにもか
かわらず、その被害者が半そでを着ているとか、さまざまなことも
あって、写真に関して言っても、実際どれだけ信憑性があるのか、
この書物の中では、証拠として通用する写真は一枚もなかったとい
うことが、この東中野先生の本では紹介されているわけであります。
 これについてコメントがあれば、一言いただきたいと思います。


881 :880:2006/01/28(土) 18:13:05 ID:kffBalIV
○齋木政府参考人 お答え申し上げます。
 今委員がお手元でお示しになられた本、「南京事件「証拠写真」
を検証する」という書物、ことしの二月にたしか発行されたという
ふうに理解しております。
 私も、実はその本を入手いたしまして、今まさに読んでいる最中
でございます。非常に多くの写真を非常に詳細にわたって検証して、
南京事件について、東中野修道さんを含む二名の方々が検証の努力
をされているわけでございます。
 政府の立場としてこの本についてどうかということをお尋ねにな
られますと、その点については、コメントするというのは若干いか
がなものかと思いますけれども、ただ、南京大虐殺の問題につきま
しては、事実関係をめぐっていろいろな議論が存在しているという
ことは、まさに今回の本も示すとおりでございまして、私は、この
本については非常に注目して、さらに読み進めたいと思っております。

882 :880:2006/01/28(土) 18:13:57 ID:kffBalIV
○松原委員 今、齋木さんがこの「「証拠写真」を検証する」、
証拠として通用する写真が一枚もなかったという本を見ている、こ
ういう話でした。
 私は、こういったものをきちっと議論して、今、間違った情報が
海外へ流れているときはそれを正すというお話が高島報道官からも
あったわけですが、これに関して我々は、少なくとも確定的な事実
じゃない、例えばアメリカでは四万人と言っている、例えばなかった
という議論もある、そういったことも含め、一方的に、日本がやった、
そしてそれが流布されている状況に対しては、きちっと反論をしなけ
ればいけないと思っております。

883 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:17:40 ID:FZKbXrrY
7月7日〜8日 盧溝橋事件
7月25〜26日 廊坊事件
7月26日 広安門事件

どう考えても、挑発して戦争に持ち込んだのは中国軍だな。

>支那のTV局北京電視台の午後4時からの番組「社会透視」内で、
>支那事変の発端となった1937(昭和12)年7月7日の盧溝橋事件は、
>北京守備隊支那国民党軍第29軍に潜入していた共産党地下党員
>『吉星文』『張克侠』『何基?』らが引き起こし、まんまと抗日戦争へ
>と発展させる事に成功したと報道した。

>モスクワのコミンテルン本部からの指令。
> 1.あくまで局地解決を避け、日支の全面衝突に導かねばならない。
> 2.上目的の貫徹のため、あらゆる手段を利用すべく、局地解決や
>  日本への譲歩によって支那の開放運動を裏切る要人は抹殺してもよい。
> 3.下層民衆階級に工作し、彼らに行動を起こさせ、国民政府として
>  戦争開始のやむなきにたち至らしめねばならない。
> 4.党は対日ボイコットを全支那に拡大し、日本を援助する第三国に
>  対してはボイコットをもって威嚇せよ。
> 5.党は国民政府軍下級幹部、下士官、兵並びに大衆を獲得し、国
>  民党を凌駕する党勢に達しなければならない。

884 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:28:32 ID:FZKbXrrY
>>864さんが既に書いてるけど、

>※3万5千点の写真のうち、143枚についてしか「証拠として通用せず」と証明(?)できなかった
>→残りの写真は証拠として通用しちゃうのだろうかw

3万5千点の写真の中で、南京大虐殺があった証拠とされる143枚について検証
しているのであって、残りの写真は『南京大虐殺があった証拠』ではない。

九郎って、ほんっっっっと、バカだよね。


885 :783:2006/01/28(土) 18:46:59 ID:kSvDv6hR
>>883
より厳密に言えば、共産党。
国民党内の共産スパイに対する蒋介石の姿勢の甘さが、これに拍車をかけた。

886 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:57:06 ID:lTvIm9Um
>>848
>体験者で70年前の事件を覚えてる人さえ、いなくなってきた時期にどんな
>情報が信憑性があるというのだろう。
>ほとんどの情報が、又聞きや、記録での上の物に過ぎない。

普通はその時点で「無かった」という判断をするわけだが。
実際否定派はそう判断したから否定派やってるわけだし。

それが理解できないお前ら肯定派は、さしずめ
「南京大虐殺教」というカルト宗教の信者なんだろうね。
資料を検証した結果として「あった/無かった」という判断をするのでなく、
最初から「あった」と決め付けて思考してるからな。まさに宗教。

>70年間も虚偽情報というものが生き残るものだろうか。

たとえば「天動説」は、千年以上も常識として通用していたわけだが。

>あなたが事実を知りたければ自分で調べるべき

否定派は「事実を知りたい」んじゃなく「デマをまきちらすな」と言ってるんだが。
それに対してお前らがあくまで「デマじゃない、事実だ」と主張するのなら、
その根拠をお前らが提示するのが当たり前だろう?

887 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:15:27 ID:am1eTnZx
>>886
そういや「人間は神がつくった」なんてのもファンダメンタルな人達にとっては未だに真実。
いやあ、宗教の影響って凄いね。

888 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:49:08 ID:FZKbXrrY
>>848
俺の不勉強で申し訳ないが、「田中正明氏のHP」ってどこにあるの?

