5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

元多摩大学学長の恐るべき反日記事

1 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 21:30:07 ID:WFZMWz84
上智大学教授や、多摩大学学長の経験のあるグレゴリー・クラークが、
信じがたい反日親中記事を「Japan Times」に掲載した。
http://taiwansecurity.org/News/2005/JT-300505.htm

信じられない・・・。ヤツはユダヤか?
That the Western media have largely gone along with Tokyo's
claims over Yasukuni is further proof of just how easily they
accept distorted views of China. Other examples include the
Tiananmen massacre myth (check the now declassified cables
from the U.S. Embassy in Beijing at the time for the true
story), the claim that China's claims over Taiwan are
expansionist (check the terms on which every major power
has accepted Beijing's sovereignty over the island), or
Beijing's constant reference to Taiwan as a "renegade
province" (check the English-language Web sites for the
main Chinese newspapers to find the reality). And so on.

2 :漂泊の2ゲッター:2005/06/02(木) 21:33:27 ID:qL7u5P/j
    ∧∧
    (,,゚Д゚)n < どうだっ!2ゲットオォォォォ!!
   ⊂  ソ
    / _、)
   ノ /ι´
   じ
  ///
 从从 ダンッ!

3 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 21:43:41 ID:WFZMWz84
この記事を要約すると、印中国境紛争の責任は一方的にインド側に
あり、天安門事件は神話であり、日本がいくら謝っても仕方がない、
日本の対中ODAは、戦後賠償と比べたら安いものだといい、最後に
中国を絶賛しているのです。
ユダヤ人特有の謀略史観が満載です。
この人物は、秋田県の大学の副学長として、今も日本に居座っている。
グレゴリー・クラークの追放運動を望みます。
そして、何よりも問題なのは、彼が親日派だと考えられている事実です。

4 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 21:51:22 ID:Y4MYOx28
クラークって在中期間長かった気がする
まぁ親の七光りであることに変わりないからな
日本でギャーギャー騒がないで、中国好きなら中国行って欲しいな

5 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 21:59:21 ID:QqoAg7iY
こいつは昔雑誌で石原慎太郎を友人だと発言していたので、自分も最初は知日派か
と思ってこいつの著作を図書館で読んだ事があるが、見事なまでに予想は裏切られた。
オーストラリアの元外交官のくせに「ドイツ見習え論」を唱え、竹下登の太平洋戦争
の性格を「後世の史家が判断する事」との発言を「欧米では信じられない発言だ」な
どと批判していたので、何でこんな奴が石原慎太郎の友人なのかと不思議に思った。

6 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 21:59:34 ID:WFZMWz84
ぎゃーぎゃー騒いでいるのは、英字新聞上だけで、
日本のマスコミに出る際は、日本を持ち上げるような
ことを言っているのです。
これにだまされている日本人があまりにも多いことを
私は本当に心配しているのです。

7 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:00:34 ID:sck2aLSF
要するに日和?

8 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:06:25 ID:WFZMWz84
この記事で彼は、石原都知事のこともボロカスに書いています。
私は、一昨日に職場でこの記事に接して、ショックを受けました。
当然、公安の調査対象となっていますが、日本国民には、
謀略史観の何たるかをこの記事によって、肝に銘じていただきたい。
彼が、知日派として日本に受け入れられていることに、
我慢ができないのです。

9 :1:2005/06/02(木) 22:27:58 ID:WFZMWz84
明日は早いので、今日はもう眠りますが、
近日中にこの記事の全訳をしますので、しばらくお待ちください。
ZZZ

10 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:31:55 ID:saXt3PnU
クラークの野郎は、朝まで生テレビで狂信的反日家の本性を露わにしていたよ。
満州で日本人がソ連軍にやられたのなんて「ちょっとしたこと」だとか。
出演者らから「ちょっとじゃないよ」と反論されると「ちょっと、ちょっと」。
「日本が韓国にやったことに比べたら」とかも言ってた。
最後は、出演者全員から白い眼でみられてやがった。
デーブ・スペクターや西尾幹二、石川好、大島渚、その他、米国人、ドイツ人、
ロシア人らも出演。

11 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:34:38 ID:5gEABxfn
多摩大って日下が居なかったっけ?

12 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:38:13 ID:hfHqjwg1
日本人の女にふられたんじゃないの?ww

13 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:38:10 ID:saXt3PnU
351 :文責・名無しさん :03/04/12 14:39 ID:yD2PtcVo
「経済界」4月22日号
◆ 誌上対論
「日本は戦争犯罪国家なのか?」(その3)
 天下の正論・巷の暴論特別編
http://www.keizaikai.co.jp/keizaikai/main.html
で、テイケイ社長・高花豊と多摩大学名誉学長・グレゴリー・クラークが論戦を繰り広げている。
元は、クラークが、北鮮の拉致に関して、かつての朝鮮人強制連行の歴史を持ち出し、
日本人の非難を諌めたのが発端で、それに高花が反論したようだ。
(その1〜2)は読んでないけど。
高花は、「中国人強制連行はなかった。日本企業とその代理人が中国人労働者を募集した
だけ。日本政府は、次官会議、閣議で戦時経済を支えるため臨時に「中国人労働者が日本で
働くことを許可する」としたにすぎないなどと反論。
クラークは、「(朝鮮人は)労働奴隷としてまた性的奴隷として使用された」などとほざいている。

370 :文責・名無しさん :03/05/19 00:08 ID:nsfc3O/A
>369
徴用で渡日した朝鮮人は微々たる数。
半島に徴用令が適用されたのは、敗戦の数ヶ月前で、既に日本は制海権を失っていて、
ほとんど連れてこれなかった。しかし、密航は絶えなかった。
ところで、>351の『経済界』 誌での論戦「日本は戦争犯罪国家なのか?」は(その5)に
突入し、 グレゴリー・クラークは、高花豊氏に論破されてやがんの。
クラークは資料改竄まで追及されてやがる。
なお、この論戦でも朝鮮人強制連行はなかったと主張されている。
http://66.102.7.104/search?q=cache:tGpkTPT0tWkJ:ex5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1038590767/301-400+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E6%88%A6%E4%BA%89%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B&hl=ja

14 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:39:06 ID:saXt3PnU
402 :文責・名無しさん :03/06/29 07:21 ID:Q+pChY+h
『経済界』7月8日号◆誌上対論
天下の正論・巷の暴論特別編「 日本は戦争犯罪国家なのか?」
グレゴリー・クラーク(多摩大学名誉教授) VS 高花豊(ケイテイ社長)
http://www.keizaikai.co.jp/keizaikai/main.html

が間をおいて、(その6)に突入。

高花氏は、
「私はどうしてあなたが誤った主張を何度も繰り返すのだろうか、と考えてみた。結論的に
言えば、あなたの心の底には日本に対する抜きがたい憎しみや偏見があって、これを中国
や朝鮮の反日的プロパガンダを利用して吐き散らしているのではないか。無知でプロパガンダ
に乗せられているというより、もっと悪質な確信犯なのではないのか。これまでの論争を
振り返って私にはそう思われる。であれば、意義ある論争は無益ということになる。」
と結んでいる。
核心部分をえぐって、クラークにトドメを刺したね。
ついでに言うと、高花氏の言葉の「あなた(クラーク)」を「朝日新聞」に置き換えると更に
意味がよく通る。
http://66.102.7.104/search?q=cache:kXdlo-KV_60J:ex5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1038590767/401-500+%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E6%88%A6%E4%BA%89%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8B&hl=ja

15 :1:2005/06/02(木) 22:39:08 ID:WFZMWz84
>>10
デーブ・スペクターは本人も公言しているとおり、ユダヤ人だからね。
デーブや、グレゴリーのように、日本語の読み書きができる白人は要注意。
彼らは、反日親中によって、何をたくらんでいるのか、私は知りたい。
もっとも、グレゴリーがユダヤとの確証はないです。


16 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:40:17 ID:YwR2cXGT


とっとと追い出せよ





17 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:40:29 ID:9VmEqWww
つか多摩大学って何?聞いた事ないんだけど。
大阪経法大学みたいなもん?
酒田短大とどっちがレベル高いの?

18 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:41:59 ID:saXt3PnU
クラークと宮崎緑の対談で読んだけど、クラークはいまだ独身で、
初恋の相手がシナ人少女だったとか。
そういえば、反日記事を垂れ流していたNYタイムズの元東京支局長が、
実は、支局でアルバイトしていた才色兼備の日本人女子大生にストーカーまがい
の行為を繰り返していて、振られたのを機に反日家になったという有名な話がある。
結局、そいつはシナ人女性と結婚。

19 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:49:48 ID:hfHqjwg1
なんだ、意外と当たってるのか・・恐るべし!女!

20 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:52:52 ID:saXt3PnU
クラークは、元豪州外交官で、北方領土問題の専門家ぶっていて、
完全にロシア寄り。

21 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:55:35 ID:qIp41crh
クラークは豪州人だろ?
帝国海軍が豪州北部のダーウィンとウィンダムを爆撃してるよな、確か。
その辺りの出身じゃねーのw?


22 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 22:58:02 ID:WFZMWz84
NYタイムズの大西哲光日本支局長は、明らかな在日。
名前を見れば一目瞭然だが、英字紙ではNorimitu Ohnishiとなっており、
日本人としか見えない。
こいつの正体は、在日の朝日新聞の記者である。
こいつが、日本人と称して、世界に反日記事をばら撒いている。


23 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 23:06:02 ID:Md3N8pmL
まあ今の学長は正論執筆陣だから安心汁

24 :日出づる処の名無し:2005/06/02(木) 23:06:34 ID:WFZMWz84
age

25 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 22:03:01 ID:7zo+NKzQ
逐次、翻訳いたします。日本で知日派として活動するオーストラリア人の
トンデモ記事を極東板の皆様に紹介します。15くらいの段落があるので、
多少時間がかかりますが、平にご容赦を。

「西側諸国の嘘が、中国政府のイメージを傷つけた」Japan Times(2005/5/30)
【グレゴリー・クラーク】(中国事情に通じた元オーストラリア外交官で、秋田国際大学副学長)

 中国は、インドとの関係を改善することに成功し、日本政府が
インド政府と反中同盟の構築を試みたことを見事に打ち破った。
また、中印両国は、中国が1960年代以来、中国がインドを攻撃したと
伝えられていたことによって、両国がいかなる関係をも発展させる
ことができないとする「神話」を打ち破いた。



26 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 22:05:02 ID:9mum0Aeh
こいつは確信犯の反日野郎だよ。


27 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 22:06:59 ID:9mum0Aeh
日本語しゃべれるしな、こいつは生涯を反日に費やしたわけだが。
こいつの生い立ちが知りたい。

