5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【捏造?】アインシュタインの言葉【真実?】

1 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:29:29 ID:dB6ufN7y
「世界の盟主」
    
近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、
最後の戦いに疲れる時が来る。
その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあげなければならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、
あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
われわれは神に感謝する。
われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。
―アルバート・アインシュタイン


2 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:33:07 ID:dB6ufN7y
筆者は萬晩報2月28日に「アインシュタインと日本」という文章を書かせていただいた。
その中で、インターネット上に広まっている【アインシュタインの予言】なる文章は創作であることを指摘した。
http://www.yorozubp.com/0502/050228.htm

 筆者がこれを虚構と判断する理由は、
(1)どこにも確固たる典拠がない。
(2)内容がアインシュタインの思想と矛盾する。
という2点である。

http://www.yorozubp.com/0506/050626.htm


3 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:33:20 ID:CLqom0LX
真実だというソースは皆無だが


4 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:35:45 ID:dB6ufN7y
「アインシュタインの予言」でググって(検索して)みて・・・
東大のドイツ文学の中澤英雄さんの意見が出てくるはず
で、これを広めて回ってるバカがいる

だーれも反論しないのか?
国粋主義者の作り話だと?
(中略)
情けない・・・誰も反論する奴はおらんのか?
その中澤さんの資料の引用はあってるのか?

http://tech.ciao.jp/blog2/2005/11/post_246.html


5 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:38:06 ID:C4pG66gN
アルバートが日本好きなのは良い事だが
>>1の言うような事で有頂天になるような日本人は居ないだろ?
世界不思議発見の内容くらいが妥当

6 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:49:00 ID:dB6ufN7y
アインシュタイン・アーカイブズ・オンライン
http://www.alberteinstein.info/


7 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:53:00 ID:dB6ufN7y
出典:『改造』(1922年12月号・改造社)



8 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 03:56:28 ID:dB6ufN7y
大正11年11月17日
伊勢神宮参拝直後の言葉らしいが・・・


9 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/29(木) 04:05:32 ID:8rxDsZ2q
確かにアインシュタインが言いそうもない言葉だが、いずれにせよナチスドイツと手を組んだ日本を批判したことは間違いない。

10 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 04:11:47 ID:dB6ufN7y
大本教学研鑽所編『大本のおしえ』
1967年4月9日初版発行の260から261頁に出てきます。

そこには次のような言葉があるんです。

スタイン博士もいった。
「近世日本の発達史ほど、世界を驚かしたものはない。この驚異的進展、
そこには他の国と相違する、何ものかがなくてはならないと思っていた。
果せるかな、三千年の歴史がそれであった。
世界の文化はアジアに創ってアジアに還り、それはアジアの高峰、
日本に立ち戻らねばならぬ。
天はわれら人類のために、日本という尊い国を造っておいたのである」


11 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 04:22:17 ID:dB6ufN7y
>>9
アインシュタインは、講演後福岡市の栄屋旅館に一泊し、九大歓迎会に臨むなどして、
滞日1ヶ月余の後、門司出帆の郵船・榛名丸で日本を離れた。
このとき福日新聞に次のメッセ−ジを寄せた。

「日本を去るにのぞみ、日本国民に御挨拶する。
殊に私に深い印象を与えるものは、この地球という星の下に、今も尚こんなに優美な芸術的伝統をもち、
あの様な簡単さと、心の美しさとを備えておる一つの国民が存在しているという自覚であります。」


12 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 04:23:12 ID:tMpx9T+s
アインシュタインであろうが誰がなんと言おうが皇室典範改正には絶対反対である。
皇室は聖域であり今の腐敗した日本人が変えていいものではない。
―福沢諭吉―

13 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 05:42:33 ID:rKPUvd4s
       ミソ_、 ,_`彡
    -= ミj  ,」 彡 <日本人を狂牛病でぶっ潰す!!
  -=≡  i' _ーノ   
    -=( つ┯つ
   -=≡/  / //
  -=≡(__)/ )
   -= (◎) ̄))

あなたの大切な人、家族を狂牛病にするため
ブッシュから貰ったおもちゃに乗り 米牛肉輸入再開の日にはしゃぐバカ

【上海総領事館員自殺】遺族を見殺しにする無視する小泉政権の体質【北拉致も】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135657177/

【隠蔽体質】なぜ小泉は上海日本総領事館員自殺事件を隠したか?
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135657177/

上海自殺事件と拉致被害者の遺族に会いたがらない小泉首相
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135657177/

【首相官邸は】小泉政権は意図的にこの事件を隠蔽した?【不魔殿】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135657177/

【また中国に配慮】小泉首相はコメント避ける【小泉談話】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135657177/

上海日本総領事館員自殺事件を一年間も隠蔽する小泉政権の体質
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135657177/


14 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/29(木) 21:22:37 ID:8rxDsZ2q
アインシュタインが感激したのは大正デモクラシーの日本で、昭和の軍国主義日本ではない。

15 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 11:29:58 ID:fEIqo3vU
>>14
アインシュタインに感銘を与えたのは、
自然と調和したり和を尊ぶなどの日本人の心性であって、
大正デモクラシーや軍国主義は関係ない。


16 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/30(金) 11:43:22 ID:PhRgtpXz
 
 
 
>>15
アインシュタインに感銘を与えたのは、
当時の日本で、
今の日本と日本人ではない。
 
 
 
  


17 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 11:43:35 ID:KpA2//TS
>15
「日本はいい国だけど軍人が目立ってて、そこだけはダセエ」
みたいな事言ってなかった?