とりあえず、URL貼ってくれんか?

889 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:53:22 ID:GdbKsem0
ワシは田中何某を知らん

890 :783:2006/01/28(土) 22:04:16 ID:dwCSedke
>>886
>資料を検証した結果として「あった/無かった」という判断をするのでなく、
>最初から「あった」と決め付けて思考してるからな。まさに宗教。

 悪いが私も、九郎なにがしは論外として、某エ○リ氏の言動を見てると否定できん。
 とにかく「思う」「じゃないか」の類が多すぎる。

891 :783:2006/01/28(土) 22:15:31 ID:dwCSedke
>>864
 思い出した。
 本宮といえば、九郎なにがしは、ヤンジャン誌に掲載された「国が燃える」の話題の
第88話が、そっくりそのまま単行本化されない「恐れがある」ってんで、単行本も
出ないうちから「載っけてよ」運動してたな。

 復刊ドットコムで。
http://www.fukkan.com/bbs.php3?act=topic&t_no=34740

892 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 22:52:57 ID:GdbKsem0
爺さんが20代で娘(母親)が生まれて間もない頃に南京に行ったとの話が本当だとするとだいたい歳がわかってくるのだが

いい歳してヤンジャン読むか?

893 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 23:05:00 ID:7QnhFPKf
俺は48だが読んでるぞ>YJ
つか高校でも大学でも漫研作りましたが何かw

894 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 23:06:46 ID:mUkoiznI
>>892

まぁまぁ。
恵也氏じゃないんだから、個人攻撃は止めましょうよ?w


895 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 03:34:00 ID:s/K7J9eS
>>894
いや、九朗は弄ばれて当然の存在。
問題は、年齢でマンガを読んでる人を差別してることでしょう。

結構前から結構な年の方がYJとか読んでますよ?>892

896 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 04:56:37 ID:Nm6zLw/n
九朗も完全にオタの癖して「嫌韓厨はこんなオタグッズ買ってまーす」とか大ハシャギしてたし
ペドエロ漫画家の漫画表現規制反対運動に協力してたみたいだし
ほんっと自分を省みないお方だ

897 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 05:25:36 ID:xegfjG6r
ま、人の好き付きだからなんとも言えんけど(漫画の話)、満員電車の中で、
スポーツ紙のエッチな面を、どうどうと見てるよりは、ましたろ。


898 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 08:13:25 ID:LjrYUnnp
そうか?いい年こいたおっさんが電車の中でマンガ誌読んでいるのを見るとキモイぞ。
まだスポーツ紙や週間ポストあたりを読んでいてもらったほうが
普通のおっさんのような気がして安心できる気がする

899 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 09:56:19 ID:2VtGRGht
名スレに敬意を表してage

900 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 10:01:55 ID:vBh5isj6
>次に、いわゆる「マボロシ派」が受けた「ラーベ効果」の痕跡を検分して
みる。マボロシ派として分類されているのは田中正明、阿羅健一、渡部昇一、
中村粲などの諸氏だが、彼らは20万、30万という虐殺はありえぬと声高に
叫ぶが、ゼロといっているわけでもなく、いくら問いつめても数については口
をつぐむ。
  現在の感覚だと、300人や3000人でも「立派な大虐殺じゃないか」
と言い返されるのを知っているからだろう。
http://www.han.org/a/half-moon/hm043.html#No.288


901 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:05:29 ID:ZGStKRu2
>>900
壁打ちモードか。末期的だな。

902 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 10:17:41 ID:vBh5isj6
>数十万人の軍人、市民が虐殺されたのは中国人の大恥辱であることは指摘
されなければならないが、このような屈辱を誇張する必要はない。誇張しても、
中国人民は栄光も何も得られない。

世界には無垢の人々が何人虐殺されれば、
戦犯としての裁判が実施されるかというような法律規定はない。

  しかし、実際には、南京大虐殺のある一回の集団虐殺を根拠に、あるいは
一埋葬隊の遺体埋葬を証拠に、松井石根(いわね)、谷寿夫などの戦争犯罪者
を断頭台に送ることができた。
  故意の重複や証拠の増量は、なんら実際的な意義をもたない。
http://www.han.org/a/half-moon/hm044.html#No.292

903 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:17:51 ID:aCXmjQ8e
>>900 でエナリは「犠牲者30万人」と主張することをあきらめたようだな
犠牲者300人説に転向か?

904 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 10:48:51 ID:vBh5isj6
>板垣、石原両氏の行動は、君国百年のためと信じた純心に発したものでは
ある。が、中央の統制に従わなかったことは、天下周知のことになっていた。
  にもかかわらず、新たに中央首脳者になった人々は満州事変は、成功裏に
収め得たとし、両官を東京に招き、最大の讃辞をあびせ、殊勲の行賞のみでは
不足なりとし、破格の欧米視察までさせ、しかも爾後、これを中央の要職に栄
転させると同時に、関東軍を中央の統制下に把握しようと努めた諸官を、一人
のこらず中央から出してしまった。

  これを眼の前に見た中央三官衙や各軍の幕僚たちは「上の者の統制などに
服することは、第二義のもののようだ。軍人の第一義は大功を収めることにあ
る。功さえたてれば、どんな下剋上の行為を冒しても、やがてこれは賞され、
それらを抑制しようとした上官は追い払われ、統制不服従者がこれにとってか
わって統制者になり得るものだ」
http://www.han.org/a/half-moon/hm046.html#No.303

905 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:50:01 ID:ZGStKRu2
えなり。壁打ちする前にたまったレス片付けろや。

906 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:50:32 ID:kYcQOZWv
で、えなりくん。
散々聞くが虐殺の証拠はあるのかね?