28 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 22:18:24 ID:7zo+NKzQ
この奇妙な「信仰」は、中国が1962年に挑発がなかったにもかかわらず、
インドとの国境へ攻撃を開始したとの主張により始まっている。これは
見え透いた嘘であった。中国に対する多くのでっち上げの中で、もっとも
明白かつ目立ったものの一つであった。これは、西側諸国の政府、情報機関、
メディア及び調査機関が中国の評判を落とすために仕組んだ、古典的な例
ともいえる。



29 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 22:29:48 ID:7zo+NKzQ
私は1962年当時、オーストラリア外務省の中国担当官であった。
その頃は、インド軍が中印国境地帯の中国側へ進出を企てている
という情報を得ていた頃であった。当年10月20日、我々はNEFA
(North East Frontier Area:北東前線地域)のThag La 高地において、
中印両軍が衝突したことに関する一層の報告を受けていたが、
これが中国のインド北部への反撃につながっていった。



30 ::2005/06/03(金) 22:38:43 ID:7zo+NKzQ
インド政府は、自国が挑発を行っていないにもかかわらず、
中国が侵攻したと主張した。しかし、私が手にした地図を見る限り、
Thag La高地は、インド側が主張する国境よりも北側に位置していた
のである。このことから、インドが中国を先に攻撃したことは明白で
ある。なぜなら、中国は大幅な譲歩の結果、この地をインド側に譲る
ことを既に申し入れていたのである。台湾がこの時、インドに領土を
売り渡す行為であるとの抗議を行っていたにもかかわらずである。



31 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 22:46:27 ID:ZtQdNid+
クラークのHP
彼は月に一回Japan Timesに寄稿している。

http://www.gregoryclark.net/

32 :& ◆uQ8wbE7V0k :2005/06/03(金) 22:56:37 ID:7zo+NKzQ
私は、英国や米国の機関がこの重要な事実を確認したとの情報を得て、
上司に対して中国の「攻撃」への拙速な非難や、インドへの即時の
軍事協力を慎むべきであると進言することを試みた。彼らの反応は
すばやかった。曰く、「我々西側陣営は、中印両国が互いに争うことは
西側の知ったことではないと看過していたのではなかろうか」とのこと
であった。英国や米国は、この怠惰な現実政策に沿った活動を行った。
まもなく、西側及びその他のメディアにおいてコメンテーターや専門家が、
中国がアジアの至る地域で好戦的であるとのでっち上げに追随した。



33 ::2005/06/03(金) 23:09:19 ID:7zo+NKzQ
中国が平和なインドを攻撃したとの神話は、アジア情勢を40年以上もの間、
歪曲してきた。西側の怪しい情報機関、特に英国の情報機関は、
後の西側によるインドシナ半島への侵入を正当化する材料として
使用してきた。中国政府による文書は、Thag La高地の位置が虚構で
あったことが証明している。



34 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 23:16:52 ID:RO9wV1M9
サヨク→保守へ変換するサイト。
http://www.geocities.jp/wsayokuw/index.htm

35 :& ◆uQ8wbE7V0k :2005/06/03(金) 23:22:13 ID:7zo+NKzQ
「インドの対中戦争」という反論の余地のない詳細な著述が、1972年に
当時ロンドン・タイムズ特派員としてニューデリーに駐在していた
Neville Maxwellによって出版された。この書物は、インドのネルー首相が、
中国がチベットを併合したことをインドが抗議するために、いかにして
国境越えの攻撃を命じたかを証明するものであったが、大勢に影響を
与えるものではなかった。私が書いた「中国の恐怖に対して」という
著作は、それよりも4年前に出版されたものであったが、彼の著作以上に
無力であった。



36 ::2005/06/03(金) 23:32:35 ID:7zo+NKzQ
しかし、ようやく、先月にニューデリーにおいて、中印両国の首相による
歴史的な会談が行われた。これで、神話が葬り去られたのである。両国は、
領土への見解の違いを解決することに合意した。これは、中国が長らく
他の隣国に対して寛大な譲歩を行おうとしていることと軌を一にしている。
インドは、中国がチベットに有する主権について、全てを認めた。中国は、
準自治権を有しているヒマラヤのシッキム地方に関するインドの主権を
承認した。ここにおいて、戦略的パートナーシップの成立を見た。



37 :日出づる処の名無し:2005/06/03(金) 23:33:14 ID:UpFBEBEO
ところで、日本にいるアカっぽい反日親シナ外人をリストアップしてみようよ。

1)NYタイムズの黒人東京支局長 ハワード・フレンチ
 この朝日新聞社に寄生している半日家は日本における事件が何であれ、日本人を馬鹿にした
 記事しか本国には送らない。 何年経っても「引きこもり外人」みたいで、日本人が理解できない。

2)ネズミ面のオチビ、ディブ・スペクタ
 シナでサッカー後の半日暴動へのコメント(日本人サポーターの若者に対して、テレビ朝日の朝番組で)
 「だいいち、彼らはレキシ認識がないですよー」 
 (私はあの劣悪な環境の中で日章旗を持って応援した若者たちは勇敢で立派だと思うが。)


38 :& ◆uQ8wbE7V0k :2005/06/03(金) 23:44:59 ID:7zo+NKzQ
日本のタカ派は、いわゆる「日印の民主主義と中国の全体主義との対決」を
最大限に利用して、米国のネオコンが中東だけではなく、中国の混乱及び
分裂を策していることとリンクさせようとしている。日本の代表的な右翼である
石原慎太郎・都知事は、文芸春秋の誌上において、それらの分裂を呼びかける
ことをためらってはいない。靖国問題を表面に出して、他の追随を
もくろんでいるのである。



39 ::2005/06/04(土) 00:02:31 ID:F5ruu0im
靖国問題は、反中勢力の主張にとって、特別の源となっている。
日本政府は、中国政府が靖国問題を日本への内政干渉の具としている、
と主張している。しかし、靖国神社は、2千万人の中国人を殺害したことを
祝福する施設であり、悪名高い博物館を有している事実があり、日本政府の
主張はむなしい。1952年のサンフランシスコ平和条約の第11条は、特に中国が
主張する14名の戦犯指名を日本が受け入れるよう義務付けたものである。
これらの戦犯たちは、A級戦犯として、靖国の神体となっている。これ以上の
国際的な合意を裏付けるものはない。








40 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 00:12:53 ID:behIe5sK
>>1
今度は『ユダヤ』を隠れ蓑に反日工作かね?
ユダヤ人と中韓をひとまとめにするのは、
ユダヤの方にとても失礼だ。
>>1、君達は中国なり北朝鮮なり、祖国に帰っていただいていいよ。
サヨナラ・・・。

41 :& ◆uQ8wbE7V0k :2005/06/04(土) 00:15:43 ID:F5ruu0im
日本は戦後60年間に及んでアジアにおいて平和的な行動を行っており、
中国に対してODAを供与してきたとの主張は、日本政府が米国による
北朝鮮及び中国への攻撃を支持していることが明白である限り、全く
意味がない。ODAは、中国が戦後賠償を放棄したことに比べれば、
日本にとっては安いものにすぎない。




42 ::2005/06/04(土) 00:23:05 ID:F5ruu0im
日本が中国に対して20回以上も謝罪してきたとの主張は、日本が中国で
残虐行為を行ってきたことを頑固に否定していること、中韓の人々を
戦時に強制連行してきたことに対する個人補償を拒否していることを
考慮すれば、意味がないことである。中韓の指導部が、言葉よりも実際の
行動が重要であると指摘しているとおり、日本政府の行動には誠意が
見られない。







43 :& ◆uQ8wbE7V0k :2005/06/04(土) 00:35:31 ID:F5ruu0im
西側のメディアが、日本政府が靖国に関して主張することについて、
共感を示していることは、中国に対する誤った見解に西側メディアが
簡単に与することを象徴している。たとえば、神話に過ぎない天安門事件
(駐中米国大使館が秘密区分を解除した文書を見れば明白である)、
中国の台湾政策が膨張主義であるとの主張(世界の全主要国が中国の
台湾への主張を認めていることを勘案すれば、これが誤りであることは
明白)、中国が台湾をはぐれた省であると頻繁に主張していること
(中国主要紙の英語サイトをみれば、真実が判明する)、その他については、
決着がついている。



44 ::2005/06/04(土) 00:42:59 ID:F5ruu0im
さて、中国という重要な国が、真剣に扱われる時が来た。

これで終わっています。グレゴリー・クラークは、知日派として
日本で認識されていますが、英字新聞にこのような謀略記事を
寄稿しています。

酔っ払いながら、翻訳しました。極東板の皆様が、中国が外国人を使って、
どのような謀略を仕掛けてきているかを判断する資とするために、
アルコールに毒されながらも、一生懸命に翻訳しました。
皆様のご意見をお待ちしております。



45 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 00:58:49 ID:behIe5sK
翻訳かい(−−;

46 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 01:57:22 ID:4ZNLHQM3
>>10
朝生で西尾と論戦になり、西尾が北朝鮮を攻撃すると、
クラークが実に嫌な話し方で、「対立が欲しいんだろ」、「朝鮮が統一すると在日米軍は必要
なくなり日本がヤバくなる」というようなことを言ってた。
「米国人は根本的な部分で日本人を嫌っている」「韓国人は米国人をよく理解している」とか
とにかく日本人に対する罵声を浴びせまくり。
翌月に田岡俊次が出演し、「在独米軍はドイツという国を守るためにあり、在韓米軍も韓国と
いう国を守るためにある。しかし、在日米軍は日本を守るためにあるんじゃないんだ。あれは
米国の世界戦略のための軍隊なんだ。日本を守っているのは自衛隊なんだ」と明らかに
クラークの妄想を意識した発言をしてたよ。その程度の常識すらなしに、クラークはよく外交官
が務まったものだ。
西尾が「ドイツと日本は違う」として、ドイツが殺した対象をユダヤ以外にも色々列挙すると、
クラークが狂ったように、「日本もシンガポールで(同様に)殺しただろ」と狂人のような
しゃべり口、声色で絶叫。
こいつ、よく日本に住めるなと感心したよ。
とにかく、いい歳をして独身なんだから、普通じゃないわな。

47 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 04:16:39 ID:Sqq4PFMd
>>46
多分ペド。間違いない。

こいつ日本の不法滞在取り締まりに関して、
在日のブラジル人とかまで攻撃してる。

----------------------------------
その同じ役人たちは、日本におけるもう一つの外国人犯罪の
根源、つまり単に祖先が日本人だったという理由で永久に日
本に留まれるラテンアメリカ人(主にブラジル、ペルー人)には、
ほとんど手を出さない。
----------------------------------