18 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 12:12:42 ID:u/a3B1pD
なかなか良い刷れだ。

19 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 12:35:08 ID:iVetI5nK
言ったにせよ創作だったにせよ、後付けのような気がするんだよね。
つまり原爆の被害が起きた後に出回ったのでは。

それがアインシュタインによる事実上の「謝罪」であったのか、あるいは
彼が悪人視されないための「配慮」だったのか。
後者だった場合、創作者は日本人だと限らない。

とにかく日本人は騙されやすいのは確かだ。
原爆も空襲も「日本がアジアで極悪非道をやった罰」だと洗脳されてきた。
実際は崇高な理念で行動してたのにな。

20 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 12:47:12 ID:LzWu+Okr
>>17
「日本にきて特に気になるのは、いたるところに軍人を見かけ、平和を愛し平和を祈る神社にも武器や
鎧が飾られているのは、全人類が生きていくのに不必要なことと思います。それからもう1つは、大阪の
歓迎会では会場が日本とドイツの国旗でうめつくされていて、日独親善の気持ちは感謝しますが、
軍国主義のドイツに住みたくないと思っている私には、あまりいい気持ちはしませんでした。」
(中本静暁著『関門・福岡のアインシュタイン』新日本教育図書、71頁)


21 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:22:57 ID:fEIqo3vU
アインシュタイン・ショック〈1〉大正日本を揺がせた四十三日間 岩波現代文庫
金子 務 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4006031084/ref=pd_sim_dp_3/503-3085394-8283147#product-details


22 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:25:39 ID:fEIqo3vU
この自然に適応した生活様式はどこまでも貴いものです。
できるものならば、この日本の生活と様式をいつまでも楽しみたいもので、
もし私は事情が許せば、日本に永住してもよいと思っているくらいです。
「関門・福岡のアインシュタイン」


23 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:38:07 ID:fEIqo3vU
アインシュタインは、日本行きの北野丸に乗船した最初の日に、
既に日本人に対して次のような印象を受けていた。
やはり、なみなみならぬ観察眼である。

「乗組員(飾り気のない日本人たち)、友好的、まったくペダンティックでなく、
個性的なところはない。日本人は疑問を持たず非個性的で、自分に与えられた
社会的機能を晴れやかに尽くし、思わせぶりもなく、しかもその共同体と国家に対して
誇りを持っている。その伝統的な特色をヨーロッパ的なものの故に放棄して、
その国民としての誇りを弱らせることはない。日本人は非個性的だが、実際はよく打ち解けている。
おおむね社会的存在として自己自身のためには何も所有しないかのようであり、
何かを隠したり秘密にしたりする必要はないようだ。」
(「アインシュタイン・ショック」)


24 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 16:29:31 ID:u7KFQmVQ
チョンとかバカとか>>13とか痛い奴だけが必死なスレだな

25 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 16:40:50 ID:8cFGJ/ai
生長の家系右翼人材が必死に流布したデマってホント?

26 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 12:26:46 ID:jZ51V/i1
菅田正昭(著)『古神道は甦る』(1994年 たちばな出版)の29〜32ページに、
「アインシュタインの予言」に関する文章がありますので、引用しますね。
---

天皇の本質は、すでに指摘したように、世界平和と人類の幸福を祈ることにあるが、
そのことにかんして、ここに、じつに恰好の文章がある。<世界の盟主に天皇が立つ>
という、かのアインシュタイン博士(一八七九〜一九五五)の予言である。二〇世紀
最大の科学者で、熱心な世界平和主義者でもあったアインシュタインによって発言
されたとされているため、日本人の反天皇主義者にたいしてもアピールできるという
ことから、じつにいろいろな人によって紹介されている。たとえば、河内正臣著
『天皇の真実』(たま出版)や、高瀬謙次郎著『救世主は日本に現われる(T)』
(トクマ・ブックス)などにも紹介されているが、ここでは濱野壽雄著『よみがえった
古事記』(たま出版)から引用してみよう。

 「世界の将来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返され、最後には戦に
 疲れて必ず真の平和を求めて、世界的盟主をあげねばならぬときが来る。この
 世界的盟主となるものは武力や金力でなく、凡(あら)ゆる国の歴史を超越した
 最も古く、かつ尊い家柄でなくてはならぬ。世界の文化は、アジアに始まって
 アジアに帰り、それはアジアの高峰日本に立ち戻らねばならぬ。われ等は神に
 感謝する。天がわれ等のために、日本という尊い国をつくってくれたことを……」
 (前提書、百六十九ページ)

アインシュタインは四十三歳の大正十一年十一月、総合雑誌『改造』や改造文庫の
出版で知られる改造社の山本実彦社長の招待で日本を訪問した。十一月十七日、
神戸港から上陸、十二月二十九日、門司港から帰国の途についたが、その四十三
日間の日本滞在のなかで、“アインシュタイン・ショック”といわれるほどの知的
衝撃を各方面に与えた。またその間、各地の神社仏閣を訪ね、日本の芸術が日本と
いう自然のなかで育ったこと、そして神社がもつ独特の空間性にたいして強い
関心を示した。