907 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:57:27 ID:bPlr9kNT
エナリって本当に固定掲示板に書いてあることが正しいと思いこんでんな。
でも次々とそれに基づいた屁理屈は論破されてるから、エナリの主張信用してるやつ
はもうほとんどいねえな。さすが傍観ギャラリーの目は正確だ。

908 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:59:12 ID:kYcQOZWv
問題は一般人がこの板を見たときに
えなりくんと愉快な仲間達と漏れ達のどちらが正しく見えるかだな。

909 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:59:20 ID:MNKO1Uyq
名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/28(土) 13:55:01 ID:HrfQDFkB ID:HrfQDFkB
>>847
>>817については、つっこみどころそこだけか?

俺もそれほど暇じゃないんでね。
つっこんで欲しければ、真面目に噛み付きやすいように考えて書き込みなさい
美味しい所だけ食べるグルメなんだぜ、俺は。


910 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 11:16:47 ID:qSI73aUe
ま、つまり都合のいい言い訳考えられるのにだけレスするってことだなwww
頭悪いからそうせざるをえないんだけどな。

911 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 11:32:26 ID:bPlr9kNT
>>910
そうそう。傍観者の俺から見ても
その特徴がよくわかるww

912 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 11:41:23 ID:PpVTk3ox
>>910俺はグルメだとか不味い餌だとかなんとかかかんとか言ったって
結局そういうやり方なんだよな恵也はw
ほんとチキンだねw

913 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:07:54 ID:IpwskP36
だって暇じゃない暇人だもの・・・

介護する人も大変だ



914 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 12:26:58 ID:IFKOEztN
>>859 九郎政宗
>ネットで読める南京事件の資料、どこかブログにでもリスト化しておくといいね。

ずいぶん調べてあるブログですね。
参考にさせていただきます。
感謝!

915 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:29:43 ID:PpVTk3ox
>>914アホ同士の馴れ合いウゼェ。

916 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:32:14 ID:oR+QBHAS
傷を舐め合っているのだよ

917 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:38:46 ID:3NJiPK0Q
まじで? 南京大虐殺がうそ?? それこそうそっしょ!

日本兵士だって「我々は酷いことをした」みたいなこと言ってるっしょ。

918 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:40:49 ID:HW1dlVoz
満州大虐殺はあったらしい
満州開拓団虐殺

919 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:48:46 ID:bPlr9kNT
>>918 それ日本人が被害者でさう?


920 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:50:27 ID:hwZoUFu9
>>919
うちのひい爺さんの一団が馬賊の集団に襲われますた

921 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 12:55:39 ID:bewYGuKL
>南京戦を取材した日本の報道カメラマンが軍部の厳格な検閲制度に従順に
したがって、自己規制的に南京事件の場面や現場を撮影しなかったなかで、日
本軍の大虐殺の一端をカメラに収めていた一兵士がいた。
  兵站自動車第17中隊の非公式の写真班を務めていた村瀬守保氏で、彼は
自分の中隊の各将兵の写真を撮り、それを自分で現像、焼付けして各将兵の家
族に送らせていた。
  戦闘部隊ではなく、輸送部隊であったため、戦火の直後をまわって、比較
的自由に撮影でき、かつ軍部の検閲を受けないでネガを保持できる恵まれた立
場にいた。
  『村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録−私の従軍中国戦線』(日
本機関紙出版センター、1987年)には、村瀬氏がキャプションをつけた南京で
の集団虐殺現場の生々しい写真が何枚か収録されている。
http://www.han.org/a/half-moon/hm067.html#No.440

922 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 13:03:54 ID:bPlr9kNT
毎度どこのだかわからない死体の写真をありがとうございます。

923 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 13:06:05 ID:HW1dlVoz
>>919
まあそれ以外有り得ないだろうね

924 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 13:42:04 ID:bewYGuKL
> 半月通信などを根拠にしているところから狂っていますね
> あなたここが一般的にどのような評価されている場所だか知ってるんですかね
> 一応忠告します
> こんなとこ根拠になりません

「半月城通信」を根拠なきものと断ずるほうが、どうかしてますね。
おまけに、「根拠にならない」という根拠あるいは論理を示さないなんて、こん
な「忠告」の方がよっぽど根拠になりません。

根拠も示さず人を納得させることができると思っているあたり、「ゴー宣」読者
によく見受けられる、思いこみの強さ、独善振りです。
このまま終わるのも愛想がないので、「半月城通信」を根拠なきものとしている
理由を、推測して差し上げましょう。

推測1:在日韓国人が書いているから、反日的なバイアスが掛かっている。

在日韓国人は反日的だという物の見方のほうがバイアスが掛かってます
ね。
推測2:どこかのHPで「半月城通信」をこき下ろしていたから。

論外。自分で読んでみて、自分の能力で論破できるか試してみた方がい
いですね。

私の見た限り、「半月城通信」は非常に冷静な態度かつ豊富な資料の例示に基づ
いた、信頼性の高い論述集になっています。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/qanda.html