単に差別主義者と言うだけだろう?
よくここまでひどいこと言えるな。

48 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 14:41:52 ID:RHYSi1+u
>>39
>靖国神社は、2千万人の中国人を殺害したことを 祝福する施設
自分はよく保守系知識人の著作を読むがこんな主張は初めて聞いた。
よくここまで曲解・歪曲出切ると驚く。精神構造が反日中国人そのものだ。
だいたい、「二千万の中国人を殺害」なんて元外交官で日本に住んでいるのならば、
中国の主張する犠牲者数がいかに根拠の無い事か解るだろ。当初は中国だって日中
戦争の犠牲者数を約180万としていたのが、今では3500万に急増。
そんな中国の言い分を何の批判も無しに鵜呑みにするなよ。
それに上の方の書き込みにもあったが、「強制連行」を否定されたのに今でも反省
する事をせず、西尾氏に日独の違いを説明されたのにまだ「個人補償」を主張して
いるのだから、病的な反日としか言いようが無い。
中国の膨張主義を否定するのに、中印紛争の責任はインドにあると主張しているが、
だったらその他にも、チベット侵略、東トルキスタン侵略、南沙諸島や西沙諸島で
のフィリピンやベトナムなどのアジア諸国と軍事紛争を起こした事をどう考えてい
るんだ?まさしく膨張主義そのものだ。日本との尖閣諸島問題や海底資源開発問題
にしたって中国の膨張主義が根底にあるだろう。
それに対外紛争のみの犠牲者数だけではなく、中国共産党は自国民を大躍進政策や
文化大革命で、数千万人もの犠牲者を出したのによくそんな中国を擁護出切るな。



49 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 16:48:48 ID:KC3c3x6h
あげ

50 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 17:15:22 ID:LfdUPjm1
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/school/1381/1117747629/

皇居を占領しようと考える過激な思想の持ち主の集団
陛下を京に戻し、皇居を自分たちの牙城にしたいと思っている。

51 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 17:59:04 ID:Q4JFHXwN
クラークのHP より

いまから8世紀前、モンゴルの襲撃(日本の反中国ナショナリストたちはこれが中国の襲撃だった
といいたがっているが) のとき、日本はカミカゼ、つまり神の風? 実際はモンゴルの艦隊を
壊滅させた台風? によって救われた 。

つまり、中国4000年は大嘘と言うことですね。

52 :おにいちゃん:2005/06/04(土) 22:23:10 ID:+UPx/xU0
立場や地位のある人は自分の意見が社会に及ぼす影響を考え、事実に基づいた意見を公表してほしい。それができないのならば、周りの人間が止めさせるべき。

53 :日出づる処の名無し:2005/06/04(土) 22:55:04 ID:g/ZgB6Yb
>>37
ピーター・バラカンも相当の反日らしいけど、こいつは滅多に尻尾出さないよね

54 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 01:07:38 ID:hB0/VW3l
クラークちゃんは酷すぎるね。
しかし、これだけ正体ばればれの人間を優遇する日本て・・・
こいつほんとに日本にとって百害あって一理なしの人間だな。
しかし、こいつは中国のチベット民族浄化を肯定してるんだろうか。


55 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 09:15:49 ID:5KPwAnbD
>>53
ピーター・バラカンはTBSの深夜番組「60ミニッツ」で「ドイツ見習え論」を
展開していた。当時、「つくる会」教科書が教科書の正常化を求めていた時期だか
ら、それを暗に批判したのだろう。
以前、この番組の司会をしていた女性(名前は忘れた)は、この番組のプロデュー
サーたちは社会主義者ばかりだった、と雑誌で発言していた。
しかし、日本の反日外国人が不快なのは、日本を擁護しろとは言わないが日本に対
する歪んだ認識や半知半解の状態で、誤った日本に関する情報を垂れ流す事。
英字紙でこんなプロパガンダと言ってもいい歪められた認識を掲載されたら、何も
知らない外国人が日本に関する情報を得ようとして、最初から誤った日本に対する
印象を刷り込まれてしまう。日本に数十年も住み続けた人物が書いているのだから、
日本を知り尽くした信頼出来る情報だと誤認してしまう。

56 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 11:19:09 ID:xCj4GMDd
211 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日:2005/06/05(日) 06:28:35 ID:uJ2Yf2yY
天安門事件ってネタじゃなく本当に千とか百単位の死者が出てるの?
まえにグレゴリー・クラーク(で合ってるかな)の書いた記事で
天安門の虐殺はプロパガンダだって断言されてたけど…



57 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 11:47:22 ID:WqnvmVKp
>>10
クラークは、北朝鮮問題に関して、「前科者(日本)に発言権はない」とぬかしてやがった。
そしたら、日本人出演者の一人が「アメリカだってフィリピンを植民地にしてたんだからさあ〜」。
ビル・トッテン氏(アシスト社長)も「イギリスがインドを植民地にしたことは誰も文句言わない」。
それでクラークは黙らされやがった。
こいつ、よく日本に暮らせるよ。他の国だったら叩き出されるだろうな。
やつの母国・豪州なんて、すげー反日。現地在住の日本人が恐怖心を感じるぐらいらしい。
豪州は、朝起きて新聞を開くと、毎日のように旧日本軍の“戦争犯罪”が書かれてあるんだって。
日本人が上階から水をぶっかけられたり、すれ違いざまに唾をかけられたり、
車を運転していて赤信号で停まったら、隣に停まった豪州白人が、車の灰皿の中身を
窓越しに放り込んできたりするんだって。
日本人が新婚旅行で行くような国じゃない。
コアラやカンガルーに騙されてはいけない。コアラやカンガルーも、アボリジニーの
ように殺されている国なんだ。タスマニア人を絶滅させ、白豪主義を宣言してきた国。
それがクラークの背景。
だいたい、奴は、目つきとか、人相が普通の人間じゃない。

58 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 11:57:12 ID:WqnvmVKp
>>31
クラークは『経済界』にも連載してたけど、切られた。
編集部に正体がバレたからか。
その連載の反日内容が原因で高花豊と誌上対論になったわけだが、
奴は、それまで在日韓国・朝鮮人が強制連行されてきた人々だと思い込んでいたらしい。
その点でも高花氏が反論。クラークはその点については事実を認めていた。

59 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 12:06:05 ID:5KPwAnbD
>>57
クラークの言うように「前科者に発言権は無い」のだったら、タスマニア人
を絶滅させたオーストラリアには国際問題や国際紛争に関する一切の発言権
は無くなってしまう事に気付かないのか。ナチスだってユダヤ人を絶滅させ
る事が出来なかったのに、オーストラリアは完遂したのだから。
「前科者に発言権は無い」のなら、タスマニア人絶滅の前科を持つオースト
ラリアは旧日本軍による被害にも文句を言う資格がなくなるぞ。
まあ、クラークは「白豪主義」時代に教育を受けたので、未だにその影響で
差別意識が抜け切れていないのはないか。
>だいたい、奴は、目つきとか、人相が普通の人間じゃない。
小林よしのりの描く典型的な差別主義的な白人の顔をしているよね。

60 :市民派護憲教師 ◆EDNw4MHoHg :2005/06/05(日) 12:07:42 ID:M01MzTMG
我々は、日本を批判してくれる良識的な外国人を大切にしなければなりません。右翼はただでさえ盲目的に日本を称賛・肯定することしかせずにその姿勢が世界から白眼視されているのですから。

61 :市民派護憲教師 ◆EDNw4MHoHg :2005/06/05(日) 12:13:02 ID:M01MzTMG
>>59 前科者に発言権はないとは拉致事件にしても、日本が、特に右翼勢力が自国の数十万単位の拉致からは目を閉ざし、歪曲したのに、北朝鮮の拉致といわれる数十人の事件を騒ぎ立てる性質を批判したものです。

62 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 12:19:34 ID:OxifBZ8q
>60
そりゃ貴方みたいな真性マゾは罵倒してくれるご主人様が大事かもしれないが、普通の人はそうじゃないから。



63 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 12:33:36 ID:Jo2rYR98
>>61
そう、それ。クラークはそうやって拉致を相殺しようとしたんだよ。
それで高花氏が、朝鮮人強制連行の嘘を証明し、なおかつ、
その論理では、その討論の前に起きたニューヨーク世界貿易センタービルの
事件は、「西欧諸国の侵略に対するイスラムの反撃として正当化されることになる」と
反論。

64 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 12:56:21 ID:F9y7uShW
朝鮮人強制連行があったって思ってる人がまだいたの?

65 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 15:27:35 ID:hB0/VW3l
結局、マスコミに巣食う反日左翼、在日とって彼らが言いたいことを代弁してくれる
人物として犯日マスコミに持ち上げられてテレビとかに出てたやつなんだろうな。

66 :日出づる処の名無し:2005/06/05(日) 21:16:40 ID:z2lxSKMU
>>10
「日本人は軍隊持ったら危険」「酔っ払いが運転しては危ない」とか言いたい放題だったね。

67 :& ◆d4sGSdF6SA :2005/06/05(日) 23:21:23 ID:LBDmjLHT
お兄ちゃんは、いつも見守っておるよ

68 :日出づる処の名無し:2005/06/06(月) 17:17:40 ID:OeiOQQrX
知り合いのオーストリア出身の奴はあまり、先祖の話をするのを嫌がってたけど、こいつの
先祖は取り締まる方だったとか言うのかな?

