5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】「南京大虐殺」はウソ【常識】28次資料

1 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:21:47 ID:0X/LHZvy
南京問題初心者の方。惑わされてはいけません。
前スレまでレス27000にいたるも下記の根拠は覆されませんでした。
大虐殺肯定派が嘘・誤魔化し・論点ずらしなどあらゆる卑劣な手段を使っているのが
わかるでしょう。

【最近はここのテンプレに反論できないので テンプレを省略した重複スレを立てる人がいます。
それはテンプレを無かったことにしようとする宣伝工作の一環ですので放置して笑ってあげましょう】

南京大虐殺はウソです。実在しません。

<根拠>
・骨も死体も銃も刀も書類も全く見つかっていない。
・というよりそもそも証言以外の証拠は無い。
・裁判で証拠として提出された写真はその全てが無関係または合成であることが発覚。
・そもそも裁判の時、南京大虐殺を「見た」と答えた人は2人しかいなかった。
・30万人殺されたとはいうが、そもそも南京には当時30万人もいなかった。
・30万人も殺したはずなのに、なぜか虐殺後の人口はむしろ虐殺前より増えている。

基本リンク
http://www.history.gr.jp/index1.html(停止中?)
*ルール1:反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
*ルール2:矛盾を指摘されたままの資料を再び根拠として使用してはいけません。
*ルール3:スレを読まずに論を主張してはいけません。
*以下、テンプレ>>2-10ぐらい

前スレ
【世界の】「南京大虐殺」はウソ【常識】27次資料
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136565574/l50

2 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:22:01 ID:0X/LHZvy
【南京大虐殺が事実であるなら証拠の捏造は必要ない】Ver0.01
以下に記すのは伝聞などによる不確かな情報をのぞく、意図的な捏造がはっきりしているものです。
これが何を意味するのか、常識的な人間ならわかるでしょう。

東史郎
曽根一夫
田所耕三
秦賢介
中山重夫
船橋照吉
洞富雄
笠原十九司
本多勝一
中帰連
アイリス・チャン
ティンパーリ
崇善堂埋葬記録
朝日新聞「宇和田日記」報道

中国の対日政治工作 70年代から本格化 CIA文書公開
影響力阻止狙う「策略」
 【ワシントン=古森義久】中国が1970年ごろから日本のアジアでの影響力拡大を防ぐために、あえて日本の内政
に干渉し、日本の軍国主義や帝国主義の復活を宣伝するプロパガンダ(政治宣伝)工作を本格的に開始したことが
、このほど解禁された米国中央情報局(CIA)の秘密文書から21日、明らかとなった。
(産経新聞) - 10月22日2時48分更新

国民党国際宣伝処対敵宣伝課のスローガン
「宣伝は作戦に優先する」
郭沫若(抗日戦回想録)p191

*追加訂正よろしくおねがいします。


3 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:22:17 ID:0X/LHZvy
「東京裁判を受諾したから南京虐殺を国家が認めている」とは間違いであり、全く根拠の無いことです。

日本がサンフランシスコ講和条約11条により東京裁判ほか極東国際軍事裁判そのものを受諾したというのも嘘です。

サンフランシスコ講和条約の原文は英語であり、原文の意味することが正しい解釈になります。
(以下引用)
日本文で「裁判を受諾する」となっている箇所は、英文では accepts the judgments です。
英語の judgments は法律用語として使われる場合、日本語の「判決」の意味に用いられるのが普通であり、「裁判」を通常意味する
trial,proceedings とは区別されるべきことは、例えば権威ある法律辞典 Black´s Law Dictionary の説明からも明白です。
 要するに、十一条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙ったものに過ぎず、それ以上の何ものでもなかったのです。
日本政府は十一条の故に講和成立後も、東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示されたいわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)
の正当性を認め続けるべき義務があるという一部の人々の主張には、まったく根拠がありません。(引用終わり)
「日本は東京裁判史観により拘束されない」
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm


4 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:22:30 ID:BcFXsb7B
>>1


5 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:22:36 ID:0X/LHZvy
また、極東国際軍事裁判は偽証罪がなく、証言・証拠の検証も行われませんでした。
このような裁判の証拠・証言が何を立証できるのでしょう。
さらに同裁判はいわゆる事後立法によって裁定を下し、近代法の原則である罪刑法定主義を採っていません。
これについては連合国側からも相当な非難が出ています。
東京裁判「歴史の真実」
http://www1.toptower.ne.jp/~katumata/sub514.html

 戦後日本において同裁判は不当裁判であるという主旨の国会決議がなされ、サンフランシスコ講和条約11条に基づき戦犯赦免要求を行いました。
連合国はこの要求に同意し、昭和33年までに戦犯のすべてが赦免されました。
「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」国会議事録
http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_dispdoc_text.cgi?SESSION=2340&SAVED_RID=1&SRV_ID=2&DOC_ID=823&MODE=1&DMY=2485&FRAME=3&PPOS=5#

戦犯赦免に同意したことは極東国際軍事裁判の不当性を連合国が認めたことになります。
重ねて述べますが「東京裁判を受諾したから南京虐殺を国家が認めている」とは間違いであり、全く根拠の無いことです。



6 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:22:56 ID:0X/LHZvy
これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。
http://www.jiyuu-shikan.org/faq/A06.html

東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い

中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明。

富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明

舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するというカッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×

曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された

田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状

太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった

富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた

上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」でしかもそんな命令が出たという史料は一切無し

このように偽証言・偽手記・偽もしくは改竄記録が出回っているので注意
これらは検証を受けるまでは堂々と真実として喧伝されていた

偽記録等の特徴
・原本が確認できない(あるいはあると主張するが実物を見せることはない)
・なぜか南京戦前後だけ詳細に記録している
・南京戦前後だけ異常に矛盾点や他の一次史料との乖離が多い
・記録者証言者本人の経歴が実際と違う
・「日本や日本軍は懺悔しろ」というが、自分が私財を投じて賠償するなどの行動は無く、むしろ出版や講演で金儲けをしている



7 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:23:13 ID:0X/LHZvy
【名言】5次資料>>693氏抜粋

>先史研究では資料の要素が少ないがゆえの苦労がありますが、
>ここで話題の南京は70年程前のことですよ。
>文字資料の残存は豊富で、証拠と成り得るモノが消滅した割合も少ないでしょう。
>「証拠を示せ」と言われ、その証拠に疑問が提示されれば、堂々と反論なさればよい。
>根拠のない推論ではなく、他の資料との組み合わせで。
>できないならば、通常、自論に疑問が生じるはずです。
>
>自論の証明とは客観性を獲得することです。
>資料の解釈を1つの方向に揃えてしまえばいいわけではありません。
>読み取れる事実1つ1つの組み合わせから構成されるものが論ですから、
>論者のみに自明の論では、無意味というよりもはや滑稽、
>客観性を獲得する為には守らなければならない姿勢があるのです。


【名言】4次資料>>947氏

>疑問を取り除いたとは、自論に資料の解釈を近づけることですか?
>論は、資料の解釈から形成されるものです。逆なのです。
>根拠とする資料を提示しない姿勢を度々非難されています。
>また、提示した資料について矛盾などを指摘され、
>その矛盾点を解消しないままに再び根拠として提示するなど、
>意図的でなければ通常起こり得ない、恥ずべき論立てを行っています。


8 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:23:30 ID:0X/LHZvy
 ■ ■ ■ 注意事項 ■ ■ ■

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#**】という文字列を見つけた場合、それに対してはレスを返さないで下さい。
自サイト宣伝が目的の荒らしスクリプトですので、議論は不可能かつ削除以来の邪魔になります。

可能ならば、『妄言解毒対策』などをNGワードにすることをお勧めします。


9 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:23:47 ID:0X/LHZvy
戦時中、中国国民党の国際宣伝処長を務めていた曾虚白という人物がいるのですが、
彼は自伝の中で、対日戦争における情宣工作についていくつかの手口を明かしています。
具体的には、中国の兵士を鼓舞する英雄物語を数多く創作することと、

日本軍の残虐行為を国際社会に宣伝することでした。そのような工作をしているまさにその時、
毎日新聞が「百人斬り競争」の記事を書いた。この時の印象について曾虚白は
「物事は信じがたいほどうまくいくものだ。われわれが敵の材料を探していた時に、
敵の方からそれを提示してくれた」という主旨のことを書き遺しています。
彼はすぐにティンパーリーというオーストラリア国籍の新聞記者と、
金陵大学の社会学の教授であったスマイスというアメリカ人にカネを渡し、
日本軍の暴虐行為を本にさせたとも書いています。のちに北村稔・立命館大学教授の
調査(『南京事件の探求』文春新書)により、ティンパーリーは国民党国際宣伝処に雇われた
人物だったことが当時の文献から明らかになっています。
 
 そして日本軍の南京入城が1937年12月13日です。日本軍の占領は38年2月末まで続きますが、
その同じ年の11月には英国でティンパーリーの『What War Means』が出版された。じつに手際よく
、国民党から発信された情報が英訳されて国際社会に喧伝されたのです。曾虚白は、
これは非常にうまくいった例であると回想しています。のちにこの本が南京大虐殺を確定する
証拠資料として東京裁判に提出され、A級戦犯も裁かれたわけですね。


10 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:24:01 ID:0X/LHZvy
黄文雄 拓植大学客員教授 諸君8月号 平成16年

 ・中国では長年にわたり、王朝が変わるたびに、北京、西安、開封、揚州と大虐殺を繰返してきました。
南京では、東晋の時代に王敦という武将が行っている。それ以降も大虐殺を繰り返し、近代最大のものは、
曾国藩の弟で、曾国茎という武将によるものです。3ヶ月くらい略奪したり、火をつけたりしている。
非常に詳しい記録が残っているのですが、それが「南京大逆説」における今の政府の発表とそっくりなのです。
つまり、中国の伝統に則っている。
 中国の戦争には古来、「屠城」という伝統があります。普通軍隊は給料を払わないから、
虐殺と略奪によってまかなうやり方が伝統としてある。だから、以前大学で教鞭を執っていた南京出身の学者に聞いたら、
「日本軍の大虐殺なんて嘘ですよ」とはっきりいっていました。


11 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:24:22 ID:0X/LHZvy
深田匠著 「日本人の知らない『二つのアメリカ」の世界戦略」高木書房より

 昭和41年9月に岸信介元首相の名代として5名の日本人台湾使節団が訪台し、蒋介石と面談している。
そして面談の最、その5名の中の一人である田中正明氏が松井大将の秘書であったことを思い出した蒋介石は、
田中氏の手を堅く握り締めて涙を流しながら
「南京に虐殺などなかった。松井閣下にはまことに申し訳ないことをした」
と告白している。この蒋介石の涙の謝罪は、日本人訪台団、通訳、蒋介石の側近らが全員耳にした歴然なる事実であり、
南京事件なるものは一切存在しなかったことを当事者が認めた貴重な証言である(72頁)。


12 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:24:41 ID:0X/LHZvy
したがって本官は、日本はジュネーブ条約の署名国であり、かつまたジュネーブ
条約は、第九十二条の意味の範囲内においてもまた効力を有するから、日本の
無批准によって日本の利益のためには効力をもたなかったけれども、日本を拘束
するものであるというこの検察側の主張を是認することはできない。
本官の意見では、本条約はその形のままにおいては、日本に対して有利にも、
また不利にも、いずれも効力を有するにいたらなかった。
検察側は、つぎに本条約は戦争に関する新たな法規、あるいは規定を定めたもの
ではなく、たんにすでに認められたところの戦争法規を制定したに過ぎないと
主張している。
本官は、この見解を認めるには困難を感ずるのである。
第九十一条ないし第九十六条は、この主張に反するものである。
第九十六条は、個々の締約国のために本条約を破棄する権利を留保しているのである。
締約国は条約の内容に関して協定しているのであるということおよびそれによって
条約の取り扱っている事項に関して、相互間に新たな法的関係を作っているので
あると了解していたようである。
(略)
検察側はハーグ条約は、日本によって批准されたと正しく主張している。
しかし同条約はその第二条において「規則……ノ規定ハ交戦国ガコトゴトク本条約
ノ当事者ナルトキニカギリ締約国間ニノミコレヲ適用ス」という規定がふくまれている。
イタリア、ブルガリアのいずれも1907年の条約を批准していない。
したがって本官の意見では、1907年のハーグ条約の規定も、1929年のジュネーブ
条約のそれも本件に適用するものでない。

「共同研究 パル判決書(下)」東京裁判研究会


13 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 02:25:13 ID:0X/LHZvy
以上 テンプレだす。

14 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 04:19:26 ID:MBH+suwN
>>1

さて、あとは(自称)肯定派の工作員を返り討ちにして、こちらの
評価をあげるだけかw

15 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 09:10:11 ID:ec1rH58+
>>1
あんたね、何回言い負かされてもよく、おなじデマを流せるものだ。
少しは進化するのが人間だと思うがね。
宗教的信念というやつかな。

世界の動きを少しは見ておきなさい。

>だが、こうした傾向は05年に入って逆流し始めた。ロシアではプーチン政権が政敵の
オリガルヒ(欧米寄りの新興財閥)たちに「脱税」などを容疑をかけて次々と倒し、オルガ
ルヒが所有していた石油や天然ガスの会社を没収し、再国有化し、ガスプロムなど数社
に統合した。(関連記事)

 折からの世界的な石油価格の高騰を受け、それまで赤字で欧米からの借金が重荷
だったロシアの政府財政は一気に黒字化し、プーチンは欧米から借りていた金を前倒
しして返し、借金を理由に欧米から内政干渉されることを防げるようになった。(関連記事)

 欧米寄りになったはずのグルジアやウクライナでは、経済が思ったように良くならず、
特にウクライナでは政権中枢の仲間割れによって政局が混乱した。グルジアでは、政権
をとったサーカシビリ大統領の独裁的なやり方が批判されるようになった。
http://tanakanews.com/g0112russia.htm

16 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 09:13:24 ID:CyvMFMsD
(´-`).。oO( 「おまえが言うな」という言葉はこういうときのためにあるのだろう… )

17 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 09:17:36 ID:ec1rH58+
>王固盤がこの話をした時点では、まだ日本軍は南京攻撃を始めていないぞ?

王固盤がどうやって人口を調べんだ?
逃げ出してしまう南京の人口を調べるより、大事なことがゴマンと有るだろ。

>素直に訳せば、「警察庁長官王固盤は、繰り返して、市内にはまだ20万人の
・中国人がいると言明していた」という感じでしょうか。
・"declare"という単語を正確に訳すことで、印象が随分と異なってきます。
http://www.geocities.jp/yu77799/jinkou2.html

18 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 09:20:09 ID:ec1rH58+
>田中正明先生、亡くなられたか・・・

惜しかったね。
田中正明先生の「松井岩根大将の陣中日誌」にサインを貰ってたら希少価値
が出て大儲けできたかもしれないのに。

>編集室の一隅で史料を見せられたときは、息の詰まる感じであった。
・目の前に並んだ自衛隊の坂妻駐屯地資料館蔵の「松井日揮原本」
(コピーならびにかなりの数の写真版)と、芙蓉社版・田中正明編
『松井岩根大将の陣中日誌』第四章収録の「日記」との間には、見過ごす
・ことのできない大きな差異が、それも単純ミスではない明らかに意図的
・な改竄がいくつも認められたのである
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/tanakam.html

19 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 09:29:18 ID:ec1rH58+
>「裁判」にはならずに「判決」となる。

これは間違い!
裁判の意味は日本では、普通には法廷、公判の意味でも使用されてる。
”裁判を受ける権利”という場合は公判の意味だが、厳密な法律的意味では
裁判とは「判決・命令・決定」を全部含んだ意味という。

「judgement」と単数形になっている場合、稀にじゃなく普通裁判の意味が多い
ここでは極東軍事裁判があちこちで日本軍を裁くために行われたから、複数形
countable nounとして「judgements」でも自然な感じだけどね。

(締結した条約の英語、仏語、スペイン語が「判決」となっている)なんて
書いてるけど日本語も正文として入ってるはずだが何で抜かすんだい?

>佐藤氏は『裁判を通常意味する』と書いていますが、ここの部分を
『裁判を意味する』と軽率に誤読した右翼作家や英文法学者などが、
・いい加減な発言を繰り返しているに過ぎないのでしょうか。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2005/10/31/125454

>サン・フランシスコ市で、ひとしく正文である英語、フランス語及び
・スペイン語により、並びに日本語により作成した。
http://www.itoh.org/kagurazaka/lib/sfpeace.html#hj

20 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 09:30:26 ID:2bTIAexl
>>15
圧倒的に恵也が言い負かされている気がするんだが・・・
いや、本当に幸せなヤツだなぁ・・・

21 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 09:34:20 ID:ec1rH58+
>>10
>以前大学で教鞭を執っていた南京出身の学者に聞いたら、
「日本軍の大虐殺なんて嘘ですよ」とはっきりいっていました。

ずいぶん卑怯な品性のない書き方だ。
名前も何も分からない「南京出身の学者」とかで信頼性のない文章に
無理やり信頼性を持たした悪文。
俺には絶対に出来ない文章だ。

22 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 09:37:53 ID:Ca0DItko
>>17
朝からご苦労さん。(w
しかも、王の発言一つだけにしか反応しない印象操作だね。
しかも、反論としても論点がズレてる。
さて、王の発言は当時の国際委員会の報告書(一次資料)でも裏付けが取れるから価値があるわけだ。
つまり、何の裏付けもないマギーの東京裁判における思い付きの発言よりも、国際委員会の公式文書や王の南京事件当時の発言の方が信憑性が高いのは当たり前。

23 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 09:48:43 ID:CyvMFMsD
(´-`).。oO( 品性を攻撃するのは反論ができないからなのだろう…)

24 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 10:04:44 ID:NrN7iOSj
張群思少佐「南京衛戊軍の兵力数5万、非戦闘員10万」
劉啓雄少将市民数「概ね20万」
国民党軍幹部の認識は王と同じか、それ以下なんだな

25 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 10:07:19 ID:ec1rH58+
>これは曽虚白の『自伝』です。だれしも引退に際し、自分の業績をなるべく大きく
描こうとするじゃないですか。
そのため自分の関与は本当はわずかしかなかったけれど、ティンパリーに本を書
かせたのはこの私、曽虚白でしたよ、と言おうとしたのです。
http://www.nextftp.com/tarari/timperley.htm

26 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/14(土) 10:09:59 ID:ec1rH58+
>>22
>王の発言は当時の国際委員会の報告書(一次資料)でも裏付けが取れるから価値があるわけだ。

それは、出所が同じ情報で、裏付けれたとはいえません。
残念でした!

27 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 10:17:10 ID:3d/OiIRM
>>26
「何が何でも南京事件をあったと思いたい」ってクチだね。
それは学問ではなく信仰の世界。

ちなみに根拠は人のいってることとあんたの言ってることに
大差はないということ。
科学的根拠がなければ「ない」ことになるのが学問の世界。
まずは証言などではなく、記念館の遺骨・遺品の科学調査から始めるべし。

北朝鮮の提示した横田めぐみさんの遺骨と同じだよ。
北朝鮮が「これはめぐみさんの遺骨だ」といったからといって
それが事実ではないのと同じ。

28 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 10:59:38 ID:MBH+suwN
>>19
おはようございます。

お元気なのは結構ですが、
また前スレの繰り返しですか?

「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」国会議事録
をご覧になってから出直してください、日本政府の公式見解は
「裁判は不当」ですよ?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


29 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 11:00:36 ID:x0qXgwOv
不思議に思うんだけど...
中国共産党は30万の数字を正式・公式には出していないんだよね。
(この前の国連演説はかなりレアもの)
どちらかというとその数字を信奉し掲げているのは
日本人肯定派(記念館の建設費出したり)と中華系民間人。
中共のお抱え学者(ま、しょうがないよね一党独裁制だから)だって
ほとんどそれに関した調査も発表もしていない。
(幾つかのジャーナルデータベースを検索した結果)。

中共は騒ぎを大きくしたい(でも責任は取りたく無い)。
肯定派は歌って踊りたい(一般人だから所詮責任は無い)。
ってことなの?
すると、結局は否定派も結局は騒ぎの片棒を担がされているってこと?

30 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 11:01:08 ID:MBH+suwN
>>17

あらあら?
「知りたければ自分で探せ!」が貴方の信条でしたよね?

王固盤氏の人口調査手段が知りたいなら、ご自分で中国まで行って調べてくださいな。
こちらは、同氏の残した資料が一次史料に分類されるという事実だけで十分ですから。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


31 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 11:06:08 ID:MBH+suwN
>>15
あらあらあら?
初っぱなから個人攻撃ですか?
しかもテンプレに逆ギレしていては、品を疑われてしまいますよ?

>あんたね、何回言い負かされてもよく、おなじデマを流せるものだ。
>少しは進化するのが人間だと思うがね。
新スレで早速印象操作ですか?
前スレなりのログを見られれば、すぐにバレるのですが?

>宗教的信念というやつかな。
はて? どの部分をもって「宗教的」と仰るのやら?

>世界の動きを少しは見ておきなさい。
論点をずらす戦法ですか?
時代が如何に動こうと、真実はひとつですよ?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


32 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 11:08:21 ID:MBH+suwN
>>26
仮に出所が同じでも良いんですよ。
なんら裏付けがないマギー氏個人の証言より信憑性が高いのは確かなんですから。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


33 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 11:59:16 ID:MBH+suwN
名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/14(土) 11:42:09 ID:JL5wYce5 ID:JL5wYce5
>>378
>便衣兵の存在の証拠として、脱ぎ捨てられた軍服なんかが発見されている。
>嘘を言うな。
それは便衣兵じゃなく、逃亡兵という。
便衣兵なら武器を持って、戦う平服を着た兵士のこと。
戦意を無くし、殺されないように逃げ回ってる兵隊のことじゃありません。


384 名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/14(土) 11:43:37 ID:JL5wYce5 ID:JL5wYce5
>>379
>城外が焼け野原だったことを記述した一次資料は沢山ある。
それを出してくれ。
あなたは16km以内は焼け野原と断定したはず、その根拠は出せないの?
------------------------------------------------------------------------------

1.武器を捨てようが軍服を脱ごうが前線から逃げ出そうが、降伏しない限りは戦闘行為と見なされます。
  またハーグ条約違反なので不法戦闘員です。
  ……それ以前に、軍服を脱ぎ捨てて裸で逃亡ですか? 真冬の南京で?
  ……しかも民間人に紛れ込んで、母国の非戦闘員の死傷率上昇させるとは立派な兵隊さんですね?

2.「清野作戦」で検索してください。
  それとも貴方、ご自身が非難されている「クレクレ病」とやらと一緒ですか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?



34 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 12:22:17 ID:WOI6AVRM
新スレ乙。

>>15
「世界の動き」うんぬんの講釈はこのスレと関係あるの?

>>21
毎回「・・・と思う」「ではないか」などと書いて散々つっこまれる
えなり君の方が確かに好感が持てるwww

35 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 14:08:52 ID:xmJGj1S4
>>1乙です。
今日も今日とてDQNが沸いてますな。

36 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 14:15:55 ID:xmJGj1S4
>>29
犠牲者数に関しては、支那共産党の公式主張こそが30万人となっているのでは?

記念館なるものを建てたのはどう考えても支那共産党ですし、
万が一企業だとしても、向こうは共産主義国だから、
全部国営と考えていいわけです。

南京大虐殺記念館
http://www.tanken.com/gyaku.html

そしてこの記念館には、しっかりと30万と書いてあるようです。

37 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 14:19:09 ID:bTk6qZ5H
だから国連での外交官の正式発言が公式認識じゃないという理屈がどうして成り立つ

38 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 14:19:27 ID:NTeVWvd9
>>15
東史郎や吉田清治を未だに信奉しているアホが何を言っても説得力皆無w

39 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 16:35:24 ID:UDddXv+c
ところで、「南京大虐殺否定論13のウソ」なる本を手に入れたんだが、ガイシュツ?

40 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 17:05:25 ID:lQdOn2rG
>>17
それを言うなら「30万以上いた」って主張してるお前等はどうやって調べたんだ?
えっ、マギーがそう言ってた、って?じゃあマギーはどうやって調べたんだ?

41 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 17:11:29 ID:lQdOn2rG
>>25
バカか?
それでは「中国工作員にとっての功績=南京大虐殺をデッチ上げる事」だと
お前等自ら認めたようなもんだろwwwwwwww

42 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 17:40:31 ID:CyvMFMsD
>>29
中国の小学校の社会の教科書に南京の犠牲者は30万人と書いてありますね。
書店に次の本を立ち読みして確認しました。

  ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750313424/ref=pd_sim_dp_2/249-4985623-1889120
  わかりやすい中国の歴史―中国小学校社会教科書 世界の教科書シリーズ
  人民教育出版社地理社会室 (著), 小島 晋治 (翻訳), 大沼 正博 (翻訳)

43 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 17:43:34 ID:MBH+suwN
名前:恵也 ◆o4NEPA8feA 投稿日:2006/01/13(金) 22:21:34 ID:90CJ8keT ID:90CJ8keT
>>911
>ちなみに15万人説以上の説を主張する日本人歴史学者はいない。

あんたね、ロクに調べないで適当に書くもんじゃない。
笠原教授は「十数万人それも20万人に近いか20万人以上」です。
俺は30万人以上の考え。

>20万人以上説 南京事件調査研究会(洞富雄、藤原彰、本多勝一、笠原
http://www.melma.com/backnumber_43159_2110890/


44 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 17:47:45 ID:CyvMFMsD
>>42 追記 教科書の内容を書いてあるページをgoogle のキャッシュで見つけました。
http://64.233.167.104/search?q=cache:Wxy6pXnrnRoJ:www.jaycee.or.jp/2001/er/njc-edu/nichu.htm+%E3%82%8F%E3%81%8B&hl=ja


45 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 17:56:57 ID:Ca0DItko
>>39
その本、グースのHPで完全に論が否定されてるから。

46 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 18:06:25 ID:s1Twwh0A
MBH+suwN いい加減うぜえよ

>>45
グースは何派か知ってるのか


47 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 18:07:37 ID:a6CI6s/D
本多勝一は、だめだめ〜〜だろ

48 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 18:10:56 ID:CyvMFMsD
>>43 この宿題に答えてもらえないかね

350 日出づる処の名無し sage 2006/01/12(木) 22:13:18 ID:E4BzDX+x
>>347
次の2つの質問に答えてもらえないか

Q1 仮に30万都市で30万人死亡したら、その後の人口は何人になるのですか。

Q2 日本が南京を占領したあとの南京の人口は25万人から30万人といわれていますが、
   この人たちはどこからきたのですか

別スレで、エナリは「南京と省略しないでください」といっていましたね。
38年1月28日にラーベからブリドウブリューンにあてて送った手紙に
「市内在住の25万人」との記述がありますね。
この25万人はどこから来たのですか?

49 :48はアンカーミス:2006/01/14(土) 18:12:46 ID:CyvMFMsD
48の質問は  恵也 ◆o4NEPA8feA  への質問です。
レス番号を間違えたことはお詫びします(が賠償は(rya

50 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 19:03:52 ID:Ca0DItko
>>43
笠原の説の数字計算だけでは15万人、残りは根拠のない推測だけによる水増し。
本人自身も前提として推測だと断った上で「二十万人いても驚かない」と言っている。
これは、20万人説とは言わない。(w
まぁ、20万人確定なんて学者である以上言えないわな。

51 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 19:09:12 ID:Ca0DItko
>>46
中間派、中間派と幻派の違いは国際法解釈の違いだけ。
さて、ウザいと言うのは勝手だが、不誠実な奴には不誠実に返すのが私の流儀なんで悪しからず。
少しくらい自分で調べたら?

52 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 20:01:18 ID:CyvMFMsD
笠原自身も30万人には否定的な見解を書いているからなぁ

53 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 20:55:08 ID:EujTzcs1
南京大虐殺の定義からすると日本の肯定派もふくめて
中国から見ると否定派になるそうな

54 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 21:44:47 ID:3XlLmyFY
前スレで出てたキチガイ掲示板、管理人がダブルスタンダードな検閲削除の嵐で
もうお祭り状態だな。
カキコと削除のいたちごっこ。
スクショとって突きつける勇者も出現。

http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/

55 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 22:56:18 ID:gJxreA5G
>>54ただいまその掲示板を炎上させている「ー」ですが何か?
にしてもあおりがいの無い連中だ。

56 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:01:03 ID:3XlLmyFY
>>55
乙であります。
あの掲示板の他の板にでも出張してみるかな。

57 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:06:09 ID:96AZluFG
>>55 祭り?


58 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:11:57 ID:CjMvkCiA
「2chだから」とかほざいてるが
その2chですらやらない露骨な言論弾圧やっといてよくもまぁ…
羞恥心が欠片もない人間が管理やるとこうなる、という色見本だな

59 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:19:08 ID:clrD2ZAq
あんな使い難いBBSの内側だけで論破済みなどと言っているうちはダメだろな
断定はするけど根拠を追及されると最後は「世界はこう見ている」だもの

ブログ形式で不都合な書き込みを削除しまくりでは信憑性を自分で薄めるだけだからなぁ



60 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:39:09 ID:3XlLmyFY
>>57
管理人がPCの前にへばりついて必死でフルタイム削除してるから
一見は平穏w
抗議カキコのスクショこっちに転載しとくので、現状と見比べてみるといいww
ついでに「鍵を見てドアを見ない」ってことわざ俺も初耳www

http://www.geocities.jp/levi_montrose/sc1.jpg
http://www.geocities.jp/levi_montrose/sc2.jpg
http://www.geocities.jp/levi_montrose/sc3.jpg
http://www.geocities.jp/levi_montrose/sc4.JPG

61 :中国でも発売の予定:2006/01/14(土) 23:40:44 ID:9LgVQTeu
ああ靖国神社

1) 千代に八千代に 巌となりて 苔のむすまで 今なお胸に  
   感謝尽きまじ 靖国神社
   無辜に聖なる 日の丸の旗 大和魂 寧らかに 

2) 国を愛する忠の精神 霊示簿に名を刻み残さん  
   御霊麗し 靖国神社
   公のため 命捧げた 英霊たちよ 寧らかに

3) 親を尊び敬うこころ 我が子育む 無償の愛が  
   国の礎 靖国神社
   愛する者を 守り抜くぞと 賭けた命よ 寧らかに 

4) いつかあの世で再会の時 胸を張って自慢の出来る 
   国になります 靖国神社
  二百四十六万 見ててください 無駄にしません 寧らかに


62 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:41:19 ID:3XlLmyFY
ごめん、↑何かうまく飛べないからURLコピペで行って

63 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:42:28 ID:Ca0DItko
>>59
奴らってエナリと同じで、資料の比較・検証ができないんだよ。
だから価値も無い証言や一次資料で否定されるようなくだらない資料を持ち出せる。
正義の味方のつもりだろうが余りに稚拙、初期の頃頑張ってた肯定派が草場の影で泣いてるに違いない。

64 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:44:32 ID:0X/LHZvy
>>19

恵也〜
お前、このスレで誰かを言い負かしたというのならその部分を提示しろ。
無根拠、妄想、嘘、言い逃れ、論点ずらしの常習犯がふざけたことを言うな。

ところでサンフランシスコ講和条約11条の解釈は特定アジアを除く全世界の国際法の専門家が
「判決の執行を約束したものに過ぎない」
と共通の認識を示している。

つまり君の説明がキチガイということだ。
いつものことだが。

65 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:46:59 ID:0X/LHZvy
恵也の定理 Ver2.03 (1/3)

●恵也主張30万人大虐殺説
1・南京陥落時人口70万人説 → 根拠なし 論破済み
2・東京裁判史観 → デマ。英語正文は「判決を受諾」。論破済み
3・東日記 → 最高裁上告却下により捏造確定
4・曽根日記 → 新仮名遣いの日記w 捏造
5・大田証言 → 中帰連。証言日時に南京にいないw 捏造
6・崇善堂埋葬記録 → 「中華民国27年度南京市概況」により埋葬事実なし。捏造
7・大虐殺写真 → 全部捏造 。
8・徳川証言 → 伝聞の伝聞。信憑性も整合性もなし。論破済み
9・赤星証言 → 伝聞。捏造。論破済み
10・洞富雄 → 資料改竄。意図的な誤訳。捏造指摘済み
11・ティンパーリ → 国民党宣伝部顧問 論破済み
12・王鴻恩 → デマ。論破済み
13・奥宮正武 → 裏づけなし。というかパネー号事件隠蔽w 論破済み
14・紅卍字会 → 水増し発覚。論破済み
15・栗原証言 → 本人が否定。偽息子の発言は意味なしw

*これでも全体のごく一部である。


66 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:47:26 ID:0X/LHZvy
恵也の定理 Ver2.03 (2/3)

●恵也発言パターン
A・事後法容認
 A2・国際法における罪刑法定主義原則の否定
 A3・裁判において偽証罪・証拠証言の検証不要
B・反論大量スルー
 B2・矛盾を指摘された資料をふたたび根拠として使用
C・妄想根拠
 C2・妄想根拠による誹謗中傷
 C3・「〜だったようだぜ」←しかし根拠なしw
D・虚言
E・無知
F・歪曲
G・選択的記憶喪失 「そんなことを言った覚えはない」
H・謝罪拒否  度重なるスレローカルルール無視について
I・聖書誤引用 ハズカシw
J・極低レベル引用 ブログのコメントを根拠として引用w

*まさに人間の屑ですね。


67 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:47:51 ID:0X/LHZvy
恵也の定理 Ver2.03 (3/3)

●疑惑
α・コルサコフ症疑惑 → 詐話癖、記憶喪失による。
β・支那工作員説 → 民間人を含めた30万人大虐殺説。
           忌避思想。不自由な日本語。中華民国資料の否定。
γ・極右宣伝工作員説 → ソース提示が著しく捏造されたものに偏っているため
             否定派の宣伝に一役買ってる偉い人かもしれないw
δ・さみしがりや説 → 実社会で苛烈な排斥にあっているため、構って欲しくて
            信じてもいない大虐殺を扇情的に書き込んでいる。
ε・単なるヴァカ説 → 単なるヴァカ。

*支那人特有の忌避思想に付いて
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/y-kanatani/minerva/Column/2005/c20050328.htm


68 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 23:59:06 ID:Ca0DItko
>>65
紅卍会の埋葬記録の水増しくらいは見逃してやれ。
現状のままでも、婦女子の遺体が100未満だから民間人の無差別虐殺が無かったことを証明してくれてる格好の資料なんだからな。

69 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:00:43 ID:gJxreA5G
>ゴーマニズム読みました。 - 反狂

2005/05/13(Fri) 00:09

> こんな作者は中国兵の姿でタイムスリップさせ、南京に送り込んでしまうべきです。
> 勇敢で忠良なる日本の兵隊さんに始末してもらうのが一番でしょう。

絶妙なアイディアですね。
ああいうオッチョコチョイを開眼させるのにふさわしい荒療治という気がします。
昭和新刀で首を飛ばされる刹那には、「南京の真実」について思い知るでしょう。
もっとも、あの男のことだからその期に及んでなお、
「おまえら、日本兵の格好した便衣隊だろ」と言い張るかも(笑)。

>>ゴーマニズム読みました。 - キモチイイナ

2005/05/13(Fri) 16:37

> 昭和新刀で首を飛ばされる刹那には、「南京の真実」について思い知るでしょう。
> もっとも、あの男のことだからその期に及んでなお、
> 「おまえら、日本兵の格好した便衣隊だろ」と言い張るかも(笑)。

笑いました。
死ぬまで真実に目覚めない歴史修正主義者の頑なさをよくあらわしたジョークですね。

http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=991742

70 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:01:07 ID:3XlLmyFY
>>63
まだ固有名詞を出せるだけエナリの方がマシな希ガスw
あの掲示板の連中は
「これが事実だ! 広い視野で見た事実だ! 立証するまでもなく事実だ!」
と叫び散らす以外、「○○証言」とか気のきいた偽造写真の一つすら
あげる事ができてないw

71 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:03:52 ID:gJxreA5G
Re: 歴史修正主義って、なんでしょうか2 - 大事実

2006/01/13(Fri) 00:16

2ちゃん流の屁こき論法はもういいから、
自分の置かれた全体的状況をよく見よう。

「合法、非合法」を論じる以前に、当時、前線にいた将兵がそんな国際法の細部にまで理解があったとも思えん。
そもそもから敵方の人命(や操)を尊重などしなかったのは、時代の雰囲気からあきらかだ。
「敵の将軍ステッセル‥‥」と唄までできた日露戦争の頃と異なり、日中戦争には、中国将兵を敬意をもって遇しようとする風がまるでない。
先代が猜疑と憎悪から非戦闘員を殺したのを、
後の世の人間が「国際法上合法だから」とか言い逃れの道をさがす状況で、もう「負け」だな。

見苦しい。

http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=991742




72 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:08:26 ID:FMHpPXn7
2005/07/18(Mon) 22:08

2ちゃんねるから出てきた2ちゃんねらなんて怖くないよ。
論破するにもとくに頭いらないし。
奴らの言うこと屁理屈ばかりで
ぜんぜん筋の通ったかたちになってねーんだもん。


フレディと似てるね(爆 - ピー助

2005/07/20(Wed) 19:05

2ちゃんどもって。
悪夢の中(2ちゃんねる)に
引き込まれなければ怖くもなんともないという。
http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=991742





73 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:09:18 ID:FMHpPXn7
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|  電波が強すぎます。. |
|__________|

             /
           //ビビビビビィィィ!!!
    どかーん!  _
       从";从 /||__|∧,
      (( ; ;"、; :(O´Д`)
     ((;";从.")と ))  ))つ
     `;Y ;"、 Y ノ ノ ノ
          (_ノ、_ノ


74 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:21:17 ID:b+rp/n3T
ワシゃ2ちゃんねらじゃないからいいけどね 虐殺あった派のHPって細切れだから困るのよね

あるHPで証言が並べられててそれがどこかのHPで否定か信憑性の無さを指摘される
それへの検証可能な反論は無くスルーで訂正・修正もない

それを引用する情報遮断のバカが経緯を知ってか知らずか貼りまくる→瞬殺
別の奴が・・・    無限軌道はキャタピラー三菱

根拠のある史料を提示しなければ論理的な反論は不可能だとわかっているから出さないのか真正バカ帝国の住人なのか
ただ刷り込み効果を狙っての念仏・お題目なのか

わかんね

75 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:40:11 ID:VRTSyHLp
>74
> ただ刷り込み効果を狙っての念仏・お題目
刷り込まれたが故のお題目だろうな。

76 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 01:07:52 ID:Wcr4glRN
>>54の掲示板より

Re: 歴史修正主義って、なんでしょうか3 - ちなみに

2006/01/15(Sun) 01:06

http://www3.ocn.ne.jp/~storm/history/history_board.html

掲示板のミラー(都合のいいレスのとこまでしか保存してない)をつくって
さも元通りの掲示板のごとく掲示板TOPからつないでいる管理人さんの姑息さについてww

荒れた板だけ隔離してなかった事にしようったって
ダメよこっちからのリンクも切っとかなくちゃw
ちなみに掲示板TOPはこちら
http://www3.ocn.ne.jp/~storm/bbs-main.html

管理人氏の本家HPはこちら
http://www3.ocn.ne.jp/~storm/index.html

さあどうしたものか。


77 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 01:48:21 ID:RjL1qH+5
>>76
>「合法、非合法」を論じる以前に、当時、前線にいた将兵がそんな国際法の細部にまで理解があったとも思えん。
書き込もうと思ったが無理だったわ。

しかし知ってたんじゃないかな。
支那事変じゃ全師団にわざわざ法務将校付けましたし。
当時にしろ第1次大戦でも、個人投降を認める軍は存在しませんでしたし。
要するに戦場では降伏意思が確認できないし、移送は手間がかかるのでその場処刑が当然だと判断された。
個人投降は敵軍への脱走なので、戻ったところで死刑です。

便衣兵にしても朝鮮軍やベトナム軍でこのように民間人の服に着替えるということがありました。
つまり包囲されるなり、殲滅直前に絶望的な行動として存在した。そしていずれの場合も着替えても結果は同じ。

結果的には良かったんじゃないかなどうせ死ぬわけで、
日本軍にやられたお陰で、死んでもなお後年のお国のための外交カードとして長々と利用できましたし。
本望でしょうね。

78 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:11:07 ID:PiB6RDE3
ニホンジン チュウゴクジン カンコクジン イパーイ コロシタ

コロシタ


殺した。

79 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:14:33 ID:PiB6RDE3
チュウゴクジン ワスレナイ カンコクジン ワスレナイ

オマエラノ ソセン ガ コロシタ

ダカラ シソン ガ フクシュウ スル

ナンネン カケテモ フクシュウ スル

ナンネン カケテモ フクシュウ スル

オマエラノ カゾク コドモ キョウダイ トモダチ オレタチノ チカラデ

ナンビャクネン カカッテモ フクシュウスル

80 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:16:01 ID:PiB6RDE3
キョウカショ ナンテ イラナイ

フクシュウ スル

ゼッタイ スル

オマエラ コロシタ  コロシタ  コロシタ

81 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:18:49 ID:PiB6RDE3
ホウリツ ナンテ イラナイ
ケンポウ ナンテ イラナイ
キョウカショ ナンテ イラナイ

ワレワレノ 国 ミンナ シッテル

ニホンジンガ コロシタ コロシタ コロシタ


82 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:21:16 ID:PiB6RDE3
ニホンノ カネ

フクシュウ スル タメ

アツメル イパーイ アツメル



83 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:22:29 ID:uYMNObai
ジュゲジュゲム
ゴコウノスリキリ
カイジャリスイギョノスイギョマツポンゲマツ

テッケレッツノパア

84 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:39:55 ID:pHKt7NIz
849 :名無しさん@6周年:2006/01/13(金) 23:45:13 ID:xnbie4rV0
 日本の某代議士の「過ぐる大戦において、わが国は貴国に対しご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」
という挨拶に対して、
「どうしてそういう挨拶をなさるのですか。あの大戦で日本はよくやったではないですか。
マレー人と同じ小さな躰の日本人が、大きなイギリス人を追い払ったではありませんか。
その結果、マレーシアは独立できたのです。大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、
その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ」

 さらに続けて、玉井顕治、名越二荒之助、中島慎三郎の三氏に対していわく。
「私は威張る人も、ぺこぺこする人も嫌いです。日本はもっと大きくアジアに眼を開いてください。
現在、日本は南方の発展途上国に対する援助額はダントツです。押しも押されぬアジアの経済大国ではありませんか。
『ルック・イースト』『日本に学べ』という呼びかけは、シンガポールやマレーシアだけではありません。
口に出しては言わないけれど、アジアの国々のこれは本音なんですよ。かって反日感情の強かった国々にも、
次第に親日感情が起こりつつあります。そうしたなかにあって、日本は欧米にばかり目を向けず、
アジアに対して責任を持つ国になって欲しいのです。
日本はかつてアジアに対して責任を感じ、そのために、戦争であれだけの犠牲を払ったのです。
この尊い戦争の遺産を否定することは、バックミラーばかり見ているようなものです。
自動車は前を見て運転しなければ、進路を間違えますよ」

ガザリー・シャフェー(マレーシア元外相)
(昭和六十三年七月十九日、於赤坂プリンスホテル)

85 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 10:03:32 ID:FMHpPXn7
http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=1199826
しかしすげーなこの掲示板。
掲示板のミラー(都合のいいレスのとこまでしか保存してない)をつくって
掲示板のトップからこの掲示板に行こうとするとミラーに飛ばされるように
なってやがる。おまけに現在俺等が炎上させている「人種差別2」と「歴史修正主義2」
htmlの偽ページにつなげて見られないようにしてあるとは…。
議論に関する知能は無いが悪知恵に関しては頭が回るなここの管理人。


86 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 10:08:17 ID:Wcr4glRN
>>85
「人種差別2」と「歴史修正主義2」以外も旧掲示板に書き込んだ内容が
新掲示板に反映されないようになってない?
新しい方にも乗り込んでみるか?

87 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 10:27:22 ID:G2mc4W8N
>>86
程々にね。

88 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 11:50:35 ID:TCx3FfO3
>>28
>「戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議」国会議事録をご覧になってから
>出直してください、日本政府の公式見解は 「裁判は不当」ですよ?

間違い!
裁判は不当なんて、そんな恐れ多いことを国会では決議してません。
戦争が終わって10年もたってるのに、戦争犯罪人として刑務所に入れてるのは
可哀想だから「諸外国の慈悲でもって」釈放してくださいと議会が政府に土下
座して頼ませる決議文。
個人的考えの討論文じゃなく、決議文だけをマジメに読んでみな!

>戦争受刑者の即時釈放要請に関する決議案
  戦いを終えて満十年今なお巣鴨刑務所には五百八十二名の同胞が、いわゆる
・戦争犯罪人の名のもとに残されている。講和条約が発効してすでに三年、その
・間本院においてこれら戦争受刑者の全面釈放に関して決議すること三度に及ぶ
・にもかかわらず、いまだに、その根本的解決を見るに至らないことは、われら
・のもっとも遺憾とするところである。

  ひるがえつて世論の動向を見るに、戦争裁判に対するわが国民感情は、もは
・やこれ以上の拘禁継統をとうてい容認しえない限度に達している。

  時あたかも日ソ交渉において在ソ抑留同胞の全員送還の実現を要求している
・現状にかんがみ、政府は、これら戦争受刑者並びに留守家族の悲願と、国民の
・期待にこたえるべく、ただちに関係諸国に対し全員の即時釈放を強く要請し、
・きたる八月十五日を期して戦犯問題を全面的に解決するため、誠意をもって速
・かに具体的措置を断行せられんことを要望する。
 右決議する。

89 :きのこの山 ◆KINOKO.5cU :2006/01/15(日) 11:52:41 ID:vv9keAjY
電波浴にきました(´・ω・`)

90 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 11:56:57 ID:l8/gVnDb
>>88
>議会が政府に土下座して頼ませる決議文。
>議会が政府に土下座して頼ませる決議文。
>議会が政府に土下座して頼ませる決議文。
>議会が政府に土下座して頼ませる決議文。
>議会が政府に土下座して頼ませる決議文。

このへんに底知れない悪意を感じる。

91 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 12:14:07 ID:TCx3FfO3
>>32
>仮に出所が同じでも良いんですよ。
>なんら裏付けがないマギー氏個人の証言より信憑性が高いのは確かなんですから。

あなたは、マトモな知能を持ってるのかね?
どんな情報でも出所が同じなら、それは1つの情報としか考えないのが大人の常識

自分の責任で、自分なりに調査して、出した結論ならそれもひとつの情報。

当時の南京警察のトップが、戦争の大混乱の最中に「山勘で話した情報」と戦後
の落ち着いた状態で当時の南京で苦労したボランティアが、裁判所の要請で話し
た情報とどちらが信頼できるのか判らんのかね?

いくら警察のトップでも、調べてくれる人が居なければ「山勘情報」しかないん
だけどね。
南京警察のトップでも、大混乱の中では人口調査に人手がまわせる筈がないだろ
だからこの数字はマトモな調査をしてない個人情報に過ぎん。

マギー牧師は大混乱の中で見聞きをして、南京を離れてからいろんな情報を聞き
それを総合した上で、当時の安全区の人口と、安全区外の人口を証言したんだぜ。

あなたには情報の信頼性に対する、根源的思考が全くなってない!
だから俺はあなたを準文盲というんだよ。

92 :きのこの山 ◆KINOKO.5cU :2006/01/15(日) 12:18:38 ID:vv9keAjY
南京警察のトップでも、大混乱の中では人口調査に人手がまわせる筈がないだろ
だからこの数字はマトモな調査をしてない個人情報に過ぎん。

南京警察は無能だといいたいの?


93 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 12:22:29 ID:nUgn1Xui
>>89
浴びすぎに注意

94 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2006/01/15(日) 12:24:33 ID:z5XP2knu
恵也 ◆o4NEPA8feAさんは、
南京とか沖縄とか東京裁判とか何派なの?

95 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 12:32:27 ID:TCx3FfO3
>>33
>降伏しない限りは戦闘行為と見なされます。

戦闘行為とは、戦う行為で逃げ回る行為を意味しません。
あなたは逃げ回る人間も何でも平気で殺せる「品性の低い人間」

立ち向かってくる人間と、命がけの戦闘をするのなら武人だが、武器も持たず
後ろ手に縛った人間を殺す人間は武人じゃない。

上杉謙信は武田信玄にライバルなのに塩を送ったという。
そのくらいの余裕のある人間が、本物の武人。

>揚子江岸で大虐殺が行われた、というその現場でしょうか、軍服を着た者は
・ほとんどなく、大部分が平服の、民間人で、婦人や子供も交じっているようでした。

・死体に油をかけて、焼こうとしたため、黒焦げになった死体も、数多くありま
・した。 死臭で息もつけない中を、工兵部隊が、死体を沖に運んで流す作業を
・やっていましたが、こんなやり方では、一〜二ヵ月はかかりそうでした。
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/murase.htm

>(1569)1月11日、越後国の上杉謙信が対立していた甲斐武田信玄に塩を送りました。
http://www.ffortune.net/social/history/nihon-sen/uesugi-sio.htm

96 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 12:34:26 ID:WyQiKvdm
>>88
その後には趣旨説明でこんな文が入っているがな。

>昭和30年07月19日衆議院本会議、永山忠則議員の発言
いわゆる戦争裁判が行われたのは、戦争直後の報復感情の熾烈なる時期でありまして、わが国は、
敗戦国民として遠慮すべき立場と、世界平和の回復を一日も早く招来せんことを念願いたし、また平和の
いしずえとしての意義を認めまして、忍ぶべからざるを忍び、涙をのんで戦争裁判の結論に服したのであります。
従って、わが国の立場とすれば、この裁判の結果を誹諦するがごときは慎しむべきであると存じますが、
今次大戦における戦争裁判は、パール判事の無罪論によっても明らかなように、世界史的観点に立って見るときは
幾多の疑問を抱くものでございます。
 近代国家における裁判は、不変の真理をもって貫く正義が判断の基礎となってこそ、その権威を保持できるのであります。
従って、その正義は戦争の勝敗を越えて厳然として存在すべきものでありまして、いやしくも戦勝国のみが正義の行使を独占することは
不合理であると言わねばなりません。敗戦国もまたその正義を行使する権利があってしかるべきものであると存じます。
原爆の使用のごとき、たまたまそれが戦勝国によってなされたといえども。世界の世論は明らかにこれを人道に対する反逆として
問題とするに至っておるのでありまして、今や諸国民の感情は平静を取り戻し、戦勝国の一方的な戦争裁判なるものが果して
国際法理論上正当なものであるか疑問とされているのでございます。(拍手)現に、その後における朝鮮動乱の終息、
仏領インドシナ動乱の結果に際して、関係国が戦争裁判を再び持ち出すことができ得ないことは、戦争裁判の合理的根拠の
いかに薄弱なものであるかを暴露しておるものであると言わなくてはなりません。

97 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 12:39:37 ID:WyQiKvdm
>>95
だから、それと南京が何の関係がある。それならば安全区への食料を捻出していたのはどこだ。国際安全委員が
日本軍に食料の捻出を頼んでいたはずだぞ(ソースはお前が探しとけ)
>揚子江岸で大虐殺が行われた、というその現場でしょうか、軍服を着た者は
・ほとんどなく、大部分が平服の、民間人で、婦人や子供も交じっているようでした。
想像文でしかないな。誰が殺害したのかすら判別できん。

・死体に油をかけて、焼こうとしたため、黒焦げになった死体も、数多くありま
・した。 死臭で息もつけない中を、工兵部隊が、死体を沖に運んで流す作業を
・やっていましたが、こんなやり方では、一〜二ヵ月はかかりそうでした。
だから、何で最前線で重要物資である石油を死体処理で大量に使用しなければならないんだと何度(ry

98 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 12:40:36 ID:vxl9EHJN
上杉謙信は武田信玄にライバルなのに塩を送ったという。
そのくらいの余裕のある人間が、本物の武人。

何の話かよく知らんが、この部分だけ賛成♪

99 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 12:47:49 ID:TCx3FfO3
>>33
>ハーグ条約違反なので不法戦闘員です

間違い!
兵隊が逃げるのに、平服を着るのはハーグ条約では詭計として認めてます。
敵を攻撃するのに平服を着てるのは禁止してますが。

あなたはハーグ条約が何のために作られたのか、根源的思考が全くない。
大量殺人や大量の財産の破壊をしないような、戦争のルールを決めたもので
「大量殺人をした言い訳」に使うために作られた条約じゃありません。
使用目的を間違えてる!