925 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/29(日) 13:55:18 ID:bewYGuKL
>「終戦後暫くして、南京に於いて一般人、俘虜、婦女子などに対し、組織的な大規模の
虐殺、暴行事件がありたるやに米国内で放送しありとの情報を聞き、予は驚き、旧部下
をして調査せしめたるも、さような噂はまったく虚妄にして、世の在任中は固より、帰
還終戦に至る迄斯くの如き報告および情報に接せず、上海における列国新聞通信員との
屡次に亘る会見においても之を耳にせず、まったくふ妄なることを附言す。」

これも、南京事件がなかったことの傍証に使われています。

小林は、こんな人の本に書かれていることを、「史実」として無知な読者にせっ
せと教え込んでいるわけです。信じた人もかわいそうに。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/qanda.html


926 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:00:03 ID:bPlr9kNT
あのう半月通信は南京虐殺以外にも正しくないとこがいっぱいあると思うんですが。
たとえば日韓基本条約。これを結んだ韓国が急激な経済発展をしたことはご存知ですよねえ。
この背景に何があったかご存知ですか?それがこの通信にはまったくかかれていないどころか
反省が足りないといっている始末。これを書いている在日さんの出身国の韓国では日韓基本条約はタブー用語です。
どうです?論理を示しましたが?それよりあなたが

私の見た限り、「半月城通信」は非常に冷静な態度かつ豊富な資料の例示に基づ
いた、信頼性の高い論述集になっています。

と断ずる論理的な理由と根拠を示してほしいですね。


927 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:00:18 ID:DoxlenQ9
>>924
半月城がさんざん論破されまくってるのを知らないのか


ああ、お前と々状況だもんな。論破されたという事実に気付けないのか

928 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:09:38 ID:MNKO1Uyq
>「半月城通信」


ここで管理人らしき人物が議論してるから、覗いてみれば?
http://jpbbs.chinabroadcast.cn/viewforum.php?f=1

929 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:33:20 ID:s/K7J9eS
>>926
>私の見た限り

ってのがミソ。つまり「「半月城通信」は非常に冷静な態度かつ豊富な資料の例示に基づ
いた、信頼性の高い論述集」だお思う。根拠はないけど。

ですね。
しかたないじゃない。えなりだもの。

930 :南京の人が、作ったCDだよ。:2006/01/29(日) 14:34:29 ID:0/OYPQR3
ああ靖国神社

1) 千代に八千代に 巌となりて 苔のむすまで 今なお胸に  
   感謝尽きまじ 靖国神社
   無辜に聖なる 日の丸の旗 大和魂 寧らかに 

2) 国を愛する忠の精神 霊示簿に名を刻み残さん  
   御霊麗し 靖国神社
   公のため 命捧げた 英霊たちよ 寧らかに

3) 親を尊び敬うこころ 我が子育む 無償の愛が  
   国の礎 靖国神社
   愛する者を 守り抜くぞと 賭けた命よ 寧らかに 

4) いつかあの世で再会の時 胸を張って自慢の出来る 
   国になります 靖国神社
  二百四十六万 見ててください 無駄にしません 寧らかに

931 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:42:24 ID:OuKEgDuf
日本にずーっと住んでいる在日朝鮮人がHPに、
日本軍の犯罪を列挙しまくってるというのは、明らかにふつうじゃないよ
やってることのアブノーマルさを感じなければならない
事実の客観性とかいう以前に考えないといけないことある

932 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 15:18:46 ID:iK9SinM5
>>931
それってさ…よく考えたら、
外国じゃ「工作員」と呼ばれる人間のする事だわな。

在日=工作員認定されるのも、時間の問題か。

933 :南京の人は、日本大好き。:2006/01/29(日) 15:49:34 ID:0/OYPQR3
南京で、福島瑞穂とセックスしたい。

934 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 15:49:51 ID:9aWyBrC5
>おまけに、全く存在しない文章をどこからか以下のように「引用」します。
>
>「終戦後暫くして、南京に於いて一般人、俘虜、婦女子などに対し、組織的な大規模の
>虐殺、暴行事件がありたるやに米国内で放送しありとの情報を聞き、予は驚き、旧部下
>をして調査せしめたるも、さような噂はまったく虚妄にして、世の在任中は固より、帰
>還終戦に至る迄斯くの如き報告および情報に接せず、上海における列国新聞通信員との
>屡次に亘る会見においても之を耳にせず、まったくふ妄なることを附言す。」