オーストラリアなんて流刑地なんだから、前科者の溜まり場と違うの?
確率的に犯罪者が先祖にいる割合は高そう

69 :市民派護憲教師 ◆EDNw4MHoHg :2005/06/06(月) 17:21:26 ID:lX1VKI/u
そんなことを言えば日本人も犯罪者の子孫になりますよ。

70 :日出づる処の名無し:2005/06/06(月) 21:00:33 ID:sHeV7Sie
ま、オーストラリアの人々の中には、流刑地だったことを
ことさら気にして他に悪い奴らはいないか、あっ、日本人がいた!
と考える者もいるらしいけど、オーストラリア人が原住民に
対してやったことは、ホロコーストだから、日本人のしたこととは、
次元が異なるのだよ。



71 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 01:15:30 ID:tY/+Y3IU
くらーく 「日本は閉鎖的な国で差別もいっぱiDGVhgfFujIKotbJaPlk・・・」

西尾 「オーストラリアは白豪主義という差別の国じゃなかったんですか!」

くらーく 「・・・Fuck!」

72 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 21:50:38 ID:Y8X532H/

133 名前:文責・名無しさん 投稿日:2005/06/03(金) 08:25:41 ID:gBYx2zzg
いや、一番わからないのは、アメリカの週刊誌という体裁を取りながら
日本叩きをするのはまだしも、本国のブッシュ政権に対して、極めて批判的な
論評ばかりで、本家本元のNWでも、そこまでやらないだろうな、というものばかり。
NWは共和党政権に対して厳しい見方をしているのは事実だけど、
中国や韓国へわざわざ行って、日本叩きをしている朝日連中と通じ合うものがある。
あれ、本家の編集長達は、ちゃんと目を通しているのでしょうか?
名前だけを暖簾分けして日本で使わしてやっていたらいつのまにが、本家の
味は劣化して、全然系統の違う料理になっていた、ということに気づいていないの
だろうか?
本家の編集部に一度投書してやろう。あまりにも偏向が過ぎるが、
これは本家の方針かって、日本の編集部員の名前とこれまで書いてきた
論評の要旨を英訳して送ってやろう。


149 名前:文責・名無しさん 投稿日:2005/06/07(火) 15:52:32 ID:SBJ22hyb
>>133
アジアまで流れてきていついている欧米人は、本国では相手にされないような
極左が多いのでは?
上智大学のグレゴリー・クラークも、共産主義者なので本国から追い出された
ときいた。




73 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 21:57:42 ID:hyi/v6Aq
>>69
犯罪者の子孫は犯罪者ではありませんが、

白丁の子孫は白丁ですね。

74 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 22:38:38 ID:wa7xFQmd
大戦前後に日本に渡来してきた朝鮮人の多くは、白丁階級の出自だったと
聞きますが、実際はどうだったのでしょうか?
彼らは、あまりにも図々しくも、強制連行でつれられてきたニダ!と言って
いる場合が多いようですが、いかがなものでしょうか?
戦後、厚生省かどこかが発表したところでは、徴用で日本に来た朝鮮人は、
優先して半島にお帰り願ったとのことですので、現在日本にいる朝鮮族は、
自らの意思で日本に残ったのか、戦後に日本に密入国したのか、どちらかと
思われますが、このことについて反論のある方々はいらっしゃいますか?
いらっしゃるのであれば、私のあまりにも素朴な疑問に答えてください。

75 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 23:04:39 ID:pf5yeGSP
ちなみにクラークが副学長をしている大学の学長は
中嶋●雄 こいつも相当なくわせもの。

76 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 23:06:34 ID:bPTm6mrE
狂気の法案を拉致問題の安部晋三先生と阻止しよう!!【■■2ちゃんねるが消滅します】

とんでもない言論弾圧法案=「人権擁護法」が国会に提出されようとしています!!!
この法案の真の狙いは@政治的には、在日参政権反対の自民右派の消滅であり、
A社会的には、2ちゃんねるをはじめとしたネット世界の一般人の小うるさい言論の圧殺です。
民族(朝鮮・中国・韓国)/ 同和 /信条(宗教・層化・赤化)他に関する一切の差別的発言を禁じるという狂気の法律です。
一刻も早く、防戦する安部先生達に、日本国民の怒涛の援護射撃をお願い致します!!!
※※以下4つともアドレス中に★をはさんであります、★を消去の上、どうか必ずご覧下さい!!※※
http://zinkenvip.fc2web.co★m/
http://blog.livedoor.jp/no_gest★apo/
↑↑【凶悪仰天法案の問題点&背景の全て】
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goik★en.html
↑↑【首相官邸ご意見フォーム】イメージと違って、ここは非常に効果ありです!
全部読んでくれます、投稿テーマで返事が変わります!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/mey★asu-entry.cgi
↑↑【自民党目安箱】事態は急を告げています。文章は簡単でいいので、
国民の「人権擁護法」への反対意思を、とにかく 1 秒 も 早 く 党本部に伝えて下さい!

77 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 23:13:56 ID:FHniLQzf
大学の教授にも馬鹿が結構いるな…うちの大学にも100人斬りの記事は正しいとか言う教授がいるし。自分達の発言の影響力がわかってないのかな?

78 :日出づる処の名無し:2005/06/07(火) 23:29:39 ID:HWrehEi1
>>77
まあ、日韓WCのマンセー報道、エセ寒流ブームの演出、北朝鮮擁護の珍報道などで、
糞サヨマスコミの影響力が霧消していくように、

大学教授とか文化人の影響力も近年消えていってるわけだが。

79 :妹より:2005/06/08(水) 17:44:57 ID:0HO4Wn8v
ありがとう。これからもよろしくね。ということであげときます。

80 :妹より:2005/06/08(水) 17:46:07 ID:0HO4Wn8v
ありがとう。これからもよろしくね。ということであげときます。

81 :日出づる処の名無し:2005/06/11(土) 16:51:57 ID:6yvHF6tj
死ねよクラーク!

82 :日出づる処の名無し:2005/06/12(日) 12:35:39 ID:+sdJ5Dd6
「在日韓国人三世の胸のうち」(李青若著、草思社の36頁)によれば、

植民地時代(1910〜1945年)に日本に来たという人で、むりやり連れてこられたという人を
私は知らない。在日は強制連行によって日本に来た朝鮮人とその子孫だと書いてある本を
読んで驚いた。少なくとも私の周囲には、仕事をしに日本へ渡ってきたか、朝鮮戦争を逃れて
来た人しかいない。

とありました。
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-muen.htm

在日コリアンの来歴
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1664/didi/zainiti_raireki.htm

ここが詳しかったけど。
  ↓
★朝まで生テレビに見る 『強制連行』の正体★
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1038590110/l50

83 :日出づる処の名無し:2005/06/12(日) 12:55:44 ID:ePxD1RMF
>>75
どこが?
この人の中国叩き、大好きだけど。

84 :日出づる処の名無し:2005/06/12(日) 18:42:37 ID:qu6qkwoB
>>83
週刊文春か新潮で中国侵略史とか連載してるよね

85 :日出づる処の名無し:2005/06/12(日) 19:09:34 ID:HF6P3l2d
「自分達で望んで日本に来た」
と考えるほうが、前向きだと思うんだが。

どうして、嘘をついてまで、
祖父母の世代を卑しめたいのか、
理解に苦しむ。

86 :日出づる処の名無し:2005/06/12(日) 23:38:44 ID:azoqg+5Z
>>85
戦後、三国人時代に悪事の限りをつくして、その治外法権も失われ、
日本社会から白眼視され、「日本は仮の宿」と帰国を前提としたものの、
日本が経済成長を始めて、このまま日本に住み続けたいと思ったわけだ。
ところが日本人の目は、「チョーセンジンは、はよチョーセンに帰れ!」
だったわけだ。
そこで、「我々は強制連行されてきた。無理やり連れて来ておいて、帰れとは何だ!」
というしかなかったわけ。
慰安婦だって、自分から進んで日本兵に体を売ったというのは民族の尊厳にかかわるというので、
韓国政府が水面下で「強制だったことにしてくれ。その代わり、賠償は要求しない」と
日本政府に働きかけてきて、河野官房長官の野郎が、あの河野談話を発表したわけ。

87 :日出づる処の名無し:2005/06/13(月) 00:17:28 ID:LY+V35Qn
>14
>あなたの心の底には日本に対する抜きがたい憎しみや偏見があって、これを中国
>や朝鮮の反日的プロパガンダを利用して吐き散らしているのではないか。
>無知でプロパガンダ に乗せられているというより、
>もっと悪質な確信犯なのではないのか。

在英の者です。
何かというと南京大虐殺、韓国植民地化を持ち出す
イギリスのメディア(主にBBC)に対して、まさにこの様に感じています。

88 :日出づる処の名無し:2005/06/13(月) 21:07:31 ID:V/RXEzXP
>>86
ま、そんなところだろうね。
利用できるものは、なんでも利用しようということだろうね。

89 :日出づる処の名無し:2005/06/13(月) 22:51:01 ID:piyze1RF
>>87
>あなたの心の底には日本に対する抜きがたい憎しみや偏見があって、これを中国
>や朝鮮の反日的プロパガンダを利用して吐き散らしているのではないか。
>無知でプロパガンダ に乗せられているというより、
>もっと悪質な確信犯なのではないのか。
これってデーブ・スペクターにも感じるんだよね。
グレゴリー・クラークやデーブのような日本人に露骨な偏見と差別意識を持った人物
を日本のマスコミが重宝するのか理解できない。
連中の卑怯でムカツクところは、日本人への差別を中韓の反日プロパガンダを利用し
て自己合理化し、人道や道徳・倫理を持ち出し、博愛主義者ぶって日本に罵言を浴び
せる偽善的なところだ。

90 :日出づる処の名無し:2005/06/13(月) 23:48:27 ID:9GkG7MOb
>>89
デーブに関しては、その胡散臭さはかなり知れ渡っているようだが

91 :日出づる処の名無し:2005/06/14(火) 19:37:20 ID:IylOtwy0
>>89
ようするに、悪の元凶は日本のマスコミか。
何であそこまで反日なんだろう。
日本批判はいいが、明らかに増悪差別偏見捏造にもとづく日本批判や批判者まで
ヨイショするのは理解できない。
捏造や偏見でも持った人間じゃないと日本批判できないほど、日本がいい国でもある
まいし。
まあ、でも、世界には日本より酷い国ばかりだから、それを棚に挙げて日本批判しよ
うと思ったら、ある種、人格のゆがんだ反日正義の人間にしか無理なのかもしれない
が。
反日主義者って明らかに日本と日本人が世界で特別罪深い存在だと思わせたいみ
たいだからな。
日本人以外はそんなに立派な人ばかりか?反日主義者よ。
世界は日本以上に酷い国ばかりだろ。
それなのに、なぜ反日にだけ特別な情熱を燃やせるんだろう。


92 :日出づる処の名無し:2005/06/14(火) 20:20:38 ID:NpeBNxrp
>>91
それは、嫉妬ですよ。どのようにしても、日本人のようにはできない。
戦後もインドネシアに残留して、インドネシア独立紛争に身を投じた人々が
1,000人以上いたような国にはなれない。
だから、自分たちがやってきたことを正当化するために、
日本人にあらゆる罪を着せようとしているということでしょう。
彼らは、日本のマスコミ人を操るのが実にうまいですね。
戦前戦後に後ろめたいことをした日本人たちが、外国勢力と
結託して、現在の参上を招いたのでしょう。

93 :92:2005/06/14(火) 20:21:54 ID:NpeBNxrp
参上ではなく、惨状でした。
すんません。

94 :日出づる処の名無し:2005/06/14(火) 20:27:15 ID:JJdJjHOr
どのように誤解されようと自分が正しいと思うことをやればいい

95 :日出づる処の名無し:2005/06/14(火) 22:42:51 ID:NpeBNxrp
>>94
そのとおりですね。
ぎゃーぎゃー騒いでくることに、こことを乱すのは、
全く彼らの思う壺ですからね。