詭計:::相手をだます計略。

>ハーグ条約 第24条
・敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される
http://ww1.m78.com/topix-2/hague.html

100 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 12:49:30 ID:WyQiKvdm
ちなみに「敵に塩を送る」という言葉の由来となったこの話は、

かつて3国同盟を結んでいた武田、今川、北条のうち、今川義元が桶狭間で討たれた後、
その息子が惰弱であったために武田が同盟を解消し、駿河に攻め入ろうとしていた。
そのことに怒った今川が北条と手を組み、塩、塩漬け、干物などを甲斐に入れさせない策に出た。
そのことを知ったかつての強敵、上杉謙信が義憤から越後の塩を利用した食物を輸出させたという。

元々謙信自身がそういう情に弱い部分があって、さらにお互いに高く評価していたことから行われた話。

101 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 13:02:29 ID:TCx3FfO3
>>36
>そしてこの記念館には、しっかりと30万と書いてあるようです。

虐殺記念館当局が調査の上の、犠牲者数ではあるが、中国共産党は党として
調査したことはないんじゃないかね。

おれも虐殺記念館は国営だとは思うけど、記念館の調査の上での結論と
国家としての結論とは違うと思うけどな。

南京裁判を国家として行った国民党は、判決で30万人以上という結論を出して
るから国民党としての公式の主張と言えると思う。
その点、共産党は調査をいつやったんだろうね。

今の中国人学者もいろいろ主張があるようだし・・・・

>呉 天威    34万人
高興祖     37万人〜38万人(戦闘での兵士死者などを除くと30万人以上)
東京裁判での中国政府検察官 陳光虞  294911人 最終的391171人
林 伯耀      30万人以上
南京虐殺記念館(侵華日軍南京大屠殺遇難同胞記念館)30万人
東京裁判(極東国際軍事裁判)  20万人以上(日本軍が処理した遺体を除く)

102 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 13:05:28 ID:TCx3FfO3
>>37
>だから国連での外交官の正式発言が公式認識じゃないという理屈がどうして成り立つ

どこの誰が、どういう調査した上での数字なのか、中身がない。
だから発言した人の個人的認識。
公式的認識なら少なくとも、調査した根拠がなければ公式とはとても・・・・

103 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:07:23 ID:bmAcXY1F
今日もNaver並みの電波がゆんゆんですね。

104 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 13:07:55 ID:TCx3FfO3
>>38
>東史郎や吉田清治を未だに信奉しているアホが何を言っても説得力皆無w

東史郎や吉田清治を未だに、全部が嘘だと信奉してるアホが何を言っても説得力皆無w

105 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:08:05 ID:4jnhgrqo
恵也をあぼ〜ん指定しているが、全く不都合がない。
内容のある事はほかの人が書いてくれているし。
レス番が時々抜けているから来ているんだろうな。
恥ずかしげもなく。
恵也が障害のある人を引き合いに出す表現で
他人を中傷してからあぼ〜ん指定した。
玩具としては面白いが、障害者への差別表現が
不愉快だからねぇ。

106 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:09:10 ID:uteqXpAp
>>91
あらあら、丸一日使って出た言い訳が、その程度ですか?

>南京警察のトップでも、大混乱の中では人口調査に人手がまわせる筈がないだろ
>だからこの数字はマトモな調査をしてない個人情報に過ぎん。
「筈」ですか? つまり貴方の想像の域を出ないんですね?

>マギー牧師は大混乱の中で見聞きをして、南京を離れてからいろんな情報を聞き
>それを総合した上で、当時の安全区の人口と、安全区外の人口を証言したんだぜ。
初耳ですね、ソースをどうぞ。


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


107 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:12:54 ID:j4uE2WgL
シナチョンは、恣意的な捏造、恣意的なデタラメばかりで、日本人の人権、名誉、権利、利益、誇りを害している悪質な詐欺犯罪者集団。
日本人の名誉を害する、デタラメなスレも、凋賤塵に因る捏造。


108 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:15:39 ID:MmydFdC/
冷静に・・・
日本人は、理性的に話し合うべきだ。
私のような人も見ているのだから。
私は、ハワイから留学でこちらに来ました。

肯定派でも否定派でも
自分が間違っている可能性を心の片隅におきつつ
自分の意見を述べるべきだ。

109 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:15:44 ID:nUgn1Xui
>>105
わざわざそれを宣言しに来る意味は?
NG登録してるなら徹底的に無視しろ。

110 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:16:43 ID:uteqXpAp
>>99
これまた前スレと同じ言い訳ですね?
そろそろ間違いを認めてはいかがです?

>間違い!
>兵隊が逃げるのに、平服を着るのはハーグ条約では詭計として認めてます。
>敵を攻撃するのに平服を着てるのは禁止してますが。
逃亡ではなく後退ですよ、降伏しない限りはね?
そして後退とは、不利な戦況下において前線より離脱し戦線や部隊を再構築する
途中の工程であり立派な戦術行動に分類されます。
はい? 後退と逃亡をどうやって見分けるかですって?
そりゃ、降伏しない限りは戦意があると判断するしかないでしょう?
それとも、前線から逃げた兵隊が再度武装して攻撃してくる可能性が100%無いと
断言できますか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

111 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 13:20:33 ID:TCx3FfO3
>>48
>「市内在住の25万人」との記述がありますね。
>この25万人はどこから来たのですか?

南京市全体から逃げ込んできた人たち。
国際委員会の西洋人の目のあるところの方が、無い所よりも安全なのが判った
から逃げ込んできたの。

最初の日本軍の宣伝ビラ「良民や降伏した兵隊は、助けて保護する」という言葉
が信頼できないことを、目で見て聞いて実感して逃げ込んできたもの。

宣伝ビラでは、良民は家の奥でじっとして大人しくしてたら保護することを松井
大将の名前で誓約してたからな。
じっとしてたら殺された人間が続出した証拠だろう。

>「日本軍は善良市民の保護に全力を尽くし、安全な生活を保障し、それぞれに
・仕事を与えるように力を尽くす」
http://www.come.or.jp/hshy/j95/11si1.html

112 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:22:15 ID:b+rp/n3T
逃げる敵兵を追撃する場合も殺したらダメなんだとさ

113 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:23:42 ID:ZtvafG5v
恵也〜

国会は東京裁判を不当とする趣旨の決議を採択しているし
詭計をしても軍服を着ていなければ捕虜資格は無い。

何よりもお前の説明には全て根拠がないし貼られているリンクは関係がない。
バカ丸出し。

崇善堂のボランティア証明と南京陥落時70万人の根拠がまだ出てないぞ。
マギー証言なら当人が推定できないといってるので根拠にならんしw

114 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:23:45 ID:uteqXpAp
>>101
で、こちらは相変わらず論点ずらしですね、と。

>虐殺記念館当局が調査の上の、犠牲者数ではあるが、中国共産党は党として
>調査したことはないんじゃないかね。
そんな事は関係ないんですよ。
要するに、断言しているか否かですから。

>おれも虐殺記念館は国営だとは思うけど、記念館の調査の上での結論と
>国家としての結論とは違うと思うけどな。
それは貴方の主観、というか「公式見解とは認めたくない」という意地ですね。
一般的な解釈として、国営施設の看板に「犠牲者30万」と書いてあれば、それを
信じるのが当然ですし、その前提で書いてあるのが看板です。
例えるなら「***橋、長さ**キロ」と書いていれば、それが認定数。
推定なら推定と書くでしょう。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

115 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:25:55 ID:VIzh1UTD
>>102
外交官発言根拠は、中国共産党の公式見解に決まっているでしょう。
>資料(再審「南京大虐殺」第一章)
1995 中国共産党 300000 『対日戰爭史録』
本書では敢えて『中国版 対日戦争史録』(中国国際戦略研究基金編纂、
一九九五年)所收の「日本軍の南京攻略・占領と大虐殺」を中華人民共
和国政府の代表的な〈南京大虐殺〉論として取り上げた。
その理由は、同論文が『ザ・レイプ・オブ・南京』の論拠とする文献・
見解をほとんど網羅している上、中華人民共和国元副首相兼外交部長(外相)
の姫鵬飛(一九七四年の日中共同声明時の外交部長)が総監修に当たっている
ことから、中国政府の〈南京大虐殺〉に対する最新の代表的見解と見做して
も支障ないと考えられるからである。
>資料終わり

116 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 13:26:02 ID:TCx3FfO3
>>50
>笠原の説の数字計算だけでは15万人、残りは根拠のない推測だけによる水増し。

あんたね、人の説を紹介するのなら全部の最終結論を出しなさい。
数字の計算は確実にわかった数字だろ。
こんな大量殺戮では、記録されなかった数字があるのが当然のこと。

そこまで調査し推測した数字も、全部本人の結論なんだよ。
あなたが美味しそうなとこだけをつまみ食いして、人に紹介するものじゃない!
あんたはルール違反。

117 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:27:30 ID:ZtvafG5v
恵也〜

まだ大量殺戮の根拠が一つも出てきてないよw

118 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:29:14 ID:uteqXpAp
>>102

>>101と同じ言い訳ですね。
国連大使は全権委任者です。
つまり当該会場の発言は、国家元首の発言と同等です。

>どこの誰が、どういう調査した上での数字なのか、中身がない。
>だから発言した人の個人的認識。
>公式的認識なら少なくとも、調査した根拠がなければ公式とはとても・・・・
ですから、それは貴方個人の主観です。
「私個人の認識で言えば」の一言がなければ国家の発言と同等なんですよ?
単に貴方が「どういう調査した上での数字なのか、中身がない」ので信用していないだけですよね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

119 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:30:14 ID:b+rp/n3T
>>108

数名を除いては皆とても冷静です

否定派と呼ばれる者の内 ワシのような素人は

「いったいどう言う根拠があって南京虐殺があったとされているか」が知りたかっただけの純粋な事実検証

それがどう言う訳か肯定派と呼ばれる者からは示されないので長引いている

しまいには「ここは裁判所ではないから根拠は要らない」と言い出す始末

ならば神の存在と同じく「信仰」の話となってしまう いるのかいないのか かつていたのか

肯定否定どちらも証拠はない   証言だけ

120 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:32:07 ID:B3TYFHy7
否定派の意見ー関東軍は粛々と南京市外を中心部に向けて行軍した。
       途中で農民が手を振り、端正な行軍にエールを送った。
       ふと、はぐれた鶏を目にした将校は、農民に鶏を差し出すと
       五穀豊穣を願い、肩をたたき励ましたのである。
       
       感激した農民は、将校に抱きつき涙を溢れさせた。
       とでもいうのだろうwあほらし

121 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:32:30 ID:uteqXpAp
>>111
「南京市全体」の何処から来たんです?
具体的な人口推移データは当然ありますよね?
しかも、南京城から16キロ以上も離れた場所から、わざわざ
外国の軍隊が駐留する地域に移動してきたと?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


122 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 13:33:47 ID:TCx3FfO3
>>64
>ところでサンフランシスコ講和条約11条の解釈は特定アジアを除く全世界の
>国際法の専門家が 「判決の執行を約束したものに過ぎない」 と共通の認識
>を示している。

これもずいぶん卑怯な臆病者の文章。
国際法の専門家の名前も判らず「共通の認識」なんて学者が十把一絡げに出来るかね

むしろ学者連中は、他人と異なる認識を調査して持ったら喜んで発表する生き物。
同じだったら発表なんてしないよ。
それが共通の認識なんて、赤の他人が持ってくることからしてド素人。
ロクに学者の本を読んだことのない証拠なんだけどね。

123 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:33:54 ID:ZtvafG5v
>>120
そのようなアフォウはいまだかつて見たことがありません。

124 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:37:06 ID:LofQ8+tH
>>120
なんで関東軍が南京にいるんだよw
釣りならもう少しうまく

125 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:37:18 ID:ZtvafG5v
>>122
筆者は昭和六十一年八月にソウルで開催された世界的な国際法学会〔ILA・国際法協会〕
に出席して、各国のすぐれた国際法学者たちと十一条の解釈について話し合いましたが、
アメリカのA・P・ルービン、カナダのE・コラス夫妻(夫人は裁判官)、オーストラリア
のD・H・N・ジョンソン、西ドイツのG・レスなど当代一流の国際法学者たちが、いずれも
右のような筆者の十一条解釈に賛意を表明されました。
議論し得た限りのすべての外国人学者が、
「日本政府は、東京裁判については、連合国に代わり刑を執行する責任を負っただけで、
講和成立後も、東京裁判の判決理由によって拘束されるなどということはない」と語りました。
これが、世界の国際法学界の常識なのです。

http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm

あ〜、残念だねぇ。常識でしたw

126 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:37:52 ID:uteqXpAp
>>116
更に行き詰まって、脳内補正ですか?

>数字の計算は確実にわかった数字だろ。
その通りですね。

>こんな大量殺戮では、記録されなかった数字があるのが当然のこと。
得意の『大虐殺ありき』を前提にした立論ですか?
そんな大虐殺がなければ、記録された数字など無いのが当然のことですよね?

>そこまで調査し推測した数字も、全部本人の結論なんだよ。
>あなたが美味しそうなとこだけをつまみ食いして、人に紹介するものじゃない!
>あんたはルール違反。
その言葉、そのままお返ししておきますね?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


127 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:50:22 ID:hRSfaAUQ
>>101
エナリ、や、 >>42 >>44 も読んでくれ。
中国の教科書に 30万人と書いてある件については、どう言い訳するんだ?
>>111
それでは、その「25万人」が逃げ込んでくる前に安全区の中には何人いたのだ?


128 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 13:57:33 ID:4jnhgrqo
>>109
そうですね。恵也をあぼ〜ん指定を推奨する意味のおせっかいだったかもしれない。
また、恵也の属性を知ってもらうことによって、その書き込み内容が差別意識に
裏打ちされているという事を気に留めて読んでもらえば、その説得力が疑問であることが
わかるかなとも感じたので。
でも、みなさん全部があぼ〜ん指定してしまうと、話題が少なくなってしまうでしょうから、
”不愉快な人は”程度です。

>>120
それは、どこにあった「否定派の意見」の意見でしょうか。ソース希望。


129 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 14:01:11 ID:Wcr4glRN
http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/
〜「歴史が話題の掲示板」お昼の検閲削除のお知らせです〜

>Re: for Mr - 日本国市民の一人

>2006/01/15(Sun) 11:07

>『ここでいう「2ちゃんども」とは、西村ヒロユキと削除人たちから成り立った思想性の極端な一党のことであり、オモシロ半分で2ちゃんねるに通うような大多数の利用者までを含めていない。
>オウム真理教の全信者が日本を乗っ取ろうとしたわけではないように、2ちゃんねるの利用者すべてを危険視するものでないのは、見分ける目をもった管理人の発言を読めばわかるはず。
>評判の悪い「ネオジャップ」という呼び方は、その言葉がふさわしい2chの運営陣から普通の利用者を区別するための配慮だといえる。
>むしろ、すべての2ch利用者がそちら側の手勢であるかのように豪語する言い方こそ、大言壮語にほかならない。』

http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=1199826



( ゚д゚)ポカーン

130 :戦車:2006/01/15(日) 14:02:10 ID:RjL1qH+5
>>124
関東軍の転戦組はいるぞ

131 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 14:03:38 ID:TCx3FfO3
>>68
>婦女子の遺体が100未満だから民間人の無差別虐殺が無かったことを証明
>してくれてる格好の資料なんだからな。

俺は100人だって多すぎると思う。
遺体の置かれてる状態を想像してみろ、100体だぜ!

それに婦女子の遺体は先に埋葬された可能性も大きい。
中国人兵士の遺体は、日本軍の埋葬禁止命令で中国人が怖がり、手を出さな
かったというラーべの記述がある。

婦女子を市民が埋葬するのは日本軍から、大目に見て貰えたんじゃないかね。

紅卍字会の埋葬記録では婦女子が、異常に少ないのは、市内で大々的にやってた
から市内の埋葬が多かったからだろう。

男女、子供に分けた記録の崇善堂(2.6%)や南京市衛生局埋葬隊 (12.0%)
スマイス報告(16.3%)紅卍字会(0.2%)はあまりに少なすぎる。

>南京市衛生局埋葬隊
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/eiseikyoku.html

132 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 14:10:24 ID:TCx3FfO3
>「敵の将軍ステッセル‥‥」と唄までできた日露戦争の頃と異なり、日中戦争には、
中国将兵を敬意をもって遇しようとする風がまるでない。
先代が猜疑と憎悪から非戦闘員を殺したのを、
後の世の人間が「国際法上合法だから」とか言い逃れの道をさがす状況で、もう
「負け」だな。

見苦しい。


133 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 14:21:42 ID:TCx3FfO3
>>77
>要するに戦場では降伏意思が確認できないし、移送は手間がかかるので
>その場処刑が当然だと判断された。

南京虐殺では、降伏の意思を確認して収容所に入れてそれから処刑をしてます。
フィリピンではアメリカ兵を収容所に入れた後、上司から処刑命令を受けて
トンチでかえし、戦争犯罪を犯さずに済ませた将校がいます。

糞マジメに聞いてたら、戦後に処刑されてただろうね。
あなたがその将校の立場なら、殺すのが好きみたいだから2つ返事で殺してるかもな!

>「パターン半島の米比軍高級指揮官キング中将は、昨九日正午部下部隊を挙
・げて降伏を申し出たが、日本軍はまだ之れを全面的に承諾を争えていない。

・其の結果米此軍の投降者は、まだ正式に捕虜として容認されていないから、
・各部隊は手許にいる米此軍投降者を一律に射殺すべしという大本営命令を伝達する。
・貴部隊も之れを実行せよ。」
http://www.geocities.jp/yu77799/minkanjin.html

134 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 14:26:46 ID:4jnhgrqo
>>130
南京戦に転戦したのは「北支那方面軍」からなのではありませんか。
たとえば、この中の16D、6Dは南京攻略戦に参加していますが、
関東軍からではないとおもいます。
個人のケースを見てみた場合、関東軍から上海派遣軍や第10軍に
移った人が居るという意味なのでしょうか。この場合も組織が関東軍に
変わったわけではないので、「関東軍は粛々と南京市外を中心部に向けて行軍」というのは
間違いであると思いますが。

先ほどの訂正
×それは、どこにあった「否定派の意見」の意見でしょうか。ソース希望。
○それは、どこにあった「否定派の意見」しょうか。ソース希望。

135 :戦車:2006/01/15(日) 14:26:51 ID:RjL1qH+5
>>133
>南京虐殺では、降伏の意思を確認して収容所に入れてそれから処刑をしてます。
入れたのと入れなかったものの割り合いは?君の文だと全部が一旦捕虜収容所行きだったようだが、
そのような事は聞いた事がないから割合程度は知りたいですね。

>フィリピンではアメリカ兵を収容所に入れた後、上司から処刑命令を受けて
>トンチでかえし、戦争犯罪を犯さずに済ませた将校がいます。
処刑命令受けて実行する事が、どう戦争犯罪に適応されるのか説明願おうか。

>パターン半島の米比軍高級指揮官キング中将・・・
バダーン行進する前に射殺されてたのですね!新発見だと思います。素晴らしい!歴史を書き換える発見です。


ようするに一部をもって全部に適応されるような書き方はするなと。アホってのは重々承知ですが。
捕虜解放しましたって1例を挙げて、無かったといってるのと同レベルで非常に程度が低い。

136 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 14:27:11 ID:TCx3FfO3
>>77
>死んでもなお後年のお国のための外交カードとして長々と利用できましたし。

外交カードに中国が使ってるかい?
俺には理解できんのだけど、南京で3000人と30万人とどういうグワイに違うのかい?
同じ結論、対策しか出てこないように思えるが。

俺に言わせたら、馬鹿の無駄死にだ。

137 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 14:28:08 ID:WyQiKvdm
>>132
脚下照覧

138 :戦車:2006/01/15(日) 14:29:40 ID:RjL1qH+5
>>134
書いたように>関東軍の転戦組ね。

>「関東軍は粛々と南京市外を中心部に向けて行軍」というのは間違いである思いますが。
私もそう思います。

139 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 14:30:07 ID:b+rp/n3T
とうとう別のBBSの他人のレスまでかっぱらったか

140 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 14:38:58 ID:TCx3FfO3
>>84
>大東亜戦争なくしては、マレーシア人もシンガポールも、
>その他の東南アジア諸国の独立も考えられないんですよ

考えれるよ。
タラ、レバという仮定の問題なら何とでもいえるもの。
日本が満州を占領せず、中国とも戦争に入らなければ、もっとマトモな独立が
日本の協力で出来て、日本の名誉も素晴らしい物になってたかも。

あまりにも日本と軍が貪欲になりすぎた。

>石原たちは満州の関東軍(約1万)を勝手に動かし、中国北方軍閥の張学良
・軍(約22万)に戦いを挑み、見事にこの事変を成功させる。
・この満州事変は国家の閉塞状況を打破してくれる物として不況のさなか国民
・の拍手喝采を浴びる。この事変を成功させた石原は国民的英雄となる。

・ちなみに関東軍とは、日露戦争後の明治39年(1906年)に遼東半島南端
・の関東州租借地と満鉄付属地の守備のために組織された関東都督府陸軍部が前身。
・簡単に言えば、日露戦争で得た、満鉄・租借地などの中国での日本の利権を
・守るための植民地駐留軍です。
http://homepage2.nifty.com/Bokujin/Main/sensou2.html#P206

141 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 14:42:19 ID:4jnhgrqo
>>138
了解。ありがとうございました。

これから出張につき、即答できません。
そんな、必要ないはと思いますが。(笑

142 :戦車:2006/01/15(日) 14:53:14 ID:RjL1qH+5
>>141
ちなみに北支那方面軍っては基本的に三つ編成の事を指すものなので、
1軍・2軍・関東軍+蒙古軍です。

143 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 15:05:29 ID:TCx3FfO3
>>90
>このへんに底知れない悪意を感じる。

これは日本語では悪意とは呼ばないの。
へそ曲がり、土佐のイゴソウ、肥後のモッコス、京都のイッパモン、大阪のハンタイウチ
埼玉のコジヤ、天邪鬼というひねくれて世の中を客観的に見たがる人間。
あなたは、まだまだ修行がタリン。

144 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:13:51 ID:4E8FIyrk
>>140

マレーシアのマラッカにある国立独立宣言記念館から。

(前略)

 日本の占領が多くの人々に経済的苦しみを与えたことも事実ですが、彼らの登場と成功によってアジア人に
自らの自覚が生まれました。アジア人たちは西洋人に対する自信を取り戻し、偶像化することも少なくなりました。

 日本の力が増し、日本の影響力が強まることで、マラヤ人の独立に向けた闘争は早められましたのです

 1946年2月22日、クアラルンプールのビクトリア協会(?)での降伏の儀式で、板垣将軍はマラヤの司令官と
なったマサヴィー中将に刀を捧げ、ほかの幹部たちも続きました。

 日本による軍政が経済的社会的な苦難を伴ったことは確かですが、その軍政がある意味ではマラヤ人に劇的
な政治変化をもたらしました。日本がたった70日という短い期間でイギリスを打ち負かしたことを見たマラヤの
民族主義者たちにイギリス植民地主義は無敵でないことを植え付けました。

 日本は負けましたが、日本の占領はマラヤ独立闘争を続ける火種を植え付けたのです。


145 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 15:14:44 ID:TCx3FfO3
>>97
>それならば安全区への食料を捻出していたのはどこだ。国際安全委員が
>日本軍に食料の捻出を頼んでいたはずだぞ

頼んではいたが、くれるどころか国際安全委員会の食料まで徴発して、日本の
方から食料を送る分を、節約できたと喜んでたくらいの単細胞。
まあ、この時の日本軍は最低の品格の集団だったようだ。

>城内に於て百万俵以上の南京米を押収する、この米の有る間は後方から精米
・は補給しないとゆふ、聊か(いささか)癪だが仕方が無い、因に南京米は
・ぼろぼろで飯盒の中から箸では掬へない。
(第十六師団佐々木到一少将の日記より)
http://www10.ocn.ne.jp/~war/kome.htm

146 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:20:20 ID:f4wM1ubc
>>143
> あなたは、まだまだ修行がタリン。
随分と上の立場から意見を言うんですね、人工無能スクリプト風情が

147 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 15:23:49 ID:TCx3FfO3
>>135
>入れたのと入れなかったものの割り合いは?君の文だと全部が一旦捕虜収容所
>行きだったようだが、

それはあなたの誤解。
いったん収容所に入れられた連中もいるし、入れられなかった連中もいる。
両方の目撃証言があるというだけのこと。

>捕虜を殺したのは、十二月十七日から十八日の夜で、昼過ぎから、捕虜を
・ジュズつなぎにし、収容所から約四キロ離れた揚子江岸に連行した。
 
・一万人を超える人数のため、全員がそろった時は、もう日が暮れかかって
・いた。沖合いに中洲があり「あの島に捕虜を収容する」と上官から聞いて
・いたが、突然「撃て」の命令が下った。

・約一時間一斉射撃が続いた。見渡せる範囲の捕虜は必死に逃げ惑うだけで、
・水平撃ちの弾を避けようと、死体の上にはい上がり高さ三、四メートルの
・人柱ができた。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

148 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:24:19 ID:b+rp/n3T
文面どおりに受け取ると

自分がへそ曲がりの天邪鬼となるのだが・・・

149 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:24:45 ID:f4wM1ubc
また証言かよ

150 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:37:30 ID:4E8FIyrk
だから、栗原証言は本人が「そんなこと言ってない」って言ってるだろうが。

151 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:38:06 ID:u9K5OWlO
どうみても悪意です。
本当にどうもありがとうございました。

152 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:46:04 ID:l8/gVnDb
>>143
どう見ても日本をおとしめる悪意です。

また、あなたは以前、「中国軍は市民を守れなかったが
守ることは確実に出来るとは限らないから、守れなかったのは
恥ではない」という珍説を発表してくれました。
どう見ても無理のある中国擁護です。

総合すると、エナリはどう見ても中華文明のイヌです。
本当にありがとうございました。

153 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:11:39 ID:Ruap4AAd
こうやって恵也が頑張れば頑張るほど、
肯定派の品格が低下して否定派有利だなwwwww

154 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:17:36 ID:WyQiKvdm
>>145
だから、出すなら日記じゃなくて日誌を出せと何度言ったら(ry

155 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:24:38 ID:YpNsCdkE
>>133
辻って本当にトンデモ男だな

■シンガポールでは4〜5万人が虐殺された■

http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper41.htm
アジア太平洋戦争における最初の大規模な残虐事件は、シンガポールの華僑虐殺だった。
1942年(昭和17)2月15日にシンガポールの英軍が降伏し、マレー半島全土を日本軍が占領下においた。
その直後、第25軍司令官山下奉文は「最も速かに市内の掃蕩作戦を実施し、
これ等の敵性華僑を剔出処断」せよという命令を下した(河村参郎『十三階段を上る』亜東書房)。

憲兵隊を中心としたシンガポール警備隊が市内の、近衛師団が市内を除くシンガポール島を担当、
18歳以上50歳までの華僑男子は21日までの指定された場所に集まるように布告が出された。
各検問所では簡単な尋問がおこなわれただけで、「抗日」とみなされた者はトラックに乗せられて
郊外の海岸などの運ばれ機関銃で射殺された。

この粛清の事実上の首謀者だった軍参謀辻政信は検問所をまわって、

「何をぐずぐずしているのか。俺はシンガポールの人口を半分にしようと思っているのだ」

と憲兵隊を激励してまわった(大西覚『秘録昭南華僑粛清事件』金剛出版)
この粛清を指揮したシンガポール警備隊長河村参郎の日記には、粛清の途中の23日に憲兵隊長を集め、
そこで「処分人数総計五千名」と報告を受けたことが記されている。

戦後、日本軍関係者が作成した文書では約5000人を「厳重処分」(裁判にかけずに直ち
に処刑すること)したとしている。
シンガポールでは4〜5万人が虐殺されたとされている。


156 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:35:17 ID:C7bT06xy
あいかわらず岩波的文章を鵜呑みにして本質を理解出来ない奴がいる。

157 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:48:03 ID:C7bT06xy
> 中国人兵士の遺体は、日本軍の埋葬禁止命令で中国人が怖がり、
>手を出さなかったというラーべの記述がある。
>婦女子を市民が埋葬するのは日本軍から、大目に見て貰えたんじゃないかね。

婦女子の遺体が最初から無かっただけの話じゃないか。

158 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:48:46 ID:iwlJt+/p
>>156
理解できてないからこそ
スレ違いなレスに終始して論点をずらそうとばかりしてるワケで。

159 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:56:33 ID:lvXoODZN
だいたい(占領後2ヶ月に渡って虐殺が続いたという)大虐殺信者のくせに
都合のいいとこだけ日本軍から大目に見て貰えたとか言いやがる

160 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 17:36:28 ID:TCx3FfO3
>>127
>中国の教科書に 30万人と書いてある件については、どう言い訳するんだ?

教科書なら30万人以上という表現じゃないの?
それなら南京裁判の判決の援用で、問題は何もないと思うがね。
調査もロクにしてない中国共産党の主張とは俺は思わないよ。

中国国民党が政権を握ってたときの、南京裁判での国民党政府の調査結果というべき。

161 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:44:30 ID:hRSfaAUQ
>>160
お前がどう言い逃れしても、中国は政権を持つ共産党が定めた教科書を使っているから、
党が30万(正確には30余万か)ということで決まりだな

162 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 17:46:17 ID:TCx3FfO3
>>125
>西ドイツのG・レスなど当代一流の国際法学者たちが、いずれも
>右のような筆者の十一条解釈に賛意を表明されました。

その方々が当代一流かどうかは知らんけど、賛意を表明するなんてなんて卑怯な
表現方法だろうね。
マジメな学者が引用するのなら、その当代一流という方の具体的な肉声を書く
のが常識。

4人の当代一流の学者が「賛意を表明した」なんてウヤムヤな誤魔化し方はしないもの
これを書いた国際法学者とかは、厳格さの欠如した2流以下のヘボ学者!

163 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:51:09 ID:f4wM1ubc
マジメな論者なら証言じゃなくて証拠を持ってくるもんだがね

ホロン部未満のヘボ電波!

164 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 17:53:05 ID:TCx3FfO3
>判決文の読み上げにあたって、ウエッブ裁判長は、これから自分は、ジャッジメントを
読み上げる、というところから始めています。即ち、極東国際軍事裁判所のジャッジメント
とは、この判決文(あるいはその内容)のことであることを宣言しています。

 膨大な量のため、判決文の読み上げに7日を要しました。
・・・・・・・・・・・・・
「極東国際軍事裁判所の判決」を実際に見れば、サンフランシスコ条約11条によって日本
が受諾した極東国際軍事裁判所の裁判(判決)には、「裁判所の設立、審理、根拠、事実
認識、起訴状の認定、判定、刑の宣告」これらすべてが含まれていることが、良く分かります。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2005/10/16/109772

165 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:55:02 ID:hRSfaAUQ
>>162
´-`).。oO(「1次史料より2次史料の方が信頼性が高い」と平気で言う人が「厳格さの欠如した2流以下のヘボ学者!」と言うのはなんでだろ……)


166 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:55:02 ID:K77mM0I8
恵也く〜ん、虐殺の理由示してくれたらフェラしてあげるよ^^

167 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:56:14 ID:GMeaoc48
恵也く〜ん、虐殺の理由示してくれたら後ろも使わせてあげるよ^^

168 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:56:46 ID:egN+/oFm
>>160
>中国国民党が政権を握ってたときの、南京裁判での国民党政府の調査結果というべき。

三百人斬りと百人斬り(2名)と谷中将の合計4名を銃殺刑にした出鱈目な南京軍事法廷。
捏造派でさえ疑問を呈している。

169 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 17:57:24 ID:TCx3FfO3
>>157
>婦女子の遺体が最初から無かっただけの話じゃないか。

それでは、他の統計、崇善堂や南京市埋葬隊、スマイス報告の婦女子の割合が
あまりに違いすぎる具体的理由がない。

170 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:58:15 ID:GMeaoc48
>>169
答えはテキトーこいてるからです。
本当にありがとうございました。

171 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:58:24 ID:b+rp/n3T
反論出来ない場合は「知らん」で逃げるんだね

過去に自分が言った事との矛盾なんてのも「知らん」ってか

大人じゃない事ははっきりした

172 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:59:12 ID:egN+/oFm
>>162
>4人の当代一流の学者が「賛意を表明した」なんてウヤムヤな誤魔化し方はしないもの
>これを書いた国際法学者とかは、厳格さの欠如した2流以下のヘボ学者!

締結した条約の英語、仏語、スペイン語が「判決」となっている。
日本が受諾したのが、「判決」か「裁判」かは、「judgements」という単語から「判決」としか訳せない。
「judgement」と単数形になっている場合には、uncountable nounと採って、稀に「裁判」と
訳せる事があるが、サンフランシスコ平和条約11条の場合は、「Judgements」と複数形になっており、
その場合には、countable nounだから、「裁判」にはならずに「判決」となる。
フランス語の条文では、もっと明白に「判決」となるし、スペイン語でもやはり同じだ。
国際条約の締結当事国の中で日本の条文だけに、他国(相手国)と違う文言(内容)が書かれて
いるのを放置しておくことは許されないことであり、政府と外務省の職務怠慢以外の何ものでもない。


173 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 18:01:07 ID:TCx3FfO3
>>155
>辻って本当にトンデモ男だな

確かにトンデモ男ではあるけど日本の為には「正義と信じこんだ」男の美学。

正義ほど残酷で、非情なものはない!

174 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:06:31 ID:+XefypP9
>>173
ヒトリヨガリノセイギガホンタウノセイギタリタコトナドヒトタビナリトナヒ。

175 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:08:40 ID:egN+/oFm
>>169
>それでは、他の統計、崇善堂や南京市埋葬隊、スマイス報告の婦女子の割合が
>あまりに違いすぎる具体的理由がない。

崇善堂は、埋葬なんてしていなかった。
崇善堂の埋葬記録は、東京裁判のための捏造資料。

スマイスの戦争被害調査の都市部調査は、
国民政府の顧問だったベイツが担当したので全く信憑性無し。
死因が「事故」と「戦争」の2通りしかなく、
徴兵後の戦死やシナ軍による虐殺や病死などが、全て「戦争」に集計された疑惑あり。


176 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 18:10:32 ID:TCx3FfO3
>>152
>、「中国軍は市民を守れなかったが
>守ることは確実に出来るとは限らないから、守れなかったのは
>恥ではない」という珍説を発表してくれました。

それほど珍説ではないだろ。
日本の帝国陸軍は、市民を守るどころか最悪の民族存亡の危険にまで落とした極悪人。
そんな軍隊はいらないよ。

国民を守れなくても恥ではないが、危険に陥れる軍隊は恥!

>田中義一首相兼陸相は困惑し、天皇の前で、陸軍内部の処分を確約したが、陸軍首脳
・は処罰に猛反対した。首脳たちが出先部隊の勝手な振る舞いになぜ怒らなかったのか
・分からない。

・確約に反して処分をしない田中首相に対し、『昭和天皇独白録』(文芸春秋)によると、昭和
・天皇は「私は田中に対し、それでは前と話が違ふではないか、辞表を出したらどうかと強い
・語気で云った」という。田中は涙を流して恐懼した。

・天皇は侍従長に「田中総理の言うことはちっとも分からぬ。ふたたび聞くことは自分は嫌だ
・」と述べたという
http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/minaosu19.htm

177 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:11:17 ID:b+rp/n3T
エナリが自分の事を棚に上げて「具体的」などと言っている点について

178 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:12:19 ID:GMeaoc48
>>176
まったくもって珍説です。
本当にありが(ry

179 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:12:31 ID:f4wM1ubc
>>176
> 国民を守れなくても恥ではないが、危険に陥れる軍隊は恥!
お前の個人的な意見なんていつ誰が訊いた?

180 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:15:05 ID:b+rp/n3T
南京守備を批判してるんだろ?

軍民分離

181 :戦車:2006/01/15(日) 18:16:22 ID:RjL1qH+5
>>173
>調査もロクにしてない中国共産党の主張とは俺は思わないよ。
調査をロクにしてないなんて君から以外聞いた事がないが。
海外には内容不明の調査は長年行われてるんだが。共産党様に向かって調査をしてないなんて失礼じゃないかい?

>>175
>崇善堂は、埋葬なんてしていなかった。
内容は不明だが埋葬自体はしてる。
>顧問だったベイツが担当したので全く信憑性無し。
スマイス調査の信憑性が全く無いなんてありえない。どうそこから資料を判断するかの材料になるだけ。

182 :戦車:2006/01/15(日) 18:18:40 ID:RjL1qH+5
>>176
珍説すぎて涙がでてくるから、「それほど珍説ではないだろ。」って言わないでください。

国民を守れなくても恥ではないが
国民を守れなくても恥ではないが
国民を守れなくても恥ではないが
国民を守れなくても恥ではないが
国民を守れなくても恥ではないが



183 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:19:27 ID:GMeaoc48
詭弁のガイドライン

http://www.hi-ho.ne.jp/inverse/kibennogaidorain.htm

えなりくん、ここ読んでから出直してきなさい。日本語読めるんならね。

184 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:20:55 ID:f4wM1ubc
ああ……こいつが共産主義に凝り固まってるんだとしたら、>>176も理解できるような気がしてきた
親玉からして、自国民を戦車でひき潰すような腐れ国家だしなぁ

185 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:25:15 ID:lvXoODZN
スマイスの農村調査は加害者不問
市部調査の暴行死(戦闘行為以外の死者)の婦女子の割合は?
市部調査の連行されて行方不明になったものが「100%男性」なのは
ゆうのHPに書いてあるからおそらくこちらも全て男性では


186 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:25:32 ID:W7aCxzUZ
>>181
崇善堂は埋葬活動してないでしょ
南京市の慈善団体について調査した「民国24年度(昭和10年)南京市政府行政統計報告」によれば
崇善堂は埋葬活動をしておらず(少なくとも記載されるほどの活動はしておらず)人数も活動範囲も少ない
百歩譲って実際にやっていたとしても、東京裁判で提出された「40名程度で、一ヶ月に十万体埋葬」なんていうのは物理的不可能でファンタジーだろう
えなりなんかはボランティアがいた、と主張するが。それを裏付ける証拠は未だに一つもでてないし

187 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:26:17 ID:ijZJNLiT
えなり君さぁ。
いったい何を立証したいの?

とりあえず
当時、日本軍が南京で何をしたか?と言う質問を根拠と共に答えてよ。

188 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:28:32 ID:egN+/oFm
>>181
>内容は不明だが埋葬自体はしてる。

2〜3人ですか?

>スマイス調査の信憑性が全く無いなんてありえない。

では、どうして死因が「事故」と「戦争」の2通りしかないの?
徴兵された後の戦死はどっちに集計されたの?
シナ軍や不逞シナ人による虐殺はどっちに集計されたの?
行き倒れなどの病死はどっちに集計されたの?

国民政府の顧問で蒋介石から2回も勲章を受けたベイツの調査が
信憑性があるという神経はどうかしてるよ。


189 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:36:19 ID:W7aCxzUZ
南京の戦闘後人口増加を示す史料として示されるスミス博士の調査によると
日本軍による被害と推定されるものは、男性千八百名、女性六百五十名ほど
五十戸に一戸の割合での調査結果だから、信憑性は高いと思われる
誤差や死因の誤解があったとしても、最大でこの程度だろう

190 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:36:59 ID:hRSfaAUQ
崇善堂の「1ヶ月に10万体」とい埋葬数については「南京大虐殺否定論13のウソ」でも、
信憑性に疑いがもたれています。「ウソ」本の該当部分を次に引用します

  (略)しかも今日の埋葬記録が当時のそれを正確に反映しているかどうかは残念なが
ら判断材料がない。また崇善堂についての記述が南京特務機関の報告など日本軍
側文献や安全区国際委員会の文献に出てこないことも事実であり、崇善堂埋葬隊が
日本軍に認知されていたかどうかも今のところ不明というしかない。今後の史料発掘に
待ちたい。


191 :戦車:2006/01/15(日) 18:42:15 ID:RjL1qH+5
>>186
崇善堂が埋葬隊を組織し埋葬活動を行ったことは、おそらく確実であると思われる。しかし崇善堂の埋葬記録を裏付けるような当時の資料を筆者は目にしていない。
『南京事件を考える』
南京大虐殺生存者証言集でも1名だけ証言者いますし、
南京市崇善堂報告書も出てきましたし、埋葬してるのはほぼ確定してます。

>百歩譲って実際にやっていたとしても、東京裁判で提出されたのは物理的不可能でファンタジーだろう
百歩譲らないでも埋葬記録はファンタジーでしょう。あの数は論外です。

>えなりなんかはボランティアがいた、と主張するが。それを裏付ける証拠は未だに一つもでてないし
南京市崇善堂報告書など南京事件資料集中国関係資料編に多少ありますよ。

192 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:43:17 ID:W7aCxzUZ
崇善堂はもしかしたら紅卍会の委託を受けた団体の一つだったかもしれない可能性はある
しかし、それなら紅卍会の報告埋葬数に含まれているはずで
紅卍会+崇善堂=埋葬数にはならず
紅卍会埋葬数=紅卍会本体+その他の団体の埋葬数
になるんだがな

193 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:44:30 ID:lvXoODZN
>>189 それが農村調査の部分なら「日本軍による」にはならない
戦闘の巻き添え、国民党軍の焼き払い作戦やら、野盗化した敗残兵など。
スマイスがなぜ農村調査だけ「病死以外の死者」などという区分けにしたのか
調査前から大方判っていたからこそではないか。


194 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:44:34 ID:egN+/oFm
>>189
>日本軍による被害と推定されるものは、男性千八百名、女性六百五十名ほど

「日本軍による」なんて、限定できないでしょ。
都市部の戦争被害調査の調査票には、「事故」と「戦争」としか記載されていない。
戦争被害調査に「徴兵された後の戦死」や「シナ軍や不逞シナ人による虐殺」や
「行き倒れなどの病死」を調査しないのはおかしいでしょ。
「日本軍による一般市民殺害」だったら、安全区国際委員会として、
日本大使館などに抗議しなければならないのにしていない。

2400人の一般市民が日本軍の暴行によって殺害されたという事は有り得ない。

195 :戦車:2006/01/15(日) 18:44:40 ID:RjL1qH+5
>>188
>信憑性があるという神経はどうかしてるよ。
そんな言ってません。
信憑性が全くないというのはありえないと言ってるだけです。

貴方の言うように>どっちに集計されたの?
という疑問はある程度の信憑性を担保に、その資料をどう判断するかという問題でしょう。

196 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:46:29 ID:W7aCxzUZ
>>194
うん、そう思う
だけどそれはあくまでも推測だからね
だから「誤差や死因の誤解があったとしても」とした
勝手に推測を断定に摩り替えたらえなりとか質の悪い肯定派と同レベルになっちゃうし

197 :戦車:2006/01/15(日) 18:46:50 ID:RjL1qH+5
>>192
前スレの343以降でまとめてますので目を通してみてください。

198 :193:2006/01/15(日) 18:50:21 ID:lvXoODZN
あぁすいません男性千八百名、女性六百五十名 これが市部なのね
日本軍の暴行(=戦闘行為以外の死者)とは敗残兵掃討しか
思い浮かびませんが不思議です。


199 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:51:16 ID:egN+/oFm
>>195
では、全て「徴兵された後の戦死」や「シナ軍や不逞シナ人による虐殺」や「行き倒れなどの病死」であり、
日本軍の暴行による殺害はゼロだった可能性もあるということになるね。

200 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:54:12 ID:b+rp/n3T
この際「可能性ゼロ」と「可能性ゼロではないから可能性はある」ってのを両方排除したいんだがね

201 :戦車:2006/01/15(日) 18:56:30 ID:RjL1qH+5
殺害はゼロだった可能性と
殺害の全てだった可能性はありえません。
>>200
前者は通常排除されますね。

202 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:57:37 ID:W7aCxzUZ
「各証は南京が日本軍に占領されて後、実に十箇年を経過したる1946年に調査せられたりと称せらるるものにして、その調査が如何なる資料に基き為されたるや判明せず。
 殊に死体の数に至りては十箇年後に之を明確にすること殆んど不可能なりといふべく、此処にかかげられたる数字は全く想像によるものと察するの外なし。
 占領に際して日本軍の苦闘は頗る激甚にして、此の戦闘に於て彼我の死者は他の戦場に比し多数に及びたり。従って南京城の内外に当時、戦死体の存在したりしことは言わずして明かなり。然れどもその死体を以って直ちに日本軍による虐殺体なりとするのは大なる誤なり。
 次に此の証拠の数字につき特に作為せられ、措信すべからずと為す例を示すべし。
 法廷証によれば、崇字埋葬隊は一九三七年十二月二十六日より二十八日に至る埋葬作業に於て四〇四箇の死体を埋葬し、一日平均一三〇箇を処置せり。
 然るに一九三八年四月九日より十八日に至る間に兵工廠、雨花台の広大なる地域に於て二六、六一二箇の死体を埋葬し、一日平均二、六〇〇箇を処置せり、前後の作業を比較せば、その誇張・杜撰の信憑し難き表示なること明瞭なり。
 当時既に日本軍により清掃せられたる地域に於て、然も戦後五ヶ月を経過したる雨花台方面にかかる死体の存在する筈なきなり。
 その他、水西門―上河、中山門―馬群、通済門―方山に於ても同様なる矛盾を指摘することを得。
 又、崇字埋葬隊の数字中にはすべて男子・女子・小人と適当なる減少率を以って死体数を記入してあるに拘わず、紅卍会の数字には女子・小人は皆無なり。
 当時、非戦闘員じゃ殆んど遁走しあり、戦場に残留するものなく、常識としても女子・小人が戦場に介在することは殆んど信ずること能はず。
 此の実験則に反する証拠は、是れ後年の為にせんとする作為と解するの他なし」
(東京裁判・埋葬数に関する弁護側反論)

当時の弁護人も疑問に思ったらしい。当たり前といえば当たり前だが

203 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:57:41 ID:egN+/oFm
>>200
スマイス調査では、日本軍の暴行による市民殺害は全く判明しない。
よって、人口や死亡数の資料にはなるが、「南京虐殺」の資料には全くならない。

204 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:00:33 ID:egN+/oFm
>>201
日本軍の暴行による殺害がゼロだった可能性はあります。
「ない」と言うなら、1件でも証拠を示して下さい。

205 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:04:01 ID:W7aCxzUZ
まったくない、とはありえないでしょう
日本軍の憲兵が、軍法会議に持ち込んだだけで百件の事件を摘発している
市民の中に敵兵が逃げ込む、という北京や北平・天津では見られなかった事態が発生したため、憲兵だけ市内に入れるだけで済ませるのは不可能だったわけで

206 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:05:29 ID:egN+/oFm
>>205
>日本軍の憲兵が、軍法会議に持ち込んだだけで百件の事件を摘発している

ハァ?
掠奪や強姦ではなく、殺人で?

207 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:07:11 ID:lvXoODZN
調査表の2つの死亡原因「事故」と「冲突(衝突)」を
実際中国人はどう解釈するんかね?
「冲突」が「日本兵の暴行」らしいが軍事衝突という意味ともある。

208 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:09:26 ID:YpNsCdkE
>>204
マギーフィルム


209 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:13:47 ID:egN+/oFm
>>207
>「冲突」が「日本兵の暴行」らしいが軍事衝突という意味ともある。

「冲突」は、飽くまで「戦争」を意味します。

「事故」は、爆撃や銃撃戦による「事故」です。

それ以外の「徴兵された後の戦死」や「シナ軍や不逞シナ人による虐殺」や「行き倒れなどの病死」などは、
どっちに分類された全く不明です。

都市部の戦争被害調査は、国民政府の顧問で、蒋介石から2回勲章を受けたベイツが担当したので、
上記のような死因は、全て「冲突」に分類し、最後に「日本軍による暴行」としたのです。

210 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:15:01 ID:lvXoODZN
>>208
戦闘死者や病院の傷病者や戦場でごく当たり前のものしか写ってない
と聞きますが。殴られて顔を腫らした女性も写ってましたが
犯人不明ですし生きてます。

211 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:20:02 ID:egN+/oFm
>>208
>マギーフィルム

病院に居たケガ人の風景しか映っていません。
日本軍の暴行による殺害の証拠にはなりません。

李秀英と夏淑琴のエピソードを映画にしましたが、
両方とも杜撰な証言のみで、まともな証拠はなく、捏造と判断されます。

212 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:23:32 ID:lvXoODZN
>>209
日本人のオレだと「事故」と「冲突(衝突)」があったら
その、爆撃や銃撃戦による「事故」も、「冲突(衝突)」
って解釈するかもなって思って

213 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:26:23 ID:egN+/oFm
>>212
気持ちは理解できます。
しかし、>>209のように分類して調査したと報告されています。

214 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:27:11 ID:8salIZ+B
aaa

215 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:35:14 ID:lvXoODZN
>>213 だからつまり

>「冲突」は、飽くまで「戦争」を意味します。
>「事故」は、爆撃や銃撃戦による「事故」です。

オレにとってこの2つは同じというか。。。まぁいいですけど


216 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:43:23 ID:4E8FIyrk
崇善堂の活動→紅卍字会と協力した。
紅卍字会→記載なし。

崇善堂埋葬隊長周一漁が南京自治委員会に宛てた書簡 1938年2月6日
 拝啓 査するに幣堂が埋葬隊を成立させてから今まで一ヶ月近くたち・・・
 →埋葬開始は1月6日以降
東京裁判に提出された崇善堂埋葬記録
 →12月から埋葬を始めた

「民国24年度(昭和10年)南京市政府行政統計報告」より
 崇善堂は、創立は清の嘉慶2年で古いが、その事業内容は施材、恤救、保嬰等
 の事業が主で、掩埋(葬儀・埋葬)はやっていない。

「中華民国27年度南京市概況」より
 事業内容は死体処理に関係無い。さらに、工作進行範囲狭小とある。


以上から、崇善堂の死体処理は無かったと考えるべきである。

217 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 19:46:36 ID:egN+/oFm
>>215
ベイツによる操作でしょう。
調査員による聞き取り調査ですから、爆撃や銃撃戦による死亡を調査票の『事故』に分類してをしておき、
その他の「徴兵された後の戦死」や「シナ軍や不逞シナ人による虐殺」や「行き倒れなどの病死」
などは、聞き取ったら全て『戦争』に分類して調査票に記入しておき、
集計段階とか報告書に記入する段階で『戦争』=『日本軍による暴行』とされたのです。

スマイス調査の疑惑
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/page010.html

218 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 20:55:08 ID:qBqZZ7zT
>>191
>崇善堂が埋葬隊を組織し埋葬活動を行ったことは、おそらく確実であると思われる。しかし崇善堂の埋葬記録を裏付けるような当時の資料を筆者は目にしていない。
>『南京事件を考える』
これって、証言以外に確たる証拠は何一つ無いってこと。
資料の読み方自体が間違っている。

紅卍会は国際委員会の一次資料やラーベの日記等に頻繁に出てくることから、埋葬活動を疑うことはない。
一方、崇善堂は紅卍会の数倍の規模の埋葬活動をしていたはずなのに、一次二次資料に全くと言っていいほど出てこない。
唯一の証言者って、ただの謝罪屋か中共やサヨに金で買われた奴じゃないの?