東京裁判での松井岩根大将の陳述です(法廷証第3498号)
 >「予は、南京陥落後、昭和13年(1937年)2月まで上海に在任せるが、その間、昭和12年12月下旬、
 > 南京においてただ若干の不法事件ありたりとの噂を聞知したるのみにて、何等斯る事実につき
 > 公的報告を受けたる事無く、当法廷において検事側の主張するが如き大規模なる虐殺暴行事件に
 > 関しては1945年終戦後における米軍の放送により初めて之を聞知したるものなることを茲に確言す。
 > 予は右放送を聞きたる後、我が軍の南京占領後の行動に対して調査を試みたれども、当時の責任者
 > は既に死亡し、又は外国において抑留処罰せられ、諸書類はことごとく焼却せられたる為、
 > 10年前の過去にさかのぼりて、当時の真相を仔細に吟味証明することを得ざれども、予は南京攻略戦闘に
 > 際し、支那軍民が爆撃、銃砲火等により多数死傷したることは有りならしむも、検事側の主張する
 > 如き計画的又は集団的に虐殺を行いたる事実は断じて無しと信ず。
 > 日本軍幹部が之を命じ、又は之を黙認したりというごときは、はなはだしく事実を誣ゆるものなり。」

これを記憶で書いてしまった(好ましくない姿勢ですが)のではないでしょうか、
全く存在しない文章とまではいえないでしょう。
なお、これは「松井大将も南京大虐殺を認めている」という根拠不明の肯定派の
説に対しての反論として引用されてるようです。


935 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 15:51:20 ID:YlXDk5tB
_________       / ̄ ̄ ̄\      __________
\ ウリナラ起源  /      ./  これは  i,     ヽ目下の者の責任と /
  \  ニダ  /   y     |  良いもの  |  n    \ して良いニカ?/
   \   / <―――― .'i,  ニカ?  /─┐      \      /
     \/            \___/  └──>  \    /
                               .       \/
                                   /  |
                                  /y   .|
                  _________  |/ .      |
                  \   解決   /   ̄   .   |
                    \  スミダ  /           | n
                     \   /      .        |
                       \/            ヽ|/
                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                            | それは1945年以前に  |
                            | 起こったものニカ?    |
                       y  / \_________/
                        /         |
                      |/       .     | n
                       ̄           ヽ|/
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   .  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            |  日帝が悪い  |     |  米帝が悪い   |
            \______/     .|_______/

カナダ人作成フローチャート
ttp://keneckert.com/other/problem-flowchart.jpg

936 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 16:08:03 ID:O0tK6Vgq
ざっと読ませてもらったが、エナリって結局は屁理屈こねてるだけじゃねーの?

937 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 17:08:38 ID:HV4vJwPm
結局、都合が悪いものは全部スルーしてるよね。
もういい加減認めればいいのに。
誰がみたって南京大虐殺なんて完全捏造事件じゃない。
馬鹿馬鹿しい。

938 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 17:45:15 ID:oR+QBHAS
南京戦に参加した兵士にPTSDの兆候はあったんかね?

939 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:15:32 ID:mMiFm/65
テンプレなどに要望ある人いる?

940 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:33:37 ID:aCXmjQ8e
>>939

ここ数日、関連スレで外務省ホームページを持ち出して「ほれ、日本も認めてるでしょ」という書き込みを数回見かけ、
そのたびに>>748 をコピペして貼りました。
>>748 の文章をテンプレにいれておいたらどうでしょうか


941 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:38:37 ID:j+T/dGqK
>>940
「バチカンが認めた天動説は〜」の方がクールだと思うんだが、どうか?

942 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:39:20 ID:s1wATwTk
えなりはもう無視しようよ

943 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:42:24 ID:01ktryR9
>>942
無視したいのはやまやまだけど、見てる人が「否定派って反論できないのか」とか思うとマズいからなあ。
めんどうでも潰していくしか…。

944 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:52:34 ID:vkD8xb52
〜が認めている、〜が認識している、というのは
結構前に虐殺派で流行ったレトリックだね
だいたい、目撃者でない人の証言を使うときによくつかってる
国が認めている、皇室関係者は認識している、等など

松井石根も報告を聞いているだけで目撃者でもないし、
実行を告白したわけでもないんだから
南京大虐殺を証明したことにはならないんだが、
なにか実証されたのだという風にもっていくよくあるパターン

ま、実証をわかってないやつが好んで使うね

945 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 19:13:51 ID:gq27BQd9
南京大虐殺って言うから認めたく無いだけなのでは?
基本的には日本人兵が南京を陥落させたって事は事実
だったんじゃ無いの?
私は逆に南京大虐殺資料館を訪れて日本人がお金を出
して作ったって事と京都府の人が南京一番乗りしたって
事を知って本当に感動したけどね。
虐殺は認めずあの兵力差で陥落させた事実は称えたいがね。

946 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 19:20:35 ID:HlqtAwup
>>945

南京大虐殺資料館を日本人が作った?
ほー、知らんかった。
どこを見たら詳細がわかる?

947 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 19:30:00 ID:IpwskP36
公明党に聞けば?

948 :日出づる処の名無し :2006/01/29(日) 19:33:09 ID:JXBonMsZ
南京大虐殺は嘘です
亜細亜大学の教授が証明しリベラルのデーブスペクターも認めました


949 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 21:08:34 ID:HV4vJwPm
いや、てゆーか普通に考えて完全捏造事件だろ?w
ただのプロパガンダ。
証拠皆無で矛盾だらけ、捏造資料ばかり出て来ているのに信じろって言う方が無理。


950 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 21:37:58 ID:mMiFm/65
次スレ出来た。

【世界の】「南京大虐殺」はウソ【常識】30次資料
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1138537928/l50

951 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 21:51:48 ID:v/Ls5SrG
>950乙