96 :95:2005/06/14(火) 22:44:32 ID:NpeBNxrp
すんません。
「ここと」ではなく、「心」です。

97 :日出づる処の名無し:2005/06/14(火) 23:53:57 ID:Aik1pkYH
オランダ人もしつこいが
オーストラリア流刑人もそーとー
しつこいな。

98 :日出づる処の名無し:2005/06/15(水) 00:25:21 ID:a+FY1vf5
>>44
クラークの野郎の目が黒いうちにシナ経済のメッキは剥げるだろうよ。
そもそも、シナのGDPの7割が輸出で、しかもその5割は外資。
既に人件費ではベトナムより高い。
ナポレオンの頃にも日清戦争前夜にも、「眠れる獅子」と過大評価されてきたけど、
永遠に眠っているんだよ。いや、もう死んでるかも。

99 :日出づる処の名無し:2005/06/15(水) 01:44:54 ID:wwtltJiX
そもそも、寝てない。
ありゃ、アメーバーだし。

たまに細胞分裂するけど、
多細胞化しても、すぐに共食いで一つになる。

100 :日出づる処の名無し:2005/06/15(水) 10:58:58 ID:Tf5/Yx6+
>98

前も過大評価の化けの皮がはがれて、眠れる獅子だと思てったら死んだ豚だったってんでその後各国が中国に群がったんだよね。
結局あの国はいつまでも眠れる獅子の様に見える死んだ豚。

101 :日出づる処の名無し:2005/06/15(水) 22:31:38 ID:20mdH0rp
>>100
そのうち、支那は、五つくらいに分裂するでしょう。
北京を中心とした北東部、チベット、新疆地区をはじめとしたイスラム勢力
の根拠地、貧困にあえぐ内陸部、南京を中心とした沿岸都市部、etc。
上海は、どこに所属するのかは分からん。
日本は、中国大陸に持つ権益を保護する必要がある。
秒読み段階ですよ。
楽しみですね。末期的症状に陥っているのは、明らかですから。

102 :将来はスターリンになりたい:2005/06/15(水) 23:26:09 ID:cPLa6z42
>>101
とっとと撤退しようよ。
あんなとこに権益おくなんて無駄。早めに支那からは夜逃げしたほうがよいw

103 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 22:08:50 ID:u9yYf2R6
中国人でも、まともな人々が多くいらっしゃることが分かるHPです。
是非、ご覧になってください。中国の崩壊が間近に迫っていること、
日本で報道されないことがあまりにも多いことを教えてくれます。
是非、ご覧になってください。
http://www.epochtimes.jp/

104 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 22:34:32 ID:cNY3xAJB
>>103
4人目の亡命者の記事がさっぱり見当たらないな>大紀元

105 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 22:57:54 ID:EIF3l8AL
オーストラリア人には、日本に来て日本人の豊かな暮らしぶりをみて、
「おかしい」と感じる奴が多いらしい。
かつて米国が「日本人の生活レベルを、日本が侵略したアジア諸国以下に落とす」と
いう占領方針を持っていたのと同じような感覚。
てめーら白人の暮らしの方がおかしいとその前に思わんのかね?
オーストラリア人って、自分から宣戦布告してきて、たいして戦ったわけでもないくせに、
やたらと日本に敵意を持っているんだよな。

106 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 23:01:12 ID:Vt5Bjjhl
>>105
それは、当時日本人だったどっかの地域の出身者が、捕虜を丁重に扱ったから・・・

107 :日出づる処の名無し:2005/06/16(木) 23:09:59 ID:rAUazZrH
>>105
それまで英国の庇護のもとにあったオーストラリアを初めて攻撃した
外敵が日本だったからな。結局英国はオーストラリアを守ってくれず、
戦後、オーストラリアは英国に用済みにされた。
そうしてオーストラリアは初めてナショナリズムをもつ必要にせまられた。
で、そのときに持ち出されたのが「反日」だ。

反日がなければナショナリズムを維持できないオーストラリアは
韓国とおんなじなんだよ。



108 :日出づる処の名無し:2005/06/17(金) 05:46:01 ID:Nr0wNf0k
豪と韓は民度も同じくらい。
あるのはコアラとキムチだけ。

109 :日出づる処の名無し:2005/06/19(日) 14:03:08 ID:1nQqE5Zo
日本、オーストラリアを撃破!

得失点差だけどね。

110 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 06:34:01 ID:PwEBbj6S
このグレゴリー・クラークっておっさんは天安門事件は無かったと言っておられます。
だったらこれはなんでしょうかか?
天安門事件関係HP(グロ注、戦車で挽肉)
http://www.64memo.com/disp.asp?gt=All&Id=1339&
http://www.ngensis.com/june4/june4a.htm
http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml
http://www.christusrex.org/www1/sdc/massacre.html


111 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 06:35:05 ID:PwEBbj6S
ヤフーで天安門事件を検索するとアク禁
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1115113628/l50
■東京・「六・四天安門」パレードと集会
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1117507163/l50
■東京・「六・四天安門」パレードと集会
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1117507163/l50
中国は日本を非難しながら天安門事件を隠蔽
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1117359605/l50
天安門事件の真相【中国民主の道へ】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1114766833/l50
中国共産党「天安門大虐殺は正しかった」
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1106065882/l50
天安門の虐殺について教えてください
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1057229245/l50


112 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 06:35:53 ID:VBafu7YB
■■■■■■■■■■■■全2ちゃん的コピペ推奨■■■■■■■■■■■■

おい、みんなこれを見ろ! 南朝鮮のガキどもが書いた絵だ!
朝鮮のこの異常な、狂った教育! まさに将来の異常者予備軍の集団だ!

http://aog.2y.net/forums/index.php?showtopic=1550

これを見れば「日韓友好」などという文句がいかに空虚で狂っているか
一目瞭然だ!  こんな人格異常バケモノ民族と付き合っていたら日本は
きっと破滅する!!!!


113 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 06:59:02 ID:w/SgWOXb
>>1
これか?

http://www.gregoryclark.net/jtsept15.html

まあ、クラークの意見も事実関係では間違ってないようだが、
中国を擁護する材料にはならんはな。

114 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 07:22:15 ID:w/SgWOXb
追加

http://gregoryclark.net/jtapril05.html

だめだ、こいつ情報の裏を取る方法知らないようだ。
報告書鵜呑みにしてるだけ。天安門も偶発的事故とか言う見解どこまでほんとか精査しないと信用できんな。

115 :市民派護憲教師 ◆EDNw4MHoHg :2005/06/20(月) 08:31:41 ID:Fy1RUwuC
いゆる天安門事件と言われるものは、弾圧や虐殺ではありません。単なるデモ隊や騒乱分子との衝突に過ぎません。

116 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 09:01:57 ID:YyiUfZ8A
>>115
あら、三・一デモも弾圧や虐殺ではなく、デモ隊と民衆との衝突か

117 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 09:19:26 ID:CutpsEQU
>>18
日本の女が欧米人を振るとは思えないから
その話信憑性低い。

118 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 09:33:00 ID:i18okGli
欧米人に腰振る女なんか日本人に受け入れられないからでしょ。

119 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 20:40:41 ID:iJvh5/2U
>>110
びっくりしました。一般市民が戦車によって轢死体となっているのを
見るのは、なんともやり切れません。しかし、支那は、チベットや
ウイグル自治区で似たようなことをしているし、どこのサイトか忘れ
ましたが、写真も残っています。
支那は、米国向けを企図したSLBMの発射試験を先週行い、米国の怒りが
頂点に達するのも、時間の問題でしょう。
米国務省が、本気でチベット問題等を取り上げる可能性が高まってきたとも
仄聞します。
これらの写真を撮影した人々の勇気に、素直に頭が下がります。


120 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 21:41:45 ID:sTRqUuSY
>>117
日本の女に付きまとう白人男性は、欧米では白人女性に相手にされない奴ばっか。
つまり、偏屈な人格をした奴。そして、白人男性と付き合う日本女性は、
日本の男に相手にされない女が多い。だから、才色兼備の日本女性が白人男性を
振るなんてよくある話。振られた白人男性は、そこでプライドを傷つけられ、
日本人に対する人種差別意識とかを爆発させるんだよ。
実際、例のNYタイムズ東京支局長の日本攻撃記事には“性”にまつわるものが
多かっただろ。「日本語にはオーガズムに相当する言葉がない」とか
「妻の手を握ったことがない夫」とか。奴がある種、異常人格者だとわかるだろ。

121 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 23:12:33 ID:jaxkHMOA
日本経済脅威論の下、ジャパン・バッシングが喧しかった頃、
エズラ・ヴォーゲルがジャパン・バッシャーを評して、
「ウォルフレンは日本を誤解している。プレストウィッツは米国を心配している。」
と続けて、ある有名なバッシャー(名前は忘れた)について、元々親日家だった
彼が反日家になった原因として、「日本を訪問した時、彼は自分が日本で貴族のような
扱いを受けるものと思い込んでいたが、軽く扱われたのに腹を立てて反日家になった。」
と言ってたよ。だから、ジャパン・バッシングの原因なんて大したことじゃないと。
狂ったように日本攻撃をやる白人がいるけど、そういうやつらは元々人格が歪んでいるんだ。
だから、周囲の人間から想像もできないような些細な出来事が、彼らの反日感情の根源で
ある場合が多い。

122 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 23:15:46 ID:jaxkHMOA
もうだいぶ前のことだけど、読売新聞の投稿欄にある女性が投稿していた。
彼女が大学在学中、ある紳士的で人格者の米国人教授がいて、多くの学生から
尊敬されていたんだけど、当時は学生運動の時代で、ゲバ棒を持った左翼学生集団
にボコボコにされる事件があったんだって。その時、彼女らは助けようと思ったんだけど、
殴られている間、教授は「ジャップ! イエローモンキー!」とか、書くのも憚られる
ような汚い言葉を連発しながら抵抗していて、みんな呆然としながら見ていたんだって。
そんなもんさ。人間の本質なんて。

123 :日出づる処の名無し:2005/06/20(月) 23:16:56 ID:OoB13dUA
個人的妄想で日本を叩く白人と
国家的妄想で日本を叩く中韓ってどっちがアホだと思う?