219 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 21:29:58 ID:VIzh1UTD
>>99
勝手に国際条約の条文を変えないでください。引用先は不正確です。
>資料(緊急事態関係法令集2002(内外出版) P486)
第二款戦闘
第一章害敵手段、攻囲及び砲撃
第二四条[奇計]
奇計並敵情及地形探知ノ為必要ナル手段ノ行使ハ、適法ト認ム。
>資料終わり
き‐けい【奇計】
普通では考えつかないような巧みな計略。奇策。
「―を用いて敵の不意をつく」

詭計とはまったく別ですね。




220 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 21:45:16 ID:b+rp/n3T
敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される。

わざわざ「敵または敵国」と記述しているのはなぜか
つまり
「敵または敵国の情報を得るためじゃない」手段および戦闘上の詭計は許されない。

221 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 21:48:26 ID:b+rp/n3T
疑問符つけるの忘れてた 

222 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 21:52:50 ID:VIzh1UTD
>>220
>>219で示したとおり、その条文自体が、捏造です。

223 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 21:59:22 ID:nUgn1Xui
>>162
>4人の当代一流の学者が「賛意を表明した」なんてウヤムヤな誤魔化し方はしないもの
>これを書いた国際法学者とかは、厳格さの欠如した2流以下のヘボ学者!
これ呼んだ瞬間動きが止まった。
凄いな、エナリ。
この前「南京事件は当時の最高権力が徹底的に調べ上げた結果」って言って権威強調してたのに、何の権威も無い一回のニチャンネラーが権威ある人間を二流以下のへぼ学者呼ばわりですか。
さぞかしエナリさんはご高名な方なんでしょうね?ぜひ本名をお聞かせください。
まさか名前も名乗れないのに人のことを「二流以下のへぼ学者」なんていってるわけではないですよね?
下手したら名誉毀損で訴えられるんじゃないですか?


224 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 21:59:56 ID:PwshrwJq
>>219
2002って書いてますけど
当時と同じなのでしょうか?

225 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:02:36 ID:VIzh1UTD
>>224
条約自体改正されていないので、当時と同じと思います。
他の日本語条約集でも、同じ表現だと思います。

226 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 22:03:06 ID:gl7DEsnG
>>219
>奇計並敵情及地形探知ノ為必要ナル手段ノ行使ハ、適法ト認ム。

どちらが翻訳は正しいと思うか、根源的思考力が問われるね。
俺は詭計の翻訳の方が正解だと思うけど。

「普通では考えつかないような巧みな計略」ならワザワザ条約で適法だと
断言する必要があるものか?
軍略家は常に考え、実戦では常に使おうとするもので何で条約に書く必要がある?

「相手をだます計略」なら騙された方は頭にくるし、結果として勝ったら復讐
する可能性がある、だから条約で適法とすると書いてるんだよ。

そんな、上げ底「下手糞翻訳文」に騙されないような根源的思考を心がけなさい!

>ハーグ条約 第24条
・敵または敵国の情報を得るための手段および戦闘上の詭計は許される。
http://ww1.m78.com/topix-2/hague.html

227 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:07:33 ID:GMeaoc48
>>226
>どちらが翻訳は正しいと思うか、根源的思考力が問われるね

あなたに根源的思考力とやらがないのがよくわかります。
本当にありがとうございました。

228 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:07:49 ID:tNHUVQWw
>>恵也、おまいが正しいのは明らかだよ。
オリもその解釈に異存はないぜ。誰だよ、馬鹿いってんのはよーw

229 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:09:25 ID:b+rp/n3T
桃源郷思考・・・

230 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:10:54 ID:PwshrwJq
>>225
ありがとうございます。

231 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:15:47 ID:VIzh1UTD
>>226
条約集の翻訳より、ネット上の翻訳が正確とは?
あなたは相当な知識人なのですね。

あなたはハーグ条約が何のために作られたのか、根源的思考が全くない。
軍民が分離できないことによる民間人への被害波及や民間財産の破壊をし
ないような、戦争のルールを決めたもので、便衣戦術を正当化するために
使うために作られた条約じゃありません。
使用目的を間違えてる!


232 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 22:18:53 ID:gl7DEsnG
>>223
>この前「南京事件は当時の最高権力が徹底的に調べ上げた結果」って言って
>権威強調してたのに

南京裁判は蒋介石政権が、戦争に勝った政権の全権力を使って調査したもの。
東京裁判は連合国が、戦争に勝った直後の血なまぐさい暴力の匂いを撒きながら
行った裁判。

今の警察力が足元にも寄れない、強制権力の中で行われた裁判なんだよ。

名前だけの国際法学者:佐藤和男氏とは、格が違うよ
この人は2流にもなれん口舌の輩、馬鹿学者。

>この説の震源は、国際法学者の佐藤和男氏ではないだろうかとの気がしたので
・ちょっと確認しました。
http://cccpcamera.asablo.jp/blog/2005/10/31/125454

233 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:21:27 ID:nUgn1Xui
>>232
ごたくはいいんで本名は?

234 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:27:26 ID:b+rp/n3T
まぁ南京法廷で中国を持ち上げながら米主導の東京だけを八百長と言い張るのは辛いよなぁ

235 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:27:38 ID:hRSfaAUQ
訳がどうのこうのいっても不毛になることがあるので、ハーグ条約の英文を見つけてきた
ttp://www.yale.edu/lawweb/avalon/lawofwar/hague04.htm

Art. 24.
Ruses of war and the employment of measures necessary for obtaining information about the enemy and the country are considered permissible.

ruses は手元の辞書によると
 n. 計略・策略(旺文社ハンディ英和)
である¥。
で、私の疑問は、これをどう読んだらエナリが言うように便意戦術を正当化できるのかよく分からん。


236 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:30:59 ID:GMeaoc48
>>235
えなりが言ってるのはきっと「便意兵」の事なんだろう。

237 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:31:32 ID:tNHUVQWw

(T_T)/~~~

238 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:33:45 ID:uteqXpAp
>>232

>南京裁判は蒋介石政権が、戦争に勝った政権の全権力を使って調査したもの。
>東京裁判は連合国が、戦争に勝った直後の血なまぐさい暴力の匂いを撒きながら
>行った裁判。
文学板とかじゃないから、余計な単語を加えての印象操作なんてしなくて良いですよ?

貴方が権威だけを拠り所にして詳細もハッキリしない証拠を無理矢理正当化させようと
していることが問題なんですから。

>名前だけの国際法学者:佐藤和男氏とは、格が違うよ
>この人は2流にもなれん口舌の輩、馬鹿学者。
つまり貴方は国際法学者である佐藤和男氏以上の見識と知識をお持ちと?


>この説の震源は、国際法学者の佐藤和男氏ではないだろうかとの気がしたので
>ちょっと確認しました。
これまた都合の良い否定的見解のHPを引用してきましたね。
ググった場合、正否どちらが多いのでしょうね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


239 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:36:18 ID:uteqXpAp
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm

240 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 22:36:27 ID:gl7DEsnG
>>220
>わざわざ「敵または敵国」と記述しているのはなぜか

あなたの考えすぎ。
敵と敵国は内容が違う。
敵国の中には、思想的に味方の人もいるし、自国にも敵がいる。
全く別の内容を持った言葉。

それらの「情報を得る手段」としても「戦闘上」でも詭計は適法と読むべき。

ハーグ条約は戦争での被害を少しでも減らすための条約で、虐殺の言い訳に
使うために結ばれた条約ではありません。
使い方を口先で誤魔化さないように。

条約を正確に読めば、攻撃する直前まで迷彩を施し、攻撃段階になって迷彩を
脱いで攻撃すれば適法だということ。
そんな攻撃をされても、頭に血を上らせて復讐してはいけないという意味。

241 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:38:47 ID:AwWmSQPc
>>240

222 日出づる処の名無し 2006/01/15(日) 21:52:50 ID:VIzh1UTD
>>220
>>219で示したとおり、その条文自体が、捏造です。

242 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:40:29 ID:hRSfaAUQ
>>240
関係が無いことを書いて誤魔化しちゃいかんよ。

ここで問題になっているのは、軍服を脱いで市民に紛れ込んで逃走しようとした中国兵のことだなので、
以下の部分は無関係ですな

>条約を正確に読めば、攻撃する直前まで迷彩を施し、攻撃段階になって迷彩を
>脱いで攻撃すれば適法だということ。
>そんな攻撃をされても、頭に血を上らせて復讐してはいけないという意味。



243 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:40:50 ID:GMeaoc48
思ったけど、えなりは必死に印象操作したいようだけど、こうまで不自由な日本語で、誰の印象が操作できるんだろう?彼と同じ思考能力の持ち主しか理解できないと思うんだが。

244 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:42:00 ID:uteqXpAp
>>220
つまり便衣兵は戦闘継続中だと判断して良いんですな?

もっとも、第一条の中の

部下を統率する指揮官がいること。
遠方からも判別できる固定された標章を着用していること。
堂々と武器を携行していること。
戦争の規則と慣習に則って作戦を遂行していること。

が前提になるでしょうけど?

指揮官が存在せず、自分が軍人だと証明できない上に規則に則っていない攻撃は
単なる犯罪ですし。


245 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 22:45:18 ID:gl7DEsnG
>>219
>唯一の証言者って、ただの謝罪屋か中共やサヨに金で買われた奴じゃないの?

崇善堂は実際に活動してた、ボランティア団体で南京裁判で証言者周一漁氏が
証言してます。
崇善堂か同善堂か分からんが、活動してる写真も現存してます。

>元崇善堂埋葬隊員だった崔金貴さんのスケッチです。大胆すぎて提示するの
・を躊躇していたのですが、検証することを目的とした掲示板ということで
・これくらいは許されるかと
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=158;id=imgbord#158

246 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:48:04 ID:hRSfaAUQ
>>245
いや、裁判のときに突如として死体を10万以上埋葬したと
言い出したから「ほんとに活動していたのか?」と怪しまれているわけで、
あなたが言っていることは実在の証明でも何でも無いよ。

247 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:59:06 ID:0/xTPbaa
>>245   で?

248 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:07:15 ID:gl7DEsnG
>>216
>事業内容は死体処理に関係無い。さらに、工作進行範囲狭小とある

当たり前のこと。
民国24年度は全く埋葬はやってないし、民国27年度には4月いっぱいで埋葬から
足を洗ってるんだから、援助を求めて9月頃の自治委員会に報告するはずがない。

民国27年の2月に自治委員会にトラックの部品を手に入れて貰おうとしたらしいが
これは、正式の許可を日本軍から貰ってなければ、傀儡の自治委員会に12月、1月
の埋葬実績をマジメに報告するわけにもいくまい。
そんな馬鹿正直な事してたら、戦争中には命がいくつあっても足らんよ。

あなたや阿羅健一氏は世間知らずの「ボンボン」だ。

>阿羅健一の批判もこれらと同質、同根なのを確認するために紹介する。
・今まで私が認知したり、直接、反駁に関与しただけでもこんなにある。
http://www.nextftp.com/tarari/net_uyoku.htm

249 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:10:29 ID:96DVJsDu
>>248
他人のことボンボン呼ばわりしてないで
お前は働けよ

250 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:11:33 ID:GMeaoc48
>>249
この掲示板に書き込むと誰かからお金貰える身分の人なんでしょう。えなりくんは。

251 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:14:32 ID:hRSfaAUQ

エナリは反論がないと「論破した」とか言い出すので、いちおう反論しておく

>>248 はエナリの思い込みであって、
善堂が実際に活動していたか否かについて、何か意味を持つ意見なのか?



252 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:21:28 ID:4qYqy2QT
>>248

リンク先の『南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて 元兵士102人の証言』については、

>720 名前:日出づる処の名無し 投稿日:2006/01/11(水) 20:04:23 ID:q4rTy28S
> 「南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて−元兵士一〇二人の証言」を
> 書いた松岡環に対する、南京事件調査研究会の小野賢二の指摘は、

>   「(松岡氏らは)むしろ有頂天になっている。まさしく、元兵士は松岡氏ら
>  の自己表現の一つの道具でしかなかったのかもしれない」。

>   「これほど間違いやおかしな表現の多い本もめずらしい。人間のやる
>  ことだから間違いはあるが、この本は度を越えている」

>   「味方の研究者」から「本そのものの信憑性が問われるのはまちがいない」

>と、断言されている。

ということで、肯定派からも疑問視されているようだが?

253 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:26:02 ID:8sT/YXcr
エナリさんはケザワさんよりすばらしい
逸材なのでしょうか?

254 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:28:02 ID:+ans15eP
南京大虐殺は無い!
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history2/1135721688/

このスレで便衣兵は存在しなかったって奴が暴れてる
便衣兵でも裁判無しで殺したら違法、という説は聞いても
存在しなかった、という説は聞いた事が無いんだけど
本当なの?

255 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:29:02 ID:VIzh1UTD
>>240
ハーグ条約は戦争での被害を少しでも減らすための条約で、便衣兵の言い訳に
使うために結ばれた条約ではありません。


256 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:31:47 ID:96DVJsDu
中国はハーグ条約に加盟して尊守してたんか?
国民党でも共産党でもかまわんゾ

257 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:32:21 ID:8sT/YXcr
>>255
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/page031.html
これか?

258 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:33:09 ID:gl7DEsnG
>>211
>日本軍の暴行による殺害の証拠にはなりません。

暴行場面をマギー牧師が映画にとってたら、撮影機材を没収されるしマギー牧師
自身の命さえヤバいよ。

マギー牧師の説明文と、被害者の証言まであったら十分だろ。

>当時8歳の少女の50年後の回想に、そこまでの細部にわたっての「正確性」
・を求めようというのが、土台無茶な話です。

・重要なのは、「夏淑琴さんの家族、そして隣家の人々が、夏淑琴さんとその妹
・を除いて皆殺しされた」という事実です。
・その一点は間違いなく両方で共通しているし、またそれで十分でしょう。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano111.html

●ジョン・マギー
アメリカ聖公会伝道団宣教師、南京国際赤十字委員会委員長、
当時四十九歳。キリスト教の布教と医療活動をおこなていた。

南京安全区国際委員会委員、妻と息子を妻の実家のロンドンに避難
させる。フォースターと組んで外国人の大邸宅を借用して難民を
収容した。南京で映画を取り良心的な日本人将兵の行動も記録している。

259 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:34:21 ID:b+rp/n3T
>>254
言うてやり

ならば占領後に死んだ日本兵は誰に殺られたんだと


260 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:34:50 ID:gl7DEsnG
>>256
>中国はハーグ条約に加盟して尊守してたんか?
>国民党でも共産党でもかまわんゾ

国民党の中華民国がハーグ条約に加盟してます。


261 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:36:09 ID:8sT/YXcr
>>260
遵守?

262 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:37:11 ID:gl7DEsnG
>>254
>便衣兵でも裁判無しで殺したら違法、という説は聞いても
>存在しなかった、という説は聞いた事が無いんだけど
>本当なの?

南京ではほとんど記録に出てきません。
上海戦では、少し有ったという。

263 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:37:36 ID:uteqXpAp
145D 南京アメリカ大使館通信---エスピー報告
12月10日後の南京の状況

日本軍はどのくらいの中国兵が逃亡をしたのか把握していなかったのではないか、というのが アメリカ人の感触だった。
城内にいる中国兵の「掃討作戦」では、補足できる兵士の数は10万は くだらない、と日本軍は見ていたようだ。そして
中国兵を根こそぎ補足しようと市内を隈なく捜索 し、思いのほかその数が少なかったときの彼らの憤りや不信感が、
兵士だけでなく、多くの罪もない 市民を巻き添えにして、テロ行為にかりたて、長期にわたる「掃討作戦」を強行すること
になったのではないかと思われる。  しかしながら、ここで触れておかなければならないのは、中国兵自身も略奪とは
無縁でなかったことである。 彼らは少なくともある程度まで、略奪に責任を負っている。日本軍入城前の最後の数日間
には、疑いもなく彼ら自身の手によって、市民と財産に対する侵犯がおこなわれたのであった。 気も狂わんばかりに
なった中国兵が軍服を脱ぎ棄て市民の着物に着替えようとした際には 、事件もたくさん起こし、市民の服欲しさに、殺人
まで行った。 この時期、退却中の兵士や市民までもが散発的な略奪を働いたのは確かなようである。


264 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:43:15 ID:uteqXpAp
>>258

要約すると、肝心の虐殺シーンを撮影した部分も無ければ、明確に日本兵の仕業と
確認できるシーンもなく、残っているのは裏もとっていない伝聞証言だけと?


265 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:43:56 ID:gl7DEsnG
>>252
>ということで、肯定派からも疑問視されているようだが?

肯定派にもいろんな人間がいるから当然な話だけど、その程度じゃ
何を疑問視してるのか全く分からん。
内容のない悪口としかいえない。

阿羅健一氏みたいな方の作文じゃないの??

>総じていえることは阿羅健一が意図的に否定証言をしているものを選んでインタビュー
・をしていることと、阿羅本の内容を持ってしても、いったん肯定証言をしたものたちの発言
・そのものを覆すに足る、新発言を得ることは出来なかったこと、そして肯定証言は日本人
・証言者だけでもこれに数倍、数十倍の規模で存在することです。
http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/3/tfrqrf/ngkqrf.html

266 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:44:19 ID:uteqXpAp
>>261
遵守する気があれば、便衣化なんて許すはずがない。
つまり守る気が毛頭無かったという事。

267 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:44:32 ID:+ans15eP
遵守してる軍が便衣兵なんて使うわけねーべ
モロ交戦者資格無し

268 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:45:15 ID:uteqXpAp
>>265
少なくても全ての証言が匿名、という時点で限りなく怪しい。

269 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:46:39 ID:gl7DEsnG
>>249
>他人のことボンボン呼ばわりしてないで
>お前は働けよ

世知辛い世の中で、働くところがなくてね・・・
でも親父が頑張って働いて残してくれたので、何とかそれで食ってける。
悪いな!

270 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:48:04 ID:+ans15eP
匿名じゃそもそも実在が証明すらできんしな…

271 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:52:01 ID:bmAcXY1F
>>245
それ、反論になってないから。
「紅卍会の数倍の規模の埋葬をしたと言うのに、当時の他の資料に一切登場しないことが不自然であり、埋葬自体はしたかもしれないが、10万人なんて埋葬はありえない。」との主張です。
と、なると埋葬記録自体捏造と考えるのが自然です。
横田めぐみさんの旦那の偽物が存在したように、中国が偽物の埋葬記録を作ったと考えるのが当然。

272 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/15(日) 23:53:38 ID:gl7DEsnG
>>246
>言い出したから「ほんとに活動していたのか?」と怪しまれているわけで、

日本軍の占領してるときに、そんなことを発表してたら暗殺されるぞ。
アメリカ軍でさえイラクの市民虐殺を調査してた人が、行方不明になってんだ。
もっと怖い南京虐殺した日本軍相手に、喋れるものかい?

今の中国でチベット人の埋葬責任者の話が、全く漏れてこないのと同じこと。
あなたは世間知らず!

>1959年に頂点に達したチベット人の抗中運動。ダライ・ラマ14世のインド
・亡命によってほぼ制圧された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E5%8B%95%E4%B9%B1

273 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:57:51 ID:GMeaoc48
>>272
お前さんの空想物語は聞き飽きた。
いい加減物証出せ。

274 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:58:55 ID:uteqXpAp
>>272
だから「虐殺ありき」という前提の架空論を確定事項のように書くなとw

>日本軍の占領してるときに、そんなことを発表してたら暗殺されるぞ。
>アメリカ軍でさえイラクの市民虐殺を調査してた人が、行方不明になってんだ。
>もっと怖い南京虐殺した日本軍相手に、喋れるものかい?
別に「怖い日本軍」だと決まった訳じゃないし、「暗殺される」のも、あんたの想像w




275 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:59:22 ID:bmAcXY1F
>>272
紅卍会は、堂々と埋葬活動を行い記録に残したが何の被害にもあってないが?
国際委員会の関係者もそう。
事実と矛盾した妄想なんかするなよ。

276 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:00:46 ID:RiQrKKss
>>272
わかってないな。
「日本軍が怖くてできなかった(はず)」という推測と、「証拠が存在しない」という事実は矛盾しないわけ。
で、事実の究明に必要なのは「…のはず」という推測ではなく、「証拠が存在しない」という事実。

277 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:01:43 ID:96DVJsDu
>国民党の中華民国はハーグ条約に加盟して尊守している?

中華民国って台湾の国名だよね? 中華人民共和国に対しての
南京に居たときはどーなのよ?

278 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:03:41 ID:mZmZPtfv
>>242
>ここで問題になっているのは、軍服を脱いで市民に紛れ込んで逃走しよう
>とした中国兵のことだなので、

こういう兵隊なら適法。
どこが悪いんだろ?

こんな理由で市民もろとも殺していいという「詭弁」は臆病者の言い訳。
本物の皇軍なら、その程度の危険で市民を殺してまで助かろうとはしないはず。
そんな軍隊は蝗軍というマガイモノ。

日露戦争の頃は本物の皇軍だったのだけど、諸行無常で変質してしまった。
中国人や朝鮮人を劣等民族として軽蔑した偏見のせいだろう。
昔はそれらを敬ってまでいたのに・・・

>「これが天皇の軍隊がすることだろうか」と言って憤慨していたが、それは
・現地にある日本軍が中国の婦女に暴行を加えている、みるに堪えぬ写真であった。

・そのとき、ふと、これは中国政府が民衆に抗日思想を宣伝するためのトリック
・ではなかろうかと疑ったが、いろいろなできごとに直面してみると、この写真
・は真実であることを肯定せざるを得なかった。
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/kougun.htm

279 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:09:14 ID:lovS7Rnw
>>278
で、論証に行き詰まると感情論に鞍替え?
というか国民党軍がハーグ条約を堂々と破っていたのは認める訳かw


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この規定・権利・義務は次の条件を満たす義勇軍、民兵を含む全ての軍隊に適用となる。

部下を統率する指揮官がいること。
遠方からも判別できる固定された標章を着用していること。
堂々と武器を携行していること。
戦争の規則と慣習に則って作戦を遂行していること。
民兵または義勇軍が軍隊を構成するかまたはその一部をなす場合、言葉としての軍隊がそのまま適用となる。


280 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:09:22 ID:yKSx19pP
チベットがどうしたって?

http://www.lung-ta.org/list/deathcase/death.html

埋葬者が知りたければ↓で聞け

http://www.tibethouse.jp/home.html



281 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:12:50 ID:1nneItTP
>>278
他国の軍隊から自国民を守るのが役目でしょ?
便衣兵か市民かどうかの選定を敵である日本軍にやらせといて
誤認だなんだなんておかしいよ、誇りを持って戦に望んだのなら名乗り出ろよ、
やることが卑怯!

282 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:14:27 ID:UwmJpSJF
>>278
> こういう兵隊なら適法。
「適法」の根拠をよろしく。

283 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:14:27 ID:pWjR8/pU
普通、まともな肯定派が頑張っていれば煽りを含めて肯定派を持ち上げる奴が出てくる。
エナリにはこれがいないんだよな。

284 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:17:02 ID:mZmZPtfv
>>275
>紅卍会は、堂々と埋葬活動を行い記録に残したが何の被害にもあってないが?

紅卍字会は、日本の特務機関に雇われて給与を支払われてたグループ。
それでも正確な数字は特務機関に報告しなかったと、東京裁判で証言してます。
正直に報告したら、その分、莫大な金額を貰うことになるからね。

だからといって戦争中に、埋葬遺体の数なんて社会に公表はしてないはず。
宣伝戦上では、軍事機密になるんじゃないかね。
天気予報でさえ軍事機密の世の中だったんだから。

>紅卍字会屍体埋葬隊(隊員六百名)は一月上旬来特務機関の指導下に城内外
・に渉り連日屍体の埋葬に当たり二月末現在に於て約五千に達する屍体を埋葬
・し著大の成績を挙げつつあり
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#m2

285 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:18:33 ID:UwmJpSJF
>>284
「はず」ばかりだねw

286 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:19:29 ID:pWjR8/pU
>>278
既に便衣兵戦法を使った後では無意味。
日本側に判別する手段が無いからな、降伏しない以上殺されても文句は言えない。

287 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:19:50 ID:1nneItTP
市民に紛れて逃げるだけなら良いが
市民を装って軍事活動をやるからな、むしろ市民に対する罪は中国側にある
日本軍に見分けがつかないからこそ、そういう戦法が可能だったワケでしょ?
逆に言えば日本軍は市民に手を出さない事を認めているようなもんだ。
愛国もへったくれもあるもんか、テロリストめが!

288 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:21:02 ID:lovS7Rnw
>>285
だって証拠がないものw

289 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:25:28 ID:pWjR8/pU
>>284
強烈な電波だ。

290 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:26:55 ID:1nneItTP
ナチスドイツにも、ブランデンブルグ部隊という部隊があった
これはスラブ系ドイツ人で構成された奇襲部隊だ、
独自の軍服も無く階級章もない顔の無い兵隊達だ、彼らはソ連軍に友軍だと見せかけ
奇襲や後方撹乱を行う、当然捕まれば即死刑
でも彼らはそれがどんなに卑怯な事か知ってたよ。

しかし便衣兵は彼らにも劣る、手段を選ばず生き残ろうとするからな
おまけにトバッチリで他人が死んても敵国のせいにする、最低最悪。

291 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:27:32 ID:ggu5C4Lh

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/

 日本人に殺意を持つ反日サイトhttp://ynaka0088.fc2web.com/
 

292 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:30:47 ID:mZmZPtfv
>>281
>誤認だなんだなんておかしいよ、誇りを持って戦に望んだのなら名乗り出ろよ、
>やることが卑怯!

そんな日本軍の口車に乗って、名乗り出た兵隊もいるよ。
全部殺されたようだが・・・

>規則に依りますと、武装をして居る兵隊は避難所の中に入って来ることが
・出来ないのであります。若し武装した兵隊が避難所の中に入って来る場合
・には、武装を解除した後に入って来ると云ふことになって居るのであります。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/simin/simin_a2.html#magee06

293 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:33:19 ID:mZmZPtfv
>>287
>逆に言えば日本軍は市民に手を出さない事を認めているようなもんだ。

あなたの言い分で、今イラクに言ってる自衛隊がイラク人を殺しだしたら
寒気がする。

294 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:36:03 ID:mZmZPtfv
>>282
>「適法」の根拠をよろしく。

適法の根拠はハーグ条約前文と24条の詭計だ。

>ハーグ条約 (1899年)
 「19世紀には文明の進化とともに、戦争において、
敵国に属する個々人と、戦闘員からなる敵国その
ものとの概念が明確に区別されるようになった。武
器を持たない国民は、その命も、財産も、名誉も可
能な限り戦争で奪われることがないようにすべきで
あるという原則がますます認識されるようになって
きた」


295 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:39:42 ID:mZmZPtfv
>>286
>降伏しない以上殺されても文句は言えない。

降伏した兵隊も全部殺されてるが、それでも文句言えないのかな?

>「第一一四師団第六六連隊第一大隊 戦闘詳報」

(一二月一二日午後七時ごろ)最初の捕虜を得たるさい、隊長はその三名を伝令として
抵抗断念して投降せば、助命する旨を含めて派遣するに、その効果大にしてその結果、
我が軍の犠牲をすくなくなからしめたるものなり。捕虜は鉄道路線上に集結せしめ、
服装検査をなし負傷者はいたわり、また日本軍の寛大なる処置を一般に目撃せしめ、
さらに伝令を派して残敵の投降を勧告せしめたり。
 一般に観念し監視兵の言を厳守せり。

(一二日夜)捕虜は第四中隊警備地区洋館内に収容し、周囲に警戒兵を配備し、その
食事は捕虜二〇名を使役し徴発米を炊さんせしめて支給せり。食事を支給せるは午後
十時ごろにして、食に飢えたる彼らは争って貪食せり。

(十三日午後二時)午後二時零分、連隊長より左の命令を受く。
 旅団(歩兵第一二七旅団)命令により捕虜は全部殺すべし。
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/DATA.html

296 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:40:30 ID:lovS7Rnw
>>292
だから、それを感情論というのだよ。
………百歩譲って事実だと仮定してもな?

●伊藤弁護人 支部兵は戦ひに敗れると逃げる、逃げ損ふと武器を匿し、軍服を脱いで普通の服を着て民家に
  潜伏して居って、さうして隙を見て敵軍に襲ひ掛る、即ち便衣隊と云ふものになることを御存じですか。
●許証人 さう云ふことはあるかも知れませぬが、さう云ふ場合でも私共はそれを普通の市民と見倣すのであります。
  彼等が非常に沢山集まって公に敵対行為をするまでは市民であるのであります。

●伊藤弁護人 それならあなたの預かって居った避難所にはさう云ふ種類の人が沢山居ったのではないですか。
●許証人 斯くの如き者は居なかったのであります。先程私が申しましたやうに、一度武器を棄ててしまったものは、
  私共は兵隊と見倣さないのであります。

>そんな日本軍の口車に乗って、名乗り出た兵隊もいるよ。
>全部殺されたようだが・・・
ほう? 全部、一人残らず、間違いなく殺されたと?
じゃあ、誰が証言したんだ?
処刑現場に「偶然居合わせた」民間人?



297 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:41:42 ID:UwmJpSJF
>>294
もしかして、便衣兵が「武器を持たない国民」だと言いたいのかな?
武器を持たない「兵」とは、これ如何に。

そのような解釈を示した公的記述が存在するなら、是非ご教示願いたい。

298 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:43:10 ID:lovS7Rnw
>>297
武器を持って無くても兵隊は兵隊だがね。
軍籍がある上、命令によって戦線に配属されている場合は特にw

299 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:45:28 ID:wyCKBmE1
各隊共に午後五時ごろ準備終わり刺殺を開始し、おおむね午後七時三十分刺殺を終わり、

300 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:46:59 ID:lovS7Rnw
>>293
武装テロリストの攻撃に対して応戦して殺したのなら、褒めても良いがねw
それともテログループに加わっていて武装していても、自衛隊員側が撃たれて
殺されるまでは黙って見てろと?


301 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:47:04 ID:mZmZPtfv
>>268
>少なくても全ての証言が匿名、という時点で限りなく怪しい。

全てが匿名じゃないよ。実名も多数ある。
実名で証言したら、今の日本ではどんな目に会わされるのか知ってるかい?

>「実名証言に対する圧力」はごく常識的なことではありますが、この「常識」
・すらも持たずに、掲示板の議論に参加しようとする方も見かけますので、何
・かの参考になれば幸いです。
http://www.geocities.jp/yu77799/jitumei.html

302 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:48:13 ID:mZmZPtfv
>>271
>当時の他の資料に一切登場しないことが不自然であり、

登場してます。
あなたが知らないだけ!

303 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:49:43 ID:lovS7Rnw
>>301
それを詭弁というのだよw

まぁ君みたいな立場の人間にとっちゃ楽チンこの上ないだろうがね。
なんせ机に齧り付いたまま「匿名証言集」という肩書きでフィクションを書き並べるだけで
印税がどんどん入ってくるんだからw

304 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:50:17 ID:lovS7Rnw
>>302
その資料どぞ。

305 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:53:27 ID:wyCKBmE1
>>295
その資料の中略部分についてだが
たしか、「調査」する旨の文言があったような気がした。
うろ覚えだから間違ってるかもしれんが

306 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:53:55 ID:MdA/a5KQ
>>254
軍服を脱ぎ捨て便衣「化」した兵士が大量に発生しました。
また直前に駆り立てられた俄か兵士らに軍服がいきわたったか不明

307 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 00:53:57 ID:RnNV3T6x
前スレで散々論破された内容にまったくレスしないばかりか、また同じ事言ってるのか、えなりは。
どうせ今回も証拠とやらは出さないんだろ?アホくさ。

308 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:54:44 ID:mZmZPtfv
>>274
>別に「怖い日本軍」だと決まった訳じゃないし、「暗殺される」のも、あんたの想像w

怖い将校はいっぱいいるよ。
10月事件というクーデターを起こしそこなった長勇中佐は幕僚として上海派遣軍の
NO3の地位にいるんだぜ。
そのくらいの猛者がいっぱいいては、中国人じゃ命がいくつあっても足らん。

>日本軍に包囲された南京城の一方から、揚子江沿いに女、子どもをまじえた市民の
大群が怒涛のように逃げていく。そのなかに多数の中国兵がまぎれこんでいる。
中国兵をそのまま逃がしたのでは、あとで戦力に影響する。そこで、前線で機関銃を
すえている兵士に長中佐は、あれを撃て、と命令した。中国兵がまぎれこんでいるとは
いえ、逃げているのは市民であるから、さすがに兵士はちゅうちょして撃たなかった。
それで長中佐は激怒して、

「人を殺すのはこうするんじゃ」

と、軍刀でその兵士を袈裟がけに切り殺した。おどろいたほかの兵隊が、いっせいに
機関銃を発射し、大殺戮となったという。
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html

309 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 00:59:11 ID:mZmZPtfv
>>296
>じゃあ、誰が証言したんだ?
>処刑現場に「偶然居合わせた」民間人?

元兵士を保護してた国際安全委員の証言があります。
日本軍と交渉しましたが、強引に連れてかれましたし
名乗り出た兵士の場合も、名乗り出る場面は多くの方に
目撃されてます。

名乗り出た兵士は帰ってはきませんでしたが・・・

310 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:02:31 ID:lovS7Rnw
>>308
んな事はどうでも良いのw

問題は、実際に大量虐殺があったか否かなんだよ?
どんな人物が派遣されてようが、それが犯罪の決定的証拠にはならないんだよ?

311 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:05:05 ID:lovS7Rnw
>>309
だから、印象操作は見苦しいってw


>元兵士を保護してた国際安全委員の証言があります。
単なる伝聞で裏付けなしの証言だけどね?

>日本軍と交渉しましたが、強引に連れてかれましたし
>名乗り出た兵士の場合も、名乗り出る場面は多くの方に
>目撃されてます。
捕虜の拘束と移送が違法なんだ?


>名乗り出た兵士は帰ってはきませんでしたが・・・
戦域外で釈放? それとも収容所送り? 作業員に充てられた?

312 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:05:47 ID:vcT7A3G5
もう大だろうが中だろうが少だろうが、虐殺はあったんだから。

313 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:06:55 ID:K/uyfmKx
>>309
 ま た 証 言 か

314 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:16:09 ID:MdA/a5KQ
揚子江沿いに女、子どもをまじえた市民の大群が怒涛のように逃げていき
大殺戮となったという、その地域の埋葬データは女子供ほぼ皆無。

315 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:33:25 ID:1nneItTP
つまりエナリの認識は
「日本軍は残忍で常識知らず、敵兵の手当てなど絶対にしない」
「便衣戦術は良くないが、投降した便衣兵には紳士的に扱われるべき」
ってことか?

316 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 01:56:28 ID:u44k0ffG
南京の金陵女子大学に、避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、逃亡中の大佐一味とその部下の将校を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちは、この大佐を避難民キャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
 この将校たちは、支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中に、ライフル6丁とピストル5丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのもであると自白した。
 この元将校たちは、南京で掠奪した事と、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その翌日には日本兵が襲ったふうにしたことを、
アメリカ人や外の外国人たちのいる前で自白した。この元将校たちは戒厳令に照らして罰せられるだろう
(「中国軍将校が避難民のなかに---大佐一味が白状、南京の犯罪を日本軍のせいに」1938年1月3日上海発NYタイムズ)

日本軍への攻撃を試みたり、単なる命惜しさだった連中なんて可愛いものだ
王信労事件として有名なこいつらは、こんな真似までしていた

317 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 02:02:57 ID:1nneItTP
恵也に言わせれば、その大佐も日本軍による被害者なんだろうよ

318 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 02:28:46 ID:yX7QjMut
>>278
>中国人や朝鮮人を劣等民族として軽蔑した偏見のせいだろう。
>昔はそれらを敬ってまでいたのに・・・

「日本人は中国人・朝鮮人を無条件に敬え!」という電波を感知しました。
本当にありがとうございました。

319 :戦車:2006/01/16(月) 02:32:48 ID:Fh0017eE
>>218
悪いが、崇善堂が埋葬を全くしてないというのには同意しかねる。
埋葬は裏付けれるが、11万人埋葬記録は裏付けられないって事。
崇善堂について出てる資料からしても物理的に不可能ですし。せいぜい1/10程度。
衆志復善堂とか実態不明だが埋葬は手伝ってるであろう記録もある。
まぁ全て紅卍会配下でやってると判断されてしかるべきものであるが。

>>284
妄想。埋葬してる最中の写真も新聞社は撮ってますし、
○○人生めたと人数まで記載されてる毎日新聞記事も出てきますが。
そもそも死体数は”戦果”です、多くてナンボ。

>>308
>長勇中佐は幕僚として上海派遣軍のNO3の地位にいるんだぜ。
wwwウソ過ぎてビックリ。中佐が軍のTop3ってどういう神経ですか?

320 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 05:01:51 ID:T13hZbyT
恵也〜

>>162>>164は反論のつもりかい?
全然答えになってないよw

サンフランシスコ講和条約の11条は刑の執行を約束したに過ぎない。
これは世界の国際法学会で常識。
これに対する反論が全然ないw
バカ丸出し。

>>164はアムネスティをまったく無視しているアフォ。
国際法をまったく理解していない。
さらに11条に基づく戦犯赦免の国会決議の趣旨では東京裁判を不当といい
これを全会一致で可決していることから「裁判」を受け入れていないのは明らか。
テンプレ>>3-5

恵也の反論は国際法的に何の意味もない。


321 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 05:10:58 ID:MdA/a5KQ
中佐が最前線で。。。ありえない

322 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 05:21:56 ID:T13hZbyT
崇善堂は埋葬をしていただろうがその規模は極小であり
紅卍字会の下請けをしていたのだから、その数字は紅卍字会の埋葬記録に含まれると考えるのが妥当。

理由は
崇善堂についての記述が南京特務機関の報告など日本側文献や安全区国際委員会の文献に出てこないこと。

崇善堂埋葬隊長周一漁が南京自治委員会に宛てた書簡 1938年2月6日 中華民国二十七年二月七日着によれば
「作業割当ては大変頻繁であります。」とある。
「作業割り当て」という言葉から上部組織が存在することは明らか。
賃金は紅卍字会のみに支払われているので紅卍字会の下請けもしくは孫受け以下ということになる。
賃金は埋葬実績に対するものであるから実際の崇善堂埋葬実績は紅卍字会の記録に含まれなければおかしい。
よって「崇善堂の埋葬記録」は完全な捏造。

崇善堂がボランティアで活動する理由も証拠も何もないし。

わかった?恵也〜

323 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 05:26:36 ID:T13hZbyT
恵也〜

徳川証言の長中佐与太話は100万回論破済み。
長中佐が佐々木支隊と行動をともにした記録がないし前線の指揮権もないし
ユウコウ門はふさがってたしw

お前の反論はないしw

そんなことより南京陥落時70万人説の根拠がマギー証言だとすれば
みんなに論破されちゃったから新しい根拠を探せw

崇善堂は捏造でいいから。

324 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 06:24:30 ID:H/sCdFZs
日本軍による便衣兵戦術

「西原地区における戦闘実施要領」

服装においても、話し方においても
現地住民を装う事が必要である
服を借り住民に偽装できるようにせよ

NHK その時歴史が動いた171回 さとうきび畑の戦争 沖縄戦の悲劇



325 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 07:46:46 ID:7HP66t+q
今日、一月十六日は地獄の釜が開きます。

皆様お気をつけてお仕事、2ちゃんねる活動を行ってください。


326 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 07:48:14 ID:2xqxucf5
肯定派がピンチになるたびに沖縄戦の話を持ち出してくるバカ(例:>>324)がいるようだが、
沖縄戦の件は、それはそれで存分に議論すれば良かろう。どうぞご自由に。
但しそれは南京議論にはなんの影響も及ぼさないし、それ以前にスレ違いだから。

言っておくが、否定派が沖縄戦での日本軍の便衣戦術を擁護する事を期待して、
それをもって中国便衣兵の擁護につなげよう、などと考えているのなら
無駄だからあきらめろ。

327 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 07:54:32 ID:H/sCdFZs
>>326

(南京否定論者)
中国軍は便衣兵戦術を使ったり、指揮系統が混乱して捕虜資格が無かったり
向こうに全責任がある

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
日本軍による便衣兵戦術>>324

日本軍の指揮系統が混乱した南方のジャングル
http://www11.ocn.ne.jp/~mino0722/solomon17.html

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
(南京否定論者)
日本が南方や沖縄で酷い目にあったのもこちらの責任


328 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 08:42:41 ID:1VeN3kkR
>>327それで?
南京大虐殺の話をしようよ

329 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 08:44:04 ID:T13hZbyT
当たり前だが日本が便衣戦術を使ったのなら国際法違反。
全然かばう気はない。

ところでこのスレは南京事件を扱うスレだ。
南京で支那兵が便衣戦術を使ったことは明らかだから完全に支那が悪い。
当然である。

330 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 10:09:47 ID:SbaIZADs
首都陥落時のベルリンにも便衣兵がいたぞと
便衣兵なんて戦場ではどこでもいるんだろう

ヒトラー最後の12日というう映画を見て
日本は首都での地上戦がなくて良かったとシミジミ思った


331 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 10:19:47 ID:DSsUcHu2
>>330
ゲリラ、レジスタンスと通常言われるものですね。
中国の場合、兵の半分くらいゲリラ(=中国共産党)でしたから、
数的にベルリンの比ではないでしょう。

332 :大和 ◆JApAN.yB6w :2006/01/16(月) 10:35:56 ID:1RS+CBR6
どんなに頑張っても証拠はでないよ(^<^)

333 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 10:46:21 ID:thsvEV90
>「暗い密林で、大蛇、毒蛇、猿、トカゲ、万年筆そっくりの毒虫、山蛭(やまひる)の類がいた」。
吸血虫が「皮膚について離れない。わずかな隙(すき)からでも這(は)いり込み……朝起き
ると眼(め)や口の中まで吸いつき、丸くなって離れない」。

 米軍の攻撃にやられて「右田上曹は飛び出した腸を無言のまま腹の中に押し込もうとして
いる。富田一水は『足がないよう、足がないよう』と、泣くように叫んでいる。ふくら脛(はぎ)か
らアキレス腱(けん)まで削り取られ、足の甲が後ろ向きになっている」。

 米兵が戦場に残した抗生物質で命拾いしたことがある。それに比べ、どんな苦境に追い込
まれようが、何の対策も手当てもないまま、ただ「死守せよ」の命令を下す自軍の司令部…
…。戦後も半世紀以上、ずっと精神的傷跡にさいなまれてきたと述懐していた。
http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200512260067.html


334 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 10:50:55 ID:T13hZbyT
アサヒの信用が地に堕ちていることも知らんとはな。

つか、恵也〜

南京から論点ずらしか、あわれなw

335 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 10:51:56 ID:RnNV3T6x
>>333
で?それ誰に対するレス?また電波でも受信したの?

336 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 10:59:08 ID:tR8I8vWo
ここにくるの5次資料以来だなぁ。
そん時に恵也って電波コテがいて、片っ端から論破してやってもんだが
まだいたとは新鮮な驚きw

初め釣りかと思っていたが真性らしいんだよな、これが。
南京擁護派のレベルが分かるので、貴重な電波かも知れんがな。

337 :大和 ◆JApAN.yB6w :2006/01/16(月) 11:03:36 ID:1RS+CBR6
>>335
スレ上げるなら証拠がなきゃねw(^J^)

338 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 11:08:13 ID:thsvEV90
>>323
>徳川証言の長中佐与太話は100万回論破済み

論破なんてされてないぜ。
長勇中佐と佐々木到一少将は、南京占領直後に日本の外交官らと夜、酒盛りをしてるぞ
福田篤泰外交官補の証言に垣間見える。
司令部は南京城には入ってないはずだけど、長勇中佐は入ってるの。

指揮権はなくても10月事件クーデターという法律無視を起こそうとした、長勇
中佐だぜ。おまけに部隊の最高指揮官と酒盛りをあげるほどの人間。
そんな形だけの指揮権とかに縛られると思うことからして、あんたは子供。

ユウコウ門は3つの門があるのを知ってるかい?
あなたが見た塞がってた写真はひとつの門しか見えない写真だろ。
違うかい?
そんなことを何回反論しても、あなたには見えないようだ!

>ぼくは南京が陥落した十三日に入城した。馬渕(誠剛氏)と二人で、日本大使
・館の国旗をあげた。そしてぼくら二人が大使館の鍵を開けて最初に入ったのだ。

・そのあと岡崎(勝男)大使、福井(淳)総領事等がだんだんやってきた。その
・夜(十三日)、鼓楼の近くにある中国銀行で、電気はないのでローソクをとも
・し、持ってきた缶詰を開け、一升瓶の詮を抜いて、原田熊吉、長勇、佐々木
・到一といったつわものと祝杯をあげたことを覚えている。
http://www.geocities.jp/yu77799/hukuda1.html

339 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 11:16:59 ID:thsvEV90
>>323

追伸
当時の軍隊は、難しい連絡事項になると部隊のトップクラスの将校が他の部隊
まで自ら行って相談し連絡事項を伝えてます。

幕府山の捕虜殺害のときにも、山田支隊から第16師団や上海派遣軍に将校を
派遣してます
そのあとで15000人ほどの捕虜を殺してます。

340 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:17:17 ID:NItDTvwX
だいたいレジスタンス(の、実戦者。別に戦闘に参加するだけがレジスタンス活動ではない)に交戦者資格を付与できるよう陸戦条約が改定されたのって戦後じゃなかったっけ?

341 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:19:35 ID:RnNV3T6x
>>339
ほれほれこっちにもレスしてやれよ。

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1131532350/

342 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:22:02 ID:pWjR8/pU
>>340
戦後で正しい、だから便衣兵処刑が合法という法解釈に信憑性がでてくる。

343 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:29:56 ID:T13hZbyT
>>338
恵也〜
誰が酒盛りの話をしているw
長が佐々木支隊と行動をともにした記録がないといってるんだバカ。

指揮権がなければ指揮できない。軍隊の常識。
指揮権が形だけとかいってるお前がバカ。
酒盛りや法律無視が指揮権逸脱の何の根拠になるアフォ。
大体、長は現場にいないだろうがw

ユウコウ門は戦闘中は全部ふさがっているに決まってるだろw
三つのうち一つをふさいだ奴が残り二つをふさがないわけがないw
キチガイの理屈かお前w

ふさいだユウコウ門の内側で支那督戦隊が味方を大虐殺していた記録も残っている。
戦闘中にユウコウ門が開いていたわけがないだろw
お前が出してる証言は戦闘後だアフォ。

救いようのない馬鹿だな。

344 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:33:09 ID:T13hZbyT
篭城戦をやろうという連中がユウコウ門を開けておいたと思うほうがおかしいw

というわけで長中佐与太話はまた論破されましたとさ。

345 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 11:36:28 ID:thsvEV90
>>334
>アサヒの信用が地に堕ちていることも知らんとはな。

幼稚園児並の知能だな!
あなたは情報をすべて信用するか、全く信用しないかしか出来ない馬鹿。
それでよく世の中を渡っていけるものだ。

古事記に大国主命が天皇の先祖に、日本を譲る話がある。
これは譲ったのではなく、武力で取り上げたものだ。
本当のことを書くと何かと障りがあるから、譲ったと表現したもの。

情報はそれなりに値打ちはあるんだよ。
あんたみたいな単細胞の幼稚園児には無理な芸当かも知れんが・・・

>国譲りの場面で、大国主命の息子として最後まで抵抗し、諏訪の地まで逃
・げてきて、幽閉された神である。
http://onbashira.jp/onbashira_main.htm

346 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:37:48 ID:T13hZbyT
>>345

>あなたは情報をすべて信用するか、全く信用しないかしか出来ない馬鹿。

つまり田中正明も信用できることを語っているといいたいのかね?w
自爆乙w

347 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 11:49:27 ID:thsvEV90
>>343
>長が佐々木支隊と行動をともにした記録がないといってるんだバカ。

占領した当日に、佐々木到一少将と行動を共にしてるじゃないか。
居るべき上海派遣軍はずっと遠くにいるのに、なんで城内で酒盛りができんだ。
行動を共にした証拠は、これで十分だろ。

ユウコウ門は、3箇所全部が全部閉めたわけじゃないだろ。
戦闘になったら閉めればいいので、すぐ閉めれるように準備をして開けてたと見るべき
そこから、市民や逃亡兵がワンサカと逃げ出してたんだよ。

>日本軍に包囲された南京城の一方から、揚子江沿いに女、子どもをまじえた
・市民の大群が怒涛のように逃げていく。そのなかに多数の中国兵がまぎれ
・こんでいる。中国兵をそのまま逃がしたのでは、あとで戦力に影響する。

・そこで、前線で機関銃をすえている兵士に長中佐は、あれを撃て、と命令した。
・中国兵がまぎれこんでいるとはいえ、逃げているのは市民であるから、さすが
・に兵士はちゅうちょして撃たなかった。それで長中佐は激怒して、

「人を殺すのはこうするんじゃ」

・と、軍刀でその兵士を袈裟がけに切り殺した。おどろいたほかの兵隊が、いっ
・せいに機関銃を発射し、大殺戮となったという。
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html

348 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:50:25 ID:RnNV3T6x
あなたは、マトモな知能を持ってるのかね?
あなたには情報の信頼性に対する、根源的思考が全くなってない!
だから俺はあなたを準文盲というんだよ。
あなたは逃げ回る人間も何でも平気で殺せる「品性の低い人間」
東史郎や吉田清治を未だに、全部が嘘だと信奉してるアホが何を言っても説得力皆無w
これもずいぶん卑怯な臆病者の文章。
あなたがその将校の立場なら、殺すのが好きみたいだから2つ返事で殺してるかもな!
これを書いた国際法学者とかは、厳格さの欠如した2流以下のヘボ学者!
国民を守れなくても恥ではないが、危険に陥れる軍隊は恥!
そんな、上げ底「下手糞翻訳文」に騙されないような根源的思考を心がけなさい!
この人は2流にもなれん口舌の輩、馬鹿学者。
あなたや阿羅健一氏は世間知らずの「ボンボン」だ。
あなたは世間知らず!
そんな形だけの指揮権とかに縛られると思うことからして、あんたは子供。
幼稚園児並の知能だな!
あなたは情報をすべて信用するか、全く信用しないかしか出来ない馬鹿。
それでよく世の中を渡っていけるものだ。

349 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 11:54:10 ID:thsvEV90
>>343
>酒盛りや法律無視が指揮権逸脱の何の根拠になるアフォ

軍隊での現場指揮と、国家に対するクーデターとどちらが大変なことかさえ理解出来んバカか!