たとえば、名古屋・熱田神宮を訪問した十二月九日の『日記』に、アインシュタインは
次のように記している。

27 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 12:28:03 ID:jZ51V/i1
>>26 の続き)

 「山本、稲垣、石原と神社を訪問。大きな杜(もり)。そこに宮庭の配列にならって
 寺(テンペル)が並ぶ。優雅な磨き上げられた木造建築、飾りがない。魂のための
 家々。南方からやって来たに違いない。特徴的な屋根の付属物。(スケッチ)国家に
 利用される自然宗教。多くの神々、祖霊、および天皇崇拝。木々が寺院配列に際し
 ての重要な点景に」(金子務著『アインシュタイン・ショック(1)』河出書房新社)

ところが、先に紹介したあの予言は、すこし出来過ぎのキライもある。そしてまたあの
予言には、<いつ、どこで> 発言されたのか、あるいはだれによって記録されたのか、と
いうことが欠落しているのである。

その出処について、たま出版編集部に調べていただいたところ、いくつかのルートを
辿っていくと、どうやら某宗教団体に行きつくらしい、ということであった。
いっぽう、わたしも、金子務著『アインシュタイン・ショック(1)(2)』(河出書房
新社)や、石原純著『アインシュタイン講演録』(東京図書)などで調べたが、該当
する箇所がなかった。

もしかすると、かなり近い発言があったのかも知れないが、伝聞を繰り返している
うちに、<アインシュタインの予言> と称するものが歩き始めてしまったらしい。
本書の読者で、もしほんとうの出典をご存知の方があったら、ぜひ知らせていただき
たいと思う。

(引用おわり)

28 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 12:29:23 ID:jZ51V/i1
>>27 の続き)

これは単なる予想なんですが、この「予言」って、日ユ同祖論のにおいがしますね。

もちろんアインシュタインも、招待されたということがあって、日本をほめたでしょう
し、また1920年に発足した国際連盟において、日本は常任理事国となり、新渡戸
稲造が活躍したりもしてたので、日本に対する評価もけっこう高かったかもしれません
が、しかし「家柄」がどうしたなんてことをアインシュタインが言うとは、ちょっと
考えられませんよね。

29 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 09:34:16 ID:XLVtQVAF


30 :うでにほんあしにほん:2006/01/02(月) 09:37:48 ID:U89ztrSi


  じゃっぷはすばらしいしゅぞくだと

あいんしゅたいんが 煎ってましたよ あっかんべえずきのあいんが

31 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 10:17:20 ID:2RZfha46
>なんてことをアインシュタインが言うとは、ちょっと 考えられませんよね。

しかしアインシュタイン博士が誰かの考え通りのことを、必ず言うとは決まって無いから分からないな〜

32 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 12:31:19 ID:EjTRwpXk
信頼できる元ソースがない以上九割九分まで捏造ですけど。w

>アインシュタインが言うとは、ちょっと 考えられませんよね。

というのは、残り一分の可能性にも否定的な結論を下すのが妥当とする
ものでしょう。

33 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 12:38:26 ID:D5m0pcXw
しかし日本語の書籍をソースと認めず原文のドイツ語が無い限りソースとして認められないと言うのなら、
アインシュタイン博士は来日してから、何も語ってないことになるのか?

34 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/02(月) 12:41:55 ID:bJ6sRwdA
>>33
出所の定かな文献は多数あるが、くだんの文章は定かではないってコト。

35 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 12:46:53 ID:D5m0pcXw
出所は雑誌改造らしい >>7

36 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/02(月) 12:54:05 ID:bJ6sRwdA
ところがその「改造」に掲載されたという事実が確認されていない。

37 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 12:55:31 ID:ll6vIV5i
ふたらのすけが典拠としたのは今村均「祖国愛」だが

>今村氏が、「〔アインシュタインが大正11年に〕次の声明を発表し"改造"
>及び多くの新聞が、それを記載した」と書いているのは、事実無根である。
>雑誌『改造』が掲載し、有名になったのは、前稿でもその一部を紹介した、
>来日2週間目に雑誌『改造』のために書かされた「日本における私の印象」と
>いうエッセイであるが、この中には、天皇や日本の国体に対する言及はない。

> もし日本の国体を賛美する【アインシュタインの言葉】が当時、『改造』や
>「多くの新聞」に広く「記載」されたのであれば、当然すぐに見つかるはずであるが、
>これまでのところ、そういうものはどこにも見つかっていないのである。
http://www.yorozubp.com/0506/050626.htm

 

38 :うでにほんあしにほん:2006/01/02(月) 12:57:04 ID:YSF51q/5
 あいんしゅたいんの煎ったことば
てそんなにじゅうようなのか このくにでは

そいつ なんか あいどるかがくしゃらしいね おうべいでは
にほんではどういうひょうかしてるのかはしらんけど

39 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/02(月) 13:05:00 ID:bJ6sRwdA
普通に考えても「改造」は左翼系雑誌として当局から目を付けられていた存在で、
そこにあのような内容の文面が掲載されるのは不自然。また、アインシュタインは
当時は自らを「唯物論者」と逝っており、彼のそうした思想信条から推察しても
天皇をたたえたり「盟主」を特定の国家に求める様な発言をしたと考えるのは不自然。