124 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 01:05:55 ID:/iM7H06T
>>121-122
いい話やなあw

ソースもう少し詳しいとなお良いけどこれで十分ためになるわ

125 :121:2005/06/21(火) 01:21:22 ID:ago08YEk
>>121
ヴォーゲルの言葉だけど、プレストウィッツ評は間違いないけど、
ウォルフレンはどうだったかな?ジェームズ・ファローズについてだったかな?
記憶が定かではないけど、とにかく、名前を忘れた反日家評についても間違いはない。

126 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 01:41:12 ID:/iM7H06T
>>125
クリストフとかじゃないでしょ?

127 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 06:41:26 ID:TNNfLMe8
マスコミ自身が朝鮮や中国出身者で占められている感じがする
敗戦のドサクサと米国が協力して実の経営者や責任者を
彼らで置き換えているのではないでしょうか。
元々はアメリカに有利な世論を形勢するために実施していたのが
アメリカとロシアの協力関係から多くはロシア系の人物が
力を持つようになったという歴史と認識しています。
靖国問題など完全な内政干渉なのに、これを容認しているのは
彼らにとって都合がいいからです。

128 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 20:28:52 ID:vnI5uamP
>>大手マスコミには、在日枠があると聞くけど、
これはどこの新聞社、テレビ局でも一緒のことなの?
ニューヨーク・タイムズに大西哲光(おおにし・のりみつ)という
記者がいて、どうも朝日出身のようだけど、名前からして在日じゃね?
こいつは、世界中に反日記事をばら撒いているよ。

129 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 20:34:41 ID:bqOmfzZV
たかじんの板に来ていて偶然にこの板に来てグレゴリー・クラークが、 信じがたい反日親中記事を
「Japan Times」に掲載した。等の記載を見つけ、グレゴリー・クラークの印象を書いておきます。
私が始めてこの人物をテレビで見たのは27年前。NHKが日本語の解かる外国人に日本、世界文化政治経済関係
に付いての討論を毎週していた番組が有ったのですが、その頃から反日的な発言をしていました。日本を特殊
な国と言い、この国は世界中の国の常識とは違う国で、世界の孤児等の発言から、イギリスがその頃経済が劣悪な
状態にあり老大国とか英国病とか言われていた時に日本だけ経済状態が良かったのですが、番組中にも
「早く、英国病に日本もなってください」等の反日発言を繰り返していた人物だったのですが、何故か立ち回り
が旨く、大方の日本人は正体がわからず、日本語を話せるだけで親日人物と思っていた様です。
ですから、私は信じがたい反日親中記事を書いたとしても驚きません。多分、日本に来た時から今までずっと反日のままです。



130 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 20:51:52 ID:vnI5uamP
>>129
靖国神社は2,000万人の中国人を殺したことを祝福する施設、
と当記事で書いていることで、この人物の異常性が分かりますが、
私のいままでの印象は、日本をよく知っている外国人、というものでした。
私は、猛烈に反省しています。私のような日本人がいるから、
このようなウンコをのさばらせてきたと思われ。ごめんちゃい。

131 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 21:48:02 ID:F5fWTyXV
ほんの10年(20年だったか)前にはオーストラリアに脅威になる国として
日本が挙げられ、ソ連中共がそれをけん制してくれている、
という話がまことしやかに言われていたんだから、
反日オーストラリア人くらいは当たり前。
白豪主義って言う言葉があるぐらいだし。

132 :日出づる処の名無し:2005/06/21(火) 22:07:09 ID:YDWIgvOL
>>131
で、今になって中共にオーストラリアを乗っ取られてやんの。ざまあみろ。


133 :日出づる処の名無し:2005/06/22(水) 01:20:51 ID:TObghD5U
計画的にスパイをオーストラリアに送り込んでるって、この前中国人の教授だかが言ってたね。

134 :日出づる処の名無し:2005/06/22(水) 01:23:14 ID:3q6Kc+Te



靖国問題も尖閣諸島問題も反日デモも
これの為に中国政府がやった事

     ↓

近 海 の 詳 細
http://kirk.nobody.jp/shousai.html



     ↑



135 :日出づる処の名無し:2005/06/22(水) 01:25:54 ID:3q6Kc+Te



靖国問題も尖閣諸島問題も反日デモも
これの為に中国政府がやった事

     ↓

近 海 の 詳 細
http://kirk.nobody.jp/shousai.html



     ↑



136 :日出づる処の名無し:2005/06/22(水) 01:26:40 ID:3q6Kc+Te



靖国問題も尖閣諸島問題も反日デモも
これの為に中国政府がやった事

     ↓

近 海 の 詳 細
http://kirk.nobody.jp/shousai.html



     ↑



137 :日出づる処の名無し:2005/06/22(水) 21:14:19 ID:bXswjm0Q
怖くて見れない。

138 :日出づる処の名無し:2005/06/23(木) 02:07:30 ID:Hujfwmcl
後藤久美子が逝った高校ってこの多摩大学の付属高校?

139 :日出づる処の名無し:2005/06/23(木) 21:04:35 ID:NjdEfe6U
豪州最下位

140 :日出づる処の名無し:2005/06/23(木) 21:06:16 ID:NYd5XBth
 ◇日本人墓地:豪北西部ブルームで40基以上破壊される

オーストラリア北西部のブルームにある日本人墓地の一部が何者かによって
破壊されたことが分かった。
ブルームには19世紀末から第二次大戦前に栄えた真珠産業などに従事し、
現地で死亡した日本人の墓碑約700基がある。

同紙によると、このうち40基以上が壊され、被害総額は3万豪ドル(約250万円)になるという。
事件は先週に起きたとみられ、同紙に掲載された写真によると、高さ1メートルほどの墓石が
中央部で真っ二つに切断されていた。

事件の背後関係は不明だが、反捕鯨国の豪州では調査捕鯨拡大を計画している日本への
反感が高まっている。

http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/afro-ocea/news/20050624k0000m030001000c.html

141 :市民派護憲教師 ◆EDNw4MHoHg :2005/06/23(木) 21:33:15 ID:bcVM2HjL
日本に対する反感・反発・反対は世界中に広まっているようですな。

142 :日出づる処の名無し:2005/06/23(木) 21:41:50 ID:sIOZFsSG
>>141
市民派護憲教師 ◆EDNw4MHoHg に対する反感・反発・反対は
2ちゃんねる中に広まっているようですな。

143 :日出づる処の名無し:2005/06/23(木) 21:57:41 ID:HIAdDuz0
多摩大学学長グレゴリー・クラーク
「オーストラリア兵捕虜のほとんどは、収容所の番兵だった朝鮮系日本人に対する
憎悪があり、日本兵は捕虜をなぐるくらいだったが、朝鮮人はありとあらゆる陰湿で
執拗な残虐行為を行っていた。これらの朝鮮系BC戦犯をかばおうという動きが
サヨクの間でかつてあったことをクラーク氏は信じられないことと語っていた。
日本兵は朝鮮系に比べはるかにましだったことは、連合国捕虜の間では常識だった。」
http://64.233.187.104/search?q=cache:C0jTCsF6mgYJ:www.geocities.jp/homeyohomero/keijiban/02.html+%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC+%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF+%E5%8F%8D%E6%97%A5&hl=ja&lr=lang_ja

こいつ自身、反日で左翼であるのは、間違いないが朝鮮人はもっと嫌いらしいなw
白人にとっては、どっちでも良いことだろうがね



144 :日出づる処の名無し:2005/06/23(木) 23:35:24 ID:toAx0Flq
http://okuman888.livedoor.biz/

「『何かあったのか?』ってオレは訊いてみた。
そしたら息子が『先生が、日本のおじいちゃんは人殺しで、
韓国の女性に悪い事をたくさんしたって教えてくれたんだ』って言うんだ。
正直呆然としたよ、どんな教育をしてるんだ?ってね」


「それから息子は、嬉々として学校のテストを
持ってきてオレに見せるんだよ。
『見て見て。100点を取ったんだよ』ってな。
そのテストの内容も、口では表せない酷いものだよ。』

そういってYは息子のテストをコピーしたものを机に取り出した。




145 :日出づる処の名無し:2005/06/25(土) 01:16:32 ID:OWjM/sum
>>144
これはひどいね。
久しぶりに、殺意を覚えましたよ。
ここまで来たか・・・。

146 :日出づる処の名無し:2005/06/25(土) 01:20:47 ID:Vib9MVv8
知識人はみんな正しい歴史認識をしている。
できないのは馬鹿な愛国主義者だけ。

147 :日出づる処の名無し:2005/06/26(日) 16:45:38 ID:B6oH5dg0
>>146
中国や韓国の反日デモの連中のことか
禿同だw

148 :アルファ:2005/06/26(日) 20:48:51 ID:p8j/SXSp
自分の国を此処まで下げすんでいられるのは日本人ぐらいだな。

149 :日出づる処の名無し:2005/06/26(日) 20:59:03 ID:2eRUIETy
>>148
そう。自国を貶めることに熱心な人々がいるのは、日本ぐらい。

150 :日出づる処の名無し:2005/06/26(日) 21:01:42 ID:z6pt6NCl
そうでもないよ。

実際に共産化しなかった地域の左翼は、
イデオロギーだけで自国を貶めるような言動をとってる。

イギリスとか。

151 :日出づる処の名無し:2005/06/27(月) 20:09:56 ID:huM8n8P3
しかし、日本共産党は、何を目的に活動しているのかな?

152 :お兄ちゃん。:2005/06/28(火) 21:37:58 ID:5MdzibsF
お兄ちゃんじゃなくなる日も近い?

153 :重爆:2005/06/28(火) 21:45:23 ID:n8/6MPXj
151
日本の自衛隊を廃止させて、共産党に侵略させ、
向こうでは「俺たちは日本の軍事力を奪った英雄だ」
とか言って甘い汁吸う気ですね、
虐殺されるのが落ちなのに・・・

154 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 23:00:39 ID:LEnQ//n5
>>151
私が以前、赤旗のホームページに有るe-mail addressに質問を送った時に何と返答が来て、それによると
何とソ連、北朝鮮、ラオスその他の共産諸国を日本共産党は本当の共産主義国とは思っていないの
だという。単なる共産主義を名乗っただけの独裁国だけなのだという。よって、本当の共産主義国
を日本に建国する為に活動を続けているのだという。
私は驚いた。以上。


155 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 23:04:12 ID:LEnQ//n5
でも何時からグレゴリー・クラークの話が共産党の話に変わったのかな?