350 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:56:34 ID:T13hZbyT
>>347

恵也〜

お前は脳が未熟児のまま成長したのか?
馬鹿の権化か?

>居るべき上海派遣軍はずっと遠くにいるのに、なんで城内で酒盛りができんだ。
戦闘詳報その他に記録がないということは長中佐は佐々木支隊と行動をともにしていなかったということだ。
戦闘後にどこで一緒にいようと関係ない。
お前の理屈だと福田総領事も戦闘に参加したことになるだろうが。
ここまで言わないとわからないとは幼児にも劣る理解力だ。


>戦闘になったら閉めればいいので、すぐ閉めれるように準備をして開けてたと見るべき

佐々木支隊がいたのなら戦闘中ということ。
つまり門は閉まっていた。
だから長中佐の話は捏造確定。
ハイゴクロウサン。

ほんとにすごい能無しだな、恵也。

351 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 11:56:53 ID:yX7QjMut
>国民を守れなくても恥ではないが、危険に陥れる軍隊は恥!

何度読んでも、これは破壊力ありすぎるなwww

352 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 12:00:23 ID:T13hZbyT

性格異常者は2ちゃんにもたくさんいるが恵也ほどの愚物はいまだかつてみたことがない。


353 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 12:13:59 ID:YL1wlhfV
>>347
10歳から80歳までw
日本兵の当時の蛮行から察するに、昔からロリコン兵やらフケ専兵まで
幅広く居ったんだね。
それは民族の特質かも知れないなぁ。

354 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 13:16:01 ID:tR8I8vWo
何ひとつ説得できてないのに、根気の良さだけは関心するな>えなり

355 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 13:25:53 ID:77L0mLN1
日本政府が南京大虐殺はあったとHPで言っているのに
ここでなかったとか言ってみてもしょうがないじゃん。

ところであまりに日本人が嘘ばかり言っているのでアメリカが
怒りだしたぞ!スピルバーグ監督が南京大虐殺映画を制作するそうだ。
日本でもヒットするといいな!

356 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 13:25:55 ID:gIeULeut
418 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2006/01/16(月) 07:58:36 ID:7HP66t+q
恵也さんへ

あなたを批判する人がいますがめげずにがんばってください。

肯定派、否定派、各おのおのが自分の主張をもってそれを裏付けるような情報を
提示していくことは、肯定派、否定派ともに利益があります。
このような、白黒はっきりしないものは
互いに「敵」がいなければ自分の正当性を主張することは
よほど困難となります。
あなたがいて良かった。



357 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 13:43:54 ID:tR8I8vWo
>>355
そういうのつまんないから。
それならネタとして、えなりの方がマシ。
>>356
考えてみれば、えなりのおかげで一通りの論点が出て、
次々と論破されていく様を見て、否定論の正しさが証明される良スレになってる。
ある意味すごくいい役割を果たしているとも云えるw

358 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 13:49:43 ID:77L0mLN1
357>ねたじゃね〜よ。
本当にアメリカで南京大虐殺の映画制作が開始されるニダ!!!

359 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 13:57:58 ID:tR8I8vWo
>>358
へぇ。初耳だなぁ
んでソースは?

360 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:06:06 ID:gIeULeut
>>358
あちらさんも「言論の自由」がありますので。
一個人が「あった派」だとしても、それがアメリカの見解と必ずしも一致しない。

それに、日本政府が「あった派」だとしても
2ちゃんねるで「なかった派」が存在することは自由


361 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:09:17 ID:yX7QjMut
>>360
355は「言論の自由」がない国の人だから
その説明は理解してもらえないと思うなw

362 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:14:39 ID:gIeULeut
>>361
そうだなw
実際に作成されるとして、誰が起用されるんだろう。
やはり、創価学会系の人たちかな?

363 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:16:50 ID:yKSx19pP
だいたいスピルバーグがユダヤ系で資本がユダヤ系から出て
シンドラーや新作「ミュンヘン」を作ってる事を知ってりゃ>355のような寝言は言えないよなぁ

>日本政府が南京大虐殺はあったとHPで言っている

是非見てみたいなぁ

364 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:26:53 ID:gIeULeut
>>363
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/08.html
外務省

365 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:31:53 ID:yKSx19pP
どこにも「南京大虐殺はあった」と書いていないんだがなぁ

>日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと
>考えています。
~~~~~~~~
>しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。


366 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:35:55 ID:yKSx19pP
それにワシは政府が言ったから個人も従えというような国の住人ではないし聞く気もない

政府がどう言おうとアルベルト・フジモリが日本国民だとは思わないし日朝国交正常化にも反対だし

367 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 14:36:27 ID:thsvEV90
>南京の攻略が大幅に遅れたので、第一線部隊の兵隊は、厳しい命令を受けて、目が
血走っていました。

 小休止で一緒に休んだ時の話をきくと、「南京一番乗りは師団の至上命令だ。南京へ
いけば、女はいくらでもいるし、酒もある。速くいったものは、やりたいほうだい、なんでも
やれるぞ」と上官からハッパをかけられているのです。

 戦国時代の将軍が、敵の都市を攻略するときに、部下の将兵に、獲物を与えたと同じ
やり方が、南京攻撃にも使われていたのです。
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/data/nangjin/murase.htm
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/murase.htm

368 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 14:37:24 ID:thsvEV90
>東京朝日新聞の従軍記者だった今井正剛は、日本軍によって占領された南京でみた光景
を次のように回想しています。

「埠頭一面は、まっ黒に折り重なった死体の山だ。うごめく人影が50人、100人と、ずるずる
とその死体をひきずっては、河の中へ投げこんでいる。うめき声、流れる血、けいれんする
手足。パントマイムのような静寂。

月夜の埠頭一面がにぶく光る血。やがて、作業を終えた苦力たちが河岸に一列にならばさ
れ、ダダダっと機関銃の音。のけぞり、ひっくりかえり、踊るようにしてその集団は、河の中へ
落ちていった。終わりだ」




369 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:40:13 ID:7nwO8TFy
そうなんだよな〜
すぐに都合よく「外務省は南京大虐殺を認めてる」とか言いまくってる奴いるけど、
調べてみるとそんな事書いて無いんだよ。
つまり、0〜40万まで人数に関しては根拠も無く諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えている
ってこった


370 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:47:31 ID:yKSx19pP
〈大虐殺〉を目撃したと証言している日本人ジャーナリストがまったくいなかったわけではない。
戦後、
~~~~~
今井正剛、鈴木二郎、小俣行男の三名が大量殺害場面を目撃したとの手記を発表している。
しかし、この三名の証言は、その内容が検証された結果、今ではほとんど信憑性がないことが明らかになっている。

「朝日新開」の今井正剛記者は、南京陥落二日後の十二月十五日、午前中に国民政府の建物を見学し、
午後になって難民区の中にあった旧朝日新聞支局で昼寝をしていたが、夕刻、旧支局附近の空き地で敗残兵約五百名が殺されるのを目撃し、
さらに同日夜、「幾千という果てしない中国人の大行列のあとを追っていき、夜明けがたの揚子江畔で、大虐殺の悲惨な情景を目撃し」、
「その場にいた将校は、当時殺害された中国人の数を約二万人ぐらいと言った」と書いている
(「南京城内の大量殺人」『特集文藝春秋』昭和三十一年十二月)。

今井記者は花形記者であり、南京陥落前後は彼の署名記事が連日のように「朝日新聞」に掲載され、
その記事によって今井記者の南京での行動がほぼ堆定できる。掲載記事によれば、十五日は、揚子江の対岸にある浦口に同僚記者とともに取材に出かけている。

揚子江を渡ったこの取材には、ほぼ昼間一杯かかったであろうし、彼はこの浦口の取材をその日のうちに記事にし送稿している。
その上、この日の夜は、「朝日新聞」の臨時本部でひらかれた記者やカメラマンなどによる座談会にも参加して発言している。
到底、揚子江畔まで行って大量殺人を目撃している時間はない。では、十五日夜ではなく、前日の十四日夜もしくは十六日夜の記憶違いなのかというと、
それも彼が当時書いている原稿から堆定される行動と矛盾する。

371 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 14:50:22 ID:yKSx19pP
以上 再審「南京大虐殺」第三章 The Alleged 'Nanking Massacre' Chapter III より

素人でもぐぐるくらいは簡単にできる  やらずに「俺は知らない」などという奴は只の横着か
不都合から目を逸らす情報遮断の卑怯者

372 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 15:06:08 ID:gIeULeut
>>371
知らなかった。

373 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 15:08:56 ID:lovS7Rnw
>>371
本自体は結構有名だよね。


……と言いつつ立ち読み流し読みの俺も知らなかったわけだがw

374 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 15:25:23 ID:yKSx19pP
いやワシもこの指摘が正しいかどうかは知らん
ただ間違っていればここで誰かが教えてくれるだろうと期待して貼るだけ

建設的〜

375 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 16:21:44 ID:thsvEV90
>>350
>戦闘詳報その他に記録がないということは長中佐は佐々木支隊と行動を
>ともにしていなかったということだ。

戦闘詳報が全部残ってるわけでも、全部のことが書いてあるわけでもあるまい。
その前にあなたが、それらを全部見てるとは思えんけどね。

南京占領当日に、佐々木支隊の親玉と長中佐が南京城で酒盛りをやってたら
俺はそれだけで長中佐が同行してた十分な証拠と見るよ。
それも否定派の好きな福田篤泰氏の証言なら言うことなし!

あなたは不満足のようだけどね。

最後の殿様、徳川義親氏の証言だと、南京城の一方からに逃げる難民を待ち
伏せ攻撃してる長中佐がイメージされる。
南京城の攻撃は、この後の段階だろう。
だからユウ江門や興中門、小東門、鐘阜門、和平門のひとつがこの時開いて
いようと、全く不自然ではない。

>日本軍に包囲された南京城の一方から、揚子江沿いに女、子どもをまじえた
・市民の大群が怒涛のように逃げていく。
http://www.geocities.jp/yu77799/nihonjin.html

376 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:28:04 ID:yKSx19pP
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?id=1931510-0000&kind=jn&mode=5
【妄想】もうそう
(2)根拠のない誤った判断に基づいて作られた主観的な信念。
分裂病・進行麻痺などで特徴的に見られ、その内容があり得ないものであっても経験や他人の説得によっては容易に訂正されない。
「被害―」「誇大―」「あらぬことを―する」「―にふける」



377 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:29:16 ID:76NAXkh/
恵也さんって、いつもいるけど仕事してるの?
それとも、それが仕事なの?


378 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:30:43 ID:yKSx19pP
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column067.html
この記念館の正確な名称は「侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館」である。
大虐殺ではなく大「屠」殺であって、この違いは月とスッポンぐらいの差がある。


379 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:32:01 ID:7nwO8TFy
>>375
>戦闘詳報が全部残ってるわけでも、全部のことが書いてあるわけでもあるまい。

つまり、「戦闘詳報は当てにならない」と自分で言っておいて。
>俺はそれだけで長中佐が同行してた十分な証拠と見るよ。
なぜ都合よく解釈するの?

確かに戦闘詳報は当てにならない。
虐殺に関する事はほとんどがデタラメ。戦果を過剰に書く軍人の癖だ。
例えば、台湾沖航空戦の戦闘詳報を信じたら空母11隻撃沈、米機動部隊壊滅が事実になる。
台湾沖航空戦では米空母は1隻もかすり傷さえおっていない。

380 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 16:35:49 ID:thsvEV90
>>356
>互いに「敵」がいなければ自分の正当性を主張することはよほど困難となります。

確かに言える。
俺でも2chで、南京虐殺否定派がいなかったら、これだけ調べたりはしないだろう
「南京虐殺は多分あっただろうな、中身は知らんが」
で終わってただろう。

その点、ユダヤ人ホロコーストは否定をしたら”犯罪になる”
これではホロコーストの歴史に残せるだけの、人の記憶は浅いものにならざる
を得ない。

先祖の悪行を暴くことにはなってもかえって、長い目で見たら良い事かも知れない
自衛隊が同じ悪行を繰り返さないためにも・・・
それに俺にもいい暇つぶしになったシナ!

>『大義』の著書として有名な杉本五郎中佐は同書を一九三八年五月に刊行したが、そ
・の前年三七年九月に内蒙古で戦死した。『大義』は戦時中の軍人たちの座右の書に
・なった古典だが、その中で伏字として知られていなかった部分に次の文章があったと
・いう。
「現在、大陸に居る皇軍は侵略軍であって皇軍ではない。暴行、略奪、強姦などほし
・いままにしているような軍隊は断じて皇軍ではない。……ただちに大陸より軍を撤退せよ」

381 :戦車:2006/01/16(月) 16:43:18 ID:Fh0017eE
>>379
これ等の捕虜をみな殺しにすべしとの命令を発した 。
自分はこの命令を軍司令官の名を利用して無線電話に依り伝達した。
長が1938年、田中隆吉に語った告白。田中隆吉『裁かれざる歴史』

情報課長、長中佐は極めて簡単に『 ヤッチマエ 』と命令したが、私は事の重大性を思い松井司令官に報告した。
松井は直ちに長中佐を呼んで、強く『解放』を命ぜられたので長中佐は『わかりました』と返事をした。
ところが約1時間ぐらい経って再び(虐殺の)問い合わせがあり、長は再び『 ヤッチマエ 』と命じた」
角良晴少佐証言 偕行社『偕行』No14

証言じゃん、それがどうしたっと言われるでしょうが、
後年に於いて偕行からもこのように出版されるような人物でしたっと。

他のと比べてみれば、徳川証言も別に前線にいたわけでもなく、電話・伝令だったのであろうかと。
>軍刀でその兵士を袈裟がけに切り殺した。
この辺りはホラでしょうね。参謀部2課長が前線で指揮してるなんて想像できんし。

382 :戦車:2006/01/16(月) 16:48:12 ID:Fh0017eE
ってか当時は、
>そのなかに多数の中国兵がまぎれこんでいる
このように明らかに敵兵確認の認識があるなら撃ちますよ。
この記述じゃそこまで割り合いが判りませんが、半々だったら現在でも普通に殺されるであろうモノ。

383 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 16:50:54 ID:thsvEV90
>>370
>到底、揚子江畔まで行って大量殺人を目撃している時間はない

70年位前の新聞記者の行動がよく分かるものだ。
俺には10年前の記者の行動でさえ、まず、チェックは無理だと思う。

眉唾つけて読んだけど、その根拠が全く出てないんだよね。
何の記録で、浦口に行きその日に送稿したと言うのか、臨時座談会が有ったのか
まったく確かめようのない故人のお話。
卑怯というかセコイというか・・・・田中正明氏流

384 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:52:43 ID:BLhcq+QQ
>被害者の具体的な人数については諸説あり
0だ
とは思っていないってのだけは確かなようだけどね

385 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:52:56 ID:5Kwpxl8J
>>383
>70年位前の新聞記者の行動がよく分かるものだ。

その言葉、そっくりお前に返すよw

「 7 0 年 位 前 の 南 京 の 日 本 軍 の 行 動 が よ く 分 か る も の だ 。」

386 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:56:06 ID:4j2xHN9f
>>375
これって唯の伝聞だよね

これは証明にはならないよ

残念

387 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:57:29 ID:UwmJpSJF
>>383
> 70年位前の新聞記者の行動がよく分かるものだ。
↓の記述を意図的に無視した?
「南京陥落前後は彼の署名記事が連日のように「朝日新聞」に掲載され、
その記事によって今井記者の南京での行動がほぼ堆定できる。
掲載記事によれば、十五日は、揚子江の対岸にある浦口に同僚記者とともに取材に出かけている。」(>>370)


388 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:58:58 ID:UwmJpSJF
>>383
それとも、「揚子江の対岸」に出かけるのを、蒲田から川崎に行くぐらいに思ってるとか?

389 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 16:59:01 ID:4j2xHN9f
それから

どっかのサイトの記述垂れ流しするなら

URLだけでいいよ

もう「聞いた」だの「予想される」だの「明白」だの

証明にはいっさいなりません

390 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:06:06 ID:4pTgjjDB
エナリにとってひとつの信仰なんだろ、南京事件は。

391 :戦車:2006/01/16(月) 17:07:24 ID:Fh0017eE
>>386
はっきり言って”証言”をそうのように、
「これって唯の伝聞だよねこれは証明にはならないよ残念」で終わらす方がどうかしてると思いますが。
否定派といわれる方の証言も同じようなもんですよ。

徳川の証言は、彼のいうように、
@慰問団として中国に渡り藤田氏と会ったのか
A藤田くんが語っていた。長くんとはぼくも親しい。の記述のように本当に親しいのか。
B長中佐の命令の話は、>>381にもあるように別角度からも言われている。
伝聞による間違えを取り除いて考えても、
長中佐がこれに準ずる命令を出したと判断するものだと思いますが。

>>382で言ったように自分にはそれがどうしたって話なんですが。


392 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 17:09:02 ID:thsvEV90
>>381
>この辺りはホラでしょうね。参謀部2課長が前線で指揮してるなんて想像できんし。

最前線で上海派遣軍司令部と佐々木支隊の連絡、指導に行ったら激戦が予想される部隊
に直接乗り込むくらいは考えられんわけじゃない。
クーデターを起こそうとしたほどの変わり者、当然ありうる。

5.15事件では総理大臣を、問答無用で射殺したんじゃないかね?
自分たちのトップを殺すようなクーデターなら、目下の兵隊を殺すくらい簡単だろ。
その5年後に南京虐殺だからね。

>犬飼毅首相は乱入してきた青年将校たちに「話せば分かる」といいながら、
「問答無用」と殺されてしまった。
http://nova.scitec.kobe-u.ac.jp/~matsuda/psudo/0109Internet.html

393 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:13:34 ID:4j2xHN9f
>>391
証言が証明になるなら
裁判所は苦労しないよ

いいから証拠だしなよ納得できる

あるんでしょう死体でも生き残りでも生き残りである証明も

394 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:15:04 ID:4j2xHN9f
>>392
クーデターと一緒にすんなよ

クーデターの意味分かってる?

395 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 17:19:15 ID:thsvEV90
>>385
>「 7 0 年 位 前 の 南 京 の 日 本 軍 の 行 動 が 
>よ く 分 か る も の だ 。」

俺の拠り所は、南京裁判だよ。
南京虐殺の7年後に日本は、無条件降伏して、すぐに調査のメスが行った。
当時20歳の人間でも27歳では記憶は確実に残ってる。

その裁判で、戦争に勝った国民党政権が徹底的に調査し判決を虐殺の8年後に
下してる。
1200人以上の証言者と、証言者が埋葬した5ヶ所を掘り返し数千躰の遺骨を
検査してる。これじゃ口先で誤魔化せるようなことじゃない。

>当法廷が中華門外雨花台・万人坑など合葬地点について墓地五か所を発掘
・したところ、被害者の死骸・頭蓋骨数千体が出てきた。司法医師潘英才・
・検屍官宋士豪などが遺骨を調べたところ、その多くに刀で切られたあと、
・銃弾の命中したあと、あるいは鈍器で殴られた損傷などがあり、書類中の
・記入済みの鑑定書は信頼できるものである
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

396 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:21:25 ID:yKSx19pP
エナリの理屈はどれもトンデモばかり
万引きをした奴は強盗をするってのと同じくらい無理がある

ならば偽祈祷師の身内でヘンタイのエナリは性犯罪者となるに違いない

397 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:21:45 ID:UwmJpSJF
>>392
> 自分たちのトップを殺すようなクーデターなら、目下の兵隊を殺すくらい簡単だろ。
旧軍のトップは総理じゃないよ。
ほんとに一般常識の無い奴だね。


398 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:22:38 ID:DSsUcHu2
残念ながら、証言とは複数の証言が一致してはじめて有効性を持つもの。
南京事件に関して、まったく同じ現場の被害者・加害者ということを示すような
具体的証言は一切ありません(私が知らんだけかな?)。

よって私個人的には信憑性を感じられない。

399 :戦車:2006/01/16(月) 17:23:01 ID:Fh0017eE
>>393
今の裁判でも目撃証言とか、その場に居た事の確認をとる程度ですよ。

400 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:24:15 ID:eimAR75N

   (反日思想って、カッコいいよなぁ!) (反日叫んで土下座請求する側に回ろう)
              。o○           。o○
           ,;r―レ、         ,r=-、
          /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ       ,ィミミ;;;;;;ヽ
         fr=-、;;;r、;;ノ       ftミ三r,、;;丶
          _lイ Vソィ'        ゙j・´  6);;;;;)
          ヽ.ノ_ ,/7ヽ、      丶ノ_ノ;rヘ
  r−'''"~´i!   /{Vフ"/ ヽr‐'''"~´ i!  fミy'ァ''"^ヽ
  l!  朝  l!   l l! r:ゝ  l  朝  l! Lf〈 l__,j
   l!  日  l!  _」~i:|__i‐┬l!! 日  ,.+-、l_,}__」 ̄l
   l!     (三ヽ--┴'''" ,j l! l!     `i彡___/
  にエニニニゝニ-‐--i---'''" lUミエニニニニコl_,,,ィ'


401 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:25:42 ID:UwmJpSJF
>>395
その「刀で切られたあと」「銃弾の命中したあと」「鈍器で殴られた損傷」が、日本軍の武器によるとする
鑑定があるんでしたよね?

402 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:27:31 ID:33dzAz7K
>>399 第3者

403 :戦車:2006/01/16(月) 17:28:32 ID:Fh0017eE
>>402
角良晴少佐証言 偕行社『偕行』No14
田中隆吉『裁かれざる歴史』


404 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:29:02 ID:4j2xHN9f
>>395
それではその裁判でも写真がないのはどうしでしょうか

15万の死体の写真はない

発掘した現場の写真もない

なんで

苦労してプロパガンダ写真作る暇あるのに

国民党の裁判が合法化どうかかなり疑わしいね

405 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:29:18 ID:yKSx19pP
>399
知らないことを教わっといて言うのも何だが

複数証言の一致を以て証拠能力とするのは合理ですが それには条件がありんす

証言者相互に関係がないこと(共通の知人とか身内を含む)
利害関係がないこと

などなど

406 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/16(月) 17:31:14 ID:thsvEV90
>>387
>その記事によって今井記者の南京での行動がほぼ堆定できる。

あなたはそれを信じるかい?
署名記事はそんなに多かったのかね。
それも、浦口で取材し、その日に送稿し、おまけに記者座談会に出たことまで
日にちを付けて記者個人の行動が分かるような新聞記事を書くかい?

俺はイラク戦争の新聞記事を少しは読んだけど、そんな記載の仕方は聞いたことがない

>フセイン政権崩壊後のイラクを取材していた私は、住民と米兵が連日激
・しい衝突を繰り返していたファルージャとラマディに入った。
・ところが、ラマディ大学を取材中、手違いで拘束されてしまったのである。
http://reishiva.exblog.jp/857378/

407 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:32:56 ID:RnNV3T6x
>>406
>俺はイラク戦争の新聞記事を少しは読んだけど、そんな記載の仕方は聞いたことがない

少ししか読んでなくて「聞いたことがない」なんぞとぬかすのか?自分の知識が足りないって考えはないのかこいつは?

408 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:35:41 ID:UwmJpSJF
>>406
> 署名記事はそんなに多かったのかね。
> 日にちを付けて記者個人の行動が分かるような新聞記事を書くかい?
反論したいなら、何故自分で確認しない?



409 :戦車:2006/01/16(月) 17:37:24 ID:Fh0017eE
>>405
このような命令が別に虐殺には当たらないという前提を置いといて喋るが、
長勇のこの命令は、
徳川証言
角良晴少佐証言 偕行社『偕行』No14
田中隆吉『裁かれざる歴史』
など複数の角度から言われており、
クーデター複数回企てた桜会所属の主要メンバーであり、
後年の沖縄戦でも”長勇参謀長名”で色々と不道徳な命令が出されて問題になったこともあり、
陸軍省兵務局長陸軍少将に自ら語ったとされる↓の件は信憑性高いと思います。
「南京攻略のときには自分は朝香宮の兵団の情報主任参謀であった。
上海付近の戦闘で悪戦苦闘の末に漸く勝利を得て進撃に移り、鎮江付近に進出すると、
杭州湾に上陸した柳川兵団の神速な進出に依って、
退路を絶たれた約三十万の中国兵が武器を捨てて我が軍に投じた。
この多数の捕虜を如何に取り扱うべきやは食料の関係で、一番重大な問題となった。
自分は事変当初通州において行われた日本人虐殺に対する報復の時機がきたと喜んだ。
直ちに何人にも無断で隷下の各部隊に対し、これらの捕虜をみな殺しにすべしとの命令を發した。
自分はこの命令を軍司令官の名を利用して無線電話に依り伝達した。命令の原文は直ちに焼却した。
命令の結果、大量の虐殺が行われた。然し中には逃亡するものもあって、みな殺しと言う訳には行かなかった。
自分は之によって通州の残虐に報復し得たのみならず、犠牲となった無辜の霊を慰め得たと信ずる」

410 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:38:28 ID:NItDTvwX
南京法廷が1200名の証人でってどこのデマ?
事前調査ですら400名・起訴後80名(弁護側含。ソースは『証言・南京大虐殺』(青木書店刊))だぞ
基礎知識もないことをまたも晒してくれてますね

411 :戦車:2006/01/16(月) 17:41:12 ID:Fh0017eE
>>408
戦争記事が署名記事多かったのは確かですねぇ。
軽いロダあればうpするのだが。

412 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:46:03 ID:7nwO8TFy
>>411
>退路を絶たれた約三十万の中国兵が武器を捨てて我が軍に投じた・・

この時点でもう嘘だよ。
30万の中国兵なんていなかった

413 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:46:33 ID:4j2xHN9f
>>409
えーとこれは支那兵を殺した話だよね
武器は30万の支那兵の武器は?
そもそも30万いるのにそれよりはるかに少ない日本兵に抵抗もしない
と言う時点でおかしいだろ
証言の矛盾は指摘されるべきだよね
しかも南京場内にこの時点で50万いたことになる
南京城に50万も入るかどうか考えてもみなよ物理的に可能なの?
信用できるって・・・・・

それから女子供はどうしたの?

たしかレイプされたんだよね


414 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:47:30 ID:yKSx19pP
>>409

主観は尊重するし特に誰かを擁護する気もないのですが 一般論として

戦時の職業軍人が一般人殺害事件に対し
敵愾心ならともかく復讐心を持つでしょうか? 身内や知人が被害にあったならわかりますが

もしそうであるならば この人物は滅多にいない「義人」であるとなりんす
薄い知識からワシが描く人物像とかけ離れた感があるので どうにも

まだエナリの脳内にあるステレオタイプの人格であったならわかりやすいと

415 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:48:37 ID:RnNV3T6x
戦車氏のスタンスは30万人はなかったが、いくらかの虐殺はあったって感じじゃなかったか?

416 :戦車:2006/01/16(月) 17:48:40 ID:Fh0017eE
>>412
>この時点でもう嘘だよ。30万の中国兵なんていなかった

どこ読んでるの?ここじゃないのかな?
>上海付近の戦闘で悪戦苦闘の末に漸く勝利を得て進撃に移り、鎮江付近に進出すると、
>杭州湾に上陸した柳川兵団の神速な進出に依って、
>退路を絶たれた約三十万の中国兵が武器を捨てて我が軍に投じた。

70万人以上いるといわれてますが。


417 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:50:55 ID:4j2xHN9f
>>416
仮に70万として日本軍は何万だったの?
退路って後ろに山でもあるの?

南京ってどんなところか知ってる?


418 :戦車:2006/01/16(月) 17:54:25 ID:Fh0017eE
>>417
>南京ってどんなところか知ってる?

>上海付近の戦闘で悪戦苦闘の末に漸く勝利を得て進撃に移り、鎮江付近に進出すると、
>杭州湾に上陸した柳川兵団の神速な進出に依って、
>退路を絶たれた約三十万の中国兵が武器を捨てて我が軍に投じた。

ここに「30万の中国兵なんていなかった」って文句付けたのではないのですか?
いきなり南京なのですか?城ですか?市ですか?行政区ですか?

まぁはっきりいいまして「退路って後ろに山でもあるの?」
この時点で議論する価値ないんですが。もうしわけないが遮断リスト入り。

419 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:57:33 ID:7nwO8TFy
戦車さん

中国軍は70万人いるとおもってますか?
できればソース出して下さい、私初耳ですので。

で、柳川兵団2万人の機動攻撃に30万人が降伏したんですか?
それに普通に考えて日本軍の15倍の兵力をもっているんだから攻撃すれば撃破できますよね。
捕虜にするにも30万人では包囲も武装解除すらもできない。
この話自体が小説的な作り話としか思えないんですよ


420 :戦車:2006/01/16(月) 17:58:56 ID:Fh0017eE
>>414
義人かどうかは個々の話だから置いときますが、「桜会」なんだよね長勇は。
まぁだから何といわれたら、ちと調べてみてくれとしかいえないんだが、
過去に多少読んでる先入観がある私としては、いまでいうテロ集団幹部としか捉えられないので・・・
>ステレオタイプの人格
ステレオタイプなんてもんじゃなくて、非常に固執した独特の方かとおもわれ。

421 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 17:59:59 ID:HjuvqEsg
南京のハナシじゃない時点で遮断リスト入りだろ。

30万の投降兵とは吹かしまくってるな。

422 :戦車:2006/01/16(月) 18:00:27 ID:Fh0017eE
>>419
ソースだすも、上海包囲軍+南京保衛軍の兵力が
70万以上〜
77万以上〜
80万以上〜
公称120万

確かこれくらいかな?腐るほどあるから、
「上海包囲軍」でもググってみるとよろし。

423 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:01:29 ID:7nwO8TFy
中国共産党の当時の資料を見ても、上海戦から続く南京陥落については、
国民党軍のだらしなさを非難するのみで、大量の捕虜虐殺など何処にも出て来ない。


424 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:04:16 ID:yKSx19pP
たしかにワシのイメージでも浜幸か武部なんだけどね

425 :戦車:2006/01/16(月) 18:05:15 ID:Fh0017eE
>>421
いやはや関係ない事もないんであります。
上海包囲軍の第87師と第88師は、無事退却しまして南京防衛の任務に当たっております。

人口問題とかどうでもよく、戦車戦史に興味がある人間で南京戦を調べるならば、
上海包囲軍は切っても切れない関係なんですよ。

426 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:05:15 ID:HjuvqEsg
証拠が一個人のイメージじゃさすがに拙いだろ

427 :戦車:2006/01/16(月) 18:09:48 ID:Fh0017eE
>>421
そもそも”南京大虐殺”など考慮に入れないで考えてみてください。

上海出発、三方向から進軍、終結地点は南京。
上海〜南京は一連の1つの戦闘なんです。それが「南京攻略戦」などと呼ばれます。

だかから「上海なんか関係ないだろ」といわれる方が一瞬理解に苦しむのであります。

428 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:17:34 ID:yKSx19pP
ワシゃ何時まで経っても出てこない証拠よりも
知らない事教えてもらって面白いから許す

429 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:19:19 ID:7nwO8TFy
戦車さん

仮に上海戦時、中国国府軍は25個師団33万人+ゼークト線後方を含めると75万人(70〜80の間)という説をとって見ますね。
そうすると、ゼークトラインを突破した日本軍の機動攻撃で30万の捕虜を得たとしましょう。
ライン突破により、中国軍の戦線は崩壊し南京に退却した。その数75−30=45万
それに30万人全員を皆殺しにできるわけありませんし日記にも「逃亡した」といってますから、半分の15万人は逃げたでしょう。
日本軍の最大兵力が20万だった事を考えれば、10万でも多い。
つまり、南京に逃げた兵力は最低45+15=60万人。こういう兵力になりますがOKですか?
南京に60万以上の兵隊がいた事は聞いた事がありません

430 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:24:43 ID:7nwO8TFy
南京に60万の中国軍がうごめいていて食料を市民と奪い合い、中国軍が市民に・・・・
そうか、読めたぞ

431 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:25:50 ID:HjuvqEsg
与太話じゃなくて上海で30万の捕虜が発生したって記録あるの?
日本側のでも国民党軍側のでもいいけど

432 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:33:09 ID:wlhvHtfQ
南京の中国軍兵力は、放棄決定前後から撤退が開始され
さらに唐司令官逃亡により同時に部隊の大半も撤収をはじめた
日本軍が南京を直接攻撃する段階では、2万〜多くて5万程度まで激減していた
短い間に兵力が変動してるから、日時と時系列を把握しないと混乱するね

433 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:39:01 ID:7nwO8TFy
>>432
え、ですから強大な60万人もいる兵力が逃げる必要は無いわけですよ。
唐司令官はそれだけの兵力を持っているんだったら、また一旦南京で部隊を立て直して
再度日本軍に襲い掛かればいいだけなんです。
何で2万〜5万に激減する必要があるんですか。短期間に逃げたとしても中国軍は機械化されてないから
徒歩でしょ。中国軍機甲師団なんて聞いた事ないし、だったら日本軍に負けるわけないし。困ったな

434 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:49:40 ID:wlhvHtfQ
>>433
中国軍60万は、一部精鋭を除けば頭数だけだったからでしょ
中国国民党の当時の師団は1万人程度が定数で、しかも本来の師団に必要な輜重兵・通信兵・工兵・衛生兵・偵察兵・砲兵などは本部直轄でしか存在しなかった
この後方部隊も酷いもので、男女の学生を集めて無理矢理編制したのもあった(だから上海戦では女の死体も見受けられた。そしてこの時期はこれを虐殺と宣伝することもなかったわけで)
上海戦でも半数の30万は、戦わずに裏崩れ(前線の苦戦で指揮が崩壊し、逃亡が相次ぎ統制が取れなくなる)したと想定される
南京にこれらの残兵を集めてもどうしようもない、と思ったから放棄を決定したんだろう
日本軍は南京に非防都市勧告を出すように勧めて、その返答を待ってたり(結果は黙殺)したからその間にかなり撤退された

435 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:51:21 ID:FkICsbqI
ライブドアが!!!
家宅捜索受けてる。

436 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:53:20 ID:7nwO8TFy
>>434

そんで捕虜30万の証拠は?

437 :戦車:2006/01/16(月) 18:53:32 ID:Fh0017eE
>>429
>南京に逃げた兵力は最低45+15=60万人。こういう兵力になりますがOKですか?
全然okじゃありませんw

>一旦南京で部隊を立て直して再度日本軍に襲い掛かればいいだけなんです。
死ぬだけだってw

438 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:56:07 ID:lwPT8c/I
>仮に上海戦時、中国国府軍は25個師団33万人+ゼークト線後方を
>含めると75万人(70〜80の間)という説をとって見ますね。

普通に考えてもそいつらは広大な中国大陸の各地に分散して配備
されてるわけで、それを一まとめにして考えている時点でおかしい。

439 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:57:31 ID:7nwO8TFy
30万って数字がいろんな所にでてくるな〜

440 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 18:59:20 ID:7nwO8TFy
>普通に考えてもそいつらは広大な中国大陸の各地に分散して配備
>されてるわけで

広大な中国大陸って・・・だったら上海地区の戦に参加できないだろ。
南京の話とも無縁だね。捕虜30万人はどう考えればいいのですか?

441 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 19:00:06 ID:UwmJpSJF
>>439
「嘘の538」って言いますからな。

442 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 19:02:18 ID:wlhvHtfQ
>>436
ああ、オレは捕虜30万説は信じてないよ
だからそっちはパス

443 :戦車:2006/01/16(月) 19:03:06 ID:Fh0017eE
>>438
色々勘違いしてると思われる。少し調べるとよろしいかと。戦線ってものとか。

>>439
もっと面白い資料だしましょうかw

>南京で日本軍に虐殺された3千万人の中国人の内、800万人位が石油で焼かれたらしい。
>中国人は熱に弱いので証拠もすべて灰になってしまったらしい。
>当時中国国内には内燃機関が普及していなかった為ガソリンがなく、
>仕方なく南京市内の全豆腐屋から中華油揚げを略奪して燃料としたと言われている。
「日本鬼子の残虐行為」

えーっと発行年度は・・・




1998年w

444 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 19:05:22 ID:wlhvHtfQ
>>443
ワロタw
中国人は飴細工か何かか…w

445 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 19:07:13 ID:RnNV3T6x
>>443
中国人は熱に弱いので証拠もすべて灰になってしまったらしい。

関係ないが「そして砂は音にも弱い!」を思い出した。

446 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 19:17:03 ID:wlhvHtfQ
当時の中国軍の内部向け報告といえる何応欽軍事報告書によると
上海・南京戦(第3地区)での被害は戦死者3万3千、負傷者6万
つまり上海会戦と南京攻略戦を総計してこの程度
戦区が支配地から離れ、確実性が低下したとはいえ、60万の軍が敗走した割には一割程度の損害しか出していない
後に25万人戦死、と発表したがこれがどんな根拠でかなり上に修正したのかよくわからん

447 :戦車:2006/01/16(月) 19:54:49 ID:Fh0017eE
>>442
捕虜30万って話は、その証言からのものじゃなくて、
数字だけに着目して逆引きされて考えうる数字の最大数ですから。
推測の話ですよ。

南京陥落直後に蒋介石は、抗日戦争の死者は30万人に達すると発表。
んで日本軍の戦闘不能者(戦死・病気・怪我全て含む)がS12年は5万人。
正確な数字ではないが、上海〜南京間での死者は1.6-2万辺りと推定されたかと。
誰しもが思うように日本側資料の方が数字の信憑性が遥かに高いかと思います。
2万として進めますと、中国側の死者数は日本側との消耗比率(いわゆるキルレシオ)から、
4-8万の損害があったと思われて、どんなに多く考えても10万未満であり、
これ以上であったら地上戦闘とはいえない数字になる。
この辺りの数字から何応欽の報告はある程度正しいと思うわけで。

んで捕虜の話に行く。
蒋介石の死者数発表が正しいとすれば、引き算により22-26万。(25万想定なら、18-22万)
これが多いのか?っと思う人がいるのならば、
第一次二次大戦の各地の戦史をちょっとでもいいから眺めてきて欲しい。
大空襲・玉砕など例外を除けば、5.6万の相手側死者があって勝利した場合は、
15万〜以上の捕虜が出るものなのである。出ない方がおかしいのである。

これはあくまで比較論であるから、証拠ねえじゃんとか無意味な突っ込みは無しでね。
史実に沿った机上演習したらそんな感じになるって話。
元陸軍の自衛官が机上でやったら捕虜が30万人になったという話もあるので、そっから発展した話でしょうね。

太平洋戦争の時期に日本軍の捕虜となった兵士は35万人。連合国側の死者は?その逆は?
独ソ戦でソ連軍の死者は?ドイツは何名ソ連捕虜を取ったか?その逆は?

色々比較してみるのも面白いと思いますよ。さてお出かけですノシ

448 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 20:20:12 ID:Wwv/FzR+
外向けの発表って誇大になるものでしょ
それを鵜呑みにするのはどうかと
いや、戦死者を大袈裟に発表して何の意味があるかは疑問だけどね
これだけ苦しんでるんだからもっと支援を、とかいう意図があるとか…?

449 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 20:29:02 ID:4pkZTuOO
>>447
地形や風土などの観点から、徐州や武漢と比較するとどうなのでしょうか。
捕虜が少なくても可笑しくないような気がするのですが。

450 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:01:50 ID:yX7QjMut
>>448
>これだけ苦しんでるんだからもっと支援を、とかいう意図があるとか…?

どう見ても、その意図があるとしか思えません。
本当にありがとうございました。

中共幹部の発言「ODAは戦時賠償だと思ってる」

451 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:14:40 ID:poEmLeAw
>>450
って、ことは
事実確認は別として、謝罪も賠償もしてるって事か?

452 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:18:38 ID:T13hZbyT
>>450
結局、南京の嘘をねたに金が欲しいだけなんだな。


453 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:21:48 ID:UwmJpSJF
中華民国の正当な継承者だと主張するなら、賠償放棄も継承すべきだと思うのだが。

454 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 02:32:33 ID:l/DNlINK
>>449
>捕虜が少なくても可笑しくないような気がするのですが。
世界戦史史上これほど戦時捕虜がいない戦闘は存在しないって事を覚えといた方がいいよ。
何応欽の33000辺りの死傷者が出た戦闘で更に攻め込まれて拠点まで落とされて、
護送したと判断できる捕虜が20万人以上いて当たり前の戦闘です。
実際の捕虜は何名でした?1万名程度すらいっていない。上海護送したのは4000-7000名のみ。
捕虜どこいったの?
解放した?市民に紛れる兵は掃討してるのに?
っとまぁこうなるわけで、日本と中国って名称伏せて考えたら、
普通はあるべき捕虜処刑したんだねとなります。

私も戦車さんと同様に、南京だけ調べずに他の戦史調べて、君たちのいうような状況を仮定したら、
この「南京戦」のとてつもない異常さを理解した方がいいと思いますけどね。

証拠?ないですよ。証拠がなくとも”異常”なんですよ。
理解しようとせずに一笑にふさずに、まずその異常さをご理解頂きたいものですね。

455 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:04:55 ID:mGJsS+Dp
?
>>454
>解放した?市民に紛れる兵は掃討してるのに?

捕虜は解放した。便衣兵は掃討した。
何がおかしいのかな?問題ないじゃん。

まさか上海から南京へ急行軍の途中で数十万人を処刑したとw
これで証拠が残らなかったら七不思議の仲間入り。

陸軍歩兵学校の「対支那軍戦闘法ノ研究」(1933年1月)の中の「捕虜ノ処置」
「捕虜は他列国人に対する如く必ずしも之を後送監禁して戦局を待つを要せず、特別の場合の外之れを現地又は地方に移送し釈放して可なり」。

馬鹿は何を言い出すかわからんねw

456 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:06:20 ID:mGJsS+Dp
まあ、支那は徴兵の方法がアレだから戦線が崩れたら物凄い数の逃亡兵が出たとみるのが常識だろうね。

457 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:13:58 ID:N0xLIMII
この娘を探しています。このビラを配るのを手伝ってください。よろしくおねがいします
http://www.imgup.org/file/iup148287.jpg.html

458 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:32:54 ID:k5ZzdVB/
>>455
>南京だけ調べずに他の戦史調べて って言わてるんだから
比較出来ないなら黙ってろよ




459 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:36:53 ID:akvDbsjX
まあ、アメリカも『バターン死の行進』の仕返しと称して、かなりの日本人捕虜を
わざと餓死させたりし、ソ連も『氷の原爆』と言われるほど日本人捕虜を殺害
してるしな。

別に捕虜が少ないのは日本軍に限らんよ。

460 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 04:44:19 ID:MCfjjJK/
支那事変は少ないとかいうレベルじゃありません。
ありえないレベルです。

まぁ解放したのは結構ですが、それこそ根拠がない罠。
十万以上は解放してないとなw
他の近代戦史と比較してみろって。
状況が違うからの一言で済ませれるレベルじゃないからw

461 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 06:23:22 ID:mGJsS+Dp
普通、処刑した根拠のほうがありえないだろw

朝日新聞 1937年12月17日 朝刊
 両角部隊のため烏龍山、幕府山砲台附近の山地で捕虜にされた一万四千七百七十七名の
南京潰走敵兵は何しろ前代未聞の大捕虜軍とて <中略>

あれま、1万4千くらいで前代未聞だって。
ってことはそれ以前にそんな大量の捕虜はいなかったということでしょ。
支那兵は数十万の逃亡兵になったみたいだね。
それとも戦闘で死んだのかな? そんな記録あった?


462 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 07:46:41 ID:bPl+cVQ6
中国は人食べるから・・・・

463 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 08:29:45 ID:kVirj6fe
>>460
> 他の近代戦史と比較してみろって。
> 状況が違うからの一言で済ませれるレベルじゃないからw

西欧の近代軍隊と単純比較してるのが間違いだと思うが・・・
とりあえず支那の文化や戦史を学んだほうがよろしいかと・・・

464 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:02:20 ID:l3e3cRSJ
そういえば、支那事変での日本軍捕虜って、ほとんど聞かないよね。

当然、「生きて虜囚の辱めを受けず」っつーのが原因なんだろうけど、
他の戦史と比較して、とてつもない異常さを感じる?

南京は開城せずに篭城すると見せかけて、指揮官は逃亡し、逃げよう
とする兵士は督戦隊により射殺するという、異常な状態だった訳だ。

つーわけで、南京の当時の事情をわきまえずに、他の戦史と比べる
のは間違いであるということをご理解頂きたいものですね。

465 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:23:12 ID:XPy56epy
んで肯定派がまだ証拠をひとつも出せないってとこは変わらないわけですね。

466 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 09:53:14 ID:+o/KK1zm
んで肯定派がまだ証拠をひとつも出せないってとこは変わらないわけですね。


各国専門家が調査しても(10000人以上を虐殺と定義したとし)、
そういう事実、目撃者は確認できませんでした。

 ww2の頃の、プロバカンダで民意を誘導できた頃の幼い手法と結論。
 
   「南京大虐殺」はウソ。



467 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 10:02:36 ID:z/gnQnsD
結局、上海から南京に来た捕虜30万で一般市民が20万が

で、南京近辺に50万もの人がいたことになる

もう一度聞くけど南京城内に何人いたんですか
虐殺されたのは何処までの人なんですか
戦争捕虜に女子供もふくまれるのですか

裁判の記録はあるのに写真がないのはどうしてですか
写真を撮る暇がないのにプロパンダ写真を捏造する暇はあったようですが

退路を絶たれたそうですが30万の兵士が多くても10万の兵士に
どうやったら包囲できるんですか
支那と日本で武器に大きな差でもあったんですか
アメリカと日本には大きな差がありました
だから捕虜の数も違いがあるんです死傷者の数にも
第二次世界大戦は物量戦ですよ


468 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 10:43:19 ID:0rAjU5OG
>上海戦
逃亡兵はそのまま分散、おうちへ帰れる。
帰れない軍隊同士の戦闘との比較はできない。


469 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 10:54:45 ID:neecQN2l
肯定派は「何が南京大虐殺なのか」はっきり定義してから語れ。

470 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 11:34:29 ID:ApR7uuBj
>>468
>逃亡兵はそのまま分散、おうちへ帰れる。

中国の軍隊ってもう軍隊とは呼べないね。俺達の価値観とは違う異文化がそこにはあったわけで、
だからこそ中国をみくびった原因がそこにあったんだろう。「中国恐れるに足らん」だが現実は違うんだ。
日本軍はスローガンの5族協和をどれだけ真剣に考えたか、中国の個人主義を理解しきれなかった。

中国全土を支配する事は日本の国力では無理だし、事実日華事変からの日本軍の死者数は毎年2万人。
10年で20万人が中国戦線で散っている実情はあまり知られていない。


471 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 12:28:18 ID:2Mq188hm
本当スレが頭悪い件

472 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 12:29:53 ID:mGJsS+Dp
推測だが中国全土を支配するのはその気ならばたぶん出来ただろう。
支那民族は人口4億のとき人口50万の女真族に支配された民族だ。
頭をすげ替えるだけ。

473 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 12:32:58 ID:SOeISoXJ
>>472
それは明王朝という頭があったからじゃないのか?
日中戦争の時期は軍閥が乱立して、国民党や共産党すら大きな軍閥以上の力はなかった
一応、中華民国の正統の流れである国民党が最大だったが、これを取り込んだり頭挿げ替えたりしてもどうにもならんだろう

474 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 12:42:27 ID:mGJsS+Dp
>>473
一理あるし、他にもいろいろな理由に思い当たったので前言を撤回するw

475 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 13:06:28 ID:0IWwG2CM
>1943年3月には、日本野球連盟が審判用語を日本語化しました。かの有名な、ストライク
=よし、ストラック・アウト=それまで等の奇妙な言葉が使われ始めました。
 まあ、一般社会では、敵愾心をあおるため、いたしかたないとしましょう。

 しかし、1943年5月、海軍の士官を養成する広島県江田島の海軍兵学校で、英語教育を
廃止するかどうかの協議が行われ、英語教官以外は全員廃止すべきとなったことには驚き
です。
 敵と戦う指揮官である将校が、敵を知るための相手の言語を学ばないというのは、いかに
も視野の狭い発想です。
http://miraikoro.3.pro.tok2.com/study/quiz/n10-1.htm#sekiyu


476 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 13:13:48 ID:L+0sld61
>>475
意味が分からん。空気嫁。

477 :大和 ◆JApAN.yB6w :2006/01/17(火) 13:19:00 ID:x1aA+iaN
>>475
で、南京と江田島がなんの関係あんの?

478 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 13:26:21 ID:0IWwG2CM
>倭寇(日本軍)は南京であくなき惨殺と姦淫をくり広げている。野獣にも似たこの暴行は、
もとより彼ら自身の滅亡を早めるものである。
http://www.geocities.jp/yu77799/shoukaiseki.html

479 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 13:32:02 ID:L+0sld61
>>478
それで?回想録に何の意味があると?

480 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 13:33:54 ID:ui4h90+i
恵也さ・・・
オマエ、ネタがなくなってきたんだろ?
日に日に書く内容が稚拙で中身がなくなってきたぞ。
今のうちにみんなに謝ってしまえ。オマエの為だ!

481 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 13:35:44 ID:z/gnQnsD
>>478
このあたりの記述は、「南京軍事法廷判決」などをもとにしたものであるようですが、
必ずしも正確なものとはいえません。
また、中国軍の死傷者が「六千人を超えた」というのは、明らかに過小です

ある場面では信頼がおけるといってみたり
正確でない過小と言ってみたり

バカか

証言になんの信憑性もないまた証言のいいとこどりはもっと無意味
裁判法廷には写真が証拠として提出さていないのはどうしてかと聞いているんだよ

482 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 13:44:20 ID:0IWwG2CM
>>453
>中華民国の正当な継承者だと主張するなら、賠償放棄も継承すべきだと思うのだが

田中角栄が結んだ、日中平和条約で賠償放棄してます。
この条約のおかげで、アメリカから引き摺り下ろされた様だが・・・

>共同声明の第5項に,中国側が日中両国友好のために戦争賠償を放棄する
・とうたわれているが,これにこたえて日本側が中国の国内建設に今後協力
・するというような腹づもりはどうか。
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/JPCH/19720930.O1J.html

483 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 13:44:58 ID:/V2EIUBV
中国で「南京大虐殺」って検索したらどうなるの?

