5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

愛国者のみんなで男たちのYAMATO見に行こう

1 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:38:38 ID:h2mwp7jr
明日丸の内に集合ナ

2 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:45:41 ID:DWMYdO6d
>>1

行けないルージュマジック

3 :大和:2005/12/16(金) 22:46:29 ID:PHi+ZBaV
おれシネプレックスいく。んだお

4 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:47:15 ID:y/K0wtXh
私も見に行くよ!

5 :大和:2005/12/16(金) 22:47:47 ID:PHi+ZBaV
しねぷれに?

6 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 13:50:07 ID:ZVua7xe3
見た人感想よろ

7 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 13:59:10 ID:DZy/Ah9U
長渕は反日思想と聞いたのだがまことか?

8 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:04:58 ID:L43pjE94
反戦映画のようだ。
サヨには評判よく、保守には悪いらしい。

9 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:11:22 ID:kJLEY+1n
反町氏、中村氏の言動からはそう思えないのだが。
辺見じゅん女史の原作はとてもよかった。

10 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:17:16 ID:430OI8dC



なんか、テロ朝でしかこの映画の宣伝をみなくてさ、

信用ならないんだよね。

11 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:20:14 ID:ARp6cntQ
あれか?

日本の目を覚まさせる為だとか言って玉砕するやつ

ネタバレじゃないよね、地上波の宣伝番組でやってたくらいだから

違ってたらゴメ

12 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:26:47 ID:DZy/Ah9U
日本人の作る映画の99%は反戦映画

13 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:31:39 ID:ARp6cntQ
ムルデカでも見よう

14 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 15:47:38 ID:/EV+Yntn
ムルデカ主演の山田純大も出ているね なんかチョッピリ好きになってきたよ


15 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 15:50:26 ID:Iuo3wZ0l
http://asyura2.com/0510/bd42/msg/366.html
海上自衛隊全面協力映画「男たちの大和」内実は、朝日新聞系メディアが応援する反戦映画?


16 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 16:05:28 ID:UWpM/cMz
>>15うーん、読んでもどっちかわからん。

八甲田山死の彷徨で弘前連隊の方が、なんで軍歌「雪の進軍」の1番ばかり
歌うのか疑問だったけど、2番以降の歌詞は反軍的で将校が歌えない。

戦前でも戦意高揚とは逆向きの軍歌、小説、映画は多いしな。
軍板的になるんじゃないか?

17 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 16:14:10 ID:zR0KXKGW
みてきたけど反戦ってわけでもないぞ

18 :大和:2005/12/17(土) 23:04:28 ID:ZlcS/FvU
あんんまおすすめはしない。

19 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 23:15:36 ID:IASifffy
見に行くぅ〜


20 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 23:16:56 ID:+ukgQ6lc
亡国のイージスのしょぼさにはがっかりしたn

21 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 23:19:48 ID:pSbuOEqW


間違えてる愛国心で物事をみても!と思うが?

22 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 23:35:01 ID:tVIJm668
反町の演技の成長具合によるよ
「利家とまつ」の信長の演技は目も当てられなかったから

23 :大和:2005/12/17(土) 23:40:49 ID:0oOIavBf
反町は普通だが中村獅堂はなかなか!

24 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/17(土) 23:45:43 ID:OWO4SHCo
映画の宣伝で露出しまくりの角川春樹の名言
「俺は刑務所から出てきても反省も更生もしない!」

25 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 23:57:16 ID:g2W+t1kT
山田純大はどうでつたか?

26 :大和:2005/12/18(日) 00:00:56 ID:bZdMpoF7
あんま俳優詳しくにゃい…
少年?

27 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:02:26 ID:R9xG4oo4
朝日新聞の協賛だろ?

朝日にだけは絶対に金を渡さん!

28 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:30:05 ID:bA6BP8Oo
純大はランチ(小型の人員用ボート)に妻子が見送りに来ていて
大きく手を振った男だよ。 ムルデカでは主役ですた。

29 :大和:2005/12/18(日) 00:33:32 ID:bZdMpoF7
あぁ彼は少ししか写ってないょw

30 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:34:46 ID:bA6BP8Oo
マジかよ だって出演者では反町 中村 山田の順番だった
鬱だよ

31 :大和:2005/12/18(日) 00:47:23 ID:bZdMpoF7
ん…
あんまり、確信は無いけど出てないかとorz

32 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:50:14 ID:CAz4fziM
なんなの、お前ら?
負けた戦争でなんで愛国心を育てる事ができるのか?
お前らマゾだろ。

しかし、何で大和なの?大和が日本国民に何の影響を与えたのか?
戦闘もしないで、トラックでノンベンダラリと過ごしていて、敗戦直前の沖縄戦で
水上特攻だろ。それに大和の存在はあの頃タブーなんだろ。
国民が不在のドラマで、無用長物が日本に何のメリットも与えず、
やけくそになって自滅する映画みて喜ぶ奴は異常だよ。

どうせ作るなら、日本海海戦だろ。あの戦いほど、日本人に勇気を与えた戦いは
無い。どうせCGなんだから、一斉回答のシーン見たかったよ。
来年は日本海海戦100周年。そっちの方が絶対に見たかった。


33 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:53:24 ID:zBU2RGhy
 YAMATO・・・ 宣伝倒れの角川と、あの愚作敦煌の監督じゃぁなぁ・・・

34 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:58:50 ID:CAz4fziM
>>33
佐藤の二百三高知は良かったよ。
だから、日本海海戦を作れと言っているのだよ。


35 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 02:43:23 ID:EWkhMG5L
負け戦でオナニーできるなんて
たいしたもんだな…

36 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/18(日) 02:51:09 ID:XUtwtItv
「男たちの大和」ってホモ映画?

37 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 03:12:07 ID:wtbBaqOQ
>>35
アメリカのベトナム映画のことか?

38 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 03:17:52 ID:DudWvGdC
>>35

朝鮮戦争映画のこと?

39 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 06:52:02 ID:rqrE8mBi
>38
あの戦争って韓国で映画になってんの?

40 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 11:55:10 ID:oulno0o8
なんだっけ。なんかあったよな。

41 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 02:57:25 ID:WL5iYzBI
韓国映画とかって殆ど朴李(パクリ)だよな
ドラマも挿入歌も朴李だろ

42 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 03:45:19 ID:WPlL4m/Y
ブラザーフッド

43 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 04:07:23 ID:9qSkaBz+
これめちゃくちゃ見たいんだが主題歌がアレだからな…

あいつの声聞くとマジでヘドが出る…

44 :日本鬼子:2005/12/19(月) 04:18:18 ID:qs+J292s

 糞映画 大和の男

45 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 04:20:51 ID:WPlL4m/Y
どうせ反戦なんだろ…

46 :日本鬼子:2005/12/19(月) 04:23:04 ID:qs+J292s

 映画 U157以下

47 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 04:35:09 ID:HNScohbO
>>45         
映画板の住人によると、反戦ではあっても、目立った反日な描写    
は見られなかったとの事           
なんで安心(何が?)  
           
てか日本に限らず戦争映画は反戦反戦言ってる(建て前含めて)    
様に思うのはオレだけ?

48 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 09:17:44 ID:2dsyShkc
日本版のパールハーバー作ろうぜ!

49 :大陸浪人:2005/12/19(月) 11:20:06 ID:2/FAKfJF
「ハワイ・マレー沖海戦」を見よ。昭和十七年末公開。山本嘉次郎監督。
聯合艦隊総出演、陸奥が長門が、零戦が中攻が、在りし日の勇姿を見せてくれる。
必勝の信念がいや増すこと疑いなし。

50 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 11:33:57 ID:e0lJpwsn
>>47
反戦でないと「戦争を賛美すのか!」と非難される馬鹿な戦後の
風潮があるからな。

51 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 11:36:31 ID:pBtGp6V5
負け戦に何故か惹かれるのは日本人ならではじゃないかな?


52 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 13:09:57 ID:jERfCoGW
反戦でもいいけど反日は困るぜよ

53 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 13:13:57 ID:KL3b8VlK
反日はない、むしろ親日、愛国。けど戦争行きたくないとは思うかも。

54 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 13:18:53 ID:7pbP3Jwq
愛国・反日・左翼でしか物を語れないのか。

55 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 13:22:33 ID:jERfCoGW
53ーそれでもみんな行ったんだよな そう国を家族を守る為だぁ

56 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 13:32:07 ID:RcMAUfHs





    うるせえな バカ朕子 逝け!
   (うるせえな ばかちんこ いけ!)

57 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 14:20:24 ID:++mZWddW
↑自動スクリプト乙。
もうそれしかしなくなったんだねw

58 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 14:38:17 ID:pBtGp6V5
オレも戦争には行きたくないって思った。正直怖かった。
3時間の間、無数に飛ぶグラマンの機銃掃射、爆弾、魚雷投下に晒され続けて沈没だもんな。
国の為、天皇陛下の為だけじゃない、多分、今生きている俺達の分まで戦ってくれたんだよな。

59 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 14:39:29 ID:fkqhmTv+


日本愛国心!=戦争反対者




60 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:36:20 ID:Me8zYOL1
>>51
太平洋戦争に惹かれている人と言うのは、一部の偏重思想をお持ちの皆さんだけです。

健康な日本人は大和を肯定的には見ていません。


61 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:41:13 ID:Lk2GMC/z
大和の美しさは朝鮮人には分からない。

62 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:43:10 ID:lQh8g0yc
大東亜戦争だ間違えるなボケッ
空母瑞鶴の最後も大和以上に強烈だよ。


63 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:44:32 ID:gOXTArNc
>51
そういうのを専門用語で負け惜しみという

64 :日本鬼子:2005/12/19(月) 22:44:41 ID:qs+J292s
 
 >>61
   分からないね。なぜなら動物同然の日本人の考え事をブッシュを除いて世界中が分からないから。

65 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:45:23 ID:gOXTArNc
>60
ハードウェアとしての美しさは大和級が頂点だと思うけどね。

残念なことに、美しさでは戦争には勝てないだけで。

66 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:47:06 ID:gOXTArNc
>>61
ネトゲのNavyFieldで韓国人が大和級使ってたぜー。
曰く「most beautiful」だそうだ。

67 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:57:57 ID:e0lJpwsn
>>60
惹かれている?
惹かれてなんぞないちゅーの。
ただ、バカサヨのように太平洋戦争を否定的にはみていないというだけよ。

68 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/19(月) 23:06:09 ID:04swjrre
戦争はすべて否定と嫌悪の対象ですよ。そのさいたるものが日本の侵略戦争です。

69 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/19(月) 23:09:23 ID:04swjrre
この戦争映画が身のほど知らずの侵略戦争の挙げ句に、世界の三大無用長物といわれた、鉄の塊が惨めな特攻自爆攻撃を遂げたという話ならば、戦争の否定という意味で有益な映画でしょうね。

70 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:11:12 ID:3aLYdguX
はーいチミンハ登場w


71 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:13:51 ID:Me8zYOL1
>>65
そうかな?
大和よりも"長門”の方が美しいと思うが?
これは個人の価値観だろうけど。

>>62
大東亜戦争というのは日中戦争(事変)と太平洋戦争を合わせた
戦争のと言う意味で使っているので、ココでは太平洋戦争の方が
俺的には正解。

>>67
負けた戦争を否定しないという人と言うのは、戦争を知らないか、
何か戦争に対して後ろめたい事がある人達ですね。

戦闘に参加した人のほとんどが
「戦争は負けちゃダメだ。」
と、正直な感想を言っております。


72 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:14:39 ID:xuYiVbCC
>>69
おまいはネットの無用の長物だがなW

73 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:16:23 ID:e0lJpwsn
>>71
バカサヨは戦争に勝っても負けても否定的にみるだろ。
戦争に勝たなきゃだめというのは理解できるが、
短絡的で浅薄な考えだよ。

74 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:17:16 ID:KxY00qcS
この映画は実際しょーもない。
大体最大動員を狙ってシドウはまだしも、ソリマチってなんやねん。
宣伝臭におい過ぎ。そもそも戦争を描きたければ、当然外せないのは'特攻'で、
あと南方戦線、満州対ゲリラ戦、援蒋ルートくらいが妥当だろう。
最後は戦場のメリークリスマスがビルマの竪琴になって流転の王妃浩夫人が出て来て
完結、くらいが戦争物としては丁度いい。
この韓流映画みたいなハリウッドのまがいものみたいなラストサムライの続編みたいな
スタイルはなんとかならねえのか。
そもそもなんで「大和」を「YAMATO」とローマ字で書かなきゃならん。
当時はアルファベット禁止じゃぼけえ