156 :重爆:2005/06/28(火) 23:11:50 ID:n8/6MPXj
カンボジアで共産党が何やったか知ってますか?
人口七百万人のカンボジアで三百万人虐殺したと言うことを・・・
しかもたった三ヶ月で、
ちなみに4年間の総力戦の日本軍+日本の民間人合わせて三百万人・・・
共産党は戦争より死者が多い
そういうやばい党です。
やばさの自分の中での一位は共産党
二位は社会党
三位は公明党です。
以上

157 :日出づる処の名無し:2005/06/28(火) 23:13:30 ID:DlPIUqnN
>>156
>しかもたった三ヶ月で、

3ヶ月じゃなくて3年だろう。

158 :妹より:2005/06/29(水) 20:39:04 ID:2jFSsq8Y
近いよ。(^-^)

159 :& ◆R7PNoCmXUc :2005/07/04(月) 20:07:51 ID:4+JEBbVI
中共が東京裁判時に提出した日中戦争戦死者180万人に対し、
現在は3,500万人と主張している件について。
どう思う?

160 :日出づる処の名無し:2005/07/04(月) 21:39:02 ID:uOJHGevR
>>159
利息が付いたに決まってるじゃないか。

161 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 22:46:06 ID:HgibSkba
すごい暴利を貪っているね。トイチも真っ青。

162 :日出づる処の名無し:2005/07/05(火) 22:49:07 ID:eGF3epYZ
>>159の利率を計算せよ。ただし、利息は複利とする(支那数学教科書より出題)

163 :日出づる処の名無し:2005/07/06(水) 02:57:32 ID:6BKNUfU4
180万人も水増ししてんのかね?
日本側の計算って無いのか?

164 :日出づる処の名無し:2005/07/06(水) 23:09:17 ID:J8g5zqkL
ちなみに、日本側の満州事変及び日支戦争における戦死者は、19万3千人です。

165 :日出づる処の名無し:2005/07/11(月) 08:22:47 ID:QaA3xm8H
>163
水増しって言うか、Aと言う人が死んだとして、その妻が旦那が死にましたと証言すると死者1
その息子が父が死んだと話すと死者2、父親が息子が死んだと言えば死者3、叔父が甥が死
んだと言えば死者4、ということはあったそうだ。
実際の死者は一人なのに、証言者の証言の数だけ記録上の死者数が増える。
誰も嘘は言っていないのが肝。

166 :日出づる処の名無し:2005/07/12(火) 22:06:21 ID:bZNeZ4f7
ま、あの国柄からすると、10倍にして180万人ということだろう。
それを更に20倍にして、3,500万人と言って来ているのであろう。
外務省が放置している間、200倍に膨れ上がったのであろう。


167 :靖国英霊兵士に対するアジアの凄まじい怒り>159:2005/07/12(火) 22:07:27 ID:i+IBmWBj
528 :侵略殺人強盗兵士の家族殺しを称揚するキchiガイカルト神社:2005/06/17(金) 21:29:34 ID:Fjbs3pW
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-24/01_01_1.html
>極右暴力団改憲軍需利権集団が、KIチガイ神社を拠点として活動(Nタイムス、ルモンド)
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが拉致家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジア数百万の家族を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>靖国の英霊がアジア侵略強盗・家族殺しの犯罪者であり共犯者であるという重い事実を取り除く術などある筈もない。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、今、英霊という犯罪者を裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
>北朝鮮の愛国拉致特攻兵士に家族を葬られた拉致被害者の怒りと
>侵略強盗家族殺しの靖国英霊兵士に対するアジアの凄まじい怒りは同じものだ。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-01/2005070101_05_3.html
>http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/0_conb07.htm


168 :日出づる処の名無し:2005/07/13(水) 08:31:45 ID:u/YAAusT
CV(経歴)
ttp://gregoryclark.net/cvj.html

なんでこんなに各省庁の諮問機関の委員を務めてるんだ?
官僚は、どんだけ反日に毒されてるんだ。

169 :日出づる処の名無し:2005/07/13(水) 19:59:00 ID:Mo6f6EFh
へぇ〜支那人を18万人頃したら、60年後には3500万人頃した事になるんだね〜wwwww
水増しもここまでいくと馬鹿だな

170 :日出づる処の名無し:2005/07/13(水) 20:02:12 ID:770YV2xS
文芸春秋読んだ?
中国では犠牲者の数は被害者感情を考慮するのが当然だそうです。
信じられんね。

171 :日出づる処の名無し:2005/07/14(木) 03:17:18 ID:jQ6c2No2
>>170
それなら、せめてチベット虐殺や天安門事件の犠牲者数も
被害者感情を考慮して多めに見積もってもらいたいね

172 :日出づる処の名無し:2005/07/15(金) 03:10:05 ID:F9TziUt2
>>171
天安門の被害者側・・アメリカに亡命した元学生たちは、5万人殺されたとか言ってる。

一桁多そうだ。

んま、どっちに転んでも支那人は嘘つき。

173 :日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 22:18:22 ID:qGMcT25x
>>98
「正論」平成17年8月号  

中国のバブル崩壊は北京オリンピックを待たない!

評論家  黄文雄
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2005/0508/mokuji.html

この論文を読んだら、中国経済なんてもう死んでるよ。

174 :日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 22:24:57 ID:gvX5oyY6
>>173
正論を信じるバカがこの世にいたとは・・・

175 :日出づる処の名無し:2005/07/17(日) 22:51:07 ID:p0Zgkkhd
>>174
でも随分よく売れてるわけだが。w

どうして左翼ってこういうコケオドシ下記子しかしないかね。能無しが。

176 :日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 02:45:20 ID:oEHHXj27
>>173
黄文雄さんは、本当に日本のためによくやってくれている。
台湾人は、一部の例外を除いて、同胞であると思う。
この正論の記事、2回読んだけど、日本人では気づかない視点で
書かれており、とても興味深かった。
肝は、不可避のバブル崩壊をシナ政府がこれから演出し、日本に
その責任を押し付けるということであり、シナがこのために例の
「反日デモ」を支援するなどして壮大な実験を行っているという
部分であると思う。

177 :日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 03:13:37 ID:6+gsWLih
おい、これ、自民党と民主党の保守派代議士に通報しろ。俺は読んでて寒気がしたよ。

今度は立教大学だ。韓国人教授が、本国の新聞にこういう対日謀略論を抜け抜けと書いてるが、
普通ならクビだろ?

要するに、「日本を内部から侵食せよ!」と声高に叫んでる。

【コラム】日本の外交は誰が動かしているのか。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=65632&servcode=200

複雑な構造を持った日本の「右傾化」を代える方法も多様に講じられるべきだろう。

第一、圧力、すなわち「外圧」は肝要だ。靖国を含め歴史問題の原則を明確にするのは、
日本への問題提起のため依然として必要とされる。

第二に、「包容」の戦略も必要とされる。日本の大衆に迫る形と言語でもって批判的な
メッセージを伝えること、「日本の良心勢力」だけでなく、政財界の指導層にも食い込む
ため努力すること、日本の将来の方向も視野に入れた「地域の安全保障協力体制」を
多角的に試みること−−などが、それに含まれるだろう。

第三に、在日韓国人の地方参政権獲得とともに、日本社会を内側から変化させる方法も
進めなければならない。そうした点から、今回、韓国が先に、永住する外国人に地方参政権
を付与する措置を取ったのは、高く評価されうる。日本が歩む道に韓国が及ぼす影響力は
少なくない。

李鐘元(イ・ジョンウォン、立教大学教授、国際政治学)

178 :日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 10:57:00 ID:3z9l3njP
>>176
だって台湾て、よくよく考えれば日本の領土だろ。
それを戦後米国傀儡の中国国民党軍に武力占領されただけだろ。

179 :日出づる処の名無し:2005/07/18(月) 12:00:51 ID:pEP1MBdr
>>177
現象論としてはそこそこ正しいと思うが、問題なのは「東アジア」が正しくて
日米同盟が誤っている、保守が間違っていて革新が正しいという先入観だな

180 :日出づる処の名無し:2005/07/19(火) 00:07:59 ID:/STwpxYh
>>177

コワーイ

181 :日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 21:10:17 ID:V0UmhP8+
>>177
はいはい、頑張っておくれやす。


182 :日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 21:18:20 ID:lf87Prmq
>>174
>正論を信じるバカがこの世にいたとは・・・

黄文雄氏の本は、何冊も読んだ。本当に目が醒める本ばかりだ。
君も、読んではどうかね?

183 :日出づる処の名無し:2005/07/20(水) 21:41:42 ID:V0UmhP8+
黄さんは、日本に憧れて憧れて日本に来たけど、
自分が夢見た日本を見つけることができなかった。
でも、そこでこの人は、日本を害している正体を
世間に訴えることを選んだんだね。
日本人がしなければならないことを・・・。

184 :日出づる処の名無し:2005/07/29(金) 23:51:19 ID:4fQdgDBm
黄さんはエライ!

185 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 06:29:57 ID:nARPb1yA
http://www.glocom.org/sum_ja/past_heigh/indexj040621.html
http://www.aiu.ac.jp/cms/index.php?id=210

186 :日出づる処の名無し:2005/07/30(土) 08:12:16 ID:bpxfBJ3s
>177

肝心のコラムがきえてなくなってるんだけど…
何度もリロードしてみたけど出てこないよ。


「 李鐘元(イ・ジョンウォン、立教大学教授、国際政治学) 」

としか書いてなくて、本文がないんだよ。
みんなのカキコは残ってるけど。

それとも日本人の俺には見えなくて、チョソにしか読めない文字で書いてあるとか?
だとしたらさすが半万年斜め上を行くチョソのインターネッツ技術。



187 :日出づる処の名無し:2005/07/31(日) 02:01:40 ID:bC0JUzXU
>>186
> >177
>
> 肝心のコラムがきえてなくなってるんだけど…
> 何度もリロードしてみたけど出てこないよ。

いうとおり消したんじゃない?w
前にも民団かなにかの後援会で、
「将来、日本人を差別したい」なんて発言した学者の文が、
2ちゃんのあちこちで張られるようになって
暫くして消えたもんな。

188 :日出づる処の名無し:2005/08/02(火) 23:04:36 ID:3A4vuP6t
放置した

189 :日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 02:30:23 ID:eBWGZKfe
ふんだ

190 :日出づる処の名無し:2005/08/08(月) 03:05:40 ID:oj5+y1AR
105 名前:文責・名無しさん 投稿日:2005/04/06(水) 00:44:17 ID:9zInVG1K
ttp://www.glocom.ac.jp/project/chijo/2003_02/2003_02_35.html
グレゴリー・クラーク氏は、最近の核をめぐる北朝鮮の活動に対する西側と
日本の反応を批判し、北朝鮮は不可侵条約を締結し、対話を復活させることが
目的で行動しているにもかかわらず、米国と日本の政府やマスコミがそれを
正しく取り上げずに、北朝鮮を一方的に非難していると言う。そして、
中国政府の合理的な対応と、韓国における平和への動きが問題解決への唯一の
望みであると結論付けている。
「むしろ被害者は北朝鮮」
グレゴリー・クラーク(前多摩大学学長)
(www.glocom.org/debates/20030115)