484 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 13:58:18 ID:+o/KK1zm
↑ジェノサイドってでます

485 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 13:59:29 ID:0IWwG2CM
>>455
>まさか上海から南京へ急行軍の途中で数十万人を処刑したとw
>これで証拠が残らなかったら七不思議の仲間入り。

数十万になるかどうかは判らんが、いっぱい殺してるのは事実。
この写真は南京じゃないようだね。
戦闘中なのに捕虜を釈放なんて、ナカナカ出来ることじゃないよ。

>「日本人の将校が、日本の軍隊によって殺戮された中国市民の実況を検分
・している。場所は蘇州」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sus/crime%20scene.htm

>上は、1937年11月18日 に
・蘇州付近で突撃の下令を受ける上海派遣軍の一隊の写真です。

・これが日本軍の姿であることを疑う人はいないと思いますが、
・詳細に観察すると、画面向かって左端の兵士の鉄帽は、非常に
・つばの短いものです。
・これが、90式鉄帽の形状のひとつの典型です。

・彼から見て右前の兵と、左隣の兵は、それよりもはるかにつばの広い
・鉄帽を被っていますが、この二名で帽体の形状がかなり違いますね。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=14;id=imgbord#19

486 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:02:32 ID:MCfjjJK/
日中戦争を近代戦じゃないとか、逃げ出した味方を射殺するのは中国だけとか、素晴らしいデンパ飛ばしてるスレはここですか?

487 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:08:54 ID:MCfjjJK/
逃げてウチに帰れるとかいうやつは、虐殺されたほうがいいですよwww
日本軍をなめすぎwww
戦史ってもん少しは学べwww

中国は普通じゃないの一言で納得できるアホばっかww

488 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 14:10:23 ID:0IWwG2CM
>>461
>あれま、1万4千くらいで前代未聞だって

まとめて集めて、収用所に入れたのがその数字でこの捕虜はほとんど射殺されてます
これだけの捕虜を殺そうと思ったら、気が遠くなったんじゃないかね指揮官は!

>幕府山
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/HTML/musi.htm

489 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:12:35 ID:63kKWGfh
>>487
登場即ファビョ〜ンはいいから、虐殺があったというならその証拠お願いしますね^^
できないならさっさと自殺して、親兄弟の負担軽くしてあげてね^^


490 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:12:45 ID:MayNhmBs
…捕虜は他列国人に対する如く必ずしも之を後送監禁して戦局を待つを要せず、特別の場合の外之れを現地又は地方に移送し釈放して可なり…
(陸軍歩兵学校「対支那軍戦闘法ノ研究」)

戦史を見れば、敗戦を受けて離散する軍なんてそれこそ国民意識が高まった近代戦でもザラなんだがなー

491 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 14:18:40 ID:0IWwG2CM
>>466
>各国専門家が調査しても(10000人以上を虐殺と定義したとし)、
>そういう事実、目撃者は確認できませんでした。

あなたは田中正明氏と同じ匂いがする。
各国の専門家とかいうの、あなたは何人知ってるの?
読んだことが何回あるのかね。
自分の知識のなさを「上げ底」して知ったかぶりする可哀想な人間。

俺にはとてもじゃないけど、こんな表現は出来ん。
「秦先生は確認できませんでした」というなら事実と思うけど、この
上げ底ぶりはみっともないし醜悪!

492 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 14:19:58 ID:La+eOjsw
>>466
>各国専門家が調査しても(10000人以上を虐殺と定義したとし)、
>そういう事実、目撃者は確認できませんでした。

あなたは田中正明氏と同じ匂いがする。
各国の専門家とかいうの、あなたは何人知ってるの?
読んだことが何回あるのかね。
自分の知識のなさを「上げ底」して知ったかぶりする可哀想な人間。

俺にはとてもじゃないけど、こんな表現は出来ん。
「秦先生は確認できませんでした」というなら事実と思うけど、この
上げ底ぶりはみっともないし醜悪!

493 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:22:29 ID:ui4h90+i
おろ?
恵也、急に張り切ってきたな?
図星だったか?

494 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 14:24:16 ID:La+eOjsw
>>469
>肯定派は「何が南京大虐殺なのか」はっきり定義してから語れ。

1937年〜1938年に南京で多くの無抵抗の捕虜と市民が虐殺された事件。

495 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:31:52 ID:QG4M5DdY
>>494
ああ、数が何か知らんけどどんどん雪だるま式に増えていっている
あの笑い噺な。

496 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:38:19 ID:MayNhmBs
なんで期間が一年間なんだ
期間最長の笠原十九司説ですら四ヶ月説なのに

497 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:39:18 ID:L+0sld61
>>492
>各国の専門家とかいうの、あなたは何人知ってるの?
>読んだことが何回あるのかね。
>自分の知識のなさを「上げ底」して知ったかぶりする可哀想な人間。

つ[鏡]

498 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 14:46:37 ID:La+eOjsw

>>472
>支那民族は人口4億のとき人口50万の女真族に支配された民族だ。

支配した女真族くらいの品格が当時の日本軍になかったということだろう。
その点、ジンギスカンは世界を制覇しそうだったけど品格も備えてたということ。

日露戦争頃の日本軍の品格を備えてたら、中国人も日本人に支配されるのを
受け入れたかも知れんけど南京虐殺を行った日本軍じゃ・・・・

指導者が変わっても、生活を楽にしてくれるのならそんなに抵抗はしない。
でも一般市民を、抵抗もしないのに便衣兵の名目で殺害しては、受け入れる
わけには行かないよ。

>私が働いているところのお客で、チンギスハンの子孫という方がいる。
・モンゴルといえば、真っ先にチンギスハンのモンゴル帝国を思い浮かべる
・人が多いと思う。
http://www.worldtimes.co.jp/matikado/sm040305.html

499 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:51:08 ID:mGJsS+Dp
>>487
ようするに何も根拠を出せなくて悔しいんだなw
かわいそうにw

500 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:52:30 ID:mGJsS+Dp
恵也〜
女真族が品格で政権交代をしたという珍説か?w
どこまでも笑わせてくれる奴だ。

501 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:53:41 ID:L+0sld61
>>498
>支配した女真族くらいの品格が当時の日本軍になかったということだろう。
>その点、ジンギスカンは世界を制覇しそうだったけど品格も備えてたということ。

また珍説です。チンギスハン、女真族認定。

502 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:57:18 ID:MayNhmBs
弁髪にしなかっただけで首を落として虐殺しまくった清軍の品位って食べられるの?
余談だが清にしたがって明を攻撃した李氏朝鮮の軍は、清軍が呆れるぐらい暴虐だった

503 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:01:05 ID:Q4CySh1L
恵也 ◆o4NEPA8feA
必死だなw

504 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 15:09:56 ID:La+eOjsw
>>473
>中華民国の正統の流れである国民党が最大だったが、これを取り込んだり
>頭挿げ替えたりしてもどうにもならんだろう

日本の陸軍があれほど暴走しなければ、どうなったか判らん。
蒋介石は、元々は日本の士官学校に来たほどの日本ビイキだったんだぜ。
周恩来も若い頃、日本で学んだ親日派。
それをグチャグチャにしてしまったのは、南京や満州で暴走した陸軍だ。

>日本の振武学校に留学中、クラスメートとともに(1908年)
http://www.cksmh.gov.tw/japan/c/c3-2-11.htm


505 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:10:24 ID:zJI+kaHN ?
↓で今リアルタイムに在日シナ人が調子こいて日本人をあおってます
やっつけてやってください

http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1137476187/

506 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 15:13:17 ID:La+eOjsw
>>479
>それで?回想録に何の意味があると?

蒋介石の回顧録も読んでないのに、蒋介石は南京虐殺に一言も触れてないとか
いう田中正明氏並のウヨボウが多いからね。
俺がHPを出した意味はあるだろう。

507 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:16:40 ID:mGJsS+Dp
>>506
蒋介石が南京大虐殺に一言も触れていないとか誰か言った?
蒋介石は南京大虐殺はなかったっていったんだよねw

508 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 15:18:51 ID:La+eOjsw
>>481
>裁判法廷には写真が証拠として提出さていないのはどうしてかと聞いているんだよ

あんたは「教えてクレクレ病」かい。
そんな事は自分で調べるものだろうし、写真が証拠として提出されてないなんて
俺は聞いたことがない。
写真も証言も埋葬場所の掘り返しも、裁判所がやったとは読んだことがある。

どんな文章だって信頼できる部分と、出来ない部分があるのは常識だろ。
あんたはまだ子供か?

509 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:19:52 ID:aOEfpGcS
>508
じゃ、君は「俺のソースはお前が探せ」病だね♪

510 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:20:09 ID:mGJsS+Dp
>>481
>裁判法廷には写真が証拠として提出さていないのはどうしてかと聞いているんだよ

俺が変わりに答えるよ。
南京大虐殺はなかったから。

511 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:24:41 ID:L+0sld61
>>506
【 架空の大事件 「 南京 大虐殺 」 】


 事件( があったとされる )当時、日本軍と戦っていた国民党の
 指導者 蒋介石は、戦後、日本が不当に裁かれたことについて
 「 南京で大虐殺など、あるはずがない 」と、完全否定しています。


  「 南京には 大虐殺など ありはしない。

    何 応欽 将軍も 軍事報告の中で
    ちゃんとそのことを 記録しているはずです。

    私も 当時大虐殺などという報告を 耳にしたことはない。

    松井閣下は 冤罪(えんざい)で 処刑されたのです。」

    ( 蒋介石は 目を真っ赤にして 涙ぐみながら こう語った 

回顧録ってこれか。

512 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:25:05 ID:qrK+oTQp
>>498
>支配した女真族くらいの品格が当時の日本軍になかったということだろう。
>指導者が変わっても、生活を楽にしてくれるのならそんなに抵抗はしない。
>でも一般市民を、抵抗もしないのに便衣兵の名目で殺害しては、受け入れる
>わけには行かないよ。
清軍が揚州を破り,嘉定を攻略したさいの残虐の記録
『揚州十日記』『嘉定屠城紀略』を収める。
http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/browse.cgi?code=I0_036

キミのいう品格ってどういう意味?
まさか、虐殺した人間の数とかじゃないよねw



513 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:26:19 ID:L+0sld61
>>508
>あんたは「教えてクレクレ病」かい。
>そんな事は自分で調べるものだろうし、写真が証拠として提出されてないなんて
>俺は聞いたことがない。
>写真も証言も埋葬場所の掘り返しも、裁判所がやったとは読んだことがある。

>どんな文章だって信頼できる部分と、出来ない部分があるのは常識だろ。
>あんたはまだ子供か?

つ[鏡]

514 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 15:29:44 ID:La+eOjsw
>>490
>他列国人に対する如く必ずしも之を後送監禁して戦局を待つを要せず

あんたね、そんな都合のいいとこだけじゃなく、もっと客観的に出しなさい。
これを書いた人は、中国兵に対する差別意識にすごいものを持ってる。
殺したって問題になることなしなんて、教育してるんだから!!!

>兵員は浮浪者多く其存在を確認せられあるもの少きを以って假りに之を殺害
・又は他の地方に放つも世間的に問題となること無し
http://www31.ocn.ne.jp/~hinode_kogei/DATA.html

515 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:44:06 ID:z/gnQnsD
>>508
だからその裁判の証拠の写真がない時点で

裁判自体が怪しく感じるだろうが

裁判所でやったなんて記録はどうでもいいんだよ
だいたい国民党とか支那人の裁判なんて

賄賂とかでどうにでもなりそうじゃん
なんせ賄賂をもらえないとりっぱな君子じゃないらしいからな

今の支那と同じ賄賂でどうにでもなる
外交もまず女抱かしてそれからだろ
あー企業もそうか

516 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:48:30 ID:wJkU4dfZ
恵也〜色々書いてるわりに自分が一番論拠を
示してない事気づいてる?そんなんじゃ誰からも
信用されないぞ〜

517 :hfd:2006/01/17(火) 15:49:00 ID:isqfQrMD
tghbthh

518 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 15:51:11 ID:BdrT0KVg
>>508
>そんな事は自分で調べるものだろうし、写真が証拠として提出されてないなんて
>俺は聞いたことがない。
>写真も証言も埋葬場所の掘り返しも、裁判所がやったとは読んだことがある。

「俺は聞いたことがない」とか「読んだことがある」なんてのは
議論の場ではなんの意味も無いの。
そんな論法が許されるのなら、否定派だって

「裁判法廷に写真が証拠として提出されたなんて俺は聞いた事がない」
「裁判は証拠なしでやったと読んだ事がある」

って言い返すだけだろ。

519 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 15:55:55 ID:La+eOjsw
>>507
>蒋介石は南京大虐殺はなかったっていったんだよねw

否定派には、マトモに読んでもいないのに上げ底で「一切言及してない」とか
平気で使う連中が多すぎる。
蒋介石が南京虐殺はなかったと認識してるなら、回顧録に言及するはずがない。

よって田中正明氏の話はデマ。

ここにも一切言及してないなんて、書いてある。上げ底も良いとこだ!
否定派の品格は最低だな。

>蒋介石がルーズベルトに手紙で南京虐殺事件について訴えています。彼の妻
・宋美齢も1938年1月5日に友人への手紙で数千人の市民が日本兵に虐殺
・されたと書いています。

・しかしその後彼らは一切虐殺について言及していません。
http://www.jiyuu-shikan.org/frontline/moteki/nankin2.html

>ここでは、「1938年1月22日」の日記で、 蒋介石自身が、既に
「南京で」の「あくなき惨殺と姦淫」を認識している
http://www.geocities.jp/yu77799/shoukaiseki.html

520 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:03:48 ID:mGJsS+Dp
>蒋介石が南京虐殺はなかったと認識してるなら、回顧録に言及するはずがない。

国民党は南京大虐殺をプロパガンダとして宣伝していたので回顧録で言及する理由は大いにある。
よって田中正明氏の話はデマとは言えない。
国民党宣伝部が『戦争とは何か』やルイス・スマイス編『南京地区における戦争被害』(昭和十三年)
の出版のためにお金を出していることも、国民党宣伝部国際宣伝処処長だった曽虚白の『曽虚白自伝』
(昭和六三年)によりすでに明らかになっている。


521 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:07:38 ID:l/DNlINK
>>507&511
蒋介石が無かったなんて言ったのは、
それって君たちが一番嫌いな、
証言にすらならない、伝聞じゃありませんでしたっけ???

根拠ないねって普段は一蹴するものですよね?確かwww

522 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:10:07 ID:gpLPom6y
そうですね。 - 私も信じれません。

2006/01/17(Tue) 14:06

匿名で悪口を言いふらしたり、中韓の人を差別したり、部落や身障者を馬鹿にしたり、気にくわないサイトはすぐ荒らす、
2ちゃんねらと同じ血の流れる、やさしい日本の兵隊さんが
婦女子をふくむ多数の市民や捕虜を自由にできる、姦り放題、殺し放題の状況で何もしなかったなんて、
なんだか信じれないですよね。
http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/


. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::: もうだめぽ
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


523 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:14:22 ID:L+0sld61
>>521
つまりお前さんは証言に根拠がないって事は分かったんだな。
で、肯定派の証言以外の証拠まだ?

524 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 16:16:17 ID:La+eOjsw
>>423
>中国共産党の当時の資料を見ても、上海戦から続く南京陥落については、
>国民党軍のだらしなさを非難するのみで、大量の捕虜虐殺など何処にも出て来ない。

読んだこともないくせに、知ったか振りする上げ底野郎!
ただ単に、人が書いた文章をコピペしただけの馬鹿かな。

>南京・上海沿線、とりわけ南京市の大虐殺は、人類有史以来空前未曾有の
・血なまぐさい残虐な獣行記録をつくることとなった
(1938年1月1日 中国共産党の刊行物、週刊誌『群衆』より)
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/gunshu.html

525 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:18:11 ID:mGJsS+Dp
>>524
中国共産党?
言論統制国家の週刊誌が何の根拠になると?w

526 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:19:38 ID:mGJsS+Dp
>>521-522
いったい誰が蒋介石の証言が根拠になるといってるのかね?
アッタマ悪すぎないかい?w

527 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:22:03 ID:GbILmroo
>522
みんな反日運動家の得意技じゃん

528 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:23:13 ID:l/DNlINK
>>526
507 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2006/01/17(火) 15:16:40 ID:mGJsS+Dp
>>506
蒋介石が南京大虐殺に一言も触れていないとか誰か言った?
蒋介石は南京大虐殺はなかったっていったんだよねw


自分で言ってるのにに注目www
蒋介石が無かったという発言は、君たちの大好きな”根拠”ありません。伝聞です。
いつものように一蹴しましょうね^^
そしてこれは誰が書いた文でしょう。肯定派捏造者東氏と並ぶ、否定派捏造者田中氏です。
いつものように信頼性皆無ですねっと一蹴しましょう^^

529 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:25:34 ID:L+0sld61
>>528は日本語の理解能力が乏しいらしい。

530 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:26:07 ID:z/gnQnsD
>>524
中国共産党の刊行物、週刊誌『群衆』より

まずここでプロパガンダだと普通は思うわな

で未曾有の虐殺を毛沢東が知らなかったんだって
何故、これほど世界に訴える有効なプロパガンダはないと思うがな

先のページにはこのような都合の良い解釈がたさんある
あった派にとって都合の良いページは無かった派にとってもご同様である
人は見たいものしかみないからな
ようするに南京城の戦闘もその他の地域同様だったと解釈するのが一番妥当だよ

じゃあ次

531 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 16:27:05 ID:La+eOjsw
>>410
>南京法廷が1200名の証人でってどこのデマ?

南京裁判の判決文を読んでないみたいだね。
あなたの出したのは、東京裁判の南京に関するところじゃないの?
証人が中国にいて、東京まで呼ぶとなったら金額的にも大変だろう。
でも地元の南京なら、旅費も知れたものだし金もかからん。

>証人である殷有余・梁廷芳・白増栄・単張夫人・魯甦・殷南岡・?方縁・
・畢正清・張玉発・柯栄福・潘大貴・毛呉夫人・郭岐・范実甫・姚加隆・
・万劉夫人・徐承鑄・僧侶の隆海・蓮華・尼僧の慧定など一二五〇人余り、
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

532 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:29:33 ID:l/DNlINK
>>529
そうそうようするに
「蒋介石は南京大虐殺はなかった」なんて言ってませんって事です^^

>>530
>まずここでプロパガンダだと普通は思うわな
素晴らしい。都合が悪けりゃプロパガンダと一蹴。
なぜ逆は想像できないのか。

ここをみてわかった。
日本人研究者がいくら努力しても中国の馬鹿どもは目を覚まさない理由が!
あいつらも
「日本のプロパガンダだからな信用できないな」

っと言ってるに違いないwwww

533 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:30:14 ID:mGJsS+Dp
>>522
>すると2ちゃんねらがリアルで生活する日本では
>>姦り放題、殺し放題
>なのでしょうか?
>
>2秒で反論できるような書き込みとはかなりのステキ脳をお持ちですね。

http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=2112133

534 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:30:41 ID:klJV2XDl
>>531
うひょう! 千二百人もいるんだ!
一人が知り合い十人を上げれば、少なくとも一万二千人分の南京虐殺犠牲者
名簿ができるね?
犠牲者名簿マダー?

535 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:31:03 ID:l/DNlINK
恵也の糞も使えばいいのに。

「日本のプロパガンダだからな信頼性ないよ」って。

こいつらも「中国のプロパガンダだから信頼性ねえな」っていうから同類同士仲良くできるぜ!!!

536 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:33:05 ID:L+0sld61
>>532
お前さんの論法でいくと
「蒋介石は南京大虐殺はあった」なんて言ってませんって事です^^
って事になるな。それでいいよ。

537 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:34:08 ID:GbILmroo
>533
>522は自分の祖国のスタンダードに沿ってモノを考えるんだよ。ほら、中国人のネットオタは、ネット上でした暴動をリアルで実行するじゃん。

538 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:34:23 ID:mGJsS+Dp
>>532
ばかだなぁw

>「蒋介石は南京大虐殺はなかった」なんて言ってませんって事です^^

そう断言する根拠がないじゃないw

それから日本は言論の自由があるけど中国は世界で160番目くらいの報道自由度という
ものすごい言論統制国家w
比べるほうがおかしい。つか、おまえ頭わるすぎw

539 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:35:28 ID:l/DNlINK
>>536
蒋介石は南京大虐殺はあった(認識してた)=実記証言
蒋介石は南京大虐殺はなかった(認識してなかった))=伝聞+捏造者
蒋介石は南京大虐殺はあったなんて言及してない=妄想

さてどれが一番まともでしょうか^^

540 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:36:24 ID:z/gnQnsD
>>531
えーと15万人の埋葬に
何人要りますか
遺体一つに4人で1時間として
4X1X150000=600000
1日に6時間働くとして
4166日
仮に400人でやったとして
41.7日
少なくて40人として
417日
30万人殺されて
何人生き残ったのか知りませんが
ありえませんね



541 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:37:57 ID:l/DNlINK
>>538

>日本は言論の自由があるけど中国は世界で160番目くらいの報道自由度というものすごい言論統制国家w

当時は贔屓目にみてもどっこいレベルwww
今の時代と比べてるお前がおかしい。つか、おまえ頭わるすぎwww

542 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:38:38 ID:mGJsS+Dp
>>539は蒋介石の実記証言がまともだと思っているらしいw
バカ丸出しw

543 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:38:56 ID:l/DNlINK
>>540

>遺体一つに4人で1時間として

犬が穴掘ってるのかよwww
想像力すらねえなwww
恵也くらい電波想像力膨らませろよwwww

544 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:39:50 ID:L+0sld61
>>539
>523には反論してないところから見てお前さんは証言には根拠がないって事が分かるが、なら
>蒋介石は南京大虐殺はあった(認識してた)=実記証言
これも根拠がないね。つまり、蒋介石の言ってる事は全部震央できないって事だね。それでいいよ。

545 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:40:37 ID:l/DNlINK
>>542
>普通、処刑した根拠のほうがありえないだろw
>朝日新聞 1937年12月17日朝刊

戦時の新聞がまともだと思ってるらしいw
バカ丸出しwwwww

546 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:40:56 ID:mGJsS+Dp
日本にいて中国共産党の出版物を鵜呑みにする奴はマヌケ確定w

547 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:41:33 ID:BdrT0KVg
>>524 >>530
個人的に疑問に思ったのは、

>(1938年1月1日 中国共産党の刊行物、週刊誌『群衆』より)

公的文書でなくて「週刊誌」なわけですよね?それも60年以上も昔の。
そんなもんをどうしてこの人達は入手できたんでしょうか?
たとえば日本国内でも、数十年前のマンガ雑誌とかは
相当プレミアのつくお宝だったりするわけですが、
まして中国の、しかも共産党の雑誌を、一体どんなルートで・・・?

548 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:42:01 ID:z/gnQnsD
>>543
お前、穴掘ったこと無いだろう
人が完全に埋まる穴は4人で1時間ぐらいは余裕でかかる

まして沢山掘るにはこれ以上の負荷がよそうできる

まあニートじゃしょうがねえな
キャンプもやったこと無いんだな

549 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:42:28 ID:l/DNlINK
>>544
アホダロオマエ(´∇`)ケラケラ

>つまりお前さんは証言に根拠がないって事は分かったんだな。
>で、肯定派の証言以外の証拠まだ?

肯定派でもなんでもねえよwww

お前らがいつも相手にもしねえ証言+伝聞+捏造者のトリプルコンボのネタを、
都合よく紹介してるから呆れてるだけだろwww気づけあほwww

550 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:42:27 ID:L+0sld61
>>545
>戦時の新聞がまともだと思ってるらしいw
>バカ丸出しwwwww

よく分かってるじゃん。戦時の中国の新聞は信用できないって事だ。

551 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:43:11 ID:mGJsS+Dp
>>545
戦時の新聞が全部虚報だと思うほうがどうかしてるw
アタマワリぃーw

552 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:43:28 ID:WOHHs16u
南京戦の戦死者に関して内部資料と外部発表の差が以上にでかかった事からわかる通り
実情とかなり乖離がありそうなものだが

553 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:44:43 ID:L+0sld61
>>549
レスの順番バラバラだぞ。日本語だけじゃなくて数字も読めないのね。

554 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:45:15 ID:rluDVQ9+
>>548
>人が完全に埋まる穴は4人で1時間ぐらいは余裕でかかる

手で掘ってんの、ショベルって分かる?
キャンプ行ったことありますか?

555 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:45:56 ID:mGJsS+Dp
>>549
どうやら重度の認知賞のようだw

いったいこのスレのどこで証言+伝聞+捏造者のトリプルコンボとやらを
都合よく紹介しているのかな?
これで2度目の指摘だが、マケマケだからファビョってんだなw
かわいそうに。

556 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:45:57 ID:l/DNlINK
>>548
都合の良い新聞だそうかwww

昭和13年4月16日 大阪朝日新聞
近まで城内で、一千七百九十三体、城外で三万三百十一体を片付けた。約一万一千円の入費となっている。
苦力も延べ五,、六万は働いている。

>4人で1時間ぐらいは余裕でかかる
かかってねえよwwww
キャンプやる以前にパソコンで調べる事すらできないみたいだからしょうがねえなwwww

557 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 16:46:57 ID:La+eOjsw
>>408
>反論したいなら、何故自分で確認しない?

この確認にどれだけ時間とお金がかかるか、あなたには想像もつかないだろう。
朝日新聞の縮刷版をおいてある図書館に行き、1937年12月13日〜1938年3月位
まで全文の目を通さないといけない。
そんな仕事は、お金を貰っても俺は遠慮するよ。

俺が今井記者の行動をチェックして書いたとしたら、文章はずっと長くなる。

●今井記者が浦口に行った、と断定した「朝日新聞の年月日と内容」
●浦口で即日、原稿を書き送稿した、と断定した「朝日新聞の年月日と内容」
●今井記者が、南京で座談会に参加した、と断定した「朝日新聞の年月日と内容」

これだけでも書いてあれば、新聞の縮刷版で探す手間ははるかに楽だ。
それが調べ物をする人間の、最低限の義務だと思うけどね。

この著者は田中正明氏みたいに、他人の日記を自分だけしか持たないと誤解し
悪質な付け加えまでして本に出す、人間と品格が似てるよ。
後で調べてくれる人間の苦労を、全く考えてない書き方だ。

558 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:47:09 ID:z/gnQnsD
>>552
支那や朝鮮じゃ大本営発表と外部機関の発表に大きな開きがあるのが

デフォルトなんだが

白髭千畳とかいうじゃん

559 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:47:36 ID:l/DNlINK
>>555
507 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2006/01/17(火) 15:16:40 ID:mGJsS+Dp
>>506
蒋介石が南京大虐殺に一言も触れていないとか誰か言った?
蒋介石は南京大虐殺はなかったっていったんだよねw

自分でトリプルコンボ都合よく紹介してるだろwwwwアホかお前wwww

560 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:47:42 ID:L+0sld61
>>556
>戦時の新聞がまともだと思ってるらしいw
>バカ丸出しwwwww

自分で数分前に書いた事も覚えられないのか。

561 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:49:08 ID:l/DNlINK
>>560
>都合の良い新聞だそうかwww

文字もよめねえのか可哀想だな。都合がいいから出したんだけどwwww

562 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:49:46 ID:L+0sld61
>>561
なんだ、自分でバカ丸出しって事くらいは分かってるんだね。

563 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:50:01 ID:mGJsS+Dp
>>559
は?w
それのどこが「都合よく」なんだ?
完全に話の流れに乗っているのがわからんとは
日本語能力の欠如かな?w

564 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:50:54 ID:GbILmroo
>548
>543
1人分のたこつぼ(砲弾などから身を守るための穴で、人間1人がすっぽり入るくらいの大きさ)を掘るのに、優秀な兵士でも2人がかりで1時間くらいかかるらしい。

埋葬の時間がかかり杉→死体が腐って疫病が流行→日本軍全滅

565 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:51:11 ID:l/DNlINK
>>562
お前のスレみてみたが>>511を書いた時点で、バカ丸出しって自分もわかってるんだよな??wwww

証言+伝聞+捏造者を引用して何行使ってレスしてんだwwww

566 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:51:51 ID:mGJsS+Dp
やっぱり肯定派は馬鹿ばっかりだな( ・ิω・ิ)

567 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 16:52:23 ID:La+eOjsw
>>397
>旧軍のトップは総理じゃないよ。

旧軍隊であっても、政治、外交に関するトップは総理大臣で軍人ではありません。
政治、外交に関しては軍人はアドバイサーにはなれても、トップにはなれん。

568 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:52:43 ID:l/DNlINK
みなさん!
mGJsS+DpとL+0sld61は恵也と一緒で、
証言や伝聞や捏造者の記述を引用するアホなので触らないようにお願いします!!!

569 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:52:48 ID:L+0sld61
>>565
お前さんがバカ丸出しって事については否定しないんだな。

570 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:52:55 ID:z/gnQnsD
>>556
えー30万も殺されてるのに

なんでそんなに人がいるの?

で片付けた数が裁判の記録とは符合しないのなんで?
でスコップでそれだけ掘るのにやっぱり万単位なんだよね
その人たちはどこから来たの?
虐殺されてるんだよね

ゲットーなんから必死で逃げるユダヤ人は知ってるけど
まだ占領が続く南京城になんで人がいるの?
彼らはアホ?

571 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:54:32 ID:l/DNlINK
>>570
>えー30万も殺されてるのに
30万も殺されてないからwwwwアホかお前wwww
>なんでそんなに人がいるの?
他で1億殺してようが、安全区に20万人程度はいるんだけどwwwwwwwwwwwwwwwwww

572 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:54:52 ID:mGJsS+Dp
ところで蒋介石が南京大虐殺はなかったと書いたのは田中正明で
この話は田中正明と蒋介石の会話から採られている。

つーわけで、伝聞? 何が伝聞? とりぷるこんぼ?
やっぱりバカ丸出しw

573 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 16:59:15 ID:z/gnQnsD
>>571
あのね
30万殺すような軍隊に安全区がなんで必要なの?

自分で言ってって矛盾に気づいてないね


574 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:00:58 ID:l/DNlINK
>>572
根拠ねえだろそれwww
いつもいうように「根拠だせよw」
>>573
アホかお前www
>30万も殺されてないからwwwwアホかお前wwww
文よめwww

575 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:03:26 ID:l/DNlINK
南京大虐殺があったとか断定する奴はアホ!

南京大虐殺はなかったとか断言する奴はアホ!


じゃあなwww

576 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:04:33 ID:z/gnQnsD
>>574
なんだスコップのオバカさんか

でスコップで穴一人でどのくらいでほれるの?

まさか畑だったとか言わないように
当然石とか砂利とかもでてくるよね
普通キャンプじゃそうだもんね


577 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:05:50 ID:BdrT0KVg
なんかグダグダだな。
いったん論点整理したら?>ALL

578 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:08:14 ID:GbILmroo
>グダグダは2ch名物

579 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:08:22 ID:WOHHs16u
単なる煽りで何かを証明したいわけじゃない奴をいちいち相手にしてもしょうがない

580 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:10:08 ID:mGJsS+Dp
>>574
ほれ、これ読んで首でも吊れw
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/7154/15-2.html

田中正明が改竄したってのは朝日のプロパガンダだという説があるな。
http://www.jiyuu-shikan.org/goiken/99/goiken9911m.html
よくわからんが朝日ならやりそうなことだw

581 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:13:55 ID:La+eOjsw
>>382
>この記述じゃそこまで割り合いが判りませんが、半々だったら現在でも
>普通に殺されるであろうモノ。

俺なら殺さん。
逃げる一般人が、日本人だったらどうするかい?
皇族が混じってたら、まとめて殺すかね。

浅間山荘の事件では、警官に死者が出たがテロリストは全員逮捕した。
それが理想的公務員の姿だと俺は思うけどな。
あなただったら、テロリストがいるのなら一般人がいようとミサイルを
ぶっ放して全部殺せと言ってるようなもの。
それも我が身可愛さで!

この浅間山荘事件で、警察に対する信頼とテロリストに対する不信が確定
したんだぜ。信頼はタダでは手に入れにくい。

>狂ったように銃を乱射した。午前11時31分、高見繁光警部(42)が犯人に
・狙撃され死去、午前11時43分、大津高幸巡査(26)が左目を犯人に撃たれ
・失明、午前11時55分、内田尚孝第2機動隊長(47)が犯人に狙撃され死去、
・午前12時2分、上原勉警部(38)が犯人に撃たれ負傷、
http://www.geocities.jp/showahistory/history6/47a.html

582 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:19:20 ID:mGJsS+Dp
恵也の書き込みの構造

 レス番
 レス引用
 
 (ここで「間違い!」とお前は言う)
 思い込み根拠の反論。
 反論に類似する全然関係ない話。

 全然関係ない話のURL
  ↑.
 これが不思議w

583 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:20:55 ID:La+eOjsw
>>580
>田中正明が改竄したってのは朝日のプロパガンダだという説があるな。

否定派のお仲間、板倉氏にバラサレタのをご存知じゃないようだ!

>板倉由明氏は「誤りが多いと言うことを指摘」したばかりでなく、
・「悪質な書き加え」を含む「改竄」であると断じています。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/tanakam.html

584 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:22:20 ID:z/gnQnsD
>>581
ここでテロリスト全員死亡でも

警察に対する信頼は微塵も変わりません

むしろグッジョブ 鉄球です

明確な犯罪者に人権はありません

585 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:25:57 ID:La+eOjsw
>>564
>優秀な兵士でも2人がかりで1時間くらいかかるらしい。

俺は土方をやってたことがあるが、一人で30分もあれば十分だよ。
そんなに時間のかかる兵士じゃ、優秀とはチョッと????

586 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:29:00 ID:mGJsS+Dp
>>583
それで南京問題にどんな影響があったのかね?
改竄がばれて田中正明氏の主張のどの部分が否定されたんだ?
よくしらんがw

587 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:36:50 ID:z/gnQnsD
>>585
土方って・・・
みんなが土方なんですか
たとえば土方だって同じペースで掘れなんかしません

私は祖父の土葬に立ち会ったことがありますが4人で1時間は
絶対に必要です

浅く掘ったんじゃだめなんだぞ

588 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:37:15 ID:L+0sld61
>>585
>俺は土方をやってたことがあるが、一人で30分もあれば十分だよ

そんなに簡単なら早速南京掘り返そうよ。30万人分出てくるんでしょ。

589 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:38:25 ID:uEwLSwuK
きっと彼は、バックホーの援護を受けてたんだろ。

590 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:39:16 ID:La+eOjsw
>>548
>人が完全に埋まる穴は4人で1時間ぐらいは余裕でかかる

埋葬する本格的なお墓ではそんなもんでしょう。
しかし、南京虐殺のように大量の遺体の場合、大きな出来上がってる穴を
よく使ってます。

大きいのはレンガを生産した材料を掘った穴が、南京には多くてそれが使
われた模様です。
もちろん一体ずつじゃなく、何百体も一度に放り込み土をかぶせ、また放り込み
と何層もやったそうです。

>無抵抗の女性、老人、子供を含む南京市民や武器を捨て た中国人に、虐殺
・強姦・放火・掠奪というあらゆる暴行をはたらきました。強姦事件だけでも、
・2万人以上に達したと中国の資料に表されています。
http://www.jca.apc.org/JWRC/exhibit/China23.HTM

591 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:40:28 ID:uEwLSwuK
じゃあ、骨もすぐ出てくるな。

つか、知っとるか知らんか知らんが、
雨で骨が出てくるぞ、浅いと。

592 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:41:38 ID:L+0sld61
>>590
なんだ、場所まで分かってるんじゃん、掘り返して証拠にしようよ。

593 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:42:25 ID:Ao7h8Je9
シナは嘘つき。事実への誠実さも全く有りません。

よって、南京ナンタラは妄想、捏造。

これで終了です。

594 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:44:14 ID:uEwLSwuK
・・・これと同じ理屈で、
ナチスのユダヤ人大虐殺は疑問、
ってことになるんだわな。

あっちは、骨まで燃やした、
ってことになってるから、
まあ、灰が出てくるかどうか、
みたいな話になってるけど。

(あれを無かったことにしてしまうと、
イスラエル建国の大儀がゆらぐんで、
アラブ人は無かった、とか主張してるし)

まあ、南京で骨が見つからないのは、きっと、
日本軍が燃やして、灰にして、川に流しちまったんだろ。
というわけで、炉を見つけないとな。

それなら、あるだろ。
処理するには不十分な数基程度は。w

595 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:47:01 ID:mGJsS+Dp
恵也〜

田中正明は改竄でその主張のどこを否定されたのさ。
どこググってもわかんねぇよw

東史郎みたいに真っ向から全否定されたんじゃないみたいだけど?
どうなのよw

596 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:47:38 ID:La+eOjsw
>>547
>まして中国の、しかも共産党の雑誌を、一体どんなルートで・・・?

共産党の雑誌なら、共産党が保存してるでしょう。
これが戦争に負けて、解体してたら保存なんて出来ないけど勝者だから
エバッテお金をかけて保存してることだろう。

日本では週刊誌などの雑誌は、大宅壮一文庫で保存してます。
まあ、ボランティアみたいな形でやってるようだ。
その点、あちらは中国共産党だから、規模が違うだろう。

>「本は読むものではなく、引くものだよ」。マスコミ生活50年、かたわら、
・資料の収集整理に力を尽した大宅壮一らしい言葉です。
http://www.oya-bunko.or.jp/annai0.htm

597 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:49:16 ID:uEwLSwuK
あいや、すべての出版物は、
普通、国家機関が保存するだろ。

問題は、閲覧が許されるかどうかで。

598 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:49:31 ID:mGJsS+Dp
恵也〜

焚書坑儒ってどこの国の伝統だか知らないのか〜w


599 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:50:52 ID:La+eOjsw
>>545
>戦時の新聞がまともだと思ってるらしいw

戦時でも日本軍の都合の良い記事は、マトモなのが発行されてるよ。
日本軍の遺体とか、残虐行為となったらマスコミには出せなかったけどね。

600 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:51:07 ID:ApR7uuBj
なあエナリ

>中国の資料に表されています

もうそう言うのやめようよ。

601 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:52:35 ID:mGJsS+Dp
恵也〜

田中正明の主張がどれも否定されていないのなら問題ないんじゃないの?
東史郎と違ってさ〜w

602 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:53:21 ID:z/gnQnsD
>>590
えーとそのレンガの穴はそのまま野ざらしだったですか

違いますよね

当然、埋めてあったですよね
しかも場所分かってる
でも文化大革命時の遺体と区別つくかな
なんせ桁が違う
あっちはうん千万
こっちはうん十万
当然、あの時も利用してますよね
まさか文化大革命時に虐殺はなかったとは言いませんよね

603 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 17:55:08 ID:La+eOjsw
>>598
>焚書坑儒ってどこの国の伝統だか知らないのか〜w

これは伝染するんだぜ。
終戦のとき、日本中で書類や写真を燃やしたんだよ。
戦犯として証拠が残っては、命がなくなるから正当防衛だと思うけど・・・

604 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 17:56:39 ID:klJV2XDl
>>603
うわ、あほがいる。

605 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 18:00:38 ID:La+eOjsw
>>587
>私は祖父の土葬に立ち会ったことがありますが4人で1時間は
>絶対に必要です

それは判るが、ここで30分と言ってるのは戦闘で使う1人分のタコツボ。
弾があたらず、隠れるだけのスペース。
小さなもんだ。

606 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:03:11 ID:GbILmroo
>590
おい、随分詳しいなw大量の死体の隠しかたなんてどこで覚えたの?

普通の日本人は大量虐殺の証拠隠滅のやり方なんて知らんよWW

607 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:07:18 ID:ApR7uuBj
恵也

なあ南京に行った事あるか?
おれは留学先が中国だったから行った事がある。南京市って城塞都市とはいえ馬鹿でかいぞ。
あそこで敵兵を包囲するだの、捕虜を日本軍以上の数取るだのムリだって、行ってみれば解る。
広いからいくらでも逃げれるし、密かに30万人を殺す事などできないって。

それに地面がやたらと硬かった、岩でできてるのかと思ったほどだ。
そこを掘りまくって30万人を埋める?絶句したよ

608 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 18:10:33 ID:La+eOjsw
>>584
>ここでテロリスト全員死亡でも
>警察に対する信頼は微塵も変わりません

ここで一般市民もまとめて殺してたら、信頼はなくなるよ。
南京虐殺の日本軍みたいにね。

浅間山荘を、飛行機で爆撃してみろ。
死んだテロリストが英雄になって、殺した警察の信頼は大暴落だ。

パレスチナではそれが起こってるんだよ。
テロリストを殺すのに、建物ごと一般市民も一緒にミサイルでアポーン。

>イスラエル軍のアパッチ・ヘリからのミサイル攻撃で、一般市民の間に多数
・の死傷者が出ました。この時のすさまじい状況を伝える緊急メールが、
・ラファ在住のムハンマドさんから届きました。
http://palestine-heiwa.org/rafah/doc/20040515_rafah.html

609 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:13:12 ID:L+0sld61
>>608
>ここで一般市民もまとめて殺してたら、信頼はなくなるよ

まとめてって、1人をどうやってまとめるんだ?浅間山荘事件お前知らないのに語るなや。

610 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:14:30 ID:mGJsS+Dp
恵也の書き込みの構造

 レス番
 レス引用
 
 (ここで「間違い!」とか言う)
 思い込み根拠の反論。
 反論に類似する全然関係ない話。

 全然関係ない話のURL
  ↑.
 これが不思議w


611 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:14:40 ID:GbILmroo
>605
その小さなタコツボですら、2人がかりで1時間かかるんだよ?まして、証拠隠滅のために死体を埋める穴はどれくらい手間がかかるのかね。
まあ、タコツボが必要な場所は、敵の襲撃が予想される場所でもあるから、周りを警戒していていくらか余分な時間はかかるかもしれないけど。
タコツボについてのソースは元米国陸軍の士官が書いた本ね。WWUで中国の同盟国だったアメリカの軍人が日本を庇うために嘘をついたとは言わないよな?

612 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:18:15 ID:BdrT0KVg
>>581
>逃げる一般人が、日本人だったらどうするかい?

なんで日本人が日本軍から逃げるんだよwwwww

>あなただったら、テロリストがいるのなら一般人がいようとミサイルを
>ぶっ放して全部殺せと言ってるようなもの。

ミサイルをぶっ放さなくてもなんとかなるのであれば最大限そうするべきだが、
それは「ミサイルぶっ放してはいけない」と同義ではない。
もしこの事を理解できない、または納得いかないというのであれば、
南京議論(ていうか戦争に関するあらゆる議論)に参加すべきではない。

613 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:22:17 ID:mGJsS+Dp
恵也〜

お前、このスレで人口問題、崇善堂捏造、徳川証言、等などずいぶん論破されてるけど
ちょっと多すぎないか?
みんな複数回論破してるから同じネタ振りなら答えるほうが有利だよw

ところで反論で引用するURLがいつも関係ない話なのはどういうことなの?w

614 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:25:02 ID:BdrT0KVg
>>608
>浅間山荘を、飛行機で爆撃してみろ。
>死んだテロリストが英雄になって、殺した警察の信頼は大暴落だ。

浅間山荘事件が、お前の母国で起こったのなら英雄になるかもなwwwww
なにせテロリストの安重根を英雄扱いしてる国だしなwwwww

でも日本にはテロリストを英雄にする文化はありません。残念!

>パレスチナではそれが起こってるんだよ。
>テロリストを殺すのに、建物ごと一般市民も一緒にミサイルでアポーン。

うん。で、イスラエル軍に対する「イスラエル側の」評価は下がったのか?
イスラエル軍はひどい、パレスチナは英雄だ、と、「イスラエル人が」言ってるか?

615 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:30:47 ID:Cp2+Oc+S
映画の題名にもなったコラテラルダメージっていうのがあるな
軍事行動をとった際、民間施設やら民間人に意図せずいく損害、「仕方のない犠牲」みたいな意味

616 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:34:24 ID:w9W/aKpY
仮に南京大虐殺なるものが本当にあったとしても
最大の責任は中国の軍にある、戦闘で負けて逃げ遅れたのなら
投降するか、いさぎよく自決するか、戦って死ぬべきだったんだ
市民を盾に生き残ろうなんて兵士の覚悟が無さ過ぎる、
胸を張って降伏しろ!「士官は好きなようにしてくれ、しかし兵卒、市民には温情を」
ぐらい言えたなら日本帝国軍は感動したに違いない


617 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:38:44 ID:EhpS9ou8
恵也・・・・
お前、いつ寝てるんだ?

618 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:40:16 ID:EhpS9ou8
仮に南京大虐殺なるものが本当にあったとしても
謝罪も賠償も、すべて解決済み・・・だっけ?

619 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:50:41 ID:Hna9g45L
>>454
ちなみに、昭和13年8月から行われた武漢攻略では
遺棄死体 約19万5千人、捕虜 約1万2千人(戦史叢書第89巻P193,199)
で、欧州戦線の常識から言うと捕虜が異常にに少ないです。
でも、これが中国戦線の常識だとは考えられませんか。
比率から言えば、上海−南京戦と変わらないような気がしますが。

「捕虜を殺害したから遺棄死体に含まれている」と主張されるのであれば
証拠をどうぞ。

620 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 18:52:10 ID:mGJsS+Dp
恵也は寝ないんだよ。
自動書記だから。

621 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 19:04:04 ID:EhpS9ou8
>>620
中国タクシーか!!w

622 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 19:18:05 ID:7YHNuw78

>「なぜドムトロさんの書き込みは削除されたのか」に答えて - トリデ
2006/01/17(Tue) 01:05
> それにしても、そうした連中が差別や暴虐を正当化する投稿文の異常ぶりには知らぬ顔でいて、
> (普通の人間なら怒りを感じるものですが)
> 「自分の投稿が消された」ことだけ問題にする神経には驚きました。
2ちゃんのリンクからきた連中って、
口振りでは中庸をよそおいながら、
そういうところの人道的な鈍感ぶりで
馬脚を出してるの多いね。
映画の名言であったな。
「糞虫に糞の臭さはわかるめえが」って。


Re: 誰のせい?? - ROM
2006/01/17(Tue) 17:43
>「糞虫に糞の臭さはわかるめえが」って。
これ以上ないくらい立派な暴言かと存じます。
管理人様の対処が待たれます。


糞虫とは暴言だね - 糞無視
2006/01/17(Tue) 19:04
2ちゃんどもを「糞虫」呼ばわりはもったいない。
糞虫に失礼だよ。

http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/?act=reply&tid=715146

623 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 19:24:09 ID:lOkkvWqM
>>619
遺棄死体 約19万5千人の名簿は存在するの?
また20万人分の埋葬記録はある?


624 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 19:26:25 ID:Hna9g45L
>>623
戦史叢書での日本軍の記録ですから、名簿はありません。

625 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:09:40 ID:us8WXHs9
一つだけはっきりと言えるのはエナリの土方話は全くの嘘だと言うことだ

利益を要求する職場で人件費がかかる人力による穴掘りは極力避けるのが常識
機械が入れないような極稀で小規模なところだけが手掘りとなる

直径1メートル深さ1.5メートルの主円+小方形の変形前方後円墳型タコツボ
教本では一人で2時間とあったがそれが可能なのは

(拳より大きな)石がなく地面が締まっていない場合のみ

元国営土方より

626 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:14:08 ID:+Qy4vzVS
>>616
そんな気概がシナ軍にあるならあんなに弱くないし、欧米に食われていくことも無い。


627 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:16:32 ID:dsHlsalQ
元民営土方より
積算からの情報ですか?
積算はあまりあてにしない方がいいですよ。

もっとも、>>625の言うとおりではあるけど。

628 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:21:14 ID:gpLPom6y
>Re: 南京事件は事実でしょうか? - 結局、おまえはひとりだ

>2006/01/17(Tue) 19:08

>このオッチョコチョイ



> すると2ちゃんねらがリアルで生活する日本では
> >姦り放題、殺し放題
> なのでしょうか?
>> 2秒で反論できるような書き込みとはかなりのステキ脳をお持ちですね。

>だから、それは「反論」じゃなくて「屁理屈」というの。
>いや、屁理屈にもなってない。
>もっと、よく読んで屁理屈たれろ。
http://bbs2.fc2.com/php/e.php/19491/
>>533だってさ。いつもならこの手の書き込みは
管理人が問答無用で削除するのになぜか今回だけ
削除されないなんて分かり安すぎ。管理人自演必死だな。



629 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:38:20 ID:R7Q83BIg
>>616
エナリいわく、「市民を守れないのは軍隊にとって恥ではない」ですwww

630 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 20:40:29 ID:p4crCKxP
>>613
>みんな複数回論破してるから同じネタ振りなら答えるほうが有利だよ

全く論破されてないぜ。
連戦連破、敵なしというやつだね。

まあ、このことが理解できないスポンジ脳ミソのウヨボウがいるのは
認めるけどね。
あなたも、スポンジ脳ミソのウヨボウかな?

631 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:44:53 ID:gpLPom6y
>>630俺らの脳みそがスポンジならお前の脳みそはバターだな。
もう脳みそとろけかかっちまってロクに機能してないw

632 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:51:04 ID:dsHlsalQ
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/143/yomikata.html

633 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:51:05 ID:l3e3cRSJ
>>630
あれ、いつもの無関係なURL貼りはないの?

そんなに余裕ないのかwww

634 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:52:22 ID:EbeT5rA2
日韓友好!
貴方達のような一部の反乱分子がいくら吼えようとも日韓友好は崩れない

これが証拠
http://read.kir.jp/file/read34636.jpg

635 :632:2006/01/17(火) 20:52:47 ID:dsHlsalQ
>>632は間違い
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/143/index3.html

636 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:55:18 ID:vQDI5INU
うそつきはウリの特許ニダモ

637 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 20:55:54 ID:l3e3cRSJ
>南京大虐殺事件の基本的な事実を知りたい方は、まず、
>笠原十九司著『南京事件』(岩波新書、税込819円) を
>読むことをすすめます。

ここ、笑うところか?

638 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:01:01 ID:4RodYwR1
笠原十九司著『南京事件』って捏造写真載せてて差し替えしたあれか

639 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 21:01:32 ID:p4crCKxP
>>614
>でも日本にはテロリストを英雄にする文化はありません。残念!

意外と歴史を知らないようだね。
日本武尊が熊襲を滅ぼした歴史も知らないのかね。

ここでは一般人じゃなく美女に変身して、敵の総大将をテロしてるんだけど
この方は英雄だよ、長勇中佐みたいな臆病な殺人鬼じゃない。

>小碓命は少女のように髪を結い,叔母(倭比売)からもらった小袖を着て
・宴に紛れ込んだ。酒を飲んで上機嫌になっている兄弟を見ると,その前に
・進み出て目にとまるような仕草をした。

・色白で美しい小碓命に熊襲建の兄が声をかけてそばに座らせた。そして,
・兄が小碓命を自分の膝の上に抱きかかえようとしたとき,小碓命はここぞ
・ばかりに持っていた短刀で兄を一気に斬り殺してしまった。

・それを見て外に走って出ようとした熊襲建の弟を追い,背中から刀をさした
・ところ,弟は自分たち兄弟より強い者は西方にはいないが倭にはいたんだと
・知り,自分たちの「建」の名をもらってほしいと願う。
http://www.asukanet.gr.jp/tobira/yamatotakeru/yamatotakeru.htm

640 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:02:22 ID:dsHlsalQ
http://www11.ocn.ne.jp/~nbbk/143/yomikata.html

641 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:03:22 ID:cptQ2BIj
笠原教授って中核派との黒い噂もあるし…

642 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 21:06:11 ID:p4crCKxP
>>615
>「仕方のない犠牲」みたいな意味

臆病な指揮官は、この犠牲がどんどん大きくなるのが特徴。
あなたも臆病者の仲間なのかも・・・
これは悪口じゃなく、客観的、科学的事実。

643 :\___  ___________/:2006/01/17(火) 21:12:47 ID:gpLPom6y

        ∨
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\              /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|            /、          ヽ はぁ?黙ってろデブ
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |  
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     |
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /         


644 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 21:17:27 ID:p4crCKxP
>>616
>最大の責任は中国の軍にある、戦闘で負けて逃げ遅れたのなら
>投降するか、いさぎよく自決するか、戦って死ぬべきだったんだ

スーフリとかいう強姦集団を思い出すよ。
やつらに言わせたら
最大の責任は女性にある。強姦されたくなければコンパに出ないか、酒を飲ま
ないか、ブスに生まれるか、いさぎよく和姦するか、自殺すべきだったんだ。

まあ、物は言い様、刃物は使い様。
何とでも言える。

それから、いつの世にも他人を盾に助かろうとする人間が、一定の割合でいる
のは事実だが、それを理由に自己弁護、言い訳する人間は珍しい!