75 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:17:29 ID:Me8zYOL1
>>69
そのとおり、大和なんて船は、日本の恥だと思う。もちろん乗っていた人たちは優秀な人たちが
多かったと思う、彼らに責任は無いが、大和が日本に残した事でプラスになったのは、後年プラモデルの
売り上げが上がった事ぐらいか。

どうせ映画を作るなら、スカッと”日本海海戦”だし、日本の国民の船と言えば"三笠”だろう。


76 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:21:10 ID:BFwfCAHH
たしか似そうだ
わたくしも、共産圏が行ってる戦争には絶対反対です

77 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:21:59 ID:Me8zYOL1
>>73
戦争に行く国民には、小難しい理論は要らない。
戦争に勝たなければダメと言う考え方が、短絡で軽薄だと言う
考え方は、それらの国民をバカにした考え方だ。

国民が税金を払い、命を差し出し戦争する事は、国民に対して
戦争に勝つという以外に、期待に応える事はできない。
ましてや、アジア独立の為などと言う、くだらんお題目のために
国民は我慢しているわけではない。


78 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:22:57 ID:3aLYdguX
>そもそもなんで「大和」を「YAMATO」とローマ字で書かなきゃならん。
>当時はアルファベット禁止じゃぼけえ

あ、なるほどw
でも一応観ようかな・・


79 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:24:37 ID:KxY00qcS
ま、俺も見たくなくもない。


80 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:27:56 ID:e0lJpwsn
>>77
アホ!
おまえは観点がずれている。

81 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:28:36 ID:RXE8o5iT
みんな大和,大和っていうけど,大和型戦艦の本領を発揮したのは,むしろ
武蔵だ。魚雷20本以上を受けてなお4時間半も浮いていたのは武蔵なれば
こそである。
武蔵が敵の攻撃を一手に引き受けている間に大和がレイテ湾に突入していれ
ば,人類史上最大にして最後の海戦は,レイテ湾で日米戦艦部隊の壮絶な撃
ち合いの果て,射撃能力に劣る日本側の完敗で終わっていたであろう。大和
も長門も金剛も榛名もみんなレイテ湾に沈んだであろう。しかし,その名は
永久に語られたに違いない。
なのにすごすごとレイテ湾目前で引き返した大和は何を考えていたんだ!武
蔵の犠牲が活かされていないではないか。
その後,無意味な沖縄特攻しても遅い。6000の将兵の命は無駄花だった。
そんなもんを美化していいのか。
(腹立ち紛れに支離滅裂になってしまいました)

82 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:29:42 ID:Me8zYOL1
>>80
ずれてないよ。ww
おまえの負けた戦争を正当化しようという考えは通用しないと言うことだ。


83 :伊201潜 ◆ya2bEmg3BI :2005/12/19(月) 23:30:59 ID:s0IQ3Wqc
ちなみに、確かに大艦巨砲主義は航空機の登場で廃れた、戦艦大和は
戦争が始まってみたらあまり使えなかったのは事実だが、日本が「大艦巨砲
主義に凝り固まったから負けた」と言うのなら大きな誤解。
ちなみにアメリカはアイオワ級戦艦の建造を終戦までやめていない。
大戦半ばまではモンタナ級という大和相当の戦艦の建造計画もあった。
大艦巨砲主義が捨て切れなかった度合いはアメリカも大差ない、つか
アメリカの方がむしろ重症だったんだけど、それでも月刊正規空母、
週刊護衛空母の物量資源がそれに勝っただけのこと。

84 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:32:34 ID:xuYiVbCC
最近このスレ全体的にズレてきたな。

85 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:01:28 ID:yeTlLNWW
色々な意見があると思うけど、
俺は観賞後の帰り道、少しだけ姿勢がよくなった。

86 :日本鬼子:2005/12/20(火) 01:00:55 ID:8SF0B2pb

 入場料をちゃんと払えよ

               100ペソだっけ??

87 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:17:45 ID:EHf/QL/S
>>81
レイテに関してはもう一度史実を学ぶ事をお勧めする。特に相手がどの様な艦船であったかと言う点。

ちなみに大和見ました。〜の映画(反町の、中村の)に成っていないところは評価出来た。
実物大の精巧なセット作った割には大和のアップ映像がチャチだった。
だが、左舷側から眺める遠景の大和はやはり美しい。

88 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:19:17 ID:Twhs8WHf


大和は糞以下。




89 :大和:2005/12/20(火) 01:31:17 ID:Bpkfg6Ar
>>88
お前がな

90 :日本鬼子:2005/12/20(火) 01:33:49 ID:8SF0B2pb

 大和を小泉純一郎のクルーザにすれば良い もう1回海に沈んでるどこを見たいな

91 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:42:46 ID:EHf/QL/S
>どこを見たいな
>どこ
>どこ

少々日本語が御不自由なようで・・・・

あ、追加で、とあるblogで語っておられる方がいましたが、
”エンドロールが終わった後、『若者達が命を掛けて守ろうとした国。その国に今私達は立っている』
 みたいなメッセージがあるが、自称平和的市民団体さんとやらの抗議で削られそう”との事。
最後まで見ましたが、やはり削られていました。


92 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:43:34 ID:Z0KMi/mv
武蔵は左右から均等に雷撃をうけてな 浸水したが左右のバランス
がとれてなかなか沈まなかったのじゃ
大和攻撃の時にはな片方から集中雷撃されたからたまらんかったのじゃ

93 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:55:53 ID:MUdrOt6K
まあ反戦だっていいじゃない。反戦思想があってこその戦争だからさ。
間違いなく大和の全将兵は平和を望んでいたはずだよ。
だから反戦映画で当然なんだ。別に偏った映画ではないんでしょ。




いやそんなことより大和がメジャー邦画で主役級で登場するだけで萌え。

94 :大陸浪人:2005/12/20(火) 09:42:29 ID:nlvma79g
武蔵は出陣に際して塗料を塗り直したので目立った。斎藤別当の顰みに倣ったのであろう。

95 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 10:05:13 ID:s1RCXkIt

 大 和 は 、 我 々 の 心 の 中 で 、 永 遠 に 生 き 続 け る 


       ま さ に 不 沈 艦 と し て 



96 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 10:50:09 ID:mDmQSF3o
なんにしても朝鮮人には何の関係もないわなw

97 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/20(火) 11:51:17 ID:QGd+g+Qf
Yamatoの製造には動員された朝鮮の方も貢献していますよ。

98 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:51:43 ID:vQVljR0y
だからyamatoは韓国製ニダ。

99 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/20(火) 19:16:03 ID:QGd+g+Qf
戦争映画はすべてR15指定すべきです。

100 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:34:02 ID:86ZwPQNj
YAMATOは後に宇宙にも飛び立ちます。
地球人を救う希望の船です

101 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:41:59 ID:fHwqKHme
>>99
せんせー、
「さとうきび畑の唄」

「月光の夏」
「きけ!わだつみのこえ」
も、R15でいいんですかぁー?

102 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/20(火) 19:44:44 ID:QGd+g+Qf
平和を全面に押し出し、教師の審査を通った作品は勿論適用除外ですよ

103 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:51:42 ID:86ZwPQNj
せんせー
「戦場にかける橋」
「戦場にかける橋2」
「ムルデカ」
「ハリマオ」
「スターリングラード」
「フルメタルジャケット」
「地獄の黙示録」
「プラトーン」
は?

104 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:55:21 ID:IAqC5x3p
>>97
だから大和は沈んだのか

105 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/20(火) 19:57:30 ID:QGd+g+Qf
>>103 審査に落ちました。

106 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:09:02 ID:xQ+0uQNX
>>105
せんせー
其の審査は、だれが、いつ、どこで、どのように行い、なぜそうなったんですかー?


107 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/20(火) 20:12:28 ID:QGd+g+Qf
私が今仮審査をしました。戦争映画と平和を考える映画は争いの場面は同じようにあるかもしれませんが、似て非なるものですよ。

108 :市民派護憲理事長:2005/12/20(火) 20:36:17 ID:fHwqKHme
ならば、
「男たちのYAMATO」
は本審査通過だな。
戦時中のもはやまともな判断をくだせなかった、
哀れな軍司令部の者達がやまとと言う巨大な船を乗組員もろとも
海に捨てさせると言う映画だからな。
戦争は人を狂気に走らす。
って事ですな。
もちろん感想は見た人それぞれって事で。
そこから行けば「プラトーン」なども全然審査は通過してます。

109 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:39:43 ID:xQ+0uQNX
>>107
せんせーの嘘つきー
19:57:30に審査に落ちたと言ってたのに
なぜ20:12:28に【仮審査】なのー?
嘘つき嘘つきー


110 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 21:01:34 ID:s+01H7CC
戦争に対しては反戦でも好戦でもないな
昔,こういうことがありました,ってコトを客観的に見せていて良かった

ただ玉砕していく日本兵たちの犠牲に憐憫の情を禁じえない.
色眼鏡で観ず,まず自分の目で確かめてから意見をゆうべきだ


111 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/20(火) 21:10:01 ID:VbtdtFO1
アホな戦争をして、アホな負け方をしたため、こんなアホな日本人がいっぱいいる国になってしまいましたとさ。

112 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 21:21:23 ID:PCjAdFvM









            も
           ともと
          うまれつき
         アホみんぞくだ
        ったのでは?

113 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/20(火) 21:21:33 ID:bcpTkuQL
 
 
>>111 
日本には大和魂や武士道が存在し、敵に降伏するくらいなら
自ら潔く命を絶つ!
終戦時、そのような日本人も少なくなかった。
つまり、
生き残った日本人は、負けた途端に手の平を裏返すがごとく、
敵に媚を売って生き残った奴ばかり。
その末裔が、今の日本人なのだ。
 
 
 
 

114 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 21:25:35 ID:GzLMFCte
>>113
おまえが日本人を語るな!
すっこんでろ、どアホ

115 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 21:28:37 ID:PCjAdFvM




              わ
             たしは
            にほんじんを
           かたったことなど
          ありますが ちょっと
         だけです それはエセのげ
        んそうに そんざいする まぼ
       ろしにんげんであって わたしはエセ
      日本人モドキについてかたっているんですよ
 

116 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 21:29:57 ID:PCjAdFvM



         ちなみにエセが
          韓国朝鮮に
           ついて 
            か
           たるこ
          とはきょか
         する ありがた
        くうけとるがいい

117 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/20(火) 21:30:57 ID:VbtdtFO1
大和が出撃しなければ、大和の乗組員はみんな生き残って、幸せな人生を送れただろうな。

118 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 21:33:19 ID:PCjAdFvM





          もと
         もとこび
        はうるわ ての
       ひらがえしは おちゃ
      のこさいさいと へいぜん
     とするわの てのほどこしよう
    のないバカ族なのではありませんか?

119 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 21:42:00 ID:zXaIo7td
>>117
そんな考え方だからお前ら朝鮮人は半万年も属国のままだったんだよ

120 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 21:59:26 ID:7hC7Kr0R
左翼団体の抗議で、最後のナレーションが消された映画?

121 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 22:00:44 ID:CJiFwQks
まさに男たちのふねょぉ
昔宇宙戦艦ヤマトのはじまりで
漁師のおやじが言うていただろ「よーく見ておれあれが日本の男の最後の艦だ」
思い出したよ

122 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 22:05:35 ID:cspl/DEg
映画の歌さ、クローズ オン アイズ って聞こえない・・・・・。
トーションアイズって聞こえる・・・・。

123 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 22:08:46 ID:fHwqKHme
>>120
どんなナレーションだったの?

124 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/20(火) 22:19:26 ID:bcpTkuQL



海軍の誇りである大和が
アルファベットでYAMATOなどと表示されてる事を知ったら
今は無き乗組員の心情は如何なるものやw
 
 
 
 

125 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2005/12/20(火) 22:26:30 ID:udRxVLm5
>>124
禿同

126 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 23:01:13 ID:TQVLVuCb
この映画はそんなにサヨ好みの反戦映画じゃ無いと思うが…
当時の人がどんな気持ちで出撃したかよく表現してあったと思う。

















後、ナレーションに抗議した糞どもは死ね

127 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 23:19:59 ID:CGEAEKUC
>『若者達が命を掛けて守ろうとした国。その国に今私達は立っている』

守ろうとしただけで、まるっきり見当違いの方向に無駄な努力をしただけだけどなー

128 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 23:20:48 ID:S5E5h55D
>>113
そういうわけのわからん精神主義で、どれほどの若者の命が絶たれてしまったのか・・・

129 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 23:23:18 ID:rinffB0C
>>128
真っ先に逃げてしまいそうですね

130 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 23:23:36 ID:kZlHyLUs
>>122
俺はト〜ジョ〜 ラ〜イズ♪
(東条が立ち上がる)

狙ってる?