952 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 21:57:43 ID:/l/KTnOr
みなさぁ〜〜ん。 1000getのチャンスですよ。

ageときます。

953 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 22:09:20 ID:bcxutHpY
まぁ、虐待・虐殺はあったんだろうね。

それが、戦争。

954 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 22:13:23 ID:aCXmjQ8e
>>950
乙です。
>>748の外務省ホームページのテンプレへの追加、ありがとうございました

955 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 22:15:39 ID:/VQGj1Yq
はやく埋めないと

956 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 22:18:45 ID:vkD8xb52
さっき書店ですごいものみてしまったよ
最近でたばっかりの東京裁判関係をとりあつかった本なんだが、
松井石根のところで書いてる南京大虐殺のところがすごい

被害者は”一定数”、
論者の主張組み合わせて3000〜数十万、
松井は南京事件を認めていた

これって、ここのHPで主張してたやつとそのまんま
いるもんなんだね、こういうやつ

957 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 00:11:18 ID:JKkklmN4
埋め立て上げ

958 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 00:49:31 ID:TgDL6c8A
>>953
日本軍による無辜の市民虐殺はなかっただろ。
空想でいい加減なこと言うなよ。

959 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 01:15:51 ID:huYcA/w4
恵也ってkoβ?

960 :興亜一心:2006/01/30(月) 01:40:07 ID:h/4MDFuL
とりあえず「南京大虐殺否定派13のウソ」と言う本買いました。

961 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 01:43:30 ID:hAqco/XC
小学生のとき、教科書で南京大虐殺見たとき、
広島で20万死んだんだから、中国は人口が多いから
30万くらい民間人が死んでも仕方ない、戦争だしって思った。

広島県民だから小中と毎年平和教育があったけど
命の大切さとか平和の尊さは学べなかったな。
学んだのは 戦争は人がたくさん死ぬ これだけだな。

962 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/30(月) 01:47:14 ID:EBtYtlin
>>937
>誰がみたって南京大虐殺なんて完全捏造事件じゃない。

間違い!
あなたの小さな脳細胞で見ると、と言い換えな!

963 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/30(月) 01:53:30 ID:EBtYtlin
>>944
>松井石根も報告を聞いているだけで目撃者でもないし、

松井大将は現地の最高責任者として、兵隊の管理責任を問われたもの。
南京大虐殺の総責任を取らされて、死刑になったと言うべき。

964 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 01:58:38 ID:nvJFiUww
反論できないのが多すぎて、ついに短文になっちゃったぞ

965 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/30(月) 02:04:59 ID:EBtYtlin
>>948
>亜細亜大学の教授が証明しリベラルのデーブスペクターも認めました

これはずいぶん卑怯な番組だったよ。
デープさんは写真の知識もないし、9割方はやらせ番組みたいなもの。
東中野教授の作戦勝ちと言うべき。
この方はあまり真面目な学者じゃないみたいだ。

>彼らは貧賤な支那人を脅迫して、我々が言ったことを否認させようと
・します。支那人のある者は容易に掠奪・強姦および焼打などは支那軍
・がやったので、日本軍がやったのではないと立証すらいたします。
・我々は今、狂人や馬鹿者(koβ註:日本軍や金品に屈する中国人)を
・相手にしているのだとときどき考えます。」

・東中野氏は、このうち、「支那人のある者は容易に掠奪・強姦および
・焼打などは支那軍がやったので、日本軍がやったのではないと立証す
・らいたします。」だけを引用して、中国人が強姦をしていた例証に上げています。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/qanda.html