ってゆ〜か、この発言とされている内容って石原完爾の「最終戦争論」と同じじゃんw

40 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:08:01 ID:D5m0pcXw
>>37

それだが一部の新聞記事しか調べないで、「無い」って騒いでるだけらしい。

> 改造社が招聘したときに残された言葉なんですが、中澤さんは新聞しかチェックしてないみたいです
> というか、始めに結論ありきの、これまた為にする論の立て方ですね
> 私はオタなので、改造もその他の文書も持ってます
> 
> ttp://tech.ciao.jp/blog2/2005/11/post_246.html

41 :うでにほんあしにほん:2006/01/02(月) 13:10:58 ID:YSF51q/5
にほんではあるていどまともっていっても かごんではない
さよくって こうとくしゅうすいしけいをもって
きえたとおもってるきょうこのごろ
にほんにさよくぶんかをうえつけるのはむりとさとるわたしから
うよくのにほんじんへ あいをこめない

42 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:14:06 ID:ll6vIV5i
「私はオタなので、改造もその他の文書も持ってます」といいつつ
その他文書をまったく示さない電波を信じる必要もなく、
大体、>>37の文章を見れば「新聞」のみならず「改造」も調査しています。

限られた時期の雑誌「改造」の調査など、国会図書館行けば
確認は容易ですから、改造に「アインシュタインの予言」が掲載されたとするなら
提示は容易なんですけどね。

43 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:16:30 ID:ll6vIV5i
今のところ、その典拠の提示が皆無、
「ソースはあるよ」とほのめかす電波が一人という状況。w

誰が信じるんでしょうね。
生長の家が盛んに喧伝した言葉のようですので
生長の家信者ですかね。

44 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/02(月) 13:22:22 ID:bJ6sRwdA
アインシュタインが言いそうもない内容だけでも充分疑わしいのにな。
ソースも無しじゃ捏造と思われても仕方ない。

45 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:26:40 ID:D5m0pcXw
>>42
まあ、大正時代の雑誌を調べるのはなかなか難しいからね。一部を調べただけらしいけど、
それで見つからないのも無理はないよね。

46 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:35:36 ID:aWIoblyF
捏造だろ。
言いそうに無い、ソース無い、じゃそう考えるのが妥当。

47 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:36:43 ID:D5m0pcXw
そんな事を言われてもね〜 「オレ様が調べて見つからないなら、捏造に決まってる!!」って?

48 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/02(月) 13:39:40 ID:bJ6sRwdA
>>47
根拠がなければ捏造といわれても仕方ないだろ。

49 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 13:45:29 ID:aWIoblyF
>>47
黄禹錫の論文通り追試できないから捏造ってのと同じだろ。
南京大虐殺の根拠が無いから捏造ってのと同じだろ?
どっちも調べても根拠が無いから捏造だろ?

これはオレだけじゃなくてあんたも見つけてきてないじゃないか。
これじゃ捏造と考えるのが妥当に決まってる。


50 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 14:16:41 ID:D5m0pcXw
最近誰かが騒ぎ出した事だから調査も行き届いて無いんだろう。資料持ってる人も居るし

51 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 14:21:11 ID:ll6vIV5i
元ソースを持ってると「ほのめかしてる」人はいますが
資料を持って提示している人はいないと思われ。

最近つーか何十年もまえから、生長の家など騒いでいたようでもあり。

52 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 14:26:03 ID:aWIoblyF
>>50
だからあるならその資料を出してくれよ。
誰だよそれは。

あと
最近騒ぎ出した→調査行き届かない っていう理由がよく分からんのだが。
普通逆じゃないか?

53 :うでにほんあしにほん:2006/01/02(月) 14:27:30 ID:xgeIp9CO
あいんしゅたいんのことば
「ニホン スバラシイネ ジャネ」
いじょう しゅってん チンこくこくぼうふじんかいかいほう

54 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 15:31:00 ID:FeE7KRvz
えーと、アインシュタインと言えば相対性理論でしょ。

光速の80%で宇宙船が観測者から遠ざかった場合、30年間で観測者から
24光年の地点に到達するが、宇宙船の中の時間は進み方が遅れるため
40年経っているという事が生じる。
この時間の遅れは宇宙船の速度が光速に近づくほど大きくなる。

宇宙船がブラックホールに近づくにつれて、相対論的効果によって宇宙船の
時間の進み方が遅れるように見える。同時に、物体から出た光は赤方偏移を
受けるため、落ちていくにつれて次第に赤くなる。

ブラックホール = シナ
物体 = 下朝鮮
観測者 = 日本

に置き換えると、日米から超高速で離れて行き、シナに近づいている現状を
巧く説明できる。(嘘?ww)


55 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 15:35:03 ID:FeE7KRvz
>>54
宇宙船 = 下朝鮮

だった。自己レスすまそ。orz


56 :うでにほんあしにほん:2006/01/03(火) 01:05:38 ID:tdSrNtXG
ニホンジン セカイデイチバン ツヨイ グンタイダネ カテナイヨ(スマ)

 しゅってん ばかだだいがくのうがくぶ りくぐんぐんりょうけんきゅうじょ

57 :大和:2006/01/03(火) 01:27:23 ID:xJbMglES
>>48
じゃ南京大虐殺は捏造に決定

58 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2006/01/03(火) 01:28:02 ID:pqRSXiFz
うでにほんあしにほんさん

あなたは、なぜ ひらがな だけで かいているのですか?