131 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 23:35:44 ID:VRMKwSal
反戦映画といえば反戦映画だったが、まぁ底の浅い反戦映画につきものの「これでもか!恨米!」に陥いらない
潔さがあるから、十分見るに耐えると思うよ。

かく戦えり大和搭乗員。その心情を汲んであげたいって気になるよ、きっと。

132 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 07:55:20 ID:RlisPUC9
>>124
海軍には英語溢れまくりですが何か?
陸軍脳は海軍を語るやな。

133 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 09:37:30 ID:sW8Gf+Os
>>132
ただ”YAMATO”は無いだろう。

みっともない。



134 :>:2005/12/21(水) 09:44:33 ID:3Msg9m5z
意外によかったよ。
しかしこれに「軍国主義だ」抗議した人間は、馬鹿かあるいは日本人が死ぬシーンを見て何とも
思わない人間だろうな。

135 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 11:17:53 ID:nFkIijlM
>>134
要は、その辺が角川の戦略なんだろう。
右にも、左にも、特にバカなほどモチーフではあると思うぞ。

大和の沈むのを見て喜ぶような奴は、変態だろうよ。






136 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 11:38:38 ID:cR1fnXgR
>>130
おお本当だ!

137 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 14:13:39 ID:Gwu/b1D1
戦争って災害みたいなものだな。

138 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 14:24:10 ID:/ZsmTPbq
>>134-135
右に行き過ぎは行きすぎで、
「朝日新聞が絡んでるから見るまでもなく反日サヨク映画」とか
「どうせ戦争で死んでいった人を愚弄しまくる映画」とか
思考停止して見ないで必死に叩いている基地外がいるしなー。
まぁ右というかこういうのは一昔前なら嬉々として旧軍を叩いていたタイプなんだろうが。

139 :?日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 15:38:41 ID:d00GSdTn
主題歌なんでえ〜ごなんだよくそふぉ〜くしんが〜

140 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 16:20:23 ID:06jqjRgf
長渕な時点で主題歌は終わってる。

141 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 16:41:34 ID:cR1fnXgR
サントラ買った

142 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 16:58:17 ID:Y/dnZAvX
チョン土民が我等が日本の「大和」を語る勿れ。その頃お前らチョンは一輪車乗って
マンセ〜してただけだろ。

143 :第六天魔王(牛) ◆ODA7WdIm6U :2005/12/21(水) 17:06:53 ID:02RtEoH0
>>142
立派な朝鮮出身の軍人の方もいらっしゃったのも事実ですよ


とりあえず見に行く予定だけど、まだ予定が微妙だ(´・ω・`)


144 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 17:10:25 ID:rJ7KZNbq
主題化が水木一郎とかだったらどうだろう?

145 :第六天魔王(牛) ◆ODA7WdIm6U :2005/12/21(水) 17:14:19 ID:02RtEoH0
>>144
それはそれで需要あるけど、また評価ずたぼろになる予感w

146 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 17:31:07 ID:rJ7KZNbq
じゃあ、第九
学徒出陣のときに使われたぐらいだし
戦死した人たちへの鎮魂歌だし

147 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 18:55:51 ID:cR1fnXgR
ぜひ次回作で

148 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 18:59:30 ID:XE2DWS60
〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜

 働けども 働けども  我らが暮らし 楽にならず

どんなに働いても、財布に穴が開いてりゃ貯まるもんも貯まりません。
まずは、財布の穴を塞ぎませんか?

紅の傭兵他売国議員へ集団提訴しませんか?2審目
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1134208354/

【現在の拠点サイト】
http://dx37.ja-21.net/

【賛同者集計メール送信先(件名に「訴えてやる」)】
ikazuchi23ch@yahoo.co.jp

長い長い線路を作るために、まずは鉱山掘ることからやってみませんか。

〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜・〜〜・〜・〜・〜


149 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 19:16:11 ID:csRsTHsl
ラストサムライみたいな感じのヒットになるのかな・・・

150 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 19:25:36 ID:PBu32nK5
公開2日間で26万人入ったらしいぜ
角川映画じゃ過去最高のペースだとさ



151 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2005/12/21(水) 19:38:29 ID:1ehd3yss
陸軍が好きだからな〜 でも観にいくかな

152 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 19:51:53 ID:KH7JpjWE
>>122
むしろ、「剛掌波」って聞こえた

153 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/21(水) 21:41:54 ID:+wkWbtUA
日本が負ける映画は見たくない。
大和が敵機動部隊と遭遇して砲撃で空母を次々と撃沈するとか、大和が幕末にタイムスリップして黒船をやっつけるとかの映画なら見にいくんだが。

154 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 21:50:19 ID:rJ7KZNbq
仮想戦記小説でがまんしてください

155 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2005/12/21(水) 21:55:29 ID:1ehd3yss
負けた戦争であってもそれなりの意義が見出せるのに、

ジパングとか戦国自衛隊とかわけのわからん戦争オナニー映画やってることが
一番許せん。

156 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 22:29:36 ID:1E2p4kFE
>>151
ダーティーハリーの人が作ると言っていた硫黄島の映画に期待汁。

157 :第六天魔王(牛) ◆ODA7WdIm6U :2005/12/21(水) 22:31:43 ID:02RtEoH0
>>156
俺も一応期待してる。元々小笠原の人間だし。

158 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 22:45:02 ID:00wVMOq+
個人的には大和映画は市川昆の「戦艦大和」でお腹いっぱいかねぇ。

「男たちの大和」関係の番組だったのかな?
ちょっと前に、沈没している大和を潜水艇で撮影してる番組がTVでやってた。
なんかもうね…。「これ以上大和を晒し者にしてくれるな」って感じだよ…。

159 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 23:05:30 ID:HaR0/VsL
>>122
クローズ ユア アイズ だがな。
確かに何て言ってるか聞こえないけど…。

160 :日本鬼子:2005/12/21(水) 23:41:03 ID:g2sE2vV+


おい、小日本。 




161 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 09:02:31 ID:aR9I/I+e
まだ年末でみんなドタバタしてて見に行けないんだろうな

見てきた人は賛否どちらでもいいんで感想書いてくれ

162 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/12/22(木) 11:43:49 ID:cYTc2EeB
このスレは痛いな

163 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 12:18:38 ID:azthZjmQ
>>155
ジパングはともかく戦国自衛隊の何処が?
平行世界に偶然移動した自衛隊が(タイムスリップではない)
別の流れになるはずだった平行宇宙で伊庭が信長の役を
するはめになって結果として我々の宇宙と同じ流れになるという
立派なSFじゃないか。

164 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 23:54:12 ID:IdFzp/iF
>>161
朝日新聞が協力しているから、できの悪い(良い?w)反戦映画に仕上がってるんだろうなと思って見に行ったのですが
虫けらにも五分の魂で、以外に良い出来でした。

戦争そのものを肯定する人には物足りないかもしれませんが、我が国が先の大戦に至った理由は肯定できるっていう人は
結構見られると思いますよ。
人物描写もいいし、戦闘シーンもなかなかの迫力でした。

ストーリーの細かいことはあえて書きません。是非時間を作ってご覧になることをおすすめします。

165 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/23(金) 00:06:22 ID:zHIThzBY
戦争に負ければ大和はアメリカに接収されてしまうので、その前に沈めてしまおうという判断は当然だろう。
もちろん艦だけ沈めればいい話だ。
しかし、一度もまともな戦闘をしないまま沈めてしまうのはもったいない!
そう、大和の特攻は日本人の「もったいない精神」のたまものなのだ。
われわれ現代の日本人も「もったいない精神」をもって物をたいせつにしていきたいものだ。

166 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 00:19:09 ID:T5m1z4Ps
>>165
かつて幾多の難局に立ち向かい立派に乗り越えてきた日本が、このまま愛する日本が滅びてしまうのは「もったいない」
だから我々は死にいこう。だが決して犬死にではない、我々は灰と帰すがこれは新たな日本の芽吹きの促だ。
そんな意味のことを劇中でもいっていましたね。

167 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/23(金) 00:20:44 ID:zHIThzBY
人の命はもったいなくないというのが大和魂?

168 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 00:24:10 ID:GX5F6Ax8
だから、特別攻撃って言ってるし・・・。
座して死ぬ位なら、特攻じゃ!w

169 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 00:25:15 ID:T5m1z4Ps
>>167
「かくなればかくなるもとの知りながらやむにやまれぬ大和魂」

170 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/23(金) 00:25:40 ID:zHIThzBY
座してたら生きられたのに。

171 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 00:33:39 ID:GX5F6Ax8
己だけの命が助かる為に、座してられませんでした・・・。


172 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 00:34:04 ID:T5m1z4Ps
>>170
自己の生命を守り被害を最小限にとどめることが、かならずしも家族子孫を長期的に守ることにつながるとは限らないと
いう考え方もあります。遺伝子レベルの判断だけでみれば犬死かもしれません。

173 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 00:34:17 ID:sgFsjfhs
チンピラ中村が出てるので見ない。

174 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 02:49:25 ID:vM1ExVNY
たとえ身は 武蔵の野辺に朽ちぬとも
留め置かまし 大和魂

175 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 03:05:33 ID:XSQaKygp
>>32
> なんなの、お前ら?
> 負けた戦争でなんで愛国心を育てる事ができるのか?
> お前らマゾだろ。
> しかし、何で大和なの?大和が日本国民に何の影響を与えたのか?
> 戦闘もしないで、トラックでノンベンダラリと過ごしていて、敗戦直前の沖縄戦で
> 水上特攻だろ。それに大和の存在はあの頃タブーなんだろ。
> 国民が不在のドラマで、無用長物が日本に何のメリットも与えず、
> やけくそになって自滅する映画みて喜ぶ奴は異常だよ。
> どうせ作るなら、日本海海戦だろ。あの戦いほど、日本人に勇気を与えた戦いは
> 無い。どうせCGなんだから、一斉回答のシーン見たかったよ。

なにこれ?馬鹿サヨクの日本人成りすまし?
> 来年は日本海海戦100周年。そっちの方が絶対に見たかった。


176 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 03:08:30 ID:XSQaKygp
>>172
屁理屈を超えた糞理屈(藁

177 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 03:12:00 ID:k9J3O0pG
映画館で70代と思われるご老人を結構見かけた。
ぜひ感想を聞いてみたいものだ。

178 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 08:56:42 ID:poFjEVfM
>>175
なんで、馬鹿サヨクなのか?
なんで、負ける映画を見て感動できるのか?
ただ単に、大和が”カッコいい”からなんだろ。

なんで"三笠”じゃないのか。
日本人に取って一番影響を与えたのは"三笠”だろ。

俺は、お前らのようなインチキウヨとは違う。
日本人の本当の誇りは"日露戦争”であって、満州事変から太平洋戦争までの
行動は低脳な奴等の、身勝手な行いだ。

179 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 09:48:17 ID:KJmK5iLM
ならインチキウヨでいいや

180 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 10:07:36 ID:6+TPs92O
テレビの宣伝で出向前に行き先は沖縄って言ってたような?
なんか嘘っぽいなこの映画


            ___ _rュ_ ___
             |ilililil|_{‐=‐}_|ilililil|
            ロニニi二{iニi_iニi}二iニニロ
         ;,;,,,,   iェ|ェェェェ|ェi   ,,,,;,;
          ̄ ̄ ̄'i|ii|iiiiiiii|ii|i' ̄ ̄ ̄
             __|゙゚|゙゚゙n゙゚゙|゚゙|__
               \_|Ξ|_i::i_|Ξ|_/   
               ェ´|ェ|ェェェ|ェ|`ュ
             ,,i ̄|li" ̄"il| ̄i,,
             ゛rュ`=|_Α_|=´rュ"
           .._゛rュ〔::o;o;o;;〕rュ"_,,
        _,,-[ロ´i(〇)_(〇)_(〇)!`ロ]-、_
         ‐n[ロ´i(◯冫´o`ヽ、◯)!`ロ]´h‐
     i´ ̄ ̄ ̄ ̄`""´ i i   `"""´ ̄ ̄ ̄ ̄`i
::::::::::::::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y                `i::::::::::::::::::::::::::::::::::
';',''"';:;i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i               `i;',''';:;';',''';:;,, ,;:;;''
';',''';:;"!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i                 i;',''';:;';',''';:;,, , '''
"~'';'ー'',:;-、,-、;;..、、,:;;´ヾゞ'" V;`Д´>/ー-;,-;;.、、,,-、;ー,,、;:~"~'';:;''"'`