645 :\___ ___________/:2006/01/17(火) 21:24:26 ID:gpLPom6y
  ∨
    _____
   /::::::::::::::::::::::::::\                  _
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\              /  ̄   ̄ \
  |:::::::::::::::::|_|_|_|_|            /、          ヽ はぁ?黙ってろデブ
  |;;;;;;;;;;ノ   \,, ,,/ ヽ          |・ |―-、       |  
  |::( 6  ー─◎─◎ )          q -´ 二 ヽ      |
  |ノ  (∵∴ ( o o)∴)          ノ_ ー  |     |
/|   <  ∵   3 ∵>          \. ̄`  |      /
::::::\  ヽ        ノ\           O===== |
:::::::::::::\_____ノ:::::::::::\        /         


646 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 21:25:14 ID:p4crCKxP
>>616
>胸を張って降伏しろ!「士官は好きなようにしてくれ、しかし兵卒、市民
>には温情を」ぐらい言えたなら日本帝国軍は感動したに違いない

セコイ精神構造だ。
仕官仲間のいろんな奴がいるだろ。
それを、自分の身体みたいに取引に使おうとするセコイ人間。
責任と権利を持ってるのは「自分の身体だけ」なんだけどな・・・

言うなら「自分の身体は好きなようにしてくれ、しかし一般市民には温情を」
というのが常識だと思うがね。
他の仕官仲間はあなたの身体じゃないんだから。

647 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:26:09 ID:mE078PMr
>>644
旨いたとえじゃないな。

住民にとって、
>コンパに出ないか、酒を飲まないか、ブスに生まれるか、いさぎよく和姦するか、自殺すべきだったんだ。
という、選択肢があるか?


648 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 21:32:20 ID:p4crCKxP
>>618
>謝罪も賠償も、すべて解決済み・・・だっけ?

全部、解決済だよ。
でも世の中には、未だに解決してないと頑張ってる馬鹿が多勢いる。
小泉総理を始め、ウヨボウという方がね。
だから屁理屈付けて靖国に、極悪人を神様に祭り上げて、お参りに行く。
極悪人のままにしとけばいいものを・・・
眠ってる子を叩き起こす馬鹿タレども。

649 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:32:34 ID:l3e3cRSJ
中国軍は、住民に被害が及ぶ事を免れない便衣戦術を使った。
つまり、>>644の例えでいけば、和姦を選択したことになるな。

650 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:34:31 ID:gpLPom6y
>>648
                         ´⌒;;)   死ねや!!     (( )
      ヒューーーーーン              ´⌒;;)´⌒;;)     ∧∧      ((  ⌒  ))
    <|>=´⌒;;)´⌒;;)´⌒;;)´⌒;;)´⌒;;)´⌒;;)´⌒;;)lニニニニニニ(`Д´ )ニニ〓] 三≡) ))
                           ∧ ∧∧   ο|/⊂ニ /      (( ⌒ ))
                     rj=====n(゚∀(゚Д゚ ,,).   l ̄_ )‐、      (  ))
                 (| ̄ ̄| ̄===i≡i∩ヰ⊂ )// (__) ―J
                 〃======ヽ__| 0:||^)/^/^/ ̄二二二二 ̄ ̄|
                [l=〆´⌒゙ヽ.\. .||――〃  /.〆´⌒゙ヽ. |   |`¨´ ,
                  i (∴) i--i=====------|-i (∴) .i" ̄ ̄,",´゚    キキーー
                  ヽ、____,ノ,'"´,,;         ヽ、____,ノ,'"´,,゙" ,; '" ゜
"゛゜`"゙゙゙⌒^""`゛"゛゜"""゛゜"`"゙゙゙⌒"⌒`゛""`"゙゙゙⌒""`゛"゛"゛゜`"゙゙゙⌒^""`゛"゛゜"`"゙゙゙`゛""`"゙゙゙

651 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:37:21 ID:R7Q83BIg
>>648
>全部、解決済だよ。
>でも世の中には、未だに解決してないと頑張ってる馬鹿が多勢いる。

中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。
中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。
中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。
中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。
中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。
中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。
中国の温首相は「ODAは戦時賠償」とのたまいました。

652 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:38:13 ID:gpLPom6y
掃射開始するYO! 
  Λ_Λ ドルルルルルルルルルル.!!!!! ∴*.∵;"*.∴|;".*
   (  ゚∀゚ )___。  \从/  _ _ _*;:*;ビシュ!!∧_− __ −
  ミ(  つ【〔ロ=:(∈(二(@ >‐― ‐ ∴¨O:∴ −\ヽケヒャーヒャヒャヒャヒャ
   Λ_Λ B ̄゛  /W'ヽ  -   ̄ ;\~~ビシュ∴|*.;'*':∵∴ヒャヒャヒャヒャヒャ!!!
   (  ゚∀゚ )___。  \从/  _ _  ゝ;   ∧∧*;_−あひィィィィィーーーーッ助けてェェェーーーーーーーッ!!!
  ミ(  つ【〔ロ=:(∈(二(@ >‐― ‐ _  ̄(;゚Д゚)   ゚∴;ビシシシュッ!!:∀
   Λ_Λ B ̄゛  /W'ヽ  -   ̄  \/つ>>648ノ o ̄ζ;:;'*':∵アーヒャヒャヒャヒャヒャ
   (  ゚∀゚ )___。  \从/   _ _  ;:;(__-、ノ'*'o∴*.∵ζ;"*.∴ -   ;'':∵
  ミ(  つ【〔ロ=:(∈(二(@ > ‐― ‐ _.ノノU*.;'*〆ビシュシュシュシュッ!!!-  ヾ- ゚)
   人 ヽノ B ̄゛   ̄−─   ∪   ̄- - ̄- ̄  ̄.∵ζ;"*.  ̄
  (__(__) B.                      _    ;:;'*' ∴*;::;:
  アアァァァーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!




653 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:38:17 ID:IuOY6dH3
>>651
えなりは温首相を指して「未だに解決してないと頑張ってる馬鹿」と言っているのか

654 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 21:40:34 ID:p4crCKxP
>>625
>直径1メートル深さ1.5メートルの主円+小方形の変形前方後円墳型タコツボ

そんなに深いタコツボかい?
俺が言ってるのは、銃弾や敵から見えないようにするせいぜい1mくらいの深さ
1.5mじゃオオゴトだよ。
肩くらいの深さじゃ、一人で30分じゃ無理だよ。

655 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:41:19 ID:mE078PMr
>>648
でも、中国が靖国をどのように解釈しようとも 解決済み。


656 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 21:44:55 ID:gpLPom6y
掃射開始するYO! 
  Λ_Λ ドルルルルルルルルルル.!!!!! ∴*.∵;"*.∴|;".*
   (  ゚∀゚ )___。  \从/  _ _ _*;:*;ビシュ!!∧_− __ −
  ミ(  つ【〔ロ=:(∈(二(@ >‐― ‐ ∴¨O:∴ −\ヽケヒャーヒャヒャヒャヒャ
   Λ_Λ B ̄゛  /W'ヽ  -   ̄ ;\~~ビシュ∴|*.;'*':∵∴ヒャヒャヒャヒャヒャ!!!
   (  ゚∀゚ )___。  \从/  _ _  ゝ;   ∧∧*;_−あひィィィィィーーーーッ助けてェェェーーーーーーーッ!!!
  ミ(  つ【〔ロ=:(∈(二(@ >‐― ‐ _  ̄(;゚Д゚)   ゚∴;ビシシシュッ!!:∀
   Λ_Λ B ̄゛  /W'ヽ  -   ̄  \/つ>>654ノ o ̄ζ ;:;'*':∵アーヒャヒャヒャヒャヒャ
   (  ゚∀゚ )___。  \从/   _ _  ;:;(__-、ノ'*'o∴*.∵ζ;"*.∴ -   ;'':∵
  ミ(  つ【〔ロ=:(∈(二(@ > ‐― ‐ _.ノノU*.;'*〆ビシュシュシュシュッ!!!-  ヾ- ゚)
   人 ヽノ B ̄゛   ̄−─   ∪   ̄- - ̄- ̄  ̄.∵ζ;"*.  ̄
  (__(__) B.                      _    ;:;'*' ∴*;::;:
  アアァァァーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!




657 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 22:01:17 ID:p4crCKxP
>>638
>笠原十九司著『南京事件』って捏造写真載せてて差し替えしたあれか

捏造写真じゃないよ。
南京一番乗りを目指して、シャカリキになってる部隊がたかが中国人の百姓の為
送り迎えして、ハイポーズなんて部隊総がかりでやるものじゃない。
部隊長が村民から、慕われるほど長居出来るはずもない。
その暇があれば、南京目指して5kmでも前進するのが常識。
むしろ日本の説明文が非常識。

>田窪忠司部隊長で、村民たちから先生々々と慕はれている。約400名の村民は、
・我が軍の保護によって敗残支那兵の掠奪をまぬかれ意を安んして土に親しん
・でいる桃源郷である
・・・・・・・・・・
・宝山が最初の慰安所設置の地であったことも、ある種の因縁かもしれない。
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/HTML/hinomaru-yasen.htm

658 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:01:25 ID:K1xv00ZK
恵也氏公認!!
謝罪も賠償も全部 解決済み!!

というわけで、
学説としての「肯定論」「否定論」でお願いします。

659 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 22:07:20 ID:p4crCKxP
>>647
>住民にとって、 ・・・選択肢があるか?

選択肢は初めからない。
中国軍と日本軍が勝手に始めた戦争。
便衣兵も、捕虜も、抵抗も、降伏も全く関係のない立場だ。
逃げ回る選択肢しか、残されてないよ。

660 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 22:11:11 ID:p4crCKxP
>>649
>中国軍は・・・・・・・・・和姦を選択したことになるな。

中国軍が選択しても一般市民は関係ない。
一般市民が中国軍に強制できるわけじゃないだろ。
両方から逃げ回るのが、市民に出来る唯一の手段。

661 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 22:15:49 ID:p4crCKxP
>>653
>温首相を指して「未だに解決してないと頑張ってる馬鹿」と言っているのか

こいつはタダの欲張りに過ぎん。
とっくに解決済みの問題。

662 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:18:50 ID:R7Q83BIg
>>661
……まったく意味がわからん。
そういう欲張りが中国の首相ってことは、つまり
解決済みの問題を蒸し返す気マンマンってことじゃないか。

663 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:50:03 ID:XIPYfoNr
>>654
で、その埋め戻しを何人参加で何時間やって何日かかったのでしょうかね。一日40人云々の計算は「休みなく」やるという
現実には実現不可能な計算をして出て数字だからね。現実には埋葬した人の数は少ないだろうし、簡単にゃおわらんだろうがね。

ちなみに(えなりの主張する)ボランティアって実働何人だったわけ?

664 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:53:37 ID:WP7vR2yU
>>660
> 中国軍が選択しても一般市民は関係ない。
間違い!!
国民と国軍が無関係なわけがない。

民主主義国家であれば、国軍の行動は国民の選択の結果。
専制国家であっても、中国人民には易姓革命の権利がある。

665 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 22:57:23 ID:1sFTgoXE
>>644
えっ!? 中国って民主主義だったの!!?

666 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:05:43 ID:us8WXHs9
>>654
1mだと胡坐でも頭が見える
角度があれば尚のこと

お前は嘘つきの上にアホだ

667 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 23:08:55 ID:p4crCKxP
>>662
>そういう欲張りが中国の首相ってことは、

日本だって欲張り総理には困らんよ。
日清戦争のドサクサに日本領にした尖閣諸島を「完全日本領」に格上げしたり
日露戦争のドサクサに日本領にした竹島を未だに、未練を出したり欲張りだよ。
どこの国の権力者もな!

668 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:19:00 ID:gpLPom6y
>>667
ハハハ
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ^∀^)<  あほか
 ( つ ⊂ ) \_________
  .)  ) )
 (__)_)     (^∀^)ゲラゲラ シネヤチンカス



669 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:24:02 ID:WP7vR2yU
>>667
「明治維新のドサクサに日本領にした沖縄」はどうなの?
 


670 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 23:24:20 ID:p4crCKxP
>>663
>(えなりの主張する)ボランティアって実働何人だったわけ?

崇善堂の多いときの埋葬数を見ると、5000人くらいは参加したのじゃないかね。
飯を食わせてもらうだけでも、安全なら喜んで手伝った人が多いと思うぜ。
なんと言っても、安全区だけで人口は25万人近くいたんだからな。

人口の50人に一人手伝ってくれても5000人だ。

>南京市崇善堂埋葬活動一覧表
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/suzendou.html

>赤十字・紅卍会の埋葬隊と服装を比較してみました。
・明らかに他の埋葬隊であり、紅卍会だけが埋葬活動をしたのではない
・ことが解ると思います。
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=159;id=imgbord#159

671 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:26:45 ID:KHUACosF
>>667
>日清戦争のドサクサに日本領にした尖閣諸島

ダウト
日清戦争と尖閣は無関係です。
尖閣に日本人が初めて上陸したのは1885年。
日清戦争は1894年から。
日清講和条約(下関条約)には、遼東半島、台湾、澎湖列島が日本に割譲される旨が書かれているだけ


>日露戦争のドサクサに日本領にした竹島

ダウト
江戸幕府が松島(現・竹島)への渡航許可を出したのは1656年。
竹島が島根県に編入されたのは1905年2月。
当時日本のおかげで清から独立できていた大韓帝国は何も言ってません。
「日本の侵略の第一歩」とか言うバカがいるが
第2次日韓協約(日韓保護条約)によって、日本が韓国の外交面を担当するようになったのは1905年11月。

672 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:28:55 ID:WP7vR2yU
>>670
> 人口の50人に一人
根拠は?

673 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 23:31:00 ID:p4crCKxP
>>664
>国民と国軍が無関係なわけがない

軍隊が悪をやったからといって、知りもしない国民に何の責任がある?
軍隊を指導した人間と、悪をした兵士が責任を取るべき問題。
そんな責任を取る必要はない!

あなたの考えこそ「全体主義」
俺のは「個人主義」
何が起こってるのかさえ知らない個人には、全体の責任は取れないのは当然のこと。

674 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:33:32 ID:XIPYfoNr
>>670
だから、「くらい」「じゃないのかね」という思いつき、山勘程度で言うなと何度言われてるかわかってねぇだろ、てめ。
活動一覧表じゃなくて参加人数の詳細ないしのべ人数の裏づけのある資料はないのかよ。

675 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 23:35:17 ID:p4crCKxP
>>666
>1mだと胡坐でも頭が見える

胡坐をかいて鉄砲を撃つのかね。
うつ伏せになって撃つ者と思うけど。
もちろん崖の上から、丸見えになるような危険な所は遠慮するのは常識だろ。

676 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:37:01 ID:R7Q83BIg
>>675
タコツボの中からうつぶせになって銃を撃つわけないだろう…
もう、突っ込むのもめんどうくさくなってきたよ…

677 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/17(火) 23:39:15 ID:p4crCKxP
>>665
>えっ!? 中国って民主主義だったの!!?

社会主義も民主主義の一つだよ。
でも国名に民主主義の名前を入れてる、全体主義国家もあるけど。

>朝鮮民主主義人民共和国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/n_korea/index.html

678 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:41:11 ID:BdrT0KVg
>>670
>崇善堂の多いときの埋葬数を見ると、5000人くらいは参加したのじゃないかね。
>飯を食わせてもらうだけでも、安全なら喜んで手伝った人が多いと思うぜ。

あれっ?
5000人ものボランティアを、長期間に渡って(埋葬は数ヶ月やってたよな?)
食わせていけるような大量の食料が、当時の南京にあったのか?
補給を軽視して食料の無い日本軍が略奪したんじゃなかったの?
それとも略奪されてもなおそれだけの食料備蓄があったの?

679 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:41:45 ID:WP7vR2yU
>>673
> 俺のは「個人主義」
間違い!!

お前のは「無政府主義」

680 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:44:31 ID:IuOY6dH3
>>675
蛸壺の中でうつ伏せになって銃を撃つ?
そんな蛸壺があったら見てみたいものだ。

根拠となる写真かなんかは無いのか?


681 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:45:16 ID:jIYj7YQk
崖じゃなくて勾配のことなんだがな・・・  バカには難しかったか

で1.5メートルなら30分では無理なのは当然として
三分の二である1メートルなら30分で掘れるのかお前の計算能力だと

体積と比重から割り出される土砂の重量からして30分で1メートル分の土砂を移動(物理で言う仕事)させるには
どれくらいの(物理で言う)力が要ると思う?

682 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:45:20 ID:WP7vR2yU
>>673
つか、マジレスしとくとさ、

> 軍隊が悪をやったからといって、知りもしない国民に何の責任がある?
こういう無責任な態度が、日本を無謀な戦争に駆り立てたわけ。
わかる?

左巻きの連中の口癖「軍靴の足音」は、実際にはあなたのような人間が引き寄せるんだよ。

683 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:45:59 ID:IuOY6dH3
>>677
一度も民主選挙が行われたことが無い国が「民主主義の一つ」とはワラカセテクレルゼ


684 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:48:15 ID:BdrT0KVg
>>657
>南京一番乗りを目指して、シャカリキになってる部隊がたかが中国人の百姓の為
>送り迎えして、ハイポーズなんて部隊総がかりでやるものじゃない。
>部隊長が村民から、慕われるほど長居出来るはずもない。
>その暇があれば、南京目指して5kmでも前進するのが常識。

あれっ?
確か君ら肯定派の言い分だと、日本軍は南京へ向かう道中も
略奪や放火や強姦や殺戮をしまくってたんじゃなかったっけ?
今の君の発言を見ると、とてもそんなヒマは無かった、という事になるのでは?

685 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:54:25 ID:cptQ2BIj
>677
確かに社会主義には社会民主主義や民主社会主義が存在するが、共産党が一党独裁体制をしいている国は民主主義ではない。よって中国や北朝鮮などの国は(たとえ国名に「民主主義」がついていたとしても)民主主義ではない。

686 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:58:16 ID:BoJHGcRI
>>677

では

北朝鮮は民主主義だと思うかねミ ,,@д@彡y━・~~~

687 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 23:58:34 ID:jIYj7YQk
つか「共和」国でもないし

688 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/18(水) 00:00:00 ID:DfM1uHlt
>>671
>尖閣に日本人が初めて上陸したのは1885年。

初めて上陸したのなら、台湾の漁師がずっと早いだろ。
戦前においても漁業権は、台湾の漁師が持ってたんだからな。

日清戦争1894年7月25日、日本が清国の艦隊を奇襲攻撃。
宣戦布告1894年8月1日。
停戦:::1895年3月30日
尖閣領有宣言1896年
昔からセコカッタんだね、日本は!

689 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/18(水) 00:12:38 ID:DfM1uHlt
>>671
>江戸幕府が松島(現・竹島)への渡航許可を出したのは1656年。

何のための渡航だったんだい?
鬱陵島に行くための、渡航なんだろ。
江戸幕府は朝鮮とその後で外交交渉して、鬱陵島と竹島は朝鮮領と認めたはず。

明治政府も最初頃、朝鮮領と認めてたんだけどな。
太政官布告といって、今の内閣で決定してるんだぜ。

それをロシアとの戦争で戦略的に必要な島になったから、日本領に宣言しただけ

>この文書は明治政府首脳間で稟議(りんぎ)に回され、右大臣・岩倉具視
(ともみ)、参議・大隈重信、同じく寺島宗則、大木喬任らにより承認、捺印
・されました。
  すなわち「当時の日本の最高国家機関たる太政官は、島根県と内務省が上
・申してきた竹島=鬱陵島と松島=独島をセットにする理解に基づいて、両島を
・日本領に非ずと公的に宣言」しました
http://www.han.org/a/half-moon/hm084.html#No.580

690 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 00:12:59 ID:QWrc2GGP
>>677
世襲制による君主政治で無く、民衆の中の一個人が政治の主導者となれるので、
中国も民主主義国家といえる。

同様な理由で個人に権力が集中しすぎている、北朝鮮は民主主義とは呼べない。

691 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 00:13:18 ID:x9nvGNMh
>>688

チベットは中国領なのか
そのへんを教えてくれミ ,,@д@彡y━・~~~

692 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 00:21:13 ID:QWrc2GGP
>>689

必要なのは、朝鮮王朝時代に領有を主張したという物的証拠。
成否両方の資料が日本からしか出てこないという時点で韓国が
領有を主張する理由は無い。

極論から言えば韓国が竹島領有を主張するより、当時支配下においていた
中国・清王朝資料において中国による朝鮮半島の領有を主張された方が、
まだ説得力があると思われるが。

693 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/18(水) 00:26:01 ID:DfM1uHlt
>>678
>5000人ものボランティアを、長期間に渡って(埋葬は数ヶ月やってたよな?)

城外で大規模に埋葬をやったのは1ヶ月だけのこと。
それ以前の埋葬活動なんて、屁みたいなものだろう。

食料は篤志家が出したんじゃないかね。
個人で人を雇って埋葬をしてた、篤志家さえいるんだからいろいろ居たと思うがね

>もう一つは中国紅十字会南京分会。1937年12月から1938年の5月31日ま
・で埋葬を続けました。埋葬人数は22641人です。

・もう一つの団体は南京の同善堂という慈善団体です。

・埋葬人数は7000人。

・もう一つは中国のイスラエル教の慈善団体です。この団体はイスラエル
・教の人の遺体だけかたずけました。1938年の旧暦の正月から仕事をやっ
・て3ヶ月間で400人の遺体を埋葬しました。

・団体の他に個人、つまり市民や市長で遺体の処理をした人もいました。

・一人は湖南省の木材のビジネスをやっていた人ですが、この人が自費で人を
・雇って処理した遺体は28730人です。

・南京の市民の丙芳元さんが1938年の1月から2月の間で埋めた遺体は7000人
・でした。
・南京市長の高冠五さんが埋めた遺体は3000人です。
(南京大学 歴史系教授 高興祖氏より)

694 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/18(水) 00:38:05 ID:DfM1uHlt
>>679
>お前のは「無政府主義」

無政府主義::国家を無くして個人の相互扶助を目指す主義。
個人主義:::個人の自由を最優先し、他人にも同じ自由を認める主義

俺は天皇中心の日本という国家を永遠に続けさせたいと思う個人主義者だ。
言葉は正確に使いましょう。
結論→あんたの間違い!

695 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/18(水) 01:05:56 ID:DfM1uHlt
対戦車用となったら少し、深い方がいいかな

>今のイスラム過激派の自爆テロと本質的には同じ手法だが、蛸壺そっくりの小さな穴を
・掘って、身を潜め、敵の巨大なM4戦車がすれすれまで近づいて来たら梱包爆雷という
・爆薬ごと体当たりをして、キャタピラを破壊して動けなくしてしまう
http://hmh-56.cocolog-wbs.com/hmh56coco/2005/08/

696 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/18(水) 01:24:17 ID:DfM1uHlt
>>684
>今の君の発言を見ると、とてもそんなヒマは無かった、という事になるのでは?

違うよ!
部隊で移動するには、休み時間もあるだろ。
飯を食う時間も、寝る時間も当然あるから、その間に悪をやってしまうの。
もちろん放火も、命令があれば当然時間を作ってやるもの。

でも百姓の農作業の送り迎えなんて、それは笑い話だろ。
戦闘の最中には考えられんほどの桃源郷。

>初年兵のN.Y一等兵(第九師団歩兵第六旅団第七連隊)の手記には・
・・畑にはネギがあったり、部落にはおどおどした土民が自分達をみていた。
・自分達はてんでにネギを取って夜食の汁に入れる事を考えていた。

・部落にいるときまって二・三人の兵が竿を振り回して鶏を追いかけるので
・あった。名も知らぬ部落にクリークの水を汲んでネギや鶏を入れた汁を啜
・りながら夕食をすませたのは、11時過ぎであった。
・夕食を終えてから又出発をする。
http://www.jca.apc.org/nmnankin/nanmin22.html

697 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 01:27:59 ID:qqEB7QUC
ニートがまたなんか言ってる。

698 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 02:28:27 ID:wGV5fG5s
>>667
話 題 そ ら し 必 死 だ な w

699 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 02:43:36 ID:hI3yTtGf
結局、論点ずらしだけやって都合が悪い質問には何も答えない。
だから信じろって方が無理な話だよ。
いくらやっても南京大虐殺なんて完全捏造。
ただのプロパガンダ。
なんか真面目にやってんのが馬鹿みたい。


700 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 03:43:20 ID:dZywLan/
「首都陥落を前にして、支那軍は7日も南京市外十マイルの地域内にある全村落に火を放ち、日本軍の
進撃に便宜を与えるようなものは全て焼き払わんとしているため、南京市は濛々たる黒炎に包まれてしまった。
.......焼け落ちた家々からは、今まで踏み止まっていた村落の群が、僅ばかりの家財道具を背負ったり小脇に抱
えたりして、よろめきながら城内指して逃げ込んで来る」(『ニューヨークタイムズ』12月7日、南京発)

「イギリスからの情報によれば、鎮江の中国軍は組織的に市を略奪し、放火しているとのこと」
(12月7日、南京アメリカ大使館員アチソンからアメリカ国務長官宛の電報)

「中国軍の清野戦術により、南京郊外の農村はほとんど焼き払われた。中立国軍事専門家の目には、
この焼き払いは軍事的には日本軍の阻止に殆ど役だたず、ただ農民たちに計り知れない惨禍をもたらす
ジンギスカン(Chinggis Khan)以来の組織的破壊と映った」(『ニューヨークタイムズ』12月8日、南京発)

「焼き払われた各村落の住民は、着のみ着のままで南京市内に避難区(安全区)に陸続と遁入、城内の危険区住民も
亦雪崩を打って避難区に逃げ込み混雑を極めている。市内では早くも暴徒が民家の掠奪破壊をはじめた」
(AP電、12月8日)

「南京での中国軍の防衛作業の特徴は、相変わらず建物の全面焼却である。南門近くの人口密集地区全体から
住民が追い立てられて、市の安全区に送り込まれ、この小都市一つくらいの規模の地区が燃やされていた。
同様に、下関駅近くのモデル新村一つが焼却された」(『ニューヨークタイムズ』12月9日、南京発)

「中国の首都防衛軍は自らの覆いを織っている。頭上に重苦しく垂れ込めた煙の幕、中国軍の銃・砲撃のため
戦場を清野にしようと燃やされている郊外地区から、城壁を越えて町の中に大波となって広がる煙。
諸々の徴候からすると、中国軍は城壁の全周一マイル以上にわたって、そのもたらす代価や苦しみにもかかわらず、
一帯を清野にしようとしている」(『シカゴデイリーニュース』12月9日、南京発)

「今夜、地平線は三方向にわたって、城壁周辺の中国軍に放たれた火の噴出によって赤々と眩いばかりに輝いている」
(『シカゴデイリーニュース』12月10日、南京発)



701 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 05:11:42 ID:nYq8eOsp
恵也〜

崇善堂は>>322で反論がないので捏造確定により論破。
11万体を埋葬したボランティアの根拠が一つもないし、理由もない。

徳川証言は長中佐が佐々木支隊と行動をともにした記録がない。指揮権がない。
そもそもユウコウ門が開いてない。のないないづくしで論破済み。
反論なし。

俺のカウントはこれだけ。

論破されすぎ、恵也。

ああ、恵也。
>>693を出したということは当然裁判に出てきた数善堂の記録は捏造だとわかってるんだね。


702 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 05:17:08 ID:nYq8eOsp
恵也〜
竹島も尖閣諸島も日本に領有権があるし、国際法の裏づけがある。
サンフランシスコ講和条約で放棄していない領土は国際的に認められた日本の領土だ。
先にどっちが上陸したなど、何の関係もない。

国家間で領土を取り決めるのは国際法。

恵也君はこの指摘を何度受けても理解できないw

703 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 05:24:40 ID:nYq8eOsp
>>657

恵也〜
笠原十九司著『南京事件』で笠原と岩波がお詫びしているのに
お前が捏造じゃないといっても意味ないよw
キャプションを間違えただけというバカもいるけど
間違いじゃ説明できないだろw
捏造だね。

704 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 05:28:01 ID:nYq8eOsp
恵也〜

日本軍が略奪しようにも先に支那軍が焼け野原にしてちゃできないよなぁ〜w


705 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 05:49:04 ID:0C3LgZqh
>>701
では残りの死体は誰が埋葬したんだ?


706 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 06:07:54 ID:frHcHWOX
恵也〜

熱燗とスルメ、買ってこいよ

707 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 06:19:29 ID:nYq8eOsp
>>705
残りの死体の存在がどこに記録されてるのかね?

708 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 07:40:30 ID:gNYtEbtj
竹島、尖閣とエナリの主張はNaverの韓国人そっくり。(w
そろそろ偽造古地図が出る予感。

709 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:19:32 ID:BXb0rI9+
>>696
休み時間は休むための時間。戦争って疲れるもんだろ。したこと無いけど、殺し合いだし行軍してるわけだし。
命令があって行ったなら命令書がある。その命令書は見つかった?それとも日本軍が引き上げの時に燃やしてなくなった?

710 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:22:25 ID:BXb0rI9+
ナンカズレてるな‥‥
↑はわすれて。

711 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 08:40:17 ID:GkqHh+rP
南京でのレイプの証拠

「敵の兵士たちはこういった。「おまえら打つな。こいつ達は全部
女だ、銃を担いで捕まえろ、捕まえて女房にしてしまえ」彼らは
私たち女がこんなにつよく頑丈だとは知らずに戦いはじめた。
ここで600人あまりが犠牲になり、勝ったものは抜け出し、負けた
ものは連れていかれ、どうしても言うことを聞かないものは殺された。
この一戦でくるぶしまで血につかった。それを思い出すと辛くて
涙が出る」
(李小江著「中国女性史研究」13号より)

王泉媛さんの証言



712 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:41:46 ID:2t/0Uk3z
また証言と証拠の区別がつかない奴が来たか

713 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:44:44 ID:UHrRbkTW
ことに支那はプロパガンダのプロなので、証言はよほど、疑うべきですね。


714 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:54:19 ID:SU2KI1bf
>>711
ちょっと、謎なんだけど、王泉媛という人物は、日本語が分かるの?

715 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:57:13 ID:CpPFq05m
>>711
えーと普通日本人は日本語を話しますよね

支那人は広東語か北京語でしょう

でレイプされてる女の人がなんで日本の兵隊が話したことがわかるんでしょうか

親切に日本の兵隊は北京語か広東語でレイプしたのかな

そういえば映画プラベートライアンでドイツ兵が投降した時
ドイツ語の分からない米兵がドイツ語を叫ぶドイツ兵を殺す
シーンがありました

へー日本兵って親切

716 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:58:13 ID:K8lxmvF1
証言でも整合性と資料による裏づけがあれば証拠となるが
711はどうせ無いんだろう?

717 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 08:59:37 ID:wGV5fG5s
ここはピラニアの多いインターネットですね(棒読み

718 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:03:52 ID:K8lxmvF1
「歴史学で言う一等史料、二等史料、三等史料を無視することは、歴史研究から
おおきく逸脱している。史料作成者の明らかでない四等史料や、いかなる基準で
作成されたか分からない五等史料を、無批判に引用し、それらを歴史叙述の根拠
とすることは事実無根の宣伝である。
『南京虐殺』は、四等史料と五等史料によって成り立っている。南京で「何人虐
殺」と認定せる記録は一つもないのである。ない限り、『南京虐殺』はグローバ
ルな共同幻想に止まるのである。」

東中野修道・亜細亜大学教授『「南京虐殺」の徹底検証』より


サヨクm9(^Д^)プギャー


719 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 09:08:48 ID:GkqHh+rP
バカウヨが湧いてるw


720 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:11:00 ID:SU2KI1bf
バカサヨGkqHh+rP が涌いてるm9(^Д^)プギャー

721 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:11:29 ID:YHiFslo2
その「バカウヨ」に反論できないサヨはなんだろ?
塵?
中共御用達奴隷?
無知なる売国趣味者?

722 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 09:11:47 ID:GkqHh+rP
>>715
負けたものは連れてい行かれ、言うことを聞かないものは殺されたの部分無視かい?w
日本語云々以前に、事実なんですがwwww



723 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:11:56 ID:TH18eQD2
うっせーんだ
お前が死ね死ねお逝きなさい
(誤爆宣言済)

724 :723:2006/01/18(水) 09:12:47 ID:TH18eQD2
と思ったら命中w

725 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:13:00 ID:r5xaFoUx
アンチ右翼は中傷に終始

哀れだなぁ。

726 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:14:25 ID:SU2KI1bf
>>722
じゃあ、なんで600人なんてキリのいい数字になってるんだ?m9(^Д^)プギャー
負けた者って、誰で何人いたんだ?m9(^Д^)プギャー
言うことを聞かない者って、言葉も分からないのに指示する奴がいるのか?m9(^Д^)プギャー

727 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 09:20:21 ID:GkqHh+rP
くるぶしまで血につかったことから、南京において
大虐殺があったことは疑問の余地がない。



728 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:21:43 ID:CpPFq05m
>>722
普通この場合
日本兵がわけの分からない言葉で私をむりやり連れ出しレイプした
と言うのが正解

でその証言者は日本語が分かるんかい?
証言の信憑性を問うているのに
事実はないだろう

まあ文革でもレイプはあったからな
それと混同してるんだろ
かわいそうに


729 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 09:27:02 ID:GkqHh+rP
「1000名の捕虜をトラックに積んで下関で処分した」

「南京戦―元兵士102人の証言」より
(京都16師団兵士、岡崎繁氏)


730 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:30:06 ID:CpPFq05m
>>729
名前も出せない当時11歳の少年兵が証言してる本ね

誤植とかぬかしてるらしいけど

731 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:35:13 ID:CpPFq05m
>>729
ついでにアマゾンでの書評も読んでね

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784505474/503-9699505-7072702?_encoding=UTF8&coliid=&colid=


これ読んで信じてるあなたは
ES細胞教授ことウソツク教授の信者と同じ

732 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 09:42:34 ID:GkqHh+rP
王泉媛さんの屈辱を理解できないようでは、セカンドレイプと同じw
虐殺否定は人格障害

733 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:45:41 ID:SU2KI1bf
>>732右翼は氏ねGkqHh+rP
貴方のためです、一刻も早く専門医の診断を受け、適切な治療を受けて下さい。

ttp://homepage1.nifty.com/eggs/iryou/gihou/projectiv_id.html


734 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:45:44 ID:CpPFq05m
>>732
だから痴漢の冤罪と同じだと言ってるんだよ

触ってもいないのに逮捕されたサラリーマンの
罪を晴らそうとしてしてるの

ホントにやったのは日本兵?
違うでしょやったのは毛沢東だろ

735 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:49:52 ID:TH18eQD2
>セカンドレイプ
普通は戦争そのものを憎むんだが。
その被害に遭った人物の身内が
満州開拓団員の虐殺兵士側に携わったと考えたりは
しないのか

736 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 09:52:33 ID:EwXtOVCH
くるぶしまで血につかるにはらどれくらいの量になるか考えてみ

・・・まさか屋外で?    そりゃ洪水並だ避難しなきゃレイプどころじゃない

737 :右翼は氏ね:2006/01/18(水) 10:07:42 ID:GkqHh+rP
>>711
の証言は決定的な証拠だよ。日本による被害者のナマナマしい証言だ。
それともバカウヨは捏造とでも言うのかねw

738 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:09:25 ID:CpPFq05m
>>737
だから王さんは日本語が分かるの?
って聞いてるんだよ

お前バカだろ

739 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:09:55 ID:TH18eQD2
捏造とは言わねえが
例えば、
被害事実そのものまで抹消されている
満州開拓団員のレイプ事件被害者なども、
十分被害事実否定に該当すると思うんだが。なぜにこっちはスルー?

740 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:19:37 ID:OdKrv06P
王さんとID:GkqHh+rPはどちらが日本語が堪能ですか?

741 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:22:34 ID:K8lxmvF1
>李小江著「中国女性史研究」13号より

「中国女性史研究」だな。オーケー、今日中に図書館いって、
調べてみるぜ。

742 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:31:32 ID:wGV5fG5s
>>741
どう見ても無駄な努力です。
本当にありがとうございました。

743 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:37:25 ID:BXb0rI9+
>>737
ttp://up.isp.2ch.net/up/09e8d9cc656e.jpg

744 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 10:40:35 ID:JG1+atGP
>>737
煽りか?

そうでないなら、次の疑問に答えて欲しい。

> 「敵の兵士たちはこういった。「おまえら打つな。こいつ達は全部
> 女だ、銃を担いで捕まえろ、捕まえて女房にしてしまえ」彼らは

1.「敵の兵士たち」は中国語を話したのか?
2.証言者(被害者)は日本語を理解するのか?
3.誰か通訳がいたのか?

1〜3のいずれでもない場合、被害者はどんな手段で「敵の兵士たち」の言葉を理解したの?

※ 証言者が被害にあったことまでは否定しないが、加害者が日本軍であった可能性は低そうだね。

745 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 12:05:22 ID:rYrwgIt6
>>729
『南京事件研究の最前線平成17・18年合併版』
でこの証言は本人はしていない、つまり捏造であるということが、改めて
岡崎繁氏にインタビューをして、暴露されている。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886562795/qid=1137553356/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/249-8503094-4050765

要するに、媚中著者の捏造だったということ。


746 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 12:36:46 ID:nYq8eOsp
中国、大気汚染で年40万人死亡 環境保全へ18兆2000億円
http://www.business-i.jp/news/china-page/news/200512010008a.nwc

もうさ、南京どうでもいいじゃんw
捏造だしw

747 :日本鬼子:2006/01/18(水) 12:38:01 ID:pDLLsfAY
>>746
   じゃ日本人を南京と同じ目に遭わせてやるよw

748 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 12:46:55 ID:AKoBJXui
逃げずに詳しく

通報の関係があるので

749 :???:2006/01/18(水) 13:24:37 ID:R7181EuC
>>右翼は氏ね
>>日本鬼子
この二人は、論破って言う言葉知ってるのか?


750 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 13:53:12 ID:/lSDAJKf
ドイツの連合軍捕虜死亡率 7%
ドイツ・イタリアの連合軍死亡率 4%
シベリア抑留の日本軍死亡率約10〜18%
日本軍クワイ河捕虜収容所の連合軍死亡率30%
アジア地域英軍捕虜死亡率25-28%
オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランド、アメリカ、オランダの連合国の捕虜総数132134名。死亡率27%
ドイツ軍収容所のソ連軍の捕虜死亡率50%

>日本軍の捕虜の死亡率は高く ナチスドイツの捕虜と比べ7倍以上の死亡率を出した。
>英軍が第二次世界大戦中に経験した苛酷な戦い、例えばノルマンディー上陸作戦やビルマ戦などと比較してもはるかに高い数値でした
>第二次世界大戦で日本軍の捕虜になった米軍人2万7465人のうち1万1107人が死亡。ドイツ軍捕虜になった9万3941人のうちの死者は1121人。
>東京裁判で明らかになったことだが、日本軍の捕虜の死亡率は約30%。殺人者集団のイメージが強いナチスドイツであるが、それはユダヤ人強制労働収容所があったからで、戦争捕虜の死亡率はナチスでさえ4%だった。
>各国比較して捕虜の死亡率が20%超えているのは日本だけ。ソ連のシベリア抑留が過酷だったというけれど、死亡率は10%に行っていません。
>ボルネイ島の中のこの日本軍のキャンプでは、オーストラリア軍捕虜の死亡率はほぼ100%。

中国軍相手じゃは捕虜すらいません^^

751 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 15:25:19 ID:SthPJI9a
この資料以外に殺人・強姦があったとお思いですか?

外務省資料   1938年 南京暴行報告分類表(安全区委員会の報告)

     期間   殺人   傷害   連行   強姦     掠奪その他
12月12〜12月18日  26件    9件   334件   112件     30件
12月19日〜1月10日  6件    11件   25件   115件     30件
1月11日〜2月7日   17件   24件    31件   84件     119件
合計        49件    44件   390件  361件      179件

ちなみにこれらの報告は、外務省に正式に提出された資料です。当時南京にも外務省職員は多々いました。
この全てが調査されたものではなく、単に国際委員会から報告されただけのものもかなり含まれますから、
真偽不明のものもかなり含まれています。当時南京外交官補だった福田氏によれば度々事件発生の報を受けて
殺人・強姦や掠奪の現場に急行したところ、何も無い、住んでいるものもいないということが幾度かあった
と証言しています。つまり、誤報などを含んだ最大値の数字だという事です。


752 :751:2006/01/18(水) 15:26:45 ID:SthPJI9a
南京大虐殺が存在したなら、
なぜ、外国人で組織された安全区委員会は30万人虐殺が市内の至る所で起こっているのに49件の報告しかしなかった
のでしょう?
なぜ、外務省の職員並びに外国大使館員もしくは南京市民は大虐殺を目撃していないのでしょう?
機関銃の絶え間ない音、人々の阿鼻叫喚の声、少なくとも隠しながら実行することは不可能です。
答えて下さい。

753 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 15:37:36 ID:dZywLan/
>>751
こっちには特殊工作員が居るので少々面倒だぞ?w

754 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:00:15 ID:/lSDAJKf
>>752
「軍人軍属における統計」では統計表合計933件。
「亦憲兵隊の手に触れさる犯罪者は実に枚挙に暇なし」であり、犯罪の一部だけでこの数字。

>外国人で組織された安全区委員会は30万人虐殺が市内の至る所で起こっているのに49件の報告しかしなかったのでしょう?
そもそも安全区と市内は全く別のものです。


755 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:05:10 ID:wGV5fG5s
>>754
BC級戦争犯罪と、組織的な虐殺は別問題です。
本当にありがとうございました。

756 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:10:06 ID:xkdG/jTB
       |`''>              ,、     ,,__           ,、   .l~''>
        | |     |`''-----------'' .\     `ヽ~'ヽ、    / `>  | |
        | |     | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| |~       \_)   ./ '________| |_______/\
  _________,| l_,/\ | |________,| |             ././'''''''''''''''l . l''''''''''''''''''''''''
  ''''''''''''''''| |'''''''''''~.| l''''''''''''''''''''''''''''''l |            /'       | |
        | |     | |___________| |          ,、 ________________| |__________/\
        | l,,,...-,=' | l''''''''''''''''''''''''''''''l |      =====' ,> ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
   、-−;'~.┌'''~  |_,.l   |~''>    '-'            | |     lヽ-----------'\
   \l~ | |.           | |     ,、           | |     | l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| l'
        | |   ┌------:' `----'  \.        | |     | |          | |
        | |.    ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄~       | |     | |_____| |
        | |.           | |      ,、    __,,,-'',.-.,' 、   |,,,l─────l,,-'
    ,---:' .|.┌---------:' `------''  \  \ /   \`- 、_________
    ~~'l__ノ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `       `'''─----------------'~

757 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:18:20 ID:dZywLan/
>>754
興味深い資料だと思うが、こういう部分も引用していただかないと困る。
貴方の書き方では、まるで「南京だけで、この件数」に見えてしまうぞ?

『なお、早尾氏は「上海の兵站病院勤務」であり、南京には長期にわたる滞在の経験はなかったとのことです。
そのため、記述は主として「上海」のものになっています』


758 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:24:24 ID:dZywLan/
>>754
>そもそも安全区と市内は全く別のものです。
「市内=城内」で宜しいかな?

当時、国民党軍の『清野作戦』で城門の外は無人状態、更に城門の内側でも同様の
焼き討ちが行われるとの噂が流れて市民の殆どが安全区に殺到したのは複数の
機関の報告書で明らかになっている。よって安全区の外で数十万の被害が出ること
自体がありえない。

また、それ以前に市内の非戦闘員を避難させるのは国民党軍の義務であり、それ
を怠った以上、安全区の外で市民が巻き込まれたとしても日本軍のみの責任とは
為らない。

759 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:47:43 ID:UBYxlAuz
>>754
安全区委員会のレポートは安全区内のみのことではない。

760 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 17:53:24 ID:ERTmTa71
707 :日出づる処の名無し :2006/01/18(水) 06:19:29 ID:nYq8eOsp
>>705
残りの死体の存在がどこに記録されてるのかね?

戦車さんによると15−20万
新聞でも8万だぞ
紅卍も埋葬水増ししたんだろ
その分も含めて説明してみろよ


761 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 18:07:00 ID:nYq8eOsp
>>760
君はキチガイかね。
戦車さんの15万から20万と新聞の8万は何を根拠にしてるのかね?
埋葬水増しというのは埋葬してない数字を請求に計上したということだぞ。
それがなぜ遺体の存在を裏付けるのかね。
気は確かか?

762 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 19:42:40 ID:4yRHtToU
南京事件ハリウッド映画に
ttp://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060118i312.htm?from=main3

763 :南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演:2006/01/18(水) 19:58:09 ID:EfAbtPdm
 【上海=加藤隆則】旧日本軍による1937年の南京事件を題材にしたハリウッド
映画の制作が決まり、来年12月の事件70周年に合わせ、世界で同時公開され
ることが明らかになった。
18日付の上海紙「文匯報」が報じた。
 同紙や制作協力する江蘇省文化産業グループによると、映画のタイトルは
「南京・クリスマス・1937」で、当時、南京にいた米国人宣教師の目を通して、旧
日本軍が行った中国人への殺害行為を描くストーリー。クリント・イーストウッドが
監督を務め、同氏と「マディソン郡の橋」で共演したメリル・ストリープの出演が予
定されている。
 すでに3000万ドルが投じられ、総制作費は1億ドルを超える見込み。江蘇省政
府が協力し、5月から南京でロケが始まるという。
 中国では旧日本軍が南京を包囲した12月13日を「南京大虐殺記念日」としてお
り、70周年にあたる来年は、各種行事が行われる予定。
 南京事件を扱った映画としては、「抗日戦争勝利50周年」の95年、日本人俳優も
起用した中台合作の「南京1937」が制作され、日本でも上映された。

764 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 19:59:56 ID:bfqjleI3
>762
丹波哲郎の大霊界やパールハーバーも裸足で逃げ出すトンデモ映画ケテーイ

765 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:12:14 ID:b4UoZlad
アメリカに巣食う支那工作員によるお仕事ですな。
また、アメリカ自身も、あの戦争の真実が明らかになるのを恐れている。

結託した結果が、ハリウッド映画による、「南京映画」。
これは「パールハーバー」も同様。ただ、健全な映画人の存在のおかげでバカ映画となった。
真珠湾攻撃シーンの一部は、爽快感があった。


766 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:20:15 ID:GhN+elhE
南京事件、ハリウッド映画に…
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1137582887/l50


767 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:23:08 ID:sQtuzzWn
俺、クリント・イーストウッドもメリル・ストリープも
嫌いになった・・・

768 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:25:15 ID:dZywLan/
と言うか記念館の世界遺産登録、まだ諦めてなかったのか!?


769 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:31:20 ID:SnExe33r
大丈び

今更ハリウッド制作など当たるわけがない
よって金さえ出せばどんな脚本でも引き受けるのが現状

おそらくオチで真犯人はハリー・キャラハンだったとなる

770 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:43:05 ID:n4OiSM95
>>768
だな。後の世で世界の恥辱となるだろう。

771 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:57:25 ID:Y792MDVi
韓国の潘・外交通商相、次期国連事務総長へ“始動”

変な事実を国連が認定する事態になりかねないな

772 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 22:07:57 ID:2t/0Uk3z
他の国の人は韓国人が捏造好きと知っているのだろうか?

773 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 22:10:40 ID:nYq8eOsp
映画「パールハーバー」で日本軍の真珠湾攻撃のシーンを見て
やんやの喝采を叫ぶ国が多かったらしいな。

いまさら映画のプロパガンダが通用するかってのw
興行映画ならまず面白くなければいけないが南京じゃ面白くしようがないもんな。

774 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 23:48:52 ID:pBpEn06K
寧ろ、映画を機に欧米で南京の再検証が進むことを望む。

ヘタすりゃ大逆転で支那を一気に追い詰めることが可能かもしれん

775 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:00:27 ID:8QWdRH8H
クリント・イーストウッドは社会悪が大嫌いだそうだから
悪い中国人に焚きつけられたんだろうな・・・・
本人は言われるがままに信じているだけなんだろうよ。

776 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:11:20 ID:EUtxFE29
この映画で「支那人を虫けらのように殺しまくる日本軍」をみた世界の人々の間で、日本の評判が上がらないか心配だ(w

777 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:14:26 ID:iNhUdm/1
「セブンイヤーズ・イン・チベット」のような中国によるチベットの迫害
を取り上げた映画も殆ど忘れられてるし大した事ないだろ。

778 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:15:47 ID:Ubh7De2A
便衣兵はテロリスト格で描かれないじゃなかろうか?
アメリカも「フライングタイガース」という民間義勇軍をなのるテロリストを
中国側に送っていたらしいからな。

779 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:37:12 ID:gqZAQuat
近頃は中国人の若者を使って豚を捕まえさせている。
なかなか捕まえられなかったり、全然捕まえられない若者は銃剣で突き殺された。
これは皆目撃した人の話だ。こんな事ばかり聞かされていると気分が悪くなってくる。
そうだ!日本軍は犯罪者の寄せ集めだと思えばいいんだ。
普通の人間にこんな事が出来る訳が無い

南京の真実 ジョンラーベ 1938年1月22日 P227

江南セメント工場のシンバーグさんがギュンターさんの書簡を届けてくれた。
これを見ると南京だけが日本兵に苦しめられているのでは無いことが分かる。
強姦、殺人、撲殺。同じような報告が四方八方から入ってくる。
日本中の犯罪者が軍服を着て南京に勢ぞろいしたのか!といいたくなる。

南京の真実 ジョンラーベ 1938年2月2日 P254

・・・ラーベの日記って信憑性はどうなんですか?