59 :うでにほんあしにほん:2006/01/03(火) 05:14:17 ID:eeey7JRi
とうめいにんげーんあらわるあらわるー
あ すいませえん ぴんくれでぃうたってました
え なに なぜひらがなだけでかいてるかって 
かたかな完治もかいてますよよくみてください
たぶんひらがながおおいんでよむのにくろうするといいたいんでしょう
ではなぜひらがなばかりをたようするかについておこたえしちゃいます
まずだいいちには ばかしゅぞくを ばかにするためです おわり

60 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 20:01:25 ID:+txyg7vD
>>7
『改造』(1922年12月号・改造社)は、
国立国会図書館の蔵書中には無いようだ。
大宅壮一文庫から探すべき。
http://www.oya-bunko.or.jp/


61 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 21:40:38 ID:3Xb6WuGS
>>59
ああ、漢字を捨ててハングルだけにした朝鮮人を馬鹿にするためですか。
それならハングルで書けばいいのに。

62 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 17:33:35 ID:+J4LTC1p


63 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:22:19 ID:bGqTZwAH
5才頃まであまり言葉を話さなかったと伝えられる。
そのことが、彼の頭脳の働きを単なる記号的ではない、全体を把握する能力を養った
という意見もある。


64 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:23:14 ID:bGqTZwAH
1907年、有名な式E=mc²を発表している。
この年には、箱の中の観測者は、自らにかかる力が慣性力なのか重力なのか区別ができないという、
後の一般相対論の基礎となるアイディア(等価原理)を思いつく。
アインシュタインはこれを、生涯最良の名案であると述べている。


65 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:24:06 ID:bGqTZwAH
1952年、イスラエル政府はアインシュタインに対し、第2代大統領への就任を要請したが、
辞退している。


66 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:24:59 ID:bGqTZwAH
睡眠時間は1日10時間と言われている。
菜食主義者(ベジタリアン)であった。


67 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:26:40 ID:bGqTZwAH
1アインシュタインは、
1モルの分子数に等しい個数(アボガドロ定数)の光子が持つエネルギーと定義されている。


68 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:29:04 ID:bGqTZwAH
アインシュタインが舌を出している最も有名な写真は、
アインシュタインが大学での講義中、文章のスペルをあまりにも間違えるので、
それを学生が注意したときに撮られたもの。


69 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:50:40 ID:PaluywAk
アインシュタイン来日中の神戸新聞か何かで、
>>1よりは控えめな文だが似たようなことが書いてあったな。

70 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:12:22 ID:Dnj/cdzx
>近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
>一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
>私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
>世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、
>最後の戦いに疲れる時が来る。
>その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあげなければならない。
>この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、
>あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。

この部分とほぼ同じ内容が「スタイン博士」が言われたこととして
田中智学の『日本とは如何なる国ぞ』『日本国體の研究』    
にでてきます。原文はもうちょっと長い。
スタインはウィーン大学の国家学者ローレンツ・フォン・シュタインのことで、
誰かが故意にあるいは誤って引用したと思われます。

71 :日出づる処の名無し :2006/01/15(日) 02:27:19 ID:UTjxaTEe
>>8
ダビデの星見たのかな?

72 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:28:54 ID:fxqxZiYW
>>70
> 田中智学の『日本とは如何なる国ぞ』『日本国體の研究』    
> にでてきます。原文はもうちょっと長い。

それ間違いで、実際に原書を調べた人によると著者は田中巴之助だって。

> 誰かが故意にあるいは誤って引用したと思われます。

同じくこれも間違いで、似たような内容に見えるのは和訳の仕方の問題らしい。

イロイロと情報が速いのは良いが、結構いい加減な電波言説が飛び回るのはネットの短所だな。

73 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 02:45:54 ID:Dnj/cdzx
>>72
田中巴之助は田中智学のことですよ。
わたしこの本持ってるから言ってるんです。

74 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 03:17:27 ID:Dnj/cdzx
『日本国體の研究』の該当する段落を簡単に写しておきます。

かつて海江田子爵がスタイン博士を訪ねたとき、博士が日本の歴史を尋ねたから得たり賢しで、
神代史から建国の大体、御歴代の文武百政を説明したら、博士が驚いて言ふには
「そんな立派な国がこの地上に存在しているとは夢にも知らなんだ。これまで幾人となく
日本の名士が訪ねてこられるたびに日本の歴史を聞いたが、いずれもイヤつまらぬ国で
お話申す様な歴史はないとばかりで、誰も話してくれなかったから今の今まで其れを知らずに
居たが、そういふ國が人間の世に存在して居るとすれば、吾人の理想は其れで満足される。
實は世界の将来は必ず幾多の難関を経てついには統一するか連盟するかの外はない。
そのときに之を主宰するものがなくてはならぬ。その主宰者こそは『力』でも『人種』でも
行かぬ。誰にも真似の出来ない先天的の優勝者でなければならぬ。それは歴史である。
この世で一番古く貴くあったといふ事実だけは誰が何と言っても動かせない事実であるから
結局之を推すに異議のないことになる。世界はそこ迄行って落着かねばならぬ運命を持っている。
今承って見ると日本帝室こそ正しくこの時の統一主宰者にあたる、トニカク世界のどこかに
そういふものが無くてはならぬ筈だと思って居たが今はじめて其の解決を得た」と話されたので、
子爵は帰朝早々旅装も解かずに葉山に居らせらるる先帝両陛下に言上のため伺候されての
陳述であったと故高崎男爵の談話であった。西洋の学者でも日本を知ればこの通りである。
知らない昔の仮令説を楯にそれで一切律しようといふのは日本の学者がわるいのである。

75 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 10:30:13 ID:EcTWMCgN
おぉ、ついに情報の出どこが判ったか!