181 :遊びに来た者ですが:2005/12/23(金) 11:08:19 ID:TdrT64Ar
>>178
お前カッコイイな。自分の意見を持ってる。

182 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 11:36:10 ID:GMJcynQ+
俺 は 、日 本 を 信 じ る よ。

183 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 11:54:46 ID:cNy6us6D
>178 
大東亜戦争と呼ぼう。太平洋戦争という呼称はアメリカの勝手な呼び名の押し付け 
です。 
 
満州事変、大東亜戦争にしてもこれはこれで意味のある戦いであったと思う。 
そりゃ日露戦争のような華々しい勝利は無かったけどね。 
負けた戦いにも意味はあると思うよ。 



184 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 12:03:06 ID:uiO+ISIO
>>183
負けた戦争に意味ないというわけでは無いが、
あれを見て感動する奴は変態だと言っているだけ。


185 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 12:13:47 ID:uiO+ISIO
>>183
満州事変   → 現地軍が勝手に起こした戦争を中央が事後承諾して
           体裁を整えると言う。日本が亡国になっていく最初の
           パターン

大東亜戦争 → アメリカがヨーロッパ戦線に参戦したいがために、
           とことん舐められた要求を受けざるを得ない状態に
           自らが落としいれ、騙まし討ちというアメリカの注文
           どおりの事をやってしまった戦争。
           内容と言えば、日本は国力の全てを傾けた内容だが、
           アメリカは二正面作戦である上に、第二級の戦備を
           で望んだ、いわばアメリカに言わせれば、”片手間の
           戦争”

意味はあるが、こんなものが日本の誇りと思うような奴は基地外。


186 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 12:42:59 ID:z7fixc6d
>>178
日露戦争に勝ってしまったのが日本にとってマイナスだったな。
それが米国戦に対して過信を生んだ。
日露戦争は言わば代理戦争であり、英国などの支援があったから
勝てたのだよ。

187 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 12:49:20 ID:z7fixc6d
>>185
片手間ではないだろ。

188 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 12:50:51 ID:z7fixc6d
>>185
片手間ではないだろう。
戦後の馬鹿な戦争観をいつまでも信じているじゃない。

189 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 13:47:08 ID:g6VTJkit
178は単に司馬史観に毒された厨房だろう。
そもそもこの映画を見てから言ってるのかも不明。

190 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 14:08:17 ID:RUz1kBfC
>>188
戦争資源を最初から大西洋に傾斜して振り向ける方針は、
海軍の要請で初期には太平洋戦線へ振り向けることとなった。
結果的には大西洋に大きく振り向けている。

兵器の要求が東西で違ったことは幸いであったとの話しがある。
        太平洋      大西洋
戦艦      新型・艦齢若    艦齢高・訓練中
巡洋艦     重巡が主体     軽巡が主体
駆逐艦     駆逐艦       護衛駆逐艦
空母      正規空母      護衛空母 
戦略爆撃機    B-29       B-17
水陸両用車   戦闘車       貨物車
資源量・兵員としては片手間であるが、高価・高性能の兵器は主として太平洋。
二線級との主張は、根拠をくみ上げにくい。
兵員が少なかったのは、日本も中国戦線が主で、太平洋戦線は片手間だったから。

191 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 15:08:28 ID:IbeVFl/4
開戦の経緯と、國の「や」の字も出てこないことで、この映画を敬遠するとしたら、いかにももったいないです。

192 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:15:09 ID:YV37xK+l
>>189
能書きはいいから、大和が国民に与えた影響を言ってみろ。

プラモデルが売れたぐらいだろ。違うか?


193 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:20:56 ID:YV37xK+l
>>186
負けたほうがよかったと言うのか?
そうすれば、お前の名前も○○○スキーとかになっていたかもな。

194 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:21:46 ID:vM1ExVNY
ヤマダスキー
タロチャコフ

195 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:29:17 ID:vM1ExVNY
>>185
だからどうした。
お前に何がわかる。
お前のようなボンボン的無限被扶養論者には
成り行きの中でやるべきことをやるしかない者の苦労は
わからねえんだよ。
全部人のせいバカの典型

196 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:32:51 ID:YV37xK+l
>>195
悪いが俺は会社経営者だよ。
それはさておき。
俺の満州事変、大東亜戦争の解釈のどこが違うのか?
指摘してみろ。


197 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:37:54 ID:vM1ExVNY
>>196
誰もお前の職業なんざ聞いてない。
言いたがり屋かネット虚言症。
性格的女子供を指している。つまり胎内的思考。自分の絶対的な安全が前提での他者批判。
しかも
それはさておくな。
「だからどうした」というのは順接的接続だ。
『ボクの言ってることは正しいんだじょ。なにかいいかえしてみろ』というのは、
自分の主張に酔うための再確認をしてるに過ぎない。

テメーごときに述べる資格は無えっつってんだ、バカが

198 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:40:00 ID:YV37xK+l
>>197
バカだって?
しかし、お前は俺の書き込みには反論できないのだから、
”もっとバカ"と言う事だな。

早く、反論しろよ。



199 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:42:52 ID:vM1ExVNY
>>198
うるせーよ反論厨。
"バカって言うお前の方がバカだ。バーカ" ってか?
お前本物の小学生か

200 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:44:05 ID:YV37xK+l
一つ忠告しとくよ。
世の中である程度成功した人って、自分の中にカッコたる信念を持っている人が多い。
彼らは、事業で成功したので、言論でも自説を披瀝することで世論に影響を与え事が
できると思っている。
だから2ちゃんねるに書き込んでいるインテリ実業家って多いんだよ。
俺の友達も数人知っているよ。



201 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:44:17 ID:vM1ExVNY
リア消発見

202 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:45:22 ID:vM1ExVNY
リアル小学生の忠告
痛み入ります。

203 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:45:57 ID:YV37xK+l
>>199
ガキの喧嘩だな。

反論できないのね。

了解。


204 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:47:03 ID:YV37xK+l
>>201 >>202

すげー。
自作自演バレバレ。

ご苦労さん。



205 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:48:25 ID:vM1ExVNY
>>203
相手の目線に合わせているだけ。
クリスマスプレゼントにパソコンなんて買ってもらってんじゃねえぞ。
甘やかされ坊主

206 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:49:35 ID:vM1ExVNY
>>204
出た。
本当にイタい自作自演発見バカ。
お前はバカか。
IDの板で自作自演て

207 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 17:53:18 ID:vM1ExVNY
いや、同目線だった。

>>203 >>204
すげーバレバレ。自作自演ご苦労さん


208 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:05:07 ID:TdrT64Ar
極東の皆さんも大変ですね・・・

209 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:08:42 ID:z7fixc6d
>>196
全部違う。

210 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:15:58 ID:YV37xK+l
>>209
だから反論は?



211 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:31:43 ID:O35zWabV
リア厨は相手を罵倒するときには「消防」とか「リア消」などの単語を使うらしいw

212 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:50:20 ID:t5GkP32n
可哀想な司馬史観のとっちゃん坊や。未だに日本だけ叩けばイイと思ってんだな。
当時の苦悩も分からずにただ持論を垂れ流すだけの坊やには誰も付いて来はしまいて。

213 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:58:09 ID:lsR6J6Fw
この板全体的に低レベル

214 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:07:35 ID:gSHZiggm
vM1ExVNYの反論マダー?チンチンッ


215 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:12:26 ID:O35zWabV
遁走しますたw

216 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:13:41 ID:vM1ExVNY
誰お前
お前が何者かを名乗らずに
チンチン鳴らすな。という反論

217 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:16:05 ID:vM1ExVNY
リア消とかリア厨とかよく言ってるやつがいるな。
頭にリアを付けるのが好きなヤツは、
自分で白状するに、現在冬休み中の子供らしい。同種嫌悪

218 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:21:35 ID:O35zWabV
で、反論は無しとw

219 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:21:40 ID:yZBpgLte
黒猫見てもしかたがないと思うケド

220 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:22:02 ID:vM1ExVNY
O35で始まるIDのやつは大抵馬鹿が多い。
これは統計上証明されていることである。
彼らを侮蔑と軽蔑の目を持って見てあげよう。

221 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:48:52 ID:z7fixc6d
>>220
食中毒菌か?

222 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:50:22 ID:O35zWabV
>>220
捏造はやめましょうねw

223 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:51:31 ID:vM1ExVNY
>>221
似たようなものです
あ、バイ菌発見>>222

224 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:52:14 ID:O35zWabV
>>223
ちょうどいいや、その統計見せてよw

225 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:52:55 ID:vM1ExVNY
バイ菌の得意技はネタにマジレスです
趣味はコピペ荒らしです。

226 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:54:18 ID:vM1ExVNY
>>224
証拠?

ID:O35zWabVがコピペ厨であることの証明

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135174315/176
日本はアジア解放の英雄だ【その参】 - 極東アジアニュース
176 名前:日出づる処の名無し :2005/12/23(金) 19:10:23 ID:O35zWabV

いろんなスレで荒らされて困っているそこのあなた!
犯人は彼です。


227 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:55:25 ID:YV37xK+l
>>226
小学生ですけど?

反論まだ?



228 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:56:11 ID:O35zWabV
>>226
日本語分かりますか?

229 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:57:04 ID:vM1ExVNY
>>227
アンタ誰?
小学生の知り合いなんぞいないが。
ここはあんまり子供はいないところ

230 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:58:21 ID:vM1ExVNY
>>228
ちょっと黙ってろ。お前のような精神的小学生の加齢臭オヤジじゃなくって
本当に小学生と名乗るのが話してるんだ。ちっと黙ってろガキ

231 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 19:59:51 ID:YV37xK+l
>>229
>>201でリア消認定されたものですけど、
私の大東亜戦争、満州事変定義への反論はまだですか?



232 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:00:57 ID:O35zWabV
>>231
こいつは本当の基地だから話しても無駄だと思う。
面白いからからかってるけどw

233 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:03:11 ID:vM1ExVNY
>>231
そんな人いたっけ。

ああ、>>185くらいからの。
全部コイツ(O35zWabV)が悪いんです。気にするな。
本物かどうかしらんが他人をキチガイ呼ばわりは良くない。
小学生よりもキチガイの方が罵倒語としては悪い。

234 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:04:20 ID:vM1ExVNY
>>232
お前のせいで迷惑のかかったヤツがいるじゃねえか。
全くお前はなんて野郎だ

235 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:05:17 ID:YV37xK+l
>>232
基地って俺じゃないよね。
vM1ExVNYの事だよね?



236 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:05:33 ID:O35zWabV
>>235
もちろん

237 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:06:02 ID:vM1ExVNY
ほらややこしくなった

238 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:07:41 ID:YV37xK+l
>>237
で、君どこの中学?
部活は?


239 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:08:42 ID:vM1ExVNY
>>238
他人に聞くより先に、まず自分が話すのが礼儀だろう。

240 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:10:01 ID:fZqUTTFs
そういや、「太陽」は日の目を見れないのかな?

241 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:13:37 ID:vM1ExVNY
市民派教師って奴、
中学教師だったな。なにかの顧問をやってるのだろうか


242 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:17:38 ID:TdAqd62+
>>238
ホロン部じゃまいかw

243 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:18:54 ID:uMZX+W7g
>>241        
ホロン部顧問

244 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:22:28 ID:vM1ExVNY
>>243
県大会とかがあったらどうしよう
今度こそ3回戦突破、目指すはインターハイ

245 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:42:16 ID:IbeVFl/4
いいかげんにしろよお前ら! 他の板の住人に恥を晒したいのか!

246 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 20:57:30 ID:gSHZiggm
>>245はID:vM1ExVNYの携帯からw
>>185の反論マダー?チンチン

247 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 21:02:03 ID:IbeVFl/4
>>246
違います。

248 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 21:23:51 ID:vM1ExVNY
>>246
意味がわからん

249 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 21:44:30 ID:t5GkP32n
>>246
お前さんは痛い、痛すぎる。


250 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 00:25:30 ID:hXfx0fgk
>>247-249
自演乙

251 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 00:31:02 ID:VWylNHvz
違うんだけど

252 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 02:10:24 ID:20e6gJ2H
さっき筑紫がけなしてたな

253 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 09:26:54 ID:4dhUeqYP
>>252
え?この映画を?