780 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:39:49 ID:gqZAQuat
 南京アメリカ大使館通信---エスピー報告  1938年Vol.14

 中国兵を根こそぎ補足しようと市内を隈なく捜索し、思いのほかその数が少なかったときの彼ら(日本兵)
の憤りや不信感が、兵士だけでなく、多くの罪もない市民を巻き添えにして、テロ行為に駆り立て、長期に
渡る「掃討作戦」を強行することになったのではないかと思われる。

 しかしながら、ここで触れておかなければならないのは、中国兵自身も略奪とは無縁でなかったことであ
る。 彼らは少なくともある程度まで、略奪に責任を負っている。日本軍入城前の最後の数日間には 、疑い
もなく彼ら自身の手によって、市民と財産に対する侵犯が行われたのであった。 気も狂わんばかりになっ
た中国兵が軍服を脱ぎ棄て市民の着物に着替えようとした際には 、事件も沢山起こし、市民の服欲しさに、
殺人まで行った。 この時期、退却中の兵士や市民までもが散発的な略奪を働いたのは確かなようである。


・・あと、これの信憑性も知りたいです。

781 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 00:44:19 ID:ZtMROczJ

★★★ ニ イ タ カ ヤ マ ノ ボ レ 2006 ★★★ 
 日米決戦,大東亜野球戦争勃発!? 野球WーCUP開催!!
   (敵前逃亡の松井、井口を銃○刑にせよ!!) 

まさか松井の狙いはジアンビと合体? アッー!
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1137569367/l50
関連スレ
 【WBC】松井秀喜まとめ【ゴジラ】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1134644075/l50
 松井秀WBC辞退を、気持ち悪いほど後押しするマスコミ
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1135151637/l50
 WBCから松井と井口は逃げた
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1136962435/l50
 松井秀喜がWBCに出ないのは勝手か
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1137466351/l50
 なぜ松井秀喜はWBCを辞退したのか?
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/campus/1137499699/l50
 【王さん】WBCに出ないと言った奴等【激怒】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/kyozin/1137230743/l50
 62億も貰ってるのに「WBCは商業主義的」(笑)
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1134529218/l50
【偽善者】松井秀喜WBC辞退スレ!!!【守銭奴】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/mlb/1135500830/l50
憩いの場
 WBC?(´・ω・`)知らんがな
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/base/1137502489

782 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 02:27:23 ID:VKvCTHFf
>>752
>なぜ、外国人で組織された安全区委員会は30万人虐殺が市内の至る所
>で起こっているのに49件の報告しかしなかったのでしょう?

安全区委員会は、4平方kmの安全区の中で避難民の保護をしてました。
40平方kmの南京城、400平方kmの南京市内での虐殺が多かった。
また虐殺の調査をするのが、委員会の仕事じゃありません。
生きてる方の、食料、燃料、住む場所の確保、人道支援が仕事です。

>*2003.4.6 「追記」の通り、より正確には「57人」になります。・なお言うまでもありませんが、これは、

「『記録』では50人前後の殺人の事例が報告されている」というだけの話
であり、決して「殺人被害者が50人前後しか存在しなかった」ということ
ではありません。
http://www.geocities.jp/yu77799/49nin.html

783 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 02:28:34 ID:xouyrPoP
きたきたw

784 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 02:53:38 ID:VKvCTHFf
>>752
>外務省の職員並びに外国大使館員もしくは南京市民は大虐殺を目撃
>していないのでしょう?

何人からを大虐殺というのか、現場で見た個人によって違います。
降参した捕虜を殺した遺体を虐殺に、加えない方もいる。
しかし外国大使館員の本国に送った報告や、戦後の南京裁判で証言した
1200人以上の南京市民がいます。

ダイタイ南京城外で多くの方が殺されてます

>三人ともが十二月十六日から十七日にかけ直接に見たというのは、まず下関
・から草鞋峡の方向への河岸一帯にあった多数の焼死体であった。

・約二千という人と二、三千ぐらいであったという人があった。おそらく、機銃
・掃射され、ガソリンをぶっかけられて焼け死んだものであったらしい。
http://www.geocities.jp/yu77799/matumoto.html

785 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:00:31 ID:iNhUdm/1
>>784
そのHPは30万人虐殺説は中国側が言ってるだけで、日本の研究者で
そんなことを言っている人間はいない、と言ってるわけだがつまり恵也
も30万人説は引っ込めるわけだな?

786 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:10:27 ID:VKvCTHFf
>>758
>市民の殆どが安全区に殺到したのは複数の機関の報告書で明らかになっている。

間違い!
市民は戦争に巻き込まれるのが怖くて、日本軍のビラや、ラジオですすめてた
様に家の奥でじっとして表に出てこなかっただけ。
安全区の外にもたくさん居ました。
その話は、報告書の誤用、理解力のなさにすぎん。

あなただって、自分の家があれば家財道具を放って、乞食をしに安全区とやらに
行くかい?
家族みんなで家の中で隠れてるか、少なくとも誰かが、番人として残って泥棒
に取られないようにするし、今まで通り仕事にも行くつもりで隠れてるよ。

>もちろん、安全区の外は危険でしたが、中国人たちは、まさか虐殺が待ち構え
・ていようとは考えていませんでした。
・何とかなるだろうと、家を出なかったのです。

・彼らは日本軍の占領がどういうものか経験がありませんでしたし、日本軍は
・ラジオを使って市民に、家にいれば危害は加えない、なにも怖がることはない
・と放送していました。
・したがって虐殺なんて夢想だにしていなかったのでしょう。
http://www.geocities.jp/yu77799/anzentitaigai.html

787 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:18:48 ID:Z+3LocEY
きたきたww



788 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:27:30 ID:2ZEoBe9L
>>782
引用先の最終結論。

「日本軍の暴行記録」に見られる「殺人」事例による死者数は最大で57人であり
その全てが伝聞である。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

789 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:30:09 ID:VKvCTHFf
>>701
>そもそもユウコウ門が開いてない。

ユウコウ門に多くの圧死体があったというけども、戦闘後にユウコウ門が
開いてないじゃなく、いつ閉めたのかが問題。
日本でもお祭りで何十人か圧死したことがあったが、多くの人間がゾロゾロ
歩くだけでもパニックになったら圧死が生ずるもの。

3つあるユウコウ門で、開けていた門を長勇中佐の機関銃射撃で、急いで閉め
その為に多くの人がパニックに襲われて、人の圧死したと見るのが順当。
いつ門を閉めたのか、あなたは全く思考力がないようだ。

>「不十分な警備計画を策定し、事故当日も雑踏事故発生を軽んじ対応を怠った」
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/00045733sg300512231000.shtml

790 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:30:52 ID:2ZEoBe9L
>>784
>何人からを大虐殺というのか、現場で見た個人によって違います。
>降参した捕虜を殺した遺体を虐殺に、加えない方もいる。
加えないのが常識ですから。
しかも当時、全ての兵士が捕虜になったと仮定しても5万程度ですよね?


>しかし外国大使館員の本国に送った報告や、戦後の南京裁判で証言した
>1200人以上の南京市民がいます。
ああ、名簿さえ提出されていない1200人の証言ですか?

>ダイタイ南京城外で多くの方が殺されてます
当然でしょ? 戦場なんだから?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


791 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:31:51 ID:iar873JD
 又聞きのダーディンの記事を除くと、市民の数は、「何人か」、
「沢山」、「いくらか」、「かなり」・・・

とても数万人レベルの市民が居た根拠とするには無理があるな。

792 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:35:23 ID:2ZEoBe9L
>>786

>あなただって、自分の家があれば家財道具を放って、乞食をしに安全区とやらに
>行くかい?
>家族みんなで家の中で隠れてるか、少なくとも誰かが、番人として残って泥棒
>に取られないようにするし、今まで通り仕事にも行くつもりで隠れてるよ。
はい?
では貴方は政府から避難勧告が出て、敵軍が間近に迫っていて、しかも戦闘区域
になるかもしれない地域で隠れているわけですね? 避難誘導を無視して?
それで死んだのなら自分の責任ですよ。
地震や台風や山火事警報を無視して亡くなった方と同じですね?

それから>>700への反証をお願いしますね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


793 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:35:28 ID:VKvCTHFf
>>788
>「日本軍の暴行記録」に見られる「殺人」事例による死者数は最大で57人であり
>その全てが伝聞である。

この冬の雪の死者が100人を超してしまったけど、これもあなたにとっては伝聞。
それではこれも証明できないマボロシなのかね、あなたにとっては?

794 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:37:39 ID:nKY1hW6b
>>793
冬の死者が100人越えたという話は、
日本政府の警察機構によって明らかに証拠と第一次資料が揃っている
内容の話を伝聞しただけですね。

で、前の話しは第一次資料も何も無い調査であるという事ですね。

アホですね。貴方

795 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:38:12 ID:wNeBm4wB
>>793
屁理屈にもなってないじゃんかよ…

796 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:38:40 ID:VKvCTHFf
>>785
>と言ってるわけだがつまり恵也 も30万人説は引っ込めるわけだな?

俺の考えとHPの考えは違うよ。
俺が作ったんじゃないからね。
南京市内に30万人以上の遺体があったのは、確かだと思う。

797 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:38:58 ID:2ZEoBe9L
>>789

>その為に多くの人がパニックに襲われて、人の圧死したと見るのが順当。
>いつ門を閉めたのか、あなたは全く思考力がないようだ。

それは日本軍の責任ではありません。
事前に遷都まで決定しておきながら満足に市民誘導も避難も疎開も行わなかった
国民党側の過失です。その上に日本軍や安全区委員会からの無防備都市化要請も
断ったようですしね?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


798 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:42:10 ID:2ZEoBe9L
>>796

つまり、貴方は「30万説を主張できない」日本の学者や専門家達よりも
遙かに優秀で博学で見識に富んでいるから30万説を維持すると?

そう解釈して構いませんね?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?



799 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:45:48 ID:VKvCTHFf
>「あの女、どこへかたづけた!」
 「焼いちゃいました。あんな恰好でころがっていたのでは、死んでも浮かばれないでしょう
から、マキを積んで、その上にのせて、焼いちゃいました」。

 彼女は虫の息だったが、たしかに生きていた。すると、彼女は生きたまま焼かれたのである。
http://www.geocities.jp/yu77799/souka.html


800 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:51:24 ID:VKvCTHFf
>父親、母親、母方の祖母、それに乳呑み児の妹をみな日本兵に殺されたという少年が午後
わたしに会いにきた。
少年は彼等全員が殺されるところを目撃したそうだ。彼と盲目の女性は、金陵難民収容所
のことを聞いてここへやってきたのだ。父親は人力車夫だった。
http://www.geocities.jp/yu77799/vautrin.html


801 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 03:54:02 ID:VKvCTHFf
>>798
>優秀で博学で見識に富んでいるから30万説を維持すると?

人は人。俺は俺。
あんただってそうだろ?

802 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:57:04 ID:2ZEoBe9L
>>799>>800

裏付けなしの伝聞です。

803 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 03:58:04 ID:xouyrPoP
恵也は王泉媛とかいうやつの証言をどう思う?
上のほうで紹介されてるやつ

804 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 04:01:19 ID:2ZEoBe9L
>>801
質問の答えになっていませんね?
得意(?)の話題そらしですか?

「「30万説を主張できない」日本の学者や専門家達よりも遙かに優秀で博学で
見識に富んで」いないと30万人説の立証は不可能に近いと思うのが普通ですが?

つまり、根拠も証拠もないけど自分が信じているから主張し続けると?
それとも先生方が出せないような決定的な証拠をお持ちですか?
是非とも、拝見したいのですが?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


805 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 04:29:24 ID:DpfJc5DR
>>804
バカをいじめるのはかわいそうだからおやめなさいな。
こいつはバカだな〜って影で揶揄するくらいにしといておあげなさいな。

806 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 05:36:17 ID:a/D/7F+e
>>789
恵也、お前w

ユウコウ門は篭城戦だってのに機関銃で撃たれるまであいてたってか?w
そういうのを「妄想」というんだよw
戦闘中にユウコウ門が開いていた証拠はない。
しまっていた証拠なら山ほどある。
日本軍に備えて土嚢で封鎖していたユウコウ門があいてるわけないだろw

長中佐与太話はやっぱり与太話だったな。
恵也、お前は真の愚か者だ。

807 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 05:39:56 ID:a/D/7F+e
恵也

安全区の外に大勢人がいたと言う与太話も30万回否定されてるよw
つか、そんなこといってるのは支那共産党とお前だけw

808 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 06:11:07 ID:+a/SKm4m
南京事件 ( 実は 目撃者も 写真も 存在しなかった )
http://chihirom24.hp.infoseek.co.jp/nankin.wmv

堀江貴文 脱税疑惑 ( 少し更新しました )
http://www.megabbs.com/cgi-bin/readres.cgi?bo=news&vi=1137616464&rm=50

ライブドア傘下のエロゲーメーカー
http://www.lechoco.com/

購買層は、メイドのおしっこマニア。。
http://soccerunderground.com/blog/archives/000264.html

809 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 12:05:11 ID:6Hga2BzP
なあエナリ
ライブドア一撃ってびっくりしたな〜細木カズコの予想的中ジャン

810 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 12:10:02 ID:zHE/JMnV
>>803
>恵也は王泉媛とかいうやつの証言をどう思う?

あまりにも翻訳がヘタすぎる。
「銃を担いで捕まえろ、捕まえて女房にしてしまえ」
なんて日本語じゃ言わない。

場所もどんな場所か、女性は武器を持ってたのか、何歳くらいの人が何人
居たのか全く判らん。
証言というにも、具体性が全くないから考えるどころじゃない。

811 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 12:32:08 ID:zHE/JMnV
>>809
>ライブドア一撃ってびっくりしたな〜細木カズコの予想的中ジャン

細木カズコは700円まで株価が上がるなんて言ってたが、確かにその通りになった
俺は500円くらいで売ってしまって、少し儲からしてもらったが、欲を出さなくて
良かったよ。
今頃持ってたら、売るにも売られず黙って大損をするのを待つだけだろ。

812 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 12:44:02 ID:kEW/HuHs
>>711
ちょっとぐぐってみたら、

"西路軍婦女抗日先鋒團團長王泉媛"

だそうだ。
つまりソレは単なる戦闘行為であって、民間人の略取や虐殺ではないね。
日本語が通じていない以上、「連れていかれた」も捕虜になっただけ。
その後の処遇については何も判らないからね。

同じようなシーン(舞台は異なる)だが、こんなのも釣れた。
http://www.secretchina.com/news/articles/2/12/23/30900.html
南京よりも前、1937年3月のことらしい。

その段落を適当に訳すと:
--
敵が2、30メートルほどに近づいたところで、王泉媛と[口/天]富蓬は同時に「かかれ!」と叫んだ。
敵は次々と倒れていったが、衆寡敵せず独立団の女性たちもまた次々と血の池に沈んでいく。
1時間が過ぎ、弾を打ちつくしたときには、500人以上の女性兵士が命を捧げていた。
敵が徐々に近づいて来る。王泉媛は急いで生き残った兵士をまとめ、山へと撤退を命じた。
そして、自ら、若い兵士達を率いて後詰めとなったのだった。
--
 どう見ても兵士です。ありがとうございました。

813 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 12:57:05 ID:zHE/JMnV
>南京城内の多くの難民が栖霞寺に避難した。寺の寂然法師、月基法師、志開法師が
僧侶の先頭に立って、2万4000人余りの難民を助けた。助けられた人の中には国民
党の将軍やドイツ、スウェーデンの技師もいた。
http://www.china-news.co.jp/culture/2005/04/cul05042501.htm
 


814 : ◆sNPlQ.ZphQ :2006/01/19(木) 13:03:02 ID:efFz6l5w
てす

815 : ◆.VxRzumM/. :2006/01/19(木) 13:06:23 ID:efFz6l5w
tesu

816 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 13:09:49 ID:xaFdcXUv
>シナリオを担当した栖霞寺の管長、伝真法師
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>伝真法師は記者の電話取材に次のように語った。台湾で上映され、台湾の民衆があの歴史を理解し、銘記する機会を得て、
>両岸人民が歴史を振り返ることで、共鳴するよう希望している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これほどわかりやすい話も珍しい

817 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 13:30:43 ID:zHE/JMnV
南京虐殺ではドイツ人が大活躍をしたようだ。
日独防共協定を結んでいたので、日本軍兵士も少しは遠慮してたのかね。

>南京大虐殺の際に、棲霞寺に逃げ込んだ難民は、日本兵の焼殺と略奪と侮辱を受けた;

・にもかかわらず江南セメント工場の難民区に逃げ込んだ難民は、ドイツ人のギュンターと
・デンマーク人のシンバーグの保護を得た。

・ギュンターとシンバーグはこの工場難民区の東、南、西の三箇所に交差してドイツとデンマ
・ークの国旗を立てた、難民区北側の工場には各自の国旗を掲げた。
・跳びこんで来る日本兵に遭遇すると、ギュンターはその海外に居住する「同盟国」の同胞
・の身分を前面に出したので、日本兵はおそれをなし乱行や悪事を働くことはなかった。
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/seikasan/seikasan.htm

818 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 13:36:42 ID:xaFdcXUv
1937年11月以降は日独伊三国軍事同盟なんだがな

それに国府が何時から共産になったんだ?

819 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 13:38:01 ID:iCsYWHBj
つーかアメリカ人はベトナム戦争で300万人ぐらい大虐殺しちゃったもんなぁ。

820 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 14:04:05 ID:zHE/JMnV
>>807
>安全区の外に大勢人がいたと言う与太話も30万回否定されてるよw

馬鹿だね、あんた!
自分と引き比べて考えな。

戦争になっても、攻め作る敵が「良民は保護するし仕事も保障するから
家の奥でジッとしとけ」と宣伝してるのに、あなたは乞食になって避難
するかい?

あなたが大金持ちならともかく、家族そろって乞食なんてするかね。
明日からのあなたの生活費をどうすんだよ!
乞食をしながら、全く知らない国際安全区とかで生活するかい?

遺体の埋葬状況を見ても、安全区(4平方km)の外、南京城内区(40平方km)
の外側に城内区の20倍以上の数を埋葬してる。

という事は、安全区の狭い場所以外にいっぱい人が居た証拠だろ。

>世界紅卍字会南京分会救済隊埋葬班死体埋葬数統計表
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/koumanjikai.html

821 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:08:08 ID:K1JQ67wx
>>820
まぁ大地震がこようが指定批難所に行かない奴も非常に多いから妥当な話だな。
近代戦史を紐解いても、戦場地域指定された地域に「兵士しかいなかった」なんて事はありえないしな。

市内に市民がいなかったっていう奴よりは、その点のみはお前は妥当だよ。

822 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:22:59 ID:tXm87xLm
>>820
> 遺体の埋葬状況を見ても、安全区(4平方km)の外、南京城内区(40平方km)
> の外側に城内区の20倍以上の数を埋葬してる。
城壁内に墓地を設けないのは、古今東西城壁都市の常識なんだが。

一般教養の欠乏しているあなたがそこまで知らないのは当然としても、「居住地と埋葬地は通常一致しない」
てのは理解できるだろ?

あなたが死んだら自宅の庭に埋めてもらうのかね?

823 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:25:51 ID:oRs2d4xp
マダ、このスレで、えなりくんはがんばってるのか?

論かけ論争はすでにもう何年も前に終わってるんだよ。

中国版、極東版、東アジア板で一応、結論は出てるんだよ。

1、証拠として虐殺された遺骨を出せや。(30万人分)
 万人抗からの数千躰ぢゃ足らないだろ? 
 川流れてた数千躰でも足らんだろ。
2、鑑定書あんのか?
 中国語で書かれていたらしいが、法医学を修めた中国人が
 その当時いたのか? 
3、日本軍が出した虐殺命令書を出せや。
  口頭の命令で、30万の人間を殺せるとは思えんから。

現在は、第3者を交えての、考古学的な発掘調査が
最も望ましいと言う結論。

証拠出せや。

824 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:38:29 ID:K1JQ67wx
>>812
すっげーGJかと思ったが、同一人物である根拠がなんらないなぁ。
それ共産党の方だろ?紅軍に付随してる軍団みたいだし。

@同一人物である根拠0。
A共産党は女性を軍属のみならず兵士として利用していた。

まぁ戦闘地域が河西回廊ってあって相手が匪賊とあるから、現中国〜モンゴル辺り。
その近辺は長征する前の、当時の共産党支配下地域であるから整合性はある。
「王・泉媛」というのもありきたりすぎる名前で、現状調べられる事からは別人であるとしかいえない。

女性のみの軍団があったのは知らなかったので、純粋に君に賛辞を送ろう。

825 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:46:19 ID:rEVkjEkb
>>824
えなり電波にも賛辞をお願いします。

826 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 14:49:06 ID:zHE/JMnV
>いったんすれ違った米兵に突然銃を乱射され、母はうしろから背中を撃たれて大ケガ
をして死んだ。叔母もいとこも即死だった。おばあちゃんは“わたしは重傷で歩けないから
捨てていってくれ”と頼んだけど、わたしが泣いたのでみんなで背負っていき助かった。

わたしはそのとき、左足の関節を撃ちぬかれ、くの字に曲がったまま伸びなくなった。
ひどい傷になり、子どものころ体育の時間があると学校に行きたくなかった。復帰まえ
の娘時代はミニスカートが流行っていたけど、わたしはいつも寝巻きみたいに長いスカート
をはいてかくしていた。

でも父の弟の奥さんなどは、壕の中でなにかの破片が顔にあたり、鼻がとれて穴があいて
いるだけの無残な顔にされてしまった。
“あんたは足だけだから、かくせるからよい。叔母さんのことを思いなさい”
とおばあちゃんからいわれて育った。

いくら補償してもらっても、わたしたちのこの苦しみはお金にはかえられない。
原爆でも戦争でも、やられた人でなければ苦しみはわからない。
人としての心があるなら、あんなことはしない
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/okinawasennosinjitu.htm

827 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:50:35 ID:pV0fs0cq
>>799
よりにもよって創価学会の出版物をソースとして用いるとは。
否定派が田中正明を持ち出すのとレベル的に変わらんぞ。

>>800
ヴォートリン日記は「目撃談」ではなくて、大部分は「伝聞」に終始している。
読み物としては面白いかも知れないが、資料としてはほとんど無価値。

828 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:53:56 ID:pV0fs0cq
>>820
>戦争になっても、攻め作る敵が「良民は保護するし仕事も保障するから
>家の奥でジッとしとけ」と宣伝してるのに、あなたは乞食になって避難
>するかい?

お前の言い分が正しいとすると、中国人ってのは日本軍を信用してたんだね。
ところで話は変わるが、南京の中国敗残兵ってなんで便衣化したの?
日本軍が信じられるのなら素直に降伏すりゃ良かったのに。
確かお前ら肯定派は、日本軍が鬼畜だから便衣化した、って言ってなかったか?

>あなたが大金持ちならともかく、家族そろって乞食なんてするかね。
>明日からのあなたの生活費をどうすんだよ!

たとえ話になるが、「津波が来ます!」って言われた時、
乞食になりたくないから、という理由で避難しない奴がいたらバカだろ?

>遺体の埋葬状況を見ても、安全区(4平方km)の外、南京城内区(40平方km)
>の外側に城内区の20倍以上の数を埋葬してる。
>という事は、安全区の狭い場所以外にいっぱい人が居た証拠だろ。

全国のお寺には数多くの遺体が埋葬されてると思うが、
お前の言い分だと、寺には人間がいっぱい居た、って事になるなw

829 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 14:58:40 ID:pV0fs0cq
>>826
おいおい、一体どうしたんだ恵也?
そのページは沖縄戦で住民にひどい事をした「米軍」に謝罪を要求するページだぞ?
ソース読まずに転載しちゃったのか?w

830 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 15:12:59 ID:6451xpaQ
>やられた人でなければ苦しみはわからない

そう。
南京の証言に、その苦しみを本当に味わったと思えるようなものは少ない。
っていうか、私は見たことがない。
全部創作がエスカレートしたとしか思えないものばかり。

831 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 15:25:24 ID:urWoGpxa
ふと思ったが、城外の戦闘のあったとこの兵士の遺体がその辺りに
埋められたら、後から虐殺被害者としてカウントされたなんてことは
無いのだろうかと。
下関の軍事施設の埠頭の死者なんかどうなんだ?

832 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 15:30:22 ID:0zaO0Uvf
エナリに故障発生中
注意されたし

833 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 15:45:42 ID:6451xpaQ
>>831
それだったらまだマシな方でしょ。
戦争とはまったく関係のない、
国民党が処刑した共産党員とかだったりしてw。

834 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 16:18:03 ID:8cl+lDBY
>>831
>ふと思ったが、城外の戦闘のあったとこの兵士の遺体がその辺りに
>埋められたら、後から虐殺被害者としてカウントされたなんてことは
>無いのだろうかと。


>世界紅卍字会南京分会救済隊埋葬班死体埋葬数統計表
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/koumanjikai.html

男性41183人、女性75人、子供20人
明らかに男性が多すぎるところから中国軍兵士が大多数をしめていると判断できる。


835 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 16:18:13 ID:wNeBm4wB
>>832
アレに故障してない時があったのか…

836 :812:2006/01/19(木) 16:23:21 ID:kEW/HuHs
>>824
ありふれた名前だと俺も思ったんだが、これがぐぐってみたら案外少ない。
「王泉媛」で29件しか出てこないし、ぱっと見た感じでは全部同一人物っぽい。

「中國工農紅軍西路軍婦女抗日先鋒團團長王泉媛悲壯的一生」とかあおりのついた本が
あるところを見て、多分この人がその南京の証言者だと予想したわけ。
残念ながら「中国女性史研究」なる本は読んだことないんでね。

837 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 16:23:23 ID:yEZXWvMy
>>831
>城外の戦闘のあったとこの兵士の遺体がその辺りに埋められたら

兵士の遺体が即、全部埋められたわけじゃない。
幕府山で2万人近く射殺された遺体は、ドンドン揚子江に流したようだけど
埋めるとなったら一苦労だろう。

本格的に埋めだしたのは、崇善堂や紅卍字会が城外の遺体を埋葬しだして
からだよ。
揚子江のそばで殺してる分には、水葬が簡単だと思うけどね。
この遺体を見ても、将校さんは埋葬するのに頭が痛くなったんじゃないかね。

>「日本人の将校が、日本の軍隊によって殺戮された中国市民の実況を検分
・している。場所は蘇州」。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~sus/crime%20scene.htm

>一部隊が明らかに複数の型式の違う鉄帽を装備している写真の例
http://t-t-japan.com/bbs2/c-board.cgi?cmd=one;no=19;id=imgbord#atop

838 :朝日新聞:2006/01/19(木) 16:24:54 ID:4TmdVR4F
(2004年調査 n=4909 複数回答)
 
社会的影響力がある新聞第一位!
信頼できる新聞第一位!
社会的評価が高い新聞第一位!
日本を代表する新聞第一位!
社会問題に積極的に取り組んでいる新聞第一位!
記事が正確な新聞第一位!
弁護士からの支持率第一位!
大学入試出題数第一位!
国立大学教授の支持率第一位!
作家の支持率第一位!

南京における中国の主張を垂れ流しているのが朝日。
http://siden.cocolog-nifty.com/robopitcher/images/asahino1.JPG
http://siden.cocolog-nifty.com/robopitcher/2006/01/post_1516.html


839 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 16:28:53 ID:8cl+lDBY
>>838
>信頼できる新聞第一位!
>社会的評価が高い新聞第一位!
>社会問題に積極的に取り組んでいる新聞第一位!
>記事が正確な新聞第一位!


   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒


840 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 16:40:11 ID:yEZXWvMy
>>834
>明らかに男性が多すぎるところから中国軍兵士が大多数をしめていると判断できる。

女性を埋葬するのには、日本軍はあまり文句を言わなかったようです。
中国軍兵士を埋葬すると追及が厳しく、中国人はビビッテ埋葬にナカナカ
手を出さなかったようです。

何で埋葬禁止なんていう、とんでもない命令を日本軍は出したんだろうね。
武士の風上に置けんというか、なんと言うか!
でもそのおかげで、埋葬した遺体数が計算できたんだけど・・・

>銃殺された兵士の死体を十日前に家のごく近くで見た。だが、いまだに
・そのままだ。だれも死体に近寄ろうとしない。
・紅卍字会さえ手を出さない。中国兵の死体だからだ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#c2

841 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 16:41:49 ID:6451xpaQ
>ドンドン揚子江に流したようだけど埋めるとなったら一苦労だろう

質問。
二万人分の遺体を長江岸まで運ぶのはどのようにして、
どのくらいの人員でどれくらい時間がかかったんでしょう?
「埋める」に関しても同様の質問をしたいです。
加えて、遺体を埋める際に
どれくらいの深さ・広さで穴を掘ったんでしょう?

842 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 16:55:42 ID:yEZXWvMy
>>829
>そのページは沖縄戦で住民にひどい事をした「米軍」に謝罪を要求するページだぞ?

少し読んで出したけど、間違いじゃないよ。
米軍にも日本軍にも、中国軍にも戦争で頭がおかしくなった兵隊はいっぱい居るよ
そのおかしくなったのが軍の指揮官連中に混入すると南京虐殺みたいな悲劇が
起こってしまうんだぜ。

銃を持ってると何でもできると思う兵隊が多すぎるし、その兵隊を止める勇気
のある兵隊は、残念だが日本軍には少なかった。
あなたがその現場に居たら、戦友と犠牲者の間に立って止めれるかね?
アメリカ軍にはそんな兵隊も居るんだぜ。

>「ソンミ事件」の際、虐殺を止めようとし、住民を救出した米軍ヘリの
・パイロット、ヒュー・トンプソンさんが6日、米ルイジアナ州アレクサ
・ンドリアで死去した
http://www.asahi.com/international/update/0107/002.html

843 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 16:56:09 ID:ULt/rFAp
>>779
スルーされてるようなので遅レス

ラーベの日記はその殆どが伝聞。
>>779の引用部分だって

>これは皆目撃した人の話だ。こんな事ばかり聞かされていると気分が悪くなってくる。

>同じような報告が四方八方から入ってくる。

と、どちらとも伝聞。
そもそもラーベの日記には「支那人の死体をこの眼で見た」という描写は一箇所しかない。
その死体とて、戦死体なのか虐殺体なのか不明。
しかも「死体を見た」とはあっても「支那人が殺される現場を見た」という描写は皆無。

844 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 17:01:08 ID:6451xpaQ
>戦死体なのか虐殺体なのか

第三の可能性も忘れてはいけません。
「ただの野垂れ死に」

845 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 17:22:45 ID:yEZXWvMy
>>828
>ところで話は変わるが、南京の中国敗残兵ってなんで便衣化したの?

便衣化してないよ。
タダの逃げ回るために、必死になってただけ。
だから制服のまま捕まった捕虜は、3日以内に死刑にされてたけど平服を
きて市民の間に隠れてた連中は、それよりは少しは長生きができた。
最後まで平服で逃げ延びた奴もいるけどな。

運がよければ生き延びるし、悪ければそれまでだ。
兵隊を罵って、逆に生き延びた奴もいるぜ。南京じゃないようだが・・

>「おまえらは何のために来たんだ。私たちのために来たと言ったじゃないか。
・何で殺すのか。私たちは誰も八路軍に入っていない。そんな私たちを殺して
・道徳観念が全然ないのか」というようなことを言って罵りました。

・日本軍の1人がやって来て、私に対して「お前はいいんだ。おまえは勇気が
・あって」と何かそんなことを言って、「よし」と言って、私を殺さなかったのです。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/syogen/hakuba.html

846 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 17:26:41 ID:yEZXWvMy
>>828
>乞食になりたくないから、という理由で避難しない奴がいたらバカだろ?

津波じゃなくて日本軍だろ。
ビラやラジオで「日本軍は良民を保護して、仕事を与える」なんて宣伝してたら
つい信じたくなるのが人間だろ。
確実に死んでしまう、大津波とはまったく違うよ。

847 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 17:30:04 ID:yEZXWvMy
>>828
>お前の言い分だと、寺には人間がいっぱい居た、って事になるなw

大量の遺体があったら、最短距離の埋葬場所にしか埋めないよ。
平時ならお寺に持っていけても、戦時で埋葬する人も少なく遺体ばかりじゃ
お寺まで持って行くなんて無理。

城外でも、最短距離の埋めやすい場所に埋めたと見るのが大人の常識。

848 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 17:37:13 ID:yEZXWvMy
>>827
>ヴォートリン日記は「目撃談」ではなくて、大部分は「伝聞」に終始している。
>読み物としては面白いかも知れないが、資料としてはほとんど無価値。

ヴォーリントン女史は、アメリカ人の癖に中国語がうまく直接被害者の証言を
聞いて日記に書き残したもの。
被害者が日記を残せなかったんだから、身元がはっきりしてる方の日記は資料
価値はおおきいよ。

●ミニー・ヴォートリン アメリカ人女性の国際安全委員
金陵女子大学に学長代理として迎えられ、その後に正式な職員になりました。
「金陵」とは南京の意ですが、ミニーは、金陵で女性の教育、自立の他に
近隣の貧しい人々の生活改善のために尽くしました。当時51歳

849 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 17:49:46 ID:yEZXWvMy
>>822
>城壁内に墓地を設けないのは、古今東西城壁都市の常識なんだが。

あなたの常識は間違ってる。
南京城の内部にも埋葬箇所があります。
城内の金稜大学内部でも埋葬してるし、五台山でも埋葬してます。
たくさんの遺体があったら、全部城外まで持って行くだけでも大仕事だぜ。

>大方巷広場集団虐殺地
http://www.jca.apc.org/JWRC/exhibit/China23.HTM

850 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 17:56:49 ID:rkrfRqOC
で、恵也。
何度も聞いているが、無視されるので、もう一度聞く。
オマエはどうして欲しいんだ?

851 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 17:59:45 ID:yEZXWvMy
>>844
>そもそもラーベの日記には「支那人の死体をこの眼で見た」という描写は一箇所しかない。

あんたね、ラーベの日記を自分で読んだことがあるのかい?
ラーベ氏は毎朝自宅のそばで、片付けてもらえないタンカに載った中国兵の遺体
を見ながら頭にきてたんだぜ。
最後には夢にまで出てきて大変だったようだがな。

>十二月十六日

・下関へいく道は一面の死体置き場と化し、そこらじゅうに武器の破片が散ら
・ばっていた。交通 部は中国人の手で焼きはらわれていた。

・ユウ江門は銃弾で粉々になっている。あたり一帯 は文字どおり死屍累々だ。
・日本軍が手を貸さないので、死体はいっこうに片づかない。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou.html#c1

852 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 18:09:41 ID:tXm87xLm
>>851
それは「戦死者」。
虐殺の被害者じゃない。

853 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 18:09:46 ID:pV0fs0cq
>>840
単なるお前の勝手な脳内妄想。

>>842
単なるお前の勝手な脳内妄想。

>>845
>便衣化してないよ。
(中略)
>だから制服のまま捕まった捕虜は、3日以内に死刑にされてたけど平服を
>きて市民の間に隠れてた連中は、それよりは少しは長生きができた。

便衣化してるじゃねーか(大爆笑)
ていうか質問の答えになってねぇよアホ。「(敗残兵は)なんで逃げたの?」って聞いてるの。

>>846
>ビラやラジオで「日本軍は良民を保護して、仕事を与える」なんて宣伝してたら
>つい信じたくなるのが人間だろ。

なるほど、虐殺肯定派はそうかも知れないな(大爆笑)
根拠の無い証言を検証もせず信じてしまうお前さん達らしい理屈だねw
「この壷を買うと幸福になれます!」とかいうサギにひっかかるタイプwwwww

854 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 18:11:23 ID:pV0fs0cq
>>847
>平時ならお寺に持っていけても、戦時で埋葬する人も少なく遺体ばかりじゃ
>お寺まで持って行くなんて無理。

なにも「寺まで持ってけ」なんて言ってねぇよ。話をすりかえるな。
「死体を埋めた場所が殺害現場とは限らない」って言ってるの。

>>848
ヴォートリンの身元はどうでもいいの。だって伝聞なんだから。

1:素性の知れない中国人が証言する

2:ヴォートリンが聞き取る

3:それを日記に残す

で、2〜3について疑ってるんでなく、1の信憑性を疑ってるの。分かる?

855 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 18:13:44 ID:yEZXWvMy
>>841
>二万人分の遺体を長江岸まで運ぶのはどのようにして、

日本の兵隊の日記を見ると、ずいぶん時間がかかったよう。
殺すのは時間的に短かったけど。
水葬しやすいように殺す前に、後ろ手に縛って揚子江のそばまで護送してるからね。
幕府山の捕虜収容所は2ヶ所あったようだ。

>二日目に連行された捕虜は虐殺されるのを察知していた様子だったというが、
・暴動が起きたとは聞いていない
http://www.nextftp.com/tarari/bakufusan1.htm

>その夜は片はしから突き殺して夜明けまで、その処に石油をかけてもし、
・柳の枝をかぎにして一人一人ひきずって、川の流れに流したのである。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/kurihara.html

856 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 18:26:19 ID:Ubh7De2A
>>846
>ビラやラジオで「日本軍は良民を保護して、仕事を与える」なんて宣伝してたら
>つい信じたくなるのが人間だろ。

ちょっと待って!、以前キミから聞いたのは南京攻略作戦の日本軍は補給にも事欠くような常態で
付近の村から食料を略奪するほど困窮していたという話だったんだが
どうしてビラ撒きやラジオ放送をするゆとりがあるんだ?
仮にビラ用紙と印刷所を抑える事が出来たとしても、効果が出るまで日本軍は包囲を継続できるのか?
何か凄い矛盾を感じるぞ?

857 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 18:36:18 ID:14HtIHjZ
ウリの爺様は、戦時中にほんの少し油をこぼしただけで鉄拳制裁を
くらったそうだ。
意味の無い虐殺をして、さらに貴重な石油を無駄使いするなんて
兵卒は命が幾つあってもたりないよ。

858 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 18:36:30 ID:K1JQ67wx
●犠牲者数増加の歴史まとめ 完成版

時代                 犠牲者数     ソース        増加率(1%未満四捨五入)

終戦時                130万人    GHQ発表         ×
終戦時                130万人    国民党発表       ×
1948年                438万人    国民党政府報告書  3年で337%
1950年代              1000万人    共産党政権発表   10年たらずで約228%
1970年                1800万人   共産党政権発表    10数年で約180%
1985年(抗日勝利40周年)    2100万人   共産党政権発表    15年で117%
1998年(江沢民来日時)     3500万人    江沢民発表      13年で約167%
2005年(抗日勝利50周年)    5000万人   卞修躍博士発表    7年で約143% 

60年で130万→5000万。
よって平均増加率は年間約6.3%増。
この増加率が維持されたとすると、1億人突破は2017年頃、2億人突破は2029年頃、
そして22世紀初頭には128億人を突破するものと推測される。

ちなみに来年には南京大虐殺で殺されたとされる30万人の10.5倍、
約315万人の犠牲者が追加される見通しである。


859 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 19:06:09 ID:a/D/7F+e
>>820

恵也、いつまでたっても馬鹿は馬鹿のままだな。

>「良民は保護するし仕事も保障するから
>家の奥でジッとしとけ」と宣伝してるのに

住民が恐れているのは日本軍じゃなくて支那軍。
お前が信用しているミニーヴォートリンの日記によれば支那軍は
自国の住民に対して苛烈な対応をするようだからなw 略奪とかね。
それに日記によれば安全区の外には人がいないとかいてあるw 
お前は同じネタで何度自爆する気だw

それに死ぬ危険があるのに間際になって財産の心配をする支那人はいないだろ。
いったいいつから南京脱出騒ぎが起こってると思ってるんだ?
それから他の人に突っ込まれているけど、埋葬記録がなんで安全区の外に住民がいっぱいいた証拠になるんだ?
兵士か住民かどうしてお前にわかるんだよw
その遺体が支那軍の焦土作戦の犠牲者じゃないとどうしてお前にわかるんだ?

恵也、お前は超弩級のヴァカだなw

860 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 20:19:50 ID:6Hga2BzP
おいエナリ

細木カズコがTVの予言でこう言った。

「ライブドアの株価は5倍になる。乱気流があるけどね。
ポータルサイトは、Yahoo!を超えるかどうかは言えないけど成功する。
背中に龍がついている、あんたはこれから伸びる。
鍵を作りなさい。出る釘は打たれるが心配ない。
乙部さん、あんたいい人できるよ」

フジテレビの25時間テレビで、ライブドア堀江貴文社長と対談。
そこで細木氏がライブドアを持ち上げながら、
「ライブドアの最新の株価は427円ですよね。5倍になるわよ」と
言い放ったことで週明け25日のライブドア株には買いが殺到した。
出来高は前週末の約4倍の4116万株に膨らみ、株価は23円高の
450円まで上昇。フジテレビとの和解後の高値をつけたのだ。


細木がこれから言いそうなこと
「だーかーらー鍵を作りなさいって言ったじゃない。
誰にも開けられないような頑丈な鍵をって。
私の言う通りにしておけば家宅捜索に入られなかったのに
バーカーねーアッハッハー」


861 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 21:28:35 ID:H/KYzrIp
>>856
>どうしてビラ撒きやラジオ放送をするゆとりがあるんだ?

十分あるよ。
制空権も揚子江の制海権も日本が握ってるし、ラジオ放送なんて
今も日本向けの北京放送やピョンヤン放送、ボイスオブアメリカ
のようにすごい遠くに送れるのがラジオ放送なの。

ビラなんて、日本か台湾で印刷したのを、飛行機で撒いたもの。
20万人の兵隊に陸路で食料を送るのは大変でも、南京にビラ撒く
位なら数機の飛行機で十分だよ。

南京虐殺の2ヵ月後に、南京から奥地1500kmも離れた重慶に
爆撃を行ってるんだから、爆弾の代わりに余裕でビラなんて撒けるよ。

>昭和十三年二月十八日を皮切りとして、同年には三次、十四年には十三次、
・十五年には四十六次、そして大東亜戦争の始まる直前の十六年には、重慶
・さえ叩けば蒋介石政府が手を上げるだろうとの見当違いの予想のもとに特
・に激しく行われ、五月三日から九月二十八日までの間に海軍航空隊だけで
・三十二次も重慶を空襲したとのことです。
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2004/0406/hi-se.html

862 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 21:52:04 ID:QCVmIILx
>>861
安全区委員等によるビラや宣伝放送の記録は有りますか?

863 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 21:58:00 ID:H/KYzrIp
>>859
>それに日記によれば安全区の外には人がいないとかいてあるw 

ヴォーリントン女史ら国際安全委員の当時の認識は、南京市の全員が
安全区に逃げ込んできたと思ってました。
しかし、戦後の東京裁判では安全区の外側に30万人以上居たのじゃな
いかと委員であったマギー牧師は認識を変えておられます。

安全区の外で調査活動なんてできない時期の、ドンブリ勘定なんだから
あまりの多くの方が安全区に集まったから錯覚したんだよ。

>例えばマギーの記録など、「安全区外」での被害証言も、少なからず見
・られます。また、中国側の資料になりますが、証言集「この事実を・・・」
・にも、陥落時に安全区外にいたとの証言が多数存在します。
http://www.geocities.jp/yu77799/anzentitaigai.html

●ジョン・マギー
アメリカ聖公会伝道団宣教師、南京国際赤十字委員会委員長、
当時四十九歳。キリスト教の布教と医療活動をおこなていた。

南京安全区国際委員会委員、妻と息子を妻の実家のロンドンに避難
させる。フォースターと組んで外国人の大邸宅を借用して難民を
収容した。南京で映画を取り良心的な日本人将兵の行動も記録している。

864 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 22:11:27 ID:H/KYzrIp
>>859
>兵士か住民かどうしてお前にわかるんだよw
>その遺体が支那軍の焦土作戦の犠牲者じゃないとどうしてお前にわかるんだ?

俺は兵士も住民も区別してない。
埋葬記録に区別してないのでは、区別しようとしても出来ないだろう。
支那の焦土作戦では、死者が出たという話は聞いたことがないけどね。

焦土作戦は日本軍に食料を与えない作戦。
中国人を殺す作戦じゃない。焦土作戦を誤解してるんじゃないの、東中野先生
のような、頓珍漢な理解力ではね。

>普通に読めば、大きな戦略によって「南京占領」の軍事的意味を小さくしよう
・というだけの意味になります。南京を焼き払え、などとは一言も言っていません。
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano1.HTML

865 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:11:47 ID:TSGejukw
>>693
この大学教授の言うことをあーそですかと聞けと

報道の自由もない国の大学教授

しかも反日の元である南京事件の

信じられんよ

866 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:12:05 ID:DNOMvAKN
>>863

> しかし、戦後の東京裁判では安全区の外側に30万人以上居たのじゃな
> いかと委員であったマギー牧師は認識を変えておられます。

裁判で偽証しただけじゃねーの?

867 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:14:19 ID:TSGejukw
>>864
えー三光は支那の軍隊がやったの

おかしいな日本軍がやったっていってたよね

868 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 22:14:53 ID:H/KYzrIp
>>862
>安全区委員等によるビラや宣伝放送の記録は有りますか?

宣伝放送は見たことないけど、安全区の道案内でビラを南京市内で張った話は
読んだことがある。

869 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:18:36 ID:QCVmIILx
>>868
宣伝放送は記録がないということですね。
ビラについては、爆撃機からビラを撒いたと主張されてませんでしたか?
道案内のビラとは別だと思うのですが。結局宣伝ビラの投下は無かったとの理解で
よろしいでしょうか。


870 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:20:00 ID:TSGejukw
>>866
この証言はほかの人があーいったから自分もそー思うって
言ってるんであって見てるんじゃない

つまり人がいたまたは虐殺の証拠には一切なりえません

871 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:21:24 ID:2ZEoBe9L
>>868
それは安全区の案内用であって、日本軍の降伏勧告用ではないでしょう。
つまり、放送があった事実もビラを撒いた事実も立証できてませんね。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?



872 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:25:38 ID:2ZEoBe9L
>>864
都合の良い部分に嘘を織り混ぜないで頂けませんか?
そういうのを印象操作と言うんですよ?

一般的に焦土作戦の目的は二つ
1.進行中の敵軍に食料や飲料水を与えない。
2.砲撃の邪魔になる家屋や障害物を除去し、防戦しやすくする。

南京の様な城塞都市では、どちらも非常に有効でしょうね。


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

873 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:26:18 ID:TSGejukw
それから
えなり君

文革で死んだ7000万の死体と日本軍がやった30万の死体の区別も教えてね

まさか文革で人は死んでないないなんて言わないでね

874 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:27:37 ID:TSGejukw
文革でも殺すときは後ろでだったそうだよ

そのほとんどは餓死らしいけど

875 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:29:26 ID:2ZEoBe9L
>>863
>ヴォーリントン女史ら国際安全委員の当時の認識は、南京市の全員が
>安全区に逃げ込んできたと思ってました。
>しかし、戦後の東京裁判では安全区の外側に30万人以上居たのじゃな
>いかと委員であったマギー牧師は認識を変えておられます。

だから何故、裁判の段階になって証言内容を覆したのかが問題なんですよ。
しかも証言台に立ったのはマギー牧師お一人だけ。
また同氏は「城内に少なくても20万、その外は見当も付かない」としか証言してませんね?

>安全区の外で調査活動なんてできない時期の、ドンブリ勘定なんだから
>あまりの多くの方が安全区に集まったから錯覚したんだよ。
先ず>>700の証言を全部論破してから仰ってくださいな。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

876 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 22:33:02 ID:H/KYzrIp
>>854
>1:素性の知れない中国人が証言する

素性が知れないなんて、一般市民の方はみんなそうなるだろ。
あなただってこの被害者の立場になったら、素性の知れない日本人なんて
言われるかもね。

南京市じゃないけど、南京市から北西に20kmの位置にある棲霞寺(せいかじ)
では住職等名士が、南京国際委員を通して日本軍に何とかしてくれと訴えてるぜ。
この人らは、素性の知れない方とは言えないと思うがどうだね?

>棲霞山寺の住職が起草し、難民を代表して20人の知名的人士が署名した
・書簡の表題は『人道のために関係各位に訴える』で、ギュンターがこの
・書簡をドイツ語に翻訳した。
・現在この書簡はドイツ書類保存館ポツダム分館にある。
http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/143photos/seikasan/seikasan.htm

877 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:34:35 ID:2ZEoBe9L
>>864
>俺は兵士も住民も区別してない。
>埋葬記録に区別してないのでは、区別しようとしても出来ないだろう。
>支那の焦土作戦では、死者が出たという話は聞いたことがないけどね。

戦死者を含めて30〜40万……中をとって35万としましょうか?
貴方は>>790で論破されていますから、兵士の死亡数は最大でも5万前後。
つまり残りの30万は全て民間人という定義で問題ないですね?

878 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 22:37:19 ID:2ZEoBe9L
>>876
見苦しい話の誤魔化し方ですね?

先ず「素性の知れない中国人」を氏名と年齢程度は立証してください。
でなければ論破されたと見なしますが?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


879 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 22:56:56 ID:H/KYzrIp
>>859
>住民が恐れているのは日本軍じゃなくて支那軍。

負け戦の軍隊は、逃げ足は速いが何するかわからん。
怖がるのは当たり前のこと。

ところが日本軍はそれ以上に酷かったんだよ。

指揮をする将官クラスのレベルが悪かったんだろうね。
敵の首都を占領するという殊勲を上げていながら、中支那方面軍で
出世した将官は、皇族の朝香宮殿下だけで後はパーだ。
軍中央も見るべきところは見てる。

>日中戦争の初期、ほぼ同じ頃に中国で戦闘活動に従事した日本陸軍には、
・華北の北支那方面軍と華中の中支那方面軍の二つがありました。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/eichel2.html

880 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:04:03 ID:H/KYzrIp
>>865
>報道の自由もない国の大学教授

確かに日本よりは報道の自由はなさそうだね。
でも南京大学は事件の起こった現場の大学だぜ。
日本で言えば東京大学に相当する名門校。

地元の大学の先生の話を無視するほど、あなたも馬鹿じゃないだろう!
金陵大学→南京大学に名前を変更してます。

881 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:06:01 ID:DNOMvAKN
>>879
> ところが日本軍はそれ以上に酷かったんだよ。

そう主張したいならもっとましなソースをつけろよチンカス

882 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:07:49 ID:H/KYzrIp
>>866
>裁判で偽証しただけじゃねーの?

なんでわざわざ、偽証をする必要があるんだい?
日本は負けてコテンパンにやられて、無条件降伏してるのに。
生板の鯉状態なんだけどね。



883 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:08:17 ID:2ZEoBe9L
>>879
>ところが日本軍はそれ以上に酷かったんだよ。
ですから、肝心な部分を憶測で誤魔化さないで下さいませんか?


「以下に提示するデータ分析そのものは、「南京大虐殺の証明」に直接つながるものではさらさらありませんが、
このような人事がなされたことは、陸軍中央が中支那方面軍の統帥に対してきわめて辛い評価を下していたこ
とを示すと考えてまちがいないと『思われます。』」
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/eichel2.html

つまり掲載者個人の憶測ですね?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


884 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:10:44 ID:2ZEoBe9L
>>880

反論に為っていません。
「報道の自由もない国の大学教授」の論証の信憑性を問題にしているのに
職場を引き合いにだしてどうするんですか?

何処で誰が発言しようと、報道管制がかかっていれば同じだと思いませんか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

885 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:12:12 ID:H/KYzrIp
>>867
>えー三光は支那の軍隊がやったの

よく知ってるジャン。
中国語で三光作戦というけど、昔は日本語で尽滅作戦と言ってたけど
三光のほうがわかりやすいからと尽滅は負けたんだよ。
今では尽滅作戦なんて旧軍関係者くらいしか使わないんじゃないかね。
言葉でも負けてしまった日本軍ということかな?