76 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 10:36:01 ID:G2mc4W8N
アインシュタインがそれを言ったとしても
日本人に「世界の盟主」たる
行動、自信、、知識、精神があるかどうか
過去がどうのこうのじゃなく現在以降の日本に


77 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 10:44:42 ID:N8njTY92
リップサービスですなw

78 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 11:00:55 ID:Z5wbvN45
>>76
日本人と言うより、「天皇」だろ? 世界の盟主たる資格が有るのは。

79 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 11:02:30 ID:G2mc4W8N
>>78
ああ、そうだなw
誤解してた。

80 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 11:50:53 ID:4CCwUcJX
世界唯一の尊い家柄、ねえ。
根拠のない思い上がりぶりはサヨク地球市民が
「9条こそ日本の誇り、世界に広めよう」
と主張するのと大して変わらない。
どちらも頭がおめでた過ぎて苦笑するしかない。
天皇も憲法9条も、外国人が口ではほめても
自分の国で採用しないだろ。

81 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 12:01:08 ID:Z5wbvN45
憲法九条なんて、別に褒めて貰って無いんじゃない? 王国なら海外にも有るが。

82 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 15:55:13 ID:lel2DKSO
これだけ長く続いた王朝は、他にないからな。
他の国ではいくら採用したくても、そもそも存在していないものはどうにもならんて。
憲法9条そのものは他になくても、不戦条約の影響を受けている憲法なら、いくらでもある。
「日本唯一の平和憲法」なんて、誇大宣伝に過ぎないのだよ。皇室とは訳が違う。

83 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/15(日) 15:57:38 ID:AhnjlhAx
>「日本唯一の平和憲法」なんて、誇大宣伝に過ぎないのだよ。
それをゆ〜なら「世界で唯一の平和憲法」だろw


84 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:06:35 ID:Z5wbvN45
>それをゆ〜なら「世界で唯一の平和憲法」だろw

いやいや間違い、正しくは「単なる占領基本法」。
占領下の国が武装解除されてるのは、良くある当たり前の話だな。

85 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/15(日) 16:08:13 ID:AhnjlhAx
だが日本人が自国の憲法として追認し、守ってきたのも確か。
別に改憲してもいいとは思うけどな。


86 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:11:37 ID:gXHHC4oe
放ったらかしにしておくことを、守るとはいわん。
どんなものでも、補修して維持しなければならないのは変わらない。
現に、憲法以外の法令は、おびただしい改正を重ねているではないか。

87 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/15(日) 16:18:39 ID:AhnjlhAx
いや、吉田茂が首相の時にも憲法改正をアメから打診され断ったって事例が示すと〜り
守ってきたのは確か。軍備増強なんてしてアメの援軍なんて編成してたらベトナムでも
朝鮮でも日本はイタイ目に遭っていたであろうコトは確かだから、吉田のこの判断は適切。


88 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:24:31 ID:Ui+lRsOq
そいつは守るとは言わねえよ。利用しただけ。
守るってのはな、使えるように補修していくことなんだ。
放ったらかしで穴ぼこだらけになった道路を見て、「道を守っている」とは言わんだろ?
適切な言い方を考えるとだな、「手をつけようとしなかった」でいい。
その吉田も変節して、改憲・国防を言い出したことだしな。

89 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:25:33 ID:Z5wbvN45
しかしスレ違いだな

90 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/15(日) 16:29:00 ID:AhnjlhAx
>そいつは守るとは言わねえよ。利用しただけ。
元々が天皇条項と九条がバーターなんだから仕方ねえじゃん。
利用して守ったってコトだ。そこを補完するために自衛隊ができて日米安保が
できたワケだろ。

>>89
確かにw


91 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 16:57:10 ID:/ewNQSo8
シュタインがアインシュタインになったと。
これはわざとだな。

92 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 18:07:54 ID:ulYeSOAZ
まあ真偽は資料が出るまで待つしかないな。

93 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 18:53:09 ID:/ewNQSo8
いやだから>>74を誰かが表現を変えてアインシュタインの言葉として紹介したってことだよ。
アインシュタインが言ったとなればみんな飛び付くから。