詳しく

254 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 16:29:49 ID:Xbaab/Mb
在日チョンが大杉

255 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/24(土) 16:35:37 ID:CwgA74Ll
 
 
 

戦艦大和こそ記念に残る、史上最大の超粗大ゴミだった。
 
 
 
 


256 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 16:46:39 ID:w1t/mJp1
記念に残るってなんか変だな

歴史に残るならわかるが

257 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:01:18 ID:zjuBV9bx
>>255

大和がゴミなら、北朝鮮は歴史に残るウンコだね

258 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:03:50 ID:TRPyTfCe
戦艦大和に対する批判がちらほら見られますので一言申し上げます。

当時の日本は貧乏でした。アメリカのような豊富な物量戦を展開するなど
夢のまた夢。資源のない日本は一つ一つの武器の性能を上げることで
不利を補おうとしたのです。
海戦で有利なのは長射程の戦艦であることはおおむね反論されないと思います。
  当時、航空戦力の運用が現在ほど洗練されていたかどうかは
  私は詳しくありませんので航空戦力の存在を以て大艦巨砲主義を
  批判されると正直反論できないことを先に白状しておきます。


私たちのご先祖様は、もっと小さな船体に大きな主砲を搭載したこともありました。
3隻建造したはずです。
しかし、あまりにバランスがとれず主砲斉射の反動に安定が保てなかったそうです。
ここから、海戦での有利のため、資源不足を補う【必死の工夫】としてご先祖様達は
  海戦の有利のために長射程を必要とし、
  長射程の為に大きな船体を必要とし、
  大きな船体を守るために重厚な装甲を必要としました。

しかし悲しいかな当時の日本は資源が無く、重装甲化できたのは船体の
真ん中部分だけでした。前部と後部は比較的薄い(又は普通の)装甲であり、
ここは魚雷に対して弱点でした。

たった一隻の戦艦だけをみて批評することは簡単です。
しかし、このような「資源不足との戦い」という見方を持ち込むだけで
私たちのご先祖様がいかに工夫・努力をしていたか推察できるのではないでしょうか。

259 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:09:49 ID:9VH06bS8
>258
「そもそも負ける相手とはケンカしない」
という知恵がないのが痛かった


260 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:13:05 ID:GBCi/nkv
>>258
>しかし悲しいかな当時の日本は資源が無く、重装甲化できたのは船体の
>真ん中部分だけでした。

大和と武蔵だけなのに資源が足りないわけないような・・・
重くなりすぎるから中心部に装甲を集中させたんじゃね?

261 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:24:52 ID:bccyE4Fr
>>259
またそれか。


262 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:27:05 ID:TRPyTfCe
>>259
その発言はミスリードですね。日本は最後まで戦争回避の為に努力していました。
アメリカはアジア利権をむさぼるのに乗り遅れてしまっていたため、何が何でも
日本を潰してその勢力範囲を横取りしたかったのです。
また、西洋には「黄禍」という言葉があり、古くはチンギス・ハンの西洋侵略に遡れます。
悲しいかな日本は中国人と同一視され、西洋に仇なすものと見られていたことも一つの見方であると思います。

こうした背景を元に、アメリカは1900年頃(日露戦争に我が国が勝ってからは特に)
オレンジ計画などに見られる日本弾圧を繰り返していました。

それに対して「戦争に負ける可能性は濃厚であるが、ただ屈服することは民族そのものの誇りを捨て、
戦争に負けてしまうことよりも悪いことになる」として【やむなく】開戦に踏み切ったのです。

こういう背景を、それこそ民族の誇りをかけてその意志を明らかにした経緯を
知った上で「そもそも負ける相手と喧嘩しない智慧」とあなたはおっしゃるのですか?
【まるっきり朝鮮民族みたいですね】。

263 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:29:22 ID:TRPyTfCe
>>260さんへ
はっ!そうかも・・・
すみませんもともと不案内な分野なものでそういうバランスの取り方が
よくわかってませんでした。

誰か造船の観点から解説してくださらないですかねぇ。(期待)
装甲と重量のバランスだけでいいので・・・。

264 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:31:34 ID:roBXpdZ6
262が正解

265 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:34:18 ID:TRPyTfCe
>>264さんへ

有り難うございます。素人が全くの独学で知った事ですので
たまにこういうお言葉を頂けますととても嬉しいです。

お気づきの点などありましたら>>260さんのようにご指摘頂ければ幸いです。

266 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:34:24 ID:9VH06bS8
>262
オレンジ計画は対日弾圧ではありません。

>こうした背景を元に、アメリカは1900年頃(日露戦争に我が国が勝ってからは特に)
>オレンジ計画などに見られる日本弾圧を繰り返していました。

オレンジプランはカラープランのうちのひとつで、
1904年に米国陸海軍統合会議が作った仮想敵国別の戦争「シュミレーション」プランですよ。

平時の軍がよくやる仮想作戦案にすぎません。

ちなみに、カラープランには

ドイツを仮想敵国としたブラックプラン
英国を仮想敵国としたレッドプラン
日本を仮想敵国としたオレンジプラン
南米を仮想敵国としたパールプラン
カナダを仮想敵国としたクリムゾンプラン
メキシコを仮想敵国としたグリーンプラン

がありました。

繰り返しますが、これはただの作戦案にすぎません。
戦争になった際にはこう戦おう、という計画であり
戦争をする気だったという証拠にはまったくなりません。

267 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:45:51 ID:DbyTDnqf
負ける相手とは戦わない
兵法の基本だよね

268 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:47:14 ID:TRPyTfCe
>>266さんへ

なるほど、「日本だけが特別敵視されていた訳じゃない」ということですね?
「オレンジ計画を持ち出すのは不当」という事でしょうか。

ではアメリカが日本を敵視して侵略しようとする意図を持っていたことは
否定なさらないと言うことで宜しいですね?

日英同盟を破棄する音頭をとったのはアメリカです。
これにより、日本は大英帝国との集団安全保障を失いました。

1900年頃から開戦までは約40年ありますので個別の事実だけを見ると大局を
見失う危険があります。

この約40年の間の「米国の対日政策」を時系列で並べればよくわかると思います。
余力があれば、「米国の対中政策」を見るとベターです。

(映画の話と直接は関係ないかもしれないので、これ以上ご返信を頂けるなら
 他の方々に迷惑がかからないよう、適当なスレなどをご提示下さい。
 私はそもそも「戦艦大和が不当に中傷されている」と感じたから書込んだだけであり
 当時の事を議論したいわけではありません。
 別の場所でゆっくりお話しし、私が間違っていても間違って無くても
 結果だけをこっそりここ(発端になったのはここなので)に
 ご報告する形ではいけませんか?)



269 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:53:37 ID:TRPyTfCe
>>267
>>262
「獲物として日本が選ばれていた」わけですが何か?
黙って侵略されろとでも?
あなたの大事な人が目の前で嬲り殺しにあうかもしれないのに?
西洋列強がどれだけひどいことをしていたか知らないのですか?
白人以外は家畜と同じ扱いなのですよ?
学校ではこういう事を教えないですがいかに左翼教師が害悪かよくわかる発言です。

  さすが事大主義。半万年の時間をかけて普遍の法則と化しましたか。
  でも日本人に拡大適用しないでくださいね。

もし宜しければ、>>266さん同様あなたともじっくりお話ししたいものです。
宜しければ適当なスレへの誘導をお願い致します。


270 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 17:57:06 ID:9VH06bS8
>>日英同盟を破棄する音頭をとったのはアメリカです。
>>これにより、日本は大英帝国との集団安全保障を失いました。

いいえ。日英同盟破棄の原因は日本にあります。

WW1で同盟したものの、欧州にろくな戦力を送らずそのくせ大陸利権だけ頂こうとして
英国の感情を害し、さらに幣原外交の推進によって日英関係は弱体化されました。

英国内ではカーゾン(外相)チャーチル(植民地相)バルフォア(枢密院議長)チェンバレン(国爾尚書)をはじめ
陸海相にいたるまでが「日英同盟維持」だったのですが、幣原の国際協調路線によって
その維持が不可能になりました。

日本側が維持しようと言う努力さえあれば維持できたのです。

271 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 18:00:15 ID:9VH06bS8
>あなたの大事な人が目の前で嬲り殺しにあうかもしれないのに?

こういう比喩は国家の安危という理性的であらねばならぬ事柄に対して
感情のバイアスを持ち込むことになるので望ましくありません。

国家の判断としては「大事な人」を救うための犠牲が「大事な人」の価値よりも
高いのならば座視すべきなのです。

一見冷酷な、非人間的判断ですが、国家のする判断としてはそれこそが正解なのです。

272 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 18:01:27 ID:TRPyTfCe
>>270
なるほど。独学による私の偏重学習がここで露呈してしまいました。
ご指摘有り難うございます。
これについては本当かどうか再度資料を探してみます。
ところで、【適当なスレへの誘導】はまだですか?
ここは、映画「男たちのYAMATO」のスレです。

私はこれ以上【ここで】あなたと歴史論議をしたくはありません。
これ以上、適切な場所への誘導なしで書込むのであればあなたを「荒らし」と判断して
以降スルーしますので宜しく。

273 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 18:03:37 ID:9VH06bS8
>271
あ、そういえばコレって東本昌平が「キリンは泣かない」と書くシチュエーションだな。

>272
そうですか?映画の背景に関することだし、ここで構わないと私は思いますが、まあお好きになさい。

274 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 18:06:41 ID:TRPyTfCe
>>271
なるほど。では最近やっと見直されてきた拉致問題についても
    国家の判断としては「大事な人」を救うための犠牲が
    「大事な人」の価値よりも 高いのならば座視すべきなのです。
ですか?

あなたがどんな主張をなさる方なのかと思えば
   259 :日出づる処の名無し :2005/12/24(土) 17:09:49 ID:9VH06bS8
   >258
   「そもそも負ける相手とはケンカしない」
   という知恵がないのが痛かった
のかたですか。
お話になりませんね。

私はこれ以上【ここで】あなたと歴史論議をしたくはありません。
これ以上、適切な場所への誘導なしで書込むのであればあなたを「荒らし」と判断して
以降スルーしますので宜しく。

275 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 18:15:13 ID:DbyTDnqf
逃走しますた

276 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 18:16:53 ID:9VH06bS8
>>274
>なるほど。では最近やっと見直されてきた拉致問題についても
>>    国家の判断としては「大事な人」を救うための犠牲が
>>    「大事な人」の価値よりも 高いのならば座視すべきなのです。
>ですか?

そうですよ。

日朝関係で言えば、

「大事な人の価値」=拉致被害者の価値
のほうが
「大事な人を救うための犠牲」=日朝国交正常化の遅れ
なんかよりもはるかに大きいのですから、

北朝鮮が拉致被害者を全員無事に帰すまで経済制裁でもなんでもして
締め上げてやるのがよいのです。

もし仮に北朝鮮が強大な軍事力と経済力を持っていて、「救うための犠牲」のほうが
でかいということであれば、その場合は
拉致被害者なんてのは見捨てて揉み手でゴマ擦ってればいいんです。

感情じゃなくて損得勘定で動くってのはそういうことです。

277 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 19:46:10 ID:bC5MYbYf
まぁ無責任な276が何言っても誰もついて来はしまいがね・・・

正直そういう安直な奴は秋田。


278 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 19:48:59 ID:VWylNHvz
新潟

279 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 20:08:11 ID:4dhUeqYP
群馬

280 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 21:33:39 ID:/K9q2K4c
>103

大傑作の「太平洋の翼」はどうした? 「地獄の黙しろく」なんぞ
比べもんにナラン戦慄と感動を味わうであろう。 

渥美清が 「大和が可愛そうであります」とか。


281 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 21:47:13 ID:KX+fN9Tg
たまには武蔵のことも思い出してあげてください

282 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 21:49:38 ID:bDOIo1iZ
武蔵は私の爺さんが乗ってた船だ
マダ生きてるが

283 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 22:03:28 ID:mZUPJlYb
>>281-282
真面目な話、一度でいいから「武蔵」を題材にした映画を見てみたいな。

「大和」絡みの話はいい加減手垢がつき過ぎたって事で、今度は
今までどれだけ調査しても見つからなかった「武蔵」で一山当ててやろうって考えたどっかのTVディレクターが
当時の「武蔵」乗組員や「武蔵」に関する取材を続けていくうちに段々心境が変わり、
最終的に「このまま見つからずに、そっとしておいた方が「武蔵」は幸せなのかもしれない」となってEND、とか。

もちろん、取材の過程という事でシブヤン海海戦等の戦闘シーンはたっぷり入れると言うことで。

284 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 23:17:34 ID:GBCi/nkv
武蔵とか三笠は知名度がなぁ・・・
少なくとも金はかけれないんだろうな。

285 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 23:48:59 ID:tTd57nns
>>284
そうかな。日本海海戦をCGでやったら受けると思うが。
東郷、加藤、秋山、上村、藤井、島村などの個性ぞろいのキャラクターの芝居も見ものだし、
なんて言ったって、日本軍の完全勝利で終わると言う通快感、その戦争までの山本の苦労。
こんなに素晴らしい題材を何で映画化しないのか?



286 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 00:00:45 ID:PWCaOtPK
はあ?何度も映画になってるじゃねえか。
結局円谷の遺作になった香具師を抜けない。
今更あれをCGでやっても円谷を抜けない。

287 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 00:50:38 ID:E7asIgSE
武蔵の最後の方が壮絶だったよ。
大和よりはるかによく持ちこたえた。

288 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 11:45:08 ID:cOuGvZFC
タイトルがローマ字で引けた。
主題歌に英語入りりまくりで幻滅した。
テレビで放映したら見るかも知んない。

289 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 14:37:14 ID:nwBNM0Ol
>>286
あれは今の目で見るとおもちゃみたいだぞ。
思い入れと今から見る人の差がわから無い人多すぎ。

290 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/25(日) 15:40:33 ID:OeUwaejG



それじゃなくても資源の少ない
ちっぽけな島国が、大和や武蔵みたいな
鉄屑を作って資源の無駄使いをしていたんじゃ
勝てるわけねーよな。
 
 
 


291 :氏ねチョウセンヒトモドキ:2005/12/25(日) 15:41:28 ID:R5xEI27+




オマエ、早く駆除されろよ
誰もオマエの存在を望んでいない





292 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/25(日) 16:27:34 ID:OeUwaejG



>>291
管理人に立候補して、排除してごらんよ
 
で き る な ら w 
 
 


293 :氏ねチョウセンヒトモドキ :2005/12/25(日) 16:28:18 ID:R5xEI27+



>>292
管理人に立候補して、排除してごらんよ
 
で き る な ら w 
 
 



294 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 20:36:21 ID:jxVOqyyO
朝鮮人が毛嫌いされるわけがわかる気がする

295 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 22:08:19 ID:wOwyFfS3
まあしかし、朝日が関わってこんな傑作ができた事実に、我々は猛省すべきだな。
「プライド」とか「ムルデカ」とか、映画としての出来は二の次の、オナニー映画を撮ってる場合じゃないぞ。

296 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 13:39:57 ID:3GDJb6TJ
傑作なの?
俺は見てないけど。
「プライド」より上ですか?

297 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 19:58:40 ID:sz1aoBVs
>>289
はあ?日本海大海戦のどこが?
見たことないだろ。


298 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 20:06:16 ID:m9MY0aJ5
>>296
プライドは凡作。

299 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 03:13:06 ID:+iCvqjIK
長渕の主題歌の「くろーじゅあ゛ー」の部分のメロディが
ショパンの曲に似てる
パクリ決定!

300 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 03:18:19 ID:iAHVbt/f
ESESESESESESESESES 超汚染塵たちの
卵子提供レイプ物語もAV化すれば まさに真の寒流レイープ

301 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 10:52:21 ID:20+PJzan
朝日が金を出した大和>>>>>>>>>>産経が金を出したイージス

302 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 17:39:30 ID:KNj/Zd4F
同時上映でチョンドラマもやればよかったか。

303 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 18:18:10 ID:sSyPD7Fh
現在の若者たちは、こんなパソコンゲームをして遊んでいます。
http://www.japan.ea.com/battlefield/1942/movie/battlefield_japan_hi.wmv
http://download.games.tiscali.cz/game/videos2/battlefield_1942-e3_trailer.zip (avi/DivX)

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020909/bf63.htm
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020909/bf28.htm
http://www.4gamer.net/DataContents/game/0510.html#review

http://video.google.com/videoplay?docid=-4582781399414027306&q=BATTLEFIELD
http://video.google.com/videoplay?docid=-2234128404597696097&q=BATTLEFIELD

http://fhfilm.ts-rent.de/FH_0.6_Trailer_-_Short.rar (avi/DivX)
http://fhfilm.ts-rent.de/FH_0.66_Teaser.rar (avi/DivX)

どう見ても平和な世の中です。 本当にありがとうございました。

304 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 19:48:47 ID:UezG4ReM
大和ってアムロが乗ったガンダムみたいな活躍ができると思ったのかな?
軍部の首脳陣は…

305 :愛国者@一般人 ◆GdyrK1vk.6 :2005/12/27(火) 21:34:59 ID:eo2pe2ah
戦闘の無情さを以って反戦映画と呼ぶならそうかも知れませんねぇ。
個人的には格好よかったですよ、映画の中で描かれてる大和は。

でも、確か少年兵(特別年少兵?)は、出撃前に退艦する命令が
出ていた様に記憶してましたけど・・・。


まあ、映画を見終わった後で「これはR15指定モノでは?」と思いました。
流血シーンが苦手な人には余りオススメ出来ません。

306 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 00:16:37 ID:s/IcZeL7
>>297
どう考えても、今の目で見るとしょぼしょぼだろ。
過去の記憶は美化されるもんだ。
それか昔の作品をほめて今のを貶せば「通」と思ってる人?


307 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 07:15:17 ID:oltuxb+H
>>306
使用火薬の規制も少なく実寸セットも多数組まれ、実艦も使用され
10〜20mクラスの連合艦隊で描かれたあれがチャチ?
見てないだろ。
トラ!トラ!トラ!とパールハーバーを比較して後者を褒めるようなもんだぜ。

308 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 14:03:39 ID:PV/KSNNT
>>307
そんな内部の事情は知らんよ。
CG全盛の今、昔の特撮が見劣りするのはしょうがないだろ。
トラ!トラ!トラ!とパールハーバーだって迫力自体は後者の方が上だろ。


309 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 14:19:51 ID:b2b98esl
「男たちの大和/YAMATO」製作委員会
東映  角川春樹事務所  テレビ朝日  東映ビデオ  朝日放送  広島ホームテレビ  九州朝日放送
北海道テレビ  長崎文化放送  鹿児島放送  朝日新聞社  東京都ASA連合会  中国新聞社  北日本新聞社
東映アニメーション  ゲオ  TOKYO FM  幻戯書房  サンブック社  東映エージェンシー


なんだ朝日グループか

310 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 15:15:49 ID:XMLH/y4k
CGもつくりこみが甘ければ拡大ショットで大コケするもんだけど。
そういうのはなかったかな?
米「エアフォースワン」の墜落シーンには萎えた。水面に衝突するカクカクジャンボワロス。

311 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 15:41:32 ID:YCYy56Qb
CGのレベルは及第点だろうな。特別良いわけじゃないが観られないほど酷くもない

役者ががんばった分いい画が撮れてるよ。やはりこの映画の戦闘シーンは特筆ものだろう

それに合成とはいえ大和が走ってっる姿にはあまりの美しさに感涙した。

312 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 18:21:25 ID:sXV7YzzO
>>308
はあ?どこをどう見たらトラ!トラ!トラ!よりもパールハーバーのほうが迫力が上なんだ?
原寸長門を筆頭に実際に飛行するテキサン零戦などほとんどが原寸の大爆発ものなのに?
CGCGしてるチャチなパールハーバーのほうが上に見えるわけ?
正直にいいな!実際には見てないんだろ!

313 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 19:58:01 ID:67Ijw4Qc
>>309
  >>301


314 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 00:16:22 ID:XbPfsGeq
>>312
なんかみっともねーなー。
どっちが迫力あるかと言えば
大多数の人間がパールハーバーって答えるでしょ。
トラトラトラを選ぶのは昔の記憶だけで語っている人か
公証が正確なほうが迫力あるに決まってる!だからそう見える!っていう観念の世界に生きている人だけじゃない?

315 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 05:58:40 ID:tMpx9T+s
それはそうと中村獅童の顔は男の中の男ってカンジだぜ☆名前も男だな☆

316 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 06:06:22 ID:umaeYHi1
日本の歴史は 素晴らしい 自分の生活 みすぼらしい
ネットにはり付き韓国批判 そろそろ職安行かないと
日本の批判は在日工作 集団リンチ されちゃいます
韓国批判は大歓迎 みんなが賛同 してくれます


317 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 20:08:05 ID:uCJDVb0R
【「男たちの大和」東映史上最速公開12日目100万人突破】
>東映映画「男たちの大和/YAMATO」(佐藤純彌監督)の観客動員が28日、公開12日目で100万人を突破。
>東映58年の歴史で最速記録を達成した。
>  ( 中 略 )
>東映・東宝・松竹の“連合艦隊”を編成した角川氏は「試写会では若者からの反響が凄かったが、いざ公開されると、
>高齢者の姿も少なくない。10代から80代までを満足させる映画なんて、今までなかっただろう」と満足そう。
>大目標達成へ、浮上した大和の進撃は加速するばかりだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051229-00000033-sanspo-ent

318 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 20:11:51 ID:oFjFmmpp
もう一度みてもいい。
いい作品だ。

319 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 20:12:26 ID:GUludOI1
昭和初期生まれの俺のオヤジが見に行ったら、良かったって言ってたよ
訓練とか何とか結構本物に近かったらしい

320 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 22:42:42 ID:IetLc2+V
伊藤長官着任の敬礼シーンに俺がいる。画面の一番右下後姿のみ。


321 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:04:24 ID:rnY3f+zg
桜でレイテ沖開戦始まるよ。

322 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:19:52 ID:whG1npRO
レイテ沖海戦?
映画なんてあったっけ?ドキュメンタリーかな。

323 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:36:32 ID:rnY3f+zg
終わった。>記録映像、解説付。

324 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 04:32:52 ID:uAwklUMQ
見てきた。
いい映画だったが、靖国のやの字もないのは朝日所以か。

325 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 07:42:10 ID:wvn8xtvI
>>324
変なところでイチャもんつけられるのを防ぐ為に決まってる。
政治的、営業的配慮だ。


326 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 08:04:19 ID:VVLZrjiy
なんか良い映画みたいね
さすが筑紫がけなしただけのことはあるようだな

327 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 10:21:52 ID:nVVFTnCw
>>326
詳しく

328 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 18:49:08 ID:VVLZrjiy
NEWS23でおすぎと軽く口論になってた

329 :民族間憎悪を煽って大儲けする軍拡神社:2005/12/31(土) 18:55:23 ID:dnK750b+
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
自分が産んだ可愛い子を、日の丸を打ち振ってアジア侵略人殺しに送り出した
靖国の母とか銃後の母と呼ばれた恥知らずが60数年前の日本にいたのです。
実母に日の丸を振って侵略殺人を鼓舞され送り出される未だ世間さえ知らない子供の心情を思うと
平成の今でさえ怒りがこみ上げてきます。
信じられないことに母親は人殺し侵略強盗息子が被害者に反撃されて死ぬと恩給といって金まで受け取っていた。
その残酷さに較べれば2005年の子供虐待など未だカワイイもんです。
日本皇軍侵略強盗息子に家族や幼子を殺されたアジアの貧しい人達の怒りが
たった60数年で消えるとはとても思えません。
あなたは家族を目の前で殺されて、60年くらいで忘れる事が出来ますか?
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/tuzimoto39.htm
「靖国の母っていうのは、息子を戦死させた母親でしょう。
その母親たちが戦争反対運動をしたのかと思ったら、してないんですね。
息子を殺されて、戦争反対を叫ばない母親たちがいたんですねェ。
不気味な言葉ですね、靖国の母って」〔『無名人名語録』永六輔1987〕
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html


330 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 18:55:24 ID:9EPffjt+
てことはおすぎは褒めてたのか?

331 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 19:10:45 ID:wCJttMtm
だれか>>329に突っ込んでやったら?
こいつ、あちこちのスレで同じコピペをやってるよw

332 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 19:41:49 ID:9oBJAmSN
>>324
軍歌歌ってたから及第点言ってると思う。

333 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 19:49:49 ID:9EPffjt+
>>330
自己レスだが、絶賛みたいだね。
少しだけ見直した。

334 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/31(土) 20:05:49 ID:auYOwpCl
「男たちの大和」だからおかまが絶賛するのは当然じゃねえ。

335 :朝鮮土下座アイゴー:2005/12/31(土) 21:25:55 ID:UEbSVjsD
>329
平和ボケに日教組洗脳教育にドップリの現代人の感情論でモノ言ってんなよ基地害ブサヨ。
どうです?これが基地害ブサヨですよ。

336 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 01:33:36 ID:BPxuYuJw
>>327
良い出来なだけに、危険な映画だ。この映画を見て戦争に行きたいなどと青少年が思うかもしれない。
良い出来なだけに、見ているうちにあのでたらめな戦争に対してどんどん腹が立ってきた。

みたいなこと言ってたと思う。

337 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 01:35:17 ID:BPxuYuJw
その点、井筒は最凶。
「人殺しを賛美するような映画はやめろカス」
という期待以上の腹の立つ批評だったw

338 :愛国者@一般人 ◆GdyrK1vk.6 :2006/01/01(日) 01:40:43 ID:abbvjFaG
>>337
あれが人殺しを賛美する、ねぇ。
絶対見てないなとしか言いようが・・・。(w

ああ、兵士が次々に戦死していく場面では、
某真珠湾よりもよっぽどリアルな表現だった事は間違いないです。
でも、それを賛美って、どういう目してるんだろう・・・・・・。

339 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 01:46:11 ID:ZknWLDGt
先週観に行ったけどつくづく戦争は悲惨だと思った。ぼろぼろ泣けたし。
これはサヨに洗脳されたのかな?
今度の戦争は勝とうって気持ち(愛国心)持たなきゃいけないんだよな。


340 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 01:55:52 ID:KpueKZYb
>>337
井筒なんぞ日本人拉致を国家ぐるみでしている連中から金もらって映画撮ってるからな
それも人さらいを擁護する映画

341 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 02:01:29 ID:KpueKZYb
>>339
>今度の戦争は勝とうって気持ち(愛国心)持たなきゃいけないんだよな。


俺はまずこう思ったね。「次の戦争は絶対勝つ!」
「先の解放戦争で散っていった彼らのためにも次は絶対負けられない」とね
そして彼らの純粋な愛国心に感動し涙があふれた。
これからの子供たちには愛国心教育を徹底的にやっていくべきだとも思った。

342 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2006/01/01(日) 02:13:30 ID:zSka+RWS
>今度の戦争は勝とうって気持ち(愛国心)持たなきゃいけないんだよな。

こっちが勝てば、相手の国の人がぼろぼろ涙を流す状況をつくるだけだがな。

343 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 02:17:33 ID:ZknWLDGt
勝とうって意志が持続しないで、一億総玉砕なんて言葉も嘘っぱちで
たかだか原爆二発で降参した政府こそ非国民だと思う。
大和や特攻隊で亡くなった英霊に申し訳ない。
露助やアメ公やチョンチャンより日本人こそが優れていて最強だという
事実を何時の日か世界に知らしめてほしいという英霊の声が込められ
た映画とも受け取れた。
戦争は悲惨だが、自国以上の被害を相手に与えれば癒されるんだよね。


344 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 02:20:22 ID:ZknWLDGt
>342
敵国国民が涙を流せる命を慈悲で与えるだけいいじゃない。
反発するなら(ゲリラとか)殺せばいいし。
戦争にルールは無いからね。


345 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2006/01/01(日) 02:21:33 ID:zSka+RWS
>>343
>戦争は悲惨だが、自国以上の被害を相手に与えれば癒されるんだよね。

あのときは、やればやるほど自国の被害がふえるだけだったが。

そもそも癒されるのは生きている人間の話で、死んだ人間は癒されない。

346 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 02:27:36 ID:ZknWLDGt
>345
だって生き残る為、生き残る人たちの生活の為戦争するんだから。
死んだ人間は御魂と呼ばれるけど、それが存在するかは定かではないし
死んでいく人たちは家族が生き残るために身を御国に奉げたし。

癒されるのは生きている人間だけだよ。


347 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:15:36 ID:BPxuYuJw
>>339
反戦に関して本来右も左も無い。
外交問題はとにかく戦争で解決しよう、どんどん人殺そうなんて人はそうそういないでしょ。

「反戦=左翼で、右よりの考えを持つ人は好戦である」と思っている点に関しては
”サヨに洗脳されている”とはいえるが。

348 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:17:27 ID:ZknWLDGt
もう一回戦争をして、しかも勝てる戦争をすればこんな悲劇で涙を流す事から
抜け出せるのかもしれないね。
「蛍の墓」とかの悲惨な経験も、他の国の偉そうな態度の所に味合わせれ溜飲
も下がるし。

日本が被害極小で、武力で叩いても国際世論からも非難されない敵国はどこだ
ろう?
思うに北あたりかなと思う。軍や人民共煉獄で焼き尽くすべきかと思う。



349 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:22:40 ID:ZknWLDGt
>347

外交手段の切り札は、戦争だよ。
もちろん勝てるカードを持つ努力が普段から必要だけどね。戦争はしたくないなんて
左翼でも右翼でもなくただのボケだろ。
勝つ戦争を目指す事こそが政治の責任。


350 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:32:41 ID:tGL+ux1A
戦争に至ってる時点で、
政治的、外交的に問題ありまくりじゃん。

351 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:36:56 ID:ZknWLDGt
>350
じゃあイラク戦争のアメリカやそれを支持する我が国も問題ありまくり?
あんた、アカ?



352 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:38:58 ID:tGL+ux1A
アカって、w

アメリカのイラク侵略は、
やっぱ問題あるだろ。

いや、公に言えることじゃないけどね。

353 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:44:16 ID:ZknWLDGt
>352

ちょっと煽ったが、たしかにイラク侵攻は問題あるよなw



354 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:45:49 ID:BPxuYuJw
>>349
「外交問題は”とにかく戦争で解決”しようって人はそうそういない」って意見に対して
「外交の切り札は戦争だよ」というレスはちょっとずれてる気がするんだが・・・。

>戦争はしたくないなんて 左翼でも右翼でもなくただのボケだろ。
99%の国民、というか世界中のほとんどの人は
「戦争はしたくない」という考えだと思うけどなぁ。
俺も含めて保守系の人でも「戦争はしたくないけど、外交カードとして持っておくのは有りで、
攻められたら当然戦わねばならない、その為の備えも必要」て考えがほとんどでしょ。

355 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 03:56:38 ID:ZknWLDGt
>354
世界中のほとんどの人が戦争を最終手段として、我慢出来る手段ならここまで
戦争内紛テロリズムがトップニュースで流れるような日常じゃないよ。
「優位的力を持った武力は圧倒的外交力」なんだよ。

356 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:00:41 ID:ZknWLDGt
>354
追記する。
> 攻められたら当然戦わねばならない、その為の備えも必要」て考えがほとんどでしょ。

アメリカも中国もロシアもフランスもイギリスも韓国も北朝鮮も他の国々も、備えで国防を
考えているところはありません。


357 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:04:19 ID:tGL+ux1A
まあ、基本は砲艦外交の時代から変わって無いんだわな。
いまでは、露骨にヤル国も減ったけど。

ただ、特にアメリカの場合、植民地主義の終わりを、
明確に受け入れたのかどうか、疑問な点がある。

彼らの中じゃ、あの時代が、
いまだに続いてんじゃないのかと。

358 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:08:08 ID:BPxuYuJw
>>356
極一部の人達がやっているからトップニュースで流れるんじゃないの?
あと一番聞きたいのだが、日本国民は間違いなく左から右まで99%「戦争はしたくない」という意見だと思うが
現状の日本はボケばかりだと思っているの?

359 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:09:58 ID:ZknWLDGt
「原爆は民主主義からの贈り物」と政府高官が言った国だからねえwww


360 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:11:45 ID:tGL+ux1A
周辺諸国と連合軍を形成することで、
地域の防衛が可能になるような体制を整える、

・・・ってのがうまくいけば、
理想的なんだけどね、本当は。

単独で侵略戦争するのはムリ、くらいの。

台湾、ベトナム、フィリピン、米国・・・。

361 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:11:59 ID:BPxuYuJw
あとね、「人」の話が「国家」の話にすり替えられているのだが。


362 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2006/01/01(日) 04:12:10 ID:zSka+RWS
ブサイクで女にもてない、無能で収入も少ない、人生の希望はなにもないというやつは戦争を望むものだ。

363 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:13:10 ID:tGL+ux1A
・・・あ、あとインド。

364 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:16:03 ID:ZknWLDGt
>358
>左から右まで99%「戦争はしたくない

いざ外交が行き詰まり経済交流も遮断され外地邦人の身柄も安全が確認できない状況になった
場合、どうするつもり?


365 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:16:42 ID:tGL+ux1A
ちょっと、設定が大雑把過ぎて、

366 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:21:03 ID:ZknWLDGt
基本的概念なんだが・・・

367 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:21:33 ID:BPxuYuJw
今見直したら、>>339もZknWLDGt氏なんだな。
339の意見と後の意見が全然違うので、てっきり別人かと・・・。
YAMATOを見て、つくづく戦争は悲惨だと思って、ぼろぼろ泣いたのに
どこか手ごろな国を探して同じ悲惨さを味あわせてやろうとか
戦争したくないって人はボケだとか、ちょっと理解できないんだが・・・。

368 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:26:40 ID:BPxuYuJw
>>364
だから俺が最初から言ってるのは
「外交問題は”とにかく最初から他の選択肢を考えずに戦争のみで解決”しようって人はそうそういない」ってことで
外交の手段としての戦争は一切ダメだとは言って無いぞ。


369 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:30:21 ID:I0nrtINJ
波動砲とかワープとか
必要だろう

370 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:30:30 ID:tGL+ux1A
いや、そうかな。

俺としては、外交の手段としての戦争は、
一切、認めるべきじゃないと思うよ。

というか、まあ、ようするに専守防衛、まさしく。

相手国が、武力で意思を貫こうとするとき、
それを阻止するために、武力が必要だという考え。

371 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:34:40 ID:ZknWLDGt
>367
戦争は悲惨だよ。だからこそ負ける悲惨さを二度と繰り返したくないんだが
どこも理論破綻してないでしょ?説明不足ならすまん。

>368
生きるか死ぬかの一番の問題で、戦争(優位的武力保持)を最初に考えるべきだよね。
それをちらつかせての外交。   ちと下品だが。


372 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:36:15 ID:tGL+ux1A
・・・つっても結局、
現象としては同じことなんだけどね。

相手が、こちらの主張を武力で侵害するなら、
それに対しては、相手の武力行使を、実力で阻止する。

具体的な例をあげると、
日本の領海内で、自国の領海を主張する中国側の船、
それが軍だろうが民間だろうが、勝手なことをするならば、
相手に応じて、それなりの実力行使が必要になってしまう、と。

内実はともかくとして、
表面的には、敵には敵の道理があり、
こちらにはこちらの道理がある、と。

だから、実力行使の手段が必要になり、
それが最終的には、武力でしか有り得ない。

373 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:38:42 ID:ZknWLDGt
>370
戦争を認めないのに武力が必要だと言ってる自分の矛盾に気付くべきだよ。
武力で備えるには「戦争」を想定しないと出来ないよね?


374 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:43:09 ID:tGL+ux1A
積極的な砲艦外交には反対、
って意味よ。

軍事力を恫喝の道具とし、
あるいは、それを実用して、
相手の領域を侵すのには反対。

実力行使を行っても良いのは、
相手の実力行使を阻止する目的に限るべきで、
口で言うのは簡単だなぁ、と。

375 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 04:57:24 ID:ZknWLDGt
ふむふむ、ちびっと煽ってきたが同意。



376 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 05:05:06 ID:tGL+ux1A
・・・正直なところ、

あっちも正義、こっちも正義、
それぞれに立場があるから、
どこから「横暴な実力行使の阻止」なのか、
見分けるのは、容易じゃないわな。

上に立ってる人間(政治家)がズルくて、逃げ腰だと、
結局、責任は、現場の人に押し付けられかねないし。

理想の原則は、まあ、相手の横暴な実力行使を阻止する為の武力、だけど、
自分の正義を貫くための行動が、相手にとっては、横暴な実力行使だったり、
このへんは、結局、我慢してヤッちゃうしかないんだよなぁ・・・。

なんにしても、どうしたって武力は必要だし、
それを行使することは、まあ戦争と呼ぶべきかもしれないけれど、
ぎりぎりまでは、事変とか呼んでみたり。w

377 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 05:09:32 ID:ZknWLDGt
人が人を殺す子供も老人も殺す、これが戦争だと認識すれば少しは
まともな世界になるのかもね。

落ちる。

378 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 05:12:07 ID:I0nrtINJ
機械の体を手に入れるんだメーテル

379 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 05:19:55 ID:tGL+ux1A
おやすみなさい。


役目を納得してる軍人と軍人だけが、民間人を巻き込まず、
フェアな状況で戦って決着をつけることを理想の戦争とするなら、

スポーツでカタをつけりゃいいんだけどね。

総力戦ってのは、それこそ、なりふりかまわない、
どんなに卑怯で、恥ずかしいことをしてでも、勝つことを優先する、
というのが、戦争の極限状態なんだわな。

確かに異常だけど、だったら、どうすりゃいいんだ、って話。
戦争なんて、起こらなけりゃいいのになぁ、まったく。

・・・でも、「なんで人を殺しちゃいけないの?」って疑問を抱くすべての子供に、
言葉だけで納得できる説明ができないならば、殴って納得させるしかないのよね。
悲しいけどこれ(以下省略)。

380 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 08:04:04 ID:IVdQiQt9
観てきたよ。もう泣いた泣いた。
映画であんなに泣いたのは初めてだ。
エンディングのスタッフロールが完全に終わるまで、
誰一人席を立たなかったよ。

381 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 08:26:46 ID:BNRiCBMs
>380
スタッフロール背景に映像あったから立たなかったんだな

382 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 08:39:52 ID:Rnh2foFq
大和も宇宙戦艦並に活躍すればな。鈍足の大和ホテルと武蔵御殿
は、港でゴロゴロして燃料ガブ飲みするだけの厄介者だった。

年金事業団の作ったムダ高額施設とかわらない。

383 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 10:15:18 ID:FaNl292O
日本の戦争映画で、米軍を残虐な加害者として描くのは、絶対のタブーなんだよ。

384 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 13:44:57 ID:M2815hvQ
工作あげ

385 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 15:35:05 ID:YcpeiVCx
んー、スレタイの意向は判るんだけどナ、吉田満「戦艦大和の最後」を読んで感動した者としては、ちょっとなあ。
ま、遠慮しとくわ。

386 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 17:05:18 ID:OFs2e+NI
>383
そうだとしても最近の傾向ではないだろうか。 60年代、70年代初めには
アメリカ軍の無差別殺戮を断罪し憎む心はあったし、日本軍人は英雄として
描かれていたと思う(「ひめ百合の塔」、剣部隊の活躍を描いた秀作「太平洋の翼」など)。
その後、マンガ屋共、NHK−TBS等カクマル共の無能無知無責任へーわ主義が、
朝鮮型激情知性放棄戦略に出て、安楽消費生活のみを求める大衆を洗脳してしまった
ように見える。


387 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 12:41:13 ID:yXVVqUmw
>>385
吉田の本が嘘だとわかっても同じことを言うかい?

388 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 19:47:54 ID:8M1bBxK/
>>386
またまた酷いギャグを。源田の軍事板での評価知らないのか?

389 :日出づる処の名無し :2006/01/07(土) 05:53:20 ID:djnpI4nJ
見てきましたが
戦艦大和の名を借りた駄作です。男たちは大和に憧れ夢に見て
旗艦 浮沈艦の要塞で屈強な思想を胸に乗艦を目指したものでしょ 
女・子供に有無を言わさず 男の世界が有ったはず
コロコロ変わるストーリーと画像で興醒めのうえ
重鎮仲代の臭すぎる目線 京香のアップに耐えられない顔は さておき
弾の重量感はおろか、舷側は厚さ41cm、甲板は厚さ23cmのリアル感など全くない ハリボテセットに9億円ですか(笑)

ちょっと調べれば時代考証に引っかかるもので
大和武蔵は、ハンモックでなく ベッド
反町くんの烹炊所も一回500名の6斗炊き蒸気釜は名物でしょ
戦闘シーンも
厚い雲からの急降下爆撃と 雷撃機の魚雷攻撃が主で
傾きすぎて使えない機銃座を狙うシーンとか うそっぽい
音響もやたらうるさいだけ 血糊も単一 甲板に死体多すぎ
こんなんで大和を使うな! 男を名乗るなと 言いたい


390 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 08:11:00 ID:brUkFGd7
 よく調べてみい。
この映画に一番金だしているスポンサーは、テレビ朝日だよ。


391 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 11:44:10 ID:mZJ04hjW
大和の舷側防御鋼板は中央部では中甲板以下。
露天甲板が機関銃を通さないのは前後部だけで、あとは側面もプスプス。
水平防御も中央部では中甲板にしかない。

また構造物は重量軽減のため鋼板が薄く、隔壁は補強することが前提で、
無人部では隔壁は次々破壊するのが日本の水上艦。
翔鶴は4本の雷撃を受けたあと、高速で離脱したので隔壁が破壊する音が
聞こえたというのが駆逐艦で聞こえたという。
2枚に1枚は丈夫に作っとけよな。

392 :日本鬼子:2006/01/07(土) 11:48:59 ID:DQZnmqLH

 男の大和という映画は そこら辺のピンク映画のレベルとそう変わらん。

393 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 13:54:27 ID:25+BAOmY
セットを見たとき「うわ、安っぽい」と思いましたが、映画だとあまり分からないものですね。
日本製特撮としては十分良いできだと思いました。
特撮マニアには物足りないでしょうが、普通の人が見る分には十分なクオリティでしょう。
砲弾の安っぽさはさすがに気になりましたが。

>>392
男たちの大和とピンク映画の違いが分からないとは、君の物を見る目の物差しは短すぎるようだ。
たしかに10cmあれば君のいちもつは測れるが、物を見る目はもっと長い物差しを持とうな。


394 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 15:05:50 ID:djnpI4nJ
大型爆撃機B-25の高高度から爆撃 グラマンの急降下爆撃
艦載機約800機の魚雷&機銃攻撃 雲の切れ間の目視対応
片目の獅堂では 負けるでしょう

あぁ獅堂は 歌舞伎町の男たちの中では 人気ありますぅ

395 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 18:55:49 ID:Ih1PG/7C
タイトルが「男たちのYAWARA」だったらどうよ

396 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 19:05:58 ID:KSU33C9h
新兵はハンモックなんだぜ>>389

397 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 19:50:10 ID:hv+IpHKj
>>389
396がいうように新兵はハンモック。対空火器の大増強と、沖縄にたどりつければ陸戦という希望的観測から、
天一号作戦時の大和は1年前に沈んだ武蔵より1000人以上多くの乗員が乗艦していたからな。
あと装甲の質感は見るものの感覚次第だが、折れ的には三式弾の炸裂から敵機に延焼するタイムラグとか、
注排水システムで傾斜した船体が復元するシーンなどが今までにないリアルさで満足。
あえてあら探しするなら、山田純大とかやらの奥さんと赤ん坊と
家でくつろいでるシーンで奥さんの服装が気になった(ハイネックの青いセーター?)。

398 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:47:02 ID:hOnEvAb7
ずいぶん前に大和のセットが公開されて

中韓が本物の戦艦作ってるって勘違いしたことがあったっけ

399 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 00:57:22 ID:H4yAx13u
>>389
ポチ保守はこうして時代に取り残される。

400 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 02:13:12 ID:K52bZyBB
>>398
故意に見る者が勘違いさせて怒らせるニュース。
H2ロケット打ち上げ成功の報をうけた北朝鮮のニュースが
「イルボンが弾道ミサイルH2を発射したニダ〜!」と報じていたのと
同レベル。

401 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 04:05:28 ID:aitd7rCA
やっぱ無駄死にだよな。
カワイソス

402 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 14:52:27 ID:Iw9QKm3/
セックスシーンはなかったの?

403 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 19:10:23 ID:K52bZyBB
なかった。

404 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 19:45:33 ID:E+z9rpB7
サマール沖海戦が出てこない、と思ったら朝日系だったか・・。

405 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 19:46:41 ID:Fx5MPqtf
>404
そんなの出してどーすんだ?
散漫なだけ

406 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 19:48:18 ID:aRqmETfn
いや、でも、
ハリウッドなら、出すだろ。

407 :日出づる処の名無し:2006/01/10(火) 18:04:50 ID:0AyWbCXc
広島では連日立ち見の出る満員御礼状態。
特に呉市では初回から行列が出来て悲惨な状態に。


408 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:28:19 ID:XJvH6qj1
大和みてきました、思いっきり反日というか朝日主催だけあって
肝心なところはふせられていましたね。
突っ込みどころ○ただいま着任しました 兵階級で着任などといえばすぐ罰直くらう
死にぞこないだのひとりだけ帰ってきてなど 軍人さんを辱める言葉連発
急降下爆撃機の爆弾が命中しすぎ、レイテ沖で大和が敵の護衛空母を沈めたのが
スルーされている。
とにかく生き残りの軍人さんを貶めようとするセリフの連発に怒り心頭
山田純大ーどうして出演したんだーあんたはムルデカの演技がよすぎたから
朝日グループにハメられて反日映画に出てしまったんだよ

409 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:55:55 ID:dCm60/mp
・・・見て無いので良く分からんが、

今回の大雪に対する自衛隊の出動に関して、
通常なら大反対しただろう市民団体は沈黙を守り、

その代わり、いかにも自衛隊が及び腰で、困ってる人を見捨てている、
という印象を植え付けようとしてる連中のことを、
なぜか思い出した。

関係ないけど。

410 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 22:06:53 ID:1fEEOGSn
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1136291085/l50

【嫌韓厨沸騰】普通に面白いじゃん。パッチギ!
1 :名無シネマ@上映中 :2006/01/03(火) 21:24:45 ID:rT35Juya
評判の良さにつられて観たが、普通に面白かった。
恋と喧嘩と涙と音楽。定番アイテムが、うまくミックスされた
青春映画の秀作ではないか。
日本で民族間問題が、娯楽作品になった例はあまりないと、
思うので歴史的にも興味深い。

俺は喧嘩で日本人が勝とうがチョン高が勝とうが、どうでも良いし、
映画の中で語られている政治的メッセージも当時の世相の彩りくらい
にしか考えていない。スルーすることの苦手な愛国クンや嫌韓厨が
この映画にかみつくのは、内容のおもしろさに嫉妬した故でしょう。

観て正解だったな。こりゃ。

411 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 22:09:15 ID:XJvH6qj1
?パッチギって精神障害や妄想中毒患者がつくった映画だろ
井筒とかってDVでロリコンで暴力へタレ夫でしょ

412 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 22:50:34 ID:XJvH6qj1
さすがに仲代はこの映画の胡散臭さに気が付いて あえて手抜きの演技をしていたな
それと下士官は兵をバッターしたりはしない、艦があれだけ傾いて機銃など撃てない
片道燃料というのはウソ、出撃前のケンカーするかよ!
もう反日色つよすぎ 中村の下士官? あんなのいるか陸軍の年配の応召兵だよ
あれじゃさ

413 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 23:45:47 ID:bHFU3P3y
人を殺したら何が悪いのって話がよくあるけど、
実際、殺しても良い人と、殺しては駄目な人が居てるだけでしょ。
人の形をした、人でなしも居てるし・・・。
生殺与奪の権利を国家に預けたのに、頑張ってくれよ日本。


414 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:26:53 ID:vJGBySx0
ああ金かえせ
なんで大和が沈没したのは秘匿されて乗組員はほぼ軟禁されたのに
かってに戦死した戦友の家族に会いに行ってんだか・・・・
ありえない!   あれは感情的にはなけるがディテールは事実と
だいぶ違う

415 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 03:44:13 ID:hrXswm1e
>>414
ヒント:終戦後

416 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 08:32:45 ID:5k68MBTo

>412
>出撃前のケンカーするかよ!
ケンカは史実

417 :日出づる処の名無し:2006/01/17(火) 14:23:35 ID:aOEfpGcS
予想通りの反応してる奴がいるし。

戦争映画観て「好戦的だ」と火を噴くアホはおいといて。
反戦的とか史実と違うと言う奴。あの映画には朝日がかんでるんだぞ?

418 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 01:22:49 ID:lKNahHlF
朝日の平成イデオロギー転換に気付いていない馬鹿どもがここには多いのうw
ま、朝日内部にいる輩でそれをいまだに知らん馬鹿も多いいが・・・



419 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 02:12:02 ID:o8cbDYe3
あの映画は役者の演技は申し分ない、だだ四つほど?と思わせるシーン有り
まさにサブリミナル効果のような自虐歴史観を植えつける映画だ

420 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 02:24:34 ID:TH18eQD2
朝日がどう変貌しようと基本的に信用はしてないが、
そもそもこんな映画は見ない。YAMATO て・・・
テーマがさっぱりわからんタイタニックみたいな感じ。
どっかの戦闘を具体的にドキュメンタリーにするなら
それが反戦だろうと好戦だろうと見るが

421 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 02:30:36 ID:o8cbDYe3
俺は元日本兵でインドネシア独立戦争に参加した台湾出身の
某氏とはなした事がある。 その人がポツリと「もう死にぞこないですから」
とケラケラと笑った。 死にぞこないなんて言えるのは危地を潜り抜けた猛者
だけが、本人だけが口にしてよい言葉だ。 朝日なんぞ朝日なんぞ
千 年 早 い !

422 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 17:59:58 ID:hqBCNjd4
>>408
お前はもう映画を見るな! 
保守派の恥さらしめ。

423 :日出づる処の名無し:2006/01/23(月) 13:18:43 ID:tLVLk8gB
まぁ、「北京原人」の監督だし

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)