966 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:07:54 ID:tZkfYUBL
デープさんは
~~~~~~~

967 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/30(月) 02:10:14 ID:EBtYtlin
>>949
>証拠皆無で矛盾だらけ、捏造資料ばかり出て来ているのに信じろって言う方が無理。

捏造と言ってるのが、言葉のマジックだと気がつかないのかね?
写真を見てもド素人の解説で、捏造としてるのが多すぎる。

>斬り落とした首を持つ海軍兵
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/kaiketsu.htm

968 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/30(月) 02:16:53 ID:EBtYtlin
>>958
>日本軍による無辜の市民虐殺はなかっただろ。

なかったら70年も未来の日本で論争にはならないよ。
捏造でそんな寿命は無いし、松井大将や谷中将を死刑にはしないよ。

>谷壽夫は作戦期間中、兵と共同してほしいままに捕虜および非戦闘員
・を虐殺し、強姦、略奪、財産の破壊をおこなったことにより死刑に処す。
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

969 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:19:17 ID:nvJFiUww
>>967
そのサイトの解説こそド素人のもののようだがねぇ
ま、お前の発言にはマジックさえ存在しないがな
>>968
厨国塵の執念深さ、金に対する汚さ、嘘を吐くことへの抵抗のなさを知っていて言ってるのかね?

970 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:22:01 ID:HGbyo8fj
>>967

おまえ、その写真見てなんとも思わんのか?

その生首、どっからどう見たって不自然だろ、

んなことさえわからんのか、この節穴が!!

971 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:26:34 ID:JKkklmN4
エナリ
嘘つきまくって都合の悪い自身の発言を「言った覚えはない」
とか「思う」とか「だろう」とか反論と関係ない引用とか

はっきり言ってお前を信用するような馬鹿はいない。

>崇善堂は紅卍字会の下請けだから埋葬記録は捏造ということに反論できてねーしw
>南京陥落時の人口70万人説は根拠出せねーしw
>南京の人口は20万前後という資料は山ほどあるしw
>東史郎は裁判長に捏造だと判断されるしw
>長中佐はユウコウ門が開いてねーしw

全部論破されているし。

972 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:33:10 ID:HGbyo8fj
>>968 そこに書かれてる証言だが、

>隣の魏小山が谷壽夫部隊が放火したので消火に行ったところ・・・

>谷壽夫の部下一三人に強姦された。この女の子はがまんできず・・・

>谷壽夫部隊に徴発された。母親が哀願したが釈放されず・・・

>殺人・放火・強姦のもっともひどかったのは谷壽夫部隊だった

南京の一般市民が、どうやったら「谷壽夫部隊」であると断言できるんだ?

973 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:47:46 ID:6GuTjLCh
よそのスレを見てきたけど、エナリは相変わらず
逃走と戦術的撤退、降伏と会戦終了の区別が付いてないのな。

974 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 02:58:31 ID:HGbyo8fj
>>965
>9割方はやらせ番組みたいなもの


    ,-ー─‐‐-、
   ,! ||     |
   !‐-------‐    /
  .|:::i ./ ̄ ̄ヽi   |
  ,|:::i | (,,゚д゚)||  < 根拠は? まともなソースぐらいだせ!
  |::::(ノ 中濃 ||)   |
  |::::i |..ソ ー ス||    \
  \i `-----'/
     ̄U"U ̄

975 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 03:10:53 ID:6GuTjLCh
まあ、デーブごときを論破したからって喜べないのは確かだけどな。

976 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 03:21:43 ID:P8WF8V4i
外務省の見解って「軍人と民間人に多数の死者がでた」
といっているだけ。(首都占領戦だから当然)
これについて今後世間で「いわゆる南京大虐殺」が完全否定された
ときでも言い訳できるようになっている。


977 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 03:32:50 ID:HGbyo8fj
 近代の中国語が言語・文字・政治・経済・軍事・科学・教育・法律・風俗・礼儀・文化から、
きわめて普通の日常用語にいたるまで、あらゆる分野で日本の大きな影響を受けてきた
のは、紛れも無い事実です。

たとえば、実例を挙げてみましょう。
歴史・民族・国家・宗教・信用・自然・侵略・手続・取締・取消・引導・目的・宗旨・代表・代価
・厳禁・譲渡・(長いので略)・革命・思想・運動・計画・金融・交通・現実・会話・反対・原則
・人道・演説・文明・広場・人民・意識・工業・論文・解放・開放・進歩・義務・意思表示・債権人
・重婚罪・損害賠償・・・・・・。

 日本に賠償を求める中国は、日本から「賠償」を学んだのです。「化」という字をつけて、
形や性格、変更を表す言葉、「民主化」「革命化」「現代化」「機械化」「化学化」「世界化」
も日本語から取り入れました。

 「性」「式」「率」「観」「力」「界」がついた単語も、すべて元は日本語であり、「形式的」「科
学的」「民族的」という「的」も日本からの逆輸入です。

 当時、あまりにも膨大な量の身命氏(新造語)が中国に流入したので、中国の知識人の
中では中国語自体が日本語になるのではないかとの不安を感じた人も多かったようです。

解明派の張之洞すらも、ある書籍に「新名詞を使用しないように」と書いたところ、幕僚の
一人で著名な学者がすかさずアドバイスしました。「『新名詞を使用しないように』の『名詞』
がすなわち立派な新名詞です」と。

------------------------------------------------------------------------------

中国は、そんなに日本が嫌いなら、日本から逆輸入した言葉も使うな!!

978 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 04:10:53 ID:00XCVxzj
昔の日本軍が使用した弾薬は
たった1発で
南京の中国人民89078986587千万億467375546兆人を皆殺しにしていた!
これはもはや言い訳のできない歴史的犯罪である!

979 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 04:12:52 ID:vR0456Ot
朝鮮と中国、犬や猫を虐めて食らうようなおぞましい劣等民族は人類の恥だ。
この世のものとも思えない残虐惨忍な映像ですが、目をそらさずに事実を見て下さい。
そして行動を起してください。
(記事)
http://juicystyle.ocn.ne.jp/news/20051128212728-051128091839.h0jeb40e.html
(画像1)
http://www.petatv.com/tvpopup/Prefs.asp?video=china_dog_cat_fur_boards2
(画像2)
http://www.furisdead.com/feat/ChineseFurFarms/
http://shock.gray-japan.com/movie/animal_html/file-0002.html
http://dolby.dyndns.org/upfoo/mov/1108301570418.wmv





980 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 04:18:27 ID:JKkklmN4
>>977
支那の「人民」も「共和国」も日本語なんだよなw
笑っちゃうよw

981 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 07:40:14 ID:o+D5k1NN
ああ、えなり。
このスレで反論できてない分は次スレにコピペして貼っとくからそっちで答えろよ。