94 :毛沢東 ◆MwKQAfxIM6 :2006/01/18(水) 18:56:53 ID:SRLMORBi
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
       |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ
       |::( 6  ー─◎─◎ ) (○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQです
        |ノ  (∵∴∪( o o)∴) よろしく
      |   <  ∵   3 ∵>
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\___)  ヽ
頭髪    :似つかわしくない茶髪、ボサボサロンゲ、ボウズ、フケ。
顔     :アンパンマン、なすび、無精ヒゲ、二重アゴ、目脂、吹き出物、歯糞、-=・=- -=・=-、サイクロプス。
服装    :ダサダサのバンダナ、安物の水色シャツ、アニメキャラプリントシャツ、ヨレヨレのジーパン、ブリーフ(シミ付き)、スニーカー。
身体    :デブ、チビ、もやし、短足、皮膚病、多汗症、腋臭、爪に垢。
股間    :短小、包茎、早漏、梅毒、尖圭コンジローム、インキン、チンカス、童貞。
アクセサリ  :汗だくのタオル、オタク系携帯ストラップ、ダサダサ眼鏡、野球帽、リュック、ポスターサーベル、ポータブルCD/MDプレーヤ(ヘッドギア)、
       :膨れた財布、盗撮用デジカメ、スタンガン、アルカリ電池、ノートPC(CD革命、駅すぱあと、他オタク好みファイル)、AirH"。
臭い(ニオイ):口臭、体臭、イカ臭い、酸っぱい、砂煙臭い、プゥ〜ン。
性格    :挙動不審、人間不審、丸丸、多重人格、屁理屈、根暗、引き籠もり、下らないプライド、自分さえ良ければそれでイイ。
特技    :妄想、傷の舐め合い、自作自演、被害妄想、掲示板では強気、妙な言葉遣い、揚げ足、ああ言えば上祐。墓穴を掘る。
趣味    :2ちゃんねる、WinMX、アニメ、ゲーム、ギャルゲ、エロゲ、同人誌即売会、CD-R、アキハバラ/日本橋(電気街)。
好きな物 :スナック菓子、うまい棒、コーラ(炭酸系)、吉野家、ガスト(ドリンクバー)。
愛読書  :ネットランナー、ゲームラボ、メガミマガジン、同人誌、完全自殺マニュアル。
恋人    :ブラウン管に映るキャラクタ、美少女フィギュア、心/脳内(仮想の彼女)、右手、コンニャク。
ペット   :シラミ、ノミ、ゴキブリ、蠅、蛾、毬藻、堀江由衣、ハムスター、大腸菌。
最終学歴 :中学、工業高校、3流大学、代々木アニメーション学院。(虐めで中退有り)。

95 :毛沢東 ◆MwKQAfxIM6 :2006/01/18(水) 18:59:28 ID:SRLMORBi
+          +  。
 *  、-'ヾ'''ヾ`"''','、、 ,         _____
  _-'"         `;ミ、      /:::::::::::::::::::::::::\〜
 _-"ミ;ノリ人ノノヘ/リ; `゛゛ ミ    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\〜
 >ミ/         'γ、` ミ   |:::::::::::::;;;;;;|_|_|_|_|〜
 了| "~`、  "~"`   {,',; ;} 。  |;;;;;;;;;;ノ∪  \,) ,,/ ヽ〜
 "7 `⌒`   ⌒   }ミ:. {   |::( 6∪ ー─◎─◎ )〜 
  '|   /       レリ*    |ノ  (∵∴ ( o o)∴)〜  
+  i  (       }ィ'     |∪< ∵∵   3 ∵> なっちたんハァハァ
   `  ー---    /|` +     \       ⌒ ノ
    ヽ  ̄    / |__        \_____/
     `i、-- '´   |ソ:     
      ↑               ↑
 毛沢東◆MwKQAfxIM6     (○´ー`○)はカワイイ ◆k5svYop9G.

96 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 19:26:46 ID:n4OiSM95
>>95
そのAAは、やめた方がいい。

若い頃の「小泉純一郎」に似てるよ。

きみが、「小泉純一郎」を尊敬してるならかまわないが。

97 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 20:00:39 ID:38mGZEuK
>>93
さあどうだろう?

98 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 16:15:28 ID:rLke6pXq
Amazon にある kadzuwo 氏(=と学会の志水一夫氏)が作成した"リストマニア"
リストのなかに、アインシュタインに関するリストがあるんですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/listmania/list-browse/-/31FDDMKL4G0AR/

で、このリストの10〜14を読めば判るように、同氏は「実際には田中の思いを
仮託したものだったようです」って書いてますね。

99 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 20:08:56 ID:g7bR4xPg
生長の家の教えを垂れ流す2ちゃんバカウヨ

100 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 23:19:43 ID:vkwD/Zn5
そういえばちょっと前に層化が家に来て
アインシュタインが層化を褒めてるって言ってたな。
これも虚構なの?

101 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 23:55:38 ID:2dYhvBje
ここまで広まったのは生長の家信者さんの
努力のたまものでしょうかね。

>>100
必死だな。ゲラ

102 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 00:13:17 ID:Eu94B7PH
これ、痛いよな。w

「世界の盟主」
    
近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない。
一系の天皇を戴いていることが今日の日本をあらしめたのである。
私はこのような尊い国が世界に一ヶ所ぐらいなくてはならないと考えていた。
世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて、
最後の戦いに疲れる時が来る。
その時人類は、まことの平和を求めて、世界的な盟主をあげなければならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、
あらゆる国の歴史を抜きこえた最も古くてまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それにはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
われわれは神に感謝する。
われわれに日本という尊い国をつくっておいてくれたことを。
―アルバート・アインシュタイン

【捏造?】アインシュタインの言葉【真実?】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135794569/


103 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 00:14:08 ID:Eu94B7PH
誤爆った
俺も相当痛い

104 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 05:27:27 ID:whgcXPnW

バカウヨの遠吠えwww


http://tech.ciao.jp/blog2/2005/12/post_287.html#more
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-219.html