191 :日出づる処の名無し:2005/08/27(土) 13:30:41 ID:v1nz7N3u
有名人を友人だと言って話題を集めて、
その友人をぼろくそに批判するって。あの民族とおなじだな

192 :しまりす:2005/08/27(土) 13:36:32 ID:g3ey8wjX
>グレゴリー・クラーク氏は、最近の核をめぐる北朝鮮の活動に・・・

日本が恐れていることは「また、開発か」です
北は前にやってますね
「ペナルティー」ってわかんないんですかね彼国は・・・


193 :日出づる処の名無し:2005/08/29(月) 20:49:43 ID:pjNJSDsk
日本人は、日本語を話せる外人に弱い
ということでしょ。


194 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 00:27:47 ID:0y4MfdHe
要は眼前の相手に媚びる変節漢つて事だな

195 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 00:34:39 ID:Vns5igUD
高花社長が『経済界』でグレゴリー・クラークと論戦してたとき、 こういうことを言ってたな。
中国は炭鉱事故の犠牲者数をごまかしているだろうと。 まさに的中。
      ↓
 香港誌「亜洲週刊」の最新号によると、中国河南省で起きた炭鉱事故を
取材しようとした数百人の記者に当局が計約30万元(約420万円)の
口止め料を払っていたと地元紙が報じた。
 地元紙は「河南商報」。報道によると、7月31日に同省汝州市の炭鉱で
事故が起き、死傷者が出た。業者や当局は事故の発生を公表していなかったが、
8月15日になって情報提供を受けた記者が続々と現地入りした。
 地元当局者は「河南商報」の記者に対し、訪れた約480人に100元〜
1000元の口止め料を渡し、総額が約20万元に上ったことを明らかにした。
さらに、同18日に別の事故の情報が伝わり、再び集まった約300人に
計約10万元の口止め料が配られた。
 「河南商報」記者も口止め料を受け取ったが、罪悪感に苦しみながら
経過を報道。同紙の編集幹部は、長年の悪習を暴露したことに同業者から
抗議が殺到することを覚悟していたが、全国から称賛の電話が入った。
 一方、共産党河南省委員会は専門グループの調査結果として「地元当局者は
記者を追い払うためでたらめを言った。報道は事実ではなく、河南省のイメージを
損ねた」と説明。「河南商報」は現場の録音テープの提出を求められ、編集幹部は
辞表を提出、記者も辞職の可能性が高いという。
 相次ぐ炭鉱事故では、免許取り消しを恐れる業者と監督責任を問われる地元
当局が結託、事故隠匿の傾向が強いとされる。口止め料を受け取った記者は同誌に
こう語った。「真相を報道しようとしても当局に禁止される。多くの記者はやる気を失い、
金がもらえればいいと思うようになる」
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050905k0000m030061000c.html

196 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 00:36:58 ID:Vns5igUD
高山正之 帝京大学教授 諸君3月号 平成17年度

 米軍は日本上陸後の最初の一ヶ月、それも神奈川県下だけで2,900件の婦女暴行を
働いた。七年の占領期間中には2,536件の殺人と30,000件の強姦事件を起こした。
それでもジョン・ダワ―は「米軍が紳士的て法を遵守したがゆえに日本人の尊敬を勝ち得た」
とイラク問題にからめてニューヨーク・タイムズに書いていた。あれでいい方なのだと。

 そんな酷い米国でも呆れるのがソ連兵で、トム・クランシーは小説「レッド・ストーム作戦発動」
の中でロシア人の国民性に強姦と掠奪の血が流れているように描いている。もっと悪辣なのが
オーストラリア兵で、五木寛之が朝日新聞に連載しているコラム「みみずくの夜メール」で
ロシア人よりあくどいと紹介している。中国人も通州事件で見せたように強姦も強姦後の虐殺
も好きという特性をもつ。
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/ianfu1.html

197 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 00:38:59 ID:yNcv4XVi
ロシア人に対する魔除けは、
幼い幼児を抱いた母親。

聖母マリア信仰があるらしくて、
一気に萎えるらしい。w

198 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 00:41:27 ID:r627ghzt
>>196
ソ連兵はドイツでも強姦しまくったんだよな。
陥落直後のベルリンではソ連軍による強姦祭りが起こったそうだ。


199 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 00:53:47 ID:Vns5igUD
>>197
露助はドイツでも満州でも幼女まで強姦し、親子丼なんてザラだったぞ。

200 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 01:02:42 ID:yNcv4XVi
それは知らん。

俺が読んだ話では、
どっかの家に押しかけたロシア兵が、
母親の抱いた子供の泣き声で、
急におとなしくなって、
なにもせずに帰ったそうだ。


201 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 04:45:09 ID:S2jm8qqT
ポグロムの件もあるし余裕のあるときとないときで
態度はガラッと変わると思うよ。
プーチンさんは好きだけどどうも信用できないんだよなあ。

202 :日出づる処の名無し:2005/09/06(火) 21:23:58 ID:Ufmhn/kX
性病まみれの露助に抱かれた日本婦人。
露助、殺してやりたい。
この手で、殺してやりたい。
3人かかっても、露助の異常性欲には勝てないのかもしれない。
しかし、しかし、しかし・・・。
死ぬことならいっそ、露助に性病を蔓延させてから
死のうと決心した日本女性や哀れ。

203 :日出づる処の名無し:2005/09/09(金) 22:22:54 ID:qRzLtvRh
露助とチャンコロは同じ。
間違ってはいけない。

204 :日出づる処の名無し:2005/09/12(月) 21:05:10 ID:antK19ak
さらしアゲ

205 :日出づる処の名無し:2005/09/15(木) 20:55:37 ID:tlPqw7bT
ホシュ

206 :日出づる処の名無し:2005/09/17(土) 13:00:24 ID:mTeJDTm/
さーて、首相は秋の例大祭に参拝するのかしらん。

207 :日出づる処の名無し:2005/09/25(日) 03:19:51 ID:7AufYw+q
ホシュホシュ

208 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 21:25:45 ID:EM6qScEH
要は中国共産党の機関に買収されたの?

209 :日出づる処の名無し:2005/10/01(土) 03:25:24 ID:QYRFbsf4
金払う必要ないでしょ

210 :日出づる処の名無し:2005/10/02(日) 10:40:01 ID:J6mYFyI0
選挙速報に出てたなこいつ。


211 :日出づる処の名無し:2005/10/04(火) 17:04:16 ID:rFshQOrd
ところでベルリンでゲルマンフラウを大量にレイープした直後、北満に侵攻
大和撫子開拓団もレイープし、女の具合を比べてくれやがりましたが、連中はまだ生きてるのかね?

212 :日出づる処の名無し:2005/10/06(木) 20:46:28 ID:dHKP76Ep
お、まだ生きていたか・・・。

213 :日出づる処の名無し:2005/10/08(土) 14:24:04 ID:wSmb10dB
>>197
東方出身には効かんよ

214 :日出づる処の名無し:2005/10/10(月) 00:29:48 ID:ZX96S2EC
複雑な彼
http://meinesache.seesaa.net/article/7821046.html
日本はすでに過去の攻撃に対して謝ったと言い張るのは意味がない。日本が真に反省しているなら、
最悪の暴虐を行ったもの― 例えば、中国人捕虜に細菌実験や生体解剖を行った悪名高い731部隊
― の処罰や、少なくとも追放などをしたはずだ。その上、戦時中強制連行された“慰安婦”という名の
性奴隷を軍事的に乱用したことを否定しようとする日本の頑固な努力を、国際社会が聞かされることも
なかったはずだ。
 口で言うことと本心がかなりちがう日本の建前・本音指向を考えれば、もう謝ったという主張はより
いっそう意味がなくなる。最近のよい例は韓国や中国の大きな怒りを買った中学校教科書改訂だ。
それが、出版社の意志に反する場合も多く、文部省の指導であることが誰の目にも明らかなのに、
出版社のやったことだとすまして主張しているやり方だ。

<負わされた戦争責任という重荷を下ろして>


日本の大学で学長を務め、ジャパンタイムズ紙に定期的に寄稿しているグレゴリー・クラーク氏という人は、
とても不可解な人です。

第二次大戦の勃発は日本の責任ではないと言ったり、日本を差別的だという外国人の態度を戒めたりと、
きわめて日本寄りな主張をしたかと思えば、日本と中国、朝鮮半島諸国との対立については一転して
一方的に日本の非を責めます。そして先日の選挙に関しては、日本の有権者を催眠術にかけられたと評し、
小泉首相をヒトラーと呼びます。

だいぶ前にこの「反日ガイジン」について書いてくれというメールをいただいて以来というもの、クラーク氏の
主張をフォローしているのですが、どうしてもその姿がはっきりと見えてきません。かといって、何の原則もなく
ただ奇をてらった主張をしたり、あるいは是々非々で物事を判断する人かといえば、そうではありません。

215 :日出づる処の名無し:2005/10/16(日) 00:26:55 ID:++iwGGkb
露助と対峙した兵隊は
「満人の残忍さと比べりゃ対した事ぁ無い」と

216 :日出づる処の名無し:2005/10/18(火) 21:54:56 ID:/rbwJZH8
これも、ageとこう。

217 :日出づる処の名無し:2005/10/19(水) 05:41:01 ID:pU9fiKuU
大和撫子とゲルマンのフロイライン
ドッチが良かったんだろう・・・

218 :日出づる処の名無し:2005/10/22(土) 14:51:29 ID:U9ujHWGc
>>214

後ろで何か吹き込んでる香具師が居るんじゃないか?

219 :日出づる処の名無し:2005/10/26(水) 00:10:08 ID:fJueLDeX
オーストラリアねぇ

220 :日出づる処の名無し:2005/10/29(土) 15:48:17 ID:ZFH7alRv
どこにでも工作員は潜入している

221 :日出づる処の名無し:2005/10/29(土) 16:01:41 ID:pVYOaeRP
この人は確かオーストラリアの政府機関で働いていた時に先住民政策に反対して
日本に『亡命』してきたはず。
元々極端でヤバイ人なんだよ。日本政府もよく受け入れたもんだ。

222 :日出づる処の名無し:2005/10/29(土) 17:48:43 ID:3bOIrWSr
多摩大と言えば日下公人だな。
なんでこんなイカサマ師が学長なんだ?


223 :日出づる処の名無し:2005/10/29(土) 20:55:14 ID:uAkZmo7N
>>221
どういう風に反対したの?もっと文化を尊重しろとかなら
いいんだが・・

79 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)