886 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:13:30 ID:2ZEoBe9L
>>882

>なんでわざわざ、偽証をする必要があるんだい?
>日本は負けてコテンパンにやられて、無条件降伏してるのに。
>生板の鯉状態なんだけどね。

答えは実に単純明快です。
裁判で日本軍を悪者に仕立てよう、とする意図が何処かで介入したのでしょう。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


887 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:18:06 ID:H/KYzrIp
>>869
>道案内のビラとは別だと思うのですが。結局宣伝ビラの投下は無かったとの理解

国際委員会も飛行機を持ってれば、飛行機で撒いたと思うよ。
日本軍が制空権を持ってたから、ビラを撒いたんだよ。

>日本軍は南京を包囲する数日の間,絶えずビラをばらまいた、「日本軍は善良市民の
・保護に全力を尽くし、安全な生活を保障し、それぞれに仕事を与えるように力を尽くす」
・と称した。同時に飛行機からは優待証が大量に撒かれ守衛軍の投降を勧めた:

・・・・・・優待証(投降者を絶対に殺さず)
・中国軍兵士で、抗戦の意がなく、白旗を掲げ、或いは両手を挙げ、本優待証を携帯し、
・日本軍に投降するものに対し、必ず適当な職業を世話し、優遇を示す。聡明なる兵士
・の皆さん、決心して来れ。
http://www.come.or.jp/hshy/j95/11si1.html

888 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:21:43 ID:H/KYzrIp
>>872
>2.砲撃の邪魔になる家屋や障害物を除去し、防戦しやすくする。

これは南京城から2kmくらいの距離でしょう。
南京城から遠いところは、食料を与えないための焦土作戦だよ。

889 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:27:31 ID:xaFdcXUv
突っ込むトコが違うぞ 

  ↓

>生板の鯉

ヘンタイはすぐ下になる

890 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:32:47 ID:H/KYzrIp
>>875
>また同氏は「城内に少なくても20万、その外は見当も付かない」としか
>証言してませんね?

間違い!
城内じゃなく安全区で、その後に言葉を続けて、安全区外に30万人以上は居た
だろうと証言しておられます。
安全区に居たときには、安全区だけの情報しか得られなかったけど7年後には
世界のニュースを目に通せたので変化したわけだ。

しかし弁護士さんもマギー牧師以外の証人にも同じ質問をして置いて貰いたかったね
裁判では聞かれなければ、喋らないのが原則だからな。

>我々委員会で推定した所では、安全地帯に入ったのは少くとも二十万は入った
・と思ふ。其の外に安全地帯に来なかった者がどの位あったかは到底推定出来な
・いと思ふ。けれども三十万は最低の見境りであらうと思ふ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/nankin.html#magee1

891 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:41:53 ID:2ZEoBe9L
>>890

では間違いか否かは読んだ方に客観的に判断して頂きましょう。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~guuse/page003.html
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/jinkou/jinkou03.htm

『我々委員会で推定した所では、安全地帯に入ったのは少くとも二十万は入ったと思ふ。
其の外に安全地帯に来なかった者がどの位あったかは到底推定出来ないと思ふ。
けれども三十万は最低の見境りであらうと思ふ。
兎に角城外に居った者、市外に居った者がどの位居ったかと云ふことは到底推定出来兼ねる』

「我々委員会の推定したところでは、安全区に入ったのは少なくても20万人だと思う。
その他に安全区来れなかった者がどの位であったかは、到底想像できないと思う。
けれど(城内全体では)30万は最低の見積もりであると思う。
とにかく城外に居た者、市外に居った者がの合計は到底想像出来ない。」


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

892 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:42:49 ID:H/KYzrIp
>>878
>つまり残りの30万は全て民間人という定義で問題ないですね?

あんたも判らんかただね。
俺は兵隊と民間人を分ける意味合いがないと言ってるんだよ。
埋葬した責任者が、分けてないのじゃ結論が出る話じゃない。
暇つぶしの最たるものだ!

崇善堂でも紅卍字会でも南京市衛生局でも、男女別や子供は分けても軍民
は分けてない。
腐敗した遺体をイチイチ調べるだけでも、反吐が出そうだよ。

>南京市衛生局埋葬隊
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/maisou/eiseikyoku.html

893 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:43:34 ID:DNOMvAKN
>>890
安全区外の人数は「推定できない」んだから「分からない」といっているんでしょ

894 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:44:29 ID:2ZEoBe9L
>>888

で?
食料も無く家屋も(焦土作戦には敵軍に野営地や駐屯場所を与えない意味もある)満足に
残っていない地域に30万人もの民間人が住んでいたと?
しかも日本軍の進路上にですか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


895 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:47:22 ID:OpSIw+6o
>>892
>崇善堂でも紅卍字会でも南京市衛生局でも、男女別や子供は分けても軍民
>は分けてない。
>腐敗した遺体をイチイチ調べるだけでも、反吐が出そうだよ。

おや?法医学鑑定の話はどこかに置き忘れましたか?


896 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:48:18 ID:Rm6Aysw4
>>892
だからさ、
現地でその状況を己の目で見てきたように語るの止めようよ。

そんなこったから誰も論破できないし誰も味方になってくれないんだよ。

897 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:51:09 ID:2ZEoBe9L
>>892
またも話題そらしですか?
そんなに都合の悪い質問なのでしょうか?
では論破したと見なして宜しいですね?

>あんたも判らんかただね。
>俺は兵隊と民間人を分ける意味合いがないと言ってるんだよ。
>埋葬した責任者が、分けてないのじゃ結論が出る話じゃない。
>暇つぶしの最たるものだ!
ですが、貴方は以前「被害総数は30万以上、俺的には40万に近い30万」と断言
しておられますね? ですから貴方の定義を補足して差し上げただけですが?

また「結論が出るわけない」筈は無いですよ。
だって貴方ご自身が総数を断言していらっしゃるんですから。

>崇善堂でも紅卍字会でも南京市衛生局でも、男女別や子供は分けても軍民
>は分けてない。
>腐敗した遺体をイチイチ調べるだけでも、反吐が出そうだよ。
それを行うのが仕事です。
気持ち悪いから、などという子供じみた言い訳が通用するわけありません。
そんな理由で詳細は報告書をださない団体の証言など、信用に値しませんね。
………もちろん「腐敗した遺体をイチイチ調べるだけでも、反吐が出そうだ」だから分
けなかったという証言は出して頂けますよね?


898 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:51:11 ID:DnZHNmXX
アホはすぐ馬脚を現すよなあ。

>>885
>中国語で三光作戦というけど、昔は日本語で尽滅作戦と言ってたけど
>三光のほうがわかりやすいからと尽滅は負けたんだよ。

日本人にとっては「尽滅」のほうが意味がわかりやすいわけだが。
「尽く滅ぼす(ことごとくほろぼす)」の略だもんな。
普通の日本人は、中国語の「光」の意味なんて知らないよ。

結論。
どう見てもエナリはチャンコロです。
本当にありがとうございました。

899 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/19(木) 23:53:02 ID:H/KYzrIp
>>884
>何処で誰が発言しようと、報道管制がかかっていれば同じだと思いませんか?

あなたは報道管制の意味をよく知らないのじゃないかね?
大学教授の口を、いくら国家だと言っても全部内容を規制してるものじゃない。
旧日本軍の報道管制でも、日本兵の遺体はダメだとか、残虐場面で反戦意識を
盛んにしそうな場面はダメとか、具体的なものなんだよ。

今の中国にもそういったものはあると思うが、今の日本にも報道管制はあるぜ。

>「森田さんがどのような考え方をもっているかはホームページなどを見て
・知っている。しかし、わが社は小泉批判はしないことを社の方針として決
・めている。出演にあたりこの方針に従ってほしい」、
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C0606.HTML

900 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:54:06 ID:DnZHNmXX
>>899
論 点 ず ら し 必 死 だ な

つか、国の方針と社の方針の区別も付かないわけ?www

901 :日出づる処の名無し:2006/01/19(木) 23:54:58 ID:iNhUdm/1
>>899
お前が大躍進や文革の頃にいたらどんな発言で中国をマンセーしたか
想像出来るよw

902 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:00:34 ID:2ZEoBe9L
>>899
>あなたは報道管制の意味をよく知らないのじゃないかね?
>大学教授の口を、いくら国家だと言っても全部内容を規制してるものじゃない。
>旧日本軍の報道管制でも、日本兵の遺体はダメだとか、残虐場面で反戦意識を
>盛んにしそうな場面はダメとか、具体的なものなんだよ。

いい加減に見苦しい言い訳は止めませんか?
周囲の反応を確かめることをお勧めしておきますね?

件の発言は著書ですか? 中国国内での報道ですか? 外国でのコメントですか?
その程度の事も立証できないと説得力が全く発生しませんが?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


903 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:03:18 ID:ZAYQBFTV
>>864
>焦土作戦は日本軍に食料を与えない作戦。
>中国人を殺す作戦じゃない。焦土作戦を誤解してるんじゃないの、東中野先生
>のような、頓珍漢な理解力ではね。

貴方の方が「焦土作戦」を誤解しておられるよ、
食料になりうる物資を焼却し、敵に利用されないようにする作戦程度のお考えでは無いか?
だとしたらかなりの誤解がありますよ、自国民も処分の対象になりますから。




904 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:06:22 ID:ekeiLLPn
>>903
横レス失礼。

私の勘違いでなければ、かなり洒落にならない発言に思えるのですが……?w

905 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:07:53 ID:A9bI0xmJ
>>95 立ち向かってくる人間と、命がけの戦闘をするのなら武人だが、武器も持たず
後ろ手に縛った人間を殺す人間は武人じゃない。
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

906 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 00:11:30 ID:f84i3RPi
>>886
>裁判で日本軍を悪者に仕立てよう、とする意図が何処かで介入したのでしょう。

その意図とかにマギー牧師が唯々諾々と言う事を聞き、あの裁判で堂々と
偽証をしたと言う訳かい?
あなたは裁判に出たことがないでしょう。

ド素人ではナカナカ意識的な偽証は出来ないもの。
頭の中は真っ白になり、思い出しながら真面目に答えるだけで精一杯なのが普通
これでド素人に偽証をさせようとしたら、模擬裁判で十分に練習してからじゃ
ないとまず無理な相談。

創価学会が替え玉投票事件の時に、裁判慣れした弁護士が信者に模擬裁判をして
練習させて裁判に臨んだという話は読んだことがある。
しかし東京裁判で質問してるのは、検察官じゃなくて弁護士の質問での証言。
だからその可能性は非常に低い!

どんなところで証言してたのか見てみなさい、マギー牧師もあがってたと思うぜ
あなただったら上がらないでマトモニ答えれるだろうかね??

>開廷日の様子(1946年5月3日)
http://www.tanken.com/saiban.html

907 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:13:00 ID:yS6yY4CJ
>>906
じゃあ東史郎の捏造は裁判で証明されたから、その捏造を事実だと言い張った
恵也は嘘つき確定だね!

908 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:17:32 ID:P7PeTHmF
湾岸戦争直後のクウェートで
「着る服が無かったので撤退したイラク軍がほっぽり出していた
フセインのサインロゴ入りシャツを着ていただけで国家反逆罪に
問われて懲役15年の刑を受けた」
と言うアホらしい話がニューズウィークに載っていたが恵也は
そういうのも諸手を挙げて賛成なんだろうな。

909 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:18:08 ID:ekeiLLPn
>>906
なんせ、偽証罪もなければ証言の検証も無かった法廷ですからね。

『審理では、日本側から提出された3千件を超える弁護資料(当時の日本政府・軍部・外務省の公
式声明等を含む)がほぼ却下されたのにもかかわらず、検察の資料は伝聞のものでも採用すると
いう不透明な点があった。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E6%9D%B1%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%BB%8D%E4%BA%8B%E8%A3%81%E5%88%A4

>ド素人ではナカナカ意識的な偽証は出来ないもの。
>頭の中は真っ白になり、思い出しながら真面目に答えるだけで精一杯なのが普通
>これでド素人に偽証をさせようとしたら、模擬裁判で十分に練習してからじゃ
>ないとまず無理な相談。
だからこそ、マギー牧師お一人しか証言台に立たなかったのかも知れませんね?
複数の証人をだせなくって?
さて、マギー牧師の証言を裏付ける資料はまだですか?

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


910 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:19:56 ID:ZAYQBFTV
>>904
そうですよ、洒落にならない作戦です
やったら民主国家じゃないと言っているようなもんです
その一帯で敵に利用される恐れのあるモノはすべて処分します、
民衆の受け入れ先など考えませんから膨大な数の流民が出るんですよ
効果はてき面なんですがね


911 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 00:28:04 ID:f84i3RPi
>>895
>おや?法医学鑑定の話はどこかに置き忘れましたか?

蒋介石政権の裁判だから、それなりの経歴のある医者に任せたと思うけどね。
司法医師というから中国の法医学を納めた方なんだろ。
国家の威信がかかってる裁判なんだしな。

>司法医師潘英才・検屍官宋士豪などが遺骨を調べたところ、その多くに刀
・で切られたあと、銃弾の命中したあと、あるいは鈍器で殴られた損傷など
・があり、書類中の記入済みの鑑定書は信頼できるものである
http://www.geocities.jp/yu77799/gunjihoutei.html

>マンパワー不足というのはどこでも同様なのでしょうが、私達に限らず、
・法医学会においてもかなり深刻な問題です。法医学会に所属している医師
・は全国で約150名程度しかいないのです。
http://www.med.kitasato-u.ac.jp/news/263/263_10.html

912 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:29:38 ID:ekeiLLPn
>>911
>蒋介石政権の裁判だから、それなりの経歴のある医者に任せたと思うけどね。
>司法医師というから中国の法医学を納めた方なんだろ。
>国家の威信がかかってる裁判なんだしな。

ですから、その報告書とやらを見せてくださいな?

913 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:37:19 ID:Y5pk+v7E
エナリは相変わらず論点ずらしと「俺がこう思うから、俺が正しい」という恥ずかしい論理の振り回しばかりだね。

一、東京裁判に偽証罪は無かった。
一、弁護人の陳述は全て却下された。
一、「韓国の偽証罪が日本の7500倍」を例に見れば分かるように、日本の倫理と他国の倫理は大きく異なる。
エナリの妄想も聞き飽きてきたな。
大金貰えて、偽証罪に問われないなら、大半の奴は偽証するさ。
相手が敵ならなおさらだ。

914 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 00:38:32 ID:f84i3RPi
>>907
>じゃあ東史郎の捏造は裁判で証明されたから

捏造は証明されてません。
50年以上前の戦友の残虐行動を、裁判官に証明できなかったから名誉毀損で
50万円取られただけの話。
中身を知ってから書きなさい!

>最高法院前で現場検証しました。沼は埋められていましたが、当時の地図には
・記載されていました。
・日記に記されたとおりに、郵便袋にガソリンで火をつけ、手榴弾をくくりつけ
・て池に投げ込みました。

・実行者は危険にさらされることなく実験を遂行し、最後に炸裂音がして水が
・ごぼっと盛りあがりました。すべて記述のとおりで、その実験ビデオを東京
・高裁にも提出しました。

・ところが、二審の判決は「陣中メモがないからには、日記は事実とはいいが
・たい」と一蹴しました。50年もしまいこんでいた日記に虚偽を書く必要が
・どこにあったでしょう。
http://www.jca.apc.org/nmnankin/azuma10.html

915 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:44:15 ID:ekeiLLPn
>>913
申し訳ないですが、それはマギー牧師に失礼だと思いますよ。
当時、政府までもが見捨てた南京市内で安全区を設置し、日本軍との交渉役まで
行った委員会の勇気と行動力は賞賛に値するものだと思います。


だた、彼のリンドバーグ氏(対独戦争を指南したために名誉を剥奪され追放された)の
例もありますし、政府機関からの圧力がかかってしまった可能性は無視できません。
なにしろ、東京裁判で圧勝しなければ事後法の適応も含めて世界中から非難される
可能性もあったので、特に上層部は必死だったと思います。

916 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:46:54 ID:Y5pk+v7E
>>914
東を訴えた、東の元上官の方が正しいことを言っているから東は負けた。
判決文でも、東の証言の信憑性は否定されている。
簡単に言えば、証拠能力無しってことさ。

917 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 00:47:25 ID:f84i3RPi
>>909
>だからこそ、マギー牧師お一人しか証言台に立たなかったのかも知れませんね?

マギー牧師以外にも何人か出てるはずだが・・・
ベーツ博士や許伝音氏やほかにも居ると主けど、否定派は知らないことも平気で
断言する本能を持ってるようだ。

>ベーツ証人 日本軍入城後何日もの間、私の家の近所の路で、射殺された
・民間人の屍体がゴロゴロして居りました。此の虐殺行為の及ぶ全範囲と云
・ふものは非常に広いのでありまして、全体のことを申上げることの出来る
・人は一人も居りませぬ。
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/simin/simin_a3.html#kyo-denon01

●マイナー・ベーツ博士 40才
金陵大学歴史学教授。南京国際委員会委員
南京国際赤十字委員会委員、金陵大学緊急委員会委員長として、金陵
大学施設に設置したいくつかの難民キャンプの責任者もつとめた。
妻リリアと二人の息子は日本で避難生活を送る。

918 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:50:27 ID:ekeiLLPn
>>917
これは失礼。
私の見識不足だった様ですね?

ところで、マギー牧師の証言を裏付ける資料はまだですか?
なければ、偽証の可能性は消えないと思いますが?


919 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:51:38 ID:ekeiLLPn
>>915
間違い発見!
「対独戦争を非難したために名誉を剥奪され追放された」

920 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:53:34 ID:C4lLydXe
知らないことも平気で断言する・・・

お前が言うか?

921 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 00:54:44 ID:iQwgrDET
まあ、どうぞお茶でも。
いや、新聞でも読んで、気分転換を。
ヨムワ、マイニチ。
・・・・・。
いつになったら、こんな茶番から開放されるんでしょうか(涙)。
閑話休題。失礼しました。

922 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 00:59:14 ID:f84i3RPi
>>913
>東京裁判に偽証罪は無かった。

今の日本では、証人喚問で偽証罪はあるけど、どんどん証言拒否をしてるぜ。
何でだい?
参考人喚問では偽証のやりっぱなしだったようだが・・・・

今の参考人喚問に比べたら、マギー牧師の東京裁判での証言には真実性があるよ。

>偽装発覚後の関係者による協議をめぐる事実関係などについて、小嶋証人
・は再三にわたって「刑事訴追のおそれがある」として証言を拒否した。

・しかし、一方で、安倍晋三官房長官の秘書に相談し、その秘書が国土交通
・省に電話するなどしたことを認めた。
http://www.janjan.jp/kokkai_watch/0601/0601167821/1.php

923 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:00:01 ID:TJ5RCUb5
>>914
お前の引用したHPにはハッキリと

> 敗訴の理由は、南京攻略戦をつづった東さんの日記の一部記述は事実とは
>認められないということでした。当時の日本軍兵士の犯した無数の虐殺行為
>のひとこまを当事者として記したのに、いつわりだというのです。

とハッキリ書いてあるじゃないか。

>中身を知ってから書きなさい!

全くだ。この嘘つき野郎w

924 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:00:58 ID:TJ5RCUb5
>今の日本では、証人喚問で偽証罪はあるけど、どんどん証言拒否をしてるぜ。
>何でだい?

アホ丸出し。
「証言拒否」と「偽証」の区別が付かないらしい。

925 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 01:12:04 ID:f84i3RPi
>>913
>大金貰えて、偽証罪に問われないなら、大半の奴は偽証するさ。

マギー牧師が大金を貰ったと言う話は聞かないのだけど・・・
南京に残留して避難民を助けたほどの義人が、裁判で偽証を頼まれてするものかね
逆に、脅されても偽証なんてしないと思うぜ。

ラーベ氏も従業員を守るためと、ナチス党員としての誇りでに南京に居残
ったみたいだぜ。
戦争中の南京に残ったのは、金で転ぶような連中とは思えないけどね、俺には!
あなたは残れるくらいの肝っ玉を持ってるのかい?

>ともに南京で難民保護に奔走した米国人は次のような感想を漏らしている。

『この数週間、彼と親しくつきあってみて、いかに素晴らしい人かがよ
・くわかった。これほどの人物はなかなかいないだろう。それを思うにつ
・け、彼の人柄とヒトラー賛美がどうしても結びつかない』

・しかし、ラーベ本人はナチ党員である誇りが南京にとどまらせた、とこう書く。

『私の心の奥底にはここに残り、ここで耐えぬくべきだ、という強い思
・いがある。私はナチ党の党員だ。しかも、支部長代理さえつとめたこと
・があるのだ。わが社の得意先は中国の役所だが、仕事で訪れるたびに、
・ドイツという国、それからナチ党や政府について尋ねられた。そういう
・とき、私はいつもこう答えてきた。 いいですか・・・
ひとつ、我々は労働者のために闘います ひとつ、我々は労働者のため
・の政府です ひとつ、我々は労働者の友です 我々は労働者を、貧しき者を、
・見捨てはしません!(HPラーベの日記 第一章 残留より)

926 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 01:19:21 ID:f84i3RPi
>>915
>東京裁判で圧勝しなければ事後法の適応も含めて世界中から非難される

そんな圧勝よりも、日本の治安維持のために昭和天皇の戦犯阻止の方が
大きかったでしょう。
世界の非難なんて、今のイラク戦争を見ても判るように戦争に勝った大国
にとっては「蛙の面に小便」

非難なんてたいした事はない。
大切なのは、米国による占領行政の成功だ。

927 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:23:27 ID:wxE8NRR6
>>926
>大切なのは、米国による占領行政の成功だ。

その為にだったら捏造だって平気だよな。
そう言えばお前はイラクでも略奪は米軍がやらせたのをイラク人の
せいにしていると言っていたな。

928 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:25:43 ID:ekeiLLPn
>>926
だから、何時になったら話題そらしから卒業出来るのですか?

>そんな圧勝よりも、日本の治安維持のために昭和天皇の戦犯阻止の方が
>大きかったでしょう。
>世界の非難なんて、今のイラク戦争を見ても判るように戦争に勝った大国
>にとっては「蛙の面に小便」
どちらが需要だったか、ではなく両方とも請求に片付けるべき問題だったと
いうことだけです。当時、南下を続けるソビエトに対しての防衛戦を構築する
上でも「戦後処理」を迅速に行う必要があったのは確かなんですから。

以後、上記の話題はスレ違いとして無視しますので悪しからず。


ところで、マギー牧師の証言を裏付ける資料はまだですか?
なければ、偽証の可能性は消えないと思いますが?


929 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 01:27:48 ID:f84i3RPi
>>916
>東を訴えた、東の元上官の方が正しいことを言っているから東は負けた。

正しいからじゃないの。
50年前の虐殺行為を証明できないから、東氏が負けたの。
旧軍隊の亡霊どもの作戦勝ち!

> 私・東史郎は、1987年に戦争中の虐殺・非人間的行為を証言し、日記を出版した。
・そして6年後の1993年「日本軍の名誉を傷つけた。けしからん」と「名誉毀損」
・で告訴された。「東史郎の日記は虚構である、その虚構を是正し、日本軍の名誉
・を回復し、学校教科書に掲載されている南京大虐殺の記述を訂正しなければならない」、

・というのが告訴の本当の意図である。訴えた原告代理人の事務所には「南京大虐殺
・の虚構を正す会」を設立し、南京大虐殺をなかったことにしようとする「まぼろし派」
・が必死で法廷を利用しようとしている。
(東史郎さんの南京裁判を支える会より)

930 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:30:57 ID:ekeiLLPn
問題になったのは「東日記』の信憑性。まず元になったという「戦中でのメモ」なるも
のが実在しないこと。東氏は「京都の戦争展に貸し出した際に紛失した」と言い、 戦
争展の当事者は「元々ない」と双方食い違いの証言をしている。

1996平成8年4月、同裁判所は、日記の記述は虚構と認定し、
東氏ら3名に50万円の支払いを命じた。
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa02/tushu4.htm


931 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 01:32:29 ID:f84i3RPi
>>923
>とハッキリ書いてあるじゃないか。

馬鹿だね、それはHPを書いた人の個人的見解。
俺の見解とは違う。
俺の作るHPなら、そんな表現はしないよ。

932 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:32:34 ID:TJ5RCUb5
お前が自分で引用したHPにハッキリと

> 敗訴の理由は、南京攻略戦をつづった東さんの日記の一部記述は事実とは
>認められないということでした。当時の日本軍兵士の犯した無数の虐殺行為
>のひとこまを当事者として記したのに、いつわりだというのです。

書いてあるだろうが。支持者ですら「いつわりだというのです」と言ってる
のに見苦しいんだよ捏造野郎。

933 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:34:49 ID:CDs84CPm
>>931
>馬鹿だね、それはHPを書いた人の個人的見解。
>俺の見解とは違う。
>俺の作るHPなら、そんな表現はしないよ。

アホですか?

934 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:35:35 ID:TJ5RCUb5
>>931
つまりお前の勝手な妄想に過ぎないと言うことだろうが。
しかも自分で引用したHPの中身もロクに読んでないのだから恥ずかしい
ったらありゃしないw

935 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:36:12 ID:C4D8D/zw

恵也 ◆o4NEPA8feA は、 捏造野郎だあ!




936 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:38:05 ID:Asr1E9Fi
>>922
偽証と証言拒否の違いも分からん馬鹿w

937 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:38:36 ID:TJ5RCUb5
>>914で偉そうに

>中身を知ってから書きなさい!

とその「中身」が自分の見解を真っ向から否定するHPを引用するとは
救いようのないアホだなコイツ。

938 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:41:23 ID:C4D8D/zw

   恵也!  早く熱燗とスルメを買って来いよ!



939 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:43:11 ID:ZAYQBFTV
恵也は自分が可愛くて可愛くて仕方ない人なのよ

940 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:44:19 ID:ekeiLLPn
以降、東史郎に関しての判決文よりの抜粋。


1.陣中日記は全く存在しない
2.紛失したことをうかがわせる証拠は全く存在しない
3.本件行為が真実実行されたと到底認めることはできない
4.信用することが到底できない
5.到底実行可能性があるものとは認めることができない
http://www.jca.apc.org/nmnankin/azuma14.html

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

941 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 01:46:55 ID:f84i3RPi
>>927
>その為にだったら捏造だって平気だよな。

マギー牧師の証言のどこが捏造だと言うのだい?
俺は真面目な、正直な答え方だと見てるけどね。

ヒューザー社の小嶋氏の参考人喚問の時の、嘘八百、捏造証言とは
まったく質が違う。

>ヒューザーVSイーホームズ・・・どちらが正直かといえば、イーホームズ
・かな?という印象でしょうか。 11月29日、耐震強度偽装問題を審議
・するため、国会は関係者を招致し、参考人質疑が行われました。
http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50116566.html

942 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:48:48 ID:yS6yY4CJ
>>941
東史郎や吉田清治を持ち上げる捏造人間のお前が言っても説得力皆無。

943 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 01:48:55 ID:f84i3RPi
>>928
>ところで、マギー牧師の証言を裏付ける資料はまだですか?

教えて「クレクレ病患者」は相手にしない事にしてますので悪しからず。

944 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:49:44 ID:ekeiLLPn
>>941
だから、実際に出廷もしておらず肉声も聞いていない貴方の
主観的な感想なんて何の根拠にもならないんですよ?

ところで、マギー牧師の証言を裏付ける資料はまだですか?
なければ、偽証の可能性は消えないと思いますが?


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?

945 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:49:50 ID:CDs84CPm
>>943
結局証拠も何も出せないんじゃないか。アホやな。

946 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:51:42 ID:ekeiLLPn
>>943
つまり裏付けとなりうる証拠は存在しないと仰ってるんですね?
では、貴方が論破されたと言うことで終了させていただきます。

ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?


947 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:52:52 ID:C4D8D/zw
上海総領事館員自殺事件の証人として、国会に中国大使館の人間や
中国外務省を呼んだほうがいいんじゃないか?

948 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:54:20 ID:41CU0iyz
>>924
それがえなりクォリティ。
証言拒否は正当な権利、偽証は犯罪という常識を知らない。

949 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 01:57:39 ID:TJ5RCUb5
>>941
アメリカはイラク戦争の時は捏造してるのに、第二次大戦ではしてないと
でも言うのか?
普通は「どっちでもやってる」と思うものだがな。

950 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:01:03 ID:f84i3RPi
>>930
>まず元になったという「戦中でのメモ」なるものが実在しないこと。

何で実在しないと断言できるのかね。
紛失してない分はちゃんと実在してるんだぜ。
それも大量にね。
何でそこだけ無いのか不思議に思わないのかな?

>南京攻略戦、徐州戦、壌東戦などの戦闘に参加したが途中でマラリアに罹り、
・本隊と別れ入院、遅れて単身で帰国したため、日記等が没収されなかった。

・帰国後、1941年に結婚するまでに清書したものが5巻。清書した5巻
・には「民族の血祭り」という題が付けられている。「血祭り」こそが、東
・史郎さんの体験した戦争の実感だと言う。

・その五巻以外に、次の戦地資料が現在残されている。
http://www.jca.apc.org/nmnankin/magaz319.html

951 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:01:39 ID:TJ5RCUb5
>何でそこだけ無いのか不思議に思わないのかな?

東にとって都合が悪いから無かった事にしたんだろ。

952 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:03:20 ID:ekeiLLPn
>>950
その苦情は最高裁判所に言って下さいね?
もちろん>>940を参照してから。


ああ、ところで私が盲目な中学生で、ついでに準文盲で
子供並みの知能の持ち主だという主張の立証はまだですか?
それとも単に持論の立証に行き詰まり、
何度も逆ギレを起こして誹謗中傷を書き込んだだけですか?



953 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:06:33 ID:yS6yY4CJ
>>950
>何でそこだけ無いのか不思議に思わないのかな?

>問題になったのは「東日記』の信憑性。まず元になったという「戦中でのメモ」なるも
>のが実在しないこと。東氏は「京都の戦争展に貸し出した際に紛失した」と言い、 戦
>争展の当事者は「元々ない」と双方食い違いの証言をしている。

「元々ない」のを戦争展のせいにしただけだろ。

954 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:09:22 ID:f84i3RPi
>>949
>アメリカはイラク戦争の時は捏造してるのに、第二次大戦ではしてないと
>でも言うのか?

そんなことは言わないよ。
マギー牧師に偽証させるような「労多くて益の少ない」事はしない。

むしろ昭和天皇の戦犯阻止の為だったら、偽証をやらせてる可能性は大きい。
戦犯になられて死刑になった東条英機氏などは、その典型だろう。
まあ、この人は俺の好みじゃないが、この偽証だけは買ってるぜ。

955 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:11:38 ID:yS6yY4CJ
>マギー牧師に偽証させるような「労多くて益の少ない」事はしない。

たった一人に偽証させるぐらいのどこが「労多くて益の少ない」事なんだよ。

956 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:13:57 ID:CDs84CPm
>>954
>まあ、この人は俺の好みじゃないが、この偽証だけは買ってるぜ。

つまりえなりは1人の人間の証言に関して自分に都合のいいものだけ抜粋するって事だな。現に何度もやってるが。

957 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:16:40 ID:f84i3RPi
>>953
>「元々ない」のを戦争展のせいにしただけだろ。

元々メモがなければ、これだけの文章は記憶力だけでは書けないよ。

>「南京城の警備を命ぜられ、郡馬鎮を去る。中山通にある最高法院は、灰色に塗られた
大きな建物である。日本の司法省にあたろうか。

 法院の前にぐしゃりとつぶれた自家用車が横倒しになっていた。
道路の向こう側に沼があった。
 どこからか、一人の支郡人が引っぱられてきた。戦友たちは、仔犬をつかまえた子供
ように彼をなぶっていたが、西本は残酷な一つの提案を出した。

 つまり、彼を袋の中に入れ、自動車のガソリンをかけ火をつけようというのである。泣き
叫ぶ支那人は、郵便袋の中に入れられ、袋の口はしっかり締められた。

彼は袋の中で暴れ、泣き、怒鳴った。袋はフットボールのようにけられ、野菜のように小便
をかけられた。ぐしゃりとつぶれた自動車の中からガソリンを出した西本は、袋にぶっかけ、
袋に長いひもつけて引きずり回せるようにした。

 心ある者は眉をひそめてこの残酷な処置を見守っている。
心なき者は面白がって声援する。

 西本は火をつけた。ガソリンは一度に燃えあがった。と思うと、袋の中で言い知れぬ恐怖
のわめきがあがって、こん身の力で袋が飛びあがった。袋はみずから飛び、みずから転げた。
 


958 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:20:17 ID:yS6yY4CJ
>元々メモがなければ、これだけの文章は記憶力だけでは書けないよ。

そりゃ「記憶力」で書いたんじゃないからな。でっち上げただけだ。

959 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:23:30 ID:f84i3RPi
続き
戦友のある者たちは、この残虐な火遊びに打ち興じて面白がった。袋は地獄の悲鳴をあげ、
火玉のようにころげまわった。

 袋の紐を持っていた西本は、「オイ、そんなに熱ければ冷たくしてやろうか」というと、手榴
弾を二発袋の紐に結びつけて沼の中に放り込んだ。火が消え袋が沈み、波紋のうねりが
静まろうとしている時、手榴弾が水中で炸裂した。
 水がごぼっと盛りあがって静まり、遊びが終わった。

 こんな事は、戦場では何の罪悪でもない。ただ西本の残忍性に私たちがあきれただけである。
 次の時にはこのようなことは少しの記憶も残さず、鼻唄を唄って歩いている一隊であった。」

960 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:24:50 ID:ZAYQBFTV
>>957
>元々メモがなければ、これだけの文章は記憶力だけでは書けないよ。

想像力なら?

961 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:26:12 ID:LVdO2dGM
創作力で書いたんだろ。

962 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:28:15 ID:ZAYQBFTV
メモをよく見たら
「このお話はフィクションであり、実在の(ry」

って書いてあったりして

963 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:28:48 ID:twejgK1B
>>883
それみてどこが憶測だと思うんだよ。
誰がどうみても中支那方面軍には最低の評価が付けられている。
上海〜南京という史上類をみないほどの、結果をだしてるのにな。

それが虐殺があったからという可能性は立証できませんが。

964 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:35:06 ID:f84i3RPi
>>955
>たった一人に偽証させるぐらいのどこが「労多くて益の少ない」事なんだよ。

どこが偽証だと言うのかまったく判らんのだがね。
マッカラム氏の日記も東京裁判の証拠として提出されてます。

>私どもを脅迫し殴打したり、平手打ち等をやりました。『リッグス』氏は
・最もひどく平手打ちをされました。

・私は時々、一日本兵が、若干の支那人を助けたり、また、遊ぶ為に支那人
・の赤子を拾い上げているのを目撃しました。

・日本兵が一人ならず、戦争は嫌いだ本国に帰還したいと私共に語りました。
・ 日本大使館員が親切で、私共を救い出そうとしましたが、彼らは無力で
・ありました。(1937年12月29日の日記より)
●ジェームズ・マッカラム
連合キリスト教伝道団宣教師、四十四歳。金陵大学の付属施設で日曜
学校や女性のための半日学校を開校。
南京国際赤十字委員会委員、鼓楼病院のマネージャー、救急車の運転
手として活躍。

965 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:37:50 ID:twejgK1B
>>914
>捏造は証明されてません。
>50年以上前の戦友の残虐行動を、裁判官に証明できなかったから名誉毀損で
>50万円取られただけの話。

虚偽=捏造を書かれたから名誉毀損が成立するわけだが。

966 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:43:55 ID:twejgK1B
>>957
>法院の前にぐしゃりとつぶれた自家用車が横倒しになっていた。道路の向こう側に沼があった。

裁判では鍵となる「沼」の位置が全く違ったわけで、捏造と司法に判断されてるわけで。

東さんはね、戦前は小説家目指して頑張ってた方なんですよ。
一杯売れた本が書けたのだから本望なの。
頑張って書いて売れた、フィクション本に余計な事いわないでもらえますか?

967 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:44:57 ID:f84i3RPi
>>960
>創作力で書いたんだろ。

創作力では沼や最高法院の場所、郵便袋の丈夫さ、手榴弾の危険性など
話に破綻が出るのが自然だよ。

>東日記の本件記述が真実であるという確かな根拠は幾つもある。その
・いくつかを挙げてみる。
1 当時、最高法院前には道路をはさんで沼があったことは、当時の航空写真
・、地図から証明されている。従って、本件記述の地形は、当時の実際の地形
・と合致している。
2 人を入れることのできる大きさの郵便袋は、当時中国側でも日本側でも使用
・されていたことが明らかになった。
3 私たち弁護団は、繰り返し本件記述の再現実験をしてきた。その結果、本件
・記述の行動は危険でないことが明らかになった。
@袋にガソリンをかけて燃やしても袋は破れず、沼に放り込める 
A燃えた袋の紐に手榴弾を結びつける行為も火傷の危険を犯さずにできる 
B手榴弾点火と同時に袋を沼に放り込めるし、四、五秒もあれば安全な所まで
・移動可能である。
・また、放り込み地点と沼に段差があることや水中で爆発した手榴弾の破片は
・地上まで飛はないことを考えればなおさら危険はないことが明白である。
(東史郎さん南京大虐殺裁判弁護団より)

968 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:49:02 ID:f84i3RPi
>>965
>虚偽=捏造を書かれたから名誉毀損が成立するわけだが。

間違い!
裁判官を納得させるだけの、証拠が集められなかったから
名誉毀損が成立しただけ。
旧軍隊の亡霊どもの作戦勝ち。

969 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:49:52 ID:ZAYQBFTV
裁判の意味がなくなるYO

970 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 02:51:20 ID:CDs84CPm
>>967
現に破綻してるじゃないか。お前さんの論理と同じでな。

971 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:57:03 ID:f84i3RPi
>連隊長以下古参将校の居並ぶ面前で、田中教官が「人間の首はこのように
・して斬る」と模範を示し、首が飛んだ瞬間私たちの体は硬直状態になった。

・並んだ順に一人ずつ出たが私は4番目だった。そのとき「こんなことが許
・されるのか」といった気持ちが頭をかすめたが、「無様な態度はとれない」
・といった気持ちがより強く働いて、模範通り実行した。
・首を斬り落とした瞬間、下っ腹にズシリとした重みを感じた。

・このセレモニーがすんで中隊に帰り、夜の点呼で兵士諸君の前に立つと、
・何とこれまで感じたヒケ目を全然感じないのである。
・そして彼らの目つきが悪い、とも感じなくなっていた。

・恐らくあの瞬間、私の目つきが変わったのである。
http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/03/tominaga_saihanron.htm


972 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 02:59:15 ID:f84i3RPi
>>969
>裁判の意味がなくなるYO

あなたには裁判の根源的思考が足らん。
人生経験も不足。

973 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 03:04:39 ID:C4D8D/zw
恵也 は、どんな人生経験してきたの?

974 :行殺きのこ ◆KINOKO.5cU :2006/01/20(金) 03:07:34 ID:jJ0XYQ4g
えなりまだいたんだw

975 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 03:08:52 ID:CDs84CPm
>>973
>世知辛い世の中で、働くところがなくてね・・・
>でも親父が頑張って働いて残してくれたので、何とかそれで食ってける。
>悪いな!

こんなもんらしいよ。少なくとも就職した事はないんだろうね。

976 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 03:09:43 ID:ekeiLLPn
以降、東史郎に関しての判決文よりの抜粋。


1.陣中日記は全く存在しない
2.紛失したことをうかがわせる証拠は全く存在しない
3.本件行為が真実実行されたと到底認めることはできない
4.信用することが到底できない
5.到底実行可能性があるものとは認めることができない
http://www.jca.apc.org/nmnankin/azuma14.html


977 :973:2006/01/20(金) 03:12:23 ID:C4D8D/zw
恵也 の手元に酒かアルコールは無いのか?
おじさんと一緒に一杯やるか

978 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 03:12:45 ID:ZAYQBFTV
>>972
裁判とは決着をつける場です
貴方はこう言いました

>裁判官を納得させるだけの、証拠が集められなかったから・・・

つまり準備不足です、
それを他人のせいにする事がどうして出来ますか?
根源的思考も、人生経験の意味も解せぬ無能ぶり、他人事ながら情け無い、
忠告です、出直してきた方が良いと思いますよ。


979 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 05:56:17 ID:TVB1IX4J
新スレ出来たよ。

【世界の】「南京大虐殺」はウソ【常識】29次資料
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1137703873/l50


980 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 06:07:05 ID:TVB1IX4J
>>863
支那の犬コロ 恵也

マギーの証言は 思ふ、思ふ、到底推測できない、と不確か発言の連発であり
しかも何の根拠もない。
マギー証言は何の根拠にもならない。
しかし安全区の外に人がいなかったことについては
国際委員会公文書 T−6・南京市長の避難命令・ニューヨーク7日発同盟 AP南京電
ラーベの日記・ボートリンの日記といくらでも根拠がある。
安全区の外に人がいなかったことはいまや常識。
マギー証言などという何の根拠もない証言を根拠にすることは出来ない。

恵也、馬鹿すぎ。

981 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 06:16:53 ID:TVB1IX4J
>>864
支那のケツなめ 恵也

支那軍が住民に苛烈な仕打ちをしたことは複数の根拠により明らか。

「イギリスからの情報によれば、鎮江の中国軍は組織的に市を略奪し、放火しているとのこと」
(12月7日、南京アメリカ大使館員アチソンからアメリカ国務長官宛の電報)

「首都陥落を前にして、支那軍は7日も南京市外十マイルの地域内にある全村落に火を放ち、日本軍の
進撃に便宜を与えるようなものは全て焼き払わんとしているため、南京市は濛々たる黒炎に包まれてしまった。
.......焼け落ちた家々からは、今まで踏み止まっていた村落の群が、僅ばかりの家財道具を背負ったり小脇に抱
えたりして、よろめきながら城内指して逃げ込んで来る」(『ニューヨークタイムズ』12月7日、南京発)

「中国軍の清野戦術により、南京郊外の農村はほとんど焼き払われた。中立国軍事専門家の目には、
この焼き払いは軍事的には日本軍の阻止に殆ど役だたず、ただ農民たちに計り知れない惨禍をもたらす
ジンギスカン(Chinggis Khan)以来の組織的破壊と映った」(『ニューヨークタイムズ』12月8日、南京発)

ボートリンの日記にも支那兵の乱暴狼藉が書いてあったな。
これでなんで死者が出ていないと思えるのか、不思議だね。
みんな前から思ってるけど恵也、お前頭おかしいよ。

982 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 06:20:07 ID:TVB1IX4J
>>879
愚劣な支那の家畜、恵也

>ところが日本軍はそれ以上に酷かったんだよ。

残された写真や映画によるとどう考えても支那軍のほうが恐れられていたな。
お前のいうことにはいつも根拠がない。

983 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 06:34:34 ID:TVB1IX4J
>>914>>929

誰からも嫌われている恵也

東史郎は裁判で「捏造」と判断されている。

高裁・奥山裁判長
「やけどの危険を負わずに実行することができたかは疑問で、真実とは認められない」
最高裁は高裁の判断を支持し、東の上告棄却。

恵也、何度指摘されても無視するんだろうが、何度でも応じるしあきらめることはない。
東日記は捏造と裁判で判断されている。
お前は恥知らずの嘘つきだ。

984 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 06:46:39 ID:TVB1IX4J
>>925>>964

史上最も多く論破された馬鹿、恵也

東京裁判は不当裁判だ。
テンプレ>>4に当時採択された国会決議の趣旨説明にもある。

豪州のウエップ裁判長
 帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明。

オランダのレーリング判事
 裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような
 事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」
 と発言。

フランスのベルナール判事
 レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした。

アメリカのキーナン首席検事
 日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に
 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言。

イギリスの国際法の権威ハンキー卿
 『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は
 絶対に正しい」と明言。

東京裁判が正当だったと勘違いしているのは特定アジアとその犬の恵也だけ。

985 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 09:58:37 ID:gVIG6Wsv
>>967
> 創作力では沼や最高法院の場所、郵便袋の丈夫さ、手榴弾の危険性など
> 話に破綻が出るのが自然だよ。

あまりにも酷い意見だ。
古今東西の創作家すべてに対する冒涜ですね?

あなたは常識も創造力もないから想像もできないのだろうが、>>957,959程度の文章はちょっと腕のある人間なら
普通に創作できますぜ。


986 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 11:55:44 ID:pssZvZKq
世界の 常識 とスレタイに書いてあるけど、本当?
昔世界の定説だと叫んでた新興宗教の人がいたけど、あれと一緒じゃないよね?

987 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 13:02:31 ID:L+RFk2Nb
>>967
>3 私たち弁護団は、繰り返し本件記述の再現実験をしてきた。
(中略)
>A燃えた袋の紐に手榴弾を結びつける行為も火傷の危険を犯さずにできる
>B手榴弾点火と同時に袋を沼に放り込めるし、

えーと、この弁護団とかいうテロリストどもは、
実験のためと称してどっかの沼地で手榴弾を何度も炸裂させたんですか?
誰か警察に通報した方がよくね?

988 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 13:17:19 ID:C4lLydXe
ところで当時日本軍の手榴弾の起爆方法は?


989 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 14:02:40 ID:Y5pk+v7E
エナリの電波感想文(論じゃない)にも飽きてきたな。
もっと強烈な電波をくれ。

990 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 15:14:23 ID:wDXzLQKY
つ ケザワ & もはや日本人

991 :恵也 ◆o4NEPA8feA :2006/01/20(金) 16:16:41 ID:OvduF8M5
>>981
>ボートリンの日記にも支那兵の乱暴狼藉が書いてあったな。
>これでなんで死者が出ていないと思えるのか、不思議だね。

まったく死者が出なかったとは言わないよ。
でもこんな日本軍による組織的虐殺とは、天と地の差がある。

>夕闇迫る午後五時大隊本部に集合して敗残兵を殺に行くのだと。見れば本部の庭に
・百六十一名の支那人が神明にひかえている。後に死が近くのも知らず我々の行動
・を眺めていた。
http://www.geocities.jp/yu77799/haizanheigari.html

 


992 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 16:33:20 ID:9A+6rJl7
>>989
935 :右翼討伐人 ◆kvN8/L8DR2 :2005/12/30(金) 00:20:56 ID:qKl/lp2o
ひさびさに来たな。いままで実験に忙しくて、あれだったが。
就活のほうはあまりすすまない。
面接までようやくたどりつけましたが、集団面接+プレゼンで。
プレゼンは一応ゼミの発表で使ったものをそのまま利用し、ゼミ発表の通り
行いました。ともに受けたメンバーがすごい人ばかりで、ばりばりの薬学系とドクターで
私よりもはるかにかしこそうで発表内容がはるかに格上でびっくりしました。
ちなみに面接官は3人いて、一人は在日コリアンの方でした。
面接の内容は主に研究のことを中心に聞かれましたが、あなたの大切にしている信条はと
聞かれたとき、ふと思ったのです。面接官の一人は在日コリアンの方です。
在日韓国人の差別をはじめ、過去の日本の悪行に対する認識、そして日本の戦争・戦後責任や
過去の侵略戦争をどう考えるかを話せば、在日韓国人である一人を味方につけることが
できると考え、つくる会をはじめとする右翼勢力を非難し、その他戦争責任を果たすことを
拒み続ける日本を非難し、朝鮮人学校をはじめとする在日コリアンに対する差別が温存している
状況が許せないということや、過去の歴史認識の和解を通じて韓国や中国との交流を深め、
科学技術の発展に貢献できるという風なことを述べました。
ちなみに面接官の一人がなぜ在日コリアンだと分かったかというと鄭○○という名札をみて、
在日コリアンの方であることが分かりました。私の印象は彼にとってはものすごくいいと
感じたでしょう。まあ、まさか面接で私の歴史認識を披露する機会がいただけて光栄ですね。
まあ、まだ結果は返ってきていないですが、受けはそれなりによかったと思います。
以上


993 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 16:39:24 ID:9A+6rJl7
485 :右翼討伐人 ◆kvN8/L8DR2 :2006/01/10(火) 00:15:32 ID:sXk1Ir5O
ああ、不採用通知が前面接を受けたところから帰ってきた。
今日は時間がないのでニュース紹介はできない。

あいかわらず、糞ネット右翼どものあらしが必死。
いい加減死んで来い。まあ、ほかのスレにでも行くか。


994 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 16:44:54 ID:LzY3XD++
>>992>>993
こっちのスレに買い込んだほうがウケがいいと思うよ。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1136212977/

995 :989:2006/01/20(金) 18:14:55 ID:Y5pk+v7E
>>992
うわー、討伐人だ懐かしい。(w
エナリより討伐人の芸風の方が面白い。

>>991
また、根拠無しの妄想かよ。
エナリお前つまんねえ。討伐人を見習え。

996 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 18:19:13 ID:LVdO2dGM
どう見ても五十歩百歩です。
本当にありがとうございました。

997 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 18:58:35 ID:2gOf0OqM
>>887
WRLを含めて提示されたのは、兵士への投降呼びかけビラですね。(市民向けのビラもあるかのような巧妙な書き方ですが、
軍司令官名のビラとして提示されているのは、兵士向けのみ)
結局、安全区以外に一般市民が存在したことの証明としての一般市民向け宣伝ビラ
は、確認されていないと理解しました。

998 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 19:37:24 ID:PDXqlSRG
右翼討伐人さんまた民間企業に討伐されたん?

999 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 19:55:24 ID:InOApTqu
>>999だったら南京で旧日本軍が5000万人殺したことになる

1000 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 19:56:35 ID:InOApTqu
>>1000だったた>>999が取り消され旧日本軍の南京虐殺は30人ってことで済む

1001 :1001:Over 1000 Thread
 ″ ゝ ″ ヽ   ″ ヾ  ″ ゝ " ヽ丿〜    。
 ヽ ″ ゝ ″ ヽ ″ ゞ  ″ ゝ ノ 〜  ゚       ゚
ヽ ″  ゝ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ″ ノ     。
″ ゝ ″ ゞ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ノ 〜            ゚
ゞ ″ヽiiiiii;;;;:::::  ″ノ ″ノ ″ ノ 〜  ゚         。
  ゞ   iiiii;;;;;::::: )::/:/                。
   。   |iiiii;;;;:: :|:/  。 このスレッドは1000を超えました。
      |iiii;;;;;:: ::|     もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。
゚   。   |iiiii;;;;;:: ::|   。         ゚              。
      ,|iiiiii;;;;;:: ::|      。  __     。
     |iiiiii;;;;;::: ::|        ヽ=oノ          ゚
。  ゚  ,|iiiiii;;;;;;::: ::| ゚         / )゚Д  新スレで会おう ゚        ゚
    |iiiiiii;;;;;;:: :::|    。     ヽ  :|        ゚
。     |iiiiiiii;;;;;;:: ::|            |  :|    。   極東アジアニュース@2ch掲示板
,, , ,,/ヘ;;M;;;i;;iii;;ヾ、 ,,,,  ,,,,   しソ, , ,,,  ,, ,,   http://tmp5.2ch.net/asia/ 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


444 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)