105 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 05:54:58 ID:whgcXPnW


バカウヨのひらきなおりwww
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-98.html#wb



106 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 06:08:52 ID:L0Yh/9SN
>>104>>105
そのHPは、何かすごく強烈なほどあの宗教右翼の匂いがしますね。
アインシュタイン博士を担ぎ上げるとは驚きましたwww


107 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 07:59:52 ID:/s+iWIpE
>>104-106
オレもこの発言には疑問をもってるけど、だからといって、君たちの考え方が
正しいってことにはならないぞ。

108 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 15:00:11 ID:Bw0/FevW
船橋乙! 
上の文章の意味がわからない方は、グーグル等で『ホロン部』と検索してみましょう。 ^^

109 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:12:52 ID:IaVsNNs4
皇室は日本人にとっては尊いもの(ということになっているもの)だが、
それは外国人がどう思ってるかとは関係ない話だろうに。
「アインシュタインの言葉」とやらをありがたがる連中からは
事大主義と自意識過剰の臭いがする。
発想が朝鮮人ぽい。

平壌放送のアナウンサーが
「金正日将軍様は世界の盟主にふさわしい尊いお方」
と言ってもまったく違和感がないぞw

110 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 10:42:43 ID:k/dr1hfn
平壌放送のアナウンサーに褒められても嬉しくないが、アインシュタインに褒められたら結構嬉しいが?

草野球やってる人が素人・ヘボに褒められても嬉しくないが、王監督やイチロー選手に「なかなか上手いね」って
言われたら大喜びだろ?

111 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 11:10:39 ID:C/UB8SvT
王貞治といえば、つくる会賛同者として勝手に名前を
使われて怒ってたわな。

嬉しいからといって、発言を捏造したり、名前を勝手に使ったり
してはいけないつうことだよ。わかったかバカウヨ?

112 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 11:23:33 ID:k/dr1hfn
さあ? サヨの捏造も有るから分からないな〜

113 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:06:57 ID:kGVgD6Kf
捏造という事実をつきつけられても、とぼけ続ける狂信ぶり。
生長の家が盛んに流布していた言葉だけあって。

114 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:14:24 ID:G0I5TRgF
まあ最近「捏造だ〜!!」と騒ぎ出した人間が居るだけの話。騒ぎの元は「九条の会」の連中らしいが、
後は正確な資料の出待ちだな。

115 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:19:14 ID:kGVgD6Kf
もはや誰もお前の妄想には付き合わないだろう。
西村真悟厨と一緒だよ。

116 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:22:18 ID:G0I5TRgF
意味不明だな。正確な資料が出たら困るのかな?

117 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:25:09 ID:kGVgD6Kf
出せばいいじゃん。
口だけではなく。

そういえば、正確な資料があると「ほのめかしてる」ブログが
あったな。一生その資料とやらは出てこないけど。

118 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 12:39:20 ID:G0I5TRgF
首謀者が釣れたらカモるらしいから、楽しみに待てばよろしい。

119 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 13:11:19 ID:PCTez3+P
>>118
なるほど、糞ウヨカルトであるお前は
存在するかしないか不明な「資料」とやらを
心の支えに狂信者生活を送ってるわけだ。惨めだのぅ。

まあ、「首謀者」はその論考というかたちで
出すものを出してるわけで、その上
糞ウヨ=ニートカルトの相手をするほど
酔狂ではないだろう。

つまり、そのブログの主は一生待ち人が現れず
そして「ほのめかすだけ」で「資料」を出さずにすむ
言い訳を得られるという事で、狂信者で馬鹿なお前は
そんな「ほのめかし」を一生信じて馬鹿にされながらいきるということだ。

120 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 13:14:46 ID:PCTez3+P
そして、生長の家を中心に流布していた
デマ文書=アインシュタインの予言は
「ムー」レベルのオカルトとして、一部ビリーバー以外には
生温かい目で見られることとなったわけだな。

121 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:23:27 ID:G0I5TRgF
>>119
しらんな(w この「捏造」騒ぎは去年の末ぐらいから始まったらしいが、まあ急いだって仕方がない。

122 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 18:49:57 ID:wK7OPfxv
>>110
アインシュタインは政治についてはド素人だろ。
偉人の言葉(疑わしいけど)だからといって
何でもかんでもありがたがるのは馬鹿みたいだ。

123 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 11:04:52 ID:2TTgWAU9
http://asyura2.com/0411/lunchbreak4/msg/350.html
↑ここに
「アインシュタイン博士が、日本を訪問した時に、海江田子爵との会談の後に、残したメッセージです」
とある。
しかし海江田信義は明治39年(1906)10月27日に東京で亡くなっている(74才)。
アインシュタインが来日したのは大正11年なので接点がない。
田中智学の著作で何度か紹介されているシュタイン(スタイン)の談話を海江田子爵が伝えたということを、
誰かがシュタインにアインをくっつけて広めたことが、これによっても推察できる。
海江田信義は生麦事件でイギリス人を追っかけてトドメを刺した人物で(たしか「龍馬がゆく」にもある)、
明治20年、伊藤博文に欧米各国へ出張を命じられ、ウイ−ンで半年の間シュタイン博士の指導を受けた。
田中智学の話自体が田中の創作だとする向きもあるが、明治天皇に奏上したという海江田の話を、
誰よりも天皇を信奉する田中が、海江田子爵の名前まで使って捏造したとするには無理がある。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)