982 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 09:02:59 ID:P8WF8V4i
>>946
当時日本社会党の田辺が作るよう提案し
総評が金を出し、設計した建築家も日本人らしい。

根本ソースでないが あれそれこれ博覧会 のHPに書いてあった。
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa01/nanking5.htm

983 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 09:11:56 ID:P8WF8V4i
んで、電波少年でやってたみたいに
現地の若者が虐殺記念館に入って「日本ってこんな酷いことしたのか」
って初めて知って(←親・祖父母からの伝承がないところがミソ)
愕然として出てくる。


984 :846:2006/01/30(月) 09:22:36 ID:z50dvksY
>>982

ありがとう!
勉強になったよ。


985 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 10:12:35 ID:TgDL6c8A
>>967
>2.斬り落とした首を持つ海軍兵

・斬首後の頭を掴んでいる海軍兵の左手の部分が黒く塗りつぶされている。
・髪の毛を掴んでいる海軍兵の左手の部分に紐の結び目が見える。
・戸口のそんな狭い場所で刀を振り下ろすのは無理。
・斬首後の頭の周辺(海軍兵のズボン周辺)が真っ黒。


>>968
>谷壽夫は作戦期間中、兵と共同してほしいままに捕虜および非戦闘員
・を虐殺し、強姦、略奪、財産の破壊をおこなったことにより死刑に処す。

申 弁 書
民国三十六年 (昭和二十二年、1947年) 一月十五日
南京戦犯拘留所 被告 谷 寿夫
http://www.ne.jp/asahi/unko/tamezou/nankin/tani-sinbensho.html#20
(一部抜粋)
残存者皆無にして我師団は空家に宿営せり。
 従って我将兵により迫害を受くる対象となる住民は皆無なりき。

986 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 10:52:30 ID:I4aQ4bFL
南京大虐殺って捏造なんだよね・・・・

987 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 12:40:44 ID:+pQX7TW4
捏造させ放題にしてきたツケは大きいな。

988 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 13:31:20 ID:OfTGipHf
海軍が砲身を掃除するのを面倒くさがって艦砲射撃しなかったのが大失敗
弾庫が空になるほど撃ち捲くっておれば、全ての死は戦闘死であった。

989 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 15:25:58 ID:EBZvLgtB
             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /            :::::::::::::::\
  | |       /ヽ、_    __∠二、__,ィ :::::::::::::::|
  | |      |  ̄`ミl==r'´     /  ::::::::::::::|   < エナリ君、己の無力さを痛感したかね?
  | |      ヽ、_____j  ヽ、_  -'   :::::::::::::|
  | |       |  (__人__丿   .....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|

990 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 15:29:33 ID:qghJd+Iw
こんにちは
ナンキン ネツゾー と申します。ネッチと呼んでね

991 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 15:33:25 ID:EBZvLgtB
もうエナリがいくら一度論破されたことを言いふらしても、
もう南京大虐殺なんて信じるやついねーよW

992 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 15:36:06 ID:fYfddD+J
南京虫は居たが、南京虫大虐殺でほとんど見なくなった。

993 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 15:50:01 ID:JKkklmN4
埋め立て

994 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 16:22:22 ID:JKkklmN4
埋め立て

995 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/30(月) 16:49:38 ID:C2QUWNGS
>>969
>ま、お前の発言にはマジックさえ存在しないがな

ド素人は写真の影のマジックさえご存知じゃない。
あなたは、そのくらい知ってるかい?

>アメリカ国旗や月着陸船の影があるのに、宇宙飛行士の影がない
・のはおかしい、飛行士のはめ込み合成写真だと主張されている。
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/kage_uso.htm

996 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 16:50:02 ID:hVVNbwL3
イヒヒヒヒヒヒ

997 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2006/01/30(月) 16:51:56 ID:hVVNbwL3
もう少しで、初の1000Get (T-T

998 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2006/01/30(月) 16:52:32 ID:hVVNbwL3
あと3つ、初の1000Get (T-T

999 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 16:53:00 ID:hVVNbwL3
あと少し!! 初の1000Get (T-T

1000 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2006/01/30(月) 16:53:22 ID:hVVNbwL3
やった!初の1000Get (T-T

1001 :1001:Over 1000 Thread
 ″ ゝ ″ ヽ   ″ ヾ  ″ ゝ " ヽ丿〜    。
 ヽ ″ ゝ ″ ヽ ″ ゞ  ″ ゝ ノ 〜  ゚       ゚
ヽ ″  ゝ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ″ ノ     。
″ ゝ ″ ゞ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ノ 〜            ゚
ゞ ″ヽiiiiii;;;;:::::  ″ノ ″ノ ″ ノ 〜  ゚         。
  ゞ   iiiii;;;;;::::: )::/:/                。
   。   |iiiii;;;;:: :|:/  。 このスレッドは1000を超えました。
      |iiii;;;;;:: ::|     もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。
゚   。   |iiiii;;;;;:: ::|   。         ゚              。
      ,|iiiiii;;;;;:: ::|      。  __     。
     |iiiiii;;;;;::: ::|        ヽ=oノ          ゚
。  ゚  ,|iiiiii;;;;;;::: ::| ゚         / )゚Д  新スレで会おう ゚        ゚
    |iiiiiii;;;;;;:: :::|    。     ヽ  :|        ゚
。     |iiiiiiii;;;;;;:: ::|            |  :|    。   極東アジアニュース@2ch掲示板
,, , ,,/ヘ;;M;;;i;;iii;;ヾ、 ,,,,  ,,,,   しソ, , ,,,  ,, ,,   http://tmp5.2ch.net/asia/ 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


